桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

和歌山カレー事件

2019-10-17 | Weblog
昨夜、冤罪ファイル誌の企画での対談だったが、和歌山カレー事件の家族と会った。
俺は林マスミさんが無実であり、俺たちと同じ冤罪であることを確信している。
いい加減なヒ素鑑定、状況証拠ばかりで有罪を示す証拠がないこと、それに家族がカレー事件の経過を知ってはいる中で、「お母さんは犯人ではない」と語っていることなどから冤罪であると思っていた。だから、「家族と対談して欲しい」と話があって、すぐに承知した。
あの事件から21年。32歳になった息子さんは、182センチの長身で、爽やかな表情と目をした好男子、好青年だった。
彼は、母親の冤罪に対して、実に控え目に事実を語った。この事件ゆえに施設での暮らしとなり、かなりのイジメを受けたらしい。人殺しの子供!と。
そんな体験を思わせずに、家族として母親の冤罪に向き合い、決着させることで自分の人生をリスタートさせたと語る息子さんには、良く頑張ったな!と抱き締めてやりたい思いに、何度もなった。
母親と妹さんが一緒にカレーの番をしていたのを、彼は見ていた。その妹さんがヒ素の入っていたはずのカレーに味見をしたことも、あの事件後、話していたのだと言う。
それらの事実が否定され、犯罪が認定された判決に対する不信を語る彼の話を聞いて、俺の確信は揺るがないものになった。
和歌山カレー事件は、警察のヒ素鑑定捏造だし、そこに検察と裁判所の事実無視、更にマスコミの犯人視報道が一体となって作られた冤罪だ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 神戸地裁 | トップ | 惨状! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事