町田市議会議員 山下てつや “獅子奮迅”

てつやではたらく“山下てつや”が日々の活動や出来事、お知らせしたいことを報告します。

上小山田での住民説明会に参加

2018年07月15日 | 活動日誌

山下てつやです。小山田の蓮田も、ハスの花が、見事なまでにみられるようになりました。晴れた日には、早朝からカメラを手にした人たちが見られるようになりました。しばらくは、こうした光景を見る日が続きそうです。

上小山田地区における資源化施設整備に伴う、地域要望に対する進捗状況の説明会が行われました。下小山田同様、上小山田も、広大な調整区域が広がっており、農と緑のまちづくりを目指してきた地域です。その地に、廃棄物を処理する施設を建設するわけですから、住民は市の対応を厳しく監視しています。

調整区域が主体の地域では、土地利用が制限されていることから、市街地と比べるとまちづくりは遅れています。つまり、資源化施設整備をすること以前に、道路整備をはじめ、交通利便性、防犯や交通安全、さらには、土地利用を含めたまちづくりなど、もともと、地域要望は多く、地域の発展に大きく関心がもたれている地域です。

住民側にとっての資源化施設の受け入れは、その発展を少しでも取り戻すとの意味合いが強く、市の担当者は、それを踏まえた対応をする必要があります。

本日の説明会では、個別の要望に対する進捗状況が説明されたわけですが、これらの要望は、住民にとって当然大切なものばかりですが、市としては、町田市の発展、活性化につながるものとして、対応していくべき課題と位置づけるべきです。積極的に、将来ビジョンやまちづくりの方向性を示していくべきであると、話を聞きいての感想です。

資源化施設を受け入れいるだけでも、市の発展に資することは確かなことですが、貴重な緑が残り、将来的には、小田急多摩線の駅ができるといわれるこの地域の発展は、地元住民の願いという面だけではなく、町田市の発展の大きな要素であると考えるべきです。

今日は、もう、この説明会の時間が半分以上過ぎて、まちづくりについての言及が役所側からありました。

次の説明会までに、いかに地元住民、市民の気持ちに寄り添った対応を進めることができるか期待をしたいと思います。

小山田緑地、朝のランは気持ちいい

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図師小10周年

2018年07月14日 | 活動日誌

6月28日、図師小学校が10周年の記念式典、祝賀会を開催。来賓として、出席致しました。

図師小開校は、議員一期目の2009年。母体校が、忠生小(当時は忠生1小)と小山田小という長い歴史を持つ伝統校であり、当時は、図師小の学区に編入されることを望まない声が、少なからずありました。学区を決める際に、ご尽力いただいたPTA関係者や地域の皆さんは、本当に、大変だったと思います。

10年という歴史を積み重ね、校長先生、教職員の皆さま、地域の皆さま、入学した子どもたち、そして、保護者の皆さんの尽力により、入学を望む声が、大変多く聞かれる学校になりました。地域との絆も深め、見事に、図師の地域のコミュニティの核となる学校になったと思います。

当日は、多くの関係者が集まりました。我が家も、二人の息子が、大変、お世話になりました。図師小10周年、本当におめでとうございます。

 

図師小10周年キャラクターさかみちくん どの地域からも坂道を登ってくることを図師小をイメージ

PTAの皆さんの心こもった懇親会、飾りつけも、手作りの品

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月議会では、仮称国際工芸美術館実施設計予算削除の修正案を提案、可決されました

2018年07月12日 | 活動日誌

6月議会では、市長の予算案に対して、修正案を提案、可決されるに至りました。市議会公明党としては、これまでにない対応であるとあると思います。仮称国際工芸美術館の実施設計予算を削除を提案し、賛成多数で可決。建設予算に約30億かかるといわれ、主な展示品は博物館に所蔵されているガラス工芸品や陶磁器になります。市民の声を、私も、かなり聴いてみましたが、圧倒的にやめるべきとの声が多数。ここは、一から検討しなおすべきと、修正案を提出しました。

本日、毎日新聞に掲載され、ネットでも配信されています。https://mainichi.jp/articles/20180712/ddl/k13/010/011000c

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議会運営委員会の視察に、さいたま市、南三陸町、仙台市

2018年07月11日 | 活動日誌
7月9日より議会運営委員会の視察を行い、さいたま市、南三陸町、仙台市に行ってまいりました。
さいたま市においては、オープン委員会の取り組みについて、説明を受けました。広く開かれた議会、議会による市政における課題の情報発信など、市民に直接的な判断を仰ぐ場として、参考にしてまいりたいと思います。
さいたま市への途中、立ち寄ったサービスエリアも、地産地消、環境への配慮など、民間活力の導入が活かされてる。

南三陸町、仙台市においては、災害時における議員、議会の対応について、説明を受けました。また、あわせて、被災地おける様々な当時の状況をお聞きしました。

南三陸町、仙台市議会ともに、大災害時における議員や議会の対応方針がなかったことから、それを機に、議会や議員の対応方針を定めもした。また、執行部側の災害対策の組織体制にあわせ、議会における災害対策の組織整備のルールをづくりを行っています。
両議会において、大災害時における議員の動きとして、個々の執行部側とのやりとりをすることは、災害対応として、有効性を欠き、かえって、妨げとなりかねないとの認識を確認することができました。
災害時においては、正しい情報を、議会として、一元的に入手、あるいは、執行部側へ提供し、被災地における市民、町民生活に広く役立ていく必要性や役割を確認することができました。

南三陸町防災対策庁舎

新しい庁舎内。南三陸町は、庁舎が被災。新たな役場庁舎は、海抜61メートルの場所に整備。様々な記録、データの復旧に、労力をかけた。
南三陸町は、町の6割以上が被災。町全体が壊滅的となった。
仙台市において、避難所の対応についてうかがいました。避難所の対応の差があったとの認識から、避難所ごとに担当課を設けたとのこと。

仙台市庁舎内。七夕をアピール。
東北は、被災地としての風化。一方で、風評被害により、インバウンド需要の取り込みに影響を受けている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな集会、地域の視察など

2018年06月25日 | 活動日誌
山下てつやです。今朝は、町田駅で挨拶を致しました。デッキに居ても蒸し暑さを感じました。ここ数日は、地域の小さな集まりに参加。
境川団地の方からは、高齢者のごみ袋の無料配布について、今年から、世帯全員が非課税の世帯のみの配布となり、対象から外れた方から、問い合わせを受けました。収入が限られている高齢者にとっては、親しまれてきた施策であることを改めて感じました。



境川団地は、駅からも近く、若い人たちにも人気がある

鷄笑さんは、事業者が変わり、券売機を使って1人で対応しています
ムネの唐揚げをお昼のおかずに買いました


日曜日には、操法大会を見学

昨日は朝から、地元の緑地の管理について、地元の皆さん、担当職員の方々と現場視察の立会いを致しました。
これから緑地の管理について、どう行っていくのかについて計画を立てる必要があります。また、管理が行き届かなくなると、親しまれるべき緑地が、不満や不安を述べられるような場所になってしまいます。そうなる前に、住民の皆さんと、市が協議をして、管理や活用などを考えていく必要があると思います。
緑豊かな町田市にあって、これを将来にわたり、維持していくには、何よりも地域住民の理解が必要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

委員会を終えて

2018年06月23日 | 活動日誌
山下てつやです。昨日で町田市議会は、委員会審査を終え、来週はいよいよ本会議における表決を行います。
本定例会においては、3月に市長選があったことから、補正予算ではあるものの、政策的な予算が含まれています。
野津田競技場や薬師池公園、そして、仮称国際工芸美術館の設計予算が計上されており、このうち、建設費が30億とされる仮称国際工芸美術館の設計予算に、私たち公明党は反対の意向を示しています。なかなか市民感覚として、受け入れることはできない、厳しい予算編成の中で、この美術館を建設することとなれば、市民の賛同は得られないと考えています。

今日は、少しお時間をいただき、所属するマラソンクラブの合宿に参加し、熱海まで来ています。雨の中を走り、メンバーの皆さんと走りました。
日程の関係から、途中で帰りますが、かなりの緊張感を持って日々議会活動をしてきたことから、しっかり、ストレス解消をさせていただいています。明日からまた、全力投球です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川中央交通に路線バスに関する要望

2018年05月23日 | 活動日誌

山下てつやです。公明党町田総支部議員団にて、神奈川中央交通平塚本社に行き、バス路線に関する要望を行いました。路線バス運行に関し、新たな路線、路線の増便、バス停の施設整備、運賃の支払いやバスの発着等に至るまで、細かい市民の声を届けています。

バス会社の状況、業界事情などを聞くことができる機会でもあります。バス会社に限らず、輸送や運送などの運転士に限らず、自動車関係の整備士も、人材確保が難しく、若者の車離れは、これに拍車をかけ、深刻さが増しています。

こうした人手不足から、バス会社は路線バスの運行の見直しをせざるを得ない状況にあります。

町田市には、連節バスが運行していますが、こうした輸送力のあるバスを、これまで以上に有効に使い、路線バスの維持をしていくことが求められています。

あらゆる業界で、人手不足が深刻化し始めていますが、路線バスが、主だった公共の移動手段である町田市民にとって、このバス会社の人材確保は、身近な問題として捉えていく必要があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW明けです

2018年05月07日 | 活動日誌

山下てつやです。昨日で、GWが終了。今朝は、町田駅での挨拶を行いました。

今年のGWは、地域での行事、また、鶴見川鯉のぼりのイベントの手伝い、また、最終日となった昨日には、忠生地区町内会自治会連合会の総会懇親会に出席し、多くの方と関わることができました。

鶴見川鯉のぼりの行事の際、いくつかの質問を受けた中に、山梨出身の方から、武者のぼりの設置について聞かれました。もともと、鶴見川鯉のぼりのイベントでは、鯉のぼりを泳がせることしかしていなったのですが、およそ10年前になると思いますが、主催する鶴見川育成会の会長の提案を受け、幟をあげようとの呼びかけにより始まったものです。その幟を、当初は、笛吹市の行事で使われていたものをお借りした経緯がありました。武田信玄の合戦のイベントで使われていたものを、笛吹市さんのご厚意により、お借りしたわけです。

その後、鶴見川のイベントでも、独自にスポンサーを募り、笛吹市の業者さんに頼み、幟を作成。デザインが図柄が、山梨出身の方にとっては、見覚えがある、そして、懐かしく感じられるのは、そのためです

 

また、お借りした当初、尽力をいただだいたのが、公明党の笛吹市議の方でした。また、お借りした後も、しばらくは、鶴見川育成会は、笛吹市と交流を続け、合戦のイベントの後片付けのお手伝いをしていた歴史があります。このような行事を続けていく背景には、多くの方の協力と、行事を見ただけではわからない、特に、会長を始めとした育成会の主だった方々の知られることのない苦労もあり、15年続いてきたこの意義を改めて感じます。これからも続いてほしい行事です。

忠生地区町内会自治会連合会の総会では、今年度の活動方針として、多摩都市モノレールの町田方面延伸促進への取り組みが継続して示され、導入空間確保の署名に取り組むこととなり、特に、当初の予定では、この導入空間の計画がされてきた下小山田町、忠生地区にとっては、今年度の重要性の高いと活動となります。多くの方のご理解をいただけるよう、しっかりと支援をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月末となりました

2018年04月30日 | 活動日誌
今日は、4月30日、月末となりました。GWの祝日ということで、朝は、少し遅い時間から、いつものコース、谷戸池、尾根緑道などを走りました。遅いといっても、朝7時台ですから、まだまだ、涼しいはずと思いきや、気温の上昇が早く、少し暑さを感じるほどでした。

お昼から、鶴見川の泳げ鯉のぼりの手伝いに参加。交通、駐車場整理などを行いました。

例年通り、賑やかに、たくさんの親子連れの姿を見ることができました。
5月3日から、いつも、ひもの屋さんも来るようです。ぜひ、足をお運びください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武相マラソン

2018年04月29日 | 活動日誌
武相マラソンかわ開催され、役員として参加しました。
ここ数年は、ハーフに出場していましたか、今回は、役員をさせていただきました。

神奈川中央交通野津田車庫から競技場までの誘導を担当。現場では、東京国体の際に結成されたまちサポの皆さんと一緒になり、移動や休憩の間に、様々お話を聞くことができました。



毎年、参加していることが、定着してきているようで、たくさんの方から、『走ったの?』などの参加について、聞かれました。来年は、ぜひ、参加しますので、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SNSを活用したいじめ・自殺相談の勉強会

2018年04月23日 | 活動日誌

本日は、公明党東京都本部によるSNSを活用したいじめ自殺相談の勉強会に出席し、基調講演として、清水康之さんの話を聞くことができました。もともと清水さんは、NHKのディレクターだったそうですが、自死遺児の取材をするなかで、日本の自殺対策への限界を感じて、NHKを退社。自らが自殺対策のつなぎ役いなろうと活動をしています。

また、LINE株式会社、トランスコスモスの公共政策担当者、東京都の話をうかがいました。

自殺対策は、それに至る背景があり、そこには、多岐にわたる課題や問題がある。縦割り行政や対面しての対応では、問題解決の妨げとなる事例や、SNSの活用、特に、それをコミュニケ―ションツールとして利用する若者にとっての有効性など勉強することができました。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さくらまつり

2018年04月16日 | 活動日誌
下小山田内会のさくらまつりが開催されました。心配された雨もあがり、大いに盛り上がる町内会の集いになりました。

小磯都議も来られ挨拶されました。
同じ時間帯で開催された小山田フリパも、初の試みでしたが、大変盛り上がり、すでに次回開催を望む声や参加の希望があるようです。これは、小山田小学校竹の会(父親の会)が主催。地域にとって学校施設の活用の新たな可能性を引き出す取り組みとなりました。



今日、明日と富山市にて行政視察を行います。ほぼ人口も同規模の富山市。障がい者や保健福祉の施策、また、県立美術館などを視察する予定です。



写真は、自宅から持参したたけのこご飯のお弁当。新幹線の中で食べます。もちろんたけのこは、地元、町田市の小山田産です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑の春に向け

2018年04月08日 | 活動日誌

こんにちは、山下てつやです。葉桜となたった尾根緑道のさくら祭りも終わりました。季節的には、これから暖かくなるころですが、昨日、今日と肌寒い日が続き、すこし、体調に影響もあった方もいたのではないでしょうか。

今朝は、久しぶりに小山田緑地を走りました。新緑の緑地内は、鳥の囀りや生きものが動く音が聞こえ、春らしい空気を感じました。

午前中は、東京土建一般労働組合町田支部第53回定期総会に来賓出席。スローガンの中に、後継者の育つ魅力ある産業へと転換を目指すとありました。後継を育てるには、安定した仕事や利益の確保が必要となります。今後、市としても、公共施設の更新、中心市街地の再開発、また、多摩都市モノレール延伸に向けたまちづくりなど、今始められている南町田の再開発をはじめ、建設需要は極めて高く、こうした需要にいかに対応していくのかが問われる中、後継者不足の問題は、大きな課題です。その点を踏まえた、計画や調達もあり方を検討していく必要があります。

今日は、鶴見川のこいのぼりの設営の手伝いを短時間ですが行いました。この事業は、すべて、民間の方々が行っています。

今日は、久しぶりに支援者宅を訪問することができました。選挙以来会ってなかった方の中には、入院されていた方もいました。また、自治会関係者の方とも懇談しました。高齢者の一人暮らしが増えていることについて、意見を聞くことができました。周囲の見守りにより解決できること、そして、できないことなど、今回の質問でも取り上げた点について改めてうかがうことができました。

改選後、ようやく時間をとって、多くの方と会うことができました。引き続き、地域と密着するなかで、活動をしてまいります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本会議表決、一般質問が始まりました

2018年03月23日 | 活動日誌

山下てつやです。少し、ご無沙汰してしまいました。

今期、最初の定例議会も、今日で新年度予算や議案に対しての表決があり、新年度予算が成立しました。また、今日から一般質問が始まりました。私は、来週28日に質問する予定です。

また、今夜は、木曽連合の研修会に参加。短時間でしたが、久しぶりに現場の第一線で奮闘されている会長の皆さんと会うことができました。自治会町内会も、加入率、高齢化の波、差し迫った課題について、話をうかがいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今期の初日となりました

2018年03月11日 | 活動日誌

先週金曜日に、今期の初日も迎えました。

このたびの市議選では、支持者の皆さまの絶大なる支援をいただき、4期目の議席をいただくことができました。感謝の思いを忘れず、皆さまのご期待に応えられるよう、市民生活の現場に入るとともに、全力で、議会、そして、日常活動に取り組んでまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

今期の得票 4,007(13位)

これまでの得票数と順位 一期目4,077(9位) 二期目4,428(11位) 三期目3,979(8位)

会派の代表に就任しました。緊張感、責任感を持って、これまで以上に、市民の皆さまのために、何事にも取り組んでまいります。今期の我が会派の取り組みの抱負を述べさせていただきます。

私たち公明党は住民が自らの意思と責任で地域のことを決定することが新しい地方自治のあり方であると考え、市民目線に重点を置いた政策の実現に取り組んで参ります。具体的には「多摩都市モノレールの町田延伸・小田急多摩線延伸に向けた環境整備」 、「身近な地域で多様な健康づくりの場の提供」 、「文化・芸術ホールの建設・スポーツ環境の充実」を図っていきます。さらに「小中学校給食の無償化」 、「交通不便地域の解消」 、「無料Wi―Fiスポットの拡充」 、「充実した産前・産後ケア」 、「ユニバーサルな社会の構築」の実現を目指します。

 人口減少、少子高齢化、都市の老朽化など直面する諸課題を踏まえ、住民サービスや危機対応力の強化・充実、公共施設の更新及び維持・管理、次世代育成等の自治体政策の課題への取り組みに邁進します。具体的、かつ積極的な政策提言を行い、希望都市まちだの構築に全力で取り組みます。

 

本日は、木曽山崎センター祭りの会場に足を運びました。今年は、商店街と協力をしながら、URが主催する防災まつりも同時に行われています。 昨日、一昨日と、土砂崩れの現場に足を運びました。 人が巻き込まれる被害はなかったものの大規模な地すべりも発生しており、今後、警戒を強める必要性を感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加