しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

カーズ/クロスロード

2017年07月30日 18時10分15秒 | 作品名(か行)
第431回「期待を裏切らないのは凄い事だと思います。」
ピクサー映画は必ず見ているのですが、ディズニー映画は必ず見ているわけではありません。個人的な意見ですが、ピクサーがディズニー傘下になって以降、作品が作られるスピードが速くなっているのは嬉しい事なのですが、そのクオリティに関しては下がってしまっている気がしています。今作の「カーズ/クロスロード」にしても、さほど期待していたわけではありませんでした。前作「カーズ2」があまり高い評価でないことも影響しているのですが、なんとしても観たいというより、他に観たい作品が無いからくらいのノリで劇場へと足を運んだのでした。

「ピストン・カップ」で7回の優勝歴を誇る人気ベテランレーサーとなったライトニング・マックィーン。しかし2016年シーズンの途中で彼は現れた。最新テクノロジーを搭載した新世代ルーキー「ジャクソン・ストーム」だ。彼がマックィーンを追い抜いて優勝し、彼の生意気な態度を忌々しく思ったマックィーンはストームをライバル視するようになる。シーズン中のストームの連戦連勝、彼に続く新世代レーサーの登場、旧世代レーサーの引退や解雇に焦ったマックィーンは、シーズン最終戦でストームに勝つために無理なレースをしてしまい、クラッシュ事故を起こしてしまう。
事故から4ヶ月後、修理を終えたマックィーンは馴染みの町ラジエーター・スプリングスで、今後のことについて考えていた。自身のスポンサー「ラスティーズ」のレーサー育成施設「ラスティーズ・レーシング・センター」が新設したことを知ったマックィーンはルイジ、グイドと共にそこを訪れるが、スターリングという車にラスティーズが売却されたことが判明する。マックィーンは彼の任命で、そこで働くクルーズ・ラミレスをトレーナーにつけ、「再生プロジェクト」なる特訓を開始することとなる。しかし、マックィーンの特訓の様子を見ていたスターリングは難色を示し、彼にレーサー引退を忠告してブランド商品の販売を提案する。まだ自分は走れると主張するマックィーン。スターリングはある条件を出した。シーズン初戦で優勝出来ればレーサー引退を撤回し、引退するタイミングは自分で決められるというものだった。マックィーンはラミレスと共に特訓をしながらの旅に出るのだった。

まずは余計な事を書かせてください。ピクサー作品についてのブログのたびに書いていますが、絶対字幕派の私が唯一吹き替え版を観るのが、ピクサー作品です。それは絶対に下手な声優を使わないからです。シリーズものにも関わらず、客寄せのためだけに声優経験の無い某有名俳優を使い、作品のファンから新たな作品が公開されるたびに酷評を浴びるような事をピクサーはしないのです。もちろん声優経験の無い人を使いはしますが、鑑賞に支障が出るようなことはありません。今作でもラミレスの声を松岡茉優さん、ストームの声を藤森慎吾さんが務めていますが、上映中にイライラするような事はありませんでした。もちろんメーター役の山口智充さんは見事に演じてくれています。そろそろ日本の配給会社はもっと作品を大事に扱ってもらえないでしょうか。作品はこの先何十年も残っていくのですから。素敵な作品ならなおさらです。

余分な事を書きましたが、作品の評価です。2作目があまり高い評価でなかったことでハードルが下がっていたこともあるのでしょうが、この「カーズ/クロスロード」は主人公のマックィーンの人生の岐路を描いています。「トイ・ストーリー」の3作目でも岐路が描かれましたが、この作品も見事に難しいテーマを描き切ってくれました。台頭する新勢力、自らの衰え、伝えるべき技術など、子供向けの作品とは思えないくらい重厚なテーマですが、それを決して暗く・重たくせずに子供が見ても決して飽きない、大人が見ても楽しめる作品に作り上げられています。1作目でのドック・ハドソンとマックィーンの師弟関係をマックィーンとラミレスへと見事にスライドさせ、多少の無理はありましたが、心地の良いエンディングへと運んでくれました。

作品の点数としては★★★★★です。車が動いて喋ってという違和感はあっという間にどこかへ行ってしまいます。それぞれのキャラクターも魅力的に描かれて、ストーリー展開もダレるところもなく、時間はあっという間に過ぎていきます。夏休みにお子さんを連れて行き、大人のほうが感動してしまうという貴重な作品だと思います。ディズニー傘下になったとしても、一定のクオリティーを保っているのは凄いと思います。

カーズ/クロスロード MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
オーウェン・ウィルソン,クリステラ・アロンツォ,クリス・クーパー,ネイサン・フィリオン,ラリー・ザ・ケーブル・ガイ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (3)

■パワーレンジャー

2017年07月19日 23時58分22秒 | 作品名(は行)
第430回「これこそが原点回帰ではないだろうか?」
日本発祥の「スーパー戦隊シリーズ」が海を渡りアメリカで大ヒットしているという話題を聞いたのはどの位前だろうか?日本独特の勧善懲悪がアメリカでも通用するものなのかと疑問に思ったが、そんな「スーパー戦隊シリーズ」がとうとう映画になったと聞けば、やはり気になってしまうというもの。今回の作品は「パワーレンジャー」です。

地球上にまだ恐竜たちが存在していた時代、地球外より訪れたエイリアン軍団によって支配されようとしていた。しかし、ある5人の戦士たち命を賭した活躍によって地球は危機を脱することができた。そこにはやがて新しい命が芽生え、時は流れた。アメリカの片田舎にある小さな町・エンジェル・グローブに、普通に暮らす若者たちがいた。
ジェイソン・スコットはかつて学校のアメフト部でエースと期待されていたが、足のケガが原因で引退し無気力が毎日を送っていた。ある日、学校で補習となり同じクラスにいたいじめられっ子のビリーを助けたことで仲良くなり、彼の父親と行っていたという炭鉱へと向かうことになった。そこには偶然、同じ高校に通うキンバリー、トリニー、ザックがいた。彼らもまたさまざまな理由で学校では浮いた存在だった。その炭鉱で彼らは見たこともない物質で出来た5色のコインを見つける。5人に5色のコイン。不思議な因縁を感じる彼らだったが、無断で炭鉱に忍び込んだために警察に追いかけられてしまう。必死で逃げる5人。しかし、逃げる際に踏み切りで貨物列車と彼らの乗っていたワゴン車が衝突してしまう。が、彼らは何事も無かったかのように翌朝、それぞれの家で目を覚ました。傍らにはあのコインがあった。さらに彼らの身体にも驚くべき変化が起こっていた。彼らはまだ気づいていなかった。それが彼らの運命を大きく変えることになろうとは。

私が子供の頃観ていたのは「ゴレンジャー」や「サンバルカン」。戦隊シリーズの初期のものだ。最近は放送しているのがどんなものかくらいは知っているが、正直、まったく見ていませんでした。ヒーローものに関しても、いまやアメリカではアメコミものがヒット作を連発している状況で、今から感はありました。そんな感じなので全く期待していませんでした。難しい事を考えずに気楽に観られればと・・・

全体の印象としては、それなりに楽しめるし、脚本もしっかりとしていて、最初のエピソードとしては良く出来ていたと思います。ただ色んな事を詰め込み過ぎていて、全体的に展開が早すぎる気がします。(まあ日本のオリジナルも同じですが。)5人がパワーレンジャーとしての役割を飲み込む理由が希薄だったり、戦うことを受け入れるのがもっと丁寧に描かれていたらと思いました。

点数としては★★★☆☆です。上映時間中に睡魔に襲われることもなく、最後まで観ることが出来たのは評価すべきだと思います。出来れば、もっと5人それぞれの特徴ある能力について深く掘り下げられたら、もっと面白くなったのだろうと思います。時間の関係があるのでしょうね。やはりあくまで子供向けですからね。でもアメコミ映画は成功しているのですが・・・

エンドロールを見る限りでは6人目の追加戦士の登場を予感させるシーンを入れたりと、続編を作る気は満々みたいなので、次回作があれば、もう少し丁寧にそれぞれのキャラクターを描いて欲しいと思いました。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

2017年07月09日 16時21分52秒 | 作品名(は行)
第429回「それはもう完全に乗り掛かった舟でした。」
それまでは「カリブの海賊」と呼ばれていたアトラクションが、この作品「パイレーツ・オブ・カリビアン」の大ヒットによって、その後の呼び名が変わってしまったほど大ヒットしたシリーズの6年ぶり5作目の新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を鑑賞しました。世間のフィーバーぶりをよそに、個人的にはそれほど思い入れのある作品ではないのですが、4作目までを鑑賞しているので、それこそ「乗り掛かった舟」とばかりの鑑賞でした。

ヘンリー・ターナーは、過去に伝説の海賊ジャック・スパロウと共に旅をした父親ウィル・ターナーの呪われた運命を救う方法を探して世界中を奔走していた。ある日、海にまつわる伝説を調査したところ、呪いを解くには伝説の秘宝「ポセイドンの槍」が必要なことがわかる。その後、英国軍の水兵になったヘンリーが船に乗っていると、海の死神「サラザール」の率いる船に襲われてしまう。船員達が殺されていく中で、ジャックを探していることをサラザールが知ると、ヘンリーを生き証人として殺さない事を約束する。しかし、交換条件としてジャックを探し出し、サラザールの元へ連れて来いという。死神サラザールとジャックは深い因縁で結ばれていたのだった。その頃、ジャックはそんな事を知る由もなく、いつものように仲間達と悪事の真っ最中だった。

あくまで個人的な意見ですが、3作目で大団円を迎えたのに、さらに欲目を出して作られた4作目「生命の泉」がさほどヒットしなかったことで、もう作られないと思っていたのですが、ほぼ無かったことにして、かつての人気キャラクターを呼び出して作られた続編が面白いわけがないだろうと思っていました。まあオーランド・ブルームもキーラ・ナイトレイもその後の作品に恵まれてはいないので出演オファーを断ることは無いとは思いましたが・・・トランスフォーマーもそうですが、最近は無理やりシリーズ化して稼ごうとする作品が多過ぎる気がします。そんなわけで、まったく期待せずに劇場へと足を運んだのでした。

案の定、ヒットした作品から繋げるための無理やりな脚本、サラザールの設定も1作目のバルボッサ達の設定にそっくり。さらには物語の最重要アイテムはジャックがずっと持っているコンパスと、良く言えば「原点回帰」なのですが、悪く言えば「暖め直し」に近い作りに目新しさは感じませんでした。

と、ボロクソに言ってはきましたが、評価はそれほど悪いものではありません。テンポのいい展開と見た目の派手なアクション、解りやすい展開とエンターテイメント作品としてはかなり評価が高いと思います。特に難しいことは考えずに海賊の世界観に没入すれば、とても楽しめる作品になっています。

作品の点数としては★★★☆☆です。3部作との見事な絡ませ方やキャラクターの登場のさせ方を見れば、ファンにはとても面白い作品になっていると思います。「最後の海賊」などと邦題を付けてしまいましたが、エンドロールを見る限りでは、まだまだ続編を作りたいみたいですね。無理やり続けるのは?と思ってしまいます。ジェリー・ブラッカイマーのことですから、まだまだ続けるのでしょうね。であるならば、よく練られた脚本をお願いしたいですね。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ジョニー・デップ,カヤ・スコデラリオ,ブレントン・スウェイツ,オーランド・ブルーム,キーラ・ナイトレイ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (5)