鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

不快なことは考えるな!(笑)

2009-06-28 10:10:50 | Weblog
・・・・とは言っても、人間は感情の動物。

喜怒哀楽あって当然。


イヤな友人のことや、不快なことを考えて朝まで眠れなかったとかってありませんか?


私の場合、心小さいがため、些細なことでも不安になったし、不快になったりします。


しかし、これら不快なことなどって、時間が解決することが殆どです。


なので、そういうことを思い始めたときに、「はい、ここでSTOP」と自分に言い聞かせます。



不快なこと、面倒なこと考えるとそれだけで疲れてしまうし、腹も立ちます。


自分から、そういういことを回避する習慣をつけると、物事の対処に非常に楽に取り掛かれます。


どうしても避けて通れないときは、時間をかけるとか、時間を変えるとかして、考えるようにすると、これも楽です。



短気な性格でもあるんで、ホント仕事でもそうですが、頭来ることが頭来ちゃいます(笑)


鬱になってから、そういうこともギブアップだったので、回避しているうちに、いつのまにか、不快なことを「自分から作ったり」「自分から飛び込んだり」することはしなくなりました。

腹が立つだけですからね(笑)



今日は日曜日。でも仕事です。
目覚めは良かったですが、いつものように、エンジンの掛かりが遅かった。


今日は、更に、目標のハードルを下げてみます。

そんな気分なので(爆)



自然流に生きるように肩こらないように取り掛かる。大切かも?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し暑いですね

2009-06-26 09:54:27 | Weblog
梅雨特有の湿気。

一番嫌いな季節です。夏バテをし、食欲がなくなる時期です。


身辺のことがかなり片付いたせいか、気持ちが少しずつ穏やかにはなっていますが、相変わらず波はありますね。



先週から、薬のパターンを変えたのが良いのか、1日を通して、なんとかですが、維持できる精神状態になりつつあります。



面倒な仕事は出来るんですが、簡単な仕事がこなせない。

これも、「こなせる時」だけにやればよい・・・そんなノラリ感覚を持つようにしています、



朝が、いまひとつですが、多少時間が経てば、ペースを戻すことができます。

これは薬の効きと関連するんでしょうかね?


AM11時頃からエンジンが掛かります(笑)



こういう精神状態の時期は、「焦り」は禁物。
ペースは崩すな!そういう感じでしょうか。



ちょっと前まで、消えてしまいたいことが毎日のようにあり『死にたい』という言葉も独り言で、一日断片的に出ていました。


つかれた~とか「ヨイショ」とか、独り言ってあると思うのですが、そのタイミングで「死にたい」という言葉が出ています。


まあ、これが出てきたから心療内科に通い始めた理由の一つです。

些細なことが頭によぎるタイミングでもこの言葉が出てしまいます。



今でも、出ます。でも、出ない日も出てきました。
また、そういう風に暗く思うことも段々と薄れてきました。

誰でも不調な日はあるでしょう。


鬱状態だと、普段異常に調子悪い時は別人のようになります。
必殺『寝逃げ』が効果的なんですが・・・


そういう思い日もまだまだありますが、波が出ながらも、少しは楽になってきたかな?と思えるようになってきました。


まだ、煮え切れない「なにか」がありますが・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

できるものだけをやる

2009-06-23 12:28:54 | Weblog
Never put off till tomorrow what we can do today.

今日出来ることは明日に伸ばすな。

いまは


今日出来ることでも明日に伸ばせ(笑)



ハードルを低くすることを何度か書いています。


もちろん、それ以上飛べそうな時は飛んでもいいし、飛べない時は飛べるレベルで抑える。

こんなノラリクラリから始めています。



私の場合、母と2人で仕事をするも認知症の母には5分の留守番も厳しいし、余計な仕事も拾っちゃう。


一時は、母が居ても「外出中」の看板を出して外出していました。


しかし、母が取ってしまう。


その間にお客さんがくる。



酷い時は何人も私が帰るまで溜めちゃう。


あるいは、戻らないのに何時に戻るとつくり、何度もお客さんに足を運ばす。



セールスにお茶出したり、変なもの買わされクーリングオフしたり・・・。




戻ると、2人分の仕事が出来ちゃうものですから、やってもやっても片付かない。


鬱病通院後もはなはだ酷く、今回、たまたま父が調子を崩したのをきっかけに出勤を止めさせ、持っている資格も返納することになりました。



零細企業だし、一人で出来る範囲の仕事しかありませんが、余分なもの、例えば、異臭がするとか、猫がうるさいとか、隣の子がウチの子をいじめるから注意してくれとか・・・不動産関連なんですが、ホント、世間で言うモンスターが増えているのがひしひし伝わるのですが、そんんあものも仕事になっちゃってると、たまった物ではありません。


今回、事務所を移転し、規模も縮小し、ペイできる範囲の仕事で、処理できる範囲の仕事ということで、ハードルを低くし、やっています。



夕方、母の徘徊と、外出する時に常に帰ったら仕事でパンクしているんだろうな~~という恐怖感がなくなり、ちょっと、移転の疲れも残っていましたが、なんとか仕事はマイペースでできるように復調してきました。


1日が長く感じます。まだまだ不調なんでしょう。

ただ、目標は達成できる。余分な仕事があまり入らない。最悪は助っ人が来るなどの良い条件ができただけでも、不安感というのはめちゃくちゃ和らぐものです。



自分の母でありますから、悪口的なことを書くのも自分が情けないものもあります。
そういうフォローも母に対してできない自分に。


でも、とにかく、いまは、自分の不調を不調でなくするのが先決。


たとえ後で「間違い」なことであっても、その時点で良かれと思えばそれは正解。
そう思い、舵取りをして行きたいと思います。



昨日は通院日。薬の変更はなし。


昼に一つ薬を入れてから、薬頼みですが、1日が繋がるようになりました。


梅雨のようにまだ晴れない自分ですが、なんとか思い通りに近い状態になってきていることに、少しですが光が見えているような感じです。


波はありますが、これは仕方ないこと。

本当に辛い時は必殺『寝逃げ』で交わします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珊瑚を眺める自分が不気味(爆)

2009-06-20 17:42:54 | Weblog
珊瑚が到着し、水槽の前でボーーッと眺めてます。

なんだか、無の状態になりそうなのと、薬飲んだあととかは、魚の動きで眠くなります(笑)


ウチの相方は、何十年も正常な眠りがなかったツケだから眠れる時は惜しまず眠りなさいといいます。

まあ、永眠しちゃーーこまるでしょうが(汗)


まだ、な~んとなく重ぐるしく、特にここ数週間は朝が辛い。


でも、行ってしまうとエンジン掛かるもので、『低くしてある』ハードルを越えることができます。


しかし、1日が長く感じるのはやはり苦痛なものがあるんでしょうね。



最近、認知症の母は出勤しなくなりました。


事務所移転が気に入らないようです。


でも、自分の親のこと言うのは良くありませんが、一人分の仕事を一人でやれる状態なので、なんとなく夕方の憂鬱感も取れてきました。


しかし、調子に乗るとまた歯車が合わなくなります。


今は、ご法度だけど、我がままになり、マイペースで行くのがベストなんでしょうね。


そして、興味あることはやる。やれることはやる。やれないことはやらない。


しばらくはそれでいいのかもしれませんね?




今日も、そろそろ閉店。なんだかんだで、結構片付け作業ができました。


なんとか無事に今日も終わるかな?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イグアナではないが・・・

2009-06-19 16:20:29 | Weblog
最近、生きた珊瑚に凝ってしまい、沖縄の通販店で購入しています。

初心者向けのソフトコーラルと呼ばれる種類ですが、コレを入れるだけで、水槽の雰囲気が全く変わります。

難しい部分もありますが、水質に注意すれば長持ちするタイプのみの購入です。




ツレさんではありませんが、みょーーーなものに凝ってしまう。そういうものにつかみたくなるんでしょう。

良い言い方すれば、いままでアナザーワールドだったものが飛び込んでくるような感じですね。


しかしながら、調子が落とすと、そういうものにも目をくれなくなる難しい心理状態が続くものです。



月曜日から、薬の「配分」に変更があり、昼に軽い安定剤を飲むことで、1日がなんとなく楽になってきています。


睡眠薬は、今週飲んでいません。

朝、目覚めが悪いですが、夜は横になれば、すぐ眠れるので、睡眠薬は「とんぷく」なので、なるべく飲まないように心がけています。



今週はまあまあの状態かな?


仕事がどうもスローだが、波に乗れば結構持久力はありそうだ。


ちょっとハイなのは、ネットでの購入が多いこと。


月1万円までと決めていますが、今月は3万くらい行っちゃったかな?(汗)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハードルを低く持つこと

2009-06-14 09:58:39 | Weblog
NHKの藤原紀香さん主演、細川てんてんさん原作の
『ツレが鬱になりまして』を初めて観ました。


主人公の旦那、『ツレ』さんが突如別人になるという漫画をドラマ化したもの。

以前、私の相方が本を借りてきて読みました。



コレ、読んだ時、まさに自分だ!と思いました。


男でありながら、急に弱くなり、些細なことで挫折する。
それを、相方のテンテンさんが最初は理解に苦しむも、理解しようと悪戦苦闘する。
大変なのは周囲でしょうね。私も周囲には申し訳ない気持ちがあります。



今回、ドラマを観て、藤原紀香さんがユーモラスに演じているのが印象的なのと、主旨が、『うつを理解するためのもの』というところがわかりやすい。


このドラマで、ツレさんがイグアナを突如飼い、エサを与えるシーンががあります。


ウチの娘曰く、『父さんは爬虫類でなくて魚でよかった』といいます。

まさに、同じ心境で、私の場合は熱帯魚というものを選択してしまったのですが、実は、このドラマ、『イグアナ』がヒントになるものなんですね。

それはドラマの回を重ねわかってくると思います。確か、原作ではアクアリウムにも走ったんでは???



さて、このドラマの中で、「あ・と・で」という言葉が出ます。

完璧に事を進めたり、一生懸命にやりすぎた結果、行動不可能になるのが鬱病の特色。


今、やらねばならぬことでも、無理にやろうとするとプレッシャーが掛かります。


でも、やらねばやらないで、蓄積が怖くなります。



どーすればよいか?


ハードルを低くすることです。


で、しいなければならないものでも出来ないものは出来ないという結果にする。


私の場合は、植木の水やり、ゴミ出しも仕事のスケジュールに組みます。

こんなもの、仕事じゃありませんが、こういうことすらも苦痛になるんです。



なので、こういう仕事で無い仕事をも日課に入れ、出来たら線を引いて消す。



あまり細かくすると50も60もやることが出来ちゃい、これまた挫折します。


概ね10~20くらいのことを毎日のカレンダーみたいなものに記入し、達成したら消してゆく。


難しいのは、少なく設定した場合・・・

もっと出来ると勘違いし、頑張っちゃう。これは時には良くないことです。

そういう場合は、むしろ休んでしまうかサボるか、そうしたほうが後々楽なことに気づきました。


ハードルを低くすることで、達成感が多少出ます。

また、考えにゆとりもできます。


そうなると、今まで出来なかったことや興味がなかったことにも目が行くものです。



とりわけ趣味的なもにに目が行くようですが、今の私がそうです。


アクアリウムから始まり、無線、鉄道模型、写真などなど・・・



一種の気分的回避かもしれませんが、そういうものにも触れてくるものです。


ただ、そういう好きなことも、時には苦痛に思えることがあり、その場合はちょっと目をそらすといいでしょう。



頑張るというレベルは人それぞれです。

ダメだなと思ったら降参するのも手です。

そう思うここ最近です~~



ここ数週間、良かったり悪かったり・・・


仕事もしばしば臨時休業しました。


3週前は良かったけど、2週前はダメ、先週は、2週前よりは良くなったかな?という感じ。


今日は、朝はとても疲労感があり、仕事行くのもイヤだった。

でも、いつものことで、行っちゃえばできちゃう。


なので、とりあえず、店を開け、スケジュールを組み、今、1、2の『熱帯魚のえさ』『植木の水』を終えたところで、このブログを書いています。


こんな感じの「のらりくらり」が今、自分の最善策なんでしょう。


とにかく1日が短いようで長い。苦痛な証拠ですね。


ただ、1日が平和に終わるように・・・そんな毎日です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調子がいまひとつ

2009-06-12 09:44:34 | Weblog
少し上昇の気配があったものの、先週の土曜日からいけません。


薬の飲み間違い=睡眠薬を朝から飲んでしまたことが原因と思っていたのですが、
夜は眠れ、朝は起きれるが、会社に行くと、眠くなり、昼ごろにはギブアップ。



病院にも話しましたが、一時的なものだろうということで、特段、薬の調整はなく、自分もあまり気にしなかったのですが、引越し疲れの反動、ちょっと仕事が出来る状態になっての油断か・・・



水木が定休だったのですが、少し遊んでからは眠気が酷く、水曜日は午後殆ど寝逃げ。


昨日も、ちょっと仕事が入ったので片付けた後、ずーーーっと睡眠。



今日、起きれたが、眠い。


調子悪くなることはだれでもありますが、レベルが違うんですよね。

調子悪くても、普段調子いい人は多少名事はできる。


しかし、慢性な人は、『電話』すらも掛けられない。

私の場合、切手を買いに行くことすらもできないこともあります。




これらは、心理的には防御の状態に入っているようで、簡単に言えばサナギ?

少し進歩はでてきてもまだ、カラを以って身を守ろうと同じようなことのよう。



引きこもりもそうで、引きこもることでバリア(殻)を作ってしまう。


それは決して悪いことではなく、良くなるための準備だと書かれている本がありました。



今は、そういう「サナギ」なのかな?(苦笑)




藤原紀香主演、NHKの『ツレがうつになりまして』
毎週金曜日22時から放映のようですが、まだ観ていません。
今日から観ます。


ある日突然、大切な人が別人のようになったらもようなキャッチフレーズ。



突然ではないのですが、このドラマのように、身近にありえることなのは事実。

いろんなデーター見ても、昨年や今年の患者数、自殺の低年齢化などは深刻です。



自分も含め、周りもみつめないと意外な人が『行動不能』になってしまうことも考える必要がある時代ですね。


あと、自分に関して言えば、気分転換や体調維持のために始めた水泳。


全く泳げ無い状態から、4水泳25M,クロールと平泳ぎならば300Mくらいまで泳げるようになり、最初は楽しくて休まず行っておりました。


ところが、2年前よりどうも気乗りしなくなり、今年は休みがち。


きのうもプール日だったのですが、『気分転換に行けば』の考えがプレッシャーになり、休校。


1ヶ月以上行ってい無いので、一度辞める事にしますが、その辞める手続きすらも行けない。情け無いけど、そんな殻に篭っちゃう状態が出るのも『うつ』状態の代表的な症状なんでしょう。



平均的な見方からすれば、頑張りすぎでなくても、自分に取ったらものすごく『頑張りすぎちゃっていること』になっていることがあります。


ペースがま~く取れないんですよね。悔しいけど。
また、そういう風に悔しいや焦りと感じることも良くないようですが、少しいいかな?なんて思い、ちょっとがんばるとダメですね・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

波がでてきているが・・・

2009-06-08 12:31:24 | Weblog
よく、『うつ』は良くなったり悪くなったりしながら回復するといいます。

波が出たほうが良いとの記事を読んだことありますが、まあ、それはホントかどうかわかりませんが、ここのところその『波』がでてきています。




先々週は比較的気分も上昇気味で、とくに上昇する理由なくともいい感じでした。


でも先週末くらいから、どうも『乗れ』ません。




薬の飲み違いかもしれなかった、先日付近から、いまいち状態。



疲労感があるから、得意技『寝逃げ』すれば楽になるんでしょうが、今日は寝逃げもスケジュール的に難しい。


うつ状態ってずーーーっと沈んでいるものという観念があります。
だから、ちょっとでも調子いい日がくると嬉しいのですが、それもつかの間。



どんな人でも気分の上昇や落ち込み、疲労感や脱力感はあるでしょう。


ただ、これがずーーーっと続いたり、断片的に訪れたりするも結構辛さがありますね。


知人でもかなりの『うつ』が居ますが、もっと辛そうなので、自分なんか仕事をしているだけでも軽症なんでしょう。

『うつ』について話し合ったり聞いたりしたりとかありますが、それぞれ違うでしょうから、みんな『同じなのか?同じように重いのかな?』とかは考えるようです。


そういうものなんでしょう。

辛いというより、意味もなく重いんですよね。


で、重要なことには結構開き直れるのだが、些細なことでつまずく。


チグハグで面白いのだが(こらっ)、情け無い気分も持つ(苦笑)



梅雨だし、気持ちが尚更ジトーーーッとするのも当たり前かな??



今日は通院日。こういう症状を訴えると、薬の変更があるかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やる気がいまいちの時

2009-06-07 10:33:18 | Weblog
今日は朝、店を開けてから、どうも気分が乗らない。


実は、昨日もそうで、昨日の場合はたぶん、薬の飲み間違いで睡眠薬を朝から飲んでしまい(爆汗)、ギブアップ。臨時休業しました。
まあ、夕方ちょっと開けましたが・・・



今日はぐっすり眠れました。過眠気味の10時間。


寝坊しちゃうくらいの睡眠。


悪夢はなかったけど、変な夢ばかり見た。


幼い頃住んでいた家での出来事ばかり・・・




朝、慌てて店を開け、同業者が朝から差し入れを持ってきて頂き、昨日同様、いまひとつと愚痴をこぼすと、時期が閑散期だし、PCでもいじりながら、ボチボチやったら?と・・・

この言葉がちょっと楽になったかな?



サボることは良くないとは思いますが、サボりたい反面やらねばのプレッシャーもよくありません。1/3にするとか、そうすれば、達成感も多少は出るので良いかもしれません。

認知なんとか療法というのが、そういうやり方のようで、毎日私は、まず、やらねばならぬことを書き、息切れしたら、それでギブにしています。



ここのところ両親も調子悪い、自分もややいい物のまだかな?だし・・・
そんなこともプレッシャーになり、重くのしかかるものです。


なかなか気楽にというワケには行きません。
サボりもだめだけど、頑張りすぎも注意しましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠薬

2009-06-05 16:34:09 | Weblog
睡眠薬マイスリーを服用しておりました。

不眠ではないのですが、無呼吸症候群や眠りの浅さが深刻で、睡眠薬をここ2年飲んでいました。


無呼吸があるとあまりキツイ睡眠薬は投与できないようで、デバス、マイスリー、ハルシオンがよいところ。


一度なんとかという薬に変えたら、ドロンドロンになり、マイスリーになりました。

デバスやハルシオンもデロンデロンになります。


つまり、私の場合、寝れないのでは、寝たり無いのです。



そこで、寝る前に「セロクエル」という薬をタイミング良く飲むと、とても自然に寝れる状態が続き、それが半年以上続いたところで、マイスリーを削除しました。



しかし、前もマイスリーを削除したら、どうも『悪夢』ばかり観てよくない。


ただ、悪夢を見るのに有効なのはセロクエルだと聞いていますから、マイスリー削除は問題ないと思うのですが、どうも、今週は調子悪いね。


気のせいとしましょう。


寝れるのだがとにかく、幼い頃から、無呼吸と金縛り、悪夢に悩まされているので、本当に不眠症になりそうだったこともあります。


悪い夢ですが・・・

3歳ごろから30歳ごろまで、毎日同じ夢を見ておりました。


迷路に入り、たどり着くと大きなクレーンがありそれに投げ飛ばされるという不思議な夢。いやな夢でした。



あとは、やはり山道で迷路にあい、たどり着くと、古いオカルト的な家で呪われる夢。

これは映画デアボリカを観てからかな??



悪夢は他に・・・


核戦争で吹っ飛ぶ。


なぜか、第二次世界大戦で人間魚雷やってる夢


ショッカーの怪人になる(爆)


とにかく自転車をこいでもこいでも進まない


最近では

根拠なしに、板橋三丁目~大船まで歩く夢とか・・・




とにかく疲れる夢ばかり。



疲れているな~~と思うときに観るのは、

『パニックトイレ』を通らないと温泉に入れないという夢。


これも頻繁に見ます。



とにかく睡眠状態は子供のころから悪いのは、無呼吸症候群やストレス、生活リズムなどが病院で指摘されています。



まあ、ウン十年も安眠がなかったから、いま、その反動がきて、いま、寝れるのか?


最近はとにかく悪夢が続き始めたので、まだしばらくはマイスリーが必要なのかな?違うと思うが・・・



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加