ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

稲田氏でいいのだろうか。

2016-11-30 20:44:57 | 徒然の記

 11月17日付の千葉日報を見て唖然とした。「自衛隊 新任務の行方」と題する連載記事だ。掲載された写真の中央に、ジャンバーに手を突っ込み、体にぴったりの白いパンツにブーツ姿の若者が映っていた。写真があまり鮮明でないが、その若者が笑顔で振り返っている。

「原宿か、六本木あたりをうろついている若者が、なんで自衛隊員の中に混じっているのか。」、そう思って写真の説明文を読み、唖然としたのだ。「南スーダンに派遣される陸自部隊の、新任務訓練を視察するため、陸自岩手山訓練場を訪れた稲田防衛相(中央手前)」

 この軽薄ななりをした若者らしき人物は、なんと、稲田防衛相だった。南スーダンへの視察時にも、レジャーに出かけるような服装で顰蹙を買っていたのに、今回も同じことをやっている。緊迫した現地の事情を知っていても、まだこんなおかしな服装で訓練場に出かけるのかと、次第に怒りが込み上げてきた。

 自民党が野党だった頃、民主党の閣僚を追求する舌鋒は鋭かった。保守の気概にも溢れていたが、いざ防衛相の任に着くと、別人のような醜態を晒している。期待していただけに、落差の大きさに幻滅感が漂う。命がけの隊員を視察するのなら、自身も気を引き締め、服装だって国防の任にある大臣らしく、キリッとした制服を身につけるべきだ。肩までかかる長い髪毛も切り詰めず、踊り子まがいのひらひらした衣装もやめず、どこに防衛大臣の峻厳さがあるのだ。隊員たちが敬意を払う気になれず、「頼りない大臣」とビラに書かれても仕方あるまい。隊員を罰する前に、心得違いの大臣を処罰すべきでないのか。

 先日は蓮舫氏について疑問を抱き、ブログで批判したが、稲田氏もその軽薄さと無神経さにおいて、蓮舫氏に劣らない人間だ。一時は次期総理かと、そんな噂もあったけれど、総理どころか、防衛相だってちゃんと務まるのか。疑問が先に立つ。野党議員の質問に言葉を詰まらせ、涙ぐむなど言語道断の所作だ。まさか安倍総理は、自衛隊の士気を落としめるため、稲田氏を防衛相に選んだはずもなかろうに、就任以来今日まで彼女がやったことはプラスのものは皆無だ。

「稲田氏でいいのだろうか。」と、まず総理に聞きたい。次には、保守自民党の議員諸氏に聞きたい。「国防のトップが、あんな無様でいいのか。隊員に代わって、一言言わないでいいのか。」

 いくら女性を活用すべしと言っても、実力の伴わない人物まで活用するのは間違っている。反日のマスコミも、稲田氏に文句をつけないところをみると、勘ぐらずにおれない。「稲田氏が防衛大臣をしてくれる限り、自衛隊の弱体化が進む。有難いこと。」・・、マスコミはほくそ笑んでいる。

 

コメント (4)

大東亜戦争肯定論 (下) -8 (敗戦後に大量発生した獅子身中の虫たち)

2016-11-26 19:30:46 | 徒然の記

 "  はじめ、私は最後の一章を諸家の反論に対する反論に当てようとしていたが、それはやめる。"

 林氏が、こう書いている。氏の意見を読んだ学者や評論家たちが、沢山反論を寄せていたらしい。ところがそれが、どれもこれも赤旗の社員みたいな公式論で、聞き飽きた言葉が並んでいるから、本気で相手にするのを止めたと、こういう次第だ。けっこう辛辣な文章なので、書き写してみたい。

"  諸氏はたいてい大学教授、または助教授の肩書きをお持ちだが、みんな教授らしからぬお脳の弱さを露呈しているばかりで、よくもこれで大学教授になれたものと、あきれ返った。"

 単行本になる前は、中央公論に連載していたというので、昭和38年つまり、今から53年前の話だが、左系の大学教授のお粗末さはその頃から変わっていないということになる。ちょっと思い返してみるだけで、今の中央大学の山口某教授や、関東学院大学の林某教授などなど、反日マスコミの支援を得て、その知識の偏向たるや、ますますひどくなっている気がする。

 現在と変わらない敗戦後の世相の「反日・亡国」ぶりを見るためにも、文章を引用するのは意味のあることだと思う。いつものように、長くなっても書き写しておこう。

"  一例をあげると、最近「思想の科学」という進歩的雑誌の編集をしていた、山田宗睦という若い哲学者が、「危険な思想家」(戦後民主主義を否定する人々)という本を出した。武者小路実篤、安倍能成、大熊信行、竹山道雄、福田恆存、林健太郎、高坂正堯、三島由紀夫、石原慎太郎、江藤淳、等の思想家と作家たちを、私を含めて「恐るべき危険な指導者たち」として告発した。"

"  一読したが、いかにもジャーナリストらしい文章で、中傷記事を並べただけのつまらない本であった。ただ驚いたのは、この本の推薦者たちだ。" こう言って氏は、推薦者たちを皮肉な注釈を加えて列挙している。これもそのまま転記する。

" 1.「ここには彼の血がほとばしっている」・・外科医的賛辞を書いている久野収氏は、学習院大学講師

   2.「この本は成功した第1号だ」・・人工衛星的褒め方をしている日高六郎氏が、東京大学教授 

  3.「熱情を傾けたこの告発に声援をおくる」・・応援団長を買って出ている家永三郎氏が、東京教育大学教授

  4.「私も微力ながら、彼の戦列に馳せ参じたい」・・興奮している長洲一二氏が、横浜国立大学教授 

  5.「この本は今の時代に肉薄し、重大な警告を発している。」・・警告している鶴見俊輔氏が、同志社大学教授であった。 "

"  教授、教授、教授 !  彼らはいったいこの20年間、書斎と研究所で何を勉強し、教室で学生たちに何を教えてきたのであろうか。"

"  私はがんらい、教授というものを尊敬している。日本でも西洋でも、なみたいていの勉強では教授になれないことを知っているからだ。だが、ここに「戦後民主主義を死守する」と気負いたっている、久野、日高、家永、長洲、鶴見の諸教授は、いったい何の教授なのか。"

"  私は今まで彼らを、ただのジャーナリストだと思っていた。彼らがときどき新聞雑誌に細切れの論文を発表することや、彼らの何人かが共同研究の名において、本を出版していたことは知っていた。これらの本は読んでみたが、共産主義者からの「転向者」について、何の解明も与えていない、非科学的な研究に過ぎなかった。頭の悪い連中だと思っていたら、それがいつの間にか、大学教授に「転向」していた。日本の大学はよほど人手不足らしい。ジャーナリストまで教授にする。"

 "  これが戦後派教授というものであろう。敗戦と占領が、学問的実力とは別の道によって、彼らに教授への門を開いてくれたことだけは事実らしい。そんな無学教授とデタラメ教科書によって、「教育された」戦後の学生こそ災難である。軍事占領下に民主主義があるはずがなく、国の平和も独立も、自由も、外国の命令によって実現されるものではない。日本の歴史は、敗戦後の20年間のみではないのだ。さらに百年、千年とさかのぼり、「民主化」も「近代化」も、その萌芽は徳川、明治の時代にある。"

"  敗戦後には、「自由」も「民主主義」もなかった。そこにあったものは「東京裁判」であり、日本弱体化政策であり、民主主義と称する強引なアメリカ化に過ぎなかった。これら諸教授は、「戦後民主主義の幻想」を信仰する残党にすぎない。「戦争を否定した戦後に一切を賭ける」と久野講師は言うが、いったい本気なのか。マッカーサー憲法の前文と九条を守ることによって、果たして戦争が避けられると思っているのか。"

 氏の著作を読みながら、日本が53年前から、少しも進歩していないことを知った。氏の言葉は、平成の今でも、古びることなく、私たちの心に届く。懸命に氏が訴える欠陥憲法について、美智子様までが「平和憲法」と呼ばれ、陛下や皇太子殿下のお言葉として語らせられている。もしかすると、平成の現在の方が、昭和の時代より酷いことになっているのかもしれない。

 "  信教は自由である。お信じなさい。以後、私は彼らを敬虔無二、信仰厚き「安全な思想家」と呼ぶことにしよう。まことの思想とは危険なものだ。せいぜい「思想を科学して」骨抜きにすることによって、大学教授の「平和で安全な椅子」をお守りなさるが良い。"

 氏はこう言って怒りを露わにし、この章を終わるが、私は終わらせない。ここに並べられた大学教授たちは、当時はまだ小物に過ぎない。彼らを育てた大物たちの名前を、別の書から抜き出して、私は追加する。もう本の名前は忘れているが、玉川大学教授だった若槻泰雄氏の著作から得た知識だ。昔の大学ノートに、名前だけ抜き書きしている。氏の注釈では「日本国憲法賛美者」「戦争中は戦争賛美」となっている。要するに朝日新聞と同様に、戦前は国民の先頭に立って進軍ラッパを吹き鳴らし、マッカーサーの統治下になると口を拭い、真っ先に「平和主義者」「人道主義者」に変身した教授と思想家たちだ。

 清水幾太郎  今中次麿  堀真琴   平野義太郎  柳田謙十郎  中村 哲
 鈴木安蔵   末川 博  安井 郁  中野好夫   中島健蔵   阿部知二
   

 当時の彼らの社会的地位の高さと、影響力の大きさを考えれば、彼らは、林氏が列挙した「程度の低い戦後派教授」でなく、本物の著名人だ。私は現在、これらの人物をひっくるめて「獅子身中の虫」「駆除すべき害虫」と呼んでいる。この害虫たちが、敗戦後の日本で歴史を貶め、日本人の魂を骨抜きにした元凶である。彼らの奮闘の結果が、平成の日本だ。「平和憲法護持」「九条を守る会」につながり、日本中にお花畑を作り、危機感のない日本人を作ってきた。それがとうとう皇室にまで及び、 美智子様の「九条の会」支援となってしまった。

 林氏の書評は、あと少し残るが、私の根気が続かなくなった。日本を思う人々へと、氏が綴った言葉を伝えるのが自分の役目かと思うが、おおよその内容は述べたと思う。どうか、息子よ、孫たちよ。ここに列挙した獅子身中の虫たちに、騙されないでもらいたい。自分の国を裏切るような、卑しい人間にだけはなって欲しくない。そんな人間は、どんなに有名で、どんな勲章をもらおうとも、決して見習ってはならない。

 

 最後に、林房雄氏と、亡くなった叔父に、深い感謝の念を捧げ、読んでくださった辛抱強い方々にも、感謝いたします。

 

コメント (2)

蓮舫氏でいいのだろうか。

2016-11-25 17:00:36 | 徒然の記

 安倍晋三首相と民進党の蓮舫代表が24日の参院TPP特別委員会で論戦を交わした。動画でその様子を見たが、いつものことながら不愉快な気持ちにさせられた。

 闘う野党の、闘う党首、その姿をテレビで見て、颯爽と安倍総理を追求する果敢な女性だと、そんな受け取り方をした国民が、果たして何人いるだろうか。この人の質問はいつもそうだが、自民党の議員を頭から攻撃し、屁理屈で切り返し、悪事を裁いている検事のような口の利き方しかしない。

 皮肉交じりの責め口調や、眉に皺を寄せた癇癪持ちの表情など、どうして彼女には冷静な国会質問ができないのだろうか。周りにいる民進党の議員だけが、しきりにうなづいたり、声援を送ったりしているが、国会中継を見ているのは、多くの国民であることを忘れてもらっては困る。支持する人間にだけアピールし、喝采を送られていれば良いのなら、民進党の明日はない。

 トランプ氏に会ったことが、何故そんなに気に入らないのか、プレゼントを持参したことの、どこがおかしいのか。TPPについて何を話したのか。安倍総理が丁寧に説明しても、「さっぱり分からない。」とつっぱねる。総理の答弁を中断させようと、同僚議員が議長席に詰め寄り机を叩く、いったい彼らは総理への礼儀も知らないのか。

 喧嘩腰でしか喋らない人間と、まともな議論はできない。最初から議論でなく、喧嘩を仕掛けているだけなのだと、私たちは感じる。「総理は、立法府を軽視している。」と、口角泡を飛ばす前に、軽視するしかないような質問をしている自分への反省はないのか。

 官房副長官の萩生田氏をつかまえて、「国会論戦はまるで、田舎のブロレス、茶番劇」と言ったことを謝れと迫る。できもしないことを総理に迫り、子供受けするような正論を振りかざし、蓮舫氏のやっていることが、そもそも「田舎のプロレス、茶番劇」でないか。「TPPを脱退するとトランプ氏が言っているのに、国会審議を続ける意味があるのか。」「高いお金をかけて、国会審議するのは時間の無駄、税金の無駄使いでないか。」

 総理に食い下がるが、「まだ大統領に就任していないトランプ氏の、選挙演説だけで、日本がTPPを無にするようなことはできない。」「そんなことをしたら、日本への信頼がなくなる。アメリカだけが参加国ではない。」「すべてはこれからの話だから、日本は日本として進めていく。」と、丁寧に答える総理の方が、ずっと国会を重視している。

 蓮舫氏が言うように、国会軽視の総理だったら、中身の何もないヒステリー議員の質問に、答えたりしないはずだろう。もともと私はTPPに反対で、説明不足が多々あると思っているから、蓮舫氏の質問がまともなら、真剣に聞くつもりだった。しかし彼女のやっていることは、萩生田氏の評する通り、「国会論戦はまるで、田舎のブロレス、茶番劇」だった。よくぞ言ってくれたと喝采しても、失言だとか暴言だとか、そんな想いは一切ない。

 人材が不足しているからといって、蓮舫氏みたいな議員を党首にして、本当に民進党はそれでいいのだろうか。第一、氏は果たして日本人なのか。日本人としての愛国心を持っているのか。そんな基本的疑問にすら、国民に回答していないでないか。己の傷は隠し続け、安倍総理にはトランプ氏との会談内容を明らかにしろと迫る。

 安倍総理は、どこの国の人間か不明な議員に、国家の大切な話を漏らす必要などどこにもない。もう一度民進党の議員諸氏に問う。「蓮舫氏でいいのだろうか。」

 

コメント (7)

大東亜戦争肯定論 (下) - 7 (パール判事の判決文)

2016-11-24 15:50:29 | 徒然の記

 寒い朝だ。しんしんと綿雪が降っている。11月に関東で雪が降るのは54年ぶりだと、テレビのニュースで聞いた。

 林氏の書評を綴っているが、追い詰められた日本が破局へ向かい、敗戦後にGHQにからめとられた教授たちが、よってたかって歴史を改ざんするという、胃の痛むような部分に差し掛かっている。

 怒りの言葉を氏が綴り、それを読む私の心でも、荒海の高波が砕けている。林氏と私の心の背景として、季節はずれに降り積む、この寒々とした今朝の雪景色は、なんと相応しいものだろう。氏の叙述を、そのまま転記しよう。

 「大東亜戦争直前における、欧米列強の日本に対する経済封鎖は、」「苛烈を極めた。」「米国は日本への石油輸出を禁止し、蘭印に石油を求めようとした日蘭商会も、」「米英の圧力によって失敗した。」

 「ABCD経済封鎖網は、日本を身動きできなくするまで縛り上げた。」「最後の打開策として、日米交渉に期待をかけ、これが駄目なら、」「生きるため、必要な資源を武力で獲得するしかないところまで、」「追い詰められていた。」

 「そして、日本は米国から「ハルノート」を手交された。」

 「ここで私は、パール判事の「日本無罪論」に触れなければならぬ。」「今は忘れている人が多いかも知れぬが、パール博士はインド代表として東京裁判に臨み、」「この裁判が、裁判という名に値せず、儀式化された復讐にすぎないことを立証し、」「全員無罪を主張した、ただ一人の判事である。」

 私は国際法に関しては、ほとんど何も知らないが、「法の不遡及」という原則は、大学で習った。ところが東京裁判では、「カイロ宣言」と「ポツダム宣言」の条項を法的根拠とし、さかのぼるべからざる法を、遡らせてしまった。

 どういう法をさかのぼらせたのか。ここで少し補足説明がいる。誰もが知っていることなので、氏が省略しているが、私の息子や孫たちは知らないから、どうしても挿入しておきたい。

 東京裁判では、A級、B級、C級という戦争犯罪が俄かに作られ、日本人を裁いた。多くの人はABCの順に、刑の重さが表されていると誤解するが、これは単なる区分で、私たちが、「いろは」「イロハ」と項目を分けるのと同じ、分類記号である。だからいずれの級になろうと、刑はすべて死刑だ。

 A級・・平和に対する罪  B級・・人道に対する罪  C級・・(通常の)戦争犯罪

  東京裁判が行われたのは、昭和21年から23年にかけての2年間だった。つまり、この年以前には世界のどこを探しても、このような罪は法として存在していなかった。「法律のないところに犯罪はなく、法律のないところに刑罰はない。」というのは、世界共通の法の常識なのに、連合国は、戦争当時存在していなかった法を適用し、日本人を裁いた。

 氏はこのことを指して、「さかのぼるべからざる法を、遡らせてしまった」と述べている。今でならおかしいと言えても、敗戦当時は異議を唱えることさえできなかった。

 どんな理不尽な仕打ちをされても、文句が言えない・・。それが戦争に負けるということである。後の人間が善悪を問うても、無意味なことだ。こうした理不尽を被らないため、どうすれば良いのかと言えば、その答えはただ一つだ。「戦争に、負けてはならない。」・・これが国際社会での、常識だ。

 「東京裁判は、とにかく裁判の形をとっていたので、」「東郷元帥や乃木大将までを、戦犯にすることはできなかったが、」「15年前の満州事変までさかのぼり、多数の戦犯を製造した。」「パール博士の抗議も、弁護人清瀬一郎の弁護も無視された。」「カイロ・ポツダム宣言にもとづき、日本へ押しつけられた講和条約は、100年以前までさかのぼった。」

 「彼らは、日本を明治維新以前の状態にまで押し戻す、」と宣言し、」「その通りに実行した。」「だから私は、大東亜戦争は、東亜百年戦争の終局だ。、という説を述べる。」「確かに、日本の領土は明治維新まで押し戻され、四つの島となったが、」「いかなる力も、歴史そのものを押し戻すことはできない。」

 「 はなはだ唐突かも知れぬが、この「押し戻し得ない歴史」の姿を、」「私は東京オリンピックの開会式のテレビで見た。」「ここにひるがえった国旗は、九十余、その三分の一近くは、大東亜戦争後の新興国であり、」「これに中共、インドネシア、北ベトナム、北朝鮮の国旗を加えて考えれば、」「私の言いたいことは、理解していただけるであろう。」

 「これら新興国のすべてを、「大東亜戦争」が生んだ息子だとは言わない。」「それは諸民族ナショナリズムの成果であり、共産国の反植民地主義政策も、大いに助けたことであろう。」「いずれにしてもオリンピクの祭典で、驚くべき増加を示した新国旗は、」「帝国主義と植民地主義への弔旗であり、このことのため、」「日本の百年の苦闘が、何ものをも貢献しなかったとは、いやしくも歴史を読む者には言えないことだ。」

 氏の言い方を聞くと、国内にいる反日学者や文化人、あるいは、左翼政党の政治家たちが、いきり立って反論してくる。中国と韓国、北朝鮮が激しく攻撃してくる。「歴史認識が足りない。」「過去の蛮行を忘れたか。」などと、それこそ歴史を改ざん・捏造するならず者国家が、大騒ぎする。

 しかし、氏の意見もまた、一つの見識である。言論の自由というのなら、自分たちに都合の良い意見だけでなく、異なる意見も是認すべきだろう。参考のため、マレーシアのマハティール首相が、平成14年に語った言葉を写してみる。 

 「日本のサクセス・ストーリーがなければ、東アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。」「ヨーロッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けただろう。」

 「東アジアでは、高度な産業は無理だった。せいぜい質の劣る模造品を作るのが、開の山だった。」「したがって、現在西側が懸念するような「虎」も「竜」も、」「すなわち急成長を遂げた、アジアの新興工業経済地域(NIES)も存在しなかっただろう。」

 「東アジア諸国でも、立派にやっていけることを証明したのは、日本である。」
「だから他の東アジア諸国も挑戦し、他の世界各国が驚くような成功をとげた。」「東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。」「いまや日本と、そして東アジア人は、自分たちの力を信じているし、」「実際にそれを証明してみせた。」

 「 もし日本なかりせば、世界は全く違う様相を呈していただろう。」「富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。」「北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。」「マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、」「それを、富める工業国の顧客の言い値で、売り続けていただろう。」

   これはマハティール氏が訪日した折の、講演会の話の一部だが、日本のマスコミは全く報道しなかった。日本を貶めることにしか生きがいを見出さない、反日のマスコミの実態がここにもある。

 マハティール氏だったかどうか、もう覚えていないが、東南アジアのある首相が日本について語った言葉を、私は尊いものとして、今も心に刻んでいる。

 「日本は、アジアのため、強大な欧米諸国と戦い、死力を尽くして戦争をしてくれた。」「日本はアジアの国にとって、母親のようなものだった。」「母は戦いに敗れ、自らは倒れてしまったが、」「アジアの息子や娘たちは、解放された。」「白人たちの圧政から逃れ、独立を手に入れた。」

 金科玉条のものとして、私はこの言葉を持ち出しているのではない。あの戦争については、アジアの中にも様々な意見があると言いたかっただけだ。

 だから私は、静かに抗議する。東京裁判で裁かれた先人たちを、「A級戦犯」とか、「戦争犯罪人」とか、貶めてはなるまいと。むしろ東條氏を含む7名の方は、靖国神社が称しているように「昭和殉難者」と呼ぶ方が正しい。不敬と非難されても、私が、美智子様を、皇室の方として認めない不遜さを黙認してもらいたい。この方は、一度ならず二度三度、先の戦争で亡くなった人々を、「A級戦犯」とか、「戦争犯罪人」などと、無慈悲に呼ばれた。

 国民の敬愛の中心である皇室におられるというのに、国の歴史もお調べにならず、庶民の心を踏みにじられる方を、私は許す気になれない。

 

 「GHQにからめとられた教授たちが、歴史を改ざんする」話は、次回にしたい。日本のため、尊い命を捧げてくれた先人と、卑しい反日の教授たちの話を同じブログで取り上げるなど、今の私にはできない。

コメント (2)

大東亜戦争肯定論 (下) - 6 (ハルノートと賀屋興宣氏)

2016-11-23 21:14:20 | 徒然の記

 ハルノートについて、重要なことを林氏が語っている。

 野望にかられた日本がアジアで暴走したと、戦後の教育で教えられてきた私は、別の事実があることを初めて知った。

 私が昨夜「目覚めた」ように、息子や孫たちが、戦後教育の偏りと、捏造を発見できるよう、この歴史的文書の要点を写し取っておきたい。その前に、ハルノートが日本へ渡される直前の状況を、氏の本から引用する。

 「1941(昭和16)年の7月、アメリカは、日本との一切の貿易を政府の統制下に置き、」「すべての日本人の、在米資産の凍結をした。」

 「このことに関し、インドのパール判事は、東京裁判で次のように述べた。」「これは経済戦の宣戦布告であり、中立行為ではなかった。」「同時にオーストラリア、オランダ、イギリスによってとられた、」「経済的、軍事的措置と相まって、日本人が名づけたように、これはまさに対日包囲政策であった。」

 「アメリカ側の最後通牒であるハルノートは、昭和16年11月26日に渡された。」「アメリカ国務省に呼びつけられ、ハル長官からノートを手交された野村大使は、」「ただ茫然とするばかりで、悲痛の面持ちで引き下がったと、」「チャーチルが、回想記の中で書いている。」

 「ハルノートは、10ヶ条よりなる覚え書きだが、その中の重要な二項目が3と4だ。」

     3. 日本は、中国および仏印より、全陸海空軍および警察力を撤退する。

     4.  アメリカ・イギリス・両国政府は、重慶政府以外の中国におけるいかなる政

     府、もしく   は政権をも支持せず。

 「中国、仏印からの撤兵はまだ良いとしても、4項は、汪政権はもちろんのこと、」「満州国放棄を強制している。」「さらに5項では、中国における一切の既得権益の放棄を命じ、」「9項で、三国同盟の放棄を要求している。」「これについてもパール判事は、「それは最早交渉ではなく、日本への全面降伏を迫る、最後通牒を意味するものだった。」「と語っている。」

 「 ルーズベルト大統領とハル国務長官は、提案を日本が受諾しないと信じていたので、」「日本側の回答を待つことなく、文書を手交した翌日に、アメリカの前哨地帯の全指揮官に対し、」「戦争態勢に入ることを命令した。」「アメリカの内部資料(ロバート報告書)では、全指揮官が戦争突入の警告を、11月27日に入手したと書かれている。」

 「これが、真相である。」「歴史の真相は、時勢の流れに埋没し終わるものもあるが、」「時が経ち、自然に現れるものもあり、学者たちの努力で発掘され、万人の目に触れるものもある。」

 氏はさりげなく書いているが、「真珠湾を不意打ちをした卑怯な日本」という非難は、作られたプロパガンダだったことを明らかにしている。ルーズベルト大統領は、日本の真珠湾攻撃を知りながら、アメリカの戦意高揚のため、国民に知らせなかったと、別の本で読んだことがあったが、ここで林氏の著作と符合する。

 開戦当時の太平洋艦隊司令官だったセオポルド少将は、回想記の中で、「真珠湾は、日本に最初の一発を打たせるためのオトリだった。」と告白している。林氏の著作が昭和59年に出版されているのに、日本の学者や文化人は一顧だにせず、あろうことか反日のマスコミが、平成の今になっても、「真珠湾奇襲」への非難・攻撃を止めようとしない。

 ハル国務長官や、ルーズベルト大統領より、私の怒りは、今も厳然として国内にはびこる、「反日・売国の日本人」の方へ向かう。

 彼らこそが、敗戦後の日本に蔓延する「獅子身中の虫」であり、「駆除すべき害虫」だと、ここまでくれば一目瞭然となる。自分の国を守る軍隊も持てないまま、米軍に守られている日本を、情けないとも思わない今日の状況は、この虫どもの大合唱が作った。

 虫は反日の左翼政党ばかりか、自民党の中にも沢山いて、「平和憲法の護持」などとたわ言を言っているから、日本の夜明けはまだまだだ。

 だが、選挙の一票で豹変する、愚かな政治家も多いことを考慮すれば、国民が目覚める方が先なのかもしれない。ご先祖の血と涙をおろそかにする政治家には投票しないと、国民が目覚める方が早いのかもしれない。私は昨日やっと目覚めたが、日本には賢い人間が沢山いるから、それほど心配することもない気もしてきた。

 敗戦後70年も経てば、日本の問題は、すべて日本人の責任だ。隣の中国や、韓国・北朝鮮みたいに、自分たちの無能を棚に上げ、いつまでたっても「日本のせい」と大騒ぎするのは、あまりに情けない。色々過去の事実を知ったとしても、私はルーズベルトが、マッカーサーが、スターリンがと、未練がましく、他人への責任転嫁はしない。

 恨みがましく、みっともなく、他国を責めない潔さが、日本人の美点の一つだと思うが、その好例となる人物がいる。

 石原慎太郎氏の著作で初めて知ったのだが、賀屋興宣氏がその人である。明治22年に広島で生まれた氏は、東大卒業後に大蔵省へ入り、近衛内閣と東条内閣で、大蔵大臣を務めた。東京裁判でA級戦犯となり巣鴨刑務所で10年間服役し、昭和35年に岸信介氏たちと共に無罪赦免され、池田内閣で法務大臣になっている。

 その後日本遺族会の会長を務め、昭和52年に88才で没した。政治家は誰もが勲章好きなのに、氏は身を律することに厳しく、叙位・叙勲の全てを辞退している。あまり他人を褒めない石原氏が、敬意を払っていた。

 「戦争前から戦争にかけて、無類の財政能力を発揮したが故に、戦争犯罪人に仕立て上げられたこの人物は、少なくとも、私が今まで政界で眺め渡した限り、最も知的な人物だった。」

 「自由党総裁だった緒方竹虎は、健康に一抹の不安を抱いていて、自分に万一のことがあったら総裁の座を継いで欲しいと頼んだ。この時賀屋さんは、犯罪人の名を被った人間は、国家の首班となり得る地位に就くべきではないと、頑固に拒んだ。」

 石原氏が、東京裁判への法的な疑義を口にすると、
「でもね、勝った者が勝って奢って、負けた者を裁くのは、当たり前じゃありませんか。」「個人にせよ、国家にせよ、人間のやることは所詮いい加減なものですよ。」「万が一、我々が勝っていたら、もっと無茶な裁判をやったでしょうな。」

 石原氏の本を読んだ時、賀屋氏の言葉に驚かされたが、林氏の著作で新たな事実を知った今は、敬意を表さずにおれない言葉となった。戦勝国の復讐を恨んだり怒ったりせず、そんなものは世界の常識と受け止め、明日の日本を考えた政治家だった。私みたいな小人と異なり、世界の大局を眺め、右往左往しなかった政治家、でもある。

 他国が日本を攻撃し、卑劣な手段で挑んで来ても、恨んではならない。そんなものは、国際社会の常識だ。そうでなく、憎み、攻撃し、軽蔑しなくてならないのは、日本人の中にいる反日たちだ。他国の力と財力に膝を屈し、自分の国を蔑み、ご先祖を貶め、日本人の魂をうしなった日本人たち・・。

 くどいので、自分でも嫌になるが、今の日本では、何度言っても言い過ぎることはない。

 「この日本人たちが、敗戦後の国内にはびこる「獅子身中の虫」であり、「駆除すべき害虫」だ。」

      (今晩は、ここまで。)

コメント (2)

大東亜戦争肯定論 (下) - 5 (三つの発見)

2016-11-22 22:04:41 | 徒然の記

 今頃こんなことに気づくのは、遅すぎるのだろうが、自分には大きな発見だった。

 林氏の「東亜百年戦争」の理論に立つと、日本の歴史が一本の糸で繋がる。敗戦後に語られるようになった「軍国主義日本のアジア侵略」とか、「天皇制独裁国家の野望」などという批判が、いかに的を外れているかも分かる。

 先の大戦を、連合国側は太平洋戦争と言い、日本の保守は大東亜戦争と言うが、普通の日本人なら、林氏の理論を正として考えるのが妥当だろう。なぜ日本はあんな無謀な戦争をしたのか、日本の指導者たちは、なぜ国を破滅させるような戦争に突入したのか。

 その理由は、ライシャワー史観や、まして左翼の毛沢東史観やスターリン史観では、説明できない。

 幕末の薩英戦争以来、大東亜戦争まで、一貫して日本は、欧米列強の植民地化と戦ってきた。最後は無残に敗れたが、日本の戦争は常に「自衛のため」だった。日清、日露の戦争にしても、日本には一か八かの勝負だった。勝敗を度外視し、国運を堵し、一丸となって戦争に突入した。少し考えれば分かる話だが、いずれも運良く勝利した戦争、というのが現実だった。

 戦後の左翼系知識人や、アメリカに与する評論家たちがするように、大東亜戦争の敗因を、「無謀な戦争をした、一部のバカな指導者たち」に求めるのは正しくない。日本の歴史を一貫して眺めれば、「東亜百年戦争」という考え方が、最も適切に日本の戦争を語る理論だということ。これが、一つ目の発見だ。

 二つ目の発見は、「日本の外交は、過去の失敗を学習しない。」ということだ。外国人の永代借地権の撤廃が、やっと昭和17年に叶った。幕末に列強と結んだ不平等条約のため、なんと87年間を費やしている。国内での反対を押し切り、鹿鳴館外交を進めた井上が失敗し、片足を爆弾で失った大隈が失敗したのは、なぜか。

 林氏が明快に指摘している。

 「井上と大隈が、「西洋植民地主義者」と「アジア征服者」の中に、」「友人を求めようとした欧化的思考にあった。」 ということだ。

 彼らは日本の友人でなく、話せばわかる相手でもなく、どこまで話し合ったところで、植民地主義者であり、征服者だった。もっと赤裸に言えば、彼らは「有色人種」を蔑視している白人だということである。

 不平等条約がなくなったのは、富国強兵で力をつけた日本が、結局無視できない存在となったからに過ぎない。誠を尽くせば「改正」できるという考えが、甘かったのであり、岡倉天心の言葉通り、「シンガポール沖における英国東洋艦隊の撃滅」のほかに、方策は無かった。

 平和外交推進者として知られる幣原喜重郎の外交も、私から見れば、井上・大隈と同じ轍を踏んでいる。軟弱外交と罵られようと叩かれようと、彼は欧米との協調路線を推し進め、更には敵対する中国にも協調した。彼についてはよく知らないが、きっと博愛の紳士だったのでないかと想像する。彼は日本の国益より他国への協調を優先したから、私には、とても認めがたい。

 保守の人間は、彼について、人間性も軟弱だと酷評するが、軍人を相手に「軟弱外交」を推し進めたのだから、強い信念の政治家だと、私は思う。そこは評価するが、他国に誠を貫き、協調するというのは、歴史から何も学んでいない政治家ということになる。幕末以来の政治家や思想家たちは、「日本を第一」として考え、国益のためにのみ、他国との妥協をした。

 彼は井上・大隈の外交の失敗原因を知ろうとせず、「敵」に対して「友人」を求めた。欧米がどういう国なのか、中華思想の中国がどんな国なのか、日本を対等に扱う可能性があるのか。つまり彼は、「過去から学習しない」政治家だったという発見だ。他国との折衝で心がけるべきは、「国益第一」しかなく、外交交渉では、誠や友誼や誠実は、優先度の低い理念となる。国際社会は、それで戦っている。

 国益に合致すれば、昨日の敵と握手し、国益に反すれば同盟国でも足蹴にする。良いも悪いも、それが国際社会の歴史だ。

 今回大統領に当選したトランプ氏も、「アメリカ第一」と宣言している。国益に合致しないと判断したから、彼はTPPの破棄をした。前任の大統領が、関係国を無理やり加入させ、成立寸前まで持ってきていても、彼は無下に切り捨てた。政治家には、自分の考える「国益」が、何にも優先するという見本だろう。

 さて幣原喜重郎の間違いは、現在の政治家にも受け継がれ、敵対国と協調する外交と、敵の中に友人を見つけようとする外交が、そのまま引き継がれている。・・・・、これが二つ目の発見だ。

 さて、最後の発見は、保守の誰が弁明しようとも、次の事実は、日本の中国に対する、侵略である。

  1. 大正四年 「対支二十一か条の要求」

   北京の袁世凱政府に、日本が力づくで調印させたもの。日支親善も大アジア主義 

   も、これで吹き飛んだ。火事場どろぼう的な居直り文書で、これにより、中国の対

   日不信感が決定的なものとなった。 

  2. 昭和三年 満州奉天における張作霖の爆殺。

   関東軍参謀の河本大作大佐が実行し、田中内閣が総辞職した。

  3. 昭和六年 柳条溝(湖)事件 満州事変の勃発

   関東軍参謀の石原莞爾中佐、板垣征四郎大佐が首謀して行い、満州国の設立につな

   がった。

  内容としては3項目だが、私はこれをひとくくりにして、「中国侵略の事実」とする。つまりこれが、三つ目の発見だ。

 中国は、ありもしない「南京問題」などをあげつらわず、堂々とこの三点を「日本による中国侵略」の証拠として、攻撃すれば良いのにと思う。江沢民も習近平も、なぜこれを歴史の争点として日本と争わないのか。

 これもまた、単純明快な話だ。こんな事件で日本と争えば、「抗日戦での大勝利」や、「共産党による日本撃滅」などという大ウソが、国民にばれてしまう。彼らは、口が裂けてもこの問題を持ち出せない。米国が、東京裁判ででっちあげた「南京問題」に悪乗りし、捏造のウソで日本を攻撃しているのだから、笑うしかない。

 林氏の本を読んで、以上のことを教えられた。私は3番目の「中国侵略の事実」を発見しても、左翼の政治家や学者、あるいは「お花畑」の日本人たちのように、反省したり、詫びたり、日本を攻撃したりしない。悪かったとも云わないし、いう必要もない。

 「他国侵略の事実」を歴史から学べば、日本のしたことの何千倍も、何万倍もの事例が横たわっている。これらは、後世の人間が、良かった悪かった評価するものでなく、善悪を超えた歴史の事実だ。冷静に観察し、明日からの糧にすれば良いだけの話だ。

 こうした事実を前にし、いったいどこの国が、日本のように、反省しているというのか。どこの国が、卑屈に腰をかがめているか。日本以外どこにもない。

 林氏の著作に接するまで、私はずっと「日本の悪業」「日本の間違い」について、考えてきた。40年間朝日新聞の読者だったお陰で、中国や韓国への贖罪意識が常にあった。

 しかし、やっと気がついた。敗戦後の日本は、米国の占領下で自らの魂を捨て、歴史の流れを見る姿勢を無くし、たった数10年前の戦争だけを捉え、日本失敗を、針小棒大に取り上げてきたに過ぎなかった。オーム真理教の信者たちの洗脳を笑ってきたが、そっくり同じことを、敗戦後の私たちがしてきたと、やっと目が覚めた。

 目が覚めたところで、夜が更けた。これからゆっくりと風呂に入り、床に横たわり、明日の朝、「本物の目覚め」をしよう。

 きっと爽やかな目覚めとなるはずだ。

コメント

大東亜戦争肯定論 (下) - 4 (大川周明と北一輝)

2016-11-21 17:48:13 | 徒然の記

 5.15事件は、昭和7年の出来事だ。海軍の青年将校たちが、犬養総理大臣を、自宅へ押し入って射殺した。

 2.26事件は、昭和11年の出来事で、青年将校ら1,483名が政府要人を襲い、高橋是清大蔵大臣、斉藤実内大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監ほか、警官5名を殺害した。

 林氏がわざわざ一章を設け、大川周明と北一輝について語っているが、納得しないまま読み終えたというのが、正直なところだ。5.15事件の背後には大川周明がいて、2.26事件には北一輝がいた。刑務所に入れられたが、大川周明は罪を問われることなく出獄し、北一輝は、ただ一人の民間人として、軍人と共に処刑された。

 その代わり大川周明は、敗戦後の東京裁判の法廷に引き出された。被告席で突然精神に異常をきたし、自分の前に座る東条英機の頭を叩き、MPに連れ出されている。記録の動画を見て、この異様な光景を覚えているが、氏の本を読む以前に、私が二人について知っていたのはこれだけだった。

 大川周明は明治19年山形県に生まれ、熊本五高から東京帝大の文学科で哲学を学んだ。語学は英、仏、独、サンスクリット語に通暁し、さらに支那語、ギリシア語、アラビア語を学んだ。生涯求道者であった彼は、最初はキリスト教に惹かれ、次にマルクスに心酔し、さらにプラトンの国家論に心を奪われ、最後には日本の思想家へと回帰する。それが熊沢蕃山であり、横井小楠であり、佐藤深淵であった。こうして彼は「大アジア主義」と「日本主義」を自己の魂の中に結晶させ、「昭和維新」の理論的指導者として実行活動へ没入していく。

  一方北一輝は、明治16年新潟県佐渡に生まれ、佐渡中学校で飛び級で進級するが、眼病を患い、学業不振となる。家業の造り酒屋が傾いたことも加わり、彼は退学した。経済的に恵まれた大川と異なり、苦学して学び、早くから社会活動に飛び込んでいる。24歳の時、「国体論及び純粋社会主義」を著し、35歳の時には「支那革命外史」を出している。これらの著作には当時の経済学者、社会学者、社会運動家たちなど、多くの知識人から賞賛の手紙が送られ、福田徳三は北を天才と高く評価し、かの「貧乏物語」で有名な河上肇も、読後の喜びが抑えきれず、彼を訪問したとある。

 大川と北は、互いに面識がなかったものの、当時の知識人の中では共に一目置かれる存在であった。中国革命の最中に宋教仁の誘いで上海へ渡り、活動に加わっていた北を、大川が訪ねたのは、大正8年だった。この状況を氏が次のように述べている。

 「東亜百年戦争の末期を代表する、二人の革命的思想家は、」「相会うと同時に、二つの火炎星のごとく衝突して、」「猛火を発し、別れて再び会うことがなかった。」

 もともと私は、こうした講談めいた語り口を好まないので、林氏の意見に共感を覚えなかった。二人は確かに非凡な人物なのだろうが、心に伝わるものがなかった。吉田松陰や徳川慶喜の時のように、彼らが語った言葉が、具体的に紹介されていないところにも、原因があるのかもしれない。

 大川周明の社会主義は、王道政治と変化し、江戸末期の思想家へと回帰する。北一輝の社会主義は、法華経の教えとつながっていき、マルクスとは無縁なものとなる。彼らの社会主義とは、いわば「経済的弱者の救済」であり、「富の公平な分配」に主眼があり、過激な思想であるが、階級闘争とか、武力革命とかに力点が置かれていないらしく見える。

 もしかすると、林氏自身も、彼らの著作を読んでいないのか。それとも短い一章にまとめられないほどの複雑さだったのか。なんとも中途半端な説明で終わる。けれども、章の最後に彼が率直な思いを述べているのを発見し、安堵した。林氏らしい本音だと思う。

 「私には、北一輝と大川周明の本質または、正体がまだ分からないと言っておくのが、正直なところだ。」「ただ分かることは、この二人が、東亜百年戦争の末期を代表する、魔王的思想家であったということだけだ。」

 「両者とも、敗北を運命づけられ、しかもアジア解放の戦争だったという、日本の歴史が生んだ、反逆的浪人学者であったこと。」

 いつか機会があったら、自分の力で二人の著作に触れたいと思う。博学な林氏でも手にしなかった本だから、理解できない気もするが、希望は大きいほど良い。ボケ防止になるし、長生きをする必要も生まれる。本が読める状態で長生きするのなら、息子や孫にも迷惑をかけないで済むのではないか。一挙両得の、大きな希望だ。

 今回は、何となく中途半端な思いが残るが、それでも、林氏には感謝すべきと思う。長い人生に、こんな日だってあるだろう。本日はここで終わり。

コメント

ゲスの勘ぐり

2016-11-20 19:17:19 | 徒然の記

 11月12日の千葉日報に、朴大統領の疑惑報道に関連する記事があった。

チェ・スンシル氏に関する容疑と攻撃は大見出しだが、この記事は映画監督チャ・ウンテク氏のことなので、小さな扱いだ。なんでも氏は、「文化隆盛」を掲げる朴政権下で、多数の関連行事を手がけ、「韓流」利権を握った中心人物であるらしい。

平成26年の12月に釜山で開催されたアセアン特別首脳会議で、文化事業を担当し、その際氏が選定した業者から、金銭を受け取ったため、逮捕状が出るのではないかという記事だ。また同年8月に氏は、大統領直属の「文化隆盛委員会」の委員に就任し、韓国文化を紹介するイベントの監督などを次々と委託され、「文化界の皇太子」とも呼ばれていたという。

 平成26年がどういう年だったか。忘れもしない。前年の2月に、韓国初の女性大統領になった朴氏が、凄い勢いで反日演説を展開し、アメリカで、カナダで、フランスで、朝日新聞の捏造記事を基にした「慰安婦問題」大キャンペーンをさせた年だ。次に引用するのは、平成26年1月に私が書いたブログだ。

 「アメリカでは州議会や市議会で日本への非難決議が行われ、慰安婦像が米国内の5ケ所に立てられ、今後も増えそうだと危惧されている。そして今回はフランスのアングレーム国際漫画展で、韓国の慰安婦キャンペーンが行われ、何も知らないフランス人が、日本人はこんな酷いことをしたのかと怒っているという話が届いた。自国での反日教育だけでは満足せず、韓国は政府主導で米国からフランスへと醜い反日キャンペーンを展開している。」

 もともと朴大統領は、父君の朴正煕大統領が親日だったこともあり、親日と見られるのを恐れ、就任早々から反日の演説を続け、国民の支持を取りつけようとした。前任の李明博大統領が、竹島に上陸したり、天皇陛下を貶める言葉を吐いたりしていたこともあり、いっそうの反日姿勢を見せなくてはと意気込んだのかもしれないが、あまりにも酷かった。

 さて、前置きはこのくらいにして、いよいよこれから「ゲスの勘ぐり」に入る。

 少女を30万人強制連行して、兵士が性奴隷にし、最後は全員虐殺してしまったと、人数もデタラメなら、事実もすべて大ウソだから、朝日新聞とその親派のお花畑の住民を除く、日本人は全員が怒りに燃えた。韓国のものは見るのも嫌、手にするのも嫌、在日韓国人は国へ帰れと、韓国への嫌韓はたちまちのうちに「憎韓」となった。

 国民の多くが韓国を嫌悪し、「韓流」ドラマに熱を上げていたおばちゃんたちが、冷たくあしらわれるようになった。それなのに、誠に不思議なことに、この日本人全体の嫌韓の気持ちに逆らうかのように、NHKも、民報も、相変わらず「韓流ドラマ」を流し続けている。

 反日・亡国のマスコミとは言っても、理由もなくこのような利敵行為が続けられる訳がない。今でもそうなのかは知らないが、当時の朴政権は、反日キャンペーンのための政府予算をかなりの額で計上し、実施する団体等へ支給していたと聞いた。

 つまり、チャ・ウンテク氏の贈収賄疑惑は、日本も無縁でないはずと、ゲスの私は考える。忌まわしい韓国の金が日本に流れ、誰が受け取っているのか知らないが、韓流ドラマの垂れ流しにつながっている。電通は言うに及ばず、NHKにも日本を憎む在日が多いところと聞くから、そんな場所には、韓国の金も流れ込みやすいはずだ。

 政治家を通じて入ってくるのか、チェ氏やチャ氏に近い人間から持ち込まれるのか。一度調べてもらいたいものだ。電通の超過勤務の実態を調べるついでに、韓国からの金の流れも調査したらよい。凄い特ダネになると思うが、マスコミの記者が扱えるはずのないネタだから、彼らには期待できない。警察は、韓国人経営のパチンコ屋が天下り先だから、ここも期待できない。公安は、北朝鮮と意が通じているらしく、国内にいる拉致協力犯すら逮捕できない。こんな現状を黙認する反日政治家たちが、国内にワンサカといる。自民党内にも、いる。

 したがって、ゲスの勘ぐりは、ゲスの勘ぐりとして終わるしかない。現在の日本も、こうして考えると、まだまだ暗闇の多い国だ。未開の野蛮国(隣国も含む)に比較すれば、それはもう、素晴らしい国だが、有頂天になってはおれないと、本日千葉日報に教えられた。

コメント (6)

大東亜戦争肯定論 (下) - 3 (孫文と日本の志士)

2016-11-18 18:51:01 | 徒然の記

 本日は、最初から、林氏の叙述の引用から始めよう。

 「孫文、黄興等の革命運動が、日本の民間志士団と関係の深かったことは、」「周知の事実だ。」「孫文の最初の日本亡命は、明治31年であった。」

 「彼は宮崎滔天を通じて、犬養毅、平岡浩太郎、頭山満を知り、」「その協力と援助によって、広東、恵州における挙兵、」「上海における李鴻章暗殺、フィリピンのアギナルド将軍の独立運動の援助、などが計画された。」

 「いずれの計画も失敗し、明治37年、再び孫文は、日露戦争中の日本に亡命した。」「葦津珍彦氏によると、当時の孫文は、日露戦争を、」「アジアによる、ヨーロッパに対する解放戦であると解し、」「世界史的な転換の時代が来たと、考えていた。」

 「東京赤坂の内田良平邸で、中国革命同志会が結成されたのは、この時であった。」「広東系の孫文派と、湖南系の黄興派との合同の会でもあり、」「両者の他に章炳麟、王兆銘、宋教仁、張継等々を指導者として、」「一万五千名の在日留学生を基盤に、機関紙「民報」を発行した。」「こうして彼らは、清朝転覆の革命思想を、海を越えて大陸へ送り込んだ。」

 「過去の歴史を日本は知るべし。」とか、「歴史認識が足りない。」とか、江沢民以来の中国政府が日本を攻撃しているが、彼らの戯言が、どれほど粗末なプロパンガンだに過ぎないかを、多くの人に知ってもらいたい。

 孫文は現在でも中国で国父として敬愛され、毛沢東より評価されている人物だが、その彼が日本の志士たちとどのように接し、どのように助けられていたかを知れば、左翼反日の学者や、文化人や政治家が、どれだけ偏向した主張を、戦後の日本でしているかが、瞬時に判明する。

 先のブログでも述べたが、敗戦後の日本には、「ライシャワーの歴史観」「毛沢東の歴史観」「スターリンの歴史観」という三つの動きがあり、学者、教育者、政治家、マスコミが、いずれかの勢力に取り込まれていた。

 彼らは、いずれも、「戦前の日本史」の改ざんと貶め、攻撃と批判を続けてきた。研究費という名目で援助をうけていたのか、研究発表への謝礼だったのか、詳しいことは知らないが、その心根の卑しさを、私たちは知らなくてならない。

 現在の言葉で表現すれば、「一度削除キーを押し、頭の中をクリアーにして、林氏の意見に耳を傾けるべし。」だろう。

 「時の政府(首相桂太郎)は、革命同志会の活動を危険視し、」「徳富蘇峰もまた、その共和思想を攻撃したが、」「頭山満は、支那が共和になったからとて、」「わが国体に影響するなどというのは、自ら国体を侮るものだと断言し、」「犬養毅などと共に、革命同志会を庇護激励した。」
 
 「内田良平は、中国革命と日本の大陸政策に、」「利害の一致点があることを確認し、政府と軍部に対し、革命党への不干渉を強固に主張し、」「説得につとめた。」「なぜなら革命同志会の標語は、倒満興漢であり、」「清朝を、その故郷へ追い返すことを主張していたからだ。」
 
 「孫文以下の指導者も、中国にとって満州は外国であり、」「革命成功後は、日本に一任すると公言していた。」「しかし内田の予測も孫文の公約も、ともに間違っていたことがのちに判明する。」
 
 「確かに満州は、清朝発祥の地だったが、その実質は変わり、」「すでに、漢民族の満州となっていた。」「明治の中期までは、清朝の「封禁令」により、」「満蒙族約三百万人、漢民族二百万人の土地に過ぎなかったが、」「孫文の革命運動の進行中に、二千万または三千万人といわれる山東移民の流入のため、」「漢民族の土地に変質してしまっていた。」「朝鮮併合後に、日本が満州へ手を伸ばし始めた時には、」「孫文の公約は、時代遅れのものになっていた。」
 
 「二千万人の朝鮮民族が、日韓併合に必死の抵抗をしたのと同じく、三千万人の漢民族が、日本の侵入を歓迎するはずがない。」「孫文とその弟子たちは、「満州放棄の公約を取り消さざるを得ず、張作霖、学良父子の反抗も始まった。」「これ以後、日本の対満政策は、武力侵略の形を取らざるを得なくなった。」

 さて、肝心なのは、これから引用する林氏の意見だ。心を平らかに、静かに読む価値のある意見だ。

 「朝鮮併合以降の日本が帝国主義に変質し、アジア解放の先駆者から、」「アジアの圧制者・略奪者に変わった、という論者の見解に、私は賛成しない。」「帝国主義といえば、日本は幕末に「西力東漸」(列強の侵略)を意識した時から、帝国主義的であった。」

 「ただし、私の言うそれは、レーニン的意味の帝国主義とは違い、」「資本主義の最高段階とも、関係がない。」「それはネールの言う意味での、自立と解放を求める民族の、ナショナリズムの発現であり、成長である。」「成長したナショナリズムが、膨張政策に転化し、牙と爪を発達させ、台湾、朝鮮が被害を受け、続いて満州が狙われたという意味だ。」

 「佐藤深淵をはじめとする、幕末の思想家たちの描いた予想国の中には、」「朝鮮、台湾、樺太、シベリアのみか、」「東南亜諸国まで、日本防護のための「侵略対象」として、明記されている。」

 「私の説を認めない学者たちは、幾つかの時点で日本は立ち止まるチャンスがあり、」「無謀な大東亜戦争を、回避できたはずと主張する。」「果たしてそうだろうか。」「この種の戦後派の学者諸氏を、大東亜戦争勃発前の、政治的中心に立たせてみたい。」「幕末、明治中期、朝鮮合併と満州事変。いったい彼らは、いかなる「理性」と「政治力」によって、日本を立ち止まらせることができたであろうか。」

 「立ち止まらせるための努力は、多くの人物によってなされている。」「大器量人もいたはずだが、彼らにも、日本を百年戦争の途中で、立ち止まらせることができなかった。」「往時を批判する、現在の進歩人諸君にできるはずがない。」「火事場の後の賢者顔ほど、間抜けで嫌味なものはない。」

 「東亜百年戦争は、外から火をつけられた大火であり、」「欧米諸国の周到な計画のもとに、多少の間隔を置きつつ、機会を狙って、」「次から次へと放火された火災であった。」「私は、放火と戦った勇者を非難しない。」

 こうして氏は、幕末から始まった「百年戦争」の間に現れた、思想家たちについて語る。佐藤深淵から始まり、藤田東湖、佐久間象山と続き、福沢諭吉、内田良平、徳富蘇峰を経て、大川周明、北一輝、石原莞爾と続く。

 長くなるので、沢山の人物を省略したが、ここに、どうしても残しておきたい氏の意見がある。

 「これら思想家・行動家の中には、歴史の栄光に飾られているかのように見える者もいるが、」「詳しく調べれば、そのほとんどが悲運の生涯を送り、」「幽閉と追放、貧窮と病患、投獄と刑死、」「または暗殺による非業の死をとげている。」

 「戦後の敗戦評論家諸氏が、彼らを帝国主義の源流、天皇制ファッシスト、アジア侵略主義者、」「超国家主義者、その他、荒唐無稽の舶来悪名を冠し、」「呼称することは随意であるが、」「彼らが等しく、国運の展開を夢想した理想家であったことを、否定する者はなかろう。」「歴史の大道では、ナショナリズムは、常にナショナリズムである。」

 氏はここで、彼らが正しかったとか、日本の戦争は正しかったとか、そのような善悪の判定をしていない。氏が語るのは、歴史の事実であり、偏見への怒りだ。氏がここでいう「敗戦評論家諸氏」というのが、私の嫌悪してやまない「反日・売国の徒」であり、「獅子身中の虫」「駆除すべき害虫」のことだ。

 日本からお花畑がなくなれば、こんな虫は死んでしまう。国民が「真夏の夜の夢」から目覚めれば、お花畑も消え失せる。戦後70年が経ち、やっとその時が近づいていると、私は密かに期待している。

 (ブログで大っぴらに叙述しながら、「密かに」というのもおかしな話だが・・)

 

コメント (2)

大東亜戦争肯定論 (下) - 2 (条約改正 井上と大隈)

2016-11-17 18:02:26 | 徒然の記

  不平等条約を撤廃するため、文明開化した日本を諸外国に見せ、同時に日本の西欧化を促進しようと、鹿鳴館で舞踏会が催されたと、その程度のことは知っていた。

 林氏の著作が、私の中にある乏しい日本史の知識に、肉を与え、血を通わせてくれた。

 「明治4年、米国と欧州の列強を前に、条約改正の糸口すら掴めなかった政府要人たちは、」「明治13年に鹿鳴館を起工し、3年をかけて完成した。」「落成祝賀会には、諸親王、諸大臣、各国公使、その他内外の紳士淑女1,200名が集まった。」

 「井上馨が、外務卿として条約改正の衝に当ったのが、この有名な鹿鳴館時代である。」「賓客の席次、婦人への作法、男女の服装、果ては化粧のことまで、」「内外交際宴会礼式、として編纂され、」「その習熟と準備が、鹿鳴館竣工の二年前から行われた。」

 「井上と伊藤の応化主義、とくに夜会と舞踏会は、驕奢を競い、」「淫逸を追う廃頽的行事として、世論の攻撃を受け、」「ついに勝海舟の抗議、建白書を生むに至った。」「だが井上馨は、いかなる非難にも屈せず、次のように演説した 」

 「欧米列国に日本を知らるるのは、甚だ稀なり。」「 日本はいかなる国かと問えば、支那の属国なりと思い、」「あるいは、朝鮮の一部落と考うるごとき、妄想をいだく者もあり。」「欧米人をして、日本の地理、風土、人情、物産等々、詳悉せしめる時、」「ここにおいて、始めて、外国と対等の交際をなすに至るなり。」

 「彼のあらゆる努力にかかわらず、改正作業は進展せず、」「とくに英国の強硬な態度が、立ちはだかった。」「各国は、多少の譲歩を示すがごとき態度をとりながら、実は一歩も譲らなかった。」「これに対して井上は、外国人裁判官の雇用という、妥協策を持ち出した。」「秘密交渉の内容が、政府高官に漏れ、ついで民間に伝わった。」「これに対し、政府の法律顧問であった、フランス人ボアソナードが、反対意見を述べた。」

 「日本は維新以来、多数の外国人を雇ったが、それはただの顧問又は教師であった。」「外国人を裁判所に官吏として入れることは、日本の司法権が、外国の支配下におかれる恐れがある。」「国民の怒りを買い、いかなる変動を引き起こすやも知れぬ。」

 「ボアソナードの意見は正論であり、そうでなくとも、鹿鳴館による欧化主義は、」「国民の反感を挑発していたから、国粋感情を結晶させた。」「新聞は、こぞって井上の国辱改正案を攻撃し、」「自由党の壮士は、大挙して元老院、各国公使館へ押しかけた。」「反対運動は政府内にも起こり、陸軍の鳥尾小弥太、三浦梧楼、外務省の小村寿太郎などが先頭に立ち、」「杉浦重剛らの学者と結んで、世論を煽った。」

 「 欧州視察から戻ってきた、土佐の硬骨漢谷干城が、反対運動に同調し、」「激烈な意見書を、伊藤に提出したため、混乱と騒動が倍加した。」「伊藤の対応に激怒した彼は、単身天皇に謁見して意見を述べ、」「農商務大臣の辞表を、提出した。」「板垣退助も、二万語に及ぶ意見書を天皇に提出した。」

 「 勝海舟、ボアソナード、谷、板垣の意見書は、秘密に印刷されて、」「全国に流され、有志、青年、学生たちに争って読まれた。」「さすがの伊藤博文も、ついに屈服し、井上を辞職せしめ、自らが外務大臣を兼職した。」

 「井上の後を継ぎ、外務大臣となって衝に当ったのは、大隈重信だったが、」「彼もまた井上と同一条件の下で、苦心を重ねた。」「彼が直面したのは、列強の同じ強硬態度であり、同じ国民の反撃だった。」「大隈は、鹿鳴館式舞踏政策は取らなかったが、井上同様列強へ信義を求めた。」「しかし在野人の信念は、日本の国権は列強への抵抗を通じてのみ確保され、伸張されるというものだった。」

 「大隈の改正案が民間に漏れると同時に、井上に対する以上の猛反対を巻き起こし、「ついに大隈は、玄洋社員来島垣喜の爆弾によって片足を失った。」「内閣は総辞職し、欧化主義外交による条約改正は、中止された。」

 林氏が一連の外交交渉失敗の原因を、章の締めくくりで述べているが、この意見は平成の今日でも変わらない重みがある。軍隊がなく、軍備に頼らなくとも、外交努力を重ねれば、国際問題が解決できるという、理想主義者への警告だ。他国も同じ人間だから、議論を尽くせば分かり合えると、彼らは少年のように主張するが、果たして事実はそんなものか。

 話せば分かるという誠を持つことは立派でも、国際社会でそれが簡単に通じると考えるようでは、国を守る政治家にはなれまい。

 「私に言わせれば、井上を失脚させ、大隈の隻脚を失わせたものは、」「必ずしも民論の反対のみではない。」「真因は、安政の不平等条約をあくまで固守する、欧米列国の強圧であった。」「政府当路者は、外交的交渉と術策により 、漸進的に改正できると考えたが、」「これは甘い夢であり、岡倉天心の言葉通り、」「 "シンガポール沖における英国東洋艦隊の撃滅 " のほかに、」「方策は無かったのだ。」

 「 彼らを失脚させたのは、必ずしも日本主義者や右翼や軍部ではなく、」「むしろ西洋植民地主義者とアジア征服者の中に、」「友人を求めようとした、欧化的思考であったと思う。」

 むき出しの人間のエゴが醜いように、あからさまな国のエゴも、同様に醜い。だがエゴは、食欲や性欲と同様、人間にそなわる根源的な衝動で、未来永劫人間とともに存在する。これらの根源的衝動が、人間共通のものであることを知るところから、現実的政治が生まれると、1年以上に及ぶ、この長い読書を通じて教えられた気がする。

 歴史の事実は、善悪の物差しだけで計れないし、計ってはならない。国益のエゴを通して眺めれば、国の数だけ善があり悪があるはずだ。国際社会で幅を効かせるのは強者の意見であり、弱者は常に口をつぐんでいる。

 自己主張するためには、いつの時代でも、国は戦わなくてならない。だが強いもの同士であれば、そこに妥協が生まれる。互いが破滅することは避けたいという、エゴが働くからだ。

 だからこそ、国を大切にする保守の人間は、国防と安全を第一として考える。守りを固め、国民の意思が堅固な国を、攻めようとする外国はいない。他国のエゴに、無用な野心を生じさせないため、軍備と国民の勇気は、悲惨な戦争を防止する有効な手段だ。

 だから私は、歴史も知らず、あるいは故意に無視し、日本を滅亡させようとする政党や政治家たちの、平和とか、戦争反対とか、人権を守れとか、そんなレッテルを嫌悪する。

 大江健三郎氏や、鳥越俊太郎氏は、戦争の幻影しか知らないはずのに、まるで戦争の体験者でもあるかのように、大言を吐く。あるいは美智子様や福島瑞穂氏などは、林氏の著作を読んでも、何も吸収しない。硬く覆われた象の皮膚みたいな、反日と憎悪の思想が魂を覆っているから、別の意見を聞く耳を持たない。

 林氏が切望したように、期待するのは若い人たちだ。私は、若者たちにこの本を読んでもらいたい。若者の中には、私の息子と孫たちも含まれる。だからこそ、私は本気でブログを続ける。 

コメント