好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

さよなら☆おもちゃ屋さん。

2019-12-08 16:35:47 | ひとりごと。
家の近くの小さなおもちゃ屋さんが来年1月で閉店になるそうです。
買い物激戦区ともいわれる駅前商店街のこの場所に、大型チェーン店ではない個人商店は生き残ることが出来ませんでした。
「閉店のお知らせ」の張り紙には、建物老朽化のため、とありました。
TVの「アドマチック天国」など、街紹介の番組などには、必ず登場していたこのお店。
地域に根付いた、昭和から続いていたおもちゃ屋さんです。
うちでも、娘たちが小さいころには、リカちゃん人形や、シルバニアファミリー、ジグソーパズル、おままごとセットのいろんなパーツなど、お誕生日やクリスマスのたびに、少しずつ買い足してあげていました。
私も、娘たちと一緒に選ぶのが、とても楽しかった。
もちろん、プラレールやミニカー、戦隊ものグッズなど、男の子用のおもちゃもあるし、他にも「新選組」の法被!?なども売っていました。

仕事からの帰り道、ショーウィンドーのたくさんのぬいぐるみや、走る電車のおもちゃをいつまでも見ている小さな男の子なんかの姿を見ると、なんとなくあったかい気持ちになりました。

店員のお兄さんが、お店の前でけん玉をやっていて、小学生の子供たちが4~5人輪になってわいわいいいながら見ている、
そんなこともありました。
子どもが小さい時に何回かお買い物をしただけですが、それでもいつもお店の前を通るし、「そこにあって当たり前」のお店でした。

今日もそのお店の前を通ったのですが、歩行者天国ということもあり、いつもよりたくさんの人がお店に出入りしたり、
ショーウィンドーを眺めたりしていました。
私の横にいた学生さんらしき女の子と男の子が、「えっ、ここ、閉店になるの?なんでー!」「よくここでミニカー買ってもらった」「あたしも、ぬいぐるみ買ってもらった」と、話していました。
みんな、おんなじね・・・(^_-)-☆ 小さい頃の、あったかい思い出。

おもちゃ屋さん☆
こどもも、大人も、夢を見る場所.。&大人も、こどもになれる場所:・・.。:*・★
でも 少子化の世の中、現実は厳しい・・・ということでしょうか・・・
お店はなくなってしまうけど、たくさんの子供たちの胸に、暖かい思い出は残ります。

おもちゃ屋マルマンさん、長い間ありがとうございました。(#^.^#)


(@^^)/~~~

コメント