銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

北朝鮮のミサイルー2 彼国には、作る能力はなく、他国製を購入している筈だが、その購入費用は、安倍内閣の官房機密費ではないだろうか?

2017-05-31 13:17:04 | 政治

副題0、『この章を書き始めるにあたってのお断り』

*1、この章は、2017年の、6月2日に書き始め、その夜の9時45分から、公開をし始めますが、下書きとして用意していた日付である、3日前の午後一時の日付で、アップします。それをご容赦くださいませ。

*2、『前報 

多数回撃ち上げられたミサイルは、万景峰号で、運び込まれている筈。一発目の時に、地下鉄が停まった理由は何か?  2017-05-30 09:45:29 | 政治

が完成しておりません。誤変換直しと、推敲も、加筆も終わっておりません。ただ、同じところを、お読みいただくのが、ご迷惑と感じていて、こちらの章をその続きとして、書き始めます。テーマが大きいので、早く結論に到達させたいがためです。または、「これは、壮大なミステリーを解きつつある、その中の一章なので、結論と言うのも、出にくいのですが、ともかく、一文章としての起承転結が完成するまで、持っていきたいのです」と、言わせてくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~

副題1、『前報を纏めておくと、

*1、北朝鮮がぼんぼんと、多数のミサイルを撃ちあげたが、それは、北朝鮮製ではない筈で、万景峰号で、ロシアから運んでいる他国製の筈である。私が推察するのに、胴体は、ロシア製で、中のIT制御部分は、アメリカ製であるはずだ。しかし、中についての私の推察が間違っていたと仮定して、それも胴体と同じく、ロシア製であったと仮定してみても、その際もアメリカの、最、深奥部は、ロシアに対して、その部分の、輸出を、容認をしている筈だ。しかし、トランプ大統領が、その件に関して、真実を、知らされているとは、私は見ていない。アメリカにおいては、大統領とは、ケネディ暗殺に見る様に、ある種のお飾りでもあるからだ。

*2、NHKが、「万景峰号と、ロシアの間に、通商航路が開かれた」と、批判を入れず、報道をした。世界中から、制裁を受けている筈の、北朝鮮にとっては、これは、制裁突破の重要な、切開ポイントなので、その事実を、批判を込めず、報道をする事は、日本のテレビ局である、NHKにとっては、おかしい姿勢だ。そこから、私固有の、思考形態である、ミステリーを解くことが始まり、

 なんだ。「是こそ、私が常に言っている、・・・・・北朝鮮は、アメリカの、最、深奥部のパペットである。その命令通りに動いている国である・・・・・と、言う説の証明に当たるではないか」と、気が付いて来る。

 NHKは、日ごろ、私が鎌倉エージェントと呼ぶ、アメリカCIAの先端部として、日本人を洗脳して行く集団の、言うなりにニュースを、流すので・・・・・万景峰号が、ロシアと、通商航路を開いた・・・・・ことを、ここ(最近の事であった)で、流すのは、表面には見えない別の意味があるのだろう。

*3、その別の意味とは、大変、喜んでいるという事を、ひそかに表しているという事であろう。では、何を喜んでいるかと言うと、より、スムーズにミサイルを、北朝鮮に運び込むことができる様になった状況をである。

 今までは、より小さく分解して、列車で、運んでいたと、思われる。しかし、万景峰号だと、船倉は、列車の車体よりも、広いので、分解が、少ない形で、運べる。もし、ミサイルの、胴体の製造工場が、極東ロシアに設置されているのだったら、運び込むスピードも上がるだろう。

*4、<<<<運び込まれる部品の、サイズが、より、大きくなったのと、組み立て技術も数をこなすうちに向上をして来たと、推察される。それで、毎日、ぼんぼんと、打ち上げる事が、可能になったと、私は、推察している。>>>>

 この点だが、同じく、テレビ局内で、だれかが、言っていたが、「最近、北朝鮮は、技術が向上して、最後の段階が、手早くできる様になったので、早朝に、打ち上げる様になった」と、言っていた。その最後の段階の技術と言うのを、その発言者は、丁寧には、説明しなかった。

 その人物名を覚えていないし、録画もしていなかった、ニュースショー内だったので、テレビ局名も覚えていないが、そう、発言をされたとは、確かに、記憶はしている。

 その人物だが、その情報をどこから手に入れたのだろうか? また、最終技術とは何を指すのかを、その人物は知っているのであろうか? 不思議な、発言だったが、私は上に置いた<<<<   >>>>内の、様に、それを解釈したので、さして疑問にも思わず、そのニュースショー名を筆記することもなかった。

 つまり、その発言者は、嘘を真実めいて、報道する、鎌倉エージェントに裏から、凶事を受けて、こういう風に発言をしてくださいと頼まれており、その通りに発言をしたと、推察しているからだ。今、これを書いている最中に、このパソコンに、多大な、システム異常が起きたので、これは、正しい推察であろう。御用学者もたくさんいるが、

:::::::::::御用ジャーナリストもご用医者もいるのだ。

 このご用医者と言う部分は、本日、6月2日に、新しく、書き加える部分で、前報には、無かった部分だが、この間、東京都医師会会長が、小池都知事を訪問をして、「早く禁煙を、実施してください。オリンピックのために」と言った。これは、無論のこと、鎌倉エージェント、特に伊藤玄二郎、鎌倉春秋社社長が、発案し、東京都医師会会長を、本人自身か、または、他のルートを通じて動かしたのである。:::::::::::という挿入を入れて、前報をまとめる作業に戻る。

~~~~~~~~~~~~

副題3、『こうなると、又もや、鎌倉エージェントが、大きな力を、このミサイル連射に対しても、持っていることが、推察されて来る。

 何を目的に行っているかと言うと、北朝鮮は、アメリカのパペット、もしくは走狗であるという、私の日ごろの主張を、このミサイル連発で、崩せると、考えているのだ。ミサイル連発をさせると、北朝鮮を憎む、日本人が増えると、彼等、鎌倉エージェントは、考えている。

 それで、本当は、自分たちが、北朝鮮を、いいように動かしているのだが、その真実を、隠しぬくことができると、考えているのだ。

 一方で、彼等は、テロ等準備罪を、永田町で(特に衆議院を)通過させた。これは、対、私を逮捕する為の法律であろう。と言うのも、双眼鏡を持っていると、逮捕できるそうである。私は、いつ、歌舞伎を見るか、判らないので、外国製の(38000円もした、小型の)、アテンダントバッグに常に、双眼鏡を入れている。歌舞伎を、18000円の一等席で見るのなら、双眼鏡はいらないのだが、三階とか、四階の安い席で見るので、それが、必要だ。

 それから、我が家には、私が油絵を制作し、版画も製作するので、500CC入りの薬瓶が大量に保管をしてある。

 我が家にはしょっちゅう泥棒が入るが、その泥棒の、幾組かは、ブルーカラーとしての、CIA側日本人だと、仮定しよう。日本では、警察が、CIAの支配下にあり、鎌倉エージェントの支配下にあるので、高卒の、警官が侵入してこれを見て、「あそこの家には、薬瓶がたくさんあります。きっと、爆弾を作る準備をしているのです」と、上奏する可能性はある。警察官には、パリで、国費、100万円、+私費200万円の合計300万円をかけて修業をして来た、このヘイター方式と言う特殊な、版画を、学んだり実践をしたりする時間はないだろう。だから、誤解をして、爆弾を作る薬を持っていますと、上奏をする可能性はある。そう、したら、99.9%の冤罪だけど、私を、逮捕できるだろう。
 鎌倉エージェントの内、私の目に見える行動をとる存在としての、前田祝一・清子夫妻、安野忠彦・智紗夫妻、白井・小野寺夫妻などの最近の行動を見ていると、圧倒的なレベルで、『勝った。これで、自分たちに不都合なことを書いて居る、彼女のブログは潰せる。どうしてかと言うと、テロ等準備剤で、逮捕できるから』と、思って居るのだと、推察できる。
~~~~~~~~~~~~~
副題4、『岸田淳平(=井上さんと言うご近所様)について、ここで、語らないといけなくなった。その人生への一部分の、分析である。
 しかし、この章内では、氏の、奥様が、前田一派に悪利用をされて、その結果か、割と早く癌で、亡くなった事(=山間の煙と言うエッセイと、その後の、フォロー文書)については、語らない。どうしてかと言うと、それを語るためには、10万字以上が必要だからだ。特に、たき火をしてはならないという神奈川県条例について触れるとなると、受動喫煙防止条例と言うのにも触れないといけなくなり、また、それとともに、前田一派の悪を語るためには、道路位置指定と言う鎌倉市の条例について語らないといけなくなり、また、数々のアスベスト訴訟がどうして常に患者側勝訴で終わるのかも語らないといけなくなり、鎌倉市の、旧中央公民館に、どうして、急に、週刊文春が置いてないことになったかを語らないといけなくなり、若宮大路の、豊島屋前に、どうしてベンチがなくなったかも語らないといけなくなるので、10万字では効かないかもしれないからだ。ともかく、山間の煙に関する部分については、別の機会に、一章、または、数章を立てて語るつもりである・・・・・』
 井上さん(=岸田淳平)に関しては、岸田淳平と言う項目で、グーグル検索を掛けると多数の項目が出てきます。そこには、卒業年度も、卒業大学も、専攻学科も出ています。そして、卒業後のアーチストとしての受賞歴も出ています。それは、輝かしいものです。でもね。実際の井上さんを形成しているのは、その項目だけでは足りません。
 私はね。白井・小野寺夫妻が、安野夫妻とお寿司を取って、六時間も、懇談する様なお付き合いを、井上さん一家としているわけでもないし、銀座でであってもお茶飲みをするわけでもありません。この近所で出会った際の、立話も、一分以上継続するケースはありません。
 しかし、友人から、非常に観察が鋭いと言われている私です。それに、30年前に聞いた、藤本夫人の言葉もベースに在ります。この山の住人全員から、総いじめのターゲットになっていた藤本夫人は、「只一人、井上さん(ご主人の方)だけが、いじめてこなかった」と、言っていました。
 で、井上さんは、教養が深くて、心理的に言って強い人だと、見ています。反対の極に居るのが前田夫妻です。鶴岡八幡宮から、3メートルぐらいの風致地区で、立ちションベンをしていた時に、注意した人に向かって、「こんなことは、田舎だったら、・あ・た・り・ま・え・だ・のクラッカー!」と言ったそうです。
 昔、前田製菓のクラッカーと言うのが市場に出回って居て、そのTVコマーシャルが、「あたり前田のクラッカー」と言うのだったのです。それを利用したのです。または、駒澤大学で指導をしている学生たちからそういう呼称を奉られていたので、それを利用したのかな?
 ともかく、彼が田舎の出身であろうと、言うのは、言動すべてからわかる事です。そして、田舎育ちの人、特に男性が、箔をつけるのに最適だと、思われる学科であるフランス文学の専攻です。
 ここで、スピンオフして、自分の事を語らせていただきたいのですが、私こそ文学部へ行きたかったのです。が、石油専攻の、初期の、学卒・エンジニアであるがゆえに、戦時中に、無事で、いい思いをした、父は同じころ、苦労をしていた藤田嗣治の人生などを鑑みて、「大学は、理系に行かないとだめだ」と、強く、主張をしたのでした。そして「お前の偏差値なら、医学部へ入れるから、そこへ行け」と、うるさかったです。それに抵抗するだけで、精一杯でしたね。私には医者は、向いていないです。もしなったら、おなかにガーゼを残したまま縫ってしまう様な医者に成ったでしょう。いつも、ものを考えているので、注意が、どこかへ、飛んでしまうのです。どんなに、それが、社会的地位が高かろうが、向いていないものに、就業するほど、つらい人生は無いので、抵抗してよかったと、おもっております。それに、小さい時に、甘やかされていた方なので、立身出世には、それほどには、興味が無いのです。ただ、自分の文章を、本にして、自分で、それを、出版する為には、お金は欲しいのですが・・・・・また、親に抵抗して、自分で学費を稼いで、美大に行った学友が居ましたが、私には、そういう強さは無いのです。夢見る夢子さんで、いつもものを考えているタイプなので、お店の店員をして、アルバイトするなど、考えられない人物だったから。
 岸田淳平氏が、まだ、20代に置いて、【優良児的青春を殺虫する毒薬に関する狂気の考察 (1972年)】という人気のある本を出版したというのは、すごい事だなあと、おもっております。でも、そんなことを知らない時期から、彼が重層的であり、深い教養の持ち主であり、かつ、主体性のある人だと、思って居ました。
 で、これから先は、例の見てきた様な嘘を言いに入ります。大学新卒時の彼の就職先が書いて居ないのです。だけど、私は宣伝広告会社か、出版社だったと、推察しています。それは、平社員であっても、大衆を操作し、大衆の上で、ものを考えるタイプの、会社です。井上さんは、低姿勢で、物腰は、柔らかいですが、ご近所を含めて、それから、ご自分も含めて、「人間なんて、どうせ、虫けらと同じさ」と、考えているでしょう。だから、自由なのです。上下関係など、作りませんね。そして、実際の処、他人は、見下す傾向もあったと思います。
 私は、ここに、30年以上住んでいますが、最初の二十年間は、井上さんに、威張り返られているなあと、思って居ました。それで、或る人に、「どうして井上さんは、あんなにお金持ちなの?」と、聞いたのです。すると、「ああ、井上さんって、何か、ヒット曲があって、その作詞をしたんですって」と教えてくれました。でも、グーグル検索等では出てきません。そこで、或るヒントが出てきます。それは、画家としての活動がペンネームなので、作詞家としての活動も又、別のペンネームである可能性です。
 さて、井上さんには、井上さんの行動の、自由があります。だから、彼が私に対して、何をしようが彼の勝手です。でも、彼について、これからも縷々語りたいのは、ひとえに、前田祝一・清子夫妻と、小野寺夫人との、悪辣な、行動について語りたいからです。今般明瞭に井上さんを自分たちの武器として使ったので、それを語らないといけません。それは、テロ等準備罪と、裏と、表の、表現に当たるからです。
 私は、自分の命を守るために、その詳細を書かないといけないのです。しかし、すでに、午前二時に近くなっています。それで、井上さんについては、ここで、急きょ、終息させていただき、この章の起承転結を完成させる方へ向かいます。後日、推敲やら、加筆をする際に、丁寧に、完成させます。
~~~~~~~~~~~~~
副題5、『北朝鮮が、ばんばん、撃ち上げた、ミサイルだが、それが、日本海に落ちたとして、ロシアは、痛くもかゆくもない。アメリカはどうかと言うと、ロシアと同じく、軍事的には痛くもかゆくもない。しかし、アメリカには、日本に再軍備(たとえば、徴兵制の導入などにまで進み)をさせて、そして、アメリカが起こした戦争に、協力をさせるというメリットはあるが、それで、北朝鮮の、ミサイルに対して、大金を支払うなどの、予算配置を議会が許すはずもない。
 ここに、秘密裡に使える大金が、有った、安倍内閣の官房機密費である。使用の詳細を発表しないでよい。しかも、このミサイル連発で、日本国民を、真実から目をそらすことができれば、安倍内閣は、北朝鮮ンを引き続き、自分の人気獲得策に利用し続けることができる。
 これから、先は、あす加筆します。本日は、二時になったので、就寝をさせていただきます。
コメント

多数回撃ち上げられたミサイルは、万景峰号で、運び込まれている筈。一発目の時に、地下鉄が停まった理由は何か?

2017-05-30 09:45:29 | 政治

 この一文は、雪の下黒物語の、推敲と加筆をしている最中に、突然に、生成した文章です。そこに、下で、書いている通り、北朝鮮に関する加筆を挿入として入れ始めた処、最大級のシステム破壊が起きたのです。で、相変わらずの事として、私の独特の判断が、相当に重要な真実だと、判ったので、それをメインとする総タイトルへと、変更いたしました。そして、31日の夜、10時まで、『国民が、極貧生活を送っている北朝鮮は、何故、あれほど、多数回、ミサイルを撃てるのか? 裏で秘密裡に供与されているからだ』としておりました。が、更にうがった総タイトルへと、変更をします。

 ところで、初稿の段階で、書いて居た前半部分(=鎌倉雪ノ下に関する話題)「は、いったん、ひっこめて、後日推敲を終えた形で、再度、アップするという風に変更をさせてくださいませ。急遽、話題を北朝鮮に向けます。まあ、北朝鮮のミサイル発射も、また、前田一派を助けるために行われている事例なので、あながち、鎌倉雪ノ下と、無関係とも言えないので、ここで、書きますよ。

~~~~~~~~~~~~

副題1、『北朝鮮の事がどうして、ここで、出て来るか、その理由を語ろう』

  ここで、突然ですが、鎌倉雪ノ下から離れて、世界情勢に入ります。しかし、どうして突然にそういう事になっているのかを説明をさせてくださいませ。

 30日の夜の事です。今、ここにアップしている最中の、文章の、加筆やら推敲をしておりました。ところで、この一文は書くのも読むのも嫌な話ですよね。立ちションベンの話などを書いた、私が、得意になっているなどとは、お考えにならないでくださいませね。私は、前田一派とは違っていて、この文章を神様への報告書として書いて居ますから、勝つとか負けるなどと言う枠組みで、ものを考えておりません。

 ずっと、前から知っている、立ちションベンの話だって、それを書いて、うわ、勝ったぞ、などと言う気持ちで、書いてわけではないのです。汚いココロから出る、汚い行動を記録する作業ですから、うんざりしながらワードをいじっているわけです。だから、ものすごく疲れます。
 で、リフレッシュの必要もあり、時々は録画番組のきれいなものを見たりしていたのです。前報に、入れている、Japanology plus を見たり、クラシック倶楽部を見たり。すると、録画と、録画の間には、ライブの番組が入ります。ニュースをやっています。

 最近は、毎日、北朝鮮のミサイルの話です。でね。到頭、そちらに対しても、堪忍袋の緒が切れました。誰に対してと言うと、NHKと、その裏に居る鎌倉エージェントに対してです。どういうことかと言うと、嘘ばっかり伝えているからです。

 つまり、上の方で言っている通り、テロ等準備罪は、前田一派を助けるために、私をしょっ引く為に、立法化していると、言う事です。それと、同時に、テロリストが世界中に居るのだと、言う事で、またまたCIAが洗脳されやすい若いイスラム系の不満分子を、駆り立てて、世界中で派手なテロを起こしています。ロンドンでアメリカの人気歌手の、公演を聞いていた若い人が、19人も死んだとか。そうすることで、日本人全体をだましていき、テロ等準備罪が、日本国民全般から、許容される様に、国民を洗脳している段階です。

 そして、『どうせ、彼女(=私の事)は、しょっ引かれて、近々、ブログは閉鎖される筈なのだけれど、その前に、できるだけ、あのブログに書いて居ることを、否定しておこう』というのが、鎌倉エージェントの意図であり、例のごとく、自分たちは、姿を隠して、責任を取らないという形で、脅迫を行っているというのが、北朝鮮がぼんぼんぼんぼん、ミサイルを撃つという現象です。

~~~~~~~~~~~~

副題2、『北朝鮮が、今どんどん、撃ちあげているミサイルは、アメリカ製の筈だ。または、アメリカと、ひそかに、内通しているロシア製か? 万景峰号が、ロシアと、定期航路を開いたというのは、このミサイルを安全に、運び込むためだった様な気がして来た。ミサイルの、胴体は、あまりにも小さくすると、組み立てに、時間がかかる。北朝鮮が、「準備段階が、加速してきた」と言っているのは、分解されて、運び込まれたミサイルの、組み立てが、スピードアップされたと、言っているのだろう。ところで、胴体部分は、ロシア製だとしても、中枢部分・・・・・つまり、IT制御部分は、アメリカ製の様な気がしている』

 私はかねがね、北朝鮮という国家、そして、金正恩と言う人物は、アメリカのパペットだと、言っています。それは、今も正しいと、おもっております。そして、今般、どんどん、ミサイルを発射して、合計、10発程度撃ったのではないでしょうか?

 特に、この一週間は、毎日連続して撃ちましたね。私ね、そういうニュースを片方の耳で聞きながら、パソコンを打って、鎌倉雪ノ下、黒物語4、だの、その5だの書きながら、おへそが茶を沸かしていたのですよ。『どうせ、また、トカゲの脳味噌が考えることだ。本当にちゃちで、すぐ裏が解りますね。嘘ばっかり』と、思って。

 スケールは、違いますが、手法と、思考形態は、前田夫妻、安野夫妻、小野寺夫人が行っている事とそっくり同じです。つまり、嘘が大量に含まれているという事。ほとんど、すべてが嘘に近いということ。

~~~~~~~~~~~~

副題3、『NHKは、相変わらず、鎌倉エージェントに、120%支配を受けている。世界中から、制裁を受けている筈の、北朝鮮が、ロシアとの間に、通商航路を、定期的に開くというニュースを繰り返し報道をした。どうして、そういう風になるかと言うと、それは、鎌倉エージェントにとって、喜ばしい事だからだ』

 ところで、IT部分はアメリカ製でしょうが、胴体などの、もっと、簡単に作ることのできる部分は、ロシア製である可能性を感じています。NHKが、盛んに、万景峰号が、ロシアと北朝鮮の間に開かれて、通商航路に就航するのだと、報道をしていました。『不思議な事だなあ』と、思っておりました。だってね。世界中が、北朝鮮に、制裁を加えている最中でしたよね。しかし、通商航路が開かれるという事は、それと逆行をするでしょう。『なんで、そんなことを報道するのだろう?』と、思っておりました。しかし、これほど、連続してミサイルが撃ち込まれると、答えが解りましたね。

 つまり、NHKは、すべて、鎌倉エージェントの支配下で、ニュースを作っております。その鎌倉エージェントにとって、この航路が開くことは、祝すべきことだったのです。つまり、ぼんぼん、ぼんぼん、分解されているミサイルを、北朝鮮に、送り込むことができるので、結果として、北朝鮮は、いつでも、ミサイル発射が可能になりました。

 この世は、不安と、リスクに満ちているのだと、いうことにCIAは、したいわけですから、北朝鮮が、どんどんミサイルを撃ってくれる方が良いわけです。そして、安倍総理大臣は、軍備を増強できるし、自衛隊を傭兵として、アメリカの起こした紛争先へ送り込むのが、容易になるわけです。

 安倍総理大臣と言う方も徹底的なパペットなのですよ。独裁性が、戦後の首相の中で、際立って高いのですが、すべて、CIAの命令と保護のもとに行っているので、ご本人としては、独裁者になっているつもりはないのです。で、良心に、やましいところはないという風情です。

 だけど、税金を驚くほどに無駄遣いをしている、総理大臣です。原発は悪くないという事にするために、東北の人びとを甘やかしきっていて、除染などで、大量の無駄なお金を、東北に、注ぎ込み、その結果、全国民に、不要な、犠牲を強いています。一方でベンツが、仙台では、バカ売れをしているそうです。

 この総理大臣の下で、東電他が、いつの間にか、電気代を値上げしています。それから、今度酒税も上げるそうですね。最悪の総理大臣です。

 でも何度も言う様に、ご本人は、子犬の様に忠実に、強い目上の人間(しかし、国民の前には姿を現さない。公には、死んだことになっている井上ひさしなど、その一人である)に、従っているだけですから、自分を独裁者などとは、夢にも思って居ないのです。困ったおぼっちゃんです。

~~~~~~~~~~~~

副題4、『東京メトロが、第一発目が、発射されたときに、早朝ながら、臨時運転停止したが、その理由こそ、このミサイル発射が、鎌倉エージェントの命令によって、行われており、かつ、現在私が、その悪辣さを縷々、書いて居る、雪の下の住民である前田祝一、清子夫妻、および、安野忠彦・智紗夫妻、および、小野寺夫人などの、一派を助けるために行われている事を証明している』

 私は早朝、五時には、東京メトロを利用はしません。しかし、歌舞伎を見始めてから、再度、利用をし始めました。昔、は、銀座線と、丸ノ内線を多用していましたよ。通学(お茶大付属高校)に、渋谷から茗荷谷へ、行き、通勤(東大に勤務していた)に、渋谷から、本郷三丁目に行っていましたから。しかし、銀座の画廊巡りをする際には、京急の北久里浜から、出発するにしても、JR横須賀線の、鎌倉駅から出発するにしても、必ず、新橋を使うので、新橋から歩き始め、順に東京駅まで行って、JR横須賀線で帰るか、山手か、京浜東北で、品川まで行き、京急に乗るので、あまり、地下鉄を使っていなかったのです。

 しかし、歌舞伎を見る様になった、この三年間は、都営浅草線、銀座線、日比谷線、半蔵門線などを多用する様になり、『一番、楽に国立劇場に行くのは、どうしたら、行かれるかしら?』と、考えており、地下鉄を多用する様になりました。

 すると、東京駅か、有楽町に出て、横須賀線を利用するよりも東急メトロ京橋駅か? 都営浅草線、宝町駅を利用する方が、歩く時間が少ないなど、新しい発見を、し始めております。で、地下鉄を、結構多用しております。

 するとですね。早速その行動を尾行等で、研究されたらしくて、まず、京橋駅北口に、いつもガードマンが立つ様になりました。どうして、そこにガードマンが、立っているかと言うと、そこに、CIAに、最大限に利用をされて居る画廊があるからです。何故、利用をされて居るかと言うと、良い画廊であって、私が好きなうえに、そこに行くために、2005年ごろ、顔に大けがを負って、慈恵医大に担ぎ込まれて、40針も縫ってもらったというエピソードがあり、それをブログに書いて居ます。で、そこが、利用をし始められたと、言う事でしょう。

 どうして、40針も縫ったかと言うと、その当時は、全部で、30軒ぐらいの画廊を回っていたので、6時半ごろは、非常に気がせいている状態でした。京橋に、今は、【イデミスギノ】と、言う有名なパティシェが、経営するお店がありますが、そこは、以前は、【村松画廊】と言う名前の画廊だった筈です。で、そこから、

 特に、宮崎進を扱っている画廊であり、その宮崎進が、瀬島龍三と、親しいと、感じています。それで、その画廊が、後注Aに書いた様に、トイレをわざと使わせないという意地悪をする様になりました。あのね、事務所の奥に設定されているトイレだと、借りない方が普通です。しかし、そこのトイレは、地下二階の四軒か五軒のテナントが共同で使うビル本体のトイレなので、鍵をかけておくというのは、非常におかしいのです。しかも女子トイレだけ。そういう事になってしまっているわけです。

 しかも、タイミングを計って、私の目の前で、鍵をかけている姿を見たことがあります。『バカじゃアないの?』と、その時に内心では、思いましたが、私は、非常に慎重な人だし、リアルな世界では、喧嘩をしない主義なので、何も言わないで、見逃して置きました。ただね、、偉そうにして、ふんぞり返っていて、お互いに目が合っているのに、向こうからは、「いらっしゃいませ」の一言もない彼女を見て、後日、サイボーグだと、言い放つこととなります。それが後注Aに書いてあることですが、その前に、

 2016年の、10月に、今は、妙本寺のお嫁さんになっている昔は、西隣に住んでいたお嬢さんもサイボーグだったと、書いています。高枝ぎりという恐ろしい事案があって、今の西隣の住人、小野寺夫人が、自分が注文した工事でもないのに、「これから、工事をしますので、騒音が出ますが、よろしくお願いします」と言う嘘を堂々と、電話で、主人に向かって言ってきた日以降の話です。後注Bへ。

 超肥満体夫人とは、ものぐさで、働くのを嫌がる人で、庭を掃くのですが、そのごみを山ノ下まで、下すのを嫌がって、必ず、我が家に掃きこむのです。私ですと、わが家内で、腐葉土にしますが、彼女は一メートル下がっている、我が家に掃き込むのですよ。そちら側に窓が少ないので、気が付かないだろう。ばれないだろうと、思っているみたいでしたが、トイレの窓があって、すぐそばで、その音がするのですから、何事かと思って、後で、見に行くでしょう。それでも、いつかは、反省するだろうと、思って、数年は、我慢をしたものです。

 しかも、さらに驚いたことに、我慢をできなくなった私が、とうとう、注意したら、「やって居ません」と言ったのです。それで、ピラミッド状にたまっている山砂を指し示すと、さすがにグーの音も出ませんでした。それも、大みそかと言うぎりぎりの日に、やっと注意したのに否定をされて、さらに、お正月明けの、別の日に、回覧板をもっていった私に対して、ご主人が、恫喝してきたのでした。見かけ上東大出身の銀行マン程度の雰囲気の人が、「妻は、やって居ません」と言って、恫喝的否定をして来たのです。ありと、あらゆる意味で、信じがたい人でした。

 でも、そういう生活の結果として、お嬢様がサイボーグになっていましたよ。で、ここで、そのラインで、京橋の画廊と、リンクして思い出したのです。両者の、冷たいところが、そっくりでしたから。感情が全く見えないところが、そっくりでしたから。

 私は反対に、愛すべき人もいっぱい見てきているのですよ。ある時期など、自分はミダス王になってしまったのではないかしらと、思う程、ありと、あらゆる人から、悩みとか、悲しみ事を打ち明けられる人になったほどです。未知の人でさえ、哀しみを、打ち明けてくれるのでした。たった、五分間の出会いがあった電車内でです。定期入れから、猫の写真を出して「病気になった時にこの猫が枕元で、慰めて、くれたので、治ったのです」と教えてくれました。さらに、静かにしていると、どうも、病気になったのは、韓国へ、統一教会の結婚式で、娘さんが行ったきりになっているかららしいのです。そういう人間性あふれる人々と比較をすると、20年弱お隣で暮らしていた、最近、妙本寺のお嫁さんになった女性も、京橋の画廊で、トイレに鍵をかけている女性も鉄面皮鉄面皮の、サイボーグだったのです。

 そして、犬を飼っていましたが、ご自分も散歩をさせず、かつ、二人いる子供さん方にもそれを、やったらどうおと、勧めないので、日当たりのない庭に、ずっとつなぎっぱなしでした。それから、東急とかユニオンというスーパーの、買い物の、結果を、ほとんど、配達してもらっていましたが、そのものが、ある日は、トイレットペーパーだったので、仰天をしたことがあります。あれって軽いですよ。お米五キロだと、重いですけれどね。私より、10歳は若いので、当時で、まだ、30代でしたが、働くという点で、物惜しみをすると言うか、何と言うか、信じがたい女性でした。だから、超・肥満体だったのだと、思います。(後注B)

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『<歴史は、夜、作られる>と言う言葉を聞いたことがある。つまり、歴史書・正史の中では、非・主役である、女性が、意外なほど、重要だと言う事。特に私が今書いて居る様な問題に関しては、女が重要である。男性と言うのは大体において、シンプルで、子供っぽい生き物である。しかし、女性はしたたかで、陰険である。特に育ちが悪い女性の中には、サイボーグと同じ様に、心が育っていない人間がある。または、悪女が居る。ここでいう育ちの良しあしとは、実家が金持ちだったか、貧乏だったかを指して言っているのではない。親がどうだったかを指している。

 親が子どもに、いい子であることを単純にも、求め過ぎていて、子供の本当の姿とか、欲求に対する観察力が少なかったりすると、サイボーグが出来上がるのです。ところでそのサイボーグたるお嬢さんの結婚ですが、一種の政略結婚で、多分、児嶋百代先生も関係しているだろうと、言っています、この間、小町通りで、児嶋先生とすれ違ったら、仏頂面をしていたので、正しい文章だったと、見ています。私は、実際の処、鎌倉コール(合唱団、15年近く休んでいた)に再度・参加した際に、指揮を酒井先生から、代わって引き受けていた児嶋先生に、ひどく虐められたので、児嶋先生が、裏で、伊藤玄二郎に教唆をされて居る方だとは、ちゃんと知っていたのですよ。

 児嶋先生は、雪の下カソリック協会の、グロリア少年合唱隊を指揮したり、北鎌倉女学院の中で、音楽部を立ち上げたりした、立派な方ですが、北朝鮮のミサイル攻撃に際して言えば、日本国民全体を脅かして、再軍備に向かわせる、悪人たちのお仲間なのですよ。伊藤玄二郎と、仲良しである限り、自動的にそうなってしまうのです。そして、私も、もし、意地悪をされては居なかったら、こういうことは書かないのですが、意地悪をされて居るので、こういう分析まで、さらすこととなります。

 特に、嘘が、満載の、やまゆり園事件とか(その事件では、19人もの、死人は居ないのですが)ロンドンのアリーナ爆発、それから、アフガニスタンで最近、何かが、あったそうですが、という海外での、イスラム過激派の起こした多数の事件で、死んだ人々、それから、日本の国内でも、周南事件等を起こして、・・・・・多数の無辜の人を殺しては、自分だけが助かろうとする、・・・・・悪人たち(=私はそれを、鎌倉エージェントと呼んで、ひとくくりに、括っている)のお仲間に、自動的になってしまうのですよ。

 最晩年に、私にそういう風に証言をされ、文章に記録されるという、そういう瑕疵を背負ってしまわれましたね。せっかく芸大を出ていて、立派なキャリアーがあるのに、残念な事でした。川崎千恵子をいじめると、そういう結果になります。だって、12~15歳時には、神奈川県一、頭が良いと言われた人間ですから、何でも、真実が判っている人間ですので。

 私に言わせると、当代の、妙本寺様がなくなった時が、ポイントですね。世襲だったら、超肥満体夫人の、お嬢さんは、大金持ちになれるわけですが、・・・・・お婿さんの方が、「切ないし、むなしいなあ」と、お感じになる日が、きっと来るだろう。特にその時期以降に・・・・・、と、推察しています。私は預言者と言ってもらっていいほどに、推察が当たる人間です。2003年に、一ノ瀬智恵子さんが、渡辺豊重さんと一緒になって、横須賀線の車中で、いじめてきたときに、例のごとく、私は一切反抗もしないし、相手をたしなめもしませんでしたが、一ノ瀬さんに、向かって、内心で『この人は、将来お子さんの事で、ひどく悲しむことになるだろう。今、こんなことをやっていては』と思ったのですが、その通りになりましたね。鈴木沙彩ちゃんのリベンジポルノの話です。

 まあ、京橋の画廊の女性スタッフの方は、黒田悠子さんか、宮崎進さんの、秘書さんか、それとも警察直々にか、それともビルのオーナーからか、誰かから、教唆をされて、ああいう行動をとっているわけですから、それだけ、罪が軽いのですが、しかし、鎌倉エージェント側が、更に悪辣化していますので、「あなたの両肩に乗っている悪の塊もすさまじい量となっていますよ」と、言っておこう。

 さて、私の大好きな子育て論に入って行ってしまったので、脇に寄り道をしたけれど、これは、北朝鮮のミサイル「Haam

 

 後注A

私への拷問の一手法として、画廊のトイレに鍵を掛ける話・・・・・佐野研二郎の盗作の裏をここで再び語ろう  2017-05-01 20:03:25 | 政治

後注B

鎌倉市の税金を使って、弾圧を受けた件ーα + サイボーグと連れ添う不幸と、サイボーグが生まれる原因  2016-10-04 13:22:48 | 政治

 

 

 


  副題5、

 なお、丁寧に、説明を加わえないと、もしかすると、トランプ大統領が、就任後に、ロシアと仲良くしたのだろう、という誤解を、読者様から、受けるかもしれません。しかし、違うでしょう。私が思うに、トランプ大統領は、未だに、蚊帳の外に置かれている筈です。それは、後刻説明をさせてくださいませ。

 ロシアゲートなどと言われていますが?

 

コメント

日本を無法地帯と化した主因者の一人は、鶴岡八幡宮に隣接する風致地区内で、立ちションをする、元大学教授である

2017-05-29 22:21:55 | 政治

 この章は、初稿の段階では、2万字を超える長い文章でした。しかし、思考の流れに沿って、いろいろな、主題を詰め込み過ぎていましたので、ここに始まる、副題6より前の部分を独立させました。

 そのリンク先は、以下の通りとなります。

副題1~4は

上大岡で、小1男子をひき殺した88歳暴走老人が無罪放免されたのは、日本が無法地帯と化したことを象徴している  2017-05-25 20:34:52 | 政治   

副題5は、

横浜国立大学は、どうして、元ゴルフ場と言う、通学が、超・不便な場所に、移転をさせられたのか?  2017-05-26 22:40:04 | 政治

 へ、移動をさせています。

そして、副題6から始まるこの章の、主人公は、前田祝一・清子夫妻と、白井・小野寺夫妻です。そして、彼らが、この一文内に書いてある様な行動をとる陰に、中谷共二氏の二人の息子と、そして、例の伊藤玄二郎と、まだ生きている、井上ひさしが、居ます。それで、私にはあり得ないほど、刺激的な、総合タイトルへと、暫時、変更したわけです。あまりにも多数回、そして、24時間苦しめられていますし、その上、彼らが勝つために無辜の人々、多数が殺されています。徳山の、金峰に住む五人の老人をはじめとして、ごく最近、北海道で、墜落した自衛隊機に乗っていた四人も、これらの人物の犠牲になったと、私は考えています。

 また、殺しはしないけれど、これらの人間が、相手に屈辱を与えた人間の数は、数億にも及びます。受動喫煙防止運動は、これらの人物が私に勝つために、提案した仕組みです。それで、喫煙者は、世界中で惨めな思いを味わっています。ハリーポッターの作者であるJKローリングスだって、喫煙者なのに、そして、ジブリの宮崎駿さんも喫煙者なのに、今、喫煙者は、街中で、まるで、自分は、犯罪者扱いを受けているのか?と、思うほど、肩身の狭い形で、喫煙をしています。

 喫煙とは、創作をする者にとって、他の人に、夢想中の姿を、異様に感じ取られない様にするための大切な、手段なのですよ。だから、喫煙を、これほどに疎外をすると、文化が衰えていくでしょう。結局鎌倉エージェントの連中の、おぞましい、勝ちたい主義のために、人類の文化も、犠牲になっているのです。なお、私は、創作をするものですが、たばこは吸わず、コーフィーを手持無沙汰の、消滅の為に、がぶ飲みします。特に、薄いコーフィーに、砂糖や、ミルクを大量に入れるのが好きで、それで、おなかの調子を壊しては、数日間、コーフィー絶ちをします。その繰り返しです。(苦笑)

 文化の衰退ですが、それは、スタップ細胞疑惑と言う形で、日本人の真面目さが、ずたずたになったのと、同工異曲です。が、そういうことをする連中だから、彼等は、天から、処罰をされるのですよ。日本人や、世界の、人類に対して大量の迷惑を与えているからです。で、谷垣禎一さんが、突然に、2017年7月18日以降、雲隠れ状態になったのなど、その典型例です。谷垣さんは紳士だし、善人だったのですが、伊藤玄二郎に取り込まれ始めて、駄目になってしまった人です。挙句の果ては、命まで失ったのに、自民党葬などをして貰えません。お気の毒に。谷垣さん以降、加藤さんとか、与謝野さんとかがなくなっていますね。しかし、ちゃんと報道をして貰えます。谷垣さんだけ、闇の中で、うやむやになっています。

 それは、あまりにもタイミングが、ぴったりと合っているからです。すぐ下で述べている、テレビ東京の特別番組【ドリームハウス(2017年7月18日号】が、放映され、その中で、前田祝一と、小野寺夫人が登場した、その日に、自転車事故が起きたからです。悪人たちが、勝った勝ったと有頂天になっている最中に、それを叱るために、善人、谷垣禎一氏の命は、天に召されたのです。

 それから、太地町のイルカを、移入してはならないと、突然に、言いつけられて、日本の水族館は、大混乱に陥りましたね。

 そして、旭化成です。その系列会社を含め、その家族を含め、何万人の人に恥辱を与えたでしょうか? 

 ~~~~~~~~~~~~~

副題6、『2007年ごろを中心として、我が家に、頻繁に泥棒が、入り始めた。そのうちの一部は、警察が行っていて、また、別の一部は、警察から、合いかぎをもらっているご近所様がやっていると、思って居る。警察が、盗むのだとしたら、ALSOKなどを頼んでも、電波を切ることなど、自由自在にできるだろうから、警備会社に、依頼をしても防衛上の効果はないと、思って居る。で、頼む事もない。泥棒にはやられっぱなしだ。しかし、今般、横浜銀行の貸金庫から、三菱銀行の通帳が盗まれた。これは、金属製の箱の中に、通帳より、五センチ程度大きな、ファスナー付きの袋を置いてあり、その中に入れておいたので、いつ盗まれたかは、判らないが、五月の第二週に入れたとして、すでに、第三週には盗難に、気が付いていたので、その一週間の間だと、思う。

 これは、ひどい。横浜銀行には、貸金庫代を支払っている。それなのに、泥棒が自由自在に入るのだ。現代日本が、真っ暗闇の世界に陥っているという事を語っている。中世ヨーロッパの魔女狩りの時代よりもひどい。私は、このブログに実名で登場している人物たちの何物をも盗んでいない。しかし、相手からは、盗まれている。で、生きるために仕方がなくて、これらを書いて居るが、これを書いて居るから、暗殺してやろうとか、思われてはたまらない。ところで、その暗殺も無理みたいだから、いじめ抜いて、自殺へ追い込もうと、されている。是では、法治国家とは言えない。恐ろしい社会である。私の悪口に関する情報は、人づてに、糸電話のごとく伝わり、その過程で、真実は失われ、私が悪者にされる。それの典型例が美術9条の会である。

 このブログの読者様は、私がご近所の悪口ばかり書いて居ると、お考えであろう。しかし、事実は、私の方が死ぬ思いの、被害を受けているのだ。しかし、私の被害については、語りにくいのだ。あまりにも深度が深く、あまりにも残酷で、あまりにも、重層的であり、それを書くと、私自身が疲弊しきってしまうので、この10年間、ほとんど、私の方の被害は、語ってきていない。時々上っ面なことは書いて居る。だけど、実際には、もっともっとひどい事が行われている。

 これは、次の副題7で、言う西隣の、白井小野寺邸が、「警察の協力者であり、その13号です」と言う看板を、玄関内に置いてあり、それを、わざと、私に気が付かせる様に、見せつけたケースが、この一週間に二度ほどあり、それが、どれほどに重要なのかをも、語ってくれている。つまり、私が語っていることが真実なのだけれど、「それを語れば、お前を、その山の中で、孤立化させてやり、さらに、苛め抜いて、自殺へでも追い込んでやる」と、言われているのと、同義だからだ。と言う事で、ここで、今日は触れないで置こうと思って居た、雪の下の連中の昨今にも、触れないといけなくなった。次の節で触れよう』

 そういう風に、社会の、基盤としての有名国立大学さえも、操作して、私達一家が、エリートではないのだと言う事にしたいのです。一部上場企業の社長となると、東大卒が多いでしょうが、重役となると、横浜国立大学卒は、多いはずですよ。

 そして、こういう風に、大学の立地さえ、動かすのと、連動して、我が家から父や母の結婚式の写真や、父の満鉄調査部、中央試験所時代の写真や、父が絵が上手で、甘粕大尉の部屋はともかく、満州国ラストエンペラーの宮殿まで飾っていたという新聞記事などが、盗まれているのです。

 新聞記事の方は、国会図書館にあると、思って安心して居たら、国会図書館では、満州の新聞を全部、マイクロフィルム化して、紙の方は捨てたのだそうです。ところが、新聞とは、紙の裏表に、印刷してあるので、必ず、二の倍数になっている筈なのに、3頁しかないのです。それで、気が付きました。第四頁(=文化面)を削除して、マイクロフィルム化したのです。

 写真や、新聞記事の実物を我が家から盗んで、今度は、公共の印刷物、特に国会図書館と言う・・・・・国家が、運営する場所・・・・・から、それを削除するという恐ろしい事をやって来る。しかも真実驚くべきことは、私が国会図書館に行くたびに、警察車両に嫌がらせを受けるのです。朝の六時に、徹夜明けで、永田町に行った時も誰もいない道路に、警察の、バスが停まっていて、エンジンをふかしていました。その日の私は、彼等に脅かされたので、帰宅をしたのではないのですが、徹夜明けで、朝の九時の開館まで、三時間が持たないなと、判断をしたので、帰宅をしました。そのバスが居なかったら、バス停のベンチで、うたたねをして、開館を待つつもりだったのです。が、暗殺しようと待ち構えている警察車両の目の前で、うたたねをしたら、しかも、目撃者が、誰もいないのですよ。夏の朝の六時なんて。誰も通っていないのですから、殺されたり拉致されたりしても誰も目撃者がいません。

 そして、こういうことを書くと二つの時効で、復讐してきます。一つは、マイクロフィルムが劣化したので、捨てたというニュースです。もう一つは、NHKが、お正月の特番として、【爆笑問題】に、国会図書館を訪問させることです。荒俣宏さんも一緒になって、しかも二回に分けて、大特集として、国会図書館は、素晴らしいと、言い募ります。で、父の資料が二度の、泥棒で失われたことを悲しんでいる私の傷をさらにえぐるのです。

 さて、瀬島龍三がやったことはもっとひどいのですよ。

それは、この鎌倉雪ノ下への引っ越しですが、自然な形ではなくて、わざと、誘導をされて、引っ越してくることとなったと、思って居る点です。この、谷戸は、確かに住みにくいところで、引っ越しがあまた続いていました。それは、確かなことだけれど、交通所要時間が、一時間半も、必要な北久里浜の我が家のポストに、この鎌倉雪ノ下の、売り物件が、A4の紙に、一色刷りで、それ一件だけ、特に強調する形で、印刷されたチラシが、連続して入ったのも、鎌倉雪ノ下の方の、町内会長の、中谷共二氏が、一種のCIAエージェントにすでになっていて、その縁故を頼れば、私を苛め抜くことができると、彼が考えたからでしょう。何故、瀬島龍三が私をいじめるのかは、何度もかたってきていますが、後で、リンク先を見つけて、付与しておきます。

 その上、中谷氏が、崖を無断で崩して、大きないいじめをして来た、時に、主人は松阪に単身赴任中でした。これも自然な事ではないでしょう。中学生の、子供二人と、主婦だけの家だから、言苛め抜いても、大丈夫だと、思われていたのです。

 2016年の4月に、主人が心臓病で、緊急入院した後も、すさまじいいじめの連続でした。後でそちらのリンク先も見つけて付与しておきます。

~~~~~~~~~~~~

副題7、『西隣の小野寺夫人の、この一週間の動きを見ると、いろいろなことがさらに明瞭に分かって来る』

 西隣の小野寺夫人が、二階の天井灯を、午前二時頃まで点けておくという事を、この2016年5月27日と、24日と二回連続して行い、また、玄関の内側に、「警察の協力者、第13号です」と言う、

 元は安野家にあった看板を、今は、自分たちが保持しているだという事に、わざと私が気が付く様に、タイミングを計って、玄関戸を開けておくなどと、いう手法を、取るのも、ここに引っ越してくる以前に、北久里浜の大マンション【売り出し時、そらヒルズと、言われ、今は、ルネ北久里浜と、呼ばれている】群を設計するという形で、知り合っていたからだと、推察しています。

 ところで、その玄関度を開けるのに、ぴったりの、タイミングを計って行い、その警察の協力者ですと言う看板が見える様にする形が、二度も続きました。それが一度でも、前田家の関与が判るのですが、二度も続けば、しっかりとそれを書いてもいいでしょう。

 私がお隣の玄関の中を見ることができるのは、二階にある主人の寝室の窓を開けて下屋根へ、上った時だけです。主人の寝室の窓は、北側に向いています。以前は、そこに大きなモミジが生えていて、他者からは、私が下屋根へ上っていることは見えなかったと、思います。2016年に大金をかけて、それを伐採したので、私が下屋根へ上るのは、北側からは、良く見えるのです。なお、マンション住まいの方に向けて言うと、下屋根とは、一階は、建物があるが、二階には、建物がない部分で、そこへは、二階の窓を伝って、出ていくことができる部分を言います。傾斜は、ありますが、一種のベランダとしても使える部分です。

 ところで、何故下屋根へ上がるかと言うと、その場所が日当たりがいいので、花や野菜がよく育つからです。で、そこが誰からよく見えるかと言うと渡辺賢司宅と、前田家から見えるのです。しかし、至近距離にある小野寺夫人宅からは見えません。設計上、そちらが壁を、作っているので、そちらからは、見えないのです。渡辺賢司・みか夫妻が、小野寺さんから頼まれて、我が家を監視して居て、私が下屋根へ上った途端に小野寺さんに、電話で知らせますか? それもあるかもしれないし、将来は、そうなるかもしれませんが、今の処は前田家の方が、割合として、大きくも、その役目を果たしていると、考えております。

~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『前田家は、市や、八幡宮やら、県に対して、力を持っていて、私をいじめるチャンスがあれば、それを使ってやろうと構えていて、すぐチクるのだった。それが、24時間監視をされて居ると、私が言う一例となっている』

 前田家が、私を監視していると感じているのは、これで、三回目です。駒澤大学の教授と、國學院大學の講師であり、将来、明治大学の教授に、娘をさせて行こう(または、すでになっているかな?)としている一家が、スパイもどきの事をやっているとは、驚き至極ですが、これが、三度目です。一度目は、2015年だったかな、大雪が二月に降って、八幡宮様所有の木の枝が折れたのです。

 一応主人が、八幡宮様に、それを、お知らせをしました。ところが放っておかれたのです。すると東の窓から、茶色の葉っぱが見えるわけで、「汚いねえ」と、成るわけです。でも、二か月以上放っておかれました。しかし、私が何かを書いたのです。それを書かれると八幡宮様は『痛いなあ』と、思わざるを得ない事でしょう。で、鎌倉エージェントが、「枝払いに行った方が良いですよ。そうしないとそれ以上の事を書かれてしまいますよ」と、八幡宮様に言ったのだと、思います。それ以前の、放っておかれた時期も、「あの一家の、言う事は、聞いてやらないでください」と、鎌倉エージェントに頼まれていたのだと、思います。彼らは、我が家の室内の夫婦の会話を盗聴していますので、その茶色に枯れた木が、夫婦間で、問題になっているからこそ、「放っておいてやれ、それで、苦しめよ」と、思って居たのでしょう。

 ところで、その木は、如何にも我が家が、切っているように聞こえる音で、業者が伐採をしました。その時、二つ、超がつくほどに面白い事があったのです。まず、安野夫人が業者さんに向かって、「どうして川崎さんの家の、日当たりが良くなる様にしてあげているのに、我が家は、やってもらえないのですか?」と、質問をしたそうです。あのね、その時の枝払いをしても、我が家の日あたりは、まったく、よくなりません。東北の位置にあるので、日あたりには、関係がないのです。むしろ安野家にとっては、南南西に当たる方向にあるので、そちらの日あたりが良くなるだけです。

 その上、安野家と言うのは、それよりも数年前に、鎌倉市のお金と、八幡宮様のお金を使って、枝払いを、一週間かけてやってもらっていて、日あたりが、抜群によくなっているのです。

安野家のために、鶴岡八幡宮さまが、伐採した枝。危険ボクデモ何でもなかった

 あれって、合計500万円は、掛かっていると、思われますよ。しかし、税金を個人のお宅のために使うわけにはいかないでしょう。ですから、理由は、鎌倉防災無線の、通りがよくなる様にと言う事で、その工事が行われたのです。それをすでにやってもらっているのに、人の家からチェーンソーの騒音が聞こえると、すぐ、疑って、「あそこの家が、やってもらっているのに、こっちがやってもらえないのは何故ですか?」と質問をしてくるのです。彼女は、ものすごいレベルで、強欲な人なのです。だから、お子さんが三人もあるご夫婦の中に割り込んで行って略奪婚ができる人なのです。

 そして、我が家の木を切る方が、防災無線の通りがよくなるという話は、【山間の煙】と言うエッセイで書いて居るので、それは、この章の、後の方に出てくる井上さんと言うお宅が関係している話であって、今般の小野寺夫人の、最大級のいじめとも関連してきます。

 また、山間の煙と言うエッセイに書いた、鶯吟邸の前の持ち主の、たき火とそれから発生するすすの話から、たいへんないじめが、二回も起きるのです。その二回目が、起きたのが、2016年の四月でした。

 主人が重病で倒れて、もしかしたら、引っ越しをするかもしれないという事で、木のごみを燃やしていた頃に、小野寺夫人から怒鳴り込まれて、「今は、県が、条例を作って、たき火をしてはいけないことになっていますよ。これ以上燃やしたら、警察に訴えます」と、言った話と、つながって行きます。読者の皆様には、今の処、まだ、はっきりとわからないことは、いっぱいあると思いますが、後で、リンク先を見つけると言う事で、ここは、これ以上の詳述をしないで、先に進ませてくださいませ。

  二つ面白い話があると、言いました。もう一つは、市の役人が、私を叱るために飛んできたのです。この時も神様が助けてくださいました。私はその時、石段の途中を歩いていたのです。すると、下から派手な格子模様のシャツを着た男が血相を変えて上がって来て、「川崎さんっていう、うちがありますか?」と、言うのですよ。私は彼の言動から、誰かが、私の悪口を言ったので、その男性が、私を責めたり、叱ったりするためにやって来たとは分かったので、自分が川崎さん本人であるとは言わないで、「何があったのですか?」と質問をしたのです。

 すると相手は、「ここは風致地区で、木を勝手に切ってはいけないのに、川崎さんが、木を勝手に切っていると、言うお知らせがあったのです」と言うのです。「じゃあ、あなたは市役所の方?」と質問をすると、相手は「そうです」と言いました。そして、自分の所属している部署も言いました。名前も言いましたが、今の私はそれを忘れています。

 で、私がおもむろに、「私が川崎ですが、私が依頼した工事ではないのですよ。八幡宮様の敷地内にある木が、枝折れをしたのですが、何か、倒壊の危険性があるという事で、根元からお切りになったのですけれど」と言いました。我が家は、八幡宮様の地境地主ですが、

その木は、我が家から見るのでないと、枝折れ部分は見えないので、業者さんが、わが家内に入って、いろいろチェックしました。

 ここで、初稿を書いてから、二日目の28日に我が家の全貌が映っている写真を一枚置きます。手前のお宅の屋根にアンテナ状のものが見えますね。その奥に、ある白い壁の家が我が家です。アンテナの先に、ぼそぼそとして枝の樹木が見えます。それは、きんもくせいですが、その奥に左右に緩い角度で、広がった、小さな屋根があります。そこに上がると、小野寺邸のお玄関が丸見えに見える場所です。そして、この写真を撮った場所が、まさしく、前田家の前の道路で、しかも、前田家は、私が立っている位置よりもさらに、6メートルは上がる場所に一階があり、二階など、さらに、3メールとは上がるのですから、我が家は丸見えに見えるわけです。

 また、我が家は、まるで巨大なブロッコリーみたいな樹木に囲まれていますが、これは、タブシイと言う常緑樹です。我が家の向かって、左側が、東に当たり、これらのタブシイは、すべて、そちら側の地主である、鶴岡八幡宮様のモノであり、この文章を書いて居る最中に、一本が、倒壊の危機にあったのでした。それは、二月に、雪の重みで、枝折れをしたまま、数か月放っておかれたので、一部が、腐り始めていたのでしょうか? ともかく、チェーンソーの音は、1時間以上、響いていたと、記憶しています。

 だから、前田家が、音だけ聞いて、誤解をして、私が悪い事をしているという告げ口を、市役所に対してやったわけです。安野家は、業者さんと話し合っていて、この工事が、鶴岡八幡宮様の注文で行われていることは、知っているので、まさか、市へ、風致地区を問題にして、告げ口をするはずもないです。で、柘植口をした調本人は、前田家であると、私は、確信をしています。と言う挿入を入れて、初稿の、文章に戻ります。今、私は石段の途中で、そのすっ飛んで来た、派手な格子模様のシャツを着た青年と話し合っている最中です。

 私は、その吏員に向かって、「誰がそういう電話を掛けたのですか?」と、質問をしました。が、さすがに、へまをしたという事が判って来たのか、彼は、最後まで、口を割りませんでした。そして、謝罪もしませんでした。すごいです。一種の誣告罪に当たるのに謝罪もしません。鎌倉市の職員の教育ってどうなっているのだろう? 松尾崇市長の父親って、視察旅行先の中国で、買春をしたという事で有名な人ですよね。だから、職員も、全員、『道徳なんて、どうでもいいのさ』と、思って居るのかしら。

 特に前田祝一氏は、この山の途中で立ちションベンもするそうですから、時によって風致地区と言う大ダンビラを振りかざし、時によっては、風致地区を足蹴にして、おしっこを振りかけるのです。そういう男なのです。本当にちんけです。やることなすこと、すべて、滑稽で、ちんけです。夫婦そろっておっちょこちょいです。いつか、前田祝一一家と言う文章を立ち上げて、過去のリンク先を集約しておきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『29日の午前零時に加筆した事・・・・・小野寺夫人が前田氏の事を急に前田先生と、呼び始めたので、わざと、駒澤大学の名前を出した。小野寺夫人の軽さと悪辣さを際立たせるためだ。どうして、そういうことをするかと言うと、私の私道部分に対する、30年以上にわたる多大な被害に対して、証拠隠滅を図ろうとしていて、それを成功させるためだから。ここに書いて居ることは、好き嫌いの感情の問題ではない。極めて大きな政治的な課題だからだ』

 実は、この章は、起承転結が完成しておりません。別の言葉で言うと因果関係が完結しておりません。

 しかし、この一文を完結させることなど、容易な事ではなくて、28日の夜じゅうにできるわけもないと、思い到りました。私は壮大なミステリーを解きつつあるのですから、一章だけが途中でも、お許しをいただきたいと、思います。新聞連載小説だと、思っていただければ、是でも、面白みは十分にあると、信じています。

 これから先、まず、小野寺夫人と、前田祝一・清子夫妻の結託を語らないといけません。最近、小野寺夫人は、前田祝一氏の事を急に、前田先生と、私の目の前で、呼び始めました。それは、急に町内会費を、500円から、1000円に値上げした事とか、街灯の電気代を、全額、鎌倉市が払ってくれている事とか、すべてを絡めて、私の土地に関する30年以上に及ぶ被害の、証拠隠滅を図る方向での、言動だから、きわめて政治的な課題なのです。

 それを詳細に語って行く途中で、如何に現代日本が、無法地帯化しているかも語って行きましょう。それの好例として、上大岡で、88歳の暴走老人に、小学一年生が、轢き殺されたのだけれど、その暴走老人が無罪放免になった話に戻り、大久保忠春さんの、暴走老婦人に、轢き殺されたと、言われている死に対する疑問に入ります。

 そこら辺りで、ギャラリー山口のオーナーが殺された話に入るかもしれません。そして、笹井芳樹氏も他殺だと、信じている私は、また、三輪喜久代さんに戻り、古村浩三君にも戻らないといけませんし。

 ともかく、小野寺夫人が前田祝一氏の事を先生と呼び始めたので、すべてを書き表す、手はずに入りました。東京圏の一戸建て、住宅街、もしくは、高級マンションの、近隣関係において、上下関係を作るなど、愚の骨頂なのです。それは、やがて息詰まるという事を知っているのが都会育ちの人間です。で、『さすが、苫小牧育ちの田舎者ですね』と、思い当たります。一時期武蔵小杉辺りに住んだそうですが、お子さんもないので、主婦として、他者から、鍛えられるチャンスがなかったのでしょう。

 つまり、「競争相手の少ない田舎で、勝ちました。エリートです」とふんぞり返っているのですが、野暮で、幼稚なのです。それは、秋田在住の長瀬いづみとか、高知出身の勝ち組、サイバラ理恵子などと、共通する、意識と行動です。

 小野寺夫人の場合は、東大卒ではあるので、自分が、頭がいいつもりになっているけれど、スケスケに裏が見えてしまう様な、方策を連発する女性です。彼女一人で、案出した事ではないでしょうが、その裏側も含めて、バカげた方策を、常に練ってきている連中です。だから、「トカゲの脳味噌の、持ち主だ」と、いつも彼らの事を、呼んでいます。

 私の方は何も致しません。どんちょうではないが、他者から見ると、どんちょうに見えるのではないかと、思って居ます。が、なにも動きません。いつも「野の花を見よ。天の鳥を見よ。彼らは紡がず、耕さず」という言葉を大切に思って居ます。しかし、私は手縫いの仕事は致しますし、園芸も致します。人間だからです。鳥でも花でもないからです。

 しかし、他者への、ひっかけも行わないし、罠も張らないし、先制攻撃は、無論のこと、致しません。復讐も致しません。しかし、防衛は致します。その方法は、唯一、起きていることを分析して、書き表すことです。小野寺夫人が、前田さんの事をこともあろうに、先生と呼ぶからこそ、ここで、立ちションべんの話を出したのです。

 彼女が駒沢大学を卒業した人間で、前田さんの講義を受けたのだったら、先生と呼んでもいいのです。しかし、見え透いた別の目的のもとで、それを発声するので、『ああ、サイザアマスか、それじゃあ、前田さんが、鶴岡八幡宮様の敷地と、50cmか、300cmの近さで、しかも、風致地区内で、立ちションべんをしていることを書きましょうねと、文案が浮かびます。自然現象は、常に、プラスとマイナスのイオン交換作用でできています。小野寺夫人が悪意をもって、前田先生と発言をする時には、彼らが真実狙っている証拠隠滅について語らないといけなくなり、それが、彼女が導き出した反作用と言うものです。からです。それが、人間として、天から私に許されている唯一の方法ですから。この山の住民で彼女ほど、ピントコ、ピントコ、動く女性は居ませんね。でも、動きが少ない人が馬鹿だとは、絶対に言えませんよ。動く方が、バカだという証明を、これから、語って行くつもりです。いい方向へ動くのなら、別に言上げする必要もないけれど、悪い方向へ、あれこれ、動くので、それを、分析して、神様への報告書として、書きとどめて置かないといけません。

 彼らは、恥を知らない人間の模様です。2013年5月26日(後注1)から、ずっと、同じことを繰り返しています。武士道も知らない人間である模様です。だから、また、新しく、今、小野寺夫人がやっていることを書かないといけません。

 賽の河原の伝説とか、シジフォウスの伝説と同じです。

 今般は、私がこの山では、紳士度が、相当に高い方であると、認めている井上さん【ペンネームとして、井上ではないものを使って、活動している有名な画家)】を、小野寺さんが、眼に見える形で、巻き込んでいるので、たき火に関する問題についても、相当に突っ込んだ書き方をしないといけませんね。そこから、やまゆり園事件にも入って行くこととなるでしょう。明日、そこまで、できるとも思いませんが、いつかは、それを、書き表します。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、4048297です。

  後注1、

前田祝一様、貴君に行動の自由があるのなら、私にも、その行為を記録する自由はあるでしょう?△  2013-06-11 15:31:49 | 政治

 それから、他にもいっぱいある中で、本日は、以下の二つを選んで、そのリンク先を書いておこう。

 

お隣の奥様には、10年もの間、手玉に取られてきた+整合性の有無について 2014-01-14 10:24:35 | 政治

 

税金と、役所を使って、自らの悪事を消して行く人たち(街灯のLED化+禁煙ファッショの生成)   2014-06-26 14:34:04 | Weblog


   2017年5月27日に初稿を書き、28日に加筆をする。雨宮舜(本名、川崎 千恵子)

コメント

京都で、日本酒専門のバーを経営している外人が、NHKに登場したが、その意見に感銘を受けた

2017-05-28 19:09:15 | 政治

副題1、『NHK Japanology plus で、京都で、日本酒のバーを開いている外人が登場したのだが?』

 私が非常に好きな番組があり、それを録画するのですが、本日の午前三時から録画されている、今週分は、とても、面白くて、30日の午前中は、テレビに引っ付いてそれを見ていました。全編英語なので、台所仕事をしながら、聞き流すわけにもいかなくて。

 その番組の詳細をNHKオンラインからコピペして置いてみます。

チャンネル[BS1]
2017年5月30日(火) 午前3:30~午前3:59(29分)

出演者ほか
【ゲスト】日本酒専門バー経営者…ヨラム・オフェル,【キャスター】ピーター・バラカン,【リポーター】マット・アルト,【語り】エマ・ハワード
詳細
古くから酒造りが盛んな地域として知られる京都で、日本酒を専門に扱うバーを立ち上げたイスラエル人ヨラム・オフェルさん。およそ70種類の日本酒から客の好みの味を選び抜いてくれる。またヨラムさんは、家の棚に400本近くの日本酒を保管。これは酒を熟成させることで、独特な古酒の旨(うま)さをつくるため。独自の観点で日本人すら気づかなかった日本酒の魅力を引き出す、ヨラム・オフェルさんを紹介。
~~~~~~~~~~~~~~
ところで、この番組の何に惹かれたかと言うと、質問も、内容が濃かったのですが、答えも、しみじみとしていて、そこが素晴らしかったのです。たとえば「京都って、新参者が住むのには、難しい場所だと、よく言われますが、そこはどうだったのですか?」という質問に対して、「よく、<知らぬが仏(ここだけは日本語であった)>と言うでしょう。ですから、僕にとっては、問題がなかったのですよ(二人とも笑う)」とか。そして、このブログのために、最重要だと、感じたのは、最後のやりとりでした。
 ピーターバラカンさんが、「これは、出演者、すべてに聞いている質問ですが、あなたにとって、日本とは何ですか?」と言うと、ヨラム・オフェルさんの方が、
「僕にとって、は、許してくれる(allowed) 国です」と答えました。「こういう生き方ができる場所は、世界中、ここ、日本以外にはありません」と、答えました。
 それ以前に、「ずいぶんストイックな生き方(商売の仕方を指す。大げさにしていない。研究部分への投資が、莫大であろうに、もうけ主義でもない様に見える)をしていますが?」という質問に対するヨラムさん側の答えが、あった上で、「スケールが小さい方が良い」という話に入って行くのです。・・・・・小さな世界の方が、自由がある・・・・・という話に入って行きます。ここが、感銘を受けた処であり、本日のブログの主役である、井上さんとか、その他の、ここの、登場人物にも当てはまる話となるのです。
 また、私がこのブログに、大衆的な知名度のない人を、固有名詞付きで語っていることへの、弁証ともなるのです。私がここ、鎌倉雪ノ下について語る時も、銀座の画廊街について語るときも、前田祝一さんにしろ、小野寺夫人にしろ、栗田玲子さんにしろ、中島三枝子さんにしろ、大衆的知名度はありません。島田章三さん(国画会の御大)だって、大衆は、その名前を知らないでしょう。島田章三さんに関しては、私は、批判的な側の人物となりますが、ともかく、批判する対象だとしても、ここに登場するのは、相当な人なのです。その世界での、一流人です。
 しかし、話として、スケールは小さいですね。・・・・・北野武監督が、フランスの勲章を受けたのに関して書いて居る文章・・・・・というわけではないですから。それは、認めます。が、まったく、気にして居ません。
 小さい事の良さという意味で、似た話が出てきたので、その番組に、感銘を受けたというわけです。
 
なお、この後で、大量に書き始めておりました。が、どうも、今夜中に完成しそうもないので、別の日に再度アップするという事で、本日は、この章だけ、公開するという事で、お許しくださいませ。

なお、このブログの、2010年より、数え始めた延べ訪問回数は、405401です。

  2017年、5月30日これを書く。ただし、アップの日付は、28日へと、変更をさせてくださいませ。雨宮舜 (本名、川崎 千恵子)

コメント

横浜国立大学は、どうして、元ゴルフ場と言う、通学が、超・不便な場所に、移転をさせられたのか?

2017-05-26 22:40:04 | 政治

 この一文は、私が、今書いて居る、ミステリー小説の、一章のその中から、独立させたものです。この部分の前後に、いろいろ、書いて居て、それで、文脈上、この件を説明する必要が出て来て、書きました。で、主たるフォーカスが、ここに当たっていないので、傍証づけ等が、足りない文章ではあります。

 で、横浜国立大学と言うキーワードに惹かれて、この章をお読みになる方には、ご不便をおかけしますが、カレンダーの日付をご覧いただき、この前の、章を、10章ぐらい選んでお読みいただくと、いろいろ、ご理解が深くなるやも、知れずと、勝手ながら、おもっております。

副題5ーA、『横浜国立大学は、保土が谷区の奥と言う交通不便な地に、押し込められてしまった。統合キャンパスを作るという名目でだ。最近は地下鉄が、近所を通る事となったが、それまでは、ずっと、バスしかなかったのだ。今、改めて、地図を検索すると、その地下鉄によっても、また、相鉄線を使っても徒歩なら、30分は掛かる場所である。ICUも似た様な位置にある。それで、上智に負けてしまった。ただし、ICUの方は、キャンパス内は、非常に美しい。以前より敷地は狭くなったが、私の通学していた頃など、全学で、1000人強程度の学生なのに、五万坪の敷地を誇っていたのだ。そして、建物類も、昔も、今も、お金のかかっているものが多いし。一方の横浜国立大学だけど、国家が、国立大学にそれほど、お金を掛けるはずがないので、ICUが持っている地の利の悪さを、逆利用した天国性は、無いだろう。と、成ると、これは、死ねと言うに等しい悪意ある措置だ。どうして、関係者(卒業生の中の有力者)は、反対をしなかったのだろう。残念だ。

 同じ横浜市内の大学として、神奈川大学も最寄り駅の、白楽から、相当に歩くらしいのだが、今度みなとみらい地区に移転をするそうだ。それは、賢い。ぼやぼやすると、人気の面で、横浜国立大学を抜くかもしれない。

 この移転は、多分、瀬島龍三が、画策した事であって、神奈川県立近代美術館を、鶴岡八幡宮境内から、葉山の、旧、高松宮様の別荘跡地へ、移動をさせたのも、その同じ趣旨の一つだろう。

 これは、アルバイトをする事を好む、現代の学生にとって、その大学の人気がなくなる理由の一つとなる。刑事が変装した女性であり、ファンを名乗る安藤てる子さんがそれを言ったのか? 別の女性である、同じく、ファンを名乗る女性がそれを、言ったのか? 発言者についての詳細は、忘れてしまったが、二人のうちのどちらかが、「横浜国立大学は、明治大学より下だ。人気も偏差値も下だ」と、言ったのだ。非常に驚いた。

 確かに明治大学は、経営の方向性が正しい。明治大学は、お茶の水に高層ビルをたてた。郊外に散らばっていた各学部を集約した。学生は、都心を好むのだ。明治大学の在るお茶の水は、地下鉄丸の内線を利用すると、池袋、渋谷、表参道(赤坂見附で、銀座線に乗り換えると可能)、銀座まで、自由自在にいかれる。黄色い総武線を利用すると、秋葉原にも、2分とかからないで、行かれる。赤い中央線を利用すれば、新宿まで、15分もかからない。上智大学よりも、便利かもしれない。と、成ると、現代日本最高の、交通の便のいい大学となる。で、学生の人気が高い。それは、認める。

 しかし、1960年代の、横浜国立大学の、人気と、偏差値の高さと言ったら、無かった。東大との、併願校だったのだ。医学部はなかったけれど、千葉大よりも上だったという感覚がある。 

 特に夜間部もあった。国立大学で夜間部があるのは、ここだけではなかっただろうか? 今、どうなっているのか知らないが、京浜急行【弘明寺】駅もよりに、工学部があって、私の主人など、昼間の学部の学生として、応用化学科を出たのだが、子供が生まれてから、この弘明寺の、機械工学科に、学士入学生として、通い、そちらも卒業をしている。どうしてそういう事が可能だったかと言うと、日産自動車の研究所が、同じ京急の、【追浜】にあり、私達夫婦は当時はJR横浜線【鴨居駅】もよりに住んでいたからだ。だから、主人は、二分野に精通している。ので、日産自動車、研究所所員として、酸化窒素ガスの除去装置を開発した。 日本の空気がきれいなのは、主人のお陰なのですよ。(悲哀をもって、これを語るけれど、それは真実です)

 その弘明寺の、工学部跡地なのだけれど、今は付属中学が使っているそうだ。一度も行ったことがないが、以前は、横浜本牧の、立野地域の丘の上にあった、あのどっしりとした校舎は、すでに、跡形もないそうだ。残念至極だ。

 私は以前は、こう考えていた。連合赤軍事件があった。永田洋子が、ある女性の腹を掻っ捌いて、殺した。その女性が、妊娠したことに嫉妬して、その腹を掻っ捌いて、赤ちゃんも、殺した。などと報道をされて居る。そういう事件があった。その時に、妊娠の相手は、父親が一部上場企業の重役をしているおぼちゃま育ちの学生で、多分、横浜国立大学の在学生だったと、記憶している。で、学生運動が盛んだったので、それを抑圧するために、不便な所へ移転をさせたのだと、推察していた。しかし、その後、近代美術館が、八幡宮から葉山に移転をされてしまった経緯などを見ていると、この横浜国立大学の移転は、私達夫婦が、エリートではないのだと言う事にするための、遠大な、計画だったと、思われて来る。つまり、瀬島龍三一派の仕業だったのだ。

  なお、この文章は、実際には、27日の夜に書き、独立させてアップするのは29日の深夜なのですが、これが、隠れてしまうことを恐れて、27日の日付に治させていただきたいと、存じます。壱日に当たり、壱章を当てないと文章が隠れてしまうからです。あしからず、ご了承をいただきたく、・・・・・

コメント

上大岡で、小1男子をひき殺した88歳暴走老人が無罪放免されたのは、日本が無法地帯と、化した事を象徴している

2017-05-25 20:34:52 | 政治

 この一文は、29日の、夜10時半まで、国会図書館もCIAの私兵なのですなあ!?!?!・・・・・雪の下黒物語ー4としておりました。しかし、一章の中に、あまりにも多くの事を詰め込み過ぎていました。それで、分離して行きます。で、最初の章は、 

副題1、『この章を書き始めるにあたって、お断りをしたい事』

 前報が、完成して居ません。テリー(純粋な日本人だが、AFS留学中にアメリカで、ついた呼び名である。それを、帰国後も使っていた女性)について、書き終えておりません。そして、ベーカーさんについても書き終えておらず、古村浩三君に関しては、まだ、40%も、書いて居ないのです。過去リンクがたくさんあっても、まだ、駄目なのです。私は、一気に最大規模の真実を語る類の人間ではないので、50%も、語っていないのです。

 しかし、今般だけは、最後までと、決意していたものの、ご近所様の挑発(西隣の小野寺夫人が、4個か、5個の、嫌がらせ行為を、前田氏と、結託して行ってきたと、感じている)と、ニュースのあれこれを、又もや無視できない状況になりました。雪の下ご近所様については、本日は、脇にどけて置いて、NHKニュースについて、見逃せないものを、取り上げましょう。それらの中で、豊洲の移転と、築地の汚染については、一家言ありますが、私が何かを言うと、必ず、その反対方向へ、事が動きますので、最終的な判断が出るまで、何も言わず、出た後で、多大に語ろうと、決意をしております。それに、「これに乗れよ。早くこれについて、書けよ」と、陰から言われている様な気もします。以前なら、福島第一関連のニュースが、そういう役目を持って、頻繁に、表出しましたが、今は豊洲問題が、その種の役目を担ってNHKに登場します。だからこそ、豊洲移転問題については、発言をいたしません。

 しかし、『これだけは、見逃せないなあ』と、言うニュースが出てきました。それで、そちらに、筆先を移動させたいと、思います。テリーほかについては、また、語る機会も出てくると、信じていますので。

 珍しいニュースです。昨今、影が薄くなっている官僚様が、毅然として、真実を述べました。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『文部科学省の、前・事務次官の、「確かに、見ました」発言は、近頃珍しい、種類のものだった。もしかしたら、ひっかけかもしれないと、思い、二日程度、無視したのだが、一応、NHKが言う通りであると、仮定して、それを正の方向として、このニュースをとらえてみることに、してみよう。せっかくしっかりしていた日本の官僚が、ずたずたぼろぼろにされて居て、それで、日本は、しっかり感がない、暗黒時代に陥っていると、私は、考えているが、あのニュースが報道通りだったとしたら、久しぶりに、気骨ある官僚が登場したと、思って居る』

 1980年代の、日本人は、こういう風に考えていたのですよ。『永田町は、駄目だ。だけど、霞が関がしっかりしていて、粛々と、事を行っているので、現代日本は、しっかりとしていて、大丈夫だし、安全だ』と。

 しかし、ここ数年、まったく変わってしまいました。鎌倉エージェントと、私が呼ぶ、CIAの意向(=アメリカの大富豪様の意向)を、反映して、国民を洗脳して行く特権階級と、そのお眼鏡にかなった、周辺の人以外は、まったく安全ではないのです。

 この前、横浜市・上大岡で、小学一年生のかわいい坊やが、暴走老人に、轢き殺されました。その88歳の老人は、すこぶるしたたかな、CIAエージェントの筈です。しかし、インテリではなくて、ブルーカラーとして、機能をしている存在なので、元、敏腕の刑事だったかもしれません。

 これは、大久保忠春さんと言う現代アート系の作家が、九州で、暴走老婦人に轢き殺されたのだと、言う事を最近知った、私が、調査を始めたので、似ている事件を起こして、そして、その犯人を不問に付すという形で、私の調査・意欲をそごうとする事件でしょう。

 調査をすると言っても、私は事情を知っている人に電話をするだけです。で、味方かもしれない段階の友人にはできるだけ、電話をしないことと決めているので、はっきりと敵側に立っていると、感じる人物にしか電話をしません。

~~~~~~~~~~~~~

副題3、『大久保忠春さんの死について、山口千里さんと、高田弘子さんに電話をした。それで、いろいろと、判ったことがある』

 山口千里さんは、東京で、暮らしています。国画会で、活躍し、デパート等でも個展をする段階ですから、非常に忙しいでしょうに、有給の秘書として、野見山暁次さんに仕えています。

 高田弘子さんについては、今までは、あまり、詳細な説明を加えてきていません。横浜国立大学付属中学時代の友人で、たった、100人しかいないあの学校で、三年時も、同級生だった存在です。弘子さんのご母堂は、郵船勤務だった父君を、潜在意識の中で、『残念だった。もっと、格の高い男性と、結婚できたはずなのに』と、思って居た可能性が非常に強いです。是ですが、今の人間だと「それは、仕方がないでしょう。あなたが選んだのだから」と、言うことになると思いますが、戦前は自由恋愛は、無い時代でした。その上、戦争を、予期して居たあの時代は、男性不足だったのです。戦死する覚悟のある男性は、結婚をしなかった可能性がありますし。その上、戦後、急に女性の地位開放が叫ばれ、今までの結婚相手を捨てる女性もいっぱい出て来た時代も経ているのです。だから、高田弘子さのご母堂の、のぞみなんて、貞淑そのものと言ってもよい望みでしょう。

 でも、今、それが、判るのではなくて、子供心にそれが、既にわかりましたよ。弘子さんは、子供時代には、電車に乗って、わざわざ、日吉の、我が家にも遊びに、来ていただいているし、私も弘子さんの保土ヶ谷の家に招かれているので、こういうことは書きたくないのですが、私の最近の被害が、あまりに、ひどくて、それは、CIAと、明瞭に関係があると、思うので、ここまで書きます。弘子さんと言う女性は、AFS留学時代に、アメリカのホストファミリーがユダヤ系の大富豪だったので、その援助で、大学もアメリカの一流大学を卒業しています。それは、長らく、クローズアップ現代の司会をしていた、国谷裕子さんと同じ大学、ブラウン大学です。そして、私の多大な被害の、一部が、弘子さん発だと、思われる点があり、それゆえに、今の私は、辛口の語り方で、弘子さんを説明し始めます。

 私は、私の両親も、周辺から、真綿で、くるむようにして、子供を、自分たちの理想通りの、姿へ導いた、存在なので、親子関係って、非常によくわかるのです。

 で、一種のステージママとして、子供である弘子さんで、その母自身の夢を実現しようとしました。で、弘子さんを、プリンセス、の立場に挙げていくことに、奔走をした人です。横浜の有名な私学として、フェリス女学院と言うのがあります。

 ここから、先は、大久保さんから、しばし離れて、高田弘子さんについて、語らせてくださいませ。

 フェリス女学院は、中学時で、新入生を公募するので、高校での編入はほとんどありません。公募としては、登用ゼロの筈です。ところが、弘子さんは、フェリス女学院高校へ、進学しました。『あれっ』て言って、驚いたお嬢様は、他にもいっぱいいると、思います。ご両親がどういう運動をなさったのかは、知りませんが、頭脳レベルでも、父親の社会的な立場においても、弘子さんより上の、お嬢様は、いっぱい、いたので、『えっ、そんな道があったの? それなら、私も、〇〇高校ではなくて、フェリスへ、進学したかったわ』と内心で思ったお嬢様は、他にもいるでしょう。1950年代当時の、横浜国立大学付属中学って、横浜随一のエリート校だったからです。お家柄の良いお嬢様ばかり存在していたのですよ。

 ただ、弘子さん一家は、要領としては、超がつくほど、良かったけれど、フェリスさんは、国立ではないので、そこに転入したことは、悪でもないし、罪でもないです。

 ただね。抜け駆けで、ご自分一人、光が当たるのが、好きだと、言う点で、・・・・・それが、彼女一人の意志で、そうなっているのではない。母親からの、遠隔操作なのだ・・・・・と、判っていても、『あの態度は、普通ではない。威張りすぎ』と、思う、同級生は多くて、女の子には、嫌われて居て、それが、あだ名に現れていました。弘子さんは、色が白くて、背が低くて、足が、太かったので、その足が大根に、似ているという事で、「ダイコン」と、終始、呼ばれていたのです。

 その後、ブラウン大学に進学しているからこそ、日本人の、優秀な男性との出会いがないと、思った母君は、弘子さんが、帰国するたびに、横浜国立大学付属中学時代の、中で、東大に、進学した男子学生を招いては、ホームパーティを行ったと、聞いている。お婿さん候補探しだ。今の言葉で言う合コンだけれど、女性は、彼女一人だけである。後は、彼女のナイト役をする、東大在学中の、元同級生ばかりなのだ。ただ、横浜国立大学付属中学って、その一割が、東大へ、進学したので、花婿候補は、たくさんいた。しかし、弘子さんは、それらの男性ではなくて、

 高田忠道君と言う元、同期生を選んだ。

~~~~~~~~~~~~~

副題4、『弘子さんが、東大卒の男子ではなくて高田忠道君を選んだのは、母君からの独立を宣言したこととなるので、偉いと、思う。しかし、高田君は、弘子さんと結婚しても、心の安定は得られなかったと、私は、推察している。彼は、ずっと、台湾に行きっぱなしだったから。・・・・・ここで、一つ言って置かないといけないことは、私は、この30年間余り、陰で弘子さんから、いじめられていると感じている。面と向かっても、失礼なことをされて居る。それが、裏(=瀬島龍三か?、成岡庸司君か?、時田史郎君か?)からの情報で、そうなっていると、推察して居て、それゆえに、弘子さんが、重要な、CIAエージェントに、20代のころから、すでに、なっていると、感じている。【刀剣乱舞】と言うゲームが大流行なのも、日本刀剣協会の事務方トップである弘子さんに多大な収入が入る様に、手配する為だと、私は考えている』

 弘子さんは、遺伝子的に言えば、理想の結婚をしたと、思います。それがどうして、そう言えるかと言うと、お孫さんがたが、ともかく、きれいで、かわいいです。外人の血は入っていないと、思いますが、絵本の中に出て来る、お姫様とか、王子様みたいにかわいいです。もしかすると高田君の先祖に、フランス人(お雇い外国人などとして来日した?)の血でも入っているのかな? それにしても、八分の一以下で、ほとんど、純粋に日本人だと、推察されるのに、美と言う意味では、理想的なお顔立ちのお子様方です。

 高田忠道君は、東大卒ではなくて、横浜国立大学の卒業生です。応用化学科卒です。そして、何と、私の主人と同級生(?)か、何かなのです。が、ほとんど、大学へ来なかったと、聞いています。どうしてかと言うと、それほど、弘子さんとの恋愛が大変だったのだと、私は推察しています。高田君は、当時は、良家の、子女だと、特に国立大学進学者だと、学費が安いので、それを、する事が珍しいアルバイト(特に肉体労働)でもして、アメリカからの輸入車でも、買って乗り回して、いたのではないかな? それも「塗装が剥げ掛かっていて、ぼこぼこです」と言うレベルではなくて、ピカピカのキャデラックだったりして。だから、その購入費も維持費も高くて、アルバイトに忙しかったと、推察しています。で、大学にはほとんど、来なかったのです。

 それが、大久保忠春さんの消息を高田弘子さんに、2016年に、質問をした所以になります。大久保忠春さんもアメリカの崇拝者でしたから。ただし、アメ車を好きと言うよりも、ジェームスディーンが主役を張る、【ジャイアンツ】などの、映画を好きだったのですが。で、夫である忠道君と、大久保君の間に、交流があるのではないかと、思って、電話を掛けたわけです。この件に関しては、後ほど書きます。山口千里さんも含めて、後ほど語ります。

~~~~~~~~~~~~~

  この文章に関しては、後で、たくさんのリンク先を見つけて、付記します。そして、この一時だけで、完結する様に、トライします。お待ちいただきたく、存じます。

 また、この文章を書き始めたのは、2017年の5月27日の夜なのですが、ブログを整理する際、各章が、どれも隠れず、すべてが、表に出るために、25日にアップした事にさせていただきたいと、存じます。

コメント

松岡佑子さんがTVに登場したので、急拠、片山祐輔君が犠牲になった、なりすまし疑惑について、書かないと成らなくなった

2017-05-24 21:09:16 | 政治

 これは、23日から、26日にかけて、ほぼ、4日間強、公開していた文章が、3万字を超えそうなので、分割をし始めた、その第二部ですが、是だけで、独立させられるはずです。今から、その作業に取り組みます。 なお、総タイトルに入っている松岡佑子さんと言う方は、静山社の社長で、ハリーポッターの翻訳者でもある女性です。Publisher's Dreamの体現者と言われている存在です。

副題1、『ここで、夜(23日の事)に入って急に気が付いたのだが、・・・・・ハリーポッターの裏話が、報道をされたので、・・・・・そのせいで、ちょっと、テーマが脇にずれてしまうが、お許しいただきたい。つまり、ICU卒業生の中の、勝ち組と、思しき連中から、「お前は、負け組だよ」と、テレビの教養番組を通じて、言われ続けている段階なので、それを分析しないといけなくなった

 うーむ。ハリーッポッターの裏話が、9時から、BSプレミアムで、始まってしまったので、ちょっと、調子がくるっているところです。

 で、郵貯やら、計画停電と言う話題から、全く離れた、話題に入ります。ところで、その番組は、夜の九時からNHKのBSプレミアムと言う番組で、始まりました。私は、録画するべき番組を決めていて、毎週録画しますので、それ以外は、新聞の、テレビラジオ欄を観ません。それで、本日の【アナザーストーリー】のテーマが、ハリーポッターであることを知りませんでした。

 しかし、それは、急きょですが、時間を掛けて、最初から終わりまで、見ましたよ。と言うのも、ハリーポッターの翻訳者であり、出版元の静山社の社長でもある、松岡佑子さんは、私にとってICUの同期生だからです。当時は、同期が、300名以下だったので、無論のこと、知っていますよ。で、それに触れないといけなくなりました。松岡さんは、卒業後は、同期の仲間には、あまり、入ってこない人(つまり、まめに同窓会に出席するというタイプではない)ですが、ICUの1966年卒の中で、語学科卒で、同時通訳者になった人の一人ですから、そのラインの別の人を通じて、私にも、松岡佑子さんの事は、耳に入っています。

 ICU卒業生の中でも、その当時は、その科卒の女性が、一番華やかだったのです。その中で、松岡さんは、比較的に地味に、動いた方ですね。まず、選んだご主人が、非常に真面目そうな人でしたから。ただ、キャンパスラブを成功させた事、かつ、上級生と結婚をしたという事は、その時点で、彼女が、賢い人であり、しかも、勝ち組の一人だということを示しています。

 一方で、私の方ですが、ICUに入学する前に知り合っていた、生涯で、始めて、お手紙を交換したボーイフレンドと結婚をしているので、キャンパス・ラブが、無くても、みじめだとは、思っておりませんよ。負けたとも、勝ったとも思っておりません。しかし、仕事と収入と言う面では、大いに負けています。松岡佑子さんにも、後ほど出て来る食野雅子さん(ターシャ・テューダー本の翻訳を一手に引き受けている)とか、冨紗子(某有名私学の中学と高校で、化学の教師を、長らくやって来た、修士号を、アメリカで、取った女性である。70代の日本女性としては、超がつくエリートである。しかし、登場する機会が少ないので、苗字は出さない)さんとか、テリー(AFSを経験後、国際基督教大学に入学する。卒業と同時に、同時通訳者となり、主に京都を舞台として、活躍する)とか、言う多彩な登場人物と、比較しても、立場も収入も低いでしょう。(苦笑)

 それから、この三人は、結婚を居ていて、お子さんもあります。事結婚に関して言えば、ICU卒だが、結婚相手を、選ぶのを充分に待っていて(と言うのは、23歳ぐらいまでは、軽い意味でも、重い意味でも、恋愛をしないでいて)相手を、お見合い等で、探して、東大卒の官僚とか外交官とか、お医者様を選んだ人もいますので、それはそれで、勝ち組と言えるでしょう。

 どうして普段の私らしくない話(=勝ち組だの負け組だの)を、始めて、居るかと言うと、石塚雅彦さんを中心とする、ICU卒業生の、一派から、『お前は、負け組なんだよ。だから、それを自覚して、早く、ノイローゼになってくれ』と、言われ続けているからです。

 ただねえ、いつもの私の文章を書くスタイルに戻って、宗教や心理学について、重きを置いて語れば、松岡佑子さんに申し上げたいことはあります。

・・・・・「今は、その人物が、あなたにとって、重要だとしても、ダン・シュレシンガー氏の画商をしているS氏(元ジュディオングのご主人であり、松岡さんや、私にとっては、ICUの下級生に当たる)は要領のよすぎる人だからねえ。何とも言えない気分に陥っていますよ。私は。あなたが、ものすごいレベルで、変化したことを、いぶかしんでもいるのです。誠実な女性として、社会へ奉仕する類の人から、大金を儲けてスイスに住み、節税対策へ取り組む方向へとレールを変えたことを、いささか、心配していますよ」・・・・・と、申しあげたいところです。S氏は、他人を動かす方の、プロデューサー的(=裏側)の人物なので、この番組の制作にも携わっていたかもしれませんが、番組の表面には出てこなかった人物です。

 ただし、今の私に言わせると、本人は、クリエートする人物ではなくて、創作をする人の労働・報酬の、上前を撥ねる人です。(苦笑) そこがねえ。ICU卒にしては、異色だなあと、思う点です。昔はね、「こういう人が夫だと、いいなあ」と、考えるタイプが、私だったし、それを文章化しています。ですが、私の方が、この10年間の弾圧を経て、ものすごく変わりました。ので、ここでは、松岡さんに対して、一種の警告を発していると、言う種類の人間へと、変化しています。

 10年以上前から、他の人から「あなたは、美術評論家ではなくて、宗教家を目指しているの?」と、言われたりしていたのですが、今なんて、まさしく、その通りなのです。

 この一文だって、また、最近シリーズで書いて居る、すべての文章が、痛い、痛い、苦しみの記録ですよね。だけど、宗教家としてなら、それは、修業の一つの過程だから、記録すべき、大切な事なのですよ。一種のヨブ記として、それが、大切な文章なのです。で、読者の人気を失おうが、どうしようが、それが、大切な事なのですから、苦境について、書き続けます。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『NHKBSプレミアムが、午前中に、再放送をする良質番組の中で、ターシャ・テューダーの特集があり、ゲストとして、食野(めしのと、読む)雅子さんが出てきた時から、それは、感じていたのだった・・・・・ところで、食野雅子さんを表舞台に挙げることは、古村浩三君を救う事に繋がる筈である。と言う目論見のもとに、食野さんは、NHKに登場したと考える。

 古村浩三君をどうして救わないといけないかと言うと、彼は、なりすましの方法で、私のパソコンに、異様な情報を入れ込み、また、パソコンのシステム破壊も繰り返したのだが、それが判ったのは、私の第一次フェイスブック時代である。2011年の深秋に、榊原節子さんの、頁を、彼が、私を威圧する為に、利用したらしいので、それが判ったのだ』

 今は、それが、ニュースとして再燃することが無いのですが、片山祐輔君と言う、ぶきっちょな、青年が、なりすまし疑惑問題で、罪に復した、事件がありました。あれは、徹底的に冤罪だったと、おもっております。片山祐輔君は、父君が、IBM勤務だったのかな? それから、弟さんも、IT関連の何かをしていて、一家中で、優秀みたいです。

 でね。スタップ細胞疑惑の小保方晴子さんと同じく、父君のラインから、「この案件を引き受けてください」と、依頼をされて、首を突っ込んだ、気の毒な犠牲者だと、見ています。小保方さんの方は、笹井さんの他殺(自殺ではないと、確信している)にまで結びついたし、ご本人も自己愛の人で、名誉ある立場に立ったことへ対して、陶酔しきっているので、同情がわかないのですが、片山祐輔君の方は、お気の毒だと、おもっております。(後注3へ)

 こちらの片山祐輔君の方は、最初期に、江ノ島の、野良猫の首に、マイクロSDカード(携帯用に使うもの?)が張り付けられていたと、言う部分から、すべて、嘘で、塗り固められた事件だったでしょう。猫の首に、実際に、張り付けられて居たは、居たでしょうが、どうして、それを、見つけらる事が可能でしたか? しかも、誰が見つけたのですか? 普通の事件だと、この種の目撃者には、マイクとカメラが殺到するものですが、記者連中は、誰もそれをしていませんね。 

 実情は、直前に、プロの、CIAエージェント(ブルーカラーとしてのそれだから、警察の特殊部隊がやった可能性が強い)が、猫の首に、それをつけて、その上で、その猫を捕縛して、メディアに、公開したのです。

 そしてねえ。テレビを中心とした大メディアは、判で押した様に、それを疑いもせず、報道をしたのでした。その他、河原に携帯を埋めたとか? 御茶ノ水女子大付属小学校に、誘拐を、ほのめかす、なりすましメールが入っていたが、事務局では気が付かなかったとか? それは、お茶大付属高校出身の私を、意識した、一種の嘘でしょう。と言うのも、そのなりすましメール全体が、或る別の目的で、作り上げられたものだからです。

~~~~~~~~~~~~

副題3、『古村浩三君とは、1960年代から、アメリカで、ITシステムの勉強をしている男性であり、私のたった23人しかいない、大学同級生であり、かつ、ロックフェラー4世と、寮で、同室であった可能性がある男性だ。私のパソコンにシステム破壊が起きる、場合、その、何割かは、彼が発案した、アプリ(またはソフト)と、彼が、更に簡略化したアイコン等で、他の人間が、同じことをできる様にした可能性がある。

 それが、判ったのが、片山祐輔君事件だった。彼は、気の毒に冤罪であろう。古村君を助けるために、仕立て上げられた、実質的には、無実の、人間なのだ。お気の毒である。しかし、古村君は、私が、こういう文章を書き始める以前から、傲慢の極みであり、失礼な態度を取り続けるので、割と、早くから、実名で、「私に対して、損害を与えて来ている」と、書き始めている。CIAエージェントとなると、特権が得られるので、それを持っていない、サークル以外の人間をゴミ扱いにするのだが、古村浩三君は、その手の人間の典型である。

@@@@@@ここが、26日に整理している最前線です。恐れ入りますが、これ以下の推敲と加筆は、あす27日にするという事でお許しをいただきたく。

 石川和子さんと言う、伊藤玄二郎の元愛人であると、自分で、言うし、彼の会社の名前をもらって、春秋窯と言う陶芸教室を開いていた、ご近所様も、まさに同じであった。安野智紗夫人も同じだし、前田清子さんも同じだし、後から引っ越して来た小野寺夫人も、同じである。・・・・・しかし、テリーだけは、微妙なのだ、テリーだけは、もしかすると、すこぶる上等な、訓練を経ている戦士かもしれない。一度も、失礼な思いに見舞われたことがない、親切な(?)同級生だ』

 片山祐輔君の、冤罪問題に戻ります。これは、徹底的に、嘘で固めた事件です。本当の目的は、私の文章を否定する為であって、こういう冤罪が作り上げられたからこそ、私が書いたことが正しかったと、思います。私が何を書いたのかと言うと、

・・・・・・私が、2011年の後半に、フェイスブック紙上で、毎晩、梅森伸一と言う画家に苦しめられたのだが、それは、梅森君を装って、なりすました人間が、苦しめてきたのかもしれず、それは、どうも、古村浩三君と言う、ICU時代の、同期であり、一年の時は、たった、23人しかいない同じクラスFに所属していた男性であろう・・・・・と、言っています。

 なぜ、古村浩三君が、そういうことをするのかについては、過去に散々書いて居ますので、後で、リンク先を見つけて、付記しておきます。(後注4)

 で、その後も、古村君は、様々な復讐をしてきています。私に真実を書かれたことを怒っているのでしょう。その復讐の一つが、同じクラスで一緒だった食野雅子さんを、BSプレミアムに載せ、

 本日、2017年5月23日は、松岡佑子(クラスは違うが、お金を儲けた割合として、突出している存在であり、派手なことは、この上ない人物)さんを、BSプレミアムに載せることなのです。

  古村君は、たった、23人しかいないクラスで一緒でしたが、その他に、英会話のクラスが午前中に三十分、午後にも三十分、あって、そこでは、たった18人しか在籍していない形で、一緒でした。ともかく、同じクラスの人間とか、同期の人間である私をさんざんに苦しめた可能性があるのですが、その古村君は、他の友人を、全部、自分の方の味方につけて、自分を正当なものであり、悪いところは、みじんもない人間だと、言う風にしております。彼は、ずっと、長期にわたって、クラス会の感じをしているので、私よりも圧倒的に有利なのです。

 しかし、もし、2011年以前に、大量に、起きて来た、パソコンの世界(特にアドビ関連)の異常も、古村浩三君がやっていたとしたら、<<<<<すさまじい悪を、同級生に対してなしている>>>>>ということになるので、博愛の精神に基づいている国際基督教大学の同期生としては、ありうべからざる、行動なのです。

 しかし、2011年、私が第一次フェイスブックをやっていた頃の、種々の破壊工作は、彼が行っていた可能性は強いです。たとえば、変換が、強烈に遅くなり、ブログを一万字程度書くのに、10時間もかかるとか、キャラクター(ここでは、表出される文字の事を指す)が、二重にダブって、画面上に現れる処置なども、同じく、彼が行っていた可能性があるのです。

 あれから、6年がたっていますので、あくどい状況は、こと私に関しては、もっと、ひどいことになっていて、全世界に、20人程度は、私が、今、現在、開いている液晶画面と全く同じものを見ることができる人物が、居るでしょう。彼らは、自分に都合の悪い事を書かれると、すぐさま、下書きの段階で、破壊をしてきます。彼らは、IT技術者としては、素人ですから、楽に破壊工作ができる様に、スタートメニュー等へアイコンを、入れる様にダウンロードする様に指導をして、各種のアイコンをクリックして、Aのアイコンだと、ポインターが異常に動いて、おかしなところに、飛んでしまい、文章が破壊されるとか、それから、Bのアイコンを押せば、一気に私が、この下書きボックス内で、書いたものを全選択にかけ、次のタイミングで、私が、エンターキーを押すと、全部が、削除されるという様なシステムを作り上げている筈です。

 この前など、それが、二度目の事として、前田家のケースで、証明をされました。

 『ペンキ塗りお当番と言う形で、私の苦しみに、塩を塗り込む様なことをして、自分たちが、盗んだ土地やら、無断で、破壊した崖の、マネーロンダリング、(あたかも、そんなことは、無かったかのごとき、押し付け)を全住民に対して、行った』と言う事を書いて居る最中に、パソコンが、異常な破壊を示しました。ので、私が想像している通りの、私が今、開いている液晶画面と、同じものを、開くことができるパソコンを、彼は持っている筈です。または、彼の家が持っていて、清子夫人が、実際の処置をしているのかもしれません。また、同じことが、数年前にも置きました。その日は、夏でしたが、朝の四時ごろ、ある家の猫ノエミちゃんは、春秋窯に預けっぱなしであって、したがって、春秋窯の主宰者、石川和子さんが、自分の猫を飼いたくないという発想に繋がった可能性がある・・・・・それで、私の猫に執着して、それが、警官を巻き込む大騒動を起こした・・・・・と書いている最中に突然に、パソコンが小破壊に見舞われたので、窓を開けてあの家(=前田家)を観たら、夏だったので、一階の窓が開いていて、午前四時でも電気がついていたのでで、で、その時のシステム破壊は、前田家側が、行ったのだろうと推察していますが、それが確認された夜でした。

 井上ひさし宅にも同じ仕組みが、持ち込まれているでしょう。と、書いたとたんに、先ほどにもまして、システム破壊が起きたので、この部分は、正しいと思います。井上ひさしは、他に真夜中のワンギリの電話をかけてきたり、ウンチョース(うんちが出る)ヘーガデール(屁が出る)などの、恐るべき下品な、筆者名で、しかも、下品な言葉づかいで、罵りの言葉を羅列して、コメントとして、送り込んでいる存在です。

 だから、私は、伊藤玄二郎が、今どういう風に考えているだろうと、推察する時は、必ず、この下品な言葉づかいで、彼等の思いを表現いたします。

  ここで、重要な加筆をしないといけないことに、先ほど、気が付きました。一週間前から、大騒動で、ハッキング騒動が、報道をされており、北朝鮮がなんとかかんとかと言っています。あれですが、私のブログで、書いて居ることがあたかも、私がバージョンアップをしていないので、そういう被害に遭っているのだと、読者に、五階をさせるために流されているニュースだと、思います。しかし、全然違うのですよ。

 たとえば、表紙(特にカバー)をアドビイラストレーターで作成するとします。縦書きの本の場合ですが、右側から100ミリを折り返し部分として、取ります。時間が有ったら、そこに著者の紹介とかを入れてもいいでしょう。次に、幅130ミリを、裏表紙として撮ります。そこにバーコードとかISBN番号を所定の一に、入れ込み、裏表紙用の、惹き句を配置します。

 この間に、開店を右へと命令したのに左へ回転したり、図柄の配置が、命令通り動かなかったりして、散々の苦労をします。その次に頁数にも紙の重さにもより、変化しますが、256頁の場合には、だいたい13ミリの、背表紙部分を入れます。その真ん中に、背表紙用の、フォント(文字)を入れないといけないのですが、これが、真ん中に入ってくれないという形で、散々の妨害を受けます。背表紙一つに一晩かかったこともあります。既に、見本版を入れれば、11種類の本を作っていますし、違うデザインでも作ろうとしたりしていますので、すさまじい労働を、込めます。自宅では、特に破壊がひどいので、ノマド生活で、外の貸しパソコンを使ったりしたので、めちゃくちゃに、お金がかかっています。アドビフォトショップと、イラストレーターが入っている貸パしソコンは、借り賃が高いのですよ。

 で、並装の4X6版の本の場合だと、横が130ミリの表紙を取って、そこに図柄を配置しようとしますが、そこでも邪魔をされて適切な位置に入るまで、四苦八苦します。その次に、折り返しを100ミリ取って、左から右まで、幅が、473ミリ、高さが、188ミリの図柄を作って、トンボをつけます。その時も突然に、画像全体が動いたりします。トンボ一つ付けるのに、一晩かかったりします。そして、やっと作り上げて、USBメモリーに保存をして、今度は、本文の頁デザイン兼、編集に入ります。本って、いろいろな約束事があるのですよ。大きな章の始まりは、必ず、奇数頁から始まる事とか。それに合わせて、考え抜きながら、行数を増やしたりします。自分の文章だから、編集人が、勝手に動かしてもいいわけで・・・・・

 で、三週間後に、以前使って置いた表紙を取り出してみると、上から、70ミリ、下から、40ミリの間に、78ミリの紫色の帯が入っていて、どうしても採れないのです。そんなことが起きるなんて、夢にも思わないでしょう。USBに入れて、パソコンから離脱させているのだから。だけど、起きるのです。それは、フォルダー名に、そういう破壊工作を裏で入れて置いて、そのフォルダー名で開くと、自動的に、そういう破壊をされたデザインが出てくるという形なのだと、思います。

 どうしても治せないので、どうしたらよいかを考えますね。そうすると、次にデザインをする時は、各準備段階で、全部番号をつけて、保存をするという形を取ります。すっごく面倒だけど、それをやります。で、一冊の本を作るとき、デザインだけで、30個ぐらいの、保存ファイルができます。本文の方も、50個ぐらいの保存ファイルができます。煩雑なこと霧がないというくらい、働かされます。そして、その最中に西隣から、音で、脅かされたり、東の方からは、鶴岡八幡宮様の、太鼓の長うち、とか、真夜中の、工事の大騒音で、脅かされたりします。

 そして、銀座に行くと、村松画廊の川島さんが、入り口で、罵りのセリフを浴びせたり、画廊るたんの、中島三枝子さんが、同じく、入り口の、芳名帳の台の前で、長瀬いづみと一緒になって、「さっき挙げた名刺、返して頂題」と、言ってきたりします。そして、オーナーが紳士なので、辛うじて、その名前を伏せている、忘画廊で、女性スタッフが、わざと目の前で、トイレに鍵を掛けたりします。それは、ワンフロアー、五軒ぐらいのテナントが、共同で使うトイレなのですよ。そのトイレに鍵をかけて、意地悪をしてきていることは判っているので、以前から、判っているので、すでに、使うつもりもないのですが、それでも目の前で、鍵をかけて、嫌がらせをしてくるわけです。

 そして、やまゆり園事件を起こされて、高枝切事案を起こされて、かつ、子供や孫にも大攻撃を西原理恵子から、仕掛けられて、その上、お金を五年も出し続けて契約を続けている横浜銀行鎌倉支店の貸金庫から、三菱銀行の通帳が盗まれているのです。

 だから、実名で、すべてを書くほかないのですよ。私の目の前で、ひどい事をする人の実名は、すべて、書きます。それは、仕方がない事です。そして、ひん曲がった形の親切でも駄目ですよ。私をだますことなど、神様以外には、できないでしょうから。まだ、書いて居ない事でも、すべての裏側は、判っておりますので。

 ともかく、北朝鮮が裏でやっていると大宣伝をされて居るパソコン異常と、私のパソコンへくわえられる攻撃は、まったく種類が違います。その上、毎晩、50回程度くわえられるのです。特に、2007年から、2014年ごろまでは、ひどかったですね。古村浩三君のなりすまし疑惑と、どうして、私のパソコンに、遠方から侵入できるのかと言う問題を解明してから、少し、静かになってきていますが、また、それを、書かないでいると、いつの間にやら、同じことになっているでしょう。モグラたたきゲームと同じです。多分、西側40mの場所にある、ビーエンビーの宿泊施設=kamakura cottage 内に、その手のルーター化、モニターが置いてあって、そこが中継基地になっていて、こういうことが可能なのだと、推察しています。庶民には、公開をされて居ない高度なテクニックが、応用されているのですから、私は、すさまじいレベルで、大物なのですよ、と、威張っておかないと、とても持たないほどの大被害の連続の毎日ですから。

~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『本当は、2016年に開かないといけない、卒業後50周年記念同窓会が、2013年に開かれたのも、私は、自分のブログで書いて居る、古村浩三君がハッキング等で、私を苦しめたことが正しいから、古村浩三君を救う為だったと、思って居る。だから、その会場では、私は、ひどく虐められるはずだと、思っては、いたが、いじめられることによって、さらに、真実が、明らかになるので、火中のクリを拾う気持ちで出かけたのだった。

 すると、大学の理事長さんが、本当は、時期が違うと、仰った。その通りだ。この理事長さんが、元IBMのトップだった方なので、そのラインで、片山祐輔君が選ばれて、人身御供になる様に、依頼をされたのだと、思う。

 この2013年度の、策略に満ちたクラス会において、最も激しく虐めてきたのが富沙子さんと言う女性だ。私とは何事においても、非常に違う人だ。私は母から、「車の免許をとってはだめよ」と、言われている。いつも、ものを考えているからだ。一方の冨紗子さんはすでに、大学時代、マイカーで通勤していた。フォルクスワーゲンだっただろうか?

 そして、卒業実験が、ベンゼン核類の重合実験と言う無理なものであって、そこで、就職先が、ICUの助手と決まっていたのに断ってしまった。一方の冨紗子さんは、就職はせず、アメリカの大学院へ留学して修士号を取って、私立女子学院の、化学科教師になった。それは、定年まで、務めあげたと、思う。それに、東大卒だと、思われるご主人と結婚をして、お子さんも東大へ入学させた。ありとあらゆる意味で、割り切りの早い人であり、容量もよいと思う。悪い人ではないが、好きではない。だけど、周囲の見る目は、「圧倒的に、冨紗子さんの方が、チエコより上よね」となるだろう。その冨紗子さんが、集団で歩いている時など、徹底的にシカトをして来た。ほかの人は、事前にそうする様に聞いているのだろうが、一応ICU卒の元お嬢様が置く様になった人たちだから、表立って、そこまでする人はいないが、どうもあたりの空気が凍ってしまって、私は、相当につらい思いをした。しかし、それは、想定内だから、仕方がない事だ。そのつらい思いをてこにして、やはり、古村浩三君は、なりすまし疑惑やら、他の色々で、大量に私を苦しめたのだと、判断をした。それが、ブログを書くのに必要な事だから、あの日、いじめられてもいいから、ICUに行ったのだった。体力のない私は、前日に吉祥寺のホテルに泊まって、午前中からの催しに出席したほどだったが。その日、教会内で、古村浩三君が、わざと、石塚雅彦さんと、親しげに話しかけていたが、石塚雅彦さんは、あえて無言だった。応答をしなかった。その情景は、私の目の前、2メートルの処で、展開したので、しかと見届けた。古村君が、相変わらず、性格的に非常に軽い事を発見をした。もっと、私みたいに、思考型の人間だったら、ああいう事はやらなかったと思うけれど、軽い人間なので、洗脳されやすくて、自分は正しい事をやっていると、思い込んでいるのだろう。ところで、古村浩三君を動かしているのは、ロックフェラー四世だろうが、そのロックフェラー四世を、教唆洗脳しているのは、1985年に、ICUに在学していたベーカーさんと言う、金髪碧眼の、アメリカ人大学生だと、思われるので、私は、深い怒りを感じている。ベーカーさんは、自分の失敗を糊塗する為に、ICUの進入路(旧、中島飛行機の滑走路だと言われている)で、一度、私の首を絞めて、殺そうとしたのだった。それが、失敗したので、それの復讐のために、私を殺そうとして、古村浩三君を動かしているからだ。』

 ここで、冨紗子さんと言う新しい、キャラクターが登場しました。松岡佑子さんとか、食野雅子さんと同じ役目を担って登場したのですが、責め方が、最もキツイ女性です。彼女の方に、生き方と、行動様式が全く違う私に対する軽蔑とか、嫌いと言う感情があるので、ICUに学ぶ、お嬢様、奥様としては、考えられないほどにキツイ、いじめ方を平気でする人です。でも、必要があるときは、彼女にもう一回とか、もう二回とか、何回虐められても、ICUに行くでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『なぜ、私がベイカーさんに命まで、狙われる様になったかと言うと、引き金を引いたのは、テリーだったと、今では思って居る。テリーについては、何かがおかしいなあと、思って居たのだけれど、決して、意地悪っぽい仕草とか、言葉を発しない人なので、実名で、何かを書くことが、今まで、ためらわれてきたのだった。

 だけど、その本質を、神様の持つ天秤にかけてみると、そりゃあ、テリーの方が、冨紗子さんよりもはるかに悪人だと、思う。ただ、丁寧な言い方をすると、悪人と言うよりも、洗脳の度合いが、徹底して居て、アメリカに役立つ人間になると、決意して居る度合いが、深いということになるだろう。冨紗子さんは、政治的に言えば、CIAのお役に立って、激しく私をいじめてきたわけだけれど、一時的なものであり、結局のところ、素人さんだ。

 比較をすると、テリーの方は、決して威張らない。庶民的であり、親しげな態度をいつもとる。語学科卒で、同時通訳者ともなっているので、例の、1966年当時の卒業生の中で、最も華やかな、グループの一人なのだけれど、しかし、不思議なほどに、控えめで、地味でもある。だから、書きにくい事おびただしい。表向きにはいじめて来ていないのに、CIAの重要な手下であろうと、書くのは、良心がうずく事でもある。

 しかし、丁寧に、丁寧に考えてみると、テリーこそ、私の人生をめちゃくちゃにしている存在なのだろうと、判ってきている。どういうことかをこれから、丁寧に語って行こう。初出の話が一杯の処だ。今まで、ちらっと、述べているのは、どうも隔靴掻痒の感がぬぐえなかったと、言う事だけなのだが、その隔靴掻痒の感は、テリーが、常に二面性を持って生きていたからではないだろうかと、私は、考えている。

 どういうことかと言うと、テリーは地方の県立高校(ただし、地域一番校ではあろうが)出身であり、しかも、お顔が、美人ではない。三輪喜久代さんも同じである。だが、三輪喜久代さんと、テリーが違う処は、AFS経験者なのに、その留学を経験していない学生と一緒になって、一年時に、基礎英語の、全教科を取った事である。

 いや、ちょっと挿入になって申し訳ないが、私は英会話については、何の勉強も普段はやっていないが、ちょっとした拍子に外人と話すと、今でも、彼等から、「非常にきれいな英語を話す」と言われる。アメリカに滞在している最中だと、書く方もほとんど同じくらい自由に、英語で、書けるので、見かけのおばさん度との乖離には、みんなに驚かれる。しかしAFS留学の経験者ではない。試験に落ちたわけではなくて、書類をもらえないという形で受験をさせてもらえなかったのだ。

 これは、本当に不思議な事であり、多分、前歯に金冠をはめていた事とか、その受験を一人で、担当して采配をしている先生の事をひそかに嫌っていたのだけれど、それを、先生の方が、判っていて、復讐をされたのだとか、他の家柄にいい家のお嬢様に合格をさせたかったのだろうかと、思って居る。しかし、私には、大きなトラウマとなった。もし、私の方に原因があると強いて、探すとすると、「私はどうも、眼が口ほどにものをいいと言うタイプで、口は達者ではないのに、眼による、表現力は達者らしいのだった。結婚前の苗字が【あ行】の人なので、クラスでは、常に前の方に座っていたので、先生とのアイコンタクトは、明瞭すぎるほどに明瞭だったのだと、思われる。だから、私が心の中で、この先生って、なんて発音が悪いのだろう』と思って居たのが、先生には、判っていたのだ。でも、50代の先生が、16歳の少女にかくも無残な形で、いじめを行うなどと言う事が、指示られなかった。長らく、そうだった。

 この目に、表現力があるという点が、問題で、上で言う、アメリカ人学生、べーカーさんに一生、追い詰められる様になるのも、私の目が、「あなたって、いわゆるCIAのスパイですね」と語ってしまったので、彼は、私を殺そうとしたのだから。

 ところで、ここでまた挿入に入ってしまうが、母がよく言っていた。「あんたの目って、象さんみたいに小さいのに、澄んでいる事には驚くわ」と。それは、40代になっても言ってくれた言葉だった。私は、いつも澄んだ心で、外界を見ているのだ。ただし、74歳の今では、白内障が入っているので、澄んでいない。(苦笑) ただ、手術はしたくはないと、思って居る。母は90歳を超えて、その手術をしたのだけれど。

 ともかく、三輪さんも、一年時には、別クラスに所属していて、一般の学生が、構成する8クラスには入っていなかった筈だ。ところがテリーはいつもみんなと一緒だった。そして、ちょっとおばさんめいた闊達さがあるので、一種のリーダーだった。美人度と言う意味では、クラスに、3人ほど、超がつくほどの、美人が居て、そちらがリーダーシップをとるべきだっただろうが、テリーの世慣れた態度には、負けていた。ところで、私はICUではまったく目立たない学生だった。ほかの人の下手に置かれる様なタイプと行動の人だった。で、当然のごとく、テリーの風下に立っていて、一種の家来格だったと、思って居る。

 しかしなのだ。テリーと本当に打ち解けて長話をしたことはない。私は信頼すると、猛然としゃべり出す。これを袋口と言うのだそうだ。しかし、テリーを相手にして、猛然と、一時間半もしゃべり続けたという様な記憶は皆無だ。ほかの人に対してなら、それがあるのに、テリーに対してだけは、それが、無い。つまり、従属してはいるが、信頼はしていなかったという事だろう。

 しかし、私が今思うのは、そのテリーが、私を推薦してしまったのだ。誰に対してと言えば、ベーカーさんに対してだ。何のポイントで、推薦されてしまったかと言うと、まじめで、優秀で、かつ、批判精神を持っているという点でだ。

 アメリカは、日本を上手に植民地として、利用をしている。日本国民に向けては、あんたがたは、独立国です」と言っている。しかし、それは、名目上の仮の姿であって、本音は違う。あくまでも戦勝国としての権利を捨てない。だから、基地を、沖縄に最も多く設定をしているのは、地上戦で、確実に支配をした土地だからだ。だから、私は沖縄の基地問題については、何も言わない。お気の毒だと、思っているけれど、この大きな基本構造を覆す力は、私にはないからだ。

 私は、決してチェゲバラにはならないと、何度もここで、書いて居る。私は、このブログを神様への捧げものとして、書いて居る。

 そして、実家はある程度以上に裕福だった。働かないでも、生きていける立場だった。となると、高等遊民として、将来、書く人とか哲学をする人となる可能性がある。特に新聞記者などに成ったら、厄介だと、CIAのスパイには、見做されていただろう。

 それを見つけるのがテリーの任務だったとしたら、私が、それまで、一言も言葉を交わしたことがないし、同じ教室で、同じ講義を受けた事さえなかった、べーカーさんに呼び出されるはずがないのです。

 これから、先、一生がかかっている、最も大切な処なので、26日の夜に書きます。お待ちいただきたく。

 冨紗子さんなどにとっては、そういう私の一面は、一切見えておらず、ただ、のたのたしている行動の人で、バカみたいで、劣等者だと、言うにすぎないと、思うけれど、テリーにとっては、将来、化ける可能性のある人物だと、見抜かれていたのだと、思われる。

 

 

@@@@@@@  すみません。これから、先ももう一度、休みます。今、加筆した、新副題5は、非常に内容が濃いと思いますので、ここで、休憩を入れないと、体力が持ちません。

 この間にテリーと言う存在が、どういう人なのかとか、富沙子さんと言う人が、どういう役目を果たしているかとか、を、挿入的加筆をしないといけないのです。それが、またまた、非常に厄介な部分なので、お待ちいただきたいと、思います。間にゆっくりと休憩を入れないと書けません。

 松岡佑子さんは、やや、離れたクラスに存在していた人物であり、毎日、一緒に過ごした仲でははありません。しかし、食野雅子さんと、古村浩三君は、1962年の4月から、1963年の三月までは、毎日一緒に、6時間を過ごした仲なのです。

 

副題7、『初稿段階で、書いたことだが、テレビニュースではなくて、教養番組を使って、脅かされたり、威圧をされたりもしている、私だった。今は、本当に大変で、ヨブ記を、実践している最中だとも言えよう。だけど、ヨブ記を、書いて居るからこそ、元気でもあるのだ。普通なら、とっくに殺されている処だと、思うほどの、攻撃を受けているのだけれど(苦笑)』

 そして、少し、ICUからは、離れますが、渡辺幸子さんを、優遇する人として、酒井忠康氏が、居て、その酒井忠康が、小樽市立美術館で、特別展示をしている一原有徳展を紹介する、日曜美術館(NHK ETV)に、21日の午前九時に登場したのも同じ意味を持つでしょう。

 そして、極めつけは、眞子さまの、ご婚約が、内閣とか、永田町の有力者が、まだ、良く知らない段階で、発表をされたという事実です。そのtiming が問題ですが、私のブログが、重すぎる話題(横浜銀行の私の貸金庫#2931から、三菱銀行の通帳が盗まれている)と言う事を書き、それをやったのは、警察であろうと、書いて居るからこそ、こういう教養番組ででさえ、私をいじめ、「お前は、負けているのだ。ゴミみたいな存在なのだ」と、自覚をさせようと、されているわけです。

 眞子さまのご婚約には、そのご入学の段階から、これも同期の存在である、榊原節子さんが、大きくかかわっているでしょう。

 だから、この前、ウィリアム王子の初来日の際に、イギリス大使館で、レセプションがあって、画面に登場した二人目の人物が、中村獅童であり、彼がひいきされて居る度合いが、ここまで強いのかと、驚いたと、語っていますが、その手のパーティ(たとえば、アメリカの新任・駐日大使のお披露目パーティなど)に招待をされる、人物として、眞子さまと、その婚約者・・・・・

 そして、榊原節子さん、石塚雅彦さん、それに、食野雅子さん、松岡佑子さん等が、出席しているでしょう。古村浩三君も出席するのかもしれません。松岡佑子さんは、もし、東京へ滞在中だったら、(普段はスイスで、暮らしていると、聞いているが)ウィリアム王子のイギリス大使館内での、レセプションに招かれていたでしょう。

 これと似た様な現象が、中学時代(横浜国立大学の付属)とか、高校時代(お茶の水女子大の付属)とかの同期生にも、出現をしています。

 しかし、今般、と言うか、最近、立て続けに利用をされて居るのは、ICUの関係者です。

 上の方で、それを言っているから、繰り返しになりますが、『お前は、現代日本での、勝ち組ではないのだ。特にICU卒業生の中では、勝ち組でも何でもないではないか。馬鹿め。引っ込んで色』と、言いたい連中が、こういう現象(眞子さまのご婚約を時期を早めて漏らした)とか、

 教養番組さえ、用いて、威圧をしてくると、言う昨今なのです。

 と言う挿入を入れて、この文章が当初目指していたところへ戻りたいのですが、時間が、午前一時になりました。体力を温存させたいです。

 それで、この続きは、別の章を立てて語りたいです。また、この章に関しても、相当な加筆を明日行う予定です。お待ちいただきたいです。古村浩三君について過去に書いたものだけでも、リンク先を付与しないといけませんし。

  ここから先、スタップ細胞疑惑にも進んでいくし、サイバラ理恵子さんと、高須院長の恐ろしさにもつながって行きます。それは、本日、24日には、書けませんので、25日に加筆をします。

 なお、このブログの、2010年から、数え始めた延べ訪問回数は、4039182です。 

 

@@@@@@ここが書きかけ中の最先端です。 

副題5、『文京区と、狛江市には、計画停電が一回もなかったそうである。しかし、鎌倉市の旧市街区部(すなわち、私の住んでいる一帯では、合計六回、都合、16時間超の停電があったのだ。それは、なにを意味するのか?』

 後注1

 以下の文章の副題3と、副題4で、郵貯批判を展開しています。

瓜南直子と浄智寺、侘助、覚園寺、伊藤玄二郎:::時枝裕子さん東京カテドラル、井上ひさし△   2017-05-16 12:27:59 | 政治

後注2

JP 巨額な、損失を出す。〇   2017-04-21 22:25:02 | 政治

後注3、

 小保方晴子さんと片山祐輔君には共通項が有る? 両人とも父親が、先ず引き受けた筈? △  2015-03-13 12:16:04 | 政治

 後注4、

吉祥寺に宿泊する外人とは? (三鷹から、国立まで)△△  2012-06-12 23:06:59 | Weblog 

FBが地獄であった頃の話(開発チエ、梅森伸一、三瀬夏之介、古村浩三、榊原節子、)   2012-10-02 03:04:06 | Weblog 

受験や就活で、面倒をみなくていい母親?)は、楽過ぎる+ 片山容疑者が今出てくる理由?  2013-07-11 07:06:48 | 政治 

MZ(FBの創始者は、なぜ、川中教授に大金を与えたか? (梅森伸一、開発ちえ、瓜南直子、金田佑子)△△  2013-02-25 00:40:22 | 

 

コメント

郵貯の問題点を指摘したかったのだが、松岡佑子さんがTVに登場したので、急拠、眞子様の婚約発表のtimingについて、分析しないといけなくなった

2017-05-22 23:13:53 | 政治

 これは、23日に書き、23日に公開しますが、アップの日付だけは、22日にさせてくださいませ。なお、今は、26日の夜9時ですが、以下の文章の副題8以降の、推敲と加筆をやって行きます。昨日何回にも分けて、二万字程度加筆しましたが、本日は、三万字になるまで、加筆をする予定です。それでも、完成しなかったら、二つに分けます。

 ところで、この一文を起こしたきっかけは、録画ニュースを見た時に、気にかかるニュースを見つけたからです。22日のお昼のニュースの中で、以下のものを見つけました。NHKオンラインで、それを文字化したものを、見つけたので、それも、****罫線以下に、置いて置きます。

 副題1、『22日に、稀勢の里を、記念の切手シートにしたものが発売をされて、それが、お昼のニュースになっていた。そのシートだが、<関東一円に、売り出すのだが、ただ、一県、神奈川県だけを除く>と、NHKは、言う。そこから、私はいろいろを、考え始める』

 その録画ニュースを見た時に、まず、値段に驚きました。1700円ですって。ひどいなあと、思います。切手シートとは、普通10枚で、出来上がっているので、82円だとしても、それを、実用品として、使うとなると、820円分の価値しかありません。それに花の写真を使ったものなど、普通の場合は、その値段=820円で売って居ますよ。それを二倍以上で売るのだそうです。民営化されたとしても、独裁的な、商売であり、それを、こういう値段で売る付けるとは、何とも下品ですね。稀勢の里の足を引っ張る仕打ちです。こういう悪辣なことを、誰が発案をしたのだ。そして、これを初稿で書いた次の日に、確かに、稀勢の里は、休場してしまいました。怪我が、悪い方向へ進まないといいですけれど。

 稀勢の里が心配です。

スポーツマンって、微妙なところで、神様のご愛顧をいただかないといけない人間なので、これは、マイナスへ、結び付くでしょう。悪辣な、人間が裏に居ますね。政治的に悪辣だと言うよりも、金銭亡者と言う意味で、悪辣な人間が発案をしたことです。その次に問題となったのは、神奈川県一県だけを抜かした、関東圏で、それを売るのだと、言う部分です。

 神奈川県、一県だけを抜かすというのは、どういう意味かと言うと、いろいろ、考えられますが、一つは、神奈川県民は、民度が高くて、新しい文化的なものが好きだから、古い文化であるお相撲さんなどには、関心がないだろうと、言う、考え、二つ目は、同じく、民度が高いので、ミーハー度が低いので、こういう風に、時の人気者を、商売道具にしても、売れないだろうと、言う考えが、有って、除外したのかと、考える・・・・・その二つが、普通でしょう。

 しかし、私は違う風に考えています。この発売のニュース、そのものが、私を意識したものであり、かつ、私にそれを知らしむることが狙いだったと、思って居ます。だからこそ、私が住んでいる神奈川県だけを抜かすと、わざわざ、強調をしたのだと、見ています。

 なぜかと言うと、突然に、はがきや、切手を、12%も値上げをすると、発表をしたことを批判しているからです。その次に、野村HDと、合併をする事についても、批判的分析をしています。→ 後注1、へ。

  そこで、はがき(現行52円を、62円へ)、封書(現行82円を、・・・・・ここで、大きく調査に、時間を取ってしまいました。封書に関する値上げのニュースが、ネットで探してもないからです。郵貯が、出している値上げニュースでは、年賀状が、52円のままであり、定形外が、いくら、いくらと言う項目はありますが、封書が、どうなったかを書いてありません。

 また、ネットで調査をしたところ、すでに、2016年12月22日の時点で、それは、発表をされて居たのだということになっています。主人が二度目の入院をしていて、私が最も大変な頃でした。もしかすると、退院の当日だったかもしれません。それで、私が、それを見逃した? で、数時間間を開けますと言ったのは、銀座へ行ったついでに、どこかの図書館によって、新聞の縮刷版を調べるはずだったからです。本日は鎌倉の図書館は、休館して居て調べられませんでした。

 でも、それにしても、ごく最近、同じニュースが大々的に発表をされたのですから、そちらが、文字化されて居てもおかしくないでしょう。しかし、最近の、NHKで、大々的にニュース化された方は、一切出てきていません。変ですねえ?!?!?

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『ここで、思い出さないといけないのは、計画停電の話である』

 今、この瞬間に、パソコンが大いに乱れましたので、この記述は、正しいと、思います。しかし、パソコンのシステム上の乱れの他に、この記述が、正しいと信じる理由があります。それは、ですね。計画停電と言うものが、2011年の、3月から、4月にかけて、全国的に行われました。全国的にと、報道をされて居ます。当時朝日新聞を取っていたか、日経新聞を取っていたか、そのどちらだったかは、記憶が定かではないのですが、大きな、表が、新聞に載っていて、地域的に時間を区切って、停電が行われるのだと、一般国民には知らされています。

 この計画停電には、大きな嘘が、含まれています。それを、思い出す時に、読者の皆様には、失礼であろうし、私の方が、嫌われるだろうと、わかってながらも言うのですが、私が、どれほどに、大物扱いを受けていたかを、この時点から、自分でも気が付いていたと、申しあげさせてくださいませ。この時に、鎌倉市内では、合計六回の計画停電に見舞われて、中には、一回が、六時間も続くケースもありました。2時間程度はざらであり、炭、懐中電灯、ろうそくなど、大量に買ったものです。

 しかし、私は、今より活発に動いていましたし、母の見舞いもありましたので、週に、三回は、東京へ出かけていました。その帰宅はたいていは、夜になるのですが、或る時だけ、北鎌倉を過ぎても、まだ、電車が、満員で、私は、立って外を見ていた事があります。

 すると、大船まで、煌々と、町中に、電気がついているのに、トンネルを超えた途端に真っ暗で、同じ鎌倉市内でも、山の外の、新市街である、大船と、山の内側の旧市街は、明瞭なる差別の対象になっていることを発見をしたのでした。

~~~~~~~~~~~~~

*************

稀勢の里の切手シート販売始まる 関東の郵便局

大相撲の横綱・稀勢の里の土俵入りや初優勝した時に賜杯を受け取る様子などの写真を使った切手シートが作られ、22日から地元の茨城県など関東地方の郵便局で販売が始まりました。

続きを読む

このうち稀勢の里の地元、茨城県牛久市の牛久郵便局では、午前9時の販売開始を前に切手を買い求めようという人が列を作り、販売開始とともに次々と購入していました。

切手シートには10種類の82円切手がつけられていて、稀勢の里がことしの初場所で初優勝した時に賜杯を受け取る様子や横綱昇進後の土俵入りなどを撮影した写真が使われています。

また、台紙には初土俵からの軌跡などが印刷されています。切手シートの販売は5100セットの限定で、茨城県内のすべての郵便局と神奈川県を除く関東地方の合わせておよそ2000の郵便局で、1シート1700円で販売されています。

 

コメント

傾きMansionの建て替え費用400億を政府は裏から補てんをしないでしょうね?・・・・・浜銀、鎌倉支店の異常な行動は、旭化成建材疑惑と、連動している筈△

2017-05-20 23:05:14 | 政治

 今は、22日の午前1時です。一応ですが、完成まで、持って行ったので、そのしるしである、三角印を総タイトル横に付けておきます。

副題1、『自衛隊機の、事故は、仕組まれたものでしょう。ルビッツ副操縦士の、自殺願望説で有名なドイツ格安航空機のアルプス激突と同じく、外部から、計器類を異常な数値へ、変化させる仕組みで、低空飛行となり、北海道の、低い山へ激突をしたのです。こういう事件を謀略として起こすのには、それなりに、目的が、CIA側にあるわけですが、結果としてどうなるかと言うと、

 四人の、しっかりした人材が、殺されました。お気の毒に・・・・・その結果、誰が助かるかと言うと、鎌倉エージェントです・・・・・しかし、そのことを語る前に、彼等、悪人は、いつもの常とう手段を用いて、私を弾圧してきました。それで、そのいつもの常とう手段の方を先に書きましょう。そのあとで、新手の、謀略が、起きていることを語ります』

 本日(=17-5-20)の夜、私は、夜の、10時55分に帰ってきました。すると、前田家が二階の天井灯をつけており、かつ、私が、花に水をやり、その他、外で、あれこれ、気にかかることをやって、居間に入ると、その二階の天井灯は、消えました。我が家の居間の北側に台所があり、そこから、前田家の電灯類は、自然に見えるので、彼らが、どういう風に行動をするかがわかります。特にこの際は、一階が、真っ暗でしたので、こういうときは、攻撃の意志が特に強いと、経験上、理解をしています。

 ところで、連続して、このブログを読んでいない方々には、それの意味が解らないかもしれませんが、前田家と言うのは前田祝一と清子夫妻で、構成をされて居る一家で、鎌倉エージェントと私が呼ぶ、CIAの一員として、多くの攻撃を、ほぼ、毎日のごとくやって来る連中です。そのもっとも、大きな攻撃が、シャルリーエブド事件以来始まった、二階の天井灯を、点灯して、威圧をするという策謀です。それが、ずっと、静まって、行われて居なかったのに、本日復活をしていました。

 この嫌がらせ策ですが、彼等の悪意が、ものすごく強い時は、午前二時ごろ、今度は、西隣の白井・小野寺家に引き継がれます。前田家は、水平距離40mの遠くの家であり、高低差20mぐらい向こうが上ですが、西隣は、水平距離6m、高低差、3mぐらいの近さなので、私用の寝室のカーテンを通して、その悪意には、嫌でも、気が付かされます。そちらも午前二時には、その部屋には、居ないのですよ。その部屋は、東西ともに素通しのガラスが入っているし、ブラインドの角度が、3m向こうが高いがゆえに、中が、我が家からは丸見えに、成っている部屋です。別に見たくもないのですが、カーテンをすかして、強引に見せつけられてしまいます。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『旭化成建材疑惑の、発端となった、三井不動産販売の、【らら横浜】が、400億円をかけて建て直されるそうですが、まさか、政府が、裏から秘密裡に、費用の、補てんをしないでしょうね?』

 ここで、念のために加筆をしますと、こちらのご夫妻は、東大建築科卒であり、それで旭化成建材の杭うち疑惑事件の案出をしたと、私は考えております。どうしてそういう事をやったかと言うと、目的は旭化成の株価を下げる為でした。三井不動産が、400億円をかけて建て替えると言っている問題のマンション【らら横浜】と、北久里浜の、旧名そらヒルズ、現在名【ルネ北久里浜】と、【横浜銀行・鎌倉支店】の三つは、こちらのご主人が設計している・・・・・と、私は考えているからです。それ以前の段階で、この夫妻が、前田夫妻やら、安野夫妻と結託してひどい事を、私に対して、数々、やっているので、それらのことを書いて居る私をノイローゼにさせるために、こういう肉体を狙った攻撃をしてくるわけです。

 ・・・・・彼女(=私の事)は、これが、私たち側からの、攻撃であることは、今まで、既にブログに書いて居るので、判っている筈だ。となると、この点灯によって、いやな感じを、確実に、受ける筈なので、睡眠に入れないだろう。それは、彼女を緩慢に殺していくのに、役立つはずだ・・・・・と、見込んで、この、ふた家族が、共同して、威圧用、点灯を、やられています。

 これ以前の、攻撃類ですが、彼等は、トカゲの脳味噌の持ち主なので、絶対にばれないだろうと、信じて、やってきているらしいのですが、それが、すべて、私には、理解可能であり、ばれてしまっているので、もちろん、このブログの世界で、彼等の悪辣ぶりを、書いて居ます。それで、追い詰められたという事らしくて、この旭化成建材の杭うち疑惑をぶち上げたのです。それは、JALの破産と同じく、それらの会社の株を持っている、我が家の資産の目減りを狙っている行為です。

 この傾きマンション疑惑も、やまゆり園事件と同じく、一種の、嘘です。どこが嘘かと言うと、あのグラフは、信頼すべきものとも考えられていないし、業界人内部では、一種の便宜上として、作られるものであって、それを、大げさに問題視する方が異常なのですよ。素人が、びっくりするだろうと、見込んで、ぶち上げられた劇場型犯罪の一種です。この件に関して、林文子横浜市長が、悪人側に味方をしたので、それを私は問題視して、このブログで、取り上げています。

 それ以来、林文子市長はことあるごとにテレビ露出をします。特にオリンピックに関連して、きらびやかな席で、登場します。そうすることで、私が気分が悪なり、ノイローゼになるだろうと、考えられているのです。

 ただねえ、この旭化成建材疑惑は、古いお話です。せっかく、新しい事へ入ろうとしているのに、前田家の二階の天井灯の、攻撃的・点灯により、全部思い出しました。

 そして、連動して、もう一つ、重要なことも思い出しました。そして、皆様へ、それを改めて語らないといけないでしょう。それは、横浜銀行鎌倉支店が、商業モラールに照らし合わせると、異常なことを繰り返しやってくるのは、鎌倉エージェントに頼まれているからでしょうが、鎌倉エージェントとしては、自分たちが、そのパペットとして、利用したくせに、それがばれてしまった、白井・小野寺夫妻を、助けたいと、思って、横浜銀行鎌倉支店へ、あれこれを依頼しているのでしょう。警察もその補助をしているというわけです。

 もう一つ、北久里浜で、そちらのお嬢様が、お菓子の盗み食いを数か月も連続して、わが家内で行い、私を困らせた家族J〇家の、ご主人の、勤務先が、東日本銀行(旧名ときわ銀行)なので、そのラインからも、横浜銀行は、鎌倉エージェント(CIA)に、悪利用をされて居る銀行であることが、私には、すでに、判っています。それで、貸金庫から、通帳を盗んだり・・・・・それは、銀行が行ったとなると大変ですが、警察が行ったと、私は見ています。ただし、警察が、貸金庫をいじることを許可するのは、横浜銀行にとっては、大いに、不道徳ですよ。

 これは、取り出す方ですが、入れ込む方にも協力をしていますね。私と敵さん方の間で、当時、大問題になっている雑誌【演劇界2011年6月号】で、図書館の返却ボックスから盗まれたものを、普段開閉しない方の、高い場所にある貸金庫の方(#1331)へ、そちら様が、勝手に、入れ込んだりしているわけです。

 白井氏は、上品な男性で、別に恨みもないのですが、奥様の方がひどい事を連続してやって来る人で、その裏に前田家や、安野家が居るので、ここまで、実名で書くのも、仕方がないです。過去に詳細に書いていますので、後で、リンク先等を見つけておかないといけません。

 ところで、JR横浜線・鴨居駅を最寄りとするショッピングモール【ららぽーと】に、隣接するマンション【らら横浜】の建て替え費用、400億円は、本当に三井不動産が、負担をするのでしょうね。裏から、政府の官房機密費等が、補填用に、流れていくのではないでしょうね。谷垣さんが、生きて居たら、それをするでしょうね。今は、他の人が、伊藤玄二郎と、安倍晋三総理大臣との間の、連絡係を担っていると、思いますが、その人の連絡で、お金が秘密裡に、三井不動産レジデンシャルに、出されるという事はないでしょうね。

 無駄な嘘に、税金が使われては、たまりませんし。しかし、彼等(特にこの雪ノ下の住民たち、前田家やら、安野家やら)の日常を見ていると、それもありと、思われてきます。だから、小さい声ですが、天の神様へ向けて、そういう事はないでしょうねと、問い合わせておきましょう。真相は、今の、私には、分かりませんが?

 と言う加筆事項を、21日に入れて、20日の初稿へ戻ります。

~~~~~~~~~~~

副題3、『最近、二週間、異様に攻撃意欲が、高まっている鎌倉エージェント側(CIA+警察)だが、その様子を縷々説明をして行きたい。いやな話だが、それゆえに、神様が、中村獅童に、肺腺癌を、齎したと、私は、考えているからである』

本日(と言うのは、2017年5月20日の、夜11時ごろ)は、まだ、午前二時には、成っていないので、どうなりますことやら。

 それから、鎌倉駅、および、逗子駅に、イコウ(または、イッコウ)のカードマンがおりました。これは、過去から繰り返し使われてきた彼等鎌倉エージェントが、使う攻撃用手段ですが、この5月13日は、JR渋谷駅の、湘南新宿ラインのホームにも居りました。前報で、歌舞伎を、CIAちゃんたちのいじめによる妨害で、見られない可能性があり、先に、行って、一幕みで、見てしまおうとしたと語っていますね。その日付けが、記述として、間違っていたかもしれません。17日と書いて居たかもしれませんが、実際には、私は、13日に事前の事として行っていたみたいです。しかし、一幕みも断られたのでしたね。それで、ミュシャ展(六本木)とSaul Leiter 展(渋谷)展を見たのでした。

 その日も、嫌なことに見舞われているのです。このブログの世界で書くと言う形で、皆様には、お知らせをしませんでしたが、あったのです。イッコウ(と、彼等は、自分の会社を発音するので、これまで、ずっと、そう表記をしていたが、腕のワッペンを見ると、イコウと言う表記になっていた。茅ケ崎か、藤沢を本店とする、ガードマン派遣会社であって、彼らCIAエージェントたちが、が、「困った。雨宮舜が、また、大変な真実を書いてしまった。だから、彼女を、大弾圧したい』と思って居る時に、駅に現れる、制服のガードマンの会社です)のガードマンが居たのです。

 なんと、尾行がついていて、私が『BUNKAMURAミュージアムに、向かいそうだ。東急電鉄の、株主優待券を、夫と、分け合っていたから・それを盗聴で、つかんでいるから、あちらに行くはずだ』と考えた彼らは、渋谷駅の特に、湘南新宿ラインのホームに、イコウのガードマンを呼んでいたのでした。表参道方面のホームを選んで、乃木坂駅で千代田線に乗った途端に、準備したのでしょう。 

 まあ、手配をしているのは、警察だと、思われます。何故、渋谷駅にまで、茅ケ崎の会社のガードマンを配置しないといけなかったかと言うと、その制服なら、私が、自分が狙われて、弾圧をされて居ると、理解をするだろうと言う向きがあるのですが、どうして、警察が、そこまでするかと言う事が問題です。ここですが、初日20には、遠慮をして、書いて居なかったことがあります。それを、21日には、ここで、青字で、はっきりと書きましょう。

 『そこまでの、手配を、する自分たちは、とても、頭がいいのだ』と、思い込んでいるみたいです。そして、「どうだ。驚いたか?」と言いたいみたいです。が、私に言わせると、「相変わらずの、トカゲの脳味噌さんたちですね」と、成ります。渋谷駅まで、脅かし用、ガードマンを置くという事は、それだけ、彼らが追い詰められているからでしょう。と言う事は、私が、今書いて居る、銀行の貸金庫から、取り出したり、入れ込んだりする自由が、警察にはあるという事が、真実だからでしょう。そして、そんなことは、商業道徳から照らし合わせると、絶対にやってはいけないことですよね。だから、追い詰められているわけです。誰が? 伊藤玄二郎、と、前田夫妻と、安野夫妻と、白井小野寺夫妻と、横浜銀行鎌倉支店が、です。そして、彼等のために動いている、警察の、特殊部隊もです。そして、彼等の支配下で、国会で、テロ等準備剤罪を、通そうとしている安倍総理大臣も追い詰められているからです。

 私も本当に、嫌な思いをしていて、大変ですよ。そして、私には、彼等の悪を、処罰する手法も権利もありません。ただ、ただ、指をくわえて見ているだけです。しかし、絶体絶命だった時に、あっと驚く采配を、天は、お示しくださるのでした。

 中村獅童君が、彼ら、鎌倉エージェントに、強烈にごひいきされて居る事には、気が付いていました。NHK・ETVに、【趣味どきっ】歌舞伎篇が、登場した時に、歌舞伎界を代表して、歌舞伎を紹介したのは、獅童君でしたね。それって、本当にごひいきにあずかっているという事です。後注3へ。

 この様にして、鎌倉エージェントが、ぺ(つば)をつけた、人材は、その行動が、もし、私へのいじめにつながっているのなら、不幸が、訪れるのです。前報で、歌舞伎座内で、特に私個人を狙ったと、思われる事項(五月の昼の部は、一時間早く、3時18分には、終演となっている事など)を、書いて居ます。

~~~~~~~~~~~~~

副題4、『横浜銀行、鎌倉支店の支店長は、どうして、私に対して、抗議をしてこないのですか?・・・・まあ、答えは判っています。警察に止められているのでしょう。でないと、真実が、私に判ってしまいますから。支店長の顔つき一つで、私には、すべてが、判ってしまいますので』

 それは、ですね。後注1から、書き始めた、浜銀の貸金庫から、三菱銀行の通帳が盗まれている件を、後注2で、さらにがっちりと表現して行っている、からでしょう。つまり、警察が盗んだはずだと、言っています。ところで、昔の話ですが、浜銀の通帳も盗まれているので、間が抜けているところはあるのですが、それでも、確認をしてみると、2013年から、貸金庫代、は、二つ(#2931)と、(#1331)に対して払っています。五年間払い続けています。一つに付き、今年は、25920円です。だから一年で、五万円以上支払っているのに、警察から頼まれたら、裏から、開けて・・・・・(取っ手があるのです。裏にも。そして、金庫室の裏には、JRの切符売り場と同じく、通路風の部屋があり、横浜銀行側は、どの貸金庫も自由にあけられるのでした)・・・・・通帳を取り出したのです。誰が? その姿は私は、見ていません。

 そして、逗子警察署に、落し物の件で呼ばれ、スイカと、名刺・数枚を、返すだけで。15分も待たされたし、単純な形では返してくれなかったし、ちょうどそのころ、タレントを呼んで、一日署長をして貰ったりして居て、NHKニュースに載ったりしているので、という様な、状況証拠から、考えて、警察が盗んだのだろうと、言っています。断言をしています。

 しかし、貸金庫は浜銀のものですね。そうなると、責任は、浜銀さんにあるでしょう。それが、普通の考えです。でもね、もし、私が、それを具体的に、支店長に、持って行って、抗議をしたら、私の方が頭がおかしいという事にされて、「あなたとの、取引を、こちらから、お断りをします」と、出てくる様な気がするのです。通帳を盗むという事は、そういう心理的な二次場面さえ。私に想定させるのですよ。だから、リアルな世界では、抗議をしていません。

 しかし、ブログで、これほどの、事を書いて居ます。浜銀さんの信用失墜ははなはだしいでしょう? 違いますか? だったら、何らかの抗議をしてくるのが普通ではないでしょうか? しかし、何のアタックもありません。正式にはです。しかし、恐るべき、しくみで、二度目のいじめがありました。日時は、2017年5月16日です。歌舞伎座昼の部の予約券を買って在ったのに、急に主人の病院が決まって、それで、私は、前の日に、一幕みを見に来た別の人に挙げてしまったので、その日は、静かにしていて、主人が帰宅した後で、鎌倉市内で、所要を果たそうと、して、短時間の外出をしたのでした。

 その際に、美容院に行くのは、大きな用事でした。どうしてかと言うと、私は、今、白髪を染めていた日々から、脱却して、白髪だけで、染めないで、生きようとしている過渡期なのです。非常に難しい時期であり、美容師さんと相談しながら、パーマをかけて、過渡期を乗り切るか、それともカットだけで、済ませるか、先にそれを相談してから、銀行にお金をおろしに行きました。どういう仕事をして貰っても、お金が、足りる様に、一万三千円を下ろしました。それが、二時52分から、54分の間だったそうです。後で、浜銀さんから聞きました。

 で、一時間ぐらい美容院に居て、いざ、お支払いをする段階になると、お財布の中に、4千円しかないのです。私は、ATMの出金箱から、さらっと、お札をつかんで、お財布に、さらっと入れて、出てきたので、その時に、一万三千円があるかどうかを確認しませんでした。

 うわー、びっくりだ。一万三千円と言う命令で、四枚のお札を、出すATMが、その時だけ、千円札、四枚に、自動的に、変更されていたのだろうか?と、危ぶみます。スパコンに侵入したら何でもできると、いつも、私は、言っています。『今般も、支店長たちが、いろいろ、画策をして、それをやったのだろうか?・・・・裏の別室でね。警察と結託をして?』とも、考えます。それは、映画アフタースクールの一場面にも出てきました。あの映画ですが、山本圭さんが、ものすごく太って出てきたので、びっくり仰天ですが、笑い事ではないです。

 あの映画そっくりの手法を用いて、NTTdocomo大船笠間口店で、驚くべき、いじめと嫌がらせが行われたのでした。それは、まだ、途中ですが、途中まで、書いて居るので、リンク先を後注4で示します。ごく最近、起きた事なので、殺人事件が絡んでいないけれど、探すことはできるでしょう。

 しかし、再び考え込みます。美容院から出ると、時間はすでに、四時です。窓口は開いていません。ATMそばにある、インターフォンですが、このごろ、支店内の担当者には、つながらないシステムになっているのです。私だけが、そういうシステムにさらされているのかもしれませんが、集中センターの人が対応するので、こういう際には、ほとんど、用事が果たせないのです。

 20年前に海外へ行ってアート修行をした時代は、私は金遣いが荒かったのです。どんなに使っても、『もう一度、母から遺産を相続するはずだから。そして、それは、父の時と同じぐらいの金額の筈だから』と、思って楽天的でした。しかし、今は、違います。まったく考えが変わっています。それで、一万円も、とても大切です。でね、トボトボと言う感じで、歩いているのでした。場所は、観光客が一杯の鎌倉駅、東口のロータリーの周辺をです。

 だって、暗澹たる気分ですよ。貸金庫が信用成らないだけでも、隠々滅々足る気分になるのに、これから先、ATMを利用するたびに、信用ができないとなると、窓口が開いている時間にしか、下せないです。困った事だと、思いました。品川駅の構内に、浜銀のブースがあるので、四栗世をしますが、『ああ、あそこでも、これから先は、出した途端に、お札を数えないといけないのかなあ』と、思って。『ずいぶんと、神経を使わせられることとなりましたね。それこそ、ノイローゼにさせようとする手段ですか?』などとも思いながら、鎌倉駅前のロータリーを三菱銀行の前を通って、浜銀・鎌倉支店に向かっていたのです。→

~~~~~~~~~~~~

副題5、『彼らが、悪意を全開させている時には、浜銀・鎌倉支店の入り口に、原水爆禁止運動の、署名を求める叔父さんが、必ず、立っているのだった。それが、一種のサインと、なっていて、前田夫妻が、共産党員だと、考えるゆえんにもつながっている。また、この2017年5月16日の、一万三千円下したはずの現金が、一万円札だけなかったという話が、謀略であった可能性を感じさせるのだった』

 → 上の節の最後の、青字の矢印の処から、引き続いて、私はものを考え続けます。→

『そういえば、先ほど、午後3時ごろ、ここに来た際に、入り口に、これまた、対私いじめ用に常とう手段として、立っている、原水爆禁止運動の署名を求める叔父さんが立っていたわね。あれが立っているときは、彼等・鎌倉エージェントが、もっとも、激しい弾圧をやってやろうと、考えている時で、しかし、それをされるのは、私が真実を書いた時であって、その真実とは、彼らが行った悪業を書いて居るわけで、今回は、貸金庫が、信用ならないという事を書いて居るのに対して、いじめてきたわけですね。ところで、あのおじさんったら、明瞭に私狙いだというのは、ある日、たった、10~15分程度で、もう一回戻ってきたら、帰り支度をしているのですから、内心で笑ってしまいました。そして、私の顔を見ると、決まりが悪い様に、変な顔をしていましたよ。

 だから、お金をもらって、それを一種の仕事としている人間でしょう。急に呼び出されても、常に対応するわけだから、一か月、専従として、手取り25万円ぐらいは、もらっているのでしょうね。年金もあるとすると、御の字の仕事となるでしょう。共産党は、資金力が大きい筈だし、さらに、特殊な処(?!?!?)から、裏金も入っている筈だし、彼に年間、300万円を使うのなど、軽い出費なのでしょう・・・・・・』などと、考え続けていたのです。

 ところで、彼が立っている場所ですが、明瞭に浜銀の前です。ほかに、その手の政治運動を行う、場所として適切なところはあるのですよ。で、選挙運動をする人々は、そういう場所で、立っています。それらは、所有者が居ない場所です。ロータリーの、車道に近い淵には、所有者が居ないわけですから、そこに立っています。大きなロータリーですから、円周は、長いのです。

 しかし、その攻撃用専従者のおじさんだけは、常に、浜銀の前に居る。それは、浜銀さんが、例の鎌倉エージェント(伊藤玄二郎と、井上ひさしに代表をされる組織だが、前田夫妻とか、安野夫妻とか、石塚雅彦さんとか酒井忠康氏とか、野見山暁治さんとか、種々の協力者がいる組織である。警察もその配下に屈している)と、連携を重ねておられるから、許可を与えていると、推察されるからです。

 でもねえ、みっともないですよね。資本主義の牙城が、共産党と、協力をしているのです。昔は、銀行が閉まってから、豊島屋のシャッターの前で、同じ運動をする、10人ぐらいが、ろうそくをもって、歌を歌っていました。しかし、それも、上からの命令で、対、私狙いで、動員されたというのが、見え見えで、したがって、力が無いのです。いやいや、やっているので、まるで、幽霊みたいです。で、それを書いて居るので、こちらのおじさんに、変更になったというわけです。このおじさんの方が、専従になるぐらいだから、教養がない感じで、したがって、たくましいので、エネルギーは、以前の連中よりは、ありますね。

 しかし、銀行の前に、共産党が居るという事は、共産党の、現在の姿を反映しているとも言えます。共産党とは、現在の処、CIAの手下として、最も都合よく、動かせる、大衆組織となっているからです。

 私は、美容院から、トボトボと言う感じで、浜銀・鎌倉支店の前まで、10mの近さに近づいて、そのおじさんがいないことを確認しました。すると、何故か、しゃんとしました。

 私は後で、述べる渡辺賢司、他に、十重、二十重に、悪人たちに囲まれて、自由を奪われています。しかし、あの署名を求めているおじさんも、渡辺賢司と言う人間も、もとはと言えば、普通の人なのですよ。それが、洗脳の結果、自分は正しい事をしていると信じ切っていて、威張っています。それに対する怒りがわいて生きて、突然にしゃんとしました。このおじさんの写真は、どこかにある筈なので、いつかは曝します。

 どうして、しゃんとしたかと言うと、思い出したからです。彼等にとっては、すべては、ゲームなのだという事を、です。人を殺すことも、彼等には、ゲームなのです。渡辺賢司が、午前、10時半に、布団を大きな音で叩いて、私を起こした件もそうです。前の日に、三原橋交差点際で、車にはねられて、警察から、「交通事故にはしないで置きましょう。示談にもしないでおきましょう」と言われて、その詳細を、フレッサイン、京橋で、寝ないで書いて、始発電車で、東京駅から、鎌倉へ、帰宅をして、朝の8時半にやっと寝入ったのですよ。それを、起こしてやろうと、する悪意に満ちたゲームなのです。誰が、提唱した? 前田夫妻でしょう。彼等夫婦は、パペットとして、普通の人を、私兵として使いますが、その際に、如何にも楽しいゲームなのですと、いい聞かせるのです。それは、15年以上前に、ペンキ塗りお当番と言う形で、自分たちが盗んだ土地を、洗浄化して、公的に正しいものとしようとしたときに、明白に分かりました。当時は、ブログをやっていませんでしたので、泣き寝入りです。しかし、その様な悪辣なことをするから、鶴岡八幡宮の、大銀杏は倒壊したのです。前田清子さんを、八幡宮様は、推薦して、國學院大學の講師にしていますでしょう? 白井宮司の時代でしょうが!?!?!

 悪事をゲームとして行う、そういう連中と比較をすると、私は、どれほどに、まじめでしょうか? だからこそ、神様は、絶対に、私の方の、お味方をしてくださると、信じています。悪人たちは、ゲームとして、人を殺していくのです。それらの、連中と比較をすると、自分の方が輝くべき存在です。そこまで、あの原水爆禁止運動おじさんが、居ないことを確認した途端に、思い出し、従って、しっかりと、自信を取り戻しました。

~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『ここが、摩訶不思議な事なのだが、攻撃者がいるから、私が失墜し、弱体化するというわけでもないのだ。攻撃者が居るから、私は元気にもなるし、気力が横溢して来る。特に、この浜銀鎌倉支店の前で、原水爆禁止運動の署名を求めているおじさんほどに、ちんけで、目的がまったく別なのに、善人を装っている男みたいな人間に出会うと、たちまちに、しゃんとして、元気いっぱいになるのである。・・・・・そして先ほどまでの、トボトボぶりが、すっと消えてしまい、私は、74歳の女性としては、驚くほどの、余裕をもって、浜銀・鎌倉支店内に入った。一万円が帰ってこなくても、それは、また、ブログの種になるし、いろいろ、すべての物事はプラスとマイナスがあるわけだし・・・・・と、考えていくと、落ち着いて来る。

 そういう私が浜銀の鎌倉支店内に入ると、驚いたことにシャッターが開いていた。理由は、突然に、閉まらなくなったという事だった。『うん、本当かな?』と思うが、喧嘩を売るつもりはないから、そういう言葉は出さない。思って居る事でも、取捨選択をする。

 ただし、その瞬間に、一万円が戻って来るだろうとは、確信をした。その点では、浜銀さんは、善人だった。100%の悪人ではなかった。または、警察がそうであるのか。警察が、100%の悪人ではないという形をとったのか。その詳細は、後ほど、説明をさせていただきたい。

 さて、21日も、午前、1時になりました。ここから先、本当は、ストーリーテリングの才能があると言われている私としては、面目やくじょと言った、次第で、詳細を語って行きたいところです。しかし、本日は、上の方で、大量に加筆をしました。脳内に、疲労物質がたまり切っていると、考えております。 

 で、浜銀さんから、一万円を無事にいただいた話は、また、別に日に、別の章で、語るとさせてくださいませ。しかも、その機会が有ったらとさせてくださいませ。で、この章は、ここで、終わりとさせていただきたいです。実は、私の頭の中では、浜銀さんよりも、今は、渡辺賢司の方が、書くべき対象として、大切になってきているのです。彼が、私の目の前で示す態度は、彼等・鎌倉エージェント側の、現在の方針を反映しているので、とても重要なのです。それだけ、単純な生活ぶりの男なのです。で、判断材料として貴重なので、彼に意識が向かっています。しかし、無論のこと、今、それを書き表すわけではありませんが。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延部、訪問回数は、4034815です。

  2017年5月20日から、21日にかけて、これを書く。雨宮舜(本名、川崎千恵子) 

 

後注1、

17-4-13のNHK newsに、逗子警察署が登場したが、その頃、そこに私は呼ばれていたのだった。が、謎がいっぱいある話だった?  2017-05-10 23:24:47 | 政治

後注2、

三菱の通帳が、浜銀の私の貸金庫から紛失した件は、真実を書く私への浜銀さんの復讐ですか? +谷垣禎一の死(?)と山東議員の去就  2017-05-12 19:33:41 | 政治

後注3、 

出演テレビ番組、特に、 

教養番組[編集]

  • 趣味どきっ!中村獅童のいざ歌舞伎へ(2017年2月・3月期、NHK Eテレ) - 案内役

後注4、

 

信大生は、轢き殺された筈-3・・・・・NTTdocomo大船笠間口店で、異様な現象に出会い、急きょ、それを分析しないといけなくなった。  2017-03-21 20:44:20 | 政治 

コメント

高須院長、蓮舫議員と大西議員を提訴、・・・・・獅童君が肺せん癌にかかったと、聞きましたけれど!

2017-05-18 22:03:25 | 政治

 今は、19日の夜9時半だが、今から、以下の文章の、推敲と加筆を行いたい。その部分は、整える程度の内容では、アンダーラインを敷き、重要な加筆部分には、青色の、フォントで、表して置く。と言う前置きを置いて、初稿のトップへ戻ります。

 先ほど(と言うのは18日の事ですが)、夜の8時ごろ、パソコンを開けて、インターネットを開くと、*****罫線以下のニュースが出ていました。マイクロソフトEDGEは、MSNと言うサイトが、トップぺいじとなっていますが、そこに、出ていたのです。

 高須院長が、永田町の議員を訴えるのだそうです。しかし、これは、ためにするニュースとか、ためにする訴訟であって、狙いは、別のところにあります。私が昨日、高須院長の、実質的な妻である、サイバラ理恵子さんが、恐ろしいやり方で、私の長男の、職を奪ったケースを下書きとして、リンク先を集約していたからです。それを公開させないがための嫌がらせとしてのニュースでしょう。

副題1、『【さいばら茸】と言う、サイバラ理恵子の、漫画をアンソロジーとして編んだ、本を読むと、西原理恵子さんは、3年ぐらい前に、久しぶりの事として、四国へ帰郷をしている。

 その際に、法事用の、返礼品を、横浜駅東口にあるポルタと言う商店街で、買い求めた可能性が高い。それは、漫画には書いて居ないが、その筈である。その可能性について、上に挙げた、ニュースは大きな傍証づけとなる。で、私は、子供や、孫が、激しい弾圧と攻撃にさらされている苦しみについて、書いて居るシリーズの中で、淳々と、順を追って、書いていくつもりだったが、間を抜かして、サイバラ理恵子さんが、行った、恐ろしい罠を、語る事とした。それを、18日発のブログとしたい。

 ただし、このブログ文の前置きとして、私は、日付だけは、17日だが、公開したのは、18日の夜9時に入ってから、=こちらの文章の直前のものとして=、以下のブログを書いて居る。短いが、こちらの文章の、前置きとしては、それが、ふさわしい。

刑事が変装した、ファンを名乗る女性安藤てる子が、水先案内人となって、子供や孫が、多大な損失をこうむっている。  2017-05-17 22:05:43 | 政治

  西原理恵子さんについては、映画が、何本もできている。それによると、大きな川の傍に彼女は、豪邸を建てて住んでいる。

 横浜駅東口のポルタで、法事用の返礼品を買うためには、彼女は、少なくとも、多摩川の沿線か、鶴見川の沿線に住んでいる筈だ。で、彼女のあの豪邸が、どこに建っているのかを、調べたいと、切に願っていた。しかし、電話が盗聴をされており、尾行もついているので、すぐ、何をしようとしているのか、推察されて、邪魔が入るだろうと、思って、未だに実行をせず、彼女がどこに住んでいるかを知るのは、諦めている。

~~~~~~~~~~~~

副題2、『小泉今日子と、永瀬正敏が、主演した映画で、見ると、そこは、多摩川の上流であるがごとくに見えた。そうなると、彼女が、法事の返礼品を買うために、横浜駅東口のポルタまで、わざわざ来る可能性は、少ない。しかし、誰かから、教唆をされて、私を弾圧する為に、私の息子から、その収入の道を断ツために、職場を追い出す必要があって、それに、協力をしてほしいと言われたら、どれほど、遠くても、彼女は、ポルタまで、買い物に来るだろう。

 法事の返礼品としては、お茶が好まれているそうである。横浜駅東口の商店街、ポルタには、お茶類のパッケージをモダンにしたシリーズを売り物にしている、【三国屋善五郎】と言う会社が、出店をしていた。

 このお店だが今はない。しかし、それが、閉店を、してしまったと言う事も、私は、私の想像を裏付ける、傍証づけになっていると、考えている。なお、これは、非常に重要だが、私の息子は、私からは、独立して生きているので、この件に関して、一切の愚痴を言ったことはない。

 ただ、私は、勘が非常に鋭い。そして、直感で語っているのだが、この件は多分正しくて、それを、これから、淳々と、説明をして行きたい。淳々と説明をして行きたいのは、私への弾圧が、子供や孫をいじめることで、効果が上がると考えられていて、そちらに攻撃が向かっている事の、不条理を語りたいのだが、ともかく、この、サイバラ理恵子の一件だけでも、膨大な、文章が傍証づけには、必要となるので、今から、それに取り組んでいきたい。

~~~~~~~~~~~~~

副題3、『母親とは、母の方が、60になっても、70になっても母なのである。子供が、40を過ぎても、母は、母なのである。そして、離れて住んでいても、息子や娘に異常があると、どことはない勘で、それを察知するものだ。

 私が過去に書いた文章の中で、結構な、人気があるブログとして、以下のものがある。

まつりさんは性格が悪い?。自殺は、母にも遠因があるのでは?・・・・・母って胸騒ぎがするものなのですよ△  2016-11-12 20:00:14 | 政治

  これは、省略されて総タイトルが出てくると、相当に誤解をされる可能性のある総タイトルだ。で、変えようかと、思う時もあるのだが、忙しくて、そのままにして置いてある。自殺したまつりさんの性格が悪いなんて言ういい方は、角が立つという以上のものだ。だが、それは、私の意見ではなくて、ネットで、一時期そういう情報が出回ったので、それを導入して語っているだけで、まつりさんは、かわいそうな女性だったと、つくづく考えている。

 この事案は、結局のところ、母親の方に問題があると、私は考える。まつりさんは、母子家庭だが、父親についての説明が一切なかった。と言う事は、離婚があった生別で、しかも、まつりさんが、非常に小さいころの離婚であり、まつりさんは、父親と言うモノ(=男性と言うモノ)に接してこない、成長期を送ったゆえに、セクハラに、免疫性が無かったのだろうと、私は、語っている。それ以外にもあの電通の過労死問題は、報道をされている通りではないと、感じている。あれは、私が、息子への、残忍ないじめを書いている最中に発表をされたので、

 「お前の息子には、法的な補償が下りないのだよ。だけど、こっちには、大金が下りるのだ」と、言う側面を、誇示するためのニュースだったと、思って居る。母君がものすごく美しい状態で、ニュースに登場し、しかも、自殺直後ではなくて、10か月も後の、炎上的ニュースだったので、ためにするニュースであり、私狙いのニュースであったと、思って居る。

 ただ、私が最も問題としたいのは、母親として、まつりさんの母親は、間違っているというか、母には、未だなっていない女性であると、思って居る。どういう職業だったか知らないが、小さいころから保育所に預けてしまうと、母親の方が、母親にはなれない。その上、美貌を売り物にして、夫より、セックスの上手な男性に目移りをしたなどと言う傾向が裏にあったら、ああいう結果になると、私は思う。

 もう一度言おう。息子が、私に電話をかけて来たわけではない。しかし、何か、異常なことが起きているという事は私にはわかった。

~~~~~~~~~~~~

副題3-2、『19日に加筆をする部分、として、NHKニュース7時に高橋まつりさんの母、幸美(ゆきみと読む)さんのインタビューが突然に、報道をされた。その内容では、母君の職場は、弁護士事務所か、司法書士事務所か、または、大学であると、推察される。つまり、母親も優秀なキャリアーウーマンであり、娘も東大卒だ。どうだ。おまえ、負けているだろうと、言う趣旨の報道だと思う。それと、その報道が、私が、このブログの、副題3を書いたから、その内容を否定するために、設定されたものだと、思って居る。だが、そういう方向は、私の文章を正面から、否定するというよりもいつも通り、周りから、締め付ける形であり、なるほど、例の連中が考えそうなことだと、私は、思って居る。そして、常に、このブログを閉鎖させようとか、私を暗殺しようという方向で、NHKニュース番組は作られる。その母君の、インタビューは、7時のニュースの二番目の置かれていた。しかし、電通のこの問題は、本日、19日に何らかの進展があったわけではない。ただ、ただ、私が、この文章を昨日描いたから、そのニュースが、急に設定され、報道をされた。なんと言おうか。私は、それほどに、自分が、大物なのだと、思うという形で、それをやり過ごしている』

~~~~~~~~~~~~~~

副題4ー1、『私は、CIAの大エージェントである、瀬島龍三達が、北久里浜における、横須賀市の水道山を、地籍変更届と言う仕組みを利用して、一銭も、身銭を切らずに、自分のものにしていしまった件で、「地籍変更届に実印を押してくれ」と頼まれたのだが、彼らが申し出でた理由が、書類の、中身と100%違うので、驚いて、調べ始めて、彼等の悪巧みが全部わかってしまった。それ以降、いろいろな面で、車で、轢き殺されそうになったり、子どもへの復讐も行われることとなった。その一つが、ちよこれーと遊びなので、LATESTの、転入者である関本夫人には、絶対に言って置きたいが、「私の息子の職をうばう様な、悪人と、組んでおられるのですよ。あなたは」と。その上、「いじめの量が大きいと、悪くすると病気に成ったり、死ぬのですよ」とも、言っておこう。→

~~~~~~~~~~~~~~

副題4-2、『これも19日に入って、加筆をする事だが、中村獅童君が、肺せん癌にかかっていて、6月の芝居には、休演すると、発表をされた。これは、どういう事だろう。そんなタイミングで、それを発表するなんて。

 ところで、中村獅童君も、ものの見事に、伊藤玄二郎達と、与している、歌舞伎俳優(または、人間としてもなのだが)であり、今まで、一種の特権を享受していた存在なのだが、伊藤玄二郎たちと組むと、その人物に、悪い事が現れるの、これまた、典型であると、思われる。私は、獅童君が、病気になったのを喜んでいるわけではない。

 だが、イギリスの、ウィリアム王子が、初来日されたときの、獅童君の優遇ぶりには、非常に驚き、このブログの、下書きボックスに、それをメモして入れたことがある。ウィリアム王子の初来日も、17日に突然に発表をされた眞子さまの婚約と同じく、裏で、鎌倉エージェントが噛んでいるのは、確かである。だから、2015年の2月末には、それに関連したニュースを注目をしていたのだけれど、英国大使館での、レセプションの様子が、ニュースとして出てきた時の驚きは、半端ではなかった。局は、NHKだったか、民放だったかは、忘れたが、こういうところに、お招きを受けるかどうかが、その人が、本当に上流階級の、一員であるかどうかが、判る、分かれ目なのである。

 ところで、そこには、日本の上流階級で、イギリスと、関係の深い人が、多数参加していたと、推察されるが、本物の上流階級はテレビ画面に映ることを好まない。それで、報道陣は、招かれている人物の内、芸能人を主にカメラで、捕らえた。その芸能人なのだけれど、招待客のトップとして、登場したのは、黒柳徹子さんだった。トットちゃんが、イギリスとどういう関係を持っているのかは知らないが、書物が、英訳をされて居て、イギリスで、人気を博した可能性はある。その次のお客として紹介をされたのが、獅童君だった。獅童君自身は、「父親が、歌舞伎界に居なかったので、自分は冷遇されて苦しかった」と、あっちこっちで、語っている。 

 しかし、ここ10年は、鎌倉エージェントの支援を受けており、抜群に優遇をされて居る。獅童君の、最近の活動で、もっとも目覚ましいものとして挙げられるのは、絵本【あらしの夜に】を歌舞伎化した事だろう。その作り上げる過程がNHKに取材をされて居て、特別番組として報道をされた。同じころ、猿之助も、新作舞伎【ワンピース】を作り上げた。しかし、その制作の裏側は、NHKが,取材をする事は無くて、従って、番組として、報道をされることはなかった。

 なぜ、獅童君が、優遇されるかと言うと、多分だが、私が中村嘉津雄について、いろいろを書いているせいだと、思われる。1957年に発表をされた、家城巳代治監督の、異母兄弟が、テレビで放映をされて以来、40年間にわたるファンを自認している。鎌倉に住んでいると、氏が、ランニングをしているのに、正面から出くわしたりするし、2009年までは、私は、自分が、ぼんぼり祭りに、奉灯をしていたので、ぼんぼりを丁寧に、全部見ていたのだけれど、中村嘉津雄さんのぼんぼりには、いつも心打たれていたし。私が心よせる人物には、すぐ、伊藤玄二郎が、飛びつく。その典型が谷垣禎一さんなのだけれど、谷垣さんは、2008年以来、突然に、人が変わってしまった。そして、死刑執行八人等・・・・・(これは、レオスカラックス監督の大反日映画TOKYOの第二部と、関連するので、ゆゆしき、レベルの、反日本国的、かつ、反日本人的行為の典型なのだけれど、それ)・・・・・をおやりになり、その他、菅直人首相への不信任案提出など、ともかく、伊藤玄二郎達の、発案通りに、行動なさった結果、すでに、死亡されていると、私は、思う。が、伊藤玄二郎と与すると、そういう悪い事が起きると、私が書くはずなので、それを恐れて、死亡が、発表をされて居ない。お気の毒な事に、自民党葬さえ、行われていない。

~~~~~~~~~~~~~

副題4-3、『歌舞伎座、5月公演、昼の部は、一時間早く終わる様に設定をされて居る。どうして、そうなっているかと言うと、これも、対、私いじめなのである。明確にそうなのだ。それを、これから、語って行きたい。獅童君の病気が公表されることが無かったら、語らなかったと、思うが、それが、公表されたので、こちらも、それについて、語って行きたい』

 獅童君が、直接に私と関係をしたことはない。しかし、2017年三月以来、驚くべきやり方で、松竹全体が、私へのいじめをやり始めた。2年前の2015年から、急に歌舞伎座の、トイレ内に、禁煙マークを、貼る様になったのも私いじめなのだが、それが、進展も進展をして、この3月には、「大きな荷物を持ち込まないで、ください」と、放送をされるまでになった。

 私はドイツ製(REMOWA)のアテンダントバッグが、軽いので、3万円もするが、二つ買って愛用をしている。特に子供用と言うのは、とても小さくて、歌舞伎座の座席の下に、すっぽりと入る。そして、最初の内は、女性スタッフが、それを勧めてくれても、いたのだった。そのうちに、ロッカーがある事に気が付いて、ロッカーに入れたりする。泥棒が入るので、通帳類とか、USBメモリーとかパスポートまで、持参をしている。それに、急に一幕みを買うかもしれないので、最近では、ニコンの、双眼鏡をいつも帯動をしている。その上、歌舞伎関連の、書物、(たとえば、俳優年鑑等も、常に帯動をしている。この俳優年間だけど、仁左衛門が表紙を飾っている、2017年度版は、すでに、盗まれている。何が盗まれているか、想像もつかない様なものが盗まれる。

 ところで、双眼鏡だが、テロ等準備罪では、双眼鏡を持っている人間も、逮捕されるそうだ。たぶん、私狙いなのだろう。どうしてそういう事になるかと言うと、やまゆり園事件について、私が、書いて居ることが、全部正しいので、それを、裏で、ひそかに発案した、井上ひさし(彼は、まだ、生きていますよ)が、シャカリキになって、復讐しようとしているのだ。だから、文化人13人(中には、こばやしよしのりも含まれる)が、その法案に、反対しているというわけだ。その13人は、すべて、井上ひさしが、どうにでも、動かせる、連中なのであろう。御用学者と言うか、御用評論家なのである。そして、「お前なんか、外ずされているのさ。誰も、味方をしてくれないんだよ。あ、は、は」と、かんら、かんらと、私を、あざ笑っていると、推察している。

 ところで、「大きな荷物を持ち込まないで、ください」と言うのは、劇場内放送と言う仕組みの嫌がらせであり、京急、東急、東京メトロや、JR東海道線などでも、放送をされて居る、「不審者(=テロリスト)を見つけたら、と、同巧異曲なものである。

 しかし、この五月には、とんでもない、新しいいじめが用意されていた。まず、第2週には、夜の部の、切符が、買って在ったので、それは、見ている。そして、昼の部だが、第三週の、16日に、前の月内に、予約切符を買って置いた。

 しかし、三日前になって、急に、その日に歌舞伎座へは、行かれないことが判明をした。

 私は、私が歌舞伎座の予約券を買った後で、それが、決まった様な気がするが、そうではなくても、ともかくの事として、その日は、歌舞伎座に行けない事が後で、判った。理由は、主人の診療が同じ日に入っていたのだった。私は、それを避けて、いつも、切符を買っているので、非常に、驚いた、これほど、見事に、見るのを疎外されたのは、初めてだった。

 しかし、彼等の悪意に、どっぷりとはまってしまうと、彼等は、大喜びをして、さらに、大きな攻撃をしてくるので、ともかく、その悪辣な罠に、「はまりませんよ」と言う意思表示をしないといけないと、思った。一番いいのは、一幕みで、先に見てしまう事だった。で、16日の前の日、15日に、外出した。しかし、鎌倉駅にも監視カメラがあるし、「主人に向かって出かけて来るわよ。留守をお願いします」と言うわけだし、

 私が外出した事が判ると、彼等は、突然に、防衛体制(と言うか、さらに大きな攻撃態勢)を取った。すなわち、一幕見さえ、見られないという措置だ。歌舞伎座につくと、すでに、満員札止めですと、言われた。そんなはずはないのだ。実際に、18日に行ったら、最初の演目には、一幕み客は、非常に少なかった。

 どうしてそういう事になるかと言うと、その演目【石切り梶原】の主役は、新・竹三郎と言って、実力はあるが、マスコミ露出の少ない人であり、地味なのだ。次の演目に出演する、海老蔵など、今は、妻の病気で、大きな注目を集めているし、相手役を務める菊之助は、吉右衛門のお嬢さんと、結婚をしたので、今、一番日の当たる役者となっている。で、その二人が出る、【義経千本桜・・・・・吉野山】は、一幕みのお客が一杯詰めかけている。

 ともかく、彼等は、「お前の意図なんか、判っているさ。それを、やらせてなるものか」と言う勢いで、16日に、見られない様にされたのだから、15日のうちに、見てしまおうと、した願いは、はねのけられて、私は、やっと、三演目、目だけを見ることとしたのである。そして、「どうせ、明日は、ここへ、来られないのですから」、と言って、隣に並んでいる女性に、次の日の予約券は上げてしまった。

 しかし、不思議なことに、昼の部が、いつもより、一時間も早く終わるのだった。何となく、16日に、主人の診察が終わってから、歌舞伎座まで、来ても、いつもと違って、一時間早く、終わっているので、見られないという事(イコール、大きな失望を味わうようにさせられている)を狙われているのではないかと、推察した。

 その日は、その推察だけで終わり、単純に、帰宅したら、主人が、「明日はついてこないでいいよ」と言う。『あれ、そうなると、切符を上げてしまったことはマイナスだったなあ』と、苦笑をするが、月曜日と、火曜日に連続外出をしているので、水曜日はおっとりと、家にいることとした。主人が、そうすると、機嫌がよいのだ。 

 17日に行ったのだけれど、再び、一幕目を見ることができず、従って、美術展へ行くことには変更をしたのだった。その結果、ニューヨークのボヘミアン(芸術家の事)の、懐事情と、それに相反する、誇りについて、新しい一本が書けている。しかし、まだ、それも、最後までは、到達していないのだが、途中に、ニューヨーク、クィーンズ地域を走る幹線道路、ルーズヴェルトアヴェニューが、従軍慰安婦通りと、名付けられた原因やら、理由を語り始めている。(後注1)へ

 そういう風に流れるという事が、私がよく言う、神様の保護や、おん見守りの、一例なのだけれど。しかし、反対側の悪魔側の、心理の汚さは、私の想像した通りだった。18日になってやっと理解が進んだのだけれど、途中の休憩時間が、いつもは、30分以上取ってあるのに、20分程度だった。35分採っている場合は、25分に、ちぢめられていた。

 皆様には、理解ができるだろうか。そこまでして、意地悪をしたいと願う彼らの悪辣さ。

 ところで、獅童君の、病気に戻ろう。これもひっかけだったら、彼等の悪辣さも極まれりだが、本当の病気だと仮定をして、もし、獅童君が、伊藤玄二郎とかいまだ生きている井上ひさしの発案に基づく、これら、上に挙げたいじめを、行う様に、伝達をする役目を担って居たら、どうだろう。2016年、7月の、予約券は、二日しか残っていませんと言われて、二日に、昼の部も夜の部も見たのだけれど、その間に、ダッカ襲撃事件は、起こされた。

 切符は、二日しかないのですよと、彼女に行ってくださいと、松竹の幹部に連絡をする係が、獅童君だったら、どうだろう。ダッカで、犠牲になった人々の死に、獅童君が、関与したという事となる。そうなると、獅童君に、禍が、降り注ぐのもいつぃ方のない事となる。

~~~~~~~~~~~~

副題4-4、『ここで、4-1の文末、矢印の処へ戻る』

 → 関本夫人に、言いたい。「ともかく、あなたの家の前の住人である浅野家は、お嬢様を彼ら、鎌倉エージェント達、特に前田夫妻と、安野夫妻の、スパイとして提供されたのだが、母君は、クモ膜下出血を患われたそうですね。そして、浅野夫人は、命は助かりましたが、他に、たくさんの人が死んでいます」とも。

 しかし、もっとすごい事が裏で行われていた可能性もある。小学校六年の時に、私の息子は、私学受験をしているが、不合格だった。こういう事は、調査しにくい事であり、泣き寝入りをしているが、その後の展開を見ると、どうしてもそういう風に、考えざるを得なくなってくる。

 それは、ご近所で、うちの子に引っ越してきた途端に、暴力的リンチを施した、三人の少年のうちの一人である、安野家の次男が、おいちに、おいちにのあひるさんと言うほど(と言う事は、通信簿に1と、2しかないということ)に、成績が悪いと、言うほど有名だったのに、国立大学の付属高校に入学したという怪奇現象があるからだ。

 その頃、継母である安野夫人は、伊藤玄二郎の元愛人であることを、自ら名乗っている石川和子さんと、タイミングを計って、傍の道を通る、私に聞こえる様に、「国立大学付属高校、ご入学おめでとうございます」と言い合ったのである。そして、その同じころ、我が家の長男は、5と、4しかなかった通信簿が、すべて、4と、3に変更になってしまった。全教科においてである。強者(CIAのエージェント)の恣意は、おそるべしだ。

 この件は、その後、何度も書いて居る。それで、急に横浜国立大学に付属高校が設置される事となった。どうしてそうなるかと言うと、安野夫人と、石川和子さんの発言は、一種の嘘だからである。東京の国立大学付属高校で、男子が、入学できるところは、筑波大学付属高校と、学芸大学付属高校しかない。安野家の坊ちゃんの入学した学校は、そのどちらでもなかった。だから大ウソつきなのだけれど、つじつまを合わせるために、横浜国立大学に、付属高校を作ることにしたのである。それをさしあたって、光陵高校にしてあるそうだ。しかし、埼玉大学にも付属高校はないし、千葉大学にも付属高校はない。鎌倉エージェントたちの、いい加減さと、嘘つきぶりは、おそるべしだ。そして、安野君の入学した高校とは、光陵高校でもない。

 まあ、彼等のご都合主義と、嘘つきぶりは果てしがないほどだ。ところで、2014年6月9日に、この安野家に、白井小野寺夫妻が上がって、お寿司を取り、6時間も一緒に居た。その時点で、白井小野寺夫妻は、すでに、引っ越してきてから、三年はたっていたと思うが、どうして、あの一家を信じられるのかが、こちらには、それこそが、信じられない事である。

 だからこそ、白井小野寺夫妻は、旭化成建材の杭うち疑惑問題を、提案することができたのだろう。それも、一種の嘘だけれど、平気で、嘘をつき合う、恐ろしい人達である。ところで、【らら横浜は、400億円かけて、建て直すそうだ。驚くべき無駄遣いだ。嘘を真(まこと)として行くために、ただ、ただ、大金を使って、穴埋めをして行こうとする人達よ。彼らは、自分たちのことを、私より上であると、思い込んでいるみたいだけれど、恐ろしいグループなので、「その圏外に居ることは、本当に幸せだ。神様に感謝したい」と、日ごろから、思って居る。

 うちの子に戻ろう。高校と、大学へ進学する時は、安野君ほどの、見事な対象例がないので、判らないが、新卒時の、就活時にも妨害を受けたと、感じている。

 では、時枝裕子さんの、言う様に、文章を書かないで居たら、いいのだろうか? 攻撃や、弾圧を招かないで、済むのだろうか? それについては、私も、迷った時期はあった。しかし、彼等の心性は、一般人のモノとは違うので、魚心あれば、水心ありは、通じない。異様な悪魔性を持っているので、少しでも、このブログで、政治を離れた文章を書くと猛然たる攻撃が始まるので、一瞬の気の休みもなく、政治的な、分析を続けないといけない。その結果、もし、こういう文章を書かないで居たら、私への弾圧は、もっとひどいものになっていたと推察されて、誰にも知られない形で、すでに、殺されていたと、推察されるからだ。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『新卒・就活時に妨害を受けた息子は、私の従兄弟である守田浩氏が、重役をしていたかどや製油に入社することができた。少し、サイバラ理恵子問題から離れるが、順を追って、書くという意味では、この会社での、処遇とか、そこを辞めた別の人間が非上場だけれど、かどや製油の五倍くらいの規模を持っている竹本油脂に、就職した件、他があって、やはり謀略だったと、感じている。真実を知っている私が、母であるだけで、これだけの、弾圧を息子が受けるのは、本当に理不尽である。で、数日前に、書いた文章を、ここに、再度、公開する。長谷川智恵子女史の、茨城県教育委員としての、「障害児は、妊娠中に中絶してしまいましょうと言う発言も、対、私いじめであり、その頃にはもっと詳しく、このかどや製油時代の、息子の処遇について書いて居るのだが』

 いったん、ひっこめていたブログを再度公開します。

郵貯と野村HDとの合併ーその2・・・・・マンションローン控除とは、息子をいじめるための発案だった。  2017-05-17 17:31:41 | 政治

  その後半に、楽しかった時期のかどや製油勤務を書いてあります。中枢の業務である広告も任されて、その潜在的な頭の良さと、その優しい性格をめでられていました。その頃、小林カツ代さんの、息子の、ケンタロウ君を、見出してあげて、テレビでは、小林カツ代さんを使うが、紙の媒体では、ケンタロウ君を使ってあげたそうです。だから、けんたろう君のデビューと、ブレイクのきっかけを作ってあげたのです。こういう事も、隣地の事も息子本人からではなくて、別ルートで、耳に入ってきているのです。が・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『ケンタロウ(小林カツ代さんの息子)が、交通事故に出会ったと、聞いて、なるほどと、思った。・・・・・小林カツ代さんは、マガジン9条の会を作り、かつ、神楽坂女声合唱団を組織して団長だったそうである。この9条の会、および、美術9条の会は、例の鎌倉エージェントの私兵であって、美術9条の会など、それを利用して、私を疎外し、死滅させようとする会なのである。それを象徴するのが、一ノ瀬智恵子さんであって、

  ここから先ですが、20日に書きます。もしかすると別章を立てます。本日は獅童君の病気と言う新たな情報が入ったので、そちらに力が、取られました。恐れ入ります。

後注1、 

Saul Leiter の天蓋は、傑作だと、思います。・・・・・ NYの或る道路が、従軍慰安婦通りと改名される? その原因は?   2017-05-13 22:41:29 | 政治

    なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、4029851です。
                   雨宮 舜 (本名 川崎 千恵子)

 

********

高須克弥院長、大西健介民進議員と蓮舫代表を提訴へ 厚労委の「陳腐」発言で名誉毀損と損賠1千万円  

産経新聞

2 時間前  と言うのは居間の時間は、2017-5-18の、22時

 

© 産経新聞 提供 高須克弥氏(春名中撮影)

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が18日、17日の衆院厚生労働委員会で民進党の大西健介議員が美容外科の広告に関連する質問の中で、同クリニックのCMを「陳腐」と発言したことに対し、19日にも名誉毀損(きそん)で1千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴することを明らかにした。党代表としての責任を問い、蓮舫氏に対しても連名で提訴するという。

 大西議員は厚労委で、エステ店が系列の美容外科に顧客を引き渡す悪徳ビジネスが誇大広告で集客している実態について質問。その中で、「大量の陳腐な」テレビCMを流している美容外科があるとして、「皆さんよくご存じのイエス○○クリニックみたいに」と発言した。

 高須院長はその発言に激怒し、18日のブログで「高須クリニックはエステで集客しない。誇大広告のチラシもまかない。きちんと落とし前をつけてもらう」と記載した。

 厚労省によると、医療法では、医療機関の広告に記載できる項目は診療科名、診療時間などに限定している。顧客の健康への影響が著しく、広告だけでは専門的判断ができないためだという。

 大西議員は産経新聞の取材に対し、「(提訴)内容を聞いていないので詳しく言えない。質問では高須の名前を出しておらず、(提訴は)誤解に基づいている。法律上、名前と連絡先しか連呼できないCMがあるのは現実だ」と話した。

 高須院長は取材に対し、「謝罪を求めたかったが、裁判では金額しかないというので、1千万円を求める。大西氏は党を代表して質問した。党首もOKしているはずだ。民進党が攻撃だけで好き勝手言っていて、自民党が応戦一方で反撃しないから、国会での発言が言いたい放題なことに前から怒っていた。庶民でも怒れる、対応ができるのだと伝えたい」と話していた。

コメント

刑事が変装した、ファンを名乗る女性安藤てる子が、水先案内人となって、子供や孫が、多大な損失をこうむっている。

2017-05-17 22:05:43 | 政治

副題1、『この章を書く前のお断り』

 これは、16日に書き始めた章の、推敲や加筆を兼ねて、整理して行く文章の、一環です。で、前報(後注1)の続きです。前報は、因果関係が、完結していないところで終わっていますが、時枝裕子さんとのエピソードを書くのに、疲労困憊をしてしまいましたので、そういう状況で止めました。

 しかし、つらい思い出が頭に浮かんだ限り、それを書き表してしまわないと、先へ進めないのです。しかし、途中で、疲れ果てて、最後まで、書けないと、読者の皆様には、他人の悪口ばかり書いて居ると、言う感想をもらっただけで、事が終わってしまうでしょう。特に、こちらにどういう被害があるのかと言う事について、今までは、触れていないので、私の方が一方的に悪人と見えたと、感じています。しかし、とうとう、私の被害について、正直に書き始め、今、その深淵に触れ始めているところです。

 しかし、それは、2014年五月末のひどいひっかけ(雪の下で出会った)とか、2014年6月13日の保土ヶ谷の、げらげらと言うネットカフェでの、恐ろしいひっかけとか、2016年7月26日のやまゆり園事件とか、種々の恐ろしい経験を通して、獲得した姿勢であって、以前は、違っていました。特に警察が、あくどい事をしているという部分は、あいまいに書いて居たのです。

 今般も、横浜銀行鎌倉支店に持っている、私の貸金庫#2931に入れていた、三菱銀行の通帳が盗まれているという、恐ろしい現象にであって、とうとう、・・・・・・それもきっと警察がやっています。だからこそ、浜銀は、協力をしているでしょう。裏から自由にあけられるシステムになっていますが、それでも、裏の部屋へ、警察を入れ込むことは、なかなかの、出来事ですよね。すごい事をおやりになっているけれど、浜銀さん一人で、それをやってはいないでしょう?

 私はもう一つ持っていて、そちらの方#1331には、いつの時点かはわからないものの、図書館から、「まだ、返しては、ありませんよ」と、言われている雑誌【演劇界】が、入れ込まれているのが、9月に、発見をされました。図書館の雑誌ですが、駅に置いてある返却ボックスに確かに入れたのです。・・・・・それ以外にもいろいろ、恐ろしい事が、浜銀を舞台にして起きているからこそ、今般の、通帳を盗み出すという案件にも協力をせざるを得なかったのでしょうね。・・・・・と、書いて居ます。

 と言うわけで、最近では、すべての攻撃に対して、相当にはっきりと書いて居ます。時枝裕子さんの名前を出したことも、それから、将来のどこかの時点で、時田史郎君(福音館・前社長)についても、丁寧に、書き表すはずです。

 こと浜銀に関して言えば、昨日起きた事案(とても込み入った変な事が、又起きた。書くのに時間がかかりそうだから、今は取り上げないが)は、まだ書かないつもりですが、本当に一瞬の休みもなく、責められています。または、攻めこまれています。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『安藤てる子さんと言う、女性刑事(または、警官)が、変装していた・・・・・このブログの、ファンを名乗る・・・・・女性ほど、私に被害を与えた存在は他には、居ない。彼女はいまだに、普通人を装って、銀座の画廊に出入りをしているみたいだ。そして、画廊のオーナーやスタッフをあれこれと、教唆洗脳をして歩いているみたいだ。彼女については、過去にたくさん書いて居るので、後で、リンク先を見つけて置きたい』

 ところで、その警察の、部分をまだ、書いて居なかった時期に、文章を纏めるにあたって、「これから、先は、口にチャックとさせていただきます」とか、

 「ここまで書いても、これでも、まだ、35%のレベルの真実開示です」と、よく添えごとを書いて居ました。だからこそ、本当は、どこまでわかっているのかを知りたがって、敵さんたちが、スパイを放ってきたのです。

 もともとは、善意の普通の人が、スパイとして送り込まれてきているのを見るのは、本当につらい事でした。親戚でさえ、それに使われています。普段はパリに住んでいる親戚がそれに使われました。私はすべてが判っている人なので、丁寧に礼儀正しく扱いながら、決して、こちらにとって、不利なことは、語らない様に、務めました。

 しかし、もともと、悪人で、職業として、だまし討ちをしてくる存在もいました。女性警察官、または、女性刑事が、変装をして近づいてきているケースです。

 それが、副題2の二重ガッコ内に、その氏名を書いて居る、安藤てる子さんです。彼女は抜群の演技力を持っています。

 それで、こういう風に想像をする時もあります。寝屋川市で、夏休みに、アーケードを称揚していた、男女児が居ました。中一だという事です。散々の大騒ぎで、逮捕されたのが、過去に、ロリコン的性犯罪を起こしたことがある、山田浩二と言う男性でした。その男性は、福島で、原発の後始末の場所で、働いていて、そこで、知り合った女性と秋葉原まで、一緒に来て、職務質問を受けたそうです。で、その時に一緒に居た女性と言うのがメディアの取材を受けていました。顔を隠していましたが、もしかすると、安藤てる子さんだったのではないかしら?』と、思うほど、警察庁内部では、有能な人間だと、見做されていると、思います。

 私は、30%は、用心をしていたのですよ。しかし、自分に多大な被害があると、言って、同情を、引いて来るので、それらの被害を、覆す方法として、いろいろ、手当をしてあげているうちに、もっとも、大きな弱点を私はさらさざるを得なくなったのでした。

 それは、子供や孫の事を一番、心配をしていると、言う事です。大失敗でした。それが、2012年でした。しかし、その前から、子供や孫に対する多大ないじめが起きており、私は、大きな心痛にさらされていたのです。

 このシリーズ全体がつらくて重い事を書いて居ます。どうして重いのかと言うと、子供や孫に損失を与える事態になっているから、重くなります。それ故に、さらに、足を引っ張られると、消耗が激しすぎますので、後で、過去に書いたもののリンク先を提示するという事で、お許しくださいませ。ああ、それに私の潜在意識の中にあった、彼女について書くのを嫌がる理由がもう一つ見つかりました。

 それは、彼女について、何を書いても、彼女は、このブログを理解することができないだろうと、言う点です。私に近づいてくる際に、私が味わっているのとそっくりな被害に出会っているという話だったので、少しでも、力になるから、フェイスブックを始めなさいとか、ブログを始めなさいと言って、手当をしてあげたのです。

 ところが、それが、出来上がって、入力する段階になって、文章を書くことを勧めてみると、たった6行程度が書けないのです。驚きました。と言うのも彼女は元三菱商事勤務で、丸の内に勤めていて、寿・退職後、不動産鑑定士等の、資格を、三つか四つ取得して、司法書士事務所に勤務して、所長から、仕事を任されているので、月給が、50万円を超えており、それで、離婚をしたという話でしたから。全部嘘だったと、おもっております。ただ、私は性善説の人だし、現場では、絶対に喧嘩をしない人なので、彼女に、なめられっぱなしです。未だに、バカにされて居るでしょう。手玉に取ってやれと、思われて居て、それゆえに、銀座の画廊のあそことあそこに出入りして、いろいろ、教唆・洗脳をしているのだと、判る画廊が、あるのです。

 だから、銀座の画廊街が、動く、命令系統は、数通りあるという事です。新美術新聞社の、油井一人さんもその一人であり、彼が支配をして、教唆洗脳している画廊はあそことあそこだとか、すべてがわかっております。(苦笑)、他に美術評論家の誰それが、支配している画廊が、あそこだとか、すべて、判っておりますが、野見山暁治さんが、支配している画廊も、いくつかあります。

コメント

郵貯と野村HDとの合併ーその2・・・・・マンションローン控除とは、息子をいじめるための発案だった。

2017-05-17 17:31:41 | 政治

 
これは、一回公開して居ながら、その後、ひっこめた文章です。しかし、公開する必要が出てきました。それで、再び公開をします。

 一般的に言うと、「現金でマンションを買う人は、親の援助があるのでしょう」と言う事となる。しかし、息子たちは違う。親からは、一切援助を受けていない。つつましく生活し、貯金を重ねて、現金で、マンションを買った。もちろん、プライドの方ではなくて、もっと庶民的なお値段のオハナシリーズだが。

 タイミングが問題だ。まさしく、息子が、マンションを買って、電話か、会食の時に、「現金100万円の帯封の物を、何十個も、紙袋に入れて、持って行った」という話をして、それを聞いた直後だった。「お前の息子には、利益はないんだぜ。ほかの連中には、利益が渡るんだ。どうだ。思い知ったか?」と、ヘーガデルとか、ウンチョウス(=屁がでて、ウンチが出る)と言う著者名で、罵詈雑言を含む、コメントを寄せてきている井上ひさしあたりが思いつきそうなことだった。井上ひさしは、公的には、自分を死んだことにしているが、電話、メール等で、活発に主要なCIAエージェントクラスと、警察庁の、しかるべき部署と、それから、共産党幹部とは、未だに、連絡を取っている。そして、彼が、盟友として、もっとも、密接に連絡を取っているのは、伊藤玄二郎か、前田祝一である。

 で、伊藤玄二郎は、このニュースが発表をされたころ、は、谷垣禎一氏と、通々であった。で、谷垣さんを通じて、安倍さん経由で、麻生さんに、こういう事を発表してくださいと、頼んだと、見ている。

 息子は、このニュースに気が付かなかったらしくて、愚痴も文句も言ってこなかった。しかし、最大で、毎年四百万円控除されるそうである。となると、ローンを組んだ人には、総額でどれほどの額の税金免除と言う意味での、援助が出るのだろう。一方で、質素にお金を貯めて、貯金で、しかも、現金で、マンションを買った人間の方がよほど、しっかりしていると、思われるし、ローンが無ければ、将来の不安もないのだけれど、そういう人間は、政府は、称揚せずである。したがって、私は思うのだが、これは、ただ、ただ、我が家と、私の息子をいじめて、気鬱にさせようという仕組みの模様である。・・・・・政治とは、ごく私的な欲望を・・・・・あたかも公的なものと見せるのが・・・・・政治である・・・・・というコンセプトがあるそうだが、その真実は、ここでも、見事に通用する。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『私はこの件をブログでは、書かなかった。息子への攻撃は、これに限らずあまたあって、私は、書くことによって、さらに事態が悪化することを恐れたのだった。しかし、私がこれを、書けないでいることをいいことに、さらに、攻撃の種類が悪化して居て、まず、息子の資産の目減りがあまりにも激しいので、ついに、ここで、その問題をとりあげることとしたのだった。断腸の思いはあるが、それを書く』

息子は、5歳年下の結婚相手と、大船のバイト先で知り合い、9年間、交際を続けて、結婚式に至りました。毎週末はデートしていましたが、その内容とは、東京のいろいろな場所の散策であり、出かける前にある地点を選んで、その周辺を、4時間ぐらい歩いて、昼食、または、夕食を一緒にして別れると、言うデート形式でした。それで、無駄遣いをせずに、お金を貯めました。お給料を貯めました。それで、みなとみらいのホテルで挙げた結式は、親は、一銭も援助せず、しかも、とても豪華なものであって、皆さんから、祝福を受けました。

   この写真はもともとスナップだったものを、今私がスマホで、コピーしたので、質が悪いです。で、スカートの影がグレーに見えますが、実際は、全体が、薄いサーモンピンクのドレスです。その上、眼の近辺を、念の為、隠しているので、犯罪者みたいですが、用心のためです。自分の子供たちをそういうのは、皆様に対しては、礼儀知らずですが、二人とも美形です。そして、まじめそのものです。これは、お色直しのドレスです。最初の登場は、無論のことベール付き花束を持つ白いドレスでした。

 お祝儀をいただいたとしても、300万円から、400万円程度は、自分たちも出費をしたでしょう。そして、その後、マンションを自分たちだけで、しかも、現金で、買ったというわけです。現金で買ったのは、『転勤があるので、買わない方が良いだろう』と、思って居たので、貯金がたまったという向きもあります。

 息子が金銭について、これほどにしっかりしているのは、「母親を反面教師としているからだ」と、本人も言っています。私は、前報でも、パリで、三か月で、200万円の私費を使い、ニューヨークでも二回の、三か月滞在で、両方とも、200万円を使ったと言っています。私はこと、金銭に関しては、自分で、稼がないくせに、たいきんを使う人なのです。しかし、ぜいたくをしているつもりは毛頭ないし、遊んでいるつもりも毛頭ないのですよ。小さい時から、親が望むとおりに、近隣で、ほめそやされる様な子供であったのですから、それなりに、無意識のうちに努力努力の毎日だったのです。

 外面にはそれは出ていませんが、内部を解剖して外へ出せば、常に人の三倍は働いていると、思います。でも、こういう母親の姿を、息子は、本当には、理解して居ませんので、遊んでいると、思い込んでいて、自分は遊ばないで、働いて、お給料を得るのだと考えております。

 しかし、つつましくまじめに働いているのに、株の評価陥落と言う手法を用いて、資産を、1000万円近く目減りをさせられているでしょう。JALが、つぶれましたね。それから、高田のエアバッグを持っているそうです。それから、東芝も。

~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私は今、横浜銀行の金庫から、三菱の通帳が盗まれる(?)と言う異様な事態に遭遇し、他にも多数の被害があり、数年前まで、五億だと言っていた被害額が、十億にもたっしかねない状態になったので、これを書くのだが、上の結婚式に出席をしてくださった息子の上司は、みんな会社から追い払われてしまった。同族会社だった中で、社長職を、いとこ同士に当たるA家と、B家で争うという形になって、現在の社長の方が勝ち、息子をかわいがってくださった上司たちは、皆さん退職に追い込まれたそうである。

 大塚家具もそっくりだ。お嬢さんは、外資系の、MBA卒業者たちと組んで、お父さんを追い出した。で、お父さんは、自らのコンセプトを継承する別会社を、作ったそうだ。銀座の大塚家具の前を、毎週通るのだが、閑古鳥が鳴くという以上にお客も社員も、姿が見えない。しーんとしている。結局は、外資系の、人達に店舗の敷地を取り上げられるだけだろう。そうであろうと、最初期から、私は、見ていたが、その通りになりそうだ。偏差値優等生でも、女性は、マクロな見方ができないという典型の模様。

 息子はその後、依願退職に追い込まれるのだが、その会社を、辞職した後も、すさまじいいじめに出会っていて、しかも、西原理恵子さんや、大前研一さん等が、からんでいるので、裏に、鎌倉エージェントが居ることが確かなので、ここまで書くのだけれど、その会社は、かどや製油と言う名前であり、社長が、数ねんに一回、新聞の全面広告で、自分の全身像を、提示する会社である。上場してまだ10年以内だと思うけれど、一単位の株を買うのに、手数料を入れれば、58万円ぐらい必要なので、食品会社としては、優良企業となっていると、思われる。しかし、だから社長が、全身広告を何度も打つという、わけではなくて、それは、対私いじめの様相が強いと思われ、広告代は、非常に安く設定をされて居ると、推察している。威圧の為の広告であろう。

 入社2,3年目には、息子は、その潜在的にもつ、高い能力を認められて、広告を担当する様になった。で、ごま油の会社なので、小林かつ代さんをコマーシャルに使っていたが、そこの家に、連絡に、行くうちに、その家に居て、ぶらぶらしていた、武蔵野美大出身の、ケンタロウ君と知り合った。で、テレビ画面に登場するのは、有名人の小林カツ代さんだけれど、雑誌等の、紙を使うコマーシャルには、ケンタロウ君を使ってあげたので、ケンタロウ君がデビューし、世に出ることとなった。有名になって行った。それを息子から聞いたわけではなくて、娘から間接的に聞いた。

 その頃の息子がどれほどに、希望に満ちていたかと言うと、紙の媒体を、デザイナーに頼む際の助けとして、アドビフォトショップも、自分のパソコンに入れてもらっていたそうだ。15万円はするものだと言っていたので、初期の【アドビ イン デザイン】だと思う。ヴァージョンII か、その前のものだと思われる。そちらの方は、息子本人から聞いた。

 会社からお金を出してもって、外部のセミナーにも出席させてもらったり、業界団体のパーティにも出席して居て、竹本油脂の当時の社長、または、会長職をしていたであろう、館野ひろお君にもあったそうである。館野ひろお君は、1965年のころ、毎日の、午後は、三輪喜久代さんと、私と三人で、国際基督教大学の本館にあった、化学実験室で、二時間ぐらいは、一緒に過ごした仲である。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『1965年、私は大学四年だった。卒業実験の、担当教授は湊宏先生と言う俊秀で、その担当学生は、私、三輪喜久代(ロンドン在住である。私の想像だが、スタップ細胞疑惑とか、藤田千彩さんが、私が間違っているとして、第一次FB時代に、私から、友達を引っ剥がす論拠とした、・・・・・ゴッホが、フランスのウエスタン映画ファンの少年に撃たれた・・・・・という新説等を、セッティングする仕事をしていると、思う人物)と、館野ひろお君の三人、だった。

 国際基督教大学の本館は、近江兄弟社で有名な、ヴォーリーズの設計であり、しかも、ゼロ戦で、または、宮崎駿で、有名な、旧中島飛行機の研究所だったそうだ。それでだろうか、床の木材が、開学9年目と言うにしては、深く深く、薬品で、腐食して居て、私の資料であるトルエンや、キシレンは、緩慢に温めると、突沸を起こし、水銀でできた蓋を、取っ払ってしまい、水銀が、あたりに飛び散るのだが、それが、床の木部の割れ目にはまってしまい、回収するのに毎晩、難渋をした。

 無機水銀だから、有機水銀と違って、イタイイタイ病とか、水俣病になるわけではないが、ともかく湊先生は、無理な注文をなさっていた。個人で、しかもあの程度の装置では、絶対にできない炭素繊維を、私に作らせようとなさったので、無理に無理を重ねてもできないのだった。したがって、私の就職先は、(=卒業後は)、国際基督教大学勤務で、助手をする予定だったが、自分から、辞退してしまった。右へ行くか、左へ行くかの選択において、これは、もしかすると、失敗だったかな? ともかく、日本化学会には、推薦してもらえなかった。入れなかった。もし、今、国際基督教大学の元・教授と言う肩書が有ったら、これほどの、いじめや弾圧は受けないと、思うけれど。しかし、主人とは結婚をしていなかった可能性も強いし、子供もいなかった可能性もある。その上、ブログなんかは、絶対にやっていなかっただろう。だから、どっちがいいかは、判らない。

 ところで、湊宏先生は、非常にお若くして亡くなった。膨大なお仕事をなさったので、エネルギーが尽きたのだと、思ったが、真相は、違っていて、単に、お子様のために、雨樋に、はまったシャトルコック(バドミントンの羽)を取ってあげようとして、脚立が、倒れた事故だったそうだ。40日間も、意識不明のまま頑張られたが、結局、回復はなかったそうだ。しかし、未亡人は、その後、東京女子大の学長をなさったし、お子様方も優秀な人材としてお育ちになった。

~~~~~~~~~~~~

副題6、『有楽町駅の、皇居側に、電気ビルと言う、二層のタワーオフィスビルがあり、その上階に、外人記者クラブがあり、その理事長だったことがあるのが、私の、国際基督教大学時代のアート部の、先輩でもあり、小学校の先輩でもある、石塚雅彦さんである。一方、そのビル内の、一角に、湊宏先生のご子息がオフィスを構えている。或る時に、そのご子息から、コメントを、このブログの世界にもらった。

 寄せられた原文の方は、湊宏先生の思い出を書いた章だったから、一見すると、何の問題もない様に見えた。しかし、このコメントは、政治的なものであり、大いに問題があると、考えた。特に書いた直後にいただいたのなら問題はないが、ずいぶんと時を隔てていたので、これは、裏に何かがあると、考えた。しかし、自分が間違っているといけないので、一応有楽町の電気ビル内にある、ご子息のオフィスを訪問をした。

 ご子息の仕事は、国際弁護士。スタッフは、10人以上いるそうである。しかし、居留守をつかわれた。どうして、居留守だと、断定するかと言うと、ドア越しのインターフォンで、スタッフが、すべてをまかなったからだ。失礼極まりない。もし、居留守では無く、本当に外出しているだけだったら、部下の収集中の分けて弁護士などが、私を、中に招じ入れてくれて、事務職の女性から、お茶の一杯ぐらいは、頂けて、訪問の趣旨を、スタッフは、記憶して伝えてくれるはずだ。

 想像通りだった、その人物は別に湊宏先生の思い出と言うブログを見つけて、コメントをよこしたというよりも、頼まれてそうしただけなのだ。誰がそれを頼んだのかと言えば、石塚雅彦さんだろう。

 では、何のためにそれをやらないといけないのだ?

済みませんが、ここから先は、17日に書くとさせてくださいませ。

 

後注1、 

大学入試制度改変、17-5-16発表、   2017-05-16 12:19:48 | 政治

後注2、 

マンションを購入する際の、税制優遇策、2012年12月設定。  2017-05-15 19:48:35 | 政治

 

 後注3、 この中に、三国屋善五郎の罠、大前勇介君たちが絡んだものが、出ている
コメント

瓜南直子と浄智寺、侘助、覚園寺、伊藤玄二郎:::時枝裕子さん東京カテドラル、井上ひさし△

2017-05-16 12:27:59 | 政治

 この文章は、最初の総タイトルを、『大学入試が、改悪されるらしい。そして、はがきが急に62円(12%高)になる。民主主義は、どこに行ったのだろう』としておりました。しかし、夜7時のニュースを見てから、文章は、同じ内容ですが、総タイトルだけ、変更しました。「眞子様の婚約者の勤務地ですが、なんとはない勘で、有楽町であると感じています。想像ですから、当たっていない可能性もあるけれど、勤務先が公開されていないからこそ、上の様に、想像をするのですよ」と言うものにかえ、その後、17日の午前10時に、三つ目のモノへと変更しました。それのバリエーションをつけたのが、午後零時です。昨日睡魔に襲われて、途中のまま、終わっているこの文章の途中や末尾に、相当に、重要なことを、加筆いたします。そして、テーマによって、分割して行く可能性も残して、推敲に取り組みます。そして、17日に加筆した部分は、それが重要であろうがなかろうが、青字で、表現をいたします。

~~~~~~~~~~~

 さて、家事をしながら、録画ニュースをチェックしつつ、かつ、録画ニュースの間に、現在放映中の番組をちらっと聞いていた時のことです。ふっと、気にかかるニュースが、報道をされました。NHK一チャンネルで、です。

 それは、詳細は、後注1に提示しますが、大学入試の共通テストに、変革があるとのことです。

 一番大きな変革は、英語の部分を文部科学省が行わず、英検とかTOEFULなどの民間の試験を活用するとしているとのことです。さて、これが、私にとっては、ものすごく困るのです。以下、淳々とその理由を語って行きましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『郵政公社は、オーストラリアの物流会社を、買収して損失が、4000億円も出たと、発表した。その後、野村HDと、合併子会社を作るとか発表をした。それも、私と関係がある。・・・・・と、思うが、その後、急に、はがきを62円にすると、発表をした。これは、私とは関係がない模様だが・・・・・

 しかし、その決め方がおかしいという意味では、このブログ潰しと言うか、このブログをへの、対抗策として出てきた案である。私は「民主主義を大切にしましょう」と言う主張をしている。ところが、この決定には、諮問委員会も開かれておらず、圧倒的な、独裁的決定である。突然に、12%もの値上げをするのを、国民に一切諮らないとは、本当におかしい。野党は、テロ等準備剤の審議に、夢中になっているみたいだ。それも、充分に大切だけれど、こんなこと(=暴走的・値上げ)を許すのは、野党が、まるで、その機能を死滅させているという事を、表している。そこにこそ、現代日本の、大きな病巣がある。

 日本では、郵便制度と言うのが、急に民間になってしまったが、

 パリでも、ニューヨークでも、郵便とは、公営であった。そして、公営でないと困る事が多くある。「4000億円の損失が出ました」と発表をしても誰も批判をしない。これは、おかしい。だって、創業者一族が盛り立てた会社ではない。国家の援助が多大にあって、成立して居る会社だ。それが、現在の経営者、陣営の判断ミスによって、多大な、損害が出たそうである。それを、メディアが、どこも批判をしない。恐ろしい事だ。

 とやかく言ううちに、野村ホールディングスと、子会社を作って合併事業をするそうだ。NHKが報道をするところによると、別に問題がないみたいに見える。全国の郵便局は地の利の良いところにあるので、それを、改築して、利用価値を高めるそうである。

 私は、一時期、北鎌倉のプチ文化人が、浄智寺で、会合を開く【匠の会】と言うのに所属をしていた。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『ここで、挿入的にだが、北鎌倉について、語らないといけなくなった。北鎌倉の居酒屋【侘助】のおばちゃんと、鎌倉小町通りの【たけや画廊】のおばちゃんが放った、肉体を使ったいじめの事を。それが、10%の原因で、瓜南直子さんは、急逝したとも、私は、考えているのだけれど・・・・・』

・・・・・ここで、北鎌倉が突然、出てきたのには、大きな理由があるのです。この章の中でも、後で出て来る、瓜南直子さんが急逝したのには、伊藤玄二郎他に、原因があるのですが、伊藤玄二郎と親しいであろう、浄智寺さんと覚園寺さんも、瓜南直子さんの、急逝に、知らず知らずの内でしょうが、加担をされて居るからです。大悪人は、伊藤玄二郎ですよ。しかし、彼に翻弄される人々には、死が賜るというその典型だからです。

 瓜南直子さんを、私より偉い人であると、言う風に示すために、天皇家と関係の深い京都・泉湧寺で、彼女に、グループ展を開かせました。それが、どうも覚園寺さんのお世話だったみたいなのです。そのグループ展ですが、肝臓が悪かったと私が想像して居て、だからこそ、体力がすでに落ちていた、瓜南直子さんにとって、多大な負担になっていたのですよ。ユーモアに満ちた投稿を続ける彼女が、泉湧寺の坂を上るときに、珍しく、愚痴を言っています。どれほどに、つらかったのか、充分に想像できます。

 覚園寺さんの関与が判ったのは、北鎌倉の浄智寺さんの、おかげでした。北鎌倉の浄智寺さんで、北鎌倉の名刹、五山のトップが、すべて集まったことがあるそうです。何を目的にと言うと、瓜南直子さんを、女王、もしくはお姫様扱いをする為でした。社会的には、大きく尊敬の対象である、北鎌倉の禅寺、円覚寺、建長寺を、初めとする五山の、トップ様(=男性陣)が、全部、浄智寺に集まったそうです。議題は何かというと、ラーメン談義だそうです。あほらしい。そして、是もまた、肝臓が悪かった彼女には、ばかばかしいほどに大きな負担を与えたでしょう。特に自分が主役であって、女王様扱いを受けるのだから、きれいな洋服を着て行かないといけないし、それは、経済的に困窮にあった・・・・(それは、画業専門なら、誰も同じですが)・・・・彼女には、気づかいの大きな負担だった筈です。女性の生活や心理の本当のところを知らない人間たちに、翻弄されていた彼女の悲劇でした。

 ただし、御調子に乗り過ぎの感がありましたよ。北鎌倉に【侘助】と言う居酒屋があります。瓜南直子さんは、その看板を描いたそうです。鼠色のバックに、赤い椿が、左隅に一輪、咲いている看板です。それはいいんですけれど、侘助のおばちゃんが、店の中で、しかも満座の中で、私を彼女の腕を使って追い出したことがあるのです。リアルな世界でのいじめです。肉体を使ったいじめです。侘助のおばちゃんが誰から、悪い噂を吹き込まれて居て、そういうことをやったのかは、判りません。しかし、現実に目の前で、驚くべきいじめを受けました。そのいじめを受ける前には、侘助に関しても、瓜南直子さんに関しても、何も悪い事は書いて居ません。だから先制攻撃として、その肉体によるいじめを受けました。

 それと似たことを、たけや画廊のおばちゃんからも、受けました。やはり、腕を使って画廊から追い出されたのです。まあ、すごい時代でした。でも、今のNHKニュースを使ってのいじめも、総量としては、変りはないわけですが、両方とも、満座の中で、辱めを受けたという形ですから、ひどいなあと、思い、ただ、ただ、泣き寝入りです。しかし、侘助のおばちゃんにいいたいです。あなたが誰から、私の悪口を聞いて、ああいう事をやっていいのだと、判断をしたかは、知りませんが、あなたが、10%の原因者として、天は、瓜南直子さんに、死を賜ったのですよ、と。

 【たけや画廊】のおばちゃんにも言いたい。・・・・・あなたは、誰かから教唆を受けて、その結果、自分としては正しい事をやっているつもりだったかもしれませんが、まったく正反対なのですよ。あなたがしていることは、悪魔の手先になっているという事と同じことなのです。・・・・・とも。と言う挿入を17日に入れて、16日に書いた原文に戻ります。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『郵貯と、野村HDとの合併は、一面、良いことづくめの様に見えるが?・・・・・』

 そこ(=匠の会と言う組織。斎藤さんと言う会長が牛耳っている会。彼女は、肉屋の女主人で、でっぷりとしていて、意地悪そうな顔をした人物だが・・・・で、私は彼女にもいじめられたので、・・・・・うわー、バルザックの描く世界は、この北鎌倉の浄智寺内でも出現をしているのだ・・・・・と、思いながら、彼女を眺めていたのだが・・・・・)で、北鎌倉の情報をたくさん得たのだけれど、北鎌倉にある郵便局は、地元の名士で、とてもお金持ちだという話だった。

 そして、名士ゆえに、匠の会などには、入っていない。小さな肉屋の女主人であり、意地悪そうな顔をした斎藤さんの膝下に下るのなど、ご免こうむりたいと、思って居るはずだった。

 ところで、これは、重要な事なのだけれど、その匠の会で、私より、三歳ぐらい若くて、法政大学の大学院を出た、渡辺某女と言う女性が、居た。その人が、鎌倉市長選に打って出たのも、裏で、鎌倉エージェントの指図があったと、見ている。

 彼女はあまりにも広報車の音量を大きくして、かつ、大量に、音を出したので、嫌われてしまったらしくて、結局は、鎌倉市長にはなれなかった。が、その後始末用・支援策として、仙台市の副市長に、任命をされたと聞いている。井上ひさしの、指金だと、推定している。どうしてそうなっているかと言うと、音によって、私を苛め抜けると、伊藤玄二郎や、井上ひさしが考えているからだ。でも、その音によって、市長選には、失敗をしたので、別の道で、彼女を、偉い人物とさせておく必要を、二人は感じたのだと、推察している。収入も与えないとフォローにはならないわけだし。「自分が動かしたパペットに対する、損失補填用の、お手当は、税金で、行う』と言う、いつもの手法が、ここでも、使われている。でも、渡辺某女は、川崎千恵子が存在したからこそ、自分が仙台市の副市長に成れたのだとは、感じていないと思う。こうして、私は大勢の人にお金と名誉を与えているのに、自分だけは、取り残されて居て、貧乏をしている。したがって、神様が、気の毒がって時々は、救ってくださるのだった。

 ところで、上の青字も、17日に入れた挿入だけれど、16日に書いた元の文章に戻れば、それは、明治以来、全国的に、特定郵便局制度が、制定されて、同じ様な事になっている。それで、北鎌倉の郵便局だけれど、局長さんの、私邸を兼ねて、3階建てで、堂々たるものである。敷地は、200坪か300坪で、駅至近距離である。北鎌倉は、商業施設が、発達する地域ではないので、あれを、どうのこうのと、改築するつもりは、そこの局長さんには、現在のところはないと思うし、野村HD側でも、アイデアを出さないと思うが、
 日吉などでは、郵便局を、近隣と、合同で、ビル化すれば、五階、もしくは六階建ての、マンションと、化すことができるだろう。プライド・と言う高級路線で、野村HDがマンションを建てる可能性が出て来る。日吉と言うブランド地域で、駅至近距離だから。そうなると、地主としての、局長さん一族も安心できるし、しかも、将来とも、収入源が保証される。

 いや、この間、リフォームのごたごたで、一人暮らしの高齢な女性が殺されて、二階の床下に遺体が隠されて居て、冷蔵庫が上に置いてあった事件があった。信用ができる工務店と、付き合うのも、その選択に、大変な、苦労がある時代になった。その点、野村HDなら安心だ。だから、<<<<郵貯が、野村HDと子会社を作って共同経営をする>>>>と、言うのも、ある一面では、問題がなさそうに見える。しかし、長年、鎌倉エージェント(=CIAの子分で、特権をほしいままにするわがまま集団)のやり方を見て来た私には、これが、おちょくりを兼ねた、私いじめのニュースであることが、判っている。特に大学入試の改変と兼ね合わせると、そうなる。

 それは、突然に、マンションのローン控除と言うのが設定されたから、判ってきた事だった。それを次の節で、丁寧に、説明をしたい。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『野村HDと、郵貯が、連携するのは、私と関係がある・・・・・と言うのは、息子が野村不動産のマンションを買っているからだ。そこを、ちら、ちら、と、いじる、つもりが、敵さん方の方にある。ここで、いじるとは、テレビ界で、芸人が使う意味で使っている。つまり、力が強い方が、力の弱い方を、いじめてくるということだ。だから、このマンションローン控除とは、そう言う類のニュースだったと思う。どういうことかと言うと、息子は、現金で、マンションを買った。

 ところが、ローンを組んだ人は、国家から、援助が出るそうだ。が、現金で、マンションを買った人には、援助が出ないそうである。麻生さんが財務相か何かをなさっていた時の話であって、麻生さんが登場した画面で、そういう風に知らされた。→ 詳細は、後注2、を参照のこと。

 2012年の12月ごろだとの事だから、瓜南直子さんと、金田祐子さんの二人が共同して、フェイスブックで、いじめきって来た・・・・・(日本中どこにも売って居ない日本種のラベル、【恋のうぐいすから】を、印刷して、それを瓶に張り、パソコン画面いっぱいに、映し出して、そのまま、動かないように、設定して、堂々と、からかってきたのだった。そして、【豊島屋】の【源平巻】を使っても、大きな、いじめと、からかいが、二人によって、行われていた)・・・・・頃だった。ただし、瓜南さんのサイトからは、それらのすべてが削除されている。証拠は隠滅されている。

 で、ここで、私がどうして、瓜南直子さんが、突然に、死亡したかを語る事が始まる。私は、彼女のいじめには、辟易しきっていて、彼女の情報を、一切合切、絶ったので、その死を二年後ぐらいにやっと知るのだが、瓜南直子さんは、大量に、私をいじめて来た。私と瓜南さんとは、直接の関係は何もなく、彼女は、私の背景も、信条も経歴も何も知らない。ただ、ただ、鎌倉エージェントが、裏に居て、そう教唆をしたからである。しかし、この事実こそ、その共通点が多大にある、鶴岡八幡宮様の大銀杏倒壊を、思い出させて、私にこの世に天とか、神様が、存在する事を知らしめてくれた、重要なポイントであった。鶴岡八幡宮様も、大量に、音によって、いじめて来ておられる。今年の流鏑馬行事の前日の土曜日にも、午後二時ころに、ほぼ、一時間にわたって、長い、時間に、太鼓連打が、行われたし。

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『私の内心を探るために、最初は、御茶ノ水女子大付属高校の先輩である、時枝裕子(歌人として活動する際には、ときえだひろこと名乗る女性)さんが、使われた。彼女は理系の人として、東大大学院を出ていて、特許庁に長らく勤務して居て、退職後、3.11直前まで、例の原子力何とか委員会の委員だった。ご子息が、世界中の有名大学から、招聘を受ける数学者となっている。

 一方で、彼女は篤い信仰を、カソリックに注いでいて、関口台にある東京カテドラルの、会員である。そちらのルートからだと思われるが、・・・・・したがって、井上ひさしの、発案で、そうなっていると、推察しているが・・・・・彼女のスマホ、または、携帯を利用した、盗聴が、デートのたびごとに行われ、私の内心が探られることとなった。

 それが、嘘ではないという事を証明するエピソードは数々あるが、最も大切な知人であり、友人としても考えられるほどに、教養が高い人が、裏切ってきている存在なのだと、言う事は、今はまだ、書けない文章となる。辛くて書けないのだ。しかし、お互いに頭が、いいので、やがて彼女は、自分の役割を嫌がる様になったのか、それとも、私がすべてをわかっていると、察して、これは、自分にとって、危険な仕事であると悟って来たのか?、向こうからデートに誘われることは無くなった。

 しかし、ときえださんに向かって、是だけは言って置きたい。「あなたは、結局のところ、みじんも同情をしてくださることもないだろうし、反省をなさることもないでしょう。しかしです。神の恩愛は、毎日のごとく、私に注がれているのですよ」と。「私は、最近では、自分の身に起きたいい事を、語らなくなっています。奪われるからです。しかし、常にいいことに出会っていますので、いつも、心のバランスが取れていて、どんなに、ひどい状況下でもパニックに陥ることはなく、丁寧で、親切な態度を崩すことはないのですよ」と。「だから、リアルな世界で、喧嘩を持ち掛けることもないのです」とも。

 「2017年5月16日の午後14時54分ごろ浜銀の、ATMで事故がありました。機械のトラブルか、それとも外部侵入者の支配下での、バグのせいか? 一万円札が、一枚行方不明になったのです。しかし、私はそれでも、浜銀に、喧嘩を持ち掛けることは、致しませんでしたよ。優美にふるまい続けました」とも。「そして、それゆえにか、どうか、は、判らないものの、無事に、一万円札を手に入れることができました」とも。「ともかく、私が、喧嘩でもしたら、たちまち、録音をされて、それを、使用されて、私が、不審者と、思われる方向で、セッティングが進むでしょうから、絶対の用心を続けております」とも。

 ここで、四時間の休憩から戻ってきました。しかし、自分として、今、疲れ切っていることを知り、これから先の加筆推敲は明日、18日に行うことといたしました。それで、ここまで書いたことに対して、ふさわしい総タイトルへと、変更をさせていただきます。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、4027804です。2017年5月16日に初稿を書き、17日に推敲加筆をする。

                    雨宮舜(本名 川崎 千恵子)

コメント

大学入試制度改変、17-5-16発表、

2017-05-16 12:19:48 | 政治

******罫線以下は2017年5月16日、NHKオンラインより取り出して、コピペしたニュースです。映像では、16日の、午後零時と、7時のニュースで、報道をされました。

 これは、私のブログの前編を覆う暗雲として、語らないといけないニュースです。

 

 

***********

「大学入学共通テスト」最終案まとまる 記述式も

現在の大学入試センター試験に代わり平成33年1月から実施されるテストの最終案を文部科学省はまとめました。新たなテストは「大学入学共通テスト」という名称になる予定で、従来のマークシート方式に加えて記述式の問題が導入されるほか、英語の試験は行わず英検など民間の検定試験を活用する方針です。

続きを読む

文部科学省は毎年1月におよそ50万人が受験する大学入試センター試験に代わり、平成33年1月から実施されるテストの最終案をまとめました。

それによりますと、新たなテストは「大学入学共通テスト」という名称になる予定で、実施される時期は今と変わらず1月中旬に2日間実施されます。

このうち国語と数学の試験には、思考力や判断力を問うため従来のマークシート方式に加えて長いもので120字までの記述式の問題が出されます。試験時間も今より国語が20分、数学が10分それぞれ長くなり、採点は民間業者が実施する予定です。この記述式の問題は、平成37年1月からは地歴公民や理科にも導入が検討されています。

また、英語のテストでは、実践的なコミュニケーション力を身につけさせるため、これまでの「読む・聞く」力に加えて「書く・話す」力も測定します。このため大学入試センターの試験は廃止し、英検やTOEFLなどの文部科学省が認定した民間の検定試験を活用するとしています。受験生はこれらの検定試験を高校3年になると2回まで受験でき、その結果は大学入試センターに送付されます。そして、大学入試センターは受験生が志望する大学の求めに応じて、結果を伝えるということです。一方で、英語のテストは大幅な変更となるため、文部科学省は共通テストを始めてから4年間は検定試験に加えて、今の試験を続けることも検討しています。

文部科学省はこの最終案をもとに高校や大学と協議して、来月結論をまとめることにしています。

文科相「学力を多面的・総合的に評価」

松野文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、「共通テストにおける記述式の導入や、英語の『読む・聞く・書く・話す』の4つの力の評価などによって、生徒の学力を多面的・総合的に評価する入試に転換したい」と述べました。そのうえで、松野大臣は、英語のテストに民間の検定試験を活用することに関連して、「家庭の経済状況や居住地に関係なく、同じ受検の機会を得られることが重要であり、受験料の値下げや全都道府県での試験の実施をお願いしていきたい」と述べました。

専門家 変化や影響を見極めて慎重に議論を

文部科学省がまとめた新たなテストの最終案について、有識者会議の委員を務めた東京大学高大接続研究開発センター長の南風原朝和教授は、入試改革の必要性については認めたうえで、「今後は、たくさんある課題を一つ一つクリアする必要がある」と指摘しています。

 
特に、英語で民間の検定試験を活用することについては、「複数の民間の試験を認定して、どれを受けてもよいというのは、測定の観点でもどうやって比較するのか確立されておらず乱暴な議論だと思う」と述べています。そのうえで、「期限を決めて性急に実施方針を決めるのではなく、現場にどんな変化や影響があるのかをじっくりと見極めて慎重に議論するべきだ」としています。

戦後の入試改革

統一的な大学入試が本格的に始まったのは昭和54年度に導入された共通一次試験からです。それまでは各大学が個別に入試を行っていましたが、難問や奇問が多く、受験戦争を助長しているという批判に応えるためでした。

共通一次は、国公立大学の受験生を対象に、5教科7科目をすべて受験する方式で実施され、マークシートも導入されました。平成2年度には現在の大学入試センター試験が導入されます。共通一次と違い、少数の試験科目でも受験できるようになり、私立大学も参加するようになりました。

センター試験だけで合否を判断する大学も増え、受験者は平成2年度の40万8000人余りから、ことし1月には54万7000人余りにまで増加しました。一方で、マークシートだけでは思考力や判断力を測定するのは難しいといった声や、一点刻みで合否を判定することの弊害を指摘する声も上がるようになりました。そして、有識者会議などで議論を重ねた結果、平成33年1月に記述式の問題などが導入された新たな共通テストが実施されることになりました。
コメント

マンションを購入する際の、税制優遇策、2012年12月設定。

2017-05-15 19:48:35 | 政治

これは、私のブログに関する資料となるものです。

そのブログとは、リンク先を、以下の行に置きます。

大学入試が、改悪されるらしい。そして、はがきが急に62円(12%高)になる。民主主義はどこへ行ったの?  2017-05-16 12:27:59 | 政治

  特にその、副題2と、連動をしています。

 

一般住宅の住宅ローン控除
居住年 控除期間 住宅借入金等の
年末残高限度額(A)
対象税 各年の住宅
ローン控除額
【参考】
適用全期間の
最大控除額(合計額)
2021年(H33)12月まで 10年 4,000万円 所得税 (A)×1.0% 400万円

※居住年が「2021年(H33)12月まで」の場合、年末のローン残高×1.0%の金額が、所得税額よりも多い場合には、その年分の所得税の課税総所得金額等の額の7%(上限136,500円)を限度に、翌年度分の住民税から差し引かれます。

住宅ローンを使って住宅を取得し、その年中に入居した場合、その年の年末(12月31日)時点のローン残高(4,000万円が上限)に1.0%を掛けた金額が、納税した所得税等から戻ってくることになります。
戻ってくる所得税は、働いた収入の中から納めている税金です。

※なお、「長期優良住宅・認定低炭素住宅」には、さらに減税幅が大きくなります。

 
 
コメント