泡 盛 日 記

演劇人(役者・演出家)丹下一の日記です。

まだ「解けて」いなかった

2019-01-15 15:54:12 | 丹下一の泡盛日記
前日の寒禊の後、帰宅して風呂に入って爆睡したのだけど。
数時間で目が覚めてしまう。
まだ「解けて」いないのかもしれない、と思い。
お風呂に入りゆっくりと暖まり、寝直す。
ものすごい熟睡。
こんなの最近なかったなあ。
翌日を休みにしておいて本当によかった。
仕事の現場で事故起こしそうになるのはこんなときだ。
そのまま昼まで幸せに眠る。
再び家の中を片付ける。
たくさんの写真に手を付ける。
2割ほどを捨てた。
雑誌なども手に取ると、ああこの記事のために保存しておいたのだ、とわかる。
そのほとんどは自分の血肉になっているので捨てる。
なにかをきちんと始末することが苦手だ。
この引っ越しがまたとない「始末」の機会になっている。
引っ越し先には収納がほとんどない。
部屋が広く見えるのは、そのせいで。
まあ15回は引っ越しているので、すぐに気がついたのだけど。
まとめて持って行って後から整理、なんてできるはずがないので。
無理して休みを何日もとり、引きこもってごそごそとやるしかない。
もう一息だ。
コメント

寒禊。スイッチが入ったままの酒はヤバい。。。

2019-01-14 16:24:54 | 丹下一の泡盛日記

13(日)はもう毎年恒例になった鉄砲洲稲荷の寒中水浴。
寒禊(みそぎ)。
朝風呂を沸かして入り髪も洗う。
気温が低いのできちんと朝ご飯を食べる。

この寒禊も今年で7回目。
はじめて参加した年も道彦(みちひこ/導師)の方のファシリテートに感服した。
同じ先生なので安心。
寒かろうが雪だろうが何の心配もいらない。
気になるのは別のこと。
一昨年だったか、観客が詰めかけていて。
その中の白人のカメラを持った若い男が「鳥舟」の最中に近寄って写真を撮ろうとした。
じゃまなので「向こうへ行け」と行ったら「大丈夫」と。
「あたらないから/けがしないから」ということなのか。
そうではない。
神事のエリアに他人が勝手に入ってはいけない、と言ったのだ。
周囲の日本人も「入っては駄目」と止めていたのだけど意に介さない。
本当に困ったもんだ。
この日はとても気温が低かったので観客も少なく、安心。
ふんどしを締めて冷えた空気の中に立つ。
すでにスイッチが入っているのがわかる。
寒さが気にならない。
今までは3回入ったのだけど、今年は4回入れとの指示。
もちろんちゃんと入りました:)

今年は終了後の「お風呂」がなかった。
ご法事で風呂屋が閉まってしまった。
風呂なし、は初めて。
炒飯弁当いただいてから昨年春に亡くなった兄貴分のお宅へ。
お姉様が自分たちを待っていた。
ご一緒した旧知の方たちと日本酒。
やばかった。
手を打って「解いて」はいるのだけど。
お風呂に入ってないので、まだスイッチは入っていた。
完全には解けていないのだ。
酒のキックが全く感じられない。
水を飲んでいるみたいだ。
しかも身体は冷えきっているのでカロリーをほしがる。
一人4合があっという間に消える。
その後もいくら食べても身体がほしがる。
晩ご飯まで頂いて、車でおくってもらい帰宅。
風呂に入って出てきたらそのまま爆睡。
コメント

埼玉のイワシは美味い

2019-01-14 14:01:33 | 丹下一の泡盛日記

東京都を越えてすぐの町に住む女優の原内真理さんが持ってきてくれたいわしを焼いた。
美味しい!
3匹があっという間に胃袋に消えた。
おかしいよなあ。
海が目の前の横浜のスーパーで、なぜこのレベルのイワシを手に入れられないのだろう。。。。
コメント

引っ越しは面倒だ

2019-01-12 18:42:08 | 丹下一の泡盛日記
金曜日は引っ越しの手続きたくさん。
かなり苦手な領域だ。
もちろんこういうことが得意な人はあまりいないだろう。
それでも人まかせにしておくと大事な何かが失われていきそうで。
それにしてもテレビ見るだけなのにどうしてこんなにお金かかるんだろうなあ。
以前、アメリカに移住した人が、
電話機を買って新しい家の「コンセント」みたいなところにプラグを差すとすぐに使えるよ。
と教えてくれたことがある。
日本では何万円も払わないと回線を使えない。
当時、月収4万円の学生には本当に無理な話で。
電柱に「手続きやります」てな広告が出ていて。
「電話局よりもああいうところの方が安い」という言葉を鵜呑みにして嫌な思いをしたことがあった。
手続きを代わりにしてくれるのであって、総額は変わらない。
自分でやり経験値を上げた方がいいのだった。
思えばその人はそんな手続きなんてしたことがない人なのだった。
信じた自分がいけなかったのだ。
なので、面倒で大嫌いな作業も自分でやる。。。。
コメント

岸本さんと逗子で

2019-01-11 23:55:51 | 丹下一の泡盛日記
前夜新年会の後、みんなを送り出して洗い物を片付けていた。
変なスイッチが入り、そこから台所用品を箱詰め開始。
3週間をここで暮らすための最低限の器や鍋以外を全部詰めた。
懐かしい風景。
最初は食器ってこれくらいしかなかったんだよな。
ご飯茶碗だってなかったもの。
酒のグラスはいくつもあったけど:)
電話を机において、移転のための電話たくさん。
パソが「お年」でネットでできないことが有るのだ。
夕方、逗子へ。
ニューヨークから帰国中の役者・演出家の岸本一郎さんと落ち合い「いつもの」バーにご案内:)
刺身で熱燗。
逗子の刺身は美味いなあ。
昨年のユナ・ボマーとハンナ・アーレントに材をとった舞台の素晴らしさは忘れられない。
その舞台の日本での再演を目指しての帰国でもある。
美味しく飲み、食べられるのも話の深さ、楽しさ、そして演劇を信じる気骨に触れているからだ。
二軒目は久しぶりの沖縄バーへ。
一人芝居を9の言語で上演してきた彼は沖縄ではウチナー口でパフォーマンスした。
そんな話で盛り上がる中、なんと今では逗子の住民となったマジシャンのH君が登場。
二人を引き合わせることができて嬉しい。
そのあたりからは炸裂するように酒が消えていく。
なんて幸せな楽しい時間。
この3日間でいただいた宝物のようなエネルギーの数々。
カタパルトから打ち出された気持ちになった:)
コメント

新年会

2019-01-11 23:48:08 | 丹下一の泡盛日記
9日(水)の夜は我が家の新年会。
Tama+ projectの公演でお世話になっている方たちをお招きして。
午前中は、せっせと引っ越し準備。
目に見えている部分はひたすら箱詰めすればいい。
問題は押し入れの中で放置されてきた資料たちの整理。
早くここに到達しないと、と思いつつ。
何度も宴会をしてきたこのアパートで最後の宴。

この頃ハマっているサバとジャガイモの味噌煮。


大量のおでん。
大根は、ちゃんととぎ汁で下茹でしたもんね。
楽しく飲みつつも、しっかり「激」も飛び、「らしい」新年会になった。
いつだって楽なことはない。
ささやかな現場だろうと「本気」で向き合ってきたから「今/ここ」がある。
「宿題」や「オファー」もいただいた。
「今年」は勝手に走り出している。
まだおろおろしている自分。
だから「激」が飛んだんだよな。
コメント

お見舞いにいって励まされた

2019-01-09 08:54:12 | 丹下一の泡盛日記
火曜日は大変お世話になった演出家の方のお見舞いに、彼の愛弟子の女優さんのご案内で。
「お見舞い」と言っても既に退院しているので「お茶会」。
さすがに痩せて一回り小柄になった、かのような印象。
だけど中身はますます盛ん。
「意識」せざるを得なくなった「死」について、改めて向き合っている。
そして、それを「意識」している自分がいる。
その「意識」とは何か、を考えているそうな。
デカルト、という言葉が即座に浮かぶ。
「我思う故に我有り」。
昨年、「ハムレッツ」の構成を考えているときに40年ぶりに読み返したけど、自分にはやっぱり字面を追うだけ。
さっぱりわからんかった。。。
初めて彼の演出を受けた時、自分の意思とは逆の指示が出て。
彼を信じて従った。
そして、本番で納得のいく良い結果が出た。
大きな視座でゴールを見据えた指示だった、と得心した。
「演技指導」ではなく、全体を見据えた「演出」。
忘れられない「最初の出会い」。
カフェで、たくさん芝居の話をし/うかがった。
こんなオアファーが、と話した。
オファーを頂いている先をきっとご存知だろうと。
やっぱりご存知で、話盛り上がる:)
お見舞い、のはずだったんだけど、
たくさん励まされた。
ある時には、稚拙な自分の回答にお顔が曇り。
「お前、まだまだだなあ」とは声に出さず、ゆっくりと言葉を選びながら話して下さる。
そして、「3月のハムレッツ、伺います」と励まされた。
年が明けて「ハムレッツ」に本格的に向かい合い始める季節は、苦しい。
「焼き直し」ということばが脳内を駆け巡る。
「なぜ?」ということばが山のように「攻めて来る」。
「怒り」に「酔って」は負けだと言い聞かせる。
自分と闘う季節に感謝だ。
コメント

小山利英くん、おめでとう!

2019-01-08 00:20:13 | 丹下一の泡盛日記
月曜日、新しい年がいきなり動き出した。
きっと世間様がそうなんだろうけど。
朝から次々にメールが入り、台本も。
台本は「世間様」と関係ないとは思うのだけど(-_-;;
今月、1月26日(土)に(いつもの)山手演劇祭で江戸馨さんのシェイクスピア朗読に参加します。
参加、なんだけど台本見たらつかさまりちゃんと江戸さんとの3人じゃないの!
気合い入ります:)
「老いたシーザー」久しぶりにやらせていただきます。
15年以上前かな、これやったの。
シーザーの年越えちゃったからか、ものすごくわかる。
朗読会なんだけど、ものすごく楽しみです。

そんな気合い入った状態で下北沢へ。
井村組の「葉衣企画」、樋口一葉の舞台の照明を担当して下さっている小木曽千倉さんはこの頃プロデュース活動も。
スズナリでの公演に「葉衣」でご一緒している小山利英くんが出ているし、今年最初の観劇に。
いい舞台だった。そして、
小山くん、素晴らしかった!
彼の舞台は何度も観ているし、ご一緒もしているのだけど。
脱皮の瞬間に立ち会えるのは本当に幸せだ。
ベテランに囲まれての「主役」。
じっと一色に耐えて、ゆっくりと溶けていく。
いつもまじめに現場に向き合っている彼に重なる役。
もちろん台本、演出が仕掛けていること。
それでも、稽古場で彼がどれほど新鮮さに楽しんだかわかる。
苦しかった、よりも、きっと楽しかった、はず。
だって、それまでの時間の苦しさ、があるんだもの。
心から「おめでとう!」と言いたい。(もちろん本番後に伝えたけど: )
外出している午後から次々とメールが入っている。
彼と飲みたかったけど、おっさんは即座に帰宅。
自分の仕事に向き合わないと彼に恥ずかしい。
コメント

プレイバッカーズ初稽古

2019-01-06 21:01:32 | 丹下一の泡盛日記
5日は大学の同級生たちとよこはま橋へ。
大好きなこの商店街を彼らに紹介したかったのだ。
油条とニラキムチを買いこの頃ハマっている「裏」山手の中華料理屋へ。
昼からビール、そして老酒(^o^)/
なんか「正月」を満喫している。
その勢いで我が家に。
用意しておいたリゾットや鮭カマでビールに日本酒。
だいぶ出来上がっていたはずなのに日本酒は1升がなくなった:)

日曜日はプレイバッカーズの初稽古。
朝、前夜用意しておいたお粥に油条:)
やっぱりこれがなくちゃ、と思う。
稽古は、ありがたいことにメンバー10人が揃ってのスタートになった。
今月末には横須賀で2月には高松、3月には川崎での舞台が予定されている。
それだけでも盛りだくさんだ。
それぞれのチームでパフォーマンス。
今年の予定も確認。
年の初めに忘年会の日程まで打ち合わせてるんだから。。。。
年初の挨拶の撮影もしたんだが、編集に手間取りそうだ。。。
コメント

だらだらと過ごした三が日

2019-01-05 00:30:21 | 丹下一の泡盛日記
お正月は例によって都内の実家へ。
あれほど飲んだ父ももう酒からは遠ざかっている。
今は家の中にアルコールはほとんどないので一本買い求めぶら下げていく。
だらだらとした「家族の時間」はどんどん貴重になっていく。
夜、帰宅。
初夢は、なんだかすごかった。
大丈夫か、今年!?
三が日はだらだらと飲んで寝てばかりいた。
というか二日目にちょっとだけしか飲まなかったら、朝方まで寝付けずに布団の中でだらだらとゲーム。
ちょっとがっかりする知らせも入ってきた。
ま、仕方ないさ。

3日目の朝、ゆっくりと起きて雑炊。
こんなにだらだらしてていいのか、と思ったせいか。
何をしようとしているのか、突然DM作業開始。
後はご挨拶文とチラシができりゃいい。
そして、まだだらだらしているのだけど、電車内で音楽を聞いたり、iPhoneに向き合うのを止めた。
窓の外の風景を眺めながら脳の中で何かが熟成されてきているのがわかる。
もう少しだ。
夜、某演出家から電話。
「演劇」の話で脳が研ぎすまされていく。
もう後一歩で文章が書けるな。


コメント