町田市議会議員 山下てつや “獅子奮迅”

てつやではたらく“山下てつや”が日々の活動や出来事、お知らせしたいことを報告します。

調整区域内のお宅訪問

2021年05月25日 | 活動日誌
今日は小山田地域、主に、調整区域内のお宅を訪問しました。全員65才以上でしたので、ワクチン接種の予約はどうですかと挨拶をしながら確認。皆さん苦労はされているものの、予約済み。最初は電話をかけつながらず、そのうちに子どもや知り合いなどに手伝ってもらいネット予約という方が多くいらっしゃいました。
夜、ワクチン予約のボランティアをされた方から連絡をいただきました。一人暮らしで、頼れる人がいない、お子さんもいない高齢者はとても多いとの実感だそうです。また、接種会場までの移動が困難とのコメントも多かったとのこと。移動にタクシーを使える自治体もあるので、調査をしたいと思います。
今日は蒸し暑くなりました。途中から歩きながらの移動をしました。
秘境のようですね


蝶が舞う


猫も集団でいましたら




コメント

地域猫活動

2021年05月22日 | 活動日誌

今日は、午前中、地域猫活動をされているご家族宅を訪問。地域猫活動とは.飼い主のいない猫の問題に取り組む活動です。具体的な活動は、地域の理解を得る、猫が増えないように不妊去勢をする、猫用トイレの設置やエサの管理清掃をするなどです。家の近くで猫の赤ちゃんが産まれて、エサをやっているうちに居着いてしまったことから、積極的にかかわるようになったようです。また、夕方から公明党町田総支部時局講演会を開催。緊急事態宣言が発令されたことから開催が危ぶまられましたが、感染対策をほどこしながら開催。コロナ禍にあっても、会場まで足を運んでいただきました。参加者に感謝します。

コメント

ワクチン予約開始から5日

2021年05月21日 | 活動日誌

今日で、ワクチン接種の予約開始から5日間が経過しました。電話がなかなか通じないということで、5人ほどネット予約のお手伝いをしました。一日中かけても通じないということで、人伝にご紹介をいただいた方もいます。その中には、ネット予約を試みて途中で止まってしまい断念した人もいました。介護職につく友人は、お一人お手伝いをしたところ、私もということで、一人で10名以上の予約をしたとのことです。いずれにしても、そうして何方かの力を借りられるようになればいいですが、まだ、電話が通じないでいる方もいると思うと心配です。詐欺も心配されています。これについて、支援体制として、他の自治体では大学生をアルバイトで雇い、支援をはじめているケースもあり、その点で、市側に具体的な支援をするよう要請したところです。

また、市内のいくつかの事業者を訪問しました。テレワークが進み、外出機会が減ったことから、洋服が売れなくなったということを聞きますが、理髪店もその影響があります。また、収入が減った方が理髪にかけるお金を減らすことも考えられます。理髪店もこのコロナの影響を少なからず受けています。その影響を受ける中で、感染対策を徹底しなければならず、そこにかける費用も負担になります。また、換気のために、窓やドアを開けての営業を行う必要もあり、暑さや虫など夏場の対策も大きな課題です。

緊急事態宣言の延長も懸念されており、感染拡大の収束の見通しが立たない状況が続いています。アルコールの提供が制限されるなかで、お知らせをいただいたお店で、テイクアウトをしました。今日は、少し贅沢な夕食になりそうです。

コメント

境川団地に鯉のぼり

2021年05月02日 | 活動日誌
境川団地の広場に鯉のぼりが泳いでいます。自治会の取り組みを地元消防団が協力し作業が行われました。
この鯉のぼりは、一昨年16回目を迎えて最終回となった鶴見川の「泳げ鯉のぼり」でつるされたもの。
境川団地自治会が「泳げ鯉のぼり」の終了に伴い、イベントを主催した鶴見川育成会から寄贈を受けました。
私も鶴見川育成会のメンバーとして議員になる前から、「泳げ鯉のぼり」に携わってきました。
会長の石川さんが、子どもたちに思い出をつくってあげたいとの思いから始まった同イベントも会員の高齢化などにより継続が難しくなり、惜しまれる中終了。

今日は、同会メンバーでもあったこいそ善彦都議、境川団地自治会長と一緒に見学。
途中、肩車をして鯉のぼりを仰ぎ見る親子連れの姿を見て、鶴見川での泳げ鯉のぼりに携わった時間が懐かしく思い出されました。







コメント

七国山の緑地保全

2021年05月01日 | 活動日誌



こんにちは、山下てつやです。今日午前中は七国山のボランティア活動に参加。自然観察も行いました。5月となり木々も青々と生い茂ってきました。蝶も🦋所々で見られます。少し苦手な毛虫も。
七国山は東京都の緑地保全地区として指定されているエリアがあります。一方で、頂上付近の畑のほとんどは民有地。七国山の景観やそこからの眺望の素晴らしさを考えると保全をしていきたい場所です。


菜の花畑が広がる頂上の景色を見ながら、多くの人が、この場所の保全を願うのではないかと改めて思いました。あるのが当たり前のように感じますが、現在は、地権者様のご理解のもとに、この場所は未開発のまま残されています。いずれ住宅地になってしまう可能性もあります。
この場所の保全について、市議会一般質問でも取り上げていますが、市としての対応は七国山の緑地保全地区として都が指定するよう働きかけるというものです。
東京都は、未来の東京に向けて、緑地保全地区を増やす計画ですが、小磯都議とも連携してこの場所の指定が実現するよう取り組んでいきたいと思います。
コメント

地域の人のつながりについて

2021年04月22日 | 活動日誌

今日は、午前中JA町田本店を表敬訪問。改修中の育苗センターが話題になりました。新たに入れた機器が優れているようで、近いうちに視察に行きたいと思います。都市農業が盛んな町田市。小規模多品種栽培を行う農家も多い。これが、都市農業として生き残る道だという意見もある。薄井清さんの本にも似たようなことがあったように記憶している。それを支える町田の育苗センター。東京では唯一のものである。

その後は山崎団地に行き、小磯都議と合流。コロナ禍においても感染防止の対応を行いつつ住民の皆様と交流。コロナ禍でなかなか人と会う機会が減っただけに、久しぶりに会う方々との再会は楽しみです。

また、午後は町田警察に道路関係のことうかがいました。こちらは久しぶり。市民生活の安全のためには、相談することも多く、関係部署には顔を出しました。

午後は役所に戻り、市民相談への対応の後に、党社会的孤立対策本部主催のオンラインセミナーに出席した。講師は、村木厚子さん、そして、湯浅誠さん。お話を聞く中で、議員活動の中で問題、そして課題と感じてきたことなどと重なりあうことが多く、これからの議員活動において参考となるものとして受け止めることができました。社会的孤立と向き合うことは、地域づくりまちづくりにつながると考え、議会質問でも取り上げていきたいと思います。

先日は、公社住宅の自治会関係者を訪ねました。団地においても、例えば、ご高齢化したご夫婦どちらかがお亡くなりになると、残された側は急激に社会的なつながりを持たなくなり、外出を控えるようになるケースが多くあるようです。こうした現状も社会的孤立の典型的な事例だと思います。人のつながりがなくなることが生み出す、事件事故も多い。地域のつながり、民民同士の交流をどうつくっていくのか。こうした行政の取り組みが、これまで以上に必要と考えます。


朝は町田駅で挨拶。





コメント

第1回定例会を終えて

2021年03月30日 | 活動日誌
 


 本日は、第1回定例会最終日。3月補正、新年度予算など約一月半の日程を終え、夜は、消防団活動に参加。
 2021年度は、新型コロナの影響から、市税収入が減少するなど歳入予算の大幅な減少が見込まれます。
 予算編成においては、新型コロナの影響を受ける市民生活や市内経済を支える施策を最優先にするとともに、アフターコロナにおいて必要不可欠なデジタル化を積極的に推進する施策が盛り込まれ、早期実施が望まれます。

 ワクチン接種のスケジュールがいよいよ具体化される。公明党としてワクチン接種体制の整備は、最大の課題の一つとして取り組んできた。  
 一方、その中で迎える東京オリンピックパラリンピック。また、東日本大震災から10年の節目にあたる本年をどう捉えていけるのか。
 今日の公明新聞には以下のようにある。
「25日、東京五輪の聖火リレーが福島県の楢葉町、広野町からスタートした。第1走者は2011年女子ワールドカップで優勝した、なでしこジャパンのメンバー16人、笑顔の出発だった◆新型コロナウイルスの感染拡大によって、史上初めて1年延期された東京五輪は、「スポーツと平和の祭典」にとどまらず、コロナ禍と闘う人類の連帯のシンボルとしての期待もかかる◆また、同時に、東日本大震災から10年の節目にあたり、復興を発信するという狙いもある。」
 参加、不参加の状況や観光客の受け入れ断念など、従来の五輪への期待は失われたが、世界中がコロナと戦い、経験したことがない困難を乗り越える力の可能性もまた、限りなく大きなものだと感じます。
 自分にとっても、乗り越える力が試される一年となる新年度。様々な課題に、これまで以上に全力で取り組みたいと思います。
コメント

小山田桜台団地に

2021年03月20日 | 活動日誌

今日は、一般質問、そして、夕方より自転車にて小山田桜台団地に行き、谷戸池の状況を確認。その場で池の管理について要望を受けました。









 

外周道路の舗装打ち換え状況も確認しました。桜台のバス通りは、複数年をかけた舗装工事を行っています。1983年の入居の開始。30年以上が経過して工事を始めました。夕方地震があり、我が家もかなり揺れました。

第一回定例会では、モノレール導入に向けたまちづくりにおいて、地区計画への移行が済み、今後のまちづくりについて新たな機能が期待される小山田桜台団地について聞きました。「小山田桜台団地のようなゆとりある住まいにおいては、『みどり空間』との距離の近さを活かした暮らしや、新たな働きかけが実現できるワーキングスペースの創出など、機能の再編について再編について検討していきます。」との答弁がありました。引き続き、この団地のまちづくりに関わり魅力ある地域に発展できるよう取り組んでまります。

 

コメント

おうちでごはん事業について

2021年03月19日 | 活動日誌
町田市議会は一般質問4日目。公明党から松葉市議が登壇。社会的孤立などについて質問。
質問の中で、昨年9月議会の一般質問で取り上げた「支援対象児童見守り強化事業補助金」を町田市のおうちでごはん事業に活用し、2021年度も、本日補助金の活用を想定し当初予算に計上していることが確認されました。

おうちでごはん事業は、利用要件を満たす子どもとその保護者に、2週間に1回、無料でお弁当をお届けする事業です。利用要件は、児童扶養手当受給世帯(生活保護受給世帯を除く)の18歳未満の子どもとその保護者となります。→https://kosodate-machida.tokyo.jp/soshiki/4/5/5/6537.html
お弁当を届けるボランティアさんが、保護者や子どもたちをら見守ります。このコロナ禍も継続して行われています。
3月10日付の公明新聞には、新型コロナウイルスの感染拡大は社会的孤立にどのような影響を与えているかについて、以下の記述があります。
「コロナ禍は、日本社会がもともと抱えていた社会的孤立という問題を顕在化させた。リモートワークなどが進み、家族のつながりが豊かになった面がある一方、リモートワークもできない非正規の職場にコロナ禍の打撃が集中した。
 確かに、失業率は3%に達せず、日本は欧州などに比べて大変低い。だがこの数字で安心してはならない。シフトが半減して収入が大幅に減った、求職活動すらできず非労働力人口になっている人がコロナ禍で急増している。もともと職場での結び付きが弱く、孤立化のリスクが強かった層が、一気に孤立状態に引きこまれている。
 とりわけ、ひとり親世帯を含む若年女性への影響が甚大で、昨秋の段階で仕事から離れた若年女性が前年同月比で30万人以上増えている。」
  おうちでごはん事業に関わらず、こうした孤立や貧困に対して、アプローチができる体制の整備や充実にこれまで以上に取り組んでまいります。



コメント

コロナ禍における女性の負担軽減に関する緊急要望を市長に提出

2021年03月17日 | 活動日誌

公明党町田総支部( #こいそ善彦 総支部長)は、本日、石阪丈一市長に、コロナ禍における女性の負担軽減に関する緊急要望を実施。







若者グループ「 #みんなの生理 」が行ったアンケートによると、金銭的理由で生理用品の入手に苦労したことがある若者の割合が20.1%と、諸外国とほとんど変わらない水準で「生理の貧困」が日本にも存在することが明らかに。

公明党は、この世界的潮流になりつつある「生理の貧困」問題に取り組む団体より話をうかがい国の予算委員会や都議会で質問。佐々木さやか参議院議員の予算委員会での質問は以下の通り。

佐々木さやか参院議員:「3月1日から8日は女性の健康週間であります。今世界各国で女性の月経に関する『生理の貧困』という問題について動きがあります。『生理の貧困』とは、生理用品を買うお金がない、また利用できない環境にあることを指します。発展途上国のみならず格差が広がっている先進国でも問題になっています。たとえばイギリスでは、2020年から全国の小学校中学校高校で生理用品が無償で提供されており、フランス、ニュージーランド、また韓国などでも同様の動きがあります。

この問題は日本でも無関係ではなく、日本の任意団体が行ったオンラインアンケート調査によると、日本でも5人に1人の若者が金銭的理由で生理用品を買うのに苦労したという結果が出ております。個別の事案としても、貧困の中で購入ができない、ネグレクトなどによって親から生理用品を買ってもらえない、こういう子ども達がいると聞いています。日本においても、この『生理の貧困』の問題について、女性や子どもの貧困、児童虐待の観点から実態を把握し、学校での無償配布など、必要な対策を検討して頂きたいと思います。」

丸川珠代男女共同参画担当大臣:「経済的な理由で生理用品を購入できない女性や子どもがいる、という『生理の貧困』の問題に対応するため、海外では生理用品の無料配布などが行われていると伺っております。日本でもコロナの感染拡大によって、女性が特に大きな影響を受けていることも踏まえ、文部科学省や厚生労働省と連携しながら今後、何ができるか検討したい」

佐々木さやか参院議員:日本において遅れを取ってはならない問題だと思います。ぜひよろしくお願いします。

本日の要望では、石阪市長に対して、防災備蓄品の生理用品の配布、防災備蓄品の食料品もあわせて生活困窮者に配布、市内小中学校や公共施設等の個室トイレを利用して無償配布等を要望。市長から積極的に取り組む回答がありました。また、生理に対する理解を深めるための教育の必要性も話題になりました。早期実施が行われるよう市に重ねて要望してまります。

 

コメント

デジタル化と官民連携について

2021年03月16日 | 活動日誌

一般質問2日目。おんじょう由久議員、斉藤かつひろ議員が登壇。おんじょう議員からは、質問の中でデイジー教科書について取り上げました。ICT化により町田市はクロームブックを全児童生徒に配布。デイジー教科書については、クロームブック仕様ができ次第導入する準備ができているとの答弁。また、斉藤議員は、高齢者の見守りを取り上げ、見守りロボットの導入を求めました。ともにデジタル化と関連したものであり、デジタル社会に相応しい質問でした。これからの展開、導入が楽しみです。

デジタル化により、より一人一人に視点をあてた社会の形成が期待されます。教育、福祉これまで困難であったことが可能になります。一人も取り残さない、SDGsの推進にもつながります。


先日の虹

今日の公明新聞は、誰もが幸せな社会めざす 渋沢栄一「論語と算盤」から見る日本と題して、渋沢健さんと岡本みつなり衆議院議員の対談を掲載。その中で、渋沢氏は「渋沢栄一の経営哲学は、古代中国の孔子が説いた論語=道徳と、算盤=経済活動を両輪とすることにあります。論語の精神を経営に根付かせ、道徳と経済を合致させることによって民間の力を高める。そうすれば、国が豊かになるという発想です。1%の人が富豪になっても、99%の人が貧困であるならば、経済活動の意味がないという現代的意義を述べていました。」さらに、「機会は平等に保たれるべきだと語っています。つまり、幸せになるための機会を誰もが持てるような社会を思い描いていたのです。」



今日も自家製弁当

これから、市の取り組みでも、民間活力の導入は大きなテーマとなります。道徳と経済との関係を見る上でも非常に重要な視点だと思います。道徳と経済を合致させることで民間の力を高めるという発想は、官民連携を進める上でも重要な考え方だと思います。

民間活力の導入の際に活かしていきたいと思います。
コメント

一般質問初日 経済対策・中学校給食アレルギー対応

2021年03月15日 | 活動日誌

本日、町田市議会は一般質問初日。公明党から村まつ俊孝議員が登壇。地方創生臨時交付金の活用やアフターコロナを見据えたまちづくり、また、高齢者の安心の。これに対して市は、前向きな姿勢を示しました。しっかり公明党会派として後押ししていきたいと思いま

また、本日は、これから計画し、新たなセンター方式での提供となる中学校給食のアレルギー対応についての質問もありました。現在の選択制の弁当方式では自宅からの弁当持ち込みの自由が一般的であることから、アレルギー対応については、各家庭での対応に任せられました。市が、センター方式による全員給食に方針を決定したことから、アレルギー対応について生徒保護者の不安となることが想定されます。

今回の質問では、市は、最終的に保護者の声を聞くことで不安を解消していく意向を示しました。

これまで、中学校給食の推進にあたり公明党会派において給食センターの視察を3箇所ほど実施。視察の大きな目的としてアレルギー対応の調査がありました。佐世保市、甲府市、八王子市など、全て、アレルギー対応とその具体策を確認。





アレルギー対応の有効性については、不安をもっている方も多いと思います。その点では、保護者の声を聴くとともに、アレルギー対応の生産や搬出の工程を確認することは極めて重要です。

これまでの視察では、専用の部屋を用意の上アレルギー対応のための食事をつくっていたケースがありました。当事者の皆さんの不安を解消することも重要なことです。調理から搬出までの工程が見える施設整備をするなどの対応も考えられます。しっかり取り組んでいきたいと思います。

コメント

東日本大震災から10年を迎えて

2021年03月11日 | 活動日誌
東日本大震災から10年を迎えました。
犠牲となられました方々とそのご遺族に哀悼の意を表するとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
発災からおよそ2ヶ月後、陸前高田市に。ご遺族の手がかりを探している方から当時の状況をお聞きしました。




その帰りに役場ごと避難を余儀なくされた浪江町二本松支所に立ち寄りました。
馬場町長に被災地に洗濯機を送りたいとの町田市民の声を直接届けるとともに、浪江町から町田市内で避難生活をされている方々の状況を伝えました。
自然災害の脅威、自分に何ができるのかなど、様々なおもいを巡らせながら町田まで帰りました。




町田市の団地には、被災者が避難をしてきていました。特に、山崎団地に来られた方とは度々連絡をとるようになりました。ちょうど、就学前や学齢期のお子さんのいる家庭が多く、保育園や小学校のことなどで心配していることなどをうかがいました。町田市に来る前に、他の自治体に一端避難してから町田市に来た家族もありました。他の自治体で住民票がないことから保育所の利用を断られた方もいました。町田市は保育園で、被災者全員を受け入れました。当時の保育所担当の課長は、女性の方でしたがその決断と早い対応にとても感謝しています。小学校の校長とも連携しながら、子どもたちのことを確認しあいました。

避難者の相談を受ける中、元々の被災地の役所、中でも浪江町に連絡をとるため何度かファックスを入れいたところ、役所から連絡が来て連絡が取れるようになりました。主な相談は、住民票をどうすべきかとのことでした。避難した先に、住民票を移した人もいれば、もとの住所のままの人もいます。特に、原発の被災についての補償が心配なことからだったと記憶しています。

こうした被災地とのやりとりなどをしていくうちに、被災地で洗濯機がなくて手洗いをしているテレビ映像を見た町田市民の方から被災地に洗濯機を送りたいとの申し出がありました。支援したいと公的な枠組みにつたえても、数が足りないと押し返されたとのこと。そこで、即座に浪江町に連絡をしたところ何台でもいいからほしいといわれ、洗濯機を家電販売店に頼み10台程送ることになりました。それが前段の浪江町二本松支所に行った経緯です。

この10年、災害は地震、豪雨、また、現状のコロナと続き、災害がいつ来るかというより災害と災害の間に日常があるとの生活となったと感じています。議会も役所も、常に、この対応に向き合ってきました。首都直下型地震や豪雨災害への対応に向けて、市は地域防災経計画を修正して取り組みますが、高齢者や障がい者など災害弱者の避難に体制の整備には、地域の福祉や住民組織による支援体制が求められ、個別の避難計画を策定していく必要があり、それに対する理解も必要です。

自然災害の脅威に立ち向かうには、これまで以上に地域レベルでのコミュニティの充実が求められます。こうした課題に立ち向かう自治会や町内会をはじめとした地域での顔の見える関係づくりに尽力される皆さんとしっかり連携をしていきたいと思います。
コメント

町田とブルーベリー

2021年02月23日 | 活動日誌
今日は町田市内、木曽のブルーベリー農園を訪ねました。
日本にブルーベリーが導入され、東京小平市内で本格栽培が始まったのが1968年。そして、ほどなくして小平の農家とのつながりから町田市内でも栽培が開始されました。
当時は市場価値がなく、それを作り出すために軽井沢に持ち込みジャムとして販売。軽井沢には日本の原産ブルーベリーといわれるコケモモをジャムとして生産する実績のあるお店がありました。
軽井沢へは道路事情が悪く夏には大渋滞する中を収穫したブルーベリーを持ち込むのは、極めて大変なこと。そして、徐々に市場価格が上がっていったそうだ。
その後、市場価格は上がったが、生産量も増え規格が厳しくなり、大きさ、色などが問われるようになった。そこで、市内の協力者を得て町田市内でジャムづくりをすることに。
これをきっかけに、大きさや色などより品質を重視し、市内で生産されたものを加工し、安心して食べられるものをつくる生産拠点が立ち上げられることにつながっていく。

Wikipediaによると、日本での経済栽培は、1968年の小平市内で始まり、そして、長野県での栽培が1971年とある。その間に、少なくとも町田市内での生産は始まっていたと考えられる。
町田市内のブルーベリー栽培には、こんな歴史があったとは。
日本でのブルーベリーの市場価値の形成に大きな役割を果たしてきた市内の生産者。そして、地産地消、身近な生産者という都市農業の魅力を高めてきた町田の農業。このコロナ禍にあって、さらなる可能性を期待していきたい。

#山下てつや
#都市農業
#ブルーベリー
#地産地消






コメント

コロナ禍の子どもたちに、今こそ文化芸術の力を

2021年02月01日 | 活動日誌
最近手にしたシリア難民のことが書かれた本(「君とまた、あの場所へ シリア難民の明日」安田菜津紀著)には、母国であるシリアから離れて生活するシリア難民の子どもたちの生活も描かれている。

ここ数年のうちに、日本においても中東支援の一つとしてシリア難民の受け入れを開始。シリア人留学生の受入れを行なっている。2017年から5年間で最大150名を受け入れる。この事業の最大の課題の一つが留学生の就職先の確保とのこと。

町田市内の法人がこの事業を知り、協力をしたいと考え、就職先として受入れたことを知り、私自身も関心を持ち、できることなら協力もしたいとの思いに至ったことから、シリア難民に関する知識を得るため、手にしたのが先程紹介した本。写真があって読みやすい、著者が現地で直接取材を重ねたものが書かれているので、生活感があふれる内容となっていて、わかりやすい。

読み進めていくうち、ヨルダンで避難生活を送る子どもたちの学校生活の状況が書かれているところを読みながら、コロナ禍での学校生活を送る子どもたちのことが、気になった。

シリアで充実したしてい音楽や演劇は、ヨルダンでの授業では組み込まれていないことから、日本のNGOなどが中心となり、公式の授業とは別途、こうした情操教育のプログラムを提供したとのこと。

このことについて著者は以下のように言っている。「子どもたちがいつか故郷に戻れた日に、授業に遅れのないように、ということだけが目的ではない。難民キャンプ生活が長引くほどに、苛立ちが募り、時には大人たちのストレスのはけ口として、子どもたちが暴力にさらされることもあるという。日ごろのキャンプ生活で溜まっている子どもたちの行き場のない感情を、ここで自己表現によって吐き出してもらおうというものだ。」

難民生活と比べることはできないが、コロナ禍での学校生活を送る子どもは、どうだろうか。行き場のない感情を抱えているのではないだろうか。勉強の遅れだけに焦点があたりがちだが、その気持ちを汲み取ることができているだろうか。

緊急自体宣言の延長がほぼ確実な中、改めて、子どもたちの感情を大事にした対応が求められていると。その中にあって何ができるのか。今こそ、文化、芸術に触れ機会を、工夫に工夫を重ねてつくってはどうかと思う。



コメント