鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

知人の通夜

2012-05-29 15:08:37 | Weblog
管理を受託している家主さんの通夜になりました。


いろいろと事業を手がけていらっしゃる方でしたが、今年3月から、妙に落ち着きがなくなりましてね。

いまやるべきことでないことを始めたり・・・。


事業の相談に来たり。


そして、何かと5月末にと5月末を急いでいました。



5月GW明けに一度お会いしたのを最後に、入院の情報はあったものの、お会いすることも無く。
昨日、お亡くなりになりました。


この5月末というのは、ご自身で何か感じるものがあったのかな?と今日も、息子さんと話したものです。



これから、今後のことで、関わってくるので、もめごとの無いように、綺麗な仕事が出来るように考えたいものです。



調子が良かったり悪かったり。


でも、ノラリクラリで出来ているのは良しと思いましょうか。



最近感じるのは朝の不調を薬で持ち直しているかな?ということ。


ソラナックス、デプロメールを飲み、30分くらい経つと、少しエンジンが掛かる。
そのうち、不快感がなくなり、なんとか波に乗れる。


今は、これが最良のサークルなんでしょうね。



今までは、良くなったり悪くなったりは勿論ありましたが、昨年末より上向きに来ていただけに、
ここに来ての不安定は残念ではありますが、またこれで復調すればワンステップ上がるのかな?とも思いながら、なんとかやってます。

GW明けのギブアップの後遺症はまだありますが、今年はいろんな意味で、順調ではあるので、前を向きたいものです。

コメント

今日は少しはいい?

2012-05-28 18:16:31 | Weblog
比較的に集中できた感じの1日。

忙しいけど、うまく乗れました。


忙しいことが、常に雑用なところに、達成感はまるでなし。


☆学生が騒ぐアパートの注意、張り紙。毎日「ハッパーバースデー」で近隣が寝れない、警察に苦情が入るなど手を焼いている。


☆無断駐輪の張り紙


☆敷地に捨てられた洗濯機の張り紙及び処分。


☆バイクの乗り捨ての処分て手続き。


☆いくら行っても、賃料を払わない「偽装結婚」の借主の催促。


☆高齢で自立が難しくなった借主の行政への橋渡し



本来の仕事ではないです。


最後の案件だけは、人の助けにはなったかな?と。地域ケアプラザとの連携が取れたし。




今、お笑い芸人河本氏のお母さんの生活保護について取り沙汰されてます。


不正受給は当たり前に行われてますよ。

河本さんのお母様への保護決定は行政が行ったわけでしょう?その長はどこよ?


針を刺している議員さん、貴方方の政権時代の話でしょ?


矛盾してる。



不正受給についてなら、全部バラシたいほど、ネタはある。

これ、どこの不動産屋もそうだと思う。


今日、最後の高齢者なんかは、障害もあり、90歳になっても働かなきゃいけな。
障害有る、亡くなった相方の連れ子がいる。


貯金が少しあるという理由で生活保護受けれない。


ただ、さすがに、この状態だと良くなく、たまたま、ケースワーカーが親身であったため、色々な手順をお知恵頂き、地域ケアプラザなどの相談方法を教わった。


麻薬で捕まり、出所して毎回生活保護を受けれる人がすぐ裏に住んでいるのに、この人はダメ。


不公平すぎよね。


親子の関係で、だからといって扶養を絶対的に求めるのは少し違うと思う。

損得でやったわけではないと思う。

その辺を、正直に明かして欲しいですね。


そのうえで、実態を調査すべきだ。


片〇議員、ウチ来れば沢山ネタ話ありますよ。


すっかり野党になってしまったね。残念です。






コメント

夢に疲れる

2012-05-27 09:57:36 | Weblog
悪夢は少なくなるものの、とにかく夢で疲れる。

なので、朝はいつも疲れている。

この、朝の疲れが無ければ、どれだけ人生明るいだろうと思うもの、現状は、クリニックに相談しても、以前よりは改善されているから、あえて施しもない。

薬が増えるのもいかがとは思うものの、この朝の倦怠感は、どうにかならないだろうかと長年考えたもの。


若いころ、病院や薬屋で相談するも、いいところ、栄養剤を飲むくらい?


中学生の頃は、その虚弱体質のため、「キヨーレオピン?」を飲んで、20代の頃はアリナミンが欠かせなかった。


アリナミンは確かに、多少は効き目あった記憶がありますが、こういうのを飲まないとダメというのも悩みではありました。


睡眠時無呼吸症候群のため、睡眠障害があることが分かり、それの対策をして、かなり改善はされるののの、すっきり感までには至らないものです。


今日は、友人が事業失敗し、私に降りかかり夢や、試験勉強をしている夢、パニックトイレの夢など、悪夢というほどには無いにせよ、疲れる夢ばかりでした。


今、睡眠時間は8,5時間。これでは物足りないです。

じゃ、それ以上取るために早寝するとどうか?

8,5時間で目が覚めます。

そこを強引に寝ると・・・。


酸素マスクしても、金縛りに遭い、起きたときは何も出来ないくらい、脱力感いっぱいになります。



不規則な生活を長年していたことのツケもあるのでしょう。


仕事の関係といえども、事実、ムリはどこかで祟るものです。



バブル期は、2日くらい寝ないでの仕事や、深夜帰宅は普通だった。


前職は、冬場の繁忙期は13時出社22時定時、でも上がれるのは深夜1~2時。


今の仕事も、継いで4年くらいは、ほぼ毎日午前様だった。

それらがドッと来たことも事実なんでしょうね?

コメント

通院日

2012-05-26 09:58:37 | Weblog
昨日は通院。

この5月で、5年になります。

このクリニックには約4年。


クリニックに通っているから、いろいろと解決することもできたのでしょう。

しかし、ここまで長引くとは思いませんでした。


今年4月のいろいろな解決後も、しばらくは上向きもここのところ低迷。


それでも、前を向く姿勢が出来ているので、物事の解決は、スムーズかもしれません。



今回は、不調があるものの、薬の増減は無く、また、今は増やすのも慎重なのかな?というような感じも読み取れました。


6月に残りの案件が片付くと、気持もかなり変るでしょう。

また、毎日、おかしなことの発生に苦悩しながらも、良い話も出てきているので、頑張らなきゃな~~と思うものでもあります。


父親が、大分痴呆が進んできました。


父親とは長年確執もあり、良好な関係ではありません。

今の仕事は、父から譲り受けたもの。


会社設立のエネルギーは大変なものを考えると、ありがたいと思うこともあります。
しかし、実際は長年の負債が膨れ上がり、赤字を背負う形での継承はどれだけ辛いものか?


何度も、父親との対立で、家を出たり、仕事を辞めざるを得なかったり。


母に対しては手を上げていたし、私にも20歳までは暴力を振るうものでした。


姉も、OL時代、出社しようとしたら、ヘアースタイルが気に入らないと、立ち切りハサミで髪の毛切られたり・・・


当時はそういうの、珍しくは無いにせよ、ウチは少々過剰でしたね。



そんな父親が、私を実の息子でないと言い張り始め、もう、普通に住まわすのはムリかな?とここで新たな悩みを抱えるものです。

たしかに、戸籍謄本に理解できない点などがあります。なので、戸籍を取るのに、いつも父親は阻止しようとしていましたが、なぜ阻止しようという理由は知ってはいたので、それは何ら気になりませんでした。

が、かなり複雑なようなので、私が実子で無いというのも、嘘ではないのかもしれませんね?

ま、それならば、それで、嬉しい部分もある?(爆)


自分がおぼつかないのに、父親の急速なボケ進行に、また姉も私もブルーになりそうです。



人生いろいろだから、一つ一つを丁寧に処理していたら、降参してしまいます。


この場合も、まずはどうしようかを考えることですよね?

コメント

調子が上がらない?

2012-05-24 10:00:21 | Weblog
4月にいろいろと始末できた懸念材料が殆ど片付き、今年は仕事もまずまずで、なんとか前半は、切り抜けては来ました。

緊張の解れか・・・。5月のGW明けから、調子が上がらず、しばらく無かった、憂鬱感や不安感が出てくるようになりました。

ミルナシプランを無くしたことも原因かな?とも思うものの、何か、倦怠感が取れず、再び、憂鬱感や不安感が復活しているものです。



そもそも5年前もそうで、協会の総会のあと、釣りに行って、翌日から1週間くらい、何もできなくなり、心療内科に通い始めたものです。

あの時と、そっくり。


ただ、今は、不安材料が少ないので、そういう意味では気持は楽です。


最後の役員会も、ムリでも出るつもりも、本当にムリになったので、欠席。


協会代議員なので、何か選挙があるようですが、それも欠席を表明。


たったこんなことを省くだけでも、気が楽になるもので、やっと、気持は落ち着きを取り戻しています。



ムリが出来る年代、体力、精神力というのは個人差はあります。

「いままでできたもの」が出来なくなるのは、何か疾患的ものが要因でしょう。



自分を責めず、まずは該当あること、解決できることの解決から、入るべきなんでしょうね?






認知行動療法というのがあるようです。

ある程度計画的に無理の無いように何かを計画するとか・・・。



それを真似て、まずは1日のやらなきゃいけないことを書きます。


不調時は、書くだけで辛かったですが、まず、書いてみましょう。


そうすると、兵器で20とか30とか「やること」が出てきます。


次に、省けるものは(  )にします。



本当にやらなきゃいけない事が半数になったとしましょう。


それだけでも気持は楽になります。


そして、それが出来た時は、出来るんだ~~と達成感が湧きます。


それを繰り返すと、不思議に数週間で、パワーがアップします。




何もしたくない、出来ない、でもやらなければ余計に負担になる。

そんな考えを軽減できるものでもありますね。



また、多くの「鬱」の記事を読みました。

ブログも読みました。

また、鬱に効く音楽なども聞きました。

あまりのも身体がしんどい時は整体も行きました。



どれも非常に自分にとってプラスになります。

特に、鬱の記事やブログ。自分の状態がまさにそのとおりであるという変な安堵感。
また、ブログは、体験話が痛いほど伝わり、場合によっては自分よりはるかに辛い方にも遭遇できる。

いろいろなアイデアやかわす方法なども分かります。



今、とても辛い、でもぶつけるものが無い!という時、少し、ネットサーフィン的な姿勢で鬱について調べてみましょう。

また、ネットが無い人は、調子が良くなったときに、本などを買ったり借りたりするのもいいでしょうね?

その場合、絶対に完読するという考えは捨てましょうね?プレッシャーになります。


ただ、知りたいところだけでもいい、そういうのは読んでおきましょう。



今日も、寝起きは決して悪くは無かったものの、朝からダルさがあります。

通販で頼んだ熱帯魚が来ました。


こういう到着も、いつもなら嬉しいのですが、今日は、なんかそういうのも、また買ってしまったか?の反省的なものが先行しています。


今の文章もそうですが、自分を知らずうちに責めているんですよね?


こんな心理状態のときは、決して1日がスムーズになんていきません。


なので、今日はスムーズではないと判断し、ペースを乱さないことを考えるのがベストでしょう。
コメント

調子が上がらない?

2012-05-24 10:00:21 | Weblog
4月にいろいろと始末できた懸念材料が殆ど片付き、今年は仕事もまずまずで、なんとか前半は、切り抜けては来ました。

緊張の解れか・・・。5月のGW明けから、調子が上がらず、しばらく無かった、憂鬱感や不安感が出てくるようになりました。

ミルナシプランを無くしたことも原因かな?とも思うものの、何か、倦怠感が取れず、再び、憂鬱感や不安感が復活しているものです。



そもそも5年前もそうで、協会の総会のあと、釣りに行って、翌日から1週間くらい、何もできなくなり、心療内科に通い始めたものです。

あの時と、そっくり。


ただ、今は、不安材料が少ないので、そういう意味では気持は楽です。


最後の役員会も、ムリでも出るつもりも、本当にムリになったので、欠席。


協会代議員なので、何か選挙があるようですが、それも欠席を表明。


たったこんなことを省くだけでも、気が楽になるもので、やっと、気持は落ち着きを取り戻しています。



ムリが出来る年代、体力、精神力というのは個人差はあります。

「いままでできたもの」が出来なくなるのは、何か疾患的ものが要因でしょう。



自分を責めず、まずは該当あること、解決できることの解決から、入るべきなんでしょうね?






認知行動療法というのがあるようです。

ある程度計画的に無理の無いように何かを計画するとか・・・。



それを真似て、まずは1日のやらなきゃいけないことを書きます。


不調時は、書くだけで辛かったですが、まず、書いてみましょう。


そうすると、兵器で20とか30とか「やること」が出てきます。


次に、省けるものは(  )にします。



本当にやらなきゃいけない事が半数になったとしましょう。


それだけでも気持は楽になります。


そして、それが出来た時は、出来るんだ~~と達成感が湧きます。


それを繰り返すと、不思議に数週間で、パワーがアップします。




何もしたくない、出来ない、でもやらなければ余計に負担になる。

そんな考えを軽減できるものでもありますね。



また、多くの「鬱」の記事を読みました。

ブログも読みました。

また、鬱に効く音楽なども聞きました。

あまりのも身体がしんどい時は整体も行きました。



どれも非常に自分にとってプラスになります。

特に、鬱の記事やブログ。自分の状態がまさにそのとおりであるという変な安堵感。
また、ブログは、体験話が痛いほど伝わり、場合によっては自分よりはるかに辛い方にも遭遇できる。

いろいろなアイデアやかわす方法なども分かります。



今、とても辛い、でもぶつけるものが無い!という時、少し、ネットサーフィン的な姿勢で鬱について調べてみましょう。

また、ネットが無い人は、調子が良くなったときに、本などを買ったり借りたりするのもいいでしょうね?

その場合、絶対に完読するという考えは捨てましょうね?プレッシャーになります。


ただ、知りたいところだけでもいい、そういうのは読んでおきましょう。



今日も、寝起きは決して悪くは無かったものの、朝からダルさがあります。

通販で頼んだ熱帯魚が来ました。


こういう到着も、いつもなら嬉しいのですが、今日は、なんかそういうのも、また買ってしまったか?の反省的なものが先行しています。


今の文章もそうですが、自分を知らずうちに責めているんですよね?


こんな心理状態のときは、決して1日がスムーズになんていきません。


なので、今日はスムーズではないと判断し、ペースを乱さないことを考えるのがベストでしょう。
コメント

物忘れが激しくなる時

2012-05-21 10:36:41 | Weblog
ボケてきたかな?とか、物忘れが多く、一人相撲が多くなる時は・・・。

疲れてますね。

これに腹を立てると、余計悪い方向に行きます。


今日もだめかな?くらいの感覚でスルーするしかないでしょう。


疲れ以外にあるのが、酸素濃度。


通常98%前後というのが正常ですが、私の場合、ここんところ92前後が多く、酸素が不足しています。

80%台のときは、頭が回らず、それだけで苦痛でした。


ここんところ、どうも「うっかり」が多いのですが、ここ数ヶ月は92とか94とか、低めになっています。

だからという先入観があって、失敗をするわけではありませんが、細かいものを忘れるというのが多発していて、気をつけなければと思うものです。


睡眠時無呼吸症候群が起こす、典型的症状で、夜はシーパップというマスクをして寝るのですが、これを無意識に外したり、リークしたりすると、その日は1日気だるさがあります。

この病気は鬱と密接な関係があり、同時に患うことも多いようです。


酸素バーというのが流行りました。いまでもあります。

多くの人がそこで癒しを求めに行きました。


それは癒しではなく、単純に酸素が不足しているからそこに足が向くのです。



朝苦手という方、その多くは低血圧や睡眠不足、というありきたりな原因ではなく、無呼吸症候群の可能性が高いようです。


特に男性は気をつけましょう。これを改善するだけでも、いろいろと体調は変るものです。




今日は金環日食。

起きた時、曇りで、それで、また脱力感が襲い、寝てしまった。


でも見えたようで、娘は喜んでいました。



幼いころに、交通事故に遭い、半年の入院をしたことあります。

その際に、図鑑をお見舞いに貰い、天文の図鑑に2012年の日食は予測されていました。

幼心ながら、その時はまだ自分も生きているな?と思ったもの。


そんな幼いころからの楽しみも、夢叶わず?かな??


朝弱いと、こういうところにも忍耐力がありません(笑)
コメント

会話のキャッチボール

2012-05-20 13:36:41 | Weblog
苦情を多く抱えると、頭痛いもので、それだけで、鬱モード突入します。

しかし、苦情をする方は、もっと苦痛なわけで、その心中をも察しながら対応は当然に必要です。


この際、文句を言い合いながらもキャッチボールが大切なもので、たとえ、途中口論になっても、通じ合えるものがあればよいものと思います。


一方的に来るケースが多いいですね。その場合は、まずは我慢。

その我慢が・・・。相手の口の一言で、その我慢が出来なくなることもあります。

それは、両成敗で、開き直るのも肝要。


どうにもならないような要求を、興奮してしてくることが多く、そういうものに対しては断固して拒絶しなければなりません。



今日も、学生アパートで学生が騒ぎ、寝れないということに、同業者と行くも、確かに、酷い騒音であることは確かですが24時間見張れくらいのことは言われます。

また、個人の携帯を教えろとか、迷惑条例で訴えるとか、警察呼ぶとかエスカレートするのですが、警察は、「民間敷地」ということで、あまり取り合わない。


迷惑おばさん事件がありましたが、あれなんかも何年もやって検挙できないわけでしょ?

学生が騒ぐのは尚更。


だけど、我々は酷い場合、警察やその迷惑条例で訴えるのはありだと思うものです。

しかし、エスカレートのし過ぎで、関係ない部屋にも矛先が向くこともあって難しいものですが、こういう場合は、当事者でない部屋にも、こういうことがあるので注意願いますと出すのが良い方法です。


殆どの場合、注意すれば治まるもの。たとえ、たまにでもあっても、迷惑と思う方は負担なもので、それは凄い勢いですは。

最近は金銭的要求をしてくる場合があります。こういう場合は逆に警察に通報するくらいの逆転立場を取ります。



学生を入れたから、その不動産屋に責任がある。だから損害賠償請求する。

こういうの多くなりました。


管理人の範囲というのは、保存行為程度なので、注意勧告程度の権限しかありません。
理解できない場合、少し例を変えてみます。


もし、煩い相手が一戸建ての場合、どこに文句を言いますか?
買った不動産屋ですか?相手の販売した不動産屋ですか?


これ言うと、大抵、「ハッ」と思うものです。

あくまでも民事で人同士なんだよ。本来は貴方が相手を説得するのが正道なんだよと話してみます。



殆どは、刺されたらいやだとか言われます。これはとくにここ10年はこういう言い方増えてますね?

ま、事実なんで、そこに、スタートを置いて、自分らはなんの「偉い人間」でない。だから、相手に注意が精一杯、それで、賃貸借契約を解除というまでには至れないんだよというように話を進めます。


90%以上、一度注意すると、あまり再発はありません。

むしろ、最近は社会人や高齢者の麻雀などの方が目立つかもしれません。

その場合であっても、注意が精一杯で、甚だしい場合は、冷酷ですが警察に「通報をしてもらう」しかないですよね。

そういう展開になっても、お互いが分かり合えるようなキャッチボールに努めるようでありたいものです。




今日は、こういうクレーム処理が頭からあったので、ブルーでしたが、管理が別会社と一緒なので、力強かったし、同伴者もうまくペース良く、説明とお詫びをし、大事に至りませんでした。


一頃のように、これだけで、店を開けるのがイヤということはなくなっただけ、進歩はあるかな?というところ。


最後に書く回想話ですが・・・

3~4年前の最悪期には相談事で涙がでることもありました。


それは何で、そういうものがこっちに来る?

ベソ掻いたのは、「隣人の子供がウチの子供をいじめるからどうにかしろ」。

「ゲリラ豪雨が煩いから、防音材つけろ!」

「UFOが現れたから来てくれ」


どうでしょう。平常時なら笑い話も、さすがに辛くなるもので、なんで、こういうものに巻き込まれる?と苦痛を感じたものです。


まあ、どうあれ、心身が「こう弱」している場合は何かと気が「傷つく」もので、こんなところからも引き篭もりに入ります。


引き篭もりですが、これはこれで、そういう時には必要なことでしょうか?


それによって、自由な空間をその時だけ味わえるから?


イヤ、その引き篭もりも、辛いからそうなるもので、でもそれがその時は一番楽だからそうなるものです。

あまり深く考えず、そういう時もリラックスに努めるのがいいのかもしれません。


私は観賞魚を飼ったり、唯一できたのは「水泳」

スイミングスクールの1時間は、たとえだるくても「無」になれたから。


そういう、現実から少しでいい、逃避できるものを捜すのも大切なのかもしれません。

コメント

やはり再燃かな?(笑)

2012-05-19 13:12:14 | Weblog
調子が良かった4月と一変し、何もかもが再び億劫になっています。

暫く無かった、憂鬱感も出てきて、まだダメなのかな?と思う反面、毎日にの雑用に埋もれていると、おかしくなっても仕方ない?と思います。


昨日、とある同業者にお邪魔したところ、クレームの数はウチの比ではない。

それを、担当が打ち合わせしながらも、対応する姿見て、まだ、私は甘い!と思うものの、良く出来るな~~と感心しました。

がっ、やはり、調子を崩されたこともあるようで、皆同じなんだな~と感じたものです。



今日も、打ち合わせ中に、下水が詰まったという相談に来た。で、ジャバなどの液体で掃除してみた?と聞くと、そんなの知らん。いいから治してという。


やることやって、ダメならば、職人呼ぶけど、原因が借主さんだったら、作業費請求するよ?と言っても納得しない。


たまたま、打ち合わせに来ていた人は、以前、アパート経営をしていたので、びっくりしていました(笑)


こういうアクシデントや、原因がわからないようなものに、職人を呼んでもいいのだが、それ誰が払うの?ということになる。

あきらかに、建物の問題ならば家主の責であるが、このように、使用上の場合、まずは掃除やつまり解消をやるのは、借主の保存行為だと解釈されます。それでもだめならば家主ですよね?


つまりの場合、殆どは残飯が入っていることが多く、大半は、液体で解消する。


ただ、今回来たご老人や、う~~んと若い人は、それをなんで自分がしなければならないのかが理解できないようだ。


残飯をそのまま流したり、お風呂の排水も、髪の毛が溜まっている清掃まで、家主側に要求する人が増えています。

契約時にそういう文章を作成し、小修繕は借主と説明するのだが、ダメですね。




また、別会社と共同で管理しているマンションがありますが、学生が騒ぐ為にかなり神経質になっていて、侘びに行くのですが、これも困っちゃうもので、特定せずに、騒いでいるとか、決め付けられることもあり、説得にエネルギーを使う。



管理業ですからこれは切り離せないものですが、少し範囲を逸脱していることもあり、同じような業務内容の経営者は、みんな、何か疾患を抱えています(汗)


この仕事を継いだとき、先輩に、「頭に」来るか、「胃に」来るかが無いと、一人前じぁyないぞ!と言われたことあります。

父はストレスから、胃潰瘍などで苦しみました。


その先輩も始めて6ヶ月で胃潰瘍、十二指腸潰瘍で入院したとか。


みんな胃潰瘍か鬱になりますね。


私は頭に出てきちゃったんですね(笑)




今日の鬱回想記

セロクエルを飲んで、悪夢を見なくなるものの、暫くは、時間で憂鬱感が強く出ていました。


朝方、そして、母が徘徊する夕方、そして、夕食後ですね。



薬も、朝、昼、夕、寝る前と4回にわけ、飲んでいましたが、朝、昼のソラナックスはあまりにも効きすぎてね・・・。


でも、あの薬のために、色々と変わったものもあるわけで、慌てることや、咄嗟の判断の迷い、
優柔不断などは消えたものですね。



とにかく浮いているような雰囲気で、それがあるために、焦り感が和らいだものです。



心が落着けば、失敗やそそっかしいことなどは減るわけで、そういう改善は本当にありがたく感じたものでした。

人間が変りました。


しかし、強い憂鬱感は取れず、2年くらいは、踏切を変な位置で待ったりとか、常に、自殺願望的なものはあったものです。


いまも、時々はあるものの、あの時のような辛さは解消されているので、自分でも明るさは取り戻せたかな?という感じです。


薬をずっと頼りにするのも問題がありますが、でも頼らざることもあります。

風邪でも薬飲むわけで・・・。


1日30錠も飲んでいた時は、内蔵も不調起こしていたので、飲みすぎに少し心配もありました。


減らなかった時も、不審に思いました。


でも飲まざるを得ない状態だから飲むと、自分に納得させるしかなかったですね。




人によっては数ヶ月、私のように何年も掛かる。人それぞれ「度合い」は違いますが、とにかく焦りや、周囲からの煽りは、取り除くようにして、マイペースを保つのが良いでしょうね。



コメント

神頼みしたい?(笑)

2012-05-18 11:15:56 | Weblog
体調は、少し良くなりましたが、休んでも、具合の悪くなるような話が続き、今ひとつ、気乗りはしないのですが、悪い話ばかり続く時でも、時には良い話もあるわけで・・・。


その良い話はにわかに上がってきた仕事ですが、一度は消えたものが、現れてきて、うまく舵が取れれば、成就するもので、どうにかして、ここで勢いを着けたいところ。


そんなときだけに神頼みしたい?

都合の良い話だが。でも、これって、自分に気持を盛り上げることでもあるわけで、神頼りでなくても、何かゲンを担ぐようなことはしたくなるものかな?とも思うものです。



ちょっと、気持が後ろ向きになっていただけに、流れを変えたい。





いつも後半に書く
    鬱の回想話ですが・・・



疲れる夢ばかり見る事を書きました。


悪夢、金縛り、無呼吸などは、睡眠障害です。


悪夢?と思われるかもしれませんが、悪夢のために、夜が怖いということもあるもので、そういう患者さんもたくさんいらっしゃる。

単に、不眠症では片付けられないもので、悪夢については、当時、セロクエルという薬を貰ったところ、これは確かに、悪夢対策に使われるものでもあるらしく、薬剤師さんも、同じようなことを言っていました。

ただ、副作用があり、賛否もある。


私の場合、体重が大幅に減ったこともこの薬の投与のきっかけでありましたが、リバウンドしましたね?


しかし、本当に、寝る前にリラックができ、夢も、変な夢は見るものの、ずっと続いていた、幼少からの「連続ドラマ」や「死んでしまう夢」などは見にくくなりました。


そもそも、夢は願望の顕れと言うように、死んでしまう夢、恐怖の夢などは、正常では見ないもので、それ自体が、やはり心身に何かあるものとも解釈すべきでしょう。


ただ、死んでしまいたい場合はそれが顕れるのかな?(脂汗)


寝起きが悪いのも、この睡眠バランスの崩れであり、医者から言われる90分ごとのレム、ノンレムの周期を自分に当ててみると、全く、当てはまらないものです。


食欲は、お腹が空けば、どこかで軽食摂るなどもできるでしょうが、睡眠の場合、休息しかないわけで、そういう環境を作ることも大変だと思います。


血圧が低い、睡眠時間が短い、不規則などが、朝の寝起きに影響があるようにも思われますが、生まれてから、育ってきた、生活習慣を留意すべきなのかな?とも思うものです。


短期間のムリはどこかで消えるでしょうが、知らずウチに長期にムリをしていれば、必ず、そのツケは来るのかな?と、今は痛切に思うものです。

コメント