銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

追い回されているアライグマと、弾圧されている私が、一瞬、共感しあった話。

2016-10-10 20:53:26 | 音楽

先ほど、夜の7時半ごろ、山ノ下へごみを捨てに下りて行ったのです。途中で、ひどく美しいものに出会いました。小さなお子さんなのだけれど、フランス人とのハーフだということで、お人形みたいなのです。

私はね、美しいものを見た時の身体的反応が、瞬時に現れる人間なのです。たちまちに、身内に神様が降臨されるのですね。それが、もっとも、顕著に表れるのは、お歌が自然に口をついて出てくるということです。

で、「今日はあんまりいい声が出ていませんね。今は、疲労困憊しているし・・・・・」と、思いながら、こういう風に歌が出た時は、まあ、15分ぐらい自然に、歌が出てくるので、それに身を任せるつもりで、鎌倉街道へ入って、北鎌倉へ向かいました。あたりには夜6時を過ぎると、人はほとんどいないのですよ。

途中で、鶴岡八幡宮の、流鏑馬道用の門があるのです。中ぐらいの大きさの鳥居です。そこをくぐって、誰もいない道を、『東側の鳥居まで歩くかなあ』と、思っていたのです。しかしですね。『今、自分が歌っている歌が、アベマリア(グノー)だなあ。これってキリスト教の歌だから、日本・神道の領域で歌うのは、申し訳ないかもしれない』と、思い至りました。

昔はね。美術館の職員用玄関前で、プロの朗読者と、二人で音楽会を催したこともあるのです。そこにガードマンの人も出てきて、4人で、楽しんだのでした。そのときは、ありとあらゆる種類の歌を歌ったのです。二人で、いたので、ここが、神社庁の、領域であることなど、すっかり忘れていて、宗教に気を使うこともなかったのです。が、あれから、8年は過ぎているし、しかも、今は、一人だけだし・・・・・と思うと、非常に、違うのでした。・・・・・で、何となく、気が引けて、踵を返したのです。

しかし、家の中では歌えないのですね。私の家では、主人は、7時半には布団の中に入ってしまうのです。そして、夜の八時には、ぐっすりと寝入ってしまいます。この・・・・・夜の八時から、私が銀座へ出かけた日には帰宅するのが、10時か、11時なので・・・・・その、三時間弱の、間に泥棒ちゃんは、はいるのだ・・・・・と、推察していますが、本日は、そういう難しい話は、それぐらいで、止めにしておいて、

ともかく、『家の中では歌えないなあ』と、思うわけです。が、ご降臨なさった神様は、なだめなければならないわけです。で、わが家まで戻って、その建物の外の、南側の庭で、土づくりをしながら、15分程度歌っていたのです。土づくりは毎日する仕事です。日当たりが悪い中で、植物を何とか育てるためには、ふるいでふるった、ふかふかの土の中に、苦土石灰ほかの、植物の成長にとって、よい成分を混ぜ込めて、最高のベッドを作ってから、種をまきます。時には、苗を植えこみます。

で、15分程度、歌ったら、神様も、去られたみたいなので、家の中に入ります。そして、本日は、10時間も、普段の日より遅れてしまった、花の水切りを洗面所の流しで、やっておりました。そばには、無論テレビなど、置いていない場所で、無音の場所です。

すると突然、きゃいーんという叫び声が、東北東の方向から聞こえて来ました。アライグマです。私が住んでいるこの山の中で、啼いたのです。でも、非常に不思議な気がしました。アライグマは、今、日本全国で、征伐しようという動きがでていて、人々が生ごみを厳重に管理する様になったので、最近、啼き声を聞くことが、ほとんどないのです。20年ぐらい前までは、啼きました。夜は、しょっちゅう啼いていました。叫び声に近い啼き声です。昼間でも我が家の庭に出てきて、器用にゴミ箱のばねをはずしておりましたけれど。で、今は、台所ごみはすべて、家の中に置いております。

でね、直感的に思ったのですよ。『あのアライグマは、私の声に感応して、叫んだのではないかしら?』と。つまり、この話は三段論法になっています。私は、美に感応して、神様のお導きに入り、歌を歌ったわけです。・・・・・その声に、アライグマが、『ああ、久しぶりに、ぼくは解放されたなあ。普段さあ。弾圧されて、弾圧されて、追い回されているから、身を潜めていて、声も出せないのだよ。めったなことをすると、ここに住んでいる事が、人間に判ってしまって、罠が仕掛けられるからね。で、悪くすると捕獲をされて、遠くへ連れていかれるのだ。お母さんもそれで、帰ってこなかったからさあ。それなのに、なんだか、ひどく、のびのびした声が聞こえて来るよ。天空に上る様な声だなあ。あれに、僕も感化されちゃったみたい。僕も、久しぶりにのびのびしたよ』と、感じ入って、きゃいーんと叫んだのではないかしら・・・・・と。

いや、久しぶりに、15年前の、メルマガ時代の、雰囲気が戻って来ました。私は悪い刺激を受けなければ、ひたすら美を追い、美に耽溺しているだけで、満足をする人なのです。それなのに、山の外の人たちが、悪い刺激を次から次へともたらすので、政治分析ばかりする様になってしまったのですけれどね。

まあ、あえて、彼らがそういうことを連続して来る理由を推察すれば、抽象的な世界を好み、具体的なレベルで、人と交わろうとしない人間(=この閉鎖的な山の中での、私)は、弱いと、みなされているからかもしれません。で、鶏の群が、一羽だけ選ばれたスケープゴートの、とさかをつつくような雰囲気で、攻撃をされるのかもしれません。が、私は本当は、弱くもないのですよ。具体的な世界で、喧嘩をしないだけで、弱い人間ではないと、自覚をしています。友人にも、そういわれています。だが、それが、具体的な世界で、勝負を付けたがる種類の人には、見えないのかもしれません。理解も、されないことなのかもしれません。

この一文だって、そういう政治の方向に入ろうとすれば、たちまちに、2万字程度に膨らむのですが、あえて、そういう方向へ入らずに、平和な世界で聞くことのできる音だけの話で、終わらせておきましょう。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3715274です。

 雨宮舜 (本名、川崎千恵子)

 この一文は、実際には、2016-10-12 20:53:26にアップするのですが、日付だけは、10日にさせておいてくださいませ。こちら側の整理の都合です。

コメント

いや-、見直したぞ、和製ミュージカル・・・・・・DNA-Sharaku

2016-02-23 21:29:35 | 音楽

 ちょっと、連続性からは、外れますが、和製ミュージカル、DNA Sharakuについて、本日は、語らせてくださいませ。

 日曜日の深夜=月曜日の早朝に、録画ニュースを点検中、現在テレビが放映している画面から、結構いい声が聞こえてきます。それは、BSプレミアムで午前零時過ぎの事でした。

 そして、歌い手について、テロップが出て、【新妻聖子】とか、【朝海ひかる】とか、俳優名が出てきます。これらの人の名前は、ミュージカルをほとんど、リアルな舞台としては見ない私でも知っています。後、【ミッツ・マングローヴ】とか、【尾形イッセイ】ぐらいは、顔を見ただけで、テロップが、現れなくても、わかりますが、・・・・・

 ただ、若手の男優である主役の男の子たちを知りませんでした。ところが、すごく力量があると、思われるのです。で、彼らの歌唱にまず、惹かれました。普段だと、メロディをまだ、知らない曲を聞くのは苦手な方ですが、その日は、知らない曲でも、聞いていたいと、思わせられました。

 曲が、いいので、惹かれました。女優陣がお歌がうまいのは、劇団四季出身だとか宝塚出身だとか言うので、よくわかるのですが、男性の若手俳優は、一切知らない人物だったので、重唱等に、迫力があって、びっくりです。ただ、主役の一人である【ナオト・インティライミ】と言う人物は紅白にも出たとか。それから、もう一人の主役、【小関悠太】君は、【テニスの王子さま】と言うミュージカルにも出たとか? そういう舞台があることは、情報としては、知っていましたよ。だけど、73歳であり、かつ、政治とか、現代アートに大きな関心がある私は、和製ミュージカルには、興味を払いませんでしたから、まったく知らない人物と言ってよいのです。

 最近、紅白なども、見ないので、この種の男優は、知りませんでした。ところで、一種の脇役と言うのかな? 悪役の方(弾圧者側)を担った人物たちにも、歌唱力、演技力ともに、豊かな俳優【中川晃教】他が配置されていて舞台が、充実していましたね。

 ミュージカルは、大昔(ほぼ、50年前)に、帝劇で【ラマンチャの男】を見たぐらいだし、宝塚は、【根岸明美】が、男役の方で、スターだったころ(60年前)に見たぐらいだけでしたが、その放映を見て、和製ミュージカルをすっかり見直しました。結構レベル高いですね。

 ぷろっと(筋)も複雑であり、現代を反映していて、よかったと思います。つまり、真実の創造性を持っている人間は、抑圧をされると、言うことを、危惧している筋です。

 その真実の創造性を持っている人間は、「・DNA・写楽・と言うものを持っているので、それを持っている人間を、探し出して抹殺すべきだ」と統治者がいい、それに対して、絵を描いたり、歌を作ったりする事が好きな若者が、戦うという筋です。

 それは、すでに、現代日本に、有る状況であって、身につまされる筋でした。

全部公演は、終わっているみたいですが、ほぼ、一か月間、東京、大阪、福岡で、公演をしたみたいです。では、これだけの大所帯で、一か月公演か? 『3億円収益が入ったとしても、ちょっと気の毒だなあ』とは、思いますよ。だけど、演じている人物たちは、お金儲けより、創作する喜びを感じ取ったでしょうね。それに、私みたいに、何の報酬もない人間に比較をするとキャストも、裏方さんも、この舞台の関係者は、みんな「幸運で、幸せな人たち」と、いえるのです。ただ、再演があると、いいですね。札幌、仙台、横浜、名古屋、京都、広島などを巡演して行けば?と、思います。

 ところで、エピソードですが、本日ね、京橋で、尾上右近君とすれ違ったのです。人違いではないと、思います。バックパックを背中にして、年齢にふさわしい、とても、さりげない私服でした。明治屋前で、夕方7時15分ごろです。彼なども、きわめて、幸運な、歌舞伎俳優の一人でしょうが・・・・・

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3272564です。

    2016-2-23  雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント

路上ライブについて・・・・・大成功と、幸福とは、関係がないみたいですね。

2014-05-23 22:17:55 | 音楽

副題1、『今、日テレは、あるデュオを売り出そうとしているのだった』

 今日も片山君擁護の文章を書こうと思っております。ところが、書こうと思っている内容を、外出して疲れて帰宅した夜の10時半から書き始めて、完成まで、もって行く自信がありません。で、一回ほど、脇へそれようと思います。

 本日、汐留を歩いていたら、日テレ大階段と言うところで、ライブをやっていました。地下一階に大きくて広い道が、新橋から汐留へ向かってできているのですが、その日テレビルの場所で、ライブをやっているのに気がつきました。100mぐらい程、離れていても、「上手だなあ」と思ったのです。

 その上、お客がひどく多い。で、不思議に思って近寄ってみると、日テレが支援をしているグループで、毎週金曜日の夕方ライブを継続的にやっていて、すでに、8回は、継続していて、しかも、あと二ヶ月、継続するそうです。

 ジャニーズと言うのが、少年のタレントを生み出す場所だと思っておりましたが、このUSAGIと言うデュオは、日テレが売り出そうとしているのでした。

 私がこの場所に来たのは、事務センターと言うところに用事があったからで、その用事を済ませて帰りに、もう一回立ち止まって、そこへ寄って見ました。

 すると、そのライブは、終盤に差し掛かっていて、最後の曲へ向かう前に、ヴォーカルの方が、心情を吐露していました。わりと、恐ろしい内容ではありました。ただし、本当の本音だと思うスピーチでした。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『誰が仕掛けたのかは知らないが、そのデュオは、友達同士で、結成したものではなかった』

::::::::::::

うーん。今キーボードのEnter keyが重い。これは、片山容疑者については、本日書きませんと書いたので、また、油断をしていると見て、攻撃をされているかな? じゃあ、片山君擁護の文章を、書かないといけないかな? 日本語はアイウエオの母音を基準にして子音と組み合わせた言語ですので、母音用のキーが突然重くなるという災いにはしょっちゅう接していますが、Enter key が重くなるという妨害にもしょっちゅう出会っています。それをやっているのが誰か? 本当に個人名を書きたいぐらいですが、その人または、別の人物が、攻撃方法を、見つけ出し、そのバグは、相当数の人物のパソコンに、ばら撒かれ、入っているでしょうから、まるで、もぐらたたき状態で、毎晩、パソコンの修正のために膨大な時間を使わないとならないのです。だけど、だからこそ、私の書いていることは正しいのです。

 片山君は、何も悪いことはやっておらず、サイコパスでもなんでもないでしょう。ただただ、彼一人へ、成りすまし疑惑問題を収斂させて、自分達は逃げおおせたいと考えている連中から、「こう、言いなさい」と言う、命令を受けていると、私は見ています。そのことは、また、後で、別の章で丁寧に検証をしていきます。

:::::::::: で、元へ戻ります。

 で、ヴォーカリストは、聴衆を巻き込むために、本音で語っているのですが、その本音が、本当のことであって、だからこそ、聞いていて切ないのでした。

 ちょうど、ASKAの麻薬騒動の最中です。大成功をしたあの二人組みは、同じ高校の出身です。で、自然発生のデュオで、しかもヒット作連発で、大金持ちになった後で、ヒット作が出な苦なる時期は当然訪れますね。そして、収入が、下降線へ向かう・・・・・それが、経験した事がない事なので、さらに不安になる。その不安から逃れるために、薬へ手を出したのでしょう。

 その手の先例を前にすれば、音楽業界のイメージは、果てしなく落ちてしまい、特に、今からデュオで、売り出そうとしている、USAGIは、落ちる不安ではなくて、上がれるかどうかの不安でいっぱいなのでした。かわいそうに。

 歌うことは大好きなのでしょう。音楽も大好きなのでしょう。しかし、偉い人に目をかけられ、チャンスを与えられてみると、それから先に新しい不安が始まるのでした。お金がからんでくるから、責任も重大ですし。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『既に、ある程度の成功をしている個性的な、二人が、あるプロデューサーの助言で、デュオを組む・・・・・難しい事限りがないが』

 二人は、それぞれ、独立して、この10年ぐらい活動をしてきていて、ある程度の成功点に達しているのでした。でも、これからさらにビッグになるために、二人組みのなる事を提案されたのだそうです。爆笑問題とか、ゆずとか、チャゲアンド飛鳥などの様に、自分達だけで、そうしようと決めたのではないから、大変ですね。

 とても、簡単な文章ですが、本日はここで、終わっておきたいです。2214395です。

なお、このブログの、伸べ訪問回数は、

  2014年5月23日、雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント