まほろば日記

fujioの日常の出来事、記録等を思いつくままに書いた日記です

このピンク色の可愛い花の名前知っていますか

2021-06-15 00:21:28 | 日常

令和3年6月14日
この小さなピンクの可愛いお花の名前知っていますか。
この花は4月初めから咲きはじめ、2か月たった今でも毎日きれいな可愛いお花を咲かせ私の庭を楽しませてくれます。

(朝はこのように花弁を閉じて眠っています。)
夜には花を閉じて眠り、朝お日様が出るとお花を開きにぎやかな姿を見せてくれます。
4月の桜、牡丹の花、5月にはバラの花、6月にはドクダミ草の白い花、今はユリ科のカサブランカやアジサイと季節ごとに咲き廻ります。大部分の花は咲いている期間は数日なのですがこのお花はいつまでも咲いています。こんなに長く咲き続けるとは驚くべき生命力です。
このお花の名前は「オキザリス」という名前の球根植物です。我会のお花に詳しい方に教えていただきました。
注意してみるとあちことのお宅の庭にも植えられていました。
黒瀬町の姉のところにも庭の縁どりのように生えていました。
和名の「カタバミ」の仲間の様です。
どこの出も生えるので厄介な雑草として扱われていますが可愛い花なので我が家では庭の一角を占領しています。ドクダミ草の白さとこのオキザリシのピンクがよいアクセントとなっています。
どちらも生命力があり、駆除しにくい植物です。
名前はギリシャ語の「酸い」を意味する「オクシス」に由来。茎や葉にシュウ酸を含みカムと酸味を感じるためです。
花言葉の「輝く心」はこの葉や茎で金属の鏡や神具を磨いていたことに由来します。また生命力の強さから「決してあなたを捨てません」というすごい花言葉もあります。
園芸用にはいろいろな形に品種改良されているようです。
先ずはいつまで咲き続けるのか見守ってゆきます。

(最近、6月10日に開花した百合の花、雨でも降ればすぐに散ってしまうことでしょう。カタバミは天気が悪い時は花を閉じるので寿命が長いのでしょうか・・・)
コメント

「冨永愛(とみながあい)」 知っていますか

2021-06-05 15:47:06 | 日常

(デビューするきっかけとなった高校制服姿の記念すべき写真)
令和3年6月5日
先般、NHKの「太田光のつぶやき英語」という番組に登場され、初めて見ました。
足が長く、長身の日本人離れした容姿に目が行きます。9頭身と顔が小さく、身長は179㎝ 股下が92㎝ですからさながら宇宙人のような感じです。
17歳の時、高校の制服を着た写真が雑誌「ボォーグ」に掲載され、それを見た海外のファション関係者の目のとまり、その年の秋、ニューコークコレクションにランウェイモデルとして衝撃的なデビューを果たした。
その年の第45回FECmモデルオブザイヤーに選ばれています。

それから20年たった38歳の今なお、国際的な舞台で活躍されており考え方も国際基準で国籍も国際人という感覚で日本人の俳優とは思考が違います。
競争の激しい業界を生き抜いただけに一級品の美しさと魅力にあふれた女性です。
SDGS(持続可能な開発目標)にも見識が深く、日常生活の場においても実践されています。
番組の中においても職業柄食生活にもそのことを生かし、健康に良いレピシーも考案されていました。
また、国連食糧計画のオフィシャルサポーターや国際社会において活躍する日本人として内閣から『日本」を発信する日本人の一人にも選ばれ、社会貢献活動もされています。
私は聖林寺の「十一面観音」に感銘を受けて以来、美しいものの魅力に敏感になっています。
彼女はモデル活動を始めて20年余りたちますが年齢を感じさせぬ魅力にあふれています。
きっと人気が出ることでしょう。
今後の活躍に期待しております。
コメント

梅雨の晴れ間にすることは

2021-06-02 09:18:04 | 日常

令和3年6月1日
束の間の梅雨の晴れ間、明日からは大雨とのことで今日中にやるべきことがあります。日が長くなったので仕事を終えた夕方、岩谷観音登山道整備の整備予定地3か所のうちの一つ、中間地点のV字状に削られた登山道の整備を行いました。石段一か所,段木2か所、土嚢3か所の補修を行いました。「ごみは持帰りましょう。」と記した段木もここに設置しました。
雨が降れば土砂を流し、段木を設置してできた窪地を埋め戻し、平にしてくれるのでその前に段木等の工事をしておけば有効に働いてくれます。

(土砂が段木にせき止められ平らな階段ができます。水の勢いも止められ、地肌を削ることもなくなります。)
一段一段の積み重ねがやがて階段となり、歩き易く安全な登山道になります 。
そうなれば、雨が降るのも楽しみになるから不思議ですね。

今日我家の庭に「アジサイ」が咲きました。
コメント

岩谷観音・登山道整備に終わりはない。

2021-05-30 22:39:08 | 日常

(すきりとした頂上からの展望)
令和3年5月29日
暇を見つけては少しずつでも伐採作業を継続し頂上の観音様がおられる岩場も麓から大分見えるようになりました。

(切断したが隣の木によりかかり倒れない広場の松の木)
頂上から見ると展望がよいが下の広場に生えている直径30センチ余り、幹回り1m余りの松を切り倒し、完了かと思いきや切断した松の木が隣の木によりかかり倒れない。
まっすぐに立っていれば倒れる方向が決められるが木が斜めに傾いて生えているので倒す方向も自由にならない。

後日、人力ではどうにもならないので荷締め機を持参して牽引し、ようやく地上に倒しました。
これで完了かと思いましたが、広場に立って眺めれば下の斜面に生えて樹が邪魔になり景観を妨げているのがわかりました。せっかくここまでやったのだからあと2から3本切断すれば完璧になるので次の機会まで完了は延期となりました。

そして今日、仕上げのつもりでいつもの水分峡の登山口に行くと立ち入る禁止となってカラーコーンが通行止め。監視員がおり車を道路に留めることもできない。無視して留めれば警察に通報されそうです。
平日なら道路に駐車していたのに・・・
ここから登るのは無理だ。温品側の温品中学校からは登山口があると聞いたことがありました。あちこちと上部まで行ける道を探していると幸運にも安芸高校がありました。ここなら道路も広く駐車するスペースもあります。
本当にラッキーでした.これも観音様のご配慮でしょうか。
帰路に温品側の登山道を確認しました。上温品4丁目の団地が登山口でしたが道路幅が狭く駐車できるスペースはありませんでした。
登山道はわかりませんがとにかく高いところを目指して登ればよいのだから藪こぎ覚悟で切断する道具だけに絞り軽量にして20分余り尾根を登っていくと上温品からの登山道に出会い一安心。こちら側からは森が深い感じで水が豊かです。
木々が生い茂り、谷間には水が流れ、森の保水力があるから土砂の流失が少なく登山道も傷んでいないのでしょう。
稜線まで5分余りのところに井戸がありました。こちら側は山火事の時延焼を免れたために森林が保たれているのです。木陰で快適な登山道でした。
広場に到着後 景観の妨げとなる樹木5から6本伐採、広場の倒れた樹木も整理し一段落しました。

(登山道の上に倒れた松が覆いかぶさっています。いずれ切断します。しばらくは「頭上、注意」でお願いします。
しかし,お金をかけて立派な木道を設置してもあとのホローがなければすぐに壊れてしまいます。
次は漢音様の拝観する場所に足場を設置し広げます。段木の設置もまだ半ばです。
段木の補修や腐食を防ぐ塗装も必要です。
この仕事に終わりということはなく一生涯の仕事となりそうです。

この標語を記した段木は次の機会に設置します。
コメント

5月15日、今日は何の日?

2021-05-17 23:13:11 | 日常

(伐採後の写真、後は枯れ木と右隅の写真の木を切断すれ完了です。)

(伐採前はこんな様子です.これらの松等を伐採しました。)
令和3年5月15日(土)
今日は何の日でしょうか。旧暦でいえば「4月4日」。「先勝。」明日16日は七十二候でいえば「竹笋生」(たけのこしょうず)タケノコがひょっこりと出てくるころと言われていますがこれは日本特有の真竹のことを言ったものでスーパーではたけのこは年中販売されており季節感が合いません。
この日はいろいろなことがあり、その多さにちょっと戸惑いを隠せません。
午前中の晴れ間を利用して岩谷観音様の展望を妨げている松の木を6本余り伐採しました。あと4から5本伐採すれば南側の広島市街地の展望は確保されます。ただしその中には直径が50センチ余りの一抱えもありそうな松がありますから伐採には難行する事でしょう。段木の階段もこのところの雨水の働きによりすっかり土砂が埋め戻されて平らになり歩きやすくなりました。
午後からは予報通り雨となり梅雨入り宣言が出されました。広島市の平年の梅雨入りは6月7日ですから22日も早い梅雨入りです。
桜の開花も今年は全国一早い3月9日で13日も早い。
季節感の狂いは地球温暖化の顕著な現象です。地球が悲鳴を上げているとは思いませんか。

それから今日はドクダミ草が開花しました。昨年が昨年が5月27日ですから12日も早い。
それから今日、初めて蚊に刺されました。毎朝、6時30分から庭先でラジオ体操をしていますがとうとう初めて蚊に刺されました。明日からは蚊取り線香の出番です。今までは気持ちよく体操できたのに残念なことです。
それから洗濯機がスイッチが入らなくなり動きません。とうとう寿命ですかね。残りはコインランドリーに持参し洗濯を終えました。
近日中に買い換えます。
どうしてこうも次々と起こるのでしょうか
午後3時から広島県山岳連盟今はちょっと名前が変わっていますが、総会が東区光町のホテルであり、私も参与ですから出席しました。参加者は役員を含めても22名と少ない。
コロナ感染拡大の為大半の行事は中止でしたが収支報告書では270万円余りの黒字でした。
何もしないのに黒字とは、・・・・コロナの持続化給付金や会員からの寄付金募金のお陰でした。総会自体は20分余りで特に問題もなく終了しました。その後の雑談の中で岳連のベテラン指導者の方が登山中にケガをされ救助隊のお世話になったとの話がありました。
ベテランといえどもミスをすれば遭難するということ再認識しました。
この内容は「2021年2月、十勝岳スキー遭難事故」で検索すればご本人の事故報告書が掲載されていますのでご参考にしてください。
貴重な得難い内容ですからあなたならどうしたら防げるのか考えてください。 
5月16日(日)
今日 広島県は新型コロナウイルスの緊急事態宣言対象地に指定されました。
それに伴い、わが会でも今月末までの例会山行はすべて中止となりました。
ステージ4で感染が拡大するばかりで不要不急の外出自粛が求められ、取引先でも感染者が出ており身近になりました。
公民館、図書館、公園等もすべて閉鎖になりました。
近所のイオンモールも土日は休業するようです。
広島市はまだですが、府中町では近所の高齢者の方の予防接種が始まりました。
今日は福山市で赤帽組合の役員会があり参加しました。

(頂上では2列、横幅は3倍くらいの大きさになります。お楽しみに)
午後会議終了後、箕島町に保管されている枕木、20本余りの清掃をしました。
海水をバケツでくみ上げ、ブラシでこすって永年の汚れを落とします。
こすればこするほど木地が出てきます。木目が良い感じです。
百年の歴史、木のぬくもりが感じられます。
これなら登山者の方にも喜んでいただけるでしょう。
準備が整い次第また設置工事にかかりましょう。
試しに1セットだけ「熊ヶ峰ひろば」に設置しました。
良い成果と言えば「観音様のご利益」
友人から夫の病気がだいぶんよくなったと明るい声が電話で届きました。
実は5月3日、友人に岩谷観音様の写真をメールで送り、「ご加護がありますように祈っています」と送っていました。
観音様は願いをかなえてくださったのです。ご恩返しのご奉仕作業にも力が入ります。
展望確保のための伐採、それが済めば次には観音様を拝観するためのスペースが狭いのでゆっくり拝観できるように岩場に足場、ステージを組み拝観場所を広げようと思います。
効くといえばもうひとつ血糖値を改善するため「アロエ」のエキスをいただき服用しています。友人や近所の方が飲用され有効とのことでした。
少量飲んだだけでも体に響くものがあり有効のような気がします。
糖質カットに加えアロエが効けば改善の効果がありそうです。
現在体重は3キロ余り減少し、身が軽くなり、少しは効果が出てきているように思います。
久しぶりに会う方はその変化に驚かれるかもしれませんね。
コメント

我会の誇り登山道整備隊と熊ヶ峰に道標を設置す。

2021-05-09 23:52:49 | 日常

令和3年5月9日
今日、福山で我会の登山道整備山行が計画されており、久しぶりにそれに参加させていただきました。その折、南側の登山口に道標を設置しました。
私は登山の傍ら,福山の蔵王山、広島の岩谷観音等の登山道整備に励んでおります。
平成19年(2007年)会長在職中に(社)広島県緑推進機構から「緑化功労賞」の表彰を受けたことがありました。以来14年、リーダーは変わっても若い方々が脈々とその活動を立派に引き継いであられることに深い感銘を受けました。その中には昔ともに登山した仲間も体が不自由でありながら率先して活動を続け、皆のお手本となり、しっかりと活動を支えておられました。ありがたいことです。
近郊の里山の登山道を歩かれる福山市民にとっても有益なことであり、その活動は我会の誇りとするところです。
今日の参加者は14名。8時30分「熊ヶ峰ひろば」集結。草刈り機も5台余り、長靴にヘルメット、フェイスガード、厚手の手袋、百戦錬磨の達人のようで、ばっちき決まっています。
今日の整備区域は葛城山から熊ヶ峰間です。

(白いベンチがライオンズクラブのもの。手前の倒木のあたりに枕木のベンチを設置してはどうですか)
偶然にもその場所で『クリ―ンラインを愛する会」の方とお会いしました。
聞けば、今からライオンズクラブのご依頼で熊ヶ峰山頂広場にベンチを設置するとのこと。
後で行ってみると、我々が設置した標識の前に長さ120㎝、横幅30㎝余りの白色のスチール製のベンチが設置されていました。
皆さんは登山道の枝打ちや山頂の笹原の草刈りをされました。私は倒木を利用して土砂流出防止と滑り止めの為段木を設置しました。

(グリーンライン傍、南側登山口に設置した道標です。)
その後はグリーンライン沿いの南側登山道入り口に全長190㎝も標識を設置しました。深さは50㎝ですから地上部分は高さ140㎝となりました。
その支柱に一言書かせていただきました。
「この山が好きだ。大切に守りましょう。」
何回も通ううち、段々とこの山が好きになりました。
何かこの山のためにできることはないか。
この山のために何かしたい。
この気持は愛のプロポーズの言葉となりました。
「あなたが好きです。( 結婚してください。) 一生涯大切に守ります。」
好きになるとこのような言葉となるのでしょう。
今日の記念に「ヤブ椿」を一株、植えさせていただきました。
私の勝手な行動をお許しください。
どうかこの山になじんますように・・。
十数年のちには立派な花を咲かせ人々を楽しませてくれますように願っています。

(山頂広場はお日様を遮る樹木がない為カンカン照りで暑いです。木陰の涼しい場所にもベンチを設置したらいかがでしょうか。快適ですよ。
コメント

少し早い「母の日」を祝う

2021-05-05 17:52:20 | 日常

令和3年5月4日
母の日は5月、第2日曜日ですが、その日はショ-トステイで不在のため繰り上げて行いました。
「こんにちは」玄関を開け、食卓テーブルの前に座る母の後ろに立ちまた声をかける。「こんにちは」
「お母さん、この声は誰ですか」と姉が問いかける。
「まあー  ふじおさん、よう来たね、久しぶりじゃね」と祖母の声が返ってくる。
「近頃、おばぁちゃんはわたしのことを「お母さん」と呼ぶのよ」
「息子のことはよく覚えているのね」
と姉が言う。
それからすると今日は体調が良いので間違わないのでしょう。
悪い時にはおしっこやべんががまんできずに漏らしてしまい大変なのです。姉も高齢ですからすっかり疲れ果て弱ってしまいます。
夜間でもおしめをしているのだから大丈夫よと言っても習慣から脱ごうとしておもらししてしまうのです。先月は引越し等で仕事が忙しかったのと祖母の在宅日がよくわからなかったので姉に任せきりで1か月ぶりの対面でした。
カ-ネーションの鉢植えと先日福山で購入したお饅頭をお祝いに持参しました。
友達からもお花を頂き目を楽しませてくれました。
食事もいままで通り自分で食べます。この年令で素晴らしいことです。
いつお迎えが来てもよいように生前に遺言手続きをしたといっていました。
それなら私も。次に来た時には家族葬の会場も打ち合わせをしておきましょうか。
これも魔よけのようなものですから、こうしておけば当分大丈夫なようにも思いますが・・・
平素はオセロゲームのやり方も忘れ、誰も相手をしなくなったようですが今日はしっかりと2回もやりました。
超老々介護ながら、娘の世話になり、多くの人々に助けられ、まずは平穏で幸せな老後生活と言えるのではないでしょうか。
一日も長く平穏な生活が続きますようにお祈りします。











































コメント

景観伐採は認めません。

2021-05-03 10:43:20 | 日常

令和3年5月2日
熊ヶ峰山頂にはかっては展望台があり福山市街地や瀬戸内海の眺望が楽しめました。
「もう一度この山頂から眺望が楽しめるようにしよう」との声があり、景観を維持するため頂上の樹木伐採ができないか福山森林事務所に電話しました。
「景観を得るための伐採は許可しません。土質が露出し。土砂崩れ等の災害が起きる可能性があるためです。現に福山の地元、妙見社周辺では景観よ良くするため国有林が無断で伐採され地面が露出し崩壊の危険が発生、地元民から対策を求められている。」とのことでした。
福山の会員が役所に出向き詳しい状況を説明してくれました。
その席で私が今日福山に出向き詳しく現地の状況する予定であることを話すと立会してもよいとも返事があり、10時に「熊ヶ峰ひろば」に集合が決まりました。
事前に調べたいこともあり1時間前には到着したが既に役所の車が来ていました。山頂付近の様子を調べておられました。
現地での話し合いで多くのことがわかりました。
1、この熊ヶ峰山頂一帯は土砂流出防備保健保安林である。
  保安林ではその性質上一切の土質、森林の伐採はできないこと。
  もちろん景観を得るための伐採はダメです。草木の採取も認められません。
  さかき等の採取は許可を得て行うことができる。
  当日も採取に来た人を発見すると許可証の提示を求めておられました。
2,「ボランティアによる森林整備等の受け入れ」についても厳しい通達があることも知りました。。
   個人はダメでボランティア団体の認定を受けなければならない。
   そのためには法人化が必要なこと。
  単なる思い付きだは何もできないことがわかりました。
眺望の確保は立木を伐採しなければならないので出来ない。
民有地に許可を得て建設しても樹木が成長するのでそれ以上の高さ,3から4階以上のものが必要であり実現不可能と判断しました。
正しい判断をするためには正しい知識が必要であることを改めて再認識しました。

次には山頂付近の国有地の境界を確認しました。
そのついでに隣接した会員友人の境界も確認でき一応の成果を得ました。

そのあとはお茶を飲みながらの雑談となりましたがいろいろなことを教わりました。
長鎌の使い方の要点は払い切るのではなく根元に刃をあて引くこと。
重心を出しそれを中心に短めに持つと操作がしやすい。
鉈は手首、肘までで肩を使うと危険になる。振り切らない。
よく切れるよう常に研いでおくこと。力を入れないでも切れるように。
片刃と両刃の違い。切れる間に研ぐ
刈り取った笹の整理法。斜面に直角に横一列に並べること.

私の折畳みスコップにも鋸のような刃をつけたり。ピックにも釘抜き用に穴をあけ工夫を凝らしておられました。
それらの専門用具がどこで入手できるのか専門店も教えていただきました。
あたかも山の民「マタギ」のような人でした。

私は椿が好きで熊ヶ峰もそうなったらよいがと思い、しゃくなげのお寺として有名な東広島市の福成寺に立ち寄りました。
しゃくなげ祭りは4月初旬から5月5日まで。
色とりどりのしゃくなげが目を楽しませてくれました。
信者が寄進し植えたものがこのようになったのです。
熊ヶ峰も継続すればいつの日かこのようになると確信しました。
コメント

三段峡の木道にスリップ防止工事をする。

2021-04-29 22:40:18 | 日常

令和3年4月29日
今日は昨年来の課題を一つ解決しました。昨年11月三段峡を歩いた時,餅の木口から約300m樽床ダムの方に入ったところに滝がありその前にかかる木製の橋、約8mを下るときスリップして腰を強打しました。単独行でしたから用心して細心の注意を払って歩いていたつもりでしたが・・それでもスリップ転倒してしまいました。
(令和2年11月23日のブログ『三段強に行く」をご参照ください。)
登り坂や水平であれば滑ることはないでしょうが少し下っているのがわからず非常に滑り易い状態でした。注意して歩いても転びましたから。すぐに工事しなけれな多くの登山者に被害が及ぶのではと考えました。しかし、すぐに雪の季節になり今年に繰り越しになってしまいました。
自宅から三段峡の現地まで約80㌔、所要時間2時間も要します。5月連休になれば登山シーズン開始ですから放置できません。今日はあいにくの雨天でしたが予定通り行いました。
工事の内容は木道面に幅35㎝のカーペットを全長に敷き、それを桟木で固定するものです。
これでスリップ事故は完璧に防げます。
木道は滑り易く危険なので桟木等のすべり止めを施すべきではないでしょうか。私の知人でも尾てい骨を打撲、後遺症に悩んでいる人、手首を骨折した人、肘を捻挫した人など被害にいとまありません。木道は要注意。木道が多い山行には軽アイゼンを持参するようにしています。
久しぶりに来たので恐羅漢スノーパークまで足を延ばしました、麓の本屋敷辺りはほとんど空き家でした。上のスキー場のあたりのペンション村に数軒ある程度です。
道路事情がよくなれば不便なここに住む必要がなく街に移住する。皮肉なものです。
スキー場はシーズン終了、ゴンドラ等の設備は格納されて、スキー場も刈りこまれ緑一色で綺麗です。降雪機等も各所に設置され設備投資が多額なことがわかります。
思い出深い広島山岳会の小屋を探しにスキー場を登ってゆきました。
故三好忠行会長に小屋に招待され我会と広島山岳会と関係の深いことをお話していただいたこと、帰路峠越えのとき車が故障し歩いて下山したことが思い出されます。

(広島山陵会の山小屋「ひえばた小屋」)

(広島山岳会の山小屋。「牛小屋ヒュッテ」まだ新しいですね。
山稜会のひえばた小屋、明るいブルーの壁が印象的、維持管理が大変だと聞いていましたがよく行き届いています。広島山岳会の山小屋、以前はスキー場のすぐ横にあったように記憶していましたが今は牛小屋高原のキャンプ場の横にありました。最近建て替えられたようでペンションのような立派な建物です。何より車が横づけできるのがよいですね。

またここのキャンプ場は設備が新しくゆったりとして利用したくなります。バンガローもたくさん建てられています。県民の森は「古るーい」のがよくわかります。今からはこのようになるのでしょう。

(内黒峠避難小屋、壁はブロック造ですが、内部の床は朽ちて笹も生えており、手を入れなければ使えないのでは。)

(小屋の内部です、冬でもスキー場に行くお客のため道路が整備されておりもう歩いて峠を越える人はいないのでしょう。登山者のためにはきれいにしてつかえるようにした方がよいのでしょうが・・・・)
帰りは内黒峠を越えて帰りました。昔はこの道しかなく峠越えの道12キロあまりを歩いて越えたのです。いろいろなドラマがありました。豪雪のため2日間下山が遅れ心配をおかけしたこと。一晩中ラッセルして越えたこと。雪崩で遭難した人の慰霊碑もあります.

加藤武三氏の記念碑もあります。内黒峠には避難小屋もありますが壁はブロックで健在ですが内部は床も朽ち、窓もなく使用不能の状態です。峠からは樹木が成長し向かいの山稜は展望できませんでした。失敗した苦い思い出もあります。よく鍛えてくれました。我々が学んだ山も年々変化していることを実感しました。変わらないのは思い出だけの様です。
コメント

[聖地」と呼ばれる極上のサウナ 「湯らっくす」

2021-04-22 22:23:26 | 日常

令和3年4月20日
重量品を熊本市まで輸送する仕事があり、積み下ろし作業に助手が必要なため力仕事は引越等でも証明済みの孫を連れて行くことにしました。
帰りにどこか温泉にでも立ち寄るかと問う。「以前テレビでやっていたサウナが有名なところに行こうか」と言うと大賛成。実は本人はサウナが大好きでそこに行きたかったという。スマホで調べるとこれから行く現場からも近い。それではそのサウナに行くことに決定。希望が湧いてきました。
仕事も順調に済ませました。
さあ、今度は温泉だ。サウナに行くぞ。
そのサウナの名前は「湯らっくす」住所は熊本市中央区本荘町722 電話番号は096-363-1126
今ではサウナ愛好家の間では「聖地」と呼ばれるようになっています。
市内中心部で熊本駅からも近いようです。建物は2階建て、駐車場は170台程度と広いが平日、午後にも拘らず満車状態、これでは室内もかなり混雑していることでしょう。方々を探し、ようやく駐車出来ました。

追伸
この話を聞いてわが社の人が連休に行ったそうです。
入場制限をしないので超満員。座るところもなく入浴もできず立って待つ人もありました。
さんざんでしたと困惑の表情でした。
行なら平日に限りますね。
まず第一に気づいたのは料金の安さ、料金は590円、日曜は690円、私の地元広島では750円ですから安いですね。温泉が出るからかな。タオルの購入代が250円(レンタルはありません)脱衣場も浴室も普通程度の広さ、むしろ狭い方かな。しかし綺麗な黒色系統で落ち着いた感じがしました。内装、木部も本物志向。照明も瞑想が楽しめるよう工夫されています。細かいところまで気が行き届いている。サウナ好きが金に糸目をつけずサウナの理想を追求して完成させた設備のように感じました。これが本物のフィンランドのサウナなのでしょう。
普通の浴槽の中に寝椅子が置かれてリラックスして寝れるようになっていました。よく考えています。
化粧用の「泥」が置いてあり顔パックで肌がきれいになりました。
サウナが3種類あります。
1、塩サウナは(大噴火瞑想サウナ大阿蘇)と名付けられていました。・・照明が暗くて落ちつき瞑想に適するように配慮。床面、床下から吹き出る蒸気が熱いのですぐに汗が噴き出てきます。いずれのサウナも本場のフィンランドそのままにしっかりした造りでした。
2、メディテーションサウナ
日本はもちろんアジアでも初、フィンランド風ロウリュウサウナ。
貴重なサウナストーブに水をかけると熱風が噴き出る。自分で調整できます。掛ける水が白樺の枝葉から染み出た液ですから香りがよい。上品なお茶の香りの様でした。
3、アウフグースサウナ
普通のサウナですが、定期的なサービスですが別料金(100円)別途必要。係員が大きなタオル等で扇いで熱風を送ると「爪の先まで暖まる」といわれるくらい、短時間で一気に汗をかき、病みつきになる方も多いという。

極め付きは水風呂、深さが153㎝から171㎝と深い。中央に天井から太いロープが下がりそれにしがみつく。打たせ湯のごとく天井から水が流れ落ちている。
体が温まっているせいか冷たく感じない。肌に心地よい。実にさわやかなのです。阿蘇の伏流水を地下200mからくみ上げている天然ミネラル水なのです。我々が入る通常の水風呂は肌を刺す冷たさを感じるがここでは全くない。不思議ですね。水が違うのです。ものすごーい。水のパワーを感じます。
因みに熊本市の水道水はこの阿蘇の地下水をくみ上げて使用している天然ミネラル水.羨ましいですね。私の知る限りでは石鎚山の麓、伊予西条市、富士山の麓の三島市も同様に伏流水を使用しており天然ミネラル水です。
我々はすぐ帰らなければならないので1階しか利用しませんでしたが別料金となりますが2階では仮眠室、食堂、漫画室、ヨガスタジオ等いろいろな施設があり一日中飽きないようです。
ホームページでご確認ください。
ともかく大満足でした。
行けばきっと大満足されること間違いありません。
私の温泉感は間違いありません。自信があります。
ただし気になったこと。
最近は「聖地」ともてはやされているためか平日でもこの混雑、日曜祭日、連休では浴場に限らず休憩室、仮眠室等も大混雑するのでは・・
ホームページでは宿泊等の予約も受け付けないとのこと。来てから確認して申込しなさいとのこと。入浴も混雑による入場制限はされていないようです。「三密」ということにあまり配慮されていないように思います。
過密という面からご不満が生じることを懸念しています。
サウナですから利用者は長時間滞在します。私も通常の倍以上いました。三密を避けるため入場人数を制限すれば待ち時間が長くなり、滞在時間を決めればゆっくりと入浴出来ない。人気ある施設の悩ましい問題です。
コメント