桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

登別から支笏湖温泉

2019-10-09 | Weblog
北海道に行けば登別温泉!
そうなってから何回目の登別温泉だったろうか。
登別温泉にも、色々なホテルがあり、幾つかに泊まってみたが、湯質の豊富さで滝本にしている。
その滝本は内装が変わっている。客が来ている証だろうが、そのほとんどが中国語だ。以前は、同じくらいに聞こえた韓国語は、滅多に聞けなくなっている。観光地域は困っているのを感じた。
登別温泉の次は支笏湖温泉にした。
こちらはユーが多かった。フランス語、ロシア語、英語。
秘湯と言われる温泉には、不思議とユーが多いが、きっと外国人の間で評判が伝えられるのだろう。
この前、支笏湖に来たのは、川上、子供たちとだったが、あのときと同じように波があり、遊覧船は運航していなかった。
嵐のような夜から朝。雲間から支笏湖に注ぐ光が幻想的だった。
コメント   この記事についてブログを書く
« ジョンミさん | トップ | 捨て去る国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事