柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

公約

2019-04-22 08:26:32 | Weblog
当県周南市長選、女性候補の勝ちでした。宇部市に続いて二人目の女市長の誕生です。女市長なんて呼び方自体が長年続いてきた男女差別を示しているという謂いなのでしょうが、確かに男市長なんては言わない、男性候補なんてもわざわざに言わないです。クオータ制など女性の社会進出を促す風潮です、今次も行政組織の幹部(役付き)や議員に女性よ出でよ!の流れの中のことでした。もちろんそれだけで勝てるほど甘くはないことで、当人の資質が大事なのは言うまでもないこと、新市長は県議を長くトップ当選してきた実績を引っ提げての堂々の勝利でした、現職に一万票差をつけての圧勝でした。外野が無責任に評論するに、新市長の一つの明快な公約が効いたのでしょう。現職が、街おこしの意味でしょう、周南市を周にゃん市と読み替えてキャラバン組んで宣伝してたんです。猫のにゃんです。猫のイラストをちりばめて。え?周南市(徳山)って猫の街だったかい?唐突の感でしたよ、余所者が聴いても。全国あちこちでゆるキャラの名前や着ぐるみを大真面目に募集して作ってのトレンドです、それに棹差しての政策だったのでしょうが、反発も大きかったというわけです。新市長はすぐに廃止するときっぱり公約してました。それ以外の政策はきっと似たり寄ったりに違いないですからね(しっかり読んだのではないです)。これが第一の勝因だったんでしょう、何より分かり易いですよ。と、素人解説ですが、選挙の風っつうのはこんなことじゃないのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国母 | トップ | 深謀 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事