銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

白井達雄・小野寺夫人と石井秀樹夫妻は、両方とも、傾きマンションに関係がある。で、私は、彼等を手玉に取って、からかう様な文章を、今、書いている最中だ

2019-02-27 22:05:07 | 政治

 この章は、3月2日の午前、零時半まで、は、総タイトルを、【アンガールズ田中の番組(BS7)と、渡辺篤史の建物探訪(TV朝日)を動かしているのは、鎌倉雪の下なのですよ】としておりました。しかし、その時点で、上のものへと変えました。

副題1、『これは、前報(あと注1)の補遺です・・・・・新しいことはあまり出てきません。が、しかし、この章を物語として、お考えいただくと、おや、其れは、人間性の、機微に深く踏み込んだ、相当に、重要なお話ですね・・・・と、受け入れていただけるでしょう。』

 実は、前報で、気になっているところがあります。お隣(西側)の、小野寺夫人という女性をこてんパーと、言うほどに、けなしているところです。後注1の、副題3の挿入というところです。で、それ以降、ものすごく、面白いお話が登場するのですが、相当に高度な、読者層を誇っている筈の、このブログの世界で、あれほど、に、はっきりと、他人の悪口(?)を書いていると、読者の中には、そこで、読みやめてしまった方もあるのではないかと、思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『今、渡辺篤史の、建物探訪は、放映時間とい意味では、不遇である。それは、鎌倉雪の下に、原因が在る』

 しかし、彼女が未熟な人間であるという事は、テレビで、動画として、全国民が見ることができました。本来なら、今でも、見ることができるはずなのです。【渡辺篤史の建物探訪】(テレビ朝日)で、見ることができるはずなのです。過去番組の、アーカイブスが、あるはずなのですから。しかし、皆様が今、そこを探索なさっても、ご覧になることはできません。というのも、私が調べたところ、その部分は、動画は、削除されており、建物の、各部屋が、3cm角ぐらいの、小さなアイコンとして、出現するだけなのです。

 どうしてかというと、その番組に出た、奥様が、まるで、ご成婚当時の、雅子妃みたいに、夫を馬鹿にしまくるのです。それが、彼女の人格とか性格を見事に反映をしているので、其れをご覧になったら、私が書いていることが、すべて、正しいのだと、読者の皆様は、ご理解をいただけるでしょう。しかし、だからこそ、その動画は、削除されていますし、渡辺篤史の、建物が探訪という番組が、昔は、ゴールデンアワーに放映をされていた、人気番組だったのに、今は、非常に、みにくい時間帯へ、移動をしているみたいです。それこそ、私のブログに、書いたことが、正しいからでしょう。つまり、このブログの総タイトルに書いている、二つの番組の消長は、すべて、この鎌倉雪の下から、生まれている現象だと、言うのですが、其れも正しいのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『アンガールズの田中と、遼河はるひが、仮の夫婦役で、新築物件を訪問する、【突撃隣のすごい家】は、BSを舞台としていることで、成功をしている模様だ』

 アンガールズの、田中と、遼河はるひが仮の夫婦役で、珍しい建物を探訪する、【突撃隣のすごい家】は、グーグル検索にかけると、今は批判をされていない模様です。BSだからです。ターゲットを絞っているので、視聴する人は少ないかもしれないけれど、富裕層には、訴える、番組となっているでしょう。そして、それは、北隣の石井秀樹・梓夫妻を持ち上げるために、新設された番組なので、北隣の夫婦にとっては、ウハウハの番組であるはずです。

 こうなると、単に、石塚雅彦(裏で、私に対して、数々の、謀略を仕掛けて、いじめてくる大学の先輩、したがって、例の鎌倉エージェントと、私が呼ぶ、CIA日本人軍団の一人である。実は、私は、この人を、よく知っている間柄でもあるのだが)さんが、後援をしているので、この夫婦に、光が当たっていると、言うよりは、「石井国土交通大臣と親戚だからでもあろう」と、言いたくなってきますね。そして、見事です。番組をBSにもってきているのが。

 今、この【突撃、隣のすごい家】の正確なタイトルがわからなくて、石井秀樹邸が、テレビに映ったのが、ドリームハウスという番組だったと、うっすらと、記憶をしていたので、ドリームハウスで、グーグル検索をかけたら、そちらの番組は、2チャンネルとか、5チャンネルで、大悪口を浴びているのでした。その番組の中でも、特別に、496日間も取材を重ねてもらった、石井秀樹邸は、その延長番組の方でも、庶民からは、大悪口を言われかねない、豪邸ばかり訪問をしているので、もし、地上波だったら、又総スカンを食うと思います。

 ところで、私がどうして、その番組を知っているかというと、お願いしてもいないのに、勝手に録画をされているので、仕方がなくて、既に、6回程度は、見ています。で、よく知っているわけです。

 しかしBSとは、言え、出演者が、みんな元気だし、これは、いわゆるのぼり龍になっていると、思います。一方、渡辺篤史の建物探訪の方は、今、2019年時には、不遇だと、いう事です。取材依頼を受けた家の人は、録画を、ダビングして、親戚に配るという程度の楽しみしか、味わえないでしょうね。

 それは、その中に、小野寺夫人の、たとえようもない頓珍漢ぶりが、見事にその中に、出ているからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私は石井秀樹邸の、時は、その放映番組について、バリバリと書いたが、渡辺篤史が、小野寺夫人邸を、訪問をした時は、直後は、書くのを遠慮をした。その理由は、その取材を知ったのが、全くの偶然だったので、彼女を庇ったのだった。それ以降、彼女が行った、膨大な、攻撃があるからこそ、今では、はっきりと、それらの現象を、書くのだが、当時は、書くのを遠慮したのだった』

 その番組が放映された直後では、私はそれを、書くことができませんでした。というのも、取材を、彼女は、秘密にしているつもりだったのに、ごく偶然に知ってしまったからです。

 ちょっと、面倒くさいことですが、詳細を語ると、それは、8年以上前の事だったのですが、私は、下屋根という部分で、園芸のための鉢を並べておりました。我が家は、公簿上は、88坪もあるのに、南側に高い崖があるので、植物を栽培する場所がなくて、北側に、一階の屋根が、二坪分出っ張っている、げ屋根という部分があり、そこに、朝日、夕日、時には、真昼の光も、当たるので、そこで、鉢を育てていたのです。 

 ところで、此処で、我が家の写真を置きます。奥の小さな家であり、手前の家の屋根に、アンテナが載っていますね。その三脚が、ある当たりの、樹木の陰に、問題の下屋根があって、そこから、写真右側に、位置する小野寺夫人邸の、玄関は、本当に指呼の距離にあたるのです。というのも小野寺邸と、春秋窯は、同じ一つの敷地を前の前の持ち主が、二軒に分割した土地だから、小野寺夫人邸と、我が家は、建物の間隔が、狭いのです。場所によっては、がけの傾斜を入れてやっと、50㎝になりますねと、いうほどに間が狭いのです。 

 そこへは、窓から出入りします。その窓から、斜め下5メートルのところに、お隣の玄関があります。それは、初夏の事で、私のげ屋根にも日の光が当たっているし、お隣の玄関にも日の光が当たっています。しかし、不思議な事に、お隣は、玄関灯(外)をつけているのです。お隣は、年収1000万円を超える、富裕層ですから、玄関灯の、電気代など、関係がないはずですが、目の前で、ピカピカしているそれを見ると、どうしても気になってしまってね。というのもお隣は、LED派なので、其のライトもLED系らしくて、本当に昼間でもピカピカしているからです。で、頻繁に目の前で、出入りをしている奥さんに向かって、「あら、電気ついていますよ」といったのです。

 ここらあたりは、私の、道徳心の高さがなせる業なのです。彼女からは、建築中から、ひどいことをされていると、花輪夫人という女性を、説明する道具として、最近語っています。それ以外に、もっとひどい例があるのです。しかし、それらについては、後回しをして、いつもどおり、リアルな世界では、喧嘩をしない主義の私は、いかにも普通のお隣風に、疑問をぶつけたのでした。「奥さん、玄関灯が付いていますよ」と。

 すると彼女が、「テレビの取材があるので、明るくしているのです」と答えました。上の写真をご覧になると、我が家の南側に、大きな山がありますね。同じ山が、お隣をも覆っているわけですから、確かに、家の南側は、暗いのです。しかし、北側は、特に彼女の家の玄関周りは、非常に明るいのです。だから、私は、変なことをいう人だなあと、一旦は、思いました。だが、やがて、『テレビ取材を受けるという事は、高揚して、しまうのだろう。一般的な言葉で言うと、舞い上がるという現象でしょうね』と、思い当たったのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『彼女が、渡辺篤史の建物探訪の中で、ご主人を小ばかにしまくったのは、・・・・・東大卒同士の結婚で、夫婦別姓であるという近代的夫婦だ・・・・・と、主張したかったのだろうと、一旦は、思ったが?』

 私は彼女から、どこかで、「子供なんて、自分には、向いていないでしょう。だから、持たないのです(または、産まないのです。だったかな?)」と、聞いています。其れを私の方の、主人に言うと、「いや、それは、一種の口実で、生まれなかったのだよ。あの人は、体のどこかが悪いはずだ」と、いいます。

 このどちらが正しいかですが、渡辺篤史の建物探訪を見ていて、『ああ、この人は、まだ、愛を知らない人なのですね。誰に対してもでしょうが、ご主人に対しても』と、思った次第です。

 『風と共に去りぬ』が最近、100分で名著で、取り上げられた際に、・・・・・第二の主人公であるメラニーは、体が弱いので、医者から、妊娠を差し止められています。しかし、自分を犠牲にして、妊娠をするのです。そして、自分は死んでいくわけです。・・・・・と、解説者が、話しました。で、それをね。世の中の多数の女性と男性は、理想の女性だと、見るわけです。まあ、小野寺夫人に、命を犠牲にして、夫たる、白井英雄氏の、優秀な遺伝子を残しなさいとは、言いません。

 だけど、その番組内の彼女を見ていると、ご主人側の親戚はいたたまれないだろうなあと、思いました。しかし、あの家には、親戚の訪問がほどんどないので、ご主人の両親は、既に、亡くなっていると、感じています。これは、ご主人にも口頭で、「あなたは、ご両親が年取ってから、生まれた子ではないですか」と、聞いたら、そうだと、答えてもらいましたので、可能性が高いです。普通だと、昔は、兄弟があるし、叔父叔母が居て、いとこもいるのですが、そういう付き合いをしない家、又は、遠いところに親戚が居る家なのでしょう。

 一方で、石井秀樹・あずさ夫妻に、お子さんがいないらしいのは、納得をしています。夫も妻も、会社を経営しているらしいのです。別々の会社らしいのですが、おくさんの方に、いかにも『夫を愛しています。支えています』と、言う感じが見えるのです。それは、夫婦共催で、月に、五度ぐらいパーティを開くことでも表れています。料理の材料を買ってくる。料理を作る。後かたづけをする。すべて労働です。愛とはエネルギーです。梓夫人は、相当量の、エネルギーを土日、夫の為に、放出しています。健康でないとできないが、私の母が、体が弱いのにもかかわらず、お客仕事は盛んにしていたので、丸で、母を見ている様な気分で、あの家をみているのです。ただし、これは、裕福でないとできないことでもあります。お酒類、お刺身類、ステーキ肉など、お財布の中身など、全き気にしないほどの、収入がある家でないと、こういう風には、動けません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『私は東大に勤めていた。だから、東大卒の男女が、結婚において、いかに、計算高いかを知っている』

 私はね。或る女医さんにかかったことがあるのです。眼科でした。そのお孫さんも、今別の科のお医者さんになって、著書があるぐらいですが。私は信頼する相手だと、袋口と、言って、結構、長い話をするわけです。すると、女医さんの方も、いろいろ、答えてくださるのね。それで、人生について、あれこれを語っていた時の事です。「昔はね。女で、医者になるのは、メッカち・びっこだけだったのよ」と。

 この女医さんは、ご自分の方は、めっかち、びっこではないわけです。しかも、結婚もしていて、子供も孫もいる。そういう幸せな人ですが、お医者さんだから、自信があるからね。私なんかは、口では絶対に言えないことをはっきりとおっしゃったわけです。これは、一つの真実です。

 お茶代付属高校の場合は、劣等感を隠しているから、東大に、進学しましたと、いう人ではなくて、親も祖父も兄も東大だから、自然に、東大へ行きましたと、言う様な人もいるのですが、これは、最近の、東京の女子・御三家には、ありえるお子さんの型となるはずです。しかし、地方の高校から、東大を目指す女子には、いまだに、自分に、劣等感があるから、東大という絶対の勲章を得たいと、思うお嬢さんもいるでしょう。

 そういう例として、高橋まつりさんのことを思い出すのです。電通のパわほら問題で、自殺をしたお嬢さんです。とてもきれいな、人。あの件で、お母さんが、異様にしゃしゃり出てきたので、すぐピンと来たのですが、お母さんは、非常に若いころ、自分の意思で、離婚をしていると、思います。お母さんは、それでいいが、地方都市という狭い社会で、育ったまつりさんの、方は、お父さんがいないという事を、ひそかな劣等感として、育ちあがったはずです。特に私立学園とか付属とか、言う、周辺が恵まれた友達ばかりの環境に置かれると、其れが、強烈に意識をされます。たまたま、お勉強ができると、其れが、助けになるので、頑張って東大へ行きます。

 東大へ、入学すると、私が知っている限りの女子東大生の、次のターゲットは、結婚です。東大卒女子には、結婚相手の数が少ないのです。だからこそ、準備周到、用意周到でないと、結婚できないので、お見合い写真を撮ることなど、20歳の成人式直後から始まります。あの、お振袖は、お見合い写真ようだったのですよ。皆さん、知っていましたか?

 私は、教授がお見合い写真を見せてくれて、お婿さん候補がどう言って居るか、お嫁さん候補がどう言って居るのかを、聞かされたのです。それで、ますます、実態がわかりました。計算高いです。

 ところで、たかはしまつりさんに戻ります。彼女は、お母さんが再婚もせず、一人で、頑張っているので、ほかの東大卒女史みたいに、次の、ターゲットは、結婚よという風に、起動修正をできなかったのです。あくまでも、優秀な女性として、立派な会社に、勤務するというターゲットしか、目に入っていなかったのでしょう。しかし、彼女の真面目さが、上司にとっては、意外な、障壁となったのでした。東大卒とか、在学中の男子というのは、目くばせだけで、未知の女子とベッドインができるそうです。あとくされも全然ない、一夜のアバンチュールができるそうです。そういう男性が、もし、まつりさんの上司だったと仮定をすると、そちらの方は、「なんだよ、この馬鹿は、俺の目くばせの意味がわかんねーのかよ」となって、最初のお誘いを拒否した以降は、彼のイライラのはけ口となって、いじめまくられたのです。

 しかし、高橋まつりさんは、特殊な例であって、東大卒女子は、まっすぐに結婚へ向かうのでした。それは、まあ、両親が離婚をしていないケースですが、離婚をしているご家庭のお嬢さんも、結婚へ向かうのでした。それはね。冷静だから、そして、計算高いからでもあるし、要領がいいからでもあるのです。そうです。東大に、入学するためには、大量のかつ、広い分野の、勉強を、しないといけません。そのためには、要領の悪い子で、こだわりが悪い子はだめなのです。

 私はそういう点では、ある意味で、全く向いていないのでした。それに、銀座で出会った、大勢の美術系作家たちも、向いていないでしょうね。別の才能があるから、東大には、行かなかったというよりも、あまりにも要領がいいと、お金にもならない、現代アートなど、やっていられないですから。

 で、私はあれよあれよと、言うか、何というか、あっけにとられるというような気持で、東大卒男女の、結婚の形態を見ているのですが、『うーん』とうなるばかりです。特に東大卒女子は、賢くて、素早いですよ。今は、どうか知りませんが、私の時代には、あっという間というか、必ず、25歳ぐらいまでには、相手を、決めていました。小野寺夫人もそうだと思います。彼女の方が狩をして、ご主人を獲物として、ゲットしたという事でしょう。

 そういう事がつくづく、うかがえる、渡辺篤史の建物探訪だったのです。

 さて、此処で、西隣も、テレビの、建築番組に出演するほどの、豪邸(大きくはないが、真心が随所にこもっている住宅)であり、北隣も、豪邸で、テレビの取材を受けています。その間に挟まって、引っ越してきた、建築が専門でない家も、富裕層です。でね。なぜ、富裕層が、最近、此処へ引っ越してくるのかを書いているうちに、一万字ぐらい、消えてしまったのでした。27日は、次の日に、病院へ行かないといけない予定が入っていたので、その一万字を再現することができなかったのですが、本日、其れを、やってみましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『この山には、引っ越しが、多い。私が知っているだけで、自分もいれれば、15回の引っ越しがあったのだ。それは、人間関係が非常に難しい、一帯だったからだ。したがって、中古の家を買って引っ越してくる人たち、及び、駐車場がないという両面から、中流は、中流だが、それほどに派手ではない人々が、住んでいる一帯だった』

 私は中谷共二氏が、北久里浜の一件と連動して、激しいいじめ(=我が家の山を無断で切り崩す)をして来た時に、激しく抗議をしています。でね。あのまま、突っ走ればよかったのですが、中谷家に、呼ばれて、二時間もかけて、滾々と謝罪をされたので、ついに折れてしまったのでした。失敗だったと思いますが、あの引っ越してきた時点で、右も左もわからない時点で、もっとも、きつい人だと、いううわさ話を流されると、それはそれで、損失だったから、何を選べばよかったかは、仲は科、わからないポイントです。ただ、中谷家に呼ばれて(当時は、主人は、松坂に単身赴任中だった。それも瀬島隆三が仕組んだことだと、今ではわかっているが)、中に入って、驚いたことに、お庭で、ホウレンソウと、小松菜を、栽培していたことなのです。奥様は、双葉(東京)卒であり、ご主人は、羽田空港の、飛行機・燃料・用・ガソリンスタンドを、独占的に経営していると、聞いていますので、富裕層ですよ。だけど、いわゆる【婦人之友】派でも、あってつつましい感覚を示す人でした。ただし、株はたくさん持っている人でしたよ。私が、父から株を、相続をして、時々駅前の証券会社によると、必ず、中谷夫人に出会ったものですから。

 今の私は園芸をやっています。日当たりの良い、北久里浜の旧宅で、作る春菊(これは、虫が付かないので、放っていても、いい野菜なのです)は、非常においしいです。売っているものとはまるで違う。だから、中谷夫人が、貧乏だから、野菜を作っていたわけではないと、わかっています。でも、30年前には、もっとも、富裕であった、中谷家だって、戦前、戦中、戦後のもののない時代の、つつましさを、示す人だったのです。後、親の世代から、鎌倉の住人だった人は、富裕ですよ。だけど、其れなりに、他者と、交わらず、静かにしているので、ぎゃあ、ぎゃあ、目立つ人は、中流ちゅうの中流の、普通の人なのです。

 そういう人は、駐車場がないために、普通の鎌倉物件より、1000万から、2000万円の間で、安い此処を、3000万円までの、お金で、買って引っ越してきた人たちです。ところが、最近、の、10年間に、引っ越してきた人たちは、月収が、100万円を優に超す、ご家庭ばかりなのです。実際には、150万円から、200万円の間でしょうと、言う三軒です。

 私は、彼らは、自然に、此処を見つけてきたのではなくて、意図的に、導入されたと、見ています。何を目的かというと、私を威圧する為です。親から、二回に分けて、合計、1億円の遺産をもらっている私は、いわゆる小金持ちです。しかし、お金の計算ができない人だったので、いつも、ピーピー言って居る人ですが、主人に言わせると、お前ほど、恵まれている人間はいないと、言われてしまうほど、お金には、恵まれてきたのでした。それを、銀行のスパコンにも証券会社のスパコンにも入って、すべてを把握している、鎌倉エージェントが知っているものですから、私を威圧するために、サラリーマンなら給料が高い人、経営者なら、月収が高い人をここに導入したのでした。

 私は理由や、目的がわかっているので、どれ程の、富裕層が、周辺に、集合しようとも「別に!」と、言う漢字で、動揺は、しないのです。しかし、画家Aの奥様が家出をしてしまったのは、白井達雄、小野寺夫人夫妻が、引っ越してきたことが、大きな理由の一つだと、思って居ます。画家Aの、奥様は、実家が病院を経営していると、見ています。お医者さんの娘だと、しか聞いていませんが、家出をして、長期間別の家で、暮らすためには、女性一人でも、月収50万円はないと危ないので、そういうお手当てが実家から、くる富裕層の一人です。いや、でしょう。だからこそ、小野寺夫人に、嫉妬をした? いえ、そんな、話ではないと、思いますよ。

 それは、収入が高い、エリートの存在に、気が付いてしまったという事が大きいでしょう。画家Aの奥様は、夫が、就職をしないで、画家一本やりで、生きていることに誇りを持っていました。そして、夫がエリートであることを信じていました。しかし、世の中には、いろいろな種類のエリートが居るのだと、白井達雄氏を見ているうちに気が付いてしまったのだと、思います。

 この山は、小さな小細工、が、何百回とたくらまれて来た一帯です。それも、私は、非常にあくどいことだと、思って居ますが、上に書いた様に、最近の10年間は、富裕層だけを、意図的に選んで、導入しようとしている、仕組みは、本当に迷惑なことだと、思いますよ。実働、15軒しか家がないこの一帯で、非常に目立つ、派手な動きをする富裕層を、三軒も導入するのですから、元からの、十人の中には、いわく言い難い、圧迫感を感じている人間もいるだろうと、私は思いますからね。

 ここで、小細工とは何だと、言えば、例えば、最近、書いている様な、・・・・・花輪夫人と、安野夫人が、異様な二人三脚をした状態で、私の目の前に現れる・・・・・などという事を指します。それは、花輪夫人の家から、我が家までの、途中に、幅、1メートルしか歩く場所がない部分もあるので、徹底的な、嘘であることは、私には瞬時にわかるのです。つまり、安野夫人が、非常に親切なのだという事を見せつけたいと、いう事と、花輪夫人が、安野・前田一派に与しているという事を見説江kタイト、追う目的のある、こしばいだったのです。・・・・・案出したであろう、井上ひさしと、其れを、前田夫人他に、伝達したであろう、伊藤玄二郎は、此処に住んでいないので、その、道幅が狭い場所の存在には、気が付かないのでした。バッカみたいだと、内心では、いつも笑って居ます。いつも、この様にして、即座にその案が持つ、瑕疵が見つかってしまうのです。いつも内心で、あざ笑って居ますが、分析された、ばれた、ばれたと、負けが続いても、飽きずに同じことを繰り返すのです。 

 それの、そもそもの、原因は、石川和子さんが、私の猫のことで、警官を呼んで、大騒ぎを起こしたことに初因があると、思いますから、何をかいわんやですが、伊藤玄二郎が、石川和子さんの元愛人(しかし、2005年当時までは、心理的には、愛人関係が続いていたと、見ているが)だから、私は、今、こういう攻撃を受けているわけですが??????

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

 ところで、此処で、本当は、政治から、心理学の分野に入るつもりでした。しかし、本日は、体力がないので、そこまで進めません。

 しかし、予定として書きたかったことは、二つあります。Aのテーマとして、なぜ、小野寺夫人は、「渡辺篤史の、取材が今日、あるのですよ」と、私に言ったのか? という事を分析したいと、言う点。それが、力が必要なので、後日、取り組むとして、・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『ここで、私は、【風と共に去りぬ】を思い出すのだった。というのも目の前に、ある意味で、主役級の、二組のカップルが、現れているわけだから。しかし、男女の組み合わせは、不思議なことに?、というか、なんというか、相当に違うのだったが』

 Bのテーマとしては、最近、100分で名著で、【風と共に去りぬ】を取り上げたので、あそこに出て来る二組のカップルと、この雪ノ下の二組のカップルを、当てはめた場合にどうなるかなのですが・・・・・・

 スカーレット・オハラに、該当するのは、しいて言えば、小野寺夫人でしょう。そして、その夫の白井達雄氏は、アシュレー風タイプです。

 【風と共に去りぬ】の著者、マーガレットミッチェル女史は、私が読んだ、自伝的、小説【タラへの道】によれば、最初、レッド・バト-ラー・タイプの男性と付き合って居て、彼と別れたのちにアシュレータイプの、自分を静かに支えてくれる編集者的、男性を選んで同居(または、結婚)をしています。日本で言えば、三浦綾子の結婚みたいなものです。

 そして、小説が大ヒットしたのちには、レッドバトラータイプの前の男が、自分が、かれを、モデルとした事を怒って、ここへやって来るのではないかと、非常におびえていたのです。その男性は、階段から落ちたという事故で、亡くなったそうです。私はフト、自殺ではないかと、思ったりします。ミッチェル女史も当然にそのことは考えたはずです。

 となると、此処は、行間を読むという、以上のいろいろが考えられるところですが、あれだけの大ヒット作を生み出したミッチェル女史は、ヒット以降、決して安寧の日々ではなかったと、思われますね。業と、いうものかなあ?

 ところで、白井達雄氏が、あの、奥様が、自分を馬鹿に仕切った、【渡辺篤史の建物探訪】の放映の後で、奥様のほっぺたを、バシッと平手打ちをして、「きみは何故、僕のメンツをつぶしたのだ?」と、言ったと仮定をします。すると、奥様は、突然に目覚めて、東大卒女子固有の、計算高い冷静な妻から、女そのものに、変身するかもしれません。与謝野晶子風の熱い血潮の流れている女に変身をして、高齢出産に走るかもしれませんよ。

 私の主人が「あの人は、体が、どこか、悪いはずだよ」という女性ですから、高齢出産という無理がたたって、メラニーみたいに出産後、亡くなってしまうとか? すると、ご主人は、海老蔵が、【堀越かんげん】君をかわいがる様に、残されたお子さんをかわいがって、男手一つで、育てるとか?

 いや、いや、想像が走りすぎていますね。「見て来た様なうそを言い」と、私は、よく言いますが、こちらの想像は、見たこともない景色であって、実際にはありえないお話です。

  ただ、白井達雄氏の為にここで、付け加えておくと、彼は、映画の中の、アシュレーみたいに、メラニーの死後、突然に、ふにゃふにゃになる様なアメリカの男性ではないのです。にっぽんのサラリーマンですから、着々と、仕事を続けるでしょう。しかし、外に出れば、七人の敵がいるというサラリーマン生活の中で、着実に仕事をこなしていく為には、一種の悪女だと、見える、小野寺夫人の、力が助けになっているのかな? わかりません。夫にいい仕事をさせるのが、良妻なら、小野寺夫人は、良妻です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『石井あずさ夫人を、私は、夫に向かって、又は、未知の人に向かって、声を出して、ほめているので、敵さんも私が、そう思って居ることを、しっているらしい。彼女は、会社を経営しているそうだから(といっても、親の会社を引き継いだだけかもしれないが)、相当な辣腕の人でもあろうが、表面上は、夫を立てて、よく働く、奉仕型の、女性である。したがって、風と共に去りぬの、登場人物の中では、メラニーに近いだろう。で、その夫たる、秀樹氏が、アシュレータイプかというと、違うと見える。むしろ、レッドバトラー的要素があると見える』

  私が石段で、石井秀樹氏と、すれ違う時には、彼は、必ず、拝礼をしています。相手は、しいち稲荷か? その上にある青面不動(?)です。それを見ると、私は、【成功している人は何故、神社に、行くのか?】という本の広告を思い出すのです。で、彼が信心深い日本男子かというと、ちょっと違う様に思えるのですね。むしろ、勝気で、向こうっ気が、強い、いわゆるレッドバトラーの要素が強いと、思うのです。

 というのも、彼が設計した、我が家の北隣の家は、二階が、360度ガラス張りです。柱は、家の外にあるのです。だから、正真正銘、ガラスだけが、外壁となっている家です。

 彼は、テレビ東京の特番、ドリームハウス(2016-7-18版)で、疑惑を示す人間に対して、「これでも大丈夫です」といって居ますが、それは、もう一つの家があるから、大丈夫なのだと、私は思って居ます。こちらの家は、お客様に、自分の建築コンセプトを明示するための、一種の見本であると、みなしています。そして、もう一つの家は、リラックスできる、壁で、囲まれた家のはずだと、見ています。

 そうすると、彼は、一種のはったりを言ったと、なるわけですね。いや、はったりというのは、悪い言葉かもしれないけれど、強気に出たということは確かなのです。乱暴な態度ではありませんよ。だけど、強気というか、向こうっ気が強いというか、やんちゃというかなのは、確かなのです。

 3月1日の、夜10時になりました。ここから先を書きます。

 たまたま、石井秀樹氏と、同窓の、建築家と知り合ったと、言いました。::::::ここで、少し、その人とのエピソードを語りましょう。ものすごい美形の紳士なので、ちょっと憧憬のまなざしで、見ていたら、その人が、その憧憬の視線にこたえるべく、こういう話を語ってくれたのですよ。

 「国家資格として、有名なものが、三つあります」と、彼は、まず言いました。なお、此処で、私が挿入いたしますが、国家資格のうち、試験が難しいことで有名なものは、4つあります。彼は弁理士を抜かしていました。弁理士とは、つい最近も朝ドラで、取っ協が問題になりましたが、特許を提出する、代理人みたいなものです。しかし、数が非常に少ないので、その人は、つい、存在を忘れたと、見えました。「僕は、そのうちで、建築士が、一番いいものだと、思って居るのです。というのも医者は、ある人間の、病気というマイナス面に携わります。弁護士は、心理面の瑕疵、又は、マイナスと、携わります。弁護士は、原告側に立つにせよ、その人が、告訴をしないとならなかったほどに追い詰められたという事ですから、人間の苦しみと付き合います。ところが、建築士だけは、違うのです。建築氏とは、人間の喜びと付き合います。だから、とても明るい仕事です」と。

 すごくいい話だと、思いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題10、『このブログを読んでくださっている読者の皆様は、・・・・・そんなに大勢の人と喧嘩をして、損な、人物だねえ。神の加護とか言って居るけれど、それって、嘘じゃアないの?・・・・・と、おっしゃるでしょうか。しかし、違うんですよ。私も損をするが、使役をされて、そちら側に立った人間も損をしているのです。要するに大切な事は、常に、基本を忘れないことです。誰に対しても同じ態度をとる。それが、大切ですが、そういう態度を取らせないというのが、鎌倉エージェントですから、私とは、私が、その人の行為を、このブログで、書いたとたんに、関係が切れることとなります。彼らを使役した、伊藤玄二郎や、いまだ生きている、井上ひさしたちは、自分達が、彼らに損失を与えとは、考えていません。それよりも金銭的な、ご褒美や、社会的な名誉を与えているので、すごくいいことをしたと考えているでしょう。しかし、そういう種類の、既製服的幸せって、高価な、ヴィトンであろうと、シャネルであろうと、それほどの、満足感を与えてくれないものなのですよ。だって、ねえ。伊藤玄二郎達が、謀略を繰り返すことをご覧ください。彼らには、決して、終点が来ないのです。未来も見通していません。哲学がないのだもの。ただ、策略があるだけですから。薄っぺらくて、いつもぎすぎすしていて、いつも飢えています。だから、私の方は、何の、魅力も感じませんからフラットな関係の人が、一線を越えると、こちらもあなたを捨てますっよというサインとして、彼らが、行ってきた謀略を、文章化します。実名を込めてですね。

でもね。皆様、そういう話を引き出す人が、私なのです。どうしてそういう話をするかというとです。最近、花輪夫人が、異様な二人三脚をすると、いう形で、明瞭に敵方に立ったと、示しました。私は、ほかの件も絡んできていますから、其れを文章に書きます。そうすると、もうお互いにフラットな関係ではありません。

 私は15年ぐらい前から、花輪夫人が敵方に、たっているのは知っていましたが、彼女本人から、異様な、たくらみごとを直接されたことは、最近までは、なかったので、気が付かないふりをして、キツネとタヌキの間柄を続けてきました。

 しかし、今から書く事を知って、花輪夫人は、今まで通り、キツネとタヌキの間柄を取り続けることができるだろうか?

 さて、書きましょう。花輪夫人は、前田清子、安野智紗、小野寺夫人の三人のうちの誰かから、ああいう小芝居をしなさいと、提案をされて、其れに乗ったわけですね。

 その三人の女性の後ろには、伊藤玄二郎が居ます。伊藤玄二郎と対等の立場で、しかも、伊藤玄二郎に知恵をつけている存在として、井上ひさしが居ます。この二人の後ろには、警察が居ます。

 警察の中には、二つの流れがあるのです。

 表向きの警察の方は、本日、【ちこちゃんに叱られる】内で、出てきました。カラスのぬいぐるみである、きょえちゃんが、地方の警察の巡査からのお手紙で、出張をしたのです。そして、そのぬいぐるみと、落ち着いた警官たちが、子供が横断歩道を渡るときの、マナーをやさしく指導をしたのでした。きょえちゃんの、ぬいぐるみが置いてあるだけで、子供たちは圧倒的に集中して、交通ルールを学んだそうです。これが、表むきの警察です。探検バクモンというNHK総合チャンネルの番組が、神奈川県警の警察学校を訪問をした時に、そこの生徒が、高い志を語ったのですが、其れも表向きの警察です。

 しかし、警察内部には、裏側の警察というのがあるのです。何度も、その実態に、2014年6月13日に、私自身が、保土ヶ谷のネットカフェ、げらげら内部で、触れたと、書いています。屈強な体格で、表情がまったくない若者たちです。私は彼らの正体は、わかっていますが、神様に見守られている人間なので、天衣無縫に、行動をして、そこを出ることができます。わかっているけれど、罠にも引っかからないし、騒ぎもしないし、もちろん、パニックにも陥りません。ただ、受付の男の子に、「自分が持ち込んだキーボードが、USB挿入口が、遠くて、使えないので、今日は、帰ります」といって、帰っただけですよ。

 これは、NHKニュースが絶対に発表をしないことですが、その若者たちは、地方地方に別々に配属をされており、数々の、殺人事件を起こしております。そして、私が、NHK報道は、違う。嘘が含まれていると、言い始めると、真犯人だと、言う人間を用意し、それを、逮捕します。 

 で、最初は、平成の八墓村事件と、呼ばれていて、今は、周南事件と呼ばれているもので、5人が惨殺をされました。保見には、第一審で、死刑が、下されましたが、保見は、作られた犯人です。

 次は、山田浩二が、寝屋川で、深夜、アーケード街を、さまよっていた、中一児童、二人を殺したと、されている事件。

 大口病院で、紳士が、二人、点滴への、界面活性剤の、投入で、殺された事件(これは、最近、若い女性看護師が、自首してきましたが、それは、嘘でしょうね。洗脳されて、犯人像を、引き受けていると、推察しています。)

 新幹線焼身自殺事件で、巻き込まれた、綱島で、働いていた整体師の女性。時期は正確な順序ではありませんが、

 東松山市でカラーギャングが、生き埋めにしたとされている井上翼君、

 熊谷市で、ペルー人が殺したとされている五人の犠牲者、

 京橋の画廊、のオーナーだった、山口みつ子さん、山口さんが他殺ではないと、見せかけるために殺されたオリックスの若手投手。

 北九州市で、私が全く知らないうちに、暴走老女にひき殺されたと、されている、中学の同期生、大久保忠春君、この事件に類似する事件を起こしておいたと、される上大岡の暴走老人による、小学校一年生の男の子の、ひき逃げ?事件。

 碑文谷のマンションに住んでいて、池に死体が放り込まれた事件、・・・・・なんとかという青年が逮捕されましたが、嘘だと、思って居ます。

 ああ、そして、軽井沢バス事故、これも石井大臣を上に持ち上げるためのものだったのですよ。それから、スリランカのレストランで、7月2日に、人質たちが、襲撃された事件。この二つで、報道によれば、10人を超える死者が出ていますよね。

 小学校の、保護者会会長(いわゆるPTA会長)が、殺したとされている、ベトナム人少女リンちゃん、事件。

 小林坊という、若い男が、死後轢断死体として、大桃たまきちゃんを殺したとされている、新潟の事件、

 ふりこめさぎの、新たな(進化?)形だと、言われている、東陽町のマンションに暮らしていた、高齢の女性。

 ここまでで、既に、35人の死者が出ています。そして、これからも、似た様な事件が起きるでしょう。

 花輪夫人と富沢夫妻に言いたいです。何が、えさだったので、了承をしたのですか? 謀略に加担をすることを。

 こうなると、今ここに住んでいる人たちと比較して、引っ越しを迫られたマダムαは、大幸運だったと、いう事になります。よかったですね。道徳的高さを、失わない、まま、この山を下りることができて。この山に住んでいる限り、そして、安野智紗、前田清子、小野寺夫人と、言う3人の、(悪辣差を極める)女性たちの支配体制が、崩れない限り、この山で、暮らすことは、本当に難しい事なのです。

 ただ、渡辺賢司については、同情の余地なしです。30年間にわたって、向こうから挨拶をしてきたことがないのです。私を悪人だと、思いこんで、無視も無視、歯牙にもひっかけない存在だと、言う扱いをしてきました。それゆえに、午前10時の、あの布団たたきを、見て以来、こちらこそ、歯牙にもひっかけない存在として、彼をみなし、扱っております。

 さて挿入から、副題βの時点に戻ります。白井達雄氏に比較をすると、より、レッドバトラーに、近い人物だと、見えてしまう、石井秀樹氏に戻りましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題11、『石井秀樹氏が、白井氏より、より、レッドバトラーに、近い人物だと、明言してしまうのは、設計のコンセプトを見ていると、感じることだ。白井氏が、設計したのは、私がある筋から聞いているところによると、横浜銀行鎌倉支店である。しかし、私が、推察しているところでは、都筑区の、傾きマンションも、設計しているし、京急北久里浜駅最寄りの、豪華マンション、【ルネ・北久里浜・そら・ひるず】も設計をしている。

 ここが、実は、大切なところであって、この章で、この二組のカップルを、いささか、からかった形で、分析する由縁なのだ。あの旭化成建材疑惑程、ひどいものはなかった。旭化成に対して、怒っているのではないのだ。その裏側の鎌倉エージェントの方の、汚さに怒っている。つまり、データの、グラフの繰り回しなど、現場では、日常茶飯事の出来事であり、別に問題にするべきものでもないのだ。あの問題は、旭化成の、株を持っている我が家の、資産減らしを狙って、起こされたものでしかない。つまらないし、小さな案件だ。ところが、すぐさま、其れを見破って、真実をここに書いたから、それで、案出者たちを、悪い方向へ駆り立ててしまった。かれらは、引っ込みがつかなくなって、炎上させる方向へ、発展をさせた。まあ、プライドがあるという事でしょう。しかし、悪い方向へ、プライドを高くして、どうなるのですか?

 実際問題として、そのデータいじりで、最近になって、大騒ぎになっている川金(免振装置の会社)のケースだって、似たようなものなのだ。免振装置の、偽装データで大騒ぎをしたが、今では、とんと音沙汰がない。そして、此処で、こういう風に書くと、再び再燃するだろうが、補償の、工事費用は国家が負担をするのだ。馬鹿みたいな大騒ぎで、そして、日本を劣悪化させるのに役立つ事案だった。

 この旭化成建材疑惑事件は、その後の、データ改変事案を次から次へと、生み出し、日本をめちゃくちゃにしていった大問題だ。日本は、政治は、劣悪な国だが、勤勉な国民性によって、経済は、立派な国だと、なっていたと、思う。しかし、その経済部分、又は、生産部分がめちゃくちゃにされてしまった。今だ、生きている井上ひさしあたりが、ちょっと提案した、ケースが、林芙美子横浜市長が、動きだし、日本全国的に、旭化成建材の、建築物が、動きだし、石井国土交通大臣が、何度も、何度もテレビ画面に登場して旭化成建材を、しかりつけ、た。

 しかし、あれが謀略であったことは、旭化成建材の直上の、会社である日立エンジニアリングは、一切責任を問われなかった点だ。

 よく「あいつは、むっつり助兵衛だ」などと言う。表面は、無視も殺さぬ様な上品な人なのだが、裏側では、脂ぎったセックスをする人のことを指す。

 白井英雄氏が、むっつり助べえだとは、私は考えない。しかし、【むっつり政治や】かもしれないと考えている。あのカップルの内、私を攻撃するのはもっぱら、小野寺夫人の方なので、小野寺夫人は悪女であり、白井達雄氏の方は、両親が年取ってから生まれて、蝶よ、花よと、大切に育てられたおぼっちゃまで、小学生時代は、体格は、小さくて、クラスの乱暴な子にいじめられていた・・・・・などというイメージを、私は長らく抱いていたが、実際には、それとは、かけ離れた、政治性を持っているかもしれないのだ。

 そうだ。小野寺夫人は、耳に聞こえ、目に見える悪をなす。しかし、白井達雄氏の方は、目に見えない形で、大きな悪をなす。かもしれないのだ。そして、この日本国へ、大きな損失を与える人物、なのかもしれない。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題12、『そういえば、2014年6月9日にこの白井達雄、小野寺夫妻が、安野忠彦・智紗夫妻の家へ上がって、六時間も一緒に過ごした。私は、その一週間、6月4日には、京橋に合った人気カフェ、ペンステーション内で、危うく、強制拉致されそうになったのだが、そこで、失敗したと、思った闇の警察部隊は、12日に、自宅では、パソコンが使えない様にして、この近辺では、もっとも上品な場所である、保土ヶ谷のネットカフェに出かけるだろうと、推察したうえで、そこで、私を強制拉致しようとしたのだが、私は逃げおおせた。

 しかし、その間の、9日の、日曜日に、白井達雄・小野寺夫妻は、安野家で、お寿司を取って、四人で、懇談する時間を、6時間もとったのだ。午後四時ごろ、あいさつをする声が安野家の玄関で、聞こえたが、白井小野寺夫妻が、帰宅したのは、夜の10時近かったと、記憶をしている。六月なので、出る時間には、まだ、日が明るく、照っているので、電気をつけないで、外出し、帰宅をすると、電気をつけたので、わかっている。ちなみに、安野夫妻宅は、我が家の合いかぎをもらって居ると、推察できる行動が、いっぱいあるのだが、

 それが、警察から渡されたのであろうと、推察するのは、以下の看板を堂々と門前に張り付けていることでもわかる。1960年に、大学生だったら、こんな恥ずかしいことができるはずがない。 

 安野家が13号で前田家が14号である看板

 前田家では、さすがに、この白い部分を、たわしで、こすって、字が、ほとんど見えない様にしたうえで、青い板になったものを庭先に置いてあった。そして、今では、其れは、白井邸に移っているのだが、一応、玄関内に、置いてある。門前にはおいていない。若いけれど、日本現代史を知っていると、見える。教養が深いらしい。一方で、1960年代、ライブで、安保闘争などを、経験した筈の安野忠彦氏は、堂々と、こんな看板を門前に飾ることができるので、大学を卒業していないと、見る。奥さんの、智紗夫人の、注意をしないのだから、似た様な、教養のレベルだと、思われる。

 さて、石井秀樹、あずさ夫妻の方なのだけれど、この旭化成建材疑惑に関しては、無辜(イノセント)であろう。しかし、私が推察するところ、どうも、石井国土交通大臣と親戚である様に見える。となると、旭化成建材疑惑で、石井国土交通大臣がどれほどに、大活躍をしたかが、石井秀樹夫妻にも、一種の悪い波及効果をもたらしていると、私は考える。

 建築とは、人間の喜びと付き合う良い仕事です」と、石井秀樹氏の先輩である美形の建築家は、言った。しかし、この山の、この二軒の、建築家には、黒い雲がかかっている様に、私には見えるのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題13、『今は、三月二日の夜10時です。本日の朝5時に詳細に、この続き部分が睡眠中にできていたのに、朝から、パソコンを開くのを躊躇して、日常生活に入ったために、その詳細な、文案が消えてしまいました。こういう事を、2008年から、2017年ごろまでは、ひじょうに残念に思ったものです。しかし、今は、仕方がないと、いう風に流せる様になりました。

 何事も突っ張らない。頑張らない。すべて、自然体でいくと、決めております。というのもですね。木曜日は、鎌倉駅と、武蔵小杉駅で、またまた、復讐をされていると感じています。その次の金曜日ですが、この雪ノ下で、又また、小細工が、なされました。鎌倉駅から、雪ノ下の間が利用をされて、小細工が弄されたのです。そして土曜日ですが、NHKニュースを利用した復讐行為がなされました。

 そういう小細工に対して、すべては、因果関係が、わかるので、後で、どこかで、語ることができると、信じているのです。私が、本日何を書くかは、すべて、神様のご支配の上で、書いているのだと、常に信じていますしね。

 でも、そうはいっても、この文章の続きは書かないといけません。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題14、『2018年の事だったが、【あばれる君】が、石井秀樹邸を、訪問するという、4チャンネルの番組があった。たまたま、私は外に居たので、その録画に気が付いた。それ以降、注意してみていると、お昼のニュース・バライエティで、其れが、放映をされた。

 そして、それ以降、テレビ東京は、BS7で、【突撃、隣のすごい家】という新しい番組を、放映を始めたが、それが我が家のレコーダーに、自動的に録画されているので、その最初の訪問先が、石井秀樹氏設計のものだったと、覚えている。その家は、一階の木部が、茶色の材木で、覆われていると、言う、カラーの違いがあったが、それ以外の外見は、鎌倉雪ノ下の、石井秀樹邸と、そっくりであり、説明がなくても、石井秀樹氏設計の、家であることは明瞭だった。石井邸は、一階が黒い木材(焼杉風)のものでおおわれている。そこに二つの家の違いがあるが、設計者が同じだと、いう事は明瞭だった。

 それらの現象は、石井秀樹氏が、突出して、持ち上げられていると、いう事を示している。たまたま、ホーム頁を覗いたことがあって、石井啓一国土交通大臣から賞を授与されていることをも知った。

 いや、この現代日本の、得の東京圏には、建築家は、五万といるだろう。先週みなとみらい線の馬車道駅に降りたが、そのB1のコンコースで、建築展をやっていた。関東の大学の卒業建築展とか、二畳の茶室、コンクール入賞作品展などと、いろいろな、企画があった。本当に、五万を超える数がいるかもしれない、一級建築士の中で、何故、石井秀樹氏には、これ程の光が当たるのか? 私は理由がわかっているので、嫉妬心などを抱かない。つまり、はっきり言うと、石井秀樹邸そのものが、私が主張をしているアジサイ畑欺罔事件の証拠隠滅にあたるので、その功労に、免じて、ありとあらゆる,果報が彼に下っているのだ。

 だけど、将来を考えてみよう。私を弾圧するという任務がなくなった後では、小野寺夫人は、きっと、石井秀樹・あずさ夫妻に対して、イライラ感を募らせるだろう。それが、鎌倉エージェントの、伊藤玄二郎と、いまだ生きている井上ひさしが、行って居ることだ。彼等はある一点しか見ていない。しかし、私の方は、もっとロングスパンで見る。

 すると、白井達雄・小野寺夫人のカップルが、画家A夫妻を破綻させたように、石井秀樹・あずさ夫妻が、白井達雄・小野寺夫妻を、破綻させることが起きないとも限らないのだ。ここらあたりは、平家物語が、上手に表現している。清盛の寵愛の対象が、移り変わっていく話の部分だ。祇王と仏午前の話である。(巻の一の六)

 その種の刺激に負けないためには、白井氏の方は、大丈夫だと、思う。石井秀樹氏が、どれ程に、持ち上げられようとも『彼の作っているのは、個人住宅である、私の作っているのは、もっと、公共性の高いものである。そして、多額の資金が投入される建物である』と、思って居るから。

 白井氏の勤務している会社は、上場をしていない。しかし、私が気が付いた限りでは、新国立競技場と、銀座の【東急プラザ】を、担当している。前者は、新聞記事を丁寧に読んでいて、気が付いた。隈健吾さんが、伊東豊雄氏に勝ったといわれているが、非常に怪しいものであり、その裏に、開発ちえさんの、めちゃくちゃな、私へのメールと、それが、CIAの裏操作で、文字化けし、それが原因で、私の当時常用していた、パソコンが壊れたことを、私が、ブログに書いているのが、反映をしているのではないかと、思って居る。開発さんは、「あなたなんか、つぶしてやる。私の料亭は、新館を隈さんに、設計してもらって居るのですよ」といってきた。

 この、隈研吾と伊藤豊雄の対決問題の、裏側は、将来ともに、証明はされないであろうが、ある意味で、正しいのではないかなあ? 特に今、パソコンにシステム異常が起きたので、正しいと、思って居る。

 で、隈研吾事務所があの壮大な、オリンピック用スタジアムを、隅から隅まで、設計するのは、不可能であり、結局は、白井達夫氏の勤務する会社が、やっている。という事で、プライドが満たされている。しかし、小野寺夫人の方は、そうはいかない。は・ず・だ。私は石井邸で、パーティが開かれているのには、既に、30回以上、気が付いているが、白井邸では、一階だけ渡辺篤史の建物探訪の時に、夜11時まで、四人程度で、歓談をしていた、気配が、聞こえただけである。

 これじゃあ、小野寺夫人の方が暗いというか、沈んで見えても仕方がない。パーティを自宅で開くためには、奥さんは、心身共に健康で、奉仕をしないといけないからだ。私は石井邸そのものが、証拠隠滅物件となっているので、大迷惑をこうむっているはずなのだけれど、哲学を研究した意味には、石井あずさ夫人が、奥さんとしてできがよいのは認めないといけない。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題15、『しかし、此処で、偶然に見てしまった2チャンネルとか、5チャンネルの投稿者が、石井秀樹氏の設計コンセプトを、けなしていることは、語らないといけないだろう』

 私はね。自分が書くテーマに関して、事前には、他人の意見は読まない様にしているのです。しかし、殺人事件等は、起きた日付が必要になって、グーグル検索をかけることがあります。それと、似たケースで、今回は、アンガールズ、田中の、番組のタイトルを忘れてしまったので、其れを探索するためにグーグル検索をしたのでした。彼の新番組は、自動的に録画をされているのですが、それでも、ちらっと見て、一番最初が、石井秀樹氏の設計した家だったので、それ以来、ほとんど、チラ見で、削除することにしているので、タイトルを思い出せないのでした。

 で、石井秀樹邸、そのものの放映が、なされたときに、【ドリームハウス】だったという記憶があるので、

 すみませんが、此処から先は明日3日に書きます。

 

@@@@@@ここが、2019年3月2日の夜11時から、書き始める、文章の最先端となります。以下はメモです。

 石井秀樹氏は、レッドバトラーにあたるのだと、私が語るのは、何故だと、なります。

 なおこのブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、5188819です。

 

 

 後注1、

日本は、本当に、法治国家なのか?・・・沖縄選挙+北久里浜の土地200坪の実質詐欺事件+保坂航子2019-02-25 20:52:16 | 政治 

後注2、・・・・・・突撃!隣のスゴイ家【温泉&グルメ…超豪華施設付き!熟年世代マンション】

アンガールズ田中卓志 遼河はるひ

後注3、

お、とうとう放映、わが家の北隣の新居、地デジ、テレビ東京で、20時から  2016-07-18 11:21:14 | 政治 

超・上質で高価な新築・隣家のTV放映から、熱海市長・斎藤栄氏の悪を思い出す私だった  2016-07-19 13:25:02 | 政治

メモとしての、TV東京の特番【ドリームハウス】と、やまゆり園事件の連動性   2016-07-31 23:18:49 | 政治

コメント

日本は、本当に、法治国家なのか?・・・沖縄選挙+北久里浜の土地200坪の実質詐欺事件+保坂航子

2019-02-25 20:52:16 | 政治

副題1、『沖縄の選挙で、辺野古埋め立てには、反対だと、言う民意が示された。だが、それには、法的拘束力はないと、NHKは、繰り返し言う』

 私はね。大勢の人が、関心を持つことは触れないことにしています。

 またね。私は、自分が、意外と、大物で、何かを言うと、必ず、反対の方向へ事態が流れるので、大切なことには、口を挟まないことにしています。

 しかし、24日行われた沖縄の選挙について、結果、如何にかかわらず、「これには、法的拘束力がない」と、言う言葉が付記されるのですね。12時のNHKニュースは、まだ、未開票中でしたが、出口調査等で、玉城知事が勝ったらしいとなって、それで、上の、「法的拘束力がない」という言葉が、すでに出ていました。

  9時のニュース(ニュースウォッチ)でも同じです。玉城知事が、勝った場合、国と、アメリカに、辺野古埋め立てをやめなさいと、言う手紙を送るのだそうです。しかし、それには、法的拘束力がないと、言う言葉が、繰り返されます。

 理由は、それが、条例に基づいた選挙だからだそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『40万人を超える人の意見であっても、・・・・・条例だから、法的拘束力がない。・・・・・ですって、それって、・・・・・政府は、この結果を、無視します・・・・・・と、ということでしょう。

 しかし、私から見ると、受動喫煙防止条例も、条例であり、それが、大きな、・・・・・実質的な・・・・・・法的拘束力を持っているのを、NHKニュースを見ていると、感じますよ。それから、社会全体の、流れをに見ていると、ひしひしと、それを感じます。

 おかしいでしょう。この違いって、何ですか?

 受動喫煙の例を、踏襲するのなら、条例である限り・・・・でも、ほとんど、法的拘束力を持っているのです。同じ条例なら、沖縄の、40万票を超える結果は、実質的な拘束力を、持たないといけないでしょう?

 しかし、NHKニュースは、繰り返し、法的拘束力はないと、言うのです。

 9時のニュースを今ライブで、見ているのですが、立憲民主党の、枝野党首が、国会で、安倍総理大臣に、詰問をしていますが、通り一遍のおざなり答弁で、終わっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『この間、クールジャパンという、NHK BS1の番組で、日本のここがおかしいという、部分で、道路、または、公園などで、喫煙をしてはいけないというのは、おかしい。だって、煙は空中に飛散をしていくではないですか?』と、言う意見が外人の方から出た。

 という、意見が、外国人の若者から出て、ほとんどすべての出席者が、それに賛同をした。・・・・と、そういう風に私はこのブログの中で書いた。 殺人事件とは、関係がないので、今、それを見つけられないが、この2月に入ってからの、3週間以内だったと、記憶をしている。尚、これは、余談ですが、12年以上前から、私は同じことを言い続けていますが、圧倒的に無視をされているし、生活の上で、お隣の小野寺夫人から、受動喫煙問題について、年上の私がとうとうというほどの、講義を聞かされています。道路上ですよ。どういう常識で生きているのだろう。東大卒って、それほどに、傲慢なのですね。驚くべき女性です。

:::::::::::::ここで、少しスピンオフになりますが、小野寺夫人という女性が、いかに客観性がないかを語りたいと、思います。彼女は確かに東大を卒業しています。しかし、駒場時代に、習ったであろう、哲学や心理学の要素が、全く身についていません。哲学の問題を出せば、場が整わない限り、論議は、起こらず、かつ、あいてが同じ土俵に立たない限り、教え込むなどということは、無理なのです。私は、受動喫煙防止条例には、反対の意見を持っている人間ですから、彼女の講義など、ハナから、聞く耳を持たないのです。しかし、それが、わかっていません。道路で、延々とご講義を続けます。なんという滑稽な事だろうと、内心で、笑ってしまいます。

 そして、彼女から、以前聞いていた、彼女の職歴を思い出し、『ご主人が高給取りだから、働く必要がないとは言っても、そんなレベルの問題で、勤めを辞めるなどとは、ずいぶん、軽い人物ですね』と、思い至るのです。偉そうな演説を聞きながら、内心では、その種の判断を、次から次へと、彼女に対して、下しているのですよ。

 『職歴一つだって、こちらの方が上ざあますね』と、思うわけです。私は東大に勤めていたんですよ。それも、事務職ではなくて、教務職として採用してもらって居ます。そして、お付き合いするのは、教授、助教授(今は、言葉が変わって、准教授と、呼ばれている)、助手(今は、助教とかいるらしいが?)、研究員、大学院生です。

 小野寺夫人が就業時代に、日ごろ付き合って居るのは、高卒か、高専卒か、で、二級建築士の免状を得たい子たちだから、彼女自身の言葉によれば、出来が悪いそうです。ふむ、ふむ。そして、私は普段の仕事として、博士課程論文のタイピング(と、同時に校正)とか、言う地味な仕事をしていましたが、時によっては、国際会議(1968年の、版太平洋学術会議等)のお手伝い要員として、帝国ホテルや、ホテルオークラに出入りしていましたよ。ホテルオークラでは、大階段を降りてくる、中島健三さんと、すれ違いました。帝国ホテルでは、フランクロイドライトが、設計した、大谷石が、間仕切りに使われているロビーで、犬丸さん手づからの、コーフィーを、スタッフ10人ぐらいと、一緒に、いただきました。

 まあ、職歴の次を考えましょう。お子さんを生んでいませんね。子供があると、ご近所づきあいは、必然です。それを、全くやっていない。PTA活動もやってこなかった。笑っちゃうほど、経験不足です。

 しかも、私の様に、パリで、90日間一人暮らしをしたことがありますか。ギリシャを、一人で、旅行したことがありますか? 私は、イタリアだけは、阪神旅行の、ツァーでしたが、後は、主人と二人で、トルコ・二週間、イラン・10日間、スペイン5日間、パリ(これは、私が借りていたアパルトマンに、主人と弟が泊まりに来たという形ですが、2週間)、

 ニューヨークで、たった一人で、90日間、1999年と2000年、二回滞在型修行を、しています。その際の、アパート探し、美大・大学院・入学の手配(1999年のこと)、ニューヨーク一古いボブブラックバーンの工房への入所・交渉など、すべて、自分一人で致します。できますか? あなた、そのくらいの英語力ありますか?

 あなたは、ミュージカルに出演をしているそうです。まあ、それは、私の9回の個展と相殺できると思うけれど、問題は、他人に対する態度です。それが、超が付くほど、田舎者です。この人と、前田清子さんは、二人とも田舎者、風体を日常生活の中で、醸し出している存在です。面と向かって、他人、特に都会育ちは、喧嘩を売りませんし、本性を見せませんが、都会で暮らす限り、最大の用心をして、相手をたてて置かないとだめですよ。そういう事をしていないから、此処で、こういう文章を書かれることとなります。この次に引っ越して行った先では、学んだことを生かしてくださいね。

 というのも専業主婦というものは、引っ越しによって、ランクアップをする可能性があるからです。

 私は、内心では、彼女に引き比べて、マダムAは、こういう風に優れているとか、マダムBは、こういう風に優れていると、いつも、比較をしてしまいますが、彼女より上等な人間の方は、実名を挙げません。

 ところで、小野寺夫人がその受動喫煙防止条例に関する、特大に、偉そうな、お・講義を、私に対して、おん・お垂れ下げになったころ、私達の山の下に、全国いち早く、「此処では、たばこを吸ってはいけません」というプレートが張られました。あまりに早く張られたので、今では、一部分擦れて、白いスポンジだけが見えるところもありますが、誰かがわざと、字の部分を、剥いたのかもしれません。

 この写真ですが、どうしても横向きになっていて、正統な、位置には治りません。で、横向きのままにしておきますが、右側の歩道の外は、鎌倉街道です。そして、道路を隔てて、反対側に、鶴岡八幡宮の神域があって、旧近代美術館とか、流鏑馬道・通用門が、あります。この写真で言うと、歯科と書いてある柱の向こう側は、鶴岡八幡宮の、自家用車用、駐車場です。

 このケースの様に、写真等が、妨害の対象になって、正統な仕事ができないことが、2007年ごろから、頻発して、どうしようもないので、外の貸しパソコンを使ったり、ノマド生活をレストランとか、カフェで、行う時期もありました。そして、20台も、パソコンが壊されました。今もです。二台のパソコンを使って、いたら、左において、ウインドーズセブンが、突然、パシっと真っ暗になったのです。それは、したの、方の、マンションについて触れている最中ですが、私は、下のマンションを設計したのは、小野寺夫人の、夫婦別姓の夫である、白井達夫氏だろうと、見ていますので、CIAという意味では、全部、それらのお仲間連中です。そういうれんちゅのなんと野蛮な事よ。自分たちの真実の姿を書かれたら、困るから、パソコンを壊してやれっと、言うのが彼らの手法です。本日もその、攻撃を目の当たりにした次第です。

 るケースは、ほとんど、CIAの裏側からの工作です。で、彼女が見事に、既に、そういう立場に立っていることを、これが証明していますね。その上、彼女が、自分を私よりはるかに上に置いているのは、私のありと、あらゆることを、悪い方向で、吹き込まれているからでしょう。私は、建築中から異様な行動をとる彼女を警戒して、ほとんど、自分のことは話してありません。しかし、電話の盗聴や、留守の間に入り込んだ泥棒が、撮影した、散らかっている写真などを見せられたりして、『ああ、東隣の川崎千恵子って、私よりも下の人間ですね』と、思いこんだのでしょうね。それが、あれほどの、威張った態度につながっているのだと、見ています。しかし、普通の人なら、そういう情報は、手に入らないはずですから、此処でも、彼女が、伊藤玄二郎、お気に入りの、人間であり、彼の、対・私攻撃用弾丸として、既に、エージェント化しているという事が証明されるのです。既に、100回ぐらいの悪意ある攻撃を受けております。もう、キツネとタヌキの、バカしあいの、時期は過ぎていると、思いますよ。おやりになったことはちゃんと記録いたします。

 左側は、アナのように、暗くなっていますが、樹木が旺盛に茂っている石段が、続くので、暗くなっているのです。鎌倉在住の方なら、【しいち稲荷】の医師団ですと、いわばお分かりになるかな? 初日の出を見るために、15人ぐらいが、毎年、この石段に、くる場所です。::::::::::::という挿入を入れて元へ戻ります。

 クールジャパンという番組内で、出席者全員が、日本は、おかしいといいました。そして、其れを、私は、このブログに取り込んでいます。というところに戻ります。それで、しばらく、この受動喫煙、問題は、鳴りを潜めていたのだが、私が、我が家のご近所、問題を語り始め、それが、伊藤玄二郎ほかの、鎌倉エージェントの、過去から、現在に続く悪に、遡及しそうになると、突然に復活して、オリンピックの各競技場は、すべて、禁煙になったと、報道が出てきて、小池都知事が、それを宣言をした。

 さて、ここで、しばらく受動喫煙防止条例から、離れて、北久里浜の東の丘に、おける、旧帝国海軍参謀足る、益山重夫、と、旧帝国陸軍参謀の瀬島隆三が、2400坪の、土地をただで、取得した一件について、延べていきましょう。これは、法というものを、今の日本が、無視する、そういう国家になってしまった原点だと、思うし、

 去年の12月から、この3月にかけて、私を振り回そうとして、1978年に行われた、青地と、殺人未遂を巡る、悪が、再燃してきているからです。その二つの事件を思い出させて、ビビらせようとしています。だが、私の方は、それを、恫喝とは、受け止めないで、冷静に、法治国家ではなくなっているこの、日本の、この現状を、ある意味で、表示可能な案件だから。すばらしい、実例でもあるし』と、考えて喜んでいるぐらいです。

 だから、11月から、この2月末まで、ずっと放ってあったのですが、この沖縄の選挙を安倍内閣が無視する模様なので、法を悪用した例として、こちらを、語っていきます。

 これは、何が重要かというと、沖縄の、選挙は、正統な権利を持つ、沖縄県民の意思が、無視されるという意味で、法が悪用されているのですが、北久里浜の案件は、少数の嘘とずるさが、まるで、正統なものであるかのごとく、法を盾にとって、財務局や法務局に認められた例なのです。マッ反対の方向性があるのですが、日本画法治国家ではないという意味でぇあ、同じ慶応を持つものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『グーグルの地図で、横須賀市を開き、その次に、京急、北久里浜駅に、照準を合わせ、スケールを、200メートルにしてください。そうすると、その駅の真東に、池田町という標識が出てきます。そこは、戸数300戸ぐらいの京急池田分譲地という一帯で、池田町六丁目と出ています。その次に、スケールを、200メートルにすると、ルネ北久里浜それヒルズと、言う青い標識が出てきます。そのあたりを中心に持ってきたうえで、スケールを100mに拡大をすると、東側に駅から、直線距離で、150メートルのところに、【コープまさ】というアパートがあります。

 そこまで来たら念のために、50メートルに拡大をしてみてください。というのも、【ルネ北久里浜そらひるず】という実在の大マンションが、グーグル、yahoo 他ありとあらゆる地図に出てこない時期があったから、【コーポまさ】が、消える可能性もあるからです。下の写真は、このマンションの、ブリーズコートという棟で、北側から、車で入る際の、正門がある、棟です。この写真が、横浜都筑区の、例の傾きマンションに似ていませんか? 私はデザインが全く同じだと、思って居て、これを、西隣の白井達夫氏が設計したのではないかと、推定しています。しかし、口頭で、ご本人から否定をされましたが、白井氏の会社の、チームが行ったという事で、白井氏が、「違いますよ」と、言ったのかもしれないと、私は思って居る次第です。

 このマンションは、360度眺望が利くという事を売り物にしているほどに、高い丘の上にあり、南側の地表からは、住民が、全景を見ることができないだろうと、みなされて、以下のごとき、普通の、白い景観ですが、住民が見る北側の方向からの、壁材他は、上等なものを使ってあります。 

 どうして、京急、北久里浜駅という都心から離れた場所で、こういう高級なマンションが建設されたかというと、その建設用地が、元水道山であり、其れを、地籍変更届という仕組みを利用して、ただで、手に入れているからです。だから、建物とか敷地に、余裕を持たせているし、地上から六階分を一気に上がる、上等なエレベーターも設置されているのです。傾斜部分は、30メートルぐらい、まっすぐ進みます。すると、エレベーター用の、門にたどり着き、マンション住民以外は、有料パスで、利用ができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『さて、私達が、1984年まで住んでいて、いまだに売らないで持っている家は、根岸町、二丁目27番地の、34という屋号です。コープまさの真南に位置しています。【まささん】は、15年ぐらい前に、此処に、2DK四戸のアパートを建てて、三戸を他人に貸し、一戸で、自分が住んでいるという女性でした。私は何回か、お話を交わしたことはあるのですが、何と、ガンにかかられて、しかも、割と早い経過で、亡くなってしまいました。 

 で、相続人という人が現れたのです。驚いたことに、その人は、私の北隣の、ドリームハウスの主人公と同じ大学出身のこれまた、建築家で、顔は、美形で、かつ、設計した過去物件として、実績の多い方でした。しかも、そのオフィスが、妹が、「日本橋の、自分の勤務先に、電車だけなら、15分なのよ」として選んだ、住まい、西葛西にあるのですって。

 まあ、そこで、一番目に驚いたのが、青地設定です。1974年にこの土地を買ったときは、青地など、なかったのですがその地籍変更届に、必要だったので(戦前からの、本当の地主である原正芳家の、実印をもらわないで、書類を、作り上げるためにそういう必要性があったのですが)、急に、青地というものを設定したのです。1978年に地籍変更届の、たくらみが、勃興したのですが、原家は、昔からの地主とはいえ、此処には、住んでいなくて、原家の三男にあたる、正芳氏が、1973年ごろから、此処に住み始めたので、益山重夫・智恵子夫妻は、正義氏に、たくらみの裏側を見破られることを恐れて、抜かして、事を行うために、原木を囲む形で、青地を急に設定をしたのでした。

 青地というのは、江戸時代にできた仕組みで、山林と、畑の間の、日照を巡る緩衝地帯なのですから、くねくねと、曲がっているのが普通なのに、原正芳家を囲むのが目的だから、かくかくと、まっすぐに設定をされているのです。しかも、1978年当時は、半分90cmが我が家にかかっていて、半分が原家にかかっていると、なっていました。

 その通りでしょうね。だって、我が家は、生協から、土地を買って居ますが、その前は、益山氏が、530平米買った、山林を一部造成して売ったものだからです。で、原家側が畑を保持していたということにして、90cm幅は、原家側に入っていたのです。

 私は原家が、もともと持っていた土地に、益山氏は、宅地造成を口実にして、侵入したと、見ています。で、益山氏は、公簿上、530平米を買ったのですが、既に、部分的に売り払って居て、2,73平米しか残っていない時点で、1200坪水道山を手に入れようとしていたのでした。

 しかし、驚いたことに、当時の構図は、めちゃくちゃだったのですが、それは、どうしてかというと他人の持ち物8例えば原家は、住んでいなかったので、監視ができないわけですね。しかも、道路も宅地も増勢をされていなかったところは、車も通れる、道を益山氏たちが、作ってくれたわけなので、最初は仲良くしていたみたいですが、やがて変だと、思い始めていたからです。というのも、たった、530平米(=160坪)を買ったはずなのに、益山氏は、30坪平均の、分譲地を、20個も作っているし、間に、立派な道路も作っているので、合計、600坪から、700坪を何らかの不正な手段で、手に入れていたのでそれで、自分が所有してはいない、土地の、部分に、あたかも自分の所有地の如く装って、年度を置いて、宅地を、順々に売っていったのでないかと、私は推察しています。

 あのね、こういうところは、法務局でちゃんとお金を出して、謄本を取っているのです。しかし、何と、泥棒が入って、盗んでいきました。証拠物件を、です。それは、我が家に入っている四種類の泥棒の内、プロの、泥棒=警察の、殺人用、特殊部隊でしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『この北久里浜の、事件こそ、山口みつ子さん殺しの遠因となっているのだ』

 これこそ、ギャルリーユマニテまで、つながっていき、あそこの金成悠子さんが、私にだけ、トイレを使わせない様に、わざと目の前で、鍵をかけたり、ギャラリー山口のオーナー山口みつ子さんが他殺であるのに、その引き金を引いた、保坂涼子さん(今は、わざと名前を変えている。航子と名乗っている。私が語っていることが真実だからですよ。恐ろしい女です)の個展を三回も一年間に、やってあげたことへつながっていくのです。間に宮崎進氏とか、ほか、もろもろを挟んで、そう、なって居ますけれどね。宮崎進とは、瀬島隆三と、シベリア抑留仲間だからです。

 保坂さんの方ですが、若いし、詩人めいているが、ヒステリー満載のおんなです。これもまた、田舎者だから、対人関係に、本当の慎みがないというケースですね。

 彼女が私に対して、罵りのメールを、101行にわたって書いて来て、其れを、彼女、もしくは、CIAエージェントが、36回も繰り返して送ってきたから、山口みつ子さんに、其れを言ったら「あら、それって、きちがいですね。でも、原因は、わかっていますよ。保坂さんが、あなたが、月刊ギャラリーに書いてくれた文章に対して、どういうお礼をしたらいいかと、秋山祐徳太子に相談をしていたのですよ。で、秋山祐徳太子が、・・・・・雨宮舜、なにするものぞ・・・・・と、力んでいました。だから、保坂さんは、そういうメールをあなたに送ったのでしょう」と、教えてくれたのです。

 あのね、私に対して、盗聴が仕掛けられているのは確かです。後注1に置いた、文章内では、歯医者さんの待合室にも盗聴が仕掛けられているはずだと、言って居ます。蕗というものを媒体にしてそれが、わかったと、言って居ます。で、もちろんの事ギャラリー山口にもそれが、仕掛けられていたのです。 

 そして、山口みつ子さんが、私の見方をしたこと、また、秋山祐徳太子よりも、私の方が優れていると、考えてくださっていることなどが、敵方に知られてしまって、山口みつ子さんは、殺されたのです。

 これは、本当につらい事であって、墓場まで、持ち込む話のはずでした。でもね。金成悠子という存在があって、彼女があまりにも見事にいじめてくるので、それが、引き金になったのです。

 しかも、次の殺人事件がすでに起きていて、それが、ゾフルーザ問題と、関係があります。

 まあ、ね。25日分としては、此処で、終わっておきます。前報(あと注1)を、書きかけで、別のところに。飛んだのではなくて、泥棒という意味では、連続をしているのですよ。

 ただね。北久里浜と、日吉は、此処で、又、放っておく態勢に入ります。ともかく、鎌倉雪ノ下に戻ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『雪ノ下の我が家に、侵入して居る四種類の泥棒の、うち、柳沢昇と、安野忠彦の名前は出したが、何故画家Aの実名を鍵を関連しては出さないのか?』

 あと注1に置いた文章の、副題二において、突然に、「我が家に侵入して居る四種類の泥棒の、うち、元サラリーマンBとは、安野忠彦です」と、言い放ったまま、その続きを書いていません。その続きを書いていません。というのも莫大な字数が必要だからです。本日もまた、そこには踏み込みません。というのも北久里浜の、実質的・詐欺事件を、これ程、簡単にまとめ上げたのも初めてですし、其れだけで、19-2-25は、仕事をしましたと、言う感じがするからです。

 まあ、何故、先に画家Aに集中するかというと、彼が複雑だからです。小野寺夫人も、この山の住人としては、画家Aについで、二番目ぐらいに複雑です。上の方で、彼女は、経験が少ないと言って居ます。確かに、経験は、少ないが、性格は複雑です。

  よく見聞する質問に、食べるときに、食事の中で、好きなものから手を付けるか、嫌いなものから、手を付けるかを、問われるものがあります。私は嫌いなものから手を付ける方です。課題が、難しい方が、好きです。

 で、画家Aに関しては、研究すべき課題、が、たくさん残っているので、匿名のままで、置いておきます。自由自在に、文章を作り上げるためにです。 

~~~~~~~~~~~~~~~

  (蛇足としての備忘録)または、副題8、『19-2-23、土曜日の、雪ノ下。石井秀樹・あずさ邸玄関での事』

 石井ひでき・あずさ邸で、子供たちを大勢、招待をする。その全体像に、いささか謀略のにおいがした。私の方は、日吉と、横須賀に行こうとして家をでる。四時ごろだった。石井秀樹邸の下の方(=安野邸前)で、子供たちの騒ぐ声がする。そこ(=道路)で、遊んでいたのだと、思うのだけれど、私が玄関を開けた途端に、子供たちは、石井邸の玄関方面に呼び戻されて、クレープを買いに行ってよいらしい、大騒ぎが始まる。600円がどうのこうのという声がしたので、クレープを買いに行っていいというのは、本当の話なのだろう。

 しかし、私が山を下りて、鶯吟亭まで行っても、子供たちは、降りてこない。watakusinoasiは遅いから、これは、異様だ。で、子供たちは、謀略に使役をされたと、見るべきだろう。ただ、騒ぐことで、私への、挑発を行って、単純に、は、私に文句を言わせるのが目的か? いや、もう少し複雑だろう。周南事件の頃の火曜日から、木曜日にかけて、平木家の、子供たち(お友達も招いて、数人で)の大騒ぎを、消していこう,mataha,usumete行こうとする案だと、思われる。なるほどねえ。平木家のお子さん型の緒お騒ぎによって、周南事件の真実が私に分かったのだけれど、其れこそ、連中にとっては、大弱りの出来事だから、消していきたいというか、薄めておきたい現象で会って、別のお子さん型を使って、大騒ぎをさせたものと思われる。私は、子供大好きだし、別に、お子さん型が、普通の意味で騒ぐのは問題にしない。ただ、子供なりに、私に対しての敵意を示したので、瞬間的に異様だと、感じた。で、謀略に使われたのだろうと、思う。

 ところで、私が外出するタイミングを狙っているので,我が家の室内盗聴が、石井邸にも伝わっているという事だ。誰が、其れを伝えるのだ。安野家? 小野寺夫人? 前田夫人? それとも、石井国道交通大臣ですか? (苦笑)

 私は、石井あずさ夫人は、心身共に、健康だと、前から言って居るが、かといって、彼らが私に対して誠実だとは言って居ない。あの家の建築そのものがアジサイ畑欺罔事件の証拠を隠滅していく作戦の、集大成の一つだから、あの夫婦が、味方であるはずもない。それに、婦人は、SFCの卒業だと、私は、思って居るが、私に対して其れを、口頭で、否定をしてきたし。

 これに関連して思い出したことなのだけれど、花輪夫人が、しきりに、前田清子さんと外で、会話を交わしていたことがあった。あれは、画家Aについて、・・・・・白いブラシを幽霊として、見せているかどうか、其れを画家Aが下げたのかどうか?・・・・・について、前田清子さんに、電話で、夜に、問い合わせたころだった。本当の目的は、彼女が伊藤玄二郎の呼び出しに応じて外出しているかどうかを確かめるために、其れをひとつの口実として、問い合わせたのに、前田清子さんは、単純無比な性格だから、すぐ、自分にとって、都合の良い解釈をして、画家Aに、「(脅かしの)、効果あったりよ」という電話または、会話を持ち掛けたらしい。それで、画家Aから、直後に、そういう種類の、アタックがあった。

 だから、画家Aの性格が複雑だというのだ。私に自分の目的がばれてしまったわけでしょう。そうしたら、ただ、単純にばれたのだと、受け止めておくべきだと、思う。しかし、彼は、馬鹿だから、私にアタックしたくてならないのだ。勝利を確かめたいのかな? そういう点では、単純無比で、おバカさんそのものだ。だが、その際の、声音と、評定が問題なのだ。やっていることは単純無比だけど出す声とか表情が複雑なのだ。

 例の、嘗め回すような、目で、こちらがどういう反応をするかを確かめるがごとき、声を出す。言葉遣いは、丁寧だから、自分は洗練された紳士だし、これだけ、丁寧な言葉を使えば、したてに出ていると、私が取るだろうと、推察して、其れに引っかかるかどうかを見ている。一見すると、紳士風で、下手に出ているみたいだが、その複雑さを読み解くと、違うだろうとなる。

 『おや、おや、何と高をくくって居ることだろう。まあ、いいけれど、それで、自分を頭がいいと思いこんでいて、柄沢斉あたりに、・・・・・こういう事をやってやって、成功した・・・・・とか、報告をしているのでしょうね。中谷家の長男か、次男にも、同じ風なことを、上奏をしているでしょうね』と、思う。

 その声音とか、目つきが、性格の奥底にある、隠されたサディズム、をもろに表している。いや、隠されたというよりも、複雑なお化粧をしたというべきか、そういう、サディズムを感じる。だから、この山の、柳沢昇とか、安野忠彦、前田祝一と、比較をすると、ずっと、複雑だと、なる。彼の声には、いつも、ぞっと、するような、変な甘さがある。しわがれた声で、透明さがみじんもない声なのに、それが、ある。それで、自分が魅力的に見えるだろうと、思いこんでいると、私は推察するが、天の視座から見ると、どうなるのだろう?????? 疑問符いっぱいだ。声は天与のものだそうだが、少しは、訓練の効果もあると思うし、心模様も繁栄をするだろうし。

で、そのエピソードを、裏側のいきさつを込めて書いた。その、とたんに、花輪夫人が、大昔の安野家の前の井戸端会議風な、大声を出して、会話を前田清子さんと家の外で、かわした。それは、前田清子さんが私の分析を、読んで、恥を掻いたので、絶対に実名を出さないはずの花輪夫人を使って、前田清子さんを、持ち上げようとする作戦だった。前田清子さんは、友達が多い、素敵な人だという事にしたかったのだろう。で、大体、こういう風に出て来るという事が、確定をされたのである。

 今回の花輪夫人と安野夫人の異様な二人三脚もそっくりな、ケースで会って、花輪夫人は、両方で、恥多い、彼女らを洗浄化して持ち上げてあげる役目を果たしてあげたのだった。

 私が過去に書いた文章は、正しい。しかし、できるだけ薄めていこうとか、消していこうと考えられている。そのためには、この山で、できるだけ、回数多く、又、大声で、会話を交わすのが勝ちだと、思いこんでいる。そういう実践について、全部は書かないが、又、子供を利用するという手立てに出てきたので、まあ、メモっておくべきだと、思う。子供たちは、何度も使役をされ利用をされてきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~

(蛇足の2)というか、副題9、『私は子供に好かれるタイプだ。つい、一週間以内の事だが、バスの中で、赤ちゃんが突然大きな声で、私の方へ顔を向けて、笑いだした。別にあやしたわけではない。お母さんと、・・・・・子供って、どういうものか?・・・・・を話し合って居だけなのだ。が?』

 私は、車の運転ができないので、バスをよく使います。或る時、左側に座ったお母さんの胸に抱かれている赤ちゃんが、じっと、私を見ているのに気が付きました。間に空席が二人分あったので、距離にすると、一メートル半ぐらい離れているふたりです。この子は、特別に賢いのかなあ?と、思うほど、強い目力で、見つめられました。未だ、言葉は話せないという事ははっきりと、推察される月齢でした。で、お母さんに向かって、何か月ですか?とか、もう人見知りをしますか?と、質問をしたりしました。その館、相変わらず、強い目力で見つめられるので、

 「子供って本当は賢いのですよね。大人が思って居るよりずっと賢いのですよね」と、言いました。続けて、「その子供の賢さを受け入れられない親が、虐待に走ったりするのですよね」と、言いました。すると突然に赤ちゃんが、きゃっきゃ、きゃっきゃと声を上げて笑い始めました。私の方がびっくりしてしまいました。赤ちゃんがわからないと思って、最近起きた野田市の事件に言及していたのです。決して明るい話題ではない。しかし、声のトーンが心地よいのだと、思います。大声ではないです。走っているバスの中でも、大声は出しません。静かに、『困った社会ですよね』という感じで、語り合って居るのです。

 子供って、好奇心旺盛です。今まで、しまって居た目の前の門が開いて、新しい人間が現れたら、必ず、其れを注目をするものです。そして、きちんとしつけられている子供だったら、「こんにちわー」って、明るく言います。しかし、こちらを見ようともしないのです。それが、異常です。おや、おや、又、安野家とか前田家が、道具として、こういう小さいお子さんを使いましたね。石井秀樹氏は、しいち稲荷を通るとき必ず、拝礼をするみたいで、そこを、はじめ、信心が深いみたいですが、悪人たちに示唆されて、私をやっつけるために、純真無比な子供を利用しましたね。そんなことを、したら、数年分の信心もカタなしで、吹っ飛びますよ。

 いや、この不思議な無視と、「クレープを買いましょう。600円、600円」という大騒ぎをしているのに、子供たちが、私の直後、いや、五分後にさえ、山を、降りてこなかったという二つの事で、すべては分かったのですから、こういっておきたいです。

 だめですよ。そういうあくどい現象に、他人のお子さんを巻き込んでは。兄弟の子供とか、いとこの子供であっても同じです。自分が使って居る社員のこども? あれ、そうすると、あなたって、タイクーン(専制君主)と、なってしまいますよ。おや、おや、おや、おや。

 子供の賢さを許容するという事は、猫の賢さを許容することへもつながります。画家Aは、猫がだめなんだそうです。そうでしょうね。彼には、猫の賢さって、絶対に許容できない種類のものでしょう。私には、そういう意味での、彼の単純さは、わかります。そういう人間です。見かけは、複雑ですが、真実、複雑なものは理解できず、恐れるタイプです。

(蛇足3)、というか、副題9、『石井秀樹邸に招かれた子供の行動を考察しているうちに、まるで、瓢箪から駒という形で、画家Aの、どこが、私に違和感を与えているかを、語り終えてしまった。これで、やっと少し、テーマを別の方向へ向けることができるかもしれない。OK、さらば、画家Aよ。だけど、合いかぎ問題と離れた悪さをすると、それは、実名で、分析いたしますよ、私はすでに、とことん、嫌って居るのですから。

後注1、

安野夫人と花輪夫人の、異様な二人三脚-2・・・横浜・日吉に生える蕗ノ薹から、鎌倉雪ノ下で、我が家の合い鍵をご近所住民二軒に渡したのが、警察の特殊部隊だと、確認ができた

2019-02-22 22:55:01 | 政治



コメント

安野夫人と花輪夫人の、異様な二人三脚-2・・・横浜・日吉に生える蕗ノ薹から、鎌倉雪ノ下で、我が家の合い鍵をご近所住民二軒に渡したのが、警察の特殊部隊だと、確認ができた

2019-02-22 22:55:01 | 政治

 

 最初に置いた写真の説明をさせてくださいませ。これは、この章で、問題とする2017年の法事の、2回前の法事の、席であって、後ろに、仏像がありますので、平常に、行われたものです。問題は、その次の次の、法事で、集合写真も無い哉? ひどく、心理的に、けがされ、汚されたケースでした。鎌倉霊園なので、堤義明さんが、霊園の事務室に、あれこれ、悪い事を命令したと思います。その後ろには、多分、従兄弟の関係に当たる、石塚雅彦さんが居て、その後ろには、未だ、本当には、、生きている井上ひさしが居ます。また、お坊さんの方のラインとしては、伊藤玄二郎、→、浄智寺、→ 宗興寺となります。本当に本当に、とんでもない人権侵害が行われていることを、この章で、語って行きます。

 昔から、「全部わかって居ますよ」と、言っているのに、この2019年2月20日の【なないろびより】が、葉山を訪問をして、水沢勉氏を、堂々と、画面に顕現させたりするから、ここまで、丁寧に、彼等の悪辣さを、開示するのです。

 美術番組なら、氏が登場してもいいのです。2008年以降、何度も【日曜美術館】に水沢氏が登場をしています。その時は、私は何も言って居ません。しかし、観光番組に水沢氏を登場させるのは、悪人たちの、自己防衛の、手段の一つなのです。それを、以下に、説明をして行きます。

副題0、『24日、日曜日に入れる、前書き』

 この章は、最初の総タイトルを、『安野夫人と花輪夫人の、異様な二人三脚-2・・・ 私のPCを壊したのは、井上ひさし?小野寺夫人?前田清子さん?』としておりました。それを日曜日の、午前10時半に上のモノへと取り換えます。昨夜外出先で、特に、東急バス、東横線と、JR横須賀線社内、及び、各駅で、見聞したあれこれから、上の様・・・・・警察が、ご近所の一般人二軒に、我が家の合い鍵を渡していて、一軒の方には、明瞭な報酬付きで、あれこれの、異様な事(寝室の布団に、針を刺して置く他)を自由に、やらせていますが、それが、見事に、確認ができたからです。この章には、何故、又吉直樹の、【オイコノミア】が、終わってしまったかも、分析してあります。CIAエージェントが絡んでいることは、非常に大きくなって行き、単に【フキ】一つでは終わらないのです。しかし、フキという植物から、政治の実態を紐解いていくのが、私独特の、文章構成、様式なのです。私は、内心で、怒りまくっていますよ。しかし、平静さを保とうと、常に努力をしていて、早春なら、フキノトウを味わいたいと、思っています。そういう姿勢から、政治の真実が、ドロドロ、判ってくるのです。それを、書いて行きます。どうか、おつきあい下しませ。驚くべきエピソードが続々登場するでしょう。

副題1、『本日(23日、土曜日)の、前書き』

 本日は、あまりにも、書くことが多いのだが、追い詰められるというよりも、悠長に構えている。すると、本日中に、ブログを新しく、一本書きあげる時間が無くなってしまった。今はすでに、午前零時、10分前だ。

 しかし、珍しくも読者に向けてのサービス精神が、わいている。それで、どうにかして、一本まとめ上げたいと、思って居る。土曜日の、午前三時ぐらいまでに、一本をまとめ上げたいと思って居る。

 で、三時間で、まとめ上げられるテーマをあれこれ、考えて、見て、選んでみた。それは、世間様、一般の人にとっては、小さな話題かもしれないが、事、雪ノ下の住民、15軒にとっては、相当大きな問題だった

 『花輪夫人と、安野夫人の、異様な二人三脚』(あと注1)という問題であり、それに戻ろう。

 それを、正しい方向で、分析し始めたので、其れを企画した悪人たちが、びっくり仰天して、さらにその先を書くと困るので、常用のパソコンを二台も壊した案件だった。

 直前の方(後注2)でも、さらっと触れている、ゾフルーザ問題と、水沢勉、葉山近代美術館館長が、関係があるという問題も大ごとだ。水沢氏が、葉山の、観光案内に、出現したことも、一般の人にとっては、『ああ、そうなのだ』で、終わるだろうが、私にとっては、大きな殺人事件を解明しないといけない、例のゾフルーザ問題と関連するので、非常に重要なのだ。

 けれど、それ以前から、起きている、・・・・・ご近所住まいの画家Aが、合いかぎをもらって居て、我が家に自由自在に侵入して、いやがらせ行為を行って居る・・・・・ことも、同じく、生きていくうえで、とても、いやな事で、安心できないことであり、きちんと記録しておかないといけない。実は、画家Aが、他の攻撃用弾丸に比べて、特に嫌みに感じるのは、彼の、高をくくった態度が、恐ろしいことだと、思うからだ。どうして、子や孫がいる彼が、他人の家の合いかぎを持っていて、自由自在に侵入することを、罪と感じないのかが、不思議極まりないが、ともかく、高をくくっている。それは、どうしてかというと、背後に、酒井忠康氏と、水沢勉氏の支援があると、自分で信じているからだと思う。それは、柄沢斉から、逐一、教わって居ることだと思う。だけど、水沢勉氏が、この泥棒の件を知っていて、それでも、なお、にこにこして、葉山の観光案内の番組【なないろ日和・・・・・19-2-20】に出演しているとは、私は、考えたくない。

 すでに、敵方に立っている人ではあるが、それでも、泥棒を、よしとする人であるとは、考えたくない。水沢勉氏は、私より、12歳は、若いが、その父君が東大出の、美形の紳士で、某自動車会社の、社長だったことを知っている私は、水沢氏の、ノブレスオブリッジ(高い位置にある人の道徳的、堅固さ)に、賭けたいのだ。尚、小さなことだが、水沢氏は、お母さまの方に似ている。彫りの深い、面立ちだが、お父様の方は、和風な、お顔立ちだ。つまり、こういうことを知っているのは、実家同士が、近所だったという事。直線距離にして、30メートル、道路をたどっても、100メートルは歩かない位置で、存在して居る間柄だ。ゾフルーザの一件も、実家のある日吉が舞台として起きている。しかし、私は、銀座、北久里浜、雪ノ下と、三つの場所を抱えて問題を分析している最中だから、日吉には、まだ、触れたくないのだ。雪ノ下と、北久里浜が、炎上中なのだから、まず、雪ノ下を片付けないといけない。北久里浜、は、大炎上中だが、今は、わざと放っておいてある。別に弱気であるというわけではなくて、気持ちを鎌倉雪ノ下の方に、集中させたいからだ。

 其れから、画家Aと、似た様なケースとして、ご近所の別の家の主人、元サラリーマンBも、合いかぎをもらって居て、同じく、頻繁に、侵入して居る。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題イ、『実家のフキが、大問題であり、そこから、画家Aの合い鍵も、元サラリーマンBが持っている合いかぎも、警察が付与したことが、確認をされた・・・・・その1・・・・・お金への価値観の違いが生むトラブル』

 ここで、24日の日曜日に、大きな挿入を入れないといけません。副題を、イから〇まで、カタカナで、つけて置きます。

 昨日、日吉の実家の庭に、フキノトウを取りに行きました。これから先は、会話体で書きますが日曜日には、そこには、誰もいないのです。別に泥棒をするわけでもないが、今の住人=弟は、お料理をしないし、別の家を持っている人なので、時々、こういう風に収穫物をもらいに行きます。或る日など、腕時計をそこに忘れて来て、三日後に、とりに行ったのですが、庭にはないので、弟に、「ここに腕時計が、置いてありませんでしたか?「」と、聞くと、「ええ、ありましたよ。でも、あまりにも安物だから、お姉さんのものだとは思いませんでした。だから、忘れているとは、電話をしなかったのです」と、言われてしまいました。(苦笑)そうです。大型家電店で、つる下がっていた一万円以内の、腕時計に、ベルトだけは白い2千円のものととりかえて、そのベルトに、私はアーチストだから、アクリル絵の具やマニキュアで、模様を描いていたのです。それは、私にとっては、大切な宝物です。一種の作品でもあるしね。しかし、実家の財力からすると、『何だろうね。これは?』と、怪訝に思ってしまう様な、安ものなのです。(苦笑)

 私は、30年以上にわたって、銀座で、画廊巡りをしていますが、私の通る通りには、外国の、高級腕時計点が、並んでいるのです。192万円とか、280万円とか値札がついて居る、(または、値札がついて居ないが、その程度のお値段の)時計をよく見るのです。まあ、宝くじが当たったら、是を買おう。それから、いろいろな、人にプレゼントをしようと、思っているのですが、今のところ、二万円以内のものを買って送っています。しかし、今朝も、送り先の息子から、電話で大叱られをしてしまいました。盗聴されているので、・・・・また、これが、私の弱みとして、使われるだろうなあ。まずいなあ・・・・とは、思うのですが、安物(【23区】というブランドの、背中に、背負うバック・・・・雰囲気はとてもいいのだが、お値段としては、2万円以内をお嫁さん用に)贈ったから叱られたわけではなくて、お金、そのものに関する感覚が、私と息子とでは、まったく違うので、そこからくる喧嘩なのです。

 この章では、後半で、お金のことが問題になってきますが、お金とは、そのひと、個人個人によって、如何に価値が違うのかを、思い知らされます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題ロ、『実家には、フキが、大量に繁茂している。それをある時、実家の、ご近所に、配りまくった。すると、盗聴をされているらしくて、警察の生活安全課から、植木屋に、連絡が行ったらしくて、植木の手入れと、草取りに、年に二回、又は、三回来てくれる、植木屋が、フキを全部抜き取ってしまった』

 2016年だか、2017年だかに、99坪と言う敷地の実家の、植木の影の、日当たりの悪い部分に、フキが生えているのに、私が、初めて、気が付いたのです。それをある場所(歯医者さん)で、来ている患者さんたちに、配ったのでした。ものすごく大量でした。スーパーで売っている束と比較すると、10束はあると、思われるほどでしたから。すると、残念ながら、その秋に、植木屋が、草取りのついでに、全部、刈り取ってしまったのです。

 で、2018年の、春には、フキノトウも収穫できないし、初夏には、フキ、本体の方も、ほとんど、収穫ができないと、言う形になりました。で、私は、この時に、歯医者さんの、待合室に、盗聴器が仕掛けられているという事に気が付きました。

 非常にいい歯医者さんなのです。で、いったんかかった人は、絶対に逃げないお医者さんです。今では、先生が高齢なので、週に三回、しかも、午前中だけの診察です。だけど、その待合室に、集う人は、精神的なレベルでいえば、現代日本最高の、環境に身を置いているという事を実感しているので、みんなが和気あいあいの会話を交わします。横浜・港南台から来ましたよと、言う人と、鎌倉から来た、私が、楽しい会話を交わす場所です。四畳半程度の広さなので、更に親密度が増します。そこから、50メートル歩いた場所に、フキが生えているのですから、待合室で、配るのも当然でしょう? しかし、その秋に、全部抜き取られてしまって、2018年度は、何の楽しみも味わえなかったのです。

 で、私は、歯が悪くて、その歯医者さんには、しょっちゅう行くものですから、弟が在宅だったら、入れてもらってお仏壇の、拝礼をします。その時に、庭の草が、ぼうぼうなので、「草取りを頼まないの?」と、聞くと、「頼んであるけれど、・・・・・お寺さんの仕事が入ったので、待ってくれ・・・・・と言われているのです」と、言う答えが返ってきました。

 その時に、私は、弟に対していじめを仕掛けることで、私を弾圧しているCIAエージェント、特に鎌倉エージェントのやり方の実例を見たと、実感をしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題ハ、『弟が主宰した、我が家の法事、2017年10月3日版は、石塚雅彦、堤義明、連合軍と、一方で、浄智寺と、宗興寺の、連合軍と、その二つの背後にいる、鎌倉エージェント、によって、非常につまらなくて、心がこもっていないものにさせられてしまった。私は、それが謀略である事を瞬時に把握したが、書き表すのは、長らく待って居て、又吉直樹がオイコノミアと言う番組で、座禅の特集をした事を、以前の番組(それは、杉並区にある小さなお寺だった)とは、違うお寺・・・・・今度は、鶴見の総持寺で、再度、同じコンセプトで、作り直した時に、初めて書いたのである。

 その後、【オイコノミア】は、終わる事になり、経済から、自然または、理学部系をテーマにした、番組【ヘウレーカ(一般的なに日本語では、ユーリーカの筈だが)】に改編をされて居る。

 ここは、既に、書いているのでリンク先を見つけたいところです。一つだけ見つかりました。 

NHK ETVのオイコノミアが総持寺で収録し、100分で名著が歎異抄を再放送した・・・・その理由を語りたい  2017-10-07 21:46:47 | 政治

  それをお読みいただかなくても、お読みいただい手も、どちらでもいいですよ。短いですから、しかし、下にもっと、掘り下げた内容で、同じ事を書いて行きましょう。深く、かつ分かりやすくなっています。

::::::::うちの父は、最近、はやっている墓じまいに似たことを、50年以上前に考え出しており、鎌倉霊園が、開設された途端に、自分を始祖とする、墓を、新たに建てました。次男だから、それで、いいのだと、考えた模様です。で、お坊さんを、どこに依頼するかですが、先祖伝来の、宗派のお寺を横浜で、新たに探して、そこを選ぶのではなくて、【仏教研究会】に入って居たので、そこで、まなんだ事を生かしながら、お寺を探しました。すると、横浜の、宗興寺のお坊さんが、立派な方だと、判ったので、そこで、いろいろをお願いすることにしたのです。父が、亡くなった時には、そのご本人ではなくて、息子さんが見えました。が、そのお顔に、きれいな事、きれいな事。その方が、30年経過した姿が、冒頭に置いた写真の中央の方です。昔は、真っ白だった肌が、ゴルフか、スキーか、サーフィンかは、知りませんが、茶色になっていて、かつ、実業家特有のにおいを身につけられていて、昔とは、大きく、変わっておらラれます。実は曹洞宗の、東京関連の管理職をなさっておられるそうです。だから、大企業の社長に等しい立場なのです。

 最初は、見事な葬儀施行でした。しかし、どんどん、はしょられて行って、2017年版では、喝を入れられることもなく、家族たちと会食を一緒になさることもなく、帰られました。理由は、「催事部屋を、次のひとが使う予定が入って居るから」との事でした。

 ここで、神様が登場します。この世のすべてを統括されている神様です。その方が、私のサマーカーディガンを、行方不明になさったのです。最後には見つかるのですが、それは、30年まえに母がプレゼントしてくれた、他には、売っていない、見事なの物なので、私は、閉式後、30分後、取りに行ったら、入り口の透明なガラスドアは、閉じて、あって、中には誰もいないのです。私は、お坊さんが、そそくさとしていて、法事に真心がこもっていない事に気が付いた、一時間以上前から、・・・・・このひどい法事の影には、例の連中がいる・・・・・と、言う事にも、すでに、気がついて居ましたので、『ああ、やはり、嘘をつかれたのだ』と、納得をして、でも、カーディガンを探したいわけですから、霊園事務所に回りました。そして、委細を話すと奥から、中年の女性が飛んで来て、そこは、「次の式で使っていますので、鍵が、開けられません」と、いうのです。私は内心で、・・・・今度、カメラかスマホを持ってきて、この女の顔写真を撮らないといけないなあ。この女こそ、鎌倉エージェントの悪辣さを示す、最末端の証拠物件だから・・・・と、思っただけで、相手に向かって、「あなた、何を言っているのですか? 今、そこを見て来て、誰もいないのを確かめているのですよ」とは言わないで、帰りました。

 しかし、驚いたことに、オイコノミアが、今まで、既に、放映をしたのと、まったく同じテーマで、舞台だけを、移して、再放送をされたのです。それが、同じ年の10月7日でした。最初の番組は、杉並の商店街の中にある、小さなお寺が舞台でした。しかし、同じテーマで、壮麗な、伽藍がつらなる、鶴見の総持寺で、収録が行われ、かつ7日と言う我が家の、法事直後に、放映をされたのでした。それが、たまたま、見つかったので、後注3として、文末に置きます。読まないでもいいですよ。原資料として置いてあるだけですから。

 さて、NHKのこちらの番組は、ナレーションも立派ですから、なないろびよりとは、ちがって、収録が、法事が行われた3日の後に、3日間で、完成したとは、思えないのです。三日間のうちに、撮影をして、編集作用も行われ、朴璐美のナレーションが新たに作られ、付録されたとは、考えられないのです。となると、我が家の、私的な行事である法事を、めちゃくちゃにして、私をいじめるのと同時に、そそくさとしていて、まごころが、全く見えなかった、中野誠哉氏に関して、これから、文章を書くなよと、その番組を用いて、恫喝をされて居るのでした。NHKのETV番組と言う、上品なはずの公器を使って、きりきりといじめてくるのでした。

 私が、宗興寺の現在の住職、中野誠哉氏が、曹洞宗の偉い人に、なっているという事を、知っているから、オイコノミアの、既に、放映をされて居る、ある、一遍を、総持寺で、リメイクしたのでした。

 私の文章を「しつこい」といった、女性が、昔いたのですが、私がしつこいのではなくて、彼等鎌倉エージェントがしつこいのでした。

 そして、結局は、その悪の証明たる、証拠物件の一つである、ETVの人気番組【オイコノミア】を、潰していくのですから、私としては、彼らが、頭がいいのか、悪いのか、大いに、迷いますが、やはり、頭は悪いのだと、結論をつけて置きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題二、『植木屋が、草取りに来ないで、待たせているのは、お寺の仕事が入ったからだと、言う理由ですと、弟が言う。その途端に、・・・・・植木屋には、完璧に、鎌倉エージェントの手が入って居て、弟を、待たせているのも、雑草を気にしている、私への、間接的ないじめだし、それの上に、尚、理由が、お寺の仕事が入ったからなどと言うのだから、副題ハに、書いた鎌倉霊園での、法事のことを思い出せ。その復讐として、お前の弟の、注文を聞いてやらないで、いるのだ・・・・・と言う、伊藤玄二郎、井上ひさし、石塚雅彦の、三人の意志を感じ取った・・・・・さらに、彼等は、自分達の悪事や、自分達の企画が、100%ばれている場合をも、予想をして、それを修復して置く為に、植木屋を、私の方に、歯医者さんの予定のある日を選んで、送ってよこした。したがって、私は、歯医者さんの待合室に盗聴機能がかかっているのは、確実だし、弟の居間にも盗聴機能がかかっているのは確実だと、思い当たった。なんという人権侵害だと、思って、深く怒っている

 私は、内心で、ひどく怒っています。うちの弟が、注文を出しているのですから、弟の姉である、私に対しても誠実でないといけないのに、その姉が、楽しみにしているからこそ、フキを、全面的に撤去してしまったのが、2018年の秋でした。でもね、植木屋に怒ったって、何も解決しないでしょう。だから、穏和な顔で、丁寧な、言葉づかいで、初めて出会う植木屋に向かって、「私は、この家の、長女です。蕗のトウを、とりに来るのを毎年楽しみにしているので、 どうか、東側のあのフキですが、撤去しないで置いてください」と、頼んで帰りました。

 それが、2018年の秋の事で、2019年の春が来ました。鎌倉の自宅って、半坪程度のフキ畑しかないのですが、それでも、この春で、すでに12,3個蕗の薹を、収穫していますから、2019年2月16日に歯医者さんの予定が入って居たので、私は楽しみにして出かけました。嬉しいことに全盛期の、さん分のいち程度ですが、 蕗が復活して居て、4~50個収穫ができました。蕗って、地下茎で、増える植物です。笹と言う抜き取りにくい、雑草の下に地下茎が、残っていたのでした。この蕗の薹ですが、八百屋でも、売っていますが、100%天然で、栽培したものは、とても柔らかいのです。電車賃と、時間をかけて、収穫に、行く価値はあるとは、思っているのです。

 で、23日に出かけたのですが、その日、東急バス、東横線、JR横浜駅・北改札口、鎌倉駅、表駅側改札口、鎌倉駅、表駅側、タクシー乗り場の6ッ箇所で、明瞭ないじめを受けて、私は、いろいろ、考え始めるのです。

 そして、到頭、あれを語ろうねと、決意しながら、家へ帰ってくるのでした。それは、最大の、人権侵害である、合いかぎを持っている、ご近所様二人の事をです。特に元サラリーマンBと、名付けている人物の、本名をです。

 それは、多分ですが、安野忠彦氏です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題ホ、『警察の協力者ですと、言う看板を門前に堂々と飾っている安野忠彦と言う人間は、 

 

@@@@@@@ここが、日曜日に、書きかけている部分の最先端です。そして、ここで、長時間中断をします。別にビビっているわけではなくて、頭をすっきりさせるためです。夕食のよういもしないと行けませんし、

 

 

それも水沢氏とは、無関係で、水沢氏は、そんなことは知らないと、私は、考えるが、しかし、画家Aと、水沢氏は、見事に関連がある。というのも、画家Aの交友関係を、遠くまで、たどると、近美・鎌倉館にフェリス出身の、お嬢様が勤務できたケースから、推察すると、酒井忠康(当時の館長だった)氏とか、水沢氏は、当然そのお嬢さんと話を交わしていると、推察されるからだ。そして、画家Aの傲慢さは、自分がこの山で、みんなと仲良しだと、自認をしていることにも、依拠しているだろうし。

 それこそが、【安野夫人や、花輪夫人の、異様な二人三脚】と、言うお芝居(謀略のこと)にも、直結するので、其れを、此処で、語りたいと、思って居る。安野夫人の行動は、直接、伊藤玄二郎にもたどり着く問題だから、そこへ時制的に、話題を戻すことをお許しいただきたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『花輪夫人は、画家Aに、たいして、一つの仕事を、頼んで、やってもらったら、1500円のお礼をすると、決めていたと、画家Aの方が、私に対して、言ったのは、2016年四月の事だった』

 花輪夫人が、何故、謀略に使われたかというと、今、この山に住み、実際に活動をしている女性の中で、最も頭がよくて、かつ、常識のある人だからです。私は、其れを認めていますから、彼女が、10年以上前から敵方に、くみして居ることを知っていても、何も書きませんでした。

 いや、何かというと、彼女が石段手すりの、ペンキ塗りをした際に、手すりのところどころに貼った、ペンキ塗りたてと、言う注意用の、紙が、すべて、美術館のホーム頁を印刷したA4の紙の、裏側だったからです。私は、其れを、手に取って、間近に起き、注意深く見ることは致しませんでした。手に取って、どこの美術館の、ホーム頁を印刷したものかは、確認をしませんでした。でも、私は、一応ですが、美術の専門家です。だから、それが、美術館のホーム頁であることは一瞥しただけで分かります。遠くからでもわかります。でね。それが、隠微な、サインであることを、感じ取りました。

 そして、老後の暮らしの設計も見事です。ご近所に、ご主人側の兄弟が、別荘を買いました。それは、老人生活を豊かにします。また、外国暮らしのお子様の為に、山ノ下に、マンションを買ってあります。

 この山には、職歴とか学歴を言うと、花輪夫人より上の人がいるでしょう。また、実家の経済力を、考えると、もっと上の育ちですと、いう人もいると、思います。

  しかし、バランスが取れていて、かつ、76歳になる今まで、時間を無駄に過ごしてこなかったという意味で、出来が良い人なのです。

 そして、近代的でもあり、しっかりしている人でもあるのです。画家Aが経済的に厳しい状況にあることは、私もわかっています。が、花輪夫人にも分っていて、ご主人が癌の闘病中からか、それとも亡くなってからか、男手が、必要な時に、「手伝ってくださいね」と、画家Aに頼んで、一つの依頼時に、1500円のお礼をすると、決めたのだと、画家Aの側から聞きました。

 私は、1995年過ぎに、1997年まで、美大出身の、画家Aから、いろいろな、特殊技法などについて、教わったことがあります。特に知らなかったのはデカルコマニーの技法で、自分では、其れを作品中には、使いませんが、銀座の画廊で、他人の個展を見る際に、『ああ、この人はデカルコマニーの技法を使って居ますね。したがって、美大の出身ですね』などと、判断をするのに役立っています。雑誌【美術の窓】には、技法特集があって、詳細に説明をしてありますが、あれで、技術習得するなんて、面倒くさいです。

 で、最後には、「お礼として、一回につき、5千円を払いたい」といったかもしれませんが、はっきり覚えておりません。でも、初期には、果物や、お菓子、其れから、魚類の、珍しいものをプレゼントした記憶があります。

 私は、1999年、ニューヨークで、京都・精華大学卒のやすこと、プラットインスティチュートという美大の版画教室で、喧嘩をして、勝って以来、人間として相当にさばけてきました。又、2000年、今度は、ボブ・ブラックハーン氏の工房(ニューヨーク一古い版画工房)内で、よよ(当時は、40代の、日本生まれのアーチスト)と喧嘩して、やはりカンタンに勝って以来、さらに、圧倒的にさばけたのですね。どんな人を相手にしても、恐れることがなくなったのです。が、それ以前は、気を使う方だったから、画家Aに対して、「現金でお礼をしたい」とは言いにくかったのです。画家Aが球場にあることは、彼が宮仕えを一度もしたことがなくて、厚生年金をもらえないのだと、いう事があるからです。其れを考えただけでも、理解ができる話なのです。退職金も無論ありませんね。だから、大変です。

 私がお菓子折りなどを画家Aにお礼として、差し上げていたころは、まだ、奥さんが同居だから、よかったのです。奥さんは、実家の病院から、何らかの、月給(例えば理事待遇の、役員報酬などとして、)が出ている立場だと、思います。だから、二人合わせて、普通の暮らしをしていたはずですが、今は、奥さんは傍にいないから、相当に大変でしょう。国民年金だけでしょうからね。

 しかし、そういう相手に対して、「現金の方がいいでしょう」といって、スムーズに「そうですね」と、言う答えをもらうのは、相当な、信頼関係がないと、うまくいかないことです。メンツをつぶしかねないので、恨まれないとも限らないからです。花輪夫人の力量たるや、大したものだと、思って居ます。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ところで、画家Aが、どうして、私に上の様な1500円の謝礼というエピソードを教えてくれたかなのだが、それは、焚火の禁止問題(廃棄物処理法の制定とか、山間の煙問題)等に、大発展をしていく話題なので、書きたいが、此処では触れないで置く。ただ、そんな会話を交わした日(2016年の四月)であっても、私は、・・・・・やはり、彼は、合いかぎを持っている・・・・・と感じて、ぞっとしたのだった、表情には出さないけれど・・・・・その日も確信をしたのだった。私は子供ではないから、自分の、気持ちや感情を、コントロールすることは容易にできる。が、もし、画家Aの方が、私を、だましおおせていると、考えているのなら、「それは、マッ反対ですよ」とは、ここで、言っておこう』

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『花輪夫人と、安野夫人の二人三脚とは、全くのお芝居で、足が悪い人には迷惑行為以外の何物でもなかった。それに、私が気が付いた場所こそ、二人が左右に並んで歩けるが、それ以前の、50メートルは、絶対に二人が横に並んで歩くことはできない。誰が、これ程、ばかげた企画を案出しましたか。一見するだけでわかってしまう、その幼稚な発想に、は、内心で笑い転げた。又また、井上ひさしのアイデアかな? ともかく、この山の実情を知らない人間が考え出した事であろう。馬鹿丸出しの、人間が考え出した事であろう』

 上の写真だけど、真ん中のコンクリート部分は、幅が一メートルしかない。その両側は、50cmあるだろうか? しかも、月日によっては、草が生えていて、歩けない。しかも、この写真の中では、右側は、真下に向かって、急峻に落ちている。左側は、真上に向かって、急峻に立ち上がっている。こんな場所で、どうして、二人の、体格の良い女が、真横に並んで歩けますか。しかも、松葉づえを、両側に張り出しながら歩くのですよ。できないです。むりです。

 で、二人は、よちよち歩きですから、歩く時間は、かかるのです。一方で、私は玄関を出てから、門まで、彼女たちの二倍は歩くのですが、ちょうど、門まで来た時に、彼女たちと鉢合わせをすることとなったので、二人に向かって、ニコニコしながら「あら、どちらが足が悪いんですか?」と、まず問うて、

 ちょっと、間をおいて、「花輪さんの方ね。花輪さんが悪いのでしょう」と、言い捨てて、さっさと先へ歩いていきました。私は、その時、本当は、花輪さんに病状を聞きたかったですよ。「なぜ、足を悪くしたのですか? 骨折なのですか? それとも?」と、聞きたかったですよ。でも、悪魔の申し子たる、安野智紗夫人がそばにいては、まともな会話が成立するわけもないので、さっさと、したへ降りていきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私は、木内万宇さんに、・・・・私はね。背中に目が付いているのよ‥‥と、言ったことがある。珍しく、一種の、お叱りを、放った瞬間だった。半分冗談めかしてだけれどもね』

 今はね。月曜日が一番賑やかになるのは、K’sギャラリーだと、思います。しかし、一年ぐらい前は、ギャラリーアーチストスペースが、一番賑やかでした。ある日私が、女流画家、高橋和さんと、中央のテーブルで相対して、話しをしていたら、背中から、木内万宇さんが、和先生に向かって、「もう、その人と、話すのはやめなさいよ」と合図を放ったのです。私はそれが、すぐわかりました。和先生の、顔の微妙な変化でね。

 私はそういう事がどうして起きるのかは、瞬時にわかります。赤瀬川原平、日笠雅水、秋山祐徳太子、晶文社、銀座井上画廊、ワシオトシヒコ、近藤南海子さん、上條陽子さんなどの、もろもろが加味して錯綜してそうなっているわけですが、高橋和先生は、何があっても、私を切ってはいけないのです。特に衆人環視の中で、恥をかかせる様なことをしてはいけないのです。どうしてかというと、相当に道徳の高い方だし、このギャラリーアーチストスペースにお招きを受けているのも、私と親しいからこそ、引っ剥がすために、お招きを受けているから、天の視座から見ると、私を邪険にすることは、神様に、泥をひっかける様なことになるからです。それを、わかっていらっしゃると、私は、考えるから、高橋和さんと、衆人環視の中で、話し合って居るのです。ところで、木内さんの方は、其れを志っているかどうか、私の方は知りませんが、真夜中に長電話をした時期もある相手なのですよ。だから、相当に、仲良しだと、言ってよい相手です。それが、どうして、悪人たちのサジェスチョンで、切れないといけないのですか?

 私は悪人でも何でもないです。ただ、唯、井上ひさしたち・鎌倉エージェントのそのまた上にいる瀬島隆三のの悪を知っているから、悪い噂をまわされているだけですよ。なんで、和さんとの会話を、留められなくてはならないのですか?

 ところで、木内さんに関しても、あれこれ、皆様に、話したい事は、あるのですが、又、時間がかかるので、ここでは、端折りましょう。ただ、背中に目が付いていると、言う表現は、本当です。で、その背中の目が、2019年2月7日には、どういう風に働いたかについて、話しを、移動をさせていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『二人は、私の姿が見えなくなったら、即座に、即席、仲良し二人三脚の芝居を、解いて、安野夫人は下へ向かって、自分の家へ入り、花輪夫人は上へ向かって、自宅へ帰ったはずである』

 私が、二人に向かって、あら、どちらの足が悪いの?』と、話しかけた時に、安野夫人は、普通の顔でした。ところが、花輪夫人は、やや、苦し気でした。それは、無理な姿勢の為に、本当に足が痛かったのかもしれないし、反対に、足は、それほどでもないけれど、私がそのお芝居の、本当の意味を見破っているので、其れを、ブログに書くかもしれないと、恐れたからかもしれないのです。

 ともかく、三人が鉢合わせをした場所から、12メートルぐらい下ると、私の姿は、二人からは、もう見えません。そこで、二人は、二人三脚を解いて、あれこれ、会話を交わして、そこへ、前田清子さんも加わり、小野寺夫人も、加わったかもしれません。この4人は、グルだったと思います。

 で、このお芝居の目的は何かというと、安野夫人が素晴らしい親切な人であると、いう事を、私に見せつけることです。勝、花輪夫人が、身を預けるほど、信頼をされている、そういう意味で、高い位置にある存在だと、私に見せつけることです。

 そういう事が、背中に目が付いている私には、わかったという事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『しかし、副題1~5までに書いたことは、ブロックB的書き方で会って、本当は、花輪夫人は、本当に痛かったというのもあったかもしれないと、思い、夜、帰宅してから、一筆箋にお見舞いをもって、お尋ねした。そして、夕食を取り片づけて、四時間後に、この件で、ブログを書き始めると、パソコンが二台も大クラッシュをした。こんなことは、何でもないことだ。安野夫人を持ち上げよう、持ち上げようとする動き難って、ニュースを見れば毎日というほどに、報道をされている。

 したがって、ここでは、むしろ、パソコンが壊されたことによって、安野夫人がどれほどに、警察の特殊部隊と、結びついている、人間かがわかるし、

 もしかすると、前田清子さんや、小野寺夫人に、例の簡素化されたアイコンが渡されていて、この二人は、私の液晶画面と同期で、内容を、把握できる仕組みがあるのかもしれないと、思うほどになった。かえって、この件が、重要度を持っていることを教えてもらったほどである。

 その上、これが、たった、一行書いただけで、パソコンが大クラッシュしたのだから、花輪夫人が持っている意味合いをわかっている人間がクラッシュさせたことになる。

 ここで、小野寺夫人の、建築中の姿勢が思い浮かんできた。小野寺夫人は、建築中の家へ、花輪夫人を招き入れた。未だ、居住をしていないのだから、住民・全員と親しいわけでもない。暮らしていないのだから誰が、優れているなんて、わかるはずもない。しかし、花輪夫人を招き入れて、それを、また、きゃっきゃ、きゃっきゃと、誇示している。

 これは、建物建築中から始まっている、非常に悪意あるいじめであった。いや、普通の建築物だったら、毎日、東隣の、私から見えるはずだから、いちいち、招き入れられなくても、それは、どうっていう事はない。

 しかし、日本三大設計会社の、横浜支店長の、邸宅の建築だから、最初から、足場を組んであって、そこに、目の詰まった、白いネットを張ってあるので、中が一切見えない。そうなると、かえって、好奇心が刺激される。中が見たいではないか。それは、当然の事だ。しかし、すさまじいレベルで、最初から悪意満々だから、気楽に「中を見せてくださらない」などと、声はかけられない。そういう状況下で、花輪夫人だけを招き入れる。

 花輪夫人の特徴のあるはっきりした声が、お隣のネットの中から、聞こえるのは、其れこそ、悪意ある孤児というものだった。これは、私が花輪夫人を高く評価をしていることを周辺が、はっきりと認識をしていて、中谷家の長男か、安野家か、前田家からの情報で、花輪夫人を招き入れなさいよ。川崎さんはダメージを受けるはずだから」と、入れ智慧をされていたと、考えた。

 それは、ほぼ、10年は前の事だったが、子の2月7日に、小野寺夫人が、又、動いたのではないかと、私は考えてしまうのだ。だって、花輪夫人という言葉を総タイトルと、本文のたった、二行使っただけで、パソコンが二台も大クラッシュをして、「あなたは、ソフマップの店員ができますよ」とソフマップの店員から言われるほどに、システム回復の技術を高めている私が何をどうしても起動しなかったのだから。

 こういう仕組みは安野夫妻には与えられていないはずだ。もし、それが、彼らに与えられて居たら、私はさらに、深度深く、CIAエージェントの仕組みがわかるだろう。あの二人は、そういう意味で、単純至極だからだ。そこは、馬鹿な、上層部にでも、想像ができる話だろうと、思う。それに比較をすると、小野寺夫人はより冷静だと、みなされていると、思う。それと、東大工学部建築学科卒だから、パソコンの仕組みも、わかっているだろうし。

 ただねえ。皆さんは、どうお考えになるだろうか。こうして、周辺の人間がすべて攻撃者である生活を送らないといけない私のことを。それが、平和国家、日本の、日本人の、姿なのだ。まともなことを言い、まともなことを考える人は、こうなってしまう。付和雷同型の、人間なら、楽に生きられる世の中であろうが??????

後注1、

安野夫人と花輪夫人の、異様な二人三脚・・・・・この一文(特に下書き、一行)が原因で、私のパソコンが一台壊れた         2019-02-07 23:16:50 | 政治

後注2、 

I decided to reduce today's sentences, because画家Aと、三井物産の関係までを書きぬけていないからです+A夫人久々に、雪ノ下に、出現する    2019-01-19 21:27:21 | 政治

 後注3、

朴璐美の総持寺と言うAccentが変だったので、又NHKを使って謀略が行われた事に気が付いた。100分で名著も歎異抄、再放送だし。そして猿之助の大怪我!△   2017-10-09 17:56:43 | 政治

 

コメント

19-2-21 00:45からエンリケ航海王子がBS3に登場し、葉山の観光案内番組に水沢勉館長が登場した。頑張っていますねえ。玄二郎様

2019-02-20 22:27:25 | 政治

 最初に置いた写真を説明をさせてくださいませ。

 これは、テレビ東京で、午前9時26分から放映をされる、なないろびよりという、番組の、2019年2月20日版の、一場面です。場所は、葉山の近代美術館で、右端の紳士が、館長の、水沢さんで、その隣が、マリ・クリスティーヌさんで、さらに、左に居るのが高見恭子さんです。全員を入れるとテロップが、入ってしまって、画面が汚くなります。それで、高見さんの部分はトリミングしてあります。この写真の説明は、後半で致します。 

副題1、『本当は、この文章を書くつもりではなかったのですよ。ただし、本日、ある女性とのデートがつぶれてね。その原因ですが、もしかしたら、葉山という場所が、問題なのかもしれないと、思うので、これを書きます・・・・・そして、上の写真にも、其れが、葉山であるだけに、大きな意味を感じているわけです

 今日は、対私への、攻撃とか復讐に、もっとも、大きな力を発揮している、人物と思われる、伊藤玄二郎が、テレビをハイジャックした日だと、感じました。ハイジャックとは、飛行機を、のっとることを指す語彙です。しかし、テレビ番組を、自由自在に、自分の思い通りの企画で、埋めるとは、似ていると、思いますよ。まあ、雑誌も同じだと、思って居ますが、私も時間が足りないので、本屋を点検している暇がないのですが、

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『今、販売中の婦人公論をたまたま、一瞥して、びっくり仰天をした』

 たまたま本日、本屋をのぞきました。すると、【婦人公論】の表紙で、【瀬戸内寂聴】さんが、【井上荒野】さんと、対談をしていたのです。未だ、買って居ませんよ。私は瀬戸内寂聴さんには、嫌悪感を持っているので、買いません。だが、その表紙の惹句には驚きました。・・・・・「愛した人の娘と語りつくす」ですって。・・・・・おや、おや。と、驚き入りました。井上荒野さんの父親って、瀬戸内寂聴さんの、重要な愛人・二番目の人ではないか?と、推察するのですが、もしかしたら、その、男性は、瀬戸内さんのせいで、自殺をしていませんか?

 ここらあたりは、不鮮明です。私は瀬戸内寂聴さんの、著書を全部読んでいるわけではありませんから。一作だけ、別冊、雑誌太陽に出ていた、過去に住んでいた町についての思い出を書いた小説だけしか、読んでいないのです。

 それは、今は、新潮文庫になっている小説、【場所】ではないかと、思うのですが。そして、其れを主人が捨ててしまって居ますので、中身を目視で、チェックすることができませんが、その中に、重要な愛人として、二人出てきて、二人とも自殺をしたのではなかったかなあ? そのうち、一人目は、若いので、お子さんが居なかったと感じます。二人目は、当時、晴美さんの、家出後、数年たっていたというか、十年は、たっていた時の愛人なので、相手も、年齢が高いのです。しかも、相手は、作家だと、いう事でした。しかも、たぶんですが、年上です。したがって、お子さんがあるわけでしょう。そちらの、お子さんが、井上荒野さんであって、そちらとの対談ではないかなあ?

 まあ、両者にとって、メリットがあるのでしょうね。確かに、瀬戸内寂聴さんには、メリットがあります。相手がどう思って居るかを聞き、其れを、慰めたり、謝罪したりできますからね。また、自分の気持ちを説明したりできますから。

 「よろしゅうございましたね。そういう特集的、対談が、用意されて。お、ほ、ほ、ほ」と、言っておきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『なお、此処で、急遽、瀬戸内寂聴さんから離れて、テレビ番組に移りたい。それは、時間的制約があるからだけれど』

 本日は、徹底的に、伊藤玄二郎の存在が目立った日でした。それは、何故かは、後段で説明をさせていただきます。ただ、後二十分で、再放送のさらに、二重なる再放送の番組が始まります。で、其れについて、話しをさせてくださいませ。

 午前九時から、放映をされたプレミアムカフェの再放送が、21日の零時45分から始まります。私は、午前中にそれを見ました。が、もし、レコーダーをお持ちの方は、録画しておいて、見てくださると、幸いです。その番組そのものには、問題がないのですが、私が取り上げたいところは、伊藤玄二郎が、エンリケ航海王子勲章を、もらって居ることなのです。

 で、此処で、これが、再放送をされるという事は、伊藤玄二郎を持ち上げ、称揚するという事なのです。朝の元放送も同じ目的で行われています。しかも、月曜日(18日)も、松岡正剛と、華恵が対話する、【大航海時代】と、言う番組の再放送があり、その中にも、エンリケ航海王子が出てきました。

 エンリケ航海王子勲章は、ポルトガル国にとっては、第一位、もしくは、第二位の、勲章らしいです。

 伊藤玄二郎は、谷垣禎一氏をはじめ、栗田玲子さん、武部聡志、豊島屋の現社長さん、松尾崇・鎌倉市長、黒岩神奈川県知事、松沢茂文・元・知事、吉田茂穂、鶴岡八幡宮宮司様、角野栄子さんなど、ありと、あらゆる人を篭絡し、自らの味方として、手名付け、利用している人間ですが、その武器のひとつが、このエンリケ航海王子・勲章・受勲もあるでしょう。それと、もう、一つ、美形の人として、有名であり、かつ、チャタレー夫人裁判で、国を相手に勝った人として、超有名な小説家にして詩人でもある、伊藤整の、庶子ではないかと、見ています。

 それが、大相撲のごたごたの時に、わかりました。伊藤滋氏を、急に、かつぎ出したので、こういう事が、わかったのです。伊藤滋氏は、伊藤整の、正式なご家庭の方の、息子さんだそうです。伊藤玄二郎は、自分より目上の人には甘えるという形で、取り入っていきますので、本家の、兄にあたる滋氏とは、知己の間柄であって、こういう謀略に利用すべく担ぎ出したのでしょう。したがって、私には、かえって、伊藤玄二郎の出自(特に母子家庭らしい事)がわかったのでした。そして、伊藤滋氏は、東大建築学科の教授だったそうなので、西隣の、白井英雄・小野寺夫妻は、相当に、親しいかもしれません。

 ただし、お母さんは、インテリのはずです。昔は、文豪は、芸者さんを、第二の夫人としたりしました。大佛次郎しかり、誰それ、しかりですが、伊藤玄二郎のお母さんは、伊藤整と、仕事仲間(詩の会とか、出版社時代の、編集者としての付き合いとか)だと、思います。で、伊藤玄二郎は、貴種流る譚を、自らにも当てはめていると、推察しています。それと、1960年代の、出版不況の初期であり、落ち目だった、河出書房を、就職後、たった、一年で、退社して、鎌倉春秋社を開いたのは、お母さんが、社員として、手伝ってくれるから、できたことだと、推察しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『伊藤玄二郎の、wikipedia は、ぐんぐん、変わるのだ。本日、21日午前零時45分には、一行だけ、

・・・・・・2004年、ポルトガル政府より、エンリケ王子勲章コメンダドール章叙勲を賜る。 ・・・・・・

と、出ていた。しかし、五年ぐらい前には、それは、秘匿されていたのだった。ただ、10年前には、どうどうと、でていて、しかも、もっと、詳細に、説明がなされていた。受勲の、理由は、・・・・・高野悦子さんと共著である、【びょんぶ】という書物を、河出書房新社から、出版をしたからである・・・・・と。

 私は、本当にびっくりした。伊藤玄二郎は、当時、経営難に、陥っていた、河出書房を、入社後、たった一年で、けりさって鎌倉春秋社を、創設したと、非常に得意げに、語っている人間だったからだ。

 自分が捨てた会社から、どうして豪華本(でないと、勲章など、もらえないはずだ)を、出版できるのだろう。

 伊藤玄二郎と、国際基督教大学の関係は、伊藤玄二郎が、東京の春秋社の、1960年代の社長をひどく好きであって、そこに、心酔していたと、聞いている。のでつながるのです。その東京の、元のもと、足る春秋社に、三輪喜久代さんが、新卒で、1966年に、入っているからです。三輪さんは、私とたった、三人だけで、化学実験室で、長時間、一緒に過ごした仲であって、化学者なのに、どうして、宗教書などで、有名な、春秋社に入社したのかが、不思議だが?????

 当時から、そこの社長が、CIAエージェントであり、三輪喜久代さんは、AFS時代(=アメリカに留学した高校時代)から、すでに、CIA要員としてリクルートをされている存在だから、CIAエージェントの、秘書に、なるべく春秋社に、採用をされたのかもしれません。そういうアイデアまで、ベーカーさんが練ったと、すると、三輪さんって、23歳の時以降、ずっと、一生を、CIAのためにささげたとなります。

 彼女は、私と一緒だった時期には、ビヤダルみたいに太っていたのに、今は、やせているそうです。子供もいないし、其れって、どうだろうねえ。悔やむ日はないのだろうか?

 ともかく、三輪喜久代さんと、伊藤玄二郎は、知り合いである可能性が強いです。で、二人が、どちらが、どういう風に、影響しあったのか、それとも、当時の春秋社の社長が、隠れCIAだったのかは知らないのですが、

 二人とも、今では、相当に、上位の、CIA日本人エージェントであります。そして、ロンドン在住の三輪喜久よさんが、大きな、力を注いで、スタップ細胞疑惑が、生じました。そして、都っぽくて、かつ、世間ずれをしていない善人、笹井芳樹さんが、他殺として、殺され、山口みつ子さんと、同じく、自殺と報道をされました。・・・・・誰かが、ネットで「脱糞までしていたんだって」と、書いていましたが、だからといって、自殺だとは、言えませんよ。

 一旦、薬品で、気絶をさせたのちに、首つり状態にすれば、

 脱糞することはありだと、思います。気絶をさせる薬が、筋弛緩剤だったら、さらに、その脱糞率も上がるでしょう。

 お気の毒なことに、笹井さんは、殺されたのです。どうして、殺されたかというと、直前に、「嘘をつき続けることには、もう、耐えられない」と、奥様等に、話していたので、将来、かれは、真実を語る可能性があると、みなされ、自分達の謀略がばれる、危険性を感じて、鎌倉エージェント側が、殺してのです。無論のこと、ブルーカラーとしての、匿名性を持つ、殺人専門集団ですが、それらの人員に、殺されたのです。

 私は、2014年、6月13日に、保土ヶ谷のげらげらというネットカフェで、罠に引っかかりそうになったのですが、

 その罠を仕掛けてきたのが、まさしくそういう連中なので、実感としてわかっているのです。その日、トイレから、大音響で、誰かが嘔吐している声が聞こえるのです。もし、私が、受付の男の子に、誰かが「具合が悪そうです。救急車を呼んであげてください」と、親切心を出して、告げたと仮定します。すると、その日、ネットカフェに居たお客が、すべて、殺人集団であって、一種の桜で会って、そんな音は、私達には、聞こえない、この人は、耳が異常だ。幻聴があるのは、精神異常者だから、強制入院をさせてしまおうとなったと、思います。私は、そんな罠には、引っかかりませんでしたよ。どうして、引っかからなかったかというと、その嘔吐の音は、録音されたものを再生しているわけで、何度も繰り返されたので、機械が再生している音だと、すぐわかったからです。馬鹿みたいです。一回だけ、流せばいいのに、六回ぐらい、同じ音を繰り返すわけですから、私は内心で、笑っちゃいました。ただ、その時に、いた男性達ですが背が高くて、頑健で、無表情で、怖い連中です。ああ、こういう連中が命令された通りに、殺人を行うのだと、はっきりわかりました。

 私は、経験が多いから、非常に用心をしています。品実と昨日、とんでもない無駄足をしているのですが、それで、馬鹿にしなさんなよ。私は、神様のごとき、心をもって、葉山に住んでいる女性を待っているのだから、・・・・・こういう殺人を案出する、手合いに、私の心の中と、頭脳レベルなど、わかるはずもないです。でも、警察に殺人用別動隊があり、どういう訓練を受けているかは、実物を見たので、はっきりとわかりました。

 そして、問題は、河出書房、又は、その後生まれた河出書房新社で、編集者として、大きな力を発揮したらしい、川名昭宣君なのです。大量に書くべき事がある人物です。だが、此処では、複数の重要項目に、ほかに、触れているので、彼にも、触れるのは、もったいないので、簡単に、この人が、そのエンリケ航海王子勲章を受勲する、大本となった、【びょんぶ】と、言う書物の編集を引き受けたのではないかと、という事だけをとりあげましょう。私は、そう、思って居るのです。伊藤玄二郎側から、川名君側には、500万円ぐらいの謝礼が、渡ったのではないかなあ?

 その、ポルトガルという、一国が、勲章を与えるほどの、高価で、豪華な、書物であるはずの、【びょんぶ】なのだけれど、2013年度中は、どこの図書館にもなかったのでした。国会図書館なんて、国民誰に対しても、公平でないといけない場所なのに、『それって、なんですか? なぜ、あなた方は、伊藤玄二郎の悪辣さを隠すのですか?』 という様な不思議な態度をとるのです。国会図書館に関しては一冊の書物をかけるほどに、おかしいところがありますよ

 それで、かえって、その奥つけには、相当な秘密が隠されていると、確信し始めます。私は、たぶん、川名君への謝辞が、そこに描いてあるので、隠されていると、信じているのだけれど、それ以外の、猛烈な分量の、秘密のことは、何も、此処では、開示しないで、置きましょう。先へ進みます。川名君は、池内紀とか、菅敦子さんを、扱う編集者ですが、編集者という点から、伊藤玄二郎へ戻ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『わかっていますよ。伊藤玄二郎の方が、私に向かって言いたい言葉は、

1)、お前はテレビには出られないではないか? それと、テレビ番組を企画して、NHKに、いう事を聞かせられる、私とは、どれほどの、差があるのか知っているのか?

 ここですが、厚生労働省の現在の、事務次官、村木女史が、NHKあさイチという、バライエティ番組に出るなど、とんでもあい事なのです。其れについては、新章を立てて、新たに語ります。。

@@@@@@@ここまでが、22日に推敲を終えたところです。

2)、しかも、月曜日には、最大の、文化人にして、有名ブログを経営している、又、顔の良い、松岡正剛を使ったが、水曜日の方は、新しく、作ったのだぜ、松田りにあアナを使ってね。どうだ。四段階か、五段階、こっちは上なのだ。お前、偉そうにするなよ。お前はメディアは、絶対に使えないのだからな。ざまーみろ。思い知ったか?

 ここで、彼の二人羽織として、活躍している、いまだ生きている、井上ひさしの口調が、ダブってかかってきます。 

 いつも、このブログにコメントをよこす彼の口調を借りましょう。

 「お前さあ、本当に、下々のものなんだよ。一週間前の、2月の12日に、意気揚々と鎌倉で、デートをしただろう。そして、相手を味方にしようと思ってやいがるんだろう。しかし、こちとらは、尾行をしているし、お前らの会話は、あの、レストランの台所に瞬時においた、高性能盗聴器で、すべて、把握したのさ。それに、お前が手紙を出しただろう。

 お前さあ、新百合ヶ丘に住んでいる、津田塾卒の、友達が、こっちに寝返りをしたのを、知って、今度は葉山在住の、新しいともだちに、乗り換えようとしているのだろう。こっちの方は若いしなあ。お前にしたら、いう事を聞かせられると、思って居るのだろう。駄目駄目。彼女は、美大卒だし、葉山の美術館の、館長、水沢勉氏と、親しいから、そっちから、一通のメールを送ってもらって、お前とは、交流しない様に、教唆しておいたから、いくら待っていても、彼女は現れないさあ。お気の毒様?!、ぐわっ、はっ、はっ、は」

 と、その種の言葉が、伊藤玄二郎と、其れから、アリと、あらゆる、攻撃用策を練っている、いまだ、実際には生きている井上ひさしの間で、取り交わされたことでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『さて、なないろびよりという番組は、専業主婦たちに向けてのバライエティ番組で、商品の宣伝が、メインなのですが、そのメインの前に、観光案内をします。本日珍しく、新聞の案内を見ました。すると、葉山、特に、美術館からのオレンジの夕日とありました。その瞬間に、其れが、対私狙いの番組であって、水沢勉氏を、私に見せることが狙いだと、理解しました』

 なないろびよりは、録画を命令していないのに、勝手にというか、自然に、録画をされてしまう番組です。どうして、そういう番組が勝手に録画されているかですが、昔視聴していた、ぶらぶら美術館とか、おぎやはぎの愛車遍歴を今は、録画していないし、見ていないので、それに代わる番組として、利用をされていると、考えます。

 どこが、この番組が、鎌倉エージェント達にとって、利用価値があるかというと、軽い製作費で、軽い人員で、作っているので、機動性が高いという事です。それと、それほどに、たくさんストックも作っていないでしょうから、臨機応変に、番組を差し替えることも可能でしょう。で、いつも自然に録画されているので、ニュースを点検して、その後から、見るわけです。

 しかし、本日は、これが、天の神様のお恵みだと、思うのですが、朝、新聞の、ラテ欄を見たために、録画をされているのにもかかわらず、ライブで、朝から、見始めたのです。そして、驚いたことに、いつもだと、もっと、短いのですよ。それが、長尺を使って撮影をされており、10時20分ごろから、やっと、美術館訪問の、画面になりました。

 そして、此処に、水沢勉氏が、登場をしたことによって、夜、合うはずのお友達が、来なかったことへ、対応ができたのです。水沢氏が、午前中に、テレビ画面に、登場をしたからこそ、夜8時半から、合うはずのデートには、彼女は、もう、来ないだろうと、半分は、あきらめて待っていたので、ストレスがかかりませんでした。

 私は、彼女へのお手紙の中で、「あなたが来なくてもかまいません。私は税務申告をして時間をつぶしますから」と、書いています。実は、五時までに市役所に行かなければならなかったので、その後、8時半まで、相手を待つとすると合計、3時間半も待たないといけない状況でした。水沢氏が朝、テレビ画面に、現れなかったら、私は、イライラしたと、思います。

 しかし、そうか、彼女は、葉山の住人だし、美大を卒業しているし、今、前の勤務先の画廊が閉鎖されているので、葉山の、美術家の、ソサエティのお世話をも、している、といって居たから、当然のこと、水沢氏とか関係があり、そちらから、行くなとか、付き合うなと、言われたら、彼女が来ないのも仕方がないです。

 でもね、それで、税務申告が馬鹿にはかどりました。自宅だと、つい、ほかのことに目が行きがちですが、喫茶店という閉鎖状況の中で、もって行って居るものが、其れだけなのですから、ひたすら、税務申告に集中し、その記帳を手書きで、やっていたのです。

 私はね。1998年から、2005年ごろまで、自分の版画家としての、才能や、文章のテーマ、目の付け所を、いろいろ、好意的な目で、見ていただいていたので、水沢勉氏のことを、水沢先生と、常に呼んでいました。彼の方が、15歳は若いですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『水沢氏は、四つのルートから、私を、捨てる様に、教唆・命令をされたと、思われる。一つは、上司だった酒井忠康氏のラインから。二つ目は、宮崎進氏のラインから。三つ目は、柄沢斉氏のラインから。4つ目は、葉山、鎌倉の、ソサイエティからの、教唆命令であり、時田史郎、福音館元社長などとも、親しいはずで、そちら側に、引き寄せられれば、仕方がない。

 しかし、こっちにも、言いたいことがある。水沢氏の縁も大切だが、トイレに鍵をかけるのは、CIAエージェントの激しい直接攻撃であり、其れを目の前で、ギャルリーユマニテの金成佑子さんが、やる限り、そして、毎回、個展を見に行って居る私に、引っ越しの一か月前まで、其れを教えてくれないという、形になると、結局は、山口みつ子さんが他殺であると、言う話を出さないといけなくなる。ここいらあたりは、詳しい文章があるはずなので、後で、リンク先を見つけておきます。

 特にみつ子さん他殺の最初の引き金を引いた保坂航子さん(本当の名前は、涼子だが、私にあれこれ、文章を書かれているから、名前を変えている)の個展を、一年間に、三回も連続して、やってあげるなどという事は、激しい激しい、対、私への攻撃だから、はっきりと文章化する。このアイデアは、秋山祐徳太子から出て、水沢さんから出ているわけではない。

 また、柄沢斉の弟子であると、公言している、我が家のご近所住まいの画家Aが合鍵をもらって居て、我が家に各種の嫌がらせ行為をしには言って居ることをも語らないといけない。無論誣告罪もあるので、画家Aと、記すが、泥棒は、四種類あって、本日もブルーレイ医レコーダーのディスク残り、五枚を盗んでいった。

 子の泥棒は、この間も、8枚盗んでいって、と、同時に、ブルーレイレコーダーに各種のバグを入れまくって、いて、ほかに0枚ぐらいある、DVDディスクでは、初期化が、できないとか、散々意地悪をされており、サポートへ電話をかけようと思うのだが、ブルーレイレコーダーの本体に、張り付けてあった電話番号も盗んで帰ったのだ。このレコーダーの問題は、津田塾出身の友達の方と、関係があるので、又、後日、再度語りますよ。

 しかも、まあ、際限がない形での攻撃が、行われているわけです。だから、ギャルリーユマニテについても隠し、シロタ画廊についても書くでしょう。しかし、シロタ画廊のオーナーは、十束さんより、寝れているので、画家Aが飛んだり跳ねたりしない限り、書く必要はなかったのですけれどね。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『美術館からの夕日ですって。それは、私が過去にエッセイに書いています。或る哀調を込めてね。だから、水沢氏がったことを、はっきりと知らせようとして、有形を選びましたね。となると、このテレビ番組の企画そのものが、例のごとく石塚雅彦さんの、教唆がテレビ東京に入っているわけで石塚さんの裏には、例のごとく、いまだ生きている井上ひさしが居て、そのエッセイを、いつか使おうとして、保存をして置いたと、思われる。

 私に対する攻撃は受動喫煙防止条例にしろ、何にしろ、私が、昔書いた文章で、特にできの良いものをき、その中身を否定するために行われるのだけれど、今般は、美しくも悲哀を、込めてみるしかない三が浜の夕日がただ、唯、美しいものとして、とらえられていた。それゆえに、この番組が、「葉山に現在は、住んでいる、若い女性との仲を裂いたのが、水沢さんだよと、暗黙裡に、教えてくれた、わけですが、別に水沢さん自身が、企画したことではないにしろ、

 この放映が、2015年ごろに企画をされて、放映をされたら、きつかったと、思います。だけど、ギャルリーユマニテについて、特に、山口みつ子さんが他殺であることを、論理的に、かつ、書きにくかった、因果関係を含めて、

書いてしまっているし、今は山に住む若い女性・・・・・私が、お見合いまでも、世話をしたいと、思って居た、若い女性との、仲を裂いたのが、水沢さんだよ・・・・・塩野義製薬の、ゾフルーザ、問題の時の、さ・し・す・せ・、お・の・ぎさんの一人が、水沢さんであったという事を、問わず語りに、語ってしまって居る現在なら、「お互い様だから、仕方がないざんす」

と、言えるのだった。

 だけど、伊藤玄二郎の手下として、警察の特殊部隊が、ぞんざいしていて、数々の、殺人事件を起こしている現在、そういう意味では、残念なことだと、思って居る。どういうことが残念かと、いうと、CIA軍団に与すると、私の目から見ると、裏に、死体が、いくつもみえるそんざいだからだ。

 いや、彼らは、自分達は、ハイ・ソサイエティだから、葉山のヨットハーバーにも入れるし、とか、何とか、思って居るのだろうけれど・・・・・

 まあ、これから、書きたいことは、織姫まきと、稲田恭子さんの特質とか、杉本夫妻が、今何を行って居るかなどと、ここに、関連して、、くるのだけれど、

 まあ、どうして、こういう風に彼らが動くかの、分析が足りないけれど、既に、午前五時になったので、寝ます。

 最後に、全く、話が変わりますが、10年ぶりに水沢氏の、姿形を見て、あら、あら、10キロは太りましたね。と、感じたと、言っておこう。毎週、毎週、あって、いる人には、見つけられない変化だと、思うけれど、10年以上を経て、見かけたので、非常によくそれがわかった。田中将大投手みたいな、胴体に、なっておられる。幸せなのだと、思う。結構ですねと、言おう。

 これ以上は、別章を盾て語りますが、ほかの話題に、移動するかもしれません。津田塾卒の友人も気にかかるし。いや、元友人というべきか?

  と書いていったん去ったのですが、此処で、あれだけは、書いて置くべきだと、いう事を思い出しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『平凡で、やさしい感じのする、若い友達【❔】は、現在、派遣社員、又は、アルバイトで、生計を立てていると聞いたので、それは、絶対に、お見合いをした方がいいと、提言をした。彼女は、40代だ。その年齢で、今、公務員でもないし、大会社勤務でもないとなると、将来がそうとうに、危ういからだ。しかし、彼女が、水沢勉氏の、采配で、私との関係を切ったとすると、即座に代替案は、用意されたと思う。画家Aのお嬢さんが、つまらない仕事(盗難予防、監視員)とはいえ、美術館に勤務していた様に、葉山の美術館に、就職できると、思う。

 これは、はっきり言うと、私が介在したからこそ、手に入った、成功または、幸運というべきものだけれど、その若い女性は、其れには、気が付かず、一。生を、私を無視して暮らすだろう。街であっても、あの弾むような、楽しい笑顔で、後ろから、話しかけてきた、2019年2月12日の、夜の、横浜駅構内の、再現はないと、思う。

 でも、神様の通信簿には、其れが、記帳をされている。そして、ほかのケースだって、其れを、書き表せることもあるのだった。ただ、すべて、誰が、こういったから、こう考えるという人間、特に第三者としての、他人も関与してくるので、なかなか、真実を語ることができない。

 しかし、本日は、ヒマラヤ連邦の、一つに数えられるほど、高い山である、水沢勉氏を乗り越えた。まあ、そちら様も、もう、あなたとは、関係をしませんよと、宣言をしたのだが、こちらも、ええ、わかりましたと、公開で、書くことができて、それは、それで、一つの扉が開いたという事なのだ。事、CIAのあれこれを書くという意味では、水沢勉氏は、一つのネックになっていたからだ。または、漬物石といっていいかな。重石なっていたからだ。

 

コメント

大坂なおみ、初戦敗退・・・・・やはり、裏にあるのは、技術の問題ではないくて、恋愛の問題でしょう△ +父がコーチに?

2019-02-20 09:56:34 | 子育てモノ

副題1、『msn というサイトに、日刊スポーツ(朝日新聞系ですよね)の記事の転載として、大阪なおみ選手の初戦敗退を告げていた』

 その記事は、例の如く、私が更に、コピペして、%%%%%%罫線以下に置きます。

 ところで、その報道を受けて、『ああ、やはり、私の想像が当たっていたのだ』と、今、思うのです。2019年2月12日に、突然のコーチ関係解消の報道が出たのですが、その直後、日本中を席巻した、憶測の類を、私は、違うと、思っていました。それで、2本のブログを書いています。順序として、古い方は、他人の投稿を、否定しています。

 13日でしたが、・・・・・これは、コーチに、優勝経験がないから捨てたのではない。なおみ選手は、コーチに初恋の感情を抱いたが、コーチは、それを婉曲に、拒否したので、葛藤のある、数か月間を過ごしたのちに、決断を下したのは、なおみ選手の方だった・・・・・・と、思い、その間をあれこれ、推察したのが、下の一本です。

なおみ選手は、サーシャコーチに恋をした。しかし、コーチはその愛を受け入れなかった。結果、なおみ選手は、一緒にいる事を苦痛に感じ始めて            2019-02-13 22:51:09 | 政治

 次に、更にそれを、深めたのが、下の一本です。こちらの方では、なおみ選手が、傷つかない様にする為の文章です。何を書いているかというと、サーシャ、コーチが、テレビカメラの前で迄、他の人に、見せ付けている女性の存在は、一種のカモフラージュではないかと、言う考え方です。それほど、仲良くはないが、なおみ選手に対して、失礼ではない形で、婉曲に求愛を拒否する為の道具としての女性ではないかと、書いています。

 で、サーシャ・バジン・コーチは、今、テレビカメラの前に、恋人として、見せ付けている、女性とも、パートナーシップを構築しないだろうとも、私は、言って居ます。それが、二本目です。 

大阪選手が、コーチとの関係解除の理由を言う。・・・・・サーシャ・コーチは女性ではなくて、男性を好きなのではないかなあ?      2019-02-17 22:58:53 | 政治

 二本目の方は、最後の方で、ちょっと、踏み込み過ぎて居て、サーシャ・ヴァジン・コーチが、恋愛の対象として、女性ではなくて、男性が好きなのではないかと、言って居ます。これは、後で、失敗だったと思うかもしれないタイプの踏み込み過ぎという物ですが、なんとない、直感がそう言っているので、書いてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『サーシャ・ヴァジンコーチとの別れが、なおみ選手側からの、求愛と、失恋に存在するのなら、これは、立ち直りに、長時間がかかりそうだ。そして、周囲は、待つほかはない・・・・・なおみ選手は、まだ、21歳であり、本当に、若いからだ。人生経験も、テニス以外には、ほとんどない、少女だし』

 なお、このブログの、2010年から、数え始めた延べ訪問回数は、5174501です。

    2019年2月20日、是を書く。雨宮舜(本名、川崎千恵子) 

 なお、これは、書いた直後に推敲を終えましたので、恒例の△印を、総タイトル右横につけて置きます。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、PO(追伸)『父親が、コーチになるんですって、それは、今の段階では、ベストですね」

 いったん、読んだのですが、消えてしまった他人の文章に、・・・・・思いがけない人選として、コーチに父親の、フランソワさんが、就任する・・・・・と、言う記事がありました。私としては、・・・・・当座の、つなぎには、それは、ベストです。今は、新しい人間関係を作るよりも、癒しの期間が必要です。ただし、親子関係が、心理的独立の問題を含んで居て、また、是も、将来は、難しくなる筈だから、当座のつなぎと考えた方がいいでしょう・・・・・と、言いたいです。

%%%%%%%%%%%%%%%%%

 日刊スポーツ

新女王の大坂なおみが苦い1敗、まさかの初戦敗退

 日刊スポーツ新聞社
2019/02/20 01:47
 
ムラデノビッチに敗れた大坂なおみ(AP) © 日刊スポーツ新聞社 ムラデノビッチに敗れた大坂なおみ(AP)

まさかの敗戦だ。新女王の大坂なおみ(21=日清食品)の世界1位としての記念すべき初戦は、苦い1敗となった。昨年の大会初戦で勝った同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)に3-6、3-6でストレート負け。優勝した1月の全豪以来の試合が、まさかの敗戦となった。

第1セット、1度のガッツポーズも出なかった。逆に点を取られても、1度しかラケットを投げなかった。笑顔さえ見られ、勝敗を度外視し、好きなようにプレーする。その様に見えた。

第1ゲームを40-15から落とした。第2ゲームは2本連続のブレークポイントがあったが取れなかった。その2ゲームでリズムが狂ったのか、3ゲームを連取された。そのまま3-6で第1セットを先取された。

さすがに、第2セットは負けじ魂が顔をのぞかせた。第2ゲームでバックをミスすると、座り込んでサンバイザーで顔を覆った。サーブの前に考えすぎ、時間を取り、時間超過で警告を受けた。先行されてはブレークで追い上げる。会場は「オオサカ」コールが響き、新女王を盛り上げる。それでも集中力は戻らなかった。

大坂は12日、短文投稿サイトのツイッターで、18年全米、19年全豪の優勝を後押ししたサーシャ・バイン氏と、コーチ契約の解消を明らかにした。17日には、会見で「成功より、自分が幸せでいることが大事だった」と解消の理由を説明。「金銭が原因といううわさには一番、傷ついた」と、こちらはきっぱりと否定した。

今大会は個人専属のコーチはなしで挑んだ。「16歳の頃から助けてくれている」という日本テニス協会の吉川真司女子代表コーチが指導役としてつき、アブドゥル・シラー・フィジカル担当、クリスティナ・スター理学療法士も、従来どおりサポートした。

調子が悪くても、気持ちが乗らなくてもベンチに呼ぶコーチはいなかった。最後は、ムラデノビッチのバックが抜けていくのを、追うこともせずに見送った。ツアーを統括するWTA(女子テニス協会)会長までが見守った新女王の初戦。その心の内は、誰も知るよしがない。

コメント

後楽園死傷事件・・・・・川崎・多摩川・涼太君、リンチ殺害事件と比較してみよう

2019-02-18 23:30:22 | 政治

副題1、『私が本日書きたいことは、本当はこれではないのだが、しかし、あまりにも時間が足りないので、短く書けるものとして、是を選んだ』

 パソコン大クラッシュ以来、大忙しです。そのうち、到頭、また、大変な、義務が、襲ってきました。毎年、よくわからなくて、大変な思いをする税務申告が、今日、すでに、始まったそうです。何となく、三月だと、思っていたので、ちょっとドキッとしましたよ。まあ、基本的な記帳はしてあるので、後は、まとめるだけですが・・・・・

 ところで、地下鉄・後楽園駅そばで、男女二人が、切り付けられたというニュースが、報道をされました。それほど、大きなニュースではないと、私は、感じました。しかし、どことなくおかしいのです。

 そして、到頭、本日18日の夜に至って、これは、一般的な、恨みによる事件ではなくて、政治的な謀略ではないかと、思い始めました。

 そして、そういう文章を書こうと、思って、まず、日付を知りたくて、グーグル検索を掛けました。

 というのも、これは、政治とは関係がないはずだと、思ったので、看過したために、日付等を、確認する手段がなかったからです。世間一般が無視する様な小さな出来事でも、政治と関連があるものは、必ず、メモ程度の、文章を下書きボックスに入れる様にしています。

 数年前は、こうではなかったのですよ。私が、裏側にあるものを、気が付いたと、敵さんに知らせるわけですから、こちらが不利になるので、このパソコンの下書きボックスには、入れずに、紙のメモとして、落として置いたのです。しかし、それだと、結局紛失してしまうので、パソコンの特に、この下書き用ボックスに保存をして置くことにしました。

 それで、保存をして居ないので、事件が起きた日付を知りたいと、思って、ググってみると・・・・・やはり、自分の直感は正しい。この事件は、やまゆり園事件の、犯人とされて居る植松聖風の、精神異常者が、現代、日本には、たくさんいるのだと、言う方向で、国民を洗脳して行く事を目的として、作りあげられた事件なのだ・・・・・・と、確信をしました。

 既に、12時過ぎて居て、しかも、あす、大きな治療、を、受けないといけないのです。【フォッサマック】と言う骨そしょう症の薬を飲んでいる人は「危険な治療ですよ」と言われる、種類の、歯の治療を、しかも、歯科に、掛かるのは、まったく初めてのところ(関東労災病院と言う大病院・・・・・今、話題集中の武蔵小杉に在るのですよ)で、受けないといけないのです。関東労災病院は、立派なところです。ただ、歯の治療を、先生の顔も知らない所で、受けるのは、しんどいです。でも、いつもの親切な先生が「そうなさい」と、紹介状(すごく、りっぱなものです。関東労災側から、個人クリニックに配られるものだそうです。数頁あって、医療的、伝達事項が詳細です)を書いてくださったので、そちらで、受けないといけないのでした。で、早く寝ないといけないのでした。というのも、何事も、自分側の体力が、しっかりしていることが大切なので、寝不足はいけません・・・簡単にいえば、歯を2本抜くという事なのですが、この薬を飲んでいる人にとっては、危険な事なのだそうです。・・・それは、去年の秋から、薬局で、聞いていることなのでした。

 ところでね。これは、余談なのですが、一週間に、一回だけ飲むはずの、その薬を、間違えて、毎日、連続して、呑んでしまったのですよ。それは、数か月前のことでしたが・・・・・・劇薬給ですよと、注意を受けている薬を、7倍量、体に入れてしまったわけです。

 いや、先生も薬局も内心では、びっくりなさった模様です。それでも、私の方は、普通で、大丈夫でした。だから、私のからだって、弱いのだか、強いのだか、判らないところがあります(苦笑)。 が、私は、こう考えました。「普段、薬をほどんど飲んでいないから、体に空きがあったわけですね。薬を処理する能力が、各細胞、一つ一つにおいて、高かったのでしょう」と。ところで、それを、新しく処方をしていただいたら、またまた、盗まれてね。いつも、いつも、大変で、時間とお金が、普通の人の、倍は、かかる私なのでした。(苦笑再び)

 そちらは政治的部分ですが・・・・・明日は、医療的な意味で、節制をして置かないといけない日です。

 しかし、ここまでだけ書き、終わってしまうと、あまりにも無責任なので、先を続けます。老骨に鞭打つという言葉、そのものなのですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『政治的謀略として、行われた事件には、特徴的な、グーグル画面が、用意されている。18日、23:40の、グーグル画面は、まさにそれだったが、19日、0:05には、既に、一般的な形へと、変化していた』

  私はグーグル画面が、ブログで、埋め尽くされているのは、謀略として、作り上げられた、ニュース(または、事件)だと、思っています。私が、事件の起きた日付を知りたくて、グーグル検索画面を開いた時には、最初に、ニフティのニュースが三つ並び、その後は、すべて、ブログで、埋め尽くされていました。

  しかし、今、20分後に、もう一度、確認をしましたが、Yahoo news と、NHK news が増えていました。ほら、私が大物(苦笑)なので、瞬間的に変化させた模様です。(苦笑)

 特に、以前から、・・・・・こういう特徴がある。たとえばスタップ細胞疑惑の、ある時期の、グーグル検索画面など、ブログだけであったし・・・・・と、書いているので、なおさら急いで、直したのでしょう。

 が、本当に、真実の、事件なら、もっと、ニュース・原記事・紹介が多いのです。しかし、この後楽園駅前、刺傷・事件は、まだ、たった五日目なのにもかかわらず、原記事がすくなくて、ブログ類で、埋め尽くされています。で、そのうちのいくつかを開けてみると、その犯人の、名前、生い立ち、両親など、と、立派な、箱入りの、目次ができて居るのですが、サブ項目の中に入って、丁寧に、読むと、たいした、事が書いてあるわけでもないのです。しかし、それが、本当の事件(政治的・裏がない、事件)だと、詳細な、事実が、多数の投稿者から、寄せられるのです。

 たとえば、多摩川で、結索バンドで、手を縛られたまま、泳ぐことを強要をされて、溺死をした、小学五年生の、涼太君の事件とか、

 三鷹の自宅に、ストーカーが、襲撃して来て、殺された、鈴木沙彩ちゃん事件(三鷹ストーカー事件)などは、相当量の、情報が出てきたものです。

 しかし、です。これら二つの事件も、事件が起きた後で、鎌倉エージェント(=CIA)が、からんできて、隠す、方向へ動いて居ます。川崎の方は、現代日本、最大の、エージェントであろう、成岡庸司君の実家が、川崎に在るので、川崎と言う政令都市のイメージや、名誉を守るために、秘匿される様になり、

 三鷹ストーカー事件の方は鈴木沙彩ちゃんの母親・一ノ瀬智恵子さんが美術9条の会の会員だから、こちらも隠す方向へ、動いています。

 しかし、事件、3か月後ごろまでは、相当量の情報が出て来ていたものです。たとえば、涼太君の母親の方は離婚をしていて、しかも新しい男性と恋愛中であり、かつ、仕事は二重、三重に行っていて、忙しかった。だから、涼太君は、ほうったらかしだったとか、父親の方は、生きる手法の理想を、自然に求める人間であって、遠い島に、住んでいるとかね。

 しかし、今般の、後楽園駅前、刺傷事件についてのブログ群は、タイトルこそ、思わせぶりで、深刻ですが、中身は、ほとんどないのです。情報として読むべき価値のあるものがありません。NAVERまとめにしろ、同じです。

 したがって、これらのブログは、体裁だけを繕って、こう書いてくれと言う命令で、動いているプロの投稿者から、投稿を、されたものだと、思います。それらのプロの投稿者は、まるで、新興宗教の信者みたいに、簡単に、リクルートをされたのでしょうが、その後、強い洗脳教育を受けて、ブログの職業的投稿以外の、もっと、恐ろしい仕事を命令されても、簡単に、了承をして、実行をする様に成ると想像をしています。

 今回の犯人は、まさしくそういう人間のひとりでしょう。そして、過去のどこかの時点で、やめさせられたことに不満を漏らす様な、投稿を、ネット上にさらしていたか、または、ナイフを、インターネットで、買った方からか、謀略的事件に、最適な、犯人像を探している連中に、スパコンを、通じて、見つけられ、報酬を約束されて、その上司両人を襲ったと、私は、推察しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『二年間も、殺害する機会をねらっていたと、どこかに書いてあるが、その間、生活費は、どうしたのですか? そこにアイデアの、抜けた部分=瑕疵がありますよ。ばっかものと、起案した、連中に言っておきましょう』

 この犯人が、本当に二年間もの長い間、執念深く、上司を、狙っていたのだったら、すでに一か月目か、二か月目には、殺しを、完了させていると、思います。しかも、二年間も、何で、暮らしていたのでしょうね。食費は、親と、同居で、出してもらっていたのだろうか、どうなのか? それすらも、ブログの方では、出て居ませんでした。

 

コメント

大阪選手が、コーチとの関係解除の理由を言う。・・・・・サーシャ・コーチは女性ではなくて、男性を好きなのではないかなあ?

2019-02-17 22:58:53 | 政治

*1)『うーん。その情報は、私が書いた文章(あと注1)が正しかったので、出てきた情報だと、思う。ただし、真実を、100%は、出さない様に、裏から、勧められていたとは思う』

 msnというサイトで、以下のニュースを見つけました。それは、共同という通信社の配信ニュースのようです。英語の翻訳が足りないのか、実際の、記者会見の様子を、知りたいところですが、私としては、%%%%%%罫線以下の、次の罫線に挟まれた内容を書いている、短い記事だけでも、自分が考えていたことが正しかったと、考えます。

%%%%%%%%%%%%%

【ドバイ共同】女子テニスの大坂なおみ選手が17日、1月に全豪オープンのシングルスで初優勝して世界ランキング1位となって以来初のツアー大会のドバイ選手権で記者会見に臨んだ。11日にツイッターで四大大会2連勝を支えたサーシャ・バイン氏とコーチ契約解消を発表したことに「キャリアでの成功よりも自分の幸福感の方が大事」と語った。昨季から師事したバイン氏との決別は全豪期間中には既に考えていたという。

 海外メディアの関心も高く、理由について臆測が飛ぶが「みんな金銭関連の問題だと考えていると思うが、そうではない。彼が私にしてくれた全てに感謝している」と話すにとどめた。

%%%%%%%%%%%%%
 
*2)、その会見で、発言されたメインの事は、「サーシャと、一緒にいると不幸になる」という事だったらしい。しかし、サーシャが、わざと、意地悪をするわけもなくて、ただ、唯、彼に別の女性がいて、その存在を意識することが、ナオミ選手にとって、不幸せな感情を抱かせるという事だったと思う。
 
 大阪選手は、「成功よりも、幸福になる方が大切だ」と、言って居ます。「サーシャと一緒だと、幸せではない」と、いう事を語っています。でも、もし、サーシャに、別の女性が居なかったら、・・・・・サーシャと、一緒に二人三脚を続けるのが、いやではなかったと、思います。
 それから、「成功よりも、幸せになる方が大切です」といって居ますが、成功しないと、其れもまた、幸せではないのです。だって、本音では、『サーシャと、一緒に、生きていくことができたら、テニスを捨ててもいい』と、思って居たと、思いますよ。そういう激しい感情は、ありえるものなのです。しかし、相手の方がそれに乗ってこなかったら、テニスを捨てるなどという事がばかばかしいことだと、いう事になるでしょう。
 そういう感情は、若いときの、初恋に固有のもので、やがて、熱が冷めて、別の感情も生まれるのですが、大阪選手は、パリバオープンから、全米優勝までは、その種の感情の海の中を泳いでいたが、その優勝の時に、サーシャが、気が緩んで、急に自分の、本来のパートナーを表面に出してきたので、ナオミ選手が苦しくなったと、いう事ではないかなあ?
 
 彼女は、幸せな家庭で育った、お嬢さんなのです。テニス一筋に生きてきたので、恋愛など、してこなかったと、思います。
 私が一つだけ、懸念を持っているのは、次女なので、やはり、親の愛が、少なかったかと、言う点ですが、それは、母親の方には、あったかもしれないが、slightly (ほんの少々)でしょう。ただ、其れが、彼女の繊細さを形成している可能性はあるのです。ところで、父親の方は、子供をテニスプレーヤーにしようと考えていたので、ストロークにしろ、サーブにしろ、テニスの場合は、相手が必要ですから、姉と彼女をほとんど、平等に扱ったと思います。
 
 幸せな家庭に育って、母親が日本人で、父親がハイチ人だと、一般的なネイティブのアメリカ人より、恋愛に入る、時期が遅くなるというか、おく手になるというかであって、大阪なおみ選手が、サーシャコーチに抱いた、感情は、ほとんど、初恋といってよいものだったでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
*3)、私達は、大阪選手のファンではある。しかし、人間本来の、立場を考えると、サーシャ・ヴァジン・コーチもまた、大阪なおみ選手と対等な一個人なのだ。
 
 全米オープンを追っているうちに、私達日本人は、突然の大スターを手に入れたわけです。だから、ナオミ選手の方に感情移入をして、肩を持ちたいところです。
 
 しかし、男と女の問題を考えると、サーシャも、ナオミ選手と対等な、一個人です。
 
 彼が、自分の恋人らしき女性を全豪オープンの決勝直後に、テレビカメラの前にさらしたときは、私は、ちょっと、ぎょっとしたものです。なんて無神経な事かと。
 確かにその点では無神経です。これと同じことをテレビカメラの前では行わなかったが、パーティなどで、全米優勝後に、行ったと、推察します。その女性を、公的な席に同伴して、ナオミ選手の目に留まる様にしたのです。きっとそうですよ。
 
 なおみ選手は、日本人のマナーを知っているし、繊細だから、サーシャ・ヴァジンコーチのこの種の行動に、ひどく傷ついていたと、思います。したがって、全米優勝後は、幸せではなかったでしょう。しかし、周囲(特に母親とか姉)からの助言があって、そこで、急にサーシャと、わかれることができなかったのでしょう。それで、もし全豪に、負けたら、コーチと切れたのが、失敗だったと、全世界の人が考えるはずだからです。
~~~~~~~~~~~~~~~~
 
*4)、『しかし、私のさらなる、思考をさらせば、・・・・・サーシャ・ヴァジン・コーチは、今、世間にさらしている、女性とは、結婚しないのではないかなあ?・・・・・と、思う。 あまりにも誇示的であり、それは、一種のカモフラージュの傾向があるからだ。となると、彼の真意は、なおみ選手とも結婚をしたくないし、その、今、連れ歩いている女性とも結婚をしたくないのではないか?
 
 彼は、優秀な女性たちを、相手にして、生活を送ってきた。コーチではない形で、生活を送ってきた。練習相手を務めるという形で。と、すると、いつも、いつも、優秀で、勝ち気な女性と接してきた事になる。すると、何となく、女性とは怖いのだなどという、気分を涵養しなかっただろうか? 誰が考えても、・・・・・愛弟子から、純愛をささげられたら、そこにほだされて、其れを、一応受け入れたらどうかな・・・・・という助言になると、思う。が、相当堅固な形で、大阪選手を拒否したと、思われるが、それは、もしかしたら、女性を好きではないという事の、表れなのではないかなあ?
 サーシャコーチは、白人としては、やさしい顔をしている。どこかで、アジア人の血か、トルコ人の血が入っているので、あれほどに、やさしい顔になるのかもしれないけれど、一方で、男性的な男性に好まれるタイプの、少年性を宿しているのかもしれない。
 私は腐女子という言葉を知っている。たぶん、ボーイズラブ(同性愛)を描いた漫画などを、好む女性を指すと思うが、私は、事実上漫画世代ではないので、腐女子の範疇には入らないが、
 大昔から、『あ、この二人は、同性愛の、関係にあるのではないかなあ』と、思う事はあった。
 昔、金沢文庫駅そばの、スーパーのイートインスぺースに入って家族四人で、ものを食べていたら、目の前の、30代後半と思しき、男性二人組が、ラーメンを一食分頼んで、分けて食べていたのだった。驚いた。特に男性性が強いと思われる方が先に食べて、残りを女性性が強いと思われる男性が、食べたので、本当に驚いた。貞淑な妻だって、こんな、公開の席で、こういう事をするかどうか、わからないというほどの、密着ぶりだった。
 で、服装なのだけれど、男性性が強い方が、ラフなジャンパースタイルだった。日曜日だから、サラリーマンでも、その手のスタイルで、外出するのはあり。で、女性性の強い方だと、思われる男性の方だけど、ダブルのスーツ姿なのだ。薄い色の青灰いろのウールのスーツ。安物ではなさそうだ。
 だから、二人は貧しいから、いっぱいのどんぶりのラーメンを頼んだと、いうわけではなさそうだ。そうではなくて、男性性の、強い方が半分食べた後の、少し冷めたスープをすすることに女性性の、強い男性の方が、楽しさを感じているのだと思う。驚いた。同性愛の、カップルの方が、愛情が濃くて、かつ愛情表現が、激しいと、思った。日本人で、公開の席で、此処までの仲良しぶりを見せつけるカップルはいないと、思うので。スーパー内のイートインスペースだから、特にそう感じた。
 
 私は、心理的な側面で、なおみ選手を育てた、サーシャコーチがあれほどに、孤児的に、自分には、別の恋人がいると、示すのが、不思議であり、そして、柔らかな、彼の顔つきとか、態度を見ると、そんな気がしてくる。
  
 しかし、この観測は、私が二人を好きであり、二人ともを、傷つけたくないと思って居るからさらした考察だ。
 だってサーシャコーチが、ナオミ選手の、告白は、されなかった、愛について、答えなかったのは、彼女が、背が高すぎるからとか、サーブが強烈すぎるからとか、肌の色が褐色だからなどと、想像するよりも、こっちの方がずっと楽しい創造だから騨。
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
コメント

海老蔵、豊洲で、講演する・・・・・・このニュースが、表す、真意は、二つあるが・・・・・+池江りか子の白血病

2019-02-17 04:52:22 | 政治

副題1、『海老蔵の顔が写っているファイルをNHKオンライン(ニュース 特に%%%%%罫線以下)からとって、此処に置こう。それにしても美男子、ざあますね』

 

「豊洲を中心に食を楽しめる文化を」海老蔵さんがエール

 私は、冒頭に、写真を置くことがあります。本文中に、用いたい写真でも、冒頭に置くことが多いのです。それは、どうしてかというと、中身が、暗いというか、重いケースが多いので、少しでも、明るくというか、軽くしたいと、言う思いがあるからです。しかし、たいていは、有名人の顔ではありません。肖像権とかが、問題になると、思うので、自分の猫の写真を使ったり、花の写真を使ったりします。また、自分が撮影した写真ではない場合は、必ず、出所を明記します。撮影者は、わからなくても、「どこそこ、テレビ局の、なんとかいう番組から、取り出した、静止画です」と、お断りをします。

 ところで、海老蔵の、顔写真は、最近、頻繁に、私の目に入ってきます。それは、私としては、『あのブログ(あと注1)を書いたからだろうなあ』と、思う点が、あるわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『歌舞伎美人(かぶきびと)と、読むウエブサイトを、今、写真に撮り、静止画として記録をして置いた。なぜかというと、読者の皆様に、私が、被害妄想人間であるとか誇大妄想狂であるとかいう誤解をされないが、ためである。また、後日、そういう、風評を、他者から、与えられないがための用心でもある』 

 一般の方はご存知がないかと、思いますが、歌舞伎通とか、歌舞伎ファンは、そこを覗くことが多いだろうと、言うサイトに、歌舞伎美人(カブキビトと、読む)というウエブサイトがあります。そこには、4部か、5部に分かれたサブサイトがあり、相当量の、歌舞伎に関する情報が載っています。

 そこに新着ニュースという、項目があり、もし、この豊洲での、講演が、私狙いでなかったら、そこに必ず、予定として載るはずなのです。というのも相当量の聴衆が参集したであろうし(ただし、共産党員の動員などのサクラであった可能性も強いが?????)小池都知事と、豊洲移転を最もよく推進した、禿頭で、ロンパリの何とか、委員長(または、何とか、組合長、または、なんとか協会長)が、右端にいたからです。相当大きな催しです。

 一方で、歌舞伎美人新着ニュース内に、その時点(=2月3日から、16日までの前後に載っていた「彦三郎が、スワローズ愛を語ります」などという、イベントは、小さいですよ。ニュースとしての範囲も出席者の、世間への、知名度も、低いです。ただし、それは、私が、「彦三郎を嫌いだ」とか、「彦三郎を低く見ている」というのとは、違いますよ。私は去年の、初夏の段階から、「彦三郎には、もっと、大きな役を与えたらいい」と、言って居ますが、それでか、どうか、秋の【阿古屋】では、立ち役の方の主役を担って居ます。いよいよ、舞台中央に立つ、役になってきているわけです。しかも、NHKの、【にっぽんの芸能】でも、突然に、彦三郎兄弟を主役にした、舞踊を放映しました。2月に入ってからでした。その舞踊ですが、撮影が、歌舞伎座等の、舞台ではなくて、NHKのスタジオで行われたので、私は、これも急遽企画をされたことですね。海老蔵の、源氏物語が、まずかったと、言っている私に、「あんたが、もっと、評価を高くすべきだと、常々言って居る、彦三郎を、NHKに出しますよ」と、急遽、鎌倉エージェントの、特に井上ひさし(まだ、実際には、生きていますよ)と、伊藤玄二郎が、決めて、彼らの言うなりに動く、NHKサイドが、スタジオで、二人の舞踊を収録したのです。手に取るように彼らの考えていることは、わかります。

 しかし、この海老蔵が豊洲で、講演をしますというイベントの予定が、歌舞伎美人というサイトに、一切載っていないという事は、これが、急遽企画をされたものであり、私のブログを受けて、其れを、婉曲に否定して置こうと、言う趣旨の、イベントで、あることを明瞭にするのです。したがって、私は今、大人気歌舞伎役者、海老蔵をも動かすし、小池都知事をも、豊洲市場全体をも動かす、大物なのですよ。(苦笑)

 自分で、それを、言っちゃあ、おしまいですが、それほど、大物だから、私をひっかけて、間違った方向での、文章を書かせるために、池江るり子さんに、仮病としての、白血病を発症させたのでした。

 読者の、皆様にとっては、損な判断は、突拍子もないことで、又、又、彼女は、嘘を言って居るとなるのでしょう。でもね、そういう突拍子もない、判断も、過去の経験と流れと、観察によって、生まれるのです。この池江さんの、事は、今は、まだ、書きません。何かを書くと、さらに新たなひっかけようニュースが作られるでしょうから、今は、仮病であるはずだと、だけ、言っておきましょう。それと、どこかで、池江さんは、仮病だったと、発表されるわけでもないのですよ。

 でもね、・・・・・此処で、こういうニュースが、NHKで、流れたから、それで、池江さんの、白血病が、嘘であることがわかった・・・・・という事を、東京オリンピックが終わったら、語り始めます。または、此処で、雪ノ下の住民が、こういう風に動いたから、池江さんの白血病は、仮病だと、わかったと、語り始めます。まさか、私のブログ文を否定するために、2月の、17日の午後、零時15分以降に、本物の白血病ウィルス(?)を植え付けないでしょうねえ。癌は、ウィルスでは、できないはずですよね。そこが、子宮頸がん嘘の、大きな、ぽいんとです。

 ただね。医師会も、伊藤玄二郎達に支配をされているので、信頼できません。だから、私は、とても、大変ですが、そこまでやると、本当に、悪魔、悪魔の集団です。

 だから、私が池江るり子さんを動かしているし、彼女を心配している、世界中の数億の人を動かしているとも言えます。

 私は後注1に置いた文章内で、決して、海老蔵個人をけなしているわけではないのですよ。そこでは、いつも通りに、鎌倉エージェントを批判しているのです。特に源氏物語内で、使われたオペラ風歌唱が、アイデアとして、鎌倉エージェント側から出ていると、見ているので、すこぶるつきに、政治的な、芝居となっていて、

 しかも、・・・・・大量の殺人事件を背後に持っている、鎌倉エージェントの、采配を受けると、物事が、うまくいかない・・・・・の典型であって、できのよくないお芝居でした。

 ところで、一般の読者の方は、後注をお読みになっても、『よくわからなかった。知らない名前が、ずんずん出て来るからなあ』と、お思いになったことでしょう。

 しかし、武部聡志は、ピンと来たはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『鶴岡八幡宮様が、午前10時に、・・・大太鼓の長時間打ち・・・をなさったので、・・・・・なるほどなあ。やはり、武部聡志という人間は、悪の権化たちの、ピエロというか、手先なのですね・・・・・と、再び納得をした次第だが、2018年の秋の、流鏑馬祭りの時に、八幡宮様がおとりになった措置は、八幡宮様の、ファンを、大いにがっかりさせたと、思う。今まで、其れを書いていないが、八幡宮様に申し上げておきたい。申し上げるというか、質問をしておきたい。2018年の秋の、流鏑馬祭りの際に、一般の観客に、いつもより、400メートル以上を歩かせたのは、だれからの教唆だったのですか?と。一般の観客に、は、歩きにくい側溝沿いの、狭い歩道を歩かせ、大回りをさせました。その上に、流鏑馬を見る場所に、滞留をさせないという、とんでもない失礼な措置をおとりになりました。そういう、措置をおとりになったが、誰の、勧めだったのですか?・・・・・と。ほんとうにひどいです。

 それは、どうしてかというと、このブログの、主題となっている豊洲での、海老蔵の、講演というニュースをNHKと、鎌倉エージェントが、急に企画をしたのは、源氏物語に使われた、西洋音楽が、多分モンテベルディ作曲のオペラであって、それは、2016年、ごろから、武部聡志が、選んで、伊藤玄二郎達に、提言した楽曲であろうと、言うポイントが、数か月前の、流鏑馬祭り時点でも、生きていたという事です。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私は、2018年10月3日に、日本イタリア修好150年記念オペラオルフェオについて、長い、長い文章を書いている。それは、ヒマラヤ山脈といってよいほど、画期的な、文章だったが、あまりにも差しさわりがあると、思って、非公開にしていた。しかし、一旦、パソコンで描けば、それは、ハッカーたちには、100%のレベルで、把握できることでもある。そこに描いたことの内、武部聡志に関する部分が、正しかったので、それ以外の、重要な部分も書かせないために、鶴岡八幡宮様に命じて、一般客の入場を、不便極まりないものとした、事が、推察された』

 池江りか子さんの白血病発症というニュースは、日本国民や、水泳に、興味を持っている世界中の人を、悲しませ、心配させました。しかし、私は、対、私向けに、そういうビッグな、嘘を作り出したと見ています。谷垣禎一さんにも、似た作業を施して、二年間も、一切の、情報を開示しなかったために、私は、谷垣さんは、死んでいると、言う、文章を、3回か、4回書いています。直そうと、思うのですが、時間がなくて、直しておりません。

 それと、似た様な、文章を書かせて、その直後、元気な、池江りか子さんが表れて、練習を再開し、「見事に金メダルを取りました」という、事に終われば、私の文章が間違って居たという事になるでしょう。それでね。そういう流れになれば、それは、谷垣禎一さんで、成功した、やり方の、柳の下のどじょうを、狙ったアイデアとなるわけです。しかし、私も馬鹿ではない。あまりに何回も、似たようなコンセプトで、攻撃をされているので、瞬時に方向転換をしています。

 この他者、・・・・・特に、本来は、伊藤玄二郎とも、私とも関係のない・・・・・・一般人・・・・・を巻き込んで、それで、カモフラージュをして、本当は、ただ、私一人をターゲットにして、苦しめるというコンセプトが、見事に池江さんの、白血病発症にもみられるからです。

 で、ここで、鶴岡八幡宮様の、2018年10月の」流鏑馬祭りの時の、一般観客いじめに戻りましょう。400メートルは、北鎌倉方面に向けて遠回りをさせて、しかも、本来なら、自由にそこに入って、見物をすることができる、流鏑馬道の南側のスペースにだれもいれないという形もまた、見事に、似ているのでした。一般人を巻き込んで、私と武部聡志、及び、鎌倉エージェントの、関係を、実際には、フォーカスしていく仕組み。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『2018年10月3日に書いて、一旦、ひっこめてしまった文章から、武部聡志に関する部分だけを取り出して、此処に書いて置こう・・・・・それは、特に、2019年2月17日の日曜日午前10時から、八幡宮様が、長い太鼓連打をなさったので、特に意味がある。私は、この章の準備を、早朝五時には、完了していた。しかし、その後、五時間も、中身を埋めることもなくて、放っておいた。したがって、脅かせば、書かないだろうと、判断をされて、例のごとく、表むきは、違う理由が発表をされているが、本当の理由は、ただ、私を脅かすだけの為に、打たれる、者だ。したがって、海老蔵、源氏物語、モンテベルディ、日本オペラ修好オペラ、武部聡志と、つながってきて、オペラの初演時が、もっとも、大きなメルクマールとなって来る。したがって、非公開の、文章を改めて、此処で、公開をしないといけない

 ここですが、私が、音楽に関する、ブログを度々書いたり、自分の住んでいる雪ノ下の山での、主婦の会話を、ほとんど内容がわかると、書いて居ることも、連動をしています。この山は、ギリシャの、円形劇場そっくりな地形を持っていますので、その舞台にあたる、安野家前で、執り行われていた、井戸端会議の、内容は、ほとんど正確に、知っています。それを、当該の、主婦である、安野智紗夫人と、前田清子さんは、信じることができず、その井戸端会議から、始まった、恐ろしい、アジサイ畑欺罔事案を、私が、神経質だから、起きている事案であって、自分達には、責任がないと、思ったり、他人に向かって主張をしたりしているでしょう。で、対、私に対しては、音が、非常に重要な攻撃弾丸と、して、使われていると、言う、10年以上の歳月が、あると、いう事を語らせていただかないと、いけないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『音による、攻撃用弾丸は、いくつも種類があるが、その一つが、鶴岡八幡宮様が音楽会を開くときに、早朝、9時から始まる・・・・・マイクの試験中です・・・・・という日本語と、びょよよーんという奇妙な音の連合した騒音だった。私は、其れを、長い間、鶴岡八幡宮の、神官が、やっているのだと、思って居たのだが、違って居て、武部聡志本人、もしくは、彼のオフィスで、雇われている人間が行って居たのだった。それが、初めて分かったのが、2016年、10月5日の、木曜日の、夕方だった。其れについて描いた、2018年10月3日に書いた初稿の、その部分を以下に置こう』

(引用部分だけは、アンダーラインを敷いておきます)

 2016年の秋の当時は、このオペラに関する情報は、どこかから、私の手に入った。どういうことかはわからないけれど、それが、週末に行われるという事は、知っていた。そして、迎えたのが、土日に行われる本番の、二日前の、木曜日。そして、特に大きな問題が起きたのは、その夕方五時台のことだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題(イ)、『本番は、土曜日である。土曜日の朝9時から、・・・・マイクの練習中です。ぽわーん。ぽわーん・・・・という音が聞こえてくるのなら、それは、仕方がない。いつものことだから。本当のマイクの練習なら、舞台開幕五時間前の、午後二時ごろから、マイクの試験をしてみて、何かが壊れているとしても、部品の調達ができると思うが、いつもは、私を苦しめるために、10時間は、前に、マイクの試験が大音量で始まるのだった。それだって、嘘がいっぱいの忌まわしさだが、

 なんと、この日は、48時間前に、試験が始まったのだった。これは、あまりにもひどいと思った。私は八幡宮様の、浅黄色の袴をつけた神官が行っていると、思ったので、やめさせられないまでも、せめて、また、理由を聞いてそこに、含有されている、矛盾点をブログに書くつもりで、山ノ下へ、出かけていった。

鶴舞音楽会の時も自動車会社(多分トヨタ・レクサスだったと思うが、)の支援を受けていて、それらの、テント等が、数棟は、あったが、今般の、物々しさといったら、各段の、差で、大きかった。NHKの中継車も、大型車両が、数台来ていた。

 私は流鏑馬道という、参道とは、直角に東西に走っている道路を、西門から入る。それが、自宅から、一番素直な、入り方となる。その流鏑馬道で、既に、大騒ぎの状態であった。普通だったら気圧されるかもしれない。しかし、私は例の、連中が、一種の弾圧の、為に、このオペラを、企画して、上演するのを、知っていたので、そうなると。彼らとは、対等になる。

 私の敵とは、NHK報道部の連中を入れたり、テレビ東京の、連中を数に入れたりすると、数千人に及ぶだろう。しかも、こちらは、たった一人で、戦っている。しかし、理不尽な動機と、理不尽な理由で、理不尽な、攻撃をされたら、防衛をするのは、人間の基本的な権利なのだ。そこを譲るわけには、行かない。たとえ相手が、吉田茂穂宮司様であっても、ひくわけにはいかない。平等で、対等なのだ。

 しかし、私も馬鹿ではない。大金をかけてあり、かつ、おおぜいのひとが携わっている。だから、オペラを、中止しなさいなどと、言うはずもない。

 だから、ただ、ただ、一つの目的で、出かけた。つまり、「土曜日の本番の、48時間も前に、マイクの練習や、試験をするのは、おかしいでしょう。その必要がないでしょう。なにをかんがえているのですか?」と、いう事を言いに行ったのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題(ロ)、『犬も歩けば棒にあたるという。その日山の下へ降りていって、音源に接したことは、非常に良いことだった。ミキシング装置を扱っているのが浅黄色の袴の神官ではないことをも知ったし、

 何よりも、その音源をつかさどる人間の、悪意に満ちた表情と、私の、言う事を一切聞かない態度から、類推して、彼が、武部聡志本人だと、確信をしたし、

 その、他人からの常識いっぱいの、質問に、応じない態度とか、いう事を聞かない、態度というのは、その一年半後に示された石春産業の、工事人たちの態度と、通底するので、裏で、伊藤玄二郎が、控えていて、あれこれを、命令教唆していることは明々白々だったし・・・・・・』

 ともかく、音源は、おお石段の、下右側の、テント内にありました。そのテントが、武部側が持ち込んだものか、八幡宮様側が貸与したものかは、知りませんが、そこは、お正月などの、大きな行事のある時は、一種の出張社務所と、して設定がなされる場所で、神官が、一般の、お客たちに対応をするところです。ですから、鶴岡八幡宮様にとっては、枢要な場所の一つです。ぼんぼりまつりでも、県知事と、市長の雪洞がたつ場所です。

 そんな場所にミキさーしつがあるなんて私は,ひどく驚きました。歌舞伎座にしろ、宝塚劇場にしろ、シアターコクーンにしろ、ミキサー室なんて、お客さんの目には、触れない処にあるものです。私は事前には、社務所内の、一か所を、使わせてもらっているのだろうと、推察していたので、実情の差には、ひどく驚きました。

 最初は、NHKの中継車が、何台も来ていたので、そちらかと思って、そう質問をすると、違うと答えます。もし、NHKが、あれほどの、非常識な時間帯に、かつ、あれほどの、非常識な音量で、忌まわしい、ぷわーん、ぷわーんという音を流したのだと仮定をすると、私は質問攻めにしないといけませんし、このブログでも、その非常識さを、また、対応の傲慢ぶりを問題としないといけないのです。

 NHKとは、エリートの集団ですよ。しかし、その運営は、一応税金に等しい視聴料で、なされています。だから、お客様は、神様なので、もっと、丁寧にかつ紳士的に対応をしないといけないのです。

 しかし、驚くべき傲慢ぶりでした。信じがたい威張り様でした。で、二年後の、今では、あれは、武部聡志であり、それ以前に、行われた何回(11回を数えた)かの、鶴舞音楽祭において、鶴岡八幡宮様と、懇意になり、それをバックにして、私を軽蔑しきっているのだと、考えました。

 今では、それにプラスして、私が誰であるかを事前に、知っていたと、考えます。そして、私に関する悪口を石塚さんからか、または、伊藤玄二郎からか、聞いていると、推察しています。どういう話が出たのかは知りませんが、それを、うのみにして、私を虫けら以下に扱いました。彼が言うには、「気象状態とかで、音声が変わるので、二日前からチェックしている」そうです。「気圧や、湿度が問題なのだ」そうです。ただし、二日前だからこそ、当日とは、気象状態が、変わるので、別に試験放送をする必要はないと、私の方は、思いますけれどね。ただ、ただ、そういう答えを出す様に、命令をされていたのでしょう。それを聞いたときに、私はその案を出してのが、井上ひさしだったら、ああ、例のごとく、瑕疵満々の理由付けですねと、思うわけです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『副題6は、武部聡志について描いている部分である。2018年10月3日の初稿では、その前に、鎌倉エージェントのやり方について、相当な説明を加えている。特に、武部聡志と、石塚雅彦さんが、麻布中学高校の同窓なので、そのラインについて、初めて気が付いたことを述べている。これは、そうとうに、

込み入っていることなので、上とは、逆順の副題付で、で、ここに、置いておく。そんな古いことをと、読者の皆様が、おっしゃるかも知れないけれど、鎌倉エージェントの、思考経路を追うためには、絶対に必要な事なのだ。特に、2019年2月19日という本日に鶴岡八幡宮様が、長い太鼓連打を、午前10時に行われたので、さらに、必要事項となって来る。ここらあたりは、最高難度に、類するところなので、一般の読者様にとっては、何のことやらと、思われる可能性があるが、書いて置かないと、いけない。特に、5かげ前に、其れを、すでに書いていて、相手は、そこまで、私が知っていることを、踏まえて、攻撃をしてきているからだ。ところで、下は引用なのですが、此処とは違って、アンダーラインを敷きません。

 

副題γ、『石塚雅彦さんと、武部聡志の関係をおさらいしておこう。昨夜、我が家で、停電が起きたからですよ』

 

 鶴岡八幡宮が大音量を上げるという仕組みで、私の敵さんたちの言うなりで、あられたと、言う話は、何度もしていると思います。今朝(2018年10月3日)も、10時に35回の長い太鼓・連打がありました。昨夜は、二度に分けて、我が家近辺だけ停電もしました。まあ、それはですね。北海道の停電の、そのほかの地域の停電も、直そうと思えば直るのですが、国民をいじめるために行っているのです。JR東日本が夜の8時に、電車を、止めてしまったのも、それが、日曜日だったから、まだ、救いがあるのですが・・・・・それも停電と同じ趣旨で、行われる庶民いじめです。というか、私をいじめるために、停電とか、電車の遅延が起こされるのですが、私が、非常に重要な進歩を、このブログの世界で、遂げた時には、急に、フォローというかリメイクの、事案が、起こされるのです。それが、今度は、大衆的規模で、起こされます。夜の八時に電車が、止まってしまったのは、私に対して、過去に何度も行われてきた、電車を遅延させて困らせちゃれーというのが、一般的な問題だと、していって、悪人が、逃げようとしていることの一つの、表れです。

 

 北海道の停電が、意図的、かつ政治的であることを隠す、または、薄めていくための諸業でしょう。昨夜の我が家近辺の停電は、ご近所、15軒で、誰も起きていない、午前二時からでしたし、鎌倉のほかの地域は、何でもなかったので、証言者がいないので、書かないで置こうかと思っているぐらいですが、

 

 これはですね。過去の文章が、彼らにとって、恐ろしいものであって、それを消したいから、復讐としていじめられているのか? 

 

 それともこれから書くであろう文章が、書かれると、困る類の文章なので、脅かしを受けたのか、の二つに一つですね。

 

 まあ、前者だと、すると、安倍総理大臣って、批判をすると、個人に向けて、その敵側を支援するだけではなくて、私の方には、停電という措置で、直接に、復讐をなさるという事となります。恐ろしい総理大臣です。江戸時代より古いです。平清盛よりもふるいたいぷかも

 

 後者だと、すると、いよいよ、日伊修好150年記念オペらに、言及すると、みなされていて、それを、書かせないぞと、脅かされているという事となります。そこに、最高ランクの秘密を内包するヒマラヤ山脈があるからです。それは、三井物産に関するものですが・・・・・・

 武部聡志という人物は、最近では、ももいろクローヴァーを、ヒットさせた人らしいのです。20年ぐらい前は、一青窈です。この人が、異様なマイクの音を午前9時ごろから発生をさせるのですが、それは、伊藤玄二郎と親しいからだと、ながらくおもっていたのですが、最近では、どうも違うぞと、なったのです。特に、この、2018年9月の末に、グーグル検索をして、麻布高校の出身だと、わかったからです。

 

 麻布高校とは、それほど、大人数を募集しないと思います。それで、卒業生の中で、目立つ人はお互いに、知り合っているでしょう。武部聡志は、国立音大の、人脈をも使おうと、思っているでしょうが、そちらは、どうしても、ライバル化しやすい関係です。音楽業界のパイは、美術業界よりも大きいでしょうが、それでも、限界がある中で、お金を奪い合う関係ですからね。で、麻布高校関係の、人脈をも頼ったと、推察しています。

 

 武部聡志と、石塚雅彦さんとの、年齢差は、15歳ぐらいでしょう。これは、「頼りにします。お兄様」という関係が成立します。で、その石塚雅彦さんが、堤義明氏の、いとこだと、推察されるのです。石塚さんは、昔から、自信がある人で、長という立場を、請け負う事が多かったのです。国際基督教大学の同窓会長など、30年以上の長期にわたって務めていますし、麻布高校の同窓会長も、務めたのではないですか? 身の回り品も、豪華です。アタッシュケースにしろ、帽子にしろ、一流のものを身に着けている人です。もしかすると、すべて、欧米製です。

 

 で、竹部聡志が、昔から胸襟を開いて、付き合ってきた存在=石塚雅彦さんが、頼んでくることだったら、それが、異様な事であっても、請け負うのが、高校の先輩後輩の間柄なら、ありうる形です。しかも石塚雅彦さんは、日経新聞の論説委員であって、かつ、外人記者クラブの、理事長をしていたころに、武部聡志は、石塚さんと、知り合ったでしょうから、輝かしい先輩として、目に映ったと、思います。

 

 しかし、2016年10月に、鶴岡八幡宮で、オペラ【オルフェオ】の公演があるころまで、私は、そういう仕組みについては、わからず、ただ、ただ、あの浅黄色の袴をはいた、鶴岡八幡宮の、神官(中でも、若手で、電気系統に、詳しい人間)が、それを、やっているのだと、思いこんでおりました。

 

 ところで、また、長い太鼓に戻ります。本日、2018年10月3日の午前10時の長い太鼓は、その神官が打ったと、思っております。最近、私の方が警察が請け負って軽トラックに、乗せたそれをたたいていると、書いているので、本日だけは、元へ戻して、八幡宮様が、本殿左側、縁先で、打たれたと、思いますけれど・・・・・しかし、マイクの異常音については、八幡宮様は、あまり関係がなかったと、言わないといけませんね。いってに、武部聡志の、問題だったのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

副題ε、『オペラ【オルフェオ】に、武部聡志が、どの程度、関係をしていたかを、私は知らない。しかし、一昨日、グーグル検索を見て、イタリア日本修好150年という項目で、検索をしてみても、10頁目にやっと、NHKBSプレミアムで、11月16日深夜、放映があるという予告頁が、やっと、みつかったほど、すくなかった。しかも、それしか見つからなかった。

 

 本日10月3月日は、オペラオルフェオという項目で、ググったところ、10頁ないで、三つだけ見つかって、それからポスターが手に入ったので、下に置きます。

 

  将来は、情報開示が復活する可能性はあるが、その日、これほど、少なかったのには、理由がある。私が平原綾香が【カタリ】のリメイクをした年(=2010年)に、竹部聡志が、比重に少なかった様に、私が調べようとすると、調べさせないでおこうという意思が裏で働くのだった。それは、このオペラ【オルフェオ】に、大きな政治的意味があることを示している。それは、特にYH君について、私が、ふれることを避けようとする、CIA軍団、特に成岡康司君の意思が、裏で、働いていると、いう事を指し示す。それを徐々に語っていくが、今のところ、まだ、前段階の、武部聡志に、こだわっておきたい。

 

 実は誰が、この企画をねったかどうかは、わからないが、武部聡志が、ある部分を担って、いたとも推察されるのだった。特に、音によって、私を苦しめてやれと、言う攻撃策の、音の面だけに限れば、・・・・・鶴舞ongakukaide、何度も同じことをやってきたうえで、最終的な仕上げとして、これが、実行をされた・・・・・とも思えるのだった。

 

 今までの、鶴舞音楽会も、耳目を集め、インターネット経由の申込と、抽選の結果、手に入る、無料の、入場券は、鎌倉エージェントお気に入りの人間だけを、入場させ、【カタリ】を、20年以上にわたる愛唱歌としてきた、私を入場させてやらないぞという、いじめ策の、代表例なのだけれど、このオペラオルフェオの方は、もっと、厳しい条件で、入場制限が加えられた。どういうことかというと、現在日本で、裕福であり、上流階級であり、いっぱしの、人間である人にしか、招待状が届かないという形での、入場制限だった。

 

 本日初めて入場料を、理解したが、S席20000円、A席10000円だった。しかし、入場切符は、後で述べる支援企業に、行き渡り、支援企業がおとくいさまをご招待するのであろうから、鶴岡八幡宮での公演については、一般の人には、ほどんと、手に入らない切符になると思う。東京芸術劇場での、公演の方は、知らないが・・・・・

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あまりに込み入った経路なので、説明が、この一章だけで、できているかが、わからないのですが、ともかく、池江りか子さんの白血病は、たぶん、嘘であり、それは、むろんの事、伊藤玄二郎と、今だ、生きている井上ひさしが、発想をしたことであり、それは、海老蔵が豊洲で、講演をしたことでも証明をされると、言うのが、この文章の結論なのです。そして、それは、本日の総タイトルの、一本目の事です。

 二本目、つまり、最近、よく言って居るブロックB風な、書き方は、上等な、友人が、又、引っ剥がされて裏切ってきたことです。その、人が最近、ずっと、個人メールをくれるので、そこに、海老蔵の、源氏物語は、失敗だったと、書いたのです。彼女には、私とは別の友人が居て、そちらの方の人が、私が、大好きな、中村梅枝という女形を好きだと、いうものですから、すっかり気を許したのです。

 しかし、安藤てる子さんで、凝りている私は、こちらの方にも、4年ぐらい前から、相当に、用心は、していたのですが、デートに、誘ってきたので、・・・・・・ウーム、この先は、本日は、書かないで、置かせてくださいませ。上のところまでだって、相当に、複雑ですが、こちらの複雑さと、言ったらないし、いろいろな、エピソードへ、波及していくはずなので、書くのに、長時間が、必要なのです。

 今から、歌舞伎座へ行きます。五階の、レクチュアーを、聞きに行きますので。いやなことをいっぱい降り注がれていますので、時々は、シャワーを浴びないと。精神の洗浄用、シャワーです。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた、延べ訪問回数は、5169274です。

後注1、

源氏物語・18-7版・に出て来る歌手は、シャロン・スイートの弟子? もし源氏物語内で彼が歌ったのが、モンテベルディ作だったら、海老蔵はCIAに汚染をされた事になるが?      2019-02-03 23:12:23 | 歌舞伎 

%%%%%%%%%%%%%%%%%5

「豊洲を中心に食を楽しめる文化を」海老蔵さんがエール

旧築地市場から移転した東京 江東区の豊洲市場で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが魚河岸と歌舞伎をテーマにトークショーを行い、「豊洲を中心に食を楽しめる文化が続いてほしい」とエールを送りました。

続きを読む

この催しは、歌舞伎が江戸時代に旧築地市場の前身となる東京 日本橋の魚河岸で働いていた人たちに親しまれるなど、ゆかりが深いことから、東京都が歌舞伎俳優の市川海老蔵さんを招いて開きました。

この中で、海老蔵さんは、歌舞伎の十八番「助六由縁江戸桜」という演目で代々の市川團十郎家の俳優が主演を演じる際、市場の業者でつくる魚河岸会から舞台で使う鉢巻きなどを贈られてきたことに触れ、感謝のことばを述べました。

そして、東京 銀座の歌舞伎座が建て替えられてきた歴史を例に挙げ、「歌舞伎座も前のよさ、今のよさがあるように、築地市場も豊洲市場も長所と短所がある。ただ、豊洲で腰を据えてやると決めた以上は、すべての人が豊洲を中心に食を楽しめる文化が100年、200年と続いてほしい」とエールを送りました。

豊洲市場では、来月までの毎週土曜日、市場に入荷した生鮮食品を購入したり、市場の食材を使った料理を楽しんだりできるイベントが開かれます。

科学・文化ニュース一覧へ戻る

コメント

スマホ破産という他人の記事をコピペしたら、あっという間に、その記事は消え、しかも、コピペ後の文章が文字化けをした。

2019-02-15 21:26:49 | 政治

縲娠ay遐エ逕」縺ォ縺疲ウィ諢擾シ・シ√€台セソ蛻ゥ縺ェ繧ケ繝槭・豎コ貂医〒縺吶′窶ヲ縺昴l譛ャ蠖薙↓縺翫ヨ繧ッ縺ェ縺ョ・� 遲・€・′諤昴≧4縺、縺ョ豕ィ諢冗せ

 
 
闕サ蜴� 蜊壼ュ�
2019/02/15 12:00

雋キ縺・ココ繧ょ」イ繧倶ココ繧ゅ€後せ繝槭・豎コ貂医€阪・譎ゆサ」

繧ケ繝槭・豎コ貂域凾莉」 ツゥ IID, INC. 謠蝉セ� 繧ケ繝槭・豎コ貂域凾莉」

2018蟷エ12譛�4譌・縺ォ縲√せ繝槭・縺ァ謾ッ謇輔>繧偵☆繧九し繝シ繝薙せ縺ョ縲訓ayPay縲阪′縲∫キ城。�100蜆・・蛻・・繧ュ繝」繝・す繝・繝舌ャ繧ッ繧偵☆繧九く繝」繝ウ繝壹・繝ウ繧貞ア暮幕縺励€∝ョカ髮サ驥剰イゥ蠎励・蜑阪↓髟キ陋・・蛻励′縺ァ縺阪∪縺励◆縲�

雋キ縺・黄繧偵€訓ayPay縲阪〒謾ッ謇輔≧縺ィ縲∵髪謇暮。阪・20・・′繝懊・繝翫せ驍・・縺輔l繧九・縺ィ縲�40蝗槭↓1蝗槭・遒コ邇・〒蜈ィ鬘阪′繝懊・繝翫せ縺ァ驍・・縺輔l繧九く繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺御スオ險ュ縺輔l縺溘b縺ョ縺ァ縲√ン繝・け繧ォ繝。繝ゥ縺ェ縺ゥ縺ッ縲∬・遉セ縺ョ8・・d蜈・く繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺ィ蜷医o縺帙※28・・b驍・・縺輔l縺セ縺励◆縲�

邨先棡縲∝茜逕ィ閠・′谿コ蛻ー縺励€�3譛域忰縺セ縺ァ莠亥ョ壹&繧後※縺・◆縺薙・繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺ッ縲√o縺壹°10譌・縺ァ荳企剞縺ョ100蜆・・縺ォ蛻ー驕斐@縺ヲ邨ゆコ�縺励∪縺励◆縲�

縲�100蜆・・縺ゅ£縺。繧・≧繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縲阪・隨ャ2蠑セ縺後€�2譛�12譌・縺九i繧ケ繧ソ繝シ繝医@縺ヲ縺・∪縺吶€�

莉雁屓縺ョ逶ョ邇峨b謾ッ謇穂サ」驥代・譛€螟ァ20・・r驍・・

1蝗槭・雋キ縺・黄縺斐→縺ョ驍・・鬘阪・荳企剞縺後€∝燕蝗槭・5荳・・縺九i1,000蜀・↓蠑輔″荳九£繧峨l縲√&繧峨↓菴ソ縺」縺溷・鬘榊・縺梧綾繧九€後d縺溘i蠖薙◆繧九¥縺倥€阪b譛€螟ァ1,000蜀・∪縺ァ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺・k縺ョ縺ァ縲∝燕蝗槭・繧医≧縺ェ豢セ謇九&縺ォ縺ッ谺縺代k繧医≧縺ァ縺吶€�

縺溘□縲∝燕蝗槭・繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺ァ縲∝茜逕ィ縺励h縺・→繧ケ繝槭・縺ォ繧「繝励Μ繧偵ム繧ヲ繝ウ繝ュ繝シ繝峨@縺滉ココ繧ょ、壹¥縲√∪縺溘€�蠎怜・繧�3蟷エ髢捺焔謨ー譁吶′辟。譁�縺ィ縺・≧縺薙→縺ァ縲∝叙繧頑桶縺・r蟋九a繧九→縺薙m縺後°縺ェ繧雁「励∴縺ヲ縺・k繧医≧縺ァ縺吶€�

繧ケ繝槭・豎コ貂医・縲∫卆闃ア郢壻ケア縲€縲継ay縲阪′縺ゥ繧薙←繧灘「励∴縺ヲ縺・k

隧ア鬘後・繧ケ繝槭・豎コ貂医〒縺吶′縲√€訓ayPay縲阪・縺サ縺九↓繧ゅ◆縺上&繧薙・繧ゅ・縺後≠縺」縺ヲ縲∵怙霑代・縲�

繝サ 繝峨さ繝「

繝サ au

繝サ Amazon

繝サ 繧サ繝悶Φ繧、繝ャ繝悶Φ

繝サ 繝ュ繝シ繧ス繝ウ

繝サ 繝輔い繝溘Μ繝シ繝槭・繝�

繝サ 繝。繝ォ繧ォ繝ェ

繝サ 縺ソ縺壹⊇驫€陦�

繝サ 蛹鈴匣驫€陦�

縺ェ縺ゥ繧ゆケ励j蜃コ縺励※縺・∪縺吶€�

繧ウ繧ォ繝サ繧ウ繝シ繝ゥ縺ァ縺ッ縲∬・蜍戊イゥ螢イ讖溘→騾」謳コ縺励◆繧ケ繝槭・豎コ貂医b蜃コ縺励※縺・∪縺吶€�

繧ケ繝槭・豎コ貂医・縲∫┌譁吶い繝励Μ繧偵ム繧ヲ繝ウ繝ュ繝シ繝峨@縲√◎繧後r菴ソ縺」縺ヲ謾ッ謇輔>繧偵@縺セ縺吶€�

繧ッ繝ャ繧ク繝・ヨ繧ォ繝シ繝峨・繧医≧縺ェ繧オ繧、繝ウ縺悟ソ・ヲ√↑縺上€∫樟驥代・繧医≧縺ォ蟆鷹。阪・謾ッ謇輔>縺ァ縺溘¥縺輔s縺ョ驥」繧企姦縺ョ遑ャ雋ィ縺梧綾縺」縺ヲ縺阪※雋。蟶・′驥阪¥縺ェ繧�縺ィ縺・≧縺薙→繧ゅ≠繧翫∪縺帙s縲�

縺ァ縺吶°繧峨€∵ー苓サス縺ォ菴ソ縺医k縺薙→縺ァ闍・縺・婿繧剃クュ蠢・↓蠎・′縺」縺ヲ縺・∪縺吶€�

縺九↑繧翫・遞ョ鬘槭′蜃コ縺ヲ縺阪※縺・∪縺�

繝サ PayPay

繝サ LINE pay

繝サ OrigamiPay

繝サ 讌ス螟ゥ繝壹う

pay縺悟「玲ョ� ツゥ IID, INC. 謠蝉セ� pay縺悟「玲ョ�

謾ッ謇輔>譁ケ豕�

蜑阪b縺」縺ヲ繝√Ε繝シ繧ク縺励◆荳ュ縺九i謇輔≧窶ヲ 蜑肴鴛縺・婿蠑�

繧「繝励Μ縺ォ逋サ骭イ縺励◆繧ッ繝ャ繧ク繝・ヨ繧ォ繝シ繝峨〒謇輔≧窶ヲ 蠕梧鴛縺・婿蠑�

菴ソ縺」縺溘◎縺ョ蝣エ縺ァ驫€陦悟哨蠎ァ縺九i縺企≡縺悟シ輔″關ス縺ィ縺輔l繧銀€ヲ 蜊ウ譎よ鴛縺・婿蠑�

繝サ 縲訓ayPay縲阪・蜑肴鴛縺・婿蠑上°蠕梧鴛縺・婿蠑�

繝サ 縲鍬INE pay縲阪・蜑肴鴛縺・婿蠑�

繝サ 縲薫rigamiPay縲阪・蠕梧鴛縺・婿蠑上°蜊ウ譎よ鴛縺�

繧「繝励Μ縺後ム繧ヲ繝ウ繝ュ繝シ繝峨@縺溘i縲∽シ夊ィ医・髫帙↓蠎励↓縺ゅkQR繧ウ繝シ繝峨r繧ケ繝槭・縺ァ隱ュ縺ソ霎シ繧薙〒謾ッ謇輔≧縺九€√せ繝槭・繧「繝励Μ縺ォ縺ゅk繧ウ繝シ繝峨r蠎励′隱ュ縺ソ霎シ繧€縺九・2騾壹j縺ァ謾ッ謇輔>縺セ縺吶€�

縺ゥ縺。繧峨b邁。蜊倥〒縲∽スソ縺・・繧後◆莠コ縺ッ縲∬イ。蟶・°繧臥樟驥代r蜃コ縺吶%縺ィ縺ョ縺サ縺・′髱「蛟偵□縺ィ繧りィ€縺・∪縺吶€�

繧ケ繝槭・豎コ貂医€�4縺、縺ョ豕ィ諢冗せ縲�

萓ソ蛻ゥ縺ェ繧ケ繝槭・豎コ貂医〒縺吶′縲√ョ繝。繝ェ繝・ヨ縺ッ縺ェ縺・・縺ァ縺励g縺・°縲�

繧ケ繝槭・豎コ貂医〒縺ョ繝・Γ繝ェ繝・ヨ繧ゅ@縺上・豕ィ諢冗せ縺ッ縲∽クサ縺ォ4縺、縺ゅj縺セ縺吶€�

1. 繧ュ繝」繝・す繝・繝舌ャ繧ッ繝昴う繝ウ繝医d繝√Ε繝シ繧ク縺励◆迴セ驥代↓縺ゅk縲御スソ逕ィ譛滄剞縲�

萓九∴縺ー縲訓ayPay縲阪〒隕九k縺ィ縲√○縺」縺九¥繧ュ繝」繝・す繝・繝舌ャ繧ッ繝昴う繝ウ繝医r雋ッ繧√※繧ゅ€�譛€蠕後・菴ソ逕ィ縺九i2蟷エ縺檎オ碁℃縺励※縺励∪縺・→縲√く繝」繝・す繝・繝舌ャ繧ッ繝昴う繝ウ繝医・豸医∴縺ヲ縺励∪縺・∪縺�縲�

繧ュ繝」繝・す繝・繝舌ャ繧ッ繝昴う繝ウ繝医□縺代〒縺ェ縺上€∽セ九∴縺ー1,000蜀・r繝√Ε繝シ繧ク縺励◆縺ィ縺励※繧ゅ€�2蟷エ菴ソ繧上↑縺・→縺昴・1,000蜀・・豸域サ・@縺ヲ縺励∪縺・∪縺吶€�

縺セ縺縲∽スソ縺医↑縺・コ励b螟壹¥縺ゅj縺セ縺吶€�

縺ェ繧九∋縺丞、壹¥縺ョ蠎励〒菴ソ縺医k繧ゅ・繧帝∈縺ウ縲∵カ亥、ア縺輔○縺ェ縺・h縺・↓縺励↑縺上※縺ッ縺ェ繧翫∪縺帙s縲�

2. 邁。蜊倥↓豎コ貂医〒縺阪k縺縺代↓縲√▽縺・▽縺・スソ縺・℃縺弱※縺励∪縺�

縺セ縺溘€√&縺セ縺悶∪縺ェ縲訓ay縲阪′蜃コ縺ヲ縺・∪縺吶′縲∬、・焚菴ソ縺・→縺阪↓縺ッ縲√◎繧後◇繧後・邂。逅・r縺励▲縺九j縺励↑縺・→縲�縺・▽縺ョ縺セ縺ォ縺九≠縺」縺。縺ァ繧ゅ%縺」縺。縺ァ繧ょ・雋サ縺励※縺・k縺ィ縺・≧縺薙→縺ォ縺ェ繧翫°縺ュ縺セ縺帙s縲�

3. 繝√Ε繝シ繧ク縺励◆縺企≡繧貞・縺ウ迴セ驥代↓謌サ縺吶%縺ィ縺後〒縺阪↑縺・%縺ィ縺悟、壹>

繝√Ε繝シ繧ク縺ッ縺ァ縺阪※繧ら樟驥代・繧ゅi縺医∪縺帙s ツゥ IID, INC. 謠蝉セ� 繝√Ε繝シ繧ク縺ッ縺ァ縺阪※繧ら樟驥代・繧ゅi縺医∪縺帙s

謌サ縺吶%縺ィ縺後〒縺阪※繧ゅ€∵焔謨ー譁吶′縺九°縺」縺溘j縺励∪縺吶°繧峨€∵ウィ諢上′蠢・ヲ√〒縺吶€�

谿九▲縺ヲ縺・k遶ッ謨ー縺ョ縺企≡繧偵″縺」縺。繧贋スソ縺・・繧九→縺・≧縺ョ縺ッ髮」縺励>縺ョ縺ァ縲∝、壼ー代・鬘阪′谿九▲縺ヲ縺・k縺ィ縲√∪縺溘メ繝」繝シ繧ク縺励※縺励∪縺・€∬イキ縺・黄縺悟「励∴繧句庄閭ス諤ァ縺後€�

4. 陦晏虚雋キ縺・′蠅励∴縲∬ィ育判諤ァ縺後↑縺上↑繧翫d縺吶>

雋。蟶・↓1,000蜀・@縺句・縺」縺ヲ縺・↑縺代l縺ー縲√◎縺ョ1,000蜀・〒菴輔r雋キ縺翫≧縺狗悄蜑」縺ォ閠・∴繧九〒縺励g縺・′縲√◎縺・@縺溘%縺ィ繧定€・∴縺ェ縺上※繧りイキ縺・黄縺後〒縺阪∪縺吶€�

縲訓ayPay縲阪□縺代〒縺ェ縺上€√>縺セ蜷・、セ縺後€後♀繝医け縲阪r繧「繝斐・繝ォ縺吶k繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ繧偵@縺ヲ縺・∪縺吶€�

縺代l縺ゥ縲√%縺・@縺溘ョ繝。繝ェ繝・ヨ繧り€・∴縺壹↓繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺ォ縺、繧峨l縺ヲ繧「繝励Μ繧偵ム繧ヲ繝ウ繝ュ繝シ繝峨@縺セ縺上k縺ィ縲∝セ後〒蠕梧t縺吶k縺薙→縺ォ縺ェ繧九°繧ゅ€�

萓ソ蛻ゥ縺ェ繧ケ繝槭・豎コ貂医〒縺吶′縲√€後#蛻ゥ逕ィ縺ッ險育判逧・↓・√€搾シ亥濤遲・€・シ夊砂蜴� 蜊壼ュ撰シ�

コメント

なおみ選手は、サーシャコーチに恋をした。しかし、コーチはその愛を受け入れなかった。結果、なおみ選手は、一緒にいる事を苦痛に感じ始めて

2019-02-13 22:51:09 | 政治

 私は、2019年2月12日に発表をされた二つの、大きなニュースのうち、本当は、大阪なおみ選手と、コーチの離別について、書きたかったのです。

 しかし、虫が知らせたのだと、思います。池江りか子選手の、白血病罹患の、ニュースの方に、『裏に毒針が仕込んであるぞ』という感じで、潜在意識の中で、ひどく引っかかったのでした。で、2019年2月13日の昼間は、多大な時間と、エネルギーをそっちに割いてしまいました。時間の配分は、大きく、間違えました。池江選手については、その日では、一切触れない方が、正解でした。

 しかし、後注1に書いたことが間違っていたとは、思いませんし、それ以降の、いわゆる、私固有の、ブロックBとしての、解釈については、前報(後注2)を、後日、完成させるつもりです。いろいろな、他のニュースとの兼ね合いで、判って来るでしょう。または、雪ノ下の住民、もしくは銀座の住民の、態度で、判って来るでしょう。

副題1、『大阪なおみ選手は、ひそかに、コーチに恋をした。しかし、それが、2018年の秋には、既に、終わっていたのだろう。または、他の女性に、コーチを取られたと、考えたか、または、その女性に、敗れたと、考えていたのだろう。どんどん、暗くなって行っていた』

 パリバオープン優勝時の大阪選手ノ、パリバスピーチはとてもかわいらしくて、世界中から、愛され始めました。あの純真さは、ひそかに、コーチに恋をしていたから出て来たものだったでしょう。そう、私は思います。

 そして、その後の、記者会見でも、彼女は、弾む様に話し、ウィットに富んでいて、大勢のファンから、愛され始めました。日本人に限らず、ファンをこしらえ始めました。

 その傾向は、全米優勝の後の、ひととき、表彰式が始まる前に、蓋つきのトロフィーのふたを開けてみた、様子の、動画の投稿を見ても、まだ、健在だったのです。

 しかし、優勝の次の日、ロックフェラーセンターで行われたと、聞いているドレス姿の記者会見の時に、表情が暗かったのです。ドレス姿自体は、美しかったですよ。川久保玲だと、聞いていますが、真っ白なワンピースでした。後にファッショニスタと、呼ばれる彼女の面目躍如です。

 その時のくらい表情は、サーシャコーチが、恋人(フィアンセと、言ってもよいほどの、深い仲であるらしい。しかし、直美選手の求愛を拒否する目的で、納得して、恋人役を引き受けている存在かもしれない)を、帯同して、祝賀パーティに現れたなどで、傷ついたせいでしょう。

 直美選手は賢いので、サーシャコーチに、いわゆる告白は、していないと、思いますよ。だから、サーシャコーチが、それをわからなかったと、言う事は、ないと、思います。お互いに、よくわかって居た。言わず語らずの、うちにわかって居た。

 ただ、彼は、選手とコーチは、映画女優と、マネージャーとの関係に似ていると考え、昔から、よく言われて来た「商品に手を出すな」を、守って来ただけかもしれないのです。それに、恋は、ひと時で、結婚生活は、長期間です。

 50代とか60代になった時に、なおみ選手が、自分の過去の戦歴を、軽蔑するかもしれないと、言う予想をたてたかもしれないではないですか?

~~~~~~~~~~~~~~

 これから先、しばらく難しい、状況が続くなおみさんですが、誰かが、何かを、すれば、彼女の機嫌が治るというわけでもないと、思いますよ。小手先で、何かをしても、どうしようもないです。

  私はね。この経験から、大阪なおみ選手が、ふてぶてしさとか、居直りとか、言う部分を、涵養したり、身に着けたりしないで、乗り越えてくれることを願いますが、これもまた、好事魔が多しの、一例だと、思います。

 伊達、公子さん二、しばらく、コーチを引き受けてもらったら、いいのではないかなあ。女性として、経験がより多い、彼女なら、いろいろ、適切なアドバイスをして差し上げられると、思いますが・・・・・

 なお、この一文は、本当は、13日の深夜に公開を始めていますが、次の日の早朝に、公開をし始めたことに変更をさせてくださいませ。

 後刻推敲をします。その後、署名を入れます。

 

 

後注1

池江りか子、白血病・罹患・・・その原因は?・・・消費税8%はとんでもないという見込みが、出たので、これは、鎌倉陣営だけではなくて、永田町に向けても、下った、天の叱責だ       2019-02-13 10:00:33 | 政治

後注2

池江選手の、白血病って、ひっかけである可能性が出て来た。谷垣禎一さんの事故と相似形だ

2019-02-13 21:19:59 | 政治


コメント

池江選手の、白血病って、ひっかけである可能性が出て来た。谷垣禎一さんの事故と相似形だ

2019-02-13 21:19:59 | 政治

副題1、『NHK 7時のニュースを、見ている最中に、それが、ひらめいたのだけれど、池江選手の白血病って、やまゆり園事件級に、作り込まれて来た嘘である可能性が出て来た。時間が経ち、夜の九時になって、ニュース・ウォッチを見ていると、更に、それが、確実性を増して来た・・・・・其れとは、何かというと、池江選手の白血病が、・・・・・私に、谷垣禎一さんの、自転車事故について、書いた時と、同じ、傾向の文章を書かせる・・・・・という目的をもつ、嘘である可能性のこと。それが、増した』

  私は、本日は、本当は、池江選手についても、大阪なおみ選手についても、触れるつもりがありませんでした。前々報の続きを書くつもりでした。しかし、その方針を撤回して、二人についての文章(後注1=前報)を書き始めたのは、逗子市(立)図書館と、鎌倉市(立)中央公民館について、書くのが、時間が、掛かり過ぎて、大変なので、こっちの方が、短く書けるぞと、思ったのです。

 何事も、文章を書くにあたっては難しいですよ。しかし、・・・・・逗子市(立)図書館のルール改悪と、鎌倉市(立)中央公民館の閉鎖について書く・・・・・のは、過去ブログを大量に検証しないといけないのです。それは、長時間を必要とし、かつ、眼を痛めている今の私にとっては、ヘヴィーデューティなのです。

 しかし、昨日は、外へ出て、あっちこっち14時間も出歩いていたので、ブログを手当てして居ないで、もうしわけない・・・・・という、罪悪感がありました。それを払しょくするために、絶対に、新しいものを公開したいという、義務感と、決意がありました。で、簡単に書けると思った、二つのスポーツに関するビッグニュースに取り組むことにしたのです。

 私が、本当に書きたかった方は、大阪なおみ選手の方でした。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『大阪なおみ選手は、・・・・・ここから先は、別章を立てて、語ります。

 

 

後注1、

池江りか子、白血病・罹患・・・その原因は?・・・消費税8%はとんでもないという見込みが、出たので、これは、鎌倉陣営だけではなくて、永田町に向けても、下った、天の叱責だ

2019-02-13 10:00:33 | 政治
コメント

池江りか子、白血病・罹患・・・その原因は?・・・消費税8%はとんでもないという見込みが、出たので、これは、鎌倉陣営だけではなくて、永田町に向けても、下った、天の叱責だ

2019-02-13 10:00:33 | 政治

 私は昨日は、長時間外出をしていて、5か所で、用事を果たしたので、前報の続きを書けませんでした。お待ちいただきたく。

 昨日、其の留守中に、スポーツ関連で、二つのニュースが飛び込んできました。誰もが、大いに心配をするニュースです。

 この文章の、結論ですが、又、又、倒置法で、此処で、最初に、語らせてくださいませ。

 池江りか子選手の、白血病罹患は、テレビというものを、私的に利用をして、対・私への復讐を果たす、伊藤玄二郎と、今だ生きていて、彼にアイデアを、提供している井上ひさしに対する天からの鉄槌が下った・・・・・という現象だ・・・・と、思う。というのが結論です。

 池江りか子選手の、在学している高校まで、取材に行く様なことが、この病気の、罹患という思いがけない災いを招いたと、いう事。・・・・・池江選手と、角野栄子さんや、武宮恵子さんやらは、直接の、関係はないが、この二人の鎌倉住民を、最近、連続して、テレビ画面(特にNHKニュース)に、登場させた意味が分かる、私には、・・・・・ああ、そういう連動で、天は、若い池江りかこ子さんに、試練を与えましたね・・・・・と、わかってくるのだ。

 特に、最近の、鎌倉エージェントの、・・・・・テレビを利用した、対・私いじめ・・・・・が度を越していたので

 天は、全く遠い世界にいた、池江選手という、場所に、彼ら二人・・・・・テレビを、自分のものとして使う、二人へ・・・・の叱責を、くだされた・・・・・・と、私は、考えている。

   というのが、以下に長々と続く一文の、結論です。 

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『池江りか子選手の、白血病の発症については、声もないが、しいて言えば・・・・・昔からの、箴言が、此処にも生きてくる』

 ところで、スター選手の、心配事について書く際にでも、私は、普通の書き方は、致しません。どうか、其れをご了承くださったうえで、この文章につきあって、くださいませ。

*1)住民へのサービスを優先するべき、公共の図書館【逗子】の、ルールが改悪されているが、誰の発案なのだろうか? 問い詰めたい。

 私は最近、日本人が非常にばかになったことを嘆いているのです。その理由は明瞭に、・・・・・植民地化されているからだ・・・・・ということにあります。昨日の文章も、逗子市(立)図書館が、ルール改悪に走っていることに抗議をしようと思って、そこに、終着点があるのですが、その文章を一気呵成に書くのではなくて、その前に、一応の調査をしようとすると、私の目の前に、二人ン、吏員が現れたのです。その一人である、鈴木幸子さんの方は、まだ、頭がいい。図書館が何のために運営をされているかの根本がわかっています。

 しかし、彼女が行き詰まっていると、見て、続きの人して現れた眼鏡をかけた、50代と思われる、吏員は、(名前を把握していませんが)頭が悪いです。男性で、一種の閑職に回された人間固有の覇気のない、しかも、正しい認識に、すっと、至る俊敏さもないです。図書館がつまらない職場だと、いうわけではありませんよ。だけど、行政マンとしては、逗子市の、中枢の、企画に関与するのが、一番楽しいことだし、図書館では、企画をするのは、館長だから、男性にとっては、つまらない職場だと、なると、思いますよ。したがって、覇気がないし、私に対する態度も全くなっていないです。したがって、彼から始まって、上へ遡及すると、館長にも迷惑をかけるし、伊藤玄二郎達、逗子の図書館のルールを改悪した連中にも遡及することが可能です。

*2)派遣社員という言葉は、昔は、アルバイトと、言って居たものだが、誰が、こういう言葉を使えと、命令をしたのだ?

 で、カウンターに、詰めている女性たちですが、鎌倉市(立)中央公民館のカウンターに、詰めている女性たちと同じく、派遣社員だと、思います。

 :::::::::しかし、この派遣社員という語彙が、くせ者です。これとか認知症、低体温症などの、言葉は、すべて、日本文化を破壊するものです。そして、日本を植民地化し、奴隷状態に国民を陥れるものです。国民の考える力を弱体化して、貶めるものです。どうして、そう断言できるかというと、昔の書物を読む力と、其れへの理解力を失わせるからです。

 認知症ですって、日本には、【もうろく】という発音をしやすい言葉がありました。発音する時間が短いし、大和言葉なのでなじみやすいのです。「認知症の方を使え。もうろくを使ってはいけない」とは、誰が強制をしているのですか? もしかして、厚生労働省、又は、医師会? そのどちらをも、鎌倉エージェントの、伊藤玄二郎達が、既に、牛耳っています。

 【低体温症】ですって。昔から【凍死】と、言う言葉がありました。熱中症ですって。昔から、日射病という言葉がありました。確かに室内にいても、体温が上がりすぎて、死ぬケースがあるのでしょう。しかし、ニュース内で、日射病を使っても、国民すべては、りかいすると、思いますよ。めっかち・びっこ・めくら、などを使っていけないとは、本当に偏執狂的、異常性を感じます。ヒステリーを使っていけないとなって、こういう発想は、すべて、公的には、死んでいるが、いまだ、実際には、生きていて、日本を支配している、井上ひさしの発想によるものだと、いう事が、明瞭になりました。

 横須賀の医院の、医療事務スタッフが、ひどい対応をするので、一か月近く、医院の実名と、院長先生の、実名をさらしたのも、その変化(=薬事法改悪)をもたらした、原因者に遡及をするという目的があったからです。彼女が、六段回目の、狙撃手だとすると、院長先生は、五段階目の攻撃者となります。その上は、誰なんだ? その上は、誰なんだ?と、追及していきたいのが、真実の目的です。

*3)

 彼らは、ことば狩りを、はじめとして、ほかにも法律や、条令の改悪などを通して、自分達の、よこしまな目的を税金を使って、通していくのです。

 嘘のごみ袋を作られた裏に、あった、廃棄物処理法案の改悪・・・・・焚火をしてはいけないという、法律。それは、NHKでは、一切、報道せず、主人が生きるの死ぬのの大病をした時に、引っ越しの可能性を感じて、書類類を、償却した時に、其れが、法律に違反をするなんて、私は何も知らなかったのです。ただ、唯、お隣の小野寺夫人から、「川崎さん、警察に訴えますよ」と怒鳴り込まれて、初めて改悪を知ったのでした。その裏側には、前田清子、安野智紗連合軍が、行う、恐ろしいエピソード(山蟻の煙というエピソードでまとめている。20万字ぐらいになっていく文章)の数々があるのですが、此処では、あまりに池江選手から離れるので、詳述は致しません。ただし、鶴岡八幡宮は、堂々と、どんど焼きをなさるし、恵明学園は、庭で、焚火をしてトン汁を作り、駅伝の報道陣に、ふるまいます。

 薬事法改悪で、私は内科で、アモバンを処方してもらえなくなったのですが、大石静さんは、どこで、処方をしてもらって居るのでしょう。私は、近々、暇になったら、其れを調べるつもりです。しかし、此処で、こう書くと、大石静さんが、あの番組=【午後ナマ】から降ろされるでしょう。しかし、大石静さんが、あの番組に採用されたのも、昔、私が書いた、ブログが、原因でしょうから、此処で、プラスマイナスゼロになります。

*4) 受動喫煙防止条例。増田きよみさん(K’s ギャラリーオーナー)の優遇策は、どうして、生まれているか?

 この法律や、条令を改正すると、言う目的で、もっとも、悪辣なのが、受動喫煙防止条例です。オリンピックを迎えるから、さらに、、さらに、強固に、縛り付けようとしますか? NHKニュースでは、そういう方向で、進めるみたいですが、【Cool Japan 】という番組内で、日本在住の外人があきれ果てていました。「道路を歩いているときにも、吸ってはいけないとは、異常だ」と、言って。その通りです。そんなことは昔から言って居ます。

 これは、ひとえに私狙いです。私が昔、書いた、【一本の煙草が落ちていて】と、いうエッセイが、上等だから、そこで、私が書いて居ることと正反対のことを、税金を使って行って、私を苦しめてやろうとしているのが、この条例の目的です。ところで、そのエッセイに対して、増田きよみさんが、ほめてくれたのです。増田きよみさんとは、彼女が、今のK'sギャラリーを、柴田悦子画廊と、同じビルにを、開業をしていたころから知り合って、「美的センスが高い」と、いう事と、「色に対するセンスがある」という事と、「性格が温和である」という事の、三つで、私が、高く評価をしている女性です。

 私は、いつも、そこでの個展をほめておりました。銀座の画廊にも、いろいろ、あって、その人が、誰と、付き合って居るか? 特に美術評論家の誰と付き合って居るか?(という事はどこの公立美術館が、所属作家の作品を買ってくれるか?) どこの、美大とコネを持っているか? などに、拠って、ランクの上下ができてくるのですが、もう一つ、流れがあって、女性自身の卒業学歴で、上下が、つく場合もあります。黒田悠子さん(芸大卒)、栗田玲子さん、(教育大学=筑波大学卒)、平野和子さん、(卒業大学の、固有名詞は、知らないが、大卒であることは確かだ)、柴田悦子さん(こちらも卒業大学名を知らないなどは、その線で、威張っていてのし上がってきた人ですが、増田きよみさんは、たぶん、高卒であり、20年間、OLをして、貯金をして、その過程で、一種の、女性の勝ち組としての、職業である画廊が「いいな」と、なって、開業したと、思います。

 その彼女が、今では、月曜日の五時過ぎには、銀座一にぎわう画廊を、経営しているのですが、どうしてだか、皆さんは、ご存知ですか? それは、上にあげた、【一本の煙草が落ちていて】というエッセイを、彼女がほめてくれたからです。

 それは、メルマガとして、500人ぐらいの有名人(といっても、テレビに出る様な人は数少ないが、斯界の実力者ばかりではあった)におくっていたのですが、金成悠子(ギャルリーユマニテで、パソコン業務を、担当しているスタッフ)さんは、読んでくれていないのに、増田きよみさんは、当時は、読んでいてくれたのです。

 それゆえにこそ、松沢茂文(当時の神奈川県知事)によって、受動喫煙防止条例が、起こされることとなったのです。ここで、増田清美さん、を、出発点として、何故、野見山暁次さんは文化勲章をもらったのか? なぜ、ロイヤルパークホテル、みなとみらい、【シリウス】の壁画を描くこととなったのか? また、何故、ホテルニューオータニ美術館で、個展をすることになったのか? なぜ、山口みつ子さんは、自殺と喧伝されている手法で他殺(しかも謀殺)をされたのか? 

 大久保忠春さんは、なぜ、暴走老女にひき殺されると、言う謀殺を、受けなければいけなかったか? なお、此処ですが、さらに、膨大な字数を加えないといけません。しかし、それは、巻末、又は、後日に回して、受動喫煙防止条例に戻りましょう。

 何か、国会で、国会で、全日本に、この趣旨を徹底させようという動きさえあったのに、ただ、クールジャパンの出演者が、おかしいと、言って居ると、私が書いただけで、急に静かになっています。

 これは、全国一早く、我が家の真したに、備え付けられた、ゴム標識です。場所は、鶴岡八幡宮様が経営をしている小型車用駐車場が、二つありますが、その間の道にこれが、はられたのが、全国いち早いのです。特に鎌倉街道沿いの、入り口に、これが、はられたのが、全国いち早いのです。

 そして、お隣の小野寺夫人が、この件に関しても、とうとうと、長口舌をふるったと、いう事を語らないといけません。しかも、同じ彼女が、11日の夜の11時ごろに、二階の、ペンダント灯をつけていたとも語らないといけません。

 また、8の午後五時15分ごろ、この山の石段で、すれ違ったのですが、その時に、恐るべきレベルでの悪意と、いうものを感じ取りました。ほぼ、ぞっとすると、言うぐらいです。あ

 その時に直感として、『あれ、パソコン画面が、突然、真っ暗になって、その後起動しないという・・・悪さ・・・は、kanojogが、既に、アイコン化したシステムをもらって居て、其れをクリックしたのではないかしら?』と、思った次第です。彼女は、警察庁、もしくは、神奈川県警から、月給、30万円から、50円もらって、無辜の人である、私を、いじめ弾圧し、ノイローゼにしていこうと、日夜、粉骨砕身しているのです。

 しかし、私は、何も悪いことをしていませんよ。

  だから、彼女の攻撃は、すべて悪魔の代表として行われると、定義していますが、この一週間ほど、激しいときは、過去になかったです。天は、其れもご覧になったうえで、池江りか子さんに、ツイートを書かせたと、見ています。彼女が、この一週間やったことは、したの四つの、文章に、書いてあることを、書かせまいとした、CIA連中の命令に、忠実に従ったと、いう事でしょう。下の4つの文章は、別々の日に書いています。しかし、ほぼ同時期に起きた現象であり、彼ら、敵さんたちは、私の態度とか、行動様式を、気にしていて、「当然、これらのことを書くだろうから、其れを、予防するために、最大限の、いやがらせ行為を、行ってきてほしい」と、頼まれていたことでしょう。

*5)、此処で、このナンバリングの、*1)へ戻りたい。日本人の語彙が、乏しくなったことと、池江選手に、投げかける、または、ささげる言葉が、あれこれ、批判をされていることについて。

 このニュースは、池江選手のツイートを、報道をして、水泳連盟の、記者会見を報道をして、それだけで、十分でしょう。街の声を拾うなど、例のごとく、欺瞞の塊です。同情して居る様に見えて、スポーツ選手を、パンとサーカスの道具として、利用をしようとする姿勢だから、『また、低劣なNHKが、馬鹿なことをやっている』と、私は、思うだけです。

 私には、池江選手に、掛ける言葉はないです。ただ、お母さんには、「【好事、魔多し】でしたね。大勢の、人が、そういう目に出会って居ます。りか子さんだけではない」と、言いたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『桜田大臣と、玉木代表の喧嘩について、思う事』

 私はオリンピックには何の関心もありません。大阪万博にもいかなかったし、愛知花博にも、行かなかったし、FIFA W杯にも、どの会場にも言って居ません。ディズニーランドなんて、一回行っただけで、二度と行きたくないと、思って居ます。しかし、海外修行に、個人旅行を含めると、800万円使って居ます。また、歌舞伎だと、名古屋まで、行ったりします。

 私は、とにかくの事として、人におどらされる、事が、大っ嫌いなのです。だから、オリンピックにも何の意義も感じていません。六人に、一人の小学生が、貧しいという現状の日本で、どうして、昔の、聖火台のあった競技場を壊して、新しくしないといけなかったかも理解ができません。国立劇場(三宅坂)が、改装、改築されると、聞いて、非常に嫌なことだと、思って居ます。「そんなところに、無駄遣いをしている場合か?」 と、思います。

 安倍内閣は、お祭り騒ぎの、中で、消費税を、8パーセントに値上げをするそうです。ともかく、日本人のお金を吸い上げる仕組みの代協力をしている総理大臣なのです。その目玉商品が、東京五輪2020で、そのまた、目玉商品が、池江りか子さんだったのっです。

 

 大阪選手が、サーシャ・ヴァジン、コーチを切ったのもマスコミのせいですが、それも、自分が大成功したがゆえの【 好事、魔多し】の一つでした。

 こちらも、ファンにとっては、気がかりなニュースです。しかし、池江りか子さんとは、相当に、骨子が、違う文章に、なる見込みなので、お待ちいただきたく、存じます。

後注1、 

逗子図書館の規則・悪・変化、鎌倉中央公民館の閉鎖、受動喫煙運動、白熱灯の禁止、薬事法の改悪、全部、私いじめが真の狙いですが、カモフラージュ用に国民大衆を盾としています

2019-02-11 18:28:21 | 政治

後注2、

PC W 10 NECが、大Crash・・・・直径10Cmの電線を通じて、外部操作をするのかな? 中谷共二と、その二人の遺児、鎌倉春秋窯、kamakura cottage, 片岡昌、ダイゴイサム

 2019-02-08 11:19:03 | 政治

後注3、

いやあ、目を悪くしてしまいました。・・・・・よく考えると液晶画面で、50万字見続けたのですよ。それでは、当然でしたね。     2019-02-10 22:53:04 | 政治

コメント

逗子図書館の規則・悪・変化、鎌倉中央公民館の閉鎖、受動喫煙運動、白熱灯の禁止、薬事法の改悪、全部、私いじめが真の狙いですが、カモフラージュ用に国民大衆を盾としています

2019-02-11 18:28:21 | 政治

 このブログも、ミステリーとしては邪道ですが、倒置法で、書きます。問題は、伊藤玄二郎達一派が、自分が、悪いことを先にやっていて、それが、私にとっては、10万回を超える被害を与えていて、金額としても、10億円を超えると、思うので、委細を丁寧に書きます。すると、その復讐をしてくるのです。しかし、その復讐には、人間を使う必要がありますね。それらの、人間に対する報酬を、市民税とか、県民税とか、国税を使って行うのです。それは、今まで、何度も語ってきています。

 やまゆり園の建物は、改築する必要はないのですよ。というのも19人もの死者は、出ていないのですから、気味悪いことも一切ない建物なのです。しかし、ルミノール反応が、19人の死者分は出ないことが、後日、自分達のたくらんだ、悪事の、uso 部分の、証拠となるといけないので、壊すのです。で、建て替えるので、又、数十億円がかかるでしょう。県民税ですが、国庫補助もあるのではないですか?

~~~~~~~~~~~~~~~

副題0、『鎌倉市(立)中央公民館は、1年で、1億4千万円の、予算を使って運営をされているそうだ。しかし、今般「免震構造の、審査の為に、半年間閉鎖となる」と、張り紙がべたべたとされていて、入れないこととなっている。が、早1か月、うんともすんとも物音一つしていない。だから、それは、ためにする口実であって、本当の目的は、私にトイレを使わせないという、いじめを、したいのが目的である。しかし、その間、7000万円分の内、主なるものは、人件費だから、それは、消費させられることとなっている。大いなる無駄遣いである。それは、いまだ、実際には、生きている井上ひさしが、発案したことであろう。いくつも理由があるが、免震構造の、データ改善は、本当は、どっちでもいいものであり、旭化成建材疑惑が、嘘だったことを糊塗しようとして、出てきたニュースであるから、其れをここでも、自分達に都合の良い方向で、使ってきたのだった』

 本日語るのは、鎌倉市(立)中央公民館(最近、きららと、呼ばれている)が、免震構造の、検査の為に、半年間閉鎖になったことですが、それなど、その税金を使って、私に個人的な復讐をするという事の、象徴的な、出来事です。其れをこれから、丁寧に、説明をしていきます。

 昔、そのロビーに置いてあった各種の雑誌が、ある時から、無くなったので、事務室に質問に行ったのです。「どうして無くなったのですか?」と。すると、予算が削減をされたそうです。でも、「その館を運営する費用が、いくらですか?」と、質問をすると、一年で、1億4千万円でだそうです。すると、一か月、1千百五十万円で、運営をされていることとなります。お客さんと直接対応するスタッフは、派遣社員だそうです。主婦らしき女性が、5人ぐらいでローテーションを組んで、行って居て、月収が、20万円だとすると、そこで、100万円です。奥の事務室で、勤務しているみたいな、正式な吏員が、12名ぐらいいます。その人たちの平均月収が、40万円だとすると、500万円です。警備員が居ます。この人たちは男性ですが、定年退職後みたいなので月収30万円と仮定をすると、ローテーションを組んでも、100万円だと、推察できます。すると、人件費だけで、700万円となり、450万円の余剰金が出ます。個室を貸す、利益と、ホール棟を貸す利益が入ります。それが、月の、200万円だと、仮定をすると、人件費以外の、項目で、650万円になります。それで、どうして、月に二万円程度の、雑誌類を買えないのでしょうか?

 理由は館長が、市長から、命令を受けているからでしょう。松尾崇市長になってから、市長は、伊藤玄二郎の言うなりですから、こういう決定がなされました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『なぜ、私が、【猫の気持ち】とか、【週刊文春】を、そこで、読む楽しみが奪われたのか、読者の、皆様は、理由をご存知ですか?』

 私には、アフィリエート収入は、ありません。変な理由で、もらえないのです。しかし、本当の理由は、お知らせが来るよりも圧倒的多数の読者が居るからだと、思います。2011年の末に、既に、717万回を超す、延べ訪問回数がありました。ところが、其れを、このブログの世界で、書いたら、急にグーグルが、36万回にして、その後も、32万回にして、というほどに、恐ろしいレベルで、削減をし続けています。ですから、一応毎日お知らせが来る数字を積み重ねているのですが?

 ともかく収入がないです。それでも、親からの遺産が入ったので、それが、活動費になっているのですが、孫の一人に軽い障害が出てきたので、突然に、孫たちにお金を残そうと、思う様になりました。週刊文春ですが、40代は、東京に行くたびに、週刊文春、週刊朝日、アエラ、サンデー毎日、週刊新潮、東洋経済、日経トレンディなどのどれか一冊を、買って電車内で読んでいたものです。しかし、孫にお金を残そうとなってから、雑誌などは買いません。中央公民館で、読むことができるのなら、そこで、よみます。しかし、其れを、警備の人、もしくは、お客を装った尾行者、などが、上奏すれば、「お、やってやろうじゃあ、ないか。猫が好きだって言って居るから、【猫の気持ち】を読ませない様に仕様。そうすれば、俺たちの力が、どれ程、強いかが彼女にも分るだろう。そして、自分が雑誌、一冊、500円分が出せないほどに、貧乏だと、いう事をしたたかに、味わわせてやろうぜ。面白い。面白い」と、裏で、言いあって居たのだと、思いますよ。

 というのもコシノジュンコさんなんかと、付き合っているわけなので、こういう金銭感覚は、ただただ、馬鹿にしてやろうぜとなるのだと、思います。庶民の感覚など、まったく、わからないのでしょう。その一人が、共産党を支援する人間なのだから、ただ、唯、驚きますが・・・・・・

 松尾崇・鎌倉・市長というのは、こういう小さいことから、豊島屋を巻き込んで、お金を出させる、材木座海岸の命名権問題。それから、高枝切り事案で、150万円以上の税金を、其れこそ、対、私への伊藤玄二郎達の個人的復讐に出させる案への協力とか、それで、失敗したので、富沢夫妻と親しい、K氏夫妻を、持ち出して、反対運動へ駆り出す、市役所移転問題を、出してきたり、角野栄子さんに、鎌倉市民栄誉賞を与えたり、もう、言うなりロボットです。苦笑するしかない言うなりロボットです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『この尾行という問題が、証明されたのは、この中央公民館から、大音響で流された防災無線の、突拍子もない嘘を、聞いた時から、確かなことであった』

 この尾行ですが、映画に出て来る様な、形ではないと思います。男が後ろから、ひそかに追いかけてくというイメージではなくて、ご近所人間の安野夫妻に、監視をさせて上奏をさせたり鶴岡八幡宮の警備員の中に、ひそかに、警察の、人間を潜ませて居たり、小町通りの商店の、あれこれに、私の顔写真を見せて、通ったら、報告する様に頼んだり、駅の監視カメラを利用したりと、いろいろ、あるはずです。また、クレジットカードとか銀行のキャッシュカードを尾行者に仕立て上げる手もあります。防災無線の、ある中央公民館は、三菱銀行か、横浜銀行で、キャッシュカードを使ったら、その二分後に、そこに到達する近さなので、キャッシュカードを読み込まれた可能性も高いです。

  ところで、これから、中央公民館で、大音響で小学四年生の、男の子が行方不明になったという防災無線の放送があった日に戻りましょう。その日は、月曜日でした。月曜日は、週に一回の休館日です。しかし、屋上のスピーカーが大音響で、がなり立てるのには、小学四年生の、男の子が、行方不明になったという事でした。

 これと、同じスピーカーが、我が家の真下にあるので、私は一日中、それを聞かされるわけですが、その日、小学四年生の、男の子が、ゆくえふめいになったという放送は、一回もなかったのです。となると、その子が行方不明になったのは、夜の8時に入ってからだと、なりますね。小学校、四年生のお子さんが外へ出るときに、親が気が付かないとか、親に何も言わないで、外へ出るなどという事はありえないです。でね、私に対しては、音楽が好きで、音楽に関する投稿が多いので、耳がいいはずだ。だから、大音響を出して脅かせば、ノイローゼにさせられる。それで、精神病院へ、強制収容できると、いう大方針が、伊藤玄二郎達にあるわけです。で、2007年から、2018年ごろまで、八幡宮様を中心として、音楽会、特にマイクの、練習中という異様な、音、大太鼓の長時間の連打。各種工事の騒音、・・・・・警察のパトカーの音、警察官が、偽装して、走りまくる、湘南爆走族まがいの、暴走音、時には、救急車の音、などが使われてきたわけですが、

 この時の、防災無線の音も、その一環だったのです。どうして、其れがわかるかというと、その前に、小学四年生の、男の子と、私が、偶然の、かかわりを持ったからでした。場所は小町通りの、真ん中よりも北、というあたりで、飲食店の前でのことです。時間は、夜の9時過ぎです。銀座の画廊が、夜の七時に終わります。その後、本屋に寄ったり、カフェに寄ったりした後で、鎌倉まで、帰着するのは、夜の、9時過ぎになるのでした。

 小町通りというのは、昼間は、大勢の人であふれている一帯です。しかし、夜は、駅に近いところで、居酒屋横丁があるあたり以外は、人がほとんどいない場所です。特に6時から、9時までいないのです。夜10時過ぎなら、お勤めの人が帰ってくるのですが・・・・・

 さて、その誰もいない通りで、有名な飲食店の前で、男の子が、開けて、開けてと、小さな声で、言って居るのです。10メートルぐらい前から、気が付いて、どうしようかと考えて、結局は傍へ寄って、助けることになったのです。その時、五分以上時間を取りました。結局ご近所のブザーを押して、その飲食店へ、電話をかけてもらったのです。私はスマホを持ってますが持ち歩かない主義だから。しかし、よく考えると、これが、全体にたくらみを伴った芝居だったかもしれないのです。

 というのも、その飲食店と我が家は、些少の縁があるのです。だからこそ、伊藤玄二郎が後日のあの大音響の前哨戦として、そこに、依頼をしたお芝居だったかもしれないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『画廊ジアースのオーナー若宮さんのケースを私は、ひときわ重要なものと考えて、彼女の人間性の、秘密に迫ることとなった』

 しかし、画廊ジアースのケースは、オーナーの若宮さんが大人だし、私の目の前で、「今、来ています」と上奏をしたので、100%のレベルで、いわゆる尾行者の役目を果たしている・・・のが確かでした。画廊を出てから、100メートルぐらい進むと、八十八屋小路(喫茶店)と、【焼き鳥・平野】の前を、6人の、ガードマンが横切ったので、確かなことでした。大音響とガードマンは、馬鹿の一つ覚えみたいに、使役をされる脅かし策だったからです。つまり、彼女は、CIAエージェントに対して忠実なる、しもべの役目を果たしたのでした。

 しかも、これ程、明瞭にそれを示した女もいないというほどのものでした。で、いろいろ、分析を始めます。しかし、一般の画家は、彼女をいい人だと、思いこんでいるでしょう。『下手に出て来て、自分の気分を、うれしくさせてくれる謙虚なひとだ』と思って居ることでしょう。だが、二重性格者の典型です。

 最近、ゆあちゃんという子供を虐待死させた父親の栗原りゅういちろうが、二重性格者だと、言う論がかまびすしいです。それで、二重性格者という語彙を、使う場合、彼がどうしてそうなったのかは、私には、わかりません。しかし、若宮さんのケースだと、見事に分かるのです。

 あのね、画廊を経営する女性というのは、現代社会では、女性の中での勝ち組です。しかも現代アートの画廊を、一戸建ての建売住宅(6000万円ぐらいだと、思われる)を買って、全部を展示室として使って、開いている。また、自宅を鎌倉市内の、別の場所に買って居る。総額、1億円を超える出費を不動産に投資して、しかも、運営資金や、生活費も持っている。というのも不思議な事です。現代アートの画廊など、もうかるものでもないからです。半分趣味の、趣のある事業といってよいでしょう。

 一度画廊の前で、お嬢さんらしい人とお孫さんらしい人と一緒にいるところを見たので、結婚もした過去があるらしいです。だから、すごいですよ。勝ち組み中の勝ち組です。

 しかし、画廊の名前がおかしいです。現代アートって、ハイブラウな世界です。インテリ中のインテリが、従事する世界です。そういうハイブラウな世界の人が、英語の定冠詞、the を、母音の前だからって、ジと訳すのは、変です。それは、英語ができない人であると、告白することになるから、絶対に画廊の名前としては、使わないはずなのです。

 でも、使って居る。したがって、彼女は、パチンコ・チェーン・ジ・アースの一族ではないかという推察が成り立ちます。そうなると、父、兄、又は、いとこから、月に100万円程度のキャッシュフローがあると、なりますね。

 すごい、大金持ちだと、なります。しかし、バランスが悪いところがあります。それが、二重性格を生んでいます。ここらあたりは、以前は、もっと、丁寧に、かつはっきりと書きましたが、本日は、単純に、二重性格を生む要素が、彼女周辺にはあるのだ。「彼女自身にも、それがあるのだ。肉体的にも精神的にも」と、言っておきましょう。「おバカさんたちは騙されているでしょうが」とも、言っておきましょう。

  さて問題は、中央公民館が、半年休む問題です。

 ここから先は、後日書きます。

@@@@@@@ここが、書きかけ中の最先端です。

副題3、『逗子の図書館に、一年以上行かなかった。その間に大変化が起きていた』

 これから、書く事は、ほかの図書館、特に鎌倉の図書館が、どういう状況かを、問い合わせ、そのルールを確認してから書きたいと、思って居たことです。しかし、本日(2018-2-11 18:30)には、こちらの文案の方が、頭に降りてきたから、準備不足ですが、書き始めましょう。

 逗子の図書館に、一年以上行かなかったのです。そして2018年12月に久しぶりに行ってみて、大いに驚かされました。

  ここで、ほかの都市に住んでいる方に申し上げると、鎌倉市と、逗子市と、藤沢市は、この三つの都市に、住む人間が、お互いの図書館を、訪問し利用できることになっているのです。

あらゆる意味で、ルールが悪い方へ、変化して居ることに気が付きました。その変化は、すべて、私狙いだと、考えます。どうして、そういう変化がおきたのか、彼らの狙いを推察して、これから、書いていきましょう。無論「そうではないよ。ごく一般的な事なんだ」と、否定をされるでしょう。で、それらの、彼らが弁解用に、作った、理由を、考察する論をブロックAとして置きます。しかし、世の中には、もっと、深い分析もあるのです。其れを、私はブロックB的、分析と最近は、呼んでいるのですが、その種の分析を、逗子の図書館に対して、本日加えていきます。軽くです。というのもこの話題は、本日初出ですので、30%程度で、押さえておくつもりがあるからです。将来、どんどん、深めていくつもりがありますが・・・・・・

 私が、語ることが正しいことは、全く同じコンセプトをもって、鎌倉市中央公民館が、閉鎖になったのです。図書館では、無いですよ。間違えないでくださいね。それも、後刻丁寧に、語りますが、此処では、逗子の図書館に戻ります。

*1)、館長が変わる。新卒時に、逗子市に最初から雇われた人間ではない。2018年4月に、外から招かれた人物・・・・・逗子市側から派遣をされている、逗子市役所吏員である、鈴木幸子さんによると、今度の館長の、経歴を語ることはできないそうだ。私が本日、やや、躊躇しているのは、この人のバックグラウンドを調べてから、書きたいと、思って居たからだった。どうして、鈴木幸子女史は、この人のバックグラウンドを語ることができないのだろう? 不思議だ。「もと、XX大学の教授です」とか、もと、「YY高校の校長です」ぐらいの、経歴を語ってもらってもいいだろうに。だって、私はこれから、様々な分析をしていくつもりなので、バックグラインドは、大切なのだ。日本ペンクラブの会員だったら、伊藤・・・・玄二郎(しかし、以下の紫いろの字の部分のように、誤変換された。だから、彼が大いに、関係をしている事案だと、推察される。玄二郎=原因ンジャメナ漏斗は、親(sチアしいので、いろいろ、頼まれたということがわかるし、共産党員系の、団体に入って居たら、井上ひさしから、誰か、を通じて、いろいろ頼まれたと、言うことがわかるし・・・・・

 安田清高(この人物の名前を入力しようとすると、大妨害を受ける)が、2018年4月1日から、図書館館長になる。今、念の為に、グーグル検索をかけると、wikipedia は、たっていなかったが、2012年に、この人が、ネットに、投稿した文章が出てきた。(後注1)(あと注2)

 その二つの情報から考えると、この人は、司書であり、神奈川県立図書館に、務めていたことがわかる。それは、たぶん、紅葉坂の上に、長らくあったと、私は記憶をしているのだけれど、そこに、勤務していて、2011年とか、2012年に、活発に、論文を発表をしていた人であろうと、なる。論文というか、後注1は、お知らせを兼ねたエッセイもあるが、・・・・・あと注2は、論文の筈。それ以外に、その図書館での役職の記録は、今のところ(=2019年2月11日)にはない。

 *2)、横浜駅西口に、やっと、図書館ができているのだった。変だなあ。あれほどの、人間が、多数利用する駅で、図書館がないなんてと、思っていたが、実際にはできていて、其れをお知らせする文章が後注1だ。だから、この人は、普通のレベルで、親切な人のはずである。

*3)、しかし、この日人が図書館長になった途端に、いろいろな、変化が起きる。

 それが、私に言わせると、異様なレベルで、不親切になる方向付けとなっている。で、其の不親切ぶりを以下に羅列していこう。

A)、JR逗子駅構内にあった、図書館の本の返却用ボックスが無くなっている。

B)、夜7時まで、開館をしていたはずが、夜の、6時までと、変更になっている。

C)、雑誌だけ、一週間が期限となる。電話で、延長はできない。図書館まで、持って行ったときに、返却して、現物を次に借りることができない。間に一日空ける必要がある。

D)、火曜日が、閉館日なのだけれど、その日は、塀が閉まっていて、本が返却ができない。JR逗子駅からも、京急新逗子駅からも、遠い方の、入り口の近辺にだけ、返却ボックスが置いてあるそうで。私にとっては、遠回りをしないといけない。これは、バスで、葉山方面に、帰る人、鎌倉方面に帰る人、ありと、あらゆる人にとって、不便である。

 ええと、すべての項目で、鎌倉図書館では、こうではなかったという記憶があるのです。鎌倉図書館は五時までです。だけど、トライアルとして、夜7時まで開館している時期もありました。司書さんが、交代で、勤務すれば、可能な開館時間だと、思います。そして、鎌倉では、雑誌も単行本と同じく、二週間借りられました。また、延長ですが、一回だけは電話で可能でした。また、雑誌を二回目に延長をしたいときも、現物をもっていけば、すぐ、延長的に借りることができました。

 もちろん、婦人公論とか、週刊文春などの、鎌倉の住民が読みたいだろう人気のある雑誌は、予約が入っているので、そちらに、貸し出したいと、言われる可能性があります。それは、借りているこちらも納得をします。しかし、逗子の図書館では、ただ、機械的に、貸せませんというのです。そして、鈴木幸子さんと、変わって出てきた吏員の、横柄なこと、横柄な事。私のことを、うすら笑いを浮かべながら、横目で眺めていて、それは、JR雄略懲役で、自分の方が嘘をついているのに、私に耐性、あんた頭がおかしいんじゃあないのと、言った刑事(または、警官)が、変装していた可能性の高い、JR東日本の職員を名乗る禿頭の、高橋某と、全く同じ表情でした。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

後注1、

 神奈川県図書館協会

 

協会報(~239号)

国民読書年に「県立図書館横浜駐在事務所」  2012/03/23 10:11:05

 平成9年4月に横浜駅西口から徒歩5分、かながわ県民センター5階にある「神奈川県生涯学習情報センター」(以下「情報センター」という。)は、県民の生涯学習を支援する広域的なネットワークの推進などの拠点として開設された。
 平成17年10月、「情報センター」の利用拡大を図るため、県立2図書館所蔵図書の返却及びインターネット予約図書を受取るサービスを開始した。横浜駅に近いなど利便性の良さもあって、利用件数は毎年大幅な増加傾向を示している。
 後略     筆者、(神奈川県立図書館 安田 清高)

後注2、

神奈川県立図書館、紀要

9(2011.3) 目次

図書館員の専門性を考える(中村英二)..................................................... 3

価値創造型図書館の構想-公共図書館の未来像をさぐる(関誠二)........................... 13

図書館評価を評価する-神奈川県立図書館における自己評価を事例として(柿澤淳子)......... 37

社史収集の意義とその活用における課題-公共図書館の役割·問題として-(森谷芳浩)......... 59

公開図書年代記号の顛末(藤巻さつき)..................................................... 71

図書館と共に生きて-わが図書館回想記-(安田清高)..................................... 87

インターネット時代のレファレンス-神奈川県立図書館レファレンス調査の分析を中心に-

(芳賀こずえ)......................................................................... 99

かながわ資料室所蔵の大山関係資料について(鈴木めぐみ).................................. 123 

コメント

いやあ、目を悪くしてしまいました。・・・・・よく考えると液晶画面で、50万字見続けたのですよ。それでは、当然でしたね。

2019-02-10 22:53:04 | 政治

 昨日、お医者さんの実名を削除すると、言う仕事に取り組んだら、目を悪くしてしまいました。なぜだろう?と、思うと、初稿を書くときよりも、そういう目的で、文章を書いたり、推敲したりするときは、より、集中して画面を見る上に、ほぼ、10万字ぐらいを、点検した。からでしょう。しかも、同じところを何回も見直したのです。

 その上、昨日、其れを一回、すでに、言って居る様に、「自動保存されたデータがあります。修復しますか?」と、問われて、修復するをクリックすると、すべて、元へ戻るという仕組みにも、ひっかけられたからです。いつもだったら、修復後の、良い方に、移動をするのに、その時だけは、修復前に移動をしたのでした。ハッキングをする人間は、此処では、頭がよかったという事でしょう。だから、全体で、50万字ぐらい見続けたのですよ。そうなれば、目を悪くします。目の奥から痛いという感じ。

 それで、本日は、私風のブログを書く事は、わざと、やめにしておきたいと、思います。その上、パソコンが大クラッシュ、二台もしてしまったので、まあ、振り回されましたし。

 ところで、一台目は、花輪夫人と安野夫人の異様な二人三脚について、書こうとしただけで、ばしゃっと真っ暗になったのです。それは、赤い表紙のノートパソコン(B4判)です。其の24時間後、今度は、白い大型のノートパソコンが立ち上がるは、立ち上がるが、全く使えないと、言う微妙な壊され方をしたのです。

 どういうことかというと、パソコンを二人以上で、使用する際の、鍵用の、ウィンドーへ、パスワードを入力してくださいと、マイクロソフト社が、最初の画面で言います。ところが、そこで、アルファベット入力できないのです。いったん開いた後なら、テキスト形式で、書いて、コピペすることもできますが、最初の最初にキーボードを認識しないという事になると、もう、どうしようもないのです。で、それを書こうとして、スマホで、その画面を撮影をして、それを、パソコンへ移動をさせようとしたら、今度は、微妙ではなくて、だいだい的に、野蛮そのものとして、電源をばしゃっと、切ってきて、其れから先は、起動をしないのでした。

 微妙、微妙な壊され方をして、その特殊な発案をする人間の、思考の経路を追跡するために、パソコンのどこが壊れているかをスマホで、撮影して、其れを、パソコンに移動をさせようとしたら、ばしゃっと、まっくらに。

 まあ、『よくご推察なさっていること』とほめて差し上げましょう。何をこれから、私が書くかを、予想をして、それを阻止する為に、パソコンをばしゃっと、電源を落として、閉じてしまうという事。そして、そのあとは、起動をしないという形。BIOS画面さえ、現れないという形。

 そうなると、微妙、微妙な壊され方が、どういう事だったかをもう、説明できません。

 ただ、そういう集中的、攻撃のおかげで、我が家に、全、8台ぐらいあるパソコンの現状を点検することをいたしました。普段使って居ないものも、生きているかどうかを、確認しました。そして、セキュリティソフトの、期限切れなどを見つけたところです。

 そのインストールですが、私の場合は、そういう部分にも妨害を受けて、なかなか、インストールできないのですよ。ノートンの特になんとかというパーツがまだ残っているとか、其れを、わざわざ特殊なアプリをインストールして、やっと取り除いたと思うと、トレンドマイクロの、赤い箱のソフト(ウィルスバスター)の、シリアルナンバーが入らないとか? それは、それで、インストールの方法が、ググった結果、出て来るのですが、其れを適用しても、うまくいかないとか。

 そういう妨害を、いちいち突破していくのですが、直観で、「ここでは、Nではなくて、Yの方を押すか」などと、ひらめいて、Y(イエスの方)を押すと、それが、正解だったりして、突然、きれいな画面が現れたりして。『BIOS画面から、普通の画面に移行するためには、あそこで、Yクリックすのか? ああ、やっと、わかったなあ』と、思って、ひととき、にっこりしたりするのですよ。というわけで、妨害を突破する方策を、偶然、見つけたりしているのですよ。

 だって、私の身の上に、・・・・・特にパソコンの画面上、起動をしない時を含めて、・・・・・起きる事とは、どんな取り扱い説明書にも書いていないことです。それを、解決していくのですから、手探りで、正解を探っていくのです。

 ともかく、8台に、トレンドマイクロのウィルスバスター、または、カスペルスキー、または、eset ・・・・・などを入れるべく、本日、買ってきました。延長と、言う仕組みが、これまた、私の場合は、パソコン上では、できないのです。それで、新たな箱を買ってきます。すると、昨日初めて発見したのですが、なんと、三台分というのが、どの会社のセキュリティソフトにも、無くなっていて、私の様なものには、困ります。というのも、あまりにも破壊が激しいので、どれが、現在、その破壊に対して、有効なのかを、検討しつつ、仕事をしていくからです。8台だから、三台用を、三種類、買うことをしていたのです。だから、三台用が、あると、一番適切です。

 ところで、上のセキュリティソフト中に、ノートンが入っていません。ノートンには、2000年代、ほぼ、10年以上お世話になったけれど、今は、使って居ません。

 まあ、結論を言えば、「本日は、少し、液晶画面から、離れたいと思います。ブログを書かないで、胃ことをお許しくださいませ」という事です。

なお、2010年より、数え始めた、このブログの、延べ訪問回数は、5156810です。

    2019年2月10日、雨宮舜(本名、川崎千恵子)

コメント

パイロットの飲酒問題は、睡眠導入剤の、簡易処方・・・内科で出す事・・・・で防げるのに、対私狙いの薬事法改正が、起きて、それが、無理になっている?!

2019-02-10 01:24:41 | 政治

パイロットの飲酒問題は、睡眠導入剤の、簡易処方・・・内科で出す事・・・・で防げるのに、対私狙いの薬事法改正が、起きて、それが、無理になっている?!

2019-02-10 01:24:41 | 政治

 私は、合計三台も、大判(B4サイズ)の、ノートパソコン(ウィンドーズ10バージョン)、が壊されると、言う憂き目に、2019年1月8日から、10日まで出会っているのですが、それでも、義務は果たしたのです。

 何の義務かというと、横須賀の先生の、実名を引き下げるという措置です。

 これは、私が勇敢で、もう一度、その医院に行こうと決意したことと(もう一回、4月まで、行きますが)、院長先生の方でも、例の眼鏡女子を、しばらく、私が行く時間帯には、遠ざける措置をなさったからでしょう。もう、全然というほどに、医院の気配が違っているので、先生に『ご迷惑をおかけしました』というと、何のことか、解らないと、言う顔をなさったのです。

~~~~~~~~~~~~~

 それはそれで、いいのです。私のブログなど、存在しないと、言うことになさりたいのだから、それは、それで、いいのです。しかし、私の方が、これは、引き上げた方がいいと、思ったので、書き直しました。で、まだ、全部は、完成していないので、明日も点検をしないといけなのですが、今、2019年1月7日付から、16日付まで、10万字程度を、点検して、直しました。それで、以下の部分は、もう一度さらしたいと、思います。途中で、新たに、加筆した部分は、青い太字で、書いておきます。ところが、

 ここで、重要なことが起きます。コピペで、移動をしてみると、全部、元へ戻って いるのです。お医者さんの名前も、全部、実名に戻っているのです。それで、二度目として修正をしました。

goo blog 管理者らしい、サイドから、、「自動保存をしたデータへ戻しますか」と、言われたから、イエスと、答えたら、修正した部分が全部元へ戻ったのです。いつも、いつも、24時間体制で、ハッキングを受けており、ありと、あらゆる側面で、いじめてやろうと、されています。死にもの狂いの戦いとなってきていますね。(苦笑) でも、心理的には、大丈夫なのです。ただ、体がね。これほど、酷使されるとね?????

~~~~~~~~~~~~~ 

副題3、『私は、2018年10月6日(土)に横須賀の内科医院に、4月27日以来、半年ぶりに出かけていって、新しい事務スタッフに、であった。ショートヘアで、眼鏡をかけた、50代前半の女性である。彼女から、激しいいじめを受けて、・・・・・おや、おや、これは、裏から手が入りましたね・・・・・と思った。しかし、その日はいつもの先生は居られなくて、ほかの先生の、代理診察だったので、事務スタッフのいじめと院長先生の関与については、何もわからなかった。が、ともかく何らかの変化が起きたことは、知覚をした』

  この日、私は眼鏡女史の裏側にだれがいるのかを、考えました。『その人物が、院長先生であっては、ほしくないなあ』とは、思いました。 お医者さんが、患者をいじめるという現象は、あってはならない現象です。だから、院長先生は、関与して、ほしくはなかったのです。

 この件については、私は、其の10月6日(土)の代診の先生(女医)から、薬事法の改正について、うっすらと聞いて、12月いっぱいは、このクリニックで、お薬がもらえると、知って、11月にも、訪問をするので、さらに、詳しく、今度は院長先生ご自身だったか、眼鏡女史ではない、別の、事務スタッフからか、聞いて、2019年の三月までは、処方をしてもらう事が可能であることは、わかったのです。それ以降は、こちらの様な内科では、睡眠導入剤アモバンは、処方ができません。

 私はすでにアモバンに頼らないでも、生きていかれるのですよ。気力が充実しているので、睡眠時間が少なくても大丈夫なのです。

 それは、2016年の9月26日に行われた、高枝切り事案の日に証明をされました。後注3以降に、その件での重要な文章のリンク先を置いておきます。しゃっ、しゃか、しゃっ、しゃか書き抜けるのです。睡眠不足でも、重要な案件だったら、大丈夫です。それに、こういう悪辣な操作を行う、鎌倉エージェント達は、私をその日は、睡眠不足にするのが目的だったので、本日、2019年1月13日に問題としている様な、劇症睡魔を外部から、生起させなかった模様です。で、私は生き生きと行動をすることができました。

 それは、後注3に置いた、7本のブログをご覧になっても、ご理解をいただけると、思います。そして、この悪事は、さらに、市役所を深沢という山の外の超(?)交通不便な、田舎へ移転をさせると、言う案件に、進展をしていくのでした(後注4へ)。ばかばかしい事限りがない策謀をする伊藤玄二郎と、井上ひさしです。

(蛇足B)ここで、井上ひさしについて、現況を説明していますが、後ろへ、回します。高枝切りについて、バンバン書いたという風に、ブログを書くという意味で、睡眠不足は問題がないわけで、アモバンに頼る必要はもうないのです。

 しかし、本当は、アモバンを使いたいとは思って居ます。それを使う、意味は、別の面で、あるのです。それはです。大量な仕事ができるのです。だから大容量のブログを書きながらも、本の出版用のデータを作ったり、その工業的印刷への交渉に印刷所に出かけたり、出来上がった本の、贈呈用の、準備ができたり、歌舞伎座に行ったり、個展をしたりできるわけです。創作とはアドレナリンが、大量に出る分野らしいので、私はいつも元気です。体力は、若い日の、トルエン類の化学実験により、普通の人の三分の一ぐらいしかありません。心臓をはじめ、体中にある血管には、大量の弁があるそうですが、それが、私の場合は、きちんと、かつ速やかには閉まらないそうで、したがって、急激に体を動かすと危ないのです。で、駅のプラットホームに立つときは、常に気を付けているぐらいです。柱の中側に立って、何かがあったら、柱につかまるとか。しかし、其れなのに、大量の仕事ができるのは、アモバンを使って、睡眠と、起床している時間のコントロールをするからでした。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『ニューヨークやパリなどの、海外にいる時は、日本の国民保険も無効だし、現地で、信頼できるお医者さんを見つけている暇もない(蛇足3へ)ので、アモバン等の睡眠に関する薬は、使わない。したがって、どういう風な生活になるかというと、3、4時間の、短時間睡眠となっていく、そして、四日目ぐらいに、7時間睡眠をとり、その次の日から、又、短時間睡眠となる繰り返しの日々を送って、三か月を過ごす。それでも、其れに慣れた体になるので、気力は充実し、大量に仕事ができる。日本の地方病院における、お若い勤務医みたいなものだ。

 しかし、日本に帰って、特に鎌倉の自宅で過ごすと、そうはいかない。子供は結婚をして家に居なくなり、猫も、2016年には、死んでしまった。超、人なつっこい猫で、人間が大好きなのに、主人の入院中に、長時間一人で置いて置いたので、ストレスがかかったのか?、主人の退院後、たった二か月で、死んでしまった。

 それでも、主人がいて、テレビがある。テレビは、逗子のアトリエでは、絶対に見なかったが、最近では、ニュースを通じての弾圧(=いじめ)があるので、見ないといけなくなっている。したがって、創作をする人間としては、時間が細切れになり、集中力が衰えている。そこをアモバンを使うと、睡眠のコントロールができるので、いつも元気で、充実をしていて、大量の仕事ができる。

 実は人の面前に出て、仕事をする人間には、睡眠導入剤を常用している人は多いと思う。佐渡裕さんもどこかで、其れを使って居ると語っていた。誤飲で、死に至るケースもあるだろう。たとえば川端康成だ。自殺ともいわれているが、もしかすると誤飲だったかも、知れない。 また有吉佐和子さんも、睡眠導入剤が逆流して、気管に入ったので、亡くなったといわれている。ともかく、この三人は、常用をしていたと思われる。

 のちに[NHK午後なま]で、不眠の特集がありました。2018年に入ってからで、その数日前に、主人と睡眠について話をしていて、靴下を、はいて寝るという話をしたばっかりでした。その日の番組で靴下をはいて寝てはいけないと、言う結論に達したので、おや、おや、きゅきょ、私をいやな気分にさせるために、この番組を作ったのか、または、出演者に、そういう結論へ持っていくさまに、頼んだのか?と、思ったりしたものです。この番組はライブではなくて録画ですので。その後もテレビを利用した、いじめは、続々出てきていますので、・・・・・たとえば、武宮恵子さんが、NHKニュースに2月8日に、何度も、出るなどですが、武宮さんは、鎌倉の住人のはずです。

 夏樹陽子さんが別の日の、午後なまに出たときも種々様々な嫌がらせ、案件がありました。それは、後日、別の章を上げて、語ります。

 そして、塩野義製薬の、ゾフルーザ問題と青酸カリ送りつけ問題等も、全部、私に関係があるのは、最近、説明をした通りです。ちょっと、点検するのが、遅れましたが、2月に入って、1月25日の、NHK7時のニュースを見たら、全く同じ日に、両者を報道をしていました。耐性菌問題と、ゾフルーザ問題をです。

 ところで、午後なま・不眠特集篇に戻ると、出演者、大石静さんと美保じゅんさんは、睡眠導入剤を使うと言っていました。その二人は、内科で、出してもらっていると、思いますが、4月以降どうなるのでしょう? 

 それからね。今、パイロットとか、コーパイロットの、飲酒問題が取りざたされています。かわいそうです。ああいう人たちこそ、睡眠導入剤(私の場合は、アモバンというものをもらっている)を、勤務に必要なものとして、処方をしてもらうべきなのです。本当にこの国を悪くして、重要な人物に苦しみを与える、処理を、鎌倉エージェントのうちの誰かが、思いついて、安倍内閣に、実行をさせるのですよ。谷垣禎一さんは、引き続いて、中保者しゃであるのかなあ? ただね、私狙いの、これは、アモバンを飲む人を劣等した、弱い人間とみなすものですから、パイロットたちは、もらいにいかないでしょう。そしてお酒で、睡眠をコントロールしようとしています。気の毒に。

 もし今年四月から、有効になる今般の薬事法改正で、アモバンが、ご近所の懇意な内科医から、処方をされないことになったら、困る人は大勢出て来るでしょう。 しかし、医師会を牛耳っている、伊藤玄二郎は、医師会内通達で、「有名人に関しては、特例で、内科医でもアモバンの処方を認める」と、言うのを出すはずです。この薬事法改正案は、ひとえに、私狙いのいじめ案だから。でもね、有名人ではないが、真にいい仕事をしている人間は、大量にその創作力を落とすはずです。

 受動喫煙廃止運動も同じですが、私一人をいじめるために、日本全国民を巻き込んでいます。私は喫煙者ではないのですよ。しかし、・・・・・喫煙行動は、創作者にとって、大切なものであり、規制をするべきではない・・・・・と、主張をしている人間です。いいじゃあないですか? その人の肺が悪くなっても。代わりに良い作品ができるのなら。それに、受動喫煙の被害なんて、それほど、大きくないはずですよ。嘘が、蔓延して言うr現代日本社会です。その数値は、きっと間違っています。宮崎駿氏も井上ひさしもヘヴィースモーカーです。

~~~~~~~~~~~~~~~ 

副題5、『廃棄物処理法案も、ひとえに私狙いの、いじめ用法案だった。だから抜け道はいっぱいだ。誰も、神奈川県内で、焚火をしてはいけないなんて、覚えてはいない。だから、箱根駅伝で、日本テレビは、・・・・・恵明学園の方で、メディアの人々へ向けて、庭で焚火をして、トン汁をつくって、ふるまった。これは、毎年の事である・・・・・と、繰り返し語った。そして、どんど焼きの、ニュースは、各地の行事として、廃止をされていないはずだ。鶴岡八幡宮様も、去年も行い、それをNHKはニュースと化した。そして、本年も行うはずだ。お祓いや、破魔矢などを、どうして、悪臭を放っている、魚のあらなどと一緒に、生ごみに出すことができるだろうか。できやしない。当たり前だ』

~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『院長先生も、その事務スタッフの眼鏡をかけた、意地悪女史も、私が、真実遡及したいと思って居る、本物の悪人から見れば、五段階目ぐらいの狙撃手である。雪の下における、渡辺賢司(あと注五へ)レベルではある。しかし、今の私は、画家Aに集中しているところだ。・・・・・画家Aは、この15年間ぐらいに、五波というぐらいに攻撃をして来た人物であって、合鍵をもらって居て、泥棒に入って、いやがらせをやっている。・・・・・と、いう件を書いている。しかし、彼のやっていることは、ほかの人間に比べるとあくどすぎるので、かえって、ここでは、実名をさらさない。このブログの神性性が汚れる。しかし、それ以外は、院長先生といえども、実名を書いた。その理由は、雪ノ下の方にある。後注2に置いたブログの、最後の方の節で、以下のように書いている。

 かつ、・・・・・睡眠導入剤、アモバンをもらいに行く・・・・・と書いたために、またまた、自分に、都合の良いように誤解をする。前田夫人と、その腰ぎんちゃくである、小野寺夫人が激しい攻撃を、火曜日と、水曜日に仕掛けてきたからである。

  それが、本当の原因だった。ところで、最近のシリーズで、もっとも主たる、登場人物であり、主役でもある、画家Aだけは、実名を書いていない。その理由を、&&&&罫線内で、再びここに書いて、そして、其れを、どうして、院長先生のお名前をここに記載したかの答えとしておきたい。はっきりいうと、院長先生は、我が家の、合いかぎを持ってはおられない。そして、我が家に侵入して額をすべて、ひダリ下がりにして帰る、様なことも、なさっておられない。だからこそ、安心して、その実名が書ける。一方、画家Aのやっていることは、法治国家、日本ではあるまじききことであり、信じがたい事でもある。しかし、画家Aは、10年以上の長きにわたって、何度も我が家ないに足跡・・・・・(無論のこと、象徴的な意味を指して言っている。別に靴を脱がないで、侵入をしているわけではない)・・・・・を残している。

 彼に合いカギを渡した連中は、いったいどういう形で、落とし前をつけるつもりだろう。シロタ画廊が、個展の案内状を送付してこなくなったという形が、この案件の、落とし前なのでしょうかねえ。まあ、待っていましょう。丁寧に、すべてを観察しながら。

 それにゾフルーザ問題がある。その案件は、仮名シオノギ家について書くなという意味で、生起させられているが、私は、脅かしに屈して、すべてを書かないというわけではなくて、もしかしたら、シオノギ家と、連動をしている、人物として、有名美術評論家、ソオノギ家(そのお坊ちゃま)史がいいるのではないかと考えているからだ。ソオノギ家、ぼっちゃまは、柄沢斉の、専属美術評論家だ。だから、画家Aは、タカをくくっている? そして日大アメフト問題も、ここに関係してくる。画家Aの娘がフェリス出身で、私の娘が日大出身だから、あれが、起こされたわけでしょう。

 私は外部には、目立たない形ながら、ソオノギ家のお坊ちゃまに、一時期、親切にしていただいているので、その実名をかけない。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&

 画家Aは、2005年から2009年の間のどこかで、「ワインが割れて、惜しかったねえ」といい、笑いながら、石段を、うしろから追い抜いて上がって行ったことがある。その時も私は激怒して、一晩で、文章を書いた。しかし、それ以前は、お互いの家に上がって、絵を批評してもらったりした間柄なので、いったん、クッションを置いて、次の朝を待った。そして、次の朝に、かれに電話をかけると、「いいですよ。何を書いても、ただし実名でないなら」といった。そして、彼の捨て台詞の、原因となった石段の割れは、公費で、修復をしてもらった。そういうことも、彼を増長させていると、私は見ている。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&

 今般だけは、警察から、合いかぎをもらって、いやがらせをやりに、頻繁に侵入をしているという、日本が法治国家ではないという側面を明らかにする大問題だから、絶対にすべてを書きぬくつもりであって、2018年の12月11日から書き始めて、既に、一か月たっているが、まだ描き終えていない。大量の傍証づけを行うつもりで、その過程で、私に意地悪とか攻撃をして来た人間はすべてを書くつもりである。その際に、

 その医院の事務スタッフの眼鏡をかけてきた、女性が、私の待合室での、看護師さん相手の会話を、さえぎってきたのは、大問題なのだ。したがって、そこを書かざるを得なくて、院長先生のお名前が1か月ほど、登場することとなった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『本日の文章は劇症睡魔から始まっている。この睡魔については、数人の人から外部操作で、可能であると、既に、聞いている。しかし、私が今問題にしているのは、劇症下痢なのだ。あまりにも激しい下痢で、尿が一切でない。父のケースから、腎臓が機能停止をすると、一週間で、人間が死ぬことを知っているのだった。尿毒症からだと思うけれど、多臓器不全という形で、死んでしまう。それが、近々、私に身にも起こる可能性さえ感じた。それを、恐れて、・・・・・この下痢が、外部操作で、起きている可能性がある・・・・・とこのブログ内で、書いた。

 しかし、その種のことを書くと、読者が誤解をして離れていく可能性もある。それは、十分に承知をしている。「あいつ、被害妄想が強すぎるね」と、言われる可能性がある。それで、私は傍証づけが欲しい。幸いにして、院長先生は、胃腸科専門だ。その上、内科を引き受けておられるから、ありとあらゆる病態の、患者が、来ている可能性があり、今年流行をしている、インフルエンザが下痢を伴うかどうかは、知りたかった。

 ただ、アモバンを処方していただくだけだから、院長先生と、私との会話は、いつも、非常に短い。その上、薬事法の改正についての説明があったので・・・・・特に、アモバンは、将来保険がきかなくなって、お高い値段になる・・・・・という話があった・・・・・ので、二分間があっという間に、終わってしまい、下痢と、インフルエンザの関係を質問することができなかった。

 で、待合室に出た後で、顔見知りの看護師さんがいたので、彼女に、「今年のインフルエンザは、下痢を伴いますか?」と、質問をした。すると、相手が「いえ、別に」と答えた。そのとたんに、看護師さんがいる場所と、私の間を、断ち切る形で、例の意地悪・眼鏡・女史が割って入って来て、30秒待てば終わる会話を、さえぎって、私とは、違う患者の、会計処理を行った。そして、非常に得意そうな顔をしていた。そのとたんに、・・・・・おや、これって、ニューヨークで、教授の職を失わせしめた、やすこの、行動にそっくりですね・・・・・と、思いあった。

 やすこは、教授の、デニスムーラン・・・・・(40代の女性で、大学の実力者の愛人だから、教授陣の数が、手薄であって、実力のないことが目立たない大学院の方の教授に、してもらっているという噂のあった女性で、私に才能上の、嫉妬心を抱いていた。実力のないことを見破られて軽蔑をされるのではないかという警戒心も抱いていた)・・・・・の代理の、狙撃手として、いじめてきていたのだった。そして、大得意みたいだった。その日の眼鏡女史の顔は、やすこの、6週間目までの顔とそっくりだった。私にしてみると、サル智慧の発達した顔だなあと、なる。

 ただ、こちらの方が、やすこに比較すると、女子力は高い。背は、160cm以上で、すらっとした体形で、むろん、結婚をしていると思われた。学歴は四年制大学卒かもしれない。そして、子供もいて、その子が私立中学受験でも終わっていて、栄光、星光、関東学院、、山手学院、などに、既に、入学していたと仮定をすると、将来医学部へ進学して、医師になることも可能なので、私立大学の医学部であった場合の、学費を稼ごうとして、医療事務専門学校へ通い、資格を取って、横須賀一、便利な処にある、個人クリニックへ勤務した。そして、三人でシフト制なので、いろいろ、譲りあうこともできるので、勤務は楽である。で、内心では、

 ・・・・・・・自分は快調に人生を走っていて、何の悩みもなくて、前向きである。

 一方、川崎千恵子って、隠れたところで、ひどく悪いことをしている(それは、このブログで、悪事を書かれてしまった人たちにとっては、そういえるだろう)らしいし、美人でもないし、有名人でもない。馬鹿に仕切っていいはずでしょう。それに、彼女の相手を、いま、している看護師さんの方だって、私の方が、後からここに、入ったけれど、社会階層的に言えば、上ですからね。後2年もすれば、うちの子は医学部へ入学しているはずですよ。そうしたら、私は松岡先生と、社会階層的に言えば、同じソサイエティの人間となるわけだし、看護師さんより上ですよ。明日になれば、彼女のメンツをつぶしたことなんて、何でもなくなるわ。そして、私は快調です。快調、快調、私の人生は、晴天続きです。・・・・・・・・・・・

 と、思いこんで帰ったことでしょう。一月7日にね。しかし、私は、その一週間後、此処に、こういう文章を書いています。(苦笑)この副題7に書いたことは、例の私固有の見て来た様なうそを言いの類です。しかし、当たらずとも言えず、遠からずであって、松岡先生にとって、やがて将来、足を引っ張る、家来となるでしょう。人を使うのは大変ですが、能率的に優秀な人よりも、何にもまして親切な性格の人を待合室に置く方が、個人クリニックとしては、正解だと、思います。

 この章は、もっともっと長くかかないといけません。特に、1月8日の夜から、激しい形で、しかし、既に、午前五時になるし、私自身、副題7を書いただけで、創作の楽しさを味わい、すっきりいたしましたので、此処で、この章は終わっておきたいと、思います。では、後刻推敲をして、その上で、署名と書いた日付を入れます。 

(蛇足A)

・・・・・そちらの速攻で、訂正する「例としては、最近のものとして思い出すのは、希釈という語彙を忘れていたと、いう件です。76歳で、あることの残念さの表れですが、記憶は衰えております。で、名前を、固有名詞、一般名詞、普通名詞、ともに忘れがちです。現象や、因果関係は忘れておりません。しかし、名詞と、日時を忘れることはよく、あります。希釈という語彙は、日本語特有の表現ですが、原液に、水を入れて薄めると、いう意味が加味されている良い表現です。化学の分野でも使うし、銅版画(インタリオといって、今では亜鉛板も使うケースがある)の分野でも使います。しかし、英語だと、いっしょくただと、思います。それで、ニューヨークのことを書いているので、つい、希釈という語彙を忘れたのでした。薄溶液と初稿では書いております。しかし、これは、ちょっと恥ずかしかったです。後注3に置いた文章内で、京都精華大学卒で、1999年秋から、プラットインスティテュートの大学院へ、入学している【やすこ】がくるったのは、

 私が、CuCl₂ + 2HNO₃ = Cu(NO)₂ 2HCL と、書いてみて、

意味が分からないらしくて、呆然としている【やすこ】の顔を見ながら、はっきりさせたくて、「これは、化学方程式としては、中学生で、習うレベルですよ」と言って、さらに、続けて、「私は、昔、東大に勤めていたから、(57歳になった今でも)、すらすらと、書けるのですよ。(むろんソラでね。あなた、できますか?)」と、言ったと書いています。それなのに、希釈という語彙を忘れていたのでは、こっちが、気恥しくなりますね。ただし、そのエピソードと今の時点の懸隔は、20年あります。

(蛇足B)

::::::::::::: なお、井上ひさしは、公的には、自分を死んだ事にしていますが、いまだ生きていますよ。地下潜行をして、日本社会へ、異様な仕組みを数々、起案して、送り込んでいる手合いです。この薬事法改正案も、彼の発案で、国会を通った可能性が高いのです。冒頭で、録画をお勧めしている【元禄港歌】を、今、再放送をさせるのも、彼が生きている証拠です。彼は、宮沢りえを、【父と暮らせば】で、起用をして、其れが、大ヒットをしたので、宮沢りえがお気に入りになりました。私は、彼女の子供は、井上ひさしの実子ではないかと、思って居るほどです。それで、・・・・・宮沢りえが、大活躍する、そのシアターコクーンでの芝居を、私がよくみている番組内で、再放送させるのが、自分の特権のあかしとなるし、私がそれで、彼の威光に、ひれ伏すはずだ・・・・・と、みなして、NHKに、此処で、其れを再放送をさせています。:::::::::::

 この章ですが、実際には、2019-01-14 20:36:28に公開をしております。しかし、日付だけ、二日遅れで、公開したことへ、変更をさせていただきたいです。しかも、2月10日に大変更後、もう一度、公開をさせていただきます。

 

 

コメント