鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

強い金縛り

2014-10-30 10:55:42 | 鬱、メンタル
昨晩の金縛りは酷かった。

幽体離脱とかこのことを言うのか・・・。そんな幻覚が出ました。

もちろんそれは幻覚でしょう。



得意の金縛り解脱の術は使えず、かなり長く、苦しいものだった。


この術は1点に集中させ、それによって、苦しさを紛らわすと同時に、その一点に集中することで、目が覚めるというもの。


指を動くことを確認する。次に、腕が動くことを確認する、そして、魑魅魍魎をその手で払いのける(これは冗談だが)


これは解けた時に、ものすごい快感になるものだが、完全に目覚めると、鉛のように硬くなり、全身寝汗と虚脱感が残る。



掛かっている時に、人の手を使い起こされるのは、これがまた恍惚のような感覚だ。

カミサンが、掛かる前兆を察し、起こしてくれたことありますが、これは変な話快感です。


今は、部屋は別なのと無呼吸のマスクするようになってからは掛かりにくいですが、掛かれば強烈なのが襲います。


昨日は5分近くでした。


呼吸を整えるのに、数を数えるので・・・。


一度起き上がろうとして、失敗すると、死ぬのではと思うくらい苦しくなります。


それは、呼吸は起きている時の要求になるので、追いつかなくなるんですね。そして、とんでもない疲労感がまるで、おもりを置かれたように襲いかかり、こうなると長期戦です。



ある記事によると30分位掛かる人もいるとか。


そのまま寝てしまえばという記事も見ますが、そのまま寝たら二度と起きれないくらいの感じになります。



以前は毎日悩んでいただけに、それが月数回とかなどで、ありがたいものだが。

昨年くらいまでは年間数回だったのだが、再燃後はまた、頻繁に掛かるようになりました。




そんなわけで、昨日は6時間程度の睡眠でしたが、朝は、身体が痛い、重いという感覚があるものの、目覚めは良かったです。



普段、寝過ぎかな?


いろんな外来ができていますが、「金縛り外来」って作って欲しいものだ。


コメント

過去を振り返ってはイケないが。

2014-10-28 08:48:57 | 鬱、メンタル
人生、下手にに生きていれば、過去のデタラメなことや、反省をしてしまう。

それで進歩すれば良いのだが、同じような生き方をしてまう。

バブルのころ、うまく生きていけば、かなり稼げた時期もあるが、時代を舐めていたね。


もっと景気は続くだろうと。



その後、大きな景気の上昇はなrく、自分も職を転々とした。


そこから学ぶものもあるものの、やはり舵取りが出来ていない。そんなことをついつい思い出しては何の解決にもならないのに、考え込んでしまう。




気持ちが晴れないのが長く続くために、今年6月に加藤登紀子さんのCDを買いました。その中で「会議は踊る」というのがあり、好きだったので聴いたものだが、元々、反戦家ですから、歌も、バルチザンとかそういうのが吹くまで、返って暗くなってしまうこともあるのと、このころはだが大学受験失敗のころだったので、どうもそのことに「浸って」しまう。


そこで、ユーロービートを聴くようになった(随分路線の変化か)


ところが、これこそ、バブル時代。


バブル期の良かったことも思い出すものの、気分が沈みがちの場合はそこで落ち込んでしまう。なぜなら、最初の鬱の時代だからだ。


音楽を癒しにつかたくても、期待どおりにならない場合は、あまり続けない方がいいです。


過去に浸るのも、それをバネにすればいいですが、そこでに陶酔してしまたりらあまり意味もないかな。


まあ、そんな過去のこと思い出すここ毎日です。


夢も、悪夢から過去の夢が多くなりました。


昨晩は、どちらかというと、楽しい過去夢でしたが、中途覚醒が3回あり、最後は夢の途中で目ざまし鳴ったので、寝起き良くない。


悪夢より良いが、いつも以上に倦怠感がある。

管理物件で「毛虫が大発生」しているようなので、その掃除をしに行かなければならない。


なかなか身体が空かないものだ。


コメント

人間関係が辛く感じる?

2014-10-27 10:09:10 | 鬱、メンタル
上司と部下、これは常に厳しい関係であっても自然と捉えていますが、ストレスは相当出ると思います。


しかし、同僚や友人、同業者や常連客ならば、それほど構えなくても大丈夫なのが普通だと思います。


だが、その友人や同僚、もしくは軽い気持ちで顔を出す人などにストレスを強く感じることがあります。

鬱が酷い時は、顔見ただけでプレッシャー掛かる。


最近は、凄い鬱は無いにせよ、ここんところ、顔出しなどにも抵抗が出てきています。



タイミングを他人に図らすのはムリにしても、たとえ、軽い用件であっても、同時間に数人とか来れば、焦るもので、ここんところ、そんなことがあって、来客がプレッシャーになります。


典型的な心疾患ですね。今更ながらですが・・・。



友人でよく来るのがいます。

週3回とか。


正直仕事に差し支えが出るので、忙しいときはお引き取り頂くものの、なかなか帰らなかったり、忙しい時期、時間を分かっていて、その時間に、用件なしに寄る人とか・・・


真面目に付き合うこともないのでしょうが、余裕がない自分に不快になるものです。



ムリな話でしょうが、そういう人には一通り、自分のことは話してるのですが、反対に元気づけに来る感じなんですね。


鬱の人に、頑張れは禁句といいますが、それに近いものなんでしょう。


商売やっている以上は避けられないものでしょうが、数人、もう少し気を使ってほしいな~~と思うことあります。
そして、そう思う自分にも罪悪感を感じます。



対人恐怖症もあるのかな?(笑)





昨晩も9時間睡眠ですが、中途覚醒2回、夢見多く、熟睡感なし。

朝から、倦怠感はあり、どうにか事務所を開けると、いきなり、相談ごとの客が数人立て続けに。


予定はああまりなかったんですが、余分なことができちゃった。


なかなかスムーズには行きませんね。


まあ、用件は大したことではありませんが、その大したことないことですらも負担です。


一時期の、トイレ行くのも憂鬱、切手貼るのも憂鬱という状態ではありませんが、やはりまだまだ些細な事が辛く感じます。


再燃してから1年。まだまだ春は遠いかな?

コメント

ソワソワする時間帯

2014-10-26 09:22:25 | 鬱、メンタル
自分の場合、朝、夕方4時以降、帰宅後がソワソワします。

何かのせいにするのは良くはありませんが、これ、理由がありまして。


朝は、2年くらいまえまで、毎日、元気づけウチに寄ってから出勤する人がいたんですが、毎日なもんで、結構辛いものがありました。

何もない時は問題無いのですが、電話中や、朝一で出かけなければならないとき、何か作業をしている時は、その人に応対できない罪悪感があり、それで、sまいには、その来られる定時を過ぎてから、物事を始めるという事態にまでなっていました。


それとなく、関わりのある人に相談したり、あるいは、本当にパニックしてる時は、ご免、ご用あんら後で伺う!など対応できないことを認知してもらうこともした。


相談する人には、自分が鬱であることと、一人でやっているから、朝からは忙しいなどの理解を求めて聞いてもらったもの。



今でも時々来ますが、でも毎日では無いので応対はできますが、でもその時間帯、今でもソワソワするものです。



夕方は、母が健在だったころ、4時過ぎると、急に活発になり、コンビニで同じものを何度も買いにいったり、どこかの傘を持ってきたりなどの「徘徊」が始まり、これが月末だと、来客と同時に、母の監視も必要になり、とてもソワソワ、イライラしたものです。


心療内科に通い始めた理由の一つに、母に対し、段々、辛く当る自分が滅茶苦茶辛くなったこともあります。

なので、抗鬱剤より精神安定の方を重視してもらった感じでした。



ソラナックス服用で、その感覚は薄れたものの、やはり夕方はソワソワし、母他界から4年、以前ほどではないが、4時半になると、心が理由も無く疲れることがしばしばあります。



鬱の場合、朝は辛く午後に回復する傾向があるようです。


今の私はそうですね。でも、夕方に再び、辛い時間が来ることがあるので、安定している時間は10時半~12時くらいの時間しかありません。


この時間に、最優先でやらなければならないことをやりますが、タイミング悪く、「冷やかし」などが来ると、それでズルズルになり、1日が苦戦するものです。



私のように、外部的要因で時間を配分するのは自然では無いし、ましては、普通、あり得ないことが毎日だったことを考えると、やむを得ないかな?なんて思うものです。


商売をやっている以上、どんな来客でも、失礼な対応は基本的んはタブーですが、礼儀の無いセールスや、見当違いの客にもニコニコする必要はなとは思います。


週1回で来る同業者が何人かいました。

母の他界から父が入退院が多く、仕事がまともにできなかった頃、私の事情を知ってても、「どうよ!社長!!」みたいなノリで来るのに、ちょっと気分を害すことがありました。


さすがに、父が不調で他界した時は、「申し訳ない、いま、家庭の事情でまともに仕事が出来ていないので、失礼な対応になっちゃうけど、仕事のことなど頭にないんだ」というキメセリフで、以後、来なくなりました。

失礼だとは思うものの、さすがに父の法要やって、黒服きている時に来るのは、これは自分が気を使うのはおかしいなと思ったものです。



相手からすれば、鬱の私に景気づけのつもりでしょうが、こちらからすれば、とても負担なことでもあります。


「頑張れ!」は禁句と言いますが、私は「頑張れ」は元気になりますが、不要な来店は凄く心が重くなります。


商売している以上、避けられないことではありますが、そんなことも、心を重くしたり、時間によって不調になっあtりするものです。




昨日は通院日。

倦怠感について相談するも、先生は「仕事からkるもの」という認識か、特に、そこは深くは話にならなかった。


憂鬱について聞かれ、先月よりはやや楽と答えると、デプロメールがMAXに近い状態なので、その量が不安のような感じに取れました。

減らすアドバイスもあrましたが、あと1ヶ月、このままでというお願いをし、薬の変更はありませんでした。


今日も9時間の睡眠に満足できませんが、気持ちはいつもより、楽かな?


ちょっと、気の遣う作業がありますが、それだけやれば、あとは明日にでも伸ばせるので・・・



最近は、オーバージョブも相変わらずの反面、比較的、サボれる日も出てきてます。


やはり、思うに、そのサボレる日であっても20以上の行程があるので、一人でやる量は総合的にはオーバーしてるのだな?と思うものです。


基本的な収入があれば、パート雇用をすべきところだが・・・。



景気は、どうなんでしょう。

アベノミクス効果、期待はしていませんが、人や物流の変化は感じられません。


街は、今年も、廃業するお店が増え、同業者の廃業も目立ちます。


物件出て、広告打っても、以前のような反響はありません。


限界を感じています(汗)

コメント

プチ物忘れ

2014-10-25 08:50:59 | 鬱、メンタル
目の前のものがみつからなかったり、やろうとしたことを忘れたり。

健忘症のような症状が出てきてます。


これは精神が少しでも落ち着くと和らぐもので、いま、身体が動かない割には、やや重めの仕事を抱えているからでしょう。

テンパイ寸前、マージャンで言えば、イーシャンテン。



昨晩も夢は悪夢に近い。

トラブルから殴られる夢。どうしてこういうの見るかな?という感じですね。

いつも書くように、精神の不安定ですね。


それでも昨日は懸念材料が2つ解決し、少し、気持ちは楽になりました。
だから寝れるかな?と思うものの、寝が浅かったし、金縛りも1回あった。快眠が摂れませんね。しょうがないか。



物事のミス、プチ物忘れは誰でもありますが、それが頻発するときは、気持ちがテンパッてる時です。

なるべく最近は、他人にお願いしたり、自ら仕事を切ったりするものですが、それでも抱えることは当然にある。


キャパオーバーになれば誰しも、雑になるものだから、それは仕方ないと諦めつつ、少し、間を置く時間を強制的にも作り、

ゆとりを作るくらいの気持ちを作らないとね。



今日は通院日。


先月よりは頑張れたし、気持ちの重さも多少取れた。でもやはり7月に話した、仕事の不適合は薬では治らない話を今一度し、薬の調合をもう一度見直してもらおうかな?とも思います。


朝の倦怠感の改善ですね。まずは。

コメント

重々しい気持ち

2014-10-24 12:31:46 | 鬱、メンタル
何度か書いていますが、再燃状態なんでしょうね。


夏の忍耐力がないのは、夏バテかな?とおも思いましたが、涼しくなっても、毎日が重々しく、辛い気持に支配されています。


午後2時ごろを過ぎると、日によっては強い倦怠感に襲われ、1日を通しての仕事が難しい日もあります。


今日も9時間以上の睡眠なのに、寝ぼうし、朝は憂鬱感でいっぱいでした。


どうにか、朝からあyらないことを処理し、それができただけでも、とりあえずは自分を褒めていますが(笑)、楽な気持ちではありませんね。


良く取れば、そんな愚痴を放しつつもどうにか毎日が過ごせているのは、幸せと思うべきなんでしょうね。


鬱が7年にもなると、さすがに、「慢性的」になり、少し頑張るだけで、元に戻るような感じです。


この間、悔しいのは、子供の成長の一番楽しい小中学の頃をしっかり見てあげられないことだ。


むしろ、子供から、鬱である私に気遣いをもらうような感じなのがありがたいが、情けなくも思う。




最悪の頃に比べれば、気持ちは楽だし、かなりの仕事の立て直しもしてきた。


もうちょいなのだが、そのもうちょいが出来るかどうかの自信は無い。



自分で選んだ道にせよ、心から後悔はするものの、でも、悔やんでも始まらない。


再建というよりも、もともと崩れているのだから、まずは「どう転がってもいいような」状態に持って行き、その時に、この仕事は続けるべきかどうかを考えるのがいのか?と思う。



数年前、あまりにも辛く、廃業を視野にいろいろ相談したものの、相談に行った時が「前期黒字」なので、難しいことを言われたし、なぜ?とも言われた。

鬱に掛かっていることも話した上で、一人の弁護士さんは、倒産型は不可能と言われた。


それと、廃業する場合、私の場合、ものすごく時間を拘束されるもので、会社を立ち上げるよりも遙かにエネルギーを使うものだ。


自分が「どう転がっても良い」という目標には、「経営の権利譲渡」も含んでのことだ。


また、関連の仕事で伸ばすことも出来るだろうし、もし、鬱が酷いままならば、どこかと合併したり、経営を任せ、治療に専念することも考えたい。


正直には逃げ出したい気持ちが大きいが、それは非現実的だ。

売上の増減は、増に傾いていることは事実。今やっている仕事が成就できれば、原点近いところまで望める。

それに力入れた方が生産的ですからね。


でも、それにはもう少し、元気が欲しいものだ。


今日も、重々しく、辛いけど、頑張ります。

コメント

快眠が欲しいが・・・

2014-10-23 20:45:29 | 鬱、メンタル
睡眠薬飲んでも、眠りは浅い。

一時は、テトラミドだけで、深い睡眠が取れたものの、なれるとダメ。

しかし、このテトラミドを飲まないと、悪い睡眠が更に酷くなり、困るものだ。


自分の場合、睡眠時無呼吸症候群、金縛があるから、眠れるだけありがたいと思わなければならない。

何十年?も不眠などに悩まされていたことを考えれば贅沢だが・・・。


若い頃は、睡眠不足でもどうにかなるものの、中年の域になると、睡眠が取れないことが大きな障害になるものだ。


快眠には程遠いが、辛い時、心が疲れているときは、寝るしかないと思っている。


平均睡眠8~9時間。寝すぎだが、これでも寝足りない。


今に始まった事では無いが、この体質は治らないのでしょうね。


金縛りは無呼吸対策の酸素マスク(C-PAP)をつけてからと、金縛り解放の術(笑)を使ってからは、暫くは、殆ど掛からなかったが、昨年の秋以降の不調で、再び掛かるようになり、以前より、ハードで苦しい時もある。

この金縛りというのは、以前も書きましたが、真剣に悩み、近所の内科にて相談した事ありますが、当時は心霊現象という考えが強く、医者ですら、「あなたには霊がない」など言われ、相手にされませんでした。


今は、ノンレム睡眠時に掛かるとされ、つまり、身体だけが寝て、頭が活発な状態に掛かるということが判っている。

私のように、夢で頻繁に魘されるような体質には掛かりやすいんでしょうね。


対策は、やはり、普段の生活の見直しでしょうね。



今、またつまずいていることがあります。解決の糸口はありますが。


これが解決すれば、気は楽になるのかな?と思うものですが、すぐには解決しないので、忍耐のいみでしょう。


どうであれ、普段の生活に大きな不安などがあれば、睡眠も影響するものでしょう。


それでも、寝るしか無いんですね。


なかなか出口がみつかりませんが、今は、良く寝る事。これが自分に一番大切なことかな?と思います。


快眠・・・。毎日味わえるように工夫したいものです。


コメント

不器用

2014-10-22 23:48:15 | 鬱、メンタル
すべてにおいて不器用です。

特に若い頃は、その不器用な自分が大嫌いでした。


でも、どうなんだろう。その不器用というのが歳を重ねるに連れて、そう思わなくなってくる。


これも精神疾患から来る事もあるのでしょう。


不器用に近いイメージでは自信が持てないこと。


それゆえ、やる事がぎごちないのでしょう。


最近、ちょっとしたことから、やっては行けないようなミスや行動があり、なんだかソワソワしています。


仕事や対人に、自信がなくなっていることに気付いていますね。


仕事は、ハードでないにせよ、1日続けるのが今はとても苦痛なため、そう思うのか。

いや、お客さんを含め、少し対人恐怖になっているのか。


ちょっと気まずい事があり、トラブルにはなりませんが、ある人と波長が会いません。


また、どういうわけかタイミングがお互い取れず・・・。


この人だけにはちょっとだけでいいから、顔合わしたくない・・・というか、タイミングが計れないので、ちょっと翻弄されているような。


また、そういう自分が、うしろめたかったりとか・・・。


うまく行かないものです。



明日。いや、今日になるかな。


実際は仕事なんですが、こんなこともあり、明日は、外用で臨時休業も考えてます。



なんか、よくわからない文章になってますが、何かちぐはぐな時ってあると思うのですね。

そういう時は、ちょっと、間をおいたり、休息を取ったりなどが必要かな?なんて思います。


悪く言えば、サボリなんでしょうが、良く取れば、それも後につなげる手段とか?


ともかく、最近、ちぐはぐで、不器用な自分に呆れるものです。


心が安定していませんね(笑)



このブログを書く少し前に、寝る前の薬を飲みました。


睡眠薬、アモバンは日によって半分にしうたり、1錠にしたりしてます。
医者もそれでいいと。

心に乱れが大きい時は、ちゃんと寝たいと思うもので、そんな時は1錠です。


今日は1錠飲むべきなのかもしれませんが、明日は臨時休業モードになってるので、半分にしました。


まあ、こんなモードです。まともな仕事が出来ていない証拠ですね。


頑張らなければいけないのだが、まだまだ、気持ちが上向かない毎日です。

コメント

不安や悩みを取り除く重要性

2014-10-21 09:09:17 | 鬱、メンタル
前回記事にも似たようなことは書きました。

心が病んでいる時は、不安や悩みが当然にありますが、それが漠然としていることが多いです。

しかし、必ず、何かが足を引っ張っているはず。

それは、人に言えないようなことでは無いでしょうか?


たとえば、お金。


借金も出来ない、生活できない、でも支援を受けることができないとか・・・

それでも相談に乗る場所はあると思うんですね。それを踏切、少しでも取り除くことも大切だと最近は思います。


今、いろいろと心にのしかかることがあるのですが、そのうち1個が解決したら、少しですが重荷が取れた感じです。


とにかく、毎日いろいろとイヤな案件を抱え、お金も苦労しています。でも少しでも軽減されることがあり、そうすると、その前の「悪い状態」よりは「良く」なる場合があります。そのことは特に大切にすることだと思うのですね。


漠然としている中で、人に言える悩みを解決し、最後に、言えない悩みを残しても、少しは気軽にはなると思います。


目先のものでもいい、比較的早く決着できるものは、どうにかあるだけの力を出して、解決に向けるということが必要では?


ところが、心が病んでいると、それすらもできないもの。


もし、他人に代理を頼めるのであれば、代理権を与えるとか・・・

単に理由もなく、何も出来なくなり、病院に通うも改善できない場合は、これは悩みからではなく、身体本体の精神疾患でしょう。


カウンセリングや、何か癒される空間とかが必要になるのでしょう。


で、一番は寝ることですね。寝て悪夢を見て、辛い毎日を送ってます。


昨日も悪夢でした。しかし、やはり、心身疲れていることは確かで、そうなると寝るしかないのですね。


不安をひとつでもいい、取り除き、寝逃げする。そのうち何かが見えてくるかもしれません。


今は、悩みと疲れを取ることでしょう。



とても疲れてますね。心というか、身体の内部から疲れがあるような、もっと簡単に言えば、鉛のような感じ。


それが毎日です。


そろそろ、薬や治療を変えなければいけないのかもしれませんね。


難しい毎日送ってます(笑汗
コメント

気持ちが不安定な時の行動

2014-10-20 09:18:04 | 鬱、メンタル
後ろめたい気持ちがあったり、何か、思いこむことがあったりする際、健康体であっても、集中力を欠ける時があります。

これが、精神疾患で、いつも何かがある場合は、常におぼつかない事もあるでしょう。


最近気づいたのですが、以前は、何か、必ず、心に引っ掛かるものが行動に支障をきたしていた。


それが不安や悩みなどが、何かをしようとする時、思いだし、集中力を欠けて、ミスを起こす。

一種のパニック症とか不適合障害なのかもしれない。


試験や、ここぞ!と言う時に、緊張や不安から何もできなかったこともある。


大学受験がそうだった。

鬱になっている時は、それが常にあり、その焦りから、脂汗かいたり、動揺が収まらなかったりなどがあった。


ふっと思うと、それがここ2年くらいは軽くなっている。


ちょっと、ここ数日、面倒なことがあり、それが頭から離れず、そのために、物事にミスをおこしたりなどがあり、そうか、以前はこれが毎日だったんだな~と思うものです。


鬱の薬を飲むようになり、不安が軽減されたことや、頭に何かが残ることが少なくなっていることに、今更ですが気づきます。


クヨクヨする性格でしたが、そのクヨクヨは、性格だけでは無く、精神的な疾患もあるのかな?とも思うものです。



誰しも、そういうことはあるでしょうが、それが何年もあるのは性格だけでなく、精神的な疾患であるのかもしれませんね?



悩むということは、悪くはないことと思います。

しかし、常にそういう状態や環境であることは、良いとは思いません。


自分でどこまで出来るかは、個々の差はあるでしょうが、常に心に引っ掛かるものがある状態で、スムーズには物事は動かせないと思うものです。


今、このブログを書いている時も、管理駐車場でいたずらされたことを報告に来る人がいて、他の車もやられているとか、いろいろ言いにきた。

契約書にも、そこまでは責任の範囲ではないことを明示しているが、こういうことが月20件はあるので、それが朝から聞くと、1日それが心に残ってしまう。


今日はそれが影響しないようにしたいものだ。

精神を安定させ、物事を進める難しさを改めて身に染みる思いです。


コメント