銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

かわいそうに。海老蔵は頑張りすぎで、体が心配だったが、案の定だ。かんげん君も休演ですか?

2019-07-15 21:06:30 | 政治

副題1、『私は、今、ああ、やはり、そうだったのかと、思って居る。自分の予想が、ことごとく当たるので、・・・・・かわいそうな海老蔵よ。前から、心配していたのに、例の、悪人が、私のブログと反対に動くから、とうとうこういう事態に陥りましたね・・・・と、思って居る』

 私はずいぶん前から「松竹は間違って居る」と、言い続けています。

 または、歌舞伎界の裏にいる、公的には、自分を死んだことにしているが、実際には、いまだ生きている井上ひさしと、公的にも生きていることにしている、伊藤玄二郎が、二人して、歌舞伎界を牛耳っていて、私をいじめるために使って居るので、何か、悪いことが、歌舞伎界に起きるはずだと、見ていましたが、これだったのですね。とうとう、起きました。

 『海老蔵の体が、非常に心配だ』と、は、二年前ぐらいから、時々語っています。後で、リンク先が見つかったら、それを挙げておきます。寺子屋に出てきたときに、とても、弱々しかったのです。やせていると、見えました。その時から、大いに心配しています。

 其れなのに来年、団十郎を襲名させるですって。ともかく、歌舞伎界を牛耳っている、例の鎌倉エージェントの中の二人、井上ひさしと、伊藤玄二郎が、悪の塊という連中ですから、その言う事を聞き続けている限り、悪いことが起きるはずだと、見ていました。これだったのです。海老蔵は、一般人にもその名前が浸透している役者なので、抜群のレベルで、切符が売れます。

 しかし、だけど、疲労困憊をしているのが、見え見えです。その上、団十郎を、2010年に襲名させるという事で、さらに張り切りすぎています。自分が団十郎を襲名するのだったら、かんげん君には、新之助を継がせようとなるわけで、かんげん君をそれにふさわしいレベルにしていこうと必死です。お父さんであるが、それに輪をかけて、ある劇団(カンパニーの長として、新しいスターを作り出すのは、メリットになるからです。しかし、まだ、六歳のかんげん君に、今月の外郎売みたいな、芝居をさせることは、大変な、注意深さが必要でしょう。あれほどの、長いセリフをもし、無理じいで、教えたら、かんげん君が、「歌舞伎には出ない」などと、言いだす可能性もありますから。それは、実際には、素晴らしい出来でした。

 私は、8分間も泣き続けで、其れについて、一本ブログを書いています。

大・大・大スター誕生の瞬間を目撃して、涙が、8分間も止まらなかった。堀越かんげん君、お見事!   2019-07-04 18:40:06 | 歌舞伎

副題1、『涙が、八分間も止まらなかった。歌舞伎座、7月公演、昼の部に出てきた、堀越かんげん君を見ていて』

 しかし、それだけのことを教えて、かつ毎日心配しながら見守っていた、海老蔵が、どれ程に、疲労をした事か? それもわかるだけに、海老蔵がかわいそうで、かわいそうで、なりませんでした。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『今、長時間かけて、自分が、海老蔵の団十郎襲名に、当たって、いろいろ、松竹批判を書いた文章を探していた。しかし見つからない。どうしてだろうと、思って居る。だが、まだ、少しの間探してみるつもりだ』

ここで、リンク先を、三つ示していますが、それは、巻末へ回します。

 この三つが、探しているものの前後に在ったものですが、これではないのです。今からさらに探しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『やっと見つかりました。海老蔵に、ついて、真実心配している章は、これでした。以下のリンク先のものです。』

源氏物語・18-7版・に出て来る歌手は、シャロン・スイートの弟子? もし源氏物語内で彼が歌ったのが、モンテベルディ作だったら、海老蔵はCIAに汚染をされた事になるが?

2019-02-03 23:12:23 | 歌舞伎

  最初に置いた写真の説明をさせてくださいませ。この章の最終節あたりで、「海老蔵は、松竹の奴隷だった」と、私は語っています。その一行に、連動し、私の感想を傍証づける写真です。海老蔵と、坊ちゃんが正座をして、頭を下げている右側が、迫本氏(❔)、と、安孫子正(この氏名を11日に安孫子氏だと、気が付いたのですが、その後、6日間も直さないで、置いて、すみませんでした)氏のようですね。松竹のお偉いさんたちです。時間が経つと、海老蔵父子にも、椅子が与えられた模様ですが、この写真に写っている最初の段階でも、松竹の、お偉いさんも、同じ高さで、いるべきです。正座は苦手なら、同席しないで、裏に控えている方がよかったと思います。もし、同席をするのなら、海老蔵父子と同じく、正座をするべきでしょう。『なんと、鈍感な事か! 世間は、きちんと見ていますよ』といいたいです。役者を利用して、その労働で、自分達が楽な生活を送っているのに、自分達は、らくちんな椅子に座って、主役を、見下ろしているとは。その鈍感さには、恐れ入るばかりです。

 私は時々、『海老蔵が、かわいそうだなあ』と、感じるのですが、今般の、大失敗作である源氏物語の裏に、鎌倉エージェントがいた事が、音楽を通じて分かったので、とても心配をしています。カウンターテナーが歌った歌は、たぶんですが、モンテベルディ作曲のものです。そこから、源氏物語が、鎌倉エージェントの、対私に対する、一種の復讐のために、利用をされたことがわかりました。鎌倉エージェントに、利用をされると、その人物が、まっとうで、善意に満ちた人間だと、不運が、ついて回る様になるので、其れを心配しています。ただでさえ、歌舞伎俳優は重労働です。三津五郎と、勘三郎が若くして亡くなった様に、健康を害しがちですが、海老蔵にも、なんらかの、まずい運命が訪れるかもしれないからです。「頑張れ海老蔵」と、言いましょう。そして、奥様と天からの、加護があらんことを、心から、祈ります。

 

 とうとう、はっきりと、したことを書いていきましょう。何についてかというと、源氏物語、2018年7月版が、何故だめなのかです。それを、副題5以降に、書いていきましょう。そして、同じ5日の夜10時から、さらに加筆をいたします。主に、モンテベルディについて、鎌倉雪ノ下の鶴岡八幡宮と、武部聡志という音楽プロデューサーについて、述べながら、やはり、源氏物語は、失敗だったと、言う論調を続けたいです。

 読者の皆様の中には、「あなたは、何様なの? 偉そうに」と、おっしゃる方もおられるでしょう。しかし、私が語ることは、海老蔵の、将来を守る為の提言なのです。海老蔵は、今、大変な、人気者です。そこに、近づいて、来る人がとても、多い段階です。それが、本当に自分の役に立つか、立たないか、其れを、判断しないといけないのですよ。そして、役に立たない人を拒否することをやっていかないといけません。できるか、できないか? 甘いレベルで、彼をちやほやする人は、結局は、彼をだめにする人だからです。

 彼のファン、及び、歌舞伎のファンは、其れを見守っていかないといけないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

 うーん、これは、語るべきか語らないで、置くべきか、迷うところではありますが、松竹から、要注意人物に、ますます、されてしまうこと(苦笑)を覚悟で、述べれば・・・・・と、言うのもアフィリエイト収入さえない、私は、どこをも、恐れる心配がないので、歌舞伎に関しても、恐るべき深さで、真実を述べることができるからです。主に美術の分野で、磨いた批評眼を使えば、隠されているポイントも、すべて、見抜けますし、あまい、言葉だけを並べた、お追従文など、書くはずもないのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『海老蔵が、13代目、団十郎を、襲名するというニュースがあったが、私は、それは、稀勢の里の横綱推薦とか、琴奨菊の大関推薦などと、おなじく、周辺の、儲け主義に、影響を受けている、いやなケースだと、思って居る。未だ、襲名しない方が、いいと、思って居る』

 海老蔵の、(十三代目)団十郎襲名を、私は、反対しています。それを、個人的メールで、既に、ある人へ、表現をしてしまって居ますので、ハッキングを、している連中は、それを、松竹サイドへ、伝えていると、思います。ので、此処で、反対する理由を、しかと、述べて置きたいと、思います。でないと、私の深い真意が、伝わりませんので、さらに、無視され、弾圧される口実を与えてしまいますから。

 実は、海老蔵の襲名の記者会見の場所が、まず問題です。そこが、糸口になって、考えれば考えるほど、海老蔵が、既に、鎌倉エージェント側に汚染をされていることが見えてきました。場所についていえば、一月は、彼が演舞場で、カンパニーを率いて、出演中でした。それなのに、襲名を宣言する記者会見は、歌舞伎座で、行われました。それは、午前11時の開演前に、行われた模様です。どうして新橋演舞場で、行わなかったのでしょう。それ以外にも、疑問がいっぱいある、記者会見でした。

 突然の、発表は、二つの理由があったと、思うのです。一つは、同夜、日本テレビ(4チャンネル)で、海老蔵一家への、密着特番が、放映をされるという事。しかし、それに気が付いたのは、よほどの歌舞伎通であったはずです。または、4チャンネルを日ごろよく視聴をしている人間たちであって、日本全国民が、その特番に、影響を受けるという事はないと、思います。

 でもね、私が間違って居て、それは、日本全国民が影響を受ける大ヒット・ドキュメンタリーだったと、仮定しましょう。これから、ネットで、視聴率が、すごかったというニュースなどが出てきたら、私の推察が、二重の入れ子の意味で、当たっていたと、思います。そして、次の推定理由に入っていきましょう。その番組を放映した結果、彼の人気が、大であることがますます、わかったので、その勢いに、乗じて、此処で、急に発表をすることとなったと、言う仮定です。しかし、その日本テレビの特番の勢いを利用するつもりだったら、次の日の朝が適切です。

 私はやはり、この急な発表は、私が、前日に、知人に、個人的に送った非公開メールが、関係していると、感じています。で、拙速だと、思うのです。で、そういう、希薄な理由で、襲名を発表するのは、海老蔵にとって、プラスにはならないと、思うのです。

 「その機は、熟した」と、言う言葉があるけれど、この場合は、その機は、まだ熟しれは,いません。では、なぜ?と、問えば、やはり、私が、知人に当てた、メール内の、・・・・・海老蔵の源氏物語は、失敗だったし・・・・・という文章が、寄与していると、思います。そこに書いた、海老蔵の源氏物語は、失敗だったという私の判断に対して「そうじゃあないよ。海老蔵の、源氏物語は、失敗ではないよ」と、言いたい人間がいて、その人間たちが、海老蔵は、非常に偉い人なのだと、言いたい、わけなのでしょう。それが、十三代目・団十郎・襲名だと、思うのですが?

  ところで、その一行ですが、私は、海老蔵を、傷つけたくて、そんなことを言って居るわけではありませんよ。もっと、大きな視点で語っています。ロングスパンで、語っています。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『今の海老蔵には、処世術で、足りないところがある。このまま、おぼっちゃま(=御曹司)扱いを受けて、ただ、唯、他人から、持ち上げられる人生を送ると、表現力が、大きく落ちるであろう。今だって、2チャンネル等では、演技が下手だと、言われているのに、さらに、薄い表現力の人間になってしまう。それは、歌舞伎界にとっても、おお損だ』

*1)、今の海老蔵に、より大きな名前を与えて、彼に勘違いをさせたら、いけません。今でも、あるカンパニーのトップですが、彼が、トップであるからこそ大失敗に終わったのが、2018年度の、源氏物語でした。この源氏物語の、どこがだめだったのかは、後半(副題α)で語るとして。

 今、海老蔵に、必要なものは、自分より上の存在で、自分をいつくしみ愛し、成長への苦い注意をしてくれる人物であって、自分がこれ以上偉くなることではないのです。もし、父親の十二代目・団十郎が、生きていたら、それが、ぴったりの、人物だったのに、早世してしまったので、ないものねだりですが、・・・・・

 しかし、今、自分が十三代目・団十郎になってしまうと、まだ、自分が、修行中の身であることを、忘れがちになってしまうでしょう。そうなると、自分の、方向性が、ピント外れだと、言うことに気が付かないで、いるケースが多々、出て来る可能性があるからです。それは、巨視眼的に見ると、歌舞伎界の、大損失です。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ここで、一応だが、海老蔵に、愛情ある注意をできる人物が、居るか、いないかを、検討してみよう

 しいて言えば、玉三郎と、梅玉が、フリーですが、二人が、海老蔵のカンパニーに入って、重石になるはずもないので、海老蔵自身の成熟を待つほかはなくて、そのためには、海老蔵、名跡のままの方が、良い。これは、たぶん正しい』

 玉三郎は、NHKの、プロフェッショナル、特別編で、ナイナイの、岡村君を相手に、「自分の引退は、静かに、目立たない形で、(=フェイドアウトの、形で)、行いたい」と、言って居ます。しかし、それは、演技者としてであって、歌舞伎界全体を見れば、自分の、尽くすべき分野はあると、考えている人です。つまり、女方ですが、会社で言えば、社長的感覚で、歌舞伎界を眺めている人です。歌舞伎界に、5~6個存在する、サブ劇団のトップではないことで、かえって、全体像が、見渡せるし、どこの誰に対しても、口を出せるというわけです。

 で、三代目・猿之助が、病に倒れて、猿翁となり、実質的には動けなくなった今は、統率者として、機能しています。一種の改革者でもあります。中車など、演技力があるはずだと、みなす役者にいい役をつけることを、気遣ったりしています。しかし、そういう動きを始めたのが、年齢的に遅いです。また、奥さんや子供がいないので、バイタリティの面で、いささか、薄いです。それは、玉三郎自身が、よくわかっていて、主に、若手の、女方を鍛えるという方向で、自分のリーダーシップを果たしています。その玉三郎が、海老蔵の、父親役を果たしたいと、思うはずはないです。「今のところ、手いっぱいです」という感じでしょう。

  次に梅玉です。この人は、上品な、ニンのひとで、正義のお殿様でよく出てきます。インテリでもあると、言う様な役に向く人です。そういう雰囲気を示す人として、得難い持ち味があるので、インター・カンパニー的に活躍を、している人ですが、お金や名誉に対する、アクの強さを持っていない人でしょう。だから、海老蔵みたいにファンが多くて、いじったり、注意をしたりすることが、難しいと見える人物の、父親役には、つくはずがないです。

・・・・・そういう役柄の人だからこそ、新作歌舞伎NARUTOで、偉大な悪役をさせるそうです。それは、私がこれを、書いてから発表をされました。4日に入って、急にです。(苦笑)私が書いていることを躍起となって否定しようとする動きが、梅玉にまで、影響を及ぼしたのでした。

 と、なると、今、海老蔵の、上に立ち、海老蔵を支えたり、注意をしたりする人物は、いません。菊五郎、高麗屋(白翁=元・幸四郎)、吉右衛門、仁左衛門などは、自らの、カンパニー、及び、血を受け継いでいる、子孫のお世話で、精いっぱいのはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 副題4、『源氏物語のどこが失敗だったのか? 結論を言うと、コラボ相手に、時間を割きすぎていて、光源氏が、ちっとも光っていなかった。それは、演劇的には、失敗である』

 源氏物語の、大きな主題に、仏教があります。私は、池田亀カン(艦)先生の直弟子に学んでいて、特別にできがいい生徒だったので、その件は、よくわかっています。

 そのもっとも、大きな特徴は、すべての女性を虜にする彼が、父の、パートナーと、セックスをして、子供ができるが、のちに、自分の、子供に、同じことをされてしまうと、言うエピソードに凝縮しています。藤原道長の権勢が、その家来【❔】だった紫式部に、この物語を書かせたのですが、藤原氏も、数世代後には、栄華の座から降りるわけで、無常観の提示です・・・・・ここで、家来というのは、娘の、教育係兼、秘書兼、コンシェルジェといういみですが・・・・・

 しかし、2018年7月に演じられた、版では、其れは、セリフでは言われたが、劇そのものとしてみれば、仏教が、全体を通貫していたわけではありません。もし、本当にそちらを優先したいのなら、宙乗りなどを入れるのは、邪道です。3時間強の時間内で、あれこれ、入れすぎていて、仏教どころではありません。

 でも、「ちらし」では、海老蔵は、美しかったです。それで、大勢の歌舞伎初心者を集めた模様です。

 で、ちらっとですが、興行収入を推定で、計算してみると、6億円を、一か月で、松竹は、手に入れた勘定になります。

しかし、その初心者たちが、それ以降もリピーターになっていくかというと、疑問が大きいです。ともかく、仏教が表現されたわけでもないし、光源氏の美しさが、表現をされていたわけでもないのです。中途半端で終わった、ごたごた感が、いっぱいの失敗作だったと、思います。

 私は、『松竹は何をしているのだろう。事前に、こういう風に、進行するのだったら、此処がだめだ。あそこがだめだと、ダメ出しをしないのかしら?』と、疑問に思いました。

 すると、その疑問に対する答えが、上にあげた、日本テレビの、特番で、出てきたのです。松竹とか、歌舞伎座サイドは、制作に関しては、何も関与していないみたいで、今般の源氏物語、2018年7月版においては、海老蔵が、すべてを統括していると、いう事がわかりました。

 そこで、突然に、海老蔵の、本当の姿が、私にわかってしまったのです。六本木で、喧嘩相手から、殴られて、一か月休演をすることとなりました。昔の事ですが、そういうエピソードから、浮かぶのは、やんちゃで、不良な、活発な、リーダー像です。しかし、実像は違うのです。やさしくて、他人へ、お断りを言ったり、他人を、自らから、遠ざけたりは、できない、人であるという事が、わかったのでした。 

 海老蔵は、・・・・・気が弱い、おぼっちゃまでしかない・・・・・と、いう事に、私の方が、気が付いてしまったのです。

 ここで、大切な事は、それで、海老蔵を、責めるつもりは、私の方には、ないという事です。名門の御曹司に生まれ、しかも、顔が、格別に美形です。周りから大切にされる度合いも、大きかったでしょう。たまたま愛する妻が、大きな苦しみを、得たまま、亡くなるという劇的なことが起きて、彼の成長を促しました。奥様の、闘病と逝去のおかげで、彼には、抜群のレベルでの、向上と、成熟がもたらされたのです。それは、認めます。それは、彼の精神の部分(=心理の、部分)に大きなプラスの、影響をもたらしました。

 しかし、それは、生活技術上の、向上をもたらしたわけではないのです。喧嘩という大失敗は、過去にあります。しかし、穏便な、普通の生活の中で、人を拒否したり、切って行ったり、「それは、やりたくありません」と、断ったりする側面では、まだ、まだ、未完成であり、足りないところがあるのです。普通の日常に、起きる、味方同士の葛藤程、難しいものはありません。その部分において、彼はまだ未熟なのです。

 これは、70歳を超えた人なら、男女を通じて、誰もが納得をしてくださることでしょう。30代や、40代って、まだ、まだ、生活技術上は、未熟だという事を。特別に苦労の多い、幼少期を送った人を別にして、現代日本で、裕福な、中流階級か、それ以上の階級で、育った人には、共通の、傾向でもあります。 

~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『海老蔵は、今でも、既に、カンパニーのリーダーではある。そして、伝統的な、お芝居を演じる場合は、問題は、ないだろう。たとえば、【寺子屋】を演じたことがあるが、菊之助、松緑、梅枝などと、共演をした。それは、普段、彼が統率している、成田屋、一族の、カンパニー内で、松王丸(=主役)を、演じたわけではなくて、別の、劇団である、菊五郎劇団の中に、一種の客演として、溶け込んでいたので、成功している度合いも、大きくて、私の方に、批判をする気持ちは、起きなかった。ただ、唯、やせている。大丈夫かしら? 奥様が、亡くなった影響が大きいのでしょうと、同情をしただけだった』

 そして、私が、歌舞伎を再発見した、最初の演目である【蛇柳】も、結構でした。それは、海老蔵一家に代々伝わっているが、最近上演をされていないものを、復活して、上演した作品でした。その、作業に、おいても、海老蔵は、見事でした。だから、彼に能力がないわけではないのです。松緑、菊之助と、三之助と、呼ばれた時代から、今では、それぞれが、棟梁となって、新しい成功作を、追い求め、作り出している段階です。

 また、その少し年齢が高い世代である、猿之助、愛之助、獅童、又、年齢が、若い方である、松也、巳之助、右近(尾上)、歌昇なども、リーダーシップを取りたいタイプです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『源氏物語の中に、コラボとして入っていた、バロック様式の歌は、誰の作曲なのだろう。それが、明らかにされていないのは、どこか、・・・・不誠実さ・・・・・を感じるのだ。何かのだましがありませんか?と、感じるのだ。それゆえに、【闇の精】とか、【光の精】とか、いわれても圧倒的に、納得ができない』

 あの中に外人の、歌い手が二人、入っています。そのうちの、カウンターテナーのアンソニー・ロス・コンスタンツォは、平成26年の公演でも、参加しているそうです。私は、それを見ていません。

 それは、其れとして彼の経歴を見ると、プリンストン大学卒とあります。私が初めてメトロポリタンオペラを見たのは、1999年秋の、【アイーダ】でした。その時、主役を演じた、シャロン・スィートは、プリンストン大学で、教えていると、事情通(ニューヨーク在住のクラシック好きアメリカ人女性)から聞きました。だから、プリンストン大学は声楽の、メッカの一つであることを知っています。日本だと、ジュリアードが、アメリカにある音楽大学として有名ですが、声楽だと、総合大学であるプリンストン大学も、一つの、拠点なのでしょう。だから、優秀な歌手であることは認めます。

 そして、声が美しいことも認めます。しかし、クラシック音楽が大好きでもある私が、あの日は、イライラして、彼の歌唱を一切、楽しめなかったのです。なぜか? それは、メロディが当然あるのですが、誰の作曲の歌であるかが、どこにも紹介がされていなかったのです。バロック時代風だと、思うのですが、あそこまで、長く歌えば、当然、楽譜はあるわけでしょう。そうなると、作曲家は、いるわけです。

 今、念のため、バロック系作曲家というウィキペディアを開いてみました。日本語で、書いてある頁だから、実際には、世界中で、これ以上の数がいると、思うのですが、それでも、その中に、320人を超える、作曲家が記録をされています。そうなると、絶対にあのメロディには、作曲家がいるはずなのです。しかし、プログラム(歌舞伎座は、筋書きというが)のどこにも、作曲家の氏名が書いていないのです。あの日は、相当にイライラしたのですが、本日は、それから、7か月以上を過ぎて、自分の部屋で、一人だけで、もう一度丁寧に、プログラムを読んでみました。すると、62頁に相当丁寧に、「使用されたチェンバロが、どういう楽器であるか」が書いてありました。「有名な古楽器のコピーだけど、脇が、16世様式蒔絵風仕上げですって」。そこまで、丁寧に、楽器の、制作者が、その会社名(小さな個人企業めいた組織)が、固有名詞付きで、書いてあるのに、どこにも、作曲家の名前がないのです。

 また、これも、当日は気が付かず、しいて上げれば、本日、2019年2月4日に初めて気が付いたのですが、59頁に歌詞が載っているのです。日本語訳も載っています。しかし、その日本語訳なのですが、対する原詩が、英語なのですね。『え、あれ英語だった? もしそうだとすると、私のヒヤリング能力って、すさまじく、落ちましたね。でも、イタリア語、又は、ラテン語だったのではないですか?』と、思うのです。 

 最初から、これは、ラテン語だろうと思って居ました。メロディは、完ぺきにバロック調です。すると、ラテン語だと、言う風な先入観があって、私は、ハナから、意味を、聞き取ることをあきらめたので、だから、英語だとは、気が付かなかったのだと、思いますが、腑に落ちません。?????

 「でも、【闇の精霊(カウンターテナー)】と、【光の精霊(テノール)】の二人が、歌っていた時間は、相当に長くて、あの長時間の歌詞が、英語で、たった、10行だったのですか? ちょっと、納得ができないです」といいたくなります。

 さらに、さらに、プログラムを、読み込んでいくと、66頁から68頁の、木挽町百科というところで、伊達なつめさんという方が、【歌舞伎とオペラと能】と、言う解説文を寄せておられるのです。そこには写真が載っていて平成26年に、能がくわっていたのが、わかりますし、平成27年には、今回のカウンターテナー氏が、既に、参加していたことがうかがえます。

 しかし、そこにも、今回使われた楽曲が、誰の作曲で、どういうタイトルの歌かが出ていません。

 あれ、これって、わざと、つくろっている、御用学者風の文章ではないかしら?と、思います。日本のどういう場所、どういう分野にも、こういう御用ライターが配置をされています。そして、鎌倉エージェントに、都合の良いような文章を書き、サントリー学術賞、または、朝日新聞社賞をもらったりします。今、念の為に、ググってみると、伊達なつめさんとは、美術界における藤田千彩さんと、そっくりな立ち位置にある模様です。なんだ、其れでは、此処でも、利用をされたと、言う可能性が生まれますね。つまり、真実は伏せながら、しかし、まるで、正統であるかのごとく、とりつくろう為の、文章を作って、筋書き編集部から報酬をもらう。それって、本当に御用文筆家の典型です。

 しかし、私が最も頼りにしている、頁である、85頁の過去の公演記録には、その二つの公演の、記録がないのです。南座と、巡業ですが、どうしてないの? と、いぶかしく思います。

 最後(と、言っても、次の日には、後段にさらに、不審な、検討結果が出て来るのだが、初日には、ここまでを、チェックした)になりました。48頁に、やっと、少し、気持ちが収まる記述がありました。その頁には、スタッフの名前が出ています。映画で言うと、監督とか、カメラマンの名前を挙げるところです。そこに、13名の名前が載っており、その最後に、格別小さな活字で、カウンターテナー氏の名前が載っており、その下に、洋楽選曲と、ありました。

 そこで、『なるほど、プリンストン大学には、大量の楽譜が収蔵されているはずだから、彼が、そこから選んだわけですね』と納得をしました。

~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『東大や、芸大の学食と比較をすると、プリンストン大学の学食は、比較にならないほどに、広くて、雰囲気が、人間尊重の精神に満ちている。日本の国立大学のそれは、養鶏場の、給餌・施設を、人間サイズに、拡大しただけのものに過ぎない』

 私は、1999年の11月に、日本人の知り合いに、お礼を500ドルプラス100ドル(計、当時のレートで、7万2千円)出して、車で、ニュージャージー州にある、【レンブラント】という美術品を扱う会社の、倉庫兼本社まで、連れて行ってもらいました。そこへ行く途中で、プリンストン大学へ寄ってもらったのです。そこで、食堂に入ってお昼を食べたのですが、『アメリカのエリートって、こういう形で、頭脳を磨くのだわ』という事が、食堂で分かったのです。車の持ち主は、「違うところ(=外)で、食べる」といったので、私は一人で、食べたのでした。しかし、一人だからこそ、判明するものが、いっぱいありました。

 平屋で、広いのですが、インテリアは、ターシャチューダーの、家、風の、アーリーアメリカン調です。そして、広いスペースを間にとって、木のムクの、正方形のテーブルが多数置いてあり、テーブルクロスがかかっています。窓には紅白の格子模様の、カーテンが下がっています。また、床もムクの木材でできています。塗装は、していないです。パリでも階段はムクの木でできていて、塗装がしてありませんでした。そして、真ん中がへこんでいました。欧米では、古いものを大切にします。また、天然素材を大切にします。

 プリンストン大学に戻ります。私から、5メートルぐらい離れた場所が、10畳分ぐらい、スキップフロアー様式で高くなっていて、そこに、たった、一つ置いてあるテーブルに座って、4人の男女が静かにお話をしていました。日本人の年齢で換算すると、助教授、助手、大学院生の組み合わせでしょう。内容については、聞き耳を立てませんでしたが、そばで見ていても、本当に静かでした。しかし、熱い研究意欲を感じましたね。・・・・・・こういう形で、研究課題についてディスカッションをするのだ・・・・・と、言うことがわかりました。テーブルにはコーフィーもなく、又、ウエイトレスが、来て追い出すわけでもありません。

 その同じプリンストン大学の講堂(=階段教室)で、数学の難問【ポアンカレ予想】を解く、解説をした、ロシアの、天才的数学者の、ドキュメンタリー番組を見たことがあります。其の講堂まで、歩いていきたかったのですが、学食前に、サッカー場より広いのではないかと、思う芝生が横たわっていたので、あきらめました。学生たちは、学内での移動に、自転車を使って居ました(苦笑)

 私は、1960年代の東大の学食を利用しています。東大卒ではないのですが、勤務していたからです。

 半地下です。そして、圧倒的に狭くて、長いテーブルが、ぎゅう詰めという形で置いてあって、お部屋は無味乾燥の極致です。窓にカーテンなどは、かかっておりません。テーブルはデコラ張りです。またはメラミン樹脂張りというのか。ともかく、白い色だが、つるつるで、冷たいものです。足は、金属パイプ製でしょう。今では、そこには用事がないので、寄りません。したがって、改良をされたかどうかを、知りません。

 が、芸大食堂には時々入ります。半地下ではないし、インテリアも、東大よりは、上等です。天井が高くて、一サイドが、ガラス張りです。だが、テーブルは、やはり、プラスチック製の、上張りのものです。ムクの木では無い。足も金属パイプ製です。テーブルクロスもかかっていません。

 こういう部分も、日本の大学が低くみられる一原因かもしれません。日本は新しい箱モノを作るのに熱心です。そして、すぐ古いものを壊します。それは、建設会社を儲けさせるだけであって、文化程度が高いとは言えないでしょう。

  ここで、今回の源氏物語へ戻ります。その開演・前のインタビューで、その歌手が、語っているのですが、「日本でサイン会をすると、オペラを見たことがないという人がいて、驚きます」と。その種の経験から、日本人の、特に歌舞伎愛好者の間での、クラシック音楽に対する、知識や知性に対して、「少ないなあ」と、思って、小ばかに仕切ってしまったのでしょうか? だから、自分が選曲した曲目に関して、作曲者名を、記さなかった?

 しかし、人を小ばかにすると、相手もあなたを小ばかにしますよ。私はあなたに対して、「真のエリートたちが集う、あのプリンストン大学卒にしては、何と、ずさんで、だらしがないのですか?」と、言いたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『しかし、此処で、もう一回転、させて、深めて、語っていこう。もし、あの曲がモンテベルディ作曲のものだと、仮定をしたら、海老蔵は、CIA連中に汚されたことになるのだ。其れって大変な事、ざーますわよ』

 私は最近、「更新頻度を抑えて、その代わり、一つ一つ、深めて書くつもりです」といって居ます。 でね。ゾフルーザ問題の分析の時、ブロックAの解釈と、ブロックBの解釈があると、言いました。このカウンターテナー氏が、明かさなかった作曲者名ですが、其れを、あの章の時の、ブロックB風に、さらに、奥深く解釈をしていきましょう。

 歌舞伎座で、アンソニー・ロス・コンスタンツォの、歌唱を聞いたとたんに、『あれ、これ、モンテベルディに似ている』と私は思いました。 で、もし、あの曲たちが、モンテベルディ作曲のオペラ・等・からとられたのだとしたら、彼が作曲者名を伏せたわけも、すっぱりと、解明できます。モンテベルディは、日本イタリア修好150年記念オペラ、【ジャパンオルフェオ】に使われて居た、楽曲です。

 そして、そちらの方は、対・私いじめの要素を含んでいました。私は鶴岡八幡宮様の、氏子の一人です。普通なら、二日間に、渡る公演の、案内ぐらい来ないといけません。雑誌を郵送で、もらって居ます。そこに、チラシ一枚でも、入れてもらわないといけません。

 入場制限があるとしても、「一応、インターネットで、申し込める席があるのですよ」と、言うぐらいのご案内をいただかないといけません。しかも、何と、そのオペラの支援団体に、三井物産があって、個人的な支援者の、お名前の中にも、私の友人があったのでした。その友人が、「近所に行きますので、事前、もしくは事後に、お茶しませんか?」と、言う連絡をくれなかったのも異様なのです。

 そういういじめ問題に、ついては、すでに、深く書いてありますので、そのリンク先を後で、見つけておきたいですが、2つも、3つもあるはずで、今は、一つだけ見つけてあり、其れを、後注1として置いておきます。

 ジャパンオルフェオは、鶴岡八幡宮を、初演の場所として、選ばれたオペラです。次に東京芸術劇場でも、演奏されたものです。

 そして、和の楽器(邦楽)を使った部分とのコラボで、有名な曲です。

 このコラボという部分が、コンセプトとして、源氏物語と同じです。歌舞伎ですから、浄瑠璃や、黒御簾・音楽の演奏家が、22名参加しています。それと、古楽器チェンバロと、バロック調メロディの歌唱とのコラボレーション。コンセプトが両者の間で、そっくりです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題9、『そういうわけで、源氏物語に、関しては、海老蔵一人が、演出家にして、統率者だった・・・・・(日本テレビの番組で、其れがわかったのだが)・・・・・そこに、都会人としての、気の弱い海老蔵が居たかな?』

 私は海老蔵が、たった一人で、演出をしたという事も、今回の源氏物語が、大失敗に終わった大きな理由だと思います。というのも、光り輝く、主人公という姿を、彼自身は、演出し得ないのです。彼は、其れこそ、東京育ちです。ソサエティも上流階級風でしょう。だから、洗練をされています。それが、『俺様は、一番だ』と、は言いにくい、根本です。照れてしまうでしょう。そこが、あの源氏物語が、大失敗だった、一つの、理由でもあります。

 その点、菊之助は、外部の演出家、又は、脚本家を招いています。【蜷川マクベス・十二夜】にしろ、【マハーバーラタ】にしろです。また、獅童は、【あらしの夜に】を演出する際に、若い役者の意見を相当に取り入れています。獅童は、映画他で、外の世界の、演出に触れているので、演出の、重要性を知っています。

 シアターコックーンの場合は、私は、2018年度で、初めて見たのですが、七之助主演の【切られの与三】は、大成功でした。激情にいる人みんなが感動をしていました。脚本とか演出が、非常にしっかりと、機能をしていたからです。

 ここで、蛇足というところで、あの芝居が、どうして、大成功だったかの、もう一つの理由(梅枝の悪女としての好演が、七之助のキャラを立てるのに、大いなる、サポートをしていた)を述べますが、

 ここで、大切な事は、菊之助も、七之助も、兼ねる役者というタイプで、女方も致します。という事は、美形だと、いう事です。海老蔵と、タイプは違うが美形だと、言う典型です。

 そして、主役として、輝かしい、美しさを見せていきます。照れないで、見せていくのです。【マハーバーラタ】は、群像劇でした。で、菊之助は、最大、最高の主役というわけでもないのです。でも、気は弱いが、この世に和をもたらす、王子だと、言う気品と、輝きを見せておりました。

 そして、七之助です。私は、十八世勘三郎は、しねま歌舞伎でしかみていないのですが、二人のお子さんの、うち、将来伸びるのは、七之助の方だと、この芝居の成功で、さらに、確信をしました。お兄ちゃんの、勘九郎は、限界があるのです。性格的にまじめすぎるから。しかも、立派で、やさしい母親と、同じく、献身的な妻に囲まれて、かつ、子供二人が、既に、歌舞伎座で、デビューして居ますので、がんじがらめです。したがって、不良化方向へ、かじ取りの、できる筈もないです。

 今年の大河ドラマは、勘九郎主演で、【いだてん】です。これも裏で、鎌倉エージェントが手配したと、見ています。私が批判をしている俳優を二年連続使ってきました。で、勘九郎に、合わせた主人公を、探し出し、金栗四三にしたのです。しかし、もでるもおもしろくないだろう、じんぶつだし、演じる方も面白くない漢字の役者だから、これから先どうなることやら。

 なお、こういう事を打破して行くためには、松竹の、姿勢が、相当、高くなくてはいけないのですが、大谷信義という人物が、どうか? 相当に心配です。

 まあ、海老蔵も、六本木歌舞伎においては、演出家として、三池崇氏を招くそうですので、どうなるかな?

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題10、『しかし、海老蔵が、自分で、アンソニーロスコンスタンツォを、見つけてきたとは思わない。海老蔵が、これほどの長時間を割いて、彼らに、お歌を歌わせると、言う、コラボ・演出を、考え出したはずはない。

 もし、彼が、其れを考え出したのなら、そこに、彼の気の弱さを感じ取るのだ。もっと、刈り取らないといけない。それは、能狂言の部門についても同じだ。

 しかし、海老蔵が、逆らえない立場の人間を通じて、鎌倉エージェントが、ジャパンオルフェの、尻つぼみ現象への復讐を図ったのだと、仮定すると、あの大失敗作の、生成も納得がいく。

というのは、私は、シャロン・スイートについては、1999年以来、今まで、何度も文章の中で、取り上げてきたからだ』

 上までが、長い、長い、副題です。で、文章体で、書いていますが、これから、先は、通常の会話体へ戻します。

 海老蔵が、A.R.コンスタンツォと、個人的に親しくなる機会はないと、思うのですね。だから、海老蔵から共演を持ち掛けた筈はないのです。

 では、誰が、・・・・・源氏物語を、対・雨宮舜用の、復讐の道具として使おう。そして、モンテベルディを、もう一回、その中で、使おう・・・・・と提案したかですが、むろんの事、鎌倉エージェントです。しかし、彼ら(伊藤玄二郎、いまだ生きている井上ひさし、成岡康司、石塚雅彦、大町在住だった、元電通マンにして、フリーメーソンらしくファンドマネージャーなど、中谷共二氏の次男等の)、七人には、音楽的知識はないはずです。だから、概念だけ、提供して、後は適切な楽曲を選んでもらう人を、選び出し、選曲を依頼をしたと思うのです、

 そのアイデアを出した時期ですが、2006年か2007年でしょう。

 ここで、その当該人物が誰であるかを、同定しないといけません。第一に考えられるのは竹部聡志です。この人はポピュラー畑の人ですが、国立(くにたち)音大を卒業しているので、知識は豊富でしょうから、モンテベルディを選びだす可能性は高いです。この人が、70%ぐらいの確率で、提案者である可能性があります。全候補の中で、もっとも度合いが、強い人間です。

 その次に、東京カテドラルで、演奏会を開く、合唱団の、指導者です。今、名前を思い出せず、東京カテドラルで、引いても出てきませんでしたが、桐朋学園卒の、笛(古楽器)の奏者のはずです。2012年ごろまでは、銀座の、新富町駅に近いギャラリー福山の入っているビルの二階で、練習をしていた合唱団がありました。そこの指揮者です。私は、その合唱団の、演奏が、あまりにレベルが高いので、驚いて、ドアを開けて訪問をしたことがあるのです。パレストリーナを練習している日でしたが、今まで、接したことがないレベルの、練習をしていました。すごい、すごいレベルの高さでした。

 私には、当時は、尾行が付いていた可能性があるので、その部屋へ、私が訪問をしたことを警察からの連絡で、知った井上ひさし等が、東京カテドラルに連絡を取ったうえで、「あの合唱団の指揮者に、選曲を、依頼をしよう」と、伊藤玄二郎に、提案をした可能性があります。

 三人目は、児島百代先生です。この方は、北鎌倉女子学園の音楽部門を隆盛にした功労者ですが、カソリック雪ノ下教会の少年合唱団、グロリアのお世話を長らくしておられたそうですから、伊藤玄二郎とは、とても親しいのです。自伝を鎌倉春秋社から出しておられますからね。その上、私は、鎌倉コールという、昔、1980年代から、参加していた合唱団に、2009年ごろ、10年ぶりに出かけたのですが、その最初の日に、百代先生に、ひどく、いじめられたので、「変だ。これはおかしい。裏に何かがある」と、思って居ますので。だって、音楽の先生が、弟子をいじめるなど、非常におかしいのです。

 あと、この三人でなかったら、あの人だろうと、思う人が三人ぐらいいますが、確率はぐっと下がるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題11、『私は、バロック音楽としては、ビバルディと、パレストリーナしか、かつては、聞いたことがなかった。しかし、2016年、10月4日から急に、モンテベルディの、メロディを聞くこととなった。それは、武部聡志らしい人物を通じて、大いなる、地獄を見ることへつながったので、特別に、印象深いメロディとなった』

 私は、此処で、20時間以上、チェンバロ奏者の名前が出ていないと、言う、ミスを犯してしまいました。チェンバロ奏者の名前は、61頁に出ていました。それはお詫びをします。しかし、そこは、間違えたけれど、源氏物語に、使われた楽曲はモンテベルディではないかと、言う疑いは、消えません。その頁に、載っている、全8名の、演奏者の、所属や住所をグーグルで調べて、連絡を取れば、わかるはずですが、此処では、後で、訂正することとなってもいいから、そう言う調査は、抜きにして、歌舞伎座で、伴奏をつけて歌われたメロディが、モンテベルディ作曲の楽曲の中のどれかだったと、言う、推定で、ものを語らせてくださいませ。

 この副題8の二重ガッコ内に書いた通りで、私はモンテベルディについては、CDも、持っていないし、中学時代(=60年前まで)は、よく聞いていたラジオも、最近では、聞かないので、モンテベルディを、聞くこととなったのは、一重のオペラ、【ジャパンオルフェオ】の練習が、鶴岡八幡宮の境内の舞殿で、始まってからでした。2016年10月4日に、急にしたから、特徴のあるメロディが聞こえたので、私は怪訝に思って下へ降りて行ったのでした。すると、それは、練習日だという事で、自由に見ることができました。ミッソーニが、デザインした、衣装で、本番を行うのですが、其の4日前も、練習着みたいな、白地の(本番とデザインが、同じ)衣装を着けて、動きを伴鵜、練習をしていました。

 私は、実は、八幡宮様の、駐車場と、上と下という別はありますが、地境を接しています。で、八幡宮様から、広報雑誌を、郵送で、送っていただいている身ですが、事、音楽会に関しては、何もお知らせをもらって居ません。どうしてかというと、その催し類は、2002年までは、素朴なものだったからです。誰でも自由に見ることができるし、演奏をする人も、地域に根差した、半分ボランティアの、趣がある程度の音楽会でした。もっとも、音量が大きいのは、自衛隊化、県警の音楽隊で、それ以外は、かすかにお琴が聞こえますね』というぐらいのものだったのです。しかし、私が、2004年から、本を作り始めると、その音楽会が、ものすごい音量になり、入場制限が加わったり、いろいろ変化をしていくのです。

 それは、なぜかというと、私が、工業生産的な、本を作り始めて、そのデータを自宅で、作り始めたからです。私が自分を大物だというのは、その本づくりの邪魔されようが、けたたましい事、けたたましい事、アリと、あらゆる方向を使って、弾圧と、いじめの総攻撃を受けたからです。ですから、私が書いて居ることがどれほどに、彼ら、鎌倉エージェントにとっては、怖い事なのかを、指し示しており、かつ、こういうデジタル・ネット、配信よりも、紙の本(昔からのスタイルの、伝達手段)の方が、どれ程に、力強いものかを知りました。

 しかし、・・・・・パソコンがシステム破壊を起こして、其れを、処理しているうちに、壊れる・・・・・と、いう風な弾圧が起きてきたので、やがて、外で仕事をする様になり、収入がないのにノマド生活に追いやられます。本は、6種類、を、400,600,600,800.800.800部、作ったのですが、そのノマド生活を勘案すると、いつも、一冊、4,5千円になるのでした。苦笑するしかないのですが、他人に頼まないで、本づくりができるわけですから、ますます、弾圧を受けることとなります。つまり、現在でも検閲が、あるのですが、それは、出版社が、出版を引き受けないという形で行われます。しかし、自分が出版社になってしまえば、本を出版できます。ですから、私が、恐れられ、それで、かえって、さらに激しい弾圧を受けるという事になります。

 さて、その言論弾圧の、一手法として、鶴岡八幡宮様に、大騒音を出させるという、方向がありました。各種工事が、真夜中、又、昼間も大音響を上げるという事もあったし、2003年より前は、なかった、大太鼓の、長時間連打というのも始まったし、音楽会が、有料に、なり、入場制限が、始まったのも、その一環だったのです。

 そして、そういう流れの最頂点に、位置する音楽会が、【ジャパンオルフェオ】の公演でした。それは、本番は、2016年の10月7日の夜と、8日の夜に。八幡宮の舞殿横・西側を舞台として、行われたのです。しかし、それは、壮大な失敗作というべきでした。日本イタリア修好150年を記念するのなら、オルフェオを、ミッソーニの衣装で、原版のままで、公演し、そのあとで、宮城道雄の、春の海を、複数の演奏者で、演奏するというぐらいが、結構だったと、思いますよ。もし、あのジャパンオルフェオをそのまま、イタリアへもっていってごらんなさい。3時間、束縛された聴衆は、日本人の知性も、芸術性をも、両方を疑うと、思いますよ。

 歌舞伎座の方で、6億円を稼ぎ出したであろう、源氏物語2018年版も同じです。そうだいな、失敗作です。それを瀬戸内寂聴さんが、ほめていますか? 瀬戸内寂聴さんは、115%の、御用小説家です。もし、彼女が、本当に音楽とか芝居がわかる人だったら、夫の元を、去らないでしょう。特に4歳の子供を置いてはね。夫たる人は、音楽を研究する学者でした。音楽が本当に好きであったら、そんな夫を、それほど、子供が小さいうちには、裏切らないです。しかも、出奔をした後で、二人の男性と、両天秤にかける様な恋愛騒動を起こして、一人を自殺に追い込んでいますよね。または、二人ともかな?

 NHKが、よく、彼女の法話に、群がる60代の女性の群れを、ニュース映像として、流しますが、あれを見ながら、日本人は、かくも劣化したのか?と、いつも驚いて居ます。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題12、『ジャパンオルフェオは、東京公演でも盛り上がらなかったと、見ているが、・・・・・内部では、あいつ(=私の事)が、ブログなど、書きやがったので、メディアで、宣伝をしにくくなった。今般は押さえておくが、これについて、復讐してやらないといけない・・・・・という事になって、2018年の、歌舞伎座で、又、モンテベルディが、使われたという事でしょう。つまり、歌舞伎座は、6億も稼ぎながら、その本当の目的は、単純極まりないもので、単に、私に対する復讐の場として、利用されただけなのです。

 海老蔵が、どこで、このカウンターテナーと知り合ったかが不思議でしたが、鎌倉エージェントが企画をして、海老蔵には、有無を言わせぬ形で、飲み込ませたという事が、今では、はっきりとわかります。その伝達をした、人物が、この右側の二人だったと、推察しています。

 そして、私が公ではなくて、個人メールとして、源氏物語は、失敗作だったと、書いたので、又、ジャパンオルフェオの時の宣伝を行いたいのに、行えない。・・・・・と、考えて急遽記者会見を行わせ、襲名予定のことを、発表をさせたと、見ています。

、急遽、記者会見をさせて、十三代目団十郎を襲名することを、麗々しく、かつ、にぎにぎしく、発表をさせたのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題13、『ここで、急に海老蔵が、松竹の奴隷状態であることがわかってしまった。借金があるという事は聞いていたが、今般の、襲名発表・記者会見によって、さらに、ひどい状況で、奴隷状態であることがわかってしまった。もし彼がやんちゃな、小坊主時代のままだったら、何とかなるが、奥様の感化で、純真無比になっているので、本当に心配している。

 これから先、なお大量に加筆をする予定ですが、7日まで、お待ちをいただきたく存じます。用事があるので。

 

 なお、このブログの、2010年から数え始めた、延べ訪問回数は、5149306です。

  

後注1、

八幡宮のオペラの実行委員に、元〇庁・長官が入っていたし、日本ユニシスと三井物産が寄付をしているので、私の被害に関する謎の解明が、大きく進展した△

2016-10-07 21:50:24 | 政治

 

コメント
 

後注1、

海老蔵、豊洲で、講演する・・・・・・このニュースが、表す、真意は、二つあるが・・・・・+池江りか子の白血病   2019-02-17 04:52:22 | 政治

海老蔵が豊洲で、講演の2・・・・・切ない思いを、与えられる挿話があるので、あれこれを理解できるのだ    2019-02-18 01:07:26 | 政治

2019-3月の、三宅坂は、満員御礼です。お客は大満足の体ですが、歌舞伎は衰退するだろうと、思う人が多いのですよ。   2019-03-12 22:11:04 | 歌舞伎

コメント

酒井忠康氏は19-6-23 9:00の、日曜美術館に、世田谷美術館館長の肩書で現れた。錦織圭が、味わったアジフライは、誰の作?

2019-07-15 11:37:39 | 政治

 これは、最初の総タイトルを、【全英開始直前に、アジフライを、錦織にごちそうしたのは、柳井正夫人ですか?】としておりました。しかし、午後2時に上のものへと変更しました。

副題1、『今期の全英で、錦織選手は、絶好調であった。その好調の理由をNHKテレビは、彼のインタビューを放映をして、日本国民に知らせた。すると、「直前に、休養を取ったのがよかった」とのこと。「釣りをして、釣果を知り合いの奥さんが、アジフライにしてくれた、おいしかった」とのことだった』

 私にしてみると、錦織選手の、海外生活は、主にアメリカを、中心にして考えます。フロリダを、中心にして考えます。しかし、私はかつて、フロリダには、行ったことがありません。しかし、ニューヨークのすぐ隣の州、ニュージャージーには、言ったことがあります。そこに、レンブラントという、美術用品の卸会社の本店が、あるので、車を個人的にお願いをして、連れて行ってもらったのです。途中プリンストン大学と、レンブラントの、本社で、おのおの、一時間ぐらい過ごして、車の中にいたのは、正味6時間ぐらいでしたが、対抗方向からは、一台の、くるまも、走ってこず、追い抜く車もいないので、圧倒的な、自然が、あるという事に驚き入ったのです。

 アメリカの国土って、如何に広大かは、思い知らされました。日本でね。「東京から、1時間半、車を走らせたら、人家が一軒もない場所に到達します」なんて言う場所は、絶対にないからです。そして、一時間半から始まって、さらに一時間半を、使って、車は、相手先につくのですがその、二時間ほど、ずっと、人家がない場所を、走るのです。両側は、草原です。時々、毛皮が、茶色の牛(ニュージャージー種)が、見えます。また、堤防が、無い、自然石がごろごろしている川も見えます。そして、会社そのものは、6棟の波板合板か、ガラスでできた明るい大倉庫に、ありとあらゆる美術材料をキープしているのでした。

 まあ、日本でも、この前、火事を出した、ASKULの倉庫なども、大きい模様です。又、流通業の、クロネコとか、アマゾンの倉庫が巨大なのは、テレビを通じて、知っていますが、ああいうところは、段ボールに入れた商品しか、目には見えません。しかし、レンブラントの、倉庫には、美術品の材料が、それぞれ、簡易な梱包をされて積み上げられているので、素晴らしい見ものでした。アメリカの富裕層、または、中流階級は、この程度の、物質的豊かさを、享受しているのだと、しみじみ感じました。まあ、日本でも新宿の世界堂・本店は、お客の目に見える形で、美しく大量の美術材料品を展示しているので、世界中のお客から人気が高いそうです。が・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『日本の銀行は、段々、アメリカナイズしていきそうだが、それは、実際には、一般・日本・国民を、無知な、貧困階層に、陥れる仕組みである。二極化をさらに進めようとする恐ろしい仕組みである』

 しかし、「アメリカほど、建前と、本音が違う国はない」と、アメリカ通の人が言って居ましたが、それもあたりです。貧しい人は、教養もなく、何の目的もなく、生きている社会です。犯罪率も多発していて・・・・・

 でもね、それが、日本に普及しそうで、大心配な私は、「銀行の紙の通帳が無くなる」と、言う制度には大反対です。アメリカの銀行は紙の、通帳を作っておりません。昔は・・・・・わら半紙でできた、小切手、を切る・・・・・という形で、支払いをして居ました。これをブログで、書いたとたんに、日本では、大手の三菱銀行でさえ、紙の通帳をなくしていくとのこと。

 しかし、自分が、いくら使ったのか? あの、わら半紙でできた簡易な、小切手帖の管理で、わかるはずもなく、まるで、雲をつかむような不安な生活を強いられているのです。しかし、富裕層は、エンゲル係数が、小さいですから、いくら使っても、びくともしないので、紙の通帳がなくてもいいのでした。

 奴隷制度が、入ってきた国だから、または、移民が、次から次へと入ってくる国で、先住民・程、ハイクラスに、いる社会だから、そうなのかは、知りませんが、一般庶民というのが、とても、レベルが低い世界に、とどめ置かれているのが、アメリカという国家です。だから落書き文化も発生してしまいました。

 ところで、エンゲル係数というのを、最近では使いません。しかし、これは、総収入の中で、食費という、生きていく基本的な出費が、何パーセントに当たるかを示す数字で、40%が目安で、それを超えると、貧乏だと、いう事になります。

 私たち夫婦は、私に親の遺産が入りますので、夫婦合わせての収入が、30万円を超えます。柳井正氏から見るとトレース(痕跡)程度の収入ですが、それでも、そこから、エンゲル係数を、考えると、40%以内で済んでいます。主人の病後である、さいきんでは、私はお料理に凝っていますので、相当おいしいものを食べていますが、それでも、40%以内に抑えられています。その上、家が、既に、自分のものです。だから、固定資産税だけで、済んでいます。息子も一括現金で買いましたので税金だけで、済んでいるはずですが、マンションだと、管理費他がかかります。

 その点ですが、・・・・・・最近の十年間に、・・・・・一戸建ての家だと、管理が大変なので、老後は、「マンション住まいがいいです」・・・・・と、言う論調がはやりましたが、あれは、嘘ですよ。老後を一戸建てから、マンションに変更すると、思いがけない出費が重なるし、よくないことだと、思います。今、70歳以上で、高収入だった人は、同じ一戸建てでも、駅から徒歩圏内に、家を持っているはずなので、利用価値が高いので、それを、生かそうとする業者に、おだてられる向きがあると、思います。

 私は、北久里浜に、前に住んでいた家を、まだ持っています。そこは、こちら、鎌倉の雪ノ下の家よりも、さらに高い丘の上に在って、昔は、駅からは、徒歩、300段の石段を上り下りする、地域でした。しかし、線路よりも反対側にある、いろは坂になっている車道を利用するよりも、はるかに、時間が短くて済むので、今でも、私は、時々、使います。その石段の途中にあった畑は、すでに開発をされて、駅から至近距離にある(徒歩五分圏内)のデザイナーズ一戸建てとなっています。

 しかし、車が、入らないほど、狭い場所には、昔ながらの古い一戸建ての家が、数棟残っているのです。最近の五年間で、そのうちの一棟を、ある人が、2580万円で、中古物件として、買ったと、聞いています。車は、自分宅の崖を削って、駐車場として、持っています。その人ですが、素晴らしい趣味の持ち主で、竜安寺の石庭風の進入路も、自分で作ったし、段差のある、木製デッキも作ったし、さらに、小さな別棟も作ったのでした。私は、この五年間、そこを通るたびに、進歩していくその家を見て、感心しっぱなしです。あの石庭風の結構大きな石を、どこから運んだのでしょうね。下の道路から、自分だけの、人力で、ですか?と、感心しきりなのです。まさか、プラスチックの模造石ですか?

 東京都23区内の・・・・・駅から、徒歩20分ぐらいのところに、敷地、30坪以内で、デザイナーズ建売住宅を、5860万円で買います・・・・・などという人よりも、はるかに頭がいいなあと、感心しきりなのです。アメリカだって、【大草原の小さな家】のお父さんなどは、賢い人で、今では、作家の子孫は、中流階級に、なっていると、思います。または、富裕層にです。テレビ放映の恩恵を受けてね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ここで、北久里浜に住む、杉本俊一・横須賀市副市長・正子夫妻と、仲野通巳吉、一族について述べないといけなくなった』

 なお、北久里浜って、なかなかの、住宅街へ、進歩しつつある、いい地域です。平作川周辺という低地を挟んで、反対側の、西側の丘に在る、森崎(この前、友人を頼って、逃走し続けた男が最後につかまった地域)と、比較すると、そちらの方が駅より遠いので、北久里浜の方が、より、ハイクラスになりつつある地域です。新住民の中には、ベンツを駐車場に停めている人もいる。そこにある。我が家にいくためには、地上から、五階分を一気に持ち上げてくれる、ルネ北久里浜専用のエレベーターが、あるので助かっていますが・・・・・

::::::::ここで、大きな挿入です。このエレベーターは、一か月1500円の有料パスで、丘の上の一戸建てに住む地域住民にも開放をされていいます。これは、杉本俊一横須賀市副市長・正子夫妻の、後ろめたさの反映だと、思うけれど・・・・・というのもルネ北久里浜の建っている敷地は、元横須賀市の水道山であって、それが、ただで、瀬島龍三、+、益山重夫に、地籍変更届の仕組みを利用して、渡ったのが、1978年の事です。・・・・・その時、杉本俊一・正子夫妻は、横須賀市の土木課長でした。私は、電話で、この悪だくみを伝えて、阻止するように、頼んでいます。しかし、正子夫人の、ママ友である、私の方を俊一氏は、無視しました。その後、杉本俊一氏は、大出世をしています。もしかすると、定年を延長して、いまだに、横須賀市の、副市長をしているのではないですか? しかも、つい最近、呉の副市長をしていた親戚を利用して、私を苦しめる措置を生み出しました。あくどい、あくどい、とどまることを知らない、悪辣ぶりです。

 ところで、呉の親戚の方は、定年で、副市長をやめていると、思います。ところが、杉本俊一氏の方は、どうだか、わかりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『最近の事(=6月23日の、日曜美術館)で、酒井忠康氏が、久々に出演をした。それを、本日、19-7-15に見たのだが、酒井氏は、肩書を、世田谷美術館館長としていた。神奈川県立近代美術館の館長を、やめたのが、定年退職後(=公務員のそれ)だと、思うので、既に、13年間も定年が延長されていることとなる。酒井氏は、土方館長の時代に、実質的な経営者として、これまた、実質的な、経営者である、吉田茂穂(当時は、ナンバーツーか、ナンバースリーであった)氏現在の宮司と組んで、神奈川県立美術館を葉山に移転をさせる仕組みを作ったと、思われる。

 当時は、その経過措置として、版画専門の、別館を作った。それが、今は閉館措置を受けている。国民(特に現代アート)を好む人をなだめていく為の、経過としての、措置なのだろうけれど、今は、閉鎖されているそうだ。立派な建物はどうなったのだろうか? 我が家から五分程度の場所に在るので、見に行かないといけないが、つい、駅と反対側に在るので、行くのを忘れてしまう。大船から、バスで、帰ってくるときには、それが、見えるくせに、いつもいつも、酒井忠康氏のことを考えているわけでもないので、つい、点検を忘れてしまって居た。(苦笑)、本日は絶対に見に行こう。あ、は、は。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『ここで、やまゆり園事件の事へ、再び入っていかないといけない。あの建物は、血痕が、19人の死者分の、ルミノール反応が出ない建物だから、証拠隠滅の為に破壊をされた、血痕反応が出るから、破壊をされたと、国民には、なんとなく思いこませておいた模様だが、実際には、出ないから、つぶしたのだった。こういう事を考え出した人間は、自分野ことをとても頭がいいと思いこんでいるらしい。事件そのものの、起案者、は、いまだ、生きている井上ひさしではあろうが、事件を即座に謀略であると、当日には、見破った私に対して、

 その頭脳レベルを見くびった、連中(鎌倉エージェントと、私が呼ぶ人物たち)によって、次から次へと、つじつま合わせの、後しょりが、施されていく。その一つが、血痕反応が、19人もの殺害分ほど、ないからこそ、それが、反対方向(=あの事件は、嘘が大量に含まれているとのこと)への証拠になるので、建物が壊されるのだった』

 この神奈川県の税金を無駄遣いするという措置は、やまゆり園事件の建物を壊して、新しく建てると、言う措置にも応用をされている。やまゆり園事件では、19人の死者が出ていると、されているが、一人も死んでいない。怪我をしたのも、数人であろうと、私は見ている。もし、本当に、19人死んだのだったら、名前を隠す必要などない。障害は、差別されるものではないのだから、名前を秘匿する恐れなどないのだ。それに、相模原署(または、津久井署)に出頭してきた、植松聖は、車の中にも靴にも血痕が付いていなかったのだ。私は徹夜明けか何かで、第一報から、あのニュースを追って居るのだけれど、警察署の玄関には、血痕は、何も滴り落ちてはいなかった。警察が重要な証拠を洗い流しますか? それは、いけないでしょう。それに洗ったのだったら、水分がまだ、残っている筈なのに、玄関の、コンクリートは、乾いていた。

 植松聖が、もし、一人で、やったとしたら、運転席には血痕が残っているはずです。と、書いたら、さっそく記者団に、植松聖の、車が公開をされた。しかし、記者たちが、撮影したのは、後部座席の足元だけで、そこに散らばっている結束バンド数本だけだった。結束バンドは、玉川河川敷で、リンチ事件に出会った・・・りょう太君が、・・・・結束バンドで、縛られたまま、泳がされた・・・・事で、一躍有名になったもので、私はあの事件の前には、そういうものがあることすら知らなかった商品だけど。ともかく、元に戻れば、植松聖の、車を取材させたのだけれど、肝心かなめの運転席側は、取材をさせなかったのだった。

 あの事件は、徹頭徹尾、警察主導、の事件だった。しかも、その警察も、誰かに指導をされて、事件を、管理した。その誰かとは、企画者は、井上ひさしで、伊藤玄二郎が事前に根回しをしていたのだった。各病院へは、医師会に力を持つ(だから、子宮頸がんワクチンに、将来不妊になるほどの、強い毒性があると、私が言って居るので、厚生労働省が、中学期の生徒に、強制投与を目指したほどだったが)伊藤玄二郎に根回しをさせたのでしょう。そして、事件そのものの脚本は、井上ひさしが書きました。また、植松聖は、どこでリクルートをされたかというと、母親が漫画家だったそうです。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『植松聖が、どこで、リクルートをされて、ああいう教育を受けて、19日間だという短い期間の、措置入院にも甘んじたかだが、朝日ソノラマの社長か、漫画専門会社に、勤務した、私のICU時代の、友人(隣のクラス、総勢50人で、同じレッスンを受けたA君が関係を持っていた可能性を感じている。したがって、彼は、そのルートで、もってリクルートをされたと、見ている』

 すみませんが、此処で、長時間中断をさせていただきます。

 

 

コメント

前報でTBS石井アナが心配だと書いた。すると、石井アナだけではなくて、TBSからもNHKからも全英に関するニュースが消えてしまった△

2019-07-14 01:36:49 | 政治

  今、15日の午前11:40ですが、以下の文章の推敲と加筆を終わりました。それで、総タイトル横に恒例の、三角印をつけておきます。

副題1、『前報(あと注1)の、副題3(但し、冒頭の節)で、私は、TBS石井アナが心配だと、書いています。しかし、石井アナどころか、全英に関するニュースが、一切NHKから消えてしまったのでした。これは、例のごとく、私が、どれ程、大物であるかを証明する出来ごとです』

 今は、14日の、午前1時40分です。これから、新しいものを書き始めますが、途中で、何度も他の仕事をするので,午後6時ごろまで、完成は、しない見込みです。それは、お許しくださいませ。ただ、本日は、最初から、激しい妨害を受けています。ローマ字変換になることを始め、ポインターがあっちこっちに飛んでしまうなど、妨害が、頻繁です。これは、前報が、ビッグな真実を書いたからです。本日は、休日であって、引き続き、ビッグな真実を書きたいとも思うのですが、もう見事な復讐を、TV画面に発見をしているので、其れについて、まず、書かせてくださいませ。石井アナは、すっかり消えてしまったし、ウィンブルドンの報道そのものもTBSの【ヒルナンデス】からは、消えています。

 そうです。山口県・田布施町のタブー及び、その裏側の、真実?、及び、部落の話(神奈川県にもそれがあったという話)、柳井正氏の、考えていること、安倍晋三総理の、裏側、酒池肉林といううわさの真偽、徳川幕府の事など、種々、あたまの中に、ある大きなテーマをすっぽかして、小さな、テーマにこだわります。それが、現代、または、現在の、CIA連中(または、フリーメーソン連中)の考えていることの図星に迫るからです。神は、細部に宿るというのは、真実です。 

 前報を、相当長く、さらしていました。次から次へと文案が頭に浮かびましたが、ああいう、大きな内容を書いた後では、少し休みたいのです。休んで何をするかというと、日常で、たまっている普通の仕事です。おおきくはない仕事です。園芸、終活、お料理、お片付け、などなど、それをするのも、生きていく為に必要な事であり、それを、できる時間が生まれたと、感じたので、ブログを更新しませんでした。

 しかし、NHKが対私いじめに利用をされているのは、見事に知っていました。其れについては、副題αで語ります。

 ここは、TBSにこだわります。錦織選手と、幼いころに、試合をしたという石井アナに戻ります。この人は、背が高くて、いかにもスポーツ好きだと、思われますが、子供の時に、習ったことで、プロになっていくか、それとも、趣味で、終わらせるかの岐路に立った時に、親子とも、趣味でやっていくと決めた、一族なのでしょう。

 これは、妹から、よく聞かされた話ですが、妹自身バレー(踊り)をやっていたので、娘にも小さいときから習わせました。妹は、背が高いのですが、姪は、背が低いのです。これは、バレーのプロになるのには、リフトが、容易なので、向いていると、先生から言われていたそうです。ひどく悩んだのですが、普通のコースを選んで、渋谷幕張に、進学させました。中学受験をするかどうかで、9歳ごろ決断をしないと、いけない、模様です。

 で、9日の【ヒルナンデス】で、石井アナは、20分以上を割いて、今期の錦織選手のどこがいいのかを語りました。とても面白かったです。でね。本日の総タイトルで、石井アナが、心配だと、書いたのは、「フェデラーと、錦織は、ユニクロ兄弟ですからね」と、彼が言った言葉をブログに採用をしたからでした。もう、一つ採用する予定でした。それを採用して、ブログを書くかどうかを、迷って居たのです。ですから、石井アナの去就はずっと、追って居ました。すると、10日には、見事に出てこなかったです。一切です。前の日に、30分近く割いて、丁寧に説明した、あの姿は、どこにもありませんでした。後注1は、現在、其の公開日時が、12日になっていますが、実際には、9日に書いていますので、自分の影響力の強さに、改めに、感じ入りました。

 でも、こうなったら、破れかぶれで、石井アナの次のセリフも、ここで、使いましょう。秘匿していた、次の一行は、ウィンブルドンの打ち上げについてです。これを採用したら、TBSは、石井アナを引っ込めるだろうと、言う一行です。毒を食らわば皿までで、彼が、抑圧されて、裏側に、秘匿されていることがわかったので、かえって、堂々を、それを、ここで、語りましょう。だって、このブログの読者様が、全員、その番組を見ていたとは、かぎらないですからね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『昔、【会議は、踊る】と、言う映画があった。第一次大戦後の、ウィーン会議の、模様を映画化したものだと聞いている。画面は、白黒だったが美しい。ところで、私達一般人は、ノーベル賞・受賞式と、その前後の模様は、相当、詳細に知っている。王族が出席をされる聖餐会があって、その後、ダンスがある? 日本では、宮中で、外国の国賓を招く、聖餐会が、もっとも、格式の高いものだけれど、その後ダンスがあるかどうかは、知らない。首相主催の晩さん会でも、その後、ダンスがあるかどうかは知らない・・・・・

しかし、一般の、日本人には、ほどんど、届いていない、情報が、ウィンブルドン最後の夜について、石井アナから、もたらされた・・・・・「ウィンブルドンの、打ち上げ会は、それは、それは、華やかなものです」と。「男子の一位と、女子の一位が、最初にダンスを踊るのです。二人だけで、まず、おどり、その後、全員が踊りだします」と・・・・・・これを、石井アナが、取材記者として、二階のバルコニーから、それとも、一階のボールルームで、実際に見たか、または、錦織選手等からの、伝聞だったのかは、私は、知らない。

 その打ち上げに、出席し、スピーチを述べる王族とは、エリザベス女王。それともチャールス皇太子、それとも、ウィリアム王子夫妻?・・・・・しかし、問題は、出席者が、選手と、王族だけではないと、いう事だ。スポンサー企業も、むろんの事招待をされていると、思われる。

 そこで、柳井正氏が、活躍する。錦織圭が、ウィンブルドンに出た最初の年は、19XX年だろうが、それ以来、柳井正氏は、そのパーティに、出席していると、思われる。これは、柳井氏に対して、大きな自信を与えたと、思う。世界のトップエリート、200人のうちに自分は入ったと、言う確信を与えたと、思う。ブラック・タイまたは、白い蝶ネクタイ? そして、奥様はシャネルの、150万円ぐらいのロングドレス?』

 ここですが、今、柳井正氏のwikipediaを開いてみたところ、5日前とは、相当に違って居て、部落の出身であるという事がわからないみたいになっていました。それは、いいのです。それを咎めようとは思いません

 ただ、親戚が水平社運動をしていたと、いう部分に痕跡が残っていますが? 祖先が牛馬商であったと、いう記述は消えていました。

 それからね。柳井正氏は、会食が苦手だと、出ていました。そうなると、ウィンブルドンの、打ち上げパーティにも出ていないかもしれません。だから、私が上で言った、自信をそのパーティで、大きな自信を得たはずだは、間違って居たかもしれません。しかし、フォーブスの記事では、何度も大富豪だ、として、取り上げられたそうですから、抜群の自信は、持っている人だと、思います。

 なお、前報を、9日の夜に書きあげた時点以降、私が録画している、NHKニュース。午後零時、夕方7時、夜九時の、ニュースウォッチ内では、ウィンブルドンが出てこなくなったのでした。TBSの石井アナだけではなくて、NHK側でも、あれこれを報道することが無くなったのです。私は調子に乗って、自分が大物だと、喜んでいるわけではなくて、裏に、ブログの、文章とは、していない弾圧が数多くあるので、それを、傍証づけにして、こういう事を語っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ここで、大切な事は、柳井氏が、部落出身であるかどうかではなくて、抜群の財力を利用して、政治に乗り出している可能性なのだ。安倍総理と組んでいると、書いているところもあって、私の祖父の胸像が、行方不明になっている可能性もあるし・・・・・それは、孫の私に対する弾圧の様式とそっくりだし・・・・・・』

 部落というのは江戸時代にできた制度です。私が思うに、もっとも、税金を取りやすい農民から、収奪し、その不満を抑えるために、牛馬商を、中心に、農民以下の階層が居るのですよ」と、設定をした、徳川幕府の、悪しき、政策の結果であって、「別に、それが、どうした?」というたぐいの問題だ。しかし、神奈川県にも部落があると、 

 私は、PTAの役員であった時に知った。これは、正確に記録しておきたいエピソードだ。

 此処で、24時間以上の中断を入れてしまったので、この続きは新しい章を起こして語ります。

 2019-7-14~15  雨宮舜 (本名 川崎千恵子)

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、5476901です。

 

後注1、

柳井正氏が、部落出身だという事を、最近知る。柳井商業の校長が私の祖父であったと書いた件に関連して知った。しかし、祖父の胸像が撤去されている可能性もあって?       2019-07-12 11:44:34 | 政治

コメント

柳井正氏の、特殊な出自を、柳井商業の校長が私の祖父であったと書いた件に関連して、最近知った。特に、祖父の胸像が撤去されている可能性もあって

2019-07-12 11:44:34 | 政治

 この一文ですが、大胆な、改変を、三日目にいたします。9日にアップしたのですが、日時を移して、12日にもこれがトップにくる様に采配をいたします。

 この章は、テニスの事で始まっていますが、それが、主題ではありません。・・・・・ユニクロの柳井正さんと安倍総理が、大変親しいらしい。しかも、何か、大きな政治的流れをそこから、発生をさせているらしい。イージスアショアを、萩市へと、言う流れは、そこから生起しているのではないか?・・・・・ と、いう部分が主題です。だから、前前報と、連続して書いている章なのです。今、推敲加筆中ですが、前半部分と、その大切な部分を入れ替えます。しかし、あまりにビッグな真実に到達しました。つまり、柳井正さんは、部落民出身だと、いう事です。それと、安倍晋三総理大臣は、山口県、田布施町の出身です。こちらにも、大きな闇というか、なぞがあるのです。ここに住んでいたある男性が、幕末に、京都におられた、天皇(?)を殺害して、ご自分が明治天皇になったと、言うタブーです。その二つ(田布施町についてのタブーは、前から知っていたが、柳井正氏、が、ウィンブルドの、打ち上げ会で、大きな顔をするだろうと、言う現時点や、一方で、イージスアショアを萩市にという一般的な、日本国民の苦しみを考える時点で、それを知ると、見事な符号を感じ取ることができる)を、知ってしまった驚きを語っているのが、この章です。というわけで、導入にあたった、副題1と2を後ろへ回し、副題3から、この章のナンバリングを始めます。

 

副題3、『NHK、総合チャンネルで、錦織選手の試合を、放映しないものだから、私は、9日には、新聞のラテ欄を丁寧に読んだ。どこかで、錦織選手を中継しているのではないかと思って』

 その結果、ニュースショーのなかでは、TBSだけ、新聞のラテ欄に、全英と、その4回戦を突破した、錦織選手について、いろいろ、予告的に、書いてあった。これは、理由を知っている。TBS所属の石井(?)アナは、子供のころ、錦織選手と、同じレベルの強さのテニス選手であって、松岡修三のテニススクールか、それ以外でか、錦織選手と、試合をしているそうで、特別な立場を保持しているからだ。

 で、石井アナは、若いし、面白く、かつ的確に、錦織の、四回戦を解説した。ところで、次の対戦相手は、フェデラーである。そのフェデラーに勝てるか勝てないかについて、石井アナが、解説し始めたとき、彼は、ふと、という感じで、「同じ、ユニクロ仲間ですからね」と、言った。それが、勝つことへつながるか、つながらないかは、言えないけれど、同等に、近いレベルに達していると、言うことを、石井アナは、言いたかったのだ。

 ところで、ここから、【たんけん爆問】の終わりとサヘルローズに入っていくのだが、それは、副題あ)から、始めるとして、ここでは、ユニクロのテニスウェアに入っていきます。

 わたくしは、石井アナに、言われるまでもなく、フェデラーが、ユニクロのウエアを、着ていることには、気が付いていました。しかし、本日の一文を書くにあたっての、きっかけが、石井アナの言葉だったのです。

 まさしく、見事なタイミングで、それが、脳みそに刺さったのでした。

 で、ここまでは、本日の文章の前哨戦という部分です。本日、もっとも、書きたいこと、の、メインは、ユニクロの創設者、柳井さんが、柳井市の出身だということです。そして、ちょうど、わたくしは前報(あと注1)を書き終えていると、言う見事なタイミングで、柳井正氏に、ついて、脳みそが動いたということです。その文章の、副題1は、大変長いのですが、その最後の方で、わたくしは、・・・・・・柳井商業の校長を、40年間、務めたのは、わたくしの母方の祖父である・・・・・・と、書いています。それでね、『あれ、柳井正氏の父君って、柳井商業の出身ではないかしら?』と、思ったのです。それを、思って調べたのは、石井アナの、「フェデラーと、錦織が、ユニクロのウエア兄弟だ」と、言った、言葉の前なのです。それで、今までは、全く知らなかったことを知って、びっくりしたのでした。しかし、それを、書くか、書かないかは、問題であり、わたくしは最初は、書かないつもりだったのです。しかし、イージスアショアの件があるので、これを書いているのですよ。ですから、前々報の、正式な続きとして、これを書いているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『柳井正氏の父親は、等氏といって、大変にエネルギッシュな人だったらしい。そこから、いろいろなことが分かってきた・・・・・びっくり、びっくり、びっくりだ』

 わたくしは、まず、予想を立てたわけです。柳井正氏の父親は、洋服店を経営していたというのは、有名な話です。息子を東京の私大(早稲田)へ、通わせるのは、なかなかの、出費ですから、売上高の大きいお店でしょう。となると、税務申告は必要で、簿記等を学ばないといけません。だから、『等氏は、柳井商業を出ているはずだ』と、思いこんだのです。そうなると、わたくしの祖父の授業(または、講義)を受けていた可能性があるのです。『それは、面白いね』と、なって、まず、年齢を調べたのでした。柳井正氏が、1947年生まれ、で、等氏は、それより、25~35年前に生まれている。となると、十分に、わたくしの、 祖父の生徒だった可能性は、出てくるのでした。

 ::::::ここで、挿入ですが、先ほど、午後、一時頃、鎌倉へ帰宅をして、【午後ナマ】というのを見ていたら(常にテレビがついているので、ながら視聴をしますが)、「NHKが、今夜、フェデラー戦を、BS1で、放映をすると、言って居ました。で、昨日9日から、書き始めた、冒頭部分が間違って居ることとなってしまいますが、その時点では、それは、正しかったので、そのままにしておきましょう」という挿入を入れて、元へ戻ります。

 たまたま、正氏のwikipedia を開いていたら、父君である、等という人名が、リンクへ飛ぶ形でしたので、そちらへ飛んでみました。すると、全くの予想外の出来事として、等氏は、小学校卒でした。旧制中学も旧制商業中学も出ていないのでした。ここで、旧制中学というのを、一応、解説をさせてくださいませ。これは、中学と高校を合わせた様な学校ですが、当時は、小学校までが、義務教育であって、大多数の人が、小学校卒で、世の中に出たのです。東京では、旧制中学へ進む人が多かったと、思いますが、田舎では、一クラスに、二人ぐらいしかいなかったのです。高女というのも、同等な、ランクですが、それも入れても、クラスで、三人ぐらいしか、上級学校へは、進学しませんでした。だから、それを卒業しただけで、一般人ではなくて、エリートと、なることができて、今でいう一部上場大企業でも課長程度には、なれたのです。さらに、その上の旧制専門学校(現在の大学)とか、旧制高校から、帝大へ進学となると、さらに数が少なくなって、そちらを出ると、必ず、重役になることができたのでした。

 ここで、ちょっと、別の方向へ進みますが、今、現在は、大学進学者の数が、圧倒的に増えました。したがって、古い考え方の、親の居る、家庭では、親子喧嘩が起きる可能性が強いのです。というのも親の世代では、大学進学が容易だったのに、子世代では難しくなっていて、親の期待に、子供が添えません。いい大学を出ている親ほど、現実を甘く見てしまいます。それで、中学で、私学受験をさせないで、公立に行かせたりします。『自分の時は、簡単だったので、子供にとっても簡単だろう』と、いう風に考えてしまうのです。ところが、中高一貫教育の私学と、公立中学高校コースとは、授業内容に。現在では、大きな差があるので、公立中学に進むと、大変に不利になります。でもね。そう言う現実の厳しさを、甘く見てしまうのです。

 それが、もしかすると、100万人の引きこもりを生む一つの原因かもしれません。ともかくの事として、小学校だけしか出ていない父親の居る家庭から、あれほどの、大富豪が出たわけですから、トンビが鷹を生みました。めでたし、めでたしでした・・・・・と、なって、そこで、このブログが、終わるか・・・・・というと、そうでもないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『私が、最も驚いた記述は、・・・・・日本では、昔、水平社運動をしていたグループと田布施町グループが合体をして、いて、それで、名誉、特権、金銭の三つを独占をしていて、酒池肉林の、宴会を重ねている・・・・・と、いう記述です。しかも、続いて、・・・・・柳井正氏は、江戸時代に、部落制度を作った、日本という国家、および、日本人を憎んでいて、日本国に、利益をもたらそうという様な考えは、一切持っておらず、1000万円の年収を超える少数エリートと、年収、100万円以下の二つのグループだけで、いいと、主張をしている・・・・・と、書いてあった。かつ、・・・・・・田布施町グループの存在が、タブーでもなくなっていて、それは、喜ばしい・・・・・と、いう記述だった』

 私は、ただ単に柳井正氏の一族が部落出身だと、いう事で、驚いたわけでもないのです。別の事で、びっくりさせられたのでした。それは、氏の父の等氏と、その兄は、水平社運動を行って居たと、いう記述です。その流れをくむ、正氏と、田布施町、グループが結託をしていてなんとか、かんとかと、いう記述です。

 田布施町グループとは安倍晋三総理大臣の、持っているというか、所属しているというかの、グループです。ただ、唯、びっくり仰天しました。そして、あまりにびっくりしたので、其の原資料をコピペするのさえ、忘れてしまいました。もう、無くなっているかもしれません。著者についてもわざと、確認をしておらず、どういう人物が書いているかさえ、知りません。

 ただ、唯、私がおどろいたのは、タイミングなのです。それを知ったタイミングなのです。私は後注1の、中の副題βで、田布施町と、安倍晋三総理大臣の関係について、軽く触れています。しかし、歴史の正史には出てこない話なので、恐る恐る触れています。

 でもね。安倍総理大臣の施政には、非常におかしいところがあって、戦後日本政治で、最悪の総理大臣だと、考えていて、それを今までは、鎌倉エージェントのラインからだけ、考えておりました。伊藤玄二郎、+、いまだ、生きている井上ひさしが、感嘆した、命令を受けているので、こうなるのだと、考えておりました。つまり、CIA、または、フリーメーソン、または、谷垣禎一氏、伊藤玄二郎、井上ひさし、石塚雅彦などの、影響下で、そうなっているとは、書いてきました。

 しかし、そこに、もう一つ、・・・・・元、水平社グループというのが、ある・・・・・とは、知りませんでした。それから、秘めた形での、在日集団がありますね。これも特権者集団で、あって、表には見えない形で、政治を動かしています。

 いきなり、色々なことが、ぴったりと、解明できる様になりました。パズルが埋まったというわけです。元水平社グループは、柳井正さんが、トップなので、資金は、潤沢です。

 柳井正氏は、こうも言って居ます。「実は、父(等氏)のことは、苦手で、逃げ回っていた」と、そういう記述もあります。でも、ご家庭の中での、幼い日々の家庭内、会話の中で、差別の不条理に対する怒りは、繰り返し語られたと、思います。となると、軍資金を、田布施町グループに注ぎ込んで、政治を意のままに動かすことに、意味を見出して、取り組んでいる可能性が出てきました。特に田布施町グループと、言うのが安倍晋三氏ですから、コネ政治の、最大の、総理大臣ですから、これは、それもありだろうと、思い当たるのです。

 イージスアショアが、秋田県と、萩市に、設定をされたという事は、日本国とか、日本人を憎む、柳井正氏の、提言で、そうなったのかも知れません。

 身近な人間、特に山口県で、自分を差別した、エリートの山口県分の、代表として、萩をやり玉に挙げて、苦しめる・・・・・痛快、痛快と、柳井氏、ニンマリしていますか? 

 わかりません。ただし、此処で、急に上書き保存に、このボックス内テキスト記入様式が変化しました。それは、最上級の真実を書いているときの特徴です。したがって、安倍晋三総理大臣の、後ろには、柳井正氏、が、大資金源を、保有しながら、くっついていて、自分が有利になる様に、報復活動をしている? そして、それが、正しい?

 いや、驚きました。今まで、寸毫も考えなかった、ある、路線の、急なる、登場です。いままで、まったく、視野に入っていなかった人が、急に、私の眼前に、立ちはだかったのです。

 そして、もっと驚いたことには、「柳井商業跡地に、何かを作ると、いう記述でした。柳井商業は、どうも、移転をしているらしい。すると、校長を40年間も続けた祖父の、胸像が建っていたはずですが、それが撤去されている? 

 そこで、一件落着、誰からも、文句が出ていないから、イージスアショアを萩に持ってくる。おや、おや、と、ただ、声も出ないぐらいに、びっくりです。

ろん、柳井氏と、部落出身だと、言う秘密を祖父母の世代には、持っていた大勢の人にとっては、これ程、喜ばしいことはないでしょう。しかし、此処からは、安倍総理に入っていきたいのです。ただ、その前に、全英の、打ち上げ会の模様を石井アナが、10日の、【ヒルナンデス】で、解説したことを、此処で取り上げないといけません。

 ここから先は次の章で、書きます。

そして、この章の前半をこれ以降に、展開をしておきましょう。私は毒々しいことを最初から、書く様な人間ではないのです。書くべき結論は、頭にあっても、ゆったりと、周辺から攻めていきます。その前半部分が、副題1、と、副題2です。

 なお、特記すべきは、此処でも、神様のご支援はあったと言う事です。

 私が祖父のことを書いたのは、母の事から、ついでに書いたのです。その母が、とても簡単に、いいところに就職できたわけとして、祖父のことを書いたわけです。母は、高等女学校を卒業した後で、富裕層の常として、暇だから専科というところに進学しました。これは、今でいう短大で会って、家事手伝いをしながら、高度な縫物を教えて貰ったり、歴史や、音楽について、お勉強をするところです。そこを卒業した後では、就職をして居ません。山口県の田舎で、お嫁入の相手が、見つかるまで、家事手伝いをして、過ごしていたのです。そして、お見合い結婚をして、相手の職場がある、横浜へ出てきました。

 そこで、細君として、家事をさせているわけですが、父は、母の社会経験がない事、お化粧の仕方一つでも、洗練が足りないこと、洋装が、できないこと、など、色々な、ところに不満があったわけです。でも、これから、母の学資を出すほど、給料がよくはありません。自分自身も、自分の父親が、早く死んでいるので、兄に、学を出してもらったぐらいです。だけど、いい方法があったとして、妻に働かせたのです。そこで、就職先ですが、横浜正金銀行なんて、当時は、輝かしい職場だったのですよ。日本で、唯一、為替を扱って居たところです。今は、一度名前を変えた後で、三菱銀行に、合併しています。しかし、母が私に言うところによると、「あーたね。銀行って、三時過ぎが忙しいのよ。それは、知らなかったわ(親戚に銀行員が多いのにです) で、五時に、ぴったりと帰れるところとして、日産自動車に、変わったのよ」と、言って居ました。こういうところ、会社を移転するのでも、大丈夫で、次の就職先が、簡単に見つかったのも、祖父の存在が大きいと、思うからです。

 そんなに、次いでついでの、項目から、柳井という地名を、初めて、このブログの世界で、書きましたね。それも、偶然です。今までは、柳井商業という固有名詞は、書いていません。それは、祖父が、一回、養子縁組を、解除しているので、名字が、私の母のそれとは、違うので、その説明が面倒くさかったからです。

 でも、たまたま、柳井商業だと、はっきり書いたところで、フェデラーと、錦織戦が、始まる前日でした。で、私は、柳井正氏の父君が、柳井商業の出身で、あろうと推察し、それを調べたらおお騒ぎになったのです。うーん、と、思うほどの大騒ぎ状態に、私の頭の中が、なったのでした。「士農工商、穢多、非人」と、言う言葉は、父から何度も聞いていましたのでね。

 ただ、これは、全くの偶然で、得た知識なのです。さもしい心で、どうしたら、大金持ちになれるのかしら?と、思って調べたわけではありません。

 ここまで、文章の順番を入れ替えたのち、この章野、トップ部分を、&&&&罫線に挟んで、以下に置きます。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『錦織選手が好調で、それは、うれしいことだけれど・・・・・でも、NHKは、放映をしない・・・・・大阪なおみ選手の試合は、放映をしたのに、なぜ?』

 今年の全英で、大阪なおみ選手の試合をNHKは、放映をしました。私は、新聞のラジオテレビ欄を読まない人なので、それを知らなかったのですが、たまたまNHKニュースの録画分を点検中に、気が付いて、夜11時、15分と、零時に、ちらっとは、見たのです。それは、総合チャンネルでした。NHKニュースは、総合チャンネルのものを、録画しているので、それが、終わった時にライブの、一チャンネルを、見ることとなるのですが、それが、大阪なおみ選手が試合中のライブ映像でした。しかし、負けそうだったので、見るに、忍びず、引き続き録画ニュースの点検を続けたのです。

 なぜ、見るに忍びなかったかというと、負けるという予想を、ずっと前の全豪が、終わった時にすでに、抱いていたからです。だけど、負けるといっても誤解をしないでくださいね。私が、大阪選手を嫌いで憎んているからそう思う・・・・・などと、言う誤解です。私は大阪選手を好きだし、応援をしたいと思ってはいますが、大阪選手が、心理的な、嵐に見舞われているのが、わかるので、勝てないだろうと、予測していたのです。

 サーシャコーチと組んだのは、2017年の12月だったはずです。全米は、次の年の8月だったので、そこでお抱え選手が優勝するというのは、サーシャコーチにとっては、大勝利です。

 ただ、彼は、苦労をしている人間だから、心理的に成熟していて先が見えます。一方で、私はパリバオープンに勝った後の、なおみ選手のインタビューを見ていて、二人は、結婚に至るのだろうと、推察していました。そして、半分は、日本人である、なおみ選手は、言わず語らずで、その希望をサーシャに示したのでしょう。しかし、それは、サーシャには通じなかったのです。彼が、欧米人だから、『はっきりと言葉にしてもらわないと、わからなかった?』 か、 ですが、わかっていたと思います。

 しかし、繊細なところのある、なおみ選手が、妻としては、適切ではないと判断をして、なおみ選手の、恋心に気が付かないふりをしたのでしょう。また、スター性のある彼女と、過去の成績にスター性のない自分との、40代、50代の、結婚生活を思い描いて、『ダメだ、今は、よくても将来は、まずい』と判断をしたとも考えられます。そこで、婉曲に、なおみ選手に気持ちを伝えるために、前から付き合っている、年齢が、自分と相応している女性(白人であり、テニス界での、有名人ではない、一般人の模様)を、公の席に、つれてきて、人々、および、テレビカメラの前に、公開をする様になりました。

 これに、なおみ選手は、ひどく傷ついて、一緒にいられないと、判断をしたのです。だから、サーシャを、解任しました。しかし、嫌いなわけではない。一種の失恋だから、大きく落ち込んだのです。全豪優勝直後の、インタビューですが、すでに、不幸感が、表情に出ていました。老成した顔というか、疲労感がいっぱいの顔でしたね。パリバオープンの時とは、まるで、違う顔です。

::::::::::なお、ここで、挿入ですが、彼女は、ファッショニスタと、呼ばれていて、その選ぶお洋服が話題になる模様です。全豪後、浜辺で、インタビューに応じた彼女は、鮮やかなプリントのドレスを着ていました。これですが、同じブランドのものをNHKの岩田解説委員が、G20の時に着ていたと、思います。彼女は、安倍晋三総理大臣が、大好きなのだそうです。だから、安倍総理の、華麗な舞台には、ご自分も連動して、おしゃれをしたというわけです。別に悪いことではない。しかし、岩田さんと安倍総理は、別の人間です。安倍総理大臣が、岩田さんが惚れるほど、立派な政治家だとは、私は、思っておりません。:::::::::::

 でも、その同じブランドの、あの華やかな、ドレスを着ていても、全豪勝利後の、なおみ選手の顔は、美しくなかったのです。むしろ、全英初戦敗退後の、短い時間だった模様の、インタビューの方が、少女そのものの顔で、きれいでした。かわいかったです。迷っている自分、今、どうしていいか、わからない、そういう自分が素直に出ていてかわいかったです。

 フロイトは、こういう風に人間を動かす力をリビドーと名付けて、大きなものだと、言っています。でもね、メディアは、どうしてか、そこに注目をしていないで、嘘ばかり書いています。つまり、さらに勝つために、コーチを変えたですって。特にサーシャには、大きな大会に勝った経験がないから、なおみ選手が、より、レベルの高い、コーチを求めたなどと、言う解釈があって、私は、これでは、まるで、彼女が強欲な人みたいに見えるではないか、とんでもない間違った解釈だと、内心で、怒っていたのです。そして、なおみ選手は、かわいそうだと、思いました。

 もし、マスコミの言うとおりだったら、なおみ選手の方が謝罪をして、サーシャコーチに戻ってもらえばいいではないですか? 二人は最強のコンビです。しかし、なおみ選手が、『サーシャは、好きです。しかし、好きだからこそ、一緒に居られない。だって、彼は、私を選んでくれなかったのだもの』と、思っている限り、彼が、呼び戻されることはないでしょう。

 また、日本テニス協会の誰か、偉い人が、二人を呼んで、仲直りの手打ち式を行っても、修復しえないと、思いますよ。ただ、一つだけ、方法があって、それは、一年間、二人に全く世間と隔絶した世界を、与えることです。たとえば、無人島に、暮らすことを許して、二人だけにしておくとか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『お菓子やさんで、御嬢さんが、冷蔵庫に遺体として入れられていたという事件でも、私は、主人に向かって、「父と娘の間に、近親相姦でもあったのかしら?」と、最初期に、言っています。この予測も当っていたらしいです。特に、妻の連れ子であって、血がつながっていない、父と娘だったそうですから、小さいころから、お互いの間に、セックスが、あったのでしょう。しかし、御嬢さんが、大学に入って、いよいよ、独立心が出てきて、離反したいと、思い始めたので、お父さんは、恐怖のあまり、娘を殺したのです。娘が真実を大学の友人、もしくは将来できるだろう、恋人に告げることが、恐怖心の源でした。だから、殺して、自分も自殺をしたのです』

 この事件も、リビドーをどう処理するかという点で、ある間違いが、起きて、それをどう修復するかと、言う点で、お父さんの方には、二人の間の、関係をたって、娘を、人並みの簾内とか、結婚へと、送り出すということができなかったのですね。

 すべての日本人に、義務教育の段階で、フロイトの、リビドー理論を教えておく必要があるかもしれない。ウッディ・アレンが、ミア・ファローと、離婚をしたのも、ベトナムから、来たアジア系の顔をした養女と、アレンが、セックスをしたからです。養女だって、連れ子だって、やがて成長して、セックスに向く年齢になります。その時、血のつながっていない父親の方がリビドーをコントロールできなかったら、こういう事が、容易に起こります。最近、裁判が起こりましたね。それを見て、この親子の間にも、以前とは、違う風が吹き、それを父親が、恐怖心をもってとらえたのでしょう。

 所沢の、中2刺殺事件でも、私はフェイスブックの方では、・・・・・被害者が、いじめを過去に行っていた。いじめとは、性的快楽を、更新させるものであって、中学期から、それ相応の、教育をするべきだ・・・・・と、そういう風にまとめ上げています。心理学的な分野も含める性教育です。子宮の形が、どうなっているかと、ペニスの機能を教える性教育だけではなくてね。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

 なお、この文章は、まだ、まだ、加筆をしたいのですが、それは、13日に書かせてくださいませ。

 メモとしては、*1)、TBS石井アナが、これで、抑圧されるといけない。*2)、大阪なおみ選手の、サポート企業が、ウエアの場合、アシックスから、ナイキへ、変更になった。これを、許容したのは誰なのだろう。アシックスは、決して、良いドレスを提供していない。今般の、ナイキの方が、美しい。だが、契約を新しく結ぶと、以前よりは、契約金が高くなる(大阪なおみ選手側への入金が多くなる)

はずだ。それは、現状では、なおみ選手を、苦しめるだけである。誰が、そんなことを、あっせんしたのだろう。他、etc.

 

後注1、

イージスアショアは、私弾圧の為に国費を使うケースだ。そう断言する理由は、父・ちはるが、1910年萩生まれで1932年秋田鉱専卒だからだ

2019-07-08 01:05:13 | 政治

 

コメント

新しいのを書き始めたのですが、

2019-07-11 23:53:44 | 政治

最近、こういう事をよくやるのですが、一旦、ひっこめます。というのも、寝る前に、意味のあるところまで、書き抜けないと判断をしたからです。いったん寝ちゃうと、起きてから雑用に入りますので、意味が不明のまま、他人様に、20時間程度、お読みいただくことになります。それは、つらいです。恐れ入りますが、一旦、ひっこめます。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ、訪問回数は、5466979です。

    2019年7月11日 雨宮舜 (本名、川崎千恵子)

コメント

イージスアショアは、私弾圧の為に国費を使うケースだ。そう断言する理由は、父・ちはるが、1910年萩生まれで1932年秋田鉱専卒だからだ

2019-07-08 01:05:13 | 政治

非常に込み入っている前報を分割していきます。

副題1、『昔の日本では、秋田県沖が、唯一の石油、産出地域だった。それで、秋田鉱山専門学校というのが作られており、私の父は、そこの石油科の第一期生だ。だから、それを、狙って、秋田県がイージスアショアの、基地とされたのだった』

 今の日本では、石炭も廃鉱になっているし、石油も、生産はせず、精製だけをしております。横浜磯子、四日市、徳山(現在名、周南市)などには石油精製コンビナートがあります。夜は傍を通るときれいです。

 秋田鉱山専門学校とは、現代では、秋田大学となっています。ただし、現代では、東京へ若い人の、人気が集中気味なので、入学試験の、偏差値が低いかもしれません。しかし、明治43年(=1910年)生まれの父が、入学したころは、相当に、人気が高くて、入学の難しい学校だったそうです。

:::::::::ここで、挿入ですが、盗まれてしまった父の写真の中にはメスシリンダーを前にして、ピペットを握っている学生時代の写真がありました::::::::::

 なお、若い方は、現在の学制下の、工業専門学校と、混同なさる方もあるやと、思いますが、戦前は、今の大学のほとんどが、専門学校という名前だったのです。旧制高校とそれに付随する、帝国大学以外は、全部専門学校と呼ばれていたのですよ。慶応大学も明治大学も、多摩美等も全部そうだったのです。東(帝)大、京大、九大、北大、ほか、三校だけが、帝国大学・・・・・つまり、大学と呼ばれる施設だったはずです。後は、高商(現在の一橋大学)とか、高師(現在の筑波大学)等を含めて、専門学校と呼ばれていたのです。

 私の学友(男子)が、石油会社勤務だと、聞いたので、「私の父は、秋田鉱専の石油科第一期卒なのよ」というと、彼は、びっくりして、「え、石油会社の、重役って、ほとんどが秋田鉱専卒ですよ」と、いいました。そうですね。2019年現在、石油会社勤務の、85歳以上、105歳までの、年齢層では、非常に幅の効く大学名だったのです。

 父は、新卒時は、早山製油所(のちに早山石油 → 昭和石油 → 昭和シェル石油)に、勤務しました。今日初めて石油元売り変遷図、というのを知ったのです。そこに早山製油所が、早山石油に名称変更したのは、昭和10年、(1935年)とありましたが、父は、昭和八年には、早山石油という名前だったと、言って居ます。

  以下は、伊勢佐木町のスタジオで、父が撮影した、写真です。しかし、これも盗まれています。ただ、たまたま、スキャンしておきました。それで、助かりました。で、父の戦前の写真って、これしか、無くなったのです。

 裏の記述を読むと、父が、22歳か、23歳ごろだったと、思います。昭和シェル石油は、鶴見の、事業所があります。それが、往年の、早山石油でしょう。

 父は、そこから歩ける(?または、電車で、一駅程度の)距離にある生麦に、居を構え、母と所帯を持ち、高女専科卒の母を社会勉強に出し(横浜正金銀行に勤めに出し・・・・しかし、帰宅が遅いので、日産自動車に、勤務替えをさせ)、二人で、ダブルインカム生活を謳歌していたのでした。しかし、その当時の母の写真も、二人の結婚式の写真も盗まれています。残るは、ただこれ一点だけです。父のこの姿は、まるで、ジャニーズ、特に東山君・風・ですが(苦笑、)昭和8年(1933年撮影の写真です)

 ::::::::::ところで、一時期、『これは、貸衣装かしら?』と、思って居たのですが、違いますね。父は、明治生まれの男としては、とても背が高かったのです。それと、旧制中学時代の親友が、藤本真澄・元・東宝重役だったので、お互いにおしゃれな雰囲気を持っていたのでしょう。だから、この白いスーツは自前のはずです。白い靴もね。ところで、今思い出すのは、母がよく言って居た、セリフです。「お父さんは、お金持ちになったら、おしゃれではなくなったわ。若いときは、おしゃれな人だったけれどね」と。その気持ちは、よくわかります。とっさの用事で、きちんとした、ドレスを着ないといけない場合、急に、50万円ぐらいを出費しても、痛くもかゆくもないとなると、準備をしないものです。でもね、「常に、衣服費が月に三万円以内です」と、なると、考えて、かんがえて、お洋服をととのえるものです。

 でも、私自身は、両親とはまるで、金銭感覚が違うので、76歳になっても、必死で、おしゃれをしていますよ。たぶん、どんな洋服も、両親のそれと比較をすると、ゼロが、一つ少ない予算で、買っていますので。また、日吉の東急バスのバス停、ときわ台で、自閉症の青年を装った、三人の刑事による謀略的・小・芝居が、行われた際、20代の青年も、50代の男性も、60代の男性も、三人が三人とも刑事だと、瞬時に見破ったのは、その人達の服装のせいなのです。それから、顔です。申し訳ないけれど、全然違うのです。:::::::::という挿入を入れて元へ戻ります。

 父は秋田鉱専の選手代表として、代々木(または、千駄ヶ谷というべきか?)の学生陸上選手権とか、学生水上選手権とかに出場しています。昔の水着って、ランニング風な上体部分が、付いているのですよ。そして、頭は、髪の抵抗を抑えるために、手ぬぐいをきつく、まいていたみたいです。ゴムのキャップなんかなくてね。水上よりは、陸上の方が成績は良かったみたいです。三位までの、メダルは無理でも、記録はそこそこ、出ていたみたいです。走り高跳びで、1920年ごろに、165cm飛んだそうです。背は、明治生まれの人間としては、高い方です。ところで、スポーツといえば、秋田では、お城のお堀で、竹スケートで、スケートをして、それは、とても、面白かったと、言って居ました。萩ではできないし、横浜でも昔はスケートリンクなんてなかったので、できないから、秋田のスケートは、楽しかったそうです。スキーはやらなかったみたいです。

  ところで、母の就職の方ですが、それが、とても簡単だったのは、母の実父のおかげでしょう。新卒時には、家事手伝いで、何も仕事をした経験のない女性が、しかも、主婦になってしまった後で、就職するのは、普通は、難しいのですが、母の父は、旧制・柳井商業の、校長を、40年間も、務めた人なので、さらさらさっと、有名会社に勤務できるみたいでした。当時は銘仙の着物で、OL勤務をするのですよ。・・・・・まるで、NHKのあさどら、の世界ですが・・・・・その写真も、私の記憶の中だけでしか残っておりません。盗まれていてね。こういう泥棒の、さらに、発展した姿として、化粧品まで、盗まれる事態が起きています。しかも、四種類の泥棒が居て、其の一軒の前には、以下の看板が

 堂々と、はってありました。ここ、鎌倉雪ノ下二丁目は、完ぺきな、住宅街で、やくざなどいないです。しかも、20軒しか家がないのに、この看板が、13号と、14号と、二枚もあるのですよ。そう言う現象を見て、・・・・・なるほど、日本の警察とは、CIAの家来なのだ・・・・・・と、わかってくるわけです。というわけで、此処雪の下では、警察は、泥棒を捕まえるのではなくて、泥棒の味方をするのです。合鍵を一般人数件にあげるのですよ。恐ろしい一帯です。

 どうして、そういうことになるかと、言うと、日本は、法治国家ではなくて、強者の恣意が、まかり通る野蛮な、動物的、国家だからです。すべては、コネで、事が運ばれますので、そうなります。石塚雅彦、堤義明、成岡康司、伊藤玄二郎、井上ひさし、川名昭宣、中谷家の遺児二人などが、保持している人的コネで、こういう事態が出現します。

 ほぼ20年間、24時間、気の休まる暇もないと、言う体たらくです。人権侵害の極致だから、深く、深く怒っています。

 なお、これは、小さい事ですが、「お前嘘を言ってらあ」といわれると、困るので、言うのですが、その母方の、祖父の名前は、正確に言うと、秋山といい、それは、母の実家の苗字ではありません。東京へ、出張してきた祖父に、私は日吉の家であったことがあるのですが、彼は、実は、養子だったので、養父母と、仲が悪くなって、養子縁組を解除して、いったん、離縁しています。大正期に、現在の大学卒(しかし、こちらも専門学校だが、高商と言って居た)である祖父は、すぐさま、別の家(秋山家)に、養子に、と、懇望されて、そちらに新たに養子に入り、そこで、7人の子供をなしました。だから、半分血のつながった、叔父叔母を入れると、私には、母方だけで、8人の、叔父叔母が居ます。(苦笑)

 もう一つ添えますと、父は、頁油岩(けつゆがん)というのを研究するために、満鉄・調査部、中央試験所というところに移動をします。けつゆがんとは、英語名を、オイルシェールといい、最近話題になっているものです。満州の撫順炭鉱は、露天掘りなので、そこで、石炭と同じ原料(恐竜時代のシダ類の植物からできている)で、できる石油が、・・・・・けつゆがんとして、存在をしているはずだ・・・・・というのがチームの目的でした。そのチームのトップが、カリフォルニア大学を卒業した日本人ドクターで、「下からの提言を奨励したので、とても驚いた」と父はよく言って居ました。実際には、使用に耐える量が出るわけではなくて、秋田沖産出の石油で、日本は第二次大戦を乗り切ったのでした。

::::::::::ここで、又挿入ですが、我が家の東北側の、山を無断で、削った中谷共二氏に驚いて抗議したら、彼の家に呼ばれて、合計三時間ぐらいかけて、懐柔されたのですが、その時、「自分はカリフォルニア大学卒だ」と、説明をしました。私は、自分の方は、ほとんど、言葉を出さなかったのですよ。信頼していない相手の場合は、そうです。大切な事は、前田夫人が藤本夫人に誠意をもって謝罪をすれば、問題は、解決するという点で、それは、言いました。中谷夫人は、「あなた、川崎さん(雨宮舜の本名)の言う通りですよ」と言って居たのに、中谷氏は、後ろに居る瀬島龍三を、私より上に立てたのです。ただね、私が何も言わないから、カリフォルニア大学の優秀さを、理解をしていないなどと、中谷夫妻が、思ったら、それは、違います。私は、父からリアルな形で、カリフォルニア大学のすごさは、聞いているのです。ただ、先の先を考えるので、ほとんど、この山では、口をききません。引っ越してくる前から、問題がある地域だと、わかっていたので、リアルな世界では、口にチャックを貫いています。ところで、この父の、満州時代の、中央試験所(一種のシンクタンクですね。理研みたいなものだった)の様子を、東大教養学部卒の、私のお友達に話したら、彼女は、「そうよ。満州の方が、戦時中の、日本国内よりは、ずっと、民主主義的に運営をされていたというのは、有名な話よ」と言って居ました。まあ、これは、インテリの世界だけの話ですが、それから縁は異なもの味なものと言えば、このカリフォルニア大学の縁だけではなくて、問題の女性藤本禎子さんのご主人、ミスター藤本はこの章にも出て来る、藤本真澄東宝・元・重役の弟のはずです。それは、私にはわかっていたけれど、ミスター藤本には、「私の父と、真澄氏は、旧制中学時代、親友だったのよ」とは、告げていません。・・・・・

 この・・・・・海の中から石油が出る・・・・・と、いう事で、今、現在、中国とベトナムとフィリピンが争って居ますね。その東シナ海の、同じ海の、最も北側の秋田沖で、石油が産出していたのです。ブラジル沖などでも、大量の石油が算出するらしくて、それを、中国が支配して居るとか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『第二次大戦の、始まりについて、私は、英語の資料をICU図書館で、1962年に調べて英語で、リポートを書いて、アメリカ人教授に大変褒められた。リットン調査団の、リポートも全文を英語で、読んでいる。だから、櫻井よしこさんに、(一種の)剽窃をされてしまって、ネットに、拡散した、彼女の論文は、ほぼ、原文は、私のものだったのだ。しかし、25台も、パソコンが破壊をされているので、証拠がない。特に、外へ、取り出したハードディスクには、移動しないという形式の,AOLで、メルマガを、書いていたので、証拠を示すことができない。本当に、こちら側には損失ばかりである。

 特に、私は、石油のことは、子供のころから、家庭内会話として、頻繁に出て来て、聞いているので、あの論文は、血肉と個人史を、基盤として書いたもので、グーグル検索などで、出来上がったものではないので、その、損失感は、大きい。

 ただ、「櫻井よしこさんには、子供もいないし、孫もいないよね」と、思って、自分を慰めた。

  ここで、重要なことを書きます。櫻井よしこさんは、数少ない右翼的な、評論家だと、みなされています。そして、私は、ネトウヨと、呼ばれているみたいです。佐々木俊尚の、或る文言を見て、それがわかりました。ところで、私は、自分が右翼などとれるのは心外です。しかし、櫻井よしこさんの意見は面白いと昔から、思って居ました。しかし、接触はしておりません。

 しかし、接触していないうちに、私が書いたものと同じものを、彼女名義で、ネットに拡散されるという驚くべき裏切りに接しました。

 ここで、話さないといけないことは、三つあります。

 *1)、接触する可能性がある人間を、こちらに素早く取り込んでおこう・・・・・という主義の下に、櫻井よしこさんに、その論文を発表をさせた・・・・・・

 これは、1978年に塩見和子さんが、、サザビーか、クリスティーズの日本支社長と、言うモダンで、きれいな職業から、突然に、笹川良一氏の、日本財団へヘッドハンティングされた例でも、言えるのですが、

 私の東大時代の上司が、笹川良一氏と、台湾の、旧制高校時代の、親友であって、私が北久里浜における土地を巡る、瀬島龍三+益山重夫側の悪を見抜いただけで、車で、轢き殺されそうになった案件で、笹川良一氏に、助けを求めて、泣きつくことを恐れた瀬島龍三が手配をして、石塚雅彦さんなどが、塩見和子さんの、説得に出向いたと、見ています。

 他にも例があります。副島隆彦という人が、一時期マスコミで、大変人気がありました。読んでみると、面白いので、著書を買おうとすると、書店では買えないそうで、「そこで、買える」と、言われている場所の、電話番号に、申し込むと、そこは、副島氏のファンクラブで、副島氏を守っているそうです。で、著書を、4冊ぐらい申し込むと、全く送ってこないで、連絡が付かなくなりました。

 こういう現象から、わかることは、テレビに出たり、大手出版社から書物が出版されている様な人は、既に、踏み絵を踏んでいるのだと、いう事です。どんなに少数派であり、正しいことを言ったり、書いたりしているとしても、裏では、従順であると事です。誰に対して、従順かというと、鎌倉エージェントに対してです。つまり、大特権者、(欧米の軍産共同体のトップたち、その頭脳部分であるCIA、または、その日本側代理人たち)に忠実だと、いう事です。精神の中で、二重構造を抱えて、平気で生きている連中だと、いう事です。

 でね、現実世界では、これ以上はない、損失を被っている私ですが、此処に書いている様な文章は、世界で、誰も書いていないはずだと、言う認識を、この三人の行動を見ているうちに確信として、得ました。私は副島隆彦から、無視されようが、櫻井よし子に裏切られようが、元気いっぱいで、さらに、誇り高くなっていくのでした。

 だって、こんなに時間をかけて、力を尽くしているのに、一銭ももらえないのですよ。そして、名誉も下りてきません。だけど、元気いっぱいで、書き続けております。神様には愛されていると、思って居ます。いいことも、いっぱい起きています。しかし、最近は、いいことは、書かない主義で、生きている私です。そうしないと、せっかく得た、いいこともどんどん、新たに奪われていきますのでね。

 ただね、有名評論家に、関する疑義については、此処では、これだけにして、また、父に戻ります。後半で、戻れたら戻り、田原総一郎や、弘兼憲史について、語ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『父の名前は、ちはるである。今季の朝ドラ【なつぞら】で、主人公が、5歳の時に分かれた妹が、主人公の、心に、大きく残り、其の、名前が何度も、音声で、画面に登場する。その名前が、【ちはる】である。そして、私の父も【ちはる】という名前なのだ。NHK朝ドラは、すでに、6回ぐらい、対、私いじめの為に、利用をされている。これが、被害妄想ではないことは、

 かどや製油の、現在の社長が、高畑淳子と組んで、テレビコマーシャルを作り、それが、当時の、BSニッポンの、【おぎやはぎの愛車遍歴】の合間に流れたことでも傍証づけできる・・・・・というのも高畑淳子は、朝どら【つばさ】での、自分の役割と、そっくり同じ、服装で現れたからだった。

 背中に、酉の市で売っている・熊手・みたいな、飾り物を背負って、小沢社長と、一緒に画面に登場をした。意味は何もない。ただ、朝どら・つばさないでの、高畑淳子の役割が、井上ひさし、たちが、想像する、私の姿だったと、思われる。

 また、今季の朝ドラで、重要な役目を果たしているのが、行方不明になった妹であり、その、名前が、ちはるという事だ。私の父も、ちはると、発音する名前である。朝ドラの方は、千という数を表す漢字の後ろに、遥かと言う漢字が付いてちはると、読む設定になっている。私の父は、数字の、千の次は、晴れるだ。晴れた空という際に使う、【晴】を、千の後ろにつけて、ちはると、読ませる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『イージスアショアの、設定場所だが、秋田県は、秋田県と、呼んでいる場所を、山口県の方は、山口県といわずに萩市という。これも、明瞭に対、私弾圧の証拠である。

 これ以降は、前報の最後で、下書きとして、メモ書きをしたものを、こちらへ移行をします。

*1)、イージスアショアの、設定場所は、秋田と萩の二か所である。

  A, 父は萩の生まれである。毛利家の重心だった家の生まれである。安倍晋三さんは、山口県の選出議員だが、祖先は田布施町出身であり、士族階級ではない。ただし、明治天皇は田布施にいた、南朝側の出身者だとか? 仮説であるが、そうも言われている。だから、田布施町、出身の、4岸信介、佐藤栄作、安倍晋三の三氏には、異様な特権があるとも、言えるかもしれない。

  B, 父は、1910年(明治43年)生まれだが、1932年ごろ、旧制秋田鉱山専門学校(現在の秋田大学)の、石油学科、第一期の卒業生である。そのころは、秋田県で、石油を算出していた。

  この二つの事項をからかってきて、いじめているのが、イージスアショア問題だと、私は見ている。だから、防衛庁の職員が公聴会で、居眠りをしたのも当然だ.

**********wikipedia からの、コピペ 

  1. ^ 防衛省・自衛隊|平成30年版防衛白書|コラム|<解説>陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)について”. www.mod.go.jp. 2019年6月15日閲覧。
  2. ^ 防衛省・自衛隊:陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)に関する秋田県及び山口県への説明について” (日本語).

 

 ******************

  6月初旬に何を私が書いていたかを、確認してみよう。

19-6-12 危険な崖の調査 

2019-06-12 23:11:55 | 政治

 今まで、下書きとして置いていたが、本日、2019-7-7に公開をする。日吉の実家、(横浜市)

北久里浜の家(これは、国と横須賀市)、そして、鎌倉雪ノ下の家(県)と、三連続で、価格に置おいて、数千万円、私が、損をする措置が、企画をされて、最初の告知に、雪ノ下に訪れた。人間が訪れた。書類においては、既に、来ていたのだが・・・・・・

 下の写真は、日吉の実家、高い崖が、大谷石で、築かれていて、66年間、3.11の際にも、びくとも、しないのだが、建物を、新築する場合は、この崖をコンクリートにしないといけないそうであり、角度も以前より緩やかにせよとのこと。その工事をすると、植木類が、だめになるだろう。そして、三千万円は、出費がかさむ。どうして、こんな企画がなされたかというと、傾きマンションのことを、ほとんど、90%は、大丈夫であり、あれほど、大騒ぎをするのは、ほとんど、嘘だと書いているから復讐をされている。


  次に北久里浜の件、これは、ひどく複雑なので、此処では、解説をしない。だが、説明をしやすくなるための、1978年に、法務局で金銭を出して、正式にとった、登記簿謄本の類が、すべて、盗まれている。段ボール箱いっぱい盗まれている。それで、説明がしにくい。それを狙われている。

 鎌倉の家では、赤い矢印と、黄色い矢印の間の崖が、危険区域と決められると、別に県が、補償をしてくれるわけでもないのに、売るときと、相続するときに、それを明記しないといけないそうで、たぶん、売値として、一千万円、は、下がるでしょう。そういう事を玄関にまず、言いに来て、次に四人の人間が、実際に、測量に来たのですが、ただ、単に、柱を2本崖の下に、立てただけですよ。それで、判断をされてしまうのです。ものすごく、恐ろしいやり方で、人をいじめてきます。しかも二度も三度も人が何人も来るとは、どれ程に、県民税を無駄遣いしていることか。そして、ほとんど、地形が同じである、安野家と、前田家は、検査をしないそうです。道なりで、安野家は、我が家に、彼らが、歩いて、くる途中にあり、前田家は、我が家から、東北に向かって、三分もかからない位置にあるのに、測量をしないそうです。もう本当に、机上の空論として、作り上げられたいじめです。

 あのね、こういう事を考え出した、基礎は、わかります。だって、これを企画するだけでも、一か月以上はかかるでしょう。ですから、この訪問が、6月13日です。イージスアショアのニュースが発表されたのが、15日です。その一か月前に、何を書いていたかというと、

 花輪夫人のペンキ塗りお当番、そして、安野夫人の暗躍ですよね。昨日も小野寺夫人がこれ見よがしに動いていたが、そういう彼らの悪だくみを見破ると、さらに恐ろしいことをやってきます。

 こういう事を書かないといけないので、私もほとほと、くたびれます。つまり、すさまじい悪意の万円を書かないといけないからです。だけど、こういう悪事に協力をしている花輪夫人と、富沢夫人は、あの三夫人より善人だから、何らかの神様からのおしかりが下ると、思いますよ。安野千沙、前田清子、小野寺夫人は悪魔に支援をされているので、何も置きません。健康で、暮らしています。しかし、花輪夫人と富沢夫人には、何か、起きると、思って居ます。過去の例だと、そうですからね。

 それほど、この三夫人とその陰にいる、CIAエージェントはあくどいです。

 いやあ、疲れる。疲れ切ってしまいます。少し、自らを洗浄する必要があります。園芸の仕事でもしてきましょう。しばらくパソコンから離れます。下書きメモだけですよ。これ程、くたびれます。

 この後で、櫻井よしこさんに戻って、田原総一郎と、弘兼憲史氏に戻って、・・・・・泥棒の話に戻って、化粧品とトイレブラシの泥棒の話に戻って、それを夫婦で、大声で話すと、本箱の棚、(大久保忠治君の死を暗示したパネルが置いてあった場ところ、敵さんが、頻繁に利用する、問題のポイントに、トイレブラシが、返却をされていたと、言う話など・・・・・延々と続いて、さらに、ICUに戻って、

 CIAの力によって、脊椎カリエスを患ったので、とても背が低いのに、公使夫人にまでしてもらって、平屋で、60坪の公邸に住んでいて、私に対して、威張りかえる、お杏(きょう)さんと、彼女と二人で、中山詔子さんが、いい人だと、話し合ったら、その中山詔子さんに、櫻井よしこさんが、やったことと、そっくりなことを、プラド美術館について、私の、書いたエッセイと、骨子は同じ文章を突然に、エッセイを配信したことがない、中山祥子さんが、私もそれを利用している、ICU同期のメルアド、サークルに送り込んできた話とか、

 もう、莫大な数の、エピソードが、此処に、付記されることとなります。ああ、疲れる。(苦笑)



@@@@@@ここが、書きかけ中の最先端です。

副題7、『丈の高い、ブルーシートと、警察と、謀略事件の共通項をしてしてあるからこそ、今回の様な、自然な事件でも、ブルーシートが、大活躍で、それは、大きく、真実を隠すことに至る、困った現象だ』

後注1、

自由の森学園、吉岡秀隆君、福音館書店、その社長だった、時田史郎君、元革〇リーダー成岡康司君▢

2019-06-18 05:07:32 | 政治

後注2、

 

コメント

中2友人を刺殺-1 → クリントン夫人が、メルアド、誤用問題で、いじめられた、本当の理由は?  → イージスアショア問題

2019-07-06 23:28:03 | 政治

  以下の文章ですが、6日(2019年の7月)の、夜11時から書き始め、今は、7日の、午前10時半なので、12時間たっています。それでね。この一文全体のまとめを入れて置きましょう。

 この一文内には、すさまじい悪意が、記述されています。ただ、私が案出したことではなくて、他人が案出し、私に向けられたものです。過去の文章内で、少しだけ書いているカリタス襲撃も、千里山交番襲撃も同じ目的で行われているものですが、それらに関係している人間はすべて、違う人間で、多数います。

 この章はイージスアショアについて、書いています。そこに関係している人間も多数います。私は、それらをすべて、一身に受け止めているので、疲れ切って、います。その余波で、佐竹秋田県知事も、お疲れの模様です。ひどいことを押し付けられていますからね。この方は、元お殿様ではないかなあ。一方の、防衛省の、担当官は、うたたねをして居ましたね。イージスアショアなんて、ほとんど、役に立ちません。それに北朝鮮そのものの裏に、鎌倉エージェント(=アメリカの超富裕層の、日本側代理人たち)が居るのですから、何をかいわんやです。

 このイージスアショア問題は、対私に向けられた、いじめの一種です。ほかの、謀略としての殺人事件に対しても、真実を、分析しぬいていき、税金を使った、謀略的事案の方も、真実を見抜きぬいていく私狙いの、事案です。やまゆり園事件と同じです。もし、「これは、ほとんど、嘘ですよ」とか言って真実を語っても、「それなら、あなただけは、日本を守らないつもりですか?」 と、私が叱られてしまう可能性があります。

 やまゆり園事件も、「植松聖は、作られた犯人です」と、私が言うと、其れについて描いた、なん十章の内、時々しか見ていない読者様が、誤解をする可能性がありますね。「あなたは、障害児が、殺されたことに同情をしていない、鬼のような人間ですね」と。そこですが、障碍者は一人も死んでいませんよ。それほど、彼等鎌倉エージェントは、あくどい人間たちなのです。

 ところで、佐竹知事が、誰にどれ程に、苦しめられているかというと、安野智紗夫人という鎌倉雪ノ下に住む、一般人の一人である、女性になのです。この人は、略奪婚の人で、三人もお子さんがある別の、女性から子供たちの父親を、奪って、自分はしゃなりしゃなりと、鎌倉夫人を、気取っています。この人が過去に種々の悪事を帳消しにするために、こイージスアショアを含め、謀略的出来事は、起きているのですよ。

 私が外出する際に、相手先の時間が決まっているケース(例えば歌舞伎座昼の部の、予約券を持っているなど・・・・・今は名前と、電話番号を申し出でないと、歌舞伎座の切符が買えないので、CIAには、私の予定は、すべてわかるのですが・・・・・)横須賀線が、駅と駅の間で、一時間半も停車します。駅と駅の間だし、車掌が、救出の策を取らないので、電車の中で、閉じ込められたままで、待たないといけません。午前10時の、武蔵小杉駅と西大井駅間だと、全15両の間に、800人は、お客が乗っていると、思いますが、それらのお客に迷惑をかけても平気なのです。

 この一か月以内に、安野夫人を盛り上げて、いい人だと、していく為に、花輪夫人と、前田清子さんと、富沢夫人の三人が、意図的に、安野夫人と立ち話をして居ました。前田清子さんは、仕方がないのです。1985年から意図的に動いている謀略の企画者側ですから。何をしようと、私は、かまわないのです。歯牙にもひっかけないと、いう形です。

 しかし、花輪夫人と富沢夫人は、一般人でしょう。それに、実の子やら孫がいる。子供や孫は、善人として育て上げたいのでしょう。それなら、ご本人も善人の筈でしょう? 

 そういう人が、この手の悪人側に協力をするのです。ああ、と、天を仰ぎますよ。

 その種の流れは、北久里浜でも同じです。

 お茶大付属高校の同窓会関係でも同じです。国際基督教関係でも同じです。首謀者が居て、協力的な一般人がいる。そう言う構造で、政治が行われています。理論や、パンフレットで、政治が行われているわけではなくて、人間的コネを使って、政治が行われています。

 花輪夫人と富沢夫人は、最近馬鹿に頻繁に使われていますので、このブログを読んでいないと見えます。また、読んでいても、力関係上、安野夫人一派の方が、強いとみているので、ああいう行動を平気でとることができるのでしょう。まあ、私としては、ただ、唯、逐一、記録をしていくだけです。私は自分では、何も企画しないし、何も復讐もしません。何もしないのが、主是です。そして、記録していく以外の、方法は、見当たらないので、それを続けていくだけです。その記録も誰に読ませるかというと、今では、神様へと、言い続けております。で、読者様の都合とか、気分をも勘案しないで、書き続けております。

 という挿入を最初に入れて、初稿へ戻ります。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& 

 皆様、私としては、珍しく、二日間、新しい文章を書きませんでした。私は元気でした。が、だからこそ、普段は、やりたなくい事(紙類を捨てる事、一種の終活)をやっていて、それで、疲労困憊をしていて、ブログを読んでもらう好機である土曜日も、既に、夜11時に達しています。したがって、短いものしか書けません。短時間で、まとめ上げられるものとしては、埼玉の中一男子児童が、友達を刺したと、言う事件でしょう。で、それに取り組みます。

 しかし、そこから派生して、色々な、ほかの、問題を取り上げていきます。ものの終活もやらないといけないのですが、頭の中の終活もやらないといけなくて、人生で、書き残したことを、こういうブログ内でも、派生的に記していくからです。

 なお、総タイトルですが、・・・・・線以下の添え文をグングン、変更していく可能性が、あります。

 まず、7日の午前零時までは、【家の前の道路で、血まみれでと、言うと三鷹ストーカー事件を思い出すが?】でした。次に、午前一時までまでは、【ブルーシートで、事件現場を秘匿する事に、政治的な、闇を見出す私である】にして、午前二時ころには、【クリントン夫人のメルアド混用問題】にはいり、それ以降は、上のものを使います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『この所沢の、中二刺殺事件を分析するにあたっての、最初のお断り』

 上で、言って居る通り、体力のない私が、終活の作業に取り組んでいたため、かつ、三日間の、連続した外出をして居たために、この事件に関する勉教や、調査は、一切しておりません。ただ、唯、過去に書いた文章や、それを書く前に、子供の、いじめ案件について、考察を重ねているという事に、依拠して書いていきます。または、子育てに関して、母親が家にいないことの、問題点について、語っていきます。なお、事前には、2チャンネル(+五ちゃんねる)等にも、接しておりません。民放の、ニュースショーにも接しておりません。だから、少し、間違えるところがるかもしれませんが、ご容赦いただきたく。

 まず、子育て上【14歳の壁】という事が、よく言われていて、その時期の動揺の、一つの表れと、見るのも、一法です。ご近所の人が「ここで、こんな事件が起きるなんて」と、びっくりしています。たぶん、一戸建て、住宅街でしょう。駅からは、徒歩15分以内で、この子にとっては、祖父母世代が、新しく、土地を買って、家を建てて住み着いたという様な地域だと、思います。ブランド住宅街とは、言えないが、決して、アメリカ映画【グラントリノ】などに、よく出て来る、低所得者が、住んでいる一帯というわけでもないでしょう。

 ・・・・・しかし、この事件に関して特徴的に、言える事は、埼玉県警・警察は、本庁から、私のブログの影響を受けて支配をされていると、見えるところがあり、かつ、NHKは、それに、従順である。それが、困るねえ・・・・・真実を分析する、事ができなくなるから。・・・・・という事です。

 事件現場に、青いシートが、高い形で、セッティングをされていて、それだけを、NHKは、画面内で、報道します。その家を画面に映しません。それだけで、私が文章を書くにあたって、つまらない文章となってしまいます。

 比較して、最近、東京北部で、起きた、農林事務次官の、息子殺害事件では、殺害が、室内で、起きたので、外に、ブルーシートを張る必要がなくて、したがって、その事件現場の家が、何度も画面に映されました。四方八方からです。それで、色々な、ことがわかりました。

 一方、今回は、わからないことだらけです。それが、まず、ブルーシートに在ります。そこは、政治的課題なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『この埼玉の事件はメルクマール的事件となるかもしれない。普通の家の子、中流家庭の家の子が、事件を起こしたという事で、同世代の、親の中に、震撼すべき、教訓をもたらすはずだ。「うちの子に限って」と、言う首謀者の母親の発言で、有名な、少女コンクリート詰め殺人事件に次ぐ、第二の事件となる可能性があるから』

 上にちらっと挙げている、農林事務次官の子殺しですが、朝日新聞の紙の記事を読むと、被害者の方に、防御・そう・がなかったそうです。これは、大変、大きな問題で、親が親として、どうだったのか? という問題で、大きなことです。したがって、この事件について、後半というか、続報を書くことに、取り組まないと、いけないと、思って居るのですが、ほかのテーマが次から次へと、起きてきているので、取り組めないでいる問題です。

 しかし、この記事に触発されて、『ああ、図書館に行かないといけないなあ。二週間に一回は、行かないといけない』と、思った次第です。今は、宅配は、朝日を取っているのですが、大昔、少女コンクリート詰め殺人事件が起きた時に、たまたま朝日と毎日の両方を取っていて、両者に画然とした差があり、朝日新聞がだめな新聞だと、認識した次第ですから、新聞を読み比べることは、必要です。その事件においては、40日間も無辜の少女を性的ないじめで、責めさいなまんだ、事件現場が、近隣と、ぴったりと、寄り添う敷地の狭い建売住宅であり、かつ、首謀者の親(その家の住民ではない)が、エリートだったので、驚くべき事件だったのですが、朝日新聞は、一切報道をしませんでした。

 というのは、事件現場が、共産党員の家だったからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『しかし、金融省の、事務次官を追い落とした際には、朝日新聞が、首謀者でしたね。で、事務次官をいじめることには、朝日は、熱心です。その裏に、早稲田政経卒(または、中退)の、成岡康司君がいませんか? そして、まさかと思うが、元・週刊朝日編集長の、飯田隆君が、いませんか?(あと注1)を参照の事』

 今回の、農林事務次官の事件で、息子の方に、防御そうが、無かったという報道は、金融省の、事務次官を、追い落とした朝日新聞だからこそ、丁寧な取材を重ねて、記事化したものであり、ほかの新聞には、載っていないことかもしれません。

 金融事務次官の追い落としは、今の安倍内閣で、唯一、政治姿勢が、高度な、麻生氏を追い落とそうとする前哨戦でした。最初は、朝日の、紙のメディアの女性記者が、セクハラの被害者だったはずですが、いつの間にか、TV朝日の女性記者となっていました。そして、集団訴訟の、手法をここにも応用して、二万七千人の署名を集めたとかで、

 眼鏡をかけ、しかも胸に生まれたばかりの赤ちゃんを抱えた、女性弁護士が、先鋒として、事務次官を追い詰めていったのです。裏に、CIAエージェントと、共産党の、結託が、見える、典型的な、事件でした。あれこそ、現代・日本社会に、めちゃくちゃな、流れがはびこっている事を証明する、もっとも、大きな事件だったのです。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『さくらいよしこ、さんが、第二次大戦について、ネット(?)で語ったことがあったが?・・・・・それは、私のエッセイの剽窃であって?!?!?』

 政治が悪くなっているのも、ああいう現象を、評論家が、意識するからです。誰も、まともな、政治評論をしていないのが、現状です。右翼的、評論家として有名な、櫻井よしこさんが、私が、メルマガで、書いた原文と、ほぼ同じものを発表したのと、同等な現象です。私は、25台以上パソコンが壊されているので、AOLで、書いたエッセイは、紛失しています。

 ここで、突然の挿入ですが、クリントン夫人のメール問題へ移行します。そのあとで、櫻井よしこさんに戻ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『【ユーガッタメール】というアメリカ映画があった。アメリカで、始まったAOLは、当初は、システムに、マイクロソフトのシステムを使って居なかった。それで、かえって簡便で、使いやすかったのだった。それが、クリントン夫人の、メルアド、混合使用問題へ発展をする』

 AOLは、最初期には、マイクロソフトのシステムを使って居ません。それだけに、ルートが簡単で、使いやすかったのです。クリントン夫人のメールアドレス問題は、たぶん、昔から使い慣れている、AOLのメルアドを、公務の連絡にも使ったというだけで、悪意は、無かったと、私は見ています。

 あれは、たぶんですが、私が、AOLの子の特徴を書いてから、起きたことでした。私のエッセイを隅から隅まで、チェックしている人間たちがいて、そこから、種を拾って、私をいじめて、ノイローゼにさせて、精神病院へ収監してしまおうと、言う連中が居て、いじめは24時間連続して行われているのですが、本日も、・・・イージスアショーア問題・・・に入っていきますが、これも、・・・シーシェパードの問題・・・も・・・イランと、米国の紛糾も・・・すべて、私が原因です。というか、私のブログに種があった、現象です。それで、私のブログつぶしが目的で、起こされています。遠くで、起こされている案件です。いい迷惑が秋田県であり、イランという国家です。(なお、これらの案件は、この章で描けなくても、後で、敷衍することはあるでしょう。いつとは、お約束はできませんが、丁寧な、傍証づけを添えて、語ります)

 クリントン夫人へ戻ります。噂ですが、元、大統領のMr.クリントンは、ロックフェラー家の血筋を引くのだそうです。ありえると、思います。甘いマスクです。母親が、美人だった可能性が高いです。そして、それほどの、名家の出身でもないし、能力が高いとも思えません。でも、セックスには、強い関心があり、積極的である。ロックフェラー一世には、五人の子供がいて、その中の、一人の系列の、孫にあたるのではないかなあ? ただし、それは、マスコミには秘匿をされている父方の血筋であって、母親は、本当の母親だと、思います。ハワイに住んでいる模様です。元OLで、美人で賢かったのではないかなあ。顔・写真が出てきませんね。

 さて、クリントン夫妻の、結婚に至るまでの、道筋については知りません。こちらのテーマの方では、オバマ大統領など、誰にでも、納得できる展開の、道筋ですね。トランプ大統領は、言うに言われないですが、イヴァンカ夫人とは、正式な結婚ですよね。三人目の奥さんだと、言われている。内々で、妊娠にまで至るセックスをするのでなくて、堂々と、奥さんを変えてしまうと、言う手法がトランプ流です。新しい手法でしょうか(?)

 元に戻ります。クリントン夫人ですが、夫とは、別に、実質婚的、存在があると、言ううわさにも接しました。それもあり得ると、思います。で、民主党選出です。民主党は、改革主義で、新しい方で、インテリで、貧しい人たちが支援していて、共和党は、お金持ちが支援する党だと、言われています。そして二大政党が、交互に、政権を取る、べきシステムが出来上がっていると、言われています。

 しかし、単なる、私狙いの、メルアド混用問題で、クリントン夫人を追い詰めて、結局は落選させました。その結果、トランプ勝利となったのですが、それは、CIAとか、それを、手下として使って居る軍産共同体を形成する大富豪たちにとっては、かえって、危険な事ではなかったのかなあ? こういうところが、神の采配だと、私が言う由縁です。

 ただし、トランプ大統領は、予想よりは賢いです。ギリギリのところまで、進むのですが、最終的には、常識的なところへ落着します。でもね、だからと言って、私が安心しきったわけでもなくて、ずっと、NHKニュース内だけですが、観察をし続けるつもりではあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『・・・・・櫻井よしこさんと、弘兼憲史氏が、田原総一郎が、音頭を取った、評論家13人結合の会へ参加する・・・・・と発表をした。なるほど、なるほどと、思い至る』 

  自分で、『これは、できがいい』と、思ったものは、ワードに直して、保存をしてあるのですが、莫大な量のエッセイがすでにあるし、年度別に、別の、USBメモリーとか、ハードディスクに保存をしてあって、しかも、泥棒に出会って、ハードディスクが盗まれて、いるので、見つけられないでいるのですが、この・・・・・石油が、第二次大戦の、原因である・・・・・という文章は、満鉄、調査部、中央試験所のエンジニアで、石油を、満州・撫順炭鉱(=大同)で、開発しようとしていた、父の娘であるからこそ書ける、私独自の文章なのですよ。

 ところで、此処で、又挿入ですが、

 すみません、今、7日の午前五時ですが、又、疲労が襲ってきました。すみませんが、続きは、後で、書きます。お許しくださいませ。ただ、今から取り組む予定の事項を、抜き書きしておきます。メモとして。

 これ以降は次の章へ、移動をさせました

イージスアショアは、私弾圧の為に国費を使うケースだ。そう断言する理由は、父・ちはるが、1910年萩生まれで1932年秋田鉱専卒だからだ

2019-07-08 01:05:13 | 政治

 

 

 

コメント

大・大・大スター誕生の瞬間を目撃して、涙が、8分間も止まらなかった。堀越かんげん君、お見事!

2019-07-04 18:40:06 | 歌舞伎

副題1、『涙が、八分間も止まらなかった。歌舞伎座、7月公演、昼の部に出てきた、堀越かんげん君を見ていて』

 私は海老蔵の、長男である、堀越かんげん君を、既に、三回ほど、歌舞伎座で見ています。この坊やに対して、今までは、割と否定的な感想を持っていました。が、本日=2019-7-4は、圧倒的に違う、新しい、肯定的な感想を持ちました。ああ、こんな瞬間を目撃して、何と、幸せな事だろうと、思ったことです。

 どうしてか、というと、私は、本日4日は、歌舞伎座、7月公演の、二日目、もしくは、三日目だと、思いこんでいたのです。したがって歌舞伎座に、本日漂って居た異様な、集中度があるとは、予測しておりませんでした。本日の歌舞伎座は、唯、一点、堀越かんげん君に、全員が、集中していたのです。観客もまた、ほかの役者もです。大御所も三階さんも、全員が、かんげん君に集中していました。

 私は、そんなことは、一切予測しないで、歌舞伎座へ行ったのです。ただ、大雨が降りましたね。北久里浜で、前日園芸の仕事に、没頭をしていた上、泊ったので、お洋服などは、歌舞伎座へ行く服装ではありません。ただし、前売り券を持っていない場合、三階席が、手に入らなかったら、四階で、見ることになるので、大雨だと、観客が少ない見込みがあるので、それを狙って行ったのです。4階には、同じことを言うお客さんがほかにも、いっぱいいました。

 みんな、考えることは同じねと、言いあったことです。

 私としては、洋服が、戦闘服ではないだけで、意気が上がらないです。勢いが付かないです。つまり、外へ行く、一日目と同じ服装を、二日目も着る訳です。北久里浜には、作業着しか置いていないので、歌舞伎座へ行く服装なんか、無いです。なんか、よれよれという感じ。しかし、もし、三階席A(6000円)か、B(4000円)がなかったら、雨を利用した方がいいのです。それなら、4階が買える見込みが出ますので。その為には、洋服の方は、我慢です。これで、いいと、思って出かけたのです。それほど、期待をして居なくてね。

 しかし、驚きました。圧倒的なレベルで、良い方に裏切られて・・・・・

 四階から見ると、かんげん君が、揚幕を出て来る姿は、見えません。しかし、揚幕を、この子が出て来ると、満場は大拍手です。それはね。・・・・・事前に、大宣伝をされていたからです。・・・・・と、私は、思うので、『ああ、いつもの事ね』と思って冷静でした。

 でもね、四階から見える場所、ツマリ、花道が、終わる場所で、この子が、見得を決めたのです。見得とは、ポーズです。オペラで言うと、アリア(独唱や、重唱)が終わると、歌手は、一瞬、動作をやめて観客の拍手を待ちます。あれと同じです。

 この時に、もし、見得を切っている主役が、人気がなかったら、みじめですね。だから、予定調和の世界です。絶対に大拍手が来るとわかっていて、主役は見得を切ります。その時に、大向こう(家号を、大声で叫ぶこと)が、かかることも、同時で、それが、多数の方向からかかるのが、人気の証明です。

 まあ、ね。歌舞伎座って、役者と、観客が、予定調和の、仲良しの世界で、私としては、いささか、しらけるときがあるのです。しかし、『いつものあれね』、『私は、それほど、甘くないですよ。超、冷静ですからね』と思って居たのに、突然に、涙が滂沱とあふれて、鼻水も、ず、ず、ず、ず、ずっと、垂れて来て、止まらないのでした。

 小さな、かんげん君の、全身に、一種の覚悟が見えたからです。それと、その小さな体に、注がれた大量の愛を、感じ取ったからです。直接的には、お父さんからですね。だけど、そのお父さんが、かんげん君に、大量の愛を注いでいるのは、奥さんの真央さんの存在が大きいです。その真央さんが亡くなっていること。それが、小さなかんげん君の覚悟を決めさせている。それが、わかるので、涙があふれて、止まらなくなったのでした。

 満六歳です。しかし、既に、色々なことがわかっている。そして、その上で、自分の任務を果たしている。その健気さに、撃たれて、涙が、滂沱と出て止まらなかったのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『外郎売と、言う芝居は曽我ものの一種だけど、いろいろ、その時代に応じて、改変をなされているらしい』

 堀越かんげん君の役は、昔、父の、海老蔵が、8歳で、七代目新之助を襲名するときに、作られた、一種のヴァリエーションの模様です。歌舞伎の脚本は、がっちりした、脚本ができている明治以降の新作以外は、相当に、改変してよい模様です。

 で、曽我兄弟の、うち、弟の、五郎だけが出て来る、芝居らしいが、そこに、兄も出て来る、ケースもある模様。戦後だけで23回上演をされているが、その内、兄の、十郎が出て来る芝居が、6回あります。ただ、貴甘坊(きかんぼう)と、名付けられた子供が出て来る、のは、明治以降、二回だけで、現在の海老蔵が、子供の時に、それを立てるために、急に作られた役らしい。

 ただ、かんげん君の為に初めて作られた役ではないのが、救いです。もし、今回、この子の為に、脚本が変えられたなどと、プログラム(歌舞伎座では、筋書と、言う特殊な。呼び方をする)に書いてあったら、私は大いに鼻しらんで、バイアスがかかった見方をしたでしょうね。本日の芝居を実見する前までは、そんなことは、一切知らないことでしたが、これは、かんげん君にとって、とてもいい事でした。

 名門、市川家に生まれた男の子というだけで、特別扱いを受けるのは、あまりにも続くとよくないことなのです。ほら、大阪なおみ選手だって、全豪勝利の後で、あまりにも、多数回取材を受けて、ちやほやされすぎたので、全英初戦敗退が、大きく取りざたされて、泣きそうと、言って退出したことを責められていますね。これについては、又、別の章で、語りますが、急に集中的に、人をほめそやすのは、よくないことなのです。今は特にメディアとか、機械とかネットの力を借りているから、幾何級数的に、上昇もするし、下降もする。それは、その一人の、人間に対して、過酷な事です。気の毒な事です。

 それにね。私は昔ブログで、それを書いていますが、かんげん君が、二歳で、初お目見え(役はないが、舞台に立って、挨拶だけをした。黒の紋付きで、羽織はかま姿で、もしかしたら裃もついて居たかな。大人の、100%のミニチュアであったが、可愛さは、限りがなかった)した時に、けっして大役が付かない立場の役者が、いやな顔をしていたのを、見たのです。 

 どうしてかというと、私は歌舞伎界の発展のためには、今の松竹が取っている手法はよくないと、思って居るのです。菊之助の、おぼっちゃんと、堀越かんげん君を、商売の道具にしているのではないかと、思うほど、ちやほやしています。それでね。絶対にいい役が付かない立場の、役者(親が、有名でもないし、大金持ちでもない人達)が、どう思って居るかを、双眼鏡で、見まわしたのです。すると、いやな顔をしている、三階さんがいたのでした。

 この嫌な顔という現象ですが、菊之助の坊ちゃんが、役をつけて、登場した時には、松竹側からお達しがあったのか、それとも出演者が少なかったからか? それとも、両親の祖父、二人が二人とも人間国宝の、御大だからか、誰も、いやな顔をしている役者はいませんでした。

 しかし、NHKが、こちらの坊ちゃんのおけいこ風景を一時間の番組にして、【にっぽんの芸能】の時間に放映をしたのは、たぶん、私のブログつぶしでしょうね。だけど、それは、菊之助(パパ)と、おくさん(ママ)の、両方にとって、よくないことです。菊之助の一家には、今のところ、不幸の種がありません。だから、子供ながらに、覚悟を決めている堀越かんげん君に比べると、ぼんやりしている様に見えます。だから、かえって損ですよ。

 菊之助は、新作歌舞伎を作ること、及び、今まで、作った新作歌舞伎をも練り上げる事に集中すべきです。ほかにも子役として、活動できる名門のお子様は、いっぱいいるのだから、堀越かんげん君の立場と、同じ風にしないで、彦三郎の、坊ちゃん程度の扱いでいいです。その方がお子様ご自身にとって、幸せです。菊之助も余計なストレスや、プレッシャーを感じないで済みます。

  ところで、後から加筆をしますが、菊之助の坊やは、自然で普通なのです。だけど、かんげん君が特別なのです。それに、まずいことに、二人が、連続して、登場したのもいけなかったです。6月に菊之助の坊ちゃん、そして、7月に堀越かんげん君が登場しました。これは、さきに登場した、菊之助のお坊ちゃんの方が損です。お子さんは年齢的に、まだ早かったとも、言えます。

 その上、準備過程もダメでしたね。芝居(プロットが、あまりにもずさんで、子供を持ち上げるためだけに作ったという事が見え見えでした。歌舞伎座を私物化しないでください。吉右衛門どの。長らく待っていた、男の子(後継者たりえる)が、生まれたことがうれしいのは、理解できますが、ジジ馬鹿が過ぎて、判断力を失って居ますよと、いいたいです。

 ただし、おぼっちゃま自身が化けるかもしれない。それは、私の想定のほかです。ところで、【ナウシカ】が、歌舞伎化されると発表をされていて、その主宰者が、菊之助です。菊之助は、そういう方向で歌舞伎界の高峰の一つとなって行ったらいい。

 ところで、私は、かんげん君が二歳の時に、『危ない。こんなことをしていていいのかな?』と、思いました。しかし、本日19年7月4日に、かんげん君の、貴甘坊を見て

 『ああ、大丈夫だった。源氏物語の時から、比較しても、長足の進歩を遂げている。この子には、もう、覚悟ができている。すごいことだ。驚くべきことだ。お母さんが、小さいときに亡くなったことを、これ程、美しく昇化させた例はないだろう』、と、思いました。それで、涙が止まらなくなったのです。

 堀越かんげん君は、芝居が上手などというレベルを超えているのです。そして、それは父親の愛の結晶だから、それも涙の対象になるのでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ういろううりの売り立ての、長広舌が、始まったときに、私は、その四分間、涙が、さらに激しく出てきた。声は美しく、どこにも舌ったらずな気配というのはなくて、歌舞伎座全体に、響き渡った。

 もちろんの事、観客が、大きな集中をしていたこともある。それから、舞台上の俳優もすべて、集中をしていた。彼等は、ゲネプロで、既にこの子の、長いセリフ術を、みているはずなのだけれど、1800人以上の観客を前にして、この子が、無事に勤め上げられるかを、息をのんで、注目をしているのだった。それが、私にもわかった』

 私は事前の大宣伝を、聞き流しながら、父子で、掛け合いで、セリフをしゃべるのだと、思って居ました。一分間、父親が、セリフを言い、次に交代して、かんげん君がしゃべり、また、父に移行をして、次にかんげん君に帰って来る・・・・・その様に思って居ました。

 しかし、違いました。全部この子が、しゃべったのです。私は、揚幕を出てきたときから、時計を見ていて、このセリフの部分だけは、5分間だと、思って居ました。ただし、ネットで、は、四分間と出ていました。でもね。かんげん君は小休止を二回入れたのですよ。それは、10秒~20秒という短さでしたが、それでも、観客はみんな、息をのんで心配をしたと、思います。『あ、此処から先、忘れたのかしら?』と思って。でも、小休止の後で、続きが出てきました。結果として、思いがけないことに、小休止があった方が、よかったのです。

 私は、大・大・大スターの誕生を目撃したのでした。今まで、見た三回とは、全く違って見えました。すっきりとしたスターがそこに居ました。なお、新橋演舞場でも、一月に、かんげん君は出場しているらしいのですが、私は見ていません。私は、大昔の、ヤマトタケル以外は、2017年のお正月しか行って居ないので、そちらで、かんげん君を見たことはないのです。本日、は、ただ、唯、感動させられました。

 ところで、こんどは、大昔の話になります。1955年ごろか、そのあとです。横浜・伊勢佐木町の劇場へ、親に連れられて、アメリカ映画、【スター誕生】を見行きました。シネマスコープを、初めて、見た日です。その同じテーマは、何回もリメイクされている模様で、私が見たのは、

スタア誕生 (1954年の映画) - ジョージ・キューカー監督、ジュディ・ガーランドジェームズ・メイソン主演。です。

 其れを見た時もおお泣きをしたのですが、その時以来の、おお泣きでした。しかも、両方とも、不幸を抱えながらも、大スターになっていくという話です。で、図らずも、スター誕生という瞬間でした。初日ですからね。そう言えます。いえ、今までは、過剰にちやほやされているおぼっちゃまだと、見ていたのですが、この子は、自分自身の輝きで、スターとなったのです。大人の役者が、すべて、顔色なしで、

 ある意味で、海老蔵が心配なぐらいでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『これ程の大成功を、堀越かんげん君が納めてしまうと、普通なら、父親は、嫉妬する可能性が出て来る。エディプスコンプレックスを隠して、生きて行く可能性が出て来る。しかし、此処でも、真央さんの存在が、大きくなる。真央さんが亡くなっているからこそ、海老蔵は、高い境地に達していて、その愛も種類として、高度なものなので、かんげん君に嫉妬することはないだろう。親とは、子供を生かすために一度、死なないといけないと、言うのが、私の信条だ。海老蔵だったら、かんげん君(そのころとは=14歳から、19歳ごろ=だが、その時には、既に、新之助を襲名済みだろうが)、を、許容し、自分が後ろに下がる様な気がする。それほどに、彼の愛は、大きい。無論将来、何が起きるかわからないが、今のところ、大スター誕生と、私は感じた』

(蛇足)、

 上の方で、言って居る通り、私は、3日に、普段着で、鎌倉から、北久里浜に向かったのです。そして、次の日も、3日と同じ服を着ています。ただし、園芸をするときは、作業服に着かえますので、合計、3時間程度しか、着ていない洋服ですが、それでも自分としては、自信がない服装です。

 ところが、お芝居が終わったときに、顔も素敵で、服装も素敵な奥様から「エレベーターで降りましょう」と、ピックアップをされる形でお誘いを受けたのでした。その時、いつも帯動をしているリモワのアテンダントバッグ、子供用は、ロッカーに入れてあったので、私は、「ありがとうございます。でもロッカーに寄らないといけないので」と断って別れました。

 ここで、松竹から、私が、いじめられている話をしないといけません。トイレの禁煙問題等で、いじめられきっています。添えから、児太郎と、米吉を、いい役を与え続け、梅枝を、押さえつけています。これは、筋書きの編集方針、俳優協会のホーム頁の在り方。NHKの放映方針、雑誌演劇界の編集方針など、五つのフィールドで、顕著になっていることです。ただし、本日は、その詳細には、触れません。

 私が、歌舞伎を見るのを、未就学児童期以来、65年ぶりに再会した当初は、トイレのドアに、禁煙マークなど張っていなかったのですよ。見始めてから二か月か、三か月で、トイレのドアに、禁煙マークが張られ始めたのです。急にです。歌舞伎座の女子用トイレ内でタバコを吸う人なんていませんよ。だから、無粋の極みなのです。たぶん、現実を知らない、まだ、実際には生きている、井上ひさしの提案でしょう。どんな小さなことでも、いじめてやれっとなって、います。前報=2019-07-03 22:01:40=歌舞伎とあまりにも離れているので、リンク先を示しませんが、の中に書いた、庭の草取りの、考察に対する、復讐もありますしね。大変ですが、どれも、今は、展開しないで、この章は、舞伎座だけに特化すると、

松竹は、私を個人的にいじめるために、周辺をも巻き込んでいるのです。トイレ以外にも、四階には、エレベーターが、合計3基あるのですが、其れを使わせない様にしているのです。それ以外にも、ルールを異様に厳しくして、お客を、信頼していないという姿勢を示しています。

 これは、今治のタオルブランドを高級化させていった、商店【伊織】の発想と同じで、ー「一階のお客(18000円)と、二階のお客(14000円)に比べたら、お前ら、四階のお客は、人間じゃあーねー。虫っけらなのさ」、と、言って居ることと同じなのでしょう。四階って、150人程度しか入れません。だから、三基のエレベーターで運べば、それぞれ、二回昇降するだけで終わります。

 そのほかのいじめも、全部わかっていますが、ものすごいレベルで、私は、いじめられています。「しかし、こういう姿勢でいると、歌舞伎は衰退しますよ。それに、私をいじめると不運が始まりますよ。おやめなさい」と、言っておきたいです。だってね。ほかの人だって言って居ますよ。「団塊の世代が死んでしまったら、歌舞伎座、アウトだよね。チケット高すぎだもの」と。

 今、歌舞伎座一階席および、二階席を買っている人達は、だいたい、3億円の資産を持っている人達でしょう。年功序列制度がなくなった今、40代以下の人は、大きな不安を持っています。それなのに、若い人は、ほとんどが車をもっています。

 横須賀・北久里浜で、車庫にいい車(ベンツなど)が、入っているのを見ると、『すぐ手放しなさい。ここって、駅まで、五分ですよ。東京圏では、車なんかなくても大丈夫なのに』と、思います。そして、「毎月5万円を貯金に回しなさい」と言いたくなるけれど、そういってしまうと、日本経済がアウトになるのでしょうね。トヨタ、が衰退したら、日本全国、真っ暗になるのでしょう。だから、言わないで、置いています。

 というわけで、本当は大切にしないといけない四階のお客を松竹はいじめきっています。そここそ、歌舞伎好きで、しかも外人の初心者が多いのに、いじめきっています。

 でも、そんな中で、「にっこりと笑って、エレベーターに乗りましょう」と誘ってくれる人がいるのです。私がロッカーを開けて件の場所まで、到着すると、全員がワンボックスに乗った後で、先程の、奥様が、スペースを一人分開けて、私を再び手招きをしているのです。二度目のお誘いでした。それでね。私は、「今日はこの人に神様が乗り移って居る」と感じました。しかし、「いいことは、むさぼりつくさないこと」というのも、私の信条です。彼女の二回のお誘いだけで、十分に満足した私は、さらっとお別れをしました。もしかしたら、お茶に誘ってくれて、歌舞伎談義に花を咲かせることができたかもしれないのですが・・・・・

 反対に悪魔のたくらみをも、10個程度発見をしています。家にいても台所の天井灯を不随意に点滅させるという脅かしを受けるが、外ではさらに、脅かしと嫌がらせを受けます。どうしてですか? 私が書いていることが全部正しいからですよ。

 ただし、その具体的な話は、今日は、やめておきます。堀越かんげん君の、立派な姿に敬意を表して。

 ところで、かんげん君の売り立ての長広舌を、聞くために、観客と、舞台上の役者全員が、深い集中をしたので、歌舞伎座全体が、針が落ちてもわかるというぐらいに、しーんとしました。その中で、私が鼻をず、ずっとすする音が、周辺に聞こえたのではないかしら。その音に気が付いたあの奥様は、私の方を見て、何んて純朴な人がいるのかしらと、驚いたのではないかしら。

 

コメント

石井啓一氏を国交相に据え置く限り天災は続くと、私は言い続けているのだが? 石井秀樹+TV取材殺到の理由は? アスベスト訴訟の多発は?

2019-07-03 22:01:40 | 政治

副題1、『石井国土交通大臣を、据え置く限り、日本には、天災が続くでしょう。新聞の縮刷版をみてごらんなさい。こんなに災害が、続いている、5年間など、なかったはずです。

なぜ、石井大臣がいけないかというと、例の悪人たち、鎌倉エージェントと、密接であり、彼らの悪事をサポートし続けているからです。まず、第一が、旭化成が、責めたてられた、傾きマンションの事案です』

 旭化成建材疑惑とは、謀略です。我が家が、旭化成の株を持っているので、その株価を下げてやれとして、起こされた、半分以上嘘の、事案です。

 私の鎌倉の家の、西隣の住人、白井達雄・小野寺夫妻が、・・・・・大きくかかわっている事案でしょう。彼ら夫妻は、いろ、いろ、工作(=いじめ)をし続けてくる人たちですが、・・・・・その夫の、白井達雄さんは、日本三大設計会社の、横浜支社長(または、だった)人なので、あの傾きマンションである【らら横浜】、および、【ルネ北久里浜ソラヒルズ】の両方を設計したのだと、思います。その二つは、デザインがそっくりです。

今、その写真を探している最中ですが、先に、特別番組、ドリームハウスに関する写真が出てきました。

 で、私の家の、北隣の住民、石井秀樹氏が、石井啓一国土交通大臣の親戚である模様だと、言う話に入ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『私の北隣の、住民、石井秀樹氏は、テレビ取材という意味では、優遇されきっている人物である。それは、我が家の土地が盗まれてしまって、35年がたつ、アジサイ畑欺罔事件の、証拠隠滅に、その家が役に立っているからです。鎌倉駅徒歩、8分と不動産屋が言う、この地域で、47坪が一千万円で手に入ったというところから始まって、優遇に次ぐ優遇であるが、それは、鎌倉エージェントにとって、我が家の土地を盗むいきさつの証拠が残っていると、非常に怖いからである。で、石井秀樹氏が、石井啓一氏の、親せきである模様で、したがって、雪ノ下では、石井秀樹氏が、私へ、大損失を与えており、日本全国民に対しては、石井啓一国土交通大臣が大・大・被害を与えているということとなる」

以下は、ある男性の顔が写っています。彼が、立っている場所は、我が家の土地が、務すまれている場所です。この男性が主導する、グループのために、盗まれてしまったという結果があります。・・・・・これは、大変複雑な話であって、私は雪ノ下黒物語とか、折々に、分部的に語ってきています。が、彼らは、一切反省しません。ただ、ただ、私を殺そうとする方向で、解決しようとしています。元に戻れば、

安野夫人、自分の妻、などの、井戸端会議の性で、使えなくなっている土地に、立って、写真を撮らせている、あくどい姿です。だから、テレビ番組から取って、使います。左上に、ドリームハウスと、出ていますね。

 

 この写真に出ている男は、前田祝一という人物ですが、ひどい男です。自分の家は、違法に、土地を使っていて、私道部分を拠出していません。しかし、私の土地は、使えない様にさせておいて、35年が過ぎています。そのいきさつは、雪ノ下黒物語で、何度も書いて来ています。で、その土地をテレビという道具で、洗浄化して、自分たちが、いいものであると、したのが、この場面です。

 ところで、その番組に出た、特殊な家の施主さんは、石井秀樹氏と言います。このひとがたぶんですが、石井啓一、国土交通大臣の親戚です。だから、彼は、ここの土地、47坪を、たった、一千万円で、手に入れました。不動産屋には出てこないで、三菱銀行が、手配して、誰にも知らせず、元の持ち主、藤本禎子さんから直接、石井秀樹氏は、手に入れた模様です。

 藤本禎子さんが、道路に、電動のこぎりで、切れ目を入れたりしていたために、そこから、防衛をするために、我が家のアジサイ畑が犠牲になったのです。なぜ、藤本夫人が道路に切れ目を入れていたかというと、前田夫人たちが、井戸端会議をすぐ隣でやって、超うるさいし、かつ、集団で、いじめをする人だから、彼女を、通れない様にするのが、目的で、真ん中に、自分宅のフェンスを作ると、申し出でていたのです。でもね。理由が、あまりにも、見事なので、誰にも、やめなさいと、言えなかったらしいのですよ。見事な理由とは、少し斜めになっていたので、もし、雪の日に、滑って転ぶ人が出てきて、骨折をしたら、訴訟でも起こされる可能性があります。それが、私が引っ越してくる前の、この山の状況です。

私は、引っ越してきたばかりなのですが、みんながあまりにも困っているというので、自分のアジサイ畑を犠牲にすることを、いったんは、了承をしたのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『ところがそれを依頼してきた人物中谷共二という人は、蝙蝠も蝙蝠で、驚くべき裏切りをやってきた。それは、藤本夫人が勝手に入れた、違法な地境石を、正しいものと、世間に向けて、了承させるために、私側の持ち物でもある、自然な山を、無許可で、崩したのだった。したがって、私は、土地を提供することを、了承していないと、言っている。しかし、ずるがしこくも、私の主人を手なづけて、名義上は、おたくの、ご主人の土地だから、ご主人が了承すれば、それでOKではないかと、言いだしてきている。しかし、1985年に、この手すり工事が行われた時は、主人は、松阪の、セントラル硝子に単身赴任をしており、この山にはいなかったのだ。

 道路の真ん中に、藤本夫人のフェンスを作る代わりに、私の家側に、手すりを作った。それを、前田祝一は、例の共産党固有の方式で、町内会お当番制で、ペンキ塗りをいたしましょうと提案をしたのだった。数の論理を駆使している。

 ところで、問題の手すりが、非常によくわかるグレースケールの写真がある。これは、イメージだけの段階の、いくつめかの、証拠隠滅用i石段改修工事が、行われる前に、白井達雄さんが作ったものだが、手すりが、非常によくわかるので、使わせてもらおう。

 この写真の右側に、土の部分がある。それが、石井秀樹氏用の、私道部分で、今(撮影後4年)は、いろいろな植生が、植えられている。山野草風の、植栽ができている。たとえば、白花ヤマブキ等。

 左が、問題の手すりで、しかも花輪夫人がペンキ塗りをしている最中に、安野夫人が現れたので、彼らの悪辣さを語らないといけなくなった(後注1)と、しているが、続きを書いていない間に、危険崖の設定として、我が家の土地価格が、1000万円程度、下げられる工作がおこなわれている。県主導とのこと。ただし、同様の条件下にある安野邸と、前田邸と他数軒は、免除である。この問題の忌まわしさも、いつか語るが、ここでは、

 上のグレースケールの写真を反対方向から、撮影をした、写真を次のものとして、置かせていただきたい。

 左に回転   拡大 拡大   右に回転
こちらは、上と同じ道路を、西側から見たもので、石段改修工事の前の様子なのだ。
上と、同じサイズに、したいのだが、そうならない。邪魔されている。
 しかし、これは、石井秀樹邸の工事が始まる前なので、見事な証拠が、いくつか残っている。
まず、左側、三分の一のところに、電柱があるが、その左側の、築地が、鋭角にとがっている。

 これが、中谷氏が、「藤本夫人が気違いなので、川崎さん、協力をしてください」と、泣き落としをしてきた際の、大きな論拠のひとつだった。一般的な造成地とは、築地の角は、鋭角にとがらせていない。しかし、・・・・・藤本夫人は、きちがいなので、鋭角に、自分で尖らせた・・・・・・との中谷氏の言葉だった。数年後、というのは、1985年の数年後ということ、1990年代の話、に、事情が私にも呑み込める様になる。藤本夫人が、鎌倉で、個展を開き、その案内状をくれたからだ。私は、最初の20年間は、誰に対しても丁寧にあいさつをしていた。安野夫人は、返してこなかったが、私はそれでも、こちらは、彼女にまで、声をかけたほどだった。今は、相当に違う方式をとっているが、最初の20年間は、そうだった。藤本夫人からは、相当にいやなことをされたが、見ていると、弱いところがあるゆえのツッパリだと、解ったから、刺激を与えない様にして、丁寧に、礼儀正しく接してきたつもりだった。したがって、個展の案内状を彼女は私にくれたのだった。
 小町通りに在る画廊(しかし、普段は、観光客目当ての、エスタンプ=ふつうの版画より、やや、手間を多く加えて、高く売るモノ、しかし、なんでも鑑定団に将来出せば、一万円ですと、言われてしまうものを、数十万円で売る類の版画。それを主に扱っている)での開催だった。便利な場所だが、専門家、および、それを目指す人が、個展を開く場所ではない。そこで、見た作品なのだが、セメント製の彫刻であった。で、なるほどと、思う。藤本夫人は、実は大金持ちなのだが、土木作業は、自分でやるのだった。一般的な私企業では、引き受けない様な、工事を依頼するからだろう。
 で、上の写真でも、道路に、何本もの切れ目を入れている。左側の、白い部分は、ごく最近(=2008年、県が上水道管を取り替えると言って掘り返した、部分で、それで、藤本夫人が入れた、電動のこぎりのラインが一本消えている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
副題5、『ここで、アスベスト訴訟が、頻繁に起され、賠償を命じる判決が多数出ていることを取り上げないといけない』
 藤本夫人が道路に、2本、入れた切れ込みの、一本目を隠すために、上水道管工事が、県主導で、行われた。2007年から打診とか、説明会が、何度か行われたが、最初から、私が書いていることの証拠隠滅だと、は、明白だった。
 理由は、上水道管は、アスベストで、まかれているので、健康被害をもたらすので、取り替えるとのことだった。が、実際には、古い感は撤去されていない。というのも、タイ私狙いの、いじめだから、健康被害など、どうでもいいことなのだ。旧藤本邸前、現在は、石井秀樹氏宅前に、2本の切込みがあっては、私が言っていることが確かなことになるから、それを消し去りたいというわけだ。
 上の写真の、左側の、コンクリートが白くなっているのは、そのせいである。

 しかし、私が、こういう風に書いているからこそ、アスベスト訴訟が、幾度も起こされた。共産党が、協力をすれば、集団訴訟が、容易に生起できる。そのたびに、勢力を拡大する前田祝一氏を、目の前で、つぶさに見続けたからこそ、彼ら夫妻は、共産党員だと、確信をしている。そんな家の奥さま清子さんを国学院大学のご紹介して、講師にしてあげたから、鶴岡八幡宮の大銀杏は倒壊をした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
副題7、『北久里浜のごみ出しで、意地悪をされているので、ここで寝ないといけなくなった。で、途中だが、終わりとさせていただきたい』

 ええとね。皆様、この章は終わってはおりません。
 しかし、逃げるのではなくて、健康を守るために、パソコンを閉じて、寝ようと思います。

 今のわたくしは、北久里浜にいます。明日、木曜日に、燃えるごみを、ごみ集積場に、出さないといけません。もし、鎌倉雪ノ下で、よくそれをやる様に、徹夜で、午前、五時過ぎまで、ブログを書いていたら、ごみが出せません。北久里浜では、夫婦で、住んでいません。主人と私が、通例は、日帰りで、しかも、交代で、園芸の仕事をやりに来るだけです。しかし、数か月に一度、草ごみを出さないといけません。大木に育った桜があって、その下が、たい肥制作場所に、なってはいるのですが、そこへ到達できないほどに、手前に夏草が茂っています。それを抜けばいいのですよ。2メートルぐらいの距離です。しかし、高さが、一メートルぐらいで、密集していますので、体力がいる上に、畑にしている部分の、草取りで、いつも精一杯です。一応ですが(笑い)、敷き地の、広さが、60坪あるので、76歳の老人の身には、手入れが大変です。主人と一緒に暮らしている雪ノ下の家なら、草ごみは、水曜日に、出す仕組みになっていて、火曜日の夜に、出しておいていいのです。特に、夜出さなくても、主人が早起きの人なので、任せられますしね。
ところでね。この岡には杉本俊一、雅子夫妻が住んでいるので、なおさらに、意地悪をされていて、草ごみ一つだすのも、ルールが、ひじょうに厳しくなっています。それから、横須賀市の条例で、駅には、ごみ箱を置いてはならないとなっています。G20に関係がなくですよ。

 でもね。この章でも、
 らら横浜(=傾きマンション)と、ルネ北久里浜そらヒルズは、外観がそっくりなので、白井達雄さんの会社が設計を請け負ったはずで、したがって、グラフを持っているので、通例は、看過される、グラフの使い回しを見咎めたと、見ています。
 旭化成建材の直属の上は、日立エンジニアリングでした。ところが、日立エンジニアリングには、何らおとがめがなくて、そのさらに、上に位置する、三井不動産れじでんしゃるが、謝罪をし益した。そのうえに、すでに、そのマンション群を撤去したそうです。
 誰がお金を出したのでしょうかねえ。官房・機密費だったりして。

 私が言っていることが正しいのですよ。でも、だからこそ、それ以降、日産自動車をはじめ、数企業が、データ問題で、謝罪をしているではないですか? アンナの必要がないことなのですよ。
 ともかく、ルネ北久里浜空ヒルズは、土地代が、ただです。

 そこは、元、横須賀市所有の水道山でした。そこを目隠しをした中で、開墾して行って、ただで、自分のものにしたのが、益山重夫、+、瀬島龍三です。益山夫妻は、すでに他界をしていますが、義弟の仲野通巳吉が、ここに住んでいます。我が家から、20メートル南側に。そして、横須賀市側で、私が電話で、委細を正子夫人に、教えているのにもかかわらず、看過して、ただで、土地を譲り渡したのが、杉本俊一です。
 今、グーグル地図で、調べたところ、スケールを、一単位、20メートルまで、拡大をしないと、ルネ北久里浜そらヒルズは、出てきません。先ほど、そこを開いたら、地図上の上部に、27という数値が打ってありました。そここそ、私が今座っている場所です。我が家の地番は、今は、根岸町、2ー27-34となっています。
 ところで、その地図だと、今は、トモ美容室というのが、唯一の近隣目印です。その左上に、27という数値が出ています。そこら辺りをまず、航空写真でご覧になって、27のところに、ちらっと浮かぶカメラ記号をクリックしていただけると、見事に、我が家がストリートビューとして、パソコンの画面に、表れます。非常に大きくです。
 主人は、売らないと言っているのですが、二つの家を、維持する労働に、いささか音を上げているわたくしは、貸したいと、思っています。が、だめですね。主人が頑として、言うことを聞かないので。主人にとっては、デンというものでしょう。隠れ家というわけです。というか一戸、まるまる、27坪を、隠れ家というか書斎として使えるから、手放したくないわけです。
コメント

以前は持ち上げ、今は彼女を叱り始めた人達の両方を私は嫌う。「なおみちゃんは、失恋の痛みで低迷しているのだから、立ち直りには、時間がかかる」と、私は前から考えていた

2019-07-03 02:02:54 | 政治

  私は、昨日午前零時ごろ、録画番組の途中で現れる、NHK総合チャンネルで、第一セット、4-5で、クチンスカヤが、勝っている時点と、6-6になった時点に、二回を瞬間的に見ただけで、『ウーム。負ける』と思ったので、それ以上は見ませんでした。そして、朝になって、やはり、予想通り、なおみちゃんが、初戦敗退となっていたのを知りました。しかし、予言者として語れば、なおみ選手が、サーシャコーチと別れると、発表した時から、・・・・・・・・これから、長い低迷期に入るだろう。それは、彼女が、この失恋を、どういう風に消化、または、昇化できるかにかかっている。しかし、忙しくて、また、常に世間から注目されて居る身では、回復は、容易な事ではないだろう・・・・・・・・とも、思って居ました。今、その通りの展開になっています。

*1)、彼女がサーシャと呼ぶ、直前のコーチを解任したと、言うニュースを聞いた時に、世間の人が大いに驚いたのには、なんか、ばかばかしいと、思っておりました。さらに言えば、そんなに驚くことはないとも、思って居ましたた。全豪で、勝った直後の映像で、彼女が、サーシャコーチを振り払う様子を見せていたので、既に、激しい拒否の感情を彼女の方が、抱いていて、それに対して、サーシャコーチが、世間を、取り繕うと、言う態度だったからです。コーチが世間を取り繕うと、言った意味は、全米と、全豪を勝たせたのは、自分であるという、思いもあったので、急に彼女に嫌われる姿を、カメラの前で、見せたくはなかったからでしょう。それは、サーシャコーチにとっても当然の事です。

~~~~~~~~~~~~~~

*2)、しかし、彼女のその嫌悪感が、非常に純真な少女の初恋が、敗れたことから来ているのが、私には、すぐわかったので、彼女が、勝って、傲慢になっているとは思わなかった。その後、サーシャコーチを解任した時に、・・・・・世間で、以下(=*3)の様な、報道があったので、私は、内心で、ひどく怒り、%%%%%罫線以下のブログを書いたのだった。

~~~~~~~~~~~~~~

*3)、世間で流布された、コーチ解任に理由は、*****罫線内である。***********なおみ選手は、・・・・・さらに上に行き、勝ち続けるために、・・・・・・・グランドスラムで、勝った経験のあるコーチを雇う事にした*********という報道だ。これを書いた人は誰だ?。何を言って居るのだろう?と、私は、思う。その人は間違って居る。そして、私が、その後書いた文章(あと注1)の方が正しい。

 だけど、私が、林真理子でも、瀬戸内寂聴でもないので、世間の人が私のいう事を聞いてくれない。が、繰り返すようだが、私のいう事の方が正しい。・・・・・より上を目指すために、サーシャを捨てた・・・・・などという報道を、聞くと、

 なおみ選手が、大変傲慢で、計算高いように聞こえるではないか。そうじゃあない。彼女は、ただ、未経験な少女であるというだけだ。そして、

 サーシャコーチも、別に悪ものではない。彼は、昔から言われている・・・・・「商品には手を出すな!」・・・・・を守っただけだ。昔から、映画スター(特に女優)に、たいして、スタッフ側(監督とか、撮影チームとか、音響チームとか、スクリプト担当とか)が、手を出してはいけないと、言う鉄則があったではないか? 彼は、それを守っただけだ。

 それに彼鳴りに、考えたと、推察している。なおみ選手は、やがて、勝てなくなる。しかし、グランドスラムに勝った選手だ。そう言う過去を背負って、勝っていない夫と、結婚をする。そして、妻が稼いだ、大金で、若い日に贅沢三昧をして、年取ってから、お金が無くなる。年取ってからは、自分が地道に稼ぐ、少年少女相手の、テニススクールのコーチ料だけである。なおみ選手は、既に、傲慢になっていて、そんな仕事はできませんと、言うかもしれない。しかも、お金は、無い。そうなると、夫婦げんかが絶えなくなる。サーシャと、なおみ選手が仮に、無事に結婚式を挙げたとしても、そレは、一種の逆玉であって、世間の、白い眼をサーシャの方が浴びないといけない。しかも、結婚式後20年後の生活は、決して明るい展望がない。それは、既に、別の、自分自身にとって、ふさわしい相手と、実質婚レベルの交際をしているだろう、サーシャには見えている。しかし、体格は大きくても、経験上は、単なる少女でしかない、なおみ選手には、そこまでは、見えていない。だから、気持ちだけは、まっすぐに彼に向かう。しかし、どこか、シャイなところがあり、気弱なところもある彼女は、言葉に出してサーシャにアタックすることができない。でも、サーシャには、それが、念波の様に伝わって、よく、わかるので、実質婚の相手だか、まだ、そこまで行って居ないのかは、わからないが、女性を帯同して、パーティに首席すると言う形を取ったのだ。

 全米の時までは、それが、両方とも表面化していなかった。しかし、全米から全豪に至るまでに、二人が、二人とも、その問題にきがついて、

 それを言葉では説明しあわずに、ただ、唯、サーシャの方が、自分が前から、付き合っている女性を表に出すことで、解決しようとした。そこに、なおみ選手との大きなずれがあった。ああいう大きな大会では、オープニングパーティとか、フェアウェルパーティとかがあるはずで、サーシャコーチが、私がテレビ画面内でも、ちらっと見た、一般人としての女性を、同伴して現れれば、なおみ選手は、当然に傷つくだろう。

 サーシャコーチの望みは、こうだ。『なおみ、お願いだから、早く大人になってくれ。そして、テニスのコーチングと、僕が、君を支える、精神的な、サポートを、連内感情と、結びつけないで」と、くれ。僕が親切なのは、あくまでも、君を勝たせるためなのだよ」と。

 でも、ナオミ選手は、そこまで、到達できなかったのです。あくまでも、少女なのです。世間知らずで、無垢な少女、しかし、メディアが持ち上げるでしょう。だから、彼女の中では、人格の分裂が起きていたのです。あくまでも、慕い寄りたい少女の部分と、メディアが持ち上げている女王としての、自分。特に後者が、鎌首を持ち上げると、サーシャの何でもない行動(=32歳の男性として、当然のごとく、既に、セックスを、通じている女性を同伴して、パーティに現れる)が、激怒の対象になり、顔を見るのも嫌だと、なるのです。######罫線以下に、今期、負けたので、批判をし始めた、人の文章をコピペして置いてあります。その中で、著者は、なおみ選手の子供っぽさを責めています。でもね、仕方がないのですよ。人間の心の成長って、経験が必要であり、あれほどのテニス漬けで、ほかのことが、ショッピング以外は、できない立場では、成長は遅く、彼女は子供のママなのです。泣きそうと、言ったのは、『ああ、今、サーシャがそばにいてくれて、全米の時の様な、二人の関係が、今なお、続いていたら、よかったのにと、思ったから、泣きそうになったのでした。子供そのものなのです。せめては駄目ですよ。しばらく追わないこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私が、今年の2月に書いた文章をここに置きます。初稿では、政治問題が、少し入っておりますが、それをのけて、ナオミ選手の部分だけ、此処に置いておきます。

なおみ選手は、サーシャコーチに恋をした。しかし、コーチはその愛を受け入れなかった。結果、なおみ選手は、一緒にいる事を苦痛に感じ始めて

2019-02-13 22:51:09 | 政治 

副題1、『大阪なおみ選手は、ひそかに、コーチに恋をした。しかし、それが、2018年の秋には、既に、終わっていたのだろう。または、他の女性に、コーチを取られたと、考えたか、または、その女性に、敗れたと、考えていたのだろう。どんどん、暗くなって行っていた』

 パリバオープン優勝時の大阪選手ノ、パリバスピーチはとてもかわいらしくて、世界中から、愛され始めました。あの純真さは、ひそかに、コーチに恋をしていたから出て来たものだったでしょう。そう、私は思います。

 そして、その後の、記者会見でも、彼女は、弾む様に話し、ウィットに富んでいて、大勢のファンから、愛され始めました。日本人に限らず、ファンをこしらえ始めました。

 その傾向は、全米優勝の後の、ひととき、表彰式が始まる前に、蓋つきのトロフィーのふたを開けてみた、様子の、動画の投稿を見ても、まだ、健在だったのです。

 しかし、優勝の次の日、ロックフェラーセンターで行われたと、聞いているドレス姿の記者会見の時に、表情が暗かったのです。ドレス姿自体は、美しかったですよ。川久保玲だと、聞いていますが、真っ白なワンピースでした。後にファッショニスタと、呼ばれる彼女の面目躍如です。

 その時のくらい表情は、サーシャコーチが、恋人(フィアンセと、言ってもよいほどの、深い仲であるらしい。しかし、直美選手の求愛を拒否する目的で、納得して、恋人役を引き受けている存在かもしれない)を、帯同して、祝賀パーティに現れたなどで、傷ついたせいでしょう。

 直美選手は賢いので、サーシャコーチに、いわゆる告白は、していないと、思いますよ。だから、サーシャコーチが、それをわからなかったと、言う事は、ないと、思います。お互いに、よくわかって居た。言わず語らずの、うちにわかって居た。

 ただ、彼は、選手とコーチは、映画女優と、マネージャーとの関係に似ていると考え、昔から、よく言われて来た「商品に手を出すな」を、守って来ただけかもしれないのです。それに、恋は、ひと時で、結婚生活は、長期間です。

 50代とか60代になった時に、なおみ選手が、自分の過去の戦歴を、軽蔑するかもしれないと、言う予想をたてたかもしれないではないですか?

~~~~~~~~~~~~~~

 これから先、しばらく難しい、状況が続くなおみさんですが、誰かが、何かを、すれば、彼女の機嫌が治るというわけでもないと、思いますよ。小手先で、何かをしても、どうしようもないです。

  私はね。この経験から、大阪なおみ選手が、ふてぶてしさとか、居直りとか、言う部分を、涵養したり、身に着けたりしないで、乗り越えてくれることを願いますが、これもまた、好事、魔が多しの、一例だと、思います。

 伊達、公子さん二、しばらく、コーチを引き受けてもらったら、いいのではないかなあ。女性として、経験がより多い、彼女なら、いろいろ、適切なアドバイスをして差し上げられると、思いますが・・・・・

###################### 

<テニス:ウィンブルドン選手権>◇1日◇ロンドン郊外オールイングランド・クラブ◇女子シングルス1回戦

【ウィンブルドン=吉松忠弘】世界2位の大坂なおみ(21=日清食品)がぼうぜん自失で会見を途中退出だ。同39位のプティンツェワ(カザフスタン)に6-7、2-6で敗退。センターコートで自身初の大会1回戦負けを喫し、自分を見失った。

次戦は8月5日からのロジャーズカップ(トロント)の予定だ。15歳のガウフ(米国)が過去5度の優勝を誇るV・ウィリアムズ(米国)を下した。

   ◇   ◇   ◇

厳しく言えば、まるで駄々をこねる子

どものようだった。ショックのあまり、自分の感情を制御できない。義務づけられている会見で大坂は、わずか4分強、11問目の英語の質問に答えず「退席していい? 泣きそう」と進行役に伝えると、姿を消した。そして、2度と戻ることはなかった。

テニスの聖地センターコートで今年の女子、最初の試合だった。3回戦が過去最高の大坂だが、全米、全豪覇者に最大の礼儀を払い、大会は最高の舞台を用意した。大坂は、それに応えようと必死でもがいた。しかし、最後は糸の切れたタコのように集中を失った。凡ミスは、相手の5倍以上、38本に及んだ。

いきなり頂点に立った選手が、その後、重圧を味わうのは誰もが通る道だ。ケルバー(ドイツ)は16年全豪、全米を制し、ウィンブルドンは準優勝。しかし、翌年17年は4大大会で準々決勝にさえ進めなかった。会見で涙を見せ、退席した経験もある。日本テニス協会の土橋登志久強化本部長も「誰もが通る試練」と話す。ただ、誰もが、大坂のように感情にまかせて行動したりはしない。「私はまだ学ぶことは多い」のは確かだが、世界中の多くのファンは、憧れの目を持って、大坂を見ているはずだ。

大坂より1歳年下で、今年の全豪4強、男子6位のシチパス(ギリシャ)も1回戦で敗れた。「早く成功すると、それに対処するのに時間が必要か」と聞かれた彼は、次のように答えた。「それは言い訳にならない。ナダルやフェデラーは、同じ年齢で、十分に成長しプロとして振る舞っていた」。その言葉を、大坂に贈りたい。

◆WOWOW放送予定 3日午後6時55分、4日午前0時から。ともにWOWOWライブ。男女シングルス2回戦ほか。生中継。

 

もっと記事を見る

コメント

アンナネトレプコを、生涯で初めて、素敵だと、思った19-7-2 ,BS3 Premium theatre より

2019-07-01 23:47:03 | 音楽

 この章を書くにあたってのお断り、いつもと違うテーマです。ただ、今まで、ネトレプコを、私は好まないと、言う投稿ばかりしてきたので、此処で、訂正をしておく必要を感じています。で、政治的テーマから急に離れますが、お許しくださいませ。

ネトレプコを初めて素敵だと、思ったプレミアムシアター19-7-2

   NHKのBS3が日曜日深夜に、Premium Theatre というタイトルで、色々な劇場の公演を放映します。音楽会も含みます。バレーやオペラ、日本での歌舞伎や、その他、小劇場の公演も。

 深夜に始まるので、日付的には、月曜日に及びます。昨日は、ほぼ、4時間半でした。

 そして、特集テーマとして、どういう形の演奏会場が、音響効果がよいかという日だったのです。日本では、シューボックス型というのはサントリーホールが、最初の劇場だと、思うのですが、今般モスクワにもそういう形の劇場ができて(どうも、パリにはまだの様な気がするが)、其のこけら落とし公演が開かれました。それを、NHKが、放映しているというわけです。 

 こけら落とし公演なので、モスクワのお客が喜ぶようにオールロシア人作曲家の、楽曲の様でした。私としては、ほとんど動機(主要なMelody部分)を覚えていない様な曲で、あって、有名なヴァイオリニスト・ズーカーマンぐらい以外は、『ああ、コーラス曲が、ロシア的だなあと』と、思うぐらいで、忙しいので、早送りをしたりしてみていました。ただ、最後まで、待ったのは、冒頭の番組紹介で、アンナ・ネトレプコが出ると、聞いたからです。私は実はネトレプコが好きではないです。しかし、モスクワ初の、シューボックス型劇場のこけら落としに出るという事は、相当に、気合を入れて来るだろうと、思って、その姿を見たいとは、思いました。で、待っていました。

 ずっと待っていたら、最後に出てきました。つまり、大きな、もよおしのトリ(?)をつとめるというわけです。どれほどに、大物扱いを受けているかがわかります。ソプラノは、もう一人出ていたのですが、そちらの衣装が、50万円でできたるものだったと仮定すると、ネトレプコの衣装は、『200~300万円は、かかっているでしょう。もしかしたらもっと上ですか?』というほどに、素敵なものでした。

 私はね、一応は、美術系ですから、まず、そこで、『おやおや、張り切っていますね』と思ったわけです。というか、『場所と、自分の立ち位置を、きちんと、わきまえている人だなあ』と、思ったわけです。

 数年前の事です。メトロポリタンオペラを映画にしたものをNHKが放映をしました。すると、二度目の結婚の相手があらわれたりして、ネトレプコの、フェロモン横溢の面が、強く出ていて、それだけで、私は毛嫌いをしてしまうのです。ところが本日は、だいぶ違いました。スリムになっていると、いう事と、本日来ていた、質的に、また、手間がかかっているという点で、最上級の衣装が素敵で、尊敬に値すると、思いました。

 国家的行事のしかも主役なら、立派な衣装を着てこないとだめです。私は、今のクールビズ運動は、かまわないとは思うのですが、記者会見等で、カメラの前に立つのに、ネクタイをしていない姿は、怒りに燃えます。だって、記者会見場って、温度は、二十七度ぐらいに抑えられているでしょう。ネクタイをしていても厚くないですよ。『これは、ひどいなあ。国民を馬鹿にしていますよ』と、常に思って居ます。

 そう言う日本国内の、日常に比較して、ネトレプコが、最上級の衣装を着て現れたのには、大いに、うれしかったです。

  その衣装ですが、一般的にソプラノが、リサイタルで、用いている、膨らんだスカートではないのです。どことなく、民族衣装を思わせる形であって、すとんとしているコート風のものです。全体が一つの棒みたいに見えるスタイルです。しかも赤やピンクではない。派手な感じのグリーンでもない。ベージュと白の配色です。

 今、ネトレプコの坊や、は、10歳ぐらいでしょう。結構大変なのではないですか? で、アンナがスリムになっていました。お子さんに戻れば、家は、大金持ちなのだけれど、お父さんは、実父ではない。そして、お母さんは、働いていて、しょっちゅう旅に出ている。それでは、不満がたまります。まあ、7歳ごろまでは、常に帯動をしていたみたいだけれど、学校がきちんと始まると、それほど、連れ歩けないですよね。
 今までは、何もかもを、手に入れて、まるで、平家の清盛みたいな状態であったネトレプコに、何らかの気がかりができて、慎重になっていると、感じました。でも、それが、かえって、表現上、良い結果を生んでいるのだとも、思います。

 今までは、それを感じなかった、繊細さとか、上品さを感じました。私は過去、否定的な感想ばかり、書いていたので、此処で、違う感想をも、述べたいと、思います。彼女が当日選んだ曲はリムスキー・コルサコフの、歌劇、【皇帝の花嫁】から、【イワン・セルゲーイチ、庭へ行きましょう】でした。

・・・・・蛇足1、
 アンナネトレプコが、ザリャジエ・という新しいシューボックス型の劇場のこけら落としで、トリだと上の方で言って居ます。しかし、最後に、もう一曲管弦楽がありました。マリインスキーオーケストラ、ゲオルギエフ指揮で、【展覧会の絵】から、【大きな門】です。それで終わるのは、この音楽会の、選曲がとても、よかったなあと、言う感覚を見ているものに与えました。格が、大きな曲ですから。

・・・・・蛇足2、

 今、日本時間の、零時6分です。録画番組を、中断したら、ライブで、ウィンブルドンの、大阪なおみ選手を、放映をして居ました。今年の、ドレスを提供しているのは、NIKEのようです。

 これが、素敵です。とてもいいです。城をどうして用いないのか? と、今まで思って居ましたが、白を、用いています。非常にいいです。ただし、勝負態度は、弱い。だから、テレビをこれ以上は見ませんよ。ぜひ、勝ってほしいと、思いますが、ひやひやしそうなので、疲れが、増すので、見ません。

 なお、このブログの、2010年から数え始めた、延べ訪問回数は、5447717です。

    2019年7月2日、雨宮舜(本名 川崎千恵子)

コメント

山本耕史 NHKBS3の釣り番組に19-7-1に出る・・・・・多分、私が今、書いているシリーズと関係がある

2019-07-01 02:17:22 | 政治

副題1、『BS3の釣り番組だが、普通は、売り出し中のタレントが出るものだ。だが、山本耕史が、19-7-1には出た。それが、私には、引っ掛かる』

 この一文の総タイトルも、一見すると芸能界記事みたいです。しかし、違います。政治論です。NHKの文化番組まで、対・私いじめの為に利用されているという例証として語ります。ただし、非常に微妙な形であって、ストレートではありません。いろいろ、利用をされていますが、今回は、釣り番組について語ります。

 我が家では、NHKBSを、日常的によく見ます。BS3が主ですが、時には、ドキュメンタリーの良いのがあるので、BS1も見ます。釣りの番組は、たいてい、見ています。釣りは、主人も息子も好きです。だから、BS3の釣り番組はみます。2019年7月1日には、山本耕史が奥・鬼怒川で、イワナを釣りました。

 すごく頭のいい人だから、しゃれた場面が随所にありました。釣り兄貴(先輩と言うか、指導者)が教えた手法に、自分独自の工夫を加えて、難しいものらしい、イワナ釣りで、二日間ですが、6匹吊り上げ、最後の、魚君には、ムツゴロウと、名付け、前日、二番目に連れた魚には、次子(次子)と、名付けていました。、思わず、ほほが緩みます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『この番組は、・・・・・私にとっては、無名のタレント・・・・・が、出て来る・・・・・と、言うイメージがあった。だから、・・・・・山本耕史が出て来るのは、変ですね・・・・・と、まず思う。だけど、此処でお断りをしないといけないのは、カラテカ矢部が出てきたときは、・・・・・すごく面白い人だ。絵も上手だし、・・・・・と、思い、興味を持って、ネットサーフィンをして、みた。ちょうど、【大家さんと、僕】がヒットしている最中だという事を知った.本日も、再びwikipediaを開いてみたが、大物化した故か、そこが、さらに充実していて、彼が、面白い話ができる理由を正確に知った』

 私はね。時間がないので、昔は、隅から隅まで読んでいた新聞も読めないほどなので、民放の、番組は、ほとんど見ません。だから、今はやっているタレントが、どういう名前なのかなど、ほとんど知らないのです。しかし、DAIGOなどは、鎌倉からの地域・口コミによって、竹下首相のお孫さんなのだと、いう事は、ずいぶん前から、知っていました。しかし、番組は、一回ぐらいしか見たことがないのです。きれいなお顔の男性タレントです。頭もいいらしい。その頭を政治ではなくて、ほかのことに使って居る男性です。

 でも、繰り返しますが、タレントについては、ほどんど、知りません。で、この釣り番組に出て来る人も、無名の人だとか、売り出し中の人だと、認識していました。だから、副題2の二重ガッコの中に書いた通り、山本耕史が、此処に出て来るのは、政治的意味を感じてしまうのです。

 ::::::::しかし、此処で、挿入ですが、カラテカ矢部が、矢部太郎として出てきた時は、発言が、面白いので、番組を特に、丁寧に見ているうちに、誰もが、書くことを求められる最後の色紙の絵が、上手でね。びっくりして、誰だろう、この人は、と思って、ネットサーフィンをしたのです。それで、漫画【大家さんと僕】が、大ヒット中の人だと、知ったわけですね。ただ、それを知る前のわたくしは、『この人は売れていないので、よほど、貧乏なのでしょうね。折れそうな体で、私の特に忙しい時期の、38キロ時期の、外見よりも、貧相に見えますよ。かわいそうに。だから、九州にまで、出向く回の、遠出を、求められているのでしょう』と、考えていました。大失敗。大誤解でした。

 そして、本日、19-7-1に、二度目の事として、wikipedia を開くとアンガールズの田中卓志と同じく、矢部太郎も国立大学の卒業だと、出ていました。『そうですか』と、思い、納得です。しかし、有名にならないと、此処までの、記入がなされないのです。:::::::::::

 で、挿入を終わります。だけど、以前から、不思議に思って居たのですが、何故、山本耕史のバックグラウンドは、書いていないのですか。超・有名人なのに。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『山本耕史 は、wikipedia で、出生地は、新宿だと、書いている。しかし、出身中学、高校、大学などは、明らかにしていない。なぜだ?』

 山本耕史は、才能豊かです。それは、確かです。しかし、5年ぐらい前から気が付いていますが、ネットでは、バックグラウンドを明かしていないのです。なぜだ?と、考えます。

 新宿区出身とか、書いてあります。だけど、それは、産院だったかもしれない。または、大病院の産婦人科だったかもしれない。多分、其れを明かさないのは、有名な俳優、GYの息子だからだろう、と考えていました。、・・・・・親の光は七光り・・・・・を使いたくなかったと、いう事でしょう。如何にもインテリ一家らしい姿勢です。その一族は芸能界のひととは言え、インテリなのです。つまり、親世代=又は、祖父母世代が、明治生まれにして、学卒(ただし、昔の制度だと、慶応大学でも専門学校と呼ばれていたのだが)なのです。と、私は……思い、彼がバックグラウンドを明らかにしていないことを、納得していたのです。

 堀北真希が奥さんだから、お子さんは、ますます、優秀な俳優になるでしょう。有名な芸能人一家の四代目に当たるわけだし。

 でもね。私が特に、気が付いたのは、私が今書いているシリーズと関係があるという事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『でも、NHKは、否定をするでしょう。この番組を作るのには、二か月の猶予が必要ですと。あなたが、このシリーズを書き始めたのは、6月8日ですよねと。しかし、このシリーズの原型は、ずっと前に下書きとして書いているのです。私のパソコンは、常にハッキングを受けています。だから、その日を、後で、チェックして、此処に書けば、私のいうことが正しいとなるでしょう。でも、時間がないので、今は、やりませんけれどね・・・・・大きな殺人事件と関係がない、ものは、自分のブログでも探し出せません』

 私は、以下のシリーズで、8050-1号ママは、演劇にこだわりすぎている。それは、坊ちゃんの、*1)自殺未遂をしたといわれる25歳ごろ、または、*2)その前の、高校受験に失敗したと聞いている15歳ごろに、母親の方が、こだわった、行先です。仕事先です。其れを私は、「彼女と、卒業・高校が同じである、山本学、亘、圭、兄弟を見ていたからだろう」と、言い続けてきました。

 それは、以下のリンク先、#3まで、(=6月18日まで)、そう主張をし続けています。しかし、#4から、方向転換をしています。・・・・・おや、おや、山本兄弟ではなかったですね・・・・・と思いなおしています。

 これも、又、全くの偶然であって、自由の森学園の住所を知りたいと、思ったことから始まりました。其の第二期の卒業生として、【北の国から】で、有名な、吉岡秀隆君が、出ていたのです。ただ、この時点でも、私の方は、真実には気が付きません。次の段階が必要でした。吉岡秀隆君の、wikipedia に入ってから、やっと最終的に、真実にたどり着きました。

 なんと、吉岡君は、とても小さいころから、【男はつらいよ】に、倍賞千恵子の息子役で出ていたのです。私はそのことは全く知らず、彼は、フジテレビ専属の子役だと、思って居たので、松竹と関係があるなどとは、夢にも思って居ませんでした。でも松竹大船撮影所となると、どうしても栗山富夫さんを思い出さないといけません。

 私は歯の治療が災いして、前歯に金冠をはめていたので、ICUでは、劣位の女の子だったので、もてる人(?)らしい栗山さんとは、会話を交わしたことはありません。

::::::::しかし、此処で、挿入ですが、私も無事に、結婚に至ってはいるのですよ。(笑い)

  いつも、全く化粧をしないので、お化粧をすると、見違えるねと、職場の上司に言っていただきました。アルバムに張ったまま、スマホで、採録をしたので、主人側がゆがんでいますが、普通の体格の人です。娘や息子の結婚式の写真はもっとずっと、晴れやかで素敵なのですが、出せません。:::::::という挿入を入れて元へ戻ります。

  まあ、私と比較をすると、栗山富夫さんの奥様のM子さんなんて、とてもきれいなのですよ。ちょっと、ヨーロッパのお人形を思わせるタイプでね。彼女の妹A子さんが、私の一年時の同級生(たった、23人しかいなくて、かつ、一年間、毎日、8時間は、一緒にいた)なので、風の便りとして、M子さんのことも、色々知っているのです。学問研究の方へ行っているとか?

 学問といっても、人文科学系ですよ。理工学系ではない。M子さんが地味目なのは、背が低いからだと、思います。もし、彼女が、160㎝を超える背丈があったら、もっともっと派手な人になっていたと、思われます。A子さんも同じです。とても健康でかわいい人なのだけれど、地味目です。真面目です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『吉岡君が本当のキーパーソンだったので、かえって、例の連中は、私をからかってやれとなって、山本耕史を釣り番組に出したのだと、思う。山本耕史は、あの釣り番組の中で、ほかのタレント程、無邪気には楽しんでいなかった。彼は、事前にいろいろ、聞かされていたと思われる』

  私は吉岡秀隆君が、自由の森学園の出身者だと、気が付き、それから、発展して、色々なことがわかった過程については、これもまた、天のご加護だと、思って居ます。偶然のグーグル検索を、するかしないかは、神様のご采配によるものですから。

 で、山本耕史は、私をからかうとか、脅かすという意味では、既に、ご用済みになってから、番組の中に、登場したのです。

 私は以前から、彼は、山本薩夫、山本学、山本亘、山本圭 家の第三世代だと思って居ました。今般、私のブログと連動して、番組が用意されたので、ますます、その推察は当たっていると、考えます。あそこの係累のお顔を見ていると、どうも、山本学のお子さんらしいなあと、思います。

 なお、これも続きがあるのですが、明日書きます。なお、二、三ひっこめた文章がありますが、完成できない見込みがあったので、ひっこめただけです。いつかは完成させて公開をいたします。

 

 

 1

国会図書館とは、文化・文明の、砦で、ある筈なのに + 引きこもりの母は、実は愛情がないのだ。 (石塚雅彦、大森実、その秘書のお杏さん、古村浩三)

2019-06-08 03:31:33 | 政治 

ICUを舞台にした、言論弾圧への、深い深い分析・・・・・農林事務次官の子殺しが、起きた今、それを語る

2019-06-10 21:38:34 | 政治 

フロイトのいうエディプスコンプレックス理論を、常に銘記して、子育てすべき + 昔からの諺・・・親の背を見て子は育つ・・・は今は無効だ▢

2019-06-16 00:58:30  |  

自由の森学園、吉岡秀隆君、福音館書店、その社長だった、時田史郎君、元革〇リーダー成岡康司君▢

2019-06-18 05:07:32 | 政治 

全員が60年代ICU卒の、あの二組の夫婦は、鍋を囲みながら、チョムスキー論でも交わしていたかな?  ともかく、インテリの子供は大変だ ▢

2019-06-29 11:22:12 | 政治

 

コメント