銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

小沢氏から、安倍総理に、例の大権力者の、ご贔屓の対象が移った模様だが△

2014-05-31 18:47:55 | 政治

 以下の文章、30日に書き始め、31日の、夜8時にやっと完成といたしました。そのしるしに、総タイトル横に、三角印をつけて置きます。

副題1、『中国政府が、30日に、自衛隊機と、接触した距離は、10mであり、・・・・・自衛隊が悪いと、再度発表をしたが・・・・・それをNHKニュースはまた、日本国民へお知らせをする』

 副題1に書いたとおり、自衛隊機と、中国軍機の接触距離は、10mだと言う発表があったのですが、これは、嘘の嘘です。私はパイロットでもないし、自衛隊員の妻でもないが、嘘だと言明する事ができます。

 その推理の跡を、これから、書き表しますが、皆様も、「その通りだ」とおっしゃるでしょう。まず、もって申し上げたいのは、今の自衛隊も、中国軍も、『風たちぬ』の時代の飛行機を使っているわけではないと言うことです。ジェット機です。接触が平行だったか、上下だったか、斜めだったか? 詳しく何も発表をされていないし、映像も発表をされて居ません。

 だが、どう考えても、10mは無理です。私は、これは、日、米、中、三国が示し合わせて合意の上で行ったアクロバット飛行であって、こちらは、ブルーインパルスに所属している、最高技術を持った、パイロットであろうし、中国軍機側も、優秀なパイロットであろうと思います。

 で、最初の発表は、30mでしたが、それも怪しいと思っているほどです。示し合わせて、お互いの目視の上で、上下さ、100mぐらいで、平行間隔50mぐらいで、一瞬すれ違ったと言うぐらいでしょう。

 それ以外で、ぶつからないで、近距離を、保つのは、自軍機が相手でも難しいのに、他国軍機で、しかもジェット機でできるわけは無いです。

 そのことは、前々報(後注2)の、副題19ですでに書いています。しかし、それを、もう一回抜き出して、こちらの、巻末にも、置きましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『なぜ、中国側が、訂正して来たのか?』

 日本側が発表した24日に、中国は、30mを訂正しませんでした。29日に訂正したのだと、5日遅れです。こう言うことは、普通はありえないです。「中国軍って、御伽噺の世界に住んでいるのですか?」 と笑いながら質問をしたくなってしまいます。科学を優先するのなら、日本のNHKニュースなど、必ず同時刻に見ていて、分析しているでしょうから、すぐ、25日のうちに、訂正しないといけません。

 それが、科学的な軍隊と言うものです。だが、10mの接近などとはありえず、嘘を発表をしたのですが、それが、何の目的であったかは、推理しておかないといけません。

 そして、例のごとく、そこにアメリカのCIAがからんでいるかいないかも重要です。

 私が最初考えたのは、これは、中国側の独自の、発想であろうと言うことです。後で、これも同じく、日本発、アメリカ経由、中国発表と言う方についても考察いたしますが、まずは、中国独自の発想で、10mと訂正してきたとして、なぜなのかを考えて見ましょう。

 私のブログが、相当に、大きな力を持っていて、中国政府も即座に、読み検討をしていると仮定して見ましょう。すると、私がこの5月28日にアップしている文章を、検討すると、『中国は、アメリカのお願いにより、中国軍機を出して、自衛隊機と、わざとニアミスを起こした。合意の上で・・・・・しかもそれは、鎌倉市雪ノ下に住む安野家夫妻を助けるためである』と、書いてあります。これは、真実なのですが、しかし、むかっ腹を立てたとは思います。

 10億人の人口を抱え、4000年の歴史を誇る大中国様が、鎌倉市の雪ノ下に住む、ひとりの無名の人間のために、動いた・・・・・そんなことはありえない。・・・・・・これは否定しないといけない。

 と、なって、どこを訂正するかですが、訂正のし様が無いほどの、単純な現象です。毒入り餃子事件は、終わったと発表された事が二回あったのに、再度裁判が行われました。楼上屋を重ねる嘘ですが、あれは、まあ、装置が裁判所と言うところであり、脚本がありますし、まあ、許しておくかと言うところですが、こっちは、私には許せないほどの重要な嘘です。

 これもまた、まったく同じ流れで、日本発、アメリカ経由、中国ですから、アメリカの言うなりに動くので、改変がどこもできないニュースなのです。

 こちら、軍機同士のニアミスと言うのも一瞬で終わっていて、しかも報道をされてしまっているのですから、ニュース全体としては、訂正のしようがないのです。だが、中国政府としては日本の一主婦に中国軍が、アメリカの支配の下で、命令をされ、日本に住む、たった、一家族の日本人を救うために、出没したといわれては、腹が立って、腹が立って、収めようが無い。どうしてくれるのだとなって、・・・・・それじゃあ、ここは、中国軍機が極端に、優秀だと言う事にしよう。そう言う改定をしておこう。だから、ニアミスは、10m以内だったと発表をしよう。

 で、

ニュースとして、「ニアミスが、10mだったのに、衝突を回避したのだから、中国軍機のパイロットは優秀である」と、言いたいところですが、衝突を回避したのだから、以降を言ってしまうと逆効果ですから、そこを言わないで、距離だけ訂正したと、私は見ています。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『NHKが、このニュースを、疑問符もつけずに流す理由は何だ?』

 NHKは、クリントン国務長官(奥様)の方の来日時から、明瞭に、鎌倉エージェントたちの言うなりになっています。そこらあたりについて書いたものを探すのは、あまりにもしんどいので、時期的にその次ニNHKが鎌倉の言うなりになったあたりを書くと、大相撲壊滅作戦においては、伊藤玄二郎のゆかりの人であろう、伊藤滋委員長を持ち出しました。滋氏は、玄二郎氏の親戚でしょう。その委員会が、自滅すると、次に早稲田の総長だった奥島孝康さんのガバナンスに関する独立委員会を立ち上げそこに、元サッカー中継で、名をはせ、今は、解説委員になっている山本さんを提供しました。その上、名古屋場所の中継をやめると宣言し、そこから、相撲協会自体が、名古屋場所を中止する騒ぎになりました。

 奥島さんも、山本さんも、渡辺美樹さんも相撲にはなんら関係の無い人を急に集めて、とんでもない会議を連続したものですが、あの報道そのものが捏造に次ぐ、捏造に近いもので、非常に、悪辣なものでした。大相撲があの頃、報道されたほど、暗いものでしょうかね。今、そんなにおいは一切消えていますでしょう。

 その次は、3.11です。私が飯館村の村長を批判すると、何度も飯館村ニュースが登場しました。また、松本龍大臣を、宮城県庁の応接室で、隠しカメラで、わざと

 怒らせて、だまし、はめて、退任に追い込んだ件がありましたね。あれは、菅(当時の)総理大臣が、科学的な知識のある市民派であって、原発を廃棄する決定を下しそうだったので、菅さんを脅かすため、または、脚を引っ張るための策略でした。

 ソファーの陰に隠しカメラを置いておいて、宮城県知事村井氏が、遅れていった。で、松本大臣が激怒して、「自分の方が上なのに、なぜ、待たせるのか?」と言ったのを、街の声を拾って、批判の大音声を上げさせ、少数の庶民の意見を利用導入して、辞めさせるほうへ持っていったのです。これもまた、私が筋道を書いて、ひどいと言ったので、その後、宮城県知事が、NHKニュースの中に、登場すること、登場すること、非常に頻繁でありました。つまり、常に、この文章に書いてある事を否定する方向で、今の大メディアのニュースは推移するのです。

 その次の事例が、2013年10月16日の豪雨時に、大島を離れていて、しかも、携帯とうをつかって命令を下すこともせず、大惨事を招いた、大島町長・川島理史氏のNHKニュース内での、頻繁な登場です。その事を一回、このブログで書きました。すると、驚くべき事にさらに露出が増えました。10月27日前後の夜7時のニュース(武田アナの解説するもの)では、五分近く説明をさせていました。いや、弁解というのかな? この2013年10月27日のニュースと言う日付は、正確では在りません。それは、パナソニックのレコーダーに入っているのですが、今は、東芝のレコーダーを使っていますので、簡単に確認ができませんが、そう言うことなのです。

 私はこう言う動きを、鎌倉在住の元日本ペンクラブ会長である、井上ひさしが、鎌倉ペンクラブ会長である、伊藤玄二郎鎌倉春秋社社長と、親しいので、二人羽織というくらいに連動して動き、かつ、井上ひさしは、共産党びいきなので、こうなると考えていました。

 NHKと連絡を取るのは、生きているという事になっている、伊藤玄二郎の方で、伊藤玄二郎と、井上ひさしの間は、絶対に外部からは、把握されない形での、通信手段があって、相談をしている。で、

こう言うこと・・・・・=川島理史、大島町長が、・・・・・共産党系の、首長、が、全国に二人しか居ないうちの独りなので、これほど、優遇をされている。それは、井上ひさしが、共産党でもあり、共産党そのものが、既に、国際的軍産共同体と、そのエージェント達にとっては、都合の良いものになっている事もある・・・・・・が、その上、井上ひさしが生きている証拠ともなっていると、考えていました。

 私が、井上ひさしの死の前後のニュースと自分のブログ、および、自分の行動をすべて勘案すると、彼は、まだ死んではいません。死んだ事にして、地下潜行をして、一途に、アイデアを練っているでしょう。だから、私が<<<裏に脚本があり>>>、と、書いたときは、その脚本を練っているのは、ほとんどの場合、井上ひさしだと、考えています。

 ~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『しかし、最近は、前田、安野両家もプロのエージェント化しているのではないかと、推察し始める』

 私は、エージェントの階級は6段階ぐらいに分かれていると見ています。最高級のエージェントとは、テレビ朝日とか、朝日新聞社の中、または、NHK、または、アメリカ大使館の中に居て、その名前、と特にエージェントであることは一般社会には知られておらず、外部にその名前が知られているのは、伊藤忠に勤務していて顧問で終わった瀬島龍三ぐらいで、それ以外は、名前が明らかになっていないと見ています。

 だが、伊藤玄二郎と、井上ひさしは、第二クラスのエージェントであろうし、そこからの命令で動いている『ご近所様の中で、リーダーシップをとって、別の人間、・・・・・今回目立ったのは、渡辺賢司・ミカ夫妻と、平木さんのお子さん方でしたが・・・・・を、二次利用する、前田家と、安野家は、普通の市民だ』と考えておりました。

 ところが、今般、2014年4月9日に、ご近所を総動員をして、私に対する間接的・暗殺・補助の行動、(嫌がらせの積み重ねが行われている・・・・そのひとつとしての布団たたき行動)が行われたその当日に、練馬区、光が丘で、公園のトイレが、84基も壊されていた事を知りました。トイレが壊されたのが、8日と、9日の間の深夜だと思いますが、こちら、雪ノ下で,布団がたたかれたのが、午前10時半だったと思いますので、あまりにも連携時間が短いです。今までは、すべて、伊藤玄二郎が間に立っていて、彼が、井上ひさしが立案したものを、ここに伝達してきていると見ていました。

 この布団たたきも、後で、やった本人・・・・特に発案者であって、この件について、私が書くか、書かないかが機になって仕方が無くて、それを確かめるために、誘引の行動として、25日にも、もう一回、もっと派手な形で、自分がたたいた前田氏は、

 『自分は、すばらしい事を思いついた。それに、大勢の人が従ってくれたので、大成功だった』と、考えたでしょう。が、後からそれを文章化してみると、未ごとにそれが、解ってきますが、低レベルです。児戯に等しい低レベルさであって、私にまたもや、トカゲの脳みその人たちと、からかわれてしまっています。これも、どうも、前田家だけの発案で、行われた策謀の様ですね。

 そうなると、過去に行われた事も、その発案者についての考えを、改めないと駄目です。ずっと前に行われた、未婚のお嬢さん(安野家や前田家のお嬢さんではない別の家のですよ)の、携帯を利用して私の頭に水をぶっ掛けようとした、策略だけはあまりに程度が低いので、安野家の発案だろうが、と、思っていましたが、それでも、それが、終わって、15~20分間の山の人々の動きを見ると、もしかすると、井上ひさし等の発案かもしれないと思っておりました。

 と言うのもそのスパイ役」のお嬢さんが、・・・・・家に帰って、親に対して、失敗したと言えないのです。それには非常に驚きました。20歳を過ぎていると見えますのに、それほど、主体性が無いのです。親が、ちゃんと育てていないのでしょう。何かが間違った育て方をしています。

 で、彼女が、失敗したといえないので、即座に、伝達が入ったらしくて、大原家とか前田夫人が喜んだのを、私は丁寧に、耳と、時には目で見ました。・・・・私は、水をぶっ掛けられなどいたしませんよ。武道の達人だから、殺気を瞬時に、感じるので、水が、10mの高さから落ちてくる直前で止まったのです。アユミをとめたからです。で、水などかかっていないので、冷静に、冷静に、山全体を観察いたしました。夏の夜なので、この山は、非常に、すずしくて、我が家もそうですが、どの家もクーラーなどかけておらず、音はすうすうに聞こえ、何もかも、理解ができたのです。

 でもね、この水ぶっかけと、布団たたきは、徹底的に、発想が同じです。その低級さのレベルが同じです。私は常に、それを、トカゲの脳みその発案といっているのですが、その低レベルさが同じです。

 となると、安野、前田家が、既に、発案まで行える、プロのエージェント化している可能性も出てきました。

 今般、中国が、わが軍機と、自衛隊機とのニアミスは、10mだったといっていますね。しかも、NHKがさっとそれを何の編集も批判も無く、放送しました。そう言う現象が、後で、説明しますが、すべて、安野家と関係があるのです。だから、彼ら、ふた家族も既にプロのエージェント化していて、自分自身でいろいろな事を決定し、行える段階になっているのかもしれません。

 だって、出版社と、伊藤玄二郎の自宅は離れています。今は、引っ越したかも知れませんが、伊藤玄二郎が、昔出版したエッセイとか、朝日新聞社のインタビューに答えて、「職住分離の方がいいので、鎌倉には住まないで、大磯に住んでいます」といっていました。乗換えがあるので、45分以上はかかります。また、前夜、遅くまで仕事をしていることも多いでしょう。

 そんな彼が井上ひさしや、日本のトップエージェントと、連絡を取り合って、練馬区のトイレ破壊を、計画し、一方で、布団たたきを計画し、それを、安野家か、前田家に、連絡して命令をして、それから、二次的に使われる、数軒、

・・・・・(私の目に見えたのは、渡辺賢司氏だけでしたが、その前に、数軒が、布団をたたいていました。それは、聞こえました。なぜ、布団をたたくのに意味があるのかは、後注5に、述べています。そこをまだ、お読みいただいていない方は、そのリンク先を空けてくださいませ。)・・・・・

 に、午前中に説明をして納得させられます? 普通ならこんなばかげた事に協力をしますか? 布団をたたいたのは、午前中ですよ。 しかも嫌がらせを目的としてですよ。

 ただ、最近では、頻繁に夜の集会を持っているみたいですね。今述べた、人員等の、最近、使役をされ始めた人たちと、安野家と、前田家が、外で、デートをしている雰囲気は感じています。そこで、用意周到にいろいろな、ケースを説明しておく?

 まあ、そうであっても、そうでなくても、前田家と、安野家が、他人のアイデアではなくて、自分達独自のアイデアで、二次的、三次的に他人を使役できるのだと、考え始めました。そこまで、解って来始めました。だけど、なぜ、それほどの、権威を持って他人を使役できるのですか?

 普通の人なら理性があるから、そんなばかげたことには同調をしないですよ。現に、水ぶっ掛けの日、大喜びをした清子夫人をたしなめている、前田祝一氏の声が聞こえました。その時と、もう一回ほど、別の時に、前田祝一氏の、理性というか、感性を、『ああ、奥様よりずっといいなあ。この人は、きっと、お子様方が小さい時、保育所から帰ったお子様を、ご自分の方が育てたのだ。だから、バランスが取れている。一方の奥様は、「私って、人を教えているんざーます。偉いんざーます」といって突っ走ってきた人で、家事も育児も、ほとんどやって来ていませんね。だから、いまだに、子供なんだ』と思った事があるのです。この二つ目のエピソードを書いている暇が、本日はありませんが、また、同じ様な、事が起きたら、また、同じ様な説明を、繰り返すこととなるので、二つ目のほうを提出します。

 だけど、奥様よりはずっと出来が良いと感じている前田祝一氏ですが、ペンキ塗りお当番とか、LED街灯設置とか、アスベスト被害を防ぐための上水道工事とか、(実際には古い管は、掘り上げては居ないので、なんら、被害の予防には役立っていない。ただ、私が主張する藤本夫人の行状・・・・・道路の中央と、自分側の方に、2本、電動のこぎりで、切り目を入れた・・・・・事への証拠隠滅はを図る為の工事だったと思われる。そして、それは、達しかに達成されている。・・・・・・

 そう言う部分をすべて、勘案すると、前田祝一氏と言うのは、むっつりスケベーの政治版化も知れません。歌舞伎で言う、色悪というのかな? 奥さんより、頭がいいだけ、余計に悪の度合いが強いのかもしれません。だけど、動物的なレベルで、奥さんが狂うと、それは、見ていられないみたいです。それは、阻止したいと考える人です。それは、その通りでしょう。私が見ていても、国学院大学の講師にして、もしかしたら、千家さん(典子女王の婚約者)にフランス語を教えたかもしれない女性が、奥様として、自分の目の前で、他人の頭に水がぶっ掛けられたのを、大喜びをするのは、見ていられないでしょう。しかも、相手は、自分達の土地利用の不正をかばうために、犠牲になってくれた人ですよ。

 ところがね。前田祝一氏は、まだそう言う真人間の残渣が見られるのですが、一方で、安野夫妻は、何でも、できるのです。なんら、両親の呵責が無く、どんなばかげた攻撃でも出来るらしいです。自分達が原初の加害者なのですよ。だけど、そう言う自分達側の悪の秘密を知っている人間(=私のこと)は、殺したって構わないと考えているみたいに見えます。この三十年間にわたって、私が、あの夫婦にやられた事を、全部は書いていませんので、皆様も、「えっ」と言う感じで、私の方がきつい、言い方をしているなどと、誤解をなさるかもしれませんが、私の方は、まったく気にしては、いません。書いていないことで数々の恐ろしい事がすでに、あるからです。

 だって、本当のお子さんが、同じお母さんから同腹で、三人も生まれているのですよ。それなのに、本当のお母さんとの関係を切り離してしまった。その時点で、既に、誠実とか、愛とか、節操とかとは無縁になった人たちなのです。

 私ね。井戸端会議などできない年齢(40を超えて、子供に対して、肉体的ではなくて、精神的な部分で、果たすべき義務がいっぱい出てくる年齢)で、お母さんが、1時間を越える長さの、井戸端会議をしているのと、親子喧嘩の声が一切聞こえないのの二つから、引っ越してきてから二週間で、大体、上に書いた様な事はわかりました。中学生と、高校生の子供があわせて三人も居たら、親は非常に大変でね、疲れ切る時代であって、外で、井戸端会議などやっていられません。そちらの方が普通です。それから、親に対して安心をしている家庭では、親子喧嘩が頻発する時期です。三人も思春期の子供がいるのに、夕方から夜にかけて、シーンとしている。これは、不思議ないえです。

 子供が小さい時も疲れますよ。だけど、思春期の子供に接するのは、種類が違う疲労感があるのです。待つ疲労。または、毎日変化して行く親子関係の中で、親子喧嘩をしたり、しなかったりしながら、子供に、教えるべき事を教えていく事。しかも子供を心の中では、励ましながら、口では指導的な事を言わない様に気をつけながら、または、気を使いながら、大学入試、就活、婚活と、通過儀礼を果たさせていかないといけないのです。

 もちろん・女・達・は、おしゃべり好きです。そして、存分におしゃべりが出来る、女子会で、学ぶ事が多いことは知っています。だけど、道路で、誰が入ってくるか、または、入りたくない人(=彼女たち井戸端会議派にとっては、敵か、目下と見なす連中)が、いつ通るかもしれないところで、実のある話ができますか? できませんよね。

::::::::あ、ここで、ちょっとした挿入ですが、AKBの

少女達をのこぎりで襲った、青年が居ましたね。梅田とか言う。そして、お母さんが、顔の下からだけを曝して、「申し訳ない」といっていました。この青年も、その難しい思春期に与えられるべきものを与えられていなかった青年でしょう。『思春期の子供が一番大変で、そこに見守りの必要があるのだと、言っている教育評論家って少ないですよね。問題が起きたら解説をする人はいるけれど、どんな家でも、そこが大切なんだという人は、今のところ大メディアないではいません。

:::::もとに戻ります。

 で、それは、今は、止んでいますが、すべての人に、はた迷惑なものだったのです。ただし、安野夫人には役に立ちます。彼女が、みんなの首根っこを抑える事ができるからです。いわゆる隠れ番長というのかな?表向きは、他の人を立てていながら、『結局は、彼女が一番、力があるのね』と、衆目が一致する様に仕向けるのが、その井戸端会議ですから。

 まあ、今のところ、何がなにやら、解らない事がいっぱいあるが、推察できる部分もあります。

 だけど、目の前に、リアルとして、はっきり、見えたのは渡辺賢司氏が布団をたたいている姿でした・・・・・そして、それが、鎌倉ご近所の現象でした。

 が、全国に広報されるNHKで、自衛隊機と、中国軍機が、ニアミスをして、その差が、実際には、10mだったという中国側の発表で、なされました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『10mの、ニアミスという発表で、何がもたらされるのか?』

 私の書き方も、すべては、「よくわからないのです」なんて言って終わると、読者の皆さんも欲求不満に陥ってしまわれるでしょう。だけど、こう言っておかないといけないのは、二つ理由があるのです。断言すると、必ず、その反対方向で、後で、ニュースが作られてしまい、私がまるで、間違った事を言った様になるケースがあること。

:::::::::::片山祐輔容疑者の裁判が、30日にも行われ、「捜査では、見つからなかったサーヴァーが二つあって、云々、かんぬん」といいはじめたらしいです。それって、私が書いた文章に応じた答えなのですよ。本当に馬鹿ばかしい。それこそ、後付の発表です。それに、それほど、裁判が立て続けに行われるのもおかしいです。早く、決着をさせて、真実の悪人が逃げたいのでしょう。そういう風に事実の方を変えてしまわれるので、いろいろな事が超言いにくいのです。:::::::

 それと、朝令暮改という事が、支配者側にもあるということです。支配者側は、長らく永田町のトップとして小沢一郎氏を買っていました。小選挙区制の導入の前後から、ものすごい持ち上げようでした。佐高信、永六輔などが、運営している漫画チックなイラストを含むサイトがありましたが、その中では、小沢氏が神様で、森元総理大臣など、下の下の扱いでありました。

 たまたま、日比谷野外音楽堂で、この連中がいつものサイトののりで騒いだら、それを見ていた一般人が仰天して(その人は、きっとそのサイトを見た事が無かったのでしょう)新聞に、投書、または、抗議の電話をかけたそうで、それをきっかけに、まずいとなったらしくて、そのサイトは今は見当たりません。私は人に勧められてみていたし、パソコンが何台も壊されたので、URLは、まったく覚えておりません。だが、今はそれもないし、小沢氏の権勢も落ちたみたいです。

 で、国際的軍産共同体の、ご愛顧の先は、安倍晋三総理大臣に移っていると私は見ています。『右翼とか、左翼という言葉など、まったく機能していないのですよ』と、以前、申し上げておきましたが、小沢一郎から、安倍晋三へ、ひいきし、認証する対象が変わったのです。その間に、私の日揮襲撃事件に関する文章(=2012年12月~2013年3月の間に、いろいろ、書いている)文章が、役立って、安倍総理大臣が例の大権力者が、安倍総理大臣をひいきする事にしたのでしょう。だからと言って、今の私が安倍総理大臣と、仲好であるとか、同方向に建っているということではまったくありません。だが、阿部総理大臣が鑑定メルマガを小泉内閣の時代に管理なさっておられた頃は、仲好だったと思いますけれど。(笑い)ともかく、その頃の文章群が、結果として、安倍総理大臣に、役立っていると思いますが、

 超・簡単にその頃の文章をまとめれば、安倍総理大臣は右翼として最初は警戒をされていました。そして、ずっと、自民党がそうであった様に、最初はいじめられていました。悪くすると、また、大腸の病気を外部から起こさせられて、非常に苦しむ事に成るのではないか。と思ったほどです。だから、安倍さんを総理候補にしてはいけないと、私はこのブログで、11月ごろいっています。すると、ここで、一点、このブログの反対をすれば、彼女は困るだろうと思っているやからが、安倍さんが、もし、当選したら、安倍さんを、大切にしたらいいんではないかと、ひそかに思い始めたとしますね。

 しかし、エージェント側が統一を取れていたとは、思いません。テレビ朝日は、安倍さんの勝利を祝福しないと言う姿勢を強く打ち出していました。それが、2012年度いっぱいの話しです。

 だが、安倍さんは意気軒昂でした。そして、今もそうですが、外交に力を入れていますね。特に、大国とは、格として、離れている国に対して。つまり、中小国を相手にしています。隙間産業が当たるみたいに、隙間外交です。その際初期が、インドネシア訪問他三国訪問でした。それをのろうかのごとく起こされたのが、日揮襲撃事件です。

 あれは、作られたものであって、たまたま、アルジェリア政府、とくに軍部があせってしまって、歩いている人質達に空爆をしてしまったので、大量の犠牲者が出てしまいましたが、安倍総理大臣の外遊のニュースを狭め、なくしてしまう事が目的だったので、その間、隠されていた人質たちは、日本国政府からの多大な賠償金をもらって、安部総理大臣が帰国した頃、人質達を釈放されるはずだったでしょう。

 ところが、アラブの春で、アラブ世界が、激変してしまったので、アルジェリア政府内部にこう言う複雑な裏を納得させられる政治家とか、伝達者がいなかったのです。こう言う分析をしたので、今度は、こう言う分析を否定する必要が出てきました。

 それが、安倍総理大臣をメディアの世界で持ち上げると言う手法です。日刊ゲンダイなど、調子狂っちゃっているのではないでしょうか? どういう方向で記事を書いていいか、解らないねと思っているところでしょう。

 日刊ゲンダイかな? 安倍さんとオバマ大統領が気が合わないとか、書かれていましたが、別にオバマ大統領が、最高権力者でもないのです。影の軍産共同体が、最高権力者であって、あまりいい政治をしようとするとケネディ大統領の二の舞になるでしょう。だからオバマ大統領はすでに、一種のレイムダックとなっていると私は、見ています。良い方ですが、良い方に政治家になることが、向いているとも思われません。

 ずっと、連続してお読みいただいている方なら、『あ、そういえば、そうですね』とうなずいていただけるでしょう。

 そう言う具合に、どんどん変わるのです。支配者側が筋を通さないのです。ここで、支配者といっているのは永田町の安倍内閣ではありませんよ。名前も顔も出さないが、裏から日本を支配している連中です。

 その連中は今般、片山祐輔君の扱いを激変させたのですが、中国の軍隊に対日、接触方法も変えさせたのです。激変とまでは行かないのですが、日本の制空権内を飛んでいる自衛隊機に、自軍の軍機を、接触をさせたということは、概念としては、中国艦船の尖閣諸島近辺の出没と同じ事なのです。

 そちらは、海上保安庁が制御している領域だから、明瞭に安野家の支援のための出没でした。だが、空となると、海上保安庁の制御している分野ではないので、安野家のためですと、私が言えなくなります。だから、これから先は安野家は、二重に助かる事になります。

 というのも、このニアミスが、中国艦船の尖閣諸島出没と、まったく同じものだということは私にはわかっています。だけど、ブログでは、ずっと、継続して呼んでいるか体外には、通じなくなる恐れがあります。『すごいね。うまい方法を見つけたね。最高じゃあん』と、関係者は喜んでいると思います。じゃあ、私は、これからどうしたらいいかですが、なんにも心配をしていません。

 この文章は工夫をしたり、伸吟をしたりして書いては居ないのです。すらすらすらすらと、ただ、思うがままに書いているだけで、常に、文章に枯渇することは無いのです。むしろ、間を時間的に、空け様とわざと工夫をしているぐらいです。パソコンに向かえば、種は尽きることなくあります。それを、私はこじゃれて、『神様が書かせてくださる』といっているのですが、あながち、誇張でもないです。ほとんど、そう言う類のものです。このブログとは。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『安野家に関するレジメ』

 ここで、2000字ほど、書いていました。だが、それを、ここで、書き始めると初稿も終わらないし、推敲も終わりそうにも無いので、それは、一切、削除することといたしました。恐れ入ります。また、別の機会に、回させてくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『政治家とは何か?』

 政治とは何かを、最近、ひとつ説を上げました、自分自身のものではないのですが。

 では、政治家とは何かを言いましょう。この山で、政治家たる人は、あの人、この人と、候補者は浮かびます。だけど、大切な事は、体力と暇がないと、まず、選挙に立候補できないと言うことです。この山の町内会は、は選挙は無いのですが、一般的には政治家とは選挙に打って出て、当選したらなれる事になっています。

 私なんか若いときから、政治家になれる素質があると、言われて来ていました。親からではないですよ。私より目上の人からです。でも、頭のなかだけでは向いているが、実践となると向いていないというのは、PTAの会長をしたときに、解りました。

 政治っていうのは、ほぼ人間関係で決まります。短期勝負で、人に言うことを聞かせ、自分に従ってもらうためには、いわゆる演出に基づいた張ったりと言うのが必要です。

 私には、それが夕鶴みたいな本当の戯曲であって、何月何日から、何日まで、演技をしてくださいと、言うことだったら、はったりも上品ぶったりもできると思いますよ。だけど、戯曲を演じるのではなくて、政治の場での必要な演技は、駄目ですね。虚実ない交ぜになって、しかも、実物らしく見せるのは、一種の嘘だと感じてしまって駄目ですね。

 ところで、演技が自然にできる。また、小説が、すいすい書ける人が、策略もこねる事が出来るので、現大社会では、政治家向きだと言う事になると思うのですが、そういう人は、幼少の頃、経済的に苦労をしているか、

 経済的には恵まれて育っているが、親との関係が悪かったかのどちらかだと思います。経済的な優劣と言うのは、客観的に見えるものですが、私にもよくわかります。

 71歳にもなっていて、しかも人間観察が大好きな、私ですから、他人を見たときに、経済的に豊かに育ってきた人の事は、すぐわかります。その人たちは、大体が謙虚です。実るほど、頭のたれる稲穂かなは、正しくて、余裕があるからこそ、謙虚です。威張りたがりません。

 そして、大体人が善いです。だから、創業者社長の二代目とか、三代目が追い出されるケースがあるのも、よくわかります。

 貧しい育ちで、たたき上げの人は、策略を弄する事ができます。だから。赤子の手をひねるがごとき、簡単さで、邪魔者は、つぶしてしまいます。森茉里さんは、その追い出された方の典型です。

 上流階級の出身でも時には、策略を弄します。今、大流行の、朝ドラの脇役、柳原白蓮さんは、二度目の夫との別れを、ずいぶん策を弄して、うまくやったらしいのですが、名家にもかかわらず、経済的な苦労を味わっているとか、保護者との関係が難しかったと、朝ドラ内では、表わされています。大体その通りなのでしょう。

 私ね、ずっと、『政治家になれる素養がある』と、言われ続けてきたのに、絶対にならなかい様に、ならない様に選択を重ねて来たのは、人生に使う時間は限られていると思うから、好きな事をやりたかったわけです。政治家って、もし成ったら、もうそれからは、自分の、好きな事はできないですよね。プーチン大統領だって、オバマ大統領だって、好き放題やっている様に見えて、いろんな規制の中で生きているでしょう。まあ、北朝鮮の、キム一族は違うらしいけれど、早晩崩壊していく体制だと見ています。

 私が一番好きな事は、考えることです。そのためにもあまり煩雑な人間関係が有ったりするのは、真っ平ごめんであって、常に、政治とは、遠く生きてきました。政治の事は、理解は、すべてできるが、自分から策を弄して、勝つなんていうことは、やりません。そんなことは、想像するだに、『なんと、しんどいことだろう』となって、逃げ出したくなります。ところで、考えるということは、書く事と同義語です。だから、策略で騙されても、その因果関係は、明瞭に、解っていますから、すぐ文章化します。

 自分から策略はかけないけれど、相手の策略はすぐ見抜いて文章化します。それを怖がったりしては、駄目ですよ。最初からすべては覚悟をして行わないと。

 教え子が、典子女王と婚約なさることがあっても、前田清子さん、あなたのなさったことはすべて記録していきます。それこそ、『人間とは、かくも多様である。多面体の生き物なのだ』と言うことの証明に役立つ、面白い、対照例でしょうから。誰に対してって、千家さんとか、典子女王と比較をするとです。

 だから、いつも言っているでしょう。人間はすべて対等だと。必ず、礼儀の範疇だけで、付き合うべきだと。特に東京圏ではと。

 あなたと、あなたのご主人やらお友達ご夫婦のなさっていることはそう言う好ましい例からは、ひどく外れていると見えますけれど・・・・・

***************以下は、以前書いた、ニアミスの概括的な分析。ここに再度アップします。

 副題19、『自衛隊機と、中国軍機の、30mのニアミスの、真実の意味合いは奈何(or 如何)?』

 私は、トイレ破壊はエージェントがやっていると思っています。そして、ご近所住まいの安野家と言うのが、馬鹿にエージェントにかわいがられていて、そのお子さんはお成績が、中学時代に1と、2しかないと言うので、学校中で有名なお子さんでしたが、舞鶴の海上保安学校に、に、入学し、継母さんは、『国立大学の付属高校に入学しました』と、ご近所に喧伝して、自慢をしました。その後自動的に海上保安庁に入庁したと思います。で、エージェント達は、海上保安庁が、ニュースに登場し続けて、安野家が、我が家より上である事を、日本中に知らしめたいと願っているらしくて、アメリカを通じて、中国の最上層部を動かしていて、中国の艦船を尖閣諸島周辺に何度も出没させました。そうすると、それを防衛するのは、日本では海上保安庁らしくて、海上保安庁が、英雄的に、尊敬されると言う事に成ります。

 その上、海猿の映画製作公開とも、重なって、海上保安庁は、輝ける館長となっています。と、平行して、安倍総理大臣が、海上保安長の朝刊を現場から採用し、また、2014年度の予算で海上保安庁に、1億6千万円を増額する事を、決めました。

 それは、発表されたタイミングから諮ると、『安野家の坊ちゃんの一生の給料分と退職金を合わせると、一億五千万円になるが』と私が書いたのを、からかって来たのでしょう。国家予算を、一千万円上乗せして、発表して、私を、からかってきたのです。ある日など、その増長仕切ったエージェントが、NHKに、中国艦船が、すでに、200回出没しと言う様に提案したらしいのです。で、私がそんなはずは無いと書いたら、正確には、43回だと、成りました。

 今般も、エージェント達は、私を脅かすためには安野家を持ち上げるのが最大に効果があると信じているみたいで、中国軍機が、自衛隊機に、幅30mの距離で、接近をしたと言う事実を報道しました。もしかすると、自衛隊機も協力していたのかもしれません。こちらはブルーインパルス所属のパイロットで、向こう側も最高レベルのパイロットで、お互いに、技量の最上を競い合ったと見ています。

 普通はありえない現象です。だけど、片山祐輔問題が私のブログないでは、加熱しています。そしてその加熱は、彼らたちにとっては困ることなのです。で、国民を見方につけて、私を孤立化させるために、ああいう演出をいたしました。そう言う演出はまた、安倍総理大臣が、成立を望んでいるらしい集団的自衛権の問題にも、利益になるから、日本政府にとっても、好都合なわけです。

 そのニアミスに、直後は、私が一切反応をしなかったので、26日いっぱい、政府が大騒ぎをして、中国に抗議をしていました。が、これは、米中日三国の合意の上での、お芝居に過ぎないのですから、内々では、誰も心配をしていなかったでしょう。私も何も心配していなかったので、今まで触れませんでした。大衆的な新聞が、「戦端開始か?」などと言う、大げさなタイトルで、記事を書いていたみたいですが、単に安野家を支援するだけの問題です。

 それに、他にも書く事がいっぱいあって、全部は書ききれませんしね。

後注1

坂東真佐子さんの死に際して書いた概念は、岩井志麻子さんに該当するものでした。  2014-05-30 19:14:27 | Weblog

後注2、 

トイレ破壊、板橋大富豪殺人、平成の八墓村事件、中国軍機ニアミス、全ての裏にエージェントが居る  2014-05-28 14:43:21 | Weblog

後注3、

公衆トイレ破壊分析の2・・・・・富士山が爆発すると言う話はどこへ消えたのかな?  2014-05-27 20:22:59 | Weblog

後注4

メディアは何故、大島町・町長の島外公務の内容を報道しない? 税金の極端な浪費がここにもあった△

2013-10-23 12:43:30 | 政治
後注5

オバマ来日の2、・・・・・渡辺賢司氏が、午前中布団を叩いたので、政治的陰謀がばれて来る△

2014-04-28 18:39:23 | Weblog
 
    2014年5月30日に書き始め、31日に推敲を終える。
     雨宮舜 (本名,川崎 千恵子) 尚、このブログの2010年より数えはじめた伸べ訪問回数は、2228438です。
コメント

坂東真佐子さんの死に際して書いた概念は、岩井志麻子さんに該当するものでした。

2014-05-30 19:14:27 | Weblog

 私も、71才を超え、もうすぐ、72歳なので、、自信があるつもりの記憶にもいささか、乱れが生じております。今週は、ひとつ、自分でそれを直さないといけないなあと、思っていた事が有るのですが、他の方から、もっと重要な訂正をしないといけない部分の指摘を受けました。

 指摘をしてくださった方には、熱く御礼を申し上げます。unkown と言う記名なので、御礼を、そこで、申し上げて有りますが、他の読者の方にもお詫び申し上げます。

 実は坂東真佐子さんが亡くなったときに、一文を書いております。

リンク先は、二日の地に、それを直した後で、ここに置きます。

 そこで、私は、坂東真砂子さんの、子猫の間引きをどうするべきかについての、騒動を思い出し、それゆえに、アジア各国に現地夫がいると、明言した作家・・・・・(それが、岩井志麻子さんだったのですが)・・・・・と、間違えておりました。

 実は書きながら、どうもおかしいとは思っていたのです。あの印象的な岩井志麻子さんのお顔が、坂東真佐子さんの映像集を見ていても出てこないし、ホラー大賞を受賞したと言う記録も、wikipedia には、無かったからです。

 済みません。ブログ全文を直して置きます。ただ、先に本日に提供すべき、新しい文章を書いてから、それをやらせてくださいませ。お待ちいただきたいと、存じます。

 二つ目は、ずっと小さなことですが、この前、京橋から銀座に向かって歩いていた時に、京橋の警察博物館の隣の隣に、星野リゾートのオフィスが有るのに気がつきました。

 それは、どうしてかと言うと、その真っ暗なドアの直前の明るいショーウィンドー(別の会社で、婦人服を扱っている)に、印象的なブラジル式、(こけし風な)人形が10個ぐらい並んでいるのに、気がついたからです。褐色の肌と、プルッと飛び出たお尻が、印象的なお人形であって、『日本人だったら、絶対に造型しない形と色だなあ』と、思い、それを丁寧に見ながら歩いていると、そのショーウィンドーが終わった途端に、星野リゾートの黒いドアが、同じ、平面で現れたのでした。それで、なんとなく、あれっと思って、丁寧に、上を見ると、高速道路のガードがあって、あれ、あれと、

 すでに、その時に、自分が間違えた文章を書いたのに気がついたのでした。つまり、どこかに、旧ホテル西洋のカフェ部分を使って、星野リゾートが、オフィスを開いていると書いているからです。

 総タイトルの中に、星野リゾートと言う言葉は入れていないので、見つけるのが大変ですが、こちらも、本日のブログを書き、さらに、坂東真砂子さんの章を直した上で、訂正をしておきます。

   なお、このブログの2010年より数えはじめた伸べ訪問回数は、2225606です。

   2014年5月30日  雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント

トイレ破壊、板橋大富豪殺人、平成の八墓村事件、中国軍機ニアミス、全ての裏にエージェントが居る

2014-05-28 14:43:21 | Weblog

この文章は、2014年5月27日にアップしていたものの後半を推敲してあげていくものです。ですから、公衆トイレ破壊分析の2・・・・・富士山が爆発すると言う話はどこへ消えたのかな?2014-05-27 20:22:59 | Weblog  の続きだとご承知おきください。で、そちらでは、公衆トイレを、破壊しているのは、少年達ではなくて、プロのエージェントであろうと、言っています。その続きをここで、書き始めます。で、副題は11から始まります。この一文は、29日いっぱいは、『板橋大富豪殺人+平成の八墓村事件==殺人事件により幇助される人達△△』としておりました。30日の午前10時から、

 副題11、『プロのエージェントとは、どういう集団か?・・・・・そのトップは?』

 日本には、4万人ものエージェントがいると聞いた事が有ります。私の周辺で、給料をもらってやっていると、感じている人間が、すでに、4,5人見つかっていますし、階級を低レベルのところまで落とせば、その程度の多数者が、エージェント化している可能性は十分に有ります。

 ところで、エージェントと言うものがなぜ必要なのかと言うと、この日本が、1945年の敗戦以来、非常に高度なやり方で、被・植民地化されていることと関係が有ります。日本と言う国は、識字率が、異常に高く、国民が均質化されていて、情報も格段に早く、回ります。それゆえに、1946年以前の方式で、植民地化することは、日本では不可能と考えた戦勝国は、複雑な支配体系を編み出し、あたかも、日本は、日本人自身によって、運営されているかのごとき、幻想を日本人に与えながら、実際には、宗主国側が、管理し、収奪する仕組みを編み出しました。それは、複雑怪奇であって、このブログ一回などでは、とても説明が仕切れないので、説明抜きで、そうなっているのだと、言わせてくださいませ。そして、「儲けがしらが、核燃料を日本に売り込むことだ」とお考えいただくと、構造が、明瞭に成るかと思います。

 で、そう言う体系を、守りながら、自分達の目的を推進するためには、少数の知的エリートを選び出し、特権を与えながら、訓練をして、表面上は、純粋日本人を装わせながら、何もかも、言うなりになる人種を、養成しているのです。そう言う種族を、エージェントと呼びますが、むろんの事、階級は有るでしょう。

 そして、彼らのある部分は、いわゆるフリーメーソンと重なっているはずです。で、最近、フリーメーソンに関する情報が随時、出てきています。だが、ためにする情報であって、本質を隠すために流されていると見る方が、正解だと思います。たとえば、以前、高須さんが、フリーメーソンの、メンバーに選ばれたと、言う情報がネットの世界に載りました。

 それから、本日はlivedoorの芸能ニュースが紹介した、なりなりdot.comと言うサイトがあります。そこが、紹介したニュースとして、2014年5月26日の、「you は、何しに日本へ」と言うテレビ東京の番組で、フィリピン人に突撃取材を試みたところ、自然な流れで、日本のフリーメーソンのトップと面会する事ができたと言う結果に終わり、2ちゃんねるなどで、「神回」と呼ばれて賞賛されているそうです。

 が、日本のトップが、米軍基地勤務のフィリピン人だというのも、相当に怪しいニュースであり、取材陣は、引っ掛けられていると、私は見ています。取材陣も引っ掛けられているでしょうが、それを見ている日本人全体を引っ掛け様としてきているのでしょう。ただ、場所としては、東京タワーのしたと言うのは当たっているはずです。そこに、アメリカの大富豪達と関係の深い企業・・・・・(しかし、ぷち企業ですよ。一部上場などと言う大企業ではない)・・・・・・が、集中して存在しています。

  ところで、フリーメーソンはそうであっても、エージェントの機構は、絶対に明らかになるはずもないのですが、そのトップは、私は、YN君・・・・・(私と同じ年齢であり、しかも、中学時代は、級友であった)・・・・・だと、思っています。彼は、1960年代は、早稲田大学で、革○の委員長として、いわゆる、大学紛争(新左翼系)のリーダーでした。今までは、このブログ内で、その固有名詞を曝した回も有るのですが、ここから先は、片山祐輔君問題が、何らかの進展を見せない限り、・・・・・または、私への攻撃が何らかの変化を見せない限り・・・・・

 いくばくかの間、この人物に関しては、実名を避けた記述をいたします。と言うのもこの人物は、伊藤玄二郎などと比較をすると、その所在は杳として知れず、一応は、死んだ事に成っているとの噂もあるからです。だから、鎌倉在住人たちとは、違って、その行動を証明しにくいからです。

~~~~~~~~~~~~~~

副題12、『では、YN君に統率をされている、ブルーカラーとしてのエージェントとはどういう人間達か?』

 1960年代に、東大安田講堂の攻防などを行った新左翼系セクト集団は、一応、殲滅されたこととなっています。今、思えば驚くべき事に、私、あの当時に東大に勤務していたのですが、(丸の内線に乗ってね)本郷三丁目駅も、東大構内も、はある意味で、平和で何事も無い風情でしたけれど・・・・・

 それから、奥島孝康氏が、産経新聞の取材に答えて、『私は早稲田の革○を殲滅した』と誇っていましたが・・・・・

  ::::::ここで、挿入ですが、そう言う記事を私は表通りには受け取りません。むしろ、反対に受け取るほうです。特にタイミングを重視して、判断をします。

 その記事が、大相撲壊滅作戦のころ、ブラウザのニュースででたからこそ、日本のトップエージェントが、YN君であると確信をした次第です。出ないと、産経新聞を取っていない私はそれを知らないままに過ぎたでしょう。しかし、わざと知らせてきたのですから、YN君は重要な人物のはずです。

 ただし、ここで、重要なのは、その記事を読んで、右翼とか、左翼と言う、技術語が、まったく機能をしていない国に、この日本がすでに、なっていることでした。産経新聞って、『愛国的な記事を書く新聞だ』と思われています。しかし、エージェント達に、その記事の部分では、みごとに使われています。だから、日本には、日本や、日本人を守るメディアはないと、思った方がいいです。誰も頼れません。また、誰も信頼できないと言っていいほどです。:::::::::

 挿入から元へ戻ります。新左翼系のセクトが、壊滅したのは、浅間山荘事件も大きかったと思います。永田洋子と言う、稀代のヒステリー女が出てきてしまって、妊婦のおなかを裂くなどと言うことをやりましたので、非常に悪いイメージを日本国民に与えました。

 私は、別に新左翼系をひいきするものでもなく、また、共産党系を、ひいきするものでもないのですが、新左翼系の活動家の複雑な動きと、役割については、いつか、また、シリーズで分析しないといけないとは思っております。

 2011年の9月11日に、柄谷行人氏が、『原発反対デモに参加せよ』と呼びかけたことの、本当の意味など、書きかけ中で、最後まで言って(または、文章が最後までは、行って)いませんし。

 この安田講堂の攻防の頃に、リクルートをされた、大学生で、あまり物を考えないタイプで、上の言うことをよく聞き、カツ、暴力行為を好む連中が、このトイレ破壊工作を行っていると、私は考えます。つまり、彼らはまともな就職ができませんでした。で、月30万円ぐらいのお手当てをもらって、飼われていると見ています。

 YN君は、大学紛争が下火になると、ちょうど、蜂起した成田空港建設反対闘争の農民支援に周り、三里塚闘争を起こしました。そして、そこで、動労千葉から、新たなメンバーをリクルートをしたみたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題13、『JR東日本の社長も、エージェントの言うなりである。で、YN君は、日本最高の権力者になっている筈だ。安部総理大臣など、比較にならないほどの特権階級化している筈だ』

::::::::::

 ここで、また、挿入に入ります。副題13の二重カッコ内に書いた文章が重要です。これが、

     a), 私が、外出するたびに、尾行をされていて、それを、見せ付けるために、JR東日本の、遅延現象が多発し、・・・・・極く最近まで、二時間も遅れる事が有った・・・・・最近は、このブログで、その事を書いているし、このブログが、相当に力を持ってきているので、遅延時間が短縮され、5分程度停車するだけで、動き始める事が多いが・・・・

        b), また、帰宅時に、鎌倉駅と大船駅とのどちらかに、薄緑色をした、JR東日本のガードマンが待機している事が多くなった。ただし、これは、私が銀座の画廊めぐりをしたときに起こる現象であって、別の街に別の用事で、出かけたときは、横浜駅に、JR東日本のガードマンが待機している。

     c), 実家が東横線の日吉だし、東急電鉄の株を数千株遺産相続したので、電車の切符とか、bunkamura美術館の切符とか、五島美術館の切符とかが、ただで、手に入る。それで、私は、東急を利用する事が多い。その際は、必ず、横浜駅に、同じ、JR東日本のガードマンが待機している。しかし、最近は、横浜駅に出没するのは、黒い制服のガードマンと変化しています。彼らに質問をすると、こう言う連中は下請けの会社の人間なので、下請企業が変化する時があるらしい。

     d), 一方で、京浜急行を利用することも多い。昔北久里浜に住んでいて、そこの持ち家をまだ、保有しているので、しょっちゅう北久里浜には出かける。で、掃除や枝払いをして、よるの九時にJR東日本の、久里浜駅に入ると、必ず、そこにもガードマンがまっている。薄緑色の制服を着てめがねを掛けた若者だ。・・・・・と言うと、これからは、メンバーが変わるか?

  と、言う様な、a)~d)間での嫌がらせ行動が、JR東日本によって行われます。で、あるときなど、母の見舞いのために、必ず、通る池袋駅のある位置に、大型の液晶画面が、設置され、遅延情報などと、言う画面になっていました。笑ってしまいます。日本には、電車の遅延現象が無い事が、国際的に、有名なのに、JR東日本は、まったく相反する行動を、まるで、誇っているかのごとく行います。これは、YN君のやんちゃな精神の反映でしょう。

 また、伊藤玄二郎、井上ひさし、そして、最近相当高位のエージェントに達しているかもしれないと考え始めたご近所の安野夫妻、および、前田夫妻などにも、共通する、精神です。皆様だと、テレビで、高野孟氏を見ていると、そう言う精神構造の人間がいることはお分かりに成ると思います。ただし、高野氏と、私が直接、利害関係があるかどうかは、不明です。

 もし、私が携帯を持ち歩く人間だったら、ツィッターで、横浜駅のガードマンの写真を撮り、すぐそれをアップして、「皆さん、見に来てください、ほら、私の言っている事がどれほど、正しいかの証拠がここに有ります。このガードマンはなぜ、ここにいるかと言うと、私があまりに正しい事をブログで、言っているので、私を暗殺したい連中が居るのです。私には、殺される理由が一切無いので、連中は、ノイローゼにさせて、自殺に追い込もうとしています。で、尾行をしているのを、誇示するのも、ノイローゼにさせる目的にかなうからです。で、お前がここにいるのをこっちは知っているぞと言うサインとして、JRのガードマンがここにいます』と、毎回通信をするでしょう。そうすれば、人権侵害の、最大の証拠となりますね。また、この文章で言っている事がすべて正しいと言う事の証拠にもなります。

 ただ、私も携帯を持って歩くと、こう言う通例の脅かし以上の、脅かしや嫌がらせに出っくわすのです。それで、もって出ません。その特例の嫌がらせとは、不思議な男性が、いるはずの無いところにいる事もひとつです。

 我が家の周辺は、鶴岡八幡宮の真横だと言ってもいいのです。で、昼間なら、大勢の通行人がいます。だが、冬なら、夜の6時以降は人っ子一人通らない一帯です。鎌倉は老人が多いので、朝型の人が多くて、冬の早い日没が、来ると、出歩るかないのです。

 ところが、我が家に入る、130段の石段の途中で、未知らぬ男が寝そべっていたりします。誰もいないはずのところで、何もしていない人間がいると、ドキッとしますよ。そこは、両側が八幡宮の駐車場であり、特に南側は、鶯吟亭(旧、川口外務大臣のご両親の家)と言う八幡宮様所有の豪邸になっていて、夜は誰も人がいません。北側も、叫び声をあげても届くか届かないか、不明なほど、人家が無いのです。東は八幡宮であり、夜は深閑としています。

 西側には我が家が有るわけですが、50m近い高低差が有り、また、夜の11時過ぎには、主人はすでに寝ているので、叫んでも、起きないでしょう。だから、その男が、別に包丁でさしてくるわけでもなくても、見知らぬ男が寝そべっているだけで、ぎょっとします。

 だけど、そう言うときは臍下丹田に力を入れて、鎌倉時代から、武家の一族だった祖先からの、DNAが自分にも宿っている事を信じて、気迫(または、気魄)で乗り切るのです。これらの被害は、母が、93歳に後一週間で亡くなるという、2010年の10月までは、頻繁に、起きる現象でした。私は六冊目の本を作り、また、7冊目の本を作ろうとしていたし、その件で東京にいる時間帯が長くなり、母の見舞いも有って、いつも遅く帰る時期だったのです。

 いろいろ有りました。良くぞ、今も無事に生きているなあと、われながらびっくりですが、神様を信仰し、わが身をゆだねているので、守られているのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題14、『板橋の大富豪殺害、と、放火事件は、この頃起きたのだった。無論、これもエージェントがやったことだろう』

 私の母は、東横線の日吉に住んでいたのですが、老人ホームは、東上線常盤台に有るものに入りました。それは、妹が「都立大山病院が、老人医療に優れている」のを知っていたからです。老人ホームに入っても、その後で、病院に、入院する可能性が有るので、よい病院が利用できる場所を優先して選びました。荻野アンナさんもご両親を、人に勧められて、こちらへ入院させて、「通院が大変だった」と小説に書いておられますね。

 ところで、東上線常盤台北口は、ロータリー形式になっていて、立派な住宅が多いので、東上線の田園調布と言われているそうです。しかし、駅舎はぼろです。トイレもひどいです。私がよく利用する駅としては、新婚時代に住んでいたJR東日本横浜線の鴨居駅が立派に成っていてびっくりします。また、東横線日吉駅もこの60年間に、何回も改築されて、変化しています。ところが、東武は、スカイツリーにお金を回したのか、常盤台の駅舎は、ひどいものです。

 その線路に沿って、常盤台駅の南側には飲み屋街があります。そこにも、その板橋の大金持ちは出没されたと思います。一軒が、10畳程度の狭い飲み屋が、数十軒並立しているところです。駅としても商店街としても、大山駅とその周辺の方が大きいのです。ところが飲み屋街が集中しているのは、常盤台駅の南側なのです。と言っても、常盤台駅の南側だって、マンションが林立する、立派な住宅街なのですよ。城北高校が有りますし、ブラスバンドで、有名な中学がある筈です。

 ただ、不思議な事に線路沿いに、飲み屋が多いのです。お酒を好きな人だったら、はしご酒をするでしょう。すると、ここは移動するのに、便利です。

 で、板橋の大富豪は、ここに出没されていたと見ています。そして、ものすごく暗い話となりますが、エージェントに殺されました。そして、放火されました。で、皆様、ここが最大に重要なところですが、デジャブーが有りませんか。時間は前後しますが、

 平成の八墓村事件も同じです。最初に襲撃をされた家は、ご夫婦で住んでいた家ですが、殺された後で、放火をされていますね。そっくりなやり方です。頭を混紡で撲殺。その上、体は、あっちこっちが刺されているそうです。その後、放火。で、私は両方ともエージェントがやったと見ています。もしかすると、同じ連中がやっていますね。

 上の方で推理している様に、旧新左翼系セクトで、内ゲバを繰り返していた様な連中を飼っているわけですから、乱暴な事は、平気でできるのでしょう。1960年代には、彼らは、鉄パイプで殴りあったと、新聞記事に出ていましたよ。

 そして、その同じ連中が、今度のトイレ破壊もやっているでしょう。ともかく、手際よく乱暴極まりない事をやり遂げます。しかもエージェントですから、IT的な最高のレベルの技術で、自分達を守る事ができます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題15、『ALSOK とか、SECOMなどのセキュリテー会社への連絡電波は切断するはずだ。また、監視カメラも、一時的に動作不能にして、車のナンバープレートも幽霊ナンバーにしているはずだ』

 エージェントのやる犯罪は、犯人が逮捕されないか、また、逮捕されたとしても、裁判が行われないことも特徴です。厚生事務次官殺しの小泉毅被告は、一審だけで、控訴しなかったはずです。それは、裁判をすればするほど、嘘がばれるからです。ところが、最近wikipediaを見たら、控訴したこととなっていました。これは例のごとく、私のブログの文章を否定していく手法でしょう。だから、嘘なのです。

 それが、嘘だというのは、高裁では、まだ、裁かれていないでしょう。

 2014年度中に、澎湃として起きた、一票の違憲判決など、あっという間に高裁まで、到達したではないですか。広島高裁で、8人の裁判官がずらっと並んでいて、裁判長が女性だったのが、NHKニュースで出ましたね。

 だけど、私がブログで、『これは、前田夫妻と、安野夫妻を助けるために行われている裁判だ』と、書いた途端に、それが、静まりました。本当にこのニ家族は、日本に大迷惑をかけている連中です。日本の司法がめちゃくちゃになっていて、有明海開門調査などもずたずたになっているのは、この二家族が原因になって起こしている、我が家のアジサイ畑欺もう事件を、裁判などを起こさせず、悪人側が勝つように仕向けるためなのです。

 しかし、その一票の違憲裁判ですが、あのスピードで、進行しました。それに比較すると、小泉毅被告の、高裁審理は、ちっともメディアに載りません。だから、行われていないはずです。または、行われるにしても、非常に遅いですね。

 そして、保見容疑者です。去年の、12月に、「精神鑑定の結果は、裁判に耐える」とのニュースが出ました。ところが、まだ裁判は行われず。また、犯罪分析とか、犯罪研究の類(出版物)も一切出ていません。

 これが、どういうことかと言うと、保見はやっていないので、裁判をすると、そう言う嘘がばれるからです。また、保見容疑者について、宮崎勤容疑者みたいな研究本が一切出ていないのは、出版界がエージェントに牛耳られていて、そう言うものを出版させない仕組みができているのだと思います。出ないと、保見がやっていない事がばれてしまいます。ちょっと頭のよい人が保見に接見したら、保見があの五人を殺害したというのは、嘘だと、すぐ、ばれるでしょう。

 出版界における、こう言う風な言論弾圧は、無論、不文律的なお達しで、有って、人から人へ、伝えられることであって、外にもれることは無いでしょう。だから、証明のしようが無いのですが、・・・・・そうなっていると推理できます。

 ともかく、機動隊員が、600名も動員された大事件としては、続報がぴたっと止まったのはおかしいです。

 徳山市の山間の部落では、監視カメラも無いでしょう。が、用心のために、車のナンバープレートは幽霊プレートを使って、二台ぐらいに分乗して、実行犯は出かけ、瞬時と言っていいぐらいに、実行したと見ています。

 保見容疑者は、事前に、教唆、洗脳され、納得していて犯人を引き受け、別の場所に、移動をしていて、室内で、暮らしていたと見ています。で、下着姿で、見つかったのは、5日間外にいたにしては、洋服が汚れていないので、ああしたのだと見ています。しかも、私が、この鎌倉雪の下のご近所様たちの動きを見て、3日目(2014年7月23日の深夜)に、これは、嘘だと書いたから、保見が、逮捕される結果となりました。::::::

 ただ、実際には、その保見逮捕につながった一文は、この一文とまったく同じ様に、一回初稿を、10時間程度曝して、その後で、文章が重過ぎるので、一回引っ込めて、3日間寝かせて、推敲をした後に、再度、曝しています。だから、タイミングとしては、保見逮捕の後に、それが出てきたみたいに見えるでしょうが、実際には、それは、保見逮捕につながった文章です。だけど、警察に役に立ったと言うことではないのですよ。エージェントがやった殺人であって、保見は、ぬれ衣を着せたまま、行方不明と言う事にして、見つからなかったと言う事にしたかったと思います。

 だけど、ご近所様の、特に、安野夫妻が、私に言わせると、とかげの脳みその、持ち主さんなので、これで、私のブログをつぶせるはずだと、大喜びをしてはしゃいだので、この事件の本質が、私には、わかったのでした。 ::::::

 ここら辺りはすでに書いているので、後で、リンク先を見つけておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題16、『まさしく、それを書こうとしていた矢先に、警察が、大山駅で、ビラを配ったそうですが』

  私は、今回、成りすまし疑惑事件の纏め上げ方に、ひどく、怒っています。この文章も事実上は、片山君ー8として、自分の中では、シリーズ化しているほどです。ただ、タイトルの文字制限があって、50文字以内にしないといけないので、片山祐輔の8と言う部分を抜いているだけです。

 で、これは、平成の八墓村事件と同じく、成りすまし疑惑事件と、その逮捕者そのものも無かったと思っています。被害者がいない事件なのです。そして、ただ、私の大学時代の同級生の、私に対するフェイスブック時代の、梅森伸一に成りすましていた疑惑等を、晴らしていくために、こう言う事案が起こされ、片山祐輔君は、教唆され、洗脳をされたうえで、犯人像を引き受けていると見ています。ただし、私のこの説が証明される日は来ないとは思います。そんなに、生易しい世界では有りません。

 ところで、怒った私は、過去をすべて振り返ってみました。そして、どういう事件が、エージェントによって引き起こされているかを考え始めているのです。すると、上に言った板橋大富豪殺害事件が思い出されました。その事件分析については、過去に一回ほど、すでに書いています。世田谷一家殺人事件と、板橋資産家夫婦放火殺人事件の二つの間の、相似点 2012-10-29 03:37:15 | Weblog  

 そして、それが起きた日付を確かめるべく、グーグル検索をしたところ、それは、2009年の5月25日であり、被害者は、大富豪なので、用心深くしていて、めったに他人を家に入れず、誰かがそこを通ると、家の中で、音がなる様に赤外線予防線を張っていたと、書いてありました。それを見ないで、犯人は、エージェントだと、書きました。だから、ありとあらゆる予防策とかセキュリティ策を突破できるはずだと書いています。それが、書いた後でも証明をされました。

 ところで、この事件に関するwkipediaの文言は非常に少ないです。これもエージェントが起こした犯罪であることの証明に当たるでしょう。できるだけ、国民から、その記憶を消し去りたいと言うのが、現在最高の権力者達の意向なのです。でも、だからこそ、私は一回書いたそれを思い出そうとし、まさしく、このブログでそれを取り上げたいと思っておりました。本日のこの文章は、27日に書いたのですが、そう、思い立ったのは、ずっと前の、22日でした。

  それは、まさしく、片山祐輔君が、力ない形で、裁判で、「ぜんぶ、自分がやりました」と、自白をした日です。だがね。『大富豪殺人事件について、今、もう一度、書くべきだ』という思いは有っても、時間が足りません。そして、それを書けないでいるまさしく、その最中に、また、・・・・・地方ニュースだったと思いますが・・・・・・重要な事を、NHKが報道しました。

 それは、板橋の大富豪殺害事件で、警察が、捜査協力お願いのビラを三つの駅で配ったと言うニュースで、大山駅周辺の、アーケード街が画面に、映りました。

 私ね、パソコンがハッキングを受けているのは知っています。だけど、このニュースを見たときは、脳内までハッキングを受けたのかと、一瞬、思った程です。ちょうど、書こうとしていたことは、大富豪夫妻・殺害事件も、エージェントがやったので、警察は、本気で捜査する気持ちがないと、言う部分でした。今までも、この事件については、警察はほとんどまともには捜査をしていないと思います。うえからの命令で、捜査をするなといわれているのでしょう。

 だけど、警察さんは、私が、一度、この事件について、書いているのにもかかわらず、ここで、再び、思い出して書くだろうということは解ったのですね。それで、私がこれから書くだろう事への予防線を張ったのです。で、・・・・・事件発生後、5年目に当たるのを、機として、再度、重点的に捜査するつもりだから、住民に、協力を求めるためにビラを配っている・・・・・のですって。

  でもね、私は、それを逆手にとって、自説が正しいことの、傍証といたします。『なるほどねえ。そう言う風に動かざるを得ないのも警察のトップ連中は、エージェントの言うなりになっていて、この事件の犯人には永遠に到達できないからでしょうね。でも、何もやっていないと、私に書かれると、それも困るから、ビラを配ったわけですね』と、ここで、言いたいです。

 世田谷一家殺害事件は、お父様が執念を燃やしました。子供や孫が殺害されるはずが無いと信じてね。ところがこちらの事件では、遺族が動いていません。週刊誌で、異母兄弟の間で、遺産相続争いが有るからだろうなどと、あらぬ事を書かれたので、懲りていらっしゃるのでしょう。殺された奥様は、二度目の方だったのです。先妻はなくなったのかな? だから、お母さんの違うきょうだいがいるのです。それで、お子さん方は、表面に出てきません。その上、大金持ちの遺産を引き継いだのですから、字分たちもまた、狙われるかもしれないと思って折られるでしょう。だから、できるだけ、マスコミには登場をしたくないと思っていらっしゃるでしょう。そして、マスコミも、事件直後は、週刊誌があれこれ、書きたてたのに、今では、完全に沈黙をしていてフォローが有りません。で、迷宮入りでしょうね。お気の毒に。

 片山祐輔君も肉体的には殺害をされていないけれど、ほとんど、ころされたも同然の形ですね。これからどうなるのだろう? 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題17、『ここで、4月9日に、ご近所の、渡辺賢司氏が、午前中に、布団をたたいたのが大きな意味を持ってくる』

  ところで、私は片山雄介君に限って、文章を書き進めていくつもりでした。ところが突然に、24日の夕方の地方ニュースで、羽生市の公園のトイレが破壊をされたと報道をされました。私は埼玉県の市町村に詳しくないのです。それで、録画をしていなかったものですから、羽生市と言う固有名詞が思い出せず、それを、思い出すために、グーグル検索をして見ました。

 すると、羽生市の事件よりも前に、練馬区光が丘公園で、84個のトイレが壊されたと言う事件が起きている事を知りました。それが、何日だったかと言うと、4月9日だったそうです。おお、と、声を上げて叫びたいほど、まさしく、タイミングとして、符丁が一致します。

 渡辺賢司と言うご近所様が、午前中に布団をたたいた日です。その家は、我が家の真北にあって、玄関をあけると、すぐ目に入るオタクです。そのベランダは、頻度として、最大級に私の目の止まる場所です。

:::::::ここで、どういうことかと言うことをさらに説明をさせてくださいませ。我が家と渡辺家は、20m以内の距離で、南北に位置しています。下の写真は、写真ですから、距離が有る様に見えますが、撮影した場所がまさに、渡辺家の裏側の位置で、元ファイルには、右側に渡辺家が入っています。しかも間に、別の家のベランダが無いので、洗濯物としては、渡辺家のものだけを、見るという関係に有ります。ですから、この5年間以上にわたって、渡辺家のベランダの様子は、ほとんど、毎日見ていたということと成ります。しいて言えば、さらに奥の前だけの洗濯物が見えないとも限らないと言う位置関係ですが、それ以外のいえの洗濯物は見えないという我が家なのです。

 そこで、この25年間以上、ご主人が、洗濯物を干したことはかつてないし、取り込んだ事もないし、布団を干したことは無論無いし、取り込んだ事も無論有りません。そして、布団をたたいたのも無論、有りません。また、この2014年4月9日は、特別な日であって、午前中に布団をたたく音が山中にこだまするほど、多くの家出、いっせいに布団がたたかれました。

 その大音響の中で、渡辺家が三軒目以降であって、私は異変を感じて、外へ出て、きちんと目視したので、ご主人が布団をたたいているのはしっかりと、格人を下のです。しかも、午前中です。これについてはすでに、一回か二回、詳しくその意味するところが書いてありますが、布団をたたくと言うのは、ここ雪ノ下二丁目の小さな谷戸では、特別な意味を持つのです。

 我が家の土地が事実上盗まれています。その原因者たる内の一人の前田家は、特別な不正・・・・・(または、私道負担部分の土地を提出していない不正)・・・・・を行って、土地を広く取って使っています。

 その事を、道路位置指定などと言う、新しい条例とか、法律を作ってもらって、カバーしてもらっていますが、そのうえ、強欲な事に、事実上、そこが正しい土地であるかのごとく確定したいと、思っているらしくて、種々さまざまな工夫と、いじめをやってきて、をしています。それが、全部笑っちゃう様な工夫であって、この布団たたきもそのひとつです。

 彼ら夫婦は、特別に庭の前の方(=不正な場所)に洗濯物を干したり、布団を干したりして、そこの使用の自由を確定するためにバンバン大きな音を立ててたたくのです。毎日ではないのですが、勝ちたいと思っているときにたたきます。そして、一回それを、ブログで書いているので、この日、その悪さを再利用したいと思ったのでしょう。

 で、渡辺賢司夫妻の事を、このブログで、書いた後でも、この4月25日、前田祝一氏は、また、布団を、誇示的に、たたいたほどです。4月9日の方ですが、渡辺家は、安野夫妻の、提案だと乗らないはずです。と言うのも、

 ミカ夫人との、夫婦を合わせて、考えると、この山で、一、二を争うインテリなので、自分達の方が、安野家よりもレベルが高いと内心で、信じているはずです。だが、前田氏は、駒澤大学の元教授だし、前田清子さんは、國學院大學の元講師です。だから、社会の階層的には、そちらの方が、上だと思っているので、その日に提案された事を、言うがままに、実行をしたのでしょう。または間に大原さんが入ったかもしれません。だけど、ともかくの事として、布団たたきに意味があるのは前田家です。渡辺賢司氏は、私が見るところ、サラリーマンではないみたいですね。だからこそ、組織の中で生きてきた前田さんに、劣等感があって、こんなばかげたこと=だけど、内包するのは一種の殺人罪だと言うものに、逆らえないのではないですか? でも、生活者としての実体験から言うと、近所づきあいの仲に上下関係を持ち込むと、それは、地獄の始まりですよ。常に、平等である事をキープしておかないと。

 ともかく、奥様が不在だったのか。それとも、ご主人がそれをやった方が、音が大きいので、「ご主人がやってください」と、わざわざ条件をつけて、頼まれたのかは、私は知る由もありませんが

・・・・・本当の事を言って、渡辺家ご夫婦には、あうたびに、「川崎さんの犠牲の上で、私達も無事に家を新築する事ができました。ありがとうございます」と、言っていただきたいぐらいです。でも、反対の行動をとっておられるのは知っていました。無論、例の悪人連中の示唆煮よ売るものだとは知っていましたから、我慢をしていましたよ。だが、今回が初めてではないですね。彼らに協力して、ひどい事をおやりになってきたのは。そして、その時にはっきりと、もう、あなた方を愛さないと言ってあります。

 この愛と言う言葉ですが、恋愛の愛では無論有りません。神の前での愛で、アガペーと言う類のものです。相手がどんなにひどい人間でも、自分が神様に愛されるためには、一定の身だしなみと言うか、身が前と言うかが、必要であって、相手がどんなにひどい事をやって来てもその裏が読めれば許すべきだと言うが、基本的な私のスタンスです。しかし、これは、キリスト教系の精神であって、日本人として、日本人の基本的な仏教の言葉も有るでしょう。ほら、仏の顔も三度と言うではないですか。日ごろ内容のある会話を交わしていて、感情移入が有るならイザ知らず、何も無いですね。そこを、今まで無事に保ってきたものは、私側の一方的な愛ですよ。それを、『失いました』とはっきり警告をしているのに、こう言うことをやってくるのだから、「もしかしたらあなた方って、馬鹿だったのですか?」と、言いたいぐらいです。安全で、静かな生活ができるのは、よくできた人間達のアガペーの集積で出来上がるのです。それを間接的な殺人で、壊そうとする人たちに加担をするのなら、それは、あなた五自信の安全が守られてないと言うことと成るでしょう。無論、私の場合は、単に、まなざしを厳しくして、お宅のベランダを見つめると言うことですけれどね。意図的に何かを企画してお宅に悪さをするような人間では有りませんよ。だけど、あなたはすでに、それをなさっているわけです。

 繰り返して言いますが、小さい頃からドリル学習だけをしてきて、優秀な大学を出ているが、会社なんかでは、まったく使えないと言うタイプなのではないですか?それでも、『舟を編む』の主人公、まじめさんみたいに、温厚で、上品なタイプだと良いのですけれど、今までの、25年間のお宅の態度は、とげが有りましたよ。そんな事に気がつかない馬鹿でもないです。私は。

 よく偏差値秀才で、有名大学出ているのだけれど、会社では、使い物にならないという人がいますね。そう言うタイプなのかしら。内容のある会話を交わした事が無いので、何も知りませんが、そちらが南側の開口部で、こちらが、北側の開口部です。毎日の事を考えたら、こう言うばかげた事をする、心理状態が、理解不可能ですけれど。これから、安野・前田両夫妻が、あくどい事を仕掛けてくるたびに、このエピソードを使わせていただきましょう。

 この布団たたきの意味を、別の角度から解説します。その日は、私の交通事故の、後の、実質的な二日目でした。暦の上では、三日目ですが、前夜一睡もできなかったので、二日目の昼間は布団の中で、熟睡していたので、我が家の室内盗聴の結果を、すぐ、手に入れられる、Y家などから情報を得て、二日目の8日にいじめ行動を起こしても無駄だと考えていたのでしょう。

 で、9日に何軒もの人間に命令をして、急に一気に布団たたきを行い、それで、イライラをさせて、怪我の悪化を狙ったのだと思います。その前に、7日の夜の9時ごろ聖路加国際病院に、警官達が来て、私の目の前で、「間に合わなかった」とか何とか行っているので、私の治療を丁寧にしない様に、当夜担当した石神医師に頼んだ可能性が有ります。それに人身事故なのに、物損事故にさせて、その件でも、お金が入らないのに、そして、治療はほとんど何もやっていないのに、66500円も費用が取られました。

 10年前に、カジバシどおりで、同じ様に転んで、めがねが顔に突き刺さって、慈恵医大に運び込まれて、40針も縫った時には、3万円で済んだし、脳のCTスキャン図も、64枚も見せてもらえましたのに、その図も見せてもらえないし、縫ってももらえないし、何もしないで、六万五千五百円です。(笑い)

 そういう情報ですが、もし、Y家が、エージェント化しているとすると、警察を通じて、情報がもたらされます。また、その家がエージェント化していなくても、以下の写真が有るので、警察と通々だと感じられます。

 で、彼と、前田家が、組んで、『そう言う処置の数々を、もって、彼女は、すでに相当にいらいらしているところだろう。そこに持ってきて、布団をたたけば、さらにいらいらするさ。そうすれば、物理的に自然に死んでくれるさ。こっちが手を下さなくてもね』と言う事がお互いに話し合われ、結果、こう言うアイデア・・・・・(ただし、いつも、私がトカゲの脳みその連中と言っているほど、見え見えの、単純さですが)・・・・・が出て来て、それが、渡辺家にも伝達され、渡辺賢司氏が実行をしているのを、私が目撃したと言うわけです。

 デモね、他人のしを願っているのですよ。恐ろしいことです。しかも、自分たちは加害者なのに出す。しかも、私の目から見れば、エージェントがやっている、板橋の大富豪殺人事件を、内心で喜び、平成の八は嘉村事件にいたっては、はしゃぎきって、普段は入れない、Y家の裏庭・・・・・それも、我が家のアジサイ畑を盗む結果になっていることと呼応すると、欲張りの果てに開拓した15坪ほどの、余分な土地ですが、・・・・・

へ、平木家のお子さんを招じ入れて、お子さん方が持つ、明るさによって、自分達の暗い秘密を、ロンダリングしようとしたのでした。それが、2014年の7月23日に起きたことだったのですが、それをブログですでに分析しているのにもかかわらず、

 2014年4月9日に、また、Y家の裏庭に、平木家のお子さん方を招じ入れて遊ばせていたのでした。ただ、その日も平成の八墓村事件の直後も、平木家のお子さん方にそうするように命じたのは前田家みたいでした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題19、『自衛隊機と、中国軍機の、30mのニアミスの、真実の意味合いは奈何(or 如何)?』

 私は、トイレ破壊はエージェントがやっていると思っています。そして、ご近所住まいの安野家と言うのが、馬鹿にエージェントにかわいがられていて、そのお子さんはお成績が、中学時代に1と、2しかないと言うので、学校中で有名なお子さんでしたが、舞鶴の海上保安学校に、に、入学し、継母さんは、『国立大学の付属高校に入学しました』と、ご近所に喧伝して、自慢をしました。その後自動的に海上保安庁に入庁したと思います。で、エージェント達は、海上保安庁が、ニュースに登場し続けて、安野家が、我が家より上である事を、日本中に知らしめたいと願っているらしくて、アメリカを通じて、中国の最上層部を動かしていて、中国の艦船を尖閣諸島周辺に何度も出没させました。そうすると、それを防衛するのは、日本では海上保安庁らしくて、海上保安庁が、英雄的に、尊敬されると言う事に成ります。

 その上、海猿の映画製作公開とも、重なって、海上保安庁は、輝ける館長となっています。と、平行して、安倍総理大臣が、海上保安長の朝刊を現場から採用し、また、2014年度の予算で海上保安庁に、1億6千万円を増額する事を、決めました。

 それは、発表されたタイミングから諮ると、『安野家の坊ちゃんの一生の給料分と退職金を合わせると、一億五千万円になるが』と私が書いたのを、からかって来たのでしょう。国家予算を、一千万円上乗せして、発表して、私を、からかってきたのです。ある日など、その増長仕切ったエージェントが、NHKに、中国艦船が、すでに、200回出没しと言う様に提案したらしいのです。で、私がそんなはずは無いと書いたら、正確には、43回だと、成りました。

 今般も、エージェント達は、私を脅かすためには安野家を持ち上げるのが最大に効果があると信じているみたいで、中国軍機が、自衛隊機に、幅30mの距離で、接近をしたと言う事実を報道しました。もしかすると、自衛隊機も協力していたのかもしれません。こちらはブルーインパルス所属のパイロットで、向こう側も最高レベルのパイロットで、お互いに、技量の最上を競い合ったと見ています。

 普通はありえない現象です。だけど、片山祐輔問題が私のブログないでは、加熱しています。そしてその加熱は、彼らたちにとっては困ることなのです。で、国民を見方につけて、私を孤立化させるために、ああいう演出をいたしました。そう言う演出はまた、安倍総理大臣が、成立を望んでいるらしい集団的自衛権の問題にも、利益になるから、日本政府にとっても、好都合なわけです。

 そのニアミスに、直後は、私が一切反応をしなかったので、26日いっぱい、政府が大騒ぎをして、中国に抗議をしていました。が、これは、米中日三国の合意の上での、お芝居に過ぎないのですから、内々では、誰も心配をしていなかったでしょう。私も何も心配していなかったので、今まで触れませんでした。大衆的な新聞が、「戦端開始か?」などと言う、大げさなタイトルで、記事を書いていたみたいですが、単に安野家を支援するだけの問題です。

 それに、他にも書く事がいっぱいあって、全部は書ききれませんしね。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題20、『まさしく同日、または、前夜、板橋で、トイレが、84基も壊されていたのだった。エージェントが、鎌倉雪ノ下と、板橋光が丘で、連動しているのがわかる。だけど、大丈夫ですか?、鶴岡八幡宮様?』

 副題18で、4月9日に、このご近所様が、大騒ぎで、はしゃいでいたと、書きました。そこから、思い出して、板橋大富豪殺人事件を書きはじめたわけです。そうすると、安野家や前田家を守るために、まったく関係がないのに、犬死のごとく、殺されていった、被害者達である事が解り、なんともいい様がありません。平成の八墓村事件も同じですね。

 ただ、連続してお読みいただいていない方は、何の事やら、解らない部分がいっぱいあったと思います。特にこの前ざっと計算してみたら、実はブログだけで、4000万字(=原稿用紙換算、10万枚)をすでに書いていました。(笑い)

 が、私はとても汚い事を書いている今章を、日本を現在支配しているトップエージェントに、読んでもらいたいと思っているから、一般の読者は無視したところが有ります。それに前から言っていますが、神様へのささげ物として、これを書いています。それも事実です。

 ただね。善と、悪は表裏一体と言うか紙一重と言うか、すぐ傍に存在しているのです。だから、神様へささげるつもりで書いていても、それは、悪魔の神殿にも通じるのでした。

 ただね。私は常に、ナチズムの発生を研究していると申し上げているでしょう。過去の研究は容易です。ただ、現在進行中の事を書くのがどれほど、しんどいか、どれほど、苦労の多いことか、皆様お分かりいただけますか? ただ、ただ、『これも修行だ』と思ってやっています。デモね、大きな殺人事件によって、自分達を幇助してもらい、それによって、やっと生きている、二つの家族と、その前に、とんでもないことで警官を使った、石川和子さんの事を思うと、大丈夫ですか、鶴岡八幡宮様と、言いたくなります。

 石川和子さんの元愛人である、伊藤玄二郎と、その二人羽織的、協力者である井上ひさし(まだ、生きていて、地下専攻していると、私は見ています)が、考え出した諸案を、呑む様に提案をされておられて、それを実行をされておられますよね。間に東京農大教授等を、挟んでいたとしても、鶴岡八幡宮様がなさっていることで助かるのは、この山の、前田家と安野家と、石川和子・柳沢昇夫妻なのです。大丈夫かなあ? 彼らは、大規模な報道をされている迷宮入りに近い殺人事件によって、幇助されている人間たちなのですよ。そう言うもので、間接的に私を殺して、そう言う形で、自分たちが助かる事を願っている人たちです。

 たとえば、私がノイローゼになって、自殺をする事を目指して、種々の事を行っていると見ます。布団たたきもまさしく、その一例です。

  では、本日は、ここでお別れをいたしましょう。後で、リンク先でも見つけて整理をしておきますが、一応ここで、完成したとさせてくださいませ。

 なお、このブログの、2010年より数えはじめた伸べ訪問回数は、2223678です。

 2014年5月27日~29日にかけて、書く。  雨宮 舜 (本名、川崎 千恵子)

コメント

公衆トイレ破壊分析の2・・・・・富士山が爆発すると言う話はどこへ消えたのかな?

2014-05-27 20:22:59 | Weblog

 今は、28日の午後2時ですが、これから、推敲をはじめます。尚、これは、27日までの総タイトルを、『公衆トイレ破壊・板橋大富豪殺人・平成の八墓村事件・中国軍機のニアミス・・・・全部連動している』としていたものですが、今から二つないしは、三つに分離します。で、総タイトルも変化させていきます。そして、分離した前半の部分(=この章の事)にも、新に加筆をしていきます。それも大量に加筆をしていきます。

副題1、『羽生市の公園トイレの破壊が、不良少年達がやったのではないと私が考える根拠』

 最近の日本では、少年、少女達のうちで、両親、または、祖父母等から、きちんと面倒を見てもらっていない子供が多くて、そう言う子供が自宅ではなくて、友達の家、または、先輩の家などで、集団生活をしていて、そのために、きちんとした食事もできず、また、しつけも行われず、したがって、犯罪行動を引き起こしてしまうことは、知られています。

 最近で、有名なのは、呉市の観光スポット灰が峰で、リンチ殺人の上、崖から転がされた少女がいて、その子を殺した方の少女が、良心の痛みに耐えかねず、一種の自首をしたと言うのが有りました。

 <<<そう言う風に荒れているので、トイレだって、破壊をするだろうね>>>と、一般の人は考えるでしょう。それを狙って行われていますが、私は違うと考えています。と言うのも、まず、情緒的な、因果関係が、トイレに関しては、少年少女側にないです。すべての、リンチ事件は、強弱とか、上下関係がからんでいて、事件が起きる前は、加害者側にとって、下だと見なしている被害者の方が、上みたいな、カッコウをしたので、憎らしいと言う事が動機の大きな部分を占めています。

 そして、悔しいと思った方が、必ず、『かずの論理』を利用して、仲間を集め、仲間の力で、制裁を与えようとします。そのうち暴力そのものが持っている悪の力で、暴走が始まります。<血を見ると狂う>と言うことがあって、殺人にまで発展をしてしまいます。

 私は、今思えば、大変恵まれた子供時代を送ったために、周辺に、かずの論理を利用していじめてくる存在がいませんでした。気が合わないとか、個人的にプレッシャーを与えてくるので、うっとおしいなと思う相手は、陰惨ないじめと言うのには、であった事が有りません。

 会社なども社風がいいと言う会社が有って、学校なども、校風がいいと言う学校が有るのです。しかし、新聞を読んだり、ネットの世界で、ブラウザのニュースを読んだりすると、少年世界が荒れているのは、知りました。

 が、よく考えると、どの事件でも、ともかく、感情的ないきさつが有ります。だけど、公園のトイレと、不良少年達の間には、感情的な、プラスマイナスが有りません。

 だから、トイレを壊すほどの、動機が無いのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『現代っ子は、すぐ、j-peg をネットにアップするものだ。コンビニが、廃業に追い込まれたのを覚えて居られるでしょう。あなたも』

  皆様は覚えて居られますか? 本当か、嘘かはわかりませんが、コンビニがアルバイトの不始末によって、数軒、廃業に追い込まれたとの事を。まあ、これはね。経営者が、コンビニ労働をもともと、嫌っていて、曽野ニュースをきっかけに廃業をしたと言うのが正しいと思っていますが、表向きは、度が過ぎたいたずらの結果、廃業に追い込まれたと言う事になっています。

 コンビニには、お弁当を置く場所とか、アイスクリームを置く場所が有ります。特にアイスクリームを置く場所は、床からの高さが、低く、カツ広いので、人間が入る事が可能です。一時期、そこに入って、その低温に耐えられることを誇示するために、ツィッターにそのj-peg(写真)を、アップする事がはやりました。

 ツィッターは、本名を表記しないでいいのでしょうか? フェイスブックは、本名で、投稿するし、レベルが少し上だと思われるところが有るので、フェイスブックにそれが、投稿をされたとは見もしませんでしたし、聞きもしませんでしたが、ツィッターには投稿をされて、どこそこ大学の学生が、身分を特定されて、退学処分を受けたとか、受けなかったとか?・・・・・そう聞いたことは有ります。

 こう言うことをやった少年は、少し年齢が高い層で、青年と言ってよいクラスで、深夜に、一人で、コンビニを任されているから、やれることでしょう。だが、いわゆるいたずらの範疇であり、本人は何も破壊行動をした覚えは無いのです。

 それが、汚いとか、不潔だと言っているのは、大人の考えであって、本人達は、冷たいところで、何分耐えられるかを、競争心で、競い合った一種のスポーツだと考えられます。

 しかし、行き着くところまで行って、コンビニが廃業するだの、大学生が退学処分を受けるなどと、報道をされ始めると、これが、ぴたっと終わりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『写真をj-pegと言うファイル形式で処理すると、たちまちに、誰がそれをやっても、把握をされるのだ。You know that?』

 それに、何度も言う様に、写真を、j-pegと言うファイル様式で処理すると、必ず、インターネットに接続されて、記録をされるので、もし、警察が本気になれば写真から脚がつき、誰がそれをやったかは簡単に特定をされるのです。

 だが、この<トイレの破壊事件>で、破壊をした直後に、犯行者側がj-pegを、ネットの世界に、アップした跡が見えないです。しかも警察も本気で捜査をしているとは、聞こえてこないです。

 こちらが、100%譲って、もしいたとすれば、こう言う子達は、上に上げた、コンビニで、いたずらをした青年達より、年齢が低いので、頭も行動様式も幼稚なはずですから、必ず、携帯で、写真を撮っているはずなのです。警察が、マイクロソフト社の、インターネット機能を、検索すれば、簡単に、トイレを破壊した、j-pegは、見つかるはずで、どこの、携帯が利用をされたかは、解るはずなのです。

 愉快犯としてやったとすれば、彼らは、それを、絶対に周辺に、見せるはずなのです。そこからも、噂がもれて、誰がやったかは、いずれ、特定をされるはずなのです。もし、警察が本気で調べるつもりなら、すでに、厚木市で、2013年11月に行われ、練馬区で、この2014年4月に行われ、最近中の最近、羽生市で行われているのですから、仏の顔も三度であって、警察は捜査方法も改善してあり、すぐ、ひっ捕まえることは可能な筈です。しかし、つかまっていません。だから、これは、少年犯罪ではないと考えます。

~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『不良少年の数は、実際には減っているはず。社会は、一時期よりは、落ち着いて来ているはずだ』

 上に比較対象例として上げた冷凍庫の事件の方は、年齢が高い層であって、いわゆる、私達がイメージする不良少年と言うのとは、異なります。私は、羽生市、や、練馬区光が丘の公園のトイレを破壊したのは、不良少年ではないと信じています。が、もし、トイレを破壊した少年達が、実際に存在すると仮定すれば、その子達は、コンビニニ雇われる可能性も無い、無職の少年で、親の金を持ち出して、なんとなく遊んでいる少年と言うのをさすでしょう。

 この一年は、アベノミクスで、世の中が急に変わりましたが、つい、昨年までは、就職戦線は厳しく、また、親の方も、以前ほど、将来に安定感を持てず、世の中は、急速に落ち着きを見せていたのです。1980年代みたいな、ただ、かね、金の世の中でもなくなっていたのでした。

 松戸で、無関係の青年を、殺害した金髪の青年とか、上で言っている、呉市のリンチ殺害事件など、突出している方であって、真夜中にふらついている少年たちもずっと少なくなり、静かになっていると見えます。

 1980年代は、大晦日は、一晩中、鶴岡八幡宮を警備する警察の放送が、聞こえたものですが、ここ数年、午前2時には、その『ロープを上げます』と、『ロープを下げます』と言うスピーカーの音が聞こえなくなっています。つまり、少年少女たちが、真夜中には目をはずす行動が、少なくなっているのです。お正月さえ少ないのですから、ましてや、普通の日など、少ないでしょう。

 漫画で有名な、例の湘南バクそう族ですが以前は、毎週土曜日の、午前一時ごろ、相当な長時間(15分程度程度)爆音を、とどろかせて、我が家の下(=小袋谷トンネルを出た200m海岸より)から、腰越えを、こえて藤沢へ抜けていきました。毎週土曜日はそれを聞いたものですが、最近では、その音に、気がつく回数の方が少ないです。

 で、私は羽生市のトイレを壊して回ったり、練馬区光が丘の公園のトイレを、84個も壊して回った少年たちと言うのは存在をしていないのだと、考えています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『これもまた、現代日本が、被・植民地国家であることの証明であろう』

 警察が本気になって、犯人を捕まえ様とするならば、周辺の、監視カメラを、チェックするとか、周辺の住宅街に、『異常な物音には、気がつきませんでしたか?』と、聞き込みを開始しないといけません。それこそ、じゅうたん作戦で、機動隊を、200人程度、投入して、聞き込みを開始して、周辺の空き地などで、破壊用の道具が発見をされるかどうかも調査しないといけないのです。

 また、羽生市のニュースでは、市職員だか、水族館のスタッフだかが出てきて、『困った。困った』と言う映像を見せました。だが、それだけしか、NHKのニュース画像としては、出てきませんでしたが、policeと、背中に印刷された制服を来た警官たちが、NHKの取材カメラに一切うつらないのです。それも不思議です。

 今、2014年5月27日のニュースでは、八王子のトランクルームの映像が、いっぱい流されます。大阪の準看護師が殺害をされ、死後に、パスポートを作られたり、死後にカードを作られたりした驚くべきニュースが起こり、その取材は、いっぱいなされています。そして、警官の姿も、テレビ画面にいっぱい映ります。

 だけど、そちらは、派手に見えますが、日本とか、日本人にとっては、それほどの、損失にはなりません。と言うのも、主犯は、日系ブラジル人だとか、中国人だとか言われていて、被害者側が日本人なので、日本国とか、日本人が恥を搔いているわけでは有りません。

 まあ、成りすまし疑惑の件で、片山祐輔君のことが、沸騰をしている時に、ちょうど発覚をしましたので、こちらも、・成・り・す・ま・し・と言う技術用語に対する、かく乱作戦として、準備された事件でしょうか?

 成りすまし、パスポートを作ったと言うことは、政治的な裏が有るのかな? いや、さすがに、裏側を探ることの好きな私も、底まで、考えると、頭が痛くなり、混乱します。

 今般、この準看護師殺害事件は、蚊帳の外へおいておきたいです。ただ、ひとえに、<<<<<トイレ破壊に対して、警察が取り組んでいない様に見えるのはなぜか>>>>>と言うことを問題にしたいのです。

 ともかく、ネットの世界では、続報が出ていますが、NHKニュースは、地方ニュースで、それ(=羽生市)を、流しただけであって、もしかすると、練馬区の事件も、厚木市の事件も、全国ニュースでは流していなかったのではないですか?

 よく、『鼎の軽重を問う』と言われます。私が見るところ、NHKニュースの取捨選択には、異論が有ります。「この公衆トイレの破壊は、日本と、日本人が、心から、嫌になるニュースなので、ニュースとして、忌まわしいから放送をしないのでしょうか?」 それは、問いたいです。

 しかし、実際には、NHKさんが、このブログにコメントを寄せてくるはずも無いので、上は、ただ、単なる投げかけであって、私が今、考えている事を、ここで、曝しましょう。それは、

 ・・・・・・a), このトイレ破壊をやったのが、エージェント達である。だからこそ、所轄の警察署は、上からの「別に取り上げるな」という指令が有り、真剣には、捜査しないのだ。いや、真剣どころか、一切捜査しない可能性もある。3つの事件とも、警察発表としての続報が、グーグル検索では見つからなかったし。

          b), そして、NHKも、トップクラスの中に存在する、フリーメーソン化した社員、もしくは、外部の言うことを素直に聞く、編成局員などを通じて、「このニュースを、長引かせるな」と、報道局が命令をされている。

       c),  上に上げた a), とb),の項目に書いたことは、例の私固有の見てきた様な嘘を言いのひとつで、どこにも発表をされていません。だけど、ほとんど、正しいと思っております。特に外部から見ていると、警察は、この三つのトイレ破壊行為を、捜査しているとは、まるで、思えませんから。

 警察の現在の鑑識能力と、監視カメラチェック機能体制をフルに使ったら、絶対に犯人にたどり着けます。しかし、いまだ、三つとも、未解決です。

 それは、どうしてかと言うと、プロのエージェント達がやったことだから、つかまらない様な、種々の工夫を行いながら、やっているので、つかまらないのです。が、その上、警察が、真剣に捜査をしようとしないのも、輪をかけているでしょう。

~~~~~~~~~~~~

副題5、『初稿と、推敲後の文章が、私の場合、大きく異なる事が有るが、その理由への、答えは?・・・・・携帯が盗聴器として使えるかどうか?』

 私は、これから、先に、初稿では、プロのエージェントとは何か?と言う事を説明をし始めます。ものすごく重くて、暗い文章となっていました。初稿では。で、全体が、ヴォリュームが大きすぎます。で、本日から、それを、二つ、ないし、三つに分離していきます。

 それでも、昨日は、一気に、そこまで、書いてしまったのは、書く事への自由を確保し、かつ、自分を守るためです。私の脳内に有る事を、知りたいと、考えている連中はいます。その連中は初稿だけは、書く自由を与えています。しかし、それを本に直す自由の方は徹底的に奪ってきます。で、『私が何を考えているかは知りたい。だけど、そこに書いてある事が真実だから、それを紙の本に直されて、広く世の中に流布すると、それは、困る』と言うのが、敵さん連中の考えていることでしょう。

 それを説明するために、これから、諸々の事を語り始めます。その第一は、携帯が、盗聴機能に役立っているのではないかと言う疑問です。

 今から、6年から、つい、一年前まで、私は、親しい人からデートに誘われる事が多く有りました。女性が相手としてですよ。 特に15年以上の知遇が有り、尊敬したり愛したりしている、友人や知人からの、デートのお誘いが多かったのです。だが、喜んで、信頼しきった会話を交わすと、後日の自分の生活に、みごとにその内容が反映してくるのに、気がつき始めました。で、どうしてそうなるかと考え抜いて、世間には、まだ発表をされて居ないけれど、

 携帯を盗聴器として使う事が可能なのではないかと、気がつき始めます。携帯には音を拾う仕組みが、もともと、有りますね。あれの、感度を、1000倍ぐらい上げると、携帯からは、1m以上は、離れている会話を拾えます。2m以上離れている場所の会話は、拾えないと、設定すると、携帯は、みごとに盗聴器の役目を果たします。

 ここまで書くと、皆様はきっと、『あら、嫌だ。携帯って、電源を落としておけばいいじゃあないの? あなたって、携帯を使わない主義だって言っているから、何も知らないのね』とおっしゃるでしょう。しかし、ノートパソコンの電源が、自由に外部から、入れられてしまうことを知っている私は、携帯の電源を落としたつもりになっている持ち主の知らない間に、電源を外部から入れてしまい、私とのデートが終わったら、電源を入れなおすことは、外部から、自由自在にできると考えています。

 このノートパソコンの電源が、外部から自由にいれる事ができる仕組みは、2005年ごろには、すでに、使われていて、私はそれによって、何度も脅かされました。当時使っていたのは、98と、MEです。スタンバイとか、スリープ機能のあれこれについて、私自身が、まだ何も気がつかなかった時代であり、パソコンの傍を離れる時は必ず、電源を切っておきました。

 ところが、買い物から帰宅して、暗い室内に入ると、(冬は日がくれるのが早いので、買い物から帰ってくると、室内が暗くなっていたことは多い)、ぼんやりと、蛍光色が、壁に反映していて、びっくりして何事かと光源を確かめると、ぴっちりと閉じて外出したはずのノートパソコンのふたが、5mm程度開いていて、そこから、青い光が漏れているのでした。で、驚きながらふたを持ち上げてみると、驚いた事にそこは、ワードの画面であって、相手が脅かしたいと思っている文章が、そこに、すでに開いていると言う形でした。

 そこには、美術の世界でやり取りをされたビジネスメールが書式が異なる形式で、載っていたりしました。原文は、白黒のテキスト形式のメールで左そろえの文章だったのに、背景色が、ピンクになっていて、中央ぞろえになっています。一時期雑誌で連載をしていたのに、理由も説明をされず、連載が、中止になったのですが、その編集長とのやり取りでした。いい時期の交換メールで、文章は、きれいなものですよ。でも、それを背景をピンク色にして、中央そろえに変えるという際立つ形に直して、・・・・・中断されたのが、悲しいだろう・・・・・と、傷をえぐって来ているメールだったのです。

 でね、そう言う事例からも、携帯の電源が外部カラ、自由自在にオンオフ機能が、設定さ得るし、イザとなれば、盗聴器として利用されることは、皆様もご銘記くださいませ。そして、その結果は、普通の人は利用ができないのですよ。しかし、エージェントとか、エージェントの言うなりになる警察とかは、利用ができる、筈です。ともかく、以前は、『これは、35%しか、曝していない文章ですが』と言うお断りを入れている事が多かったので、『どこまで、あいつはわかっているのだろう』と言うことを知りたい連中がいっぱい居たと言うことを示す、デートのお誘いでした。

 しかし、これが終わったのは、瓜南直子さんと言う、鎌倉在住の、日本画家と、広島在住の才気煥発なOLが、私に対して、どういうことをやってきたのかと、2012年から書き始めたからでしょう。私に騙しの仕掛けをかけても、通じないということと、瓜南直子さんが、鎌倉在住なので、この件で、浄智寺さんとか、覚園寺さんとか、泉沸寺さんとかに、伊藤玄二郎が、大きな、迷惑をかけている事が、ここで、公開をされてしまうからです。

~~~~~~~~~~~~~

副題6、『マイケルムーア監督の来日時に、荷物が行方不明になった事を皆さん、覚えていますか?』

 マイケルムーア監督が、日本に来た時に、荷物が、行方不明になったそうです。彼は、非常に太っていますので、特別なサイズの服が必要で、飛行機の荷物が行方不明になると、日本でも、記者会見ができません。ただ、日本には相撲取りと言うのが居ますので、そう言う場所に行けば、急遽、Tシャツ程度は、購入できるでしょう。で、ともかく、記者会見は行われました。

 しかし、記者会見で、このエピソードが公開された時に、私は同情し、『世の中には、自分と似た様な被害に出会っている人が居るんだなあ』と、安心もしたものです。しかし、そのマイケルムーア監督が、突然に理由も無く引退しました。その理由は私だけが知っています。

 実は私は2009年に『消された映画』と言う本の、見本本を、数冊作っています。それにマイケルムーア監督は出てきます。で、彼は引退を迫られた可能性が有るのです。

~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『鶴岡八幡宮様の、実行をされる工事他で、八幡宮様が、エージェント達に屈しておられるのは、解って来た』

 私の文章に出てくるものは、その証拠を消していくと言うのは、鶴岡八幡宮で、三つ実行され、鎌倉市と言えば、小町通りの美しい敷石の歩道が、改悪されて、単なるアスファルトに変更になってしまいました。

 鶴岡八幡宮で、三つと言うのは、美術館の職員用玄関の前に生えていたアメリカキササゲの大木を切られてしまったことと、二つの池の間の、参道、左側にある露天商組合が作成した水道の蛇口です。それは、コンクリートでできた素朴なものでしたが、今では、御影石の立派なものに作り直されています。そして、最も驚くのは、元川口外務大臣のオタクが、鶴岡八幡宮のものとなったことです。この3つは、すべて、私のエッセイに出てくるものです。

 2003年から2008年までは、冬から初夏にかけて、苦労をしながら作り上げた本のデータを、必ず8月に、機械にかけて印刷製本をして、800部作るのが、常でした。8月を選んでいるのは誕生日がそこにあるのと、

 本は制作も大変ですが、その後で、一人出版社なので、配本も大変だから、4ヶ月は配本の手当ての時期に当てるからです。で、敵さんたちは、7冊目のそれも、当然予定通り行うだろうと、思っていたらしくて、大きな妨害をかけて来ていました。

 瓜南さんが、使役されてきたのも、その一環ですが、鶴岡八幡宮が騒音の発生源として、利用されきっていたのも、その頃が一番、多量でした。敵さんは、私の本の制作方法が一般の本とは違っていて、編集とデザインを同時に行うので、非常に込み入った複雑な仕事である事を、ハッキングで知っており、一方で、音楽好きな私が音に敏感であろうと見なされていて、そう言う事に成りました。音楽会が夕方開かれる予定の時は朝のくじから、マイクの試験中と言う放送が大音量で流され、また、工事が、頻繁に行われ、大騒音で、悩まされる日々が続きました。

 私は2009年には、結局見本本だけで終わり、その後も、ずっと、見本本だけを、事務センターで作るだけで、一般的な工業生産本を作っておりません。で、敵さんたちは、自分達の手法が成功したと思っていると思います。それに対して、私は、私なりに納得をしていて、別に負けたとか、後退したとは思っていないのです。

 2009年と、2010年は母の見舞いを優先したし、2011年は、3.11後、フェイスブックを始めて、書く事が稠密になり、攻撃も増えたので、本を作る余裕が無くなったのでした。そして、都合、5年ほど、休んでいます。だけど、自分では、後退したつもりは無くて、むしろ、時間的な余裕ができているので、体調も整えられており、ブログの内容が充実してきていると、感じており、どっちが損をしているともいえないなあと思っているのです。

~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『土地が、売れない様に、また、それが売れたら、交代で、手に入れたかった新しい土地が、買えないように、散々な妨害を受け続けたが・・・・・?』

 ただ、敵さんたちは、自分たちが勝ったと思い込んでいるので、その後もめちゃくちゃな、攻撃をかけてきました。熱海で土地を買おうとすれば、不思議なくいが、熱海市の名義で打ち込んであり、・・・・・その土地は熱海市のものでもなんでもないのですよ。・・・・・これは、松尾崇・鎌倉市長と同じく、熱海市の現在の市長、斉藤栄さんが、非常に若いので、どうにでも、動かせるのだと、エージェント側が考えているからでしょう。

 そして、JR横須賀駅真横の丘の上の敷地が78坪の家を買おうとすれば、なんだか、とんでもない形での妨害を受け、その家が買えなかったのです。そのタイミングを狙って、

 アジサイ畑欺もう事件の加害者側の、前田氏が「あんたを刑事訴訟に掛ける」などと、言うとんでもない話を持ち出して来たので、私は、結構気合を入れて、ブログを書く様に成っているわけです。で、いつも「30%で、抑えておりますよ」と、言いながら、今回の片山祐輔君問題に関しては、60~75%の精度で、真実を述べ始めております。

~~~~~~~~~~~~

副題9、『富士山が爆発するって言う話は、どこへ消えたのでしょう?』

 あ、忘れていた。一月に須走りのリゾートマンションを、250万円で買おうとしたら、富士山が爆発すると言うニュースが世間にばら撒かれました。これも、マンションを買おうとしている私への嫌がらせでしょう。それに参ったわけではなくて、マンションは維持費が、大変で、リゾートマンションを持つよりは、会員制ホテルにした方が良いと、家族が反対したので、買わなかったのです。今では、トンと、その爆発する情報は出てきませんね。そして、買わなかったら、突然に、世界遺産に富士山が登録をされました。(笑い)

 『買えなかったので、お前、悔しいだろう』と、あざ笑う形を、さらに、強化できると考えて、こう言う措置が取られたのでしょう。あなた? 自衛隊機と、中国軍機のニアミスさえ、演出してくるのですから、世界遺産の登録など、お茶の子さいさいで、左右できるのです。

 で、トイレの、破壊者も少年ではないと、はっきり言っているわけです。

 で、このトイレの破壊者たちの実像への推理と、「その目的は何だったかな?」と言うことは、次の章へまわしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~

副題10、『マイケルムーア監督の映画の中に出てきた智者の言葉には感銘を受けた』

 途中で、30分程度、マイケルムーア監督の名前を出していますが、それは、別の機会に、丁寧に語ります。ただ、メも程度にどうして、彼の名前をここに出したかと言うと、彼の三つの映画の中のどこかに、

 イギリスの政治評論家が出てきて、重要な二つの概念を述べるところがあります。それが、このトイレの破壊と、結びつくのです。

 その研究者は、こういっています。

 一つ目は、・・・・・政治とは、ある特定の人間が、己の個人的な利益を、あたかもそれが、公のもののごとくに、語る事をさす・・・・・・

 それから、・・・・・二つ目は、植民地支配を貫くためには、その国民を不安にさせ、劣等感を与え、自信をなくさせる必要がある。元気で、誇りに充満している国家は、支配することはできない。・・・・・

 この二つ目が、エージェント達が常に狙い、実行することであって、バンクーヴァー五輪の時に、真央ちゃんへの採点が、異常に低かったのもそのひとつです。しかし、ソチ五輪では、真央ちゃんは、転んでしまったので、採点が、異常に低くても、それは、目立たなかったのでした。それに、フリーで、一応ですが、全ジャンプを成功させて真央ちゃんは、国民の祝福を受けましたので、終わりよければ、すべてよしで、終わりそうです。

 で、トイレ破壊の方は、国民に、言うに言われぬ、劣等感と不安感を与える犯罪なので、そこが狙われて、三度も、破壊をされたのでした。そんな、悪い事をする少年達がいるのだと、国民に思わせて、自分達を恥じ入らせ様とする魂胆がエージェント側に有るわけです。

 2014年5月27~28日にかけて書く  雨宮舜 (本名,川崎千恵子)

直、このブログの2010年より数えはじめた伸べ訪問回数は、2225606です。(30日時点で)

コメント

5月26日の私の仕事は、24日の文章を推敲した事です。

2014-05-26 21:58:05 | Weblog

 2014年5月26日の私は朝から外出していました。前夜、完全に寝ていないのですが、電車の中で転寝をしたので、それで、回復をしましたと言う事にして、午後中をかけて、銀座の画廊めぐりをいたしました。

 で、画廊と画廊の間を歩いている最中、または、電車の中で、新しい文案は出来しているのです。ところが、帰宅をして、前々報を読んでいたら、重要なところで誤変換が頻発していて、まじめな文章のつもりが、いささか、笑い話めいてしまっていました。

 これは、いけないです。片山祐輔君はやっていないと言う、この日本中で、既成事実とされている事に反対している文章ですから、それが、笑い話となっていたら、目も当てられません。

 それで、二時間ほど、掛けて、それを推敲しました。

タイトルも変えております。 元タイトルは、『片山君ー6、記憶媒体から、スマホに直結できる同軸ケーブルは有りや無しや?』でしたが、以下に変わっております。

片山君ー6、記憶媒体からスマホに直結できる同軸ケーブルのオスと、メス(挿入口)の違いについて△

2014-05-24 19:15:19 | Weblog
 
 
タイトルだけをご覧いただくと、単に技術的な事だけを書いているみたいです。しかし、私が見るところ、この事件は、平成の現代史を、方向変換させるほどの、重大事件だと見ています。
 
どうしてかと言うと、言論弾圧が見事に成功し、この日本が決定的に悪くなっていく糸口だと見ています。
 
昭和史における、下山事件に匹敵する恐ろしさを感じます。片山祐輔がやったとされることの内容が恐ろしいのではないのですよ。彼は、実際には、やっていないが、結局はやったことに成ったのです。それが、恐ろしい。そう言う大嘘を国民に信じさせてしまったと言うことが恐ろしいのです。で、しつこく書き続けることと成るでしょう。
 
 上のリンク先の文章も、
丁寧に丁寧に、書いたつもりです。どうか、もう一度、お読みいただきたく、リンク先を記しておきます。
 尚、このブログの2010年より、数えはじめた伸べ訪問回数は、2218904です。
     2014年5月26日  雨宮舜 (本名、川崎千恵子)
コメント

公園でトイレが壊される?、羽生市と練馬区と、去年は厚木市で・・・それは、無論のこと、政治的事件であり

2014-05-25 19:31:38 | Weblog

 本日もツィッター方式で書かせていただき、総タイトルは、変えさせていただく可能性はあります。これは、・・・・・そのトイレの破壊は、エージェントが、やったことだろう・・・・という文章で、なぜ、そう言うことを2014年五月25日に行われたかと言うと、その理由はかくかくしかじかと、以下に展開しております。しかも、総体の結論はやはり、片山祐輔は悪人ではないだろうと言う方向に流れ、これは、片山擁護ー7となります。

副題1、『NHK夕方のニュースで、公園のトイレが壊されたと、報道をされる』

副題2、『その被害に出会った公園とは、羽生市である事が、筋道をたどると解ってきた』

副題3、『その前に、グーグルで、調べようとして、練馬の事件にぶつかった』

副題4、『見事に合致するタイミング。それは、2014年4月9日だった・・・・・私が交通事故に出会い、人身事故を、物損事故とさせられ、かつ、ご近所様が異常にはしゃいだ日だった。過去によれば、それは、常に、小沢一郎のはしゃいでいる日と結びついていたが・・・・・』

~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『NHK夕方のニュースで、公園のトイレが壊されたと、報道をされる』

 総タイトルに書いたとおりのニュースが、NHK夕方のニュースで、報道をされました。7時前の地方ニュースの時間です。ですから、関東圏以外に住んでいる方は、それをご存じないでしょう。       

 その時直感として、これは、例のエージェントがやっている。しかも、目的は私のブログへの嫌がらせであると。今、お約束をしていた、前報の推敲をやめて、新しい文章を書き始めますが、それは、この破壊行動を知って、それが、トップエージェントの命令による、ブルーカラーとしてのエージェントの作業だと思うので、急遽、お約束をしていた推敲をやめました。前報に、私は性善説の人なのです』と描いています。それに対する嘲笑として、この事件が起こされていると感じています。さて、読者の皆様は、また、誇大妄想に陥っていて、大丈夫とおっしゃるでしょう。だが、こう言う、暴力を使った事件は、日本人としては、ありそうでありえない事件なのです。

 3.11の直後、ほとんど、動乱が起こらず、お店に乱入する大衆もいないことが、世界中を驚かせました。そして、いわゆる2ちゃんねるのまとめサイトでは、世界中の人が、日本人に驚いたとか、好意を持っていると、言うニュースが繰り返し載せられています。それは、江戸時代の鎖国後、明治初期に訪れた外国人のほとんどが驚いて報告をしています。ところが、最近、このように乱暴な、破壊行動がたびたび、報道をされています。印象に残っているものは、チューリップの頭をなぎ払っていくもの、それから、学校の水のみ場の、蛇口のカランが、すべて、取り払われているものなどがあります。一般の人は、現代の少年少女たちの生活が乱れていて、リンチ殺人事件が、頻発しているので、そう言う少年少女達がやったのだとお考えでしょう。それから、数年前まで、荒れる成人式と言うのもありましたしね。だけど、私は違うと思っております。

 今回だけは、あまりにも見事に連動をして、日本人性善説を、打ち破る方向で、行われた乱暴だったので、予定していた、推敲とか、それが、終わったら、書くつもりだったこととかを、すべて後回しにして、これを、とり上げます。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『その被害に出会った公園とは、羽生市である事が、筋道をたどると解ってきた』

 そのニュースは、映像としてはしっかりと、頭に入りましたが、知らない街だったので、街の名前を覚えられない私でした。ただし、文章を書く事になったら正確を期さないといけません。『しまった。地方ニュースは録画していないのだ。だけど、午前11時と、夕方六時のニュースは、こう言う諜略行為のニュースによく利用をされること、ほんとうにNHKは、言うなりだ』と思いましたが後の祭りです。

  しかし、今、私は、パソコンへの攻撃において、ソフト面、または、システムの面ではなく、ハードの方面での新しい攻撃に接しているわけで、それを次から次へと突破している段階です。最初の7年間は、ソフトの使用方法やら、システムへの攻撃でした。最近は、マウスを壊すこと、キーボードを壊すことへ移行をしているわけです。それを、どうして直すかと、これもミステリー小説を説くかのごとき、筋道を立てて、解いて行っています。

 その上、この19日に突然自白と言う形で、一年以上に及ぶ頑張りを捨ててしまった片山祐輔君を、なお、擁護しようと、考えています。その三重の効果があいまったのか、パソコンの利用の仕方が、格段に向上していました。

 どういう風にしたら、失われてしまった記憶をよみがえらせれるかの方法がわかったのです。それは、NHKオンラインを利用することでした。それで、上記のニュースの該当都市が、羽生市であることがわかったのです。苦しみを与えられることは無駄ではないです。これから、諜略ニュースを追跡する時には、こう言右方方で、追跡調査をする事ができるでしょう。糺、降格と、突然に、NHKが、地方ニュースを文字化するというサービスを停止するかもしれません。それなら、それで、私のブログが、いかに大切なノモのであるかの傍証となります。

~~~~~~~~~~~~~

副題3、『その前に、グーグルで、調べようとして、練馬の事件にぶつかった』

 結局はNHKオンラインで、ターゲットにたどり着いたわけですが、その手法に、たどり着く前までは、常套的手法であるグーグル検索を、用いてみました。すると、上記の羽生市の事件はまだ出ていないのです。それで、それを探すつもりで、丁寧に下っていくと、6個目ぐらいに、以下のお笑い系の、質疑応答が出てきました。それは、ヤフー質問箱に似せてはいますが、それではないもので、このトイレ破壊行動が、私の推察どおりに、エージェントがやっている事を傍証付ける文章が並んでいました。

####罫線以下で、それをコピペして置きますが、それを、実際に行う前に、もう一度、そのサイトが、どこのブラウザのものだったかを確かめ様とすると、同じ入力用キーワード、トイレ、破壊で、今度は、その練馬区のトイレ破壊の記事が大量に出てきました。こう言う様に、グーグルが瞬間的に変わるときは、それは、私狙いの情報操作であって、探している情報が、エージェントに関係が在る時に、固有の現象です。

  そして、先ほどは、真っ先に出てきたなぜ、トイレは開港動画起きるかという質疑応答は、グーグルの検索頁を、1~7まで、開いてみても出てこなかったのです。それに、相当な時間がかかってしまいました。デモ、前文をコピペするわけですから、きちんとしたかったのでス。だが、あまりにも時間がかかるので、グーグル検索を、7頁までで、やめて、その文章をコピペする事にいたします。だが、グーグル検索が突然、それを隠してきたこと、また、その文章の内容が極端にお茶ら桁ものであること。その二つが、未ごとに、この事件が、エージェント達の、やったことであると、証明しているでしょう。私の長年の研究ではそうなります。

###############

練馬の公園 トイレの便器84個が壊された理由

質問者:angel25gt

 投稿日時:2014/04/09 00:01

東京・練馬区の都立公園で、公衆トイレの便器が80個以上壊されているのが見つかった。

  先月24日の夜、練馬区光が丘にある都立光が丘公園で、園内の公衆トイレに設置してある陶器製の便器21個が壊されているのを警備員が見つけた。

その後、今月1日までの1週間で、男性用・女性用のトイレで63個、合わせて84個の便器が壊されているのが見つかり、公園の管理事務所が警視庁に通報した。

  中には、応急で修理した後に再び壊された便器もあったということだ。

 警視庁は、何者かが夜、公園内に立ち入り、便器を壊したとみて、器物損壊事件として調べている。

 ・・・それにしても公園の便器の数が多すぎる。私が便所掃除夫であったら、2~3個は壊すかもしれない。どうしてこのような数の便器が当たり前のように一つ所に集まっているのか、

 一日平均25回はトイレに行く私に、誰か教えてください。

http://www.youtube.com/watch?v=XTjJ2_P5P4U

No.4

 回答者:coffee0413

回答日時:2014/04/09 19:13

 .質問者様、便器の心配をする前に貴方の体が心配です。

 私は医者じゃないので分かりませんが、大量に水分を摂取

しない限り普通は3~6回ぐらいでしょ。

ホント、病院へ行かれることをお勧めいたします。 

 本題は、何でしたっけ? そうそう便器破壊魔!

 誰もしないことを思い付いたのはいいんですが、、、さぞかし

大変だったでしょう。 

そのエネルギーを深夜料金の力仕事のアルバイトに使えば

結構な稼ぎになったものを・・・。(苦笑) 

もしかしたら、地元の水回り業者さんで、入札権利がある方

とか・・・都会だと防犯カメラがそこら中に設置してあるんでしょ?

ハイリスクですよねぇ~。 お疲れ様でした。 明日でも病院へ行きなさいよ!!!

この回答へのお礼 

トイレ回数が多いのは、おっしゃるように、水分を多く取るからです。 起きたらゼロコーラ500CCを時間を置いて2本飲みます。夕方までに冷茶などのペットボトルを10本ぐらい空けます。

 そんなトイレットな私から見ると、この犯人が許せません。病院には、還暦を迎えたら、行ってみたいと思います。ご回答ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『見事に合致するタイミング。それは、2014年4月9日だった・・・・・私が交通事故に出会い、人身事故を、物損事故とさせられ、かつ、ご近所様が異常にはしゃいだ日だった。過去によれば、それは、常に、小沢一郎のはしゃいでいる日と結びついていたが・・・・・』

 これから先は、リンク先を種々探さないといけないのでス。ひとつだけ見つけました。後注1、

 交通事故があったその日は、私はタイトルにそれを入れていない文章を書いています。ホテルで、それを書いています。そして、7日は、せっかく京橋のホテルに泊まったのに、一睡もできず、したがって8日は昼間は寝ていました。そして、8日の真夜中から上の文章を書き始めて、います。別にお読みいただきたいとも思いませんが、その次の日に、ご近所が異様にうるさいのです。

 これは、ご近所を動かしているエージェント・・・・・(または、ご近所の安野家、および前田家の、二軒が、既にエージェント化しているとすれば、その二軒)・・・・・の発案で行う私への攻撃固有の現象です。
 で、それについて、文章を書いています。その日以来,私はすでに、65本の文章を書いております。その中では、非公開のものもありますが、パソコンを打ち、これを、発表しようと思い当たった、文章は、既に、65本に達しているということです。で、はるかに昔のこととはなりましたが、私が、晴海どおりと、昭和通の交差する、みはら橋交差点から、銀座4丁目より、30mのところで、交通事故に出会ったのは、確かなことなのです。
 で、その事故の詳細については、
後注2 
 というブログ内で、書いております。それも、別に今読み直していただく必要はありません。が、

後注3、という文章内では、

 その事故処理が異常な経過をたどったということが書いてあります。ただ、その頃は私は小保方ミステリーについて書くのを、主題としておりました。小保方ミステリーもエージェント達が企画して起こされた事案なのですが、それでも、そこには殺人事件などがからんでおりませんので、書きやすい主題でした。そして、一種のリケ女である私にとっては、得意中の得意の分野でもありましたし。
 しかし、4月の22日にいたって、私が前田家に対して、決定的に怒る現象が起きました。そこで、私は、以下の文章を書き始めます。今、逆順で登場していますが、後で、順序を変えましょう。
後注4,5,6
 ここにこそ、4月9日にご近所様が異常な動きをしたという事を書き始めているのです。ただし、そこには、練馬で、トイレが、84個も壊されたという話は出てきません。私は、小保方ミステリー、および、韓国での、修学旅行生を載せた船の沈没事故、および、オバマ大統領の来日と、TPP交渉などについて、やや、公の文章を書きたいと思っていて、したがって、ブラウザのニュースや、NHKニュースを丁寧に点検していなかったのでしょう。または、私のパソコンでは、それに気が付かない様に、よく見るブラウザのニュースにはそれが、登場しなかったのかもしれません。
 だが、本日、羽生市のトイレが壊れたというニュースを夕方六時に見たことによって、連携がはっきりしたのです。
 
 つまり、私が今書いている事が最上の真実であるということです。

 片山祐輔君は、あの成りすまし疑惑と言う恐ろしい事件を、実際には行ってはいないと言う事が、この羽生市の、トイレ破壊事件でも確かめられたと言うことです。片山君は、あくまでも、裏にいる真実の、実行者達を隠す目的で、彼に、事件を収斂させていくために、2014年5月19日に、突然に、自白を、する様に、強要されたと見ています。

 しかし、ここで、強要といっても、一般的な事件で多い、警察による強要ではないでしょう。だって、彼は、行方不明の間は、警察には捕まっていないという事に公式には成っています。

 公式には、高尾山をさまよっていて、自殺をしたいと思っていたと言う事になっています。私はそれは、嘘であり、彼を利用している人物達と、どこやらで会っていて、レクチュアーを受けていたと見ています。なんにつけての講義かと言うと、これから先に、どういうことをいいべきであり、どういう風に振舞うべきかの講義です。 

 後注1、小保方ミステリーの終焉 + 私の魔の刻(銀座18:45)と、救急車で、運ばれる私△

後注2、聖路加病院(2014年)と、慈恵医大病院(2005年)の違いは、なぜ起きたのかー1

後注3、怪我をしているのに物損事故にされた理由は、調書を私に渡したくなかったからですか? 警察庁さん?

後注4、オバマ来日の1・・・共産党と警察の強固な結びつきを、常に拝見する(笑)ここ鎌倉雪の下二丁目△

後注5、オバマ来日の2、・・・・・渡辺賢司氏が、午前中布団を叩いたので、政治的陰謀がばれて来る△

後注6、オバマ来日ー3・・・県や、国のお金で、自分たちの悪行を隠す連中も、鎌倉には居るのだ。

 尚、青い字で、しかも、フォントを大きくして書いた部分は、そうしないと読めないほど、薄いグレーに外から侵入してきた手合いにされてしまうから、特大の字にいたしました。

 私は一種の気高さを持っていて、ひとを許そう許そうと思っているのですよ。だけど、前報で、性善説を信じていますと書いた途端に、日本人が非常に乱暴であるかのごとき、犯罪が起こされるのです。そのタイミングがあまりにも見事だったので、今回は取り上げました。

 そして、許そうとしているのに、最も、剣呑な人物について書いた部分がまたもや、外からの侵入によって、読者に読めない形にされました。この様に、瞬間的に、攻撃を受け続けていますのは、片山雄介君を、人身御供にしたいと、願っている、人間達が、いかに、恐ろしくて、カツ、あくどい事を、やったのかを示しています。そう、判断をせざるを得ないです。

 埼玉県羽生市のトイレが壊れることは、鎌倉市の雪ノ下とは、まったく関係がない様に見えます。だが、日本人が乱暴だと、見せたいと、言う一ポイントで、例のエージェント達が起こす、一連の事件と、同じ趣旨で、行われているので、すぐ、解ります。

 しかし、ここで、はっきりと、これがエージェント達がやっていると言えば、犯人が捕まるかもしれません。だけど、それも、保見、阿部俊樹、そして、片山祐輔と同じく、どこか、おかしいと思われるところが見つかるはずです。

 その典型が、アンネ本のは会社であって、逮捕はされたそうですが、名前も顔も公開をされていませんね。AKBの握手会で、乱暴をした人間は、顔や名前を知られているのかしら?

 顔は現場にいた、数人の人がスマホや、携帯のカメラ機能で撮影していると思いますが、個人名が、まだ、報道をされていない模様です。疑問は有ります。

 誤変換が残っているとは思いますが、日付けと署名を入れて起きます。なお、このブログの、2010年より数え始めた、伸べ訪問回数は、2217313です。

 2014年5月25日、初稿として、これを書く。  雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント

読めない部分が在りますが・・・・・それこそ、最も大切な真実で ...

2014-05-25 00:28:12 | Weblog

これは、上にある文章の青い字で表現してある部分が、一次的に読めなかったので、応急措置として、新しい文章を作り、そちらに、読めない部分をコピペで移したのです。

それは、元ブログを、

公園でトイレが壊される?、羽生市と練馬区と、去年は厚木市で・・・片山擁護ー7

2014-05-25 19:31:38 | Weblog

内で、は、青い大きなフォントで、見える形で復活しております。

ただ、右そろえになっていて、読みづらいかもしれませんが、私自身がやっていることではなくて、常に外部から侵入されてそう言う風に、工作を加えられてしまいます。

こう言う風に個人的に加えられる攻撃について書いたとたんに、世間をにぎわわせる、IT的損傷が報告をされます。


時期的に古いものからあげますと、

トロイの木馬、ボットウィルスなど、クローズアップ現代で、紹介されたもの。

それから、韓国や、ホワイトハウスの、パソコン、および、ノーベル賞委員会のパソコンが、進入されたというニュース。

それから、ソニーや、そのほかの会社の顧客名簿が流出したという事件の報告、

wikileaks の出現など、

そして、私がフェイスブック内で、梅森伸一という人物が、私の友達を盗み続ける現象を、彼本人がやっているのか、彼に成りすま下、人物がやっているのか、どちらかはわからないと、書いたとたんに、成りすまし疑惑の事件が起きて、その数ヵ月後に、片山容疑者が逮捕されました。ですから、私は片山容疑者は、身代わりで、犯人に仕立て上げられている気の毒な人間だと見ています。

ただし、エージェントがからんでいる事件はすべてが同じ傾向を持っていますが、犯人であると目される人物が、教唆の上で、納得してその役を引き受けている可能性が強いです。小保方春子さんも、その典型ですが、片山祐輔君もその典型であろうと、見ています。

   2014年5月25日に書くが、アップの日時を、実際より、24時間程度、古い場所においておく。 雨宮舜(本名、川崎千恵子)

コメント

片山君ー6、記憶媒体からスマホに直結できる同軸ケーブルのオスと、メス(挿入口)の違いについて△

2014-05-24 19:15:19 | Weblog

  今、26日の夜9時です。以下の文章に多数の誤変換が残っておりました。で、推敲しました。それが終わったしるしに、総タイトル横に△印を付けておきます。

 これも、片山祐輔君への同情的分章のひとつです。この文章は最初のタイトルを、『自転車置き場に隠したPCで、原文を入力してスマホに移動した?』にしておきましたが、二回目に、『片山君の6・・・記憶媒体で、スマホに、直結できるものが有りや、無しや?』としておりました。そして、今は、三回目のものと変えました。この章では同軸ケーブルのオスと、メスのUSB差込口の違いを検討していきます。

副題1、『自転車置き場の天井に新しいPCを隠したですって?』

 私は、この件では、どこかで、・・・・・(いえ、極く初期にです。後で、リンク先を確かめておきます)・・・・・・スマホでは、その成りすまし疑惑用の、真犯人が書いたとされる、長文を入力することは無理だろうと、書きました。すると、私の文章を丁寧に丁寧に、検証している人間達が、『あ、しまった。もしかすると、そう言うこともいえるかもしれない』と、気がつきました。

 で、最初期の19日にはそれは、発表をされず、22日に入ってから、急遽、「彼は新しいスマホと、新しいパソコン(ノート型でしょう・・・・・ただし中古かもしれません)を釈放後に買い、16日に発信をされた、真犯人を名乗る長文のメールは、そのPCで、入力して、その後、記憶媒体を使って、スマホに移動をして、スマホには、時間差発信機能を利用して、16日の裁判中に、それが、相手側に届く様に諮った」と、発表をされ始めました。

 ここですが、警察が独占企業なので、警察へ監査に入って、『それは、嘘でしょう』と言うわけには、行きません。しかし、『DNA鑑定をたった、五時間でやりました』と言う嘘が既に発表をされているので、こちらもほとんど、嘘だと思っております。糺、それは、永遠に証明されることはないでしょう。

 だけど、スマホの小さな画面で、長文のワード文章を入力するのは、ほとんど無理なのです。それは、警察が忘れていたところでしょう。そして、この事件の裏にいて、すべての脚本を練っていた人間たちも忘れていたのでしょう。それを、私が指摘したので、、あわてて、『彼は、新しいパソコンを買って、それで、入力した。そのパソコンは彼が入居をしているマンションの自転車置き場の天井に隠してあった』ですって。そう言う後付の事実を発表をしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『21日に家宅捜索に入ったですって。その前にどうして、家宅捜索をして、彼の、家に、あるUSBメモリーおよび、ノートパソコン類から、最初期の真犯人発信のメールのコピーテキストを見つけだしておかなかったのですか?』

 今回の河川敷に、置かれた携帯から、時間差で、真犯人を名乗るメールが、発信されたと、発表をされた後で、警察は、片山容疑者の家へ、家宅捜索へ入ったそうです。びっくりです。合計、1年以上、拘留されていたのに、どうして、その間に、家宅捜索に入っていなかったのですか? いえ、こう言う疑問をここで、提出すると、すぐ、「以前にも入っていたのです。だが、今回は、河川敷での、発信があるので、緊急に再度、もしくは、第○回目として、家宅捜索へ入る必要があったのです」と、後付の発表がなされるでしょう。

 だけど、私に言わせると、その家宅捜索で、見つけるべき、徹底的に大切なものが見つかっているとの報告が、NHKテレビにも、ブラウザのニュース・・・・・(それは、新聞記事を、転載したものが多いのだけれど)・・・・・でも、報告をされていません。その探さないといけなかった大切なものは、いっぱいあるのですが、この副題2では、真犯人だけが知っているという、2012年の秋に発信をされた、例の脅迫文が保存をされた記憶媒体です。彼が今回移動に使ったという記憶媒体とは別のものです。

 または、彼がその当時に、持っていたパソコンとか、USBメモリーの類です。

 無論、これも、後付の嘘として、「それを、ネットカフェで書いた」とか、「USBメモリーを捨てた」と、片山君が言っていると言う事に成るのでしょうが、片山祐輔が最初期に逮捕された直後に、彼の常用のパソコンを、探れば、たとえ、彼が消去していたとしても、現代の最高の技術力で探れば、必ず復活できるので、彼が、書いたかどうかは、探索できるのです。

 でも、100歩、私の方が譲って、それは、その事件、当時に片山君が、捨てたと仮定しましょう。USBメモリーは簡単に捨てられます。だけど、パソコンは、2012年には、すでに、捨てられなくなっている時期だったと思いますよ。しかも、あの特異な風貌です。中古のパソコンを買い取ったショップでは、「最近、逮捕された片山が、ここに、パソコンを売りに来ました」と、警察に名乗り出るはずです。

 それがないのです。で、この事案そのもの、全体が嘘だと思っています。片山祐輔君は、相変わらず、もともともそうですが、何もやっていません。ただ、「犯人を引き受けよ」と、命令をされているだけで、それも、急に、最近、首謀者が方向変換して、自白をする様に命令したから、「すべてを自分がやりました」と言う様になっているだけです。

 ところで、家宅捜索で、見つけないといけなかったものとは、その16日に発信をされたと言う事になっている真犯人しか知り得ない、原文、(いわゆるワードのもの)を、保存した記憶媒体です。彼は、それを、どこに、一年間も保存をしておいたかです。USBフラッシュメモリーに保存をしておいたのなら、そのフラッシュメモリーを見つけないといけないし、ともかく、その最初のメール、をどこから手に入れたか、パソコンに、履歴が残っているはずで、その履歴の残っているパソコン、または、携帯を見つけないといけないのです。

 今回の事件について、警察は非常にずさんです。ミステリー小説をキチンと、読んでいる人なら、すぐわかるほど、ここにも、アナがあります。あそこにも、アナがありますと言う体たらくです。

 しかも、警察はこの事件を大事件としていきたいのですから、その原文が、2ちゃんねる等で、ばら撒かれていたら、すぐ管理者に連絡して「削除せよ」と言わないと駄目じゃあないですか? 模倣犯が、出てきたら、捜査が、かく乱されてしまうではないですか?

 今回、彼は新しいパソコンを買って、そこに入力して、それを、記億媒体へ移動して、そこからさらに、それを、スマホに、移動をさせたと発表をされていますが、その新しいパソコンへ入力するのは、どこかから、さらに、前の原文を、引っ張ってこないと駄目なのです。

 その新しいパソコンへどこかに隠してあった、USBフラッシュメモリーから、原文を移動をさせたとしても、その原文の入っていた、USBフラッシュメモリーは彼が行方不明だった間の家宅捜索の際、見つけないと駄目なのです。または、彼が肌身離さず、それを持っていたとして、弁護士と、連絡がついた後の

 19日に、「それを、どこに隠したのだ?」とか、または、「捨てたのか?」と、問い詰め、そして、メディアに、21日中に発表をしないといけません。

 今から、発表をしたって駄目ですよ。それこそ、片山祐輔君が、いけにえであって、本当の実行者は別にいると言うことを証明する話になります。

 ずさん、ずさんに過ぎます。

 これは、どういうことかと言うと、成りすまし疑惑の真犯人がエージェントだとすると、彼らは、警察と通々カーカーですから、『片山祐輔』が、真犯人ではないということを、警察の幹部が知っている可能性を示唆しています。彼の捜査など、簡単でいいのです。国民に、彼が、新犯人と思わせるに足る、脚本があって、それに必要な部分しか捜索しないのです。それ以外の部分は見てみぬ振りをするというか、何も調べないのです。彼は、拘留中の人間としては、異例に、大切にされている人間でしょう。

 だから、パソコンを駆使して、毎日、2万字のブログを書き、しかも、工業生産的な紙の本の、印刷機に掛ける前のデータを、ひとりで作り上げると言う形で、パソコンを使って、ちゃんと、仕事をしている私なんかから見ると、「どこをつついても、アナだらけだ」と思う様なばかげた発表の連続となるのでした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『パソコンを使い慣れているものほど、二度手間を嫌がるものだ』

 私は2008年ごろからパソコンの仕事へ、異常なほどの、妨害を加えられてきています。で、その過程から、いろいろ、学んでいるのですが、インターネットを使わないでも、マイクロソフトのワードを使う限り、それは、インターネット機能が自動的に適用され、自動的に把握をされます。ノートパソコンに、電池充電中他、全部で、5つの表示ランプが有りますが、私の場合ワードを、開くと、必ず、そこが、動いていますと言う表示に変わります。

 自分自身は、インターネットができないのですよ。しかし、外部から支配が容易になっているのがわかります。自宅の近所に大型ルーターが置いてあって、そこによる支配なのだと考えて、錦糸町のバイキング、レストランまで、交通費を掛けて、出かけ、本の編集と、データ作りをやった事があります。そこで、一時間半ほど、経った時に、突然に、画面が白閃化して、今までやった推敲のしごとがすべて消えてしまった事があります。そう言うことは別の場所でも、何度もあるのです。

 それが、2008年ごろでしたが、それ以来、非常に用心して、すべての文章は、五箇所程度に分散して保存をしています。で、編集結果が、白閃化して消えてしまっても、編集前の原文はあります。で、直前までやった直しを、いちいち思い出し、再度原文に加えます。そして、今度は、用心のために、30行ごとに、保存をしたりして、同じ、事を繰り返すのです。非常にうっとおしい仕事ですが、それをやりぬきます。

 私がよく「修行をしていますから」と、言うのはこう言うことをさします。こう言う苦労をしている事が修行のひとつの形なのです。その結果、誰にも負けないと言う気概を持つことができる様に成りました。

 たとえ、博士号を取っている人を前にしても、それから、ある会社とか、大学とか、官庁とか、美術館などの、大組織のトップですと、言う人物を前にしても、負ける気はいたしません。それが、年上の男性であろうとも、なぜか、平静であり、ひるむ事が一切ないのです。が、それは、この様な理不尽は、苦労を負わされていると、そう言う風に自然に、成るのです。誰にも負けない胆力と頭脳の回転の速さが身につくのです。

 でも、この様に、パソコンを駆使しているからこそ、それが、よくわかるのですが、普通の人は、同じ事を入力するのは嫌がるのです。 特に数千字に及ぶ長い文章を、最初から入力しなおすのは、絶対に嫌がります。

 だから、片山祐輔君も、もし、彼が真犯人であって、16日に報道各社とか、放送関係者に届いたと言うメールを、その新しく買ったパソコンに入力したとしても、複雑な内容を、頭から新規に搾り出すことはせず、どこかに保存をしてあったものを移動させる筈なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私がやっている編集の仕事なんて、小さなことだし、原文はすべて、ブログとメルマガですでに曝しているので、どこにも危険性はない文章だ。だが、激しい妨害と、ハッキングを受けている。それなら、どうして、保釈中の片山祐輔のパソコンへハッキングを行わないのだ。今、傍受と言う電話の盗聴と同じく、パソコンのハッキングなんて、警察はお手の物でできるはずなのに』

 ちょっと、長い、副題になりましたが、そこに書いている通りなのです。私が自分の身に起こっていることから類推すると、片山祐輔君の周辺で行われていることなど、幼稚園と大学ほど、レベルが違うと言うほど、彼は甘やかされていると思っています。つまり、パソコン内を、監視をされるべきなのに、監視をされていません。それが、変なのです。そこが、重要なレベルで、おかしいのです。

 私なんか何にも危険性のない文章を書いているのですよ。ただし、ご近所の安野夫妻とか、前田夫妻とかは、私に、彼らの事跡を紙の本に直されると、困るなあと考えているとは思います。だけどね。彼らを守るために、中国の艦船の、尖閣諸島への出撃もあるし、小保方ミステリーと言う事件が起こされ、化学立国日本の名誉がずたずたになるのです。

 私は紙の本に直す場合、前田夫妻とか、安野夫妻と言う個人名は、まだ、出さないつもりです。でも、いずれにしろ、彼ら、数十人程度の人間を守るために、この日本人一億人以上が大迷惑をこうむっている真実は、どういう形であれ、世に広めたいとは思っております。

 それは、ほとんど、正当な事だと思っております。しかし、どうしてか、パソコンに大被害が起きるので、エージェント達の活動体系と、また、日本では警察はエージェント達の言うなりであると言うことを、発見してしまいました。で、大妨害を受けるものですから、その研究をしているうちに、エージェント達と、警察さんなどの、最先端技術のレベルが、しみじみ解ってきています。

 大衆に発表をされている部分と、発表をされて居ない部分が、ありますが、ワードを使うと、何も自由には書けないということです。もし秘密裏に何かを記録しておきたいと願ったら、手書きにするほかありません。その手書きですが、それを、テープ起こしの仕事をする人、または、手稿を、パソコン入力する人にお願いをして、本を作るためのデータに直すと、仮定をすると、その段階でも、また、把握をされます。ので、現代社会において、秘密など、どこにもないのです。

 ただし、非常に少数の人間は、秘密を保ちつつ、他人と連絡を取る事ができます。それは、いわゆるエージェントと言う職業についている人間達と、彼らにとって、有用だと考えられている、未だエージェントの段階まで、いっていない、インテリの所属する陣営です。還元すれば、御用学者と呼ばれる人は、秘密を保ちながら、パソコン入力を果たすことができるでしょう。

 その人たちには自由は保障されていて、大体のへまは、看過されています。

 ヌードを撮影する趣味があったり、ロリコン趣味があったり、スカート内盗撮をする趣味があったりする人は、すべて、インターネット経由で、把握をされているのですが、それが、犯罪として成立するかどうかは、それを成立させたい側のさじ加減ひとつなのです。

 ワードと同じく、j-peg ファイル(=写真類)は、すべて、インターネットに自動的につながって処理をされています。だから、ポラロイドカメラ以外は、エロチックな趣味には使えません。 

~~~~~~~~~~~~~~~.

副題5、『最大の嘘は、スマホに、記億倍体は、接続できないことだ・・・・・と、最初は思ったが?』

 22日になって、警察は、川原に埋められていた携帯とは、スマホであって、それには、片山祐輔君が新しく買ったパソコンで、原文を書いたものを、記億媒体に移動して、それをさらに、移動をしたと、言っています。

 それが、グーニュース(=OCNニュースで、yomiuri online原文として、展開され、私の目に入ったときには、大喜びをしてしまいました。

 それは、嘘なのです。技術的にできないことなのですよ。挿入口が違うのです。大容量記憶媒体と言うには、今、一般的に手に入るのは、SBカードと言うのと、USBフラッシュメモリーと言うのです。他に外付けハードディスクと言うのが在ります。

 後者二つは、同じ、形の差込口をしています。それは、スマホには差し込めません。また、SDカードは無論のこと差し込めません。

 スティーヴンジョブスが、指揮するアップルと、ビルゲーツが指揮するマイクロソフトは長らく激しい競争関係にありました。だから、i-phone と、ウィンドーズ版パソコンは互換性が無いのです。都営地下鉄と、営団地下鉄(=東京メトロ)の連絡が、非常に悪いのと似ています。

 長らく互換性が、無かったのです。ただね。i-phone側が歩み寄ったと見えるのが、充電器へ差し込む口が、USBになっていることです。それで、ウィンドーズ版パソコンと、i-padや、i-phoneの間に、互換性ができました。私は、i-phoneをカメラとして使っているので、それで、撮影したものをしょっちゅう、このブログへ搭載しています。だから、互換性がそこに、あることは知っています。

  で、下の二つの写真を見比べてくださいませ。上は、パソコンとi-phoneを接続している図で、

 したの方はUSBフラッシュメモリーの差込口と、i-phone の差込口を上下に並べたものです。こう言う風に幅が違うでしょう。だから、お互いに連携はできません。 

 で、「しめしめ、ここで、尻尾をつかんだぞ」、と、いったんは、大喜びをしました。そして、その喜んだ状態は、30時間以上続きました。

 しかし、私の文章は必ず、敵さんに、攻撃をされます。だから、この文章内に、いささかの間違いもあってはなりません。そして、技術は日進月歩です。だから、私の知らない新しい技術が開発をされているかもしれません。

 だから、この得がたい証拠も、敵さんたちが否定をして来るかもしれません。でね、こんなに技術的に確かなことでも、敵さんたちが否定をして来る可能性があるので、もう一回、それが、できる場合を検証してみないといけないと、思い直しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『nexus7を、買わされてしまった事があるが』

 実は、警察の発表どおりだったら、私がとても、困るわけですが、i-phoneの新型充電ケーブルは先端が上の写真よりも小さい模様です。だが、それは、USBフラッシュメモリーとも、SDカードとも連携はできません。

 だが、ビルゲーツさんは、スティーヴンジョブス側に歩み寄っていて、i-phoneに似た機種を出したよね。それが、どうなって居たかなあ?と、思い直してみました。

 実は、以前、nexsus7というのを、ただで、もらった事があるのです。むろん、wifiを買うという事に付属してもらったのですが、使っていません。しかも、自宅においていません。だが、記憶によると、i-phoneとは、違うが、差込口は、小さいし、そこには、USBフラッシュメモリーは、差し込めないはずだと、確信をしました。それで、ほっとしました。

 しかし、それでも、なお、不安を感じたので、グーグルで、USB同軸ケーブルというのを散々探したのです。

 一時間以上時間を掛けて。良かった。努力した甲斐がありました。いえ、変な意味で、甲斐があったのです。

 残念ながら、マイクロソフト側のスマホには、同軸ケーブルの中に、USBフラッシュメモリーとスマホを直接つなげる事ができるものがあったのです。あっちゃったのでした。ざんねーん。

 実はelecomという会社の商品案内頁に、見事な図とともに、一方がメスのUSBになっているものがあったのです。これを使えば、片山君が、新しく買ったパソコンから、スマホへ、間にUSBフラッシュメモリーを挟んで、移動をできるのです。糺、まだ、大いなる疑問は有るが、で機内と言うことはないと、敵さんたちは、主張する事ができる、ひとつの道が、有ったのでした。

 ただし、スマホで、ワードが開けますか?。もし、それが、開けないと、この事案は、徹底的に嘘となります。

 だけど、このメスのUSB差込口が、充電器側についている同軸ケーブルが有るなんていうことは、普通は考え付きません。それに、私も、メスの差込口が有ると、いろいろな使い道が有るので、便利なので、スマホ用ではなくて、両端がメスの差込口になっているもの(ランケーブル用は、すでに、あるらしい)を、ほしくて、秋葉原で探した事が過去に、有りますが、どのショップでも、「両側がUSBメスになっている連携用、ケーブル、もしくは、プラグは、有りません」と、答えていました。それはね。本当に高度にパソコンを使いこなしている人にしか必要が無いものだから、どんなショップにも置いて無いのです。つまり、生産しても単価の元を取れないと言うことでしょう。大量生産をしてこそ、お値段が安くできます。1000円以内で売る事ができるのです。

 片端がオスのUSB差込口になっている普通タイプの、同軸ケーブルって、アマゾンでは、300円程度で買えますから。それこそ、大量生産システムの恩恵を受けているわけです。

 ところで、普通の人は、ここまでの事は、思いつきません。そう言うものがあるなんて、言う事に気が付かないでしょう。だけど、片山祐輔君なら気が付いたとしても、ありえることです。で、私の大喜びの気持ちはしゅんとしぼみました。

 しかし、私は、ここで、しつこくがんばります。しつこくがんばります。

  何をがんばるかというと、やはり、本当は、片山君は何もやっておらず、ただ、いかにも、本当に彼がやったみたいに見せるために、技術用語を駆使したのだ。それが、スマホへは、記憶媒体を使って、移動をさせたと言う発表だ。だが、危 ういところで、へまをしたのが、本当のところだ。が、こう言う製品が実在した事によって、後付で、自分達は正しいと言い張る事ができるのだろうと、・・・・・ そう言う風に、ここでは、結論付けておきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『グーグルって、アメリカの会社なので、瞬間的に動くのです。でも、だからこそ、私は自説がただしいと、確信するのですが』

 それを発見したelecom社のホーム頁を、いったん閉じて、こちらのブログの手当てをしました。そして、その後で、ということは、先ほどそこをはじめて見てから、20分ぐらいすぎた時点で、もう一回あけて、製品番号等を、確認しようとしました。それを、ここに、記載して、皆様にその製品の写真を見ていただこうと思ったら、既に、同じ頁は開くことができませんでした。

 だから、これこそ、とても、大切な部品だったのです。ブログの信用性を高める知識については、必ず、二回目は、見る事ができないのが私のパソコンの常です。

 そのことですが、一時期あざ笑う様に盛岡市在住の高橋真樹さんと、北海道在住の、梅森伸一君の情報が、グーグル検索をにぎわわせていました。二人は、フェイスブックの世界で、2011年度中に、私をいじめる事に役立っていた人材です。梅森君のほうは、丁寧に説明済みですが、高橋真樹さんは、まだ、あまり説明をしていません。

 後者は、盛岡市で、女性向けのタウン誌を経営する美女です。タウン誌の関連で、伊藤玄二郎と連絡があるらしく、頼まれたのでしょう。このブログを読みもしないで、「書き方を変えなさい」と、私に個人メールで、命令をしてきた、傲慢な女性です。多分、岩手大学か東北大学を出ている女性でしょう。田舎の秀才の典型で、自分は、とても、偉い」と思っている女性です。 

 それは、ご近所の前田夫人(静岡大学出身)の言動から、この30年間、研究しぬき、解明しぬき、骨身にしみるほど、深い概念として身についた知識です。田舎の国立大学を卒業した女性は、信じがたいほど、エリート意識が強いのです。人口20万人の都市で、一番だと言うことは、3000万人が住む東京圏で、優等生であるということとは、まったく違った、感覚で本人のエリート意識を涵養するのです。

 それは、東京圏の、特に、中学高校時代から、有名校に通うと、絶対に生まれない思考様式ですが、田舎で、高校大学までを過ごすと、そうなるのです。その上、高橋真樹さんは、お顔がきれいだから、天上、天下、唯我独尊と、ご自分で信じているタイプです。

 私は伊藤玄二郎のあくどさを発見するたびに、この高橋真樹さんを事例として出すのですが、時々詳しい事を忘れています。で、彼女の経歴やら、やっている仕事を探し出すために、グーグル検索を掛けるのです。一時期は、グーグル検索で、20項目ぐらい有ったのに、3ヶ月前は、グーグル検索で、ぜんぜん出てきません。グーグル検索で、頁を、11頁まで開いてやっと出てくる始末でした。今日、それが、どうなっているかは知りませんが、これもまた、大いに意味が有ることなのです。

 つまり、私が今書いている事が全般的に正しいので、それに登場する可能性のある人物については、情報を秘匿するという傾向です。

 最近一ヶ月内では、梅森君は、ほとんどの情報が秘匿されています。こちらも、成りすまし疑惑が、最初に報道をされ、片山君が最初に逮捕された頃は、大量の情報が出ている存在でした。が、5日前に検索したところ、リキテックス・アウォードの入選者に名前が載っている以外、そのほかの情報が、今のところ、秘匿をされています。グーグル検索頁の、11頁まで開いたら出てくるかもしれません。(笑い) だけど、それは、この人に関してはやりませんでした。あまりにも苦しめられたので、非常に詳しく知っていますので。

 前田祝一氏も、2012年ごろまでは、莫大な量のグーグル検索項目があって、それは、私にはありがたいことでしたが、今では、少量に減っています。

 グーグル検索項目が多いということは、・・・・・私のライバルとしては、その人の方が社会的に言えば上だ・・・・・といいたいから、例の敵さん連中が、項目を多くしているのです。が、・・・・・・私がその人材について、このブログ内で、彼らの実行した事を、あれこれと、書いている最中は、それらの人材についての項目を減らした方が、私の文章の価値が下がる・・・・・と、彼らは考えているらしくて、急にその人物に関する項目を減らすのです。

 上に書いた二人の人物に関するグーグル検索のあれこれは、グーグル検索が、私の筆先に応じて、う王差王すると言うことを示しているのです。で、元へ戻れば、elecom 社の製品の中に、そう言うスマホ用、同軸ケーブルで、反対側が、メスのUSB型になっているのがありました。・・・・・と言う事が、この文章の最も重要なところです。まいったなあ?

 だけど、それでも、単に、重要な傍証が消えてしまったなあというだけで、私の直感は変わりません。片山祐輔君は、いけにえであって、真実の悪人を助けるために、利用をされている気の毒な人間だという思いは捨てないのです。

 また、佐藤博史弁護士が、どういう風に、利用をされ始めたかについても、いつか、語ることはあるでしょう。今は、それが、解っているけれど、USBメス型同軸ケーブルがあったということで、ちょっと、気勢が、そがれてしまっていて、エネルギーレベルが下がってしまったので、(笑い)、その部分は触れません。

  最後に、いたちの最後っ屁をひとつ。

 ・・・・・・保釈中の重大犯(?)片山祐輔が、これほど、重要な文書を開いているのに、それを5月15日以前の、準備中には、その危険性(?・・・・・ケネディ大使を殺すなどという文言があったそうですね・・・・・)を、看過した警察って、ものすごく怠慢だ・・・・・ということは、揺るぎがない事実です。

 特に、これを今書いているパソコンでは、今は、ハード面での攻撃が続いていて、ついこの間まで、oというキーが重くて重くて動かず、ここ2,3日は、エンターキーが重くて困るのですが、そう言う被害を受けている私は、書く事に関して、引き続き、妨害を受けているわけですから、この文章を、アップ以前に、ハッキングをして読んでいる存在があることは、確信をしており、それに比較すると、片山祐輔君の甘やかされぶりが不思議極まりなく、

 その謎を、解く為には、・・・・・彼は、真実の悪人達の人身御供であって、それゆえに、大切にされ、甘やかされているのだ・・・・・と見れば、整合性があるのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『録画した2014-5-22のニュースウォッチを今24日に、見ているのだが』

 私は、自説を迷わされる恐れのある情報を、21日の深夜以降は入れない様にしたいと願っていました。ブラウザのニュースでは、テリー伊藤が、片山君を叱ったとか出ていましたが、それは、さして重要ではないのです。しかし、それ以外は、ほとんど、重要なものは出ていませんでした。そして、昼のニュース、夜7時のニュースでも出てこないので、

 それを自説の傍証に役立ててもいました。いえ、一貫して、片山君はやっていないと見ています。ただ、彼を利用した意連中が方針変換をしたために、突然におかしな事に成ったと、信じています。彼は、今までは、元気いっぱいだったが、22日の裁判から、急に、気弱になったと、登場した人物達はいいます。

 それに対して、私の判断は、・・・・・今までは、犯人役を引き受けながらでも、自分は実際にはやっていないのだから、堂々としていた。だから、「江ノ島には、監視カメラがあるのですよ」と記者連中から質問をされても、「え、知りませんでした」などと、のんびりと答えていたのだ。本当の犯人ではないから、そこまで、のんびりしていた・・・・・と、見ています。

 ところが、彼を使っている上部の、連中の方針が急に変わって、彼に、『すべては自分でやった事にせよ』と、命令をされて、急な方針変換に、がっくりと来ているのです。同じく嘘をついているのですが、なんとなく、『相当に損な方向に行っている』と、自分でも、気がついて来ていて、しかも、自分では、方針変換ができないので、がっくりきているのです。

 そう言う風に嘘の方向性が変わってきていますが、これを見抜ける人は、ほとんどいないでしょう。悪質な事件です。片山裕輔君が、ではないのですよ。裏側にいる人間達がです。

 私は性善説の人です。ほとんどの悪事には、裏に、政治的な動機があって、この人は、こう言う人間に教唆とか、影響をされて、こうなっていると書いています。片山祐輔君が、成りすまし疑惑の実際をやっているはずは無いです。これは、絶対にばれないと信じている人たちと、専門家たちの組織的な犯罪です。しかし、その真実を隠すために、いけにえが選ばれているのです。 

 で、NHKニュースは、23日と、24日には、このニュースにほとんど触れなかったので、それも傍証としていました。この事件は、報道されればされるほど、あらが見えてきます。そして、私はそれを、書き続けるでしょう。だから、敵が引っ込めたのだと思っていました。ところが、録画をしておいた、22日のニュースを見ていると、徹底的に片山祐輔君が悪人であるかのごとく、報道をされていました。それを、24日に見たわけですが、それでも、片山君へ対する考えは変わりません。

なお、このブログの、2010年より数え始めた伸べ訪問回数は、26日の時点では、2218904です。2014年5月24日に書き始め、26日に推敲を終える。

    雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント

路上ライブについて・・・・・大成功と、幸福とは、関係がないみたいですね。

2014-05-23 22:17:55 | 音楽

副題1、『今、日テレは、あるデュオを売り出そうとしているのだった』

 今日も片山君擁護の文章を書こうと思っております。ところが、書こうと思っている内容を、外出して疲れて帰宅した夜の10時半から書き始めて、完成まで、もって行く自信がありません。で、一回ほど、脇へそれようと思います。

 本日、汐留を歩いていたら、日テレ大階段と言うところで、ライブをやっていました。地下一階に大きくて広い道が、新橋から汐留へ向かってできているのですが、その日テレビルの場所で、ライブをやっているのに気がつきました。100mぐらい程、離れていても、「上手だなあ」と思ったのです。

 その上、お客がひどく多い。で、不思議に思って近寄ってみると、日テレが支援をしているグループで、毎週金曜日の夕方ライブを継続的にやっていて、すでに、8回は、継続していて、しかも、あと二ヶ月、継続するそうです。

 ジャニーズと言うのが、少年のタレントを生み出す場所だと思っておりましたが、このUSAGIと言うデュオは、日テレが売り出そうとしているのでした。

 私がこの場所に来たのは、事務センターと言うところに用事があったからで、その用事を済ませて帰りに、もう一回立ち止まって、そこへ寄って見ました。

 すると、そのライブは、終盤に差し掛かっていて、最後の曲へ向かう前に、ヴォーカルの方が、心情を吐露していました。わりと、恐ろしい内容ではありました。ただし、本当の本音だと思うスピーチでした。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『誰が仕掛けたのかは知らないが、そのデュオは、友達同士で、結成したものではなかった』

::::::::::::

うーん。今キーボードのEnter keyが重い。これは、片山容疑者については、本日書きませんと書いたので、また、油断をしていると見て、攻撃をされているかな? じゃあ、片山君擁護の文章を、書かないといけないかな? 日本語はアイウエオの母音を基準にして子音と組み合わせた言語ですので、母音用のキーが突然重くなるという災いにはしょっちゅう接していますが、Enter key が重くなるという妨害にもしょっちゅう出会っています。それをやっているのが誰か? 本当に個人名を書きたいぐらいですが、その人または、別の人物が、攻撃方法を、見つけ出し、そのバグは、相当数の人物のパソコンに、ばら撒かれ、入っているでしょうから、まるで、もぐらたたき状態で、毎晩、パソコンの修正のために膨大な時間を使わないとならないのです。だけど、だからこそ、私の書いていることは正しいのです。

 片山君は、何も悪いことはやっておらず、サイコパスでもなんでもないでしょう。ただただ、彼一人へ、成りすまし疑惑問題を収斂させて、自分達は逃げおおせたいと考えている連中から、「こう、言いなさい」と言う、命令を受けていると、私は見ています。そのことは、また、後で、別の章で丁寧に検証をしていきます。

:::::::::: で、元へ戻ります。

 で、ヴォーカリストは、聴衆を巻き込むために、本音で語っているのですが、その本音が、本当のことであって、だからこそ、聞いていて切ないのでした。

 ちょうど、ASKAの麻薬騒動の最中です。大成功をしたあの二人組みは、同じ高校の出身です。で、自然発生のデュオで、しかもヒット作連発で、大金持ちになった後で、ヒット作が出な苦なる時期は当然訪れますね。そして、収入が、下降線へ向かう・・・・・それが、経験した事がない事なので、さらに不安になる。その不安から逃れるために、薬へ手を出したのでしょう。

 その手の先例を前にすれば、音楽業界のイメージは、果てしなく落ちてしまい、特に、今からデュオで、売り出そうとしている、USAGIは、落ちる不安ではなくて、上がれるかどうかの不安でいっぱいなのでした。かわいそうに。

 歌うことは大好きなのでしょう。音楽も大好きなのでしょう。しかし、偉い人に目をかけられ、チャンスを与えられてみると、それから先に新しい不安が始まるのでした。お金がからんでくるから、責任も重大ですし。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『既に、ある程度の成功をしている個性的な、二人が、あるプロデューサーの助言で、デュオを組む・・・・・難しい事限りがないが』

 二人は、それぞれ、独立して、この10年ぐらい活動をしてきていて、ある程度の成功点に達しているのでした。でも、これからさらにビッグになるために、二人組みのなる事を提案されたのだそうです。爆笑問題とか、ゆずとか、チャゲアンド飛鳥などの様に、自分達だけで、そうしようと決めたのではないから、大変ですね。

 とても、簡単な文章ですが、本日はここで、終わっておきたいです。2214395です。

なお、このブログの、伸べ訪問回数は、

  2014年5月23日、雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント

片山祐輔5=私には、彼の影に居て、脚本を練っている人間が見えるので、可哀想に成る

2014-05-21 22:19:15 | 政治

 今、23日の午前3時です。以下の文章、一応、初稿は完成として、とめました。なお、22日に加筆したところは、$$$$罫線以下になります。なお、ツィッター方式で書かせていただき、総タイトルはどんどん変えていく予定です。第一回目は『あの特殊な風貌の彼に、スマホを売ったショップがあるの?』でした? 二回目が、『片山君5、真犯人のアカウントの身元を、一年も確定できないなんて、警察は超怠慢だ』であり、三回目が、上です。

副題1、『22日午前中の裁判後、記者会見の場に、誰が出てくるかを注目していた』

 この文章を書き始めたのは、午後2時です。そのころ、私は、すべてのニュースショーを午後分は録画して、それで、安心して久しぶりの園芸の仕事をしていました。で、パソコンも見ないし、テレビも見ない時間をずっと続けていて、今一度、部屋に帰ってきて、ニュースショーを見たところ、4ちゃんねるの「ミヤネ屋」と言うところで、今回の事に関する報道が有りました。

 で、すべては、一つの方向へ向かっていて、片山祐輔君がやった事になったみたいですね。彼の自白と言う爆弾で、すべては、解決したみたいです。そう見えます。

 しかし、カメラの前に、誰が出るかは問題で、彼が出るのなら、真相・・・・・(私はあくまでも彼は、何もやっておらず、すべて、命令されている通りに動いていると見ていますが)・・・・・が、彼の態度や面構えでわかると思い、待ち構えていました。

 で、みやね屋を見た限りでは、彼を出さなかった模様です。無論、犯罪者と言う事になっているので、カメラの前で、物をいえないのでしょう。

 ・・・・・うまくやりましたね・・・・・と、悪人達に、言いたいのです。彼を自白と言う形で、完璧な犯罪者として、保釈を取り消して、誰にも合わせない様にする。特に記者等とは、あわせない様にする。また、もし私が会いに行っても、今のところはあえないでしょう。・・・・・と言う形にすれば絶対に真実がもれません。

 が、こう言う状況になっても、私は『びくともしない』と言う感じで、自説を翻すことはありません。「うまく作りましたね」と言うのは、この状況を作って、絶対に、可視的な人物である、片山祐輔が、一人で、すべてを行ったと言う事にしておきたい人物達と、組織が在るのです。どうして、そう言う確信をもてるかと言うと、昨日まで、このブログの世界で、書いていることも有りますが、さらに、傍証をあげる事ができます。

$$$$$$$$$$$$

 いっぱいあるのですが、それを順々に書いていきましょう。別に急がないです。

副題2、『21日、私は、午後五時以降は、ブログを書く速度を落とした。その間に、突然、スマホという言葉が出てきた』

 21日は、徹底的な寝不足でしたが、それでも、義務感に押されて、銀座に行くのを急に変更をして、切符代をいささか損をしながらも、大船で途中下車して上品なネットカフェに入り、ブログを書き始めたわけです。だが、大物らしい(笑い)私の文章に応じて、事態が変わるので、午後六時からは、時々、テレビを見ていました。

 ネットカフェでは、液晶画面が個室内に二つあって、ひとつがテレビ、ひとつが、パソコンという形式が多いのですが、大船のネットカフェは、両方を同一の画面で、処理する形だったので、テレビを見るためには、パソコンを閉じないとならなくて、それゆえに、午後六時から、急に私の文章を書く速度は落ちました。

 で、彼は真犯人ではない。というのも持ち主がわからないので、DNA鑑定をしたところ、片山君のものだとわかったという携帯だけれど、持ち主がわからない携帯は、現在出回っていないはずと、21日のブログで、書いているわけです。

 それを書き終わったら、突然に、その携帯とは、スマホであって、それは、片山容疑者が、保釈後新たに買ったものだという発表が、グーニュースの中で、読売オンラインという形で、報道をされていました。ヤフーとか、livedoorでは、その手のニュースはありませんでした。

これも重大な傍証のひとつです。何の傍証かというと、河川敷に、携帯を埋めて、時間差攻撃で、真犯人を名乗るメールを発信したから、片山君が悪事をなしたのだと、言う肝心の部分が嘘だということの傍証にあたるのです。

 最初から彼のスマホだったのなら、どうして、DNA鑑定など、する必要があったのですか? それに、どうして最初から、「彼のスマホだった」と発表をしなかったのですか? そして、そのスマホをテレビ画面に公開しなかったのですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『祐ちゃんと、言って、ある程度以上の、人気者だったらしい彼が、新しいスマホを買った事が、どうして、世間で流布していなかったのだろう?』

 私は、実は、2ちゃんねるをほとんど見ません。というのも、私が文章を書き始めたメルマガ時代の限定された読者が、超がつく、エリートさんばっかりだったので、2ちゃんねるという言葉を使うだけで、読者が引いてしまうと思ったからです。

 しかし、2度ほど、集中的に見た事があリマス。一度目は、バンクーヴァー五輪で、浅田真央ちゃんにひどい採点差別が行われた時に、お若い人は同考えているのかを知りたかった時と、三鷹ストーカー事件の後で、2ちゃんねるまとめ(ネーヴァー、とか、なんとかの憂鬱とか、カラパイアとかいっぱいあるのをその時に初めて知った)を読んだのです。ただし、事件が起きてからだいぶ後でですよ。

 その後、AOLのメールボックスの中に、そう言うまとめ記事を紹介するメールが入る様に成り、時々、そう言う頁をあけてみています。すると、「祐チャンびいきは死屍累々」などというタイトルが見つかるので、それで、片山君がある程度以上の人気があった事を知ったのです。

 で、そういう2ちゃんねるのまとめから、もっと、できの良いサイト(?) サイゾーとか、J-castニュースとか、週刊ポストのネット版とか・・・・・そう言うところにも片山祐輔君の情報がいっぱい載っているのに、21日の夜には気が付きました。する都、ゴールデンウィークに母親と、旅行に言っていて、トロッコ列車に乗ったのだとか、お知らせがありました。

 2ちゃんねるの常連さん以外にも世間の人が、あの特色のある顔をすっかり覚えてしまったらしいのです。一種の丸顔ですよね。あそこまで丸い人は、けっこう珍しいです。その上、太い眉、またその眉が、みごとに三日月系をなしていて、しかも右と左が引っ付きそうです。とても、特色のある顔です。スマホを売っているショップですがスタッフは、守秘義務があっても、他のお客には守秘義務は無いです。また、スマホを、扱っているショップは、たいてい繁華街にあり、夜は8時ごろ終業しますね。秘密裏に、そこを訪れることはできません。

 私が思うに、2ちゃんねる以外でもツィッターとかフェイスブックで、彼の動向は、報じられるはずですから、19日の警察発表があったとたんに、「それは、もしかしたら、何月何日に私が目撃したショップで買ったものでしょう』という情報がすぐさま回るはずなのです。

 『江川詔子さん、お気の毒!』って言う声も出ました。確かに、江川詔子さんは、この件で、とても、やつれておられましたよ。 髪にはあぶらっけがなくなっていて、ひどい方向に突っ張っていて、とてもテレビに映るべき姿ではないという状況でした。

::::::::::: ちょっと、脇へそれますが、私は江川詔子さんのその気の毒な姿を見ているうちに、自分が無名であって、誰からも仕事の注文が来ていないこと、および、お金が稼げない事が、自分にとってはまことに適切だったと、思い至るのです。もし、もうちょっと有名だったり、週刊誌に頁を持っていたりしたら、絶対に、裁判は膨張しに行かないといけないでしょう。そうすると、この私の体力では、江川詔子さんどころではないやつれようになってしまって、65歳程度で、死んでいたと思いますよ。今、自分の行動を、自分で、手配コントロールできる立場にあります。このブログだって、有料ではないのだから、書くスピードを速めようが、遅くしようが、それは、自分に任せられているのです。

 デモ、その江川さんの疲れた顔に、慰めを与えたくて申し上げますが、あなたの直感は正しくて、片山君は悪人ではないでしょうと、申し上げます。彼は多分、やっていないです。ただ、後ろの人間が、やった事にした方が言いと、判断しただけで、だから、急転直下の、自白となったのです。江川さんの様な同情している人、および、懸命に助けようとしていた佐藤博史弁護士などを、決定的に裏切る自白・・・・・それが有っても、なお、私は、「いえ、彼はやっていないでしょう」と、主張します。

 この副題3では、彼は、実際にはスマホを買っておらず、したがって、スマホを河川敷に埋めて、そこから時間差で、真犯人メールを送信したという事実そのものが嘘か、または、別人がやっていると、信じています。

 ただね。これを書いた後(=2014年5月22日の夜11時以降)に、片山祐輔君に、ショップで、スマホを売ったという店員が現れ、その姿が、または、後姿か、あるいは、顔を隠す形で、テレビに現れるのなら、それもまた、後付の嘘であり、スマホは売られておらず、その発信したスマホというのは、別の人間が用意したか、それとも『19日には、所轄の警察署は、それを保持していなかったのだ』と、いわせてください。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『ここで、アカウントの問題へ入っていこう』

 実は、21日の報道で、『技術的に、言うと、それは、大嘘ですね』ということを発見しています。しかし、それは、おいしいが上においしい情報なので、後回しをいたします。これは、小保方ミステリーについで、劇場型になってきたので、私は片山君側については、引っ張るつもりです。これから難解も、これを取り上げて書くつもりです。だけど、警察は、早急にクールダウンして行くでしょう。というのも引っ張れば引っ張るほど、私が真実を書き抜くからです。どんどん、裏側が見えてくる事になるでしょう。だから、早急にクールダウンして、世間から、この事件を隠して行くはずです。

 エージェントがからんでいる事件は全部そうです。平成の八墓村事件は、2013年の12月に、保見の精神鑑定が出て、裁判に耐えられると発表をされたのに、その後、五ヶ月もたつのに、音沙汰が無いです。マルハニチロの農薬混入の阿倍俊樹容疑者も、一切音沙汰がありません。続報が出ていません。どうしてかというと、本人達は自白をしていますが、実際にはやっていないと、私は見ています。だから、傍聴人が居る裁判に耐えられない(=嘘をつけない)と見なされていて、裁判が始まらないのです。

 この片山祐輔容疑者のケースも今は燃え盛っていますが、そのうちにクールダウンをして、彼が大衆の目の前に姿を現すことはどんどん減って行くでしょう。彼は、収監中は、保護されるはずです。特別室に入って、他の囚人とは接する事も無く、いろいろな、差し入れも十分に行われるでしょう。誰がするのかはわかりませんが、日本には四万人ものブルーカラーとしてのエージェントが居るそうですから、いとこですとか、遠い親戚ですと名乗って、差し入れをする人間は、いっぱい居ると思いますよ。彼が、最終的には、どうなるか、それは、今のところは解りません。「小保方さんは殺されるのではないか」と、書いたとたんに、記者会見をして、元気なところを見せて、涙を流して、町村サンやら、小林よしのりさんをたらしこんだぐらいですから、すべては、こう言う事件を企画している裏側の人間の意思ひとつ、または、さじ加減ひとつで、変わってくるので、今後についての予測はしない方がいいでしょう。

 「これが、なかなか、書きにくいのですよ」と、かねがね、言ってきたのは、この事件には、大きな裏があり、その裏側が、非常に不道徳だからです。あまりに不道徳で、あまりに悪魔チックなので、書きにくいのです。片山祐輔がでは無いのですよ。裏に居て、この事件を企画している連中のことです。

 私はね。今まで、ずいぶんきわどい事を書いてきました。御茶ノ水女子大付属高校の先輩が10年ぐらい前に、あなたって、ずいぶん驚く様な表現をなさるのね』とおっしゃったが、それは、多分、2冊目のエッセイ内で、使った、「ウンコ座り」という言葉を指しておっしゃっていたのだと推察しています。また、ネットカフェという擁護も、林真理子さんの『下流の宴』(そのNHKがドラマ化したもの)の中では、下流の象徴として描かれていました。が、私はパソコンへの妨害対策のためにしょっちゅうそこを利用しています。そして、それをこのブログ内で書いています。

 ところが、この成りすまし疑惑事件の裏側に居る人間達の心ねの、汚さといったら、うんこの何のといったレベルではないのです。すさまじく汚いレベルであって、本質的には、上品なところにとどめておきたい私がこのブログの世界で、書けるお話しでもないといった類の恐ろしさと、汚さに満ちているのです。

 小保方ミステリーなんて、汚いけれど、それでも、書くのが圧倒的に楽なのです。そこにあるのは、激しい自己陶酔の人と、それを利用して悪事(私を引っ掛け様としている事を指す。ブログを緩慢な形で、閉鎖させようとして、ああいう事件)を行う人間達の分析ですが、成りすまし疑惑と比較すれば、『まあだ、道徳的に、理解可能な』範疇なのです。

 この成りすまし疑惑に関しては、人間としては、不可能なほど、レベルがあくどいところに存在します。だが、ばれないと信じて、彼らは事を行います。今は、22日ですが、まだ、日本人の総体、7000万人には、ばれていないと信じているでしょう。片山祐輔にすべてをひっかぶせて、彼の自白というところでとどめたいのです。

 これに比べたら、なんと、上品な話題であろうかと思うのが、安野家が、別の家の未婚のお嬢さんの携帯をスパイとして利用して、私の頭に水をぶっ掛けたとか、渡辺賢司という普段はインテリだから悪どい事をしない人が、4月9日だけは悪人達の教唆に動じて、布団を午前中に、三軒目としてたたいたなどという話が、まるで、天国の童話の様に感じられます。布団をたたくのは、私の花畑が、30年にわたって盗まれている事実を、無効にしたい前田家が、自分側が不法に選挙している場所で、行う意味のある行動です。皆様にとっては、「それは、笑い話の一種ですね」と言う様なことしか書いていないのは、深い覚悟と意味があるのです。

 常に、「私は35%主義なのです」と、申しています。敵さん連中は勝つという事を求めていて、無実は私を殺したいと願っています。で、種々さまざまな間接的な手法で、殺そうと願っているのですが、フェイスブック時代に毎夜、毎夜責められた(または、攻められた)手法が、いくつもあって、そのひとつが、梅森伸一という北海道在住の画家が、既に、友達関係を彼から、切ってきたのに、私の友達を盗んで行き、それが、毎晩フェイスブックから知らされるという現象が有って、・・・・・それに関して、1年ぐらいたった後で、『これ(友達を盗んでいく事)は、梅森伸一自信がやっているか、それとも、彼に成りすましている人間がやっているのかは微妙なところだ』と書いたとたんに、成りすまし疑惑事件が起こされたのです。

 で、成りすまし疑惑事件そのものも、非常におかしいところがいっぱいなのですが、それは、過去に一回書いているので、後で、リンク先を探すか、または、書き直しますが、ここでは、現時点での嘘を追及していきたいと思っています。

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『海上保安庁職員の尖閣諸島対中国軋轢の、動画流出事件は、たった1週間で、投稿者が、特定されている』

 2010年の11月4日に、中国側の横暴に耐え切れなくなった、正義漢(ただし、海上保安庁勤務)が、海上保安庁内でなら、誰もが見ることのできた、データ(動画)をyou tubeに投稿した事がありました。それは、本当は、誰も損をしない事件だったのですが、海上保安庁は機密保護の観点から、警察に告発し、警察は、you tube 側にアクセスログを求め、それを提供され、たった一週間で、投稿者は、特定をされています。

 しかも投稿者自身が、たった一日で、引きあげ、その上、11月10日には、上司に自らの行動を告白しているそうです。で、非常にスムーズに投稿者にたどり着いています。

 比較すると、こちらは、ものすごく変なのです。ただし、私はどうして、これが、変なのかはわかっています。誰か、この事件は発案者が会って、脚本家が居るとします。その脚本家は現実を知りません。薄ら覚えの知識で、筋書きというか、絵図を描きます。で、ぼろぼろ、ぼろぼろ、ミスが出てきます。そのミスですが、いかにも、一般人なら信じそうだという嘘が、用いられていて、それを、私が、嘘だと喝破すると言う流れになっています。

 それは、マルハニチロの農薬混入事件とまるで、同じ流れなのです。両方の事件で助かる人間は、最終段階までたどれば同じです。私の近所に住む、安野夫妻と、前田夫妻です。こう言う風に、突然、社会的には無名の人名が出てくると、引いてしまう方も小ありでしょうが、こう言う、文章は、正確を期さないと駄目なので、先ほどの、渡辺賢司氏、そして、私を含めて、人名を正確に記録しておきます。

 ただし、彼らを助けるために、協力した人間が、この成りすまし疑惑の問題では、大切なのです。いろいろな伝で、こう言う風にすれば勝てると、伊藤玄二郎という人間が思うらしくて、大勢の人が悪事に加担をさせられています。 

 この成りすまし疑惑に関しては、前々法で、出てくる名前、▲▲氏という私の卒業した大学の二年先輩で、今は早稲田大学で教授をしている紳士と、■■君という、往時の同級生が助かりたいというか、助けたいと、本当の黒幕が願っている存在です。で、片山祐輔君とは、その二人を助けるために、祭壇に供えられた生贄です。英語で言えばスケープゴート、日本語で言えば、人身御供です。

 江戸時代に、川が氾濫をすると、米作の収量が、減ります。それで、大雨の後で、竜神を鎮めるために、処女を、生きたまま川に静めたとか言う、伝説があるみたいですが、それが、現代の日本でも生きているのです。片山祐輔とは、男性ですが、本当に気弱で、優しい子みたいで、処女見たいな弱い子です。まだ、32歳ですって。そんなの、人生の本の序の口ですが、こんな事に巻き込まれてかわいそうに。

 ところで、この事件の脚本を書いた人間が、その助かりたい二人か、どうかはわかりません。ただ、脚本があるのは確かで、その脚本がずさんでずさんで、ぼろぼろ、欠点が見えるので、私がそれを書くたびに、また、新たな後付事実が出てきます。

 今般、22日になって、私が気が付いた発表ですが、警察は、『これをご覧じろ』といって、まるで、水戸黄門の印籠みたいに差し出したのがアカウントです。

 だけど、私は大喜びです。そここそ、これが、嘘であることの大きな証明ポイントになるでしょう。最大のとはいいません。まだ、まだ、他にもいっぱいあるからです。これが、嘘だと、証明付けられるポイントは。ここで、これというのは、二つを指します。河川敷に、片山祐輔が埋めたスマホから、16日に時間差で真犯人を名乗るメールが発信をされたということと、片山祐輔が、成りすまし疑惑の真犯人だというポイントの二つです。

~~~~~~~~~~~~~

副題6、『アカウントって、何を指すか、皆様、本当にご存知ですか? おさらいをしておきましょう』

 ええと、IT関連の用語は、日進月歩で新しいものが出るし、その上、古い用語をどんどん変えていくケースもあって、難しいといえば難しいです。NHKニュース他のテレビニュースを見ている人たちが、引退後のサラリーマンとその妻が多いでしょう。そう言う人を煙に巻くのには、アカウントという技術語は、効果があるとみなされたと思います。

 カタカナ語は、日本語に直すと、意味がすっきりとわかります。前報で、「常用のメルアドは、住民票みたいなもので、あなたが、もし、社長さんであって、他の物件を借りて、事務所を開いたとしても、住民票は、自宅が基本でしょう」と言っています。

 アカウントというのは、住民票と似ていますが、、少したとえを変えると、社員証や、学生証みたいなものです。今新しいビルの入館には、まるで、駅の改札口みたいなゲートが作られていて社員証(IDカード・・・・・スイカとか、パスモ形式)を通さないと入れない仕組みになっています。あなたは、何々、会社の社員ですが、と、同時に六本木ヒルズ内の、特種なクラブの会員だったとしましょう。そこもIDカードが無いとは入れないと仮定します。する都、あなたは、パスモとかスイカを加えて、4枚のIDカードを持っている事になります。

 私が瀬島龍三と出会ってしまった場所は今は、ルネヒルズという第マンション群になっているのでスよと、いつも言っています。継続してお読みいただいている肩は、それをご存知です。他の傾けには、どこかのリンク先を探して、ここに。付記しておかないといけませんが、そこは、旧、横須賀市の水道山を、地籍変更届の仕組みを利用して、ただで、自分のものにした土地の上に建っています。それで、後ろめたいところがあるので、マンションの住人とは別に、その後ろにある京急池田分譲地の人にも北久里浜駅近くから、高低差、60mぐらいのところを上がるエレベーターを使わせる事にしています。京急池田分譲地には、その悪事を、見逃してあげた当時の、土木課長、で、その後、大出世をとげ、横須賀市の副市長をした、杉本一家が住んでいるからです。杉本一家の、おかげで、エレベーターをマンションの住人以外も使えるのですが、簡単には使えません。IDカードが必要なのです。この様に使うのが、パソコンの世界では、アカウントといいます。

 で、誰もが携帯を買ったときとか、パソコンを始めて買ったときに、アカウントを設定するのですが、ショップのスタッフが、チャっチャチャット、やってくれるので、なんだか、スムーズにメールを打ち始め、アカウントのことなど、すっかり忘れてしまっているのではないかしら?

 だけど、旅行をする都か、ホテルに泊まるとか、ネットショッピングをするとか、この間の気の毒な事件の様に、ベビーシッターを利用するとか言う事になると、いちいち、新しいアカウントを取る事になり、そう言う風に、ネットの世界を十分に使いきっている人にとっては、10個ぐらいのアカウントを持っているのは普通の事となっているでしょう。しかし、市民社会の普通の人にとっては、犯罪者ではないので、隠れてアカウントをとる必要も無いので、それは、すべて、常用のメルアドを、ほとんど同じアルファベットの並びで、作られることはご存知だと思うのです。ただ、「パスワードを変えなさい。それは安全ではありません」と、警告を受けたり、「常用のメルアド以外のものを、名前として、新に作ってください」といわれたりはします。

 そして、できたと言うお知らせは常用のメルアドに届き、そこに、クリックしてくださいと言う青い字のリンク先が示されていて、それをクリックして確定をすると、その日からそれが、使える様に成ります。しかし、そこまで上級な使い方をしている人間が、日本中に何千万人いるだろう。2000万人ぐらいだろうか?

 すると、テレビニュースを聞いて理解できる人員7000万人のうち、5000万人は、『ほーッ、なるほど、そう言うものか。それなら、片山祐輔って悪い人間なのだなあ』と思うでしょうね。こう言う事案を考え出す脚本家って、常に数をたのんでいます。私のブログの読者なんて、5000万人と比べたら、トレース(痕跡)ほどのかずでしかありません。で、彼ら悪人は『恐悦至極で安泰だ』と、思い込んでいるでしょう。

 しかし、ここで、神様の事を出しておきたいと思います。出ないと、この悪人達は、非常に単純な頭脳の持ち主なので、少しでも、弱気だと見ると、猛然とのしかかってくるからです。実は神様の支配なさる領域は数は関係ないのですよ。愛と、誠実が勝つ世界なのです。私派片山雄介君がかわいそうだと思っています。彼は冤罪ではなくて、納得して引き受けている存在だとはわかりましたが、だけど、非常荷つまらないことのために奉仕をさせられているのですよ。それを知っているだろうか? そこには疑問が在ります。そこは気の毒な限りです。

 で、彼が、これを読むかどうかは別問題として、一種の神様へのささげ物として、私が見る真実を記録しておきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~

副題7、『どうして、一年間も、真犯人のアカウントを、誰が取得をしたのか、追求しなかったのですか? 警察さんに公開質問を出したいです』

 上で、海上保安庁の職員が、sengoku38と言う名前を使って、you tubeに投稿したときは、たった1週間で、投稿者が特定できたと言っています。

 ところが、今回ですが、片山祐輔容疑者が、最初に逮捕されてから、すでに、一年以上経っているのに、どうして、警察は、彼にたどり着いていないのでしょうか?

 今回の発表では、くだんのスマホで、彼が、そのアカウントを開いた履歴があったので、彼らしいと言う傍証に成ったと言っています。まだ丁寧に、テレビニュースやブラウザのニュースを点検していないので、彼が、新犯人を名乗って、送った、16日付のメールが、曽野アカウントを使って送信をされたか、それとも別のアドレスから、送信をされたか、発表をされていないと記憶をしていますが、

 ともかく、現時点では、アカウントは、常用のメルアドを起点として、出発するので、マネーロンダリングの典型である不動産の転がしみたいな事をしても、必ず、住所、氏名が、特定できるはずなのです。法務局だって、明治以来の土地の所有者の名前は、土地台帳に記録されているはずですよ。

 そのくらいの、ミステリー解読能力はないとだめでしょうに。どうして、怠慢の極地と、なって、遊んでいたのですか? と、問えば答えは、こうなります。

・・・・・『片山祐輔は、身代わりとして、とても大切な人間だから、大切に取り扱ってほしい。いじめないでほしい』と、頼まれていたと、推察しています。大切な人間だから、外部と接触して、秘密とか、裏がばれない様に、大切にして、保護するために拘留しておいた。その間は、パソコンを使うとか、本を読むとか、相当な自由は与えられていたはずだ。・・・・・と。

 もちろん、私は彼が拘留をされていた警察署に個人的な知り合いがいるわけもないので、上で書いていることは、例の見てきた様な嘘を言いの類です。だけど、ほとんど当たっているでしょう。警察は単なる保護者として彼を預かっていただけで、重大な存在としては、認めていなかったと思います。だから、さしたる捜査もしていないと見ています。今回家宅捜索に入ったと発表をされましたが、どうして、今ごろと、却って驚いてしまいます。

 それも、私がどこかで書いている、無記名の携帯は、彼の家にはなかったはずだと言うのに、対応して、整合性を無理に後で、つけた形でしょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『警察とは独占企業であり、その発表が、もし嘘であっても、誰もそれを検証できない』

 今回の、16日から、22日に掛けての発表において、警察は種々さまざまな嘘をついていると、私は推察しています。だけど、それを、いちいち、ここが、公ですよと、市敵をすると、必ず後付で、改変してくるので、今は、あまり説明をしないでおきます。

 ただ、DNA鑑定をしたと言うのは完璧に嘘だとばれていますね。DNA鑑定とは、膨大な数の、アルファベットの一致を、目視でたどって、検索して、いかないと、ならないので、どうしても、5時間程度では、できないものなのです。そこは100%嘘でした。その上、スマホを土に埋めるとしたら、土壌の中に含まれている細胞と、ミックスされてしまうので、片山祐輔の、からだの細胞だけを取り出すなんて、絶対に不可能だと私は言っています。スマホの表面を脱脂綿で、ぬぐっただけで、数百種類の細胞が、脱脂綿の方についてしまうでしょう。もし、ジップロックなどで、保護してあったと発表されたら、それこそ、嘘の上塗りだと、書いています。

 そうしたら、DNA鑑定については、口をぬぐってしまい、まるで、なかったことの様になり、今度は、指紋が残っていたと言う事に変更になりました。しかし、本当に指紋が残っていたのなら、それは、19日に発表をしておかないとなりません。こちらも嘘でしょう。となると、こう言う事実から、私が想像している様に、片山祐輔は、そのスマホをいじってはおらず、別の人間が細工をして、16日の当該の時間に、いろいろな方面に、真犯人を名乗るメールを入れたと、私は考えています。

 警察が尾行をしており、片山祐輔容疑者が、川原に行ったのを、目撃したと発表をされて居ますが、その尾行を、確認している人間は、警察以外には、いないわけでしょう。

 日テレかなあ。動画で「僕はうそつきです」と告白した物が在るらしいのですが、私はまだ見ておりません。でも、非常に短いらしいので、意図的な宣伝として、わざと日テレに撮影させたと見ることもできます。ここは続編6内で丁寧に説明をします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『ありていに言って、彼の顔は私の好みではない。だが、事件があまりにもドラマチックすぎるので、におうのだ。裏に脚本家が居ることが。脚本家とは嘘が好きだ。そして、小説家も平気で嘘をつける人間だ』

 この副題9も、中身については、続編で説明をします。

ええと、午前二時を過ぎたので、この章は、ここで、終わりとさせていただいて、土曜日の夜に、続編を書きます。

 重要な事は、片山容疑者は、成りすまし事件の犯人になる事を、勧められていて承諾をしているはずで、釈放をされた日の記者会見内の彼が、最も彼らしい真実の姿だと思っています。ところが、あの発言をした頃は、この事件をそれで、収束させるつもりだった、本当の裏側の人間が、急遽方針を変えたのです。

 今わからないことは、16日に発言をしたときに、19日にこう言う展開になる事を知らされていて、それで、演技をしていたのか、それとも、16日も19日以降も一切、『こう言う風に振舞いなさい』と命令をされているとおりに動いているのかが解らないところです。でも、頭はいいと思いますよ。

 なお、どういうアカウントでも、身元は、最後には、たどり着けるのですが、前報で言った様に、特殊な任務のあるスパイなどは、身元不明のアカウントを使う事ができるかもしれません。だけど、警察はハッキングもできるし、電話の傍受もできるし、尾行もしていたとのことですから、彼が、スパイではないと言うことは知っているでしょう。で、普通の人間なのです。その普通の人間である彼が、もし本当に成りすましメールを送った、真犯人だったら、そのアカウントの身元が彼であることなど、2012年度中に、1週間で、突き止められたと思いますよ。

 そこから考えても、彼は、真犯人ではないはずです。ただ、上部の方針が変わったので、以前の彼の態度や発言と、整合性をつけるために、二重人格だとか何とか、言い始めただけです。そう言う風に言えと、陰にいる人間から、命令をされているのでしょう。

なお、このブログの、2010年より数えはじめた伸べ訪問回数は、2202902です。

そして、前報とは、

片山君自白?-4、 河川敷に埋めた携帯から発信という嘘を、検証する△

2014-05-21 14:45:12 | Weblog

 です。誤変換直しを終えたら、署名と日付を入れます。

コメント

片山君自白?-4、 河川敷に埋めた携帯から発信という嘘を、検証する△

2014-05-21 14:45:12 | Weblog

 これは、下にある、前報(後注1)の完璧なる続きです。午後三時に書き始め、夜のくじに完成といたします。推敲の終わったしるしの△印を総タイトルの横につけておきます。なお、ニュースの推移につれてさらに、推敲し加筆をする可能性はありますので、その際は、△印を増やすという形でお知らせをさせていただきたいです。

副題1、『7000万人を敵(?)に回すと、やはり、ストレスで、寝られません』

 私は昨夜は一睡もしていません。ぜんぜん眠くないのです。今は睡眠導入剤を使わない主義なので、眠くないときは、そのままですごします。ところで、今日は銀座の画廊めぐりをするために、家を出たのですが、どうも、ブログが気にかかって、・・・・・というのは、鎌倉駅へ出るまでの、徒歩15分間、それから、駅構内で、電車をまっている時間10分中に、アイデアが、次から次へと、起こり、・・・・・それを、先に記録した方が、よいと考え、急に進路変更をして大船で降り、地域社会の図書館の役目を果たしている上品なネットカフェで、ともかく、ブログを書くことと決定いたしました。

 というのも、これほど、睡眠不足だと、アイデアを、30時間以上キープしておくのが無理だと、感じるからです。銀座の画廊めぐりをしたら、普段、睡眠がたっぷり取れている時だって、帰宅後は、疲れてブログが書けません。ましてや、この睡眠不足状態で、どうして、アイデアをキープできるでしょうか? できないでしょう。

 で、いつもは、月曜日に行う銀座めぐりが、ずれにずれていますが、ここは、そちらは犠牲にして、ブログを書くべきだと判断をしました。しかし、本当は更新をしたくないぐらいです。下にある前報(後注1)は、最上級の深い真実を書いており、しかも、相当に、難しいことを書いております。しかも、真夜中に完成していますので、現役で、お勤めを持っていらっしゃる方々は、まだ、お読みいただいていないでしょう。それは、あまりにも残念です。しかし、アイデアというものは、定着させておかないと、消えていくことがあるのです。脳とは、許容範囲もあり、記憶するべき部屋の違いもあり、いったんルートが絶たれると、それを再開するのは、相当な困難を伴うこととなりますので、ここで、アイデアを、定着させたいと、願っています。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『普通の人は、河川敷に埋められた携帯から、恐ろしいメールが発信されたと、信じたのだろう。だが、私は、まったく信じていない。それを、これから逐一検証していく・・・・・一つ目は雨だ』

 IT機器を泥の中、特に雨が降る可能性のある場所に、置く馬鹿がいるだろうか? 携帯は、パソコンなどと同じく、IT機器です。防水機能のあるものもあるでしょうが、もしかしたら、次の日に雨が降るかもしれない場所に、埋める馬鹿がいるでしょうか? 壊れて動かなくなることに、不安になって、そんな馬鹿なことはしないはずです。

 もしかしたら、片山君は、ジップロックなどの防水機能がついた袋に入れて埋めた? キッチン用品として、ぴたっと口が閉まる形の厚手のビニール袋が売っています。代表的な銘柄は、ジップロックといいます。それ以外にも、あります。それに入れて埋めたのでしょうか? それなら、警察はそのことも発表をしないとだめです。私はごく平均的な日本人ですから、河川敷に携帯を埋めたと聞いて、この雨との関連を考えて、「嘘だ!」と、思ったのですが、ほかの普通の日本人も大勢が嘘だと思ったはずです。

 ミステリー小説を読んだことのある人なら、そのくらいのことには気がつきます。今、21日の午後3時13分に上の件を書き表しましたが、これから先に、警察がそういう話を発表してもだめですよ。

 警察は、こういう悪辣なたくらみに、協力をしているのではないかと思うほど、いつも捜査方法や、その発表に、抜かりがあって、それを、私がブログで書くと、後おいで、事実を変えていくのです。マルハニチロの農薬混入事件のときにそれが、もっとも顕著でした。暇なときにそれを再検証しておきますが、今回、後日まで生きていてくれないといけない携帯を、かわらに埋める人間なんて、事実上、いるわけがありません。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『携帯から、DNAが検出ですって? それも嘘だと、検証していきましょう・・・・・DNA鑑定が、5時間で、できるわけもない』

 上で言っている様に、警察は、「携帯がジップロックなどで、防衛しては、いなかった」と発表しています。すると、携帯の周りには、当然に土がついているでしょう。12日か13日に雨が降ったので、土は、当然湿っています。その土は無機物ですが、そこに数多くの有機物が溶け込み付着をしているはずです。科捜研の女というテレビドラマがありました。しろ手袋をはめた科捜研のスタッフが、その土を払ったときに、泥の中にしみこんでいた有機物は当然のこと、携帯の表面に付着したはずです。DNAとは、雑草の種からも検出できるし、かえるの卵の去年の死体からも検出できるのです。生き物とはすべて、細胞でできていて、その細胞の中に、核があります。その核の中にあるのがDNAですから、携帯一個の表面をぬぐっただけでも、それが、土の中に埋まっていたものなら、莫大な、数の、DNAを鑑定せねばならず、膨大な時間がかかるはずです。

 この河川敷のニュースが発表をされて、私がそれに気がついたのが、19日のお昼のニュースでした。その後、午後三時ごろ、自分のブログで、『そのニュースはたぶん嘘ですね』と書いたとたん、夕方6時および、7時のNHKニュースで、携帯から、片山裕輔のDNAが検出されたですって。そんなの、最初の記者会見のときに言っておかないとだめですよ。『後付で、嘘を言っている』と、こちらは判断をしてしまいます。ともかく、後付で、そういったとしても、それも嘘だと思いますね。だって、DNA鑑定って、大変に時間がかかる筈のものだからです。

 16日に、かわらで、メールは発信をされたわけでね。その後で、警察がそれを掘り出しても、間に土日が入っています。警察内部、特にこの事件の所轄署に、DNAの鑑定部門などないはずですから外部発注をしたとして、こういう会社は、必ず土日は休みます。そういうことを考えても、河川敷に埋められていた携帯から、片山容疑者のDNAが発見されたというのが、嘘の嘘であることは明白です。

*************

副題4、『社会的ルール。特にIT関連のルールを、ここで、復習してみよう』

 さて、上の副題1~3までに書いたことは、警察が新しく「携帯がジップロックで保護されていた」とか、「警察庁には、最新式のDNA鑑定装置があり、担当者は、休日返上で解析に取り組んだ」と、発表をすれば、私が間違っていることとなります。私が間違っていなくても、そういう風に後付けニュースで、されてしまう可能性は大きいのです。

 しかし、まったく違う方向からでも、河川敷に埋まっていた携帯から、恐ろしいメールが発信をされたというニュースが、嘘だということが、わかるのです。副題1~3までは、科学を用いて、嘘だと判断する道筋を示したわけですが、これから先は、社会的なルールから考えてみる洞察を始めます。

 今現在、フェイスブックは実名主義です。有名人が愛称を使うとか、お店の名前や組織の名前で登録するのは可能みたいですが、原初の申し込み時は、実名と、常用のメルアドを、必要とします。その常用のメルアドに対しては、一般の人はクレジットカードで、毎月1500~4500円ぐらいの支払いをしているはずです。

:::::::::ここで、いくつかの挿入に、入らせていただきます。

*1、一時期、「メルアドの数が足りないので、新規のメルアドを製作するのは、無理だ」というニュースが流れたのですが、それは、ためにするニュースで、実際には、技術の進歩に伴い、無限大の数のメルアドの作成は可能であり、それが、反映して、有料のブラウザは、無数のメルアド取得を推奨しています。中には、経営規模が大きいので、無料のメルアドを潤沢にサービスできる会社もあります。ここで、大切なことは、上に上げた、メルアドが足りないというニュースは、私が、あまりにパソコンが破壊をされるので、AOL以外の常用のメルアドをほしいと願い、その申し込みをし始めたころに流されたので、いかに自分が大物であるかを、再度、認識したほどで、それをさしています。

*2、ところで、家庭内で、は、お母さんは、サポート役に徹したほうがいいのです。それを私以外の家族も望んだので、油絵を描くことは、やっていましたが、パソコンを使うことは、長らく、やっていませんでした。で、57歳のときに、ニューヨークで滞在型研修をすることになって、英語圏だからと、初めて新品の東芝ダイナブックを持っていって、それが、パソコンの使い始めでした。それは、1999年です。

 ニューヨークの美大の大学院で、周りの学生たちから、「なんてきれいなパソコンだろう」と、垂涎の的でした。ところが日本製のパソコンは世界を席巻できませんでしたね。不思議なことです。

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『常用のメルアドって、住民表みたいなものでしょうね』

*3、で、主人は日産自動車の研究所づとめでしたからマッキントッシュを使っていて、自宅には、NECを備えていました。けれど、いざ、私がパソコンを使い始めると、あっという間に、私のほうが、大量に、しかも早く、入力ができる様になり、ーーーーそれは、英語をよく使うのでタイプライターに慣れていたからですが、ーーーーー主人の技術力を上回ってしまい、私があれこれ、主人に教える様になりました。すごく嫌がります。(笑い) 家庭内で、特に夫婦間で、教えあうのは難しいことですね。(笑い)

 だけど、一番面倒だったのは、パソコンにおけるメルアドの、使い方でした。主人は嫌がりましたね。面倒がって使わないのです。ただ個人的な常用のメルアドは、しょっちゅう使っておかないとパスワードを忘れたりして、いざというときに困ります。無論、携帯メールがありますので、そちらで、用事を済ませることもできますが、ホテルの予約にしろ何にしろ、今は「電話よりも、メールで、行いなさい」という時代なので、常用のメルアドが、どうなっているかは、しょっちゅう確認しておかないといけないのです。それで、主人にそれを認識してもらうために、「それって、住民票みたいなものなのよ」と説明をしました。これは適切な説明だと、自分でも思っています。

 でね、企業家などが、デスクひとつのオフィスを借りたとしても、その借りる際には、住民票が必要だと思います。仕事上発展して、会社の格があがって、マンションの一室を借りることができたとしても、その賃貸契約の際には、自宅の住民票が必要なはずです。で、その実業家が複数の不動産物件を支配できたとしても基本は自宅の住民票です。それと、常用のメルアドは同じ役目をしていると考えています。

~~~~~~~~~~~~~

副題6、『今、自分のメルアドを、基本にしないと、新しいメルアドは取得ができないはずだ。・・・・・したがって、警察が総力を使えば、DNAなどという述語を持ち出さなくても、片山君がそれを発信したという事は、それが事実なら、すぐわかる筈だ』

 NHKニュースを見ていると、よく全国の署長とか部長などの担当者を集めて、警察が会議を行っている映像が出ます。300人以上の、紺のスーツ姿の男性が、長机に座って、一方向に並び、黒板側の説明を聞いている映像です。あれを見ていると、『なんて、非効率的で、古っぽい教育方法をとっているのだろう。だから、ストーカー対策も進まないし』と、思います。

 警察って、競争相手がいない組織です。しかも税金で運営されているので、日本に存在する組織の中で、もっとも、改善の進んでいない組織ではないかと見ています。大陸中国ほどではないけれど、ものすごく硬直化していて、とんでもないことを、平気で、続けているとも見えます。

 ここで、とんでもないことというのは、私の住んでいる地域で、安野家に、なんか、知らないが、警察が、ご支援用、システムを配備していることをさします。金銭的な保護も、30年にわたって行われている可能性さえ、感じます。それは、後段に入って述べる、海上保安庁の職員が思い余って、中国側の船の違法な行為を、you tubeにさらしたという事件と関係があるので、ここで書くのですが、ここでは、詳細を説明しないで、先へ進みます。まあ、それは、一般の読者にとっては、特に、数千本に及ぶ、このブログを全部読んでいない方にとっては、ちんぷんかんぷんのことだろうからです。で、元へ戻ります。

 ともかく、警察って、申し訳ないけれど、体質が古くて、のんびり仕事をしているところですが、でもね、最先端の部分だってあるはずですよ。でないと、この科学立国の日本では、何もできませんよ。何も解決できません。むしろ、エージェントたちの持っている技術のほうが上回っているので、そちらの支配下に下っているとさえ見えます。

 平成の八墓村事件もそうだったし、マルハニチロの農薬混入事件のときもそうでした。前者では、600人の機動隊員が導入され、後者では、400人の機動隊員が動員されたのですが、事件の基本的な流れは、すべて、エージェントたちの脚本どおりに進んでいます。だから、あの一列になって進む大量の警官たちは、まるで、リンカーン大統領時代のアメリカの奴隷たちの行進の様に見え、日本が、被’植民地国家であることの象徴とも見えます。

~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『以下の様な説明を受ければ、私も納得をするし、警察さんも、<DNA鑑定の結果>などという、見え見えの嘘をつかなくても済んだでしょう』

 たとえば、メルアドは、常用のメルアドから発しないと、新しく作ることができないという路線からだって、片山容疑者が、その携帯から、本当に、恐ろしい内容のメールを打ったかどうかは、証明できるのです。

 で、-----『私が、成りすまし疑惑の真犯人です』というマスコミやら、法曹関係者に送られたメールは、aaaa@aaa.com から発信をされ、そのメルアドは、201X年のX月X日に、bbbb@bbb.ne.jpによって取得をされ、そのメルアドは、201Y年のY月Y日に、yuusukekatayama@ccc.com

 によって取得をされたことが判明した。最後のメルアドは、片山裕輔の常用メルアドだったので、したがって、片山裕輔を真犯人だと断定をした-----と、

 でも、発表をされれば納得をしたでしょう。だが、それを、これ以降(=2014年5月21日の17時30分以降)に発表されてもだめですよ。携帯は警察が握っていて、それを検証する別組織はないのですから、私のブログのアイデアにのっとって、改変することがあっても、それは、誰にもわからないからです。今までの発表からだけで、判断する必要があります。

~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『海上保安庁の職員が思い余って、中国側の無理、無体な行為を、you tubeに投稿をしたことがあったが、それをどう考えるか?』

 以前、海上保安庁の職員が、匿名で、you tubeに中国の漁船の、無理無体な、ぶつけてくる行動を、投稿をしたことがありました。それについて、当時の私は、何も、もうしませんでした。というのも国民の大多数が、この件に対して好意を持っていると感じるからです。また、その後、中国はベトナムに対して、まったく同じ様なことをやり、ベトナムが、国家として、似たような映像を公開しました。ですから、日本国民のコンセンサスは、「中国って、本当に、しょうがない国だねえ」というところに落ち着いていると思います。

 そちらは、心情的に許されるし、犯罪かどうかの判断も、結構微妙なところです。しかし、海上保安庁右は、you tube 側にアクセスログを求めたとあります。

 そういう手順が今回は省かれているのです。頭っから、これは、片山容疑者がやったと、判断をしています。尾行をしていたのだそうです。でもね、さらに変です。尾行をしていたのなら、どうして、彼が立ち去った後で、別の警官がその場を再点検をしなかったのだろう。どうして、間に3日ものタイムラグがあるのだろう?

 私はこの、『携帯を河川敷に埋めた』という情報は、引き続き「嘘だ」と思っております。その根拠は、メルアドは、特定できるので、DNA云々などという論点を使う必要がないことと、次に、携帯を、無記名で買うことが、現在はできなくなっているはずだという点が上げられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『携帯は、日進月歩の世界であり、無記名の携帯は、今は売っていないはずだ』

 私は携帯を持って歩くと、北久里浜の旧宅へ行くだけで、JR久里浜駅に必ず、ガードマンが待っているという形で、脅かされるので、使わない主義の人ではあります。それは、空き家の旧宅にも盗聴装置が仕掛けられていて、携帯を持っていかない日も同じですが、『何の作業もしないで、あっという間に帰る日も、JR久里浜駅にガードマンが待っているので、京急に乗って、横須賀市の平成町の島忠ホームズから、北久里浜へ移動することが、携帯のGPS機能を使って、すべて把握をされているのだ』と、感じ、不便ですが、使わないのです。

 しかし、無論のこと、「自分のものだとは、わからない携帯があったら、便利だなあ」とは、思っていました。ある日、秋葉原を歩いていると、外人らしき男性が屋台を出していて、その屋台の上に、使い捨て携帯というのがおいてありました。

 それを、見て、『ううん、買いたいな』とは、一瞬思いました。しかし、すでに、頻繁に行われる、パソコンへの攻撃から、現代のIT技術がいかに進歩しているのかは知っていて、『一回、つかったらかける相手と、かけたその内容によって、すぐ私が使っていると、ばれるでしょうね』と思い、買ってはいません。

 その後パソコンのことで、しょっちゅう秋葉原に出かけますが、すでに、そういう携帯は売っていないと見ています。となると、河川敷で、片山裕輔によって埋められたとされる携帯の持ち主は、すぐ特定できるはずなのです。かれか、彼の支援者の持ち物でしょう。支援者といったって、思想的な発言者でもなくて、冤罪だと、みなされているから存在した同情者たちでしょうから、かれに物質上の具体的な援助をする人間はいるはずもなく、もし、携帯を貸し与えたとしたら、家族か、旧知の友人しかいないはずです。そうだったら、すぐ、持ち主は特定できるでしょう。それなら、DNA鑑定なんて持ち出す必要はないのです。そちらに捜査員を派遣して、貸し与えたかどうかを質問すれば、いいのですから。

 しかし、別の考え方にもトライしてみましょう。貸し与えた人間がいなくても、片山容疑者が使い捨て携帯を、もともと、持っていたと仮定してみるのです。それは、五年前しか売っていなかったのですから、そのころは、まだ犯罪者でも何でもなかった、片山容疑者の、使い方履歴は残っているはずで、したがって、誰にかけたかから探れば、片山裕輔容疑者のものだと判定できるはずです。

 で、彼の使い捨て携帯ではなかったとみます。それに片山君は、IT技術者です。5年前のものは、セキュリティ対策がだめだとか、何とか、いわれて、画面上で、すでに、使えないと、警告が出るはずで、おもちゃとして、収集しているのならともかくとして、実用品として、彼がそれを、みなすわけもないです。

 私は河川敷に携帯が埋められていたということ自体が嘘だと思っているのですが、仮にそこまでが本当だとしても、そこに埋められた携帯は、彼がそれ以前には、一回も見たこともなく使用したこともない携帯だと推察します。

~~~~~~~~~~~~~~

副題10、『特権のあるもの(たとえばスパイなど)は、自分に帰属しない携帯を持つことができるだろう』

 あるときに、「日本には、4万人ものエージェント(昔の言葉で言うスパイ)が存在している」と、聞いたことがあります。そういう人たちが使う携帯は、帰属が明らかにできない仕組みのものを、使うことができる場合があるでしょう。

 または、日本国、外務省の、ごく一部の人間、または、日本国、警察庁のごく一部の人間、または、日本国、自衛隊のごく一部の人間、または、日本国、共産党のごく一部の人間、など、など。ある種の特権に恵まれた人間は、所属の特定できない携帯を使う権利があるはずです。

 それは、こういう形でも可能です。特定の個人が契約したことにします。だが、その特定の個人が架空の人物である可能性です。または、実在の人物でもいいです。でも、実際の契約者とは違う人物が、使う。そして、何らかの場合に、紛糾することがあったら、持ち主は「実は、だいぶ以前に、落としました。拾った人間が、その悪事を行った可能性があります」といえば、逃げられます。ここでは、携帯にGPS機能がついていることが幸いして、アリバイが成立しますので。

 私は、警察がDNA鑑定云々を持ち出したときから、その携帯が、片山容疑者のものではないと感じ、上に言っている様な種類の携帯であろうと、感じ、それゆえに、これは、エージェントが行っているのだろうと、推察したわけです。で、片山容疑者は、依然として、成りすまし疑惑に関連したメールは送信しておらず、ただ、犯人になることを、勧められて、了承をしているのだと、見ています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題12、『今回の収監時、なぜ、ニヤニヤしていたかだが、それは、彼が実際には、何もやっていないのに、彼が、それを、やっていると信じているマスコミ陣の大騒動を、こ馬鹿にしたからだろう』

 私はあくまでも、片山容疑者は、何もやっておらず、ただ、ただ、一種の特殊な冤罪のケースとして、犯罪者たることを担わされた人間だと見ております。だから、江川詔子さんは、間違っていたわけではないのです。だが、やっていないことは確かだが、片山容疑者の頭脳は、江川さんが推察しているよりさらに高度であって、複雑な役割を担い得るし、それを楽しんでもいるということとなるでしょう。江川さんは、私の様な種類の被害にはあっていないと見え、したがって、まだ読みが浅いのです。誠実な良い方ですが、この世の事件は、すべて、鎌倉エージェントが何を考えているかを、顧慮に入れないと、解けないところがあるのですよ。江川さんは、まだ、そこには気がついていないのです。

 今回の事件は、鎌倉エージェントの伊藤玄二郎プラス井上ひさしの、二人羽織に協力して動いた酒井忠康氏と、その酒井氏に、協力して動いた、私の卒業大学の関連者(=前報内では、▲▲氏と、■■君という伏字で呼んでいる)の二人が、過去に私が書いている文章を、一気に無きモノにしようと、欲張った結果だと見ています。特に過去に、私の環境に何かの変化が起きたときを狙って、攻撃をかけ、それが、ことごとく成功していると思い込んでいる鎌倉エージェントたちは、今回の福島旅行をも利用しようと、てぐすね引いていたのです。

 ほかにも「豊島屋の、材木座海岸他の命名権」という去年から新らしく起こされた現象の、続報が、この15日に、全ブラウザが報じる大ニュースとなりましたでしょう。それは、後日別章で、論じますが、いかにも、鎌倉エージェントたちが考え出しそうな脚本の元に、この『成りすまし疑惑』の方も進行していますので、いつも心の準備をしていて、待ち構えている私には、裏がすぐ読めるのです。

 片山容疑者事件の発端は、江ノ島にいる野良猫の首輪につけられたマイクロチップから発生しています。それこそ、鎌倉エージェントたちの跳梁跋扈の結果です。私が猫好きなことと、お正月には、江ノ電を、とめていて、大騒ぎを起こしています。それをすでに、ブログで書いているからこそ、猫と鎌倉の二つを引っ掛けて、いまだ生きている井上ひさしが、脚本を練り、笑いながら駒を動かしていると、推察しています。片山容疑者は、3次的、または、4次的に使役をされている末端のエージェント、または、パペットに過ぎないのです。

 まだ、まだ、傍証として使えることはありますが明日、片山容疑者が、記者会見をするそうなので、それを見てから書きましょう。

 ところで、この章はこれで終わりますが、どうして、それほど、込み入ったことをする必要が彼らにあったかという点は、下においてある前報(後注1)に、書いてあります。そちらの方が、内容は濃いです。ただ、わかりにくいかもしれません。内容が複雑すぎるので。

なお、いまここまでを書き終わって、ブラウザのニュースを見たら新しい情報で、私のこの文章を否定するものが出ていました。それは、グーニュース(または、ocnニュースで配信された原初は、読売新聞の記事ですが、それにも疑問があって、上の文章を引っ込めないで良いと判断しております。

 そのニュース内で、言われたのは、「真犯人を名乗るメールはスマホから発信をされていて、それは、彼本人が買ったものだ』ということでした。

 もし片山容疑者が彼本人のスマホを新しく買ったのなら、それは、DNA鑑定などしなくても即座に片山容疑者のものと断定できるので、19日発表のニュースが、おかしいとなります。次から次へと、私の文章を否定する後付事実が発表をされますが、それは、大相撲壊滅作戦以来の現象です。繰り返されてきている現象なので、別に驚きません。

 なお、このブログの伸べ訪問回数は、2212909です。

 2014年5月21日、15時から、21時にかけて書く。雨宮舜 (本名、川崎 千恵子)

後注1、

片山君Dなニヤけながら出頭。で、全面的に自白・・・結局、保見と同じ形になったかな?

2014-05-21 00:46:42 | 政治
コメント

片山君ニヤけながら出頭。で、全面的に自白・・・結局、保見と同じ形になったかな?

2014-05-21 00:46:42 | 政治

これは、下にある文章、片山容疑者・自白?の1 ・・・・・どっちかという疑問に答えが出ましたね。   2014-05-20 00:30:13 

 とは、兄弟になっている文章です。そちらで、総タイトルに、『これで、どちらであるかの結論が出ましたね』と、私が書いていますが、それは、片山容疑者が、真犯人か冤罪であるかのどちらかを指すものではなくて、

 彼が真犯人ではないのは、相変わらず、同じだけれど、彼は、100%何も知らない、冤罪の人か? それとも小保方ミステリーの主役小保方さんと同じく、エージェント側と既に、接触があって、真犯人を、引き受ける事を納得してやっているのか、そのどちらであるかの決着が付いたと、言っているのです。

 今回、あまりにも見事な時間差攻撃があったわけですが、河川敷で前日彼が携帯を埋め、その携帯から、時間差を持って真犯人からと称するメールが発信をされたとほうどうをされました。しかし、それが、言われても、私が、それでも、19日中に、「片山は、真犯人ではない」と、言い張ったので、夜には、彼が埋めた携帯から、DNAが検出をされたと、報道をされ、それが、すぐさま、グーニュースなどのブラウザのニュースにまで反映をしました。

副題ゼロ、『私が、自分のパソコンに加えられる妨害工作を語ると、必ず、世界的規模での、ウィルス被害が、報道をされるが?』、

 その河川敷にまつわるエピソードですが、それが、あまりにもはまりすぎていて解り易いところが、かえって怪しいのです。そう言うときはそれを疑ってかからないと、いけません。

 しかし、そこまで、どどどっと、事態が急進したのはなぜか? それは、以下の事を、19日に書いたからです。その後、それを、否定するための二つの流れが起きてきました。BS1の海外ニュースでは、19日のうちに、発表され、日本語では、NHKの総合1ちゃんねるで夜の7時に初めて放映をされたのですが、中国と、アメリカの間に、また、あらたなIT的なトラブルがあるとの発表です。

 そのウィルスは、私が報告をした被害とそっくりな働きをするのだそうです。デモ、アメリカと、中国が争っている様に見えますが、本当は裏で、緊密に連絡を取り合っていて、こう言うニュースが作り出されます。アメリカのお願いどおりに、中国は動くのです。

 もうひとつ、片山事件の伸展を促した、物がありました。それが、#####罫線以下で始まる、私の文章でした。それを、私は、シンプルな初稿の段階で、昨日に一回さらし、そして、もう一回引っ込めて居ります。それが、大問題だったのです。

 そこに書いてあることは、別に初出ではありません。そして、それらの初稿を書いたときには、なんら、反応がありませんでした。反応がなかったから、私が嘘を書いたのか?と問えば、違うとなります。グーの根も出ないというほどの、真実を書いているから、反応の仕様がないのです。下手な反応をしたら、自分達が自分で、墓穴を掘ることとなるでしょう。で、いつも何の反応も起こりません。

 しかし、内心では困った、困ったと思っており、その文章をニュースを使って否定しようとするのです。最近、片山容疑者の事件が燃え上がっているのは、それらの私が昔書いた文章を否定していこうという動きに他ならないのです。

 ところが、先週の16日の記者会見と、は、たった3日のうちに、まったく違った展開となっていて、突然に、すべてを認めたという事になりました。それは、####罫線以下の文章を熟読すると、何が起きても、私は、騙されず、片山容疑者が、やっていないと、考え、その考えを変えません。それで、さらに大掛かりな嘘が、作り上げられ、片山容疑者に、それを了承する様に、彼を利用している人間達が、教唆、教導をしたのでしょう。

 それは、保見容疑者が、5日間行方不明だったこと、阿部俊樹容疑者が、10日間行方不明だったこと、小保方さんが、一回目と、二回目の記者会見の間、二ヶ月近く、記者の前には、姿を現さなかったことなどと、似通った、仕組みなのです。

 それをこれから丁寧に、検証していきますが、その際、昨日引っ込めた文章を再びさらします。そこに、初稿では、実名が記されていたのですが、この章では、ある考えから、いったん、実名を伏せる、人間が二人出てきます。そして、昨日の初稿を生かしながらも、推敲加筆をしていきます。途中での加筆部分は、アンダーラインを引いておきましょう。その最先端は、@@@@@罫線でします。

###############、

 以下の文章は、前報を書いている最中に起きたニュース(ただし、19日の午後分)を見て、前報(後注1)の中に挿入的に入れたものです。だが、時間がたつにつれ、自分の考えが正しいと見えてきましたので、この件を抜書きして、こちらに移し、独立をさせました。

副題1、『鬼の居ぬ間の洗濯が、またまた、行われましたね』

 ところで、本日の片山容 疑者に関するニュースはあまりにもひどいと思ったので、それに対する考察を、これから書きます。こう言う諜略事件は、脚本を先に作られた可能性があり、あまりにもはま りすぎるのです。マルハニチロの農薬混入事件でも、まだ、丁寧に最終段階まで、嘘の流れを語っていませんが、嘘の嘘で、固めた事件でした。

  それでも、片山容疑者の、この川原に携帯を埋めて、時間差発信を図ったというニュースに接する前までは、ここまでの事を書きませんでした。福島への旅行から始まった、楽しみと、それに関するほかのことだけを書いていました。

 どうして書かなかったかと いうと、別に弱気だったからでもないのですよ。年齢から考えて、敵と対決して、彼らと、闘争する時間よりも、紙の博物館という、まだ、行ったことのないところ へ行く方が、自分にとって、大切だと考えているのです。人間だからバランスをとりたいし、ひどいニュースが、諜略的に作られる時以外は、休みたいのは、普通の心理だと思うのですが・・・・・いかがお考えになりますか? 読者の皆様。

 ところで、今回は旅行中の、『鬼の居ぬ間の洗濯が少なかった』と、一度書いたのですが、そうでもなかったですね。

 3つ、おどろおどろしい事がやられています。ひとつは美味しんぼの休載、二つ目は、妹パラダイスの、自主的回収、そして、本日急に展開が激しくなった片山容疑者の問題です。

  これは、非常に複雑ですが、もしかしたら、片山容疑者が、川へ行った・・・・・川原に、携帯を埋めたのを警察に目撃をされている。その携帯から、例の無実 を証明するメールは、裁判中に、発信をされたこととなっている・・・・・というのは嘘であるかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『今、無記名の携帯が買えますか?』

  私は携帯を持っていても使わないの で、その機能について、それほど、知りませんが、とても複雑な内容のメールを携帯で打てるでしょうか?

 それにね。片山容疑者ともなれば、 重要人物でしょう。私も尾行が付いていると感じていますが(というのも霞ヶ関ビルのエスカレーターが、18日止まっていたわけですし、これは、前にも同じ 事がありましたし)、彼にも尾行が付いているわけでしょう。それなら、すぐ、堀り上げることは可能なわけです。だったら、警察署にもって帰って、目の前 で、片山容疑者が、残した携帯から、そのメールが発信されたのを確認できますね。どうして、そう言う事をその日にやらなかったのですか?

 または、携帯って、現在は、無記名で買えるのですか? 買えないはずです。もし買うなら、闇の世界の人と接触して、そう言う人間から買うわけでしょう。片山容疑者には、常に尾行が付いているわけでしょうし、彼が無記名の携帯を買うチャンスはないと思います。

  また、逮捕された後では、家宅捜索が入ったと思われますので、彼が無記名の携帯を持っていたら、既に押収済みでしょう。ともかく、私の場合、どこで、パソ コンを使っていても、必ずインターネットの機能が働き始め、自分では、インターネットエクスプローラーを、使う事ができなくても外部から、操作されて、画 面が消え去ってしまうことなど、既に、2008年から頻繁に起きています。だから、闇の勢力って、どんなことでもやるのですよ。それと、警察が密接に結び ついているわけですから、この河川敷の携帯という話しも非常に怪しくて、おかしいです。また、メールが長いものだったらしいのですが、そんな複雑なものを 携帯で、入力していたら、携帯は、すべて、傍受というかハッキング可能ですから、河川敷に埋め込む前に発見をされるでしょう。

 こう言う風に諜略ニュースとして作り上げられたニュースは、一見すると、はまりすぎるようにぴったりとあってもいる様ですが、詳細に検討すると、ぼろぼろぼろぼろ嘘の部分が出てくるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『片山容疑者は、既に、殺されているかな?』

 そう言う事にして、片山容疑者を、拉致してしまい、どこかで、殺害すれば、真犯人は逃げおおせますね。そう言うことは、メディアでは、まだ、誰も言っていませんが、私はそう感じています。いつも先取りしすぎるぐらい先取りするのが、感性の鋭い私の特徴です。一種の天才だといわれていて、数歩先が読めますし。

 だって、警察が尾行をしていて、片山容疑者が、川原に行ったのを知っているのなら、すぐ、それを掘って、発表すればいいでしょう。それをしないで、今日発表をしたのは、この事実を捏造し宝でしょう。その準備に時間がかかったのです。

 ここまできて、釈放までされている片山容疑者が、そう言う事をするわけもないです。保釈を取り消すですって。それは拉致を、正式に許可するということですね。驚くべき人権侵害です。

  真犯人側は、非常に悪どい人間たちであって、・・・・・しかも、心が壊れています。堤義明氏が、戦後、何十年間も、税金を支払ってこなかったことでも解る 様に・・・・・それは、税務署の記録にあるわけですしね・・・・・・何らかの力(特に特権)を握っていれば、自分の都合の良い様に、振舞っても、大丈夫だ と、信じている手合いが居るのです。そう言う連中が私のパソコンを壊しているのですがね。

 私がパソコンを壊される話をするたびに、片山容疑者の事件が燃え上がるのです。

~~~~~~~~~~~~

副題4、『この件は、もし、私が間違っているのなら、それは、それで、幸いだが・・・・・』

  この件は、もしかすると、私が間違っているかもしれません。そして、私の文章を否定するために、片山容疑者が表に出てくれば、それで、いいのですよ。しかし、そうではない場合は、拉致されて、警察ではないところに、収容されて、いずれ殺害をされる可能性があります。それを避けるために、この件を急に、ここで、取り上げ始めました。この、一文(後注1)の始まりは温和な文章でしたが、その中に入れ込めました。と、書いていた上で、次の日の挿入を入れます。

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『片山容疑者は、大方の予想より早く、しかもニヤニヤしながら現れた』

:::::::::::::: ここで、挿入ですが、彼は殺されるはずだと書いたら、すっと、元気で現れましたね。しかもニヤニヤしていました。普通の日本人は彼のニヤニヤぶりに、大い に迷ったり怒ったりしたと思います。江川詔子さんが、NHKテレビの取材に応じていましたが、片山容疑者の、態度や人格に、疑問を呈していました。殺され ていませんでした。良かった。だが、私のこの種の最悪の場合の推測に反応して、無事な姿で、すぐ現れること、それもまた、

 そう言う思いは、弁護士さんも同じでしょうね。

  ところが、私だけは違うのです。あのニヤニヤぶりを、『やはりね』と思い、自分の試論の傍証付けに役立てたのでした。つまり、片山容疑者は、ごく初期か ら、私の敵方の一味と、つるんでいるのです。そして、命令されたままに、動いていると見えます。本当は、成りすまし疑惑をやっていないと見えます。だか ら、彼の最近の記者会見では、16日のほうが、自然であり、本日の収監前のニヤニヤ笑いは、『大勢の人が集まっているなあ。だけど、この人たちは馬鹿なん だよ。真実が見えないのだからね』という思いが反映したのだと、見ています。彼は本当は悪人ではないでしょう。だけど、どういう筋なのか、命令される相手 に逆らえない状況にあるか、または、何らかの、ご褒美を後で、与えられる約束ができているのだと、見ています。

  そして、これからは、彼が表に出る記者会見は無いと見ます。これから先は、嘘を言っていく事になるので、演技が必要です。だから、この事件を計画した連中 が、片山君を表に出さないでしょう。彼は一種のおタクであり、どちらかというと誠実な人間であり、猫好きなやさしい性格の人間でしょう。演技がシャー シャーとできる悪人ではないです。

~~~~~~~~~~~~~

副題6、『たとえニヤニヤしていても、悲劇の人としか言いようが無いでしょう。片山君は』

 片山容疑者ですが、もし、条件を示されて、交換条件として、犯罪人になる事を了承をしたのでは、なければ、彼は、悲劇の人となります。最悪の悲劇の人となります。2ちゃんねるなどで、『これで、彼も終わりだね』という意見がある模様ですが、それは、間違っているでしょう。そう言う人たちは、単純に騙されて居すぎるという事になるでしょう。デモ、解りません。私が間違っている方が、片山容疑者は、幸せになれるので、それを望みますけれど。いや、幸せになれるといっても、限界がありますよ。こう言う事件に巻き込まれているのは、既に、「幸せでは ない」と言えるでしょうけれど、もし彼が一度でも日本ユニシスに勤務していた事があるのなら、後者になるのですけれどね。彼はIT技術者であるらしいので す。そして、日本ユニシスは、IT技術者が勤務している会社です。

 さらに、深奥を言えば、中に、エージェントが含まれているかエージェントと通々に連絡を取っている人間が居た会社です。

 ただしNHK現会長と、この件は、無関係ですよ。籾井現会長は、商社勤務が長かったので、片山容疑者と は、関係がありません。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『国際キリスト教大学出身の、私のパソコンを壊した可能性のある人間と、その関係者を助けるためかな?』

 さて、片山容疑者の話は、いつも、頭の中にありましたが、この河川敷のニュースが出てくる前までは、触れないで置くつもりでした。私はこの章は、温和な話題で、終始する予定だったのです。おいしいフレンチを食べ、お話(講演)を聞き、

 ただし、その講演者から、聞いた一種の噂話の中に、また、奥島孝康氏が、動いていた話(私の知人を、パリへ、無料でご招待した可能性がある。と同時にフランスを種とした、箔をつけてあげた可能性もある)を推察できましたけれどね。それは、まだ、外部へは出しません。奥島氏は、私に関しては、大相撲壊滅作戦の時だけではなく、既に、三回も別の場所で、いじめる方向で、動いている事を、私は把握しています。

 で、片山容疑者の事件が出てくる時は、必ず、国際キリスト教大学の関係者を、助けるためにそれが、出てくると見ています。ここらあたりは、大変複雑ですし、過去に書いたものを再検討をして、リンク先も見つけ出してこないといけませんが、

 ▲▲ ▲▲氏と、■■ ■■君を助けるために、片山容疑者は逮捕されていると見ています。▲▲ ▲▲氏は、小保方ミステリーにも、イギリスを利用するというか、巻き込むという形で、関与している可能性は強いですし、

 私のパソコンがいろいろ壊れるに当たっては、フェイスブックの時期には、■■ ■■君がいろいろ行っていたのは、確信を持っています。今現在、とくに、昨日、wifiが、まったく利用できなかったのは、ウィルスでもなんでもなくて、特に私を狙ったものでしょう。

 鎌倉では、伊藤玄二郎と井上ひさしが、緊密なコンビを組んでおり、東京では、▲▲さんと■■君が明瞭なるコンビを組んでいます。二人の結びつきが強いのは目の前で、見せてもらった事がありますし。

 それは、非常にしつこいやり方の妨害です。それを、■■君とその背後に居る、組織の連中が、やったのかどうかは、今の段階では、証拠がないので、言えません。しかし、その破壊行動のしつこさと、その破壊行動の進む流れの様子は、だいたい、すべて、そっくりなのです。彼らの幼稚な、心模様は、一貫してレベルが同じなのです。

 小保方ミステリーに、その紳士が関与したと、チラッと過去に言っていますので、▲▲氏は、私をやっつけたいと思っているでしょう。そして、■■君は、▲▲氏の手足となって、私が正しい考察をできなくなる様に、私のパソコンを、壊していきます。最近も異常に壊され続けていましたが、この実名を、昨日19日出したら、それ以降はスムーズに動く様になりました。しばらく触れないで上げていたので、すっかり、安心して、また、破壊工作をし始めているのでしょう。うっとうしいが、そう言うことなのだろうと思っています。それと、彼の開発したソフト(アプリとか、バグで、私のパソコンへの破壊工作を行う事ができるもの)を、自分のパソコンに入れ込んでいる人間も多数居るでしょうから、誰が破壊工作をやっているか、その個人名は、特定できません。ただし、フェイスブックをやっていた時期には、ありと、あらゆる人が実名で登場をするので、相当部分で、真実が読めました。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『なりすまし疑惑の関係者への取材方法は、毒入り餃子事件の被害者のケースとそっくりであった』

 フェイスブック時代の、毎晩毎晩、行われる成りすまし疑惑の可能性について、書いたとたんに、成りすまし事件が、起こり、そして、その二ヵ月後、片山容疑者が逮捕されました。

 その4人が誤認逮捕されたといわれるなりすまし疑惑という事件ですが、報道をされた当時には、非常に盛り上がり、親が、「逮捕されて、残念だ」と、テレビカメラの前で怒ったりしました。が、逮捕された人間本人は、カメラの前に姿を現しませんでした。それは、毒入り餃子事件のときと、まったく同じ手法です。こう言う事件は、諜略行為として、作り上げられた事件の典型です。そして、冤罪の被害者達は、そのニュースが、盛り上がった当時よりだいぶ前に、逮捕されているそうですが、その逮捕当時(=2012年の8月か、それ以前)には、このなりすまし事件は一切、報道をされていないのですよ。特にブラウザのニュース等に出てきていません。おかしいですね。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『梅森伸一という北海道在住の画家は、リキテックス・アウォード2013年度、一次審査に通った人材だが、スノビズムの典型である』

 この成りすまし疑惑が起きたのは、私がフェイスブック時代の弾圧について語るときに、梅森伸一という人間に触れた時以来なのです。

 ここで、少し、成りすましというキーワードからは離れて、梅森伸一という人間について、解説をさせてくださいませ。一般的な意味での有名人ではないのですが、この片山容疑者の逮捕を引き起こしたという意味で、非常に重要な人物です。

 その梅森君に、私がフェイスブック時代、2011年末から、2012年2月まで、毎夜、毎夜、苦しめられた事と、それを、一年後にこのブログ書いた事が、発端となって、この成りすまし疑惑が起こされています。その男性・梅森君は、2011年の5月時には、非常に自信無げに生きている男でした。砂浜に、壊れたキューピッドの片足が転がっている写真をプロフィールに使って、フェイスブックを、やっている人間です。(後注2)を参照のこと。

 この男性は,どうしてか,権威に弱いスノビズムの典型です。この人間がフェイスブックで、自信を持って投稿できる様になったのは、私が推薦してあげて、60人以上の知人が、2011年の五月の末に、一気に、できた時からなのですが、私が反原発の人と知ると、私を友達からはずして来ました。つまり、「損をしそうな人間とは、付き合わないで置こう」という非常に、さもしい性格の人間です。

 北海道という辺境(ごめんなさい。はっきり言って、それは東京ではない)に済んでいるからこそ、都会のお金持ちに憧れがあるのか、または、都会で活躍している種類の人間に、なりたい上昇志向があるのか、計算高さが、はっきりと窺われる人物です。

 その後、彼はフェイスブック紙上で、開発ちえさんと、まるで、弟か、家来の様に、または、瓜南直子さんと,金田佑子さんの間の、お嬢様と、執事でございますというファン気質の交換みたいに、べたべたとし始めました。それは、超が付くというほどでした。開発さんは、開花亭というお金持ちの実家に育ち、慶応大学出身の女性・美術評論家で、水も滴る様な美形です。なるほど、これが、スノビズムの実例ですねと、思ったものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題10、『梅森伸一が、毎晩、私を苦しめるのだが、「上昇志向の強い画家が、こう言う事をするだろうか?」と、疑問を持ち始める』

 私の敵さんたちは、私のパソコンを覗き込んでいるのも始終なんですが、電話も盗聴をしていて、手紙も誰から来ているかは、点検しているので、私の心の動き方は、熟知しているつもりになっていて、『この梅森伸一を、使えば、彼女は苦しんだり悲しんだりするだろう』と、考えて、彼を、最大限に利用しようと決意したらしいのです。

 で、私の905人に及ぶ、友達の中から、素敵な人とか、格の高い人(たとえば、東大卒)を特に選んでは、彼が、友達になって行くのです。普通の場合は、その情報は私には入りません。そのはずです。というのも彼は既に、友達ではないからです。彼の方が私を恩知らずにも捨てているからです。ところが、2011年の暮れから、2012年の2月までは、そのお知らせ====梅森一という人間が毎晩、違法な形で、私の友達を盗んでいくというお知らせがm私に届くのです。当然いらいらします。毎晩12時ごろであって、ブログ化フェイスブック変投稿で、忙しい時間帯に、いらいらさせられるわけですから、消耗仕切ってしまいました。あの消耗をさせられた時間を、もし時給千円で換算したら、一回のお知らせで、3~5時間イライラが継続したとして、15万円ほど、損をした問い言うこととなります。ま、小さい被害かな(笑い) しかし、私側に言わせると、その被害は、とてもではないが、15万円で済むものではないというほどのものでした。

 無論、被害を解消しようとは努力しました。しかし、フェイスブックでは、トラブルがあった場合の電話番号としてのお問い合わせ先が明記されていません。そこに、入会している人の数が多いので、いわゆる管理者と言うのが置いてありません。フェイスブックの会社は、在ります。だが、サービス部門とか、サポート部門が無いのです。で、梅森君に、それを、止めさせるわけにも行かないわけです。

 でも、あまりにあくどい行為なので、彼本人がやるだろうかと、疑い始めました。彼は、2013年度のリキテックスアワォードの入選者になっています。つまり、そう言うコンクールに応募するというのは、絵描きとして、大物になっていこうとする上昇志向があるということでしょう。そう言う人間が、私の友達を毎晩盗んでいくというほどの、あくどい事をやるでしょうか? やらないと思います。最初の、30回程度は、彼本人がやっているとも考えましたが、30回目を超えると、『これは、彼がやっていないでしょうね』とも思い始めます。

 というのも画家というのは、たいていはペンネームでは活動せず、実名で活動します。有名になった日本画家は、号というものを使いますが、現代アート系の作家は、実名で活動をします。となると、川下産業に従事する画家という職業人は、絶対に他人をいじめないはずなのです。私は梅森伸一に、自分のほうから悪いことやら、いじめることは、やったことはありません。開発千恵さんが、慶応ラインで、何やらを頼まれたのは、解っていますが、彼女が、2011年に既に、梅森伸一に命令をして、これをやっていたとも思いません。

~~~~~~~~~~~~~~

副題11、『私が、<他の人間が、梅森伸一に、成りすまして、居るのかもしれない>とここで、書いたからこそ、成りすましという事件がわざと起こされたのだ』

 で、私は2011年の当時から、誰か別の人間がこれをやっていると考えていました。そしてそれをやっている人間についても、大体のめぼしはつけて居りました。それが、■■君です。彼一人でやっているというよりは、▲▲氏のサポートと命令の元で、やっていると見ていました。だけど、それって、白日の下に、曝したら、ものすごく不道徳なことなのです。まだね、日本の法律では、こう言う事が規制をされていませんね。

 だから、そう言う事をやっても、犯罪とはなりません。

 デモね、私の敵たちは、次から次へと、手下を利用するのです。自分達が、直接手を下すことは、さすがに恐れてできないのです。で、その手下さんに当たるのが、ご近所様とか、鶴岡八幡宮様とか、銀座の画廊とか、銀座で知り合った画家とか上ので、知り合った画家とかいう形になるのですが、醍醐イサムという人間にまつわるエピソードなど、私の敵さんの悪辣さをこれ以上は無いほど、明瞭に示すものなので、いつかは書きますといいながら、すでに、満二年近くすぎようとしていますね。ともかく、エピソードが多くて大変です。

 『片山容疑者が、もし日本ユニシスに勤務していた過去があれば、彼が誰かに頼まれた上で、犯人役を引き受けていた』と言えるのです。上に書いて居る想像上の実行者■■■■君が、日本ユニシスに勤務していた過去があるからです。

 その時の部下に、お願いして、肩代わりを引き受けてもらったかどうかを、私は、ひとつの流れとして、推察したわけです。だけど、間に何人もの人間を挟んでいるのなら、片山容疑者が過去に、日本ユニシスに勤務していたことは無いかもしれません。

 で、二人の背後にいる、闇の組織なら、片山容疑者について、河川敷のニュースを捏造して、片山容疑者を、その発表と同時に拉致し、幽閉して、挙句の果てに殺害をしてしまうことは、十分にできるでしょう。と、19日に書いていたので、片山容疑者は、自首して来ました。この部分については、敵さんたちは、『うまく行った。彼女の文章が間違っているという事実を作り出して』と、思っていることでしょう。

@@@@@@@@

 ■■君も、▲▲さんも、私から見ると、既に、人間ではなくなっていると見えます。恐ろしい事を平気でできる段階になって居ますので、自分達が守られるためなら、片山容疑者を見殺しにするのなど、なんとも思わないでしょう。

 ともかく、一度ならず、既に書いていますので、リンク先を見つけないといけません。だが、ここから先はペンディングとさせていただきましょう。

 しかし、河川敷のニュースは、江の島の猫の首輪に、マイクロチップが貼り付けられていたという、ニュースとそっくりなので、井上ひさしの発案である可能性も大きいです。いかにもそう言う脚本が裏にあると見えますね。彼は、現場を知りません。また、現実を知りません。だから、彼の発案したことは、すぐ嘘だと、私にはわかります。こう言う事がうそであって、整合性が成り立たないということはいずれ、暇が会ったら説明します。

 それに、小保方ミステリーや、藤田千彩という美術家に関連する過去文も、ここに関連してきます。

 私が福島旅行という不在後、わざと、上品なテーマに終始して書いているので、油断していたのではないですか? 攻め込んでくる(=反論を書く)はずがないと。そんなことはありません。いつでも、心の準備はできています。

 その上、霞ヶ関ビルのエスカレーターが、18日に止まっていました。そこで、お茶の水女子大付属高校の、同窓会(=作楽会と書いてサクラかいと読む)の新入生歓迎会が、行われ、私が出席をするたびに、故障中と称して、とまるというのも、繰り返される彼らの幼稚な策略です。だから、彼らが、すべてにおいて、幼稚な発案をするのは目に見えているのです。この河川敷に生めた携帯というのは、それこそ、幼稚きわまる発想です。

 ただ、ここでも、複雑な思考を残しておかないといけないのは、片山容疑者が、すべてを言い渡されていて、飲み込んで、了承をして、そう言う行動をとった時のことです。

 小保方ミステリーについても、ノーベル賞受賞者、山中先生と、野依先生が、事前に、スタップ細胞研究と言うのが、嘘である事を知っていらしたかどうかが、最も複雑な謎として、今は残っているところです。

 その種の複雑さまで、考え合わせると、片山容疑者の事件も、なかなか、取り組みにくいところがあります。だけど、上に書いてあることも相当に、重い事実の一部分でしょう。

 なお、そう言うわけで、皆様を説得できたか、どうかはわかりませんが、私は依然、真犯人は別に居ると思っています。そして、片山容疑者は、例のメールを自分で送信したのではないが、何らかの事情で、納得して犯人役を引き受けていると見ています。

 ところで、依然は、実名で書いていた、▲▲氏(大学時代の先輩)と、同級生、■■君の、実名はあっちこっちに書いていますが、この章では、片山容疑者が、自分がやったと告白をしているので、成りすましを実際にやった真犯人たちは無事になったわけです。だが、2014年5月20日より前は、その報道が無かったわけですから、実名で書いてある章は、そのままにさせておいてくださいませ。こう言う形って、でジャブがある形です。彼らの都っては、嘘でも形が整えば、それが真実になるのです。でも、河川敷に埋めた携帯から、時間差攻撃で発信したとか、・・・・・って、もしそれが本当だとしたら、警察って、捜査能力が乏しいというか、何というか、エージェントに協力しきっているという事になりますね。だって、片山容疑者が、すべてをやった事にしたら、▲▲氏と、■■君が助かるわけですから。泳がせておいたという事になります。

 だって、私なんか、錦糸町のバイキングレストランで、無論、インターネットを接続しないで、ワードの推敲やら編集をしていると、邪魔するために、1時間半にわたる仕事が白閃化して消えたりするのですよ。それが、2008年から起きているのに、どうして、片山容疑者が長文のメールを打っているのに気が付かないのでしょうね。ありえない片手落ちです。だから、河川敷に携帯を埋めたというのは、脚色でしかなくて、それにだまされる多数の人間を発案者は、あざ笑っている最中でしょう。

 そうすると、朝から、殺人予告をしていた秋葉原の無差別殺人事件も、警察はわざと泳がせておいたのですか? 何のために?

 (後注1)生活スタイルの、違いと、自己肯定感の有無 2014-05-18 21:26:11 | Weblog

後注2、梅森伸一に関するリンク先 

MZ(FBの創始者は、なぜ、川中教授に大金を与えたか? (梅森伸一、開発ちえ、瓜南直子、金田佑子)△△  2013-02-25 00:40:22 | 政治

 FBが地獄であった頃の話(開発チエ、梅森伸一、三瀬夏之介、古村浩三、榊原節子、)  2012-10-02 03:04:06 | Weblog

 後で、推敲をします。加筆もしたり、また、章を、分けたりするかもしれません。その後、署名と日付を入れます。

コメント

片山容疑者・自白?の1 ・・・・・どっちかという疑問に答えが出ましたね。

2014-05-20 00:30:13 | Weblog

 今は、20日の午後4時です。以下の*****罫線以下の文章を、ほぼ、15時間程度曝していました。ところで、今から3時間前のお昼のNHKニュースで、片山容疑者が、弁護士事務所で、再び逮捕され、すべてを自白したとの、ニュースが報道をされました。

副題ア、『私自身は、何もたじろがない。常に、二つの方向がある事を考えていたから』

 私は、片山容疑者が、自分で、やったといっても、別にたじろぎません。というのも、この・・・・自分がやった・・・・ですが、これもまた、小保方さんと同じく、パペットとして、やっていることだからです。上からの命令としてやっていることだから、否定せよといわれれば、否定するし、肯定せよと、言われれば肯定するわけです。

 それが、立て続けのスピードでの、新展開というところで、解りました。どうして立て続けの展開になったかというと、昨日、私が一回さらし、それを、彼のDNAが、携帯と一緒に発見をされたというニュースを見て、引っ込めました。

 だが、その引っ込めた中に入っていた、文章が、超が着くほど、重要だったのです。それで、小保方ミステリーも急に収束させることに、理研側がしていった様に、中枢へ類が及びそうになったので、末端で、事件を食い止めて終わらせるという方針が、急に設定をされ、・・・・・片山容疑者に、方針転換を納得、了承をさせて、自首し、自白させる様に、手を打った・・・・ということでしょう。

副題イ、『私は小保方ミステリーを分析するのは軽くて、容易なことだったが、こちら、片山容疑者の成りすまし疑惑は、同じほど、裏がわかっていても、なかなか、書く事ができなかった。それは、国際キリスト教大学時代の同級生がからんでいるということと、

 内容が、他人のパソコンへのハッキングという、暗い話しなので、書きにくかった。小保方さんの嘘は、種類としては、とても明るいものだったから、書き抜けたのだった』

 長い副題をつけておりますが、まさしく、その通りであって、こちらは、少しずつ、あっちこっちへ、ちりばめて、書いています。

 小保方ミステリーが急迫している最中に、こちらの方をさっさと片付けてしまおうという形で、彼の保釈が行われ、大体無罪だということで、決着させようとしていたと思います。

 しかし、この成りすまし疑惑を本当に起こした真犯人は、・・・・・私は、今なお、片山容疑者は、一定の条件の下に、犯人になることを引き受けている人間だと、見ています。3月の時点では、それは、永遠の秘密とするものの、とも書く、お前は、真犯人ではないと、主張してよいということとなって釈放をされたのでしょう。

 しかし、その後で、この事件の真犯人たちは更なる欲を出したのです。・・・・・片山容疑者が、川原にいき、携帯を埋めた。・・・・・という新たな諜略案を作り出し、これによって、1005%片山容疑者が悪人だったという事にして、私がぐだぐだと、真相を、月給していくとを、歯止めしようと、狙ったのだと思います。

 で、私は、ここに来ても、片山は、実際には、何もやっておらず、ただ、彼は、半分は、了承して、犯人像を引き受けていると見ています。では、どうして、そう考えるかを、次の章で、語ります。

***************

 これから下は、19日の深夜書いたものです。

さきほど、19日の午後三時ごろの発想で、片山容疑者が河川敷に、携帯を埋めたという話は嘘だろうと書きました。で、彼は拉致、誘拐されていて、既に殺害をされている可能性があるとまで書いています。どういう事を目的にしてか?と、言うことさえ書きました。

特に、携帯のGPS機能と、私が常に、経験しているパソコンの中身を覗き込まれるという現象との兼ね合いを考えると、そんな長文の、文案を作り入力している最中に、警察に逮捕されるのが、当たり前だと、感じるので、そこが変だからです。

 それに、片山容疑者が殺されて、発言をできなくなると、確かに助かる人間が二人居るからです。間接的に助かる人間も、10人は居るからです。

その後、20日の午前零時に、グーニュースを開いたところ、夜の九時発のニュースとして、埋められた携帯に、片山容疑者の、DNAが付いていたと、発表をされました。こう言う発表でも、その携帯は、警察しかチェックできないので、対照例としてチェックする機関がないから、嘘かどうかもチェックできないわけです。

埋められた携帯のことは、発表まで、長時間が係り、一方で、携帯に、DNAが引っ付いていた事を発表するのは、六時間後とすばやいのは、その発表が、私のブログを否定するためだからでしょう。

だけど、ここは、保見容疑者の件と同じく、正しい事を書いても、発表しない方がいいと思う、タイミングが有って、本日は、そのタイミングを見計らうために、一回、その文章を引っ込めることといたしました。

ただ、保見容疑者の裁判は、まだ行われていませんね。阿部俊樹容疑者にいたっては、まるで音信がありません。アンネ本を破壊したとされる犯人も、個人名他も明らかにされません。だから、私の今回の考察も、正しいと思いますが、一回は引っ込めておきます。

というのも、鬼の居ぬ間の洗濯として、もうひとつ行われたのを知ったからです。それは、浅田真央ちゃんの引退発表です。どうして、この時期なの?と、皆様も不思議にお思いではありませんか?

 それはね。マイケルムーア監督の引退と同じく、私が書いている文章がすべて正しいので、それが、紙の本となった時に、その証拠たる、浅田真央ちゃんの、競技用演技が、無くなって居る事を目指していて、本日、引退を発表をさせたのです。

 マイケルムーア監督の引退も同じです。私が消された映画という見本本を、既に、用意している段階で、工業的印刷やら、製本に回すかどうかの段階なのですが、(それは、2010年のことだった) 監督を引退させてしまいました。

 真央ちゃんについても、彼女に就いて書く事が、現代日本について、語ることと結果としてなるので、既に、見本本を作っています。それを、出版させまいとする動きでした。

 家宅捜索についても、本日行われたとのことですが、それは、一回引っ込めた文章の中で、その言葉を使井、どうして、無記名の携帯を残しておいたのですかと書いたから、『そうだった』と気が付いて、あわてて、家宅捜索に入ったのでしょう。

 ただ、ともかくのことととして、一回、その文章を引っ込めておきます。

 実は今から、その引っ込めた文章を、丁寧に、推敲しないといけません。それに、入ります。

 なお、このブログの2010年より数え始めた伸べ訪問回数は、2208090です。

   2014年5月19日に一部を書き、20日に総タイトルを変え、加筆をする。

                 雨宮舜 (本名 川崎 千恵子)

コメント

片山容疑者の埋めた携帯に、彼のDNAがあった?

2014-05-20 00:07:05 | Weblog

、これは、2重投稿とのことです。実際には、この上に現れる

片山容疑者・自白?の1 ・・・・・どっちかという疑問に答えが出ましたね。

2014-05-20 00:30:13 | Weblog

と、まったく同じ内容になっていますので、リンク先をたどり、そちらを開いて、内容をお読みいただきたく、よろしくお願いをいたします。
コメント

生活スタイルの、人による違いと、自己肯定感の有無について

2014-05-18 21:26:11 | Weblog

 今は、19日の夜10時です。誤変換は多少残っていると思いますが、完成とさせてくださいませ。昨日の二倍以上になっています。

*1、・・・・・バスの中で、大変上等なセーターを着た人がいた。娘が編んでくれたのですって・・・・・

 皆様、私は本18日は、11時間も東京に居て、夜の9時半に帰宅しました。これでは、長くてしっかりしたものは書けません。で、短いものを書かせてくださいませ。

 本日はあるご夫婦に注目をしたのです。知らない人ですが、1時間半ぐらいずっと、傍にいて、どうしてか、私の注目を、激しくも引いたご夫婦なのです。

 私の文章をよく読みこんでくださっている方々が、『人間がすきなのですね』と、おっしゃるが、まさにその通りです。バスの中、電車の中。本当に観察し続けています。

 今から話すことは、上に挙げたご夫婦とは別のご夫人の話です。数日前かな? 鶴岡八幡宮前というバス停から大船駅まで乗ったときの話です。腰が曲がり、背中も曲がった、おばあちゃんが乗ってきたのです。相当な年に見えました。

 しかし、彼女の着ているセーターが抜群にいいものなのです。あとで、「お嬢さんが編んでくれたのだ」と聞いて、なるほどとおもいましたが、極細という毛糸で、編み、たくさんの模様が上品に入っているものです。もしそれを銀座の和光で、買ったとしたら、18万円ぐらいするのではないかというほどの良いセーターなのです。

 しかし、ほめた後で、私はちょっと困ってしまいました。私とその人は隣同士です。だが、喜んだ彼女は、バス中を巻き込んで、知らないひとですが、彼女と年齢が近い人に話しかけるのです。ものすごい大声で。そちら様二人は、いかにも鎌倉夫人という風情です。本当なら話に乗ってこないタイプの人たちでしょうが、私が、すでに、和やかに先鞭をつけているから、それにならって、親切にしてあげています。で、バスの中で、三角形の形で、大声の会話が始まったのでした。

 鎌倉には最近引っ越してきたのですって。で、本当は友達が居なくて、さびしいひとなのでしょう。そう言う人が盛り上がっちゃったから、ものすごい大声なのです。

 で、内容的に、あまりにも、繰り返しが多いので、・・・・・ということは、はっきり言ってしまうと、少し、認知症気味である・・・・・ちょっと、話題を変えるつもりで、「おいくつですか?」と聞いたのです。すると、「70です」とのこと。私も、顔色が変わってしまいましたが、三角形に位置している、ほかの二人の鎌倉夫人(=そう思われるほど、ピシッとしたおしゃれの夫人たちで、きっと75歳以上のひと)たちも、内心で、顔色が変わったと思います。既に、80歳ぐらいだと思って、ほめるつもりで、年を聞いたら、私より若かったのです。これは、参りました。決して馬鹿にするわけではないが、年の取り方も、自分の、毎日のあり方が反映するので、気持だけでも、若さを保ちたいと、願ったものです。

~~~~~~~~~~~~~~~

*2、・・・・・反対の方向で、すごい女性も居る。63歳にしか見えない75歳の女性・・・・・

 銀座を歩いていた時のことです。ものすごく、いい雰囲気の着物姿の女性を見つけました。しかし、バーのマダムという感じでもないのです。バーのマダムの着物もすごいのですが、この人は、めがねをかけていて、いかにも、まじめそうであって、お色気があるという方ではない。だけど、着物姿が、すばらしくて、もう、「ただ、ただ、抜群に美しい」としか言いようがなく、『もしマダムとか、ミセスという雑誌が、読者モデルを新に募集をするなら、応募したらよかろうに』と思うほどなのです。特に色あわせがすばらしい。上質な着物は、白系統で、帯がこげ茶色。油絵の世界でも通じる色のセンスです。

 私は常に、女性のおしゃれには興味があって、美しいものを着ている人は、必ず、ほめる事にしているので、その時も話しかけて、あまりにも姿勢が良い(=背中がぴーんと伸びている)ので、「これから、私が生きるときの参考にしたいので、教えてください。60代ですか?」と聞くと、「いいえ、75です」って。もうびっくり仰天です。

 「ご主人様が、お金持ちなのでしょうね」というと、「いいえ、主人は15年前に、亡くなりました」ですって。唖然呆然として、思わず、ひるむと、「きょうだいたちが、とても良くしてくれます。今日も、今から食事を一緒にします」ですって。それは、夕方五時半ごろであって、彼女は、六時ごろからの会食の前、銀ブラをしていたのでした。「は、はーっ」と言って引き下がりました。きっと、一万円以上の、夕食がでて来るところでの会食なのでしょう。その種のレストランに入るための、ランクの着物でした。

 この二人の女性には、同じ日の午後、たった、2時間ぐらいの間隔で、であったので、しみじみ『毎日が大切なのだ』と、思い至りました。

~~~~~~~~~~~~~~

*3、・・・・・藍って、醗酵臭がするのですよ。で、私は濡れ衣を浴びていました。・・・・・

 上の二人の女性に、であったのが、つい最近のことだったので、私も大いなる刺激を受けて、それ以降、東京に出かける時は、気を付ける様になりました。私はね。30代までは、非常におしゃれだったのです。が、画家人生が始まると、そちら方面に、お金がかかるものですから、洋服はほとんど買わない主義になっています。しかし、かずだけは、抜群にたくさん持っています。捨てない主義だし、「もし、あなたが、捨てるものが有ったら、頂戴ね」と、妹や、娘にも頼んであるので、セーターやカーディガンなど、『何十枚あるかしら?』というほどなのです。そして、今のものは痛まないでしょう。だから、どんどんたまるし。画家であるということは、材料費や交際費にも、抜群にお金がかかりますので、さらに大切にしてそれらを着ます。が、その上、本も作り始めました。そちらでも、抜群にお金がかかります。で、個展をするのはやめましたし、洋服を買うのもやめました。

 しかし、その・・・・本を自分ひとりで、出版できる・・・・という事が、また、敵さんたちの、大いなる警戒心を招来する源泉であって、そこが、また、攻撃を招くので、それをカバーするためにも、お金が必要です。本日も外で、長時間かけてwifiが自由に使えるかどうかを試してみました。で、喫茶店代ほかが、かかるわけです。それからづ同窓会に行くのに、パソコンやらワイファイの充電器やらの大荷物を抱えて行くのも変なので、ロッカーを借りますしね。そう言う悪い方の刺激にも、会い続けているわけで、『おしゃれなんか、どっちでも、いいわ。清潔にしていれば』・・・・・という感じになってしまっていました。

 ところで、ここで、清潔の話から、急に挿入に入って、・・・・・主人が『お前はくさい』と以前に、いったのは、濡れ衣だった・・・・・という話をしましょう。交通事故の後、聖路加病院で、どうしてか、皮膚の裂け目を縫ってもらえなかったので、後頭部に、ざっくりと真っ赤な割れ目が有ったのです。自分では見えませんが。で、水でジャブジャブとは、洗髪ができないので、2度沐浴剤で,洗った後で、『もう,坊主にするしかない』と思って美容院に行ったら、「そこに、ばい菌が入りそうで、とても怖くて、カットできません」と断られてしまって、仕方がなくて、自分で切ったのです。無論のこと、虎刈りになってしまって、さすがに主人が、びっくりして、修正をしてくれました。特に後ろを。

 しかし、二週間目ぐらいから、「何か、家の中が、どぶくさい」と主人が言うので、私も本当に参りました。私の頭がにおっているのだろうと、二人とも思い込んだわけです。で、つい、ブログにもそれを書いてしまいました。が、なんと、それは、濡れ衣だったのです。実は、最近買った(あ、買わない。買わないといっていながら、時々は買うのですね<笑い>)藍染めのコートの臭いだったのです。主人はジーンズを履かないひとなので、初めて藍染の匂いをかいで、醗酵臭に、びっくりしてしまったらしいのです。で、二度ぐらい洗濯機で、強く、洗ったのですが、「まだ、駄目だ」というので、ベランダに干しっぱなしにしてあります。そのうち、風に曝されて、醗酵臭も抜けてくるでしょう。今年の秋には、着用できるかな? ともかく、良かった。頭がにおうのではなくて。

 ~~~~~~~~~~~~~~

*4、・・・・・本日の私は、まるで、佐藤忠良制作の『帽子の女』という風情で、外出しましたが・・・・・

 上の*1~*3に書いた種々の刺激があったせいで、私は、本日はバシッとおしゃれを決めて外出しました。特にお茶の水女子大付属高校の一種の同窓会だったので。そこには、美形の、才女がいっぱいなので。

 ただ、私のすごいところは、そう言う特別な会があっても、何も新しいものを、買わないというところなのです。気張ったところに出かけるにしても、新しいものとか、高価なものを買わないで、おしゃれして外出できるいうところが、得意にしているところです。私の長所というか、最も誇りにしているセールスポイントは、色あわせです。色については、自分で言うのも恐れ入りますが、とても、感覚が鋭いので、色あわせで、見映えよくする事ができます。

 そして、交通事故後、坊主頭にしたので、他の人を驚かさないがために、帽子をかぶっています。それが、時によって、絶妙の効果を挙げてくれます。

************

 帽子を普通の日本人女性がアイテムとして使うのは、難しいものです。仮に、グレース・ケリーが、パリの、ドゴール空港の待合室で、帽子をかぶって、立っていたら、それが、小さめのカジュアルなものでも似合うでしょう。

 でも、日本人女性が帽子をかぶっている時には、それは、たいてい、老人であるということと結びついています。ですから帽子の下はたいていずんぐりむっくりの、体形であって、美とは程遠いと思えてしまうし、スリムな体に、上等な服を着て、帽子も上等なものをかぶっている老人で、かつ女性である人は、それは、それで『金持ちであること固有の、いやみ臭を辺りに振りまいている』ものです。いずれにしろ、突出する事を好まない日本の風土では、帽子は、あまり、美しくは見えないものです。

 私もそれを知っているのですが、坊主頭で、突然に、淑女達を脅かしてはいけないので、帽子をかぶって出かけました。しかし、その日だけは、首からしたの装いに気を配ったので、やや見栄えがよく見えて、『おー、これは、佐藤忠良の帽子の女(NHKの、山根基世アナがモデルだといわれているもの)風に、まとまりましたね』というぐらい決まった姿に、なりました。しかし、ここで、私が言いたいのは、それで、餃子を食ったというアンバランスを言いたいのです。別に、おしゃれが決まっていた事を威張りたいわけではなくて、それで、380円の餃子を食べた事が、問題なのです。いえ、別に問題ではないが、次の章へ続く門口になるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『北区の、飛鳥山公園に初めて行ってきました』

 山根其世さん風に、バシッとおしゃれを決めている私が、380円の餃子を食べるというのは、本当ならやりたくないことでした。ところが、お昼が、ステーキ風(70グラム程度の小ささだが、抜群においしかった)のメインディッシュのフレンチコースで、美しい前菜と、これまた、充実したスィーツが、そろっていたので、おなかはいっぱいだし、贅沢を続けることへの、申し訳なさも感じて、餃子だけで、済ませたのです。おうちへ帰れば夕食はあるわけですから。だが、wifiが外で使えるかどうかの検討は、相当に面倒くさい仕事で、結局は妨害を突破できませんでした。それで、どっと疲労が出てきたのでした。

 その前に王子の紙の博物館にも行ってきましたし。北区の、飛鳥山公園とは、初めて行きましたが、旧渋沢栄一邸ですよね。ただし、別荘だとか? 見ておいてよかったとは思います。下から山の上に上がるケーブルカーが、カタツムリ風のデザインで、アスカルゴと命名されているのには驚いたし、本物の、D51(蒸気機関車)がおいてあるのにも驚きました。

 今都電で、唯一残っている荒川線は、渋沢栄一が、自分のために作った様なものでしょうね。昔は自家用車を持っている人が少なかったから、

 この前のブログで、星野リゾートの旧猫魔ホテル内で、自分のwifi器具が使えず、それに対して、小さな怒りを感じたと書いたら、すぐ、それをさらに拡大してやろうとして、ずっと、使えない風になっているのです。これはNTTのクロッシーも同じです。やってきていますねと、思います。お昼のフレンチは、霞ヶ関ビル内にあるレストランで、食べたものですが、そこへ上がるエスカレーターがすべて、修理中でした。これは、計画が決まっている外出には、すべて、狙われる妨害です。何度も何度も狙われています。

 『お前の郵便はすべて、気が付いているのだぞ』といいたいのでしょう。それに、同窓会関係は、すべて把握をされていて、いじめるための、機構としても利用されています。だけどね。彼らはそれで、勝てると思っているみたいですが、そう言う事をすることすべてが、人権無視だし、又、それを、私に対してやると、喜ぶ連中が誰かを考えると、私はますます、、字分が書いている事が正当であり、書く権利があると、考えます。

 そうすると、二次利用されたり、三次利用をされたりして、私の目の前で、妨害やら、いじめをやってきた人が、私のブログ内で、槍玉に上がる事になるのに、そう言う頭脳の、複雑な回転はできない模様です。だから、霞ヶ関ビルのエスカレーターの停止が、誰によって命令されたかを、知りたいわけですが、今のところ、私の方は、動いていません。いずれ、こう言う事も調査したり、する日が来ると思いますが、今は、動いていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、片山容疑者に、付いて、いろいろ書いておりましたが、次の章へ移動をさせました。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『惚れ惚れするほど、上品な服装のご夫婦が、私から、4m離れたところで、ラーメンを食べていた』

 さて、片山容疑者の話は、頭の中にありましたが、この河川敷のニュースが出てくる前までは、触れないで置くつもりでした。私はこの章は、温和な話題で、終始する予定だったのです。おいしいフレンチを食べ、お話を聞き、

 ただし、そのお話中に、また、奥島孝康氏が、動いていた話を推察できましたけれどね。それは、まだ、外部へは出しません。奥島氏は、私に関しては、大相撲だけではなく、既に、三回も別の場所で、いじめる方向で、動いている事を、私は把握しています。

 元へ戻ります。2,3年前は、非常に疲れやすく(それだけ、あれこれやっていた事も確かだが、)昼に同窓会などがあったら、そのママ帰宅するところですが、飛鳥山公園に行って、髪の美術館にも行ったのですから、それなりに体調が言いと判断をしています。wifi器具(e-mobile)が、使えないことにも、突破する方法については、ある程度、めぼしはつけています。ただ、それをすぐやるかどうかは別問題です。

 ともかく、それは、嫌なことであり、疲れはしたけれど、以前ほど、疲労感もなく、また疲れすぎない様に、予防をする技術も向上し、・・・・・というわけで、新橋で、餃子を食べたのです。山根基世まがいのおしゃれをしているのに、380円の餃子では、ミスマッチですが、既に、それも気にしないほどの、心の貫禄が有ってね。ところが、斜め前に、非常に上品なご夫婦が、ラーメンを食べているのに気が付きました。

 この文章の狙いの一つは、そのご夫婦が、鎌倉まで、一緒であって、鎌倉の人だった事に驚いたという部分なのです。それで、その夫婦のおしゃれの詳細を語る事ができません。一回り若いので、たまたま、この30年間交流がなかったのですが、どこで、どう、つながるかもしれないので、あれこれ、詳細に、語る事ができないのですが、質の良いもので、色も最高に、品の良いものを、きていたのです。そのラーメン屋は、最近リニューアルして、インテリアがきれいなのですが、たまたま、隣に、もう少し高いラインの中華料理店があって、こちらが、800円+税ラインなら、そちらは、1400円+税ラインという感じです。

 私はその夫婦を見ていて、『ご主人は医者か学者だろう。隣の、値段が高い方の中華料理屋に入る方が適切なのに、こちらの方がおいしいのを知っているのだろうね』などと考えてはいたのです。

 さて、私の方がその夫婦より、15分程度早く入店していて、先に出ました。そして、横須賀線に乗りました。すると、びっくりした事に、その夫婦も、同じ車両のほぼ同じ位置に座ったのです。それが、ドアをはさんだ、斜め前の席なので、相手には気が付かれない形で、ずっと観察を続けました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『その夫婦には、私が既に捨ててしまった懐かしい生活の匂いがした』

 私が格別に興味を引かれたのは、その夫婦には、私がとっくに捨ててしまった懐かしい生活の匂いがしたからです。父や母の生活、または、私と私の主人がやっていた生活とそっくりでした。私達二人は、彼らより、もう少しラインが低い洋服を着ていましたが、やっている事がそっくりでした。週末お昼を食べてから、外出する。

 彼らの場合は、銀座を歩いて、歌舞伎を見たか、映画を見たかで、横須賀線に乗るために、有楽町を避けて、新橋まで、返ってきて、自宅で料理を作らずにラーメンを食べて横須賀線に乗る。

 一番の、特徴派は、給料生活者として、切り詰めるところはつめて、そして、お洋服には、お金を使う。本を買うとか、歌舞伎を見るとか言うことは、お金を使うが、ともかく、きるものにはお金を使う。

 日本の職業のうちで、最も数が多いのはサラリーマンです。その生活の最も基本は、安定した雇用の中で、できるだけ、自分が上流であると、他人には、見せて行くこと。そのために自分の持ち家を買い、子供を大学へ行かせ、常に上質でデザインの良い洋服を着る。それは、江戸時代の武家生活の名残でもあろうと思いますが・・・・・

 私、それをぜんぜん批判をしていません。だけど、『自分は、はるかに遠いところに来てしまったなあ』とは、思っております。ニューヨークなんかで、芸術家生活をしていると、みんな洋服の質などにこだわらないのです。それから中古品を使うことにもこだわらないのです。貧乏と、他者から見える事も平気になるのです。

 前日に匂いと、総タイトルにこめていましたが、それは、比ゆ的に言っているので、4m離れている彼らから何かが、におってくるわけではありません。だが、しみじみと感じるのは、その後夫婦が、ある生活スタイルを持っていて、それを守っているということです。だけど、冒険につぐ冒険をやってきた私には、生活スタイルにこだわっていては、やるべき事ができません。この奥様はネットカフェなど、入った事がないのだろうなあと、思いながら、じっと、見つめ続けていました。ここに書いた以上のいろいろな思いに打たれて、見ても見ても見飽きませんでした。

 二人は私の視線には、何も気が付かず、奥さんは本を読み、ご主人は転寝をしています。だけど、北鎌倉をすぎてから、なんとなく、私も『この人たちは、鎌倉で下りるのではないか』と思い始め、その時に、彼らも何かを気が付いたみたいなのです。私はただ、彼らという目の前の、リアルな生活から、種々の思考に入っていたわけで、二人に対して、個人的な関心があるわけではありません。だが、集中して見つめると、その念波は、通じるらしくて、二人は、さーっと、前のほうに、移動をしていきました。

 しかし、彼らが前の方に移動をしたとたんに、私は、これは、あるチャネリングだと気が付きました。そして、これを文章に書こうと感じたのです。だって、横須賀線って、長いのです。全部で、15両もあります。そして、新橋駅からどのエスカレーターを選ぶかは、また、それぞれです。私は前から2両目を選んだのですが、彼らも同じ車両の同じドア付近を選んだのです。そして、その直前に、小腹を満たしたラーメン屋さんも同じなのです。これは、注目してもいいでしょう。

 そして、最後に付け加えさせてくださいませ。私は別に、彼らに負けたとは思っていないのですよ。「彼らが持っているものを、もう、私は持っていない」といっても、それが、すなわち否定的なことでもないのです。融通無碍で、そして、自己肯定する気持、なんと自由でしょう。だけど、他者と自分は違うのです。あの人たちはあの人たちで、自己肯定をしているのでしょう。それが、個性です。そんな気づきを与えてくれた新橋のラーメンや、直久から始まり、鎌倉駅まで続く、1時間20分でした。

  2014年5月18日に上半分を書き、19日夜に、下半分を書く。

 推敲をしておりませんが、署名を入れておきます。雨宮 舜 (本名 川崎 千恵子)

・・・・・・尚、このブログの2010年より数え始めた伸べ訪問回数は、2208090です。

コメント