好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

たくさんの楽譜にお別れ!

2015-11-04 19:16:34 | ひとりごと。
押入れを片づけていたら、奥の方から…
ピアノの楽譜が大量に出てきました!

大きい手提げバッグがぼん!とあって、あらこれはいったい何かしら?誰か旅行に行くのかしら?
と、引き出してみたら重いこと重いこと(^-^;

ジーーーっとジッパーを開けてみると、楽譜!一瞬で思い出した!そうだった、楽譜をしまって、
押入れに入れておいたんだ!だいぶ前に!

ソナタやハノン、メンデルスゾーンの無言歌集などのアルバムの他、全音のピアノピース(1曲ごとの楽譜)。大量…100ぐらいあった…
懐かしいな、昔、習っていたころに、たくさん集めていたの。
「エリーゼのために」が一番最初でした。確か、小学校5年くらい?
それから、「乙女の祈り」や「月の光」「花の歌」「子犬のワルツ」などの可愛い曲や、
「ラ・カンパネラ」「英雄ポロネーズ」などの難曲も(^-^; これは、CDを聴きながら、譜面を見るのが楽しかった(#^.^#)。

「楽譜が読める」だけでも、素晴らしいことだと思うんです♪
音楽は、世界共通の言語ともいえるでしょう(#^.^#)
それから、娘たちが習っていたメトードローズやバイエル、発表会のプログラム、クリスマス会の曲、
あらまぁ、懐かしいわ~!と、しばし見入ってしまいました(#^.^#)

…でも、ピアノはすでに無く。(3年前に売却しました。業者さんからのハガキが届き、台湾にいくことになったそうです。)
…楽譜だけ、とっておいても… 
どの曲にも、思い入れがあり、(全部弾けたわけではないけど、)なかなか思い切れませんでしたが、
思い切れずにしまいっぱなしで早や数年…この先、何の役にたつわけでもなし。
もう、いいや、とすんなり思えて、ビニールひもで縛ってマンションのごみ置き場に。

…あら☆捨てたらすっきり。

お小遣いをお財布に入れ、大きな書店さんの4階、楽譜売り場にいって、ピアノピースを1曲ずつ、
わくわくしながら買っていた昔のワタシ。
レコードを聴いて、気に行った曲があったらすぐに楽譜を買いにいっていた。
そうそう、やっぱり、小さい頃から、譜面を追いながらレコードを聞くのが好きだった。
ピアニストによって聞いた時の感じ方が違うのはなぜだろう?と思った。譜面は全く同じはずなのに。

1つのものを与えられても、解釈は人それぞれ。自分の気持ちにそって演奏したり、鑑賞したりすればいいんだな、と思った。


今☆思っていること…思っているというか、たくらんでいること(^_-)-☆

娘たちが大きくなって、大人になってお嫁さんに行って、お部屋があいたら…

また、ピアノを置く!小さいのでいいから!新しいのを買う!
そして、練習する!
毎日毎日、お稽古していた時のように、2時間でも3時間でも、ひたすら練習する。
「弾けたらいいな」と思っていた曲に、挑戦する!

例えば…「アンダルーサ」♪ スペインの作曲家グラナドスによる、情熱的な美しい曲です。
それから、中途半端で終わってしまった「華麗なる大円舞曲」や「愛の挨拶」なども.。:・・.。:*・★
もう一回、すらすら暗譜で弾けるようになりたいな(*^_^*)


さようなら、たくさんの楽譜たち(^^)/~~~ 
   
…まだまだ…思い切りよく、捨てられそうなもの☆結構あるかもしれません。
年末へ向けて、ちょっとお片付けスイッチ入った感じです(#^.^#)

明日も晴れますように!!


(^.^)/~~~
コメント