鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

過労感がある

2018-07-20 10:17:49 | 鬱、メンタル
倦怠感、疲労感というより過労感。


当直ではあまり良い仮眠は摂れていない。昨日は、携帯を切らないで、帰ってから睡眠を摂ったため、電話で起こされてしまい、よい睡眠が摂れなかった。


かなり疲れているにも関わらず、昨晩は寝入りが悪く、今朝は、それでいて、早く目を覚ましてしまい、そのまま起きるつもりが、今度は睡魔に襲われ、とても悪い状態で出社。


今日は当直。この当直自体は、ストレスもなく、仕事としては遣り甲斐はあるが、当直明けだよね。
まだ、明日の場合は、月末ではないから、それほど、忙しくもないが、そろそろ、家賃を持ってくる人もいるので、さぼるわけにはいかないが、横になる、椅子で背もたれかけることくらいはでき、それで、終日持たす感じだ。


金曜日の場合、1時間早く閉め、土曜日がそのまま本業。


これは頭書断った。睡眠障害があるし、恐らく、体力的に持たず、迷惑を掛けてしまうと。



そこで、一人、紹介したんだが、彼も、週1ならばということで了承したのに、いつのまにか週2になり、そこで、私が週2になったわけだ。


収入的に週2はありがたい。それでも満足行く年収にはとてもだけど至らないが。



この週2で2年弱くらいで、先が見えてきそうなので、いまは、がむしゃらにやっているつもり。


しかし、リズムが狂うと、正直キつく、そういう場面で、先が大丈夫か不安にはなる。



前に書いたように、少々、ホーム長の判断が、あれ?と思うこともあり、自分は、この仕事に掛けようtおもっているだけに、ここにきて、どうなんだろう?という迷いが出てきている。



以前の記事でも同じこと書いたが、夜勤が続けられるか?と聞かれることがあり、それが私の体を思ってのことならば、ありがたき幸せだが、私の仕事内容に問題が出てるのであれば、切られる可能性もある。


事実、私の前任は、はっきりした理由が無く切られてるのdね。


その人と、同じような処遇ならば、考えを今の内改めないといけない。


そうでなく、職員として存在を認めてくれるならば、大学復学なども含め、動くつもりだし、いまも、社会福祉の本を読むなどして勉強をしている。

一番いやなのは、本業を廃業します、大学に復学しました、資格を取れました、さあ、本腰入れるぞ、→お前なんかいらない。



家業がそうだったから。


トラウマになってるんだよね。



今、自分の判断が正しいのか、正直、ここ1か月迷いが出ている。


同僚に話した。それは考えすぎだ、いま、お前が辞めたら、この組織終わるぞと。



職員とはとても息が合うし、入所者も、とても好意的だ。

対人不審なはずなので、最初の接し方がわからなかったが、何度か、イベントや手伝いに来て、ある程度話はしていたから、スムーズに受け入れてくれてるし、悪くはない。一人手を焼いているが、ここんところ少し楽にはなってきた。



自分の仕事は12分にやってるつもりだ。



だが・・・


朝、やり切れてるか?との問いが出たときに、またしても、至らないことありますか?聞いた。
そうではないという答えだが、そうでもないとは捉えられない。


これ以上のことをしろというならば、指摘してほしいし、でも、もう無理なくらい頑張ってるつもりだ。


駄目ならば、早めに印籠を渡してほしいもので、そこが、大学復学や、今後、これでいいのか?
最後のチャンスとしえちるところで、おかしなことになったら、本当に終焉を迎えるものだ。


心迷うことが多いが、この年で進路の迷いは勘弁だね。



細かいことで悩まなくはなったが、もし、今の自分で至らないのであれば、それは無理かもしれないんだよね。



あくまでも、会社を持っていて、その合間にやってるから。



副業中心だと、とてもだけど、負債は返済できないし、決して正規登用ならば、良い給与ではない。
タイミング的にありがたくやらせてもらってるが、これに賭けるべきなのか、急に不安になっている。


これも過労感があるからかもね?


あと、休息。


本業で調整するしかないが、殆ど休みなしで3か月を経過。


疲れは睡眠である程度は取れているが、憂鬱感は、多少は軽減されていても、酷い日がある。そういう時は心休めたい。
これも重要な課題だ。4
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わずらわしさは軽減してきた

2018-07-19 21:28:19 | 鬱、メンタル
簡単に言えば、エネルギーを使わなくなったことかな?


何をするのも億劫と言うのが薄らぎ、やっとだが、前を向けていることに気付く。


ダブルワークはじめ、まだ3ヶ月なんだ~と思う。まだまだ先が長そうだが、気持ちが色々整理しつつあるので、昨年よりかは、気持ちが上回っている。



今年も、一時、再燃かと思われることもあり、春先から、酷く憂鬱になる日もあるが、
疲れているのが良いのか、当直明けの熟睡が、疲れを取ることができている。

これは大きな発見だ。


今週はクリニックがあるが、夜のソラナックスを減らしてもらうなどのことそしてみようと思う。



薬に対する計画ができたのは、ホント、久しぶり。


薬を減らしては失敗を何度か繰り返したが、今回は、まずまずなので、できれば年内に、睡眠関係以外の夜の薬は減らし、朝だけにしてみたいと思う。



デプロメールはまだ放せないかな?自信がない。




少し自信がでてきたのは、休みナシで働けていること。


しばし、仕われの身になってないが、雇われることに全く抵抗がないこと。


人とのコミニュケーションがよくなってきてること。


珍しく、自分の進歩も認められるようになっている。



もう少し、本業の整理をしたところで、見通し立つようなら、資格獲得にチャレンジしたいものだ。



副業の給与が正規にもらえるようになったのはまだ1回。


なので、余裕は全く無いが、これが積み重なった時、本業の足しになるようなものであれば、気持ちも随分楽になるんだろうね。


中年を超え、もうじき初老の域になる。


そんな歳だが、今年はかなり考えが改められそうで、それをチャンスとして生かしたい。



でもね。


病気は否定できないよね。酷く憂鬱になる日。これが少なくなれば嬉しいことだが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これじゃ夏バテserene

2018-07-17 10:42:00 | 鬱、メンタル
ここ数日の酷暑。

そうでなくてもフラフラしてるにに、昨日あたりは、外歩くのが辛かった。


かつては、連休となると、本業は忙しかった。


リーマンショックを境に、その忙しさはなくなり、逆にサボリ日にもなることも。


昨日は珍しく、トラブルはなく、また予定している同窓会の打ち合わせなどに時間を作った。


今日は、朝から、疲れが溜まってるのか、倦怠感なのか、どうも、やる気が起きない。
かといって、サボリも少々抵抗はある。


かつてやったように、出来るところまでやり、少し身体を休めたい。



ここのところは、冷やかしが少なくなったが、複雑な格好で作業をしていると、だれか来るんでは?と冷や冷やすることもある。


利益に係るのがお客さんとは限らないが、コピーを直す、高い位置の作業をする、水槽を眺めてるなどの時は、決まって近くの同業者が入って来るんで、そんなもんにもビクビクしなきゃいけないことに疑問に思うが、もう少し、心を広く持ち、気にしないような心構えになりたいものだ。




あまり調子は良くないが、まずは片付けからやってみます。


調子が上がらない時、多くは望めません。できることだけをやる。まだまだ、それで良いのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行動力の変化

2018-07-16 10:07:22 | 鬱、メンタル
鬱になれば分かるが、何するにもエネルギーを使う。

あるくことさえも憂鬱だ。

電話なんてもってのほか、メールやラインも億劫、トイレや食事も大きな催しものだ(笑



引き籠ることが「唯一」の楽なこと。

それでも辛くなると、寝逃げに走る。



それでいて、妙なものに熱中したり。


私の場合はアクアリウム。とても世話が大変なのに、辛いと独り言言いながらやっている。


買い物依存とも合わさって、必要以上に生体を買い、それを死なせての繰り返し。決して心にはよくないこと。


「ツレがうつになりまして」の「ツレ」様はグリーンイグアナに凝ってのと、やはりアクアリウムもやっていたとか。
おれも、一般的なものではなく、ヤマトヌマエビの孵化。


ヤマトヌマエビ自体はポピュラーだが、孵化となると、「汽水」と「温度」設定が必要で、他のヌマエビと違い、幼体から生まれるので、魚との混泳にすると、幼体は全部餌になってしまう。


それをやるって、鬱の状態なら、考えるだけでも寝逃げしたくあんる。それが出来ちゃう。

そして調子がよくなると、その熱はいずこへ?



私もそうで、アフリカンシクリッドという魚の孵化に燃えたり、海水魚に手を出したり。

失敗を繰り返し、今年、大幅に整理。整理と言っても、生き物だから捨てるわけにはいかない。


水槽を減らし、楽にしたつもりが、どういうわけか、それに熱が入らなくなり、放置気味。
放置が良いのか、魚は元気。


あの熱はホント、いずこに。



このように、鬱になると、行動そのものが大きな祭りになる反面、今までやらなかった特殊なことに熱が入ってしまう。


鬱はだれでも掛かる可能性はありますが、その治療は数週間から数年。


私のように10年を超えるのも珍しくないとか。



薬の影響もあるのか、せっかち、落ち着かない、多動、不安などは信じられないほど解消。
これは性格ではなかったんだと思うものだ。


だが、今までできたことができず、何するのも憂鬱。

楽しいことすらも憂鬱。


仕事で大きな報酬があっても、残念ながら、その決済を考えただけで、死にたくなるくらい憂鬱に案る。本来は大喜びなのに。



今も、まだまだ憂鬱で、手に着かないこともあります・ところが、副業に関しては、自分でも感心するくらい、完璧にこなせてるんですよね。
どういうこと?と思うものです。

これで本業にも腰が入れば良いのだが、こちらは嬉しくなる材料が無い。



昨日も書きましたが、いきなりの電話がガス不良。
入居者の理解と、家主の対応に助けられ、結果的にはよかったものの、その手続きが憂鬱だった。

病名はうつと言うより社会不適合障害。


仕事が不適合ということだ。毎日これじゃ、適合する方が異常だよと最近は思うのだが、鬱が軽いときは、それでも、かなりはかどることもあり、でも、鬱が酷い場合は、ここのところは減ったが、店閉めて寝逃げに専念する。


副業ができたこと、そこで、目標ができたこと、そして、義理の兄が私の経営に関し、心配してきて、廃業の気持ちが出た場合は、一度話をしようと言ってくれた。


この一言がどれだけ嬉しかったか。


突破口を捜すのは難しいし、それらしきものを見つけても失敗する。


例えば仕事がダメで、廃業や退職する。一見良さそうに見えるが、これは後で大きな傷になる。元気になった時にね。


判断もできないし、人は「世捨て人」ともいうが、その通り。


死にたい気持ちに支配され、自分の価値の無さに落胆する。


これ、鬱ならばこうなって当然。そう思い、病気については悩まず、何がいま、楽なのか、それを考えることがまずは踏み出す一歩。
それがとにかく難しいんだよね。



昨日、いとこの見舞いの大気中に「その後ノツレがうつになりまして」を読み掛け、あらためて、鬱について考えたものです。
うまく書かれた漫画ですが、相当苦労したものと思います。


生活も厳しくなるしね。



今さら読んでどうにかなるものでもないが、今さらだから、読めるのかな?そう思った1日でした.


結構物事がスムーズに出来るようになりました。この変化は喜ばしいけど、日のよってくる重い憂鬱感。まだ付き合わなければならないのかと思うと悲しくなりますが、何がいま自分に良いのか、それだけ考えられるようになると、少しは変えられるかもしれませんね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「心の休ませ方」という本

2018-07-15 10:30:01 | 鬱、メンタル
ホームで時間があるときには心理学の本を読む。

自分が心良くないから、特に興味を持って読むのだが、「心の休ませ方」という本があったので、読んでみると、かなり、ドぎつい内容。

著者を見ると加藤 諦三さん。

ん?ニッポン放送テレホン人生相談の加藤さん?・・・そのようです。なおさら、興味深まり読んでみると、まず、幼児時代の愛の受け方から入る。


心理カウンセラーや心療内科の入り方と同じ。



かなり、言い切った書き方だが、この幼少期に、親からの愛の受け方が違うと、生きることに疲れた人になる。で、その原因は親からの愛の受け方。


そんな始まり方だ。



そのせいにしては行けないのだが、的を得ているので、苦笑いしながら読んでいるが、愛情に飢えることで、親に愛を貰いたいがために、演出をする。


それを繰り返すうちに、愛がほしいがためにの行動となり、何をするためにも、ご褒美をもらいたいための演出的な生き方になる。



自分もそうだったな・・・


生きることに疲れた人は、相手に悩みを語る際、たとえば、仕事でうまくいかなかったとして、その話とうぃた場合、普通なら、ありきたりの答えが返るだろう。

よく頑張ってるね、とか、やり方かた変えるのどう?とか。


だがそういう答えは心の中では求めておらず、よくそんな状態で頑張ってるねとか、答えより、行動に対しての賛美を求めている。
それは、子供の時に、親から褒美をもらいたいがために、その褒美のために言動を起こすのとにている。


確かに、鬱状態の際、相手と話、その「理解」はなかなか得られないし、欲しい言葉は来ないのは実情。

私の場合、若干違うものの、本質的なところでアドバイスや意見を欲しいということはあり、相手にありきたりな答えを欲しいのではなく、たとえば、その状態ならば、仕事はしている自体が違う、こういう先生がいるから紹介するよとか、抜本的な意見が欲しかったり、まあ、少しは誉め言葉も欲しいが、ありきたりの答えは求めたくないね。


まだ、この本は読みかけだが、鬱や生きることに疲れている原因は、幼少期からのピエロ的行動が要因であることを主張している。



人生に疲れていない人は、その逆で、愛など必要ない。褒められることなど必要ない。それはすでに、心が見経っているからであり、そういうところでの疲れが不要である。


そう、そういうところでの疲れがあるかどうか、これ重要だよね?と思うものだった。



人生でうまく行く人は、行かない人が持ってないものが満ちているからと考えることもできますね。


その原因を追ってゆくと、確かに幼少期まで遡ることが多いことに気付く。



すでに終わったことに改善を求めることはできないが、それを理解したうえで、楽に生きるのはどうか?
そう考えることも大切だな?と思うものだった。



私が切ってしまった、会計士が良い例だね。


新規獲得だ、5年後に年収1000万円だ、エリア広げろ、医者弁護士に営業しろ。

それ、間違いではないんだが、そんな「答え」は求めていない。


例えば、こういう仕事とリンクしたら?とか、こういう広告サイトを利用したらとか、今現実にできていない欠点に対し、答えを欲してるわけで、
ありきたりな答えをもらっても、それが今の自分には満たないということもそうだろう。


そのは背景には、親からの負債ややり方が改善できず、そこを認めてほしいと言うところも、確かにありましたね。

更に、その原因を遡ると、親との確執、さらに、親の自分に対してのあまり一般的でない教育、またさらに、それは虐待に近いものかとか・・・

やはりそこまで遡る。会計士にはそこまで求めてはいないにせよ、親からの体制があって、負債や売り上げ不調も、一部その原因があることを認めてほしかったこともありますね。



心療内科では、そこを探ってくれたし、叔母は、これ、あなただけの問題なの?と父親がかなりデタラメをしていて、母親のお金をあてにしたり、ええかっこしいで、銀行から借りず、人から、年3割の利息を支払い借り入れた事実や、幼少期に引っ越した田んぼの中の一軒家も、建売が失敗して、自分で背負ったことなど、聞かされていなかった数々のことを知り、それじゃ、これらの失態の結晶がその当時の数字だと読み取り、自分のやり方以外にも、すでに破たんに近いやりかたで、只、長くやっていることだけを誇りにしているだけで、中身はどうにもならない状態で、自分が継いだと解釈せざるを得なかった。


だが、このことで、考えが楽になりかけたもので、原因が他人にあると、気持ちも楽になるのは、良くはないものの、それは人間としてあたりまえだと感じるものだった。


なかなか理解をすることされることは難しく、よく書くことだが、原因を探り、正解に近い答えを貰える、受けることのできる環境は欲しいものだよね。


この本、まだ先はかなり泥臭そうだが、的を得ているだけに、真剣に読みたいものだ。





今朝一番の電話は、「お湯が出ない」とのこと。

東京ガスに電話をしたところ、管理人から出ないと受けない。


それ、ちょっと違うよね?


お湯が出ないんだからまずは状況を見て、また、費用は管理会社に確認すること、それはガス会社の仕事じゃないの?

ちょっと落ち着いたら、東京ガスにその辺の正解を求めたいが、緊急でもそうなのか?ちょっと疑わしい内容だ。


今まで、そうではなかったんで。


こういう余計な作業も、本当にイヤになることだ。とにかくトラブルが多い。


借家人は善意で、自分でガス会社に電話をしたにもかかわらず、受け入れられないから、こちらに電話そする。これは正解かもしれないが、管理物件でもないし、家主は高齢だから、理解できない。やらなきゃいけないのも、理解できないわけではないが、違う気がする。


業法もどんどん変わり、国の不祥事を全部制度化して押し付ける。


インスペクションや、賃貸物の設備管理もそうだ。


耐震や建築確認の有無などの調査も、国が甘い基準にしていたことを押し付けているしか思えない。

やりにくいものだし、どんどんイヤになるものだ。


こういうことで悩む業者もたくさんいるが、話せる相手がいないことも事実。


これも自分の仕事を圧迫させている原因でもあり、でも、それって、私悪くないよね?その答えを欲しいことも事実だね。



楽に生きるには、面倒だけど、少し分析すること、必要と思うこの頃だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学復学について

2018-07-14 12:58:44 | 鬱、メンタル
前回の記事時にも書きましたが、今一度、通信制の大学に通うかどうか、悩んでいます。


ここで行かなければ、一生後悔するものの、行くことで、新たな道も開けること、その大学が憧れの大学であること。


資料だけでも請求してみます。




鬱中だと、なにをやるのもエネルギが掛ります。
判断は鈍ります。

学費と時間が今重く感じる。学費はどうにでもなりそうだが、ここ2年は負債返済をひたすらやるだけに、出費は痛い。

時間は、ネット講義なのでどうにかなるか?


本業のことについては、義理委の兄が気にしていて、畳むなどの時は、相談しろということだ。

以前、ちょっとだけ相談したことがあるのだが、自分の迷走ぶりに、さすがに黙ってもいられないのだろう。ありがたいことだ。



自分って、間接的に夢がかなってるんだよね。直接的ではないが。



会社の社長になる=ヘボ社長中(笑
クルーザーを持つ=免許取得と、以前釣り船を所有
無線局長になる=おっさんんいなってアマチュア無線取得
マスコミに就職=最初の会社はマスコミ
大学に行く=2浪したが卒業した。
スポーツカーを持つ=バブル期に三菱のスタリオンを所持


少し歪曲してるか、それでも目標にはなっているんだよね。め

検討中の通信大学=憧れて何度も落ちた大学。これが通信だけど、叶う?



このように、めちゃくちゃな人生ながら、夢や目標はかなえられてるんだよね。


通信と言えども、憧れの大学。憧れとかでなく、最後のあがきもありかな?と思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

流れを変えること

2018-07-13 10:58:04 | 鬱、メンタル
流されるままならば、当然にながれなど、変わるはずがない。自分の人生だ。

しかし、流れを変えようとし、変えれば、どうにでもあることもあるもので、それをするかしないかは重要だ


それを失敗しても,企てたことに意義があるもの。



いくつか転機というのは、人生の中である。だれでもそうだろう。

6歳の時の全治1年の交通事故、小学校の転校拒否、高校進学、浪人、大学進学、就職、家業継承、親子の決裂、再度の家業継承、事務所移転、福祉への参入。


まだまだある。


これらすべて失敗と言っても過言では二。運命ではあるが、ここは詰めが甘いと考える。もう一臂踏み込めば、さらなる道が見えたのでは。



前回の表題は、覆水盆に返らずだが、それを教訓にしていないことも問題かなと思う。



鬱が先か、仕事ゆえ鬱になったか、どちらの順番にせよ、心折れたとき、それこそが実は転機の契機であり、それを見逃している。


鬱になると、何もでみないよ。正直。だから、それはそのまま生きるしかない。しかし、その鬱対策も、今一度踏み込んで考えないと先が無い?かな?


そう言う場面で自発的にそ流れが変えられれば、血栓も取れるんでしょうね?それが難しいんだが。




今、自分は商工会議所に所属してる。以前より経営相談は受けやすくなった。

他人はどう見るかも含め、今、自分で考えていることは果たしてどうなのか?無謀か?単なるあがきか?

数字も含め、相談してみるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覆水盆に帰らず(笑

2018-07-12 23:10:54 | 鬱、メンタル
昨日の当直は、決してキツくは無かったし、睡眠も少しは摂れたが、朝はイマイチだった。


あえて言えば、朝食の料理がうまくできたこと、日勤がホーム長になったので、その引継ぎがスムーズにできたことなどで、内容は良かったと思う。


今日は、大腸ポリープの結果でかみんとった後、病院へ行き、無呼吸の病院も帰りにより、そのあと、スパへ行き、疲れを取る。


充実してるでしょう。自分にしては。


でも、やはり、本業のことを考えると、人が変わるほど、暗くなるのがわかるし、やはり憂鬱だ。


3ヶ月掛けている、僅か数万の仕事で、賃貸人、賃借人のハザマになり、気持ちが辛いことや、
今日も、シャッター半分開けて、ヘルメット被り、郵便物整理してると、見当違いの客が入ってきたり、やはり、本業に携わるだけで、ホント辛くなる。


無責任だが、辞表のように簡単に辞めれるなら、遠にやってるね。



サラリーマンの経験が自営の経験を今年で下回り、仕える仕事も、15年遠ざかって、今年から、副業は、長の下で働く。


仕えることがどうなのか?正直自身はなかったが、どうにか組織と言うものを身体が思い出してるので、もう1種考えているバイトも、できるかな?身体さえもえてば、そう思うもの。




ここのところ、副職のホームでも、少し、体制が揺るぎ始め、よからぬ波が立っている。
ホーム長も投げやりの中、昨日は古希のお祝いで、少しは、気持ちの切り替えができればと思うものだ。



今、有資格者は2人いるが、一人はリタイヤー気味、ホーム長も、われわれの誰かが跡を継ぐように切望してる中、どうしても、理事職ということと、大卒ということで、私に視線が向く。



行きたかった某大学の通信制を調べたり、福祉強い、埼玉の大学のHPを眺めたりしているが、
ここで、今更ながら、またしても人生の失敗に気付く(笑


自立援助ホーム運営に必要な資格はたくさんあるが、そのうち一つを有すればよい。


教員、社会福祉士、児童指導員などが上げられるが、経歴で取れるものもあるものの、年月を要するため、大学に行くのが早い。


そこで、調べると、当然に、心理学、福祉学、社会学などがあがるのだが・・・

これらの学科を出ていれば、自走指導員は卒業証明があると、基本、取得権利が出るし、社会福祉士は、これらの学科を出ていれば、受験資格がある。


・・・


自分は、経済学部です。


しかし、2年浪人し、その8割は社会学部を受けていました。


最後のところは、社会学部で行くつもりも、他が全滅で、経済学部に、願書出す寸前で変更したものだ。


なぜ、社会学部だったか?


家業を継ぐ意思は当時は既に無く、漠然と、ソーシャルかマスコミの特派員のようなことが頭にあった。


マスコミに近い会社は、新卒時入社はしたものの直ぐに退社したのだが、それからは、ただ、自分の情けなさと闘い、また、家業のことも離れず、その葛藤で苦しむことになる。


一時は、大学行きなおすことや大学院も考えたこともあるが、それも現実逃避に過ぎなかった。


ここに来て、ホームの仕事をし、今は本を読んだり、研修会に出たりすると、やはり、自分に必要なものは、今は、その資格だと思い、独学でできないものかなど考えるも、それはムリに近い。



通信制の大学の場合、学士入学で、4年次編入となる。

1年で20~40単位をとる場合が多い。


どうやら96単位あれば4年次編入が出来るらしいが、大学によっては資格をとる関係、3年次編入になるようだ。


そう、ここで表題が出るわけで、今更、そんなもの掘り返しても、こぼれたミルクに嘆くのは無駄。


先を考えれば、今、どうにも形容できない自分に、無い頭で考えるならば、通信大学。これは間違えでは無いと思う。いや、これが最後の舵取りでしょう。


ここで、失敗を恐れるんだよね。


数年前に、某大手通信講座で、無謀にも司法書士講座を受けた。
合計では20万円ほどかかった。


全部で2万ページくらいあるものを2回読んだが、挫折。


無駄金はしょうがないにせよ、今回の福祉への参入で完全に諦めた。


法への道は完全に諦めた。



この無駄が今、躊躇しているものだ。



学費は、概ね年間30万。


今はキツい。司法書士は払えたのにね(汗

キツイとも言ってられないが、助成、奨学精度など何かあるか?
分割は可能だ。


今、やっと、人様の平均月収の半分を超えるようになった。


これを2年半続けば先が見える。



ホーム長の健康を考えると、急がないと間に合わないかもしれないが、どうにもできないものだ。


しかし、世の中便利になっているもので、今は秋入学という方法もあり、行きたい大学もその制度があるようだ。


今年はムリでも、来年はチャレンジできるか?


まだ、働くと言う年齢においてはギリギリ間に合う。


黙っていても、入所者も私が次ぎやると、みんな信じきっている。だから、トラブルあっても、うまく距離感が取れている。


やるしかないのだが、でも、この本業がね。

だが(笑)、矛盾するけど、前にも書いたように、少ない報酬に設定してるから、赤自他言う制ではなく、経費の支払いは副業だけでは当然に処理できない。

だから、この5年、がむしゃらに働こうと思ってる。


5年後での入学では遅すぎる。


親友などは、ここは賭けるべきではという。


そのうちリタイヤー世代になれば、大金持ちになるのではなく、生計を立てることの方が大切。


5年あれば、副業だけでも、どうにか食えるかもしれないと言うのもある。


その5年後に、大学に復学しなかったことに後悔するのは目に目ているが、鬱のせいにしてはいけないが、心の病もどうにかしなきゃいけない。

こういう時に、よき参謀がいると道がはっきりするんだろうな・・・



まずは自分の健康状態と、本業の方向性。これからだよね。それ考えて15年になるけど・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ん?副業の体制が乱れてきた?

2018-07-11 15:36:03 | 鬱、メンタル
ホーム長は、思い病気を背負っている。

それがゆえ、焦っているのか、われわれ、教え子でスタッフを固めてきた。


私も、あやかりたく、副業をしているのだが、副業なので、本業の妨げになるのは本来はだめ。

私自身、本業に嫌気をさし、スライドしていくつもりなので、本業のある程度妨げは構わないが、私が本業があることを気遣わないのか、突如、今来れるか?とか、了承なしで予定を入れられたり。


そんなことが急に多くなった。

どうやら、他の職員にもそうらしいが、他の職員は副業ではないから、ある程度対応できるが、こちらは、約束事も多いから、予定を入れられると困る。



また、先週、今日2時間早くと言われ、予定びっしり、しかも、金曜日は副業ゆえに1時間早く店じまいなのに、それに加え2時間は辛い。


税理士との打ち合わせがあったが、それを翌日にし(その翌日も、当直明けだから辛い)どうにか時間を作ったが、出勤早々言われたことが「このまま夜勤を続けられるか?」

はぁ~~?(苦笑)



聞いてしまった。「悪い影響をおよぼかしてますか?」


そうじゃない、純粋にきつそうだからという。


キツクないわけはない。


そもそも週1を週2ににしてもらえないか?或いは、もう一人だれか居ないか?ということで、一人紹介も、彼は1回しかできず、私が2回やることに。


ただ、私の場合、強い睡眠障害があること、鬱で心安定しないこと、本業が直ぐに廃業できる状態でないことを話し、そのうえで、働かせてもらってるんだが、続けられるか?の真意は、
私に対し、嫌気をさしたのでは?と思うもので、他の職員にも相談したが、そうではないにせよ、何か方向性が定まらなくなってきていると、みんな危惧している。


入所者からも、最近様子がおかしいとか、病気のことは以前いた職員から聞いているようで、みんな心配している。


そんな中、同級生の昼番女性が、諸所の理由でもうできないと言う意思表示をしたのだが、それを、辞めると捉えていなく、本人も他も、動揺し、私が、切り出したが、本人は退職希望ですよと言っても、そうは聞いていない。来週くらいから大丈夫だろうと、楽観してるので、そうじゃないことを説明、本人からも、今一度伝え、やっと理解したが、そこで、当然にスタッフが少なくなる。

私含め、他の職員も、休暇が摂れない。

予備スタッフの増員を以前から提唱するも、誰でも出来る仕事ではないからと受け入れない。


だが、ついに、こういう一人抜ける事態になったところ、当面はご自分が入るというが、通院や対外活動などで、ムリがある。さーどうする?


週1の夜勤者に頼む(頼んだ)と言うから、本人に聞いたら、聞いていない。
それにむりだと。


ここで、今日、私の事務所で急遽打ち合わせというから、それ本人に伝えたか尋ねると、言ってくれと(笑

本人に伝えたが、旅行中でムリ。


あしたどうするんだい???


念のため、こういうことにならないように、明日は、自分が残業するか打診はした?
ただ、通院があるので、それをずらすから、残業の有無ははっきりしてくれと言ってあるが、その必要は無いというので、残業ナシと判断するが、たぶんやってくれとなるだろう。



ホーム長は、スキの無い人手、完璧だ。ありえないくらい完璧だ。
だが、抗がん剤投与1週間は人が変わる。


連絡もとりづらい。


年齢も高齢だ。求めるのがムリな話だ。


だが、迷走しているようで、先日も、自分が倒れたら解散だと他の職員に漏らしてるように、弱気が出てきている。

自分は理事職だが、本業ある以上、いま、スライドはムリだ。


大学復学も考えてるようなところで、今はムリ・解散ならいたしかたないが、そもそも、人事でしくじってるんだよね。



私の前に一人当直と昼番を兼ねる男性が居た。


たしかに、問題を連発はしたようだが、私は接点がそんなないが、とても劣ってるようには思えない。


エコグラムでW型だとか、ADHDがあるだとかで表面的に見られているような部分もあり、彼とはもっと離したかったが、人間、一度「ダメ」を貼られると、とことん「ダメ」になる。


彼は不器用だし、バブル崩壊後の氷河期世代だから、正社員経験がない。

入所者からはどうか?


評価は二分されていたが、その二分に問題がある。



最後に入ってきた子が、彼の言動を誇張し、児童相談所や前の施設に報告し、それがけしからんということで、解雇のような形で辞職。


そこに私が入ったわけだが、ここの判断が誤りだね。


虚言や多動の子のことを大義名分にし解雇でしょ?


他の職員もこれはショックだったようだ。


私は、多くを聞かされず、自主退社と聞いたが、よく聞くとそうではなかった。



今回の私に対する「夜勤続けられるか」の意味は、これに被せて捉えている。


昼番補充も考えなかった。


夜勤も、私は2回はムリかな?とも考え始めている。


1回でも、違う副職などで、同等にはいかなくても補えるし、別のこともできる。


もう一人の夜勤も、家庭事情から1回減らして欲しいことは伝えている。



をれらに対し、考えをあらわにしないところが、病気がそうさせているか?と思うものだ。



せっかく、みんな良い雰囲気でやってきているのに、みんな不安を感じ始め、また、私がみんなに声をかけ、ここでやってもらってることにも責任を感じる。



確かに、少人数でのホーム制ではあまり類がないし、需要はあるものの、特殊性があるから、ただ働くと言う感覚では難しい。


自分は、この仕事に魅力を感じているし、できればスライドしたいと思うが、それも難しいのか?


まだ3ヶ月だが、殆ど休み摂らず、がむしゃらにやっているつもりだが、ここでも挫折か?


辛い思いだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他人の理解を得るのは難しい

2018-07-10 10:10:44 | 鬱、メンタル
何度か、この件については書いていますが、他人に理解を得るのは難しいものです。

親しい人であっても、持論を押し付けられて終わったり、或いは、他人事で理想論を並べられ終わったり。



ぱっと見で判断されることも多いし、理解というか誤解に変じたときは辛いものです。



私の場合、常にバタバタし、対外的には、常に客がいる、外出がやたら多いなどの認知があるにもかかわらず、ヒマつぶしや冷やかし、或いは、なんで、そんなに忙しいのとわざわざ聞いてくる人がいるなど、理解されていないことが多い。それはよい。そういう理解は求めてはいないから。


しかし、客がいて、電話を取っている場面で、外で、待っているような同業者とかいる場合、何か急用か?と焦るわけで、待たすわけにはいかないから、先客を待たせて、要件を聞くと「食事いかない?」とか「時間あったからよった」とか気の利かない同業者も結構いて、とても腹立つこともある。


これがセールスとかだと、ホント、客がいるのにキレることもある。


こういうケースの場合、理解だ誤解だという前に、相手の人間性の問題で、それに腹立ってもしょうがないが、比較的近しい人には、もっと気持ち分かれよと思うし、いや、それはダイレクトに伝える。


大概の場合、自分の目的、この場合なら、食事に行くとか、休憩したいとかが先行し、私の置かれている、「今」のシュチュエーションが見えてない。



今、こんな状態で、忙しいから、勘弁してくれる?そういうと、そこでハッと気づくような感じだ。



常識的に考えれば、接客中に急用以外で立ち寄るのは、それ自体が大人の対応ではない。



特定の人はそれを繰り返すが、ある意味、差別的になってしまうが、学習障害などあるのか?という角度で見ざるを得ない。




セールスは、仕事とという目的が先行し、相手を見えないのだろうが、それはそういう教育をされていないということで、そのセールスより、会社が悪いと思っている。


俳優Oが宣伝している不動産会社の影響には本当に悩んでいて、何度も、その会社に相談しているが、この会社の体質だろう、改善されない。


酷いときは、1日数回違うセールスが入ってくるんだが、マナーが全然なってなく、接客であろうが、電話中であろうが、作業中であろうが、入ってくる。


外には「新規の土地探しお断り」的なことも書いてるんだが、この会社に限り、読んで入ることはない。


社名を出して、お断りと書くよと警告してるが、なんだ改善はない。
ブラックな会社には何社もいたが、ここもブラックで有名だが、組織の上層部が無知な会社だから、そうなるので、でも酷すぎるから、どこかに相談することも考えている。


この場合、会社自体が病気なんだよね。



先の、学習障害に被せると、会社全体が病的と判断すべきで、理解改善を求めても無理な話だが、繰り返し同じことをしてくる相手にはどう対処すべきか悩むところだ。


また、私自体も、精神疾患がある。


親しい人には隠さずはなしても、殆どが理解祖てくれないし、もうギブアップだと言うのに、余計なことを頼みに来たり。


あまりにも酷い場合は、ガチに気持ちを伝えるようにしてるが、それでも理解を得るのは難しい。




一人での業務だから、一人の訪問で一日が台無しになることもあり、今日はお相手できないと伝えても帰らない人などは、しょうがない、出かけるからと、店を閉めて、外に出すこともある。


近くの業者に、1分だけ、いさせてと頼み、それで、また店に戻るなどすることもあり、なんでそんなことまでしなきゃいけないのか、悲しくなることも多いい。



はっきり言っても、邪魔や冷やかしに来る人たち、最近は減ってはいるが、毎日これらに負担だったこともあった。


言ってもわからない、何度も来る。


相手がおかしいのか、自分がおかしいのか・・・いや、両方ほかしいのだが・・・。



ある知人が一時、毎日のように時間つぶしに来て、相手できないを数日繰り返しても、それでもきて、お願いだから、今、決算で忙しいから、遠慮してと言っても、ずっと繰り返したことがあった。


手伝いに来ていた、叔母も、注意するもダメで、結局は、私の友人が、仕事の邪魔になってるよ、彼は今、心病んでるし、遠慮しな?とか、叔母も何度となく、私でも、余裕が無くキレられることがあるくらい、忙しいから、少し自粛してくれる?などと言ってから、極端で、パたっと来なくなったが、
この場合は、相手も、病気と判断するのが賢明だろうが、こういうケースが多いことも、今の本業に嫌気をさす原因でもある。


病気と判断した場合の接し方は難しいし、逆に、自分が病気だから、それを理解してほしいものの、逆の立場で考えた場合に、特別な姿勢で接することが難しいことはわかる。


だが、これらの場合、何度も書くが、理解誤解のレベルではなく、病的もしくは超イレギュラーと考えるべきで、遠慮せず、まずは意思表示する。
それでも邪魔してくる場合は、多少乱暴でも良いのかな?と思うものだ。



昨日は、邪魔もあり、この1週間も、そこそこ邪魔、冷やかしがあり、そんなことでも、気持ちが良くなくなるものだった。



副業のホームでも、一人、言うことが聞かず、場を乱すのがいて、入所者やスタッフがサジを投げている。


彼の場合、ADHDと統合失調症ということをみんな忘れてしまってるんだね。


本来なら、彼のような言動をするのは、ホームではなく病院だと思う。


異常な発言や妄想もあるし、それで、いつ「犯罪」を犯してもおかしくないような状態。


頭越しには言えない、でも言わないとダメ。言えば多少は改善されるから言うしかないが、言いすぎるとキレるし・・・

ホーム長もやっと考えを改め始めたが、彼の接し方でも、病気という偏見でみるのではなく、精神疾患を理解し、接さないとうまく行かない。
いや、それでもうまくいかないが、相手を理解するスタンスがないとダメだよね。


今も、しつこい複合機のセールスが来て、外をよく見るように言った。


結構大きく書いてるんだが、「一人での業務のため、セールス、案内・・・・などお話を聞く余裕がありません・・・土地探し、収益物探し、複合機、水、白髪染めなど、特に迷惑する・・」というようなことを書いていて、大半のセールスはそれを読んで入ってこないが、まあ、完璧を求めてはだめだが、この手のセールスは自分も似たようなことやっていたからわかるが、そんなものお構いなしだね。



でもね・・・


これだけは私は収穫と思っている。


最初入社したブラック会社では、「見込みを壊すような営業をするな」と教わった・「店は全て見込みと思え」

その中で、私のような貼紙をしている店は絶対に入るなとも教わった。


かいつまんで言えば、仮に、相手に怒られても、二度目に行ける姿勢を保てと言うこと。

今のセールスは、「見込み」を潰すことしか考えていないように見られる。いやそういう教育受けていない。


もし、怒られて場合、そこの前を次回通るだけでも憂鬱にならない?


そうではなく、2度目、もしそこを通った時、店主がいたら、ご主人こないだは済みませんでしたlくらいのことを言える気持ちが大切。
そうすれば、そこを何度も通れるでしょ?


そうしているうちに、契約や紹介を受けたこと、たくさんある。


こういうことを、新社会人に学んだことはいまでも大切な武器とみている。


ちょいと、脱線したが、この場合でも、外のデカデカと書いているものを読まず、外読んでから入ってと警告したにも関わらず、読まずして、セールスを始めようとしたから、支店名を聞いて、あとで文句言うわと言ったら、やっと退いた。


セールスは、譲歩すること、ためらうことは良からぬことでもあるが、相手の状況を理解することがなければ、良いセールスにはならんよね。


このように、理解すると言うことは理解する方もされる方も、非常に大切なことでかつ、必要なことだけど、なかなかうまく行かないのが現状でしょう。


でも、参っている人に、さらに追い打ちをかけることは、理解誤解というよりも、別の姿勢を示さないとだめなんだろうな・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加