泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

ラオスのジャングルを象と歩く

2018-06-22 21:04:17 | 丹下一の泡盛日記
今回ラオスのルアンパバーンへ出かけた大きな目的の一つは、象に会うこと、だった。
このセンターでは「象に乗らないで下さい」と訴えている。
そして、象と一緒にジャングルを歩きませんか? というプログラムへの参加を呼びかけている。
M子が見つけてきたのだけど、これはぜひ体験してみたい、と思った。
まあ、いかにも白人観光客が喜びそうな企画ではあるのだけど。
8日(金)、ホテルに迎えにきてくれた車に乗りセンターへ。
幸運なことに他の参加者はキプロス在住のルーマニア人女性だけで3人で参加することに。
往路の車の中で話すうち、ガイドの人が10年間寺で修行していたことから仏教談義に。
後でわかったのだけどルーマニア人女性のAは大学で哲学勉強していたのだった。
「日本の僧侶は酒を飲む」と伝えたら、2人ともびっくり。
「それは本当に仏教なのか!?」
「肉も食うし、妻帯もする」とはとても言えなかった(^o^;;;
いきなりの宗教談義が続くうちにセンター到着。

ここでまず象の生態についてのレクチャーを1時間ほど受ける。
非常に勉強になった。
象が1日に250キロもの食事をするが、40%しか消化しないこと。
象は、そこに穴の空いたビンのようなもので、食べ続けて排泄し続ける。
結果、ジャングルの中に肥料と様々な種子をまき散らすことになる。
そこから生えてきた植物や果実をまた食べることになり、植物にとっては種子を遠くにまき散らしてくれる大事な動物だと。
小舟に乗って川を渡り、象たちにご対面。

最初にバナナをあげる。
このあたり、以前に体験したイルカとの交流と似ている。
その後、ジャングルの中を一緒に歩く。
ガイドの人たちは、そこらへんの葉っぱをちぎったり、なんか丸い実を集めたり。
途中で休憩した時、再び象たちにバナナやサトウキビをあげている時、ふと見るとかごの餅米にたれをつけて食べている。
近寄ると「食べるか?」と。
酸っぱ辛いたれが餅米にあって、ジャングルを歩いた身体が喜ぶ。
傍らにに生えていた葉っぱをちぎって「一緒に食べてみて」。
これがまた合うのだった:)
自分にはまったくわからないのだけど、ジャングルは食べ物の宝庫で。
彼は竹の子も掘り出して帰宅したらこれをスープにするんだ:)とすごく嬉しそう。
ジャングルって面白い。
そして、なんの知識もなく、こんな泥と小川の中を這いずり回って闘うなんて考えられない。
90分ばかりのウォーキングを終えて最後は、象たちとハグして(させてもらって)別れた。
またジャングル体験してみたいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さらばアメリカ!」のビデオ拝見

2018-06-20 23:16:14 | 丹下一の泡盛日記
20日(水)、「さらばアメリカ!」の演出、遠藤啄郎さんから電話。
「公演のビデオの編集が終了、見に来ませんか?」
「いつにしましょう?」
「今夜、どう?」
「了解です!」
というわけで遠藤さんのご自宅へ。
お茶を入れていただき、しっかり拝見。
ビデオで見て初めてわかることもたくさん。
なんかケツがかゆい。。。。
作品としては、いい出来だと思うなあ。
「今の状況を」というフィードバックもあったけど、その「今」のルーツがここにある。
今回の東アジアの大きな変動は予想されたこと。
自分を含めて、ちょっと情勢をリサーチしている人なら思ったはず。
もし驚いている人がいたのなら70年を経て、今アメリカが東アジアで何をしようとしているのか、この舞台を見て考えてほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岸本一郎さんの舞台の打ち合わせ

2018-06-20 23:08:22 | 丹下一の泡盛日記
19日(水)夜、NYから里帰り中の岸本一郎さんと会う。
今回は、ただ楽しい酒を飲んだだけではない。
岸本さんが7月末に久しぶりの東京公演を持つ。
そのお手伝いの相談。
とはいえ相談事はさくさくと終わり、その後は楽しい酒。
1979年に渡米しNYを拠点に演劇作品と世界を歩いてきた岸本さんの話とビジョンに触れる時間は本当に楽しい。
あっというまに焼酎のボトルが空に:)
酒豪健在。
今回の舞台、岸本さんから構想はもう20年くらい聞かされ続けていた。
昨年のテスト版を経てついに実現。
そして、あのサキこと佐木美奈子さんがタイより帰国、舞台に立つ。
公演のお知らせは、追ってこちらでも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラオス初日

2018-06-19 11:43:55 | 丹下一の泡盛日記
今回の旅は、バンコクへの移動から始まった。
夜行で飛んで、目が覚めるとバンコク、という流れに身体が馴染んでいる:)

乗り継ぎのバスのつり革。何人分を想定しているんだろう。。。。

このプロペラ機には初めて乗る:)
ジェットとは違い比較的低空を低速で飛んでいくので、眼下の風景を楽しむことができる:)
が、町の風景はあっという間に去り、ひたすらジャングルと茶色の川。。。


ラオスのルアンプラバン空港に着陸。
機体から建物まで歩いていくのはブータン以来か。
長距離バスの感覚だ。

花を見ると遠く南に来ていることを実感。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事帰国

2018-06-18 18:10:45 | 丹下一の泡盛日記


ハノイのレストランでサイゴンビール〜ワイン2。
空港で、ビールジョッキ、ウオッカ、もう一つビール。
機内でウイスキーオンザロック×2。
そして、月曜日の朝7時に無事に成田空港に着陸。
横浜行きのバスに乗り込んだ直後に飛び込んできたのが、大阪の地震のニュース。
寝不足の頭を平手打ちした。
亡くなられた方や被災した方には、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
もちろん大阪にはたくさんの知人在住。
横浜に向かうバスの中で伝えられる無事の知らせに、とりあえずほっとしつつ帰宅。
11日ぶりに電話回線つないだら、出国(電話回線切って)10時間後に仕事の打診のショートメール(-_-;;;
各方面にご迷惑をおかけして、旅は成立するのだった。
今回の旅も衝撃的だった。
そのショックと地震の報道にふらふらしつつ、とりあえず洗濯機をひたすら回しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅に出ます

2018-06-06 17:16:41 | 丹下一の泡盛日記

朝、二日酔い気味で目覚める。
それでも幸せな昨夜の記憶が身体に満ちている。
大きな舞台が終わった後の家族との時間は特別だ。
起きだして風呂に入り、旅の準備。
今回の旅ではジャングルを歩くので新しい靴が必要だった。
自分の足は、一般的な形とはずれているらしくぴったりの靴に出会うことが珍しい。
トレッキングシューズを購入したが、うまく歩くことができるといいなあ。
それに加えて舞台で酷使した腰の神経痛が始まっている。
痛めている右膝も(-_-;;;
まいったなあ。。。
それでも1年ぶりのオフだもの。
新しい体験をたくさんしてくるのだ。
今夜の便で出国。
帰国は再来週になる。
ブログはそれまでお休みします。
帰国しましたらたくさんの写真とともにアップしますので乞うご期待:)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練馬のぶりは最高だった:)

2018-06-06 17:07:52 | 丹下一の泡盛日記

火曜日は、「さらばアメリカ!」の舞台も観に来てくれた都内の両親のところへ。
「にごりえ」や「さらばアメリカ!」の稽古の頃はつつじをよく写真に撮っていたが、いつのまにか、あじさいの季節に。
早めに帰るつもりが父との会話が弾み。
なんせ両親の前で舞台上とはいえ、「立て万国の労働者〜〜♪」とか「若い血潮の予科練のを〜〜♪」と歌うなんて夢にも思っていなかった。
終演後、楽屋への階段を下りながら、なんだか胸に込み上げてくるものがあった。
弟がビールや酒、刺身を買ってきてくれる。
この頃、実家では酒を飲まない。
父も小エビをつまみつつ。
そして、ブリの刺身がうまかった!
小さな個人経営のスーパーがあって、そこは当たり外れがあるのだけど「大当たり!」だったようだ。
自分のアパートの階下のスーパーで何度かブリの刺身を買ったのだけど、今はもうあきらめてしまっている。
目黒のさんまじゃないけど、ブリは練馬に限るな。
酒に目が利く弟が選んだ日本酒も最高で。
帰りの電車内で急激に酔いが回りべろべろで帰宅:)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイ風春雨サラダが食べたくなって

2018-06-05 09:58:12 | 丹下一の泡盛日記

朝ご飯。
前夜、布団に入ったのは2時近かったと記憶するが、6時に目覚める(^o^;;;;
しかたがないので風呂に入り、洗濯、布団など干して、昼近くなってから朝ご飯。
でぶになっているのに、腹は減るのだった。
卵とじの蕎麦が食べたくなるのは、疲れている証拠。
食べたら猛烈に眠くなってきたのでマットレスに横になったら、本気で寝てしまった。
夕方近くに目が覚めたが、身体はどんより。
これが本来の体調だ。
起きてもう一度風呂に入り、階下のスーパーに買い出し。
ふと目に入った「タイ風春雨サラダ」の文字。
なんだか無性に食べたくなった。
それと引きこもりにならないように、ちょっと外の空気も吸うべし、と。

先日、中華街で購入したきくらげをもどし、トマトとレタス、パクチーと小エビ。
ナンプラーがなかったのでニョクマムとレモン1個絞り、冷蔵庫でぱりぱりになったブータンの唐辛子を手でもみつぶして加えた。

ついでに買ったアサリは酒蒸しに。
貝は痛んだ身体を補修してくれる。
「古事記」の時代から知られている通り。

家では滅多に飲まないビールも今日は「許す」:)
飲みながら、録画しておいた映画「深夜食堂」を見る。
5月の「にごりえ」で相手役だった小林麻子さんも出演。
こういう店やりたいなあ。
ていうか、やっていたようなもんだけど。
でも、どこにも旅にいけないから、無理か。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「さらばアメリカ!」DAY9、11本目の千秋楽

2018-06-04 16:02:18 | 丹下一の泡盛日記

前夜、大学の同級生たちと軽く飲んで帰宅。
洗濯などして1時頃寝たのだけど、5時に目が覚めるのはなぜだろう?
もちろん布団の中でごろごろして過ごす。
身体を休めなければ、最後のマチネ公演は乗り切れない。

かつての「堀」、堀川を渡れば「関内」だ。
「いつもの」バスに乗りながら、次にこのラインに乗るのは8月のプレイバッカーズ自主公演の時になるのか、などと考えつつ。
さすがに眠くて、目を閉じているうちに劇場前に到着。

いつもの通り衣装にアイロンをかけ、ゆっくりとストレッチ。
全員で声を出した後、楽屋でばくばくと甘いものを食べ、コーヒーを飲む。
本番1週間前から体重が基本の数字から2キロ近く増えている。
これが本番(または通し稽古)が終わると基本の体重に戻っているのだ。。。
舞台は、みんなの「最後」への思いが強く出たものになった。
なのでカーテンコールは、なんだかすっきりした気持ちで。
浅草から観に来てくれた高校の同級生夫妻や、T兄のお姉様と旧流星舎のK子さんなどとも終演後に会えた。
今回は、終演後衣装のままご挨拶に出る小劇場とは違い、
階下の楽屋に戻り、汗まみれでぐちゃぐちゃになった衣装から着替えて、再び階上に移動するので、ご挨拶にでるまでに時間がかかる。
待ちきれなかったお客様もたくさんいて、申し訳ないことをしている。
人がいなくなった受付で、演出の遠藤(啄郎)さん、制作の斎藤朋さんと話す。
その後、ばらしの真っ最中の劇場内を通り楽屋で椅子に沈み込む。
膝と腰が「これ以上は勘弁して下さい(T.T)」と訴えている。
ばらしをさぼって(^o^;;; 楽屋に戻った遠藤さんや衣装の佐々波雅子さんと話す。
船に機材を戻すメンバーたちと別れて打ち上げ会場に向かう途中、劇場ビルの端っこに座り、しばし呆然とする。
ちょっと一人の時間が必要だった。
その後はもちろん、大宴会:)
今回、2010年、2012年に、それぞれ演出と役者の関係でご一緒したリアルマッスル泉くんと柿澤あゆみさんと共演できたことが個人的には大事なポイントで。
舞台上でもたくさんエネルギーをいただいて助けてもらった。
そんな思いもあり、もう一人の「若い私」奥本聡くんとマッスルと3人の「私」で話し込んだり:)
そして、あっという間に終電の時間。
駅に急ぐみんなと別れ、明日の最後の片付けのためにホテルに泊まる旧知の舞台監督・三津久さんと助手のTさんと一杯だけ飲む。
タクシーの運転手さんに行き先を告げたら、同じアパートの住人だった!
帰宅して、風呂。
なんて幸せな風呂!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DAY8/9、10本目

2018-06-02 23:51:12 | 丹下一の泡盛日記
前夜の整体がものすごく効いて爆睡。
そして、やっぱり6時に目が覚める。
これが9時くらいまで眠れたらだいぶ変わるのだろうけど。
眠くて身体は重いのに目が冴えてるような変な状態。
風呂に入り身体を温めて二度寝すると今度もいつの間にかぐっすり。
無理矢理起きて再び風呂に。
朝ご飯食べて出陣。
バスに乗ってまた眠る。


横浜は晴れ渡り、気温も高い。
夏のようだ。
ポカミスの無いように舞台の仕込みを点検。
マチネへ。
マッスル(リアルマッスル泉)がいい。
無事終了。
受付のところにNYのスクールの同級生だったCが。
「おお、ありがとう!」
「ごめん。見てないの」
「!?」
「バスに乗り遅れた。夜見るから」
で、一緒に蕎麦屋に。
Cは基本ビーガン/ハードベジタリアンなのだけど、蕎麦屋はOKだよ、とつきあってくれる。
仕事で京都に来ていて、その後、熱海の友達の家に滞在。
横浜まで舞台を観に来てくれた。
一緒に蕎麦食べて受付を教えて別れ、楽屋に戻り床に横になる。
30分眠り、ソワレへ。
10日間の公演。
長くやっていると、後半に駆けつけて下さる人たちがたくさん。
10本目のソワレは奥本くんバージョンの千秋楽だ。
今日の2本は、多分、きっちりやれている。
声にだいぶダメージが来ているけど、そんなに大事なことではない。
終演後、大学の同級生たち。それもおこもり人だけでなく、演劇学科の、にも会う。
Cは「すごくよかった。ファンタスティックだった!」とハグしてくれた。
そして、終電があるので、いつの間にか消えていたのだった。
明日は、いよいよ千秋楽だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加