ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

日本の教師に伝えたいこと - 4

2020-11-06 18:54:43 | 徒然の記

 政治的プロパガンダを、あたかも学問的な意見でもあるように強調し、騒ぎや紛争を起こすのが、グローバリストと呼ばれる人々です。

 彼らは、ある時は社会主義者、マルキストと呼ばれ、国境なき自由主義経済を信じ、時には、リベラリストとも呼ばれることがあります。その中心にいるのが、ディープ・ステイトだと考える人もいます。

 他国のことは知りませんが、敗戦後の日本が、ディープ・ステイトと呼ばれる人々に支配され、改造された事実は、間違い無いだろうと私は考えています。先日まで述べてきました通り、占領下の日本は、ディープ・ステイトが支配する米国から来た、軍人や政治家、あるいは官僚たちによって、一時期根底から破壊されました。

 しかし彼らは、天皇陛下のおられる皇室だけは、破壊できませんでした。マッカーサーが反対したからです。崇高な理由からではありません。当時の日本で陛下を何かの刑にしたり、皇室をなくしたりしたら、たちまち社会が暴発し、内乱となり、占領軍の統治が不可能になると、彼が理解したからです。

 陛下を超える権力を手にしながら、マッカーサーは、日本人の心の中心にある天皇の権威を、無視できませんでした。彼は日本へ来る以前、軍の武装解除がうまくいくのか、心配していました。あれだけ無鉄砲に、命知らずの戦いをした日本人が、黙って武器を捨てるなど、軍人である彼には、信じられませんでした。しかし天皇の一言で、軍人は静かに武器を捨て、抵抗もせず、秩序ある武装解除をしました。

 マッカーサーは、自分をフィリピンから追い出した日本軍を、激しく憎み、復讐を誓っていました。東京裁判では、軍の解体だけでなく、冷酷にも軍人たちを処刑させました。国内では7人の「殉難者」を、「戦犯」として処刑しましたが、国外の法廷では、ロクな審理もせず、多数の軍人を処刑しました。マレーの虎と言われた、山下奉文大将は、高位の軍人として扱われず、囚人服のまま、罪人のように銃殺されています。

 しかしマッカーサーは、実際日本へ来て、陛下の権威の大きさを知り、陛下の協力無しでは、占領統治が不可能だと理解します。そしてまた彼は、尊大な人物でしたが、昭和天皇の人柄に惹かれ、敬意の念も抱きました。

 だがアメリカ本国にいる、ディープ・ステイトと呼ばれる者たちは、皇室をそのままにして置くことへの危惧の念が、捨てられませんでした。彼らはマッカーサーを、大統領命令で動かし、「トロイの木馬」を作らせました。つまり、「日本国憲法」「反日・左翼学者の解放」「反日・左翼マスコミへの支援」です。

 マッカーサー自身は、誰もが知る強烈な「反共主義者」ですから、左翼中心の「トロイの木馬」を、進んで作ったとは思えません。

 戦後75年たち、マッカーサーも、昭和天皇も亡くなられた現在の日本で、何が起こっているのか。それは、米国の支配層であるディープ・ステイトたちによる、「日本崩壊計画」が着実に進められているという事実です。

 「人権尊重」、「男女平等」、「皇族にも人権を」と、反日左翼の学者や政治家に叫ばせ、反日のマスコミが報道という名前で、煽動しています。「女系天皇賛成」、「女性宮家賛成」という意見は、「皇室崩壊」の始まりの合図です。

 一方で彼らは、一つの国民として暮らしている日本人を分断し、社会を混乱させる紛争の種を、盛んに撒いています。中国や韓国を利用しているのか、協力しているのか、そこはよく分かりませんが、「中国による沖縄自国領論」、「在日コリアン問題」、「沖縄独立論」など、日本の分断も始まっています。

「アイヌ人先住民族説」もその一つで、日本の中に別の国を作り、抜き差しならない紛争の種を撒こうとしています。

 前置きが長くなりましたが、私が「アイヌ人先住民説」に、反対する理由がここにあります。しかも、この説は、学問的には間違いなのに、何も知らない人間たちが、信じています。

 私は最後に、田中英道氏の学説を紹介しようと思います。「反日・左翼と戦う学者である」と、自称する氏は、マスコミには登場しません。知る人だけが知る、偏屈老人でもあります。氏の口調をブログにするのは痛快ですが、長くなりますので、アイヌが先住民でないと言う、学問的根拠だけを、箇条書きにします。

 1. 北海道に人が住み始めたのは、今から二万年以上前の縄文時代である。

 2. 関東・東北地方を生活の中心とする縄文人が、北海道にも住んでいた。

 3. その後、弥生人が日本へ来て、弥生文化を広げ、これが大和、関西へと移って行った。

 4. 大和朝廷が統治を広げていくが、北海道だけは、縄文文化のままであった。

 5. 今から1300年くらい前、鎌倉時代の頃、突然オホーツク人が北海道へ住み着き、オホーツク文化が生まれた。

 6. オホーツク文化は、熊信仰であり、熊祭りをする。

 7. 移住してきた他民族を言うのなら、奈良時代に大挙してきたユダヤ人が先である。朝鮮人もいるし、中国人もいるし、モンゴル人もいる。

 8. アイヌ人だけを、先住民として特別扱いする理由がどこにもない。

 9. 最近の研究で、カラフト、カムチャッカ半島に住むオホーツク人と、アイヌのDNAが一致していることが、判明した。

  10. 縄文人はアイヌ人だと、間違っている人もいるが、日本人である縄文人とアイヌ人は、別の民族である。

  11. 現在アイヌ人は、全国に1万4~5千人しかいない。純粋なアイヌ人は、一人もいないと聞く。

  12. それが国連決議が出た頃から、いつの間にか民族が出来上がり、委員会まで作っている。

 13. アイヌ人より前に、ユダヤ人、朝鮮人、中国人が住み着き、彼らは日本に同化している。何でアイヌ人だけを迫害したと言う話が、出てくるのか。

 田中氏の説明はまだ続きますが、ここで終わります。これだけでも、「アイヌ先住民説」の間違いは、ハッキリしたはずです。大村氏の専門は、国語学なのですから、歴史学の分野にまで手を広げ、「間違い話」を世間に広めてはなりません。

 氏の著作には、傾聴すべき意見が沢山ありますが、書評を本日で終わります。私の偏見が手伝い、つまらない部分だけを取り上げましたが、優れた叙述がいっぱい残っています。

 時間があるのなら、息子たちにも、「ねこ庭」を訪問された方々にも、氏の著書を実際に手にされることをお勧めします。そうすれば、私の偏見も、はっきりと見えます。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本の教師に伝えたいこと - 3 | トップ | アメリカ大統領選挙と日本 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夕紀)
2020-11-06 21:01:25
猫庭さま、面白い記事を見つけました。
バンドン会議に出席された、加瀬俊一氏が、1994年7月京都外国語大学で講演で述べられた言葉です。

「(各国代表からは)『日本が、大東亜宣言というものを出して、アジア民族の解放を戦争目的とした、その宣言がなかったら、あるいは日本がアジアのために犠牲を払って戦っていなかったら、我々は依然として、イギリスの植民地、オランダの植民地、フランスの植民地のままだった。日本が大きな犠牲を払ってアジア民族のために勇戦してくれたから、今日のアジアがある』ということだった。我々が今日こうやって独立しました、といって『アジア・アフリカ民族独立を祝う会』というのがA・A会議の本来の目的だった。こんな会議が開けるのも、日本のお陰ですと、『やぁー、こっちへ来て下さい』、『いやぁ、今度は私のところへ来て下さい』といってね、大変なもて方だった。『やっぱり来てよかったなぁ』とそう思いました。その翌年、日本は晴れて国連に加盟して、私は初代国連大使になりました。アジア・アフリカ(A・A)グループが終始熱心に日本の加盟を支持した事実を強調したい。A・A諸国から大きな信頼と期待を寄せられて、戦後我が国は今日の繁栄を築いて来たのです」

本日偶然目にしたこの記事、涙が溢れました。これほど嬉しかった事はありません。
私にとっても、伯父さん達が第二次世界大戦で命を落としています。国の為にだけではなく、アジア民族解放の為に命をかけたのです。
そういう人たちの御霊を崇めず、植民地を奪われ、日本に恨みを持った連合国に対して、決して怯まず、自分たちの理想と果たすべき道を進んだ人たちに畏敬の念を持って何が悪いのか。

わたしは平和主義者ですが、戦わないのではなく、自国を守る為には戦うことを選ぶ。それが逆恨みの連合国に対して処するべき事と思っています。
貴方のご意見 (onecat01)
2020-11-07 00:01:12
 有紀さん。

 真摯なコメントを、拝読いたしました。国を守るためには、戦うという平和主義に、賛同いたします。平和主義者は、平和を乱す者とは、戦うのが本当だと思います。

 加瀬氏の講演も、詳しく紹介頂き、感謝します。けれども今回も、私は貴方のご意見に、違和感を感じました。

 ・植民地を奪われ、日本に恨みを持った連合国
 ・逆恨みの連合国
 ・アジア民族解放の為に命をかけた、そういう人たちの御霊を崇めない連合国

 当時の状況を、もう少しお調べください。「連合国」が、果たして貴方の言われるようなものであったのかどうか。この捉え方は、もしかすると、貴方ご自身が、自分で考えた国連なのでしょうか。  

 これは、ご先祖様が戦った先の大戦の、正しい捉え方ではないと、私は考えます。苦情ばかりで申し訳ありませんが、大切なことなので、言わせていただきました。ご容赦ください。

コメントを投稿

徒然の記」カテゴリの最新記事