銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

或る日、クマヒラの制服を着た男性達が、浜銀鎌倉支店の一階のATMの裏側に、ずらっと整列をしていた。Why?

2018-10-23 01:47:27 | 政治

 Why? と、問うて、いますから、答えを言います。実は、私が、前報のようなものを書いたとき、其れが、真実だから、誰かをいけにえとして血祭にあげないといけなかったのです。

 くまひらの制服を着た社員たちは別に悪くはありません。この会社は、最近の銀行の貸金庫をほとんど、制作しているみたいです。

コメント

浜銀鎌倉支店の貸金庫は、最新システムだ。しかし、裏側から、警察なら自由に開閉できる。従って、私は図書館の本で大被害を受けた▢

2018-10-21 19:22:55 | 政治

この一文の総タイトルは、23日の午前2時まで、『図書館の本が、2016年の4月に返却ボックスから消えた。が、9月に、私が浜銀の貸金庫1331から発見する?』としておりました。しかし、それ以降、上のものに変更しました。

図書館を利用した罠について、何か、いやな時期が起きた度に、必死で書いた三本のブログを、下に、置いてあります。

副題1、『それを、見つけたのは、実は、柳沢昇の、過去の悪事が、手引きだった(苦笑)』

 しかし、図書館が、わなを仕掛けてきたなんて、殺人事件ではないので、過去ブログを、早々は、見つけられません。ところが、はじめは、違うものを探していたのに、図書館関連のブログが見つかったのです。偶然ですね。しかし、其れが、柳沢昇についてのものだったので、これも、また、神様のお手引きだと、感じました。

 何を最初に探していたかというと、柳沢昇が、過去に、鉢をひっくり返したり、花を、手折ったりした事について書いた文章です。

 今、私はごみ袋について書いています。そちらの方の骨子は、鎌倉市指定の、大型のごみ袋の中に、わざと、外から見える様な形で、植木鉢を入れて、出しては、行けない日にそれを、出したというケースです。プラスチックでできた植木鉢は、燃えるゴミの日にしか出してはいけません。鎌倉市では、その週だったら、8日と、11日しか出してはいけません。しかし、出してはいけない、9日の火曜日に、ゴミ捨て場に、それが、置いてあったのでした。その植木鉢は、私が使っているのが、誰にも分るものだったので、誰かが、我が家から、植木鉢と、プランターを盗んで、其れで、ごみ袋をつくって、あたかも、私が間違えた様に、他人様に感じ取らせて、陥れようとした、事案でした。

 それを、9日から、17日まで、気が付かないという形で、過ごしたのですが、たまたま17日に、久しぶりに庭仕事をし様として、外へ出た時に、植木鉢の置き方が変だと、気が付いたのです。室外機の上に、4つの山として置いてあるのが普通の姿なのですが、山が三つしか無くて、一つ分の空きがあるのでした。

 そのとたんに、本当のことに、やっと気が付いたのです。・・・・・そのごみ袋は、私を陥れるために作り上げられ、この雪ノ下二丁目の山に住む、ご近所主婦が、私の悪口を欠席裁判で、言いあうために、捨ててはいけない日に置かれたのだ・・・・・と。

 では、誰が、植木鉢を盗みに、我が家の門内に入ったかです。

 私はかねてより、私の花を手折ったり、植木鉢をひっくり返す、人間が、ご近所に居ることには、気が付いていました。で、どうも、柳沢昇らしいと、思っていたのです。

 でね。何度もやられるので、とうとう、ブログ化した覚えがあるのです。

  その時に、彼が折ったと、思われるチューリップが、茎もないのに、お盃(さかずき)の中で、5日間は、元気だったので、驚いて、その生命力について、ブログを書きました。で、その証拠は、上の写真に残っております。使用記事というところに、其れで、文章を一本書いたと、言う記録が残っております。ほかにも探せば、いろいろなデータとして、その記録が残っている筈なのです。しかし、そこをクリックすると、「その記事はありません」となります。

 確かに、一度アップしたものをひっこめてしまう事はあります。万全を期したいと思っていて、まだ、不十分だと、思うと、引っ込めます。しかし、ひっこめた後では、下書きというところには、それが、残っております。今般は、下書きにも残っておりませんでした。しかし、そう成れば成ったで、花を手折ったのは、柳沢昇だと、ほぼ、確定的になります。

 どうしてそういう風に解釈するかですが、こういう作業は一般の人にはできません。NTTレゾナンスのスパコンに入って、削除をするわけですから、CIAなどの大組織でないとできないことなのです。伊藤玄二郎が、CIAのエージェントあることは確かであって、柳沢昇は今でも頻繁に、その、伊藤玄二郎と交流をしています。したがって、大・大・CIA様が、柳沢昇を庇って、私の、ブログの、一つを削除したわけですから、この乱暴狼藉は、確定的に、柳沢昇がやったことなのです。そういう風に私は、解釈をします。

 ここで、植木鉢を、盗んだ人間が誰かと想像する方に、入りましょう。最初は、直観的には、柳沢昇だと思っておりました。だけど、此処で、そうだとは、書きません。予防して書かないという部分もあるが、

 今般の泥棒は、鎌倉市も含んでいますので・・・・・というのは、そのごみを、鎌倉市は回収すべき11日にもっていかなかったのです。という事は、私を陥れる目的が効果を上げるために、長期間にわたって、回収しなかったという意味で、鎌倉市が、協力をしている・・・・・と、いう事になります。で、相当大きな犯罪性があるのです。単純な泥棒とは言えません。だから、柳沢昇が、植木鉢を盗んだと、私が、いう事は、危険なのです。だって、正真正銘の悪ですからね。それを、確定してしまう事は、私の方が、危険で損をするのです。

 上のチューリップの方は、犯罪性が、少ないです。『ああ、あの男は、低劣なのよね。しかも幼児性があるので、どうしようもないですね』と、思っておけば、済むことです。しかし、今回の方は、悪辣すぎます。そういう悪をやった人間が、柳沢昇であると、確定するのは、私が、危険すぎて、損をします。だから、誰がやったとは、規定をいたしません。

 もっと、プロの泥棒がやったと、思いたいです。つまり、警察の殺人用別動隊が、やったと、思います。そう思いたいです。もし、柳沢昇が、夜の内にでも、我が家ないに、侵入して、それを、やったとすれば、この山って、本当に魔窟ですし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『図書館の本は、いつ、だれが、盗んだのか? しかも、どこから盗んだのか?・・・・・それをここで、はっきりさせよう』

 今ここで書いている、植木鉢を盗んで、しかも、其れをごみ袋へ入れて、あたかも、私が間違えて出した・・・・・・というごとき、謀略を行った連中の中で、「我が家から、周辺の人が、見覚えのある植木鉢を盗んだのが、誰か?」というと、それは、プロの泥棒だと、思いたいと、言っています。

 同じことは、図書館の本を盗んで、図書館から、「あなたは、本を返却していません」と、言う電話をもらった件でも、盗んだのは、プロの泥棒だと、思いたいです。プロの泥棒とは、警察の殺人用別動隊のことです。

 それを、初期ブログ(下に置いてある、四本)では、語っておりません。たぶん語っておりません。そのころは、主人が生きるの死ぬのの大騒ぎの最中だったので、あまり、危険なことはやりたくなかったわけです。だから、

・・・・・一種のえん罪を、こうむっている渦中にあり、自分は、図書館の本を返却したつもりだけど、返却していないといわれる。・・・・・それは、謀略です・・・・・と、言って居ますが、盗んだのが、警察の別動隊だとは、言って居ないはずです。

 では、いつ、盗まれたかですが、その日時に関しては、相当に、確定できるのです。それについては、強烈な記憶があるのです。

 それはある夜に、とんでもない迂回行動をして、その当がいの雑誌を、鎌倉駅表駅改札口に置いてある返却用ボックスに、返したので、其れが、大いなる記憶としてあるのです。もし尾行が付いていたら、その迂回行動に、注目するでしょう。そして、なぜ、迂回鼓動をするかは、推定できるのだと、思います。したがって、私が返却した後で、人通りの絶える、午前二時ごろ、返却ボックスの裏から、ピッキングで、ふたを開け雑誌を取り出したと、推定しています。

 主人が入院している病院の玄関からは、大船駅へ、向かうシャトルバスが、出ています。大船駅についた後では、猫が心配なので、外食はせず、買い物だけして、自宅前を通る、江ノ電バスに乗ります。大船駅から、横須賀線に乗って、鎌倉駅まで帰ると、言う道順の方は、使っていない時期だったのです。となると、図書館の本を返却する機会がありません。詳しく言うと、大船にも返却用ボックスがあるのですが、其れは、バス停から、五分程度、余分に、あるかないといけないので、疲れ切って居る身では、やりたくないことです。

 もちろん、五時前に帰ってきて、その本を借りた本館そのものに行くということは無理ちゅうの無理です。

 しかし、一方で、我が家には、頻繁に泥棒が入ります。今も、このごみ袋騒動と並行して、リモワ(の子供用アテンダントバッグ)五万円程度と、母が、特注してくれたゴールドと、オパールでできたティア・ドロップ型のチョーカーが、盗まれています。植木鉢の方は。、主に心理的いじめに使うものですが、そして、外の庭で、盗んだわけですが、

 リモワのアテンダントバッグは、14日(日)の午前中に、家の中から、盗んでいきました。14日に京橋まで行って、13日に京橋のドトゥールに忘れた、これも母がくれた、高価なサマーセーターを、受け取って、リモワにいれたのです。そのセーターが、今、手元にあるので、リモワの方を、家の外に忘れたわけではありません。

 そのリモワ(紺色、子供用サイズ)を、室内に入って、盗むのが、どうして、可能かというと、その日、主人は、北久里浜の旧宅へ午前中出かけています。柿をもぎに行ったのです。私の方は、ブログ(あと注1)を、午前五時まで、かかって書いています。そして、午前、5時に、寝入っています。だから、合計五時間程度、泥棒が侵入する自由時間があるのです。合鍵を持っている人間が、個の日本い

らいいると思うので、その、連中なら、自由に、盗んで、帰えることができるのです。特に、疲れ切って寝る際に、居間に大事なものを置きっぱなしにして、寝ることが多いのですが、その居間から、堂々と、盗んでいくのです。その盗みの回数たるや、50回は優に超えているでしょう。

 私は、なぜ、泥棒が入るかの原因について、何度も語ってきています。つまり、安野夫妻と、前田夫妻などが三十年以上、前に行った、アジサイ畑欺罔事件が、主たる原因なのだと。

 また、石川和子と、柳沢昇の夫婦が、私の猫が、彼らより、私を選んだことに腹を立てて、警官を呼んで、「あそこのご主人に、奥さんを叱る様に、命令してください」と、頼んだ際に、訪れた警官が、これまた、驚天動地の失敗をするのですね。そこに、原因が在ると、何度も語っているのに、盗んでいくのです。本当に不思議です。日本人んて、恥を知る民族のはずなのに、そこまで書いても、泥棒を、やめないのですから。

 だから、図書館の本が狙われるだろうと、いう事は、わかっていて、早く返そうと、必死でした。そこから先のことは、下の三本の中に書いてあります。ただ、もう一つだけここに、初出としての、その紛失劇が、練り上げられた謀略であったという、可能性を、あげておきましょう。それは、図書館の中に伊藤玄二郎とか、井上百合夫人に内通していた人間が、いる可能性です。二人に、頼まれていて、もし、駅の返却ボックスに、其れが、入っていたら、その人物が、即座に廃棄する様に、依頼を受けていたという可能性です。これは、本当に言いたくないことなのですが、三つ目の可能性として、其れを挙げておきましょう。

 特に今般の、ごみ袋の、違法投棄の問題は、そこと同じなのです。鎌倉市の清掃局員も、からんでいるのです。どうしてそういえるかというと、燃えるゴミだと、わかっていながら、11日に、もっていかなかったという事と、18日に名越のセンターに電話をかけた際に出てきた吏員、菅原某君が、「ごみの中にプランターが入っていた」と、証言をしたことなのです。このプランターとは植木鉢以上に大問題なのですよ。後で、betuno章で、語ります。その市役所吏員、菅原某君は、明るい声で、はっきりとそれを言いました。が、その時点で、『ああ、そうですか、鎌倉市もかんでいるわけですね。この陥し入れ策には』と、私の方が、わかったわけです。彼は、私がそこへ、電話を、かける前に、そういう様に命令をされていて、それに従って、「プランターがあった」と、言ったのだと、思います。命令した側は、そういわせることが、効果があると、思っているのです。

 だって、プランターは、我が家に、二つあります。だが、一つしか残っていませんでした。そして、その残っている方が、異様なところに置いてあったのです。どこに?というと、屋外流しの中にです。その屋外流しは、落ち葉が大量に入る場所にあるので、しょっちゅう落ち葉で、排水口が詰まります。だから、簡単に掃除ができる様に、中には、プランターの様な、大きなものを入れて置くはずがないのです。小さなものなら、入れておく可能性がありますが、大きなものを置いておく可能性は、ないのです。

 これは、この策略を実行した連中が、「お前、狙われたんだよー。わかっているかよー。馬鹿じゃあーん。わかっていないじゃアーん」と、言いたくて、わざと、そういうところに移動をしておいたのです。

 そして、「ごみ袋の件などで、ブログを書く事はないだろう」と高をくくっていたのです。つまり、小さいことである。しかも、汚いことである。しかも、書いても、読者が、其れを読んで、面白いとも、気の毒だとも思わず、むしろ、、「そこまで、追い詰められているのかよ。変なやつだ」とか、「何か、異常な世界だね」と思って、このブログの読者であることを、やめるだろうと、その様に、推察して、わざと、鎌倉市、吏員である、菅原某君にそういわせたのでした。

 恐ろしいことですね。 

 もう一度、図書館の本の方に戻ります。そして、図書館内の、鎌倉市吏員の一人が、伊藤玄二郎や、井上百合夫人に、内通していた可能性に戻ります。誰が、内通していたとしても、その時期に借りていたのは、2011年度発行のものでした。だから、五年前のものであり、普段は、貸出しの対象には、なっていないものでした。で、誰が借りたものかは、雑誌そのものには、書いて居なくても、すぐ、特定できるのです。だから、瞬時に、隠すことはできます。特に私は、主人の病気が発覚をする前に、4冊か、6冊を借りていたのですが、順次返していて、一冊だけ残っている時点だったのです.それが、2011年6月号でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『主人が病気になる前から、周到に準備されていた、謀略であることが、わかっていた。それは、小田原図書館というキーワードと、図書館から、誤った住所が、記された手紙が来て、それを、わざわざ、我が家の玄関へ届けた女性がいた事の、二つからだった。

 その女性は、普段郵便配達で、見かけたことのない女性であって、あの人は、図書館のスタッフではないだろうかと、後で思ったほどだった・・・・・職業がもたらす特徴があって、彼女は、いかにも司書めいて見えた。郵便局員とは全く違っていたのだ。

 私の住所は、正確に言うと、2-3-7だが、以下に置いたブログ(あと2)でもわかる様に、2ー21-7という間違った宛名で、来ている。これこそ、この騒動が、謀略であった事の重要な証拠である。封書の中身は、【光明寺で、開かれる鎌倉アカデミアのセミナーの案内】であって、過去に何度も受けとっている、光明寺にも行って居る。だから、私の住所は、既に、正しい形で、図書館に保存をされているのに、誤記されていること事態が変だし、普段ははがきで来るものが、その時だけ、封書という違う形式だったし、この事件以降、その案内が来ないことでも、この時の封書が、特別仕様であって、鎌倉エージェントが、直後に、将来、来るいじめの効果を上げるために作ったことがわかるのだった。「私は、馬鹿じゃあないですよ」と、これに関係した人々には、言って置こう。

 小田原の図書館という方は、鎌倉の図書館で、カウンター内の司書さんが、「この号と、この号は、欠本になっています。でも、小田原図書館にあります。そちらから取り寄せます」といった。私は無論、その言葉を正しいのだろうと、思い、最初は、嘘だとは思わなかった。ただ、『もし、私が、この本を無くしたら、ほかの人に、迷惑をかけるのだなあ』とは、強烈に思い当たった。

 この二つは、図書館というキーワードを、強烈に、私の頭に入れる為に、この案が、練られたと、言う事を証明していると、思う。返却をしていないと、いう形で、攻める際に、私側の、道徳的、罪悪感を強めるための、策謀だっただろう。如何にも伊藤玄二郎+、井上ひさしが考え出しそうな案だ』

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『散々苦労をして、・・・・・図書館から、まだ、返却をされていない・・・・・とい右われた,2011年6月号を、見つけて、手に入れて、図書館にもっていって、紛失を謝罪をした。

 ところが、何と驚いたことに、其れが、三か月後に、浜銀鎌倉支店で、貸金庫、1331号から、発見をされた。ひどくおどろいた。そして、悩んだ。貸金庫の意味が分からなくなったからだ。

 しかし、此処でも、神様は、おん見守りくださった。全くの偶然(あと注3)から、浜銀の貸金庫の箱には、反対側にも取っ手があることに気が付いたのだ。

 

 右側の箱の真ん中に空いているアナが、其れだ。左側の箱は、普通に開けた形である。そこにある取っ手と、同じ形のもののが右側に置いた箱=裏側を、こちらに見せている箱=にもあるのだった。私はたまたま、二つ金庫を借りているので、こういう写真が撮れる。

 これは、全く偶然に分かったのだ。私は浜銀を疑って、裏返ししたわけではない。セキュリティ用の、関所の一つに、スカジーカードがあって、其れが、この金属製の箱の、特に底にピタッと吸い付いてしまった。そんなことは、私には予測不能であって、何とも、解決不可能であって、スタッフさんを呼んだ。すると、「よくあることなのですよ」と、裏返して、スカジーカードを発見をしてくれた。(あと注3)

 彼女が両腕で抱えて、この箱を裏返しにした時に、偶然にも反対側が見えた。それで、やっと真実が読めた。私は、そのレディには、演劇界の紛失のことも言わなかったし、その裏側の取っ手に気が付いたことも言わなかった。彼女は、演劇界の、紛失には無関係だから。したがって、再度の、入れ込みにも無関係だと、わかっていた。

 しいて責任を問うとすれば、支店長か、金庫室のトップである。そして、彼らはただ、警察官を中にいれただけであろうと、推察している。そうなると、警察が【演劇界】を盗んで、其のいきさつを、私がブログに書いたから、「盗んでいませんよ」と、言いたくて、再び、返した。しかも、私の自宅とか、図書館の方に、返すのではなくて、浜銀の貸金庫に? 本当に、本当に、何をか、いわんやだ。

 なお、このブログの,2010nennyori数え始めた延べ訪問回数は、4961231です。なお、一応誤変換は直しましたが、リンク先をまだ明示しておりません。お待ちいただきたく存じます。そこまで、行った印の、▢印を、総タイトル横に付けておきます。リンク先をつけ終えたら、署名を入れます。

後注1、

杉本俊一・正子夫妻は、横須賀市の水道山をタダで、私人に渡し、そこに建設させたルネ北久里浜で、儲けさせた返礼として、実質二千坪をもらっていますね?2018-10-14 20:55:05 | 政治

コメント

今、ブックオフでは、雑誌【演劇界】は、一冊も置いていないが? 図書館を利用した罠の3

2018-10-21 16:30:10 | 政治

   皆様、これは、2018年10月9日から始まっている、ごみ袋を利用して、鎌倉市を巻き込んだ、大きないじめ行動について、分析しているうちに、でふゃぶー(=既視感)があると気が付いたのですね。

 それは、2016年の4月9日に主人が入院したのですが、その最中に、鎌倉市(立)中央図書館を利用したひどいいじめに出会うのです。その時に書いた文章の、番目のものを、もう一回、コピペで、以下に置きます。

 

秋葉原のBookOffには歌舞伎雑誌が一冊も無いが、何故だ?+空港液状化問題+新幹線包丁男

2016-05-18 18:21:59 | 政治

副題1、『秋葉原のブックオフには、演劇界が、一冊も置いてなくて、筋書と言う、プログラムも一冊も置いていなかった。だから、やはり、私は政治的に、大きな力が動いた罠に引っかかったのだ。鎌倉エージェント(=CIA、この場合は、万世橋警察署も、関与している。ブックオフ秋葉原店に、行って、<雑誌【演劇界】を、引き揚げろ。一冊も、置くな。筋書きと言う、プログラム関係も、歌舞伎座、新橋演舞場、国立劇場、浅草公会堂、明治座、すべての劇場の分を引き上げろ>と言った人物がいたと仮定して、その言う事をブックオフ・秋葉原店が聞く相手とは、万世橋警察署しかないであろうし。

 そういう風に、官(万世橋警察署プラス、鎌倉市中央図書館)と民(鎌倉郵便局、プラス、アマゾン、fujisan, 雑誌演劇界の、出版元、ブックオフ秋葉原店)の両方を巻き込んだ大きなスケールの罠を、仕掛けて置いて、それが成功した後で、<あいつは、本を返却していないだらしない人だ?>と、言う悪いうわさを流して、いじめを行ってきているご近所や、銀座の画廊街に、流し、

 ・・・・・彼女を、いじめることの方が正当だ・・・・・という、事にされる可能性があったのだった。

 たとえば、2014年の、4月8日の朝に、渡辺賢司氏(ご近所のインテリだが、57歳ぐらいの男性である。普段は洗濯物を干すことはないし、布団を叩くこともない)が、突然に、午前10時半に布団を叩いた件を私はブログで、すでに書いている。(後注2)

 それは、すさまじい悪の発露だったから。それ故に、書かれてしまったら、それを訂正しておきたいと、願うのが、前田祝一氏一派であろう。彼は、共産党員であろうと思われる種々の特徴を持っていて、それゆえに、今、共産党が、CIAの協力者になっていることも、見事に証明をされるのだった。

 渡辺賢司氏自身は、詳しい事・・・・・(北久里浜のもと、横須賀市水道山をめぐる、地籍変更届を利用した、土地取得詐欺疑惑・・・・・と、神戸の土師淳君殺害・・・・・少年Aがおこして、去年の秋に【絶歌】と言う手記を大田出版から、発刊した事案の裏側など、・・・・・また、前日の夕方、私が交通事故に出会った上に、一睡もしていない・・・・・と言う事などを、何も知らず、ただ、前田祝一・清子夫妻に命令をされた通りに動いたと、思われるが、

 鎌倉エージェントたちの予想に反して、すぐさま、私は、その件をブログ化した(後注2)。そうなると、前田家が、渡辺賢司氏に迷惑をかけたと言う事となる。

 確かに、迷惑をかけたと言っても当然だった。だって、読者様に向かっても、天に存在する神様に向かっても、私は堂々と言う。または、言えるのだった。それは、単なる嫌がらせと言う以上の、残虐な行為だったのだ。三原橋交差点での、交通事故直後、私は京橋のフレッサインに泊まった。しかも、徹夜で、聖路加病院で、6万5千円も取られたのに、看護師に、シャンプーをして貰っただけだったというブログを書いていた。その徹夜明けで、鎌倉に帰宅して、午前8時半に寝床へ入ったのだが、全山で、布団を叩く音で、目が覚めた。

 京橋のホテルから午前5時台の始発で、帰宅した、急病≪交通事故の被害後、たった15時間後の、私を、眠らせないで、二時間弱で起こすという残虐極まりない、いじめを前田家が、企画して、全山に協力をさせたが、午前10時半に、布団を叩いていたのが、見えたのが、渡辺賢司氏だったのだ)などに、向けて、<図書館の本を返却をしないという、こういう風にだらしない人間だから、あなたがいじめても正当性があるのです>と、前田祝一・清子夫妻が説得する、理由づけとなったであろう。

 それから、すさまじい、勢いで、いじめて来る、西隣の、白井・小野寺夫妻にも正当性を付与する理由になったであろう。彼女たちは、東大の建築家出身であり、ご主人の方が、推察するに、

 どうも、例の、三井不動産レジデンシャルが販売した、【らら横浜】そして、住友不動産販売が、売り出した、横浜市西区のマンション、そして、北久里浜に在る、ルネ北久里浜(販売時の名前は、そらヒルズ)の、ミッツのマンション群を設計した可能性が強い。

 そして、設計者であるからこそ、判る業界内部の慣行を、素人向けに犯罪的だと、みなすように炎上をさせ、北海道の、官、岐阜県の官、首都大学や、狛江高校などの官を、総動員して、あたかも、その事案が、非常に悪い事であるかのごとく、庶民をだましていく、旭化成データ流用疑惑問題を、提案して、全国の土木建築業界のモラール(ここに、二節後に赤い字で、解説を加えます)を引き下げ、

 結局のところ、天の怒りを買い、熊本大地震の起因となっている、・・・・と、私は推移している。そして、それも、ブログで、すでに、書いている(後注4)のだが、そういう人間である、お隣の白井・小野寺夫妻などにも、図書館の本【雑誌演劇界、2011年6月号】が、返却をされていない事)を知らせて、<私たちの方が、優秀でござーますわ。やはり、彼女は、馬鹿なんザアマスわ」と言って、笑いのめし、勝利感に酔うつもりだったと、推察される。が・・・・・そこまでされれば、こちらだって、その被害の詳細を、書くのも当然だ』

 誤解のないように願って、くどいように何回も申し上げますが、建築・土木業界のモラールを引き下げたのは、旭化成建材ではないのですよ。この私が住んでいる、鎌倉市雪ノ下二丁目の、住人を中心として、それらがなした、具体的な悪を隠していくためには、私を、殺すしかなくて、そのために、間接的に役立つだろうとみて保有する旭化成の株価を下げることが目的だったのです。データ流用とは、非常に小さなことなのですよ。業界では、慣例としてやられている事なのです。

 こういう私の言い分が正しいからこそ、データ流用が、本当の悪である、東亜建設工業問題(空港の液状化対策で、データが改ざんされていた問題)が、急にここで出て来て、またまた、石井国土交通大臣が、出しゃばっています。この問題は、いかに土木建築業界に無駄なお金が注ぎ込まれているかを語っています。地震が、起きて、空港に、ひび割れが起きたら、それは、それで、それ以降に直せばいいではないですか? 起きるか起きないか、判らないものに、無駄なお金を注ぐ。これは、森ビルが、六本木ヒルズの、入り口に、電動回転ドアを設置したケースと同じです。会社が、儲けるために、無駄な、そして無意味な発明をして、お金を税金からむしり取っているのです。

 このニュースは、一種の鬼の居ぬ間の洗濯の類であって、日本国民をだます方向で、流されるものです。どういう風にだますかと言うと、旭化成疑惑が、全然、問題にすべきではないことを大騒ぎしたので、本当に問題にすべきデータ改ざんをここで、持ち出して、あたかも、そっちも本当の問題だったかのごとく、装うために、発表をされているニュースなのです。

 そういえば新幹線内で、男が包丁を振り回し、女性の車掌が、耳に軽いけがをしたというのも、鬼の居ぬ間の洗濯の類であり、

 過去に行われた二つの嘘を修正して置こう。国民を、それも、正しかったのだと、思わせるために、修正して行こうという類のニュースです。

 二つとは、何かというと、一つは、チュニジアの首都の博物館で、爆発騒ぎが起きた時に、母と一緒にクルーズ船で、そこを訪れたという女性が、メディアの取材にはっきりとした態度で対応をして、大きく取り上げられました。後で、自衛隊所属の女医であると、判って来て、なるほど、なるほどと、納得をした次第です。風情として、クルーズ船で、母子で、旅行する様な階級とも、思えないし、そういう余裕の或る遊び人とも思えなかったです。

 これは、私が、イスラム過激派のテロとは、すべて、後ろにCIAが居る者で、あって、究極の事を言えば、この鎌倉雪ノ下の前田祝一・清子夫妻、安野忠彦・智紗夫妻、柳沢昇・石川和子夫妻、白井¥小野寺夫妻を助けるためのものでしかないと、言いきっているのを否定する為に、何度も何度もテロ事件を起こして、日本人が、被害に出会った風景をメディアに乗せる必要があったから、起こされた事件でした。この女医戦は、命令されて、任務に就いただけだと、思いますが、その後、結構なレベルで、消されて行ったりして。謀略がばれたら関係者は、殺されますよ。証拠を消すために。

 今、自衛隊は辞めているそうですね。その女医の被害に込められた嘘を、打ち消して、本当らしくして行くために、女性車掌が耳を怪我したと言う事にしたのです。

 もう一つ、過去の謀略があります。それは、新幹線内で、男が焼身自殺をしたという件です。あれは、竹内啓貴と言う、ご近所で、kamakura cottageと言う、アメリカ式の民宿を開いている男が、実際に存在しているのだと、見せつけるための事件だったのです。彼は、NHKアナ(または、記者)として、小田原の現地から、リポートをしました。だが、ご近所には、実際には住んでいません。その住所(旧石井邸)は、警察の、いろいろな機械が置いてある場所として、使われている筈です。

 そういうことを、このブログで、何回も書いているからこそ、あの事件が起こされて、現場から竹内啓貴君がリポートをしたのでした。

 と言う挿入を、夜の9時半に入れて元へ戻ります。

 私はこのブログの中で、「これでも、35%ぐらいの開示です」とか、「自分の被害については、語りません」と、申しあげております。しかし、4月9日に主人が、心筋梗塞で倒れてから、カテーテル手術をその日に行っていただくほどの、重症であり、妻である私の、諸処の事で、散々な疲労の中に在る、そういう時期に、行われた四方八方からの、いじめと、嫌がらせと、弾圧を受けて、とうとう、自分の被害を語り始めております。

 それは、やはり、究極の犯罪を見つけたからでした。いや、語るに足る、罠と言うか、謀略を見つけたからでした。図書館を舞台にしたいじめなのですが、返却ボックスに返却した本が、行方不明になっていて、「図書館までは、返っていない」と、言われたことに端を発しています。

 昨日の、2016年5月17日、秋葉原の、ブックオフに行ったところ、歌舞伎関連の書物、特に雑誌【演劇界】が、一冊も置いていないことを発見して、やはり、私が考えていることは正しいのだと、確信をしております。筋書きと通称言う、歌舞伎関連のプログラム類も一冊も置いていないと言う事は、ともかく、【演劇界】と言う雑誌を舞台に、すさまじいいじめが行われたことが確かだと、言えるからです。

 その問題が途中になっておりますが、その前の日、16日の、月曜日の、夜、9時55分ごろに、北鎌倉駅で、非常に恐ろしい、そして、残酷な車掌を発見しました。で、急きょ話題が、JR東日本の方へ、それて行ってしまいましたが、それでも、それも、私が普段、どういう被害をこうむっているかを語るには、ふさわしい現象だったので、前報では、鉄道問題に触れました。(後注1)

 ここで、そちらにさらに踏み込んでもいいのですが、図書館から、私が庭に出ている最中に、言葉が、はっきりしない、主人に向けて何か、電話があったみたいなのです。これは、二度目のいじめで、私が庭に居ることは、遠くからも見えるし、スパイさんもいっぱいいるしで、脳血栓によって、言葉が、不自由な主人を利用意しようとする前田祝一一派の、悪業の一つでしょう。だから、怒って、また、図書館問題に戻っております。

 なお、このブログは、今日はこれで、止めとしておきます。後で、推敲したら、書いた日付と署名を入れます。なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3526043です。

 また、くどいように、申しあげますが、総タイトルに、一冊もなかったと、書きましたが、これが、CIAの関与している事なので、2016年5月18日の、夕方以降は、「入荷しました」と言う事で、秋葉原のブックオフ、または、他の支店でも、演劇界、および筋書きの中古本が並ぶかもしれません。

 ただ、こういう連中の頭脳レベルって、私から見るとトカゲ・レベルなので、・・・・・と言うのも、本日も前田家は、二階の天井灯を煌々と点けておりますので、それが、判るのですが・・・・・引き続いて、ブックオフには、歌舞伎関係の書物はおかないで置こうという結論になって行くかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~

 

後注1、=鉄道類における、怪異現象について、書き始めた、話の一つ。

北鎌倉駅で、手を半分以上、挟まれた人が居たが、車掌がドアを開けなかった。普通と違う。変だぞ  2016-05-16 22:35:16 | 政治

後注2、鎌倉雪ノ下2丁目における黒い霧の数々を語ろう。それは、横須賀市、北久里浜の、東に位置する丘の上から、1979年に始まった話が機縁となっているのだが。下の文章は、総タイトルは、ちんけで、小さく見えるが、中身は、壮大なものだと、自負しております。

オバマ来日の2、・・・・・渡辺賢司氏が、午前中布団を叩いたので、政治的陰謀がばれて来る△

2014-04-28 18:39:23 | Weblog

後注3、鎌倉市中央図書館を舞台にした、私にとっては、非常に恐ろしい罠が仕掛けられている話の、序ノ口の部分、

鎌倉市立中央図書館からのお手紙、それは、疑惑が一杯のものだが

2016-05-14 00:07:25 | 政治

出版元より送られて来た雑誌【演劇界】の新品・・・・・夫の入院中に、謀略でもって苛め抜かれている私

 これより先、もっともっと、丁寧に、リンク先を探さないといけません。特に、新幹線焼身自殺についてとか、旭化成建材問題についても、これは、謀略だと、過去に、多数のブログを使って、書いていますし。ただし、今夜は、疲労困憊なので、結論だけを書くだけで、お許しいただきたく。リンク先は、将来、暇が有ったら探しておくと言う事で、お許しいただきたく。

 

ジャンル:

ウェブログ

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

  • https://politics.blogmura.com/media/img/media88_31.gif

にほんブログ村

 

コメント   この記事についてブログを書く

 

コメント

図書館を利用した陥れと、二年後のゴミを利用した陥れは、そっくりだ・・・・2

2018-10-21 15:21:56 | 政治

  皆様、これは、2018年10月9日から始まっている、ごみ袋を利用して、鎌倉市を巻き込んだ、大きないじめ行動について、分析しているうちに、でふゃぶー(=既視感)があると気が付いたのですね。

 それは、2016年の4月9日に主人が入院したのですが、その最中に、鎌倉市(立)中央図書館を利用したひどいいじめに出会うのです。その時に書いた文章の、二番目のものを、もう一回、コピペで、以下に置きます。

 一番目のものは、このしたにおいてあります。 

出版元より送られて来た雑誌【演劇界】の新品・・・・・夫の入院中に、謀略でもって苛め抜かれている私

2016-05-15 14:55:15 | 政治

 これは、後で、また、長い文章を書く予定の写真です。昨日14日に、送られて来た、雑誌です。実は、13日に、図書館へ行き、「私は返却をした覚えがあるのですが、返却をされていないと言う事なので、家じゅうを探しましたが、どこにもありませんでした。すみませんでした。お金を支払いますので、図書館で、新しいものを買ってください」と、お断りをしたところ、「返さないでいい」と、言われました。だけど、非常に気味が悪いので、どうにかして、この雑誌、一冊を手に入れたいと、思っておりました。すると、非常にタイミングが悪く、内心の真実を言えば、『それは、嘘であるし、嘘を認めるのは、悔しくて仕方がない』が、とうとう仕方が無くて、無くしたことを認めた後で、これが、送られてきたのです。

 だけど、私はこれもまた、大いなる傍証に役立つ、物品だと、おもっております。例の連中の頭脳レベルの低さにあきれるほどです。だって、アマゾンに、頼んだのは、中古本ですし、アマゾンが、逃げてしまったみたいですが、委託をされたはずの、fujisanと言う会社経由で、中古本が送られてこないといけません。私は中古本用の、金額しか払っていないのですから。

 あのね、皆様にも、聞きたいですが、

 ある出版社が、中古本を自社の封筒に入れて、一般、読者に向けて送りますか。自社の名誉と存在理由にかけてやらないでしょう。

 だから、私は、この同じ雑誌を、JR東日本の、鎌倉駅東口に置いてある図書館の、返却ボックスに入れた(=返却をした)方が確かな真実なのです。それは、ほぼひと月前の事でしたが、その後、ずっと、4週間、返却していないと、図書館から言われていて、相当に、神経をすり減らさせられていたのでした。どういう形で、それが、返却ボックスから盗まれたのかは、ほぼ、想像がついています。それは、図書館で、返却がなされていないと、聞いた4週間前から、ずっと、考えており、大体わかっておりました。しかも、その間、例の天井灯を前田祝一氏は、つけ続けていて、一日の最終段階として、苛め抜いてきたのです。

 ですから、JR鎌倉駅の東口に置いてある、鎌倉市立中央図書館の返却ボックスから、【演劇界 -2011年、6月号、実際には、5月日発行】は、盗まれたのでした。それは、無論の、こと、CIAもしくは、その手下として機能する警察の殺人用別働隊であったはずです。それを、丁寧に、説明しかかっているのが、前報です。または、彼等の息のかかった図書館内の人間か? 複雑怪奇ですが、そのどちらかでしょう。

 後注1、にその前報が置いてあります。

 しかも、アマゾンに注文をして、請求が来ているのに、入金がなかなか、できないのです。

 これから、先は、いじめの連続ですが、その詳細は、16日以降に語ります。ともかく、彼等にしては、『上等な伏線を、2本、張って置いたぞ、これで、大丈夫さ。これなら、謀略だとか、嘘だとかは、見破られまい』と、思っているでしょう。だが、私は、その、まだ、返却がなされていませんと、聞いた日から、瞬間的に、相当大きな罠に自分が、嵌められている事には、気が付いていたのですよ。むしろ、返却したその日に、異常に気が付いたほどです。

 それは、JR東日本の鎌倉駅東口に、イッコーのガードマンが、待っていた時から、『おかしい。異常だ』と、気が付いていたのです。

 どうしてかと言うと、イッコーのガードマンとは、毎日いるわけでは無くて、私のブログと、見事に呼応して待機しているのです。つまり、ブログの書き方に於いて、私が負けていると、例の連中が判断をした時にそこに待機しているのです。夜の11時過ぎだろうか、12時過ぎだろうか、私が鎌倉駅に帰着をするまで、そこに待機しているのです。

 ただ、イッコーのガードマンが、その日に待機しているほどに、私はブログの書き方に於いて、悲惨な状況とか、負けましたとか、参りましたとは、書いていない筈です。だから、彼が待機していること自体が変だったのです。別に私が負けてはいない日には、いない筈の人物だからです。

 ただ、彼が、盗んだとは、言いませんよ。あくまでも闇の勢力か、図書館職員の中に、共産党員が居たか、または、伊藤玄二郎に、供応等を受けていて、返却ボックスの中から、【演劇界、2011年、6月号】を、こっそりと、別のところへ移動をした人物がいたか、のどちらかだと、思います。イッコーのガードマンは、毎日いるわけでは無くて居る日には、それなりの理由があるのです。

 今回異常だと、感じたのは、特に、今回は、理由が、その日に私が、鎌倉駅に降りるかどうかを、チェックする為に、存在していたと、推察されるからでした。私は、主人の入院中、疲れ切っていて、主に大船駅から、バスに乗り、鶴岡八幡宮のバス停で降りていたのです。それは、JR鎌倉駅を通らないルートです。

 そのバス停で、降りると、徒歩時間が、8分程度、短縮できるのでした。その日、鎌倉駅に降りるのは、まさに、【演劇界の、2011年6月号】を返す為だけだったのです。そして、私の行動を、周到に研究していた井上ひさし(まだ、実際には生きていますよ)等の、連中は、今、私が歌舞伎に興味を集中させていることを熟知しています。

 その上、彼は、娘の麻矢さんを通じてでしょうが、または、もっと大物を動かした結果でしょうが、4月の明治座の夜の部に、自分の戯曲を送り込み、鼻高々で、「勝ったぞ、勝ったぞ」と、のろしを上げているのでした。そののろしの、リアルな実行こそ、前田の二階の天井灯だったのです。

 ともかく私は、4週間以上、じっと耐えながら、待っていたのです。悪い状況が逆転をするのを。主人が心筋梗塞で、カテーテルで、散らされた血栓の、小さな粒が、脳に飛んでしまったというたいへんな時期に、ただ、ただ、天を信じて、

 真相が明らかになる日を、待っていたのです。昨日、14日に、この雑誌(新品)が、出版元より届いて、彼等、鎌倉エージェント連中は、『いじめが最終的に完結し、自分たちは安全だ』と、思っているかもしれませんが、どうして、どうして、私は、さらに、彼等のあくどさを分析し続けていくつもりです。だって、上の方で行っている通り、私は(中)古本を買ったのですよ。それが、どうして、演劇界の出版元から新品が届くのですか? これは、ブログの内容が真実だからあわてて、その雑誌をまず、こちらに送ろうとしたけれど、嘘に嘘を重ねているから、fujisan と言う会社の封筒も、古本としての【演劇界 2011年6月号)も手に入らなかったと、言う事だと、思います。で、出版元から送ろうが、fujisan と言う怪しい会社から、送ろうが、同じだと、考えている鎌倉エージェントが馬鹿だと、言っているもです。同じではないですよ。まったく違うのです。

 以前から、悪魔の集団だと、言っていますが、これほどの、悪さを仕掛けて来るなんて、悪魔以下ですね。ここは、普通の場合は、以下ではなくて、以上を使うのですが、悪い方にレベルが高いので、フェイスブックの、いいねボタンではないが、普通とは違った表現をいたします。よくぞ、シャーシャーとして「私は、元駒澤大学の教授です」なんて言って生きて居られること。また、元締めたる、伊藤玄二郎も、鎌倉ペンクラブ会長、そして、鎌倉春秋社社長として、生きていますが、よくぞ、しゃーしゃーとしてと、こちらに向けても、同じことを言っておきましょう。本当に驚きます。JR東日本の繰り返された多大な回数の、遅延、バスの遅延、大船駅、藤沢駅へのガードマンの派遣、すべて、前田祝一一派を助けようとするものです。大泥棒一家を助けようとするものです。

 ここで、今、念のために、丁寧に、言いなおしますが、大泥棒と、言っても、他人を動かして、泥棒をするという意味で言っていて、彼本人が、JR東日本の、鎌倉駅、東口に設置してある、鎌倉市立中央図書館用の、返却ボックスから、一冊を盗んだと言っているわけではありません。

 その実行者は、プロの泥棒です。だけど、その泥棒は、税金を使って働いている筈で、しかも、私が苦しんだり、悲しんだりすれば、大喜びをするのは前田祝一一派ですから、三段論法でいうと、彼が、税金泥棒と成るのです。しかも、すでに、多大なケースで、同じことが繰り返されているので、大泥棒と、言ったわけです。尖閣諸島問題での、海上保安庁の、予算増強も行ってみれば、この一派を助けるためですから、数億、数十億は軽く使われているわけです。だから、大泥棒と、言っているのです。

 そして、旭化成建材疑惑等を、作り出して、旭化成に、多大な損失を与えた一派です。

 本日久しぶりにNHKニュースの録画分をチェックしましたが、ニュースからも彼らは、支援をして貰っていました。東亜建設工業が、空港の液状化対策で、嘘データを、発表をしていたそうです。これは、素人には、判断のできない領域ですが、そういうものを見過ごしていた、国土交通省も、今回だけは、石井大臣は出てきていませんでしたね。

 いいえ、詳細に、点検をすると、別の時間帯には、映像が出ていました。

 日本は、土木関係において、いかに無駄遣いの多い国か? そちらも驚くほどですが、このニュースも鬼の居ぬ間の洗濯の一つで、前田祝一、白井・小野寺夫妻を助けるものの一つです。

 後で、もっと、詳細に加筆をするつもりです。お待ちくださいませ。特に事前に張られていた、2本の伏線の内容を書くのに、時間がかかるでしょう。それが、終わったら署名と日付を入れます。

 なお、このブログの、2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3516268です。

そして、この文章は、完璧に前報の続きです。

鎌倉市立中央図書館からのお手紙、それは、疑惑が一杯のものだが   2016-05-14 00:07:25 | 政治 

ジャンル:
ウェブログ
コメント

2016、夫が心筋梗塞で入院中、図書館から疑惑満載の手紙が来る。18-10-9のごみを利用した陥れは其と、そっくりだ

2018-10-21 15:07:54 | 政治

 皆様、これは、2018年10月9日から始まっている、ごみ袋を利用して、鎌倉市を巻き込んだ、大きないじめ行動について、分析しているうちに、でふゃぶー(=既視感)があると気が付いたのですね。

 それは、2016年の4月9日に主人が入院したのですが、その最中に、鎌倉市(立)中央図書館を利用したひどいいじめに出会うのです。その時に書いた文章を、もう一回、コピペで、以下に置きます。

 
 
 
 

鎌倉市立中央図書館からのお手紙、それは、疑惑が一杯のものだが

2016-05-14 00:07:25 | 政治

 今は、15日の午前零時半です。今回の文章の総タイトルは、小さな問題に見えるでしょう。が、非常に大きな政治的謀略を語るものです。13日は、明日主人が退院するという前夜であって、軽い書き方しかできませんでしたが、今、14日の深夜(=事実上は、15日の早朝)主人が退院してきていますので、ずいぶんと気持ちも落ち着きました。それで、しっかりとした、文章を書くことができますので、取り組みましょう。なお、途中で、加筆した部分は、青の太字で、表現をしてあります。

副題1、『鎌をかけて来た手紙、それは、鎌倉市立中央図書館が、悪利用されている証拠だった』

 まず、最初に置いた写真の説明をさせてくださいませ。これは、後で、書き始める予定がある、長い文章の大きな傍証となる手紙です。
 『住所が記載されている封書を堂々と、公開して、あなた、大丈夫ですか? 時々暗殺者が訪れると言っておられるのに』と、お考えになる読者もあるでしょう。大丈夫なのです。実は、この住所は間違っています。二丁目は、正しいのですが、その次が間違っています。

 むしろ、この手紙が来たことがうれしいほどです。と言うのも、これは、ある策謀が、私に仕掛けられていたという、証拠となるからです。

 ある策謀とは、無論の事、私を苦しめる虐め(=言論弾圧の類)のものですが、どうしてそう言えるかと言うと、鎌倉市立中央図書館には、私の正しい住所は、既に登録をされておりますから、間違った住所で、手紙が来ること自体が、異変を意味しております。

 特に右下に記載してある、鎌倉アカデミアを、研究する会からは、すでに、何度もご案内が来ており、間違った住所で、届いたことはありません。

 つまり、これは、カマをかける手紙だったのです。つまり、本当の目的は、「図書館を意識せよ」と、言う点にありました。主人が生きるか死ぬかと言う大病中の、この4週間、私はずっと、「図書館の本を返していませんよ」と言う言葉に苦しめられてきたのです。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『なぜ図書館が利用をされたのか、その理由を、ここで、推定してみる』

 「そのことを思い出せよ。おまえさあ、偉そうな事を書いているが、図書館の本さえ返さねえほど、だらしない奴じゃあん。その上、家の中はごったごただろう。どういうレベルなんだよ」と、笑っている鎌倉エージェントの姿が目に見える様です。特に井上ひさしが、まだ、実際には生きていますよ。そして、彼が、【ウンチが出る・屁が出る】という署名で、このブログへ向けて、くれたコメントの文体がこういうモノだったので、彼は、裏で、こういう謀略を、自分自身が、考え出しながら、それが成功したと、思い込んで、大笑いを、している事でしょう。目に見えるほどです。

 CIAに保護されている彼は、死後も続々と本を出しています。死後二年ぐらいは、遺稿が、突然発見をされたと、言う形で、出版をしていましたが、現在はさすがにそれは、言わないで、他者が補てんをして改訂版を出すなどと言う形になっていますが、本人が暇にあかせて推敲しなおしていると、見ています。そして、自らを世間から、文豪と呼ばせていますが、実際に一般の読者が買う部数などたかが知れている筈で、全国の公立図書館に、納本をさせる仕組みを持って居て、それで、金銭を稼いでいると、見えます。だからこそ、図書館を熟知してもいるし、だからこそ、図書館を悪利用しようと、思い立ったのでしょう。

 それが、CIAの一味やっている事だからこそ、前田家などに、瞬時に情報が、入っているので、前田家が、駄目押しの脅かし・兼・嫌がらせとして、ほぼ、毎晩、天井灯を煌々と照らし続けていたのです。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『しかも、図書館を利用したいじめと連動をして、北隣に新築中の、石井秀樹邸に出入りする職人たちが、いじめ役に利用をされ始めている。それ故に、この図書館を、悪利用をした、謀略も、例のCIA、もしくは、その手下として機能する警察の特殊な別働隊が、起こしている可能性が強い。目的として、それを行い、誰が助かるかというと、それは、前田祝一清子夫妻。安野忠彦・智紗夫妻、柳沢昇・故石川和子夫妻、白井・小野寺夫妻(夫婦別姓)、その他、エトセトラ、エトセトラ(栗田玲子、プラス山本容子、プラス塩見和子、プラス長谷川智恵子』

 そして、その前田家から、入るのか?、違うルートから入るのか?は知りませんが、北隣で、豪邸を、建築中の石井秀樹・あずさ邸の職人が、異常に傲慢な態度を示すようになったのです。特に最近顕著であり、それは、単に主人が病気になったから、私が弱体化したというよりも、この図書館を利用した謀略が成功したとみて、これがチャンスだ。それを利用して、叩きのめせよ」と言う作戦に入って来て、その一助として、北隣の建築現場が利用をされているのです。

 それは、左官屋に端緒を発しています。無礼さのレベルが、異常でした。で、とがめたところ、口答えをしたのですが、その言い方もまた、建築現場の主任役としては、異常であり、『普通ではないな。何かが、裏に在る』

 と、思っていたのです。が、次に台所セットを運んできた職人のトップが、これまた、異常に無礼でした。こうなると、自然な事ではなくて、完璧に、謀略と言う形でのいじめをやってきているとなります。

 まあ、こういう風にされると、それは、もろ刃の件であり、こちらにも却って有利なのです。石井邸の土地こそ、疑惑と、恐ろしい悪の発信源ですから、それを、また、最初から書くことへ、ダイナモがかかってきます。良心の呵責など、何もなく、どれほどに、忌わしい事が、隠されているという事を書くことができます。

 神戸で校門の上に切られた頭を置かれた土師淳君事件(最初、犯人は、酒鬼薔薇聖斗と呼ばれ、今では少年Aと呼ばれていて、去年の秋【絶歌】と言う書物で世間を賑わわせた、その事件も、この石井邸の職人たちが傲慢になった事へ、繋がりますからね。だから、彼等は、そういう真実を知る私をいじめることへ利用をされているわけです。で、この現場は、大事件を内包している大きな土地の上の新築なのです。

 鎌倉の鶴岡八幡宮のすぐそばで、実質50坪(公簿上は、私道部分を含めて、80坪だろう)土地を、1000万円でお買いになって、土地代が安かったから、建築にはお金を建てよう、一種の見本住宅にもしようと言う形でしょうか? 二階は、東西南北素通しのガラス製のお宅です。が、恐ろしい事が、職人も無礼を分析することが、ぱっと、パンドラの箱が開いたように語ることができる家なのです。それを、私が解説して行きましょう。

 最初に菓子折り一つぐらい、石井さんから、もらっているかしら?。だけど、それは、飛んで消えていきましたよ。左官屋の無礼と、二階の台所セットを特注品として作った建具屋のトップの無礼のせいで。

~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『柳沢昇が、ここで、動き、彼等悪人側が勝つために、駄目押しの、動きをしたので、かえってそれも、気が楽になった原因だ」

 私が、ここで、テレビ番組がカッコウの、チャンスだと、書くと、テレビ番組は、無くなる可能性があります。それで、計算が合うのでしょうかねえ。石井さん? または、左官屋さん?、または、家具屋のトップ?さん。私は左官屋には注意しましたが、彼の無反省な態度にはあきれて、建具屋には注意さえしませんでした。だけど、建具やのトップが挨拶さえしなかった時には、すでに、この二つの出入り職人も無礼について、それが、政治の問題であると、書くつもりに放っていたのです。ただ、主人が入院中で忙しかったからできなかっただけですが。

 で、堂々と、かつ忌憚なく、この雪ノ下2丁目の土地をめぐる暗闘と、暗闇について、書くことができるし、皆様も、さらに面白いミステリー小説を、お読みになれるというわけです。と言うのも、テレビ東京が、期末特集番組として、この石井秀樹・あずさ邸の建築・仮定を放映するそうですから、お待ちくださいませ。この7月か、または、12月の筈です。その時まで、もしくはその後でも、雪ノ下暗黒物語、その2、その3、その4として、書き続けることはできるでしょうし。

 と言うのも、そっくりなことが、白井・小野寺邸でもあったのです。しかし、そちらは、建築中の過程ではなくて、建築後丸三年目だっただろうか。渡辺篤史のたてもの探訪(テレビ朝日)に出たのです。で、生活中の夫妻が出てきました。ご主人のひっそりした善人ぶりと比べて、正子さま以上に出来が悪い悪女たる、奥さんが、出しゃばっていたので、ご主人を気の毒に思って、きちんとした放映日を、このブログの世界では挙げておりません。そのうちに番組が削除されていて、今は、サムネールのj-peg を見ることができるだけになっています。

 その上、私の目の前で、その石井秀樹邸の職人たちと、柳沢昇と、仲良く井戸端会議をしている。これは、許せないですね。近々、彼の悪行の一つについて書いたばかり(後注1)なのに、そういうことをやる柳沢昇も柳沢昇だが、一種の挑発としてやっているのでしょう。それなら、書くだけの話です。しかも、花をいじめるどころではない、過去があるからです。

 しかも、そのせいで、私は、三原橋交差点で、交通事故に出会って、聖路加病院で、6万5千円も取られたのに、塗ってもらう事もしてもらえず、次に来る日の設定もしてもらえず、また、築地警察署内で、梅林某と言う若手警官に説得をされ、加害者は、恐縮しきっていて、人身事故にしていいと、言っているのにも関わらす、人身事故には、しないことにされたのだけれど、それも柳沢昇に原因があります。彼が、私の猫の事で、警官を呼び、その警官が、なんと、絶対に車が入ってこない、この石段が、130段もある山の上で、交通事故の調書を取って脅かしたのです。

  ネコと汚い字で書いてある部分が赤いまるで、囲んであります。築地警察署は、是と同じ形式の書類を私に渡したくないが為にだけ、

 車に当たって数秒、または、数分間気絶して、後頭部の皮が剥けた人身事故を、人身事故にしない様にしましょうと、提案して、その次の日に、徹夜明けで帰って来た私を寝かせ付けないがために、前田祝一氏が音頭をとって、全山で、一世に午前10時半に、布団たたきをさせたのでした。これらは、すべて、後でリンク先を探しておきます。ところで、柳沢昇と言う人間は、現在では、身を慎むべきなのです。が、どうしてか、伊藤玄二郎たちのお陰で、メディアで宣伝をして貰ったらしくて、鎌倉春秋窯の体験教室(3300円を目指して、若い女性がいっぱい来ています。私の方は、経済的損失が多大なのに、彼は、警察に大迷惑をかける大失敗を、他人(=私)の猫に対して行いながら、自分は、お金儲けの手段を提供してもらっているわけです。あ、は、のんきだね」と、でも、笑いのめしておくほかはない、恐ろしい偏波です。

 しかし、ですね。こういう悪人を懲らしめるために、天は、熊本大地震を起こしたのですよ。余震が、1440回を超えるそうです。尋常ならざる事態ですが、彼等鎌倉エージェントは、安倍総理大臣まで、支配下に置いていますから、国のトップが、鎌倉エージェントに連動して、悪にまみれている現在、熊本県民の、余震への苦しみは消えないでしょう。

 ともかく、この雪ノ下2丁目の、たった20戸しかない谷戸の中では、とんでもない悪が積み重なっています。それをまた、根本から掘り出さないといけませんね。石井邸の建築現場で、井戸端会議をする柳沢昇の安易な、そして、動物的な勘に基づく、狙いは、見え見えに判りますが、ただし、それを許す私でもないです。この山に30年も暮らしているのですよ。柳沢昇の心中なんて、見え見えに読めるのです。

 ともかく、すさまじいレベルで、謀略に取り囲まれている現状です。昼間は、この石井秀樹・あずさ邸の、建築(その職人たち)に、苦しめられ、夜は、前田家の天井灯、もしくはそれに連動をしている、白井・小野寺邸の天井灯に、精神的な意味合いにおける、嫌がらせを、受けて、苦しめられている現状です。しかし、ともかく、この謀略のうち、もっとも、剣呑なものから片づけていくべきであろうと、思い、近隣の事は無視して置いて、図書館の件を片付けようと考えておりました。

~~~~~~~~~~~~~

副題5、『絶対に返却したのに、返却していないと言われている。それは、どういう流れでそうなるのか?』

 主人は、4月9日に発病をしていますが、その4日目か、5日目に、当該の書物【演劇界、2011年6月号】は、返却をしています。ごった返すさなかなので、忘れてしまうことを恐れてです。

 ただし、図書館のカウンターで対面の形で、返したのではなくて、駅に置いてある返却ボックスを通じて返しました。さあ、ここからが、ミステリーの始まりです。それを解かないといけません。しかし、明日主人が退院しますので、早めに寝ないといけないので、今夜(=13日の事)は、詳細に詰める形の、ブログを書いている暇はありません。で、簡単になってしまいますが、と断って、15日に入って長い文章を書き始めているわけですが・・・・・

 ただし、だんだんと、傍証が固まってきています。それは、アマゾンに入金したのに、変な形で、返答が、あり、「入金を確認しました」と、言ってきたのは、アマゾンではなくて、fujisanと言う会社です。しかも、入金後、すでに、4日目に入るのに、ホンは送ってきておりません。これは、普段とは、まったく違う仕組みと、形式です。つまり、私は策謀に翻弄をされていたと言う事となります。4週間の長きにわたってです。

 結局、『二重三重に、あいつを苦しめてやれ』と、言う目的をもって、演劇界2011年の、6月号と言うアイテムは、使われているのでした。たった、1600円の事ですが、アマゾンで、すぐに買える筈のものが、三週間たっても、届かないというのにも苦しめられています。まったく正しく返したのに、図書館には届いていないのでした。ひどい話です。私が、中古の演劇界用に、fujisan と言う会社に、支払った、1500円は、どこに消えたのでしょうか。

  ここに挟む写真は、支払いが完了しましたと言うメールです。しかし、それが、コピペできません。だから、これはj-peg 化したメールです。それは、謀略を仕掛けて苦しめておきながら、fujisanと言う架空の会社の、存在を、証拠をブログへ上げられると困るという考えが、こういう風な、措置を取らせていると、推察されます。

 

 ここに、この件以外のものとして、中央郵便局からの不思議な電話と言うのも挟まるのですが、本日は、そちらには、詳細には触れません。ただし、私から見ると、私が膨大なレベルの謀略の編みにからめとられていると言う事は、その電話からも、わかります。そして、それらをかいくぐってやっと我が家に到達をすると、最後の占めとして、前田祝一家で、二階の天井灯を煌々と点けており、シャルリーエブド事件から始まる大量殺人を、思い出させます。それらは、CIAが裏で先導して、起こした上で、テロリスト対策をしないといけないと言って、あっちこっちで、脅かし用のガードマンが居たり、脅かし用の放送があるのでした。つまり、前田祝一一派を助けるために国内では、周南事件、洲本事件、寝屋川事件、熊谷事件などを起こし、大量に無関係な人を殺して行きながら、保見が、死刑になると、大喜びをして、最良のおしゃれをして外出をする前田祝一氏なのです。

 そして、海外では、シャルリーエブド事件、リビアの、博物館での射撃事件、アルプスへのドイツ格安航空機の激突事件(ルビッツ副操縦士の自殺願望説が出て居る者・・・・・しかし、祖の節こそ嘘です。これは、外部操作で、高度計を狂わせられたために起きた事故です。夜間であって暗かったのと、離陸後たった8分で起きた事故なので、正パイロットが、トイレに行っていたなどと言うのも全部嘘ですね)、湯川ハルナさん殺害事件、とうとう、莫大な数の無関係な人を殺して行って、

 テロリストが、恐ろしいという、嘘をでっち上げ、ごたごたのさなかに、大衆リンチで、正しい人を殺してしまおうというシステムです。大衆リンチのその手先の一人として、石井秀樹・あずさ邸を建築中の左官屋のトップと建具屋のトップは、悪利用をされたのでした。

 だけど、彼等に協力をする事は、絶対に得ではないのですよ。熊本県民の二の舞になるか、または、石川和子さんや、瓜南直子さんみたいに、たった、3か月前は、ぴんぴんしていて、瓜南さんなど、そのさらに、5か月前など、私を金田祐子さんと一緒になって、いじめまくっていたのに、天に命を召されることとなるのでした。決して得ではないのですよ。だけど、それが、目に見えない人たちもいるのです。

@@@@@ここが、推敲中の最先端です。これ以降は、16日までに、直します。

~~~~~~~~~~~~~~

 しかも、12日の朝は、歌舞伎座へ行きたかったのですが、JR東日本と、京急が連動して、遅くしたのでした。それで、『行かれない。もしくは行っても無駄になる』と判断をして、京急川崎駅で、引き返し、北久里浜へ向かい、その家固有の仕事をしたぐらいです。 

 いえね。皆様は、「違うでしょう。きっと、遅延は、JR東日本のいう通りでしょう。あなたの思い過ごしでしょう?」とおっしゃるかしら。いいえ、違うのですよ。被害妄想ではありません。どうして、そう言えるのかと言うと、京急の特急がその日に限って、泉岳寺まで、行かず、品川どまりとなったことで、決定的でした。

 と言うのも、横浜駅まで、横須賀線が、途中で、何度も停車して、あまりにも時間がかかるので、横浜駅で、京急に乗り換えたのです。京急も遅れているとのことですが、JR東日本が15分以上と言う処に、京急は、たった、2分とのことです。

 しかし、泉岳寺まで行くはずの、特急がその日に限って、品川どまりなのだそうです。

 これこそ、私狙いの遅延現象であることは確かでしょう。それは、ですね。今月は、菊之助の坊ちゃんが、初お目見えするので、午前10時半から始まるのです。いつもより、30分早いのです。それだけ、演目が充実していると言う事なのでしょう。で、私はこのブログでもたびたび言っている通り、三階のB席を買いたいのです。それは、一幕みではないので、十六夜清心は、重なるのですが、それでも、必ず着席ができるので、楽なのです。

 それを見透かしての遅延現象でした。もし、JR東日本だけが、遅延をして、京急の特急がいつも通り泉岳寺まで行くのなら、ここまで、はっきりとは、言いません。しかし、泉岳寺まで、行かないとなると、必ず、5分か、10分程度、遅れて、次の電車になるのです。

 泉岳寺まで、京急が行くと、ホームの対岸に待機していた、電車に間に合うのでした。と言うわけで、4演目ある昼の部のうち、4000円出しても、たった、ひと、演目しか見られないと言う事となりました。それは、どうしてそうなるかと言うと、第四演目は、見ていると、主人の見舞いが遅れます。見舞いが遅れると、怒る様になっているので、最初から、一つ目と、次の二つ目の演目だけを見るつもりでした。何度も言っている様に、段三番目はすでに見ていますので。ほぼ、半分しか見ないのに、それでも、席を確保し、体力を温存する為に、4000円払うつもりでした。しかし、電車の遅延により、一つ目の演目は、完璧に無理になり、ただ、単に、二つ目の演目【寺子屋】を見る為だけに、4000円を支払う事となるのでした。

 で、私はあきらめて、歌舞伎座、五月の、昼の部を見ないで、主人の看護生活へ入ることとなるわけでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 しかし、ここが肝心なのですが、無くなった本も、歌舞伎に関するものだったのです。雑誌演劇界の、2011年6月号です。しかも、明治座の四月には、井上ひさし、脚本の、演目が夜の部に在りました。また、その亡くなったとされる本を、強調する為に、他にも種々な工夫がなされていたのです。

 それが、冒頭に掲げる、鎌倉市立図書館からの、ありえない手紙です。何度も同じ会から、お手紙をいただいているので、間違う筈がないのです。しかも、その開花らのお手紙は一時期途絶えておりました。で、私は、は、はーん。郵便が監視をされているわけですね。それで、図書館の方に、もう、雨宮舜(本名川崎千恵子)の方には、参加させるな』と言う指令が出たのだと、おもっております。

 鎌倉アカデミアを、検証(顕彰)する会には、鎌倉でも良質な人間が集まっていると、思いますので、そこで、私が本領を発揮すると、例の鎌倉エージェントは、困るわけです。私が魅力的な人間であり、しかもその出版物が面白いと成ったら、大変だからです。

 私は、そういうわけで、来なくなった理由が判っておりましたが、別に抗議も、問い合わせもせずに、放っておきました。

 だからこそ、今回、急に、復活したのが変なのです。

 しかも、これ以外にも「カマをかけて来る」現象は、ありました。

尚、今、現在午前一時なので、これから先のミステリー解読は、また、将来にするとして、ここで、今夜は、終わらせてくださいませ。と書いたのが、13日で、15日の早朝に多大な加筆をしてあります。ただし、まだ、完成はしておりません。

尚、このブログの2010年より数え始めた延べ訪問回数は、3516859です。この訪問者数ですが、2018年の時点では、

ジャンル:
ウェブログ
コメント

演劇界、2011年6月号を、購買を申し込んだときの証明書

2018-10-21 15:05:08 | 政治

 これは、原文は、2016年の五月、 日にアップしたものですが、最近重要になったので、再度あプします。

演劇界2011年6月号の為の、入金済みの証のメール

2016-05-12 14:46:32 | 政治

ジャンル:
ウェブログ

 

コメント

今、新ブログを準備中です。

2018-10-21 13:30:02 | 政治

 今、新しいブログを書きかけ中です。そして、いったん公開をしました。しかし、リンク先探しや、写真探しに手間取っています。途中で、何時間も止まるので、いったん引っ込めました。再度の、公開を、お待ちいただきたく。

コメント

新幹線全線運休と、ダンパー疑惑の真実・・・・・・石井国交相と、ごみ捨て場を使った、私への最近の罠の話へ

2018-10-20 13:11:39 | 政治

 久しぶりに、私がものを書く速度と、彼ら、敵さんが、悪事を行う速度にずれが生じています。私の方が追いつけなくて、彼らの悪どさに対応できないという形です。でもね、私も、76歳です。彼らが、何万人を使って行う悪事には、対応できません。でも、本日土曜日は、・・・・・3時間の睡眠しかとっていませんが、・・・・・それでも、気力があるので、できる限り書いていきましょう。

 なお、このブログ内では、私は、全部のところで、一般人が知らない真実を書いているので、大変な妨害を受けております。それで、妨害をクリアーするために、一行書いては、公開すると、いう形をとっております。ので、此処で、新規の文章を書き始めても、完成までには、相当な時間がかかります。10時間、もしくは二日、かかります。その間、前報(後注0)の方を読んでおいてくださると幸いです。前報には、昨晩も多大な加筆をしてありますので。そして、この章は、実は、前報の続きなのです。全く離れている様に見えて、実際には、続きなのですよ。その前報ですが、総タイトルを、実態に近いものへと、今、変更しております。

副題1、『新幹線が全線で運休して、東京駅で怒号が飛び交ったとか? その原因が、何にあるか知っていますか?』

 私は、後注1に置いた文章の後半で、・・・・・JR東海が総勢40人を使って、御園座へ行った私を弾圧してきた。ただ、御園座内では、何も行わなかった。それは、一度、江戸川文化センターで、ひどいことが行われていて、(あと注2)それを、いつでも、ブログとして公開できる様な準備をして、スマホを持って出かけたからだ。ワンクリックか、3クリックすれば、自分を防衛できる、そういう準備をして出かけたからだ。

 しかし、・・・・・新幹線、特にJR東海に対しては、何の準備稿も持っていなかった。ので、相当に、ひどい(というか、面白い面も含んでいる)ことをやられてしまった・・・・・と、書いています。

 それは、どういう事かというと、微細に書くと、小説の様に面白いはずです。そして、それを企画した、例の悪人たち(=鎌倉エージェント)のおつむのレベルを見事に照射します。だから、それを書かせたくはないのです。それで、新幹線を全線運休しました。どこかの駅で、人身事故があったそうです。接触事故だそうです。だけど、前線を運休する必要はないでしょう。しかし、私が、『ああ、これは、私が今から書こうとしていることを書かせないための妨害だと、わかる様には、しているのです。それが、過剰な乗客いじめの手法です。ダンパー問題も、旭化成建材問題も、日産の、検査員問題もすべて、其れを、使って、迷惑を受ける企業があり、一般利用客がいるからこそ、心底ではやさしい人である、私が心を痛めます。それで、書けなくなるだろうと、思われて、ああいうニュースが報道をされます。

 JR東海は、総勢40人を使ってと、書いていましたが、よく考えると、40人では足りなくて、総勢100人を下らない数が動員をされていました。私が名古屋発、第何号の望みに乗るかは、事前には、特定でいないのです。自由席しか買って居ませんのでね。御園座を出る時間だけは、連中は知っているわけです。前売り券がある昼の部と、当日、新たに買った、夜の部の、ひと幕のが、終わ時間帯にはついては、敵さんは、知っています。しかし、何時に名古屋駅に到着するか、また、名古屋駅に、ついてから、何時に望みに乗るかは、敵さんには、わからないわけです。だから、罠にはめていこうと、しているわけですが、土の車両に乗るかがわからないので、5時半から、7時半にかけて、総計、20編成以上の新幹線【のぞみ】の乗務員に、こういう風に社内放送をせよとか、こういう風に行動をせよと、命令をしていたわけです。その車内放送と、その日の、JR東海の、買う種の動きについては、まだ、語りません。其の気になったときに語ります。

 でもね、彼らは、それを書かれることを非常に恐れています。それは、私の最近の文章の書き方が、以前と画然と、異なってきているからです。前報に、石川和子さんの」2008年1月の、ある夜の様子を書いています。それが、最近の政治的謀略のすべての、出発点の一つでもあるので、何度も同じ情景を書いているわけですが、しかし、その日の書き方は、以前とは、全く異なっているでしょう。深みが違います。

 そこでは、人間の常在細菌というものをとり上げています。これは、男女とも体内に、持っているものです。特に胃腸に存在します。だけど、女性には、別の種類の常在細菌があります。セックスに関する分野に、生きている細菌です。女性は、性的興奮を感じると、膣壁等から、リンパ液の一種が出ます。それ自体は、無臭です。しかし、常に生かしている(または、目に見えないけれど、飼って居る)細菌によって、香り付けがなされます。その香りですが、人によっては、セックスへ誘引される方向と感じられるでしょう。しかし、大迷惑をかけられている私にとっては、しゃがんで、股をおっぴろげている石川和子さん(伊藤玄二郎の元愛人だったと、自ら誇っている女性、そして、現在も、ありとあらゆる意味での支援を受けている女性)の股の間から立ち上ってきているそれは、彼女の大迷惑行為と合体すると、watakusiにとっては、嫌悪臭でしかないのです。しかし、彼女を見ていると、自分では、その匂いには、気が付かないことにも気が付きます。常に、嗅いでいる、自分の体臭には、自分は、気が付きません。

 それで、私は冷静に、時間の計算を始めます。私が自分の猫を迎えに行って、玄関の前で、五分程度、寒い外で、またされた時間。猫を受け取った私が、相当に、ひきつった顔をしていて、其れには、気が付いた、石川和子さん。次に、私は、自分の家で、一筆箋に、「もう、猫は外には、出しませんよ。だから、お宅へは行きません」と、書いて、彼女のポストにいれ、しかし、気が付かないといけないので、ドア環を、一回程度たたいた時間、その音を聞いた石川和子さんは、今度は、何も、待たせないで、瞬時に出てきて、私が、相当に怒っているのに気が付いて、慰撫しようとした時間、すべてを合わせても、15分程度です。しかし、狭い玄関で、彼女の目の前にいて、その体臭を浴びせられて居る私は、『ここまで高い状態に達するのに、15分で可能かしら?と、思うわけですね。そこから、普遍的な真実に到達する・・・・・と、後注0内では、書いています。

 そこを青の太字で、こちらへコピペしておきます。

 という事は、・・・・・私が来る前から、心の中では、交合・状態に入っていたというわけだろう・・・・・と、わかってくるのでした。つまり、そこで、普遍的な真理を、発見してしまうのです。第三者をいじめるという事が、性欲の亢進につながるのです。

 足立区綾瀬で起きた、少女コンクリート詰め殺人事件を思い出してください。あの主犯格の少年のそばには、愛人と呼ばれる少女が侍っていたのです。それが、タレントの、飯島愛だったと、言ううわさもあるのですが、ともかく、その二人は、目の前に置かれている、さらってきた少女に対して、その自由を奪ったうえで、陰惨無比な、いじめを行ったのでした。40日間にわたって、彼女がとうとう死んでしまうまで。

 というほどのものを書いている私が、2018年10月16日に、JR東海が行ってきことを描いたら、どれ程の、面白いものが書けるかを、彼らは、わかっているのです。というのもさすがに鎌倉エージェントに属する人たちは、エリート集団です。石塚雅彦さんは、元日経新聞の論説委員だし、井上ひさし(まだ生きていますよ)は、直木賞の審査員です。伊藤玄二郎は、私の推察するところ、伊藤製の書士だと、思うので、彼にも文才があるでしょう。だからこそ、彼らは、私が高い筆力を持っていることが、推察できるのです。ならば、JR東海を使って、いじめてくるなどとは、やらなければいいでしょう。しかし、彼らはやるのです。

 どうして、やるのかというと、まず、「ばれないだろう「」と、私を見くびっています。それから、もしばれてもですね。「こんなことを文章化しても、読者が面白いと、思う文章が書けるはずがないも」と、そちらからも、見くびっています。私は、そういう彼らの考え方をわかっていながら、取り組むぞと、宣言をしたわけです。それが、17日の早朝に書いた後注1の、最後の部分なのです。それから、60時環後に、この全線運休がおきています。十分に準備できるでしょう。どこかの駅で、新幹線と接触した人間がいるそうですが、全国に大迷惑をかけているのに、名前が公開をされていないし、画像も公開をされていません。死んだか、どうかも、NHKニュース内では、出てきていないのではないですか? あとで、チェックしますが、そのはずです。と、なると、ベテランのスタントマンが接触をして、気絶をしたふりをするのなど、簡単でしょうね。そして、目撃者数人を、kyokuchidehaariakuho出来たら、遺体みたいなものを、引き揚げて、裏側に隠します。そして、NHKは、その目撃者談を採集するでしょう。しかし、私がsonojikonifurenaikagiri、其れを、使わないはずです。

 どうしてかというと、小田原で、新幹線焼身自殺というのが起きました。あれは、相当に、準備をされた謀略で、大掛かりでした。特にいろいろな、乗客が、恐怖を語りました。NHKカメラの前でです。sikasi,soreが現場の状況と大矛盾することに気が付きました。その時に気は、書きませんでしたが、例の、いまだ生きている井上ひさしが考案した案に基づいているので、机上の空論で、糊塗を行うので、あっちこっちで、ほころびがあるのです。特に竹内啓貴というNHK記者が登場したので確定的でしたね。そして、ネットで、これは、どれ程の、損害賠償をしないといけないだろうと、親戚が支払ったという続報をどこにも見つけられません。当時のNHKニュース内では、姉to,shousuru人が二人登場して、あれこれ弟について語っていましたが、その一族が支払ったという続報は、でないのです。ただ、一人、ブルガリア旅行をして、其れを、フェイスブックに投稿したという綱島勤務の整体師の、女性は、亡くなった模様です.soredakeha、正しい情報でしょう。ただし、彼女だけがなくなって、ほかに死人がいないという事は、彼女に対してだけは、薬が、使われて、身動きできない状況に陥っていたと推定されます。それはですね。山口美津子さん殺害とか、私の妹殺害にも、用いられた彼らの、常套手段なのです。

 私は無論のこと、いやな気分になります。小田原焼身自殺事件の時も、今回の全線運休のニュースに接してもです。

 小田原事件の時には、すぐさま対応して、ブログを書きました。(後注) しかし、今般は、引き続き、石川和子さんの股の間から、立ち上る、フェロモンたっぷりの体臭の話などを書き続けています。どうしてそうするかですが、

 相手(特に敵としての、鎌倉エージェント)の行動に左右されないで、文章を書くと決意しているからです。度々、書いています。この文章は、神様への報告書として書くと。ここから先、まだ、多くを書くのですが、此処までで、使ったリンク先は、文末には、置かず、此処に置かせていただきます。

後注0

 アライグマ騒動・・・・・いじめとは、被害者を道具として使って、加害者側が、Sexの快楽を増進させる為の行為であ2018-10-18 21:20:36 | Weblog

 後注1、 

 平和な日本と親切な日本人  VS 宮川泰介や、ラーメン【なご家】(裏でJR東海)が発揮した、異常さ    2018-10-16 19:29:06 | 政治

 後注2

 サントリー、ベネッセ、公文・・・・・茂木七左衛門・・・・・・大来佐武郎、寿子、洋一    2018-07-01 03:55:02 | 政治

##########################

 さて、これから、ダンパー問題に入りたいのですが、其れを、を分析して書くにあたって、私のやり方は、また、また、まったく、読者の皆様には、想定外の書き方になると、思います。付き合ってくださいと、皆様に、強制するわけではないが、勝手に書き進めさせてくださいませ。

 それを書くにあたっては、この10月の9日から、18日まで、私を大きく悩ませた、ごみぶくろ、4つの話があります。それの導入部分が、前報の後半、副題3から始まっていますので、其れを、こちらへ移動をさせます。約6千字分を、一部ですが、二重にお読みいただくこととなります。申し訳ないが、お許しくださいませ。tadasi、全部、同じではなくて、途中にも多大な加筆をしてあります。ので、相当に違った部分もあります。

 とても複雑な話で、しかも初出です。したがって、書くのが容易ではないが、これは、書いておかないといけない話なのです。

副題3、『18-10-9に、その日には、捨てては行けないゴミが、ごみ集積場に捨てられていた。やっと、15日に、回収をされた。・・・・・らしい?・・・・・が、そのごみがずっと、残っていたその間に、私は、薄いビニール袋の中に植木バチがあるのには、気が付いていた』

 ところで、これから先に書くことも初出です。しかし、罠の話だし、さらに、その罠が、ごみを道具として張られた罠なので、きれいなところが一切ありません。全くもって、一般の、日本人として生活をしている、このブログの読者様に提供する話でもないです。でもね、このブログは、神様への捧げものとして、書いています。「こういうことがありました」とは、書かないといけないのです。

 9日が、第二火曜日であり、その日だけ、月に一度、がらくた類を捨てていいこととなっています。tumari,埋立て地へもっていく種類のゴミです。ところで、問題は、その日に燃えるゴミが大量に捨てられていたと、言う話なのです。間違えて捨てた人がいるのです。それは、私ではないのですよ。しかし、欠席裁判で、私が捨てたことにされたのではないか、または、そうされそうになったのではないかと、言うのが、この章の骨子です。つまり、全く新しい形式のいじめに出あっているのではないかというのが、この章の骨子です。

 今年の、どこかで、私が、朝の、10時ごろ、もしかしたら、まだ、回収されていないかもしれないと、思って、山を下りてみて、だめだと、思って持って帰った日があるのです。その日は、前夜はまた、遅くねて、朝早く、北久里浜へ出かけた主人は、がらくたごみについては、疎いので、私は駄目でもともとと思って、持って降りたのでした。

 この地域の特殊性は、ゴミ捨て場まで、住んでいる場所から、遠く、石段を下りて捨てに行かないといけないという事です。山の上に住んでいて、山の下の方に住んでいる人でも、最低、130段あるかないおいけないのです。で、私の様に、最近、足を悪くしているので、往復10分はかかります。また、其れゆえに、他地域の人が、勝手に捨てても、其れを阻止できないという特徴があります。監視の目が行き届かないからです。しかも、そのごみ捨て場は、鎌倉街道に面していますので、車で何度も鎌倉へ来たことのある人なら、『あ、あそこにごみ捨て場がある。あそこだと、両側が、駐車場なので、誰の目にも止まらない。そうだ。我が家にがらくたがあるので、黙って捨てちゃおうか?と、いう風に、狙われやすい場所なのです。もし、私が平和そのものに暮らしていて、ご近所のだれのことも気にしないで、済む立場だったら、単純に、『あれは、遠くに住んでいる、ずるい人が黙って、捨てたのでしょうね。気にしないで、置きましょう』で、済むことです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私はどうも、いじめ殺されることを目的として、わざと、この山へ導入をされたのではないかと、今では思って居る』

 でも、北久里浜で、CIAの大エージェント、瀬島隆三一派が、合計2400坪の土地を、ただで、取得するのwo,目撃してしまいました。それで、真実を知っている私を殺すために、瀬島隆三は、わざと、私をこの地域に引っ越す様にたくらんだ可能性があると、今では、そう、感じています。というのも北久里浜と、この鎌倉雪ノ下は、移動に電車を使うと、三浦半島の真ん中に山があるので、一時間半もかかります。普通なら不動産物件の広告など、前の家に入るはずもないのに、A4の紙に一軒だけ、印刷した、こちらの、雪ノ下ニ丁目の広告が何度も入ったからです。

 この雪ノ下の方にも問題があって、実住人、は、15軒しかないのに、既に、私は、32所帯の人が、転入したり、転出したりするのを目撃しました。だから、売り物が多いのです。最大の・がん?は安野智紗夫人という女性で、彼女が勝気であることが、真の原因でした。ところで、あまりにも勝ち気で、自分が一番になろうとするので、私は二か月以内に、彼女が、略奪婚を経て、そののち、此処では、その過去を、知られていないので、いっぱしの奥様風にふるまって居る・・・・偽善者であることを知覚し始めます。

 ところで、安野夫人というのは、徹頭徹尾いじめてくる女性ですが、今回の、ごみ袋に関して言えば、昔から私の動向を監視していて、其れを、ご近所様に、悪口として、告げると、言うことがあり、その延長戦だったと、見ています。

 1999年~2002年にかけて、私が、外国に行く自由を確保するために、もともと、持っていた逗子のアトリエで、夜も寝泊まりして、帰ってこない歳月が、3年ほどありました。それは、ittemireba、わがままの極致でも、ありましたが、私としては、絶対に必要な体験だったのです。海外研修を、パリと、ニューヨークで、合計、9か月堪能したら、もう、十分かなあとなって、逗子から、夜も、鎌倉へ、帰宅する様に変化をしているわけです。アトリエは家賃がかかりすぎるので返却しました。もし、その時に、まだ、売っていなかった、北久里浜の家の、借り手が、既に、返却したいと、言ってくれていたら、タイミングがよかったのです。そうだったら、版画を制作する機械であるプレスを、車が入る逗子のアトリエから、同じく、車が横付けできる北久里浜へ、移動できたのですが、間が悪いとは、このことで、鎌倉の自宅へは運べないプレスという重い、重い版画制作用機械は,2005nen頃に、手放しています。

 逗子のアトリエで、寝るためには、種々の荷物も必要なので、プラスチックの衣装ケースにそれらを入れて、三つぐらいずつを数回に分けで、タクシーで運んでいました。安野夫人が、その荷物運びを見て、あざ笑って、ご近所に言いふらしたので、私は大原光孝さんから、「みんなが、川崎さんが、離婚をするって、言って居るよ」と、からかわれることとなりました。その10年後、大原家の方でも、何年も奥様が返ってこない状況ですが、全くねえ、なんて、みんな軽いのだと、思っておりますよ。でも、いじめられていることは、いじめられているのです。周南事件、やまゆり園事件、そして、高枝切り事件と、遠くで起こされた事件もすべて、私を、精神病院へ閉じ込めてしまおうと、する意図で、行われたのですが、そのほかにもいくつも、いくつも集団的いじめの事案があるのです。

 私は、雪ノ下のご近所様など、一切気にしていませんでした。「燕雀、いずくんぞ、鸛鵠の、志を知らずんや」と、言うことわざ通りに、全く、安野夫人など、気にしていませんでした。しかし、彼女は、それが生きがいなので、その18年後の最近も、私の行動を注視していて、ちょっとでも、失敗があると、友人である前田さんや、小野寺夫人と、それを話題にすること可能性があるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『ところで、私は、9日から、17日までは、このごみ袋を気にしていなかった。自分が捨てたものではないので、気にならなかったのだ。ところで、18日に突然に、気になり始めた。あれ、これも、また、伊藤玄二郎と、井上ひさしたちが、考案したいじめ案ではないかと、気になり始めたのだった。いわゆる直感というものだが、・・・・・』

 ところで、伊藤玄二郎は、お食事つきの懇談会、または、御前会議みたいなものを、開いていて、そこに前田清子さんと小野寺夫人は、確実に招いています。現役のサラリーマンである、白井達雄さん(小野寺夫人の夫婦別姓を名乗っている連れ合い・・・・・日本三大設計会社の重役というエリート。鎌倉では、浜銀、鎌倉支店を成型したとか。現在は、国立競技場を担当者とか?)が、そこに参加しているかどうかは知りません。祝一氏が元気なころは、参加していたはずだし、、小野寺夫妻が、引っ越してくる前は、柳沢昇とか安野夫妻も目ね枯れていた可能性があります。

 しかし、今では、小野寺夫人が、・・・・さすが、東大卒、呑み込みが早くて、使い勝手がいい・・・・という事で、重用をされていて、柳沢昇とか、安野夫妻は、招かれていない可能性があります。この二人は、あまりにも幼稚なので、対私として何かをさせると、かえって、伊藤玄二郎一派には、損になるケースが多いのです。そこで、昔はともかくの事として、今では、謀略の基本方針には、携わっていないと、見えます。

 ただ、今般の、ごみを利用する話だけは、実行行為者として、柳沢昇が、加わっていた可能性があります。何が目的かというと、私が書いた、以下の三本が画期的にすごかったので、それに対する復讐でしょう。後注としてではなくて、此処に挿入として、そのリンク先をおきます。

 そして、その三本の文章の要約をここに青の太字で置きます。

 前田夫人一派は、中学の番長並みの集団いじめを行うが、100%の誤解に、もとづいて、一種の精神的リンチとも、いうべき責め苦を浴びせた。油煙に関する、いじめである。それは、2003年から、2004年にかけて起きたことだったと、記憶をしているが、あまりに、ひどいので、それを、文章に書いた。すると、そういう私に対して、かれらは、安倍総理大臣をパペットとして使い、法律を変えて、前田夫人一派を支援した。(廃棄物処理法の変更・・・・2013年度制定との時、其れを私は最近になって知ったのだが)その法改正によって、日本全国で焚火をしてはいけないこととなった。soreha,NHKニュースでは、報道をしなかった。どうしてかというと、それは、安倍総理大臣が、2013年の3月に、変節したchokugodeあり、鎌倉エージェント(=共産党の、大幹部井上ひさしも含む)の軍門に下って、パペットとなった証拠でもあるからだ。(あと注4)

 その時は、問題となるアイテムは、油煙だった。そして、I夫人が電話で、怒鳴り込んでくるというリアルな形での、集団、いじめを行った。しかし、私はむろん、焚火はしていない。山ノ下の土建業者が、行った焚火だったのだ。

 それと、そっくりな形が、今回のごみ袋だと、わかってきたのだ。それが、18日の事だった。

 ともかく、この、間違えて出したごみ袋を点検しましょうという事になって、主婦たちみんなで、

・・・・・・「あれ、この植木ばちって、川崎さんが、つかっているものじゃあない? それにこのプランターもそうでしょう? だから、このごみって、川崎さんがすてたのよ。間違えてね。それなのに、10日間も放っておくなんーんて、だらしがないわねえ。どうしましょう? 小野寺さん、市役所に頼んで、引き取ってもらえば?」と前田夫人などが、提案して、小野寺夫人が、鎌倉市に電話をかけて、やっと、市が引き取ったと、いう形にしたのではないでしょうか? 

 前田夫人はさらに続けます。「ところでね。このごみ袋をここで、私達が、開いた件と、間違えて捨てたのは、川崎さんらしいって思った件を、彼女に、しゃべっては、駄目よ。特にね、・・・・・あなたがこれを捨てたのでしょう?・・・・・って、彼女に言っては駄目よ。kanojoって怖いひとなの、もし逆恨みをされたら、何を書かれるかわからないっていう種類の人間なの。だから、これは、川崎さんが、捨てたものだけれど、彼女に向かって、直接に、其れを責めては駄目よ」・・・・・

 上の青の太字の部分は、例の、私固有の、見てきた様なうそを言いの一つです。しかし、当たらずともいえど、遠からずでしょう。こういう情景を、私は、18日の早朝に、頭に思い浮かべたのでした。それも、また、天のお助けというものの一つです。そういう気づきがなかったら、悪人どもの、餌食になってしまうところでした。でもね、此処で、こういう風に宣言をした後で、この山の住人がどう出るかを観察すればいいのです。失礼なことをしてくれば、さらに続報を書けばいいし、過去のいじめの、すさまじさを、くり返し、書いてもいいのですから。

 しかし、こういう気付きを得たのは、やっと、18日の早朝でした。10日間も、真実には、気が付かないで、いたのです。一応、変だなとは思っていたのですよ。植木鉢が入っていて、しかも、その植木鉢が、私が使っているものとそっくりなのにも気が付いていて、それでも、10日間も、安心しきっていたのには、重要な理由があったのでした。

 ここから石井国土交通大臣が関与する部分に入っていくのですが、非常に複雑な文章となる見込みです。そして、長いはずです。ゆっくりと、時間をかけて、落ち着いて、読んでいただきたいと願っております。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『私は、7日の、深夜、石井秀樹、あずさ夫妻を、ネット、検索にかけた。それは、どうしてかというと、テレビジャパンで、新しい番組が始まって、其れが、どうも、石井秀樹、梓夫妻と,kankeigaaruように、推察されたからだ。

 tomokaku,kareha,kenchikukatとして非常に恵まれている。どうして、そういう風に恵まれているかなのだけれど、それは石井国土交通大臣と親戚だからではないだろうかと、思って居るからだった。それを確かめたいと、思った。・・・・・と、同時に北隣の、石井夫妻と、西隣の、白井達雄氏との比較もしたかったのだ。白井達雄氏も、優秀な建築家なのだけれど、二人は、生き方とか、作風のカラーとかが相当に違って居る』

 これから先は、下品な言い方となります。苦笑。しかし、真実です。苦笑。それは、・・・・・もし、私というと、存在が、この世にいなかったら、石井夫妻と、白井夫妻は、喧嘩するはずだ・・・・・という事です。そして、小野寺夫人は、石井夫妻の存在に、イライラし始めるだろうと、いう事でした。小野寺夫人の方が相手を、嫉妬する側として、イライラすることとなろうと、言う話です。

 実は大原光孝さんという男性画家が、私に対して、ひどいことをやって来た、時期があるのです。それは、ウエーブであって,何波にもわたって、強まったり、弱まったりしたのですが、その攻撃が強いときに、私は怒ってこう書いた記憶があります。

・・・・・・大原光孝さんは、昔、「川崎さんが、離婚をするよと、みんながうわさをしているよ」と、言ってきたのだけれど、今は彼本人が長期にわたって、実質、離婚状態ではありませんか? そして、その原因は、白井達雄さんが、引っ越してきたことにあるでしょう?・・・・・大原光孝さんは、・・・・・自分が、素敵な男性なのだ。エリートなのだ・・・・と、言う幻想を奥様に、与えてきたけれど、仕事の上でも、収入の上でも本当のエリートである白井達雄さんが、引っ越して来たら、イプセンの描く、ノラみたいに、目覚めてしまったのよね・・・・・と。

 しかし、今度は、その役割が、反対になって、白井さん(=小野寺夫人)が、石井あずさ夫人に対して、威圧感を感じて、いやだなあと思ったり、生意気だと、感じる様になるでしょうと、思っているのです。今のところ、二組の夫婦には、共通項があります。それは、対・私・弾圧用の、重石となってくださいと、裏から頼まれているでしょう。だから、共通の目的がある、どうしです。だから、今のところは争いが生まれません。

 石井秀樹さんですが、国土交通大臣賞をもらっています。二人が、親戚であるかどうかは、ネット検索だけではわからないものの、面識があるというのは、確かです。

 白井さんは、サラリーマンだから慎重で、wikipedia 等もありません。ググってもいないけれど、小野寺夫人についても、何も出てこないでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題7、『ここで、重要なのは、私が、秀樹氏の、夫人、あずささんの方も、ネット検索をしたことだった。そして、あずさ夫人が、どうも、SFCに通学していたらしいと、気が付く。それが、この章で、描く、・・・・・ごみ袋を使った罠に、引っかからなかった・・・・・第一のポイントとなった』

  人間には、意図していないのに、他人を傷つける場合がある。故意ではないのに、傷つけている場合がある。私は、ニューヨークで、2000年に版画修行をしていた時は、その加害者の方だった。私にとって、お昼に、惣菜店で、合計8~10ドルのおかずを買ってくることは、自分だけの話のはずだった。人に迷惑をかけているとは夢にも思わなかった。しかし、二年後、一人の同い年の版画家が、65歳で、孤独死したと、知らされて、愕然とする。その人の貧しさに、2000年の内には、全く気が付かなかったからだ。彼は、毎日サツマイモ入りの蒸しパンを持ってきていた。買ったものではなくて、自分で蒸したパンだった。小麦粉と、サツマイモを買っておけば、一週間程度作り続けられる、食事だった。彼が、其れを朝も晩も食べているのだとは、夢にも思わなかった。お昼だけの食事だと、思っていた。

 こういうケースは、実存的罪というのだろうか❔ それとも、キリスト教で言うところの原罪?

 この世には、人知を超えたものがあると、思う。それに、気が付いているのが、私の連れ合いとか弟とか、子供たちだと、思う。特に男性陣は、謙虚で、賢い。有名な大学を出ているとか、大きく出世したとか、大金を稼いだというところはないけれど、私は安心できる、善人たちと、日ごろ暮らしていると、言う意識がある。その・・・・・人知の及ばぬネットワークの中で、正しい生き方をしている・・・・・そういう、存在と、身近に、一緒にいるという自信がある。

 だから、この山で、私を狙い撃ちにする、前田夫人やら、安野夫人やら、其れに協力をする小野寺夫人には関心がない。いじめられた事案は、政治の問題として、重要だから、このブログの世界で、記録をする。だけど、愛していないのだから、ダメージも、うけない。このブログ内では、彼らの悪戸さを、常に書き続けている。しかし、冷静に書き続けられていることこそ、毒素に、影響を受けていないことを示している。

 私は人間の顔や、行動を見ているうちに一瞬にして、相手が、どういう人間かがわかる。ところで、石井あずさ夫人は、心身共に健康で、成功者で、富裕でありながら笑顔が、さわやかで、私は、好ましく思っていた。

 ところが、この10月7日に、ご主人の秀樹へのネット検索のついでに、彼女が自分を知らせるために、作っているホーム頁を見たところ、SFCに、通学していたらしいとわかっててくる。SFCとは、最近では、その学校のホーム頁に、日本語とか漢字が書いていないが、慶応大学の、湘南キャンパスの事である。

 慶応大学そのものが、湘南キャンパスの場合、慶応という字を使っていないわけだけれど,azusasannは、もっとぼやかして書いてあった。しかし、私には、彼女がそこを卒業をしたことがわかった。ところで、こういう検索についても、私がどこの何を読んでいるかは、敵さんに、すべて、把握をされている。で、すぐさま石井夫妻に、『川崎さんが、あなたがたのほーむぺいじを開いてみていたので、何か、質問を、受けても、答えない方がいいですよ」と、言う連絡が入ったと、思われる。

 で、二人は、自分達の領分を確保するというか、なんというか(苦笑)その、日外で、大変勤勉に、働き続けた。6時間は、働いていたと思う。ものすごい存在感を放って、庭仕事をつづけた。それで、花に水をやっている私が、ちょうど、目が合ったので、「あなた、SFCの卒業なの?」と聞いた。すると、彼女は「いいえ」と答えた。一瞬耳を疑った。でも、聞こえなかったのかと思って、湘南キャンパスでしょうと、言いなおしてみた。すると、彼女は、ふたたび「いいえ」と答えた。私がは内心で、大きく怒った。ただ、其れを、言葉に出す人間ではない。ただ、黙って受け止めた。そしてその日以来、彼女を大切に思ったり愛することをやめにした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『上が、8日の体育の日だった。その次がガラクタを捨てる日であって、外出から帰ってきた主人が、私に聞いてきた。・・・・・お前、がらくたごみを出した?・・・・・と、間違ったごみの出し方を私がしたのではないかと、心配を、して来たのだった。私はこう答えた。?と。・・・・・出していないわよ。でも、其れってお隣の石井さんが間違えたのではないの? 昨日ものすごく働いていたから、たくさん、ごみがでた筈よ。そして、昨日の8日h¥は、休日だったので、其れを日曜日と誤解をして、本日、燃えるごみを出したのではないの?・・・・・・と。

 これは、私としては、非常に珍しい言い方だった。私は自宅の居間が盗聴をされているのに気が付いているので、普段は、人名を出さない。特にご近所様について、名前を挙げて話をする時は、非常に気を付けている。こういう風にごみの出し方を間違えた人がいるという場合、その人名など出さないのが、普段だ。sorenanoni,isiisandeshouto,mazuitte,sono次に、彼ら夫妻が、曜日まで、間違えたはずだと、言って居る。二重に、間違いを指摘している。

 しかし、これは、二日後か、三日後に、私の方が間違えていたことがわかった。彼らは、とまりに来ない日もあるのだけれど、とまりに来ているのに、ごみ袋を引き上げなかった。だから、石井さんではない.だけど、私は、盗聴者を意識して、自分の前言を主人を相手に翻すこともなかった。つまり、「火曜日に言った、石井さんではないの?は、間違っていたわね」と、いう事もしなかった。

 どうしてかというと、盗聴者がいることの最大のメリットは、この際は、私達は、そのごみ袋の主ではないと、いう事なのだ。「石井さんが間違えたのでしょう」と、言い放つことは、自分達は、絶対に捨てていないという証明になると、思ったからだ。それで、17日まで、徹底的に安心して過ごした。

 ところが、18日に突然に、心配になったのは、その日¥、庭に出て、植木鉢の置き方が変わっていることに気が付いたからだ。『あれ、あのごみの中に、植木鉢が入っていたわね。それって、此処から盗んでいったもの? そうなると、誰かが私を落としれるために、あのごみ袋を作ったの?』と、思い始めたからだった。

 これは、非常にあくどいことであって戦わないといけないと、思い始める。だって、もし欠席裁判をするつもりで、この袋を開けたら、見たような植木鉢が出てきた。これって、川崎さんが使っているものと同じよと、言い始める人が出てきたら、100%、私が捨てたものだと、誤解を受ける。これは、大変だと、思い始める。  

 これから先は、明日、21日の、夜に、語りたい。もしかしたら、22日に入るかも。お待ちいただきたく。

後注4、

安倍政権が焚火は駄目という法律を2013年に作った・・・それについて、18-10-5に、書く事を決意する

2018-10-06 22:15:52 | 政治 

小牧で、プラスチック工場、火災を起こすに、もとづいて、わたくしをいじめぬあ

2018-10-07 22:13:27 | 政治 

今、私は油煙を話題としている。ので、油煙の出る工場(小牧)に放火をして、更に先を書く事へ脅かしを掛けてきた。

2018-10-09 22:42:57 | 政治

 

コメント

藤井聡太新人王へ・・・・・鈴木菜穂子アナが、突然消えた理由は?・・・・・角野栄子、鎌倉で受賞

2018-10-17 21:08:35 | 政治

 この文章の主役は、第一部が藤井聡太君で、第二部が、NHK7時のニュース担当の、鈴木菜穂子アナです。そして、第三部は、魔女の宅急便の原作者・角野栄子さんです。三人に共通項があるとすれば、私が鎌倉エージェント、と呼ぶ人間たちに、動かされている人物だと、いう事です。特に、2018年、10月16日、私が御園座(名古屋)に行かないといけなかったのですが、それ、そのものも、伊藤玄二郎と、井上ひさしたちに、誘導されてのことだったのです。だから、その日の私は、彼らの、罠に、はめられているという事は事前に、しっかりと、わかっては、いたのです。しかし、それでも、名古屋には、行った方がよいと判断をしていきました。・・・飛んで火に入る夏の虫・・・にわざとなって見せたのです。ただ、こういう際には、大いに、政治的な・悪・利用があるだろうと、推定して居たら、見事に三つの事案で、有名な、文化人に影響が出たのです。特に鈴木菜穂子さんは、損をしています。藤井聡太君と、角野栄子さんは、得をしました。それを、分析して、書き進めて行きましょう。

副題1、『16日に名古屋へ行った。そこで、JR東海、総勢50名を使う大掛かりな弾圧に出会うのだが、一方で、NHKニュース内でも、いろいろ、弾圧があるだろ

うと、予測して外出をした。帰宅して、ブログを一本(後注1)を書く傍ら、大急ぎで、NHKニュースを点検した。すると、・・・・・微妙ではあるが、これは、確実に、私への弾圧用、ニュースですなあ・・・・・と、思うものがあった。それを二つ見つけた。

 そのうちに一つが、藤井聡太七段の、新人王のタイトル獲得のニュースである。したがって、藤井聡太新人王へと本日のブログの総タイトルにあるのは、本来なら、ただ、ただ、単純に明るい文化面ニュースのはずだが、ブログの、分野わけは相変わらず、政治のフィールドにおいておく。そして、この一事が、政治論文の材料となってくる』

 藤井聡太七段は、2018年の10月17日の午後、将棋界の、新人王というタイトルを取りました。それ自体は、何も問題がありません。喜ばしいことです。出身地の瀬戸では、商店街ではくす玉を用意し、勝利が決まった途端、其れを割り、その映像もNHKの7時のニュースに出てきました。何しろ、16歳だそうです。日本人全国民の心を明るくする存在です。しかも、新人王は、6段までの、プロしか挑戦ができないそうで、既に、七段になっている藤井聡太君は、本年度の、タイトル戦にしか挑戦ができないのでした。しかも、ねんれいを問題にすると、これは、31年ぶりの新記録だそうです。・・・・・で、この五行は、17日のニュースによる、感想です。それで、結果往来のはずです。

 しかし、私がこだわるのは、16日の段階です。その日の、ニュース、12時、19時、21時の全部で、ほぼ、トップニュースの扱いで、それが、取り上げられました。しかしです。そのタイトル戦は、既に、一回目が、10日に開かれているそうです。しかし、その日には、一切取り上げられませんでした。それなのに、16日に大騒ぎです。で、瞬時にこれは、私狙いのニュースだろうと感じ取りました。それは、後の方で、証明していきますが、順次、思考の過程を披露をさせてくださいませ。

 16日に感じた最初の違和感は、・・・・これは、報道するタイミングがおかしい・・・・と、いうものでした。16日は、まだ、第二戦目です。しかも、その第二戦は、二日間にわたって行われるものですが、その初日だそうです。三戦の試合だそうですから、この時点で、大騒ぎするのは対戦者に対して失礼です。・・・・・メディアが、藤井聡太君を食い物にして、パンとサーカスの材料にするから、こういう失礼が許される・・・・・と、言ってもですね。それは、結局は藤井聡太、七段に、何かのマイナスポイントとして、返ってくると、思いますよ。

 加藤一二三九段も、天才と呼ばれたのですが、一時期変人として、扱われていましたよね。そういう時期も、未来の、藤井聡太君に、訪れる可能性があるのです。

 えらい人ほど、ノブレスオブリッジは守らないといけないのです。本人が、それを、守っているのに、周囲が失礼なことをするのは、周囲の人間が、大人としての、本当の、愛情を示しているわけでもないし・・・・・これは、何かがおかしいぞと、思い始めます。で、『私が、鎌倉には、いない16日をわざと狙っているニュースだな。これは』と感じます。しかし、どこがいけないのかが、なかなか、特定できません。本能的には、わかっているのですが、なかなか、特定できません。

 同じ日の、18時から、20時20分までの、JR東海の人員上から下まで、総勢50人程度を使った攻撃の方は、やぼったかったですよ。まだ、その序の口の、件である、白いスープが売り物の、名古屋コーチンを使う、ラーメン屋【なご家】の、室温が、急速に、過冷却をされた話しかしていませんが、次から次へと、押し寄せてくるのです。新幹線、名古屋駅から、新横浜駅までね。そして、JR東海を使ったいじめが終わったと思ったら、鎌倉、鉄の井(くろがねの井戸という旧跡)で、普段通りの人員を使った、いじめに出会うまで・・・・・だから、藤井聡太君、のニュースが、16日にNHKを一日中席捲をしたのは、鎌倉エージェント、特に、公的には、自分を死んだ事にしているが、実際にはだ、生きている井上ひさしと、伊藤玄二郎が組んだ、謀略の一つだったのです。JR東海のいじめも書きたいですよ。しかし、NHKニュースの方が目撃者が多いですからね。そちらを、先に取り上げましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『16日の段階での藤井聡太君の新人王タイトル戦の、映像には、普段と違う要素がいろいろあった』

 名人戦でも何でも、タイトル戦が、ニュース映像で映る場合、正面に、残り時間などの時計を管理する、テーブルが、写ります。そこに若手の棋士が、二人座っていて、その両側に、もっと年上の偉い人が座ります。タイトル戦を支援する、新聞社の役員とか、将棋連盟の役員が、両側に座るケースが多いのです。

 ところが、16日も17日もそのテーブルには、時計が置いて居なくて、別の特徴があったのでした。それは、テーブルの側面、カメラ側に向けて、大きな字で、印字をされた紙が、横向けに貼ってあったのです。上部に、15㎝ぐらいの幅で、背景色をピンクにした、黒い字があり、その下に10㎝幅ぐらいで、もっと、小さな字で、右と左に分かれている字が、プリントアウトされており、その下は、焦げ茶色の厚紙パネル状に、なっているものです。こんなものは、かつて、見たことがありません。 何かがおかしいと、感じた私は、次の日の、17日になってから、主人に「このタイトル戦って、どこの新聞社が後援をしているのかしら?」と、質問をしました。しかし、主人も知りませんでした。 

 それで、私は、新聞社か、それとも、株式会社かは、知りませんが、普段は、ほとんど、ニュース映像としては流されない、この新人王タイトル戦が、各も、二義に、戯しく、かつ、大々的に、放映をされるのは、よほどの大物がこのニュースの陰にいるのだと、判断をして、さらに、注意深く録画を点検すると、ちらっとですが、左側に、【しんぶん赤旗】の文字が見えたのです。なあんだと、すべての裏が、わかりました。これは、いまだ生きている、井上ひさしが、自分を誇示するためのニュースだったのです。だからこそ、タイトル戦第二局が、この私が絶対に鎌倉にはいない予定がすでに、明瞭だった16日に設定をされたのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『さらに込み入った微妙な展開が続く。いのうえひさしも、そうとうに学習を重ねたらしくて、NHKニュースを利用するにしても、以前よりは、もろ、ではなくなった。それは、NHKがこれから、放映をする、【昭和元禄落語心中】というドラマが、漫画から採録されたという話だが、その漫画家の裏には、井上ひさしがいるだろうと、私が推理して、それを、どこかに下書き等で、収めたか,それとも自宅で、独り言風につぶやいたかを、しているので、彼は、ばれたか・・・・・と、いささかに慎重になり始めたのだった』

 まず、NHK画面を写真に取り上げました。ところが、それが、カメラ(スマホ)から、消えているのです。という事は、この藤井聡太君の、新人王タイトル戦を、大ニュースと化した、自分(=いのうえひさし)の意図を、私(=雨宮舜)に描き表されてしまう事を、いったんは恐れたのだと、思います。

 だって、藤井聡太君という、現代日本gが、抱えていくイルカスターの内トップレベルのものを利用して、またまた、自分の県政を誇示したとなれあ、彼の心が汚いことは、一目瞭然ですからね。それで、いったんは、ビビったので、データそのものを、スマホから消し去ったのでした。そのニュースは、私が録画番組ストックからすでに、削除をしてしまったので、・・・・・彼女は、もう、これについては、書けないはず・・・・・だと、いったんは、みなしたと、思います。ところが、私はそういう事にはなれております。 

 それで、何とか復活をさせました。するとですね。今度は、堂々と、それが見える様なニュースにし始めたのです。それが、17日です。16日の段階では、それが、テレビカメラには、写らない様に、最大の、工夫をしていたのに、17日には、堂々と、見える様に、変換したのでした。動画は、数種類あるでしょうから、編集部に、これを使え、あれを使えと、指令を出したのだと、思います。誰が、中補者になっているかは、まだ、特定できませんが、NHKは、その要請に従って、17日のニュースでぇあ、堂々と【しんぶん赤旗】の文字が画面上に見える画像を使っています。16日のニュース内では、それが、見えない様に、隠されていたのでした。

 上の写真は、17日のニュース(特に、パソコンの画面で、NHKオンラインからとったものですが、左に、私がオレンジ色のやじるしを入れた先に、しんぶん赤旗の、文字が、見えます。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『NHKは、税金に等しい、視聴料を取っている。それなのに、強者の恣意に従って、ルールを変更している。これは、困る。・・・・・しかし、私は、この藤井聡太君新人王タイトル獲得のニュース化の過程を見ていて、NHKが、かくも容易に、ルール変更を行う組織であることを、証明するし、かつ、強者の恣意に、唯々諾々として従う組織であることをも証明するので、ありがたいとも思っているほどなのだ』

 あのね、皆様、将棋界には、今、7つの有名なタイトル戦があるそうです。テニスの四大大会と同じで、ランクの高い、タイトル戦として、7つあるのです。その最終局面が、かくも多大な、時間を割いて、報道をされることがありましょうか? ないですね。ただ、唯、羽生さんのケースが、あって、今年、ただ、一冠として残っていたタイトルを、失うか、反対にそれを、永世タイトルにするかの、ぎりぎりの一戦が、あって、それは、報道をされています。しかしほかの、6個のタイトル戦の、しかも、第二局が、これほどの、大ニュースになることがあるでしょうか。二日連続、しかも朝から晩までです。そういう事はないのです。これは、ひとえに、どれ程の、権勢を、いのうえひさしが、もっていて、それを、誇示することができるかを証明しているでしょう。

 大・NHK様は、ルールとして、民間企業の宣伝は、してはいけないこととなっています。そして将棋の、普通のタイトル戦では、名人戦でも竜王戦でも、背後に新聞社がいることは、将棋通なら、みんな知っては、いるものの、「朝日新聞が支援している」とか、「毎日新聞が支援している」とか、読売新聞が支援しているとかを、アナウンサーが、音声で、いう事もなく、かつ、今回の様な、パネルが、時計を置くはずのテーブルの前に設置されていることもありません。

 一般国民としては、こういうルール違反は、非常に困ることなのです。しかし、それが、今回、行われました。

#####################

 さて、これからは、別の話題に入ります。2018年10月16日という点で、共通項がある三題噺ですが、この部分は、いつもの私のブログと深い関連があるので、皆様にも読みやすいと、お考えいただけるでしょう。soreha,NHK7時のニュースから、突然二、鈴木菜穂子アナが消えてしまったことです。同じ日に、桑子アナも消えました。しかし、桑子アナの方は、「おそい夏休みを取った」というお断りがあったので、一週間後には戻ってくるでしょう。では、鈴木菜穂子アナは、どうなるのでしょうか? 私には、それは、、推定して居ることがありますが、それは、此処では書きません。私が、書いた将来予測を覆す方向で鎌倉エージェントは動くでしょうから。 

 これは、山田浩二について、突然に、NHKが、大ニュース化した、日に描いたブログが関係しています。そのブログは・・後注なにがし・・として、後ろの方に、置くのではなくて、この直下に置きます。

fujimori恩赦の取り消しと、山田浩二へ、NHKが取材をしたと、言う二つのニュースは、対私のブログ潰しです    2018-10-13 00:05:08 | 政治

 別にその日12日に、大ニュース化する必要もない項目でした。というのも、その内容としては、山田浩二ni,NHKga、インタビューをしたというニュースだったからです。こういう犯罪では、逮捕とか、書類送検になりましたとか、再逮捕されましたところか、判決が出ましたというときにニュースにすればいいので、インタビューをしたというのが、12時、19時,21時の三つのニュースで、大きく取り上げる必要もないニュースでした。しかし、これも、これを流したら、私と私タクシー運転手no,mojigamブログがつぶれると判断したであろう、伊藤玄二郎達、鎌倉エージェントが、安易に作り出したニュースなのです。彼らの頭脳をトカゲの脳みそだと、私はよく言って居ますが、本当に安易で、だらしがない人たちです。

 そして、今般は、山田浩二の殺人裁判を行うのだけれど、その前に、できるだけ、彼が悪人の様に見える様に、設計した、ニュースでした。アナウンサーは無論のこと、原稿を読むという立場でしょう。したがって、鈴木奈穂子アナウンサーが何かを叱られて、降ろされたとしたら、えん罪の一種です。

 その上、このニュースそのものがゲテモノに近いものですから、本当に冤罪に近い降板です。鈴木菜穂子アナの親戚など、戸惑って居ることでしょう。結婚をされたそうですから連れ合いのご親戚は、あれっと、さらに、不思議に思っているでしょう。鈴木奈穂子アナは、12時の担当者とか、桑子アナと違って、「最初の、女児の遺体が、捨てられた場所が高槻市で」と、言ったのですよ。それは、嘘です。

 事件が起きた最初期から、そういわれていたのですが、私としては、この駐車場の、形状から、高槻市には、こういう駐車場は、ない。寝屋川市にある、センコーの駐車場であると、言って居ます。で、この事件ほど、嘘が、明瞭に見えるものもないのです。しかし、原案を作ったであろう、井上ひさしは(彼は、本当にまだ、生きていますよ)むかっ腹をたてる様な、子供っぽい性格なので、どうしても、この事件を山田浩二がやったことにしたいのでした。

 そして、私がどう出るかを探るために、鈴木菜穂子アナに、わざと、「高槻市の駐車場で・・・・・」、と言わせたのです。即座に、私が、反応した(上の文章と、引き続いて、分析を重ねた、あと注2)ので、『これは、だめだった』と、わかったわけですが、すぐ次の日の、13日に、二人を引込めるわけにはいかなかったのでした。土曜日と、日曜日が来て、二人は画面に出ない立場だからです。しかし、月曜日には出しました。そして、名古屋に言って居るはずで、ブログをかけないだろう、16日の火曜日に、突然に、裏に隠したのです。何をかいわんやですが、そういう意識の連中が、鎌倉エージェントと私が呼ぶ人たちなのです。そして、その16日の、たった、一日前に、この悪人たちに、角野栄子さんが、利用をされます。以下は、其れについて書きましょう。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

ここから先話題が、また、変わります。角野栄子さんの、鎌倉市の市民栄養賞・受賞がどういう政治的、意味を持つかを語る章へと入ります。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

副題5、『いのうえひさしは、この16日の、私の、御園座行きというタイミングを、目指して、連続攻撃をしてきている。その一環としての、藤井聡太君の新人王タイトル戦の過剰報道だったが、その16日の一日前に、報道をされた、角野栄子さんの鎌倉市、市民栄誉賞受賞も、その一つである』

  何もかもがわかってしまえば、藤井聡太君の、新人王タイトルのニュースの氾濫は、井上ひさし特有の、自分の存在を誇示したいという、欲求の表れの一つだったのでした。彼は、最近、三連続で、NHKニュース内で、自分を誇示しています。それの、第一番目は、この2018年10月5日の、金曜日の、NHKニュースウォッチ内で、自分の顔を、大写しさせました。それは、紀伊国屋ホールで、富田靖子主演の、【母と暮らせば】が、上演をされると、言うニュース内ででしたが・・・・・
 その次に、今、問題としている、16日の一日前の、15日に角野栄子さんに、鎌倉市から、市民栄誉賞が贈呈されました。これも、井上ひさしが裏にいる現象です。

 角野栄子さんのこのニュースがなぜ、敵さんたちの勝利感を、呼び覚まし、私の敗北感を刺激するかというと、最近とみに角野栄子さんが、私のライバルとして設定をされてきたからです。

 それは、どういう事かというと、私は、最近(といっても、2012年以降の、どこかの、数年ほど前のことをだけれど)新橋駅で、角野栄子さんと出会っていて、それをブログ化している筈なのです。それは、大型の殺人事件とは関係がないので、私自身は、それを、再発見することができないのですが、たぶん何かを書いています。しかし、ですね。それを、非公開にしているかもしれない。よくわからないのですが、2010年以降、自分を死んだことにしてまで、私のブログを追いかけている井上ひさしは、これは、絶好の攻撃用・種・だと、考えた模様です。

 私は、検索機能のことを知らなかったので、新品のウィンドーズ10を、使っているうちに敵さんからそれを壊されてしまったのです。二代目とか三代目として、同じバージョンを買って、ああ、こういう便利な機能があるのだと、喜んだら、たちまちに壊されてしまいました。パソコンの検索機能は、グーグルの検索機能とは、違っていて、私が過去に書いたブログを、ワード化しておけば、そのワード文書を見つけてくれるのですね。総タイトルをseikakuniiれなくても見つけてくれるのです。角野栄子という語彙だけで、見つけてくれるのです。それが、今も正常なら、たちまちに見つかるはずですが、見つかりません。

 で、もう一度書き表しましょう。

 それからですね。もしかしたら、『この文章は、つまらない。話題が小さい頃から』と、自分自身で思って、下書き用ボックスに入れたまま、非公開にしているかもしれません。しかし、井上ひさしなら見つけるのです。彼は、私が起きていて、パソコンを開けている間中、自分がそれを追いかける役目をするので、社交的な生活が無理になり、自分を死んだことにしたという一面もあるからです。で、それを見つけたからこそ、それ以降、角野栄子さんは、以前よりさらに、高い褒章を受けることとなります。また、NHKに出演する機会が増えました。

 どういう文章かというと、横須賀線の、新橋駅は、地下五階か、六階に位置するほどに深い場所にあります。昔は、とukaidousenと同じ線路を使って居た模様ですが、横浜駅より北側を、旧貨物船用のレールを使用することとしたのと、其れと、同時に、横須賀線と、総武線を一本に、繋げたのです。90度、T字型に、接続をされている線路を、繋げるのですから、大工事です。そのために、品川以北、錦糸町までを、地下に潜行をさせたのです。

 しかし、そのあたりは、先行する地下鉄も通っているし、各種のケーブルなども通っているので、地下へもぐる、深さが深いのでした。ところで、私は足が悪いです。だから、エスカレーターを使いたいです。ところが、東京駅も、新橋駅でも、両方で、地下へ降りる方のエスカレーターは、途中でちょん切れていて、最後の階がないのでした。これは、私へのいじめです。被害妄想ではなくて、そうなのですよ。確定的にそうなのです。

 私がブログで、何か、新しい真実を書いた後では、エスカレーターが、各駅で、工事中になっていて使えません。それが、大きな、妨害策(=弾圧用、いじめ案)でもあるのです。tomokaku,sinbasiekideは、ほぼ永遠に、最後の階だけは、エスカレーター下りがないのです。登山の経験者は、ご理解いただけるでしょうが、足が、悪いと、下る方が負担が大きいのです。

 で、私は、34年間、横須賀線・新橋駅を使っていて、ずっと悩まされtekitanodesuが、ある時、偶然にも、一個だけエレベーターがあることに気が付きました。横須賀線は、15両もの長い列車です。だから、絶対にエレベーターが、二基はなくてはいけないのに、一基しか無くて、しかも、階段の陰の、わかりにくいところにあります。また、案内表示もなかったという体たらくです。これは、徹底的に私狙いのいじめです。でもね、気が付いてからは、エレベーターを多用することとなりました。しかし、一方で、プラスがあれば、一方で、マイナスがあります。エレベーターには、必ず監視カメラが付いています。で、私が何時に、新橋駅を、離れるかがtokuteisaretesimaiます。すると、それに対して、脅迫行為が、準備されます。ホーム,mataは、改札口近辺に、イッコーのガードマンが待っているのも、その一つですが、各種の工事が、私が通るはずの道に、準備されているのもその一つです。16日の夜に、鉄の井に用意されていたのもこういう工事を知らせる看板でした。扇ガ谷ご調整う目で、工事を行っていますという看板です。たぶん、本当の工事は、行われておらず、ただ、唯、私に対する脅かし用看板でしょう。扇方に五丁目というのは、まさしく、井上ひさし宅の東側の真下にあたるのです。だから、踏む、踏む、此処でも、井上ひさしが、自分の威勢を示していますねと、私は考えた次第ですが・・・・・

 ところがね。ここで、北鎌倉の住民というのが登場します。その駅を使ったことがある方はご存知だと、思うのですが、北鎌倉駅というのはとても小さくて、京急の新大津もそうですが、駅近辺に商業区域がない地帯です。そして、東京から帰ってくる際には、先頭方向にしか、出入り口がありません。したがって、この、私に使わせまいとして、秘匿をされているエレベーターも北鎌倉の住民は気が付くでしょう。北鎌倉って、乗降客は少ないのですが、文化人は多いです。そういう人が、【侘助】という居酒屋に集ったりして、情報交換をしています。したがって、北鎌倉と、鎌倉の住民の中で、tokuに、高齢者に、このエレベーターの利用者が多いと、私は、感じています。そのあたりは,hitokuwosレ江いるというほどに、階段とか、いろいろな建造物があって、ホームには見通しがききません。

 で、その見通しのきかないところに、ひっそりと隠れているみたいな、女性がいたのです。その人は、私より、10cmは、背が低いのでした。しかし、何よりも驚いたのは、彼女の着ているコートの色なのです。真っ赤なコートなのですが、素晴らしい赤なのです。私は色のセンスがとてもいいといわれています。その私が、「これは、シャッポを脱ぎますね」と、思うほどにいい色なのです。

 私は常日頃の行動として、おしゃれが、上等な女性には、話しかけることにしているのです。しかし、経験上、会話が弾まないケースもあるのです。それは、お金持ちの女性が相手の場合です。彼女たちはとても傲慢で、他人を見下すところがあります。でね、電車の中で、緒方貞子さんを、見かけたのですが、非常に高価だと、思われるウールのkuronoko-tos姿だったので、話しかけませんでした。

 そういう経験を持っている私が、その赤いコートの人を見つめると、非常にお金持ちだと、思えました。だって、材質がものすごくよくて仕立てもいいのですから。

 しかし、富裕層特有の特徴もないのです。たとえば、私のブログに頻繁に登場する栗田玲子さんです。彼女は、太っています。そして、私に対しては、超が、つくほどに、傲慢です。しかし、目の前にいる女性は、太っていません。そして、顔の表情にもふやけたところはみじんもないのです。

 で、私は失礼な対応を受けることを覚悟しながらも話しかけたのです。まず、コートをほめた後で、「なにか、しごとをしていらっしゃいますよね」と。あ、は、は。

 するとね、彼女は、うっすらと、軽蔑の表情を浮かべたままで、何も答えなかったのです。さて、それ以降なのですが、正確なところは覚えていないのです。だって、やまゆり園事件とか、山田浩二の殺人事件などに対応しないといけないのですよ。平和で、小さなエピソードなんて忘れてしまいます。

 ただね、私は、この人を、お金持ちだとは、正しく判断をしたのですが、年齢については、間違えました。彼女を、自分より八歳も年上だとは、全く考えず、自分と同年齢か、または、年下だと、考えたのです。それほどに、角野栄子さんって、若々しかったのですよ.akireるほどに、健康で、しゃんとした姿勢の人なのです。

 次の質問の内容を正確に覚えてはいないものの、年下だと、かんがえたからこそ、対等な口ぶりで、話しかけたという覚えはあるのです。「ものを書いていらっしゃるの?」と。

 どうして、そういう質問をしたかというと、湯川有紀子さんとのエピソードがあります。それは、リンク先を見つけている暇もないので、それが、裏にあったとだけ、書かせてくださいませ。その上に、私はbijyutukaiの人なら、その顔をほとんど知っています。でも、知らない世界としては、テレビの裏方の世界と、出版社の裏方の世界は、知りません。

 で、その方面の人だと、思って質問を繰り出したのですが、軽くあしらわれて、そのまま、捨てられて、しまったのです。これは、強烈な印象として残りました。私は、裏に鎌倉エージェントが控えていて、付き合うなとか、警戒しろと、言われている人以外から、失礼な仕打ちを受けたことがないのです。びっくりしました。

 それでね、その時に、「成功している勝ち組って、きつい顔をしているものだ」と、書きました。その後、その女性が角野栄子さんだと、気が付くのですが、それでも、その文章を変更しようとは思いませんでした。

 ところで、これは、鎌倉エージェントに、すれば、一種の喧嘩だと、みなされるのですね。そして、喧嘩をした相手を持ち上げると、私が悲しんで、うつ病になると、彼らは、考えるのです。で、それ以降角野栄子さんは、さらにさらに、ほめあげられて行って、アンデルセン賞受賞,sosite、【NHKあさいち】出演、そして、上の写真にある様に、鎌倉市市民栄誉賞受賞となって、それが、全国ニュースとしえt、放映をされるのです。タイミングは,masani、15日で、御園座に行くはずなので、角野さんの受賞については、何も書けないはずだと、狙われて、報道をされています。

 歌舞伎も、対、私いじめに使われていて、御園座まで、行かないといけないという事そのものが私に対するいじめなのですが、まあ、わかっていて、其れに乗っているわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『角野栄子さんの、市民栄誉賞受賞は、対、私いじめの模様だが、単に、ライバルとしての角野さんを持ち上げるというだけではなくて、左側にいる松尾崇市長を、洗浄化する役目を担って居る。松尾崇市長とは、鎌倉エージェント、特に伊藤玄二郎の言うなりであって、全額市民税で、まかなったであろう、富沢家の高枝切り事案を実行をしたし、

 その最初の日に、鎌倉市の吏員、阪中英夫を訪問して、uragawanosinsouwomiyabutta私を弾圧するために、市役所を深沢という田舎に移転をする案を、広報に載せた市長でもある。

 私は、市役所の移転は、実際には、実行をされないと見ているが、もし、そういう風に書くと、本当に実行をするかも知れないので、北朝鮮の拉致被害者の件と同じく、何とも、書きにくくて、仕方がない問題とかしている。しかし、雪ノ下二丁目の山の下の住民たちが、スーパー東急の前の、署名活動(市役所移転反対)に駆り出されているのを見ると、気の毒でならない。伊藤玄二郎達というのは、どれ程に、悪人であろうかと思う。

 それから、このNHKのニュース画像が、主に、松尾崇市長の、マネーロンダリングに利用をされている傾向を、発見したので、そうなると、ここでは、角野栄子さんは、伊藤玄二郎達のパペット(=道具)となる、そうなると、彼らが、自分をたすける為に、行ってきた山田浩二の殺人事件他、数々の無辜の人たちへの殺人事件を行って逃げてきた、連中の、陣営側に与することとなる。おや、おや、何という矛盾だろう。子供たちの心を明るくし、幸せにする文章を書いているそういう女性が、恐ろしい殺人集団の、陣営の人だとなるから。

 ただ、角野栄子さんは、私のブログを読んでいないだろうから、ご自分としては、この受賞をただ、唯まっすぐなものとして受け止めていると、私は考える。sosite,ここまでに、なると、角野さんが、新橋駅のホームで、私に対して、非常に傲慢だったのは、ひそかにそれを推察していたが、私の顔写真を知っていて、其れゆえに、何も答えないで、逃げていたのだと、確信する様になった。

 この部分だが、読者の皆様が、同調なさるとは、思わない。しかし、私から見れば、事実の連続なので、例のごとく神様への捧げものとして、これを書いておこう。なお、角野栄子さんの、後ろには、逗子のイトーピアに住んでいる時田史郎君などもあれこれ、関与しているだろうし、アンデルセン賞受賞には、石塚雅彦さんとか、元、デンマーク大使夫人である、マダムオー(旧姓・・・・・・そして、ICUで、私と同期だった)も関係しているかもしれないし、三輪喜久代さんやら、川名昭宣君も関係しているかもしれないと、思っている。マダムオーに関しては、個人的ないじめを受けたことがないので、此処では実名をさらさないが? 

 と、いったんは、こう書きました。しかし、よく考えてみるとマダムオーは、結婚後の姓も同じイニシャルオーだったのでした。で、実家の姓だろうが、婚家の姓だろうが、イニシャルとしては同じ、マダムオーでした。苦笑しますが、そうだったのです。しかし、自分の記憶が弱っているのも感じました。となると、こういう風に角野栄子さんが、彼ら悪人たちの・対、私弾圧用の・弾・として使われることが引き続くと、マダムオーの、実名もさらして、さらに、いろいろな真実を書くかもしれません。死ぬ前に本当のことを全部書くと、決意していますからね。しかし、体力の勘案と、このブログの長さの、勘案があって、一回で、すべてを書くこともできないのです。ともかく、悪人たちに、相当という以上に角野栄子さんは、利用をされています。ともかく、私はwatakusinarini,できることはやるつもりです。防衛上ですね。 

後注1

平和な日本と親切な日本人  VS  宮川泰介や、ラーメン【なご家】(裏でJR東海)が発揮した、異常さ   2018-10-16 19:29:06 | 政治

後注2 

山田浩二を説いて、犯人像を引き受けさせたのは、寄り添っていた女性(刑事)だろうが、それは、もしかしたら安藤てる子?    2018-10-13 22:01:20 | 政治

コメント

平和な日本と親切な日本人  VS  宮川泰介や、ラーメン【なご家】(裏でJR東海)が発揮した、異常さ

2018-10-16 19:29:06 | 政治

副題1、『最初から、####罫線のところまでは、新幹線の車中で、スマホで、書いた部分です』 

 今の私ですが、夜七時から新幹線の車中で駅弁を食べ始めました。千円以上の物を買った筈なのに、不味い。で、製造元をみると、会社名はJR東海何の何がしとあります。その会社は、本社は日本橋の三丁目にあります。

   私は考えます。ああそうか、大企業は、こういう点ではダメなんだ。と。【蛇足、私は、此処で、この会社をけなしていますが、副題7で、ほめることとなります。矛盾していますが、同社の、別のお弁当【品川】というのは、おいしかったのですよ】

 そして、今度からは、名古屋へ行く場合にも、おうふく、崎陽軒のお弁当を買って行かないとだめなんだわ。と。

  崎陽軒のシュウマイ弁当を食べた事のある方は、「えっ「、どうしてそんなことを言うのかしら。別に美味しいとは思いませんよ」とおっしゃるかしら。さあね。それですが、崎陽軒にも、各種のお弁当があって、おいしいものはおいしいのです。ただ、全般に、いいお米を使って居ると,omoimasuyo。それに、女性向けの小型のものもあって、季節毎に中身が変わります。

 この崎陽軒のお弁当を売っているブースと言うのは神奈川県内にどこにでもあるものなのですが、時間の制約はありますね。たいてい、午前10時以降に開く、形になるので、自分が鎌倉の自宅を出てから、買えるときと買えない時があす。

########と、ここまで、30分程度かかって、やっと書いたのでした。スマホで、文章を書くのは苦手です。今は、自宅なので、すいすいと、書けます。

~~~~~~~~~~~~~

副題2、『本日の私は午前零時から、午後の六時までは、とても平和でした。一般の日本人は、ほとんどが平和に暮らしていますよ。で、異様な事件が起きて、しかも、NHKが、二、三日にわたって、流すニュースはほとんどが、作り上げられた事実に基づいた、謀略の報道である。最近顕著なのは、日大アメフト問題であって、宮川泰介選手が、復帰するんですって。問題が起きて、日比谷の日本記者クラブで、大げさな記者会見を起こしてから、まだ、立った半年ですよ。ものすごくいやらしい男の子です。唯ね。彼が、一人で、行って居ることではありません。大きな政治的裏がありますね。ただし、リンク先等を見つけるのが大変なので、本日は、彼が大ウソをついている存在であるという事を、検証するのはやめにします。

 で、元に戻ります。私の本日は、ごく、一般的な日本人の一人として、平和でした。しかし、午前零時から、午後6時まで、18時間だけです。しかも、大きな防衛上の準備をして出かけたからでした。

 どういう準備かというと、ブログの下稿を、何本も作っておいて、どれかを、ワンクリックすれば、即座に、彼らが、今、やっていることが、あくどいのだと、読者の皆様に、わかる様に手配をして外出をしたのでした。

 鎌倉エージェントは、私が日常とちょっとでも違う事をして、しかも、その出来事が、時間が決まっていることだと、必ず、狙ってきて、大変ないじめをするのです。2018年10月16日は、ネットで、名古屋で行われている歌舞伎の切符を、買いました。それは、必ず、把握をされているので、後注2においてある様に、警察が総動員をしていじめてきて、せっかく、二万円を出して名古屋まで、行っても、見られない可能性があるのでした。今、リンク先を、後注1、と、後注2と、二本、置いているわけですが、べつに、それを、皆様に、お読みいただきたいとは、思っておりません。その二本は、敵の大いじめに対する、経済的な、損失を防ぐ、用心のために、準備稿としてもってだでただけなのです。後注2に描いたときは、、敵の攻撃のせいで、私は、切符代を、二回払い、江戸川文化センターと、横須賀芸術館の二つの会場で、同じ演目を見る羽目になったからです。時間とお金のすさまじい浪費です。今度は、名古屋ですから、もし、二回見ないといけないことになったら、合計6万円をむだに、しないと、いけません。いや、御園座って、すべてが高いのです。誰が経営しているのかは知りませんが、空席がいっぱいありました。

 近々、御園座は、衰えますよ。こんなことをしていたら。

 名古屋の人は、TOYOTAがあるので、お金持ちですね。それに、名古屋まで、歌舞伎を見に行く人は東京にも大阪にも京都にも博多にも見に行くらしいので、お金持ちのお客が多いはずです。が、「切符が高い」と、感想を言って居る人は、大勢いました。私も本当にそう思いました。鎌倉でも、一品につき、200円程度高いだけで、評判が落ちるお店をいっぱい見ていますし。銀座など、競争が激しいので、量か質のどちらかで、ものすごいサービスがありますからね。ランチについては、値段は、すえおいて、安いままで、量か質かで、サービスをしているのですよ。

 御園座の経営者は、どういう母体なのか、知りませんが、田舎者で、勉強不足です。こんな経営を続けていたら、だめになるでしょう。

 それから、安倍さんの消費税、増税10%もダメでしょう。日本がだめになりますよ、不況、不況で、暗い国になるでしょう。安倍さんは、隈研吾さんみたいな、特別な勝者とばかり付き合って居る、伊藤玄二郎達の言うなりなので、全く、わかっていないところがあります。まあ、私は、其れで、安倍さんの人気が衰えたら、別の首相になるだけだから、其れで、けっこうですが・・・・・だって、鎌倉エージェント達は、泥船(大衆的、人気を失った政治家)には乗りませんよ。さっさと、捨てていきますから。

 まあ、それは、本日の主たるテーマではなくて、あくまでも、夜の六時までは、平和だったと、いう事です。それが、本日のテーマです。御園座でのあれこれと、歌舞伎そのものについては、別章で、将来、かたります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『私は、御園座から、一時間をかけて名古屋駅まで歩いた。平和な気分をさらに、満喫するために』

 私は、名古屋には、今まで、二回しか行ったことがありません。30年ぐらい前に、徳川美術館に主人と一緒に行った事。と、五年ぐらい前に、京都や、倉敷へ一人で、行った帰りに、一泊して、ノリタケ博物館に行ったことぐらいしかないのです。二年前に主人が大病したので、猫がいるときに似て来ていて、ひとりだけで、宿泊するタイプの旅行はもう無理です。しかも、私は、76歳です。名古屋は、日帰りであるとしても、これが、最後の訪問だろうと、思いました。

 で、往路ですが、パソコンで調べて、日銀前まで、名古屋駅から、徒歩で、東に向かい、そこの交差点で、今度は、南に向かうと、御園座につくと調べておきました。

 ところが、実際に歩き始めると、地元の人が、「あら、御園座へ行くのなら、歩いたら駄目ですよ。地下鉄で行きなさい。伏見で降りるのです」というのです。で、『まあ、地元の人のいう事を聞くか。馬には乗って、みよ。人には添うてみよ、と言うし』と、いう形で伏見駅で降りたのですが、其れから、先が大往生をしました。東京の地下鉄だと、ホーム内に、こっちの出口だと、出た後に何があるかという案内が多くありますね。ひがし銀座だって、こっちは築地の本願寺とか、こっちは、三原橋交差点だとか。書いてあります。で、御園座ぐらいなら、ホームに当然案内があるだろうと、思ったのに、ないのです。それで、伏見駅構内だけで、500mぐらい無駄に歩いちゃいました。しかも、エスカレーターとか、エレべーターの表示もなくて、そういうものも利用できなかったのです。

 足が悪い私は、『うわ、まいっちゃったなあ。帰りは、絶対に徒歩で、名古屋駅まで出よう。平地を歩く方が絶対に楽なのだから』と、決意をしたのです。で、御園座を出たのが、五時です。既に、日が沈んでいて、高いビルがあるので、太陽の位置がわからず。

 幸い、とても親切な女の人に出会って、その人にいろいろ、教えてもらいました。

 繰り返します。普通の日本人は、親切です。そして、日本は、本来なら平和な国です。山田浩二が、中一2児童を殺したり、ナカダ・ルデナ・ジョナサン何とかが、熊谷市で、6人を殺したなどというのは、すべて、鎌倉エージェントが案出し、警察の殺人用別動隊が、実行をした事件なのです。ともかく、NHKが、朝昼晩と、6回以上報道する事案は、ほとんど、そういうものです。やまゆり園事件で、傷を負った尾野一矢さんの、父、尾野剛士さんなど、30回は、NHKテレビに出てきました。私が録画していないニュースも含めれば、50回は、出てきたでしょう。それは、あの事件に、どれ程の、嘘が含まれているかを示しているのです。同じく、黒岩知事も、やまゆり園事件に、関連して、30回は、NHKニュースに出てきました。それも、同じ流れで、そうなっています。そういうポイントからも、あの事件には、多大なウソが含まれており、19人もの死者は、いないのだと、立証ができるのですよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『平和な日本の、普通の日の名古屋で、私は普通の日本人女性と、以下の様な会話を交わしたのだった。それも、何と平和な時間だっただろう。相手を思いやる精神に満ちていたのだから

 私は、往路で、へまをしたのだから、帰路では、絶対にパソコンで調べた道順で帰ろうと、決意をしているわけです。で、名古屋の地元の人と思しき人に、話しかけたのですね。

 ところが、その人は、名古屋にも詳しいのですが、実際には、今は、東京に住んでいる人だったのです。しかも、昨日は、大阪の松竹座に歌舞伎を見に行って居るそうです。とまりがけででです。私は、この人とは、道順を聞いただけで、御園座の入場券が、高いとか、安いとかとは、話し合っていないのですが、先程来、言っている、・・・・・御園座に行くほどのひとは、全国をまたにかけて、歌舞伎を見歩いている・つ・う・が多い・・・・・と、言う、そういう実例の人でもありました。

 まず、最初に、私は『私はね。名古屋には全く不慣れなのです。だから、日銀のある交差点もわからないので、教えてください」と、言いました。すると、相手は、ひどく怪訝な顔で、「めいえきに行くんですよね」といったのです。で、私は、『ああ、名古屋の人って、名古屋駅を、めいえきと、呼ぶのだわ。それって、新聞にも書物にも書いていない知識だ。ありがたい。そんなことがわかって。そして、この人は、・・・・・直角三角形の、斜辺を歩きなさい・・・・・と、思っているのだ。親切な人なんだわ」と、思いました。こういうのは、事前にグーグル地図を検索しているので、わかったことです。御園座に行くのに、日銀前交差点を経由するのは、名古屋に住んでいる人だったら、絶対にやらないことなのでしょう。

 でも、私は、どうしても日銀を調べたいのでした。日銀って、日本橋にもあるけれど、横浜にもあります。名古屋の日銀の規模などを知りたいのでした。でもね、短い邂逅の相手に、「自分はブロガーで、政治や経済に興味を持っているので、日銀を見たいのですよ」と、いうわけにもいかないではないですか? でね、何となくですが、「ショッピングタウンが、途中に、ありますか?」と質問をすると、彼女はますます、けげんな顔をしながら、「うーん。ないと思いますけれど。ショッピングタウンは、栄といって、この御園座を挟んで、反対側にあるのですよ」と、答えます。

 この一時間後で、私は名古屋駅につきます。そして、彼女がなぜ、あれほど、けげんな様子だったのかを理解しました。今までは、名古屋駅を昼間、新幹線口(南側)から見たことがあります。しかし、本日(=10月16日)初めて、北側から、しかも、夜入りました。『なんと、分かり易くて、しかも大きくて、しかも明るい駅なのだろう。こんな駅は、東京圏では見たことがない』と、思いました。しいて言えば、川崎駅が似ています。だけど、名古屋駅って、その10倍ぐらいのひろさがあります。ただただ、驚きました。『え、JR、東海って、それほど、もうかっているの? 気の毒な北海道を切り離したのは、国鉄の罪の一つですね』とも、思いました。

 昔、尾張名古屋は、城でもつと、言いました。今は「尾張名古屋は、駅でもつ」といっても、いいと、思います。私、横浜駅が大好きなのです。昔からの地元愛と言うやつです。しかし、名古屋駅に比べると、横浜駅の方は、なんと、暗くて、わかりにくい事でしょうか? なれない人だと、迷うと、思います。 横浜駅には、人出はおおいです。しかし、天井は低いし、・・・・・ウームと、唸るのみです。

 ですから、夜の六時には、あの親切な女性が、「なんで早く名古屋駅に行かないのかしら。そこだったら、何でも買えるのに。どうして、こんなに、くらくて、人がいない道を歩きたがるのかしら』と、思ったのが、手に取る様にわかるのでした。しかし、その一時間前に私が考えたことはシャルリーエブド事件の事なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『私はニューヨークでは韓国人街を見つけてある。また、パリで、事件が起きたシャルリーエブド新聞社は、私が通っていた版画工房の真北、50メートル以内、一本通りが違う場所にあった』

 私はニューヨークでは、中央郵便局を多用しました。1999年から、2002年にかけて、三回訪問をしていて、191日間滞在をしていますが、そのころの私にとっては、郵便はまだ、大切な手段だったのです。そこへ向かう細い道、31st。か、34stか? を歩いていると、とてもきれいなアジア系の、しかも、細身の女性がたくさん?出てきたので、「あなた方は、どこのエアラインの方?」と聞くと、「アシアナ航空よ」と、答えてくれました。彼女たちが泊っている、ホテルの、すぐそばに、コリアン系食品を売っている乾物屋さんがあったので、『あ、そうか、此処って、コリアンタウンなのだわ』と、思い立った次第です。そういえば、ピンクのネオンを掲げたバーみたいなお店が、10軒以上ありました。sikasi,hirumaは、しーんと指定ルトワック思います。それは、テレビで見る大久保なんかとは、全く違うのです。しかし、ニューヨークにおける韓国人の存在感たるや、日本人を上回っています。日本人は目立ちません。たぶん、オフィスの中で、働いているので、目立たないのだと思いますが、韓国人はお店を経営しているので、大変目立ちます。食料品店が多いです。素材も売っているが、お惣菜も売っています。そして、それを調理するのはメキシコ系です。メキシコ人って、まじめですよ。トランプ大統領が嫌っているみたいだけど、こと、ニューヨークにいる限り、メキシコ人がいなかったら、胃袋を満たせないのではないかなあ? 毎食、5000円以上を支出できる人は、メキシコ以外の国から来た人に作ってもらったものを、食べることができるけれど、・・・・・

 というわけで、威勢を誇る韓国人ですが、集団性を、誇示することはないのです。チャイナタウンは、観光地化しています。だけど、コリアンタウンは、観光地化していません。ipppouで、日本の、大久保なんか、頻度高く、テレビに出るでしょう。私は、そこにも、日本が、被・植民地国家なのだと、思い至るわけですが、sono三段論法を、ときあかすのは、此処では、やめておいて、ただ、ただ、観光地ではない処に、意味を見出すのが、私なんだと、言わせてくださいませ。

 それは、シャルリーエブド事件が起きた時に、本当に感じ入ったことでした。あそこは、私が毎日通っていた版画工房の、すぐ近所です。大きな郵便局が、近所にありますが、そこの、荷物の多さを見るとあたり一帯に、製造業が多いということがわかります。そこで扱って居るのは、お手紙ではなくて、主に荷物なのでした。ただし、日本の町工場とは違って、大きなビルの中で、行って居るのですね。平屋ではない。特に外壁にとたんを使って居る様な建築物の中で、行っているわけではない。

 というわけで、エッフェル塔に上ってもいないし、エンパイアステートビルに上っているわけでもないのですが、しかし、用事を兼ねて、普段の街を、普段の通りの姿で、覚えている私は、それを糧に、思考を重ねているのです。で、名古屋についても、日銀というキーワードで、探索をしたいのでした。普段の姿の名古屋をです。

 私があまりに頑固に、日銀前交差点にこだわるので、その女性は、「ここが、伏見通りです。ここから先、錦通り、伝馬町通り、桜通りと、何本も平行に通っているのですが、全部、ひだりに曲がると名古屋駅につきます。あと、15分ぐらい歩くと日銀です」と教えてくれて、去っていきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『私はその散策で、名古屋にはセブンイレブンが多いなあとか、名古屋商科大学という学校の校舎が、美しいとか、桜橋が美しいとか発見をしていく。しかし、平和だったのは、名古屋駅で、あるレストランに入るまでだった。

 それが、ちょうど、六時ごろで、それ以降、四つの大きないじめ案に出会ってしまう。新幹線内で、二つ、新横浜駅で、二つ、鎌倉雪ノ下、我が家のすぐ近所、鉄の井(くろがねのいど・・・・と、読む)で、ひとつと。

 御園座に、もう一度、行くことになるのを恐れて、ブログで、準備をしておいた。それが、後注1と、2であって、スマホ内で、ワンクリックしたうえで、短い文章を添えれば、6万円を無駄遣いしないで、済むという形にして、スマホを持って出た。したがって、敵さんたちは、スマホの、GPS機能を、駆使して、攻撃をして来たのだった。

 名古屋駅のロータリーの前に住友銀行があった。そこのエスカレーターを、利用して、まず、地下街へ入った。これは、地上を歩くよりも確実に、かつ早く、新幹線乗車口に到着するコツの一つなのだ。その地下街に、マーメイドというパン屋さんがあった。これは、鎌倉にもあるブランドなので、入ろうかなあと、一瞬立ち止まった。

それで、敵さんたちは、あらかじめ準備をしておいた、名古屋駅構内のレストランに、適合する、いじめ策のゴー発信をしたのだった。しかも、私は、地元の人にお土産を売っているところを聞いた。教えてくれたのは、JRの経営する売店だった。私は、そこはあまりにもつまらないと考えたので、高島屋にも入ってみた。それで、彼らとしては、さらに、準備時間に余裕が生まれたのだった。実は、御園座の夜の部の、一幕見を買ったのさえ敵さんたちは把握をしていたと推定するので、午前11時から、午後六時までの、7時間も準備期間があったのだ。それなら、何だってできる。あ、は、は。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 副題7、『私は、実は、レストランで、食べる必要がなかった。これが、笑い話の一つとなるのだけれど、朝、新横浜駅で、崎陽軒が制作したと思って買ったお弁当は、それこそJR東海なにがしが、作った、貝尽し【品川】というのだった。それを間違えて買っていたのだった。それが、貝だったために消化が悪くて、まだ、六時でもおなかがすいていなかったほどなのだ。それを説明するために、少し、わき道にそれるが、お弁当談議に戻らせていただきたい。冒頭の副題1に続くことになるが』

 新横浜から、新幹線に乗るのだったら、時間を問わず、買うべきなのは、崎陽軒の、幕の内弁当です。(三種類ある)。しかし、2003年ごろから、2013年ごろまで、私がよく買っていたのは、東京駅の、KINOKUNIYAのお弁当だった。そのころは、いつもいつも疲れていた。で、新橋から画廊巡りを始めて、例の東京、ユマニテで、終わり、八重洲口に入る。すると、新幹線乗り場の前に、KINOKUNIYAのショップがある。そこに仕切りが、9つに分かれた、パック入りのお弁当がある。これが、ほかのどの駅弁よりもおいしいと、私は感じて、缶ビール一本とグリーン券を買って、横須賀線に乗り込み、戸塚駅までで、食べ終える。それで、やっと、自宅の居間まで帰り着く、その程度の、体力と気力が、わくのだった。

 おせっかいながら、東京駅発の新幹線に乗る人、特に午前10時以降、19時までに、乗る人には、これは、おすすめだ。ただし、駅弁用の包装は、していないので、丁寧に持ち運ばないと、分割して、ボロボロになってしまって食べられないこととなる。同じように、すべての人へは、おすすめできないが、お土産として、とてもおいしいのは、鎌倉駅ホームと、大船駅構内で、買える大船軒の、幕の内弁当だ。ただし、名前が幕の内ではない。【たべてよし飲んでよし】だったろうか。これも、とてもおいしい。ところで、大船軒というのはあじの押しずしで有名だ。これは、とてもおいしいあ駅弁には向かない、量が少なくなったのだ。高くなったという事と、野菜が入っていないので、胃腸に、ガスが、充満したりする。しかし、旅行ではない、お宅訪問のお土産としては最高だ。マスの押しずしとか、サバの棒ずしとかいろいろがあるが、この、大船軒の味の押しずしを、三個以上持っていくと、大変、おいしいと、言ってもらえるだろう。五個、4500円も、もっていけば、相手も、自分も、よる、お酒も飲めるし、お昼の代わりにもなる。量に比して高いけれど、おいしい。

 ところで、時間を問わず、買えるはずだった、崎陽軒の、幕の内弁当だが、新横浜の売店には、置いて、いなかった。シュウマイ弁当しか置いていなかった。シュウマイ弁当は、私には余りにも食べ飽きた味で、あり、買いたくない。で、売店の人に、「どうして、これ一種類しかないのですか?」と、聞くと、「ホームに崎陽軒専売のショップがあります」とのこと。で、そちらに移動をして、冷蔵スペースを見ると、いつもよく見るのと、一緒に、一戸だけ、見慣れないお弁当がおいしいte,nanika,jiあったそれが、貝尽くしで、どうも、名古屋で、買った、お弁当と、同じ会社の製品だったのだ。包装のやり方とか、タイトルの付け方とか、ふたを覆う紙のデザインの、コンセプトとかが、そっくりだった。ho-munoshoppunohitoに、「これ、新商品ですか?」と、聞けばよかったのだけれど、八時台の、新横浜って、【のぞみ】が次から、次へと、くるので、質問をしないで、買ったのだった。

 それを、御園座で、食べたのだけれど、小柱の煮たのが珍しくて、おいしいと感じた。小柱は、回転ずしでも出てくる物品だから、本来なら、珍しくないのだけれど、生ではなくて、薄味で、煮てあるというのが珍しくて。しかし、名古屋何とか、満載というのはいただけない。お米さえ悪いものを使っているので、おいしくない。

 でも、その、崎陽軒せいだと、間違えていた【貝尽くし】を御園座で、午後、一時頃食べて、貝類が、消化が悪いものだから名古屋駅に、六時についても、本当は、おなかがすいていなかった。それでも、私は大変体力がない人間なので、一時間も歩いたのだし、此処で、温かいものでも食べて、そして、15分程度座るのが適切でしょうと判断をしたのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題8、『【名古屋ラーメン、なご家】というお店内で、若い女性店員が荷物の置き方について、しつこく注意をしてくることと、急速冷凍と、いうほどに部屋が冷やされたので、私は即座に異常を感じて、二人の女性店員に、「室温が、低すぎるので、出ますね。まだ、注文を出していないし、お冷も飲んでいないので、いいでしょう?」といった。これは、ノマド生活時代、関東圏で、何度も経験しているいじめなのだ。名古屋まで、飛び火しているのは、JR東海が、支配をされたことを示し、したがって、成岡康司君が、例の、鎌倉エージェントの中の、重要なる、一人となっていることを推察させた』

  私は、その立派な駅の太くて、ひろい高架橋の東京よりに、いちしているラーメン屋、白いスープを売りにしている、【なご家】に入りました。すると、女子店員が荷物の置き方について、しつこく、注意をしてくるのです。顔を見ると、きつい。瞬時に警察関係者かなと、思いました。

 というのも自宅で、パソコンの異常が激しすぎるので、ノマド生活を続けたことがありました。そのころ、同じ様ないじめを頻繁に受けたのです。横浜のロイヤルパークホテル、のロビーでも、うけたし、ルノアールでも、ともかく、どういうお店でも、追い出そうとされました。どういいうほうほ不可というと、お掃除をし始めるのです。何度も何度も、隣のテーブルに付近をかけられると、やがて、おかしいと思い始めます。で、非常に、すれすれの、やり方です。無視してもいいのだが、無視できないという形です。ロイヤルパークホテルのロビーは、そこで、お茶等を注文することができない場所だったので、おいだされても、しかたがないのですが、ルノワールなどは、ちゃんと、コーフィーを注文しているわけですね。それなのに、過剰な礼儀正しさを、すぐそばで示されて、結局は居辛くなるのです。

 自宅でパソコンが使えないので、外でやっているわけです。みなとみらいの、ロイヤルパークホテルって、内部がとても複雑で、お茶などを注文できない場所は、本当にあるのです。そして、いとこが、財務部長として、作ったホテルですよね…従兄弟の名前を、出しませんよ。その付近を何度も使う女性スタッフに対して。でも、自分の内部に、エリートとしての自負は、あるわけです。

  しかし、私が本づくりをやめたので、そういういじめ策は消えていました。ほぼ、10年ぶりに復活をしたのでした。しかも、東京圏ではなくて名古屋でね。ところで、このお店は人気がないらしくて、私の目に見える範囲では、誰も、ほかのお客がいないのです。で、私がどこに荷物を置こうが誰の迷惑にもならないのでした。私は別にたじろぎもせず、動揺もせず、彼女を無視して、というか、彼女が勝手に私の荷物を移動させるのに任せて、メニューを眺め続けていると、突然に部屋が、急速に、冷房をされて、私は、大きな音のくしゃみを五回以上連発して、鼻水がドドドっと出てきました。ここに至って、今、自分が陥っている罠に気がつきます。

 何度も言って居ますが、トイレに鍵をかけるという拷問の話。それが、あるうえで、トイレに行きたくなる時間が短くして、恥を書かせようという策略です。寒いと誰だって、おしっこに行く回数が増えるのです。しかも、その時の休息冷房化ってものすごく激しくて、もし、注文をしたら、食べている最中に、おもらしでもしかねないほどの、寒さでした。

 で、私は彼女たちに、急に寒くなったので、出ますね。お冷にも手を付けていないし、注文も、出していないのだからいいでしょうと、言いました。これは、名古屋駅の、普通の人が入れない場所に、電源を操作するパネルがあるのだと、思います。冷房、暖房は、場所によって、スイッチが異なっていて、お土産ショップなどには、この冷風は届かないが、ラーメンショップ【なご家】には、届く様な、すぃっち操作が行われたと、思っています。

 あと、10時まで、四つあるのです。しかし、午前五時を過ぎたし、火事もたまっていて、やらないといけないので、さらに面白い話があるのですが、それは、また別の機会に書くとして、本省ha,kokode,owariとさせていただきます。

後注1

山田浩二を説いて、犯人像を引き受けさせたのは、寄り添っていた女性(刑事)だろうが、それは、もしかしたら安藤てる子?

2018-10-13 22:01:20 | 政治

後注2 

サントリー、ベネッセ、公文・・・・・茂木七左衛門・・・・・・大来佐武郎、寿子、洋一 

コメント

杉本俊一・正子夫妻は、横須賀市の水道山をタダで、私人に渡し、そこに建設させたルネ北久里浜で、儲けさせた返礼として、実質二千坪をもらっていますね?

2018-10-14 20:55:05 | 政治

  この章の総タイトルは、三度目のものへと変更しています。二度目のものが、『第一次内閣時代の、安倍総理の下痢は、普通の病気?それとも、CIAからの外部攻撃? ブラタモリ・・・加藤優子』

 副題1、『今、安倍晋三、というwikipedia を開いた。それを読むと、なんとはない形で、安倍晋三氏が、第一次内閣を放り出したのは、ストレスのあまり、胃腸を壊したからだと、いう風に感じ取られる。そして、世間一般の、風評も、2008年夏、当時は、そうであったと、考える。しかし、私は違うと考えている。安倍総理大臣は、外部からの、操作で下痢を頻発する状態に陥っていたと、考えている』               人間の体とは、非常に高度なパソコンであるともいえるのだ。中で、マイナスイオンが、伝達をしていくという形で、人間のすべての行動は、可能になるので、今、私の使っているパソコンが、毎晩、(特に、この12年間)、システム異常を起こし続けてきた様に、人間の体に、何らかの障害を起こすことが、すでに、技術的には、可能なのではないかと、私は、ひそかに考えて、いるのだった。           数億、数十億人という大衆を、支配、操作して、彼、彼女らの労働の結果の、集積された富の上前をはねる連中は、しもじものものが、反乱をすることを非常に恐れている。で、しもじもの人間が反乱をしない様にする道具、または、技術を、すでに開発をしているはずだが、それは、大衆に向けては、非公開である・・・・・と、私は考えている。それらの一つが、狙った人間の、胃腸を壊していくことなのではないかと、考えている。                  で、安倍晋三現総理大臣が、10年前の、2008年ごろ、真夜中にベッドで寝ているときに、いまだ、庶民には、公開をされていないが、既に、確実に確立をされている技術をもって、胃腸に対して、下痢をする様に、攻撃を、されたのではないかと、考えている。今、アルファベットni,henkannsareteしまうのは、私が正しいことを言って居るからだと、私は考えている。                              ここで、前報の最後の方で、「入眠、しないといけないので、これから先は、メモだけを置いておきます」と、書いているところへ戻ろう。特に、*2と*3のところへ戻ろう。それを青の太字で、表現をする。

*2、安藤てる子さんは、大便、及び小便も、CIAは、管理できるという。リュウマチを起こすことができるともいう。また、皮膚病を起こすこともできるという。そういえば、安藤さんと付き合っているころ、度々、足指に、リュウマチ状の痛みを感じた。しかし、彼女のいう様に、これが、外部からの攻撃で、行うことができるのだったら、騒がない方がいいと、思い、痛いのをただひたすら忍耐して耐え忍んだ。                                      ところが、息子がリュウマチにかかったという。お医者さんにもかかっているという。驚いた。この件は、後日、下痢の問題で、同時期に私と弟がげり気味であるというケースで、疑問が、繰り返されることとなる。                      ここですが、弟と一緒に旅行をする件で、何度も電話で話し合いました。この件で、ブラタモリが、急に大谷に行くことになったとは、すでに書いています。(あと注2)                    また、さらに、続けて、ブラタモリが、最近、盛大に、鎌倉エージェントに、利用されていることを、次の節(=副題α)で、語ります。しかし、ブラタモリは、そこで、語るとして、元へ戻りましょう。              その電話の中で、「大谷に行く前にカンブリア宮殿で取り上げられた、豚の王国、ハムを、売っている処に行ってみたい」と、私が言うと、弟が、「最近、僕は、下痢気味だから、それは、やめましょう」といったので、ひどく驚き、例の安倍総理大臣の、下痢も、外部から、の、攻撃で起きたのではないかと、さらに、信じる方向へむかった。 

 どうしてかというと、同時期に、私も、「下痢気味だったからだ。私が連日下痢気味だという事は、それだけで、不思議な事なのに、さらに、不思議極まりない事には、弟も下痢着気味だと、いう。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『ここで、銀座や、京橋、そして、鎌倉雪ノ下に、引き続いて、私への重要な攻撃拠点となっている、京急・北久里浜駅周辺に住んでいる女性たちを取り上げないといけない。それぞれが、ほかの地域での、攻撃役、また、被害者役に相当する人たちである、杉本正子夫人、北村充子夫人、稲田恭子夫人らは、ほかの地域では、前田夫人、安野夫人、小野寺夫人に匹敵する役目の人たちであり、そして被害者役の、佐久間操夫人は、京橋での、山口みつ子さんと、相応していて・・・・・中間に位置する、大沼嘉津江夫人(国画会での御大・嶋田章三氏の。実妹)らがいる』

 私は胃腸だけは、丈夫な方だと、思っている。北久里浜時代の、友人で、英語塾が成功し、お茶も習っていて、しかも連れ合いが、会社社長になっていて、あたりから突出したエリート女性となっていた佐久間操夫人は、私が、急にアポなしで、よるに、訪問をしても、即座に上等な、懐石料理を、上等な、器で出してくれる、マダムだったが、私が小鉢に入った、上等な質の(横浜高島屋で、買うお米だそうだし、同じく、高島屋からの、配送品としての、ホウレンソウを使ったらしい、ゴマ和えだそうだが、)お料理を、パクパク平らげるので、「あなたって、やせているのに、盛大に食べるのねえ。だから、特別元気なのでしょうね」と、言ってくれた。私は体は、弱い。しかし、これをやると、決めたら、実行をする。その時は、不動産を一つ買いたいと、思っていて、佐久間家の、すぐ、近所の空き家を見に行った帰りだった。確かに、私は、体の基本は弱いのだが、気力だけは猛烈に充実していて、これと、決めたことは、実行をする。その原点は、食べることにあると、思っていて、それは、一緒に食事をしたことのある人は、みんな知っているだろう。

 ところで、この佐久間操夫人がいつの間にか、亡くなっていた。それを私は稲田恭子さんから、不思議な形で、教えられた。この伝え方もまた大問題であって、私は、佐久間操夫人は、山口みつ子さんや、妹と同じく、親しい人の一人だから、味方になると、困ると、みなされて、殺されたのではないかと、ひそかに心配をしている。もちろん佐久間操さんは、名士夫人だし、あそこの地域(=京急、新大津駅近辺)は、車が、頻繁に往来する場所でもないので、交通事故を装ったり、強盗が侵入して殺されたという様な形ではないだろうが、がん検診で、ガンが発見されましたと、いう事にして、その次に無理な手術をするなどという形で、殺されてしまったのではないだろうか?と、ひどく心配をしている。しかし、それは、将来、再び、北久里浜へテーマが、移動したときに、丁寧に語りたい。

 ともかく、此処では、佐久間操夫人と、稲田恭子夫人と、杉本正子夫人からは、ここで、離れる。しかし、こういう現象をすべて、腹に収めて、私は、大沼嘉津江さんについて、書いているのだ。大沼嘉津江さんとは、国画会の、御大、嶋田章三氏の実妹である。で、彼女を説明することによって、鎌倉、銀座、横須賀の、三地域に連関があることが、すかされて見えてくるからだ。

 鎌倉では、伊藤玄二郎という人物周辺が、悪の、一つの、センターなのだけれど、横須賀では、杉本正子夫人というのが悪の一つのセンターなのである。

 :::::::ここで挿入として、一般の読者様に向けては、お断りを入れないといけない。皆様にとっては佐久間操夫人、とか、稲田恭子夫人、という実名が出てきても、「其れって誰よ、うっとおしいなあ。読みにくくて、なんねーぞ」と、お思いになるだろう。だけど、ほぼ、初登場に等しい、これらの名前こそ、政治を分析するにあたっては、莫大な、価値を、持ち、正しい、効果が上がるお名前なのだ。彼ら、悪人、たち(=CIAエージェント達)は、銀座や京橋で、行って居ることと、全く同じパターンを、鎌倉でも、横須賀でも応用をするのである。                         で、京橋で、私に対して親切であり、かつ、私を高く評価してくれていた、山口みつ子さんが、殺されてしまった様に、佐久間操夫人も、私に対して、親切であったがゆえに、癌などを口実にして、殺されたのではないかと、心配をしているのだ。一方、稲田恭子夫人とは、物事の裏側を何も知らないくせに、杉本正子夫人の依頼に、応じて、スパイ役を果たしたり、一種の、持って回った攻撃で、しかも、気分が悪くなる様なことをやる、そういう人間である。最近、ギャルリーユマニテの、金成悠子さんのことをあれこれ、私が書いているが、その上司である、オーナー十束(とつかとよむ)さんの立ち位置と、稲田恭子さんの立ち位置は、似ている。 

 なぜ、ギャルリーユマニテが、攻撃用に、利用されるかというと、私がその画廊を高く評価をしていて好きだったからである。稲田恭子さんの方は、美的センスが高い主婦として、地域では、一番高く、その民度としての、レベルを、評価をしていた。だから、彼女も敵方がリクルートをした。私は彼女が、敵方の一員として動いていることは、33年前から知ってはいたが、その実名をこのブログの世界で、さらすことは、ごく最近まで抑えていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここから先は、15日の昼に加筆をする部分です。こういう事を、私は書き表すのを手控えているので、このブログを読む方にとって、『よくは、わからないなあ』と、思うところが出てくる原因となっているでしょう。しかし、本日は、この本質に触れることといたしました。

副題3『私は、1978年当時は、横須賀市の土木課長に、その妻正子夫人を通じて、電話で、・・・・・・・横須賀市の水道山という、公有地をタダで、取得しようとしている人間たちがいますよ」と、注意をしている。しかし、看過して地籍変更届の仕組みを利用して、ただで、与えていた。

 その代わり、杉本俊一・正子夫妻は、莫大な富と名誉を得た。彼らは、59年前に、京急池田分譲地内に、60坪程度の土地を買って移り住む、夫側の両親と一緒に、27坪ぐらいの家で、二世代で、住んでいた。それほど、お金持ちでもない。しかし、この地籍変更届の、前後に、元の家から、150mぐらいの、新規開発地域に引っ越したのだけれど、土地が毎年値上がりをする時期に、以前の、倍程度の敷地(150)坪を手に入れて、そこに:建坪40坪以上、宮大工が、建てたごとき、豪邸を建てた。古いデザインの、木造住宅だが、玄関が六畳程度。・・・・・・しかし、驚くべきは、その周辺の土地なのだ。北側に、鉄条網で、過去ってあり、誰も入れない、さらちが、一千坪以上、南側に、100坪程度、西側に、山林が、せんつぼぐらいを、あり、それをほぼ、自分nominatorして、支配をしているのだった。その土地の、所有者が本当は、誰か、?は、わからない。しかし、その、特に北川の土地には、家が、40年間は、建設されなかったのである。

 反対に私の方は、雪ノ下で、盗まれていて、実際には、使えない土地がある。これが、CIA連中の摺ることなのだ。あくどい、あくどい、心理的、いじめを伴って、それによって、自分達が、不当ni,henkannsarete提出にいれた、土地の裏側の真実が表に出ることを防いでいる。稲田恭子夫人とは、普通の人だけれど、そういう悪人に協力している。それで、藤本夫人があたかも悪人には、見えないはずだと、言う脚本が裏にある.ippannjindearu、稲田恭子夫人が、川崎智子を裏切って、自分の味方なのだから、自分は、正当なことをやっている普通の人間であると、主張できると思っている。

 という挿入的説明を、二日目に入れて、元の初稿へ戻ります。 

副題3、『今、というのは、14日の、夜11時半の事だけれど、上の節を、書いている最中に、激烈な睡魔に見舞われた。睡眠時間が、ずれて来ていて、本日は、朝の五時半に寝入って、午前11時半に、6時間の睡眠で、起きている。で、夜の11時半に激烈な睡魔に襲われるという事は、たった、12時間で、眠くなったという事であり、私としては、普通ならありえない形である。もし、それが、敵の攻撃だったら、脳への侵入となる。

 CIAの日本人エージェントたちが、自分に不都合な人間を、アリと、あらゆる手段を講じて、つぶしていこうとしている際に、脳へ侵入することが可能だったら、殺人も、意のままに行える。       一時間かけて、睡魔と戦い切り、お茶碗を洗うという事と歯磨きがやっとできました。その過程で、目が覚めたので、続きを書きます。前報(あと注1)の後半に、メモとして置いた、*3にもどります。 

*3、私は、2012年の年末に、総選挙があったが、安倍総理大臣は駄目だと、言明をしている。それは、この下痢の問題で、安倍総理大臣が、既に、CIAの暴力的、支配を受けていると感じているからだ。第一次安倍内閣時代に、すでに、安倍さんは、この攻撃の洗礼を受けていて、下痢が治らないので、総理大臣を辞任をしている。彼らの技術力を、安倍さんが、個人的に抵抗したり、撃退することは無理なので、結局、この大小便管理の件で、安倍さんは、これから先も、彼らに屈すだろうと、見ていた。それで、安倍さん以外の、人間がいいと、主張をしたのだった。

 でね、忙しい安倍さんは、小泉内閣の時代には、官邸メルマガに時々送っていた私のエッセイを読んでいたと、思いますが、今は読んでいません。で、悪意を持って、上の様な部分を、くりぬいて、お知らせすれば、私を悪人とみなし、私への大攻撃者安野夫人への支援に動く可能性は、強いです。それが、安倍総理大臣が舞鶴の海上保安学校を訪ねるという形で、現れます。

 2018年10月14日には、その安倍総理大臣はは、朝霞の自衛隊駐屯地に向かい、自衛隊を激励しました。お元気です。その元気さは、CIAが、自らのパペットとして、安倍総理大臣を自由自在に支配できると考えており、したがって、既に、肉体への攻撃をやめたので、しかも、それを、知らされているので、安心しておられるのです。

 ここですが、wikipediaから、コピペした、慶応病院の先生の所見を置きます。

広島平和記念式典に行く前日の8月5日から、胃と腸に痛みを感じ、食欲の衰えを感じるようになる[25]。そして、8月19日から8月25日のインドネシアインドマレーシア3ヶ国訪問後は下痢が止まらなくなり、症状は次第に悪化し始めた[22]。しかし、慶應義塾大学病院の主治医によると、(17歳のときに発症したという)潰瘍性大腸炎の血液反応はなく、機能性胃腸障害という検査結果であったという[26]

 koreha,hijyoun重要です。胃や大腸に、出血などは、見られないという事でしょう。しかし、私が言いたいのは、安倍総理大臣が仮病を使ったとか詐病を使ったという事ではないのです。

 CIAの、特殊な方法だと、一般的な病気の様な、症状は出ないのだろう・・・・・ということです。これは、自分の膝の事で次の節で、丁寧に語ります。しかし、2018年10月14日のwikipediaには、こう、記載をされていても、一時期nettonose会では、安倍総理大臣の当時の、病気は、難病の一種で、治癒は、不可能であったなどという記載が、出てきたのでした。私は慶応病院の先生の所見の方が正しく、数年前にネットで、広まった不治の病であるという方が、間違って居ると、思っています。そして、この二つの相反する、情報が出てきたことから考えてもあの下痢症状が、外部からの攻撃によるものだと、考えるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『ここで、フェイスブック紙上、発な投稿を続けていて、四千人以上の友達がいる、加藤優子さんに、ご登場を、いだこう。この方は、私に、自分は、難病を抱えている。それは、大腸炎ですと、言った・・・・つまり、安倍さんと同じ症状が、時々襲うという事だろうと、推察した』

 今、このグーブログのボックスが上書き保存になっています.sosite、其れを私は直せません。それで、自分の背後に、古村浩三君または、CIAのエージェントとしての誰かが、引っ付いていて,korekara,kakowtoしている文書

予想して、妨害をしていると、感じています。

 私は、赤い版画を使った、プロフィール写真で、投稿をしていた、第一次フェイスブック時代に、いよいよ、自分の実力を発揮する時代が来たと、感じました。福島第一の大災害が、起きたからです。私は、核分裂とか、原発の、仕組みとかを、解説することが上手にできるのです。しかも、其れと政治を絡めて語りますので、非常に分かり易い文章を書くことができます。しかし、私の人気が上昇する事は、例の鎌倉エージェント連中にとっては、大変困ることなので、大きな、弾圧行為を受けました。毎日いじめられていたという体たらくです。

  しかも、2011年2月11日の夜に、訪問をしてきた安藤てる子さんに、盗聴を恐れて、日本の置かれている政治的現状をA4の紙に、太いサインペンで、40枚ほど、書きなぐったものが、安藤照子さんが、わざと、開けて帰った、一階南側の掃き出し窓から、侵入した、警察の特殊部隊の誰か、もしくは、警察の協力者、13号と、14号という看板を門前に掲げている、この山の、住民のどちらかによって、盗まれ、それが、上部に伝わって、追い出されることとなりました。

 私は、そのころ、こちらのブログの世界の方で、「今は、40%まで、開示しておきます」という様なことをよく書いていました。また、時々ですが、「本当はすべてがわかっているのですが、今は書けません」という様なことを書いていました。で、それを読んだ、悪人連中は、信じていなかった模様です。「あいつは、どうせ、何もわかっていねえんだ。ただ、強がっているだけさ。ブラフを、我々に、しかけて来ている生意気なやつさ」という風に見なされていたと、推察しています。

 しかし、その40枚に目もを読んだ連中は、驚愕して、これを、フェイスブック紙上に投稿されたら、我々はアウト第一お、思いこんで、私を、フェイスブックから追い出しました。しかし、この一年間に、石塚雅彦さんと、古村浩三君は、協力して、梅森伸一という画家を使って、彼に成りすまして、私を苦しめ続けたのです。その余波は、今も続いています。

 そして、私が投稿した第一次フェイスブック時代の、貴重な文章は、すべて失われました。

 しかし、三年後、もう一度フェイスブックに入ります。今度は、ほとんど、投稿をしない形式ですが,soredemo,二人ほど、いいお友達ができました。荻島天音さんと、加藤優子さんです。

 二人とも英語塾の先生をしていて、入力が早いです。しかも、私も早いです。だから、長い文章を書くという形で、友達になりました。しかし、今は、その二人とも、その頁が読めません。どうしてか、それを語りたいのですが、どうして、そういう事をするかというと、加藤優子さんの方が大腸炎を患って居ると書いていて、それが安倍総理大臣とそっくりだからです。     これから先,3mannjiを超えたと、言うので、書けません。ただ、似た様な話題で、書いた過去ブログが、見つかったので、その、リンク先をここに置きます。

島田章三、森瑤子、杉本正子、大沼嘉津江、佐野研二郎、笹川良一、塩見和子、橋本徹、伊藤玄二郎、川名昭宣    2018-06-24 00:37:05 | 政治

 

コメント

山田浩二を説いて、犯人像を引き受けさせたのは、寄り添っていた女性(刑事)だろうが、それは、もしかしたら安藤てる子?

2018-10-13 22:01:20 | 政治

副題0、『現在の私の状況を少し説明をさせていただきたい』

 今は、13日の、夜10時です。東京から帰宅して、5時間もパソコンには向かいませんでした。火曜日に名古屋へ、歌舞伎を見に行きます。遠足みたいなものです。その準備を丁寧にしておりました。

  あのね、皆様、此処で、誤解をなさらないでくださいね。「なんだ、お前、調子いいじゃあないか、一方でひとの悪くち書いていて、一方で、自分は歌舞伎見物かよ」と。いのちの安全を守るために、わざと御園座へ行くと書いたのです。

 というのも、この9月29日に、久しぶりに日吉に行きました。歯が悪くなったのです。それをきっかけにして、相当に嫌な目に出会いました。まだ、全部を書いていませし、一旦、引っ込めて、非公開にしていますが、極悪な仕組みに、さらされました。

   何か、日常と違う事をすると、それをきっかけに、困らせてやろうとする動きが、おこります。主人が、血栓で、入院した時に、それを、感じ取りましたが、その時と同じ事が、名古屋への遠足中に起きるかもしれないので、わざと、はっきりと書いておくのです。ちょっとでも、いつもとちがった事をすると狙われますので。

  暗殺されるかも、しれないじゃあないですか。だから、わざと、「御園座へ行くのです」と、書いておくのです。また、新幹線焼身自殺みたいな事件が起きて、綱島の整体師みたいに狙い撃ちされるかもしれないではないですか? だからはっきりと、予定を、書いておくのです。パリのバスティーユで、一度、やられていますので。そこで、拉致されそうに、なって瞬時に、気がつき、逃げて、助かっています。その時、一人暮らしはん、恐ろしいものだとは、知りました。それが、後日、山口みつ子さんが、殺されたときに、えっ、日本でも、安全ではないのですか?  と、驚きに、繫がり、かつ、お子様のいないかのじょにかわり、真相を語り続ける事へむかっている次第です。パリ、バスティーユの方は、1998年のことです。

 そうしながら、頭の中は、次の文章の文案ができており、それを非公開で、できる限り、書き進めていきたいと、おもっております。普段は、書く事への妨害が、激しいので、一字一句書けたら、公開すると、言う感じですが、今日は、一般人の、個人名(しかし、実際には、大いに政治的意味を持つ人達)が、始めのうちには、出てこないので、やや、安全だと、自分で、勝手に考えているのです。

 継続性を考えたら、あそこの続きを書かないといけないなあと、考えるものは、20個程度あります。無論のこと、前報(後注1)の続きも書かないといけないのです。しかし、犯人としての山田浩二から、本章では、秋田智大へ、主役を、移動させます。・・・・・と、言いながら就寝前までは、山田浩二の部分で手いっぱいになる見込みが出てきたので、総タイトルを変更しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『感情的・怨念等の、事件前の、因果関係がない場合、どうも、無差別殺傷事件と言うくくりで語られる模様である』

 一般的に殺人事件を起こす場合、直前まで、加害者は、被害者の、立場であったと、言う関係性があります。夫婦の間で起きた殺人事件、親子の間で、起きた殺人事件など、最近では、内情があまり丁寧に報道をされないのですが、非常に丁寧に観察すると、加害者は、追い詰められていたと、思われるケースが多いのです。

 ところが、山田浩二が、殺したとされる、中一の、二人の児童と、彼の間には、何も因果関係がありません。一方、秋葉原で、トラックで、群衆に突っ込み、又降りてからも、襲い掛かったとされている、秋田智大も、被害者との、間に、直接の、関係がありません。この二人は、秋葉原という事で、共通点があります。それは、次の節で、詳述しますが、一般的な、無差別殺傷事件を起こす人間と、この二人は、ひどく違っている点があるのに、気が付きます。

 一般的なその種の犯人は、一種の自殺願望を持っています。誰かを殺すという大事件を起こすことによって、自分が罰せられ、その結果、死刑になるという形をとって、死にたいと、想像をするのでしょうね。それで、犯罪を起こしています。

 しかし、この二人には、演技っぽい余裕さえ見えますね。追い詰められている、神経質な、青年といういめーじがありません。特に山田浩二の方に在りません。したがって、山田浩二は、事前にリクルートをされて、納得をして犯人像を引き受けた人間であると、言う私の主張も、そこを、起点にしております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『山田浩二の方は、事件を起こした後で、その前に、秋葉原で、職務質問を受けており、スタンガンを所持していたことが、記録されていると、報道をされた。その時、福島第一から、ずっと、共に行動をしていた女性が車の中に居て、彼女が報道陣に対して、その時の様子を証言したのである』

 私は、本日は秋田智大屁主役を移すと、上の方で、言って居ます。しかし、秋田智大が、起こした事件は、私とは、直接の関係がないと、思ったので、丁寧に、追跡をしておりません。ただ、ただ、警察の在り方を考察する例として、秋田智大が、重要なので、本日の主役になるのですが、実は、彼を対照例として、山田浩二が、内包している数々の嘘をあぶりだしたいのです。

 私は、中一の児童二人が、犠牲になっ多、その事件も、周南事件と同じく、この雪ノ下のご近所主婦連中が、過去に行った悪を隠蔽するために、私を脅かす事件だと、思っていますので、非常に丁寧に、追跡し、観察をしています。

 こういう事件は、すべて、鎌倉エージェントと、呼ぶ、伊藤玄二郎と、井上ひさしが、関連しています。そして、こういう連中の私兵とかしている警察の特殊部隊が関連しています。

 で、山田浩二と、寄り添って、福島県から、車に乗って、秋葉原経由で、大阪へ向かったという女性は、刑事が、変装した人間であろうと、おもっております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『警察は、女性も大いに活躍させている。2011年から、2014年にかけて、中断もあったが、私に友人を装って近づいて来た安藤てる子さんなど、もっとも、上層部から、信任の厚い人間であろうし、他にも何人も、・・・・ああ、そうですね・・・・と、感じる女性達に、私は、何度も、付きまとわれているのだけれど、

 2015年の、夏に山田浩二と、付き合って、付き添って、福島から、大阪まで、車で、移動をした女性とは、安藤てる子さんではないかと、私は、思う程である』

 安藤てる子とは、本名の可能性が高いです。しかも、その人が刑事だと、言うのは大問題ですが、私は散々な被害を与えられているので、2014年からは、彼女を本名であれこれ書いているわけですが、別に彼女本人から、連絡は、来ておりません。彼女は、2011年、私が、福島第一の、科学的な側面をるる、書き始めたころに、近づいてきた女性で、私が当時、こうむっていた被害と全く同じ被害を被っているという事でした。 

 彼女は、高卒後、丸の内の三菱商事に勤務し、その後、結婚をして、子供を産んだので退職をして、離婚もしたのだが、司法書士ほかの、国家資格を多数取って、公認会計士事務所(または、弁護士事務所だったかな?)に勤務をしており、信頼を受けているので、時間は、自由に使え、・・・月に50万円の収入があるとのことでした。

 このころ、私は毎晩、PCにシステム異常を起こされ、本を編集する仕事はできない上に、真夜中に、プリンターは、カタカタいうし、で、脅かされきっていたのでした。真夜中の、電話のワンギリもありましたしね。でも、1998年に、まだ、2400万円が残っていた父からの遺産が、あったので、お金を使って,kowasarete、壊され続けるパソコンを買いなおすとか、自宅で、できない本の編集をいわゆるノマド生活で、自宅以外で、行うなどの、工夫をして乗り切っていたのでした。気力は万全で、乗り切っているはいるが、一方で、正直なところを言えば、苦しみの真っ最中であり、それをただ、ただ、被害者として、この世界に、記録をしていた野です。読者数も少なかったですね。その、最中に現れた、友人(?)が、安藤てる子さんです。

 私の、ブログを読んで、「あなたと同じくるしみに出会っている」という事で、近づいてきた女性です。他人の大切な個人情報を預かっているのに、パソコンがハッキングを受けたり、壊されたりするので、完成ができず、したがって、仕事はアウトになり、収入もなくなって、貯金で生活をしているとのことでした。

 私は最初から、ずいぶんと怪しいとは、思っていたのです。しかし、私自身は、性善説の人だし、情にほだされやすい方だから、じたくに四度ぐらい招いて、夕食もごちそうしたり、しているうちに、彼女は、私の頭の良い猫、さびちゃんと仲良くなったりしたのですよ。さびちゃんは、どうして、彼女に、興味を持ったのでしょうね。悪人だとは、見やぶることができなかったのかなあ。

  

 彼女は、猫は嫌いだそうですが、というか、全く知らないものだそうですが、「さびちゃんにだけは、魅せられる」と、言って居ました。 

 

副題5、『安藤てる子さんは、葦でできた夏用絨毯が、毎日入る泥棒によって、少しずつむしり取られると、言って居た。私もそのころ、泥棒にカトラリー(ナイフやフォークのセット)の箱をあっちこっちに移動をさせられたり、フォークの足を、180度別の方向へ、曲げられていたりしたので、安藤てる子さんの、いう事を相当に信じ始めたのである』

 今、思えば、何のことはないのです。警察の特殊部隊は、父の写真、母の写真、そして、父が満州文展の特選を取ったときの新聞記事、そして、レオスカラックス監督の大・侮・日映画、メルド(映画TOKYOの第二部にあたる)に、文化庁が800万円支援したと書いてあるプログラムなどを盗むこともやるのですが、其れとは別に、「相手が、その異様さに、ビビるだろう」という種類の、忌まわしい、いたずらも数々、やってのけたのでした。フォークの足を180度別の方向へ曲げるなどと言う事もその序の口ですが、ほかにも私の命を狙う様なこともやりました。

 例えば留守の間に、電気温風器のスイッチを入れておいて、真夜中、天井に映る液晶画面の緑色に驚いた私が、布団から跳ね上がり、プラグを壁から抜こうとすると、電線コードの、被膜が、剥かれていて、危うく、私は、感電しそうになったとか。それは、夏の事だったので、温風暖房機には、サーモスタットの関係で、スイッチが入っておらず、無音なので、真夜中まで、気が付かなかったのでした。

 こういうことは、一般の読者に向けては言いたくないですよ。だけど、山田浩二を説明するためには、必要なのです。待っていて下さい。そこまで到達するまでは。でもね、はっきり言っておきます。遠くで、大被害が脅かしのために起こされても絶対に最後は隠し、ご近所の誰かが、どんな小さなことでも、悪と思われる事を、私に対してやったら、必ず、其れについて、瞬時にしっかりと記憶をしておいて、どこかで実名で、詳細に、書くという事です。しかも謀略として、行われた殺人事件と絡めて書くという事です。山田浩二は、中一の、二児童を殺してはいないはずです。警察の特殊部隊の、連中がやったのでしょう。

 では、どうして、そして、だれが、山田浩二を納得をさせたかですが、此処に登場する安藤てる子さんか、または、彼女に匹敵するレベルの女性刑事が寄り添って、セックスをともに行いながら、説得をしていったと、見ています。山田浩二は、ロリコン犯罪とは言え、前科があるので、しっかりした職業につけないでしょう。だから、結婚もしていません。そして、ロリコン犯罪に手を染めるぐらいだから、大人の女性とは、付き合った過去もないほどでしょうね。それなのに、そんなに劣等感にまみれている自分に、向こうから身を投げ出してくれる女性がいる。これは、有頂天になる様なことでしょう。いう事は何でも聞くと思いますよ。

 そういう時に、相手側から近づいてきた女性がいて、何度かsekkusuwokawasite、いい気分にさせてもらったうえで、「自分は、警察庁に所属するエリートと、言われている女性刑事だが、あなたを見込んで頼みたいことがある。逮捕はできない人間だが、つぶさないといけない人間がいる。それを、脅かすために協力をしてほしい。抜群に高貴な任務なのですよ。ぜひ協力してほしい。あなたは、何もしないでいい。私がすべてを指図しますから、その通りに動いてくれればいいのです。

 そして、いったんは、収監をされます。しかし、その後の、扱いは、手厚いものになりますよ。お料理はおいしいものを出しますし。娑婆で生きているよりもずっと楽です」といったと仮定します。すると、山田浩二は、とろける様な顔で、わかりましたと、言うでしょう。

 上の節?=青の太い字で書いて部分ですが、これは、例の、私固有の、見てきた様なうそを言いの一つです。demo,atarazuともいえど、遠からずのはずです。ただ、100%正しいとは言いません。たとえば、私が足を悪くした6月30日の9日後、鎌倉駅の改札口に現れたブス女性駅員は、完ぺきに、刑事が変装していました。それについては、後注3をご覧いただきたいのですが、特に四番目の文章が彼女の様態について、表現をしています。その前三本は、それを説明するための前置きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『2003年3月31日に今はすでにない丸の内中央郵便局内のロビーで、机を出して、白髪の老人と、若い女性が、ただ、黙って、歴史の勉強をしていた。真夜中の12時過ぎである。私はその日、小説の新人賞に応募しようとして、その同じ、机で、A4プリントアウトの、原稿100枚をとじていた。ノマド生活は、マイクロソフトワードを使う事によって、どこの喫茶店にいるか?、どこのレストランにいるか?、どこのネットカフェに居るか?がすべて把握をされていて、妨害の極みを受けていた。特にパソコンで、応募原稿の表紙も作るわけだから、見透かされるも見透かされるのだった。それで、原稿は審査員のさらに下っ端である、下稿読みにさえ届かなかったのではないかな?

 同じ月の27日は、新潮社を訪ねたのだったが、ロビーに、頻繁に、顔を見せる四人組のエリート刑事集団がタバコをふかして歓談をしていた。それで、私は、彼らによって、わざわざ、ここまで地下鉄に乗ってきて、受付嬢に、手渡しで届けた原稿も、所定の審査用、部署には届かないであろうと推察したのだった。その次の、この3月31日は、祥伝社か、小学館への応募だったが、白髪の刑事と、若い女性刑事の二人が、脅かすべく、歴史のお勉強をしていたのだった。そして、郵便部門では、切ってを、はらない封筒何百枚を、いちいち、スタンプを押したために、期末の重要な郵便を出したい、数十人が、3月31日付の消印を押せなかったのである。文句を言っている人間もいたが、私は、電車の遅刻の現象と同じく、ただ、一人、私を脅かし、困らせるために、それを、目立たせないがために、一般の人が、迷惑をこうむる現象を、指をくわえて、横目で見ているほかはなかった。ビジネスチャンスが大切なだけに、丸の内郵便局までわざわざもっていった、数十二人は、大迷惑を警察の特殊部隊によって、こうむったのである。

 それは、はっきり言えば、北久里浜の地籍変更届けで、水道山という公有地、1200坪を、ただで、大建産業(当時の社長は、仲野通巳吉)に渡した杉本俊一・正子夫妻をたすける為であり、鎌倉雪ノ下の、アジサイ畑欺罔事件で、私に多大な損失を与えながらも、自分達だけは、特別な、得をした、前田夫妻、安野夫妻、石川和子・柳沢昇夫婦をたすける為だった。それが、CIAという仕組みの特質なのだけれど、私は、日本国憲法に保障をされていると言う人間としての基本的権利を行使しようとしたのだった。小説の新人賞に応募するのは、誰の土地も盗んだことがなく、ただ、盗まれている私にとって、やっていいことの一つだと、私は思う。しかし、両方で、悪をなした、連中が、先に警察を自分側に取り込んでいるので、

 私は、小説の新人賞に応募する道が閉ざされているのだった。丸の内郵便局では、カウンターの向こう,10me-torうぐらいの場所で、トンとか、トンとか、料金別納郵便の、スタンプを押しているので、抗議の声が届くはずもないのです。

 午前二時になりました。寝なければいけないので、

 ここから先、書くはずだったことを、メモとしておきます。

*1、その白髪の、老人が、11年後、2014年、6月4日に、銀座三丁目の、コバヤシ画廊前で、タクシー運転手に偽装して待っていたこと。

*2、安藤てる子さんは、大便、及び小便も、CIAは、管理できるという。リュウマチを起こすことができるともいう。また、皮膚病を起こすこともできるという。そういえば、安藤さんと付き合っているころ、度々、足指に、リュウマチ上の痛みを感じた。しかし、彼女のいう様に、これが、外部からの攻撃で、行うことができるのだったら、騒がない方がいいと、思い、痛いのをただひたすら忍耐して耐え忍んだ。

 ところが、息子がリュウマチにかかたという。お医者さんにもかかっているという。驚いた。この件は、後日、下痢の問題で、同時期に私と弟がげり気味であるというケースで、疑問が、繰り返されることとなる。

*3、私は、2012年の年末に、総選挙があったが、安倍総理大臣は駄目だと、言明をしている。それは、、この下痢の問題で、安倍総理大臣が、既に、CIAの暴力的、支配を受けていると感じているからだ。第一次安倍内閣時代に、すでに、安倍さんは、この攻撃の洗礼を受けていて、下痢が治らないので、総理大臣を辞任をしている。彼らの技術力を、安倍さんが、個人的に抵抗したり、撃退することは無理なので、結局、この大小便管理の件で、安倍さんは、これから先も、彼らに屈すだろうと、見ていた。それで、安倍さん以外の、人間がいいと、主張をしたのだった。

 2013年の三月までは、安倍晋三総理大臣は、引き続いてCIAgawatositeha,警戒すべき存在だった。しかし、その時点で何らかの手打ち式が行われ、安倍さんが、それ以降、下痢を訴えることはなくなった。しかし、それ以降、安倍さんは、政治的せっそうという意味では、変身中の変身中である。靖国参拝もしないし、

 私が見るところ、鎌倉雪ノ下の、一一般人である、安野夫人支援ni,maiduruの海上保安学校の卒業式に出向いたりして,ごく小の事でも、鎌倉エージェントの言うなりに動く総理大臣となり果てている。

*4、ところで、この大小便コントロールは、CIAの枢要な武器らしくて、したがって、それを意識しろよという事で、警察が、ギャルリーユマニテの、金成悠子さんに銘じて、私が京橋壱丁目のその画廊を訪ねるたびに、トイレのカギを目の前出かけていた。

 金成悠子さんというのは、それ以外でもアイスウーマンなのだけれど、ここまで来て、私は、もっと、思想的な意味で、深く彼女を軽蔑する様になった。というnomo,kazukazunosatujinnjieknwo起こして、私を脅かしている、鎌倉エージェントの最先端の道具となり果てているので、・・・・・ご自分の子供さえいないのに,他人の子供まで、殺している連中に与しているのだからどうしようもないですねと、思ってだ。この寝屋川の、中一児童二人も子供だったけれど、熊谷市で、中田、るでな、ジョナサン、何とかというペルー人が殺したtosareteiる、お子様がたも、同じ趣旨で、同じ連中が殺していると、私は見ているからだ。sorekarahigasimat宇天氏の井上翼君。も、同じであろう。それから、新潟のたまきちゃん、ベトナム少女のリンちゃん。

 普段は思い出さない。しかし、NHKが山田浩二にインタビューをしましたというニュースで、山田浩二を引っ張り出す限り、アイスウーマン、金成悠子を再分析することとなる。それがCIA側陣営にいる人の宿命なのですよ。彼らは大組織なので、もぐらたたきのモグラ以上にタフで、生命力が強いのです。したがって、彼らの陣営にいったんはいると、それは、永遠に続く、くびきとなるのですよ。ikkensuruto、輝かしい人たちに見えるでしょうが、さにあらずなのです。

 私が、金成佑子さんの敵なのではないのですよ。特に、私が、殺人を含む、恐ろしいことを、発案したり、実行をしているのでは、ないのですよ。ただ、ただ、私には真実が見えるという事です。それを、神様への報告書として、此処に書いているだけです。

 一般の日本人はただ、ただ、洗脳されたままに、NHKが報道する事情が正しいと、信じているでしょう。しかし、真実は違うのです。それが、私にはわかるから、書いているだけなのですよ。もう、間に合わないけれど、金成佑子さんに、言っておこう。

 ごく普通でいいのです。画廊なのだから、私が入って行ったら、いらっしゃいませといい、出ていくときにありがとうございましたで、いいのです。それから、「保坂航子さんって、涼子さんと、きょうだいなのですか」と、質問をした時に、「ああ、同じ人物です」と答えればいいのです。

 そうすれば私は,sore以前と同じ様に、『ああ、ユマニテは利用されているだけだ』と考えるでしょう。そして、こんな文章は、書かなかったはずです。裏にいる連中についてだけ、その悪を、書いたはずです。

*5、そして、此処で、瓜南直子さんと金田祐子さんが登場する。お嬢様、瓜南直子と、執事金田裕子のコンビで、フェイスブック紙上人気者だったのだけれど、二人が、警察の手先として,dorehodoni,osorosiikotowosiyouとしていたかを語らないといけない。以前は、そこまで語ることができなかったが、この大小便管理の事と安藤てる子とか、鎌倉駅ブス♀駅員の登場などで、以前より説明がしやすくなっている。

 だから、なぜ、瓜南直子さんがあれほどに、早世したかの謎が解けてくるし。私をいじめまくっていた、頃から、私がしんちゅう、彼女を捨てると決意した、11月から数えれば、たった、7か月後の、死だった。あまりにも見事な、天の采配を示している。殺されたわけではない。単純に肝臓が悪かったのだと思うけれど、彼女ほどの若さと、体格だったら、何とか、回復する・・・・というのが普通だっただろうに、そうはならなかった。 

  尚、瓜南さんの体格という点ですが、私は彼女の実物とは、一度も、であったことがないのですよ。しかし、芸大の卒業時集合写真を見ると、彼女は背が高い人だったと、わかるのです。

 誤変換だらけだと、思います。ただ、外部からめちゃくちゃにされているので、すから、仕方がないです。明日元気があったら直します。

 

後注1、

fujimori恩赦の取り消しと、山田浩二へ、NHKが取材をしたと、言う二つのニュースは、対私のブログ潰しです  2018-10-13 00:05:08 | 政治

後注2

銀座の通が利用する休憩所+例の悪人達の脳は、とかげでは無くて鰐だったかな?△  2014-06-03 10:51:48 | 政治 

トカゲか、鰐か?-2・・・・・湘南信金と言うキーワードから、騙されていた事が解ってくる  2014-06-07 23:01:50 | 政治 

FBに入れなくなった頃から、2ヶ月、爆発的に書いた144章の、私が見た世の中と政治△  2014-06-08 02:42:01 | Weblog 

トカゲか、鰐か?-4・・・・鎌倉では将来は、一軒ごと個別にごみを回収するらしいが?  2014-06-09 18:55:05 | Weblog 

トカゲか、鰐かー5.......精神病院に強制入院させ様と言う罠には、はまらなかった私  2014-06-10 01:10:40 | Weblog   

保土ヶ谷のネットカフェ内での、罠  2014-06-13 00:40:11 | Weblog

12日は、読みにくかったと思います。申し訳ございません。2014-06-14 00:41:40 | Weblog 

FBに入れなくなった頃から、2ヶ月、爆発的に書いた144章の、私が見た世の中と政治  2014-06-05 02:42:01 | Weblog
後注3

 松葉杖の身になった8日には、朝はネットでは、切符を買えない事になり、午後にはタクシーの作為的な乗車拒否に出会い、夜には、駅で女性刑事にいじめられた   2018-07-08 23:10:06 | 政治 

松葉杖-2・・・晴れた休日の午後、鎌倉は渋滞化し、taxiを呼ぶバカはいない。but 机上の空論の人・井上ひさしは、迎車という語彙で私を騙せると思っている△  2018-07-10 04:38:15 | 政治 

松葉杖の3・・・・・刑事が変装した駅員♀は、私にとっては、実験動物であった。井上ひさしを解剖する為の  2018-07-12 01:44:22 | 政治

 

その鎌倉駅♀駅員は、ありえない行動様式の数々で、簡単に偽物と判明。だが、同時に雪ノ下での攻撃が重なっているので、大きな研究対象となる   2018-07-15 21:53:03 | 政治 

 

 

コメント

fujimori恩赦の取り消しと、山田浩二へ、NHKが取材をしたと、言う二つのニュースは、対私のブログ潰しです

2018-10-13 00:05:08 | 政治

 最初に大きな、事を申し上げます。途中に挿入している写真ですが、どう、治してもさかさまになったままです。それも、大悪人たちが後ろから行っていることであり、私が書いていることがどれほどに、正しいかを証明するので、証拠として、治さないで、そのままにしておきます。と、書いたらやっと治りました。それが、重要な写真だから、敵さんたち(CIAに与する日本人たち)も頑張ったのでしょう。

副題1、『録画ニュースを見て居たら、夜9時(2018-10-12)のニュースに最後の方の問題として、山田浩二の裁判が、来月1日に行われると、発表をされ、かつ、その被告の山田に、たいして、NHKは、取材を行ったと出て来た』

 このニュースですが、夜9時のニュースうぉっちでは、最後の方で、ちょこチョコと、出ただけですが、12時のニュースと、19時のニュースでは盛大に出ました。特に7時のニュースでは、鈴木菜穂子アナは、ふたりが殺され、その遺体が発見された場所として、「最初の方は高槻市で、次のケースは、柏原市だ」と、声で、はっきりと説明をしました。

 ::::::::ここで、挿入ですが、私はその日は、京橋の眼科医院に予約が入っており、かつ、鎌倉で、パソコン教室の予約が入っておりました。しかも、前夜は徹夜で、朝の五時に寝ています。したがって、ぶろぐをかけないだろうと、見做されて、このニュースが、出てきたと、感じました。これが、なぜ、今出て来たかが問題です。たくさんの謀略的事件の中で、是だけは、凌斗君の遺体発見後、数か月後から、100%のレベルで静かになったと記憶しております。どうしてかというと、センコーの駐車場は、高槻にはない。したがって、そこから嘘が含まれているこの事件は、例の如く別の目的を隠している謀略的事件であると、私が言いだしているからです。ネット住民の誰かがあの駐車場は、全農のもので、高槻に在るのだ」と、投稿をしていましたが、例のお金をもらって投稿する、人間の一人で、嘘に協力しているだけです。センコーの駐車場であると、私が気が付いたのは、トラックにロゴマークが何もついて居ない真っ白なものだったからです。センコーとは、、一般庶民相手の運送会社ではなくて、企業向けの運送会社なのです。ですから、いろいろな企業の物を扱うので、広告のロゴが入って居ないのでした。ですから、最初から、嘘満載の、事件だったのです。ただし、お子さん二人が殺されたと、言う部分は、本当です。しかし、殺したのは、山田浩二ではないでしょう。例のCIAのブルーカラー部門としての、殺人用別働隊の筈です。センコーの株を持っている私を脅かす為です。それ以前に、スパコンを利用して、犯罪を作り上げると私は言っておりますね。だから、これもその一例であって、警察庁のスパコンから、ろりこん犯罪の履歴がある、山田浩二を、見つけ出し、さらに、劇的効果を高めるために、福島第一で、働かせたうえで、女性刑事をつきくまとわせて、いろいろ、洗脳をして行ったのです。それで、かれは、やまゆり園事件の、植松聖や、徳山で起きた平成の八墓村事件(のちに、周南事件と名前を変えて行く。それこそ、謀略的事件の特徴でもある)の保見と同じく、殺してはいないが、殺したto,hikiukeruのです。莫大な報酬が、約束をされて居るのでしょう。

 でも、「そういうお前(=私)の意見の方が違うのだ」、と、一般国民をsennnouしていく為のニュースが、昨夜報道をされた、%%%%%罫線以下のニュースなのです。うーむ、やられましたねとは、思いますよ。だが、仕方がないので、そうですか」とだけ言って置いて、私は、心の中は、まったく平静です。あくどすぎる彼等とは、正面切っては、戦わないことにしていますので、これは、このまま、そうですかと、言っておきましょう。::::::::という挿入を入れて、昨晩書いて置いた初稿へ戻ります。

 

  ところで、その高槻という地名ですが、それは、間違っています。私は、すべての異様なニュースには、謀略的目的があると、気がついて居て、この事件も、いろいろ、異様なポイント(秋葉原で、職務質問を受けたがスタンガンを持っていたとか、普段働いている場所が、【ふくしまだいいち】であるとか)があるので、ニュースを丁寧に、丁寧に、検証しましたが、まず、高槻市のトラックプールが、高槻市ではありません。寝屋川市であり、アーケード街から、たった、1.2キロのところにある、センコーと言う会社の、駐車場なのです。

 私は、女の子の遺体が、放棄されていた駐車場のトラックに何も、ロゴがついて居ないのを見て、すぐ、センコーと言う私が株を持っている会社の中社場ではないかと、思い、ウィキペディアで、調べると確かに寝屋川に持っており、今度は、その番地でグーグル地図をひいて行くと、

 確かに、三角形の駐車場が現れたのです。で、この事件は、裁判もなく、あいまいに、きえていくだろうと思っていたのですが、ついに、裁判が開かれるそうです。

 ここで、8時間程度中断をさせてくださいませ。東京へ行く用事がありますので。

以下は、NHKオンラインからの引用です。

%%%%%%%%%%%%%%

中1男女殺害事件 黙秘の被告が初めて語った内容と長文の手紙

3年前、大阪 寝屋川市の中学1年生の男女が殺害された事件で、殺人の罪に問われている山田浩二被告(48)。ことし8月中旬から11日までに7回、大阪拘置所でNHKの記者の取材に応じました。また長文の手紙を1通、記者に送り、現在の心境や事件について初めて言及しました。その内容をまとめました。

続きを読む

初めて記者が面会して取材したのは8月17日。面会室に現れた山田被告は3年前に逮捕されたときに比べ、かなり痩せた印象で、頭を丸刈りにしてマスクをかけていました。記者が事前に連絡しないまま突然訪ねたことに対し「非常識すぎる」といらだち、警戒心を隠しませんでした。

事件について尋ねようとすると。

被告
『事件が事件なだけに、自分だけの判断で話すことはできない。ここで話せば3年間黙秘を続けてきた意味が崩れてしまう』
答えませんでした。一方で。

被告
『ことし4月に弁護士以外との面会が許されるようになってから、家族や知人、自分とこれまで関係が深かった人たちも含め、誰も面会に来なかった』

こう話して寂しそうな表情も見せました。

長文の手紙

こうした面会が2回続いたあとの9月中旬、山田被告から1通の手紙が届きました。7枚の便せんが1万2000字余りの特徴的な小さな文字でびっしりと埋め尽くされていました。

そこには、事件に関するこれまでの報道に事実と異なる点が多いとか、威圧的な取り調べを受け、屈辱的な暴言を浴びせられたといった不満が書かれていました。

さらに黙秘を続けている理由について『きっかけは逮捕された日の夜に弁護士が面会に来て、弁護方針として取り調べには一切応じないよう言われたのでその指示どおりにしたんです。弁護士に「刑事や検事はあなたを死刑にするのが仕事です」と言われるとやはりビビリます』と説明していました。

そのうえで、世間の人たちに黙秘する権利が理解されず、ひきょうな人間だと思われているのであれば不本意だとつづられていました。

取材にどこまで話すべきか迷う気持ちも書かれていました。
『いまだに黙秘を通し、ご遺族に対する謝罪の言葉や姿勢すら発信できていない私が、のうのうと取材に応じていいのか』

この手紙のあと、山田被告は週1回のペースで取材に応じるようになり、現在の心境や事件について少しずつ話しはじめました。

3回目の面会『関与している 謝罪したい』

被告
『今いちばんの不安は、裁判です。裁判員裁判にかけられるのは人生で初めての経験です。傍聴席も満席になるでしょう。非常に不安な気持ちです。もし死刑になったらどうなるのかとかいろいろ考えます。ただ自分としてはどんな形であれ、遺族の方にはきちんと謝罪をしたいと思っています。ぶっちゃけ事件に関与しているのは事実です。どう関与したかは言えませんが、自分が間違いなく関与した事件で人が亡くなっているのは事実です。謝罪はすべきだし、しなければいけません』

4回目の面会 『あの日はいろいろあった』

記者
『事件のあった日、ずっと2人と一緒だったんですか? どんな言葉で声をかけて会話し、何か食べたりしたんですか』

被告
『食べていないです。あの日は本当にいろいろな出来事が起きすぎました。それどころじゃなかったんです』

記者
『いろいろな出来事? それは何でしょうか?』

被告
『言えません。でもあの日はいろいろあったんです』

6回目の面会 核心部分に触れる

そして今月4日、6回目の面会で、山田被告はこれまで口を濁していた核心部分について触れました。この日、誰が2人の命を奪ったのか、記者は考えられる3つの可能性を示して問いかけました。提示した最初の2つは第三者など被告以外の犯行、3つ目は被告の犯行でした。山田被告はゆっくりとした口調で答えました。

被告
『あなたなら言っても大丈夫な気がしますので正直に言います。あなたが言った、1つ目と2つ目は間違っています。意味がわかりますか』

記者
『つまり、あなたが殺害したということですか』

被告
『そうなりますよね』

記者
『以前言っていたいろいろな出来事がきっかけで?』

被告
『まさにそのとおりです。いろいろな出来事が重なったうえでのことでした』

山田被告は第三者による犯行の可能性を否定し、みずから被害者を死なせたと説明しました。被告は本当のことを話しているのか、故意に2人を死なせたのか。11日、改めて聞きました。

記者
『本当にあなたが2人を死なせたのか?』

被告
『はい』

記者
『2人ともですか?』

被告
『2人です。でも前も言ったでしょう。本当にいろいろあったんですよ』

記者
『殺意はなく、結果的に亡くなってしまったということですか?』

被告
『そうです。ただ詳しくは言えません』

被害者との間に何があったのか、それ以上は最後まで話そうとしませんでした。

来月1日から山田被告の裁判が始まります。山田被告は、法廷で亡くなった2人や遺族に謝罪したいという気持ちもあると話し、黙秘するかどうかも含めて裁判にどのように臨むかは弁護士と相談すると説明しています。

あわせて読みたい

  • 中1男女殺害事件 黙秘の被告 “自分が2人を死なせた”と説明
    中1男女殺害事件 黙秘の被告 “自分が2人を死なせた”と説明12時08分

 

 

コメント

保坂涼子はなぜ、航子と、名前を変えたのか? 理由は山口みつ子さん殺しの引き金パーソンだからです。

2018-10-11 20:16:25 | 政治

 一番最初にお断りをさせてくださいませ。この章は、コピペした部分が大きいので、簡単に出来上がる筈です。しかし、実情は、違っていて、時間が大量にかかっています。どうしてかというと、保坂涼子(または、航子)という、作家から、始まる二つの他殺事件(一つは、ビルから飛び降りたとされているモノ、もう一つは、高齢の女性に轢き殺されたと、されて居るモノ)について語るのが、私にとっては、血の出るほどの、つらい話だからです。一行書いては、5分休み、次の行を書いては、10分休みと、言った体たらくです。完成は、むしろ、明日12日の夜にずれこむでしょう。お待ちいただきたく。

 ここに、二つの展覧会の案内(=情報)を置きます。$$$$$$以下は、仙台アーチストランスペースという画廊で、2014年に開かれた、個展の、情報です。*****罫線以下は、2017年五月に、京橋の、ギャルリーユマニテと、言う画廊で、開かれた個展の案内です。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題1、『ふたつの個展は、同じ人物の個展です。それは、彼女の経歴ランの、最初に出てくる個展のタイトルが、【南国の思想】という名前であって、同じ事と、開催場所が、同じギャラリー山口であることで、証明をされます』

 その2個の個展の主役は、苗字は、同じですが、下の名前は、違います。で、私は、2016年の秋のユマニテでの、この人の個展の時に、スタッフの金成悠子さんに、「航子さんって、涼子さんの、きょうだいですか?」と、質問をしたのですよ。すると、彼女は、「うーん」とだけ言って、何も答えなかったのです。「作品が似ているので、何らかの関係があるとは思いますが?」と言うと、金成さんは、それが、98%程度には、真実に近づいているために、にやりと、笑いました。が、最後まで、「同一人物である」とは、言葉では、説明はしませんでした。もし、金成さんが、その時「同じ人物です」と、真実を語って居たら、それ以降、これほどに、厳しく、ユマニテについても、保坂涼子さんについても、かたることはなかったでしょうに。私は、ただ、普通の扱いを求めているのです。だましたり、小ばかにされたら、猛然と、怒り、文章で、はっきりと、しかも、いろいろを詳細に、書きますので、ご自分が損になるのに、ユマニテさんは、それを、知らなかったらしいですね。

 保坂涼子さんと言うのは、山口みつ子さんが、他殺として殺される方向へ、引き金を引いた人なのです。それが、真実だから、名前を変えたのです。

 保坂涼子さんが、アイスウーマンなのか、どうかは、実物に出会ったことがないので、知りません。しかし、ある部分に、爆裂と言ってよいほどのヒステリー性格を内包している人物でもあるのです。一方で、******罫線以下に、美しい詩が記載されて居ます。どちらが本当の彼女なのか? 

 私はね。他人が見ることが無かろうと、彼女が考えた、私への、個人メールに書いてあった、文体と、その心こそ、本当の彼女だと、思っております。そこでは、構えたり、つくろったりする必要がないと、彼女は判断をしたので、素顔が出ているのでしょう。激烈な罵りの言葉が、36行にわたって書いてあり、かつ、101回ほど、繰り返して同じものが送られてきました。

 この101回同じものが送信されて来たという方は、彼女ではなくて、古村浩三(もしくは、警察の殺人用別働隊の、ホワイトカラー部門)が行った・・・・・例の・・・・・なりすまし行動の一つかもしれません。古村浩三君が何をやっているかは、ほとんど、判っておりますが、ここでは、保坂涼子さん(または、航子さん)に集中をします。

 そのヒステリー部分について、ギャラリー山口のオーナー、みつ子さんが、「あら、それって、きちがいだわね」とおっしゃったので、彼女は、殺されたのです。ギャラリー山口は、盗聴をされて居たのです。

 ここが、もっとも書きにくいところでした。ほかにも、ライブと言う、森邦夫さんが、経営している画廊は、完璧に盗聴をされて居ました。でもね、「私が出入りする画廊は、盗聴をされます」なんて、書いたら、出入り禁止ですと、言う風に成るではないですか。だから書けなかったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『もう、二つほど、みつ子さんは、重要な事を語った。秋山裕徳太子の、保坂さんへの発言の内容・・・・・と、それを語りながら、秋山裕徳太子よりも、私・雨宮舜(=本名、川崎千恵子の方)が、レベルが、ずっと上だという判断を、言外に示した事だった。それで、彼女は、殺されてしまった』

 経緯を丁寧に、語らせてくださいませ。山口みつ子さんは、「まるで、気違いだわね」と、言ったその日に他の、重要な事を言いました。「あのね、保坂さんが、秋山裕徳太子と話していたのよ。保坂さんとしては、あなたが書いたあの文章に対して、・・・・・どういうお礼をしたらいいかしら?・・・・と思って、その金額みたいなことを知りたかったみたいよ。すると、秋山さんが、・・・・・雨宮舜、何するものぞ・・・・・と、力(りき)んで、言ったのよ。あ、は、は」と、豪快に笑ったのです。

 私は、内心で、震撼しました。『この発言が、後日、悪い事を招かなければいいが』と、思ってです。これは、悪い方へ当たってしまって、みつ子さんは、殺されたのです。しかも、私だけには、他殺だと、判る様な手配もなされました。画廊を閉鎖する、10日以上前に、亡くなったのです。が、彼女が、閉鎖のための整理・全部を、若い部下、白川さんに任せて、先に・・・・・特に飛び降り自殺などで、・・・・・死んでしまう様な人ではないことは、私はよく知っています。G廊のオーナーみたいな対人関係が、豊富な仕事をしていた人が、ちょっとや、そっとの悩みで、自殺など、するはずがないのです。だからこそ、私には明瞭に、他殺であることがわかる様に手配をしたのでした。私としては、彼女の死が本当に、自殺だったら、却って、気が楽なぐらいです。しかし他殺です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『私が真相をブログ内で、書くと、彼等は、それを否定するために、必ず、類似の事件を起こしてくる」

 ただ、敵さん連中は、私がブログで、「これは、他殺だ」と直後に書くとは、予想をして居なかった模様で、慌てて、類似の事件を起こしました。それで、似た様なケースがあるので、やまぐちみつ子さんの、飛び降り自殺もありだと、していきたいのです。

 それは、次の例で明らかでした。オリックスの若手投手が起用法で、任務が重くなったのに怯えて、キャンプ中に、ホテルの窓から、飛び降り自殺をしました。これもうそばっかりです。

 あのね、プロ野球選手で、しかも投手です。という事は、すでに、中学生の、ころから、投手だった筈です。つまり、自分の双肩に勝敗を背負って生きてきたのです。NANJYUSSIアイもです。どうして、この年に限って、次の年度から、主戦投手を任されると、聞いて、負担を感じます。自殺などしますか? あり得ないです。でもね。ルビッツ副操縦士の、自殺願望説を生み出した、井上ひさしあたりが、この謀略事件も案出し、

 彼の私兵と化している警察の、殺人用別働隊が、やまぐちみつ子さんのケースと同じく、ピッキングによって室内に入り、すでに、寝ている投手をさらに、薬によって、こん睡させ、数人がかりで、窓から、突き落としたのでしょう。

 今多大な、システム異常が起きました。それで、書きにくい事、書きにくい事ただならなかったので、この節も正しい事を書いているんだと、推察しています。

 これもまた、最近まで続いている彼等、固有の、防衛、方法です。最近の方ですが、昨日、2018年10月11日、富山での交番襲撃のニュースが、犯人が退院したという形での、報道で、ぶり返しました。

~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『私は、長らく、鶴岡八幡宮の、大銀杏が倒壊した原因は、前田清子さんの言動に在ると、言ってきた。しかし、最初期には、それは、30~33%の原因であると、言い続けてきている。しかし、残りの、70%の原因がどこにあるかを言わなかった。あいまいに、伊東玄二郎に関係があるとは言っていた。だが、それ以上のことは言わなかった。なぜかというと、山口みつ子さん殺しが、その残りの70%の原因だと、思っていたからだ。

 しかし、説明をするのがあまりに切ない事だったので、語らなかっただけなのだ。保坂涼子さんの後ろに秋山裕徳太子が居る。その後ろには、赤瀬川原平が居る。赤瀬川原平を動かしたのは、

a ルート・・・・・中央公論社の、村松友視であり、その後ろには、伊藤玄二郎がいる。

b ルート・・・・・日傘雅水(もと、ymoのマネージャーであり、日大芸術学部出身であり、その背後にはアンアン編集部を通じて、林真理子が居て、その後ろには、井上ひさしが居る。

Ⅽ ルート・・・・・銀座の画廊、アーチストスペースを通じてしまう、渡辺豊重党と、親しい、豊重さんの後ろには美術9条の会があり、その後ろには、井上ひさしがいる。

 

@@@@@@ここが、書きかけ中の最先端です。ここで、12日の早朝に至ったので、入眠をさせてくださいませ。

 その同じころ、彼女は、目の前で、トイレのカギをかけて、異様な脅かしと嫌がらせをしていたのでした。別にユマニテが、当時入って居たビルで、おしっこをしたいとは、私は、思っては、おりませんでしたよ。だけど、例の鎌倉エージェントとは、そういう事が役に立つと思っている、そういう頭脳レベルの人間なのです。で、「トイレの鍵をたいみんぐよく、閉めたら、彼女(=私)がノイローゼになって、ブログを書けなくなるので、こちらに、とって、好都合だから、そうしてください」と、ユマニテに頼んでいたのでした。

 そういう陰に、山口みつ子さんが、他殺と言う形で、殺されており、それを時々ですが、間欠的に書いている私に対する、いじめと、脅かしの役目をするのが、その金成悠子さんだったのです。一手に引き受けているという感じでしたね。一方、ずっと南側に位置する画廊るたんに、いじめる様に、教唆命令するのは、別の美術評論家であったでしょう。すべては、判っておりますが、まだ、まだ、書ききれていないところです。赤津侃さんあたりだったでしょうね。

 この女性ですが、年齢的には、差がありますが、もうひとり、わたくしの周辺にいて、嫌な態度をとる女性にそっくりでしたね。後者は、鎌倉雪ノ下二丁目の我が家の西隣に、10年ほど前まで住んでいて、その後、妙本寺のお嫁さんになったと、聞いている遠藤家のお嬢さんです。私は、34年間同じ場所に住んで居るのです。その間、14人のお嬢さんが、この山に、住んで居て、そのうち、3人を残すだけで、他の方は巣立っていきました。

 その巣立っていった11人の中で、もっとも、冷たい女性でしたね。そのお嬢さんは、30年後には、妙本寺(日蓮宗比企が谷派)と言うひ宗派を、率いている大宗教法人のトップになるわけです。ご主人がトップになるわけですが、組織の繁栄は、偏に女にかかっているので、どうなる事でしょうか? あと40年は、生き残って、見届けたいと、思っています。

 

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

保坂 涼子 展 -神話作用-

2014.08.05(火)〜2014.08.10(日) 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)


ふっ、と幼い頃の川遊びの情景が呼び起こされた。裸足になって対岸から彼岸へ行きつ戻りつする。水温の冷えた感じとは、対照的な川底に横たわる石のぬるりとした質感が生々しい。石の表面は、みどりの藻、のようなものでびっしりと覆われて、外界との接触を絶つかの如く、異質なものとして存在していた。
石という強固な無機物は、地球上に物質として産み出された記憶をその固まりの内部に秘めている。人間の手に依って、地中の奥深くから掘り出され、(或は、岩盤から切り離されて)はじめて地上の新鮮な空気に触れ、物質としての息を吹返すわけである。
地面の上にゆっくりと、雨水が浸透してゆくような速度で、私は、石の内部にまで作用し、素材の持つ物性の記憶を溶解しようと目論む。磨き上げた滑面は、私が素材に介入した足跡を痕として残したくないという思いからだ。モチーフの具象的再現、自然描写を目指すものでは、ない。メディウムの生を受容し、客体化された一個のオブジェとして空間に放出する価値の変換である。


Biography
1979年 福島県生まれ
2004年 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

Works
2002年「horobi-na」設置(福島県須賀川市翠が丘公園)    
2004年武蔵野美術大学平成15年度造形学部卒業制作優秀作品・修了制作選抜展(武蔵野美術大学美術資料図書館)
    「結い」設置(福島県須賀川市あきない広場)
    第68回新制作展(東京都美術館 上野)
2007年 個展『南国の思想』(ギャラリー山口 京橋)
    グループ展 アートジャム"gift"展(ギャラリー山口 京橋)
2013年 第77回新制作展(国立新美術館 六本木)

 ******************

 
[ B1F ]  展覧会 :: EXHIBITIONS

humanité bis
保坂航子展 「土のなかから聲が聴える」
HOSAKA Kouko Sculpture Exhibition
2017.5.22(月)‐5.27(土) 会期中無休 10:30-18:30(最終日17:00)

<作家コメント>

土のなかから聲が?

ほら

土のなかから渦渦と湧いてきた…
トリトメノナイカタチ
その
いでたちとは
一帶?
如何様に?

范冉とした かたちを
アラマシニスルナラバ

ただ ただ、よ。
拘る
その 聲に
眼を瞠ること。

じっ とするならば。
土のなかの
何処(いどこ)から
聴える聲。

「視えますか」
「視えませんか」

ざわざわと。
詩偈りはじめるだらうから…

 

<作家意図>

2016年にユマニテで二度(春/秋)展示をさせていただく機会に恵まれました。
近年は彫刻とメディウムの関係性から成るインスタレーション性の強い作品に取り組んでおります。
この『インスタレーション性』という抽象的な言葉は
作家にとっては不本意でもある例えなのでありますが、
“触覚芸術”である「彫刻」表現を追求していこうとすれば
一定不変でない彫刻作品が生れてしまうことも、また必然なのではないでしょうか。

今回は、可変性のある作品という問題から
さらに発展させて
販売性の問題についても検討してみました。

彫刻を表現すること、

作品として成立させること。

この狭間のなかで揺れ動く作家像を観ていただきたいです。
“何か”を体感していただける展示になっていたらよいと思うのですが。

彫刻はどこにあるのでしょうか?

 

 

保坂 航子 HOSAKA Kouko

福島県生まれ

 

2007 個展「南国の思想」 ギャラリー山口、東京
2008 グループ展「アートジャム・gift展」 ギャラリー山口、東京
2014 個展「神話作用」 仙台アーティスト・ラン・プレイスspace B、宮城
グループ展「線を積む」 Piling Lines、FAL/武蔵野美術大学
2015 グループ展「彫刻と対話法」 府中市美術館市民ギャラリー、東京
個展「沈思黙考」 仙台アーティスト・ラン・プレイスspace A・B、宮城
2016 武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コース修了
「五美術大学連合卒業・修了制作展」 国立新美術館、東京
個展「やうやうにして春、土に纏わる et cetera」 ギャルリー東京ユマニテbis、東京
グループ展「仙台アーティスト・ラン・プレイス参加作家による作品展」 仙台アーティスト・ラン・プレイスspace A・B、宮城
「第80回記念新制作展」 国立新美術館、東京
個展「接触/呈示」 仙台アーティスト・ラン・プレイスspace A、宮城
個展「秋霖–refrain 何度でも、何度でも。」 ギャルリー東京ユマニテbis、東京
「第32回財団法人北野生涯教育振興会彫刻奨学金受賞者展」 日本大学藝術学部芸術資料館、東京
2017 個展「真鏡」 仙台アーティスト・ラン・プレイスspace A、宮城

 

[受賞]
平成15年度武蔵野美術大学造形学部卒業制作優秀賞
第32回財団法人北野生涯教育振興会彫刻奨学生受賞

[設置]
《horobi-na》(翠が丘公園/福島県須賀川市)
《流れのなかに》(藤垈の滝公園/山梨県笛吹市)

保坂航子 HOSAKA Kouko
「晴れた日にはなにが見える?」 2016
「晴れた日にはなにが見える?」 2016
安山岩(小松石)
2×66×37cm

保坂航子 HOSAKA Kouko
「カフェのテーブル」 2015
「カフェのテーブル」 2015
大理石、コーヒー
3×200×90cm(サイズ可変)

会場風景 / Installation view
会場風景 / Installation view

 
コメント

今、私は油煙を話題としている。ので、油煙の出る工場(小牧)に放火をして、更に先を書く事へ脅かしを掛けてきた。

2018-10-09 22:42:57 | 政治

 この章ですが、8日(月)の夜9時半から、大量の加筆をしております。そして、10日の早朝にさらに推敲を重ねております。

 非常に恐ろしい事が書いてあるとは思いますが、私は、この文章の様なものを書く際には、一般の読者を当てにしていない、というか、なんというか、・・・・・ただ、神様だけを視野に入れて書いているのです・・・・・と、ここでも、申し上げさせてくださいませ。三報前の、『仁左衛門が調子が悪そうだ』などという文章は、一般の方向けに、書いています。しかし、後注1に置いた前々報や、この章の、様に、戦端が、開かれていて、死ぬの生きるのという戦いになっている文章については、一般の読者は、当てにしておりません。・・・・と、二度目の事として、申し上げさせてくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題0、『この文章で、表現しようと、していることの、要約を、最初に置く。ミステリー小説としては、倒置法となるが・・・・・』

 ところで。上の、赤字の部分を書いてから、だいぶ時間が経っていて、この文章の全体像も見えてきたので、この章の結論を冒頭に置かせてくださいませ。

 前田清子夫人という女性は、ご自分がどんな失敗をしても、表からは、永田町(特に安倍総理大臣)が、法律を改正してくれるという形で、助けてくれるので、自分が過去に行った、加害現象に、向き合わないで(=責任を取らないで)、逃げることができるし、

 それでも、逃げられない時は、裏側から、謀略的犯罪を起こしてもらって、逃げることができるのです。死刑囚、保見が、ご近所の五人を殺したとされる周南事件も、その一つですが、ドイツ格安航空機が、ルビッツ副操縦士の、造反で、アルプスに激突をしたとされる事件も同じで、今般も、愛知県小牧市の、プラスチックメーカーを、放火してもらえるという形で、助けてもらえるのでした。やまゆり園事件も、その種の一つなのです。もう、なん十個を数えるだろうと、いうほどに、裏側から、警察の殺人用別動隊に、事件を起こしてもらって、私が、その謀略的事件で、脅かされるという形で、それ以降、その話題で、文章を、書き進めることが不可能になるという形で、助けてもらっています。安野智紗夫人も同じです。

 これが、CIAが支配をしている日本の現実です。小牧市の、火災の目的が何かというと、・・・・・プラスチック工場だから、油煙が大量に出るので、これから、油煙について、彼女(=私の事)は、書くはずだから、それに対する脅かしになるだろう・・・・・と、思われて、放火をされたのでした。日本の人口が、一億三千万人だそうです。そのうちの一億人は、その火災と、私のブログに関係があるとは、気が付かないでしょう。残りの三千万人は、政治に関心のない子供や老人だと仮定すると、ほとんどすべての人は、関連付けには気が付きません。しかし、私だけは、気が付きます。それが、私への脅かしになるのです。で、そこが、狙いの放火なのです。

 ASKULの倉庫への放火、地下変電所への放火と、これで、三度目です。(後注α)

 CIA=かまくらエージェントと、私が呼ぶ連中の・・・・・私兵と化している警察は、・・・・・9月15日に、彼女は、2013年の、廃棄物処理法改正に気が付いたので、近々、それについて、書くはずだ・・・・・と、推定しているので,soreを書かせないがために、準備をして、実行をしたのです。本当のことをいうと、過去に行われた悪いことについての修正事案は、是の油煙の話だけではなくて、常に準備をされているわけでしょう。だから、9月15日から、10月6日までの間に、準備をされたというよりもずっと前から、準備は、されていたと、私は考えています

 したがって、前田清子さんは、「ふん、あなたが何を書いても、私は、への河童です」と、言う趣旨の、サインを、9月15日以降も、出し続けていました。

 私は、その15日に、ネットの、ニュースで、関西の野焼きについて、新規転入者と、元から住んでいる農家との間に、闘争が起きていると、言うのを見つけて、5年前の、廃棄物処理法の改正を、初めて知って、それを、コピペで、このブログの、下書きボックスに入れておいたので、さらに、確実に、近々、書くはずだと、みなされていたでしょう。

 私が、ちら、ちらっと、それらについて、過去にも何度も書いていますので、私が、彼らが過去に行ってきた忌まわしいことを、すべて、裏も表も、知っているのだとは、鎌倉エージェントの面々は、しかと、自覚をしているのです。そして、近々、それに、関する文章を、以前よりも、内容を深めて、書くはずだとも、推定をしています。

 それで、彼らなりの防衛手段の一つとして、私の家からは、五台のパソコンがインターネットに、接続していないという形にもっていったりしました。機械的には、壊れて居ません。しかし、画面上、「つながって居ません」と、言う警告が出て、どういう修正をしても回復しない・・・・・と、そういうバグを入れ込められるのです。その日(=9月29日)に、日吉で、私は、警察が変装した、バス運転手や、一般乗客(特に自閉症を、装った青年の芝居などにより、午前と、午後の、二度、散々に嫌な目に合わされます。それを、一回、28日の昼間、外の貸しパソコンを3千円ほど、使い、7時間かけて、書き、数時間、外部へ、公開するという形で、表現していますが、また、裏へ戻して、引っ込めています。

 どうして、そういう事をしたかというと、ビビって、引っ込めているわけではないのですよ。その文章に関しては、膨大な、過去ブログを探す必要があって、その時間がないから、引っ込めているだけなのです。

 ほかにもそういう下書き文章はたくさんあります。ほとんどが、警察が起こした謀略的いじめに関するもので、過去リンク先が大量に必要となる場合が多いのです。というのも、私をいじめる話は、NHKニュースが報道するほどの大事件ではありません。しかし、大変込み入っていて、しかも政治の本質を顕します。だから、書きたいし、書かざるを得ないのですが、小牧市の国盛化学が大火災を起こしていますというニュースならともかく、9月29日に東横線日吉駅のバスターミナルで、【さくら台行き】のバスの運転手は、刑事が変装した偽物で、私が普段使う方の、【サンヴァリエ行き】のバスの運転手と結託をして、さんざんないじめを、しかけて来たなどという話を、読者に理解をして貰うためには、有楽町駅で、刑事が変装した駅員が待って居て、精算機を利用して、970円を二重取りをしたなどという話を加えないと、駄目だろうと、思っているからです。

 また、同じ日の午後、常盤台バス停で起きた、おとなの自閉症を装った芝居などは、長谷川智恵子女史(日動笠間美術館館長)が、茨城県の教育委員会で、行った、「障害児は、・・・・・妊娠時・診断で堕胎をさせてしまいましょう。そうしたら、県予算の削減になります・・・・・』という発言に関する私の過去ブログを引っ張り出さないと、説明が出きないのです。で、それらを探すのが大変なので、いったんは、非公開にして、おくというかたちになります。(後注β)

 そのバスとバス停を使った、いじめが起きたのは8日前のことでした。しかも、インターネットが我が家では、つながっていないので、書けません。しかし、インターネットに接続がされていないと、いう大弾圧を、お金と体力の消耗で、どうにかしてを突破して書き続けます。それで、敵さん連中は、仕方がないので、直接的に私を脅かそうとしています。2017年に、妹を殺したのもその一つですし、数年前に、息子の職を、西原理恵子さんを使って(その悪辣すぎる、たくらみによって、奪ったのもその一つですし、・・・・・ああ、何というか、それがあるからこそ、彼女を、東京女子大で、「男を、とっかえ、引っかえて、セックスしろ」という講演をさせ、それを、NHKは、深夜放映するのですよ。・・・・・どれほどに、私が弱いと、見くびられていることか?

 今般は、油煙が、大問題なので、大量の油煙が出る火災を、愛知県小牧市で、起こしたのですが、それも、その一つなのです。「書かせないぞ!」という脅かしの一つなのです。

 その火災ですが、スパコンで、プラスチックを扱う会社を、探し出し、その上で、「消防署の、検査です」と、でも、名乗って、警察の殺人用別動隊が、内部を調査・確認します。そうすると、どういう風に侵入して、どこに放火をすれば、一気に大量に燃え上がり、放火の証拠などは、消えると、いう風に、わかるらしいのですね。で、消防署の制服を着た連中が、昼間、堂々と、正面から訪問をして、その後の夜の侵入に備えて、準備をするらしいのです。

 これは、軽井沢スキーバス事故の時に、二週間前にバス会社に、国土交通省の、検査が入ったそうですので、それが、とても、よく似た事例となっています。「なるほど、そういう事にするわけですね」と、シカト、わかった悪だくみです。軽井沢の方は、計器を、遠隔操作で、壊すというかたちで、事故を生起させています。

~~~~~~~~~~~~~~

 さて、上の、黒い太字で、描いた部分は、相当に、恐ろしいことかもしれません。私だって、普通の人ですから、最初から、そこまで、書けるわけでもないのです。

 利尻島に、利尻富士という富士山とそっくりな山があります。sokoha,fujisanto違って、バス道路などないので、ふもとから、一歩、一歩、徒歩で、登らないといけません。watakusinoburoguno書き方は、それに似ています。*****罫線以下は、7日の深夜に書いた初稿です。その副題1~副題7までを書いてこそ、副題0が書けるのです。

****************

副題1、『愛知県、小牧市で、プラスチック工場が火災を起こしたそうである。NHKカメラは、ご近所の住人の感想を例のごとく取り上げた。煙が臭くてたまらないという。それはそうでしょうと、うなずく、私である』

 私は大学で、有機化学を専攻しております。で、プラスチック製品とは、石油からできているとは知っております。私の場合特に、芳香族炭化水素といって、いわゆる亀の甲、または、ベンゼン核という【わっか=環】を、内部に持つ、石油類を、重合しようという実験をやっていたのです。これは、化学実験室内での、装置では、全くできないもので、無理な、仕組みのせいで、突沸という現象が毎晩起きて、私は不良少年たちがアンパンといって、ビニール袋に入れた、50~100CCのものを吸う薬品を毎晩、500CCほど・・・・空中に飛散するものを、空中ないから、吸っていたのです。ビニール袋に入れているわけではないのですが、毎晩、それを繰り返して、ベンゼン、トルエン、キシレン、ナフサと、500CC瓶、8本は、吸ったと、思うのですね。または、12本、または、16本だっただっただろうか?

 心臓をはじめ体中の血管には弁があるそうですが、それが、もう、うまく開閉しないのだそうです。だから、私が・・・・・仁左衛門が調子が悪そうだ・・・・・などという文章を書く際に、面白がっているなどとは、思わないでくださいね。自分も大変だから、弱い人とか、調子の悪そうな人に対しては、同情心があるわけです。また、他人でも調子が悪そうだと、みると、それに、すぐ気が付くという事もあります。

 トルコのイスタンブールで、四時間も気絶するという事さえあったのです。たまたま、駐在員をしていた義弟が、紹介してくれた、シェラトンだったので、医療体制が、完備していたらしくて、四時間後に、覚醒することができたのでした。気が付いてから、左側を見ると、点滴がまだ、ない時代(ほぼ、40年前)だったので、太い(多分100㏄)の注射器が、4本ぐらいステンレスのトレイに、乗っかっているのが見え、それに、気が付いて、・・・・・400CC以上の何かを打ってもらったので、生き返ったのだなあ・・・・・と、思いましたよ。

 で、元に戻ります。私は石油には本当に縁があるのです。父も学生時代は、鉱山学部・石油学科の第一回卒業生でしたし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題2、『今は鶯吟亭と、呼ばれているお屋敷(鶴岡八幡宮様の、VIP用接待所)から、猛煙が出てくる時期があった』

 その上、この鎌倉雪ノ下では、他人の、石油製品のおかげで、大迷惑をこうむっています。その迷惑行為とは、横浜市北部の土建業者が、この鎌倉雪ノ下の我が家の直下の、瀟洒な数寄屋造りの平屋のお屋敷を買って、此処で、週末の、別荘生活を開始した日の、一年後、ぐらいから、始まりました。

 私は彼と、また、ご近所主婦たちの双方から、大迷惑をこうむったので、法務局に行って、所有者の登記簿台帳の閲覧を申し込んで、その男が、土建、プラス、建築・業者であることが、わかったのです。それで、何で、油煙が、山ノ下から、立ち上ってくるかを、理解したのでした。10年以上が過ぎた今では、彼の、会社名も、個人名も忘れてしまいましたが、なぜ彼が、石油製品を燃やすかを理解したのでした。

 私はその様に、慎重に調査をしてから、ことを起こしますので、前田夫人や、そのほかのご近所主婦たちの、瞬間湯沸かし器的な、態度、しかも間違っていることを平気で行って、謝罪も、しない態度には、いつもいつも、仰天をしているのです。『どうして、あんな人が國學院大學の講師なんですか?』と、ただ、ただ、仰天をしているのです。そういう歳月を過ごしていたら、鶴岡八幡宮の、大イチョウが2010年3月に、倒壊したので、『なるほど、天の神様は、きちんとすべてをご覧になっておられるのだ』と安心をしたのでした。というのも前田夫人の驕慢の陰には、「自分は、鶴岡八幡宮様の推薦で、國學院大學の講師になっています」と、言う、誇りがあったと、思うからです。

  その男の当時の様子を、後注1から抜きだして、再度ここに置きます。

 その人物はあから顔で、髪にはパーマをかけていた。白いベンツに乗って、週末、遊びに来ていた。敷地は多分、二千坪、ないしは、千五百坪のはずだ。(それは、前の持ち主の、白井さんが、相続で、半分を親戚にあげたと仮定したらの話だけれど・・・・・だから、戦前に、川口順子元外務大臣のご両親がここの土地を買った際には、3千坪、もしくは、2千坪のお屋敷だった筈).sono家とも私は地境を接しているのだが、ともかくのこととして、その男性が、はしゃぎ切って、焚火をし続けたのだった。焚火とは、原始時代から、人間にとって大切な事だったので、彼にとって、何らかの喜びを与えたのだと思う。土日に、私が、山の下に降りていくと、彼が、以前は、それで、あった古い木製の塀を、新しいものへ取り換えていた。その、金属製ブロンズ風の、門の隙間から、盛大な、焚火の様子が見えた。直径2メートル、高さ、1メートルぐらいに、落ち葉や草を積み上げて燃やしていた。

 彼は、さらに、はしゃぎ切っていて、30メートルの高さのクレーンを導入し、それを、我が家の真東(=八幡宮様の普通車用・駐車場)に置いて、高さ1、5メートルを超える庭石を、塀を乗り超えて導入し設置したのだった。今は、鶯吟亭となっている、書院造りの家の、庭内に、設置した。

 そのうち、どうも、仕事で出てくる産廃ごみを燃やし始めたらしい。ただし、古い家を一軒、壊して、その廃材を燃やすというよりも、白いベンツの後部座席などに積んできた、新築用の、家の、水回り品などのカバー類などの、きれいなものを燃やしたと思う。流しでも何でも、今は、段ボール箱に入っていて、しかも堅牢なテープで、縛って出荷されているが、そのテープ類をはがしたものを、燃やしたのではないだろうか? また、ステンレスそのものも、新品なら、被膜に覆われているし。それらは、石油製品だから、油煙は出る。その被害だけど、我が家が一番近いので、我が家が一番大きい。

 ::::::::ここで、再び、挿入に入るが、油煙というものを説明をさせていただきたい。それは、別名を【スス】といって、今76歳の私にとっては、当たり前の物質で、毎日目にするものだった。書道で使う墨の原料ともなっているもので、ある。宮崎駿のアニメに、【まっくろくろすけ】というのが出てくるが、あれは、【すす】を擬人化したものだと、思う。日吉の東急の分譲地に住んでいても、私が小さいときは、お風呂は【まき】でわかしたので、【すす】が出た。次の節で、自分は、【煤=すす】に対しては文句を言ったりしないで、ただ、自己防衛をしただけであると、言って居るが、すすが、当たり前の普通の物質だから、そういう風に行動する。それが害毒ですよと言う感じで大騒ぎすることなどない。しかし、若い人は、お風呂でも、ご飯でも、すべて、ガスと、電気で、熱を与えるので、【すす】を知らない可能性もある。

 I夫人が恐ろしい剣幕で、電話で怒鳴り込んできたときに、I夫人の年齢を考えると、すすが、彼女にとっても身近な物質であるという年齢なので、『どうしてこれほどに、大騒ぎをするのだろう?』と、不思議に思った。そこなのだけれど、段々、正確なことがわかってくると、

 これは、物質的な被害というよりも、前田夫人の、中学生の裏番長的性格の発露だと、わかってくる。彼女は常にだれかをターゲットにしていじめておきたいのだ。そうすることによって、生まれる上下関係があってこそ、やっと安心して居られる模様だ。そこも、『何という、田舎者だ!』と、思う。都会のご近所様同士で、上下関係など作ったら、生きていかれないのだ。

 まあ、ご近所同士の優劣など、大体は、わかる。しかし、上に立つ方ほど、優美に下手に出るものだ。それが事が円満に推移する秘訣である。しかし、彼女にはそれができない。アジサイ畑欺罔事件が、此処に絡んでくるので、私としては、全く納得ができない。彼女と藤本夫人との喧嘩は、彼女の方が悪いと、私は、思っている。その喧嘩の犠牲となって、引っ越してきたばかりの、我が家の土地が盗まれているのに、さらに、前田夫人からいじめられるのは、『これは、いったい、何なのだ?』と、本当に怒りが深い。

 だから、八幡宮の大イチョウが倒壊した時は、ほっとした。天は、すべてを、ご覧になっているのだ。前田夫人の幼稚で、あくどすぎる生き方を。ところで、前田夫人のために、ひとこと、ここで、申し上げておくと、「まず、安野夫人にビビって、その下手に出たのが間違いでしたね。どうして、もっと、主体性や、独立性をもてないのですか?」「どんな、場合でも、そして、普通の主婦でも、ある程度以上の、自主独立の気風を持たないといけないと、おもいますよ。そして、人を見る目を養わないといけないです。あんな女性とつるんではいけないのですよ。まあ、もう、後の祭りだけれど」と。:::::::

 という【油煙=すす】の説明を入れて、初稿の、部分に戻る。

 私は単純に自己防衛をするだけだ。油煙が、ひどいときは、洗濯ものを、家ほしにして、布団は取り込む。それだけである。大トラブルが起きてからは、消防署に電話をして、「私は、こういうトラブルに見舞われたので、困ります。煙の発生源である、あの人に注意してください」とは、言った。が、自分が相手の家に、怒鳴り込むなど、絶対にやらない。慎重のうえにも慎重だからだ。大金持ちで、赤ら顔で、太っている土建業者と喧嘩など、したら、その押しの強さだけで、負けるのは、確実だ。だから、そんなことはやらない。

 ところが、前田夫人たちは、私へ怒鳴り込んできたのだった。私が煙の発生源だと、誤解をして怒鳴り込んできた、電話だけど、怒鳴り込んできたのだった。失礼極まりないやり方だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

副題3、『私は母から、・・・・・七たび訪ねて、人を疑え・・・・・という諺を聞かされて、育ったから、その失礼さには、仰天をした。mazu、電話ではなくて、玄関まで訪問をしてきて、話すべきである。そうしたらすぐ、南側に案内できるので、我が家で、焚き火をしていないことは、明々白々になるだろう。そうなれば、I夫人は即座に謝罪をしないといけない。そうなれば、愛知県小牧市で、国盛化学が、放火され、大炎上することもなかった。で、ことが、ちいさい段階で、穏便に収まる。

 ところで、私は後注1の中で、その失礼な奥様の実名をさらしていない。I夫人とだけ書いている。ところで、その理由が、主にご主人が教養が高いからだと、言って居る。その点なのだけれど、最近、こちらに、ひっこしてきた人に向けて、一つだけ注意をしておきたいのは、そのご主人が活動している形は、ペンネームだという事。そのペンネームはここには書かない。だから、本名で検索しても、そのご主人のことはわからない。

 ただ、これ(=追悼文の実物の事)を知っている人は、若い人の中に、いるかなあ? ご主人が、奥様が亡くなった際に、町内会を通じて回した、奥様の思い出の記の事だ。最近の入れ替わりで、あたらしく、引っ越してきた、6,7人はそれを知らない可能性がある。だから、私が、此処で、ことばによって説明をさせていただくけれど、まず、用箋が素晴らしかった。ヨドバシで、300円ぐらいで買える、コピー用紙などとは、位が違う。薄いベージュ色の和紙だったと、記憶している。和の色名があるだろう。だが、私は和の色名には、詳しくないので、その色を、正しくは、説明しがたいが、伊東屋等で、探してきた、相当に高価な紙だろうなあと、思った。世界堂ではないはず。

 そして、その上に散っている文字と、文体の、素晴らしさを覚えている・・・・・現代語でありながら、・・・・・高野切れ、または、久方帖などを思わせる、・・・・・美しさ。

 :::::::ああ、此処で、又老婆心ながらの説明を入れさせていただく。高野切れ(こうやぎれと、読む)も、久方帖(ひさかたちょうと、読む)も書道のお手本である。かな文字の、練習に使う。

 高野切れに関する国立博物館の解説をここに置く。

「高野切(こうやぎれ)」は、『古今和歌集(こきんわかしゅう)』を書写した現存最古の写本です。20巻の巻子本だったものが分割され、巻九の巻頭の断簡を豊臣秀吉(とよとみひでよし)が高野山に与えたため、「高野切」と呼ばれるようになりました。筆者は、紀貫之(きのつらゆき)と伝称されてきましたが、実際は、3人の筆者が分担して揮毫する寄合書(よりあいが)きの作品です。3人の筆者を、第一種、第二種、第三種と呼び分けて研究が進められてきました。そして、第二種筆者が源兼行(みなもとのかねゆき、1023~74)であることが解明され、「高野切」は平安時代・11世紀中ごろに制作されたことが現在は定説となっています。

「高野切」は、平安時代の仮名の逸品で、日本の書の歴史の基盤を支える名筆です。その仮名の美しさは最高峰に位置づけられ、各時代の人々が愛好してきました。また、現代の私たちが使うひらがなの形は、「高野切」がもとになっていると考えられます。

 久方帖にかんする、説明

 ここなのだけれど、久方帖に関するwikipediaが見つからない。また、我が家に実物(と、言っても、お手本としての、昭和16年に、初版本が出たとされる、鳩居堂刊行の折れ本で、緑色の表紙のものだが)があるはずなのだけれど、見つからない。邪魔をされているのだろうと思って、しつこくググっていると、三頁目に私のブログが出てきた。それを読んでも、久方帖の、解説にはならないのだけれど、苦笑とともにそれを後注3として置いておこう。

:::::::という老婆心的解説を終えて、また、初稿に戻る。

 そういう素晴らしい追悼文を書いて、この山の人に回して読ませたミスター I が、この山随一の教養の高さを示す人であるのは確実なのだ。

 そして、そんなことは引っ越してきてから、一年以内にわかっていた。なぜと、言われれば、藤本禎子夫人から、こういう言葉を聞いていたからだ。「皆、私に対して、あいさつを、しないのですよ。でも、ミスターI だけは、してくださるの」と。

 上で、前田夫人に主体性を持ちなさいと、言って居る。それが、ミスター Iには、ある。住人、全部が。藤本禎子夫人の大悪口を言って、あいさつもしないという村八分状況の中で、ただひとり、ノブレスオブリッジを実践している人だったから。

 私の方も、藤本夫人には仲良くしてあげた。今の我が家を買う前から、この山には、トラブルが多いという事は知っていた。実際に引っ越してくる数年前に、別の家の売り出しを見に来たことがある。その持ち主がいうには、「この山に住んでいると、いろいろあって、家内がノイローゼになりましてね。だから、引っ越していく事を決意しました」と。そして、引っ越してきてからすぐに安野夫人に、トラブルのすべての原因が在ることがわかったのだった。そして、二か月も経たないうちに、彼女が略奪婚の人であることもわかった。

 普通なら、40過ぎで、しかも3人の子供がいて、上が高校生だと、ママ友同士の,aidaniある社会的な訓練を受けていて、どういう風に行動をすべきかを学んできている筈なのだった。ところが彼女は、その時点でも、マウンティングが大好きだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題4、『しかし、私は、今日を境に、ミスターI  とは、縁が切れるだろうと、推察している。そこが、CIAが影に居ることの、難しさなのだ。ミスターI は、利口な人だ。教養が高いと、どう時に、利口な人だ。したがって、私がほめていることに、ある種の警戒感を抱くだろう。したがって縁が切れる。今までだって、単なるあいさつを交わす程度だったが、其れもなくなる可能性もある。だが、私が、此処にこれだけのことを書いたのは、2013年、廃棄物処理法が、変更になって、焚火をしてはいけないという事になった、その裏側には、前田清子さん・・・・・特にその失敗・・・・・を、サポートする動きがあり、それを説明するためには、I 夫人が電話で、怒鳴り込んで、来たことを、書かないといけないから、書いているだけなのだ。それに、「焚火はしていませんよ」と、私が、言っているの,10分待っても、I夫人が謝罪に来なかったことを、問題にしている。

 しかも、奥様は、後刻、遠藤夫人(娘を妙本寺にお嫁入させた。しかし、毎日ごみを我が家に掃き入れるなどというものぐさの限りの女性である。したがって、今では、小錦並みの体形となっている女性だ)に対して、私の悪口を言った可能性もある。それで、遠藤夫人が毎日、60cmは低い、我が家に庭ごみを掃きこんだという可能性もあるからだ。ただ、奥様の最晩年に毎日、ご主人が、山ノ下まで、迎えに行っておられた、そういう姿で、何とも言えない、賢さと、解決策が見えるので、それを、ほめたいと、思っただけだ。「神様は、ご覧になっておられるし」とか、「神様は、すべてをお見通しなのだけれど」と、言っておこう。

~~~~~~~~~~~~~~~

副題5、『ここで、7日に、大問題を挿入しないといけなくなった。

 ここで、本日(=2018年10月7日の午前二時から、国盛という化学メイカーの工場で、火災が起こり、油煙がもうもうと出たというニュースがありました。(後注5)で、これは、一般の読者様にむかっては、書きたくないほどですが、これも、また、このブログに対する直接的な復讐事例です。前田夫人が、今、それをやるかというほどのこと・・・・・・玄関のオレンジ色の電灯をつけております。という事は、勝った、勝ったと、思っている証拠です。

 その上、第二のもっと、恐ろしい証拠は、上の火事に触れた途端に、この今書いている文章の全文が、消えたのでした。まあ、復活をさせる技術を、既に、確保しておりますので、復活しましたけれど、これと、おな時、事が、12年ぐらい前に、頻繁に起きていたのですが、そのころは、震撼しました。今は、大丈夫で。全文を外部から消してやるぜという動作には、すさまじい敵意を、感じるからこそ、今書いていることが真実なのだと、判断をすることにしています。

 で、放火をだれがやったかですが、鎌倉エージェントの、言うなりに動く、警察の殺人用別動隊でしょう。どうしてそういうかですが、下の写真を見てください。

 これは、13号で、安野家の前に長らく、しかも堂々と張り付けてあったものです。同じものの14号が、長らく、これまた、前田家にありました。今は、小野寺夫人宅に移動をしている模様です。あのね、こういうものは、繁華街で、やくざがみかじめ料を取る様な場所で、警察が、「小さな個人商店を、守ってあげますよ」というために、町内会長宅の門前などに置いてあるものです。この山には、やくざなどいません。しかし、中谷共二氏は、どうも、隠れCIAだったらしくて、瀬島隆三に頼まれて、我が家の東北の崖を無断で、削りました。大量の土を取ってしまったのです。やくざではないが、やくざ異常に恐ろしいことを平気でやりました。

 そういう恐ろしいことを彼がやったのは、前田家が、異様な土地の、占有をしているからなのです。私道部分に張り出して、土地を使っています。それを藤本夫人と彼女たちが喧嘩をしたので、藤本夫人に責められているのを、中谷氏が、救ったのでした。その救うという行動そのものが、私の土地を盗むという事と同義だったのです。

 そのとばっちりで、全く無関係な私が土地を、33年間にわたって盗まれているというわけです。それをアジサイ畑欺罔事件と私は読んでいます。過去に詳しく説明をしたところがあるので、此処では繰り返しません。

  前田祝一氏は、79歳で、2017年に死んでいるので、安保闘争を、現場で、知っている人だと、思います。したがって、この看板を門前に置くのが、はずかしい人間でしょう。だから、白い文字部分を削っていました。しかし、安野氏は、臆面もなく、飾り続けていました。1960年代には、警察は、犬と呼ばれていたものです。で、安野氏って、大学を出ていないのではないかと、思うようになりました。新聞も読んでいない人でしょう。年齢が問題なのです。あの年齢で、警察の犬であることを堂々と他者に誇るなんてありえないのですよ。普通の男子学生ならね。又学習院大学等を卒業していたら居たで、この看板が、超恥ずかしいものであることはわかるはずなのです。 

~~~~~~~~~~~~~~~~

副題6、『井上ひさしは、2018年10月5日(金曜日)、NHKニュースウォッチで、自分の顔を大写しさせた。富田靖子主演で、新宿で、「母と、暮らせば」が、劇として、始まったことに、ことよせてだ。その五時間後に、この放火が起きた。

 で、いつもと同じく、彼が発案して、警察の特殊部隊が、実行をしたと、推察している。それに、その放火で助かるのは、前田家と、やすの家で、両家とも、長い時間、「自分は、警察の協力者です」と、外へ、広言をしてきた人たちだから、そうなる。 ここでいういのうえひさしとは、日本ペンクラブ会長で、直木賞審査委員の、井上ひさしです。かれは、公的には、自分を死んだことにしていますが、実際には生きていますよ。

 金曜日に、自分の顔を大写しさせたのは、五時間後、放火が始まり、雨宮舜は、ビビるはずなので、この廃棄物処理法案の改変が、自分達の策謀であることは、表に出ないと、自信をもって、そして、うれしくなって、NHKに顔をさらさせたと、私は、思っていますよ。。成功するぜ。だから勝つのだと、うれしくなっているから、そういうにゅーすをつくらせたと、見ています。これは、正しいでしょう。直後にNHKオンラインを点検しましたが、このニュースが出てこなかったのです。それで、グーグル検索をかけて、そちらで、劇のタイトルを入れたり、富田靖子のグーグル検索をかけたのですが、井上ひさしの顔が大写しになった、NHKニュースウォッチだけは、出てこなかったのです。

 これは、政治的に、悪い意図をもって、作られたニュースの典型例です。 

 なお、このブログの、2919年より数え始めた延べ訪問回数は、4940230です。まだ、誤変換が残っていると思いますし、リンク先が完成していませんが、書いた日付と署名を入れます。

  2018-10-7~9にかけてこれを書く。雨宮舜(本名 川崎 千恵子)

後注1、

安倍政権が焚火は駄目という法律を2013年に作った・・・それについて、18-10-5に、書く事を決意する

2018-10-06 22:15:52 | 政治

後注3、 

武田双雲を、新発見する。人間は上質だ。だが、書体には、やはり、ついて行かれない・・・・・  △

2015-12-07 21:03:01 | 子育てモノ 


コメント