泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

旅心は、爆発寸前

2021-05-07 19:18:45 | 丹下一の泡盛日記
金曜日、さすがに二日酔。
風呂に入り髪を洗う。
この頃は、プレイバックシアターの後だけでなく
飲んで芝居の話をした後も、シャワーが必要になることがある。
遅刻して高尾の新制作座へ。
今日も劇場での稽古で。
入って行ったら歌の稽古をしていた。
ああ、ピアノを弾きたいなあ、と思った。
蘭里さん(眞山蘭里)と(渡邊)灯人が、プレイバッカーズのあかいくつ劇場での自主公演に来てくれた時、ミュージシャン担当でピアノを弾いた。
最後のパートで「弾いた」と言えるくらいは弾いた。
(しかも灯人の前で!)
あれ以来、まともに触っていないから、もうすでに慣れ親しんだ曲でさえ難しいだろうなあ。
まあ高尾に泊まる時に弾かせてもらえればいいのだけど。
この頃は泊まる機会もない。
この「閉じ込められている感」を打ち破るような稽古場があって、本当によかった。



この「緑」たちにいつも助けられている。
そして、月曜日にはボートシアター で試演会。
セリフ、危ない。。。
高尾駅から帰る時、甲府行きの始発電車がいて、ついふらっと乗ってしまいそうになる。
こないだも、なぜか英語で話したくなったり。
放浪癖の旅心は、爆発寸前だ。
コメント

思いっきり飲んで芝居の話をした

2021-05-07 19:05:33 | 丹下一の泡盛日記

前夜、藤田祥子さんと思いっきり飲んで芝居の話をした。
楽しかった。
こういう時間がないと、とやっぱり思う。
パソの画面越しじゃ、「話」にならん。
実は、この日の午後、高尾の新制作座で稽古後のバーベキュー・パーティーなるものが。
コロナで萎みそうな演劇人の心を震わせようという嬉しい企画で。
大好物の玉ねぎの炭火焼をはじめ、炭火で焼いた野菜の美味しいこと!
八王子の地酒がフルーティーで美味しくて、ついついコプってしまって帰宅。
藤田さん、紅白のワインと焼酎のボトルをぶら下げて登場。
こちらが用意したスペインのカーバを1本開けた後、ワインをぐいぐい。
さすがにへべれけになって、終了したのだった。
もちろん大事な話は全部確認した。
素敵なお話を持って来て下さった。
もちろんコロナの季節が終わってからのことで、
大きな夢を語り合ったのだけど。
彼女なら実現させることができるだろう。
コメント

知らない街の飲み屋に出没したい

2021-05-07 18:56:26 | 丹下一の泡盛日記
外食に興味がないと書いたが、要するに自宅付近でのことで。
本当はもっと飲み屋には出没したい。
できれば、知らない街で。
自宅と稽古場の往復だけだと、何かが鬱屈してくる。
エネルギーが削がれていく感じがする。
なんたってTama+ projectでいつもお借りしている空間が閉館になっている。
ガールスとの稽古がどれほど「基本」になっているかを実感。
そして、高尾の新制作座は、自前の劇場と小ホールに稽古場まで持っているのだから強い。
「泥かぶら」は主役の2人の女優以外のキャストを一新して夏からツアーが再開される(予定)。
木曜日午前中から午後にかけてはまずその稽古。

ここのエネルギーには助けられてばかり。

ランチの後のデザートはたわわに実ったさくらんぼを枝から摘んで。
これは以前からやってみたかったことで。
ついに体験:)
夜は急遽自宅に戻り、「春琴抄」のプロデューサー、作演出の藤田祥子さんと、とことん呑む。
コメント

外食に興味が湧かないこの頃

2021-05-07 18:49:46 | 丹下一の泡盛日記
Facebookでプレイバックシアターの友人がベジカレーの写真を公開していて美味しそうだったので、
久しぶりにカレーを作った。

刻んだ根菜とひよこ豆のカレーとルーだけのソースを魚のフライにかけて食した。
食生活はかなり保守的で、基本的に同じものばかりをサイクルで食べている。
時々刺激が欲しくなるんだけど、外食に興味がわかないこの頃。
残りは小分けして冷凍。いずれお弁当に。
コメント

その本は無いのだった

2021-05-05 21:32:21 | 丹下一の泡盛日記

長い間読みたかったイスラムの本が近くの図書館にあるというので、出かけて行った。
図書館は自転車で行く距離で、こんな時でもないと後回しにしちゃうもんなあ。
で、信じられないほどの人出、自分もその中の一人なんだけど、の中をたどり着いたら、
予約した人しか本を受け取れず。
帰宅して調べ直したら件の本は練馬区の図書館には置いていないのだった。

野菜のご飯が食べたくてひたすら野菜を食べまくる。
そして事務作業はみょうに、進むのだった。
コメント

言葉にしたら、脳がすっきり

2021-05-04 08:56:51 | 丹下一の泡盛日記
月曜日は憲法記念日。


大気が乱れている。
ゴールデンウイークが開けると花粉症もさて行くのだけど、
火が消える前の蝋燭のように、きつくなっている気がする。

稽古場へ。

緑にも目がいく。
いい状態だ。
「白い影絵」の稽古は、深まってきたからこその、最後の山場に差し掛かっている。
全体のイメージも明確になり、あの手この手を繰り出していたのが整理され、
逆に深まり、役者としても自然に身体を突っ込んでいく。
たくさんの身体的な記憶が蘇る。
テキストがシベリア抑留のストーリーなので、身体的な記憶が蘇る、と言ってもそれはしんどいことばかりだ。
自分が尊重されなかった体験、理不尽な蔑みの目線や海外で体験した人種差別。
学生の頃の旅でぼられた体験、騙された体験。
そんなことばかりが蘇ってくるのだから、稽古が終わると早く帰宅して風呂入らないとやっていけない。
そして、もちろん、そんな体験たちを成仏させるいい機会だ。
なので身体が二の足を踏んでいるところは、構造的な問題が解決されていない部分。
残されたそのパートにみんなで挑戦していく。
台本・演出の吉岡紗矢さんの粘り強さにはいつも感嘆。
ちょっと居残る。
自分のためにもとても良かった。
言葉にしたことで明確になり、脳もすっきり。
いつも何かを抱えたままで電車に乗っていた時のしんどさが消えた。
そして酒量は半分に。(飲み疲れているだけか!?)

コメント

それは、稽古場にある

2021-05-02 20:15:28 | 丹下一の泡盛日記

昨日、「ロケ」から帰宅してぐでんぐでん。
こんな美しい写真が撮れ、そしてここ暫くの中では大ヒットな動画も。
なのに、午前中はふて寝。
理由はない。
テリー・キャスの「1時間のシャワー」の「モーニング・ブルース♪」が(また)流れている。
トイレに起きると、台所の鍋に干し海老が浮かんでいた。
前夜、こうなることを予測して朝粥の仕込みをしてあったのだった。
手当たり次第に具をぶちこんで煮る。
シャワーを浴びて、お茶も入れて。
わけのわからない状態になった雑炊を荒れた心に流し込む。
それでも、どんより、は消えてくれない。
こんな時は「整理」が良い。
タンスの中を整理したり、冷蔵庫の具材を整理して食べちまったり。

雲もなんか乱れている。
資料用に発注した本が次々に届く。
あたらしい夏のTシャツなんかも欲しかったりするんだけど、
店に行く勇気がない。

夕方にうどんを作る頃には少し復活してきた。
そして、もちろんわかっている。
一番正しい解決法は、稽古場にある。
コメント

午後はロケ

2021-05-01 23:14:06 | 丹下一の泡盛日記
木曜日のボートシアター の稽古はぐいっと進んだ。
演出担当の吉岡紗矢さんにスイッチが入ったかのようで。

この頃は料理をする気になれず、待ち合わせた連れ合いと外食して帰宅。
土曜日は「ロケ」へ。
早起きして自然の中に出向く。
後半はひたすら撮影。
実は昨年から動画はたくさん撮り溜めている。
その中でガールズに演技してもらったりもしている。
稽古も兼ねて「遊ぶ」機会を設けようかと思っている。
水や緑がこんなに身近にあるなんて。
もう毎週通っちゃおうかなあ。
危険なのは、同時にいい居酒屋も見つけちまったことで。
秋のブッキングが始まっていて、わくわく。
例えば土曜日に本番終えて最終便で帰宅、日曜日の朝一番で飛んで午後本番。
月曜日の午前中に本番後、午後は別件本番。
火曜日の早朝から本番で午後便で帰宅。
なんてスケジュールが嬉しい。
わくわくどころか、ぞくぞくしちゃう。
こういう「日常」が自分のアートな仕事に良い刺激をくれる。
コメント

渡邊守章さんの思い出

2021-04-30 21:52:46 | 丹下一の泡盛日記
金曜日朝、寝床で目覚めて何気なくネットを見ていたら、渡邊守章さんの追悼記事が。
4月11日に亡くなられたそうで。
さすがに思いが巡る。
19歳の時、劇団が運営していた劇場でご一緒することになった。
初めて「音響」を担当してギャラもいただいた「お仕事」で。
なぜか、とても可愛がっていただいた。
当時、劇場には早稲田大学の郡司正勝先生や鳥越文蔵先生はじめ、
外語大の山口昌男さんのようなキラ星のような「知」が集まっていた。
守章さん(あえてこう書く)は現場をご一緒したおかげで
その「知」の深みに触れることができた最初の「先生」だった。
ある時の早稲田大学での講演は蓮見重彦さんと一緒で、
遅れて駆けつけた後、お二人と高田馬場まで歩きながらお話を伺えたのも大事な体験で。
その後、訳・演出されたジュネの「バルコン」(企画制作は薄井幸雄さんの「会」)に最年少の役者で参加させていただいたのだけど、
ジュネの作品だけに、自分は女形で。
長い充実した稽古の後に、その公演は残念ながら頓挫。
(その時はジュネの意向で世界的に彼の作品の上演は許されなかった)
「発表会」をやって終了。
その後、新しいチームを作るから女形で参加してほしいと頼まれたのだけど、
女形には、興味がなく、その後なんだか距離ができてしまっていた。
1995年、パリのサンジェルマンで「こんなところ歩いていると守章さんに会いそうだ」と話していたら、
本当に目の前に座っていて、お互いに目を見開いて立ち尽くしてしまったのだった。
21世紀を迎えて「バルコン」がめでたく上演の運びとなり、世田谷まで出かけていった。
もちろん受付にいらっしゃった先生は、喜んでくださったのか、
有料のパンフレットをわざわざ座席にまで持ってきてくださって「これ、あげる」と。
今では懐かしい思い出。
郡司先生もそうだけど、守章さんの仕事の領域の広さと深さ。
そして根っこの深さ。
本当に日本を代表する「知」の一人だ。

お宅に伺って見た、あの小さな仕事部屋に満ちている創作のエネルギーは今も身のうちにある。
先生、マラルメの本、ちゃんと買いましたよ。
ああ、もう一度お会いしたかったなあ。

稽古場に向かう途中の駐停車禁止のマーク。
止まりません。走り続けます。
コメント

劇場の仕事にキャンセル料など発生しない

2021-04-30 08:48:33 | 丹下一の泡盛日記
29日(木)、緊急事態宣言のおかげでホールが閉鎖になりお仕事はキャンセルに。
以前、フリーの通訳者を手配する仕事をしていた。
7日前を切ってのキャンセルには料金が発生していた。
こちらもフリーランスなので、確定を打たれた仕事からどんどん入れていくしかなく。
数日続く仕事を打診されても、真ん中に先に入った仕事があればお断りするのが筋だ。
そして、劇場の仕事にキャンセル料などは発生しない。

午前中は溜まっている家事や雑事をだらだらと。
だいぶリセットができた。
夕方、ちょっとだけセリフをあたる。

気圧が下がってきて頭が朦朧とすることこの上ない。
ベトナムの歌姫マイ・コイさんのドキュメンタリーを観る。
「ベトナムのレディーガガ」というフレーズには覚えがある。
強く心を打たれる番組だった。
検索すると5月3日にネットでライブがあるようだ。
立ち会いたいなあ。
コメント