しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

2006年02月26日 11時18分28秒 | 作品名(な行)
第38回「超A級のファンタジー映画でした。」

正直、今夜は観たい映画がなかったんです。「県庁の星」は予告編で内容はある程度想像できるし、「ナルニア国物語」も、わざわざ先行上映を観るほどの思い入れがある訳じゃないしね。でも何も観ないものなぁ・・・と、結局は「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観る事にしました。
と、ここまでは映画を観る前に書いた文章です。

映画を観た後の感想は、今日のうちに観ておいて本当に良かったと思える作品でした。以前から、ファンタジー物は好きだと公言していますが、ファンタジー物に興味を持つキッカケになったのは、筆者が中学1年の時に発売されたゲーム「ドラゴンクエスト」からでした。剣と魔法の世界観に魅了されて、それから小説「ロードス島戦記」など、小説や映画などなど、色々なファンタジー物を観るようになりました。
「LOTR」の時もそうだったのですが、この「ナルニア国物語」も古典と呼ばれるファンタジーの原点になる作品ですから、物語が壮大すぎて入り込み難いのでは?と思っていました。ところが、ストーリーは見事だし、子供達が主人公にも関わらず、大人の自分もかつて感じたことのある感情の起伏に共感してしまいました。

いい映画である条件の1つに「鳥肌がたつ」というのがあるんです。観ている最中に、あるシーンやセリフなどで意識せずに自然と背中にザワザワっと鳥肌がたつと、「おお、来た来たぁ。いい映画なんだと体が感じているなぁ。」と思うんです。この映画では、何度も鳥肌がたつ場面がありました。それだけ「いい映画」って事です。(笑)

点数は★★★★★です。唯一残念だったのは、スーザンに引かれた「声」の伏線がなかったのは残念でした。このお話は全部で7作あるので、順調に映像化されることを祈っています。

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]
ジョージー・ヘンリー,スキャンダー・ケインズ,ウィリアム・モーズリー,アナ・ポップルウェル,ティルダ・スウィントン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)   トラックバック (1)

ミュンヘン

2006年02月19日 21時10分19秒 | 作品名(ま行)
第37回「あなたは、民族、人種を意識したことありますか?」

なんだか、重たいタイトルで今回のブログは始まってしましましたが、今日は重たい映画を観てきたのです。タイトルは「ミュンヘン」。大好きなスティーブン・スピルバーグ監督の作品です。この映画は実話に基づいたお話で、決して楽しい映画ではありません。

以前に出演している役者で映画を選ぶことはしないと言っていますが、演出している監督で作品を選ぶことはあるんです。特にジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグ、M・ナイト・シャマラン、この三人の作品に関しては無条件に鑑賞する事にしています。その一人のスピルバーグが監督した作品なら、観ない訳にはいきません。

物語は1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中の選手村を「黒い9月」を名乗る男達がイスラエル選手達を人質に取るところから始まります。
映画を鑑賞する前の情報で、事件が実話なのはわかっていました。しかし、その後の復讐劇に関しては、作り話だと思っていました。ところが、映画を鑑賞してから調べてみると登場している人物の名前は違えど、物語は全て実話であることに驚きました。「目には目を、歯には歯を」という言葉がありますが、映画はまさに復讐の連鎖が繰り返されて行きます。
そこには、イスラエル、パレスチナという悲しい2国の歴史も絡んできます。
このブログのタイトルにもしたように、日本という国に住んでいると人種や民族、自分に流れている血などを意識することは、あまりないと思います。この映画の中では、イスラエルとパレスチナという民族のプライドのぶつかり合いが描かれています。それは、単なる殺し合いにしか見えないのですが・・・

確かに愛国心や民族としてのプライドみないなものは大事だと思います。だけど私はその前に同じ人間であることをもっと考えてほしいと思いました。どうして、ああも簡単に人が殺せてしまうのでしょうか?住んでいる場所が違うというだけで。

この作品はかなりの予備知識がないと理解しにくい映画だと思います。「ミュンヘンオリンピック」について、多少調べてから出かけるようにしましょう。

点数は★★★★☆です。何度も観たい映画とは言いがたいので、この点数にしました。やっぱりスピルバーグには、エンターテイメント性の高い作品を作って欲しいと思います。

ミュンヘン [DVD]
ジョン・ウィリアムズ,トニー・クシュナー,エリック・ロス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

フライトプラン

2006年02月05日 01時32分58秒 | 作品名(は行)
第36回「考えすぎて、混乱しちゃいました。」

今夜は「フライトプラン」を観てきました。映画を観る前から予告編を観て、色々想像しちゃいました。「夢オチ説」、「乗客全員犯人説」、「実は飛行機は飛んでなかった説」「単なる訓練説」などなど、思いっきり勝手に想像してしまい自分から混乱してしまったのでした。さらに冒頭の夢とも現実とも取れない映像も、私を混乱させる原因になりました。

結論・・・を言ってしまうとネタバレになってしまうから、言いませんが私が考えていたような内容ではありません。ただそれほど複雑な話ではないので、真相がわかった時は「あれ?そんなもんか」とちょっとガッカリしてしまいました。
さすがにアカデミー賞主演女優賞を2度獲っているジョディ・フォスターが演じているだけあって演技は見事なものでした。序盤のいなくなった娘を想うあまりに、周りの人達への迷惑を顧みない姿は、鑑賞しているこっちまで「ずいぶん身勝手に振舞っているなぁ。娘さんは本当にいないんじゃ・・・」と完全に飛行機に乗り合わせた乗客と同じ気持ちで映画を観ちゃってました。それだけ、のめり込んでしまったって事です。

ストーリーは確かによく出来ていたし、結末もしっかりしているのですが、何か物足りなく感じたのです。冒頭の駅でのシーンも入れられた意味がわからないし、犯人かもと引かれた伏線も中途半端だったし、登場人物もあまり深く掘り下げられていない・・・そんな理由から、物足りなく感じたんだと思います。

点数は★★★☆☆ってとこでしょうかね。密室劇は好きなんです(飛行機や電車は特に)が、せっかくの空間がうまく活かされていなかったような気がします。もっと犯人とおぼしき人物をもっと登場させるとか、警察とのやりとりを入れるとかしたら、もっと面白くなったかも。

ジョディのギャラと飛行機のセットにお金をかけ過ぎた?(笑)のかもね。

フライトプラン [Blu-ray]
ジョディ・フォスター,ショーン・ビーン,ピーター・サースガード,エリカ・クリステンセン,ケイト・ビーハン
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)