ねこ庭の独り言

ちいさな猫庭で、風にそよぐ雑草の繰り言

沖縄の新聞

2013-10-29 17:18:45 | 徒然の記

 人口138万人の沖縄には、二つの新聞社がある。琉球新報と沖縄タイムズである。

 いずれも社員が300人前後の会社だ。明治26年創刊の琉球新報は、沖縄最初の新聞で、当初は、日本との同化推進のため、敗戦後は、米軍の準機関誌的役割と、紆余曲折した過去を持っている。

 一方の沖縄タイムズは、昭和23年に創刊され、「沖縄は日本に侵略された」と主張する反日の新聞で、中国寄りのスタンスを持っている。私の大好きな、朝日新聞との関係が深く、人事交流もあり、同社の沖縄総局が同居している。

 ちなみに毎日、読売、産経新聞は、琉球新報に支局がある。

 沖縄の本来の人口は、およそ60万人だが、近年毎年1 万人ずつ増加し、今では138万人となっている。増えた人口のほとんどが、本土からの移住者で、平和と人権、反戦を唱える、左翼系の活動家たちと言われている。

 そのせいで沖縄の二大新聞は、いずれも日々の紙面を、平和と人権で飾り、基地反対と反政府、反日の論調で固めている。

 新聞だけ見ていると、沖縄の人びとが、常に基地反対で拳をふりあげ、政府に激しい怒りをぶつけているように、見えてしまう。しかし、実際の沖縄住民は、さほど過激な政治的主張をしている訳でなく、騒々しいのは、本土からの移住者たちであるということだ。

 沖縄の二紙は、左翼の活動家たちの言動を大きく伝え、異なる意見があっても、決して報道しない。二紙は、いわゆる「偏向マスコミ」の見本であり、本土に住む国民は、こうした状況をまったく知らないと言うことを、チャンネル桜の動画で初めて知った。

 毎日偏った記事を読まされ、なんと不幸な沖縄の人びとであることか。これでは、共産党独裁の、中国や北朝鮮と同じでないかと、私は心から同情した。知らないことを知ったという、新鮮な驚きが去り、暫くすると、続く発見に再び驚かされ、今度は自分自身を、同情する羽目になった。

 わが家では、朝日を止め、毎日新聞に変えてみても、結果は「ブルータス、お前もか」だった。

 変わりものの産経を除けば、他の新聞は横並びで、日本の過去を否定し、非難し、中国や韓国・北朝鮮に同調する論調ばかりだ。 テレビ界を見れば、公共放送と言われるNHKからして、国益を損なう報道をして恥じず、まして他局は、低俗番組のオンパレードだ。

 視聴率を稼ぎ、会社の利益になるのなら、日本の歴史も文化も知ったことかと、真面目な報道は、探しても、あまり見つからない。

 かくして私は、沖縄ばかりでなく、わが日本全体が、偏向マスコミに支配されていると理解し、認識した。ここ一連の選挙で、反日・売国議員たちは、落選したが、次なる問題は、多数を制した自民党の中にいる、反日議員たちの動向だ。

 こうした政治屋たちの跋扈が、偏向マスコミに手を貸しているのだから、何とかしなくてならない。

 平和愛好者の顔をした、偽善と売国の議員たちを、これ以上勝手気ままにさせてなるものか。沈思黙考すれば、現在の日本がおかれた立場は、ウッカリしていると、外国に飲み込まれてしまう危険性がある。まさに、江戸末期の状況に似ている。

 社会には、玉石混淆の情報が溢れているが、ネットの情報をうまく活用すれば、私たち庶民も、今の世なら昔みたいに、簡単に騙されずに、済むのではなかろうか。これまで何も知らずに、生きてきたが、日本の現状を知ると、寒々としたものがある。

 外は雨、冷え冷えとした秋雨である。

コメント

市の検診

2013-10-24 15:46:26 | 徒然の記
 仕事をやめてから、市の健康診断を毎年受けている。

 受診項目は、一般健康診断、胸部レントゲン、胃がん、大腸がん、肝炎ウイルス、骨粗しょう症、女性なら、乳がんと子宮がん検診が加わる。希望するものだけ受けられるという、選択の便利さもある。支払う費用は、1000円、900円、500円、300円と様々だが、普通の病院で受診すると一般健康診断だけでも一万円は取られるから、どれほど安価に住民サービスが行われているのか良く分かる。

 その上検診にたずさわる市の関係者たちは、本当に公務員なのかと思えるほど愛想が良く親切だ。厚生事業は赤字がかさむと言われながら、粛々と検診業務を進めてくれる市の大らかさと頼もしさ。国や地方自治体に不満ばかり言っている住民たちは、こんな事実を知っているのだろうか。

 思い起こせば5年前、私は市の検診で大腸がんが見つかり、早期発見のお陰で3週間の手術と入院で済んだ。自覚症状が無かったから、市の検診が無ければ今頃は転移したガンに死の苦痛を味わわされていたに違いない。お陰でこうして「みみずの戯言」も書き続けていられる。しかもなんと、私は今年から市の検診が無料になるという。高齢者の仲間入りとなったからだが、市役所の方に足を向けて寝るなど、とてもできなくなった。

 公金をくすねたり、出入り業者にたかったり、碌でもない公務員も確かにいるが、十把一絡げで公務員叩きをするのは、どうしても感心できない。忘れもしない東日本大震災のとき、早く逃げてくださいとマイクに向かって叫び続け、自らは津波にさらわれた、防災放送担当だった遠藤まきさんは今も遺体が見つかっていない。間近に結婚式を控えた24才だった彼女。このニュースは、間違いなく日本中の人びとの涙を誘ったはずだ。こうしてブログに向かい文字を打っていると、今でも私は涙してくる。

 市の検診にかかわる職員だけでなく、いざとなったら公務員は住民のため、命だって捨てるのだと、だから一方的な公務員たたきは止めようと、要するに、今日の私はそれが言いたかった。時には私も、こんな優しく思いやりに満ちた気持ちになることだってあるということ。惜しむらくはこの気持ちが長続きせず、明日にはもう癇癪を起こし、公務員や政府の役人に文句を言わずにおれなくなる自分であること。

 なんてことはない。他人に言わず、自分に言うべきだったのか。「一方的な公務員たたきは止めよう」
コメント

季節

2013-10-21 11:18:21 | 徒然の記
 扇風機を押し入れに仕舞い、石油ストーブを出した。

 夏の下着を冬物に入れ替え、少しばかり汗をかき、今年も衣替えの時が来た。記録的猛暑は既に過去の記憶となり、吹く風が涼しさに代えて冷気を運ぶ。確実に季節が移ろい、物思う秋となった。
政治や社会について考えると明るい気持ちになれないものの、こうして時が過ぎ、めぐる季節を肌に感じていると、さまざな思いが去来する。

 何はともあれ、こうして平穏に生きていることへの、感謝というのか有り難さとでも言えば良いのか、心静まる不思議さがある。この憂き世からおサラバできる日が近づいているという、不安な喜びだってある。いつからそうなったのか、定かな記憶が無いが、かすかな膝の痛みが日々の友となり、我が身の衰えを自覚する。駆けることができなくなり、どうかすると信号が変わっても道路が渡り切れないことさえある。

 何てことだ、コンチクショウ、コンチクショウと、以前なら不甲斐ない己に八つ当たりしたのだが、これも自然の摂理かと受容している。
丁度、有吉佐和子の「複合汚染」(上下二巻)を読み終えたところだ。40年ばかり前にベストセラーになった本を初めて読む。地球上の食べ物や飲み物や生活必需品が、石油化学物質から生じる毒性に汚染されているという、深刻な現実を調査し、どうして農林省は、厚生省は、政府は、学者は、マスコミは、国民の安全をもっと真剣に考えないのかと、懸命に訴えていた。

 今だって汚染の状況は続き、いっそう進行しているはずなのにマスコミはおろか学者たちも騒がない。有吉氏の生真面目さに敬意を表しつつ、己を含めた世間と言う奴の無関心さ、あるいは一過性の熱狂の愚かさを冷笑せずにおれない。

 手の打ちようも無いこれら汚染に加え、今では有吉氏が予想すらしなかった原発の汚染が生じている。こうした状況下で、私はどのようにして心の平安を保っているのか。呑気に季節の移ろいを味わい、楽しんでいるのか。それはもう、だだ一つ、次の覚悟である。

「地球とともに、人類と共に、一蓮托生、いつだって滅んでみせる。」・・・・・、こんな覚悟が果たして正しいのか、子々孫々のため良いことなのか。
大きな疑問だが、そんな捨て鉢な、まことに不甲斐ない、季節の節目の物思いである。
コメント

安倍総理への一票

2013-10-17 22:50:27 | 徒然の記
 「戦後レジュームからの脱却」。この言葉の崇高さに引かされ、それを語る安倍氏への期待に胸がふくらみ、選挙で投票をした。

 自民党でなく、安倍氏へ入れるため投票所へ行った。だが、総理は、靖国への参拝をしなかった。増税にも踏み切った。深い失望である。

それでもまあ、政治と言うものは、素人の目に見えない沢山の要素があるから、安倍氏が一歩後退二歩前進をするのかも知れないと、今日はそういうことにして自らを説得する。

 国民の期待を裏切らない宰相であって欲しいと、切に願う。人間が一途にものを思う時、言葉は出て来ないのだと知った今宵。
コメント