しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

20世紀少年 第1章 終わりの始まり

2008年08月31日 18時00分47秒 | 作品名(な行)
第103回「原作を知らない人は、どう楽しむだろうか?」

私が邦画を観る割合は、洋画9:邦画1くらいの割合だと思います。それほど観ない邦画でも、今夜の作品はどうしても観たかったのです。その作品とは「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」です。

「YAWARA」以来、浦沢直樹ファンである私は、もちろん「20世紀少年」についても原作を持っています。原作ファンである私にとっての興味の対象は、あの壮大な物語をどのように映像化するのか、キャストは?等など、心配事はたくさんありました。
ところが、公開が近づくにつれて発表されるキャストは、あまりにも素晴らしく映画の出来を期待させる内容でした。
映画を観終わった後も、配役の評価は変わりません。さらに脚本も見事でした。原作者の浦沢直樹自身が参加したこともあるのでしょうが、原作ファンを裏切らない良さに仕上がっていました。
なかでも特に良かったのは、原作でも1番好きだったオッチョ役の豊川悦二さんでした。オッチョのイメージ通りの彼の演技は見事でした。原作ではもっと深く描かれたタイ編が短く描かれてしまったのは、非常に残念でした。あのタイ奥地で成長を遂げるオッチョは是非映像化してほしかった。

映画を観ていて思ったのは、原作を知っている私は「この後はこうなって、あそこはこう繋がって、彼は実は・・・」などと今後の展開を考えながら映画を観ていて、確かに楽しかったのですが、マンガの展開を追うかたちで映画を観てしまっている事に気がつきました。
もしかしたら、原作を知らない状態で観たほうが面白く観られるのでは?と思いました。
確かに「万丈目の石橋さんはいい!」とか「竹中直人さんはあの役で、あれだけ?」とか原作を知っていたなら、楽しめるところは沢山あるのですが、原作を知らないフラットな状態でこの作品を観たら、どんな風に感じるのかが、すごく気になりました。
私にはそんな楽しみ方が出来ないのが残念です。

そして、なんと言っても、この作品のヒロイン「カンナ」です。幼少期のカンナを演じた女の子はイメージ通りで、ケンヂとのラーメン屋でのシーンは私のベストシーンとなりました。問題はこれからカンナを演じる平愛梨さんです。私の中では唯一といっていいくらいミスキャストでは?と思っています。
今作のラストで少し登場しますが、次作、次々作とカンナをどう演じるかに注目したいと思います。

点数は★★★★★です。原作を観ていない人に是非観てもらいたい作品です。

20世紀少年 第1章 終わりの始まり [Blu-ray]
唐沢寿明,豊川悦司,常盤貴子,香川照之,石塚英彦
VAP,INC(VAP)(D)


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

ハンコック

2008年08月24日 21時46分02秒 | 作品名(は行)
第102回「光が輝く為には、闇もまた必要?」

ここのところ、やけに「スーパーヒーロー物」に縁があるんですよねぇ。「ハルク」「バットマン」…そして今夜は「ハンコック」でした。
このハンコックはアメコミが原作というわけではなく、完全オリジナルの「スーパーヒーロー物」です。おおまかなストーリーは予告編で確認していたので、だいたいは想像できていました。問題はハルクやバットマンの時にも話しましたが、1作目の難しさと悪役の重要さですね。特に原作がないような今作みたいな作品は、世界観や設定を観客にうまく説明できないと駄作になってしまいますからね。

「ハンコック」については、世界観は現代のロスが舞台ですから、特に問題はありませんでした。問題は彼のスーパーパワーの設定の甘さと、悪役の存在不足です。
設定の甘さとは、彼の弱点となる存在があるのですが、いまいちきちんとされていないのです。詳しく言うとネタバレになるので書きませんが、ものすごく都合のいい?(弱点なので彼にとっては都合が悪いのですが。)設定になっているので、観ていて急に醒めてしまいました。しかもそれがエンディングの重要なところに関わってくるので、ちょっと残念でした。

さらに悪役の存在です。先日の「ダークナイト」を観た後のせいか、特に悪役の重要性を感じています。ジョーカーが劇中で言います。「俺はお前(バットマン)を殺さない。お前がいないと楽しみが減るからな。」
「アンブレイカブル」では、ヒーローを求めた悪役の悲哀が語られます。それくらい、ヒーローに相対する悪役が物語を何倍にも面白くしてくれるのです。しかし、この作品はたいした悪役は登場しません。第1作目であることから、まずは彼の性格や人間関係などに重きを置いたのでしょうが、盛り上がりに欠けるものになってしまいました。

点数は★★★☆☆ですね。第1作目としては及第点だと思いますが、やはり悪役。スーパーマンのレックス・ルーサーのように、悪知恵のみでヒーローに対する悪役がいたら、もっと面白い作品になったと思います。
それでも、彼が心を入れ替えてヒーローとなっていく様には感動を覚えました。これからの展開に期待したいと思います。

ハンコック スペシャル・エディション [Blu-ray]
ウィル・スミス,シャーリーズ・セロン,ジェイソン・ベイトマン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ

2008年08月17日 23時04分13秒 | 作品名(さ行)
第101回「映画にしてまで・・・」

スター・ウォーズは大好きです。なぜこんな前置きをしなければいけないかというと、今夜観てきた映画が「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」だからです。
すでにエピソード3で、スターウォーズシリーズの映画は終了したと思っていたので、このクローン・ウォーズの話を聞いた時は、実写とフルCGの違いはあれど、またあの世界観が映画で楽しむことができるのは、やはり嬉しくて大きな期待で映画館へ行きました。

映画を観終わった後の感想は、「映画としてまで描かなくてもいいようなエピソード」だったような気がします。物語はエピソード2と3の間の時間軸で起こった、ジャバの息子の誘拐事件をアナキン達が解決するというお話です。私個人的にはもっとエピソード3へ深く関わってくるお話が描かれていると思っていたのですが、ファンでない人が観たら、なんだかわからないだろうし、ファンである私が観ても、それほど盛り上がれる映画ではありませんでした。

正直、作るのなら実写できちんと作って欲しかった。フルCG映画が実写よりもレベルが低いと言っているわけではありません。いい脚本であったなら、もっと面白い作品になっていたと思います。この映画を観終わった後の物足りなさは、なんなのでしょう?

点数は★★★☆☆です。ファンでない人には、まったくお勧めしません。ファンの人も気持ちに余裕があれば観てください。

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ [Blu-ray]
マット・ランター,アシュレイ・エクステイン,ジェームズ・アーノルド・テイラー,トム・ケイン,サミュエル・L・ジャクソン
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)

ダークナイト

2008年08月10日 02時45分31秒 | 作品名(た行)
第100回「漆黒の闇に呑み込まれそうです。」

記念すべき100回目がどんな作品になるのか?ブログを始めた時にはまったく想像できませんでしたが、なんとか辿り着くことができました。100回目を意識し出した頃から、どんな作品のブログを書くことになるのか、色々考えていました。
先週の段階で、今夜の作品「ダークナイト」になることはわかっていました。正直、記念すべき100回目がバットマンって、どうだろうなぁ?と思っていました。
しかし、映画を観終わった今は、この作品で本当に良かったと心の底から思っています。それくらい、今夜の作品は素晴らしかったのです。

バットマンシリーズは、前作の「バットマン ビギンズ」からのファンになりました。アメコミファンを公言している私がなぜ?って思うでしょ。それまでのバットマンはなんだか、ちょっとコミカルで子供向けに思えてあまり好きではありませんでした。
クリストファー・ノーラン監督になった、このシリーズでは、バットマンは単なるヒーローではなく、かなりダークでとてもリアルなヒーロー像が描かれていて、大人が十分楽しめる映画に仕上がっている所が、ファンになった理由です。

今作でもその雰囲気は失うことはなく、かなりダークで大人が楽しめるというより、子供が観ても面白くない位(R指定がついてもおかしくないかも)に重たい映画でした。決して、バットマンとジョーカーの対決映画だなんて思っていくと、ちょっと面食らいます。

この作品が遺作となってしまった、ヒース・レジャー演じるジョーカーは、あまりにも極悪非道・自己中心的で、ジャック・ニコルソンが演じたジョーカーをはるかに超えた悪役っぷりでした。彼の演技を観るだけでも、この映画を観る価値があります。
そのジョーカーの持つ漆黒の闇は、あまりにも深くて、どんなに光(正義)で照らしても、決して消えることのない闇(悪)のようで、その闇に観ているこちらが恐怖を覚えてしまうくらいでした。
さらに、思わぬところから登場する、もう1人の悪役にも注目です。

152分という比較的長い作品にも関わらず、ストーリーにのめり込んでしまい、最後まで息つく暇が無いくらいでした。
語りたいことが、あまりに多すぎるので文章をまとめることが出来ずに困っています。

点数は★★★★★です。「ものすごい映画を観た。」この言葉が、この作品を表すのに1番適した言葉かもしれません。

ダークナイト [Blu-ray]
クリスチャン・ベール,マイケル・ケイン,ヒース・レジャー,ゲイリー・オールドマン,モーガン・フリーマン
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (2)

インクレディブル・ハルク

2008年08月03日 02時03分03秒 | 作品名(あ行)
第99回「同じ過ちは繰り返さない」

アメコミ物を実写映画化する際に、最も難しいのは彼ら主人公がどのようにしてスーパーパワーを手に入れてヒーローとなったのかを描く、エピソード0をどのように観客に伝えるのかだと思っています。
そのエピソード0を見事に描いて見せたのは、「ファンタスティック・フォー」「スパイダーマン」。完全に失敗してしまったのは、「デアデビル」「ハルク」。その後に続編が作られたか、作られていないかを見れば、結果は明らかだと思います。
前置きが長くなってしまいましたが、今夜の作品は「インクレディブル・ハルク」です。

前作のアン・リー監督版の「ハルク」も、もちろん鑑賞しましたが、エピソード0である主人公がいかにしてハルクになったのか、さらには父親と息子の因縁の対決をあまりにも哲学的に描きすぎて、決して万人向けの作品ではありませんでした。
せっかく、ハルクという題材がありながら、その良さを活かせずに終わってしまったのをとても残念に思っていました。
エドワード・ノートン主演で再び映画化されると聞いたときに、「大丈夫なのか?前作と同じ間違いは犯すなよぉ。」と思い、それを確認する意味も含め、期待に胸を膨らませて映画館に行きました。

前作の続きという設定ではなく、まったく新しい物語を作ったと聞いていたので、かなり楽しみにしていましたが、大満足の作品でした。さすがに同じ間違いは繰り返しませんでした。
前作で失敗したエピソード0の説明はタイトルバックの映画開始5分で見事に描き、映画の中でキャラクター達にその時の出来事を語らせることで、観客に想像させるという手法を取っていました。
悪役も魅力的だったし、なによりあまり難しくならず、それでもハルクとなってしまった主人公の悲哀みたいなものをテンポ良く描いていました。
点数は★★★★★です。続編を観たい作品でした。続編への伏線もいくつかありますしね。

さらにアメコミ好きの私をワクワクさせてくれたのは、物語の最後にある人物が登場するのです。しかも、「チームを編成している」の言葉を残して。
いよいよ、交流戦が始まるみたいですよ。

さて、まずは9月公開の「アイアンマン」を観なくては。

インクレディブル・ハルク [Blu-ray]
ティム・ロス,エドワード・ノートン,リヴ・タイラー,ウィリアム・ハート
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント