銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

メモとしての、TV東京の特番【ドリームハウス】と、やまゆり園事件の連動性

2016-07-31 23:18:49 | 政治

 最初にお断りをさせてくださいませ。以下の文章は、本当のアップ時間は、8日です。しかし、私側の都合で、7日に移動をさせてくださいませ。

 以下の文章は、私の心の中だけのメモなのです。読者の皆様へ向けて発表をするものではありませんが、しかし、こう言うメモを書いただけで、恐ろしい攻撃が始まるので、却って公開した方がいいのです。で、メモながら、公開をさせていただきます。後ほど、他のブログと関連して、ひとつ、ひとつを、丁寧に分析して、語ります。

尚、この下に、昨日8日の夜に書いた一文が(A)あります。そちらの方が、通常のブログです。後で、そちらが、完成したら、二つの、トップ位置を入れ替えます。

(A)

三重に、ねじ曲がっている、杉並火炎瓶事件・・・・・・是もCIAが起案した謀略の筈・・・・その1  2016-08-08 20:09:57 | 政治

~~~~~~~~~~~~~

私達夫婦は、2016年8月8日は、朝の9時35分に家を出たのだが、安野家で、激しくドア(引き戸の類)を開け閉めする音がした。いかにも憎々しげに、かつ、脅かせるだろうと、思ってやっているのだと推察する。これは、前田夫人が猫を脅かすためにやった、雨戸をがたがた、午後の二時ごろに行った、ケースから小野寺夫人の脅かしに繋がる、一種の典型的な類型的脅かしであって、各種の、謀略事件が謀略であることの傍証づけに非常に役に立つ、現象だった。ありと、あらゆる謀略の傍証づけに役に立つ現象だった。

こういう攻撃をやってくるのは、安野夫人は勝っていると、思っているからやってくるわけで、中国海警局の、尖閣諸島出没に、大いに嬉しがっているのか、それとも、一連の私のブログを、『あいつ、負けた』と、思って喜んでいるのかはわからないけれど、わが家の会話が室内盗聴をされていて、それが、安野家に、ダイレクトに入っているのは確かだった。今のところ、安野家の、きんもくせいが、茂って来たので、あの家の東側の戸を、がたがた言わせるのは、わが家の玄関の様子を見てからタイミングを合わせるのは無理だからだ。

~~~~~~~~~~~~~

と言うわけで、私は何もする必要が無い。真実はすべて、雪ノ下の人間が教えてくれるからだ。石井秀樹邸では、二日連続で、お客を招いていた。し、

この二つのご招待は、一応正常な範囲だと、みなすことができる。ただし、ウィークデイは、ほとんどいないのに、この週末に急に、土曜日も日曜日もお客仕事をしたのは、裏から「ここで、頑張らないとだめですよ。引いたら駄目ですよ」と、言う忠告があった可能性は残る。

ところで、お客と言えば、大量に来た時が、オープンハウスだった。この時の、受付の若い人間の態度が、これまた、ブログの種になる程、失礼だったが、・・・・・

一般的に言えば、祝福してみていて上げるべきだろうが、TV東京の特番、ドリームハウスに前田祝一氏がセリフ付きで登場し、小野寺夫人もセリフ付きで登場し、安野氏は、せりふは無いが、大きく登場し、柳沢昇は、後ろ姿だが登場し、となると、アジサイ畑欺罔事件に対しての、証拠隠滅の傾向はまことに強くなる。したがって、急速に、私の大きな観察の対象となってしまった。行動のすべてが、鎌倉エージェントの指示に基づいて行われていると、みなすことができるからだ。二階は360度素通しのガラスになって居る。今、薄い形式のスクリ-ンが下がっているが、昼間でも中が見えてしまうし、夜など丸見えで、・・・・・特に、中を見せびらかす形式になって居るので、何も、無理をしないでも、見える形となって居る。

~~~~~~~~~~~~~~

ところで、特番のドリームハウスに、前田氏が出た。小野寺夫人も出たが、その件で、アジサイ畑欺罔事件よりも、別の問題が浮かび上がってくる。小野寺夫人は、私にわざわざ、禁煙活動の大切さを説いたことが有る。あまりにも不自然なので、却って、【禁煙運動、または、受動喫煙禁止条例】そのものが、謀略であることを確認をさせた。道路に張り付けてある、ゴム製の、禁煙マークも、鎌倉市一、この山の進入路に付いたタイミングが早い。

その禁煙運動には、神奈川県が、大いに関与した。松沢知事と、黒岩知事の違いはあるが、やまゆり園事件で、午前中にすぐ記者会見をし、午後には、黒岩知事は、やまゆり園を訪問をしている。こういう風になると、ドリームハウス放映と、やまゆり園事件は、表裏一体で、双子の兄弟ともいえる様になるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~

特に鶯吟邸の前の持ち主など、大量に、たき火をして、その煙が下から上がって来て、わが家の南側の庭から、上に上がったので、わが家が、・・・・・前田家を中心とするいじわる女性連中に・・・・・火元だと、疑われて、ひどい措置を受けた過去がある。それに対して、神奈川県は、いつの間にか条例で『たき火をしてはいけない』と言う事にし他らしい。知らなかった。で、主人が病気で入院中に、引っ越しの必要が出るかもしれないので、いろいろモノを整理して、その結果、要らないものが出たので、木片類を焼いたところ、小野寺夫人に激しく責めたてられた。

もう一回役と警察を呼ぶと、どなられた。これは、無論の事前田夫人と連動して、行ったいじめなのだ。昔も、まったくやっていない時に、怒られたが、今度は必要があって焼いた時に、どなりこまれる感じだった。恐ろしいタッグマッチだ。

~~~~~~~~~~~~~~~

 この煙騒動で、確かな様に、下からの煙、風、音は、すべて、わが家が、山の上の人達への入り口となる。

 ところで、山ノ下の、鶴岡八幡宮様の駐車場に、防災無線のスピーカー塔ができた。柱と言うべきか? 鎌倉市内の、特に山の中に、三本立っているが、もっとも最初に放送が始まる柱である。

 上で言っている様に、煙が我が家から出ていると誤解をされたぐらいだから、音も下から上がってくると、わが家を起点として我が家の庭から、山中に広がって行っている。で、もし、音がもっと、はっきりと聞こえる様にする為なら、わが家の東側の【タブしい】を枝払いをしないといけない。

 ところが、同じ理由で、鶴岡八幡宮様は、安野家の、東側と、東南側の、たぶしいを、大量に切ってあげた。仕事は、5~7人が来て、一週間かかった。予讃は、わが家の家の中の、もみじ他を、切ってもらったのが、一日で、65万円だったから、300万円以上だと、推察される。

 それは、八幡宮様が、半分出して、半分は鎌倉市で出すとのことだった。つまり、完璧に個人を助けるために公のお金が使われたと言う事となる。これは、防災無線の根元で、発煙筒を、風のない日にたいたら、一発で、証明できる話である。

 ここでは、メモだから、繰り返したくないが、尖閣諸島問題を、取り上げると、安野夫妻を助けるために、数十億円の出費がすでに出ていると、思われる。これは、1980年代に、御成中学で、「おいちに、おいちにのあひるさんと」、呼ばれていた(ということは、通信簿に1と、2しかないと言う事で、有名だったのだが)次男さんが、舞鶴の海上保安学校へ入学したこととすべては関連する。

 その当時、安野家の玄関で、対、私を狙って、わざと聞かせる様に、「国立大学付属高校ご入学おめでとうございます」と、石川和子さんが言っていたので、このご入学が、お成績を、変更デモさせて、かさ上げして、3と、4で、通信簿が満たされている様に、変更して、入学をさせたと、見ている。それは、無論の事、瀬島龍三の計らいで、すべての、人が従ったと、見ているが・・・・・

 そして、その後、安野君は、生涯賃金、一億五千万円程度が保証されることとなった。そして、私のブログが、最近、ぐっと、真実に迫っているので、安野家を高め、その脅かし力と、攻撃力の効果を、更に高めるために、尖閣諸島へ、中国艦船の出動を、CIAが画策をしたらしくて、NHKが、大げさに報道を重ねているが、ごくごく、個人を救うための、まったくの謀略ニュースなのである。しかし、安倍総理は、こう言う現象で、憲法改正等をもくろむことができるので、歓迎しているが、中国の攻撃精神事態については、屁とも思っておられない筈だ。

~~~~~~~~~~~~~

ところで、2014年の二月だったと、記憶しているが大雪が降った。この件について、前田家の強欲と、安野家の強欲を証明する出来事がある。

しかし、今は、有る、問題があって、語らないで、置きたい。

下の写真は、私ではなくて、ハッキングをしているCIAさんが、入れたのですが、後で、利用価値が出てくると思うので、そのままにしておきます。今は説明をいたしませんが・・・・・

 

 

 

 

ああ、おぞましい連中よ。いやあ、あくどいです。だから、谷垣さんは、逝去されたと、見ますね。恐ろしい。本当に悪魔そのものの連中です。

コメント

植松聖は、何に蠱惑をされたのか? 北野武監督の映画に主演させてやると、言われていたかな?

2016-07-31 02:58:37 | 政治

副題1、『個人の家が道路に向けて、高度なレベルの監視カメラを設置すること自体が、変である。そこが、そもそも、この事件が謀略であることの始まりだったのだ』

 私は一貫して、植松聖は、刺していないと、見ております。このニュースの最初期に報道をされた映像ですが、近所の個人の家に置いてある監視カメラに写っている、植え松聖が出てきます。その映像から、嘘が見え見えです。

 まず、個人の家が、これほど、大きくて、鮮明な監視カメラをしかも、自宅の門内に向けてではなくて、外の道路に向けて設置することが有り得ません。このやまゆり園の行動パターンは、ご近所様を巻き込んで、行事をあれこれするという形式だったそうですから、ご近所様は、やまゆり園を警戒する必要など、みじんも感じていなかった筈です。

 だから、これは、この劇場型犯罪を、日本国民に真実であると、思い込ませるための事前にわざわざ用意された装置だったのです。もし、そこにコンビニでもあったのなら、許容ができますが、個人の家だそうです。記者さんたちよ。コロンボクラスの頭を持ってください。どうして、そんなところに監視カメラが置いてあるのか、その家に、いつ、設置をしたのか? 費用は誰が払ったのかを問い合わせないといけないでしょう。

 それは、簡単な目的があったからです。そこに、映っている映像を後ほど、利用をする為に、あらかじめ警察がお願いをして設置してもらったのだと、思います。そんなことは、私には瞬間的に分かりますよ。

 したがって、これは、警察とか神奈川県(公の組織としての県知事と、やまゆり園園長他を含む)を巻き込んだ、嘘なのです。謀略なのです。19人は、死んでいないでしょう。刺された人間はいるはずですが、植松が刺したか、プロの暗殺集団が刺したかは、不明です。

 で、大きなバッグを持って帰ってきたのが、午前2時50分だそうです。出頭をしたのが、午前三時です。だとすると、着替えないで、出頭をしています。となると、彼は、黒いTシャツを着ておりません。

 この黒いTシャツと言うのは、初日の朝に、さんざん、私たちが聞かされた言葉であります。警察発表と言う形で、聞きました。出頭の際に、黒いTシャツを着ていた事になっているのです。しかし、監視カメラでは、黒ではありません。下は黒です。が、上は何色かはわかりませんが、黒よりもメイドが高い色のシャツです。と言うのも映像が白黒だからです。

 となると、これが、単なるずさんさの表れか、それとも後日、植松はやっていませんでしたと、発表をされる伏線となっているのか、どちらかだと、成ります。

 このどちらが正しいかについては、私のブログの書き用によって動いていくはずです。私が書いたことと反対の方向へ、ニュースと、報道が動いていくでしょう。それは最初にお断りをして置きます。私の文章が否定をされて行くことは、数万回経験しているので、彼等の常とう手段ですから。

@@@@@@ここまで、31日の午後3時10分に推敲済みです。これ以降は後ほど、推敲をいたします。

 で、ともかく、植松は、返り血ひとつ浴びていないので、実際には刺していないと、見ています。だって、職員の人が、ラインで、外に居るスタッフに電話をかけて、その外に居た職員から、110番通報をされたとか、それって片でしょう。普通は、騒動が起きたら、別の胸に居る別の職員が110番する物でしょうに。ほかにも、いろいろと、疑問符がいっぱいありますので、こういう風に考えるのが妥当でしょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『映画に、主演させてやると言われていた可能性が強い』

 植松聖は、おっちょこちょいで、軽い性格で、措置入院の際にも、躁病と診断をされたそうです。その彼が、全身に入れ墨を入れていると言う事も28日か29日ごろには発表をされました。それで、小学校の教員になることをあきらめたと、発表をされています。それと、友人たちのコメントと言うのも多数発表をされています。ところで、友人たちのコメントも、無論の事、取捨選択をされているわけですが、顔を隠している友人と言うのは、今の植松には、それが、本当の友人であるかどうかは、判断ができないわけです。だって、テレビを見ることができないでしょう。だから、偽物が準備されて、こういう事案をねん出した側にとって、都合のよい事を言う可能性もあるのです。

 で、友人たちが隠している、または、テレビ局が取捨選択して、隠した、項目の一つとして、映画俳優か、タレントに成りたがっていたというのは、無かったでしょうか? まあ、植松自身が、それを願っていても,他人には語らなかったかもしれません。だって、成功率の低い事を、成功する見込みをもって語るのは、後で、夢を追跡できず、挫折して、恥を搔くを書く恐れがあるからです。

 ただし、フェイスブックかどこかで、そう言う夢を語っていたとしたら、それが、スパコンの検索で、引っかかる可能性はあります。そこを餌にして、とても有名な監督に、「近日、あんたを主役にした映画を撮ってやる」と言われたら、天にも昇る気持ちにはなりませんでしょうか?  

 ユーリーカと、叫んだのはアルキメデスですが、私も、31日の、午前3時ごろ、突然にそれが、判りました。前々から、彼が尊敬している誰かが、こういう脚本のもとに、こういう風に動いてくれと、頼んだから、彼は、ああいう行動をとっていると、見ています。それが、北野武監督、もしくは崔洋一監督、もしくは山田洋次監督である可能性があるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『本当は、19人もは、殺されては、いないのではないかな? だから、神奈川県職員の、当日午前中の、インタビューもへらへらしたところがあったし、やまゆり園園長、入倉女史のインタビューにもどこか、絵空事を語っているみたいな、不誠実な感じがしたのだろう』

 これは、初日から変だと、思っていた事でした。救急車が何台も来ています。記者の一人が、「死亡された方は、どこにいるのですか?」と、質問をすると、「まだ、園内に居るのです」という答えが帰ってきました。

 その後霊柩車が、園内に入って行ったという様子が無いのです。それと、非常に早い時点で、19人死亡と発表をされました。変ですね。医者が来て、診断をして、そして、死亡診断書を書くにしても、時間はもっとかかる筈なのです。

 こういう風に書くと、言え、遺体は、救急車に乗って、出たのですと、答えが返ってくるはずです。その救急車は、死亡を確認したのは、どこの鋲林でしょうか? そして、その遺体は今は、どこに置いて有るのです。各被害者のご自宅に帰ったのですか?

 その救急車、もしくは、霊柩車が、各被害者のお宅に届いた際の映像がどうして出ないのでしょうか。昨日、被害者の一人、19歳のお嬢さんの、葬儀が行われたと、報道をされましたが、被害者名と、葬儀会場の、実際の映像は出ませんでした。遠くから撮影をしたらしい映像は出ましたが、そんなのどういう風にでも作れますしね。でも

~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『どうして、現場を取材することが許されないのか? 記者は誰も中に入っていないでしょう。どうしてですか? 真実は、嘘が一杯込められているから、テレビカメラに撮影させることができないのでしょう?』

 ここは、詳細を語らないで、先へ進みます。

~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『19人が実際に殺されたとして、どうして、被害者の名前と写真が公開されないのですか? 障碍者の顔が、汚いからですか? それこそ、差別でしょう。違いますか? 障碍者もダッカ襲撃事件と同じ被害者ですよ。人間として、役に立つ生産性の、高低で、差別されてはいけません。被害者の実名を公表してください。それと、被害者の、葬儀の実際も、丁寧に報道をしてください。それとも、被害者たちは、実際には、すでに、捨て子同然で、遺体の引き取り手が無いのですか? シャルリーエブド事件の時も被害者は、9人だったそうですが、日本で葬儀が紹介されたのは一人だけでした。で、非常に胡散臭いとは思ったのです。被害者数の事です。今般は、それ以上に事後処理に不明な点がいっぱいあって、19人もの死者が居ると言うのは嘘ではないですか?』

~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『25日の夜に、東京メトロ銀座線車内で、<不審者が居たら、通告してください>と言う車内放送が、通常はそれが、放送をされない駅で、京橋から、渋谷までの間に、二度も流れた。これは、お前がこの電車に乗っているのをこっちは知っているのだよと、言う脅かしとして、京急車内で、よく使われるものだ。昔は東急でも使われたが、最近の私のブログが、あまりにも真実を穿っているので、その両線内、では、聞かれなくなってはいるが、関東大震災の時の、在日朝鮮人殺しとか、大杉栄殺しと、似た様な軽視kで、どさくさまぎれに騒動を起こして、私をテロリスト呼ばわりをして、逮捕してしまおうとするサインと、予告だと、みなしている。

 また、銀座で、25日と、26日に、駐車違反監視員が出て来た。これは、しばらくの間出てきていなかったものだけれど、警察が、自分側が勝てると、みなしているときに出るものだ。また、火曜日に、右翼系らしい(15人程度のデモ隊が、東急ハンズ前で通っていたが、これも、私狙いの嫌がらせであって、こういう時は、彼らが、勝てると、読んでいる時なのだ。なぜ勝てるのだ? それは、近々、このやまゆり園大量殺傷事件が起きることを知っていたからだろう。だから、これは、謀略で、計画性があったのだ。それを、警察庁が知っていて、警視庁も知っていたのだ。どうしてそうなるのだ?

 個人・植松聖が、突然におこした・・・・・その筈の事件なのに、私は、25日に、散々な嫌がらせを受けた。これは、彼らが勝てるとみているときに固有の現象で、この植松の大量殺傷事件で勝てると、見込んでいるから、こう言う風に嫌がらせのオンパレードが続いたのだった。

 もう一つある。ずっと、行われていなかった鎌倉駅と、大船駅で、イッコーと言う会社の警備員を配置することが再開されている。これも彼等悪魔さんたちが強気になっているときの証拠である。

~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『テレビニュースでは、措置入院と言う言葉が連呼されている。そして、最初の日の午前7時ごろにはすでに、植松聖と言う犯人とされる人間の、個人名と、それから、彼が精神病院に措置入院をしていたことが連呼に等しい形で、激しい回数、報道をされた。

 変だと、思う。普通、異常な事件が起きた時には、犯人が精神異常者である可能性を配慮して、数日間は、犯人名が明かされない。過去の新聞の事例を見てみたい。が、そうなっている筈だ。昨日図書館にそれを見に行こうとしたが、日曜日は、五時までなので、実際には検証できていないが・・・・・

 これは、どういう目的かと言うと、<お前を精神病院に入れてやるぞ>と言う脅かし的、策謀が、裏に、あるのだろう。それで、昨日、前報を書き、・・・・・そこに措置入院で、私を抹殺しようとしているのではないか・・・・・と書いたら、その時点で、前田家は起きていた。彼らが、それを計画していて、それに警察と神奈川県が協力をして、この事件を起こしたのだろう。

~~~~~~~~~~~~

副題9、『女性がトップを担っている公務員組織が、使役をされやすい。女性は、物事の、把握が弱いし、脅かしにも弱いし、県知事などの、自分より目上の人間から頼まれれば、容易に言う事を聞くのだろう。
 この事件は徹頭徹尾、演出と、脚本に基づいて、植え松聖が、異常だと言い果てて、そのどさくさまぎれに、私を精神病院に措置入院させてしまおうとする、陰謀である可能性が強い。

 やまゆり園の延長が女性であることも使いやすかったのだと、思われる。私は最後まで詰めてはいないが、鎌倉市中央図書館の、館長も女性である可能性が強い。

 その人には何度も出会っている。彼女は、鎌倉アカデミアの研究をしていて、私を招いていくれているし、上町(かみちょうと、発音する。建長寺の傍のバス停)に住んでいるみたいなので、同じ路線バスを使用するので、夜に、挨拶も交わしたことが有る。だけど、女性だから、くみしやすしとみて、病気入院中の私がボックスに返却した本が無くなったケースで、相当に、伊藤玄二郎一派の提案に協力をされた可能性がある。ともかく、図書館は、正しい住所で、私に何度もは劇や手紙をくれているのに、その時だけ、とんでもない住所あてに手紙が来て、不思議な女性(見たことのない郵便局員。だから、刑事の変装である可能性が強い)が、やって来て、わざわざ手渡しをした。これは、図書館に注目せよという暗示だったと、思われる。

 彼らは、策謀を行いながら、どこかに、それが、策謀であるというサインを残すのだ。

 今回も植松聖が、手紙をもっていって渡したのは、参議院議長だと、何度も耳にした。ところが、それについて、一文を書くと、突然に、衆議院議長に変更になっている。場当たり主義で、マッチポンプ主義の典型だ。

 そして、これは、2014年の、6月4日から、9日を挟んで、12日まで行われたあんどうてる子さんと、白井小野寺夫妻と、安野忠彦・智紗夫妻と、保土ヶ谷のネットカフェゲラゲラを使った、精神病院へ入院させてしまおうとする策謀の、ヴァージョンアップされた、より強大な、そして、より豪勢な、しくみに他ならないのだ。

~~~~~~~~~~~~~

副題10、『日本が真実の法治国家なら、柳沢昇。杉本横須賀市副市長、などは、それこそ、逮捕されるべきなのに、正反対の、動きがある。

 そして、旭化成データ流用疑惑で、大騒ぎをさらに敷衍をさせた、石井国土交通大臣は、安倍総理と、公明党のトップが懇談をして、閣内に残してほしいと公明党から、要請があったと、NHKが報道をした。それは、半分は真実で、半分は嘘でしょう。

 この山の前田祝一・清子夫妻、そして、白井・小野寺夫妻が、外で、伊藤玄二郎たちを交えた会合を持った時に発案をされたもので、わが家の資産軽減を狙った小さな事案だったのだ。即座に悪辣さを見抜いたせいで、却って、大騒ぎに発展をした。それに大いに貢献した石井大臣の大臣席への就任を、さらに、延長させるというのは、私のブログを、いじめるための措置である。しかし、熊本大地震も神戸での、高速道路の橋げたの落下事故も石井国土交通大臣の迷妄ぶりが、下人になっていると、思われるのに、延長させるとは安倍総理大臣は、伊藤玄二郎たちの言うなりなのである。しかし、谷垣氏が、言語活動ができない(実際は、既に逝去だと、みなされる)、今誰が、連絡係となっているのだ。それは、これから注目をしておかないといけない。

~~~~~~~~~~~~~~

副題11、『ここまでの真実をさらすと、植松聖は、拘置所内で、自殺をしたことにして、葬り去られる可能性がある。だが、彼が、悪人だったわけでも、彼が反省をしたわけでもない。例の鎌倉エージェントが、すべてを行っているのだ。で、植え松が約束を破られて、これは、困ると、言い出したりしたら困るので、廃人にさせられていくか、一気に自殺と言う形にもっていくことになるだろう。そういう風に闇の勢力中の闇の勢力が、したいのだ。かれらは、すべての事を、非常に、淫靡に行っている。だが、入倉園長と、黒岩知事の、罪は、大きい。表向きに、明るく、しかも同情的に、演技して、いて、この事件が、あたかもNHKの報道通りに、ほんとうに、個人の殺傷事件として、起きた犯罪のごとく、装うのに寄与したのだから。

 それから、ご近所の人間で、今まで名前を挙げていなかった、ミスター富沢と、マダム・セキノの態度がおかしい。これも、分析に役立つ重要な事項だと、思われる。後日、丁寧に分析しておこう。
誰が、何を言ったから、ああいう風に変化をしたのか? 相当な、内容を聞いたのであそこまで態度が変わったと、思われる。それが、なにかは知らないといけない。私は猫でも犬でもなくて、人間なのだから、人間として扱われないといけないからだ。

 ところで、これは、やまゆり園事件の分析の、7にあたる。その6(後注1)は、昨日の深夜、事実上、この文章の直前に、完成したので、まだ、ほとんど、読者の目に触れていないと思われるので、それも是非、お読みいただきたい。

 後注1、

子宮頸がんワクチン後遺症被害者・控訴・・・・・NHKは嘘をついている・・・・・やまゆり園の6   2016-07-30 21:15:03 | 政治

 

コメント

子宮頸がんワクチン後遺症被害者・控訴・・・・・NHKは嘘をついている・・・・・やまゆり園の6

2016-07-30 21:15:03 | 政治

副題1、『私が本日、集中して、やっている事』

 私は今やまゆり学園大量殺傷事件を考えており、分析中です。それに対して、これは、謀略であって、植松が、全員を刺したとは、考えておらず、警察の殺人別働隊がやっていると、見ています。しかし、こういう思考が、警察側から、『それが、正しいです。我々は嘘を言っていました』と言う発表が出されるはずはないので、傍証で、突き詰めていかないといけません。

 でも、書くのと、調査するのと、両方を、一緒にやるのは、本当に大変で、本日は、書く方をお留守にして、テレビ番組を検討する事を中心としてやっています。

 結局のところ、このやまゆり事件に関して矛盾とか、嘘があれば、それを衝いていくほか、方法は無いのです。そして、既に発見をしていますが、しかし、今書くと、また、もや逆転して、二重否定をされるはずなので、

 ほかのポイントで、NHKニュースが相当におかしいと、言う事を言いましょう。きっと、これは、嘘ですよと、言うポイントを衝きましょう。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『2016年7月27日は、一日中、子宮頸がんワクチンの後遺症被害者が、控訴をしたユースが、出て来たが・・・・・』

 今の、ニュースウォッチは、リオ五輪の取材の為か、それとも夏休みをとっているのか、左側の女性キャスター(または、サブ司会者と言うべきか?)が、普段の、菜穂子さんではなくて、田中泉さんです。

 その田中泉さんが、子宮頸がんワクチンの後遺症で、苦しむ少女たちが、気の毒だ言うニュアンスを込めながら、右側の河野キャスターと話しあった際に、二人が、「これは、国の指定ワクチンとなり、すでに、340万人が受けている」と、言いました。ひどい数です。

 と言うのも、私に言わせると、けいれんだけではなくて、不妊を、達成させるワクチンなのですから、今から、10年後、または、それ以降の20年後まで、ぐらい、妊娠の数が劇的に減ってしまいます。少子化対策どころの話ではないです。その時点で、この2013年から始まった施策の、責任をだれが取るのだろう。

 だいたい、その時点での厚生労働大臣(たぶん塩崎さんだったと覚えているのだけれど)が責任を取るべきでしょうね。そして、総理大臣の安倍さんも責任を取るべきでしょう。だって、私は、このブログで、2011年度から、子宮頸がんワクチンは、不妊を、刺せるための道具であると言う事を言っています。エルメスのスカーフをして国会に出て来た森少子化担当大臣の存在なんて、笑止千万だったこととなります。

 ただ、この340万人と言う数値に、嘘があるかどうかは、私にはわかりません。私が調査をする主体ではないからです。嘘は別のところにあります。

~~~~~~~~~~~~

副題3、『田中泉さんが、言った、毎年3000人死んでいるという部分が、嘘であろう』

 私は医師会の事務局員ではありません。それから、厚生労働省の役人でもありません。また、統計を専門とする調査会社の社員でもありません。だから、それが、嘘だと、言っても、裏付けがあるわけでもありません。

 だけど、左側に居る、菜穂子さんの代わりの、田中泉さんが、だけど、と言う無音の、表現を前置きとしながら『毎年、3000人が子宮頸がんで死んでいるのですよね』と言った時に、なんと、視聴者を小ばかにした嘘をつくのだろうと、思いました。

 なぜ、それが、嘘であるかと言うと、田中さんが、誰が出した統計かを言いませんでした。それが、嘘であるという証拠の一つです。また、毎年が、何年から始まったのかも言いませんでした。たとえば、2008年からそれが始まったのなら、7年間×3000人で、すでに、2万1千人が、子宮頸がんで死んでいることとなります。それ以前の死者と合わせると、すでに、3万人が死んでいることとなります。 

 まあ、ともかくの問題として、毎年、三千人きっかりの死人が、子宮頸がんで、出て来るわけもないです。こういう風に私がかみついても、田中泉さんは、『あら、そんなことをおっしゃっても、誰も、私は殺しておりませんよ。植松容疑者などと比べると、エリート中のエリートで、有って、あなたに、いちゃもんを付けられる筋合いは有りませんと、おっしゃって、私の発言など、虫なさるのでしょうね。そして、それは、そう言うセリフを、田中さんに言わせた、NHK報道局さんのスタッフの誰かも、そう言ってうそぶいて終わりなのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『この嘘は、NHKがどれほど、深く、鎌倉エージェントに、加担をして、居て、かつ、協力をしているかを語っている』

 つまり、子宮頸がんワクチンの最も恐ろしいポイントは、不妊を招くというポイントなのです。そういう恐ろしい薬だから、けいれんも起きるでしょう。お気の毒な少女たちよと、思いますね。本当に可哀想だと、思います。

 しかし、鎌倉エージェントと、私が呼んでいる存在のうち、特に悪質な人物が、いまだ生きている井上ひさしです。彼は、自分を公には死んだことにしていますが、常に、謀略を起案している人間です。そして、それが、謀略であることをどこかに、ヒントとして、忍ばせております。自分では、ゲーム感覚なのでしょう。それでですね。自分が死んだと言う事にした際も、歩いて病院へ通ったと、娘の麻矢さんに発表をさせています。これが、莫大なレベルの嘘なのです。鎌倉の彼の家から歩いて行かれる病院などありません。特に彼が住んでいる、佐助と言う地域の特に彼の家があるあたりは、駅からは、わが家と、同じレベルを、上がります。石段ではないですが、急な坂道なので、コンクリートで舗装をしてあり、滑り止め用の丸い穴が開いている形式です。

 ここで、急にシステムの異常が起きたので、いつも言っている様に、井上ひさしは、同時進行的に、この画面をテキスト段階から覗いていて、自分にとって、不都合な事を書かれると、パソコンが動きにくく、かつ、私が書きにくくなる様にするのです。彼は、ショートカットした、アイコンをワンクリックするだけで、それが、可能であり、その指示は、わが家から西へ、40mのところに在る、kamakura cottage と言うグローバルなメソッドの民宿に置いてある、大型サーバー(または、ルーター)を中継基地として可能だと思います。この章で、それが、必要だと、考えられたのは、コンクリートの舗装形式が、『一般大衆にそれを、見に来られると、困る』と言う事だったのでしょう。私はね。井上ひさしが引っ越して来てから、それを見に行ったことはありません。何十年も前に、見ていますが、その舗装が、実家そばと同じなので、形式がはっきりと、認識できたわけです。

 そう言っておかないと、早朝五時に、苺の苗を、寿福寺傍のゴミ捨て場に隠岐に行っただけで、パトカーに追跡監視されますからね。井上ひさしは、隠れて、悪い事ばかりしているので、怖くて、怖くてたまらないのです。だから、警察に保護してもらいたいと、言い出しているのでしょう。どうして、扇ガ谷を歩くと、パトカーに追跡されるかと言うと、そこから井上邸に、崖が登っているので、誰かが、崖を上って来るのをおそれて、怖がっているのです。

 今般のやまゆり園大量殺傷事件も、骨格となる脚本を彼が書いて後は、警察庁が、該当する人物を、スパコンで、フェイスブック等を検索して探し出し、その後、教育訓練して、犯人を引き受ける様に説得をしたと、みなしています。誰が使者に立ったかはわかりませんが、植松には、莫大なご褒美は約束をされている筈です。しかし、実際には、収監中に薬で廃人にされていくのでしょうから、ご褒美を実際に手にして、味わえる、わけでもないと、思いますよ。

 この副題4の後半部分は皆様が馬鹿にしたり、疑問に思われたりするのは、知っておりますが、しかし、私にとっては分析上必要な事なので、付け加えておきます。

~~~~~~~~~~~~

副題5、『しかし、メルトダウン報道と同じで、これを切り捨てて、も、・・・・・私が100%勝利できるわけでもない』

 しかし、ですね。この子宮頸がんワクチンの後遺症の訴訟が起こされたこと自体が、私に対する罠かもしれないのです。と言うのもこの訴訟が起こされる、一日前に、私は、下の後注1に置いた文章を書いています。そこではっきりと、この事件が謀略であり、山田浩二が寝屋川のアーケード街を深夜さまよっていた女児と、凌斗君と言う美形の男児を殺したとされる事件とそっくりな、構図を持っていると言っています。いや、第一報(後注1)では、厚生労働省の事務次官を殺しあケースとそっくりだと、言っただけだったかな? ともかく、植松聖は、自らそれを引き受けることを了承したダミーの犯人であり、真犯人は、CIA傘下のプロのアサッシンだと、言っています。

  それは、彼等にしたら予想外の展開だったでしょう。過去にも同じ様な事例がありますが、その日のうちに書き始めたなんて、今までで、初めてです。

 早朝二時ごろ、事件を起こしたのは、最近の私はたいてい、四川省と言うゲームをその時刻にしているのです。ものすごく、深くて、しんどい内容の文章を書いているので、頭脳を洗いたくて、そう言う単純なパソコンゲームをやっているのです。頭の中の、先ほどまでとは、違う部分を使う事で、回復をするからでした。で、その日もやったのかな? ただし、朝は早く起きました。外出の予定もあったのですが、ともかく、三時間か、四時間で目覚めて、一番早く報道を開始した、日テレを視聴しました。たまたま主人がつけていたので、非常に早い段階で、NHKが報道し始めるよりも早く、事情を知り、ライブで、映っている、相模原警察署の玄関が、血で汚れていないのも見て、すぐ、『嘘だ。植松は刺したり殺したりはしていない。もし、46人も、刺したり殺したりしていたのなら、彼は、返り血を浴びて、洋服も靴もべとべとになっている筈で、したがって、相模原署の玄関は汚れている筈だ。または、洗ったのなら、午前4時過ぎであり、まだ、乾いていない筈だ。おかしい。もし、やまゆり園内に、実際に死者が居るのなら、それは、プロのアサッシンがやったことだと、察知しました。しかし、私の敵どもは、違う様に予想をしていたと、見えます。

 前日に、画廊巡りをしたのですが、全部を回ることができませんでした。それで、26日の火曜日は、絶対に銀座へ彼女は出かけるはずで、しかも、最近では、午前中はブログを書かないでいる。家事をしたり園芸をしたりしていると、言っている。で、それをする間は、過去の録画ニュースを見るか、教養番組の録画を見るか、クラシック倶楽部の録画を見るかだ。そして、銀座から帰宅をしたら、すでに、夜の10時であり彼女は、その日のニュースは見ないこととしてる模様だ。だから、26日いっぱいで、日本国民一憶二千万人は、洗脳教唆できる。

 それで、近所の人間に、訴えを起こさせて、強制的に措置入院をさせてしまえ、それが、できるはずだ』と考えられていたのでしょう。

~~~~~~~~~~~~

副題6、『私はやはり、神様に見守られ、助けられているのだと、確信をした。だから、頭脳はさえわたり、立って、一日目にして、本筋を書き表すことができた。その上、次々と、この事件の裏側を書きぬいている。主に動機がどこにあるかを書いている。植松と言う人間の動機ではなくて、植松を掘り出して、使役をして、一手に悪人をお前が引き受けろと命令した人間たちの、動機を探って、書き続けている』

 上の節(=副題5)で、天のお助けを受けて、最初から、ライブで、この事件を追っていたと言っています。それは、本当にラッキーでした。しかし、その次に、すぐさまポイントを衝いたブログが書けたのは、ただ、単に、天のお助けだけで、できたわけではありません。

 それは、7月の17日から24日までの7日間、異常にうるさかったので、事態を予測できたからです。まず、17日のテレビ東京のドリームハウスと言う特番は、私に言わせると、異様なほどの強欲な番組でした。で、すぐさま、一文を書いています。(後注2)

 それに呼応して、火曜日から、土曜日まで、この山に人が入ってこない様な措置が取られました。それをブログで書いていないので、『あ、あいつ、怖がっている。負けたと、思っているじゃん』とでも、思われたのかな? まったく反対です。『おや、おいしい種をいただきましたね。将来、これを分析しましょう』と、思っただけですね。

 そして、悠然と、狂言を見に行って、狂言の世界の話から、20代での、輝かしい思い出を語っています。ところが、そこで、登場した詩人にしてお茶の水女子大教授の坂本越郎先生から、突然に、伊藤整が、坂本先生の人生の、詩の同人として、登場し、突然に、私は伊藤玄二郎と対面せざるを得なくなります。伊藤玄二郎は【詩とファンタジー】と言う雑誌を発行していますが、
 それが、遺伝上の父親であるだろう、伊藤整の人的コネを遺産として引き継いで、発刊して居るモノだと、判って来たからです。

 ところで、それについて触れた章(後注3)の、副題4の第六節目で、私は以下の様に書いています。

 しかし、没年を調べるためにググった途端に、伊藤整が出て来て、愕然としました。本当にがっかりしましたね。と言うのも、彼ら鎌倉エージェントが醸し出すものと言うのは、腐った血みたいなものなのです。べとべとであり、しかも腐臭がしていて、しかも、洗っても容易には、落ちないという、そういう種類の雰囲気を持って私に襲って来るのです。陰に大量の殺人事件が隠されていますからね。

  この青字の部分を、やまゆり園大量殺傷事件が起きた後で、見直してみると、『なんと見事に予言的に察知していたのだろう』と、言う事となります。もう血反吐ドボドボですよね。それと、26日の当日に神奈川県のお偉いさんが記者会見をしているし、なんと、黒岩知事は当日に園にお見舞いに行って医アm素。これも伊藤玄二郎たちが、取る常とう手段です。公を利用する。

 そして、その時出た、人間たちも、次の日の27日にテレビ画面に登場した入倉やまゆり園園長も、どことなく、へらへらしていると、思いますよ。それが、どうしてそうなるかは、すでに分かっておりますが、今は、言わないで、置きましょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『26日から始まったこの一週間の、結果として、私はNHKニュースを利用した、罠とかお誘いには乗らなかったのだ。それは、ラッキーだったと、思うが・・・・・』

 上の節副題6で、私は、神がかり的な事を言っていますね。だけど、科学的な部分もむろんあるのですよ。今般の異常な謀略が、事前に察知できたのは、音にもよるのです。鎌倉の街、(それは、下界ともいえるのだが)、鎌倉街道(救急車や、消防自動車や、バイクの暴走などの音)、八幡宮様の、工事の音、(昼間もあったが、夜にも及んだ)、天空の騒音(ヘリの編隊が、五回ぐらい上空を横切った)、そして、ご近所が出す騒音と言うか、うるささと言うか、何かの、音。これらが、『これからやるぞ。おまえを殺してやるぞ』という時にはあるのです。それが、異様な念波という様なモノとなっていて、私に警戒する様に、教えてくれるのですね。それで、事態が正確に、私に把握できるのです。

 そのうえで、NHKが、報道する、お誘い用ニュースを考えてみましょう。子宮頸がんワクチン訴訟も、お誘い用ニュースだと、思いますし、メルトダウンが、どうのこうのと言うのもお誘い用ニュースだと、思いますし、石棺化を、福島県民が拒否したというのもお誘い用ニュースだと思うし、と、卯木から次へと、それについて、書きたいなあと、私が思う様な餌としてのニュースが出てきたのですが、

  わたくしはたまたま、この三日間録画ニュースのチェックをしなかったのです。それは、ですね。このやまゆり事件の、真の動機について、書くことがいっぱいありましたので、それを優先していたのでした。そして、本日、30日に入って、やっと、録画チェックをし始めたのです。後で、誤変換を直したら、署名と、書いた日付を入れます。

  なお、この一文の本当のアップ日は、7月30日、21時、15分ですが、初稿を書き終わった、31日、零時、21分へと、変更をさせてくださいませ。恐れ入りますが、一日一本として置いた方が、後で、自分が探しやすいからです。では、明日にでも推敲に入りましょう。 

後注1

やまゆり園・大量殺傷事件は、厚生事務次官殺しと同じ筈。不自然な処が一杯だから謀略でしょう   2016-07-26 07:17:46 | 政治

後注2、 

超・上質で高価な新築・隣家のTV放映から、熱海市長・斎藤栄氏の悪を思い出す私だった   2016-07-19 13:25:02 | 政治

後注3、

 

野村萬斎の、祖父としての、坂本越郎について、本日は分析をしたい・・・・前篇2016-07-20 21:55:56 | 政治

コメント

電車の中で、酔ったママが、ドレス姿で、床に寝ていて、それを心配している小さな女の子が居た。

2016-07-30 20:50:09 | 政治

 この文章は最初、後注1に置いたブログの中で、スピンオフとして書いたエピソードです。その文章が長くなりすぎているので、是だけを独立をさせました。

 あ、ここで、突然の挿入ですが、まったく反対のケースを思い出しました。電車の中で、ドア傍で、寝てしまったお母さんを、お嬢さんが心配そうに、見つめているケースです。二人ともパーティドレスみたいなものを着ていて、お顔もきれいでした。決して貧乏だとも思えないのに、ママは、正体不明に、酔いつぶれていて、両足をドア傍に投げ出して、背中は、ドア傍にもたれかかっています。それを、6歳ぐらいのお嬢さんが、かばいながら見つめていたのですよ。しかも、夜の11時ごろの、山手線の車内でした。プロのホステスさんと言うわけでは無くて、素人のお母さんですが、どういう事情があったのか? いろいろなドラマが、世の中にはあるのです。それを、各種の用事で、頻繁に東京へ出ていく私は、見てきています。それもまた、宝物です。

 この観察をもう少し丁寧に、述べると、ママは、30代前半で、若くて、細身で、美形でした。ただ、両足をダラーんと投げ出して、もしかすると、おもらしをしていました。ドレスは、ロングドレス風で、レースがついていて、結婚式等に、着ていくタイプです。

 しかし、もし結婚式の出席後だったら、夜の11時に山手線に乗るのは、二次会とか、三次会にも出席したと言う事で、それは、6歳から8歳ぐらいのお嬢さん(こちらもドレス姿です)を連れて、出席するものではないでしょう。そんな立場で出席したら、他のお友達が、しらけますよね。ともかく、不思議な光景でした。一種のスケッチとして、この文章を独立させておきます。下の文章の字数が多すぎてきたからです。

   2016年7月29日に書き、30日に分離・独立をさせる。なお、このブログの2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3619899です。

   雨宮舜 (本名、川崎 千恵子)

 

後注1、

神尾真由子さんは、小さいとき、大泣きをしたそうだが・・・・・・やまゆり園事件ー5☐   2016-07-29 07:59:46 | 政治

 

コメント

神尾真由子さんは、小さいとき、大泣きをしたそうだが・・・・・・やまゆり園事件ー5☐

2016-07-29 14:56:26 | 政治

 最初にしたに置いてある写真の説明をさせてくださいませ。プライヴァシーの問題から、大切な登場人物は、目を隠しています。みんなとても幸せそうないい顔をしているのに、それをご覧に入れることができなくて残念です。平塚に大きな子供向けの公園があります。そこへ遊びに行った帰りで、このベンチがある場所は、平塚市立博物館です。私(白髪を染めていない日)が中央に居ます。そして、右側に主人がいます。そして、目を隠していない赤ちゃんが左側に居ます。この子が今回の文章の主役です。実は、有職びなみたいに整ったお顔をしています。ご機嫌の良いときはです。この写真では、それほど、ご機嫌が良くない時みたいです。ただ、色が白すぎて、そして、お顔が整いすぎているので、それが、却って、私には、心配だったのです。下に分布の問題が出てきますが、この子は、頭が良すぎるのではないかと、思って。私自身、他人様から、「あなたは、上のはみ出しだから苦労をするわね」と言われています。この赤ちゃんに、同じ現象が起きるのではないかと、思って。これは五年前の写真ですが、その直後から、3年前ぐらいまでが、この子の親が一番、苦しんだ時期です。今は、おしゃべりもするし、非常に活発で、かわいい性格なので、すっかり、父親も落ち着いています。そして、この子を、とてもかわいがっています。で、私も天に感謝し、落ち着いているのですが・・・・・

 

副題1、『ひところ、チャイコフスキーコンクール優勝の、神尾真由子さんについての番組をたくさんNHKは、作ったのだが・・・・・』

 神尾真由子さんが、チャイコフスキーコンクールで優勝をしたのは、2007年でした。その後、2010年ごろまで、NHKは、神尾さんを主役に据えた番組を多数作ったと、思います。私は、それらを、視聴しました。

 で、神尾さんの、演奏は、そう好きではないのですが、神尾さんの考え方と、育ちについては、相当に、共感を抱いたところがあります。まず、外国で、一人暮らしをする時の暮らし方と心構えですが、必ず、安くても(と言う事は、半地下と言う形が多いが)、必ず、独立した家というモノに住むと言う事。シェアハウスでも、自分の持ち分が広くて、壁がしっかりとして、他者としっかりと、隔てられている事。私もマンハッタン島内ではなくて、島の外ですが、半地下の、2DK(60~70平米)を、占有できるところを必ず、選びましたので、それが、共有する考え方です。

 その次に、師匠(先生)に対する考え方。100%、言う事を、聞くのではなくて、必ず、自分の考え方を通したり、優先したりすること・・・・・これも私が普段実践をしている事でした。で、そう言う考え方を持っている人間は、日本の公募・美術団体である国画会などでは生きていきにくいと言う事を発見して、そこを自分から去ったわけですが・・・・・

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『小さいころ、何かが気に入らなくて、ベッドの足にしがみついて泣いたと言う事は、自分でも覚えていると、彼女は言った』

 神尾真由子さんの、発言中の表情を、見ていると、彼女がとても気が強い人だと言う事が解ります。それを、周辺の人も肯定して行きます。豊中市の出身で、祖母に当たる方が、小さいころ、おもちゃとして、バイオリン(八分の一サイズか?)を買って与えて、そこから、彼女のバイオリニストとしての人生が始まりましたが、小学校四年生の時に、すでに、何とか、コンクールで、優勝しているのです。

 で、非常に優れた人として、NHKは番組を作り上げ、出演者も、次から次へと、褒めまくるのですが、実際には、結構育てにくいところもあったと、親戚の人々は言います。いったんつむじを曲げて、泣きだすと、激しい泣き方であって、しかも、泣き止まないので、周辺は困ったと、言います。

 それを、聞いた時に、私の四人目の孫が生まれる前でしたが、神尾さんは、軽い自閉症気味のところがあるのではないかと、思いました。で、四人目の孫が生まれて、2歳ぐらいまで、父親(私の長男)は、ひどく悩むのですが、もっとも、困ったポイントが、大泣きをして、それが、始まると、場所がどこであっても、泣き止まないと言う事でした。だから、神尾さんについての推察が、当たっていたと思います。しかし、彼女は、成功した人として世に出ています。それは、私に希望を与えています。

 皆さんも出会ったことが有りませんか? 通勤時間ではないものの、電車の中で、大泣きをしている、お子さんを見たことを。

 そういう電車内で大泣きをしている幼児の母ですが、たいてい仏頂面をしています。でね、時には、世話焼きおばさんが、「どうしたの?」と、声を掛けたりしますが、ママの方が、応答しないとか、そう言うケースを見たことが有ります。
 おばさんの声が、最初から、ママに対する叱責のニュアンスを含んでいるので、ママが拒否反応を示すのだと言う事が察せられます。しかし、今思うと、そう言うお子さんが、軽い自閉症気味だったら、泣き止ませることが難しいのです。で、ママは、経験上、放って置いているのかもしれません。

 ただ、孫が、そう言う事になったので、息子は、一生懸命勉強をして、そういう状況がどうして起きるかを、探りあてたのですが、事前に、子供なりに予定があるそうです。一番わかりやすいのはエレベーターのボタンなどです。自分が押すと決めていたのに、マンションの他の住人、または、ママ、または、パパが、偶然押してしまった。それは、気に入らない事なので、もう、泣き始めて、泣き止まないと言う事となります。こう言う事が、一日中、予想外のケースで発生をするので、パパとママは、その答を、見つけることがなかなかできなくて、したがって、泣き止ませることができなくて、苦しむこととなります。そして、大泣きをした子供を、世間にはばかるので、余計に、疲れ切ることとなります。

 今、私がこう言う事を平気で書くのは、そう言うステージが終わって、言葉によるコミュニケーションが取れる様になって、孫が、大泣きをする事が無くなったからです。まご本人も活発におしゃべりをしますし、他人の言う事も理解します。それで、ほっとしています。自閉症だと、しても、軽度だと、思います。本当にほっとしています。だから、こう言う事を明かしているわけです。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『世の中には、分布曲線と言うのがあって、私は、「あなたは、上のはみ出しだから大変ね」と、頭の良い方から言われて続けてきていた。中心をゼロとする分布曲線で、ゼロ近辺に、分布されて居る人は、似た性質の傾向と、似た能力の人がいっぱいいて、生きるのがらくであろうが・・・・・』

 この孫としては、四人目として2010年に生まれた、男の子は、長男の方の初めての子供でした。で、長男が、『どうもおかしい』と、考えて、悩み始めたのが、2012年ごろでありました。その頃の私はフェイスブックで、瓜南直子さんには、激しいいじめを彼女の投稿と言う形で、受けているし、北海道在住の若手男性画家が、私とは、友達ではないのに、私の友達を次から次へと、奪っていくというなりすまし疑惑(たぶん、ICUの一年生時の同級生古村浩三君が、寮で、ロックフェラー四世と同室だったので、裏でやっていたと、思われる攻撃)の被害に出会っていたし、

 母は、90歳を超えていて、人生の終盤に差し掛かっていたので、週に二度は、池袋の向こう側、東上線常盤台の老人ホームに見舞いに行っていたし、で、今から思うと、よくできたと、思うほど、忙しい時期でした。しかも、その常盤台周辺で、野口やと言う豆腐屋に変装した、刑事たちに追われたり、老人ホームに刑事が、乗り込んで来たりしていた時代です。ところで、ここで、はっきりと書きますが、私は何も悪い事はしていないのですよ。ただ、ただ、土地を盗まれていることを文章で書いているので、こういう風に追われるのです。嫌がらせを受けるのです。

 特に、ご近所の前田祝一・清子家と、安野忠彦・智紗夫人の家には、『我が家は警察の協力者です』と言う看板が長らく立てかけられていましたしね。

  ところでね。私は、警察に追われる様な悪い事は一切していないのですよ。すべては被害者の立場です。しかし、後注1の副題8に、とうとう、相当判りやすい形で、アジサイ畑欺罔事件のついて触れていますが、そこで、中谷知二氏の次男が、三井物産勤務だと、書いてあります。そして、副題8こそ、どうして、警察が、私の敵さんたち悪人の見方をするのかの理由が書かれています。どうか、副題8を中心に読み直してくださいませ。

  この看板ですが、鎌倉市内、17万人の住民がいる場所に、100個もないと思いますよ。ところが、このやまだけで、二つも立っていたのです。たった20戸しか家が無いのにですよ。だから、しかもわが家の土地を盗む原因者たちの、方に、この看板が立っているのですから、警察が、いかに、CIAたる瀬島龍三一派の見方であり、その支配下に置かれているかを、毎日、数十年間、実感しつつ生きてきたのです。だから、今度のやまゆり園事件も、すぐさま、警察の殺人用別働隊が、実行したと、推察可能なわけです。莫大な被害が毎日あるので、瞬時にすべてが判るのですよ。それを全部書き表すわけでもないけれど・・・・・

 そして、私が警察の殺人用別働隊が、どうして、こうしてと、書き始めたら、この看板が下ろされることとなったのです。だから、私が書いている、今般の事件も、山田浩二が、大阪寝屋川の中一児童二人を斬殺したとされる事件も、周南事件も、全部、警察の殺人用別働隊が、やったのだと、確信をしています。 

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『三井物産がキーワードになっているのだが、私は、真実をどうしても、全部は、書けなかったのだった。特に自らの損失について、全部を書けなかった。どうしてかと言うと、娘婿が、三井物産勤務だからだ。ここらあたり、は、歌舞伎の世界によく登場するジレンマにも似ているが、伽羅仙台萩の【政岡】よりも、もっと、苦しい状況に陥っている人間が、この30年間の私だった。とうとう三井物産の名前を出したのは谷垣禎一氏が亡くなったと、推察していて、それは、安倍総理大臣、および、鎌倉エージェント全体に対する天からの叱責だと、私は、見ているからだ。と言うのも安倍総理大臣は、安野忠彦氏の息子さんで、中学時のお成績が、1と、2しかないという事で、御成中学校中で、とても、有名だったお子さんを、海上保安学校へ、彼等、CIAは1986年時に、入学をさせ、一億二千万円の生涯賃金を保証してやった。それは、安倍総理大臣には直接には関係が無いが、安倍総理大臣は、海上保安庁長官を現場から採用したり、北朝鮮のミサイルが、発射された時期にもかかわらず、舞鶴の海上保安学校の卒業式に出かけている。と言う事で総理大臣自らが、アジサイ畑欺罔事件の際の主因者(つまり、私に言わせれば犯人側だが、裁判が起こされていないので、単に、悪人側と言っておこう)の、味方をしている。こんな総理大臣は、過去には、いなかったと、思うが、日本も、被植民地化の極致に入っていると、言う事がここからもわかるのだった。ところで、反対に私の方は、子供たちにも被害が及んでいる。それをこれから書いて行こう、やまゆり園事件と言うすさまじい悪が、行われて、いる現在、それを書くことを天はお許しくださるだろう。一種のチャンスだと、思っている。アジサイ畑欺罔事件をマネーロンダリングして行くために前田祝一氏は、テレビ東京のドリームハウスと言う特番に、堂々と登場をして、あたかも一般人特にいい人みたいな顔をしていたが、信じがたいほどの、大量殺人によって、守られている悪魔みたいな存在である。たぶん谷垣さんは、それが、放映をされている最中、もしくはそれの編集済み、DVDが、テレビ東京の放送用、準備室にセットされた瞬間、または、新聞のラジオテレビ欄の原稿が入稿された瞬間に亡くなったのだと、推察している。この2016年7月17日という時点は、メルクマール的時点であって、悪魔と天使が激しくぶつかった日である。谷垣さんは、善人ゆえに、悪魔たちに対する責任を一身に負って、死亡された。善人代表として、この世の中のバランスをとるために、自らの命が天に召されたのだ。こういう裏事情があるために、安倍内閣と、安倍自民党は、谷垣さんの死を発表しないのである』

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『息子はかどや製油と言う会社に勤務していたのだが、結婚式に出席して、スピーチをしてくださった重役たちが、その後、全部追い出された。三井物産から来た人間によってだ』

 三井物産と言うのが使われているなあと、感じた最初のケースは、海賊に襲われた船が、商船三井のモノだったからです。以下、日付とか、その他をwikipedia から抜き出して置いておきます。この海賊ですが、ほぼ、作り上げられたものでしょう。ただ、これを口実にして、自衛隊が、アフリカへ進出する手立てにもなっていますね。この時期すでに谷垣さんは、伊藤玄二郎の支配下に下っていたのでしたが・・・・・

海賊の逮捕

2011年3月5日深夜頃、インド洋北部のアラビア海を航行中だった商船三井のタンカー・グアナバラバハマ船籍)が4人の海賊に乗っ取られそうになった。これをトルコの警備艇と米軍が阻止し海賊4人を拘束した。タンカーの乗組員24人に怪我はなかった。

 オイルシェール問題。

 その次に、オイルシェールの問題があります。この件こそ、私のブログいじめの、モノです。私の父は、満鉄勤務でしたが、実際にやっていたことは、調査部、中央試験所で、石油の開発と探索でした。大同(または、撫順)と言う場所に炭鉱があって、そう言う場所の近辺に、今の言葉でいうオイルシェール、昔の日本語で、頁油岩というモノがあって、そこから、収量の高い石油が取れないかと、研究をしていたのですが、実際には実らなかった筈です。現在だって、非常に深く掘って、そこへ強酸を流し込んで、石灰岩を溶かすそうですから、第二次大戦中の日本に、そう言う資力と、機械力と、強酸を、生産する能力なんって、有る筈もないです。ただ、仕事がそういう仕事であって、優遇をされたので、理科系(または、工学系)の大学に進学をしない限り、学費は、出さないという態度でした。文学部とか芸術系を受験することなど、絶対にダメであって、藤田嗣二が、戦時中に味わった苦悩などを、公に報道される以前に、察していたと、思います。しかし、これほどの、措置をして、獲得した石油が採算が合う筈もなくて、これに手を出して会社は、どの商社も、苦境に陥っていると、聞いています。

そして、かどや油脂への、支配確立です。

三井物産から来た人間が、重役陣を総とっかえしてしまい、かつ、社員の、給与を二重構造にして、かどや生え抜きの社員を低い給与体系のママで押さえ、商社出身の社員には、高給を与える様にしたのです。かつ、社員個々を、ノルマ達成他で、苛め抜いたので、社員間に、ノイローゼ頻出会社となってしまっています。ユニクロが急に人気を失いましたが、それは、会社の給与体系を世界中同一基準にすると発表をして、日本人正社員の、給与水準が格段に引き下げられる可能性が出て来たからでした。それでも、ほとんどが派遣社員だから成り立つと、柳井氏は、考えたのでしょう。そして、自分は大富豪化しました。でもね、ユニクロの社員と、そのファンはバカではないです。いやな会社だと、心から思ったでしょうね。日本では、ほとんど売れなくなってきていると、聞いています。各支店ですが、閑古鳥が鳴いていますよね。それと似ていて、かどや製油内部の暗さたるや制限が無いほどです。

ただし、どうして、三井物産から人が、入って来たかですが、これが、瀬島龍三やら、石塚雅彦さんやら、その他の、経済界に、幅を利かせる、エージェント達だったでしょう。この時点では、瀬島龍三も、ぴんぴんとして生きていましたから。実際の手配をいろいろしたのが、中谷共二氏の次男だった可能性も感じています。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『かどやより、高級なごま油を売っている会社として、竹本と、九鬼と言う会社があるが、竹本の社長は、一時期、私の、国際基督教大学時代の、同級生が、になっていた』

 今ごま油は、Ajinomotoからも出ていると思います。しかし、大衆向け商品としては、かどやが、一手に販売をしていたと、思います。しかし、もっと上等なラインでは、別の会社が有名です。特に胡麻を、炒らないで絞る太白と言う種類の製品では、竹本油脂が有名です。 

 こちらは、株式を上場していません。同族会社の趣が強いのです。ところで、竹本の一族は、日本橋の古い住人で、若き日(ご成婚前)の美智子さまとも、軽井沢でテニス仲間だと、聞いています。それが、館野ひろおと言う、私の国際基督教大学の四年生時の、同級生です。

 それも、スタップ細胞疑惑で、私がたびたび取り上げる、三輪喜久代さんと、たった三人で、湊宏先生と言う、優秀な(東大卒後、MITなどで、研究生活を送った)化学科の助教授(まだ30代だった)の下についていました。

 私は誰から見てもいい子ちゃんで、容易に支配できるとみなされていたので、卒業後は、湊先生の助手になることに決定をしていました。で、湊先生も私に対して甘えたところがあったのか、絶対に完成しない実験である【トルエンで、炭素繊維を作る】という命題を与えられたのです。
 これが、のちに体に悪いと言う事がはっきりとわかって来るトルエン類が、毎晩500cc水銀シーラーと言うものを破って突沸をし、部屋中に、充満する危険な実験であって、私は、相当量のトルエン類(ベンゼン核にメチル基が付いたもの類)を、毎晩、吸ったのでした。で、いまだに後遺症があって、ほぼ、死んでもおかしくないほどの体力不足の人なのですよ。ただ用心と工夫で、生きているだけの人なのです。で、あまりに難しい命題を与える先生なので、湊先生の助手になることを、お断りをしてしまったので、私は日本化学会の、会員には推挙されていません。しかし、三輪さんが推挙をされていると、みなしていますし、彼女はスタップ細胞疑惑において、ロンドンで、NATURE誌と交渉をしたりした、重要な役割を担っているでしょう。 

 このあたりの、湊先生を囲む三人については、すでに、小説と言う形で、書いているので、後で、そのリンク先を探すとして、ここでは、初出のエピソードに入ります。やまゆり園事件と言うおぞましい事件(植松はやっていないのですよ。警察の殺人用別働隊がやっていて、植松はダミーの犯人です)が起きたので、以前よりすべてにおいて、はっきりと、しかも深めて書けるからです。

 さて、私はICU在学中の、1960年台には劣位の学生で、館野君にも歯牙にもひっかけられないという存在でした。それは、前歯に金冠が入っていたからでした。明眸皓歯と言う意味とは正反対ですからね。
 ところが、そこの底のところでは、フェロモン横溢のモテル女だったらしいのですよ。自分でも気が付かないぐらいの、水も滴るいい女(?)だったのです。それは、その頃のほぼ、40年後に、日傘雅水と言う、芸能人や文化人に、顧客が多い、手相観の方に指摘をされます。で、『あなたは芸術家でよかった。もし普通の主婦だけが、立場だったら、事件を起こす様な手相です』と言われました。金星帯というのがくっきりとあらわれているからだそうです。不倫問題で、死者が出るという様なポイントですね。

~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『1998年の同窓会で、私はぜひ調べたいことが有った。新左翼系統の学生運動の話なんだけど。それで、まず、お歌を歌って、自分の地位を上げて置いた』

 そういわれて思い出してみると、30代のころ、幼稚園の、PTAの会長をしたのですが、その打ち上げの時に、二曲、歌っただけで、やんやの喝さいを、ママ友たちから、受けました。『そうだ、あれなんだ』と、思い当たりました。

 私はとてもおとなしい人間で、リアルな世界では、対外的な迫力を見せることができないのですが、1998年の同窓会の時だけは、調べたいことが有って、自分が同窓会内で、大物扱いをして貰う必要を感じていました。どういうことを調べたいかと言うと、私が卒業した後の、1967年に、S君と言う日比谷高校出身の男の子が、学生会館で、精神的な、リンチを受けて、それで、苦しさと悔しさのあまり、千鳥ヶ淵で、入水自殺をしたのだそうです。だが、早めに手当てを受けて助かったのだそうです。と言う事を、35年後の、2000年になって電話で、女の同期生の一人から教えてもらっていたからです。それを、リンチする側でやったのが、誰かを知りたかったのでした。

 この同窓会ですが、いろいろな収穫がありました。まず、主宰者が、川名昭宣君です。どうして、多士済々の、国際基督教大学、1966年卒業生(10期)の中で、彼が、偉い立場に立てるのかが、10年以上、私には、不明だったのですが、伊藤玄二郎と河出書房内で、親しくなっていて、いわゆる、CIAさんたち特有の、隠されては、いるが、最高の実権を握る特権階級の一人と、すでにこのころには、内面では、なっていたので、特別な、自信があったのでしょう。

 特に、川名君が、すごかったのは、大学紛争時に暴れまわっていて、1967年の、入試を行わせなかった、入江君をこの会に招いて、マネーロンダリング(洗浄化)をしてあげた事でした。私がそんなことを提案したら、私が放校を、されてしまうでしょう。川名君が特別な人間であると言う事は、この時に見聞した事の経験も大きいのです。

 さて、目的をかなえるために、私はこの時に、オペラカルメンから、男を挑発し誘う歌である【ハバネラ】をマイクを使って歌ったのでした。ひどく楽にしかもアッピール力高く、歌えました。マイクを使って歌うのは、先に言った、幼稚園のPTAの打ち上げ以来、人生で二度目だったのですが、両方とも徹底的に受けました。ただ、PTAと、同窓会で、大きく異なっている点は、同窓会の方では、褒めてくれる人もあればけなす人もあると言う事でした。褒めてくれる方の人は、私に対して、嫉妬心など、みじんも持っていない、自分自身に、自信のある女性であり、露骨に嫌な顔をする人間は、私をそれ以前は、下手だと、見くびっていた存在だと、判りました。ところで、館野君は、露骨に嫌な顔をした方で、「酔っているんでしょう」と、いいました。私は内心で、は、は、はっと笑いましたね。それ以前に、どれほど、下手に見ていたかがわかったし、
 『でも、何にも感想を言われないよりは、ランクアップしていますね』と、思ったからです。

 しかし、館野君の反応は余技の方で、本来の目的は、リンチで、S君を自殺未遂にまで追い込んだ学友が、誰であるかを調べることでした。会話で、それを調べるわけにもいかないので、態度で、推理しましたが、のちほど、朝日新聞の記者となって行ったW君と、一時期放校措置を受けていた川名君にとってのこの日の主役(または、主賓)だった入江君だろうと、推理いたしました。

 しかし、この日はそれでよかったのですが、ごじつ、このW君は癌で、入江君は川に落っこちたという原因で、早めに亡くなってしまいます。この二人の影に伊藤玄二郎は見えないし、この二人から具体的に悪意を持っていじめられたという記憶もないので、例の、・・・・・伊藤玄二郎と付き合ったから、特に、私をいじめるという任務を与えられていたから、早死にをした・・・・・と、言う範疇で、谷垣さんと同列に置いた五人の中には、加えていないのですが、それでも、早すぎる死だと、懸念はしているのです。この二人もCIAによって殺されたと、判断をすると、すでに、7人の人が、寿命より早い感じで、亡くなっています。いや、山口みつ子さんクラスを含めると、10人は下らない人数が、彼らによって、殺されている可能性を感じています。

 川名君の事は、その後も数ポイントで、変だ。変だと、思う様になって行き、やがて、『彼は、たった一年で、当時は、つぶれそうな状態だった、河出書房を、去った、一種の裏切ものでもある、伊藤玄二郎とは、今でも、相当に親しいはずなのだ。それで、こういう風に異常な感じを、私が、川名君から、受けるのだ』と、確信をする様になります。それを証明する本が【びょんぶ】(河出書房新社刊)と言う豪華本なので、2013年を中心に、私はそれを探し回りますが、国会図書館をはじめ、どこにもありません。そのホンによって、伊藤玄二郎は、ポルトガル国のエンリケ皇太子勲章を受けたはずですが、見当たりません。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『最近、三宅坂の国立劇場に行き始めてから、確信をし始めたのだけれど、千鳥ヶ淵で、お堀に飛び込んで、入水自殺をしたら、絶対に助からない筈だ。特に夜だと、助からない筈だ。だが、S君は助け上げられた。不思議だ。これは、日比谷高校出身の、成岡庸司君が尾行をして居たからではないかな・・・・・と言う事が、判った、と言うか確信をもって、身に沁みついてくる』

 私は、1965年の秋に、バスの中で、しつこくからかってくる秋山豊寛氏を、黙らせるために、「私は、早稲田の学生会委員長、革〇の成岡君とは、中学校の同期生なのよ」と、言い放ちます。
 だって秋山君は国際基督教大学の新聞部で、新左翼系の学生運動をやっていて、入江君と、秋山さんのどっちが上か、下かと言う大騒動を起こしているわけですから、威張る事、威張る事、際限がないからです。で、この時はそれだけの話だと、思っていたのですが、その後、もし、これを秋山さんが、当時国際基督教大学へ留学生として来ていた、金髪碧眼の、アメリカ人ベーカーさんに、告げたら、ベーカーさんは、もろに、CIA なので、『これは、いいとっかかりができた』と、思って、成岡君を自陣内に取り込むはずなのです。

 と言うのも、誰だって、人生を不利にはしたくないですね。しかし、成り行き上、早稲田で、有名人になってしまった成岡君は、もういいところへは、就職できる見込みはないのでした。特に、内ゲバを起こしているとされる革〇の委員長となれば、もう、いいところには就職できないと、自分でも、思うわけです。一方で秋山さんは違います。彼は、東大教授の息子です。だから、既に、親の代で、エスタブリッシュメントなので、何をやっても、許されるわけです。それで、大会社の一つであるTBSに、就職ができました。

 しかし、成岡君は、もしかしたら、在日の出自を持っている人間です。それが、彼をして、革〇に走らせたのかもしれませんし。と言うわけで、どうしても、出世の糸口が無いのでした。しかし、ベーカーさんの甘言によって、「あなたを、真実の日本の支配者にしてあげます。首相より偉い、本当の支配者にしてあげます。ただし、表社会からは、身を隠してください。一生を日陰の身として過ごしてください。手当と言うか、お金は弾みますよ」と、言われれば、そりゃあ、乗るでしょう。

 彼は、瀬島龍三亡き後の、日本では、真実トップの実力者です。ただし、1966年時とか、には、未だぺいぺいで、具体的な仕事に手を染めていたと、考えられます。入試が、一回途切れる前までは、知る人ぞ知る優秀な人材のあつまる大学が、国際基督教大学であって、そこにいる、真に優秀な人材を潰すのが、彼の目的でした。当時の日比谷高校の定員が、一学年、300人以上だったと仮定をしても、彼は、S君の性格とか、能力は、正しく知っていたと、推察されます。S君は、CIĄが早めに潰しておきたいと考える典型的人間の一人でした。つまり、高度にカモフラージュされた支配様式で、日本を支配しているアメリカ大富豪たちが、最も恐れる真実を知り、それを外部に発散して行く類の人間だったのです。

 実はなにあろう、この私もそういう人間の一人なのですよ。だから、潰されそうになっているのです。ところで、元に戻ると、今もそういう形式は使われているのですが、秘密裡に、会合をもって、人間を教唆して行くという形で、成岡君も含めて、W君とか入江君は教唆をされて行き、S君を集団リンチ(と言っても言論世界の話ですよ)に掛けたのでした。400人程度が入る講堂で、それは、行われたと、2000年に入ってから、聞きました。その会場の隅で、成岡君も事の推移を見ていたのではないかなあ? で、成功はしたものの、S君のダメージを受けた様子があまりにもひどかったので、尾行を開始したのではないかしら? さすがに高校時代の、学友だから、心配になってね。

 S君は中央線で、新宿に出ます。そして、1960年代だと、二つしか地下鉄路線が無かったので、丸ノ内線で、赤坂見附まで行って、銀座線に乗り換えて、虎ノ門に出るはずです。ところがS君が丸の内線に乗り続けて、国会議事堂前で、降りて、お堀へ向かった時点で、成岡君は、S君がこれからやろうとしていることを推察したのだと、思います。日比谷高校出身者ですから、ここらあたりのチリは熟知している筈ですし。それで、公衆電話か特殊なトランシーバー状のもので、警察や消防へ、連絡を取り、もしS君がお堀に飛び込んだら、救出するという手はずをとったのだと、思います。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『館野ひろお君は、その後、見直してくれて、「日本橋・室町の会社に、遊びにいらっしゃい」と、行ってくれたほどだったが、驚くべきいじめを、2012年に、私に対して行うのだった。それは、無論の事、古村浩三君、もしくは、三輪喜久代さんが関与しての、教唆された故の、話だった筈だが』

 副題6と、7も、重要なエピソードなので、力を入れて、時間をかけて書きましたが、本章は、息子が主役です。特に息子に加えられた大損害について、語ることが主題です。で、それを語るためにかどやと、竹本を比較しているところです。

 学生時代、特に、1965年ごろには、歯牙にもひっかけてくれなかった館野君と、2003年ごろには、同窓会を通じて、その場所では、親しく会話を交わす様になりました。この同窓会ですが、川名昭宣君と古村浩三君が、開く気持ちを持っていて、かつ、実際に幹事を引き受けています。何度も言う様に多士済々の、1965年度卒業組の中で、この二人が頭目を務めるのは、それぞれ、バックにご支援があって、自信があるからでしょう。で、会の様式が、違います。
 川名君は、公の施設を使って、お昼に、大きな会(したがって、立食パーティとなる)を、催すのが好きですが、古村浩三君は、上品な居酒屋を転々として、掘りごたつ形式で、金曜日の、夜に、飲み食いをする様式を選びます。この古村君の会の方は、現役で、成功をしている人が主に参加をします。女の子も、AFS経験者が、おおくて、収入もあるひとかどの、成功者ばかりやってきます。私は本当はお呼びではないタイプです。しかし、パリに文化庁の在外研修生制度で、行ってから、私費で、何度も、海外研修をしているものですし、日本でも、一人暮らしをしながら、メルマガを運営をして、同期生にも活発に送信しているので、急速にランクが上がって、この会にもお招きを受ける様になりました。

 館野君は、この会にはあまり来ません。と言うのも、実際には大きな会社を経営しているのですよ。だけど、そこが上場をしていないし、他の、上場企業に、就職をして、社長になりましたと、言う人々に対しては、楽に人生を送ってきてしまったと、いう、負い目があるのではないかなあ? それで、あまり、出席をしていなかったのです。
 でも、たまに出席をしているときに、私は息子がごま油を扱っていて、竹本の商品の説明もよくしてくれていたものですから、その話題を引っ提げて、横に座りました。すると、いろいろ話してくれて、「実は、界面活性剤も扱っているんですよ」と、彼は言います。驚きました。これは、儲かる筈です。と言うのも一種の薬ですから。薬と言うのは「くすり、九層倍」と言って、楽な作業で、大きく儲かる物品です。それに、2016年7月29日の、本日に初めて発見をしたのですが、高級な化粧品も作っています。これも、儲かる筈です。うは、うはの状況でしょう。

 それで、彼が、国際基督教大学の湊宏・研究室に入ったのも理解をしました。湊先生は、アメリカとツウツウで、当時の化学界の、最先端の、情報を握っている方だからです。

 本日竹本のWIKIPEDIAも、開いてみましたが、さすがに、化学工場です。かどやより、大規模な感じがします。それと【カネカ】のすぐそばにあります。なるほど、お互いに、製品を融通しあったりしていますね。

;;;;;;;;;;;;;
 ここで、余談に入りますが、私はたぶんですが、【カネカ】の株も持っています。山田浩二が、寝屋川で、深夜にうろうろをしていた中一の男女二人の児童を殺したとされる事件と、今般の、やまゆり園大量殺傷事件は、そっくりで、あの時も私は、自分を狙った嫌がらせ用事件で、警察の別働隊が、二児童を殺したのだと言っていますが、

 あの事件の、目的を本日初めて、言います。二つあって、一つは、年恰好や、体格が、私の孫の一人に似ていると言う事。だから、孫の命を心配せよという脅かしでした。もう一つは、女児の遺体が捨てられていた場所が、当時はその株を、私が、持っていた【センコー】と言う会社の駐車場だったと言う事です。それもまた、心理的には脅かしの役目を担います。私が気が付かなかったら、孫狙いの方だけでいいし、気がついたら、資産減らしの目的を持っている行動なのだよと、気が付いてくれよと、言う事でしょう。旭化成建材データ流用疑惑も同じですね。

 NHK他の大メディアは、女児の遺体が、捨てられていたのは、高槻市にある駐車場だと、言っていましたが、嘘ばっかりです。特殊なものを企業間で、主に、運搬しあう【センコー】はトラックにセンコーと言うロゴを入れておりません。真っ白なトラックばかり駐車させています。それに、センコーだと判った上で、会社側から、もち分の駐車場の、住所を、チェックして行くと、確かに、寝屋川市内、住所に、あの広さの駐車場を、センコーは持っているのです。つまり、二人の子供がうろうろしていた、アーケードから、たった1.2キロの場所にあの駐車場はあるのです。・・・・・と、私が書き始めたら、NHK他のテレビ局は、以前の、中継場所(=遺体発見現場)名を、訂正しませんでした。が、ネットでだけ、「高槻の全農の駐車場だったらしい」という情報が流されました。あの時も矛盾だらけの監視カメラの映像というモノが使われました。今回とパターンが同じです。

 しかし、これも嘘なのです。すぐ、グーグル地図で、全農の駐車場を検索し出して、その上で、グーグルアース(航空写真)で、確認をすると、全農の駐車場には、屋根付きのたてものがあります。それに全農の駐車場に停まっているトラックは、横にロゴが入っていますね。だから、報道内容の方が、嘘なのです。山田浩二もダミーの犯人で、あの二人の児童を殺したのは、これも、警察の殺人用別働隊ではないですか? 何のために、それを起こしたかと言うと、前田祝一・清子、安野忠彦・智紗夫妻、故石川和子・柳沢昇夫妻、白井・小野寺夫妻、当時は活発に前田家に協力をしていた渡辺賢司・ミカ夫妻、等が行ってきた、悪事を消し去るためです。まず、私をノイローゼにさせて、このブログを閉鎖させると、彼等が助かると思っている手合いが、彼等を助けるために、起こした事件です。今般もほとんど同じ流れです。植松聖は、ダミーの、犯人で、真実の形で、40人以上を殺傷したわけではありません。

 さあて、竹本油脂の工場の話から、【カネカ】に移り、【センコー】に移り、山田浩二と、やまゆり園事件に移ってしまいました。が、竹本油脂の経営者一族のお坊ちゃまにして、皇后美智子さまの、テニスクラブ仲間でもあった、館野ひろお君に戻ります。

 2003年ごろには、「こんど、室町(日本橋)に在る本社に拠りなさいよ。遊びにいら謝意」と、言われるほどになっておりました。ところで、これを伏線として、置いておいて、しばらく、孫の話に戻ります。

~~~~~~~~~~~~~

副題9、『孫が、心配で、心労がたまった、息子は、自分からかどやを、退職してしまう。これから、再就職の話を含めて、息子は大変な苦労に見舞われていくのだが、その一方で、同じころ、かどやを、辞めた、同世代の、友人だった人材が、竹本に、就職したと聞いた。普通なら、秘密保持のために、また、業界同士のモラルを守るために、同業他社に、勤務していた人材を引き抜く(?)事はしない筈だ。特に、館野ひろお君は、お坊ちゃま育ちで、優しい性格だと、推察している。

 これは、裏があると、見抜いた。激しい悲しみと、苦しみに撃たれた。繰り返しになるが、館野ひろお君は、心底から、意地悪な人ではない。どうして、そう言う風にあからさまないじめをしてくるのだ? 私は考え抜き、やがて、古村浩三君や石塚雅彦さんの、差し金である可能性を感じ始める。

 また、三輪喜久代さんからの連絡で、こう成っていたかも、知れないと、も、思い当たって来る。三輪喜久代さんが絡んでいた、昔(=1965年時)の、化学実験室での、エピソードを思い出し、そこから始まって、スタップ細胞疑惑とか、諸種の、暗闇の世界が謎が、ほどけて来るのだった。この嫌がらせは、三井物産勤務の、故・中谷知二氏の、次男が絡んでいると言う事も、判って来る。そして、かどやに入っている元三井物産勤務の人間S氏も、かどやないをブラック企業化して行き、息子が辞めざるを得ない様にさせていくことが目的で、その結果、二次的に、対私への、弾圧をすることになるのが目的で、かどやに、転入してきたと言う事も、判って来るのだった。三井物産から来た人間と、生え抜きの人間の給与体系を、別にするなんて、アメリカの人種差別にも似ているすさまじい暗さがあるし』

 ここは、二重ガッコ内だけで、他の言葉を、追記しないで、先へ進みます。

~~~~~~~~~~~~~

副題10、『私は何とか、息子を助けたいと、思い、この件を書こうとするが、非常に難しいのだった。と言うのも書いている好きに新たな攻撃を受けるからだった。大きな苦しみの中を、忍従を続けながら、ともかく、小説と言う形で、書き始め、最初に、息子が最も悩んでいた頃を描写した。すると、早速に攻撃用、反応があった。それが、長谷川智恵子の、障害児は、妊娠中に、遺伝子診断をして、妊娠中絶をして、茨城県が、障害児・者向けの予算を拠出させない様にいたしましょうと、言う発言だった。

 驚いた。これは、見事にも、対私狙いの、発言で、私をいじめるために起こされた事案だった。で、すぐ戦わないといけないの絵、裏側を分析した。銀座の画廊ガレリアグラフィカのオーナー・栗田玲子さん、そこで、個展をした、国際基督教大学出身(ただし、本当は中退なのに、卒業資格を与えられている)の画家・渡辺幸子さん、渡辺さんがJALのスチュワーデスだった関係で、知り合いになっている筈の笹川財団のトップ管理者・塩見和子さん、そして、渡辺幸子さんと親しい石塚雅彦さん、そして、石塚さんの裏か、栗田玲子さんの裏に、伊藤玄二郎がいて、伊藤玄二郎の裏に、井上ひさしがいるという構図で、この事案が起こされたのでした。

 そして、それが、ばれてしまったために、更に問題を拡大して、大げさにして、障害者を嫌っているのは、長谷川智恵子だけではないと、言いたかったのが、今回のやまゆり園事件なのです。ここで、19534字です。で、ここから先リンク先を、見つけて付与しないといけないので、初稿としての本文は、ここで、強引に、終わりとさせていただきたいです。

後注1、 特に副題8が重要です。

植松聖とは、障害児を妊娠中絶と言う形で間引きましょうよと、提案した長谷川智恵子を救う為に用意されたダミーだ   2016-07-27 10:02:23 | 政治

後注2、

超・上質で高価な新築・隣家のTV放映から、熱海市長・斎藤栄氏の悪を思い出す私だった   2016-07-19 13:25:02 | 政治

コメント

私には、軽い自閉症を持つ孫が居るのだが・・・・・谷垣禎一さんが、どれほど、悪人に教唆誘導をされていたかを思い出す

2016-07-28 19:17:52 | 政治

副題1、『私のブログによって、本日(=28日の木曜日)は、あのやまゆり園の、大量殺傷事件の、ニュースは、報道が、だいぶ下火へと、収まってきては、いるが』

 やまゆり園の、大量殺傷事件について、ニュースの持って行き方が、本日はだいぶ収まってきています。謀略(・・・・NHKなどが、かくかくしかじかと、詳細な、報道をしているのが、それが、真実ではないケース。たとえば山本美香さんが、シリアのアレッポで、思わぬ形で、襲撃されて死亡したケース(後注1に置いておく)など、他にも、多々存在する・・・・・)の場合、真の発案者の、目的に沿って、炎上させられていきますが、昨日27日(水)の、NHK1chの関東圏ニュースショー【シブ五時】など、ちらっと、傍で聞いていただけでも、ひどいものでした。激しい炎上型ニュースとさせられていました。NHKは、この種の謀略を作って行く、鎌倉エージェント=CIAの言うなりなのです。

 最近では安倍総理大臣も、鎌倉エージェントの、うちの一人であり、表社会に出ている人間のうちでは、最大の、人物である、伊藤玄二郎の言うなりになっています(後注2)が、・・・・・だからこそ、谷垣禎一さんが、事故に遭い、再起不能(実際にはすでに、逝去だと、私は見ているが)になられているのですが、それは、それ、これは、是と、言う形で昨日など、このやまゆり園事件でもちきりで、しかも、例のごとく、犯人が悪いとか、被害者が、かわいそうだと、言う方向で、それ一辺倒で、報道をされて行っています。

 しかし、私は全く違う観点と違う切り口で、この事件を、分析し、解説して行っています。特に、谷垣禎一さんの事故と絡めて、語っています。それ故に、通常は、伊藤玄二郎たちの言うなりになるNHKも、少し変化したというわけです。ただし、夜7時のニュースでは、このやまゆり園の大量殺傷事件をトップにもってきていましたね。

 つまり、これは、裏に悪人がいて、彼らが計画し、国民を、踊らせていく、いつもの通りの、謀略であると、見ているわけです。で、植松聖は、真犯人ではないと、見ています。

 本日28日になって、植松聖の、措置入院の際の病名が、躁病だったと、報道をされています。彼はもともと、おっちょこちょいで、のりやすいタイプなのだと、判ります。それが、裏から、炊き付けられていて、「あなたは、素晴らしい人間で、有能で、素敵です。お考えも素晴らしいです」と、言われて居たら躁病になるでしょうよ。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『普通は、謀略であっても、私は、一週間は見逃すものだ。起きたその日に書き始めると言う事は、普通は、やらない。だが、今般は、朝のニュースで、事件が、知らされた途端に、ほぼ、一時間後に、ブログを書き始めている。(後注2)瞬時の対応だ。どうしてそれが可能だったかと言うと、私の孫に、軽い自閉症の子供がいて、それを、弱点と考えた敵達が、そこを狙って、ここ、3年ほど、ひどい事が、私の周辺に、連続して起きている。今般、それも分析に役立てていくつもりはあるが、やまゆり園大量殺傷事件も、それらの、私の孫が、軽い障害を持つことを、狙った、謀略であることにか変わりはなく、その一環であると、判っていたからだった』

 ところで、本日は、ここで、終焉として、休憩を入れたいです。ただし、これほど、短い文章を書いたのは、私が、やまゆり園事件に対して、哀しいとか、悼むという言葉を、一切、述べていないので、鉄面皮な人間だと、誤解をされることを恐れて、これを書くのです。

 私ほど、こういう事件を哀しみ、身を細らせて、かつ憤っている人間はいないですよ。ただし、怒りの先は、植松聖ではありません。こういう事件を計画し、植松を探し出して、教育を施し、自分たちが、有利になる様に、世論を誘導をして行く悪人たちに対してです。

この事件を正しく分析する為には、過去ブログの検討他、膨大な、時間を必要とするので、本日は、この短い文章だけで、ご放免をいただきたいと思います。

  どうか、この二日間で、書いた渾身の、文章(後注3)を、お読みいただいて待っていてください。特に、II が、未完成ながら、複雑極まりないところで、ぜひ、読んでおいていただきたいところです。

 

後注1、 

山本美香は、劇場型暗殺であったはず。中川経産相・酩酊記者会見の変形だ△△    2012-08-25 18:20:42 | Weblog

アレッポの石鹸、山本美香さんは劇場型暗殺だったー2、△   2012-08-28 12:51:07 | Weblog

 後注2、・・・・・・私は死者に鞭打つつもりはないのです。ただ、今般の事件も、谷垣禎一さんが、逝去なさっていると言う事と、裏腹に考えてこそ、敵さんたちも、少しは反省をするだろうと、見ているので、谷垣さんの言動を分析することは大切なのです。幾つも文章を書いていると、思いますが、今は、ふたつだけ見つかったので、下に置いておきます。 

谷垣さんはマンション疑惑を増幅させ、結果として一億、総不安化促進政策を行っている。旭化成冤罪説  2015-10-28 22:11:10 | 政治

カラックス監督が文化庁の助成金で作った映画は、大反日映画であって、千葉景子、谷垣禎一、見城徹   2015-12-17 07:39:21 | 政治

後注3、やまゆり園事件に、ついて、今までに、書いたもの。特にIIIを、読んでおいていただきたいと、思います。

I  

やまゆり園・大量殺傷事件は、厚生事務次官殺しと同じ筈。不自然な処が一杯だから謀略でしょう   2016-07-26 07:17:46 | 政治

II   

植松聖とは、障害児を妊娠中絶と言う形で間引きましょうよと、提案した長谷川智恵子を救う為に用意されたダミーだ   2016-07-27 10:02:23 | 政治

III 

植松聖が、議院議長公邸に手紙を届けたのは、刑事が運転手に化けたtaxiで、その前を、私が通ったからだろう   2016-07-28 00:22:43 | 政治

 

 

コメント

植松聖が、議院議長公邸に手紙を届けたのは、刑事が運転手に化けたtaxiで、その前を、私が通ったからだろう

2016-07-28 00:22:43 | 政治

 この一文は、前報を書いているうちに、ひょんなことで生まれてきてしまった、一節です。ただし、読者の皆様にとっては、非常においしいお話となると、思います。『そうだったのか。それで、一つの謎が解けるね』と、思っていただけると、思います。

 で、非常に長い前報の中で、植松聖について、書いている部分だけを、こちらへ、コピペで移動をさせます。副題1~3は後注1をお読みいただきたく。

~~~~~~~~~~~~~

副題4、『マイナンバー制度とか、火星移住計画とは、何なのか?』

 テレビ東京に、『信じるか信じないか、それは、あなた次第です』と言う決まり文句で、終わる、情報番組があります。今確認をすると、【やりすぎ都市伝説】と言うタイトルのもので、中に関暁夫の、フリーメーソン訪問記があります。

 これについて、私は語りたいとは、思いながら、今までは、できるだけ触れないで、来たのです。それは関氏のポジションが解らなかったからなのです。フリーメーソンに関して、すごいところへ入って行く事が可能なので、私の敵方さんからは、許容をされているとは思うのですが、いよいよもって、本当の政治分析であるこの頁に、氏が登場をすると、その番組がつぶれたり、氏が、門戸を狭められたりしたら、気の毒だからです。

 しかし、本日は、とうとう取り上げましょう。LATEST(直近)の特集が、本日使いたい問題だったからです。それはマイナンバー制度についての解説です。マイナンバー制度とは、火星に移住できる人と、できない人を選別する為に発生させられた制度だと、言う文言でした。なるほどねえと、思います。ここでも間引きの発想が、生きています。

 自分達だけは、いい方に間引かれていて、本当のエリートとして、将来地球が、汚染で、駄目になった時にも、助かるのだと、言う意識をくすぐられたら、人間は嬉しがるのでしょうね。

 本日地検へ送検された植松聖ですが、正面からは、顔が見えませんでした。で、私が危うく、「彼は、ダミーの犯人だから、結局は顔を見せない様に、警察は、気を使っている」と、書こうとしたら、別の映像が出てきました。カメラが、横から撮影しているもので、植松が、はしゃいでいる映像が次に、出てきました。『おや、おや、危うくひっかけられるところだった』と、まだ、それを書いていなかったので、ほっとしたところですが、この植松なども、ものすごく上手な洗脳を受けていて、それで、犯人像を引き受けているのだと、思います。 イスラム国の若い青年たちも同じです。

~~~~~~~~~~~~

副題5、『洗脳の仕組みをここで、少し研究してみよう。餌は何なのか。会談の場所はどこなのか?』

 ところで、私はいつも、『ナチズムの発生を研究しているのです』と言っています。で、西隣の白井・小野寺夫妻ですが、東大卒だと、思います。それが、家を建設中からひどい事をあれこれやってきていて、特に奥さんの、小野寺夫人(夫婦別姓である)が、リアルな世界で、ひどい事をやって来るので、不思議でならないのですが、

 週末に、山ノ下のどこかで、お食事つきの懇談会が行われているのですが、そこで、前の町内会長の、中谷氏の、息子さん(長男は、東大宇宙工学研究所・所長である。次男は、慶応卒で、三井物産勤務である。こちらがうちの子へ手を出している可能性が強いのだが?????・・・・・特に鎌倉市内で出会った時に、私をにらみつけてきたので、これから先に研究を重ねないといけないのだが・・・・・)と、一緒に食事をしたり、していて、そこに、宇宙飛行士の山崎直子さんが招かれてきていて、

 この火星移住の話を出してきて、「白井・小野寺さん、あなた方は、今般の、雨宮舜(本名川崎千恵子)への、いじめの功績により、火星移住は確実です」と、言われたりしたら、今、彼女がやっているみたいなことを実行ができるでしょうね。東大卒でも、判断は狂わせられる。 

 さて、ここから先は、見てきた様な嘘を言いに入ります。傍証はまるでない部分です。だが、これを書いておかないと、私の発想も成り立たないところがあるので、書いておきましょう。

 植松聖が、どこで、また、誰に洗脳をされたかですが、その相手は、大衆的な知名度の高い人物であるはずです。無論のこと、伊藤玄二郎は、同席、または、別室待機で、事をセッティングしたと、見ていますが、

 大衆的知名度の高い有名人として、私には、大体想像がついているのですが、あえて、名前をさらさないで、置きましょう。ここは、前田祝一氏が乗り出して行っても駄目だし、酒井忠康氏が、乗り出して行ってもダメでしょう。ただし、植松聖が、駒澤大学か、國學院大學で、この夫婦の、指導を受けて居たら別ですが・・・・・

 場所は参議院議長公邸か、首相公邸か、首相私邸か、または、芥川賞選考が行われる料亭新喜楽か? 帝国ホテルか? 松竹ビル内貴賓室か? 又はアメリカ大使館内か?、朝日新聞社内、貴賓室か? 石井国土交通大臣の、省内・貴賓室か? 谷垣禎一氏の、自民党内総裁室か?、または、箱根に在ると言われる養老孟先生の【バカの壁】御殿か? ともかく、お金を出しても、普通の人は入れない、特別な場所で、会合が持たれたと、思いますね。で、洗脳をされて、その結果、意気揚々と、今般の役目を、引き受けたと、見ています。まさか黒岩知事の、神奈川県庁内貴賓室ではないと、思いますけれど・・・・・林文子横浜市長・重用の、接待用レストランだったかもしれません。または、文化庁長官用貴賓室? 国会図書館内貴賓室。または、テレビ朝日内貴賓室?

~~~~~~~~~~~~

副題7~9は、後注1を、お読みいただきたく。

副題10、『なぜ、植松聖は、参議院議長公邸に、手紙を届けに行ったのか?』

 さて、以上のところまでは、伊藤玄二郎と言う悪人について、書いている部分が、2016年7月17日にまで達したところです。で、やまゆり園事件を解説しないといけないのですが、これは何度も言う様に、植松聖はダミーの犯人で、警察の殺人用別働隊が、40人を殺傷したと、私は見ています。

 目的は何かというと、長谷川智恵子を救う為です。相当の前から、準備をされていたものでしょう。で、2月19日、植松は、精神病院へ措置入院をして、3月4日に出されたそうですが、それは、どうしてそんなに短かったかと言うと、ただただ、異常者と言う烙印を押す必要があったからです。で、精神病院へ入っていたから、40人も殺害をした可能性が強いと、一般の、日本人が思い込むために、精神病院へ措置入院をさせたのです。

 しかし、重大な事にこれから使わないといけませんね。つまり、やまゆり園への、侵入犯に仕立て上げないといけません。だから、精神病院と言う不自由さをあまり、長期間味わわせると、「僕、耐えられないから、もうやーめた。この一件から降りますよ」と言い出しかねないから、短期で出所させたのです。医者はそう判断をしたと言いますが、もともと、彼は、正気でしょう。精神を病んでいるほどではない筈です。ダミーの犯罪人を引き受けているだけでしょうから。

 この精神病院への措置入院ですが、参議院議長公邸に、お手紙を送り付けた上に、その内容が手ひどいものだったから、措置入院をさせたそうです。ただし、そう言うひどいお手紙と言うものは、先例がありますね。酒鬼薔薇聖斗のお手紙です。

 彼は今では、少年Aと呼ばれているそうです。名前が代わるのは、すべて、鎌倉エージェント発のアイデアで、そうなっているのです。で、【絶歌】出版・騒動と言うのがありました。あれは、私は、井上ひさしが書いたと言い放っています。今般の、恐ろしい手紙も、ゴーストライターがいるはずです。ただし、今の段階では、そのゴーストライターが誰かは、まだ、言わないでおきましょう。では、参議院議長公邸に、どうして、手紙をもっていったかですが、

 それは、私と関係が有る筈です。

~~~~~~~~~~~~~

副題11、『私は切符を買う事をも含めたら、三宅坂の国立劇場へ、すでに、8回ぐらい通っているのだが、新橋から歩き、霞が関あたりで、流しのタクシーを拾う事がある。この流しのタクシーが警察官の変装である可能性をも感じている。実際に銀座から日比谷まで、タクシーに安藤てる子さん(刑事が変装していた友人)と乗ったことが有るのだが、顔を知っている刑事だった。何度も目の前に現れた刑事だった。特に2003年3月31日に、旧中央郵便局のロビーで、歴史の教科書を出して、若い女性と一緒に夜の12時前後にお勉強をしていた刑事だった。

 どうしてそうなるかと言うと、国立劇場の切符売り場は、二回も、大ウソをついたので、うらから、CIAが指導教唆している可能性を感じている。それがどうしてそうなるのかは、後で、ダッカ事件に関連して、詳述する機会もある筈で、ここでは、単に、私の歌舞伎好みが、悪・利用をされていると、言っておきたい。

 で、タクシーが警官、または、刑事の変装だと、仮定をすると、私が彼に投げかけた質問が利用をされている可能性を強く感じている。私は新橋駅から、国立劇場まで、全部をタクシーで行くと高いので、駅から15分は自分で歩く。その道だが、いつも取り換えてみる。で、タクシーへ乗った後も、それぞれ、違う道を通るのだ。

 で、「ここらあたりはきれいですね」と、運転手にこちらから話しかけている。時には、「これは何ですか?」と、質問をしてもいる。一つには、「憲政記念館です」と、答えてもらったことが有り、別の機会の乗車では、「参議院議長公邸です」と、答えてもらった記憶がある。本当に何度もタクシーを利用しているのだ。大体、新橋から15分歩いたのちに乗ると、千円で、国立劇場につくので、本当に何度も利用をしている。

 だから、行動パターンとして読まれていて、尾行者が、今、法務省の前を歩いていますと、上司に告げれば、捕まえやすい形で、タクシーが目の前に出現すると言う事となる。または、尾行者が、タクシーのナンバーを覚えておいて、後で、タクシー会社に問い合わせて、私が何を話したかを把握するのでもいいだろう。

 彼等、警察を含む、鎌倉エージェントは、私をだましたいのだが、一方で、私が100%騙されてしまって、それが、謀略だと、気が付かないでいるのも、しゃくなのだ。

 と言うのも謀略を用いて、弾圧をしているのだが、それが、効果を上げるためには、どこかに、これが、謀略であるというヒントも残しておく必要があるのだった。そして、私が、またやられたと、気が付いてもらいたいのだ。だから、私は、真実に気が付いていくのだが、今回は、参議院議長公邸と言うのが、ヒントだった。植松聖はダミーの主犯であって、彼は、ほとんど誰も刺していない可能性が強い。彼が車から荷物を下ろしたとされる監視カメラだが、今般の脚本を成立させるために、誰かが頼んで、設置させたものだろう。個人のお宅だと言う事だ。

  しかし、本当のことを言うと、前報(後注1)の方が重要なのです。しかし、この章を独立させたのは、前報に登場するエピソードを既視感があると、おっしゃる読者様向けに、まったく新しいエピソードを開示するから、独立をさせたのです。

後注1、

植松聖とは、障害児を妊娠中絶と言う形で間引きましょうよと、提案した長谷川智恵子を救う為に用意されたダミーだ   2016-07-27 10:02:23 | 政治

 なお、この一文は、本当は、7月23日の、23時、11分にアップしているのですが、28日の、零時過ぎにアップしたことに、時刻だけを、移動をさせてくださいませ。

コメント

植松聖とは、障害児を妊娠中絶と言う形で間引きましょうよと、提案した長谷川智恵子を救う為に用意されたダミーだ

2016-07-27 10:02:23 | 政治

 この一文ですが、総タイトルを順次変更して行く可能性があります。最初期は、『鎌倉衛生時報と、渡辺幸子(+伊藤玄二郎、栗田玲子、塩見和子)』でした。それで、3時間さらした後で、次に上のもの『鎌倉衛生時報。矢内原元東大総長と、ご親戚の医院が、鎌倉に在って。→やまゆり園事件』へと、変更しています。しかし、たった10分で、三つめのモノ『鎌倉衛生時報=子宮頸がんワクチンとは大富豪が人口減少を求め、間引き用に作った薬だが、其がやまゆり園事件へ繋がる』と変更していたのですが、夜の10時半に、四番目のものへと変更しました。と言うお断りを、書き始めてから、13時間目に入れて、その後、最初のところへ入ります。

 今は、2016年7月27日の午前10時です。やまゆり園の大量殺傷事件について書いていくつもりです。しかし、切り口はいろいろあります。本日は朝、私の寝室を整理中に、以下のプチ新聞が見つかったので、ここから、やまゆり事件が謀略である(つまり、植松聖は、ダミーの犯人であって、事前に周到に準備された脚本に基づいて行動をしているだけであって、あの19人を殺しては、いなくて、40人近い殺傷被害者とは、プロの殺人集団が殺したのである)と言う事を、説明をして行きたいと、思います。

副題1、『鎌倉衛生時報には、112の、歯科医院を含む病院やクリニックが広告を出している。一応市役所内に、編集室があるみたいだが、市の出版物に、広告を載せることが許されるのだろうか?』

 この新聞ですが、期日が、7月15日付となっています。だが、問題は、一月号です。それをスキャンして保存をして置こうと思っておりながら、ついつい忙しさに紛れているうちに主人が、古新聞の中に入れて出してしまったらしくて、既に手元にはないのですが、渡辺幸子さんが、表紙絵を担当していました。これがまた大問題なのですが、それに触れるのは、副題2からにして、この副題1では、この新聞だけに特化して、文章を語りたいと、思います。

 この新聞は前から伊藤玄二郎鎌倉春秋社社長が、主たる編集者であろうと、見ておりました。今は、別の人間にデテールは任せているかもしれませんが、彼が、開拓していて、重要な資金源の一つとしてきた新聞だと、見ています。それがこの2016年1月に、証明をされたと、思いました。ところで、その大切な一月号が、無くなってしまっていたのに、本日偶然に見つかった7月号で、『さて、発行所でも確認しましょうね』と、思ってみたところ、なんと、鎌倉市役所内に置いてあるのでした。
 ものすごく小さな活字ですが、社会福祉健康課とか言う処に置いてあります。では、この紙代、印刷費用、又、配布費用等は、鎌倉市が、補てんをしているのでしょうか? うーん、不思議だ。だけど、ともかくの事として、伊藤玄二郎が、ココを重要な拠点の一つとしていて、そこから、種々の、コネクションを作り上げたのは、確かだと、見ています。矢内原産婦人科と言う病院があって、ここは矢内原東大総長と、ご兄弟だという噂ですから、伊藤玄二郎は、東大卒・人間だって、自由自在に使役ができる様になっていると、私は見ています。その最末端で、使役をされているのが、西隣に、10年程度前に引っ越してきた、お隣さんで、小野寺夫人と言います。この人物が、いろいろ、激しくうごめいていて、それが、結局のところ、今般の、やまゆり園大量殺傷事件にもつながったと、見ていますが、無論の事、あの大事件が、彼女一人が原因で、起こされているわけではありません。本日は、ただ、このプチ新聞が、とても重要だと、言う事を言いたかっただけです。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『子宮頸がんワクチンとは、不妊をもたらすものだが、それが、わざと政府管掌薬品として、女の子たちに、学校、または、医院で投与をされたのは、このラインが使われたのではないかと、私は推察している』

 私は、第一次フェイスブックと、第二次フェイスブックと二度やっていますが、第一次では、リアルな友達から、開始して、友達を開拓して行ったので、非常に程度の高いインテリが多く入っている世界でした。だからこそ、私の影響力拡大を恐れた敵さんから、激しい弾圧(片山祐輔君が犠牲になったなりすまし疑惑も、ここから生まれている)を受けたので、第二次では、知り合いには、申し込まない事にしているのです。で、猫を中心とした温和なやり取りだけですが、第一次では、すごい高度な情報が行き来している世界に住んでいました。

 それを、辞めさせられたのは、安藤てる子と言う、多分女性刑事が変装した、友人が近づいてきていて、彼女に大きく騙されたからです。私は、最初期(=2012年2月11日の夜10時半まで)は、彼女を信頼していて、いろいろ手書きで、その時点で、判っている謀略について、A4の紙で書き表していたのです。それが盗まれて、それ以来、10時間以内に、フェイスブックを追い出されたのでした。

 で、その時点から、私は、日本の警察は、CIAの手下として機能をしているのだと、確信をし始めているのです。そして、このやまゆり園事件も、きっと、警察の殺人用別働隊が、稼働をしたのだろうと、見ているわけです。何のためにと言えば、このブログを潰すために稼働をしたというわけです。

 で、まあ、このアンダーラインを敷いた4行を、皆さまに、判り易く説明をする為には、またまた、膨大な、過去ブログを探し出し、リンク先をここに置かないといけません。で、今は、それは、後回しにして、【鎌倉衛生時報】と、子宮頸がんワクチンに特化して、話しを進めたいと、思います。

 第一次フェイスブック時代に、高度なインテリたちと付き合ったので、多大な、情報を得たのですが、その中で、子宮頸がんワクチンについて、その本質を説明をしたものがあり、私は、そこから得た情報を、このブログのどこかで、丁寧に、再度書き表している筈です。今、それを見つけている時間が無いので、短く要約をしますと、この地球は、早晩食糧不足になる。で、大金持ちは、火星へ、移住することを考え出している。だが、それとは別に、人口を間引きする案が出ていて、アフリカを中心にして、子宮頸がんワクチンが多大な投与をされているが、その目的は、少女たちを不妊にしていくためである。もともと癌がウィルスで、発症するなどと言う事は立証をされていないが、又の間の秘所に関する事なので、少女たちは正しく判断ができず、まともに講義もできないので、大量投与がなされていて、人口の間引きは、実際に作動をしているのだ・・・・・と言う情報です。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『人口を抑制する為に、だいこんの芽を間引く様に、人間を間引く、と言う発想が、子宮頸がんワクチンにも、有り、長谷川智恵子発言にもあり、かつ、今度の、やまゆり園大量殺傷事件にもある。裏に居る、存在が、共通だからである

 大金持ちたちが火星に移住をしたがっているという発想ですが、それに寄与しているのが、NASAです。米ロが、協働して、国際宇宙ステーションを運営をしています。それは、科学の発展の為ではなくて、米ロ共通にトップクラスは大富豪であり、フリーメーソン化しているので、共通の目的として、早く火星移住ができる様に、研究を行っているのです。そのNASAに、日本は巨大な、資金を提供している筈です。

 一般の人は、それが、科学の最先端だから、出費も仕方がないと、思っているでしょう。しかし、大金持ちが、自分達、ひとグループが救われるためだけに、日本人が汗水たらして稼いだ、税金が大量に収奪されて行っているのです。中国や韓国は、NASAに、加わっていません。それは、資金をそれらの国家からは、収奪できる見込みがないので、お招きを受けていないだけです。日本人は、ただ、のほほんと、軍事機密が関与しているから、あの国を招かないのだろうと、思っているみたいですが、それなら、どうして、国際宇宙ステーションに、ロシアの、宇宙飛行船で、渡った、宇宙飛行士を招き入れるのですか?

 宇宙飛行士自体は、悪い人はいません。だが、こういう本質的な部分を語る、人間が大メディアには、いないというのも事実です。そして、私は、すべてのポイントで、本質が見えているのですよ。威張っているわけでは無くて、そう言うすべてを勘案して、やまゆり園大量殺傷事件も見ています。で、多分ですが、私が語ることが、最高の真実ですが、それを認めたら大変なので、『あんたが正しいです』と、言われることは将来ともに、無いだろうとは、おもっております。それでも、これが、真実ですよと、言う事は書かないといけません。

~~~~~~~~~~~~~

副題4、『マイナンバー制度とか、火星移住計画とは、何なのか?』

 テレビ東京に、『信じるか信じないか、それは、あなた次第です』と言う決まり文句で、終わる、情報番組があります。今確認をすると、【やりすぎ都市伝説】と言うタイトルのもので、中に関暁夫の、フリーメーソン訪問記があります。

 これについて、私は語りたいとは、思いながら、今までは、できるだけ触れないで、来たのです。それは関氏のポジションが解らなかったからなのです。フリーメーソンに関して、すごいところへ入って行く事が可能なので、私の敵方さんからは、許容をされているとは思うのですが、いよいよもって、本当の政治分析であるこの頁に、氏が登場をすると、その番組がつぶれたり、氏が、門戸を狭められたりしたら、気の毒だからです。

 しかし、本日は、とうとう取り上げましょう。LATEST(直近)の特集が、本日使いたい問題だったからです。それはマイナンバー制度についての解説です。マイナンバー制度とは、火星に移住できる人と、できない人を選別する為に発生させられた制度だと、言う文言でした。なるほどねえと、思います。ここでも間引きの発想が、生きています。

 自分達だけは、いい方に間引かれていて、本当のエリートとして、将来地球が、汚染で、駄目になった時にも、助かるのだと、言う意識をくすぐられたら、人間は嬉しがるのでしょうね。

 本日地検へ送検された植松聖ですが、正面からは、顔が見えませんでした。で、私が危うく、「彼は、ダミーの犯人だから、結局は顔を見せない様に、警察は、気を使っている」と、書こうとしたら、別の映像が出てきました。カメラが、横から撮影しているもので、植松が、はしゃいでいる映像が次に、出てきました。『おや、おや、危うくひっかけられるところだった』と、まだ、それを書いていなかったので、ほっとしたところですが、この植松なども、ものすごく上手な洗脳を受けていて、それで、犯人像を引き受けているのだと、思います。 イスラム国の若い青年たちも同じです。

~~~~~~~~~~~~

副題5、『洗脳の仕組みをここで、少し研究してみよう。餌は何なのか。会談の場所はどこなのか?』

 ところで、私はいつも、『ナチズムの発生を研究しているのです』と言っています。で、西隣の白井・小野寺夫妻ですが、東大卒だと、思います。それが、家を建設中からひどい事をあれこれやってきていて、特に奥さんの、小野寺夫人(夫婦別姓である)が、リアルな世界で、ひどい事をやって来るので、不思議でならないのですが、

 週末に、山ノ下のどこかで、お食事つきの懇談会が行われているのですが、そこで、前の町内会長の、中谷氏の、息子さん(長男は、東大宇宙工学研究所・所長である。次男は、慶応卒で、三井物産勤務である。こちらがうちの子へ手を出している可能性が強いのだが?????・・・・・特に鎌倉市内で出会った時に、私をにらみつけてきたので、これから先に研究を重ねないといけないのだが・・・・・)と、一緒に食事をしたり、していて、そこに、宇宙飛行士の山崎直子さんが招かれてきていて、

 この火星移住の話を出してきて、「白井・小野寺さん、あなた方は、今般の、雨宮舜(本名川崎千恵子)いじめの功績により、火星移住は確実です」と、言われたりしたら、今、彼女がやっているみたいなことを実行ができるでしょうね。東大卒でも、判断は狂わせられる。 

 さて、ここから先は、見てきた様な嘘を言いに入ります。傍証はまるでない部分です。だが、これを書いておかないと、私の発想も成り立たないところがあるので、書いておきましょう。

 植松聖が、どこで、また、誰に洗脳をされたかですが、その相手は、大衆的な知名度の高い人物であるはずです。無論のこと、伊藤玄二郎は、同席、または、別室待機で、事をセッティングしたと、見ていますが、

 大衆的知名度の高い有名人として、私には、大体想像がついているのですが、あえて、名前をさらさないで、置きましょう。ここは、前田祝一氏が乗り出して行っても駄目だし、酒井忠康氏が、乗り出して行ってもダメでしょう。ただし、植松聖が、駒澤大学か、國學院大學で、この夫婦の、指導を受けて居たら別ですが・・・・・

 場所は参議院議長公邸か、首相公邸か、首相私邸か、または、芥川賞選考が行われる料亭新喜楽か? 帝国ホテルか? 松竹ビル内貴賓室か? 又はアメリカ大使館内か?、朝日新聞社内、貴賓室か? 石井国土交通大臣の、省内・貴賓室か? 谷垣禎一氏の、自民党内総裁室か?、または、箱根に在ると言われる養老孟先生の【バカの壁】御殿か? ともかく、お金を出しても、普通の人は入れない、特別な場所で、会合が持たれたと、思いますね。で、洗脳をされて、その結果、意気揚々と、今般の役目を、引き受けたと、見ています。まさか黒岩知事の、神奈川県庁内貴賓室ではないと、思いますけれど・・・・・林文子横浜市長・重用の、接待用レストランだったかもしれません。または、文化庁長官用貴賓室? 国会図書館内貴賓室。または、テレビ朝日内貴賓室?

~~~~~~~~~~~~~

副題6、『そういえばマイナンバー制度・実施を、一手に引き受けていた官僚って、ジャガー柄のコートを羽織っている様な、チャラけた男で、しかも、税金を使い込んでいたのでしたっけ?・・・・・湘南信金のケースから判る事』

 関暁夫氏が、指摘するまでもなく、マイナンバ-制度など、国民の幸せにとっては、一利もないものです。反対に百害があってしかるべきものです。だから、私はまだ、申し込んでいません。だけど、このブログで、反対ののろしも上げていません。それは、もう無理なのです。私のプライバシーを守るのなど。

 後ほど、出て来る渡辺幸子さんは、湘南信金、鎌倉支店の三階で、個展をしました。売り上げが、100万円を超えたはずです。
その時に私が買った曼珠沙華の絵が、警察を巻き込んだ、いじめに繋がって行くので、彼女のバックには、警察のご支援がある恐ろしいCIA御用達の画家だと、判ってくるのです。が、一方の私なんて、湘南信金を使って、苛め抜かれるのですよ。

 一時期、その同じ支店で、東京へ行く前には、必ず、一回、4千円を下して出かけると言う事にしていたのです。すると警察官が変装した、中古品(または、廃品回収用トラックが待っていて、「お前が、鎌倉駅を出発する時刻を、警察は、把握したぞ。京橋で、嫌がらせをしてやるぞ」と、脅かされるし、共産党側からは、千葉原水協の名前で、湘南信金鎌倉支店前で、デモを打たれるのです。で、中の一人に声をかけて、「千葉県を今朝出発をしたのですか?と私が言ってみると、相手は、「そうです」って。嘘ばっかりです。千葉県から朝8時に出発をしたとしても、どうして、午前11時に鎌倉まで、来られますか? もう子供だましもいいところの、めちゃくちゃぶりです。

 その鎌倉信金ですが、青山で、カードを使おうとしたら、降りないのです。ちょっと青くなりました。そのカードだけしか持ち歩かないことにしていたからです。本を自分で出版をしていて、しかも売りませんので、出費ばかりの人であって、倹約の最中でしたから。でもね、スパコンにバグが入れ込められたと、思い当たったので、いつも入力する4千円ではなくて、7千円を入力すると無事にバグを突破できて、お金を手に入れることができました。

 こう言う事を経験しているので、マイナンバー制度に、反対しても、どうしようもないですねと、思っているので、反対をしていないのです。ただし、まだ、カードは交付してもらっていませんよ。いやな制度だと、思っているから。

  ところで、官僚として、それを、一手に引き受けて案出し、実施した男が、汚職と言うか、使い込みをしていたと、報道をされました。そうでしょうよ。だって、つまらなくて、そして悪辣な事へ、利用する為の、マイナンバー制度ですから、そう言うこざかしい悪徳が栄えるのも仕方のない事です。

~~~~~~~~~~~~~

副題7、『振り込め詐欺問題とは、本当は、何なのだ?・・・・・そして三菱銀行鎌倉支店を利用した激しいいじめとは何だったのか?』

 上は湘南信金を舞台にしたいじめです。私は青山の事件があって以来、湘南信金のカードは廃棄いたしました。それは、2007年ごろの話ですが、その後、2014年に、京橋の、パイロット万年筆が、開いているペンステーションと言うカフェ内で、安藤てる子さんを中心とする警察の殺人用別働隊に、だまし討ちに出会って、それこそ、拉致されかねない程の危険な目に出会ったのですが、隅のテーブルに居た、男たち、四人組が、「そういえば、湘南信金が・・・・・なんとかかんとか」と言ったので、すぐ罠に気が付いたのです。

 私はいつもアンテナを張り巡らせているのです。だから、殺害をされません。暗殺を免れています。だが、最近主人がひどく心配をし始めています。夜、でかけない様に、言います。

 そういえば、25日の月曜日の、銀座線内でも、異常なことが有ったのです。だから、やまゆり事件が、警察の別働隊が起こした謀略だと、すぐわかりました。ご近所様も、異常にはしゃいでいてうるさかったとは、前から申し上げていますが、銀座でも警察が、異常にはしゃいでいたのです。が、それを説明するのは、別の章とさせてください。その前に、湘南信金以外の、銀行での、異常を申し上げないといけません。

 湘南信金以外の銀行として、三菱銀行を使い始めたのです。三菱銀行鎌倉支店って、日本一預金高が多いって、皆様ご存知でしたか? それは、神社仏閣が、定期預金の形で、お金を預けているからですって。私は、1980年代に、父から、遺産をもらって、鎌倉市内高額納税者、18位となったので、その頃は、三菱銀行さんは、二階の立派な応接室へ上げてくれて対応をしてくれたほどです。となりの応接室へ、おお金持ちの親戚(同じく鎌倉在住)が、やってきていました。この応接室ですが、今はありません。代わりにサロンができていて、コーフィーのサービスが、受けられる様になっていますが、私は金庫を返してしまったので、資格がありません。さて、或る夜、5時半ごろの事です。この時も、母の遺産が入る前で、資金繰りが苦しい時なので、毎回千円単位で、お金をおろしていました。一万円単位で、お金をおろすと、毎月、30万円ぐらいは、あっという間に使ってしまうからです。行動半径が大きいので、そうなります。

 で、4000円を下ろそうとすると、画面が急に緑色に変化して、このカードは劣位第三位のカードなので、どうして、こうしてと、言い始めて、それから、先、うんともすんとも動かなくなりました。

 で、まだ、夜の5時半ごろなので、インターホンで、スタッフを呼ぶと出て来て、あれこれやったが治りません。そのうちに、お待ちくださいと言って中に入り、まったく新しいカードを作って来てくれました、これと似たようなことが横浜銀行でも起きたのですが、今度は、意地悪至極ない対応で困惑させられ切りました。実は三時まで、四日前に買った株の、代金を入金しないといけなかったのですが、それをわざとさせてやらないとして、浜銀のカードが利かなくなったのです。こう言う事はすべて、個人ができるわけもないので、CIA本部か、警察庁がやっていると、推察しています。そのことに対して深い深い怒りがあります。結局警察は私の銀行情報を、支配している人権無視のひどい事実を伏せてカモフラージュする為に、振り込め詐欺が多いので、警官が銀行に配置された要るのだと、言い募っていますが、嘘でしょうね。ひどい話です。この鎌倉雪ノ下には悪魔の巣窟があるのですよ。

 これは、こちらで、も、書いているエピソードです。

三菱銀行のカードが、貴女は、第三位の貧乏人だから、現金がおろせませんと、ATM画面で言う△   2013-04-09 22:30:54 | 政治

~~~~~~~~~~~~~

副題8、『なぜ警察は、銀行を支配し、こんな異常ないじめを、私に対して行うのか?』

 警察は、北久里浜の、ルネ北久里浜(売り出し時には、そらヒルズと呼ばれていた)と言う大マンション群の、敷地が、不正にタダで、横須賀市から、瀬島龍三と、その友人、益山重夫にわたった(しかし、名義上は、それぞれが、別の名義人、例えば、伊藤忠何度かとか、大建産業とかを立てているが)事件の、際から、ずっと、彼ら悪人の見方をしているのです。そして、第二次大戦後、最大の、CIAのスパイである瀬島龍三の、手下として、この鎌倉で瀬島によって、選ばれている伊藤玄二郎をもひいきしているのです。その上、伊藤玄二郎の愛人を自ら名乗る、石川和子さん(鎌倉春秋窯の主宰者だった。今は、すでに、死亡済み)が、警官を巻き込む大騒動を、私の猫をテーマに、起こした際に、彼等悪人の方を処罰しないで、こちらを暗黙裡に苛め抜く形で、精神病院にでも入れ込んでしまい、その結果として、この大失敗を糊塗しようとしているのです。

 また、前田祝一・清子夫妻と、安野忠彦・智紗夫妻は、これまた、わがままで、傲慢で、道路を、私的に使って、井戸端会議を行っていたので、それが、うるさくてたまらないのものですから、藤本夫人と言う女性が、前田清子さんに、道路を使わせないために、道路(=自分の私道部分)の真ん中にフェンスを作ると言い出したのでした。

 今般テレビ東京が、2016年7月17日に二時間の特番として放映をしたドリームハウスの前の持ち主が藤本夫人です。そして、彼女がフェンスと作る(そうすると誰も道路を通れない、と言うのも両側に植栽があって、道路は、実質的には幅1mしかないのでした。だから、真ん中にフェンスを作られたら、藤本家以上の高さにある家は、誰も、道路を使えないのでした。で、20軒の家がありますが、道路を使えるのは、藤本家より下に在る、たった二軒の家だけになるのでした。彼女が、怒っているものですから、この山は、どうしようもない紛争のさなかに入ったのでした。それを前の会長の、中谷さんが、「川崎さん、お宅の土地を提供してください。そして、お宅が犠牲になって、この問題を解決したいのです」というモノですから、わが家だけが、土地を使えない形で、コンクリート打ちをしたのです。ところがですね。集団いじめの対象になっていた藤本夫人は、自分を強化する為に、種々の主張をしていたのですが、そのうちの一つに、「すべての道路は幅4mなくてはならないのに、自宅前は、4mありません。だから、私は、自宅フェンスから、2mのところに、地境石を入れます。ついては、中谷さん、川崎さんの山を削ってください」と、言い出したのでした。

 我が家の山(特に東北の部分)は、自然のものです。それを強引にも「削りなさい」と、藤本夫人は言うのでした。
 それをもし、私に相談したら、「じゃあ、すべての、あなたからの提案を拒否します」と、私が言う筈ですから、中谷さんは、無断で、人の山(=わが家の自然の山)を崩したのでした。もちろん、とび職にやらせたのですがね。私は驚いて、「すべての提案を拒否します」と、言い出しています。だから、わが家の土地は、この30年間コンクリート打ちをされて、居て、使えないのですから、盗まれたと、言っているわけです。盗んだ人は、中谷共二氏となります。この人はカリフォルニア大学の出身だし、羽田空港の、飛行機専用のガソリンスタンド経営者だそうですから、きっと、CIAのエージェントの一人だったのでしょう。それで、こういう悪さを平気でされたのです。瀬島龍三に依頼をされたのだと、思いますよ。

 それが、アジサイ畑欺罔事件と私が言っているものの概要で、ともかく、前田清子さんと、安野智紗夫人が、悪女なので、こう言う事が出来するのでした。彼女たちは、山の20軒の家の中で、自分たちが優位に立って、威張るために、井戸端会議を行い続けていたからです。小野寺夫人は、こういう時期を知らない人で、ただ、ただ、教唆によって、安野夫人を、善人だと、思い込んでいます。どうしようもないレベルの、頭脳の、東大卒様です。でも、繰り返して言う様に、中谷さんの長男とは、面識があるのではないですか。それから、ご主人の方は、ルネ北久里浜の、設計マンである可能性も強いです。浜銀鎌倉支店の、設計者だそうですから、らら横浜(三菱レジデンシャルが、売り出した、横浜北部のマンション群)の設計者で、有る可能性も強いです。外見のデザインがそっくりですから。

 そういう土地だから、藤本家は、叩き売ったのです。鎌倉駅まで、不動産会社の公称で、徒歩8分の土地、実質47坪で、(公簿上は、私道部分も含めて、70坪は有る筈だ)1000万円と聞いています。ただし、彼等夫妻が、買うときには、地境石は問題の、石を使ったはずですから、この家の新築工事は、アジサイ畑欺罔事件に対する、最終的な証拠隠滅に当たるのでした。それを、489日間の工事期間をかけて、豪邸を立てて、しかも、繰り返しますが、堂々の二時間番組として、2016年7月17日に放映をしたのでした。

 しかも、始まってから、ひどく驚かされたことには、小野寺夫人と、前田氏が、堂々と、せりふを言うのでした。その上、安野忠彦氏、柳沢昇(石川和子さんの現在の夫で、私の猫に、「あなたより、川崎千恵子の方が好きですよ」と言われて逆上をして警官を呼んだ大ばか者)も、せりふは無いものの出演をしていました。

 そう言う事が何を意味するのかと言うと、アジサイ畑欺罔事件をマネーロンダリングして行こうという意味があるのです。視聴率が、どれくらいかは知りませんが、300万人の人がそれを見たとして、そちらの人々が、素晴らしい家だ。そして、それに味方をする人もいっぱいいるのだと、考えている筈だと前田祝一一派は、考えている筈で、それで、「300万対一だから、あいつ(=私の事)お前負けたではないか。完敗じゃあねーか」と、家の中では、夫婦で、言いあっている筈です。

~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『私が推察するに、その2016年7月17日ごろ、谷垣禎一さんは、逝去されている。これで、伊藤玄二郎たち、鎌倉エージェントに協力し、その言うままに、動いた、人物のうち、善人が死ぬのは、五人目だけれど・・・・・私がやはり、天の采配が下っていたと、書くはずだと、みなされているので、谷垣禎一さんの死は、公表をされないのだ。

 お気の毒に。・・・・・強欲な前田祝一が偉そうにTV東京のドリームハウスと言う番組内で、「ここは環境がいいのですよ」などと言っている最中に、谷垣禎一さんは、痛い痛いと、思いながら亡くなっていたのだろう。たぶん、この想像は、当たっている』

 ここは、まだはっきりしないのでデテールは書きません。ただ、細田さんが、発表をしたとおりだと仮定をすると、「頸椎損傷で、手術を受けているが、意識はあり、相撲を、見ている」と言う状況になります。それなら、谷垣さんは、何らかのご自分の意志を細田さんを通じて発表をなさるはずです。谷垣さんは、善人でもあり責任感も強いでしょうから、谷垣さん自身が、「僕は、引退しますので、後継者はだれだれに引き受けてもらいたい」という意思を発表されるはずです。秘書または、安倍さんを通じてですね。20日の時点でそうなさるでしょう。

 または、徳洲会の徳田寅雄さんみたいに、車いすに乗ったまま、記者会見をされてもいいのですから。

~~~~~~~~~~~~~~

 ここで、植松聖について、二章、書いたのですが、何故、参議院議長公邸に彼が手紙を届けたかについて、非常にユニークな発想に基づいた文章が書けたので、独立をさせております。皆様もびっくりなさる様な事実がそこに書いてありますが、多分真実です。

 その上、この文章が、全体で、二万字を超えそうだったので、そうさせていただきます。次の章(=後注1)へ、移動をさせております。

後注1、

植松聖は、何故参議院議長公邸に、手紙を届けたのか? 私がtaxiで、その前を通ったからだろう   2016-07-27 23:11:20 | 政治 

 ここから先はメモなのです。これから先もたくさん書かないといけないのですが、すでに、14時間ここに張り付いているので、またまた、長時間の休憩を入れさせてくださいませ。一回、寝ると思います。

@@@@@これ以降はメモです。

副題10、『渡辺幸子さんと、栗田玲子さんは、やまゆり園大量殺傷事件と関係があると、みなしているが・・・・・』

渡辺幸子さんがどういう人であるかは、後で、リンク先を探して下に置きますが、簡単に言うと、国際基督教大学出身の画家で、私を非常に大きな程度でいじめてきた人です。どうして虐めて来たかと言うと、同窓会展で、数年間、一緒に出品をしていた際に、2003年だったと思うのですが、私の方が、100号の絵を出したのを『あの人って、私を出し抜いて、いい思いをしたのだわ』と、思い込んで、誤解をしたからでした。私は国画会に10年以上油絵を、出品をしていたのですが、2003年からそこへ出品をしないことにしたので、前々から準備中の100号の絵が、たくさん未発表として残る見込みになったので、そのうちの一点を、望月画廊の、同窓会展(当時は、ICU展と言う名前だった)に出したのでした。彼女は、自分の個展にはいらっしゃいと、招いてくれていました。ので、私は、彼女の方には、行っていましたが、私の個展の方には、それが、出世の役には立たないと、思ってきてくれていなかったために、私が力量が高い画家だと言う事を知らなかったみたいで、その機会に、突然に出し抜いたと、思い込んだみたいです。

 私はリアルな世界では、喧嘩をしない主義ですから、ただ単純に、その会へ参加するのを辞めることといたしました。それを電話で事務長に連絡をしました。この行為が後ほど、栗田玲子さん(銀座の画廊ガレリアグラフィカのオーナーで、山本容子を、手持ち版画家として、成功をさせた辣腕の女性、イタリアと、関係が深い、多方向で、私をいじめることに寄与している)に対して、渡辺幸子さんが、「川崎さんって、怖い人なの」と、告げ口をする、原因となっています。そういう告げ口を聞いたわよと、鎌倉駅構内のトイレで、栗田玲子さんが、私に直接に、言いました。天は、すべてをみそなわす出会って、渡辺幸子さんの、裏側の行為は、すべて、私に知る処となっています。

 単に女の喧嘩を語っているみたいですが、この二人の女性が、今回のやまゆり園大量殺人事件にも無論のこと絡んできているので、重要な存在なのです。

 でも、やまゆり園事件に入る前に、渡辺幸子さんについて、さらに重要な事を二つ、三つ書くと、彼女は元、JALのスチュワーデスです。で、元JALの地上スタッフだった、平野和子さんと親しくなっているので、平野和子さんが、対私へのいじめ役として、機能することとなってきています。平野和子さんが、あれこれをやって来ていたのは、2015年までは、察知していますが、今はどうかなあ? 平野和子さんは、普段は山梨県に住んでいるそうですから、銀座にもそうは頻繁には来られないでしょうが、いざとなれば、使役をされる人物です。彼女からの教唆で、私をいじめてきているのは、あそことあそこだといろいろ、判っていますが(苦笑)平野和子さんとは、ギャラリーボウ(舟ヘンに、方と書く漢字)と言う良い画廊を長らく経営していた女性ですが・・・・・

 さて、やまゆり園事件さえ、起こされたしまったので、はっきりと言いますが、渡辺幸子さんが、JALのスチュワーデスになったのは、社長をしていたお父さまが破産をしたからだそうです。彼女は次女であって、何らかの、意志が働いて、一家の為に、稼いで上げようと、思ったのでしょう。それで、ICUを中退して、JALのスッチーになりました。ここは堀文子さんと似ていますが、渡辺幸子さんは、堀文子さんほど、高度な哲学は無い人です。だから、簡単に他人をいじめたりします。それは、職業柄と言う事もあるかもしれません。私も、東大へ勤務していたのですが、堀文子さんも東大が、最初の仕事場でしたよね。男性が多い職場です。いじめが無いとは言わないが、いわゆるアカハラで、大学教授の席が少ないので、出世を、争う意味でのいじめはあるが、女同士のさや当てなどないのですが、スチュワーデスの世界には、そう言う事がわんさとあって、渡辺幸子さんは、それを利用して、いじめてきたのでした。言葉と、ボディラングエッジを駆使したものです。

 しかし、彼女が私を恐ろしいと、言ったのには、それだけの理由があるのです。つまり、私は損得を考えない人間なので、『ああ、こんな嫌な人間が住んでいる世界からは、逃げ出そう』と、単純に決意して、「辞めます」と言うのです。それだけですね。非常にシンプルな人なのです。しかし、辞めると言う事は、そう言う形で、渡辺幸子さんのいじめが、固定化して、一種の目に見える形で、あとあとまでに残ると言う事になります。それが、判る渡辺幸子さんは、やはり、ICU卒で、頭がいい人なのです。私は別にそれを狙って辞めたわけではありません。だが、損得を考えない毅然としたところはありますので、それは、知る人ぞ知る怖さかもしれませんよ。

 一方で、この女社会のいじめの問題を、駆使しているのが、後半でも出て来る、安野智紗夫人です。そして、この女性が谷垣禎一さんの、事故へ繋がって行くので、重要なのですが、ここでは、渡辺幸子さんに戻りましょう。

 

@@@@@@ここが、二つ目の、場所としての、書きかけ中の最先端です。以下はメモです。

副題α、『『やまゆり園事件は、神奈川県の山の中にある施設である。そして、黒岩知事が、すぐさま(=事件の起きた午後)に、お見舞いに訪れている・・・・・是だが、なんとは無い、ヒントにもなってはいる。何のヒントと言えば、この事件が謀略であると言う事のだ』

 最近の謀略事件とは、すべてが、鎌倉雪ノ下の住民、前田祝一・清子夫妻、および安野忠彦・智紗夫妻、および、故石川和子・柳沢昇夫妻、および、白井・小野寺夫妻、が、この30年間に対・私として起こした、悪辣ないじめを修正して行こうと言う方向で、出来上がっております。

 本日の文章の傍証づけに役立つ、過去に書いたブログのリンク先、

今は未編集の段階ですが、見つかったものは、見つかった順に、順次置いておきます。

お、とうとう放映、わが家の北隣の新居、地デジ、テレビ東京で、20時から   2016-07-18 11:21:14 | 政治 

碑文谷バラバラ殺人で28歳は自白をしたそうだが、私はたじろがず、犯人は複数犯だと、主張し続ける△   2016-07-10 21:23:32 | 政治

碑文谷バラバラ事件と、新幹線焼身自殺の、謀略としての類似点   2016-07-14 10:49:47 | 政治

 

コメント

マイナンバー制度、汚職事件

2016-07-27 09:33:24 | 政治

 

 これは、私が、書いた、ブログの資料となるので、ここに置いておきます。単なるニュースのコピペです。

マイナンバー汚職、中安被告ら2人懲戒処分

PR

中安一幸被告

 マイナンバー制度導入をめぐる汚職事件で、厚生労働省は22日、収賄罪で起訴された情報政策担当参事官室(情参室)の室長補佐、中安一幸被告(46)を懲戒免職処分とした。また、贈賄側のIT関連会社から金銭の貸し付けを受けていたとして、同じ情参室の元室長補佐(56)も懲戒免職とした。

 厚労省は同日、収賄事件に関し、情参室職員ら約160人を対象とした検証結果を公表。元室長補佐は平成26年6月~27年4月、同社から毎月約20万円ずつ、計230万円を現金で受け取っていたほか、同社に対する飲食費のつけ回しも最大約30万円あった。元室長補佐は調査に「帰省の金を貸してくれたのが端緒だった。27年6月に返却した」と話しているという。

 元室長補佐は入札時に業者を審査する「評価委員」を務めていたほか、昨年4月の契約に関し、入札公示前に仕様書のたたき台を同社側に作成させていた。だが厚労省は、同社が作成した仕様書と、実際の仕様書が異なることなどから「便宜供与は確認されていない」としている。

 また検証結果では、中安被告が国家公務員倫理規程に反し、講演の報酬を報告していなかったと指摘。出勤状況も省内で把握されていなかったことから、同省では監察チームを常設、予告なしに監査を実施するなどの再発防止策を示した。

関連ニュース

【マイナンバー汚職】業者選定委員を誘導 複数回接触、贈賄業者後押し・警視庁

コメント

やまゆり園・大量殺傷事件は、厚生事務次官殺しと同じ筈。不自然な処が一杯だから謀略でしょう

2016-07-26 07:17:46 | 政治

 最初に語彙の定義をさせてくださいませ。謀略とは、真犯人が別にいて、報道をされている事件とは、別の目的を持ったプロの殺人集団が、実行をした事件だと、言う事です。最近(直近)に起こされたのは、碑文谷のバラバラ事件ですが、それに引き続いて、起こされましたね。私は、植松聖は、被害者の全員は、殺していない(または、刺していない)とみています。

副題1、『とうとう、谷垣氏に関するニュースが出て来たが』

 私は昨日(=25日の月曜日)は、非常に疲れて帰宅したので、ブログを更新しないつもりでした。しかし、更新をしています。それは、後注1に置いておきます。

 で、それを書く前に、一応、NHK7時のニュースと、9時のニュースをチェックしました。そこで、谷垣さんに関する情報は一切出ていなかったと、確認をして、その後、その録画番組を削除いたしました。ただ事前に、月曜日は必ず、画廊巡りをして、外出するので、7時のニュースには、谷垣さん関連の情報が出るはずだと、行っていたのですが、本当に、自民党は、谷垣さんに関する情報を外部に出していたのでした。ただ、ただ、NHKが、月曜日の夜に、それを報道をしなかっただけです。これは、何度も繰り返されて来た、NHKが、高度なレベルで、私のブログに対応をしていると、言う事を示します。

 で、そのことは、たまたま、見ていた、火曜日=26日の、朝の7時、15分過ぎのNHKニュース内で、出てきました。とうとう、谷垣さんのけがの程度が、出てきました。その時に映像としては、官邸に入る安倍総理大臣が映って、「安倍総理大臣が、自民党の幹事長を交代させる案を持っている」と、説明がついて、いました。続いての映像は、
 相当前のもので、左から、二階、谷垣、高村、稲田、某氏(私は、しっかりとは、その顔を、今覚えていない)の五人が、映って居るモノです。撮影時は、谷垣さん他の自民党役員が、選任された当時です。その時に、メディアの前で、握手をしている画面です。谷垣さんは、無論のこと、普通の状態(=元気)です。で、さらに、「谷垣さんの復帰のめどが立たないので、交代人事を考える」との、説明が続きました。

 非常に重要な政治家の、事故で、政治家としては、一種の廃人化した(背骨を折ったと言われる。私は、既に亡くなっていると、考えているが)と言うニュースですから、骨の手術を、執刀した、医師は、記者会見を開くべきだと思いますが、開いていませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『井上ひさしは、本当は生きているのに、死んだことに自分で、していて、地下潜行して、ありとあらゆる謀略の案を練っている。反対に、谷垣さんは、本当は亡くなっているのに、家族の意向を無視して、生きていることにされている・・・・・と、私は、感じている。今はまだ理由が説明できないが、そうなっているのは、確かだろう。特に、この、やまゆり園の事件が起きたからこそ、そう確信をしている』

  ここまで書いて、朝の7時半にアップして、その後、下の副題3を、8時ごろまでに書いたのに、アップするのを忘れて、家事雑事をしておりました。ただ、副題2までは、NHKニュースを見ないで、ほぼ、民放のニュース(日テレが朝早い時間帯に、放映をしていた)を、見た結果で書いているものです。

 さて、下の副題3は、朝の8時までに書いたのですが、たまたま、外へ出たついでに、園芸の仕事をし始めて、アップするのを忘れておりました。ただ、朝の9時以前に書いたのは確かだと、申しあげさせてくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『津久井警察署に、犯人が出頭してきたそうだが、警察の発表によると、・・・・・刃物は持っておらず、黒いTシャツと、黒いズボンをはいていた・・・・・そうである。不思議だ。どうして返り血を浴びていないのだ? しかも、津久井警察署の入り口に、血の付いた足跡が無い。しかし、血を含んだ、スニーカーの靴跡とか、副からしたたり落ちたであろう、血痕を、水洗いしたと、みなされる濡れた後が、玄関や、侵入用階段に無いのだ。つまり、犯人は、大量殺人を犯していない。もし、犯していて、しかも、途中で、気変えたとしたら、それほどの自由をどうして警察(この場合は、津久井警察署と、そこが応援を頼める筈の、八王子署などの近隣警察署を指す)は、見逃したり許していたのだろう。それは、大失態と、言っていいだろう』

~~~~~~~~~~~~~~~~

 時間的に言うと、4時間以上前に書いた副題3を、実際にはまだアップしていなかったのですが、それさえ忘れて、家事に没頭をしていたのです。今、昼食を食べながら、NHKの正午のニュースを見、それを見終わったところです。で、感じるところが多くありますが、それを、少しずつ書いていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『神奈川県庁の会見に、やはり、この種の事件に特有の、矛盾がありますね』

 多分ですが、私がこれは、謀略だと書いたからこそ、神奈川県庁は、さっと、素早く、記者会見をして、神奈川県知事黒岩氏を真ん中にして、あれこれを説明しました。しかし、そこにも、大きな矛盾がありましたね。

 まず、やまゆり園は、二人一緒の部屋と、一人部屋があり、20人が単位を組んで、生活をしている。そして、夜間は、その一ユニットに付き、一人が、当直として、泊まっている。

 その各ユニットには、鍵がかかる様になっている。

 一方、犯人は、東側の窓ガラスを破って侵入している。

 ここに大矛盾があります。窓ガラスを破って侵入したのだったら、鍵は持っていないのでしょう。だったら、各ユニット間を、隔てるためにかかっている筈のカギを持っていない筈です。その各ユニットは、20人で構成をされているそうです。が、犯人が殺したとか傷つけたと、される、被害者の総人数は、20人を超えていますね。40人を超えています。そのユニット間のカギをどうして開けたのですか?

 大きな矛盾です。神奈川県庁の担当職員は、頭が悪いというか、へらへらして、発表をしていました。なんとなく、「こういう風にしなさい。これは、こういう目的があって、必要です』と、本当の犯人側から、命令教唆をされている可能性を感じます。

 私は、本日も外出をしないといけないので、この事件がおかしいと言う事を発言をして、一つだけ、この種の事件特有の矛盾点を書くことで、この章を書き止めて、置きましょう。ただ、谷垣さんについては、ココでも、追記します。と言うのも正午のニュースでやっと、病状が発表をされましたから。

~~~~~~~~~~~~~

副題4、「谷垣さんは、頸椎損傷だと、やっと、本日26日になって、NHKニュースは報道をした。と言うのも自民党は、幹事長を交代させることを、協議し始めたそうで、その映像が出たからだ。病状は、頸椎損傷で、手術をしていて、意識は有り、相撲を見ていたと、言う程度だそうだ』

 私は、24日から、谷垣さんはすでに亡くなっていると、言い始めております。そして、三章をかけて三回同じことを言っているわけです。しかし、本日逝去は無い。ただし、政治家としての復活もないと、発表をされたわけです。

 でも、こちらのニュースも、いろいろ、矛盾点があって、私は、これが、こう成っているからこう考えていると言う事が、後注2以降にも考え出してあtいるのですよ。ただ。本日m外出をしないといけないので、これ以上は書かずに外出します。

 ところで、ヤマユリ園の大量殺人事件ですが、こちらも、将来にわたって、『実は、植松聖は、やっていなかった』とは、発表をされないと思いますよ。だけど、それは、過去のすべての、この種の事件と同じなので、私は驚かないし、たじろぎません。

 後注2に置いた前報内で、ご近所がはしゃいでいたので、おかしいので、と言っていますが、これが、準備されていて、それで、あいつをやっつけられるぞ、と、思ってはしゃいでいたのではないですか? つまり、私が過去に書いている、周南事件とか、平野龍彦の洲本事件とか、山田浩二の、寝屋川事件とかを、全部、真実であったとするほどの、衝撃的事件を起こして、私のブログが間違っているのだと、証明することができるので、大丈夫だと、言う連絡が内々に、伝わっていたのではないですか。彼らは、勝ったと、思うとはしゃぐので、この山全体が、うるさくなるのです。最近、うるさい事が多かったし、

 前田祝一氏は、昨日も二かいの天井灯を付けていたし、月曜日の夜もつけていたし、先週も記録はしていないが、何回かつけていたと、思いますよ。そして、今、26日の夜9時半にも煌々と点けています。一階は真っ暗なので、こういう時は悪意満々と言う点灯形式なのです。あの夫婦は、何かを聞かされていて、それで、ここで点灯をしなかったら、自分たちの負けを認めることになるからつけようと考えたのか、または、そう言う風に考えましょうと、さらに上位の人物から命令されたか、または、完璧に、やまゆり事件が、NHKが報道をしている通りだと、信じているのか、ともかく、本日堂々と点灯をしていたことは、記録をしておかないといけません。

 このやまゆり園事件も、急に起こすわけにもいかないので、去年の11月の、長谷川智恵子さんの、障害児・間引き・推奨発言(茨城県の教育委員会委員としての発言)が、失敗に終わった直後に、企画をされ始めたと、推察しています。

 ニュースの推移に対応をしながら書いていきましょう。または、これを置いておいて、ダッカ襲撃事件の真実を書くかもしれません。このダッカ襲撃事件は、徹底的に、軽井沢スキー事故の練り直しです。どうしてそう言えるのかは、非常に書き表すのが、難しい事ですが、このやまゆり園事件みたいなあくどい企画をする連中ですから、私も書かないといけないなあと、思っております。

~~~~~~~~~~~~~

副題6、『テレビ朝日が監視カメラの映像をさらしたが、犯人は警察が言う黒いTシャツ姿ではない。その上、返り血を、一切浴びていない。もし、このシャツが、犯行後着替えたものだったら、警察が発表をした黒いTシャツは、嘘となる。また、監視カメラに、映っている車は、後ろが壊れているが、犯行後興奮して壊したと、植松は言っている。しかし、この監視カメラの映像は、大きなゴルフバッグみたいなものをもって、やまゆり園に向かう処だそうだ。だから、コメンテーターたちは、犯行前に車を壊していますね』と言いあっていた。つまり、脚本があって、監視カメラにわざと、映る様に、教唆命令を事前になされていたと、考えられる』

 ともかく、結局のところ、これも、テレビ東京放映の、ドリームハウスと、関連性をもって、傍証づけができるのだが、それは、将来にいたしましょう。

 それが、放映をされた、2016年7月17日が、大問題なのですよ。その日に、谷垣さんにも、死が訪れたのではないかなあ? だから、逝去が、秘匿されている。そういう風に私は思っています。まあ、肉体的な、死ではなくても政治家としての、死が訪れたのは確かでしょう。すべての渦は、前田祝一と言う処に、集中して行きますね。または、その後ろに居て、さらに上の立場にいる、伊藤玄二郎とか、石塚雅彦氏とか、井上ひさしとか?

~~~~~~~~~~~~~

副題7、『夜の10時に、書き足すこと』

 私は、上の節までを、とびとびの、時間を使って、朝の6時半から、書き始め、午後二時半までかかって書きました。その後、パソコンを閉じたまま、テレビ朝日の、ニュースショー及び、ミヤネヤを、午後3時まで、見ていて、鍵の問題が、警察によって、説明をされたことを知りました。だが、そう言う風に後付けで、私の文章が否定されていくことは、たびたび経験している事ですから、気にしないで、外出をしました。

 しかも、外出の幼児は、画廊巡りの二回目です。一回目に全部が終わらなかったので、二度目として外出をしました。どうしてかそうしたかと言うと、二〇一二年ごろと比べると、相当に、深く、真実を書き表すことができていますので、あまり、焦っていないのです。

 だって、すごい大勢の、人間を使って弾圧をされているのですよ。たとえば、今般の、都知事選で、上杉隆氏の立候補と、鳥越俊太郎氏の立候補は、私の過去ブログを打ち消す方向で、行われている事です。だから、それも、また、敵さんたちの攻撃の一つなのです。

 そういう現象下に在る私ですから、すべてを、ゆったりとやらないとだめですね。やまゆり園襲撃事件の謀略としての全貌もわかっていますが、それを、本日の午後に、書くことは、せず、銀座の画廊巡りの二回目をやって来て、九時一五分ごろ帰宅をしたというわけです。その後、ごみを捨てて、さて、これから、雑事に取り組もうとしているところです。と言うのもこのやまゆり園殺傷事件については、

 種々の過去ブログを、検討しないといけないからです。ともかく、この事件は、長谷川智恵子日動画廊社長夫人(もしくは笠間日動画廊社長)の、茨城県教育委員として発言をした、

 『障害児は、妊娠中に、遺伝子調査をして、障害児であることが解ったら堕胎すべきだと、発言をした問題について、フォローをする為に、作り上げられました。つまり、彼等、謀略の発案者にとっては、塩見和子も、長谷川智恵子も傷つけてはいけない人物だったのです。私が気が付かないか、気がついても、ブログへは、書かない筈だと、みなされて、ああいう事が起こされました。しかし、私は、あらゆる謀略は、それが、起こされた途端に、判るのですよ。それをブログに、全部書くわけではありませんが、判ることは判るのです。

 そういうポイントについての判断ですが、はっきり言って、CIAのトップクラスの、インテリと、対等、または、同等の頭脳を持っていると、自負しております。だって、日本人エージェントのトップは成岡庸司君の筈で、彼は、私の横浜国立大学付属中学時代の、たった100人しかいない同期生だから、ほぼ対等の頭脳か、私の方が上だと、みなしていいいのです。

 だから、謀略は、生成した途端に、すぐ、判るのです。

 矛盾点を見つけるとか、傍証で、探って行くのですが、今般の事件も、それが、起こされる前日、2誰がどう動いたかを分析しています。

 長谷川智恵子さんに、こういう発言をしなさいと、最終的に、教唆的説得をしたのは、塩見悦子さんでしょう。その塩見さんを説得をしたのが渡辺幸子さんか、または、石塚雅彦さんの、どちらかでしょう。渡辺幸子さんの、裏側には、栗田玲子さんがいて、

 その栗田玲子さんの裏には、伊藤玄二郎がいるでしょう。ところで、伊藤玄二郎は、医師会と、ツウツウで、医師会が、鎌倉市民向けに発行をしている医事新報(正式名は、今は、不明だが)の一月号に渡辺幸子さんの絵を採用しました。

 だから、すでに、渡辺幸子さんと伊藤玄二郎は、直に歓談をする中なのかもしれませんし、電話等で、命令的教唆をできる仲なのかもしれません。ともかく、上にあげた名前を持つ人々、が、動いて、長谷川智恵子発言は生まれました。そこから、私は、スタップ細胞疑惑に、関与普した人物として、ロンドン在住で、もしかしたら、日本化学会の会員資格をまだ保持しているかもしれない三輪喜久代さんの名前を挙げています。三輪喜久代さんは、東京の春秋社に、1966年に入社していますが、伊藤玄二郎は、1966年、もしくは、1967年に河出書房を退社して、鎌倉で、出版社を開き、そこに、春秋社の名前をもらっています。それ故に、三輪喜久代さんが、伊藤玄二郎と直接なる知り合いである可能性が出て来て、それを書いているのも彼らにとっては、とても困る事です。 それでね。このブログを潰すためには、前田祝一一派を勝たせた方がいいので、これまで、使ってきた謀略≪周南事件とかシャルリーエブド事件など、すべて謀略である)を、更に大型化して、劇的にして再現したのが、今回のやまゆり園大量殺傷事件だと思っています。

 なお、上に個人名を上げてあります。が、誰か、もっと、上層部の、CIAエージェントも、動いたかもしれませんが、・・・・・

 後日推敲をして、完成したら、署名と書いた日付を入れます。

 

後注1、

二階俊博氏の、不思議な発言から、私は谷垣さんは、既に死亡していると18日に判断をした   2016-07-25 22:06:36 | 政治

コメント

二階俊博氏の、不思議な発言から、私は谷垣さんは、既に死亡していると18日に判断をした

2016-07-25 22:06:36 | 政治

副題1、『二階俊博氏が、私にとっては疑問符一杯の発言をしたのだけれど、それを丁寧に、分析しているうちに谷垣さんが、すでに、死亡していると、判断することとなった』 

 ****罫線以下の発言(後注1)について、本日は、触れて、谷垣さんが死亡していると考えたのは、この発言が主な、起動点だったとのですが、それを、ここで、初めて話したいと、思います。

 まず、二階さんと言うのは旧・田中派を率いている筈であって、旧・福田派・所属の安倍さんとは、仲が良くない筈なのです。今般グーグル検索をしてみても、安倍総理大臣の天敵である。安倍サイドは、強く、二階氏を警戒していると、出てきます。

 しかし、私は二階氏が、中国へ独自路線を強調し、安倍総理より、力があるかのごとく振舞ったりするので、不思議な事だと、今まで、考えていたのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『どこかで、二階氏は、鎌倉エージェントと通じていて、CIAの許諾を既に受けていると、私は、考えていた。それが、誰からかは、判らなかったが、本日、彼が中央大学の出身者だと、言う事を知って、すべての謎が解けた』

 伊藤玄二郎は、人たらしの天才です。と、言うか、それに異常な集中力をもって取り組んでいる人間です。もし、私が彼みたいな、前半の人生を送ってきたら、それと、似たことをしたかもしれませんが、私は、違う前半生を送ってきたので、やればできるだろうが、やりません。あそこまで、人と接して居たら、創作など、出来っこないと、思っているので、静かで、かつ独立した生活を送る方を、選んでいるわけです。

 その伊藤玄二郎は、表の世界で、は、谷垣禎一氏と、親密です。そして、それは、対談集【興味津々】(鎌倉春秋社刊』として結実をし、表に出ました。

 これですが、一種の横取り状態として、急速に近づいて行ったと、見ております。それは、私が非公開のメルマガで、谷垣氏に対して、何度も同情をしていて、『この人は、大学教授ぐらいに転身をした方がいいのに』と書いているので、谷垣氏を、私が結びつくのを警戒して、お上品な餌、対談集を出しましょうと言う提言を引っ提げて、おつきあいを始めたのです。しかも隠れてです。と言うのも、2013年の3月ごろまで、鎌倉エージェント(=CIA)は、小沢一郎氏を贔屓していて、民主党(現在名民進党)を、ひいきしていたからです。対談自体は、すでに、2009年から始まっているのですが、それが、一般庶民に開示されたのは、2014年(これは後で、正確に調べます)に、【興味津々】が出版をされてからでした。

 しかし、それ以上に表に出て来て居たのは、民主党内閣との、ツウツウぶりでした。民主党内角で、法務大臣を務めていた千葉景子女史が、死刑執行をして、死刑場を記者団に公開した時に、それが、ピタッと、私に判りました。

 
しかし、もっと驚くのは二階俊博氏との、密通ぶりです。これは、あまりにも節操がないと言う事で、表には一切出さないという交流だったと、思います。

 この続きは明日書きます。

***********

後注1、

自民・二階総務会長、総裁任期延長容認の考え

2016年7月19日 20時19分 (2016年7月19日 21時40分 更新) 自民党の二階総務会長は、再来年の9月までとなっている安倍総理の総裁としての任期について延長することを容認する考えを示しました。
 「安倍総裁の内外での活躍について、今、党内で議論を差し挟む人はいない。必要があると大方がお認めになれば、延長も考慮に入れていいのではないか」(自民党 二階俊博総務会長)

 自民党の二階総務会長は、周囲の政治情勢を見て党内がまとまれば、安倍総理の総裁任期延長を容認するという考えを示しました。

 総裁の任期は3年で、安倍総理の総裁としての任期は2018年9月までとなっていますが、たとえば1年間の延長となった場合、消費税率の引き上げ期限とされた2019年10月の直前まで任期が延びることになります。(19日15:21)
 
コメント

もし明日、谷垣氏がTVに登場したら、事故だというのは、今までで、最も高度なひっかけだったとなるが?

2016-07-24 21:38:36 | 政治

副題1、『私は前報内で、谷垣さんは、すでに亡くなっていると書いているが、もしかしタラ、それは、私への、ひっかけであって、嘘だったかな?』

  今、総タイトルを書く箱に、日本語が、入力ができなかったのです。で、最初は日本語文を、ローマ字で書き、その次に、英語で、総タイトルを書いていきました。その、英語の意味ですが、日本語に訳すると、『もし月曜日に、谷垣さんが、テレビ画面に登場したら、これは、最高のだまし討ちで、今までで、最も高度な嘘ですね』と、言いたかったのを英訳したのです。その次に、それを本文で説明しようとすると、本文の方では、簡単に入力できました。その楽な程度と、加減に、ちょっと、狐に鼻をつままれた様な、気分です。

 世間の人はまだ知らない事である。だが、重要な真実である・・・・・と、その種の事を書いているときに、スルスルと、書けるなんて、言う事は、このブログでは、今までは、ほとんどなかったことでしたから。で、ちょっと、心配になりました。もしかしたら、私が間違っている?

 何が間違っているかと言うと、前報(後注1)で、『谷垣さんは、もしかすると、既に、亡くなっているかもしれない』と言っています。しかも、ずっと前から、そう思っていたと、言っています。で、それを書かせた後で、谷垣さんが登場したら、「あのブログは、嘘を書いている」と言う事になるではないですか?

 で、読者の信用を失います。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『似た様なひっかけ用・事件として、五人の無辜のご老人が殺された、周南事件と言うのがあったが今般、谷垣さんが、元気な姿を、テレビ画面に顕したら、だ江も、殺されていないひっかけ事故となる。まあ、ほとんど、嘘に近い、現象だったが、治りましたと、言う形で、登場したら、私が騙されたと言う事となる』

 これは、周南事件の時にとられた手法です。平成の八墓村事件と言う別名で、当初は、大々的に報道をされたのですが、私が、これは、鎌倉エージェント特に、前田祝一氏一派を助けるために企てられた事件で、保見はやっていない。プロの殺人集団が、殺したのだと、書き始めたら、急に保見が見つかった事件です。

 旧地名・徳山市、で、現在名、周南市の、金峰と言う集落は、川こそあるのですが、それ以外は、樹木のうっそうとしている山間の地で、私が今住んでいる地域と、結構似ているのです。で、そう言う処で、近隣トラブルで、事件が起きて、保見と言う恐ろしい人間がいると言う事にされたのですが、あまりにもご近所様がはしゃいでいて、うるさいので、火曜日から、すぐ、これは、嘘で、調略でスト、下書きをし始め、木曜日の、26日には、それを公開しようと、努力をし始めたら、保見が見つかったと言う事にされた事件です。

 で、私は、夜7時のNHKニュースを待っていたし、8時45分から始まるNHKニュースも首を長くして待っていたのです。ひっかけ用ニュースだったら、谷垣さんは、『私は元気です』と言って、テレビ画面に顔を表すはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『産経新聞とか読売新聞とか、朝日新聞も、谷垣さんが、けがをしたらしいと、報道をしているが、彼らがだましに加担をしたのは、平成の八墓村事件とか、スタップ細胞疑惑とか、数々あるので、それは、傍証づけにはならないのだ。傍証づけに役立つのはご近所の動向である』

 しかし、ご近所の動向も判断材料にしないといけません。そこなのですが、何故かはしゃいでいるのですよね。前田祝一・清子夫妻とか、安野忠彦・智紗夫妻とか、白井・小野寺夫妻戸かが、何となくうるさいのです。これは、伊藤玄二郎と、彼等との関係を考えると、ありえない発想なので、もしかしたら、谷垣さんの事故とは、嘘で単に、私をひっかけるための嘘だったのかな?と、思い始めているのです。でも、谷垣さんが亡くなっているのにはしゃいでいるとしたら、これは、もう悪魔っぷりも極まれりですけれど・・・・・

@@@@@ここが書きかけ中の最先端であって、重要な事をたくさん字数をかけて書きたいのですが、今は、それをしないで、月曜日を待ちたいと思います。私が画廊巡りをしている最中の、夜の7時のニュースで、谷垣さんが、「ハローっ!」ていう感じで、元気に登場したら、自転車事故と言うのは完璧なひっかけ用ニュースだったわけですが、それを、待ちたいですね。それを見たのちに、続きを書きたいです。

後注1、

来る都知事選について、16-7-24に一言 + もしかしたら谷垣氏は、すでに?   2016-07-24 09:43:42 | 政治 

コメント

来る都知事選について、16-7-24に一言 + もしかしたら谷垣氏は、すでに?

2016-07-24 09:43:42 | 政治

副題1、『本日初めて、今般の都知事選について語り始めるのだが、その理由は過去ブログを偶然に見つけたからだった』

 私は都知事選については、語りたいことが有りますよ。しかし、自分の書いた文章の方向と反対方向へ、国民・教唆・用ニュースが作られる現象を、あまりにも多く見たので、ずっと我慢をして来たのです。本日も引き続きそうしたいのですが、ここで、過去に書いた文章で、『今般の都知事選に向けては、私は特に、このことを、語りたかったのだ』と、言う文章(後注1)が見つかりましたので、それを皆様にご紹介しながら、今般の都知事選、語りたいと、思います。偶然に見つかったのですが、当初の目的は、谷垣禎一氏について過去に書いた文章を見つけたいと、言う目的で、作業をしていたところ、別のものが見つかったというわけです。

 特に、民進党の態度と方針について、批判を開始したいと、思います。

 と言う事は、民進党が、参議院選と同じ、手法で、都知事選に臨もうとしているので、参議院選に対する、批判ともなります。

 ただし、ここで、私が民進党を批判をすると、日本の政治を真に支配している勢力(=鎌倉エージェントと、便宜上、私はそれを、呼んでいるのだが)は、民進党が勝つ様に仕向けて、鳥越俊太郎氏が、勝つことになるかもしれません。

 その結果ですが、私は東京都民ではないし、だれがなっても、なんとかなるだろうと、思っているし、むしろ、鳥越俊太郎氏が都知事になって、またまた、舛添さんと似た様な下品で、めちゃくちゃなことをやって、何か、失墜することが有ったら、下に置いた、後注1が、正しかったと言う事になるので、それは、それでも良くて、本当は、誰がなってもいいのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『小池百合子さんに対する安倍総理の扱いがあまりにも、失礼なので、小池百合子さんを支援をしたいところだが、パククネ大統領の駄目っぷりを見ているので、女性に、大きな政治性があるかどうかが、疑問視され、なかなか、すっきりした態度は取れない。特に東京都民ではないので、小池百合子さん支援の文章を書かないのだ』

 小池百合子さんを贔屓したいのですが、パククネ大統領と、アウンサンスーチー氏の、駄目っぷりを見ているので、女性政治家がトップになるとまずいのだと、感じています。私自身女性ですが・・・・・

 イギリスの新首相は、お手並み拝見と、待って居たいです。ただし、日本にイギリス社会と、イギリス政治について、詳細が伝わることがほぼないから、なかなか、判らない可能性は強いです。メリルストリープが演じた、サッチャー首相の、映画ですが、映画としては、駄目だという評価が集まっています。しかし、私がひどく、その映画を面白いと感じたのは、イギリス社会の実態が、相当に、しっかりと、映像として紹介をされているからでした。イギリスに住んでいる日本人なら知っている事でしょうが、日本にだけ住んでいる一般の、日本人だと、知らない現象が多々、映像として紹介をされていたからです。

 メルケル首相はうまくいっていますが、ドイツは、国家として、最近安定しているし、民主主義国家の、要諦が、きちんと、完備しているので、うまくいっていると、思いますから、イギリスの新首相もそれに倣って、うまくいくかもしれません。反対党の投手を閣内に取り込むなど、なかなか、の太っ腹ぶりを見せているので、うまくいくかもしれません。

 パククネ大統領とアウンサンスーチー女史が、いまも、うまくいかないし、将来とも駄目だろうと、言うのは、まったくもって政治性に欠けているからです。韓国の場合、私がブログで、李明博大統領をほめたので、却って、引退させられてしまいました。で、国民にとって、不幸せな方向へ向かっているパククネを、称揚されてしまったのです。マスメディアにですね。だから、韓国もマスメディア支配政治が行われている国家です。ただし、対日本向けにいろいろ使い道があると、みなされている国家なので、被植民地国家扱いではなくて、大切な国家扱いを受けております。

 こういう現象をつぶさに見ていると、テーマが、本当に、選びにくくなっています。書くことの自由が阻害をされています。自分が幸せに感じる日常の美しいエピソードについても、書けないし、自分一個を離れて、国家とか、国際関係に話題を振ろうとしても、躊躇することが有ります。

 だから、常に言う事となります。言論弾圧の複雑な仕組みの事をです。それを、狙撃手として向かってくる個人の実名を挙げて、書いているのが、最近のこのブログの傾向です。ただ、以前から、毎日丁寧にここを読んでいる人以外は、とんでもないバカげたことを、平気でやって来るので、『あら、あら、あなたって、敵のスナイパーらしいですが、私にとっても、役に立つ格好のカモなのですよ』と、笑って観察することとなります。銀座で画廊を経営している中島三枝子さんなど、その典型例の一人です。長年にわたって、きわめて面白いエピソードをたくさん提供してくださいました。あ、は、は。まだ、全部を使っていませんけれど・・・・・

 でもね、上の節の最後を笑いで締めくくっていますが、実際のところは笑い話どころではなくて、ほとんど、死ぬ思いをする時もあります。それが、24時間、しかも、住まい近辺、銀座他、国立劇場の或る皇居周辺三宅坂など、全方向から、向かってくるのですから、気の休まる時間もありません。ただし、人間として、鍛え抜かれますよ。私には、表社会での、任務とか責任は何もないのですが、心だけは、サッチャー女史ぐらいの、堅牢さを、すでに、獲得しているかもしれません。そのくらいの、嫌がらせと、攻撃を、受けているというのは、本当の話なのです。

~~~~~~~~~~~~

副題3、『岡田克也氏は、床の間に掛けた軸である。誠実で立派で正しい人物だけど、政治的な、戦略が無い。または、政治的センスにかけている・・・・・野党連合で、議席が採れるというのは、今では、ありえない現象なのだ。それだけ、野党に魅力が無い。その上に、共産党が、実質的に、CIAの忠僕であることを、国民の多くが見抜いているのに、岡田氏側が、見抜いていないからだ。いや、民進党そのものも、CIAの忠僕だから、合体するのかな? だけど、国民に見せている側面は、野党であり、憲法改正に反対であり、アメリカのやる戦争に、日本の青年を、送るなと言っているわけでしょう。それって、嘘が積み重なった、国民を馬鹿にした発想ですよ。まだ、自民の方が、正直であり、国民は、そちらを、信頼する・・・・・』

 二重ガッコに書いた通りです。そういう時代です。岡田克也氏に言いたいが、もっと、もっと、リアルな現実を見てください。私は専業主婦であり、情報源は、NHKテレビだけです。それなのに、ここまで、はっきりとわかっているのですよ。しかし、あなたの方が、私から見ると、ずっと、判っていない人となります。

 あなたがおっしゃっていることは、すべて正しいが、その正しいポイントを通すための政治手法が、あまりにも安易な、思い込みに基づいておられます。だから思惑通りには、行かないのです。野党連合をしても、選挙には勝てないのです。

 それよりも、自分は失敗しました。党名を、民主党へもどします。で、責任を取って、党首を辞任しますと、言うぐらいの大手術的発言が、ここでは、必要です。せっかくのいい人なのに、やることなすこと成功しないでしょう。鳩山由紀夫氏よりも、成功率が低いではないですか? あなたの何かがいけないのです。

~~~~~~~~~~~~

副題4、『もしかしたら、谷垣氏は、すでに、亡くなっているのではないかなあ?』

 私が下のブログを偶然に見つけたのは谷垣氏について、過去に書いたものを全チェックしようとトライしていたからです。谷垣氏は、全4回に分けて、8人の死刑を実行をしておられます。この死刑執行ですが、レオスカラックス監督の恐るべき反日映画、【TOKYO (第二部メルド)】と、関係がある政治的大命題なのです。

 で、千葉景子法務大臣から始まって、死刑執行のニュースがNHKで、報道をされるときは、それは、対、私弾圧用ニュースだと、皆様には、お考えいただきたいところです。そのいきさつの詳細を書いたブログか、テキスト文章も、どこかに在る筈ですが、本日は、まだ、見つけられません。

 ともかく、谷垣氏は、2013年の、12月に、四回目の死刑執行をして、8人目だと言う事で、NHKニュースで大々的に発表をされました。それをいま探している時に、共産党と、新左翼の真実について触れている総タイトルの、過去ブログを見つけたというわけです。ただし、この文章よりもはっきりと、その件について書いている、文章が他に在る筈ですが、・・・・・まあ、それは、後で、見つけることといたしましょう。

 谷垣氏は、すでに、亡くなっていると、仮定をして、どうして、発表をされないかと言うと、伊藤玄二郎一派が、抑えているのだと、思われます。何故かと言うと、伊藤玄二郎に協力して、彼の支配によって、私をいじめて来た人物のうち、逝去した人間が、これで、三人目だからです。だから、伊藤玄二郎は、私が当然に、そのポイントで、文章を書いてくると、知っていて、発表を、抑えている可能性があります。

 伊藤玄二郎と、協力して、特に私を支配したり、いじめたりすると、非常に不幸になるというのは神様がお怒りになるからだと、思いますよ。中島三枝子さんだって、何を信じて、ああいう激しいいじめをやってきているのかは知りませんが、あなたが、やっていることはすべて、悪魔の指図による、恐ろしい行動なのですよ。

 すでに、三人死んでいるというのは、

 石川和子さん、=鎌倉春秋窯主宰者して、創設者である。伊藤玄二郎とは、(私の推察するところ、平沼高校時代の、後輩として、知り合い、その後、愛人化したのではないかと、思われる女性。私の鎌倉雪ノ下の家の、西側二軒目の隣人として、30年間にわたり、嫌がらせといじめと弾圧を仕掛けて来た女性。

だけど、これは、まだ、触れるべきではない話題かもしれません。私はこの予測を、すでに、17日には抱いたのですが、ずっと、心中ひそかに、隠していたのです。

後注1

旧約聖書・・+・・新左翼とCIAと共産党が、2013年の今では、裏では、協力をしている事を語ろう

2013-12-18 16:15:13 | 政治

  

コメント

優秀な孫・野村萬斎を生じせしめた坂本越郎は、永井荷風、高見順、伊藤整を、どう見ていたのだろうか△

2016-07-21 22:54:32 | 政治

 今は、23日の午前三時です。下の文章の加筆と誤変換直しが終わりましたので、恒例の△印を総タイトル横に付けておきます。

副題1、『能楽堂のロビーにあった数々のポスターのうち、入場料を記載をしていなかったのは、野村萬斎が。間(あいま)狂言にでる公演だけだった。即座に完売するのだと、想像できる。それほど、野村萬斎は、人気が高いらしい』

 私は、実は野村萬斎を好きではないのです。と言うか、17日までは、好きではなかったのです。理由は、あまりにも成功しすぎで、幸せすぎるからでした。しかし、野村萬斎を、動く映像として見たのは、NHK朝ドラ、【あぐり】内でだけですから、とやかく言う資格もないのですが・・・・・それでも、2016年の7月17日に、千駄ヶ谷の国立能楽堂の客席で、隣のお客さんから、超上手に圧縮された、狂言の世界の話を聞き、かつ、特に、和泉元彌が、かわいそうだなあと、思ったので、野村萬斎には、感情移入ができないのでした。

 そのお客さんが解説してくれたことは、後注1に、書いてあります。が、もう一度まとめてみると、

・・・・・狂言には、大きく分けて、大蔵流と、和泉流があり。本日公演をしている善竹家は、大蔵流の一派なのである。大蔵流は一度、途絶えて、その後、善竹家から、養子が入って再興したので、本日も、全、五演目のうち、一つは、大蔵家が、演じている。

 もう一つ和泉流と言うのがあって、野村萬斎と、その父万作が有名である。これらは、江戸時代には、別々に独立していた家だから独立不遜の気概も大きい。ところで、和泉流宗家は、和泉元彌の母親が中心で、あれこれをやっているのだが、この母親が、元彌の、姉を舞台に立たせたので、能楽協会から破門をされている。女性は能楽の舞台には、立てないこととなっている。・・・・・

 と、そう言う知識を得たうえで、二重ガッコの中に書いた様に、野村萬斎が、抜群の人気を誇っていることをも知ったわけです。私は、NHK朝ドラでも、彼が出てくると画面が突然、生き生きとして来て面白くなるので、才能豊かな人材だとは、判っているのですが、一方で、怜悧さを感じるし、勝ち組中の勝ち組なので、感情移入ができないのでした。

~~~~~~~~~~~~

副題2、『狂言界で、突出して、人気が高い、野村萬斎が、加わる座組の、チケット代は、いくらだろうかと、私は、想像をし始め、その後、それが、正しいかどうかを確認したくなった』

 たくさんのポスターを比較検討すると、能楽の舞台と言うのは大体、上が9000円から始まり、学生向けに5000円の席までで、終わる様です。お金で、文化を論じてはいけないけれど、お金程、クリアーに現状を語るものもないので、印刷されていないチケット代を、私は、想像をし始めます。

 『野村萬斎が、合い間狂言として、出演する能の座組公演、ばさらーII は、きっと、S席が、一万五千円であり、次のクラスの席が、一万円であり、三番目のクラスの席が、七千円であろう』と、想像をしたのです。

 『それが、印刷をされていないのは、発売当日に完売してしまう程、人気が高いので、お客様は、切符代など、気にしていないから、そうなっていると言う事もあるが、

 この能楽堂のロビーに張ってある、他のポスターの公演を張る座組の人達に遠慮していると、言う奥ゆかしさが、有るのかもしれない』

 『和泉元彌が破門にまで至ってしまったのは、母君がテレビのバライエティ番組(当時は、ニュースショーが主だったが)に出まくった、けたたましさが、一方の原因でもあったらしいので、能・狂言の世界では、おとなしくて、礼儀正しい事が、ことさらに、必要なのだろう』とも、思い立ったのです。

 ところで、化学科出身の私は、自分が仮説を立てたら、それが、証明されないと気が済まないのですね。それで、この公演の、本当のチケット代を知りたいと思って、あっちこっち、インターネットの世界で、探ってみました。が、ついに、見つけられなかったのです。で、今日の、今日まで、何故、チケット代が、印刷されていなかったのかについては、ただしい情報をつかんでは、いません。万作の会のホーム頁にも入ってみましたが、ばさらーII は、狂言だけの会ではないので、情報が載っていませんでした。

  しかし、お金のことにこだわって探しに探しているうちに、まったく別な情報を手に入れてしまったのです。それが、『野村萬斎は、坂本越郎の孫である』と、言う記述でした。

~~~~~~~~~~~

副題3、『坂本越郎とは、私にとっては、単にパソコンの画面上で、字面で、感じる存在ではなくて、血の通った人・・・・・特に素敵な紳士として、私の記憶に残っている。それは、氏が、お茶大付属高校の、校長先生であった時期があり、その頃、私が、生徒だったと言う事があり、それもあるが、その後、私の方が卒業して大人になってから、小さなお部屋で、四、五人だけで、氏の形骸に接しているので、疑う余地もないほどに、記憶が鮮明なのだった・・・・・それで、野村萬斎に対する嫌悪感も消え去った。と言うのも、坂本越郎とは、政治家や文化人を多数輩出した、一種の名家の人だから、野村萬斎が、怜悧に見えたのも仕方がないのだった。野村萬斎は、日本の、正真正銘の上流階級の人・坂本越郎の孫なのであるから。そして、野村萬斎が、狂言界で、突出して、人気が高いのもむべなるかなと、思い到る。頭の良さが半端ではない筈だから』

 私は、坂本越郎の、人柄には惚れています。そして、坂本越郎が、詩人であると言う事も知っています。だけど、坂本越郎の詩を読んだことは無いのです。だから、後注2に置いた文章の総タイトルは、限定された分析と言うべきものです。しかも、正門から入る分析ではなくて、周辺から入る分析です。

 つまり、私がやりたいことは、坂本越郎は、何故、詩人一本で域内で、大学教授になったかと言う事を探り考えることなのです。つまり、『何故、サラリーマンで生きるだけで、良しとしたか?』が、問なのです。

 特に従兄弟としての、26歳年上の、永井荷風がいて、そして、一歳年下の異母弟、高見順がいる。また、雑誌の同人として、その存在を真近で見ていただろう、伊藤整がいる。

 特に伊藤整は、裁判を起こしたり、しかし、反対に従五位の、位階をもらっていたりして、現実社会での、出世を遂げて居る。こう言う事をどう考えていたのだろうか?

 高見順は、ごく近所(同じ町内)に母と一緒に住んでいたらしいのです。1910年代から、20年代にかけて、当時の金額で、10円の生活費が、坂本家側から、渡されていたそうです。大学での初任給が、60円だったとか、父に聞いたことが有りますが。が、苗字は、高間のままです。高見は、ペンネームなのです。

 坂本越郎の方は、正式な妻の子であるので、劣等感を抱かないで、済む方の立場でしたが、私が、越郎の立場だったら、原罪意識を持つと思います。

 『だから、そうだったのか』と、思い当たるのですが、お茶大と言う勤務先に、勤務していても、坂本越郎には、何のスキャンダルも起こしていないでしょう。若い女性のあふれる色香というモノをすぐそばに、感じていて、それを、理解していても、乱れない、または、手を出さないという姿勢。詩人なのだから、色香を理解する能力は、十分すぎるほどにあっても、手を出さない姿勢。

 そう言う処が、野村萬斎にも、伝わっていて、そのお行儀の良さが、彼は、怜悧な人だと、私に感じさせてしまうところに結実をして行くのかな? 坂本越郎自身は、決して怜悧な人と言う感じは受けなかったのですが・・・・・

 ただ、萬斎君に言いたいのだけれど、「この文章があなたに伝わったとしても、急に女遊びに等、ふけってはいけませんよ」と。香川照彦は、私のメルマガ内の一文が伝わったらしくて、市川中車に変身することにしたみたいなので。その原文は、後で見つけて後注3として置いておきますが・・・・・

~~~~~~~~~~~~~

副題4、『坂本越郎は、自らの一族の事を、小説として書いていない。「どうしてだろう?」と問えば、答えとしては、「わざと取り組まなかったのだろう」と、なると、私は思う。それだけ、坂本越郎は、幸せだったから? 抑圧やらコンプレックスが少なかったから?  または、27歳年上の、従兄弟である。永井荷風を見て、創作にまっすぐ進む、または、耽溺することの危険性を感じたから、自分に歯止めをかけたのだろうか?・・・・・?!?!?』

 坂本越郎の、父親は、明治時代の官僚で、県令(=知事)を勤めています。明治政府の藩閥である、薩長土肥出身か、それとも、東京の徳川幕府方の、古い家柄だったのかは、私には、わかりませんが、親戚と、姻戚を含めて、名士が多発しています。しかし、一方では、詩人なのですから、繊細な人の筈です。かつ、永井荷風が従兄弟であり、高見順が異母弟なのですから、朴念仁では、無く、発想も常に涌く、考える人だった筈です。学習する頭と言う意味でも優秀で、創作する頭脳としても優秀だったはずです。

 ただ、従兄弟である永井荷風が、27歳もとし上で、坂本越郎が、大学生のころ、すでに、有名人であり、かつ、生活破綻者として、一族内では、みなされていたという事情があったのではないでしょうか? で、例えば、越郎が、小学生のころ、一家で、食卓についたと仮定します。その時に、中学生になっている兄に向かって、母親が、「あなた、永井荷風が親戚だなんて、学校で、お友達に言わない方がいいわ」とでも、さとしておられたとしたら、傍でそれを聞いている坂本越郎は、定職を持たない芸術家暮らし(=文士として暮らすこと)には恐れを抱く様になっていたかもしれません。確かに、真の芸術家って、遠いところに住んでいる、ファンにとっては、素晴らしいものですが、身内にとっては、厄介な人間とみなされて居たり、単なるわがままものに見えたりするものですから。

 坂本越郎は、自分の能力や才能を信じていたが、それに、耽溺したり、依存し過ぎてはいけないという戒めを、自分にかけて居た様な気がするのです。

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『文章が書ける人は、どういう人間かと言うと、・・・・自分と他者との間に、何らかの違和感を持つので、文筆家になる・・・・と、どこかで聞いたことが有る。で、自分を見つめたり、また、他者との関係を考察したりするために自伝を書く。しかし、坂本越郎には、ヒットした書物としての自伝は無い。』

 二重ガッコ内に書いた通りであって、日本でも、北杜夫の【楡家の人々】とか 山口瞳の、【血族】が出版をされているみたいです。後者については、私はまだ読んでいません。ところで、余談に入りますが、私が長編小説を読んだのは、結婚前までです。結婚後に読んだのも数は多数あるのですが、ほとんど覚えていないのです。しいて言えば【カラーパープル】と、【朗読者】が、印象に残っていますが。

 ところで、北杜夫は、【楡家の人々】を書く前に、トーマスマンの、【ブッデンブローク家の人々】を読んで、『なるほど、こういう主題も取り上げていいんだ』と、思ったと伝えられています。その【ブッデンブローク家の人々】も、若いころに私は読んでいます。【チボー家の人々】、や、【ジャン・クリストフ】なども、一種の自伝(ただし、ロマンローランは、サブ主人公に回っているが)とみなしてもいいかもしれません。

 高見順も、私小説風小説で、愛読者が多数になったと、みなされているそうですから、自伝を書いていると、見てもいいでしょう。しかし、私は高見順の物も読んでいません。つまり、この一文は、文芸評論ではなくて、坂本越郎の、生き方の哲学的意味を、分析している章なのです。

 鶏が先か、卵が先かの論争ではないが、坂本越郎にとって、国立大学の教授を務めると言う事は、それは、一種の縛りを自分に課する仕事だったと、思われるのです。

  スケデュールが決まっていることもその一つですが、職業的に言って、乱れることができないという縛りもあるでしょう。1960年代の、大学紛争より前までは、大学教授と言う職業の、社会的地位は、高かったのです。

 しかし、あまり乱れないという点は、家族を養うのには、最適な生活態度だったのです。そして、子供をきちんと育てておくと言う事は、孫が、健康に、そして、優秀な存在として生まれると言う事です。私が坂本越郎先生と懇談をしたのは、1967~8年の間で、東大に努めていた頃でした。と言う事は、お孫さん=現在活躍中の、二世・野村萬斎が、すでに、生まれた後です。能楽堂の舞台には、男しか上ってはいけないそうですから、越郎先生も、お嬢様に、男の子が生まれて、とてもほっとしておられた時期だったことでしょう。優しくて、寡黙で、上品な方だという印象を、3mぐらい離れて座っていても、感じました。

~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『伊藤整が、あれよあれよと言ううちに、現世での出世を遂げて行ったことに対して、坂本越郎先生は、どう考えておられたのだろうか?』

 私は坂本越郎先生は、高見順に対しては、複雑な心情を持っておられたと思います。だけど、それを家庭内で、語ったりは、なさらなかったでしょう。その点に関する心のうちは、誰にも見せなかったと、思います。高見順の方では、意識しつつも、見える形としては「越郎君の事は、僕は、歯牙にもひっかけない」という態度をとったのではないでしょうか?

 それに対して、越郎氏の方では『若い時に、あちらは、苦労をしたのだろうから、こう成っても仕方がない』と、考えつつも、原罪の意識を刺激されたりして、ほか、いろいろはあったと、思います。

 一方、伊藤整の、方です。こちらもけたたましいスピードで、マスコミ有名人として、掛け登って行き、ただ、それだけではなくて、装置としての名誉も、勲三等だとか従五位だとか、獲得して行きます。

 それに対しても、ずっと、平安、平静で、『そうなのか。彼は、苦労人だから、こういう風に生きるだろうね』と、思っただけだと、思います。別に痛痒は感じていなかったと、思います。経済的に恵まれて育ち、父親の社会的地位も高かった人は、通常は、自分が恵まれていることを感じないものです。しかし、坂本越郎の場合は、高見順の存在があり、青年となってから目の前に現れた伊藤整の存在もあって、自然に、自分が恵まれているのだと言う事を、感じ取って居た筈です。

 だから、焦るとか、残念だと思うとか、言うことは無かったと、思います。簡単に言ってしまうと、無欲に見える姿勢だと言う事です。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『・・・・・坂本越郎先生の無欲の姿勢が、野村萬斎と言う傑作へ、結実した・・・・・と、私には思われる。もちろん、野村万作氏側も優秀な人物みたいだが。

 どうも、このご夫婦(=万作と、若葉子夫妻)は、両方とも、お茶の水女子大付属中学校の卒業生である様な気がする。もちろん、お見合い結婚かもしれないけれど・・・・・文京区の有名人と言うのは、お茶大付属小学校に子供を入れる傾向があるものだから、野村家も、坂本家も、もし、親の家が、文京区か、その近辺に在ったら、そうなったのではないかと感じる』

 「チャンスは前髪をつかめと言うでしょう。そういう風に動かないとだめなのよ」とか、「メディアを利用しなければだめなのよ」とか、その他、種々様々な忠告を友人が15年ぐらい前に、くれました。どうして、そう言う『お金を稼ぎたい』という問いを発したかと言うと、親の遺産で、制作をしたり、発表をしたりすることには負い目を感じていて、早くお金が稼げる芸術家になりたかったからです。

 しかし、それがかなわないうちに人生の終盤を迎えて、終活に入らないと成らなくなったのです。(苦笑) でね、一方では残念であるモノの、一方では、その結果に、自分だけではない別の作用因子があったとも、判ってきていて、それに対して、どういう風に考えるかと言う命題を突き付けられているところです。今は、そう言う時期なのです。

 ところが、結構自足の念に満ちているのです。社会通念的には、一種の負け組らしいのですが、それでもね。毎日、不思議な形で、天からの幸運と言うのをいただくのですよ。だから、結構なレベルで、幸せな方なのです。しかし、2005年ぐらい前までは、エッセイとしてそれを、外部に発表をしていたのですが、私の場合、すぐそのエピソードに登場する友人や知人を、外部から奪われるので、今では、エピソードとして書くことを、致しません。外へ出しません。だから、外部から見たら、本当に取るに足らない存在でしょう。だけど、本日も外人と、たいへんユニークで、美しい会話ができたのですよ。心洗われる経験をして、帰ってきました。

 世の中は、不条理に満ちています。だが、人間が、セッティングすること以外に、神様がセッティングすることもあるのです。

 野村萬斎と言う傑作は、今までは、私には嫌いな存在でした。マスメディアの働きと、その上手な利用で、出来上がっているのではないかと想像をしていて、好きではなかったのです。特に万作氏が、ネスカフェのコマーシャル、違いが判る男に出てきた紳士なのですってね。そういう裏側は知りませんでしたが、それでも、知名度がとても高いので、萬斎君は、親の光は、七光りで、有名人になっているのだと、そう言う風に思い込んでいました。

 しかし、坂本越郎の孫だったら、『肥沃な、そして、清潔な土壌と言うのを、坂本越郎が用意したのだ。その上にあの花が咲いたのですね』と、納得がいったのです。人智を尽くしても傑作ができるわけでは無い。何らかの、プラスアルファが必要なのですよ。そのプラスアルファが、今般は、見つかったので、私はすっかり、気持ちが良くなったのでした。『ここにも、神は存在する』と、かんじているからです。 

  なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3611619です。

   2016年7月21日の深夜に書き始め、22日の深夜に加筆推敲をし始め、23日の午前3時に完成させる。  雨宮舜 (本名、川崎 千恵子)

後注1、

野村萬斎は、坂本越郎(私にとっては高校時の校長)の孫だった。驚いた   2016-07-18 04:20:35 | 政治 

後注2、

野村萬斎の、祖父としての、坂本越郎について、本日は分析をしたい・・・・前篇

2016-07-20 21:55:56 | 政治 
コメント

野村萬斎の、祖父としての、坂本越郎について、本日は分析をしたい・・・・前篇

2016-07-20 21:55:56 | 政治

副題1、『本日のブログを書くにあたって』

 このブログの世界が、どれほど、紛糾をしているとしても、私は、最近では、家事雑事を優先する様になりました。これは、2013年ごろまでの姿勢とは、まったく違った姿勢です。

 どうしてそういう風にできるかと言う事情は、どこかですでに書いていると、思いますので、ここでは書きませんが、本日も新しい文章として、ちょっと、ひいているというか、おとなしめのものを書かせてくださいませ。つまり、TV東京の特番ドリームハウスとか、ダッカ人質襲撃事件とかとは、離れた文章を開示すると言う事です。

 それで、鎌倉エージェント側が。『あいつ弱気になっている』と誤解をして、また、損害を与えてくる様だったら、すぐ元へ戻します。ところで、本日もシステム的には、邪魔されていますので、例のドリームハウスの続きを書く方が、先かもしれませんが、画廊巡りを終わって、一時間、横須賀線に揺られているうちに、詳細な文案が、坂本越郎氏に関して浮かんできてしまったのです。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『坂本越郎も、伊藤整と関係があるみたいだなあ。となると、伊藤玄二郎との関係で、又、厄介な事には、成る可能性があるが、そんなことで、文案を捨てるのももったいない事だ。ここは、先へ進もう』

 今、坂本越郎氏が、何歳で亡くなったかを調べました。1969年に亡くなっている模様です。1906年生まれなので、63歳での死です。若い。一方、驚いたことに、伊藤整も同じ年に死んでいます。伊藤整の方が1905年生まれなので、一歳年上ですが。

 以前、「坂本越郎は、校長先生だった(お茶の水女子大付属高校で)」と言っていますが、それだけの交流でもないのです。卒業した後でも、他の大人の人と一緒ですが、坂本先生とは、小さなお部屋で、合計五人ぐらいで、お話をしたこともありますし。どうしてそう言う事になるかと言うと、多分ですが、私自身が詩人のひとりだからでしょう。若いときは、ずいぶんと詩ができました。手書きで、段ボール箱・数箱になっていたのですが、鎌倉はあまりにも湿気が多くて、カビが生えてしまったので、箱ごと全部捨ててしまいました。惜しい事をしました。あ、は、は。

 もし、既にノートパソコンを使う時代だったら、入力して、保存することもできたでしょうに。特に本を作る様になった後では、詩集を作ることなど、パソコン上の作業としては、とても容易な事なので、作ったと思います。
 しかし、私にとって重要なことは、創作と言うかライブと言うか、なのであって、詩が生まれると言う事だけで、満足してしまったのですね。

 それは音楽もそうですし、絵もそうだし、版画もそうだし、何もかも、創作と言う点では、熱中をしているくせに、それを他者に向けて、開示し、仕事と化し、最後に収入につなげるという意味での、詰めが無いのです。足りないというよりもないのですね。

 それで、大丈夫だった若い日があるのです。今【キリンの子】と言う歌集が大ヒットしているそうです。それは、テレビの特番で見ただけなのですが、美しく、おっとりした顔の、著者は、実は苦労の連続だったのですね。驚くほどの、苦労の連続の人生だったのです。だからこそ、天からのお恵みとしての、歌集の大ヒットだと、思います。

 一方、私の若いころと言うのは、経済的には、彼女とは、正反対でした。たぶんですが、戦う必要が無いという若い日を過ごしたのです。親からの経済的な保護が非常に手厚かったのです。ところが、今、戦う必要が出て来て、ずいぶんと、自分が、変わりました。心理的な戦争ですが、生きるか死ぬかと言うほどの激しい戦いを、やり続けております。

 このブログですが、書き方として、決して媚びてはいないのですよ。でも、結構な数の訪問回数を誇っています。弾圧を受けているので、数は、ゼロ一つ分少ない形で、こちらに、知らされているのではないかと思いますが、それでも相当数を数えています。

 と言うのも、2012年で、グーグルの検索回数が、すでに、770万を、数えていたのです。その画面を撮影したj-peg 画像も保存しているほどです。

  しかし、それを誇ったら、急に数が減らされる様になり、ずっと、30万回で、グーグルが、動かなくなりました。だから、真実を語れません。こんなこと一つでも、真実を語れないのです。で、文章の進め方も、非常に抑えた形で、このブログは書いています。

 本当は、判っているのですよ。こういう風に書けば、文章が面白くなるのにと、思う書き方は、有るのですよ。それも、知っていて残念に思いながらも、わざと、あいまいなところで終わらせているのです。突っ込まないのです。不十分な形で、終わらせておく。でも、あまりにも残念だから、『これは、35%の開示です』とか言って弁解しておくわけですが・・・・

 これを、文章としても、面白くして、人気でも出てごらんなさい。却って、たいへんな事になります。だから、猫をかぶっていて、馬鹿な振りをしています。文章も中学生の作文程度で、推敲を、終わらせております。
 修辞法は、ほとんど使わないです。修飾もしない。スケルトンだけです。しかも下世話なうわさ話風で、推移させています。

 しかし、この、・・・・・1978年から始まり、現在も抱えている瀬島龍三をトップとするCIAの日本人エージェント達との・・・・・鋭い戦いこそ、私を詩人から、普通の人へと、変更させ、地に足がついた人とならせたのでした。だから、リアルな世界も、抽象的な世界をも含んで、いろいろなことが瞬時に見える人と、今は、なっているのです。【キリンの子】の著者と同じくらい、さといかもしれませんよ。

~~~~~~~~~~~~

副題3、『オランド大統領が、フランス国で、非常事態宣言を六か月延長したというニュースを扱うNHKの手法は、周南事件の、一審を扱った手法と全く同じだった。したがって、私は、自分のブログが、世界を動かしていることを知る』

 朝、5時台と、6時台のニュースでは、NHKは、確かに・・・・オランド大統領が、フランス国での、非常事態宣言を、6か月延長する・・・・・と言いました。しかし、私がブログにそれを書いたとたんに、午後零時のNHKニュースでは、それは、もう出てこないのです。

 特に、その前報(後注1)内で、・・・・・私のブログ(前々報=後注2)に対応して、そう言う措置が取られた・・・・・と書いていますが、それが、当たっていたからでしょう。だから、NHKは、お昼のニュースではそれを出しませんでした。私が銀座に居た夜7時のニュースと、夜9時のニュースではどうなっているでしょうね。鬼の居ぬ間の洗濯として、再びオランド大統領の、非常事態・継続・宣言が出ているか、または、出ていないか。まだ点検をしていませんが。前夜(19日)にも出てきていませんので、20日、午後零時のニュースで、それが出てこなかったことは、非常に重要になります。つまり、私がオランド大統領を動かしたと言う事になるし、それを私が気がつき、しかもブログへ書いたとたんに、そのニュースがひっこめられましたから、私が世界を動かしたと言う事となるのです。

 この・・・・・朝のニュースで、私には知らせたくない事、しかし、重要な事を、国民には知らせたい・・・・という手法は、周南事件の、一審でも、見られた現象です。私は周南事件の、場合、徳山の山間(金峰)にする五人の老人が惨殺された暴力は、保見一人ではできないことで、殺人用プロフェッショナル軍団(時によっては、警察の殺人用別働隊だと、言明している場合もありますが)によって行われ、保見は納得をして犯人を引き受けているだけだと、言い続けています。だからこそ、保見が、犯人だと確定した、裁判を行い、それを国民一般には知らせたいのです。しかし、私には知らせたくないのでした。だから、朝のニュースでだけ、裁判の予告を居たのでした。私が録画をしている、12時、19時、21時のNHKニュース内では、一審の予告など出てこないし、21時のニュース化、どれかの中では、結審さえ、出てこなかったと、覚えております。地方ニュースとか、民放では、保見が死刑になったと出ていましたが。

これから、朝のニュースも録画しないと成らないかと、憂鬱になっているところです。

 若いときは、母が、『あんたは運転を習ってはダメよ。夢見る夢子さんだから」と言っていたし、友達は、生活臭が無いと、言ってくれていたのに、今では、『怖い人だ』と言う評判をとっているのですからね。

 あのね、私は感情的にはならない様に、自己鍛錬ができているのです。たとえば、今、画廊るたんのオーナー中島三枝子さんをとっかかりとして、美術界、特に国画会の裏側を、順次開示して行っているわけですが、

 こういう風に文章を構築できるのも、中島さんに対して、怒ったり恨んだりしたことがほとんどないからです。
『あ、こう言う事(イコールいじめと言うやつ)をやって来て、それで、彼女は勝ったつもりでいるらしい。だけど、彼女と私の間には、過去には、いじめられる様な、原因が無いので、特に、何の因果関係も因縁もないのに、どうして、こう言う事をやってきているのだ。裏には誰がいるのだ。そして、何が原因で、その人物は、中島さんを、スナイパーとして、たきつけているのだ』と、考えながら、冷静、極まりない目で、観察を続けていて、いざ、必要な時(それは、忌わしい謀略が起きて、ニュースとしてNHKが報道をした時)に、それを、傍証づけの一つとして使えばいいのですから、『ああ、よかった、見事な(ブログの)種をもらいましたね』と思うだけなのです。

 そういう時には、詩人から、戦士にまで、自由自在に、自分の受け止め方を変更して行きます。それが、現在の、鎌倉エージェント達との、激しい戦闘状態で、出来上がった私の態度と言うか、マナーです。生きる手法の一つです。

 そして、あ、このケースを文章化しようかなと、思ったらリアルな世界で、その人との関係を切ります。それから先は、詩人の世界だけになります。つまり、抽象的な概念だけの世界へ入ります。

~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『電車の中で、夜の8時台に考えていたことは、坂本越郎を、その従兄弟である永井荷風と、比較検討してみよう≫」」」だった。しかしボツネンを調べているうちに、伊藤整と、密接な関係があったらしいことが、判り、今、相当にうんざりしている。伊藤玄二郎が、【星座】と言う詩を主体にした季刊詩を出していることもあり、いよいよもってきて、伊藤整と、伊藤玄二郎との間に、親子関係があるのではないかと言う事が見えてきたからだ。今までは、2009年を中心とした大相撲壊滅作戦の時に、突然表に出て来た伊藤滋氏の存在からだけ、それを、考え出して居たわけだったが、

 伊藤整が小説や評論だけではなくて、詩も書いていたとすると、そして、同人誌などで、坂本越郎と、組んでいた過去があると、知ると、【詩とファンタジー】を、伊藤玄二郎が、出版し始めたのも、父の人的コネクションを、一種の遺産とみなして、それを使っていると、見えて来るし。その伊藤玄二郎こそ、鎌倉エージェントの中心人物として、我がご近所住まいの、人間たちを外での、会食付き会議に誘い出し、案出したいじめ策で、スナイパーとして動くように教唆し、暗黙裡に命令している模様だし・・・・・と言うわけで、すっかり気分が悪くなってしまった』

 ずいぶん長い文章を、二重ガッコ内に入れています。と言うのも本日(2016年7月20日の事)の、夜7時半から、9時半までは、私は、坂本越郎を、永井荷風と、比較検討をする文章を書くつもりで、その詳細が頭の中に組みあがっていて、すこぶる付きで、晴朗な気分になっていたのです。創作とは、最も大きな快楽の一つだそうです。

 そしていいものと悪いものは、自分でもはっきりと選別ができるのです。いいものができたと確信する際には、本当にうれしいのでした。そして、喜びがふつふつと内面から湧き出て来て、それは、お歌へと繋がって行きます。特に美しい声が出るのです。

 テレビ東京の特番ドリームハウスをご覧になった方は、最初の方に、地形の模型が出てきたのを覚えておられるでしょう。あの最初の平地道路に入った途端に、私の口の端には、何かのセミクラシックの曲が浮かんできて、楽しくて楽しくて仕方がないという境地に入ったのです。

 しかし、没年を調べるためにググった途端に、伊藤整が出て来て、愕然としました。本当にがっかりしましたね。と言うのも、彼ら鎌倉エージェントが醸し出すものと言うのは、腐った血みたいなものなのです。べとべとであり、しかも腐臭がしていて、しかも、洗っても容易には、落ちないという、そういう種類の雰囲気を持って私に襲って来るのです。陰に大量の殺人事件が隠されていますからね。

 本当は坂本越郎と言う、美しい姿形を持ち、美しい生涯を送り、野村萬斎と言う、優れた狂言師を孫として、生んだ、そう言う人物と、その従兄弟である永井荷風の生き方を比較するつもりだったのですよ。

 しかし、没年を調べただけで、すっかり、気合が薄れてしまいました。燃える様な激しい集中力が薄れてしまったのです。しかも、夜の12時を過ぎたのに、まだ、夕飯さえ食べていません。ので、ここで、本日は終わりと、させてくださいませ。羊頭狗肉もいいところですが、仕方がないのです。気合がそがれてしまったので・・・・・で、恐れ入りますが、そう言う事でお許しくださいませ。

コメント