鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

人生のコンサルタント?

2015-07-30 09:26:37 | 鬱、メンタル
かなり前にも書きました。

精神疾患などで、アップアップ、仕事、家庭、友人関係金銭関係など抱えている問題をコンサルし、場合によっては法的なことまで手伝ってくれるとか。


会社再生の個人版みたいな。


お金があれば、是非とも飛びつきたい話だが、普通に数十万かかる。


これに法的な手続き、たとえば、借金のある場合は債務整理、自営なら廃業。

勤め人ならば、会社への代理業務、任意代理人として、本人に代わり、問題を解決するところまでできる。

会社で言う事業計画のようなもの作成だけでも行う。それだけでもそこそこするのだが、いわゆる、本人がダメになった時の任意代理人ですね。



ここまで行かなくても、似たような事は、普通は配偶者がやるとか、親族がやることが多いですね。


よく取れば、動けない自分の再生とは読めるが、業者によってはつけ込むこともあるでしょう。


弱者へのスキを狙うのもいないとも限らない。


だが、こうしたコンサルの需要が高まっていることは確かで、フリーランスなんかは使う方も多いのかな?なんて思います。



人の力で人生がうまく行くなんて思いません。

しかしながら、多くの問題を抱えて場合、誰にも相談できない、相談出来てもいろんな人に相談しなければならないなんていう時は、すがりたくなるものだが、会社のコンサルもそうだが、卓上の計算でしか行わないケースも多く、解決に結びつかないことも多いでしょう。


まず、自分の能力で解決が困難に思えたら、話せる人に話すのは当然に良いこととは思いますが、もう少し身近なもの、たとえば、心理カンファレンスくらいから入るのが良いのでしょうね。



ここのところ仕事についての限界を書いてます。

実は、まだまだ見込みはあるにはあるし、今日明日に閉めなければならない状態でもありません。危ないことは事実だが。


この状態を12年改善できず、まあ、実際は赤字計上にはSTOP掛けているのは事実にしても、収入はとんでもなく低い、継いだ負債が片付かない、トラブルやクレームが多い。

で、一人でやらなければならない。そこにきて、今年の目標だった、一番の取引が危うくなる。


重なって、正直、士気低下だけではなく、迷いに突入してますね。


高くならなければ、人生のコンサルを付けたい位に苦悩してます。


仕事につけている会計士は大学時代の友人。なので、何でも話せるのだが、2,3不満がある。



それは、話を最後まで聞かないこと。とても客観的なことなど。


数字に強い反面、数字にとらわれ過ぎてしまうこと。そこを説明しても、最後まで聞いてくれない。


何度か、心を割って話してはいるが、完全に飲み込んではもらえない。


彼は、かなり、楽観的に見ているが、具体的な指導はエリア拡大とか顧客拡大とか、あたりまえのことが中心になる。

鬱であることを話しているがあまりそこは重視されていない。考えすぎとか気が小さいとか・・・


それでも、自分のコンサルだから、今後のことは、まずは彼に相談してから動くしかないと思う。

時間を作ってくれるかどうか分からないが、まずそれをしないとね・・・というところ。



今の仕事は自分が決めて家業を継ぎました。


何度も書きましたが、人生のうち3回ほど、家業継承で両親とトラブってます。

家業を継ぐと話し合い、会社を辞めたら、お前なんか雇えるかと、突き放されたり。


1年悩んで、今一度話したが、受け入れられなかったり。


それでいて、15年前は、問題無く務めていた会社を辞める気はなかったが、父自身の体調不良と、このときは、反対していた母親、義兄、叔父、そして、カミさんにまで、父は頭を下げ、私が家業継ぐように頼みこんできた。


今までのことがあるので、無視はしていたが、あまりにも本気だったのと、年齢的にそろそろ整理するのもいいかな?と安易でしたね。

家に入るものの、実際は非常に厳しい売り上げだった。それでも、今よりはマシなので、やり方ではどうにかなるのかな?と思うものでした。

なかなか資格が取れず、それと、母が痴呆になり、更に、400万近い赤字も母が痴呆になった年に生じ、父は私を追いだすようにがなりたて、追放された感じだ。

数日経って、とりあえず、話はしたものの、勘当だ!と言われ、カミさんは妊娠中だったが、また無職に。


いい加減な歳になっていたので、再就職ができず、カミさんは、里帰りしている時に、白アリ駆除の会社を、紹介所から頂き、入社したものの、スパルタ式の研修に挫折し、両足負傷しまともに歩けない状態で、入社断念。


紹介所からは労災の申請などサポートあったが、断った。


里帰りのカミさんは、戻っても、無職、歩けない自分を見て、ご立腹でまた田舎に帰る。


でも、どうにか、前職に復職でき、態勢も整い、カミさんを呼ぶものの、過疎地での生活、収入は低いことで、またご立腹。

このときは、離婚届を突き出された。


死にたいくらい辛かった。だって、どうにも改善できない状態だから。

生い立ちなども言葉のはずみで、責められ、さすがに、怒らない自分も、好きにしたらと、突き放したものだ。

生い立ち、家族関係などを今更責められても、それはどにもできないから・・。



もっと辛かったのは、食事を作らないこと。仕方なく1ヶ月は知人に食事をわけてもらったものだ。


こんなことあっても、でも、カミサンも段々落ち着き、はついてきてくれたもの、前職が、会社の危機に直面し、その間、資格が取れ、その資格には父の印鑑が必要なので、勘当中だが、印鑑をもらいにゆき、そこで、和解しちゃた。


当時勤務の会社が存続があやしい時だった。父は再び家業継承を言う。

私自身は、ちょいと、引きぬき的な話はあったので、家業継承は頭になかったが、その時は妙に受け入れたくなってね。



家業継承はだれも賛成しなかったが、今までの再三のこともあるので、父と1日じっくり話し、最低限の生活するだけの収入、手取り20万は確保できるというので、そっれを鵜飲みにし、了承したのが間違えだった。いや、間違えではなかったと信じたいがもう少し、経理のことを突っ込むべきだった。


前年の決算書はみたが、たまたま、そんな悪くはわかxったこともあったがこれは父の作戦だったのかも。



累積1600万円の赤字、年商はわずか600万円、毎年の赤字は150~200万を3期続けている。

これは読み取れなかった。まあ、累積はもともとあったのは知っていたが、私が辞めた年から3期、とんでもない赤字であることを父は伏せていたのだ。


当時の税理士は、そのあたり、父から聞いていないことに驚き、すべて説明し、このままだとまずいということを説明される。


乗った船だ、3年必死にやりました。


だが、年間の赤字も減らすのがやっと。

お金も、父は銀行から借りたことないから銀行は貸さない。セーフティーネットもだめ。


ノンバンクから借り、一時は膨れ上がり始めたものの、どうにか減る状態にだったものの、そこで、今度は自分が完全に動けないほど憂鬱になりそこから鬱の闘病が始まる。


弁護士も入れ、個人で借り入れたお金の整理と、ある、倒産した銀行にこれは法人で借りていたのだが、実質過払いがあり、それを調整してもらったり。


一方で、私は産業振興センターや商工会議所に出向き、経営相談。


その前には、会社清算のために弁護士にも相談した。


債務整理の弁護士も、民事再生か清算を相談に行って、やったのは個人の再生からだった。


事務所の移転、母の解雇、不要な所属会員は脱会などし、自分の年収もさらにさげ、どうにか、年間150万ねん出dきるようになり、赤字はストップした。


個人で整理したものは、過去に完済した借金が時効になっておらず、過払いが生じたが、しかし、あまりにも窮屈な経営では、わずかな課払いは焼け石に水。


だが、専門家にいろいろあたり、公庫や、今なら銀行も貸すということで、融資が受けれるようになった。



会社としての借金は、年商の1/3以下だし、更に借りることで、命は延びる。

でも、今は、それをやるべきかどうかが判断できない。

・・・とこんな状態でありまs。


最大の辛さは、一人でやらなければならないことですね。


人を雇える収入はないし。動きが出てくれば当然に雇用だけど、いまのところ、どにもならないくらい動かない。


どこが、景気回復なのか、泣きたくなるくらい、辛いものだ。



だらだら書きましたが、この状態で、前向きに考えるといっても、前は向いているつもりだし、ひところよりは前進しているが、さすがに、ここにきて、壁にぶち当たってる感じ。


友人の会計士がちゃんと話を聞いてくれるか。まずはここからなのかな?と思うものです。


生きるって難しいね?(トホホッ





コメント

余計な事考えず寝るだけに限る。

2015-07-29 09:08:14 | 鬱、メンタル
いろいろと、辛い悩みが出てきています。

しかし、まだ、即判断を出す段階ではないので、余計なことは考える必要はありません。


それでも、考えてしまい、辛くなるのはおかしなことではありません。

その状態が、しかしながら続くと、憂鬱感も増え、辛くなることでしょう。

この場合、寝逃げしかないと思います。


何をするにも、鬱は疲れます。

エネルギーを使います。


寝ることで少しは楽になることもあります。解決には至らなくても。


医者によってはただただ寝ることを勧める人もいます。


寝て、事は解決しません。

また、私のように過睡眠でも心身回復するどころか、悪夢を見て、余計辛くなることもあるでしょう。


だからと言って、まともに行動ができるか?・・難しいですね。


ここのところ、少々壁にぶつかりはじめています。

しかし、考えても始まらないので、とにかく、起きている時は、無事に1日終わらすこと。


辛くなったら寝る、休む。


今は、それが最善としんじてます。


鬱は、それに掛かったことが無ければ、怠けに見えるかもしれませんが、本当に、人間が変わるほど、辛く、重いものです。

だから、ただ、休むが方策なのでしょう。

コメント

臨時通院

2015-07-28 09:16:47 | 鬱、メンタル
鬱の薬が足りなくなったので、特別に薬を処方してもらう。

飲み違いと紛失か?


朝、調子が上がらない、いきなり眠いというのがあぅたが、これは、安定剤のソラナックスを間違えて、寝る前に飲むテトラミドを飲んでいたようだ。


だから、朝から寝れるんだ(汗


その他は、デプロメールが朝夕の分、睡眠薬アモバン、それぞれ5日分くらい足りない。


薬の管理ができていないないのは、とてもよく無いことですが、まだ、足りなくなることで、不安にあんるので、依存中には違いありません。


あまり、心身よくはありませんが、薬で抑えられていて、この状態を保てているのでしょう。


昨日は女医さんでした。

よい感じの先生。スポットでの診察なのに、優しく、そしてポイントをついた話し方でした。


状態を聞かれた時、「低い状態での波が無い安定ですね」と言われ。ん~~たしかに?みたいな(笑


心の「うち」をほどいてもらうと、気持ちも和らぐものだ。




ここのところ書く、仕事のこと。


自分の気持ちは低迷するも、方向は上をむいてはいる。だが、崩壊も見えている。


ちょいと、問題がでてきた、今年一番の仕事。これが成就しなければしないで、やりようはあるし、まだ時間は稼げるのだが、さすがに、これに力を入れてきただけに、もし、成就しないおなると、ここで、早めに決断をだすべきと考えている。


辛いながら、サボりも多いけど、やるべくことはやり、でも収入は増えない。

12年やって、潰さずにいるが、でもそれはお茶を濁しているだけ。


もし、廃業する際のホントのリスクなどを考えると、穏やかにはなれない。


だが、心身限界を本当に感じ始めている。


もう少し、お茶は濁せそうだが、いうまでもやってはいられない。そういう気持ちがどんどん大きくなるものだ。


盆休み、家族はいないので、冷静に判断したいものだ。


一昨日の食アタリ?

まだ、お腹の状態が悪い。

食べれるようになったが、こういう身体の不調が加わると、辛さが更に重くなる。


今は、とにかく1日を無事に終わらす。身体がおかしいなら、それはちゃんと治し、障害のないように過ごす。

そして、休める時は休む。それに尽きるんだろうな。
コメント

食アタリ?

2015-07-27 10:18:59 | 鬱、メンタル
近所のお祭りを2件梯子。

それほど飲んでいなかったが、悪酔いし、悪寒はするし、呼吸はあらしし、苦しんだ。

なんで、こうなるの?と情けない気持ちだった。


今一番の仕事も、近隣とのトラブルが発生し、不穏な方向にすすいそうだし。

いろいろ重なり全部イヤになった(苦笑


でも力やベクトルは向くと、その方向に向かうもので、壊れかけながらも、進みそうな道は残っているので、それに進むしかない感じだ。


昨日は、その仕事がポシャッたらどうしようとか、そういう気持ちがいっぱいだったが、とにかくこれは目標に向かうしかないね。



今日はやることが朝から多く、このブログを打ちながらも、電話や来客が多い。

それでもスムーズにできそうなので、適当に片付け、お今日は夕方から臨時の病院なので、間に合うように計画します。



昨日は、いろいろ仕事の清算について勉強しました。

だが、どう読みとっても、まだ早いように見えますが、気持ちが下向きだと、なかなかね・・・。


夏は、娘とカミサンは実家帰るし、フリーの時間も多ので、いろいろ、経営の勉強ができるような部署を訪ねていきたいものです。









コメント

キツイ悪夢だった。

2015-07-26 10:08:00 | 鬱、メンタル
昨日は飲み違い後、医者に相談し月曜に診てもらえるようになった。

薬は、不足し始めているので、ミリ数で調整しています。


しばらく、日中のけだるさや倦怠感が続いたのは、薬の飲み違いもある?

いや、たぶん、紛失だとおもいます。かなり少ないので。


薬が一定していないせいもありますが、いや~とんでもなく不快な夢を見ましたわ。


夢見は相変わらず、不快な夢や少なくなったが悪夢が多く、睡眠が良好に思えない。



昨晩は・・・


これは夢です。だから支離滅裂。先に書いておきます。


夢の内容は・・・


父の葬儀、しかし父は生きている。

そこに親戚一同が葬儀の相談で集まる。家族葬でやる。

ところが、なぜか、その親戚に芸人がいて、その芸人が、「葬式の必要は」ないと、言い、故人であるはうの父が、いい。かんたん葬にして、散骨でいと。


葬式はいつものところに頼むがそれをキャンセル。



お経は坊さんが読み、式場も作らず、そして、遺骨を焼く。

焼くとき、なぜか父が生きており、葬儀を邪魔した芸人を恨むのと、できれば、墓は「かあさん」のところで眠りたいといい、そうすることに。


そこに、最初に頼んだ葬儀屋から電話が入り、コウイウワケでキャンセルと話したら、怒り狂ったところで、夢がさめる。


こんな夢見るかいな・


父に対しては今でも憎悪がありますが、昨日の夢は父の哀れな最期の実際とは違う夢。


思わず、午前3時に目が覚め、そのあお、眠れないから、睡眠薬アモバンを半錠飲み、遅めに起きた。



朝、一番の電話は、今おこなっている仕事に大きな問題が起き、取引の変更や取引の中止にいあるようなことが発生しあようだ。


それに対し、今週末、打ち合わせに入るが、ダメにならないような方法で続ける相談のようだが、そう簡単にイケないこおもあるだろう。

そんな電話を受けたら、すごく仕事に対し、冷めてしまい、正直、真剣に清算は考えるべきと受け止めてしまった。


もちろん、成就させることがまずは目標だが、ボロも出てきてるし、実際の経営は完全にショートしえtるのをごまかしているようなもの。
継いで12年。どうにか黒字体制にしてきたが、クリーンHITもなく、低迷は続く。


夢にでるくらい、気持ちの辛さは、一頃ほどではないが、毎日あるし・・・


正直に、ありのままの自分をまずはあらわし、それで、自分はやりつづけるべいなのか、を考えましょう。


今年1番の仕事は、後半うまく行っていただけに、もうちょいというところで、問題が生じてしあmぅた。

もちろん、これが成就しなかったことも考えてはいたが、決済に近い状態だったので、その手数料はあるていどは、今後のことへの系飼うに充てる考えはあったし、あることで、少し息が伸びる。

でも、ここで、どか^んと落とされるのであれば、逆に堂々と清算を選択するのもよいのかな?そんな思いだ。


頑張ったつもりだが、頑張りきれなかったのかもしれません。


しばし、頭を整理しながらみつめなおしていきます。



コメント

薬の飲み違い

2015-07-25 08:44:57 | 鬱、メンタル
一般的には、服用時ごとに薬を仕分けるのだが、エコだかなんだか知らないが、服用が変則的なものも、同じに入れられるようになり、それから、飲み違いが増えている。


デプロメールとソラナックスにそれが起きる。

ソラナックスは、残薬もあるので、どうにか交わせたが、デプロメールは足りなくなることがある。


この方式、ここ3か月くらいなのだが、薬の管理ができない自分が悪いのだが、薬が足りなくなるのは、薬に依存している現在では、怖いものだ。


以前は、週ごとに薬ケースに仕分けしていたが、種類が少なくなってきたので大丈夫だろうと思っていたが、1ヶ月なので、間違いや紛失も出てきてします。


はたして、医者は対応してくれるか?。  グラムが違うけど、3日くらいはどうにかなりそうだが・・・。

朝一で電話してみます。



昨日も不調だったが、どうにか1日をこなすこなすことができたが、ミスも多く、そんなことも気分を鎮めさせる。


当たり前のことで、調子が悪ければ、ミスや集中力低下はでる。


そんなとき、どういう風に鎮めるかは大切なことだ。  相手あるときは理解を求めるしかないが、それもエネルギーを使うもの。

一人ですべてをやるおいうことに限界を感じるものだ。


数年ぶりに、会社清算に関する記事や、弁護士のHPを開いた。

先日の記事のように、会社を畳むリスクは続けるより何倍も大変なこと。


しかし、一人で悩んでも埒が空かない。

専門家に相談が一番だが、数年前、本当に苦しかった時に相談に行くも、今の段階では、清算は難しいと言われた。

帳簿が黒字なのになぜ、倒すのか?ということ。


今回も同じ苦しみで、今は、前回より苦しいが、やっている仕事が成就できれば、かなり楽になる。


そこで、再度、どうあるべきかを考えたいのだが。


相談だけでもしえみるかな?


その前に、会計士だな。今の仕事は会計士がらみ。

だから成就してから、本音ではなしてみたい。


なかなか、話せないんだよね。春にも話したが、途中でヘシ折られて。

自分、少し、ドモリや、口が進まないこおがあるんですね。その「間」に話をすり替われることが多く、話が進まないことはある。


本音で話したいことがあるお前置きしても、茶化されることも多い。


だが、このままであっても、清算などを行っても、結果は同じに見えてきている。

確かに、まだやりようはあるとは思うが、早めに対処も肝心か。早めでもないけどね。


さすがに、8年も鬱の治療受けてると、それだけで辛い。


景気のせいにしてはいけないのだろうが、全然景気回復感ないぞ。


他人は他人だが、どんどん仲間は廃業してゆく。
自分は自分だろうが、その他人と同じような状況ではある。ただ、鉄棒にブル下がれているだけみたいな・・・。


とにかく8月にある大仕事、これをまずは片付け、それから、見つめ直してゆきたいものだ。


コメント

1日持たない(笑

2015-07-24 09:50:27 | 鬱、メンタル
事務所での勤務は約9時間。


辛いと、午前中耐えるのがやっと。

以前ほど、雑用が入らなくなぅているから、休息、サボリに甘んじてしまうことも多い。


1ヶ月に数日は冴える日があって、そんなときは、この9時間は長く感じない。


だが、それ、やる必要があるの?というような雑用のために、予定の仕事に影響出ることも多々あり、それとの格闘でもある。

今、自分の気持ちを解決するには、

まずは、オヤジの代から引き継いでいる、「現金」の不足。数百万あろ。これがために、円滑に管理ができないというのが、最大の悩み。

工事代やどうしても立て替えが必要の際の一時立て替えがお金がないからできない。


まあ、1発大きな仕事をすれば、解決もあるが、そんな甘くはなり。


続いては、一人でやっている苦痛。

先の雑用など、すべて一人でやらなければならないのが、心身に辛くのしかかる。

人をなんで雇わないんだ?と聞かれる。ずばり、金がないからだ。


せめて、リーマンショック前の状態になれば、今なら、十分な収益になるし、バイトも雇える。


当時の事務所は家賃が今の倍、光熱費は今の3倍、オフクロの給与、バイト代、よくわかんない所属会費などで、今より200万円売上無いとキツかったが、それに近い売り上げはあった。


景気の回復なんて全く感じない。恐れながら、差別用語になるが、低所得者、無職で追いたてを喰らっている客など、断らざるを得ない客は多いいが、転職、転勤、結婚など、プラス要因での部屋探しはまずいない。


リーマン以降、会社借り上げの住居、住宅手当などがカットされたり、営業所の廃止などで、毎年春には企業の総務から、部屋の相談があったのに、それが皆無になった。

だが、事務所の転居、母の解雇などで、当時より200万下がっても、帳簿上では黒字になる。


あの売上が3年くらい続けば、悩みも吹き飛ぶでしょう。それでも個人所得は最悪だが。



自分の根源となっているのは、やはり、こういった仕事の悩みだ。


そこに、数日前のように、水が出無いというから行くと、蛇口ひねれば出るし、TV映らないというから、電源入れてるか?というと、入れてるよ。というが、行くとコンセントの抜けだぅあtり。


これらのトラブルを一時、全部業者委託したことある。

その際に、「借主の原因」の場合は業者に出張費などの費用は払うことと言っても、まず9割は払わず、結局はこっちに請求が来る。

なので、まずは自分が出向かなければ、故障確認をしないと、費用発生の際、家主は払わないし、業者も困るし、たった、コンセントの抜けだけで、3000円は費用が飛ぶし、時間も数時間拘束される。


これはやむを得ないことなんだが、ただ、生活レベルの低下は著しく、TVは地デジになってからのトラブルはとても増えているし、異常気象による、ブレーカーの遮断、外気の上昇によるクーラーが効かないなどのクレームは頻繁にある。

これはウチだけでなく、他社も同様な悩みを抱えている。

大手の場合、割り切って、業者に行かせ、家主に請求などを取っているし、専門の業者が、借主に、お金の発生を説明してから出向く。

だが、ウチらのような下職の場合、集金できなければ、当然に、請求をよこす。


この体制は早く脱したい。

利益にならない忙しさだから、人を雇えない・・・と自分の鬱の大半は、これのせいにしてはイケないのはわかぅているが、こんな毎日だということだ。



エネルギーを使うから、正直、1日が苦痛であることが多い。


最近、限界という言葉を使うが、正直そう、真剣に思い始めている。


1日が辛く、通せない場合、とにかくサボるしかない。

心身が悲鳴を上げているのだから。

とにかく休んで休みまくる。それが一番だが、なかなかそんな時間もない。


それでも、やるより休めなんですよね。



今日は、そこそこ用件があるので、休む余裕はないが、今日はきちんとやり通せば、月内はどうにか過ごせる。


辛いけど、休息を取りながら、やっていきたい。


1日が苦痛の場合、それは諦めて休む。この位の気持ちがないと、続けられないでしょう。




コメント

今日も朝から冴えないぞ(笑

2015-07-23 09:37:22 | 鬱、メンタル
睡眠はいうものように約9時間。

一昨晩のように、寝れた感はある。

不快感は軽いのだが、仕事と向き合える気持ちになれず、まあ、憂鬱感もあり、冴えない。


これだけ読むお、健康体の人からすれば、怠け病にしか見えないかもしれない。


単に、何もしあくないおか、そういう単調なものではなく、いろんなことが混ざり、気持ちが不安定になるもの。


ちょっと、しくじりもあり、それも気持ちを落ち込ませてはいるのだが、良くなり掛けたと思えば、落ちるし、その繰り返しです。


最初の3年くらいは、気持ちが高まることは少なく、今もまだありますが、死んでしまいたい位重かった。

度胸がないので、そういうことは頭をよぎるだけで、実行するまでは考えたことはない。いや、ふぅとあるにはあるけど・・・。


4年前に母が他界、その頃から、母のことと、残された父のことで、やむを得ず行動的にはあんったものの、昨日も書いたが、エネルギーをつかうため、少し頑張ると暫くはダメ状態になる。その繰り返し。


父が他界し、一周忌を終えたあたりから、仕事も整理し始め、病院も変え、かなりの上昇になり、薬も減ったが、昨年、友人とのトラブルや、手のかかる仕事などで、また下降。


今年、少し上向きも、ここにきて停滞。


何年続けるのでしょうね。


人に相談でいない、あるいは相談しにくいことが重なるお、だれしも複雑になるもの。


私はやはり経営上のこおで、言いにくいことがある。


風の感覚ならば、今の経理上から判断すれば、まだ解散するレベルではない。専門家もそういう。


しかしながら、あまりにも雑用に追われ、それはほとんど、利益を生まない。


利益を生む仕事は減り、年末には帳尻があるが、潤うような仕事はしていない。


これを12年繰り返し、今年は今後を考える年にしえいるが・・。


今、廃業すれば、債務は残る。解散おなれば、自己破産になる。

だが、自己破産するほどの、債務は無い。


仮に、廃業ができたとしても、そこには今以上の苦しみが待っている。


この街には住めなくなるでしょう。家族に大きな負担をかけるでしょう。弁護士費用などは捻出できないでしょう。再就職は難しいでしょう。

だが、何かのきっかけで、業種を数年前に整理したのと同様に、行い再起をはかる。それしかないのかな?と思うもの。



今日は朝から、それが頭によぎり、気持ちが進まない。


また、中小企業庁や商工会議所に相談に行くべきかな?


会計士は頼りになるが、正直、帳簿上の判断からの助言になる。

客観的過ぎて、噛みあわないことも多いし、廃業や今後のことも何度も相談するが、私の話の途中で切られてしまう。


だが、大学時代からの友人でもある。今一度今挙げたことを含み、相談し、身の振り方を考えたい。


それにしても、冴えないな・・
コメント

身体の省エネルギー

2015-07-22 08:44:17 | 鬱、メンタル
一口に言えば、怠けでしょうが、そうでなく、一つの行動を行う際、それがとても苦痛の場合、苦痛なものは委任するとか受けないとかで、心身のキャパを空けておくこと。


自分が最悪だったころは、溢れる水にこれでもか!という具合に注がれている感覚だった。


一緒に仕事していたのが、痴呆の母だから、母は私が鬱であることを認識していない。

しまいには、実際に無い用件まで、無意識に作ってしまう。


何度も父親にギブアップを宣言しても、聞き耳を立てず、今度は再び親子関係が険悪になったもの。


今は、溢れることはあっても、満杯ギリギリまでは戻せる。


そして、これが少しでも受け入れる余裕があると、物事は当然に進む。

こういう時に、体制を整えたい。


私のように、多くの要因がある場合、カウンセリングは必要でしょう。


そうすることによって、余計な作業の除去なども相談できるだろうし、話すことで気持ちも落ち着くのかな?なんて思うものです。



昨日は、ワケわからん客が来ました。管理アパート居住の高齢者なんだが・・・


水道が出無いから水道局に行きたいが、タクシーがつかまらないからつれて行けないかと言われ、断る。

でも、それ、電話でいいんじゃないの?と電話をしてあげるが、判断能力が欠けてるから、私が対応するが、特に水道を止めている形跡はないらしい。

ならば、水道メーターだろうから、それを回すように話しても、それがどこにあるのかも分からないそうだ。


トイレはどうしてるの?と聞くと、流れるという。


蛇口の故障?と聞くと、わからないと・・。


この婆さん、過去にも、電気がつかない、TVが映らない、鍵がしまらないで、工事屋に行かせ、そのさい、借家人のミスならば、出張料金を工事屋に払うんだよと言っても、自分は生活保護だから、そんな金はないと、工事屋に払わないことが何度もあった。


行政に相談するが、個人情報なので受給者かどうか教えられないというから、おえらい方に相談したら、受給をストップされているようだ。


まあ、誰が見たって不正だぅただろうが。

そんな婆さんだから、ホント困る。



家に戻ったら、もう一度蛇口を見て、出無ければ電話しろと指示する。


電話があぅたので、行くが、今度は、怖くて蛇口がひねれないという。なんだよ、この婆さん。


電球も取り換えてくれというから、断る。


結局、蛇口はひねればちゃんと出る。単なるこの婆さんのわがまま?というか少し地方が入っているんだろう。


これで1時間以上も潰れた。


こういうことが、結構あるもので、高齢者や生活保護者の生活指導は管理人がしないとイケないの?と行政に聞いたら、行政がそれをすることはできないと、当然に返答がある。

NPOなどが巡回するようなことはし始めているが、困ったものですわ。


こういうエネルギーを使うと、午後は全くダメになる。


こういうのも、どうしたら、もぅとエネルギーを使わずに済むか、考えたいものだ。


高齢者や、生活保護の場合、親族と疎遠の場合が多い。

緊急連絡先もなく、行政が頼みだが、その行政はツカエない人間が多い。


あんしん入居制度などを使っても、生活のサポートまではでできず、厄介なので、最近はやむを得ず新規はお断りせざるを得ない。

このあんしん入居を始めたころ、あんまりにもトラブルが多く、鬱を加速させたことがある。


現実、差別用語だが、生活弱者のアパートを受け入れるところは、このような厄介なことが多く、少なくなってるのは現実。

ウチは、受け入れているが、さすがに、行政や団体が責任のなすりあいをし、いつもこちらに降りかかるいまの制度には、何度も見直しの議論や書面を提出してるが、解決に至らない。

ウチだけでなく、こういう本来やらないでいいものをしなければならなくなっている。そうなると、業者は新規は受け付けない。


困った世の中になぅている。


ちっと断線したが、余計なエネルギーの使用は多く、少しでも省エネを考えないと、気持ちは余裕ができないものでしょうね。

そんなことも、今ある案件が片付いたら、このことも考えていきたい。

コメント

倦怠感の原因

2015-07-21 08:43:25 | 鬱、メンタル
鬱はエネルギーを使います。


慢性的な疲労感、倦怠感が常にあるのも、原因となるものに加え、ひとつひとつの行動にエネルギーを使う事もあるでしょう。


ふっと思ったのは、ここ数年、6月ごろに調子崩します。


5年前は父が春先から入退院繰り返し、仕事がまともにできず、父が落ち着いた頃から、ある仕事に客からモンスタークレームを受け、
決済前日に手数料を放棄と決済の拒否をし、そのあと、1週間、何も出来なかった。

4年前は同じく、父のことがあり、7月ダメだった。


3年前は6月から父が倒れ、事務所が開けられなかった。

2年前は、友人に貸し付けたお金が戻らず、また、その人間の明け渡し請求などで非常にエネルギーを使った。

1年前は、6月に大きな仕事があったものの、測量などがうまく運べず、売主、買主から板挟みになった。

今年は、やはり今やっている仕事の契約書や書類に厳しいチェックが入り、自分も精神が安定していないせいか、何度もやり直し、それがとても心身にこたえた。



だれがやってもおそらく相当なエネルギーを使うもの。


元から心身「こう弱」でありながら、エネルギーを使うならば、疲労感など感じても、それは当然かと。


ここのところ、サボリ気味で、前に向けないが、サボったり、必要以上の休息を摂っていたら、そんなことを頭に浮かべる余裕もできた。



改善しなければならない仕事のうち、ひとつは父からの負債や、現金がショートしてることの解決。
もう一つは、人を雇えるような体制。

この2つが改善できなければ、ずっと苦しみからは解放できない。

前日の記事で、苦しむならば、早めに諦めるのも手なのかな?みたいなことを書きましたが、一応、ここ1~2年で今後のことを決めると考えているので、今取り組んでいる仕事が終わったら、今一度、専門家などに相談し、また、できれば、カウンセリングなども使い、今後のことを考えたいものだ。

今朝は幾分調子良いものの、前向きになれない自分がいる。


出来るこおだえをやって行きます。
コメント