鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

物忘れが激しい

2018-01-30 10:09:59 | 鬱、メンタル
昨日はタイトルとは大分離れた内容になってしまいまっした。

何をしようと取り掛かっても、忘れてしまったり、モノの紛失、忘れも多く、こういう時は精神が最悪なサインなので、いっぺんにたくさんのことはやらないようにしている。


年齢的なものもあるでしょうが、この物忘れ、気分が沈んでると多発すると思います。
気持ちがしっかりしていないからね。

昨日はそんな物忘れと、不器用な自分との格闘だった。


人生の生き方も不器用だが、何やるにも不器用な自分に腹が立ってね。


物忘れ以外に、メモの下記違い、聞き違いも多く、間違い電話をしたり、郵便物を別のところに送ったり。たまたまそんなことの発覚が集中してしまい、尚らさイヤになった1日。

憂鬱感は終日取れなかったし。ただ、腹がたつだけでした。


昨晩は寝入り悪く、アモバンを2錠飲み、ゆっくり起床。
夢見が少なかったので、朝はここ数週間の中では一番軽いかも。

だが、昨日の失策の処理があるので、気分は決して軽くない。


毎日、憂鬱、不安、倦怠、ストレス、嫌悪・・・これとの戦いですわ。
コメント

不器用な生き方

2018-01-29 12:09:38 | 鬱、メンタル
先般の「はれのひ」の事件。

債務額もそうですが、被害者数は相当なもので、被害額というよりも、「迷惑」をかけている人、団体への数を考えると、社会問題になってもおかしくない。

被害にあわれた方は一生の傷になることとも思います。「晴れ」の日に「晴れ着」を着れなかったことで精神的苦痛は拭い去ることはできないと思いますし、金額の損失も多大と思います。


その「はれのひ」社長のことが、段々と暴露されているようで、給与未払いは昨年からあったようで、それでも、福岡の営業所は、責任者やスタッフは「無給」の状態でも、できる限りのことはしたようで、会社ぐるみの詐欺ではないのでしょう。

が、事実詐欺と当然になれば、その責任は大きいもの。


さて、この会社は決して許されるべきものではありませんが、先般書いたように、世の中の縮図が歪んでいて、危ないと危機感を感じても、それを解決できず、終わったら、多大の負債額。

ここの場合、経営者と幹部もしくはそれにあたる会計士にも問題ありそうだが、会社譲渡が土壇場で失敗したりなども、この世の中の縮図のゆがみの一つだと思うんですね。


まあ、経営が良くなって、客先にベンツで自慢気に行くなどの行動は、果たして?と思うものの、やはり、どういうことが置きて、ここまで落ち込んだか。これから解明されるでしょうし、どのように。公は対処してゆくのかも見てみたいものだ。


なぜ、この記事に固執するか・・・


要は金融機関の在り方を世間はもっと知るべきことと思うからだ。


銀行は、晴れの日には「傘」を貸しますが、ドシャブリの時は傘を貸さないばかりか、手ぬぐいすら貸しません。


バブルのころ、デタラメに融資をし、焦げ付き、大手銀行が破たんするという時代もありました。
住専の問題以降、融資に対しての考え方は変わりました。

良いことでしょうが、どうにもならない時、融資は別として、それを解決する期間はありますか?


自治体や、経済局などの相談はあっても具体的な解決は弁護士しかない。

その弁護士も、信頼関係が無いなどの理由で取り合ってもらえないことも中小はある。

そうなると、残された道は、「いかなる手段」を使って継承か、野垂れ死ぬか(汗



破産を賛美する気はありませんが、「はれのひ」は結局破産でしょ?

であるならば、なんでもっと、顧問が動かなかったのか。社長のワンマンでそうならなかったのか・・・

また、破産と簡単に言うが、数億も負債があれば認められるけど、実際ジリチンでありながら、生活が影響してるにもかかわらず、破産すらできない中小もある。


悪いことはどんどん報じるのは良いが、実態をもう少し分かりやすく報道し、会社がつぶれるプロセスをもっと身近に知るべきことと思うし、そういう対策をもうちょいすべきだ。

事実リーマン後はいろいろ特別処置もあったが、まだ景気は良くないはず。

これだけ被害が出るまで、諦められないという事実を分析してほしいものだ。




自分らも、もし潰した場合、かなりの人数に影響がでるものだ。

銀行の支払いは来年で落ち着くが、落ち着いたときに、真に使える金融機関を今一度考えたいものだ。



決算時期でもあり、何かと忙しい。


しかし、気持ちが全く上がらず、憂鬱感に完全支配されている。

昨晩は寝付き悪く、金縛りや悪夢もあり、10時間睡眠が全く納得いかないくらい、朝の疲労感が強かった。

こういう時は、まず、起きたら薬を飲む。決して焦らず、遅刻するくらいで良い。

温かいものを飲むと、落ち着く。

落ち着く環境を作ってから、仕事をする。



どうにか午前中は予定通りできた。


まだ、厄介なことも夕方にあるが、あまり気張らずにやってみたい。


何をするのも憂鬱だ。またこのモードに入ったか・・・。



コメント

憂鬱感の継続

2018-01-28 09:49:52 | 鬱、メンタル
鬱である以上、憂鬱感が取れないのは当たり前。
そこから考える必要があるが、年間を通して、ぶっ飛ぶような上昇は無いにせよ、マシな日というのは月に数度はある。

それがここ2週間はどん底に辛く、やっと事務所も開けている。

鬱当初に似ているが、あそこまでは酷くはない。

だが、いろいろ解決したり、前に進めることがあっても、気持ちが上がらず、朝の重さに悩むものだ。


5年くらい目、医者を変え、そのころ、明るさも出てきて、どうにか仕事もこなせるようになったが、ある友人の不義理から、再び落ち、その後、多少は上昇することがあっても、また沈む。


これを繰り返している。


今年は、少し考え方も変える年だ。

税理士を入れ、昨年は商工会にも入会した。
今年は、非常勤で社団にも入る。

考えの変換をする年だ。


年は越せたけど、春先の支払いに不安があり、増資に、今のこころうちを、家内やホームの先生にもうちあけ、不足する場合、家内が多少足り援助はしてくれることも提案してくれた。

普通ならば、これが土台になりそうだが、情けなさが先行し、それも憂鬱感を増幅させている。


辛いとき、本当に辛かったことを想い出し、あの辛さに比べればと、自分にカンフル剤を打つが、一時的な落ち着きだけで、またドンヨリ感を感じるものだ。


昨日「はれのひ」について書いたが、手詰まり、八方塞がりになったとき、どうすべきか。


これ、自分や、組織だけではどうにもならないんだよね。


最初から成人式を台無しにしようなどとは思ってなかったはず。
結果的に、人の人生を傷つける大問題になったものだが、これか死ぬしかなかったのだと思う。


自分が、会計士にあからさまに話、会社の清算を相談しても、何もアドバイスがないどころか、多摩川に土地探しに行くかくらいの答えに失望感を感じたものだ。


自分でダメな場合、見栄をはらず、他力本願になることも必要だが、どこに願うか。
その願う先が無いのも、社会の実情だ。


いまは、こういう辛さが支配し、毎日が重くてたまらない。


仕事の忙しさは落ち着いたから、休息を取りながら、温かいものを飲んだり、音楽を聴いたりし、落ち着かせるようにしているが、薬の効きも悪いか、一日中沈んでるね。


無理に前を向こうとしても重圧だけがくる。


出来るものからやる。それしかないよね。



今朝も悪夢、金縛りの影響で、ちゃんと起きれなかった。
寝入りはここ数日にしては良かったが、できれば、そのまま家に居たい気分だった。


あまりにも酷いようならば、早上がりもも考える。


今日は重すぎるわ(涙
コメント

「はれのひ」社長について

2018-01-27 10:13:17 | 鬱、メンタル
この事件は、新成人式を迎えた方々には、一生傷になる、重大事件です。

どうしても、報道上、債務不履行、雲隠れ(これ自体不適切)などの、ケシカランことを報道しますす。それで良いのです。

こういうことは絶対にあってはイケなかったんですから。

過ぎ去ったことを償うのも、今は難しいし、それやっても、新成人の心は戻りません。

だが、ここを擁護する気は全くありませんが、これって、社会の仕組みの欠点を、あからさまい顕していると、私には映ります。


人事のように言っている公の機関、逆に言いたい、社会の仕組みがそうさせてるんだろうって。


社長の世代はほぼ同じ。

私は自殺でもしてるのかと思っていましたが、隠れて、どうしてよいか、自己破産。


この「どうしてよいか」。ここが社会の仕組み上、経営者が行きつくところなんですね。


推測ですが、

成人式の受付はその前の秋だと思います。

秋の時点で、相当な負債はあったんでしょう。給料未払いがあったようなんで。

ここで、このくらいの組織ならば、相談に動いていると思うんですよね。


人を雇い、取引先もあり、歴史もある。

個人事業と違い、は~いやめた!という訳にいかないのが、会社です。


呉服に限らず、このような現象は全業種であり得るもの。

相談しても、どうにもならないことってある。


恐らく、成人式が、この会社のドル箱だから、そこで再起を掛けていたんでしょう。
だが、実際は、それで、ペイできる「シロモノ」ではない。

仕入れも止まるだろうし、物も動かないだろう。


年末年始も重なり、「この時を」待つしかなかった。それが社長の心境だろう。


おかいいらな、どうして受けたんだ。


ここなんだよんr。受けざるを得ない状況だった。だから人の心を壊すような事件は起こしてはいけないが、商売は流動的、どうにもならなくなることを1度や2度は経験はしていると思うんだよね。


会社組織がそこそこだから、顧問弁護士は何をしていたんだろう。そっちの方が興味あるわ。



どうあれ、こうなることは許されるべきことではない。


これは私にも言えること、常にクライアントへの精算や諸経費の支払い。
私の場合は私だけなんで、給与支払いはない。独断でできる反面、顧問などいない。


この社長、恐らく、自殺をも考えていたんでは。死にきれないんだよね。複雑すぎて。

逃げる場がなく、知人宅にいたんだろうが、同じような企業はたくさんあるはず。


事実、社会の仕組みが、景気悪いところには傘を貸さない。

駄目になるまで、待たなきゃいけないこともあるんだよね。

同業で廃業した仲間の一部は、やはり数百の迷惑を掛けて自己破産している。

そうしない湯に、「崩壊前」まではあらゆる手段を打ったはず。


それが「自己破産」となかったう終着駅しかなかったう。


予兆が出てきて、最初は晴れの日ならば銀行は傘を貸す。
ドシャブリになるのと傘を取られる。この事実を一度はセーフティーネットなどで、改善策もあったが、少し景気がよくなったら、これらも縮小。数字しか見ていないからな。


セーフティーネットの申請に行った時のこと思い出します。


始めて、銀行から融資を受ける時でしたね。

5号書式を頂く際に、横の人が、「お願いですからすぐ500万用立てしてくだいさい!」
「今日これがないと他終わります」

泣きながら40代の社長と思しき人が土下座してる。

担当は、ここは金融機関ではないんだよ。貸し渋り対策の場所であり、すぐさま、これを持って銀行に行きなさい。

担当はそれしか言えない。


ウチの担当は、こういうケース増えています。深刻な人莫大な数になります。
苦しいでしょうが、乗り切ってくださいという言葉で閉めた。


あの光景は忘れることは無いでしょうが、まあ、あいいうことを、経済局でやるくらいだから、尋常な経営ではなかったんでしょう。

だが、それが現実よ言うこと。



今後の会見を注目したいが、ああkらさまに、全部聞きたいし、被害にあわれた方への消すことのできない謝罪をどうするか、また新成人が、将来同様なことにぶつかることもあるでしょう。そうならないように、この社会の悪い仕組みをりかいできるような、そんな説明を期待するものだ。


ここまで大々的なことをやっていないが、自分に被らせ考えたものだ。


倒産しそうな会社の駆け込み寺を作るべきだよ。その社長は一文無しになっても仕方ない。
どう、法的な解決があり、どう向き合うか。



呉服不況もあるようですが、何不況ではなく、数字は良くても、中身は苦しい。
それが日本の景気では?


こういう話があっても、今は好景気なんですか?


あたりまえのことから、考えたいよね。



コメント

憂鬱感が抜けず

2018-01-26 11:52:28 | 鬱、メンタル
家内に仕事の手詰まりを話、非常勤の援助ホーム長にも、あからさまに話、
心のうちのいくつかは吐き出したが、憂鬱感は治まらない。

これは仕方ないことだが、情けなさが、自分に支配し、気持ちが浮かない。

援助ホームのホーム長は心理カウンセラーもやっているので、時機を見て、相談してみようと思う。

そのホームの「職員会議」に初めて出席した。


この時も、1時間の余裕を持って出たのに、ホーム付近で迷子。

車で行っていたから、歩きのルートで迷ったら、その辺の地理が詳しいにも関わらず、迷路から出れなくなり、ホーム長も気にして電話で指示してくれたが、「今までできたこと」が「突如できなくなる」

これは若いころからあり、段々とよくはなるも、出てくるんですよね。


学習障害、社会不適合障害、パニック症、ナルコレプシーなどが考えられます。


自分で病名付けるのは決して良くはありませんし、病気のせいにsるのもよくありませんが、この現象で、今までどれくらい、人生に影響する失敗をしたことやら。

30分遅刻も、オブザーバーだからとフォローしてもらったものの、情けなさがここにもでる。


昨日は、そのホームで水道凍結があり、相談があったから、出向く。
こういう機会を増やし、出入りりをすることで、馴染めればと思う。


経済的な好転は無さそうだけど、昨年くらいから少しだけど、湧いてくる話も出てくる。

会計士の悪口はほどほどにすべきだが、友人の会計士に頼んだ4年。

確かに、仕事はもらったが、支出と顧問料がバカにならず、そこでいて、親身になってくれない、客観的に判断される。

解約して約1年。

申し訳ないけど、余分な仕事が来ないので、苦しいながらも年越せた。

東京まで行くのに、最初はお上りさん気分で楽しかったが、わずか1時間の打ち合わせがために、半日潰れるのはよくなかったし、友人だから「なあなあ」になる。

無報酬や、余分な仕事まで入ってくる。報酬は思いっきり下げられるなど、親友に近い友人ではあったが、関係がこれで壊れるのはよくない。そんなこともあり、解約したんだが、解約して、気持ちの上では正解だった。

今後の方針は定まらないけど、今の状況なら、本業から副業へ移管するのが得策と思う。

経理関係が修繕されれば、会社の身売りも考えたい。


決して、将来が悪いことばかりではない。が、今のままだと、将来まで続くか・・・
そっちの方が心配だ。


今日も、憂鬱感が強い中、バタバタしながら午前中は終えた。

午後から雑用が続くが、スムーズに物事が終わってほしい。


憂鬱感は、いつもは昼頃には改善されるが、今日はだめだ。

言葉では顕せない心の重みとどんより感、失望感に支配されている。

バタバタしたから、事務所も散らかっている。心の乱れのように・・・(汗
コメント

いまの苦しみを話す

2018-01-23 11:11:54 | 鬱、メンタル
余計な雪が降りました。

マンションに理事長の立場から、深夜に、階段を雪かき。

すでに、何方かが、少しはやってくれていたようだが、積もる方が速く、怪しい。

エレベーターホールまでに40段の階段があります。


管理で使う、大きなスコップで1時間くらいでどうにか道は作れ、今朝は、すっかり溶けていて、安堵したものだ。



疲れから、眠れず、この雪だし、事務所でも雪かきがまっているだろうし、遅めに出社。


その前に、カミさんが休みでいたので、突発的に、事務所のこととと、自分の今の辛さを話した。

もちろん、察していて、廃業も否定はしなかったが、繋げられる見込みが少しでもあるならば、続け、今始めようとしている、支援ホームの仕事に移行することも反対はしなかった。

2月は出て行く出費も多く、また、春先に、資金繰りで苦しみそう。


ここはどうにか切り崩してくれるということで避けれそうだが、今後を考えると、限界は限界だから、方向性をはっっきりしないとだめだね。そういう話ができた。


情けなく、涙が出るが、まずは、心内にまある辛さを話せたから、少しは重さが抜けた感じだ。



ここが転機かもしれない。

気持ちを切り替える最後の機会かもしれない。


今一度、会社の譲り渡しも含め、見切りをつけることも、準備してゆきたい。

銀行の借り入れは僅か。ノンバンクに手を出したが、返せない額ではない。

これらが落ち着く来年に、会社の譲り渡しができるような経営をせめてやりたい。


今年で家業継承15年、創業65年、免許番号は一番古い(16)になる。
もったいないとかではなく、それでも、多数のクライアントはあり、最低売り上げは400万くらいはある。

この状態で、債務がわずかになるのとのタイミングでだね。


しかし、そこまで生き延びれるかも課題だ。


鬱になって11年。

最初は諦めていたけど、さすがにここまで長引けばね。
原因は仕事だし。薬での改善は今がMAXと言われている。
脱することをとにかく考えたい。


いまも、まだ情けなくて涙が出てるが、雪かきも終わっったし、雪溶けているから、昨日いけなかった呼吸器も行けそうなので、仕事は適度にして、無事終わることを考えたい。
コメント

積雪になるのかな?

2018-01-22 11:35:17 | 鬱、メンタル
いまのところ雨だが、積もる予報も出ている。

4年前のドカ雪を想い出す。

同窓会があった時だ。
その幹事ををやっていた女性は一昨年自殺した。

雪が降ると、私だけでなく、仲間も彼女のことを想い出すようだ。名前も「ゆき」の2文字が入ってたし。

いつまでも心に置いとくのもよくないが、同じように心疾患、精神疾患で苦しんでいただけに、自分には深く刻まれているのを取り除くことはできない。



相変わらず、雑用に追われ、なかなか本業に力を入れられないが、細かい話だけど、ボツボツ出てきてはいある。


こういうのが続けば気持ちも変わるんだろうな~と思うものだ。



ここ7~8年は天候による気分の落ち込みは無いが、前述のように雪はどうも重苦しくなる。
深く考えず、逆に、追悼するような気持に切り替えるべきだろうね。


昨晩は睡眠はまずまずも、朝は相変わらず疲労感から始まる。

憂鬱感も強い。


朝はまず、スケジュールを立て、急ぎは即効で片付ける。

気分を盛り上げるために、PCで音楽を流す。


昨日、夕方は、この時期になるとやたら来る、旧友が3時間帰らず、何度かやることあるからお引き取りを願うが、そういうタイミングで別の冷やかし客が来たりして、彼も帰るタイミングを失う。

雑用が片付けられず、今朝やったが、やはり、冷やかし客が入り手を止める。


やっと、午後からの契約準備ができたが、ロスが響き、昼食は契約後にする。
14時ごろから?

16時から歯医者だし、今日は雪降る前に、呼吸器内科も行っておこう。


常に何かに追われてるようで、一人での限界を毎日考えるものだ。


コメント

今朝の気分は

2018-01-21 09:39:47 | 鬱、メンタル
昨晩は寝るまでムシャクシャしていたが、寝入りは悪くなかった。

しかし、やはり夢見が多く、悪夢はなかったものの、忙しい夢ばかりで、朝は疲労感が全く取れない。

ただし、ムシャクシャ感はない。

同時に爽快感もない(汗


憂鬱感はかなりある。ここだ。このスタートで多くを望むなど無理。

常に、その日を無事に終わらすことだけを考える。そうなっちゃうね。



ムシャクシャする一方で、細かいが、案件が入りつつある。これが季節的なものでなく、毎月来ると、楽になる。

カンフル剤的な手法は無い

流れに任すしかないのも辛いが、どう見ても、バブルのような動きには程遠く、人の動きはない。

それでも一昨年よりは昨年、昨年よりは今年の方が、雰囲気は変わっている。




来週は税理士と会う。月明けたら、商工会議所に経営的なことや社会保険のことなども含め、相談も感がえている。

だが、そういうアクションを起こす際、平日ならば、店を空にしなきゃいけない。

もう限界で、ダメなのは重々わかっているが、辞めるにも費用は掛かる破産は無理。
じゃあ、どうすればよいの?

それに悩んで15年。改善は一時はあったものの、あまり変わらず、情けないものだ。



朝はいつもこういうことがよぎる。気分も重いし、憂鬱。


他力本願になりたくてもなれない今の状況は辛すぎるわ。
コメント

腹を立ててはいけないが・・・不愉快なことが重なる

2018-01-20 21:58:56 | 鬱、メンタル
昨日、同業者から、プレオープンのショットバーに行こうと誘いがあり、3人で行く。

その後、店を換え、ある穴場の海岸の話になった。


そこは、ナビでも迷うところで、なかなか行くのが難しい。


そんな話の中、南側の警察前から行くと、ホント迷うわと言ったら、同業の一人が、そんなところからいけるわけない!と怒り始めた。

しまいには100マン賭けても良いと興奮してる。


私がルートを説明しても、途中でヘシ折るし、ある漁港があるのだが、そこへ農道からいけるんだというと、そんな漁港はないと。

で、ググるが、変な地図になり、ほら、無いだろう!と怒り出す。


キリがないし、もう一人がシラケてたから、ここは、じゃ、自分の言っている海岸は違うんだねと、その場は収める。


調べたら、ちゃんとその海岸に漁港あるし・・・。まっいいか。


だが、自分もムキになったことがとても自己嫌悪になるし、飲んで言い合いは大嫌いなので、とても不愉快な思いだっあt。

彼と飲んで、そんなこと一度も無かったし。




今朝は今朝で、元管理していたビルが、外国人が買い取り、意味鵜不明なことを言っているらしい。

自分は関与していないが、元店子は、相談と言えば私しかない。

それは当然にアドバイスするが、余計なことをするんじゃない、日本には日本の法律があるんだからね。

この場合は、弁護士を紹介するか、無料相談の斡旋だが、まずは、相手との妥協をみういだしてくれと言う。


言った後、余計なことに突っ込んだと言う嫌悪感と、その外国人を斡旋した、先日の悪たれ業者がを思い出し、気持ちがムシャクシャした。


さらに、今日あたり、来る予定の客が、代理人と言うか、お姉さんを指しむけた。

お姉さんの愚痴を聞くハメになるが、それは別によいが、どうも、ちゃんと色んな手続をしていないみたいで、ここでも、余計な仕事ができる。


なるべく、よそ見をしようとするが、なんだか、気持ちがムカムカして、収まらない。



鬱になってからは、こういう、腹ただしくなることは、瞬時合っても、尾を引かないものだったが。


反面、良い話もあるので、なんとか気持ちは切り替えたいものだ。


ぐっすり眠れればよいが、また、今日も悪夢なんだろうな~(汗
コメント

人生の躓いたとき・・・

2018-01-19 09:59:25 | 鬱、メンタル
過去に同様なものを書いたが、反映されなかったことがあるが、そうなるべくして、夜逃げや自殺を選ぶってあるんですよね。


解決方法が見いだされるならば、恐らく再生はきくでしょうが、人に言えない、手詰まりになる、行き先が富士の樹海だったり、電車に飛び込んだり。


周りが察知するしないではなく、それはその人の限界を意味するもので、人がどうしても助けられないこともあると思うんですね。


金銭的なことであれば、債務整理、個人再生、破産などの手続きもあるでしょう。

だが・・・

破産の場合、実際、多くの人に影響が出ます。

町に住めなくなるのも現実です。家庭も崩壊します。

すべて、弁護士に委ねても、その弁護費用も掛かります。結局それが無理でそこで行き詰る。


昨年、このあたりのことを司法書士に相談し、しかし、廃業、破産するにも金は掛かる。
その費用があれば、会社回りませんか?


その通り。


そこで、思いとどまることができ、年は越せました。

今年、また苦労するでしょう。どこまで頑張れるか。二足の草鞋がちゃんと履けるかなどの不安もありますが、やはり、すべてを吐き出し、それに対し、対応策を考えてくれる「話し相手」が無い限り、私の不調は続くでしょう。


富士の樹海のレポートをネットで読みました。

死を選んだ人の「残骸」が多数あるようです。

ここを選んだ心理状態はなんなんでしょう。


死にきれなく、夜逃げもわからず、ここに来た。たぶん、本年は生きたいという気持ちででも死に対する恐怖など、心が定まらず、ここにたどり着くのでしょう。


単にパトロールだとか、NPOを立ち上げても、なかなか解決には至らない。


それは社会がそうなってるからなんですね。


相談しようとすれば、それは無いわけではないが、なかなか相談ができず、気が付いたら、選択肢がなかった。

そういうレールに乗ってしまうことだと思います。



大学のゼミで、講師が5万円で不渡りだして、倒産した例を説明してました。

その人に、融資という選択肢があればそんなことはなかったでしょう。その後どうなったかわかりませんが、5万でもショートすれば倒産する。そういう話でした。


銀行の貸し渋りはまだまだあります。

セーフティーネットはそこそこ使えたけど、今は業種限定になり、事実上使えません。


銀行に断られる→ノンバンク→個人債務→街金→ヤミ金


そういうレールが社会上にあることも事実。

なんどもこれに乗りかけ、どうにかの個人債務までで終わってますが、社会の景気は回復感がありません。

よくなる兆しはありますか?


一部の産業だけで、中小は改善されていない。これは周知されているところ。

困ったときの駆け込み寺を増やし、選択肢を増やせるような世の中になってほしいものだ。




昨日はそんなことを考えてました。


富士の樹海の記事も読まなきゃよかったね(笑


手詰まり人生、そうなっったときにどうしたら良いか・・・




家業継いで2月で15年、鬱になって5月で11年。

何度か浮上もあったが、結局また落ちる。


一昨年、3年前にやや赤字

昨年は黒字になるが、その前の2年分を帳消しにする程度。


なので、黒字感はなし。


今年はすでに、雑用に潰され、仕事どころではない。

思うように案件も進まずだが、昨年から、どん底は抜けたかな?という感覚はでてはいるが、始めたころのような動きではない。


苦戦するが、情けないことに敬称15年。

満足することもなくやっている。


本音を言えば、資本提供や会社譲渡。

それしかないよね。それを相談する費用がかかる。



づしたら良いのかね?そんな思いの昨日でした。


悪夢多く、金縛りもあり、キツイ朝でした。


朝1本目の電話も、ややっこしい内容だが、一応、お金になる話。

そういうのでよい、一つでもできればね。



コメント