鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

薬もどる

2009-03-30 22:51:50 | Weblog
眠れないワケではありませんが、マイスリーが戻る(汗)。

回復期なので、先生も慎重なのか、最近は毎週通院です。



不眠というより、眠りが浅いのでそれの改善なんでしょうが・・・


不安定な感情があるうちは何をしでかすかわからないという考えでしょうか。





自身仕事のことでも、移転などでいま悩み中だが、今後の事をも考え、業務を改革し、自分の出来る範囲の仕事に縮小をします。



そのためには今の家賃は厳しいので、その家賃の半分の事務所に移転予定。


不景気で悪戦していますが、悪い事ばかりでもないという気持ちもでてきたから、んまんとかそういう前進をしたいものです。



プラモデルはかなり作れるようになりました。
主に鉄道模型です。幼少の頃走っていた国電を作ってます。


暫く、銀行や移転手続きで忙しいので、プラモも休止ですが、落ち着いたら、また作ります。


コメント

まだ逃げ出したい事あるけど・・・

2009-03-27 20:31:20 | Weblog
睡眠薬マイスリーを飲まなくてもとりあえずは寝れます。

朝、ちょっと目覚めが良くないけど、これも慣れれば復調するでしょう。



まだ逃げ出したくなったり、引き篭もったり、一人でいると「死にたい」というような言葉が出たり、正直万全ではありません。



だけど、ちょっと、仕事関係で少し良い風が吹いてきたように感じられるようになったのは、多少足りでも回復期なんでしょうか。



事務所の移転、それに対するいろんな方策を勉強し、移動資金などはBKに申請中。
5号申請でいけるかどうかも、自分の足でいろいろな機関を回り、考え辿り着いた事。



家賃の軽減と作業の縮小の反面、大手地主サマの管理などの話が飛び込んできて、引き篭もっている場合ではない。

それでも、まだ腰は重いが、少しはヤルキが出てきたかな?と言う感じ。



プラモデルを作成したり、パチンコ打ったり、本来好きなものに目を向けれるようになった。


あとは素直に、疲れたら『寝逃げする』くらいの気持ちで、ちょっとだけ頑張りましょう。


ちょっとだけ。


オーバーヒートが危険だからね。

コメント (2)

薬が減る

2009-03-24 23:21:54 | Weblog
昨日は通院日で、睡眠薬が削られます。

マイスリーが予備で出され、眠れない時に飲むと言う形。

2ヶ月ぶりの薬変更です。



次は、セロクエルが削られるか?





だれしも、心身の不調はあるもの。


自分は、原因は判って来ましたが、それは解決するには困難な事ばかり。


むしろその上に行かなければならない。


そのパワー無くして回復はないと感じています。



もう2年目になります。


当初と比べればとっても前向きにはなりました。でも、まだ、恐いな~~。


かなり図々しくはなれるようになったけどね(笑)


コメント

パチンコ依存症脱出

2009-03-23 21:30:32 | Weblog
駆け足で書きましたが、パチンコ依存症から脱出するには、パチンコを止めることではなく、パチンコを止めることを「止める」のが簡単だと思います。


その為には、勝てば良い。


勝つのは1日という短いスパンではなく、1年という長い期間でTOTALでいくら勝ったか?

ここ5年は勝年が続いていますが、ボーダー論でなかったころは負けていました。



回る台で長時間打つ、もしどうしても短い時間で打つならば、貯玉再プレイで手数料のない店で打ちつづけるか、または、ハネデジのように収束に時間が掛らない台を打つ。



私のお世話になっている某HPの方は、夕方からほぼ毎日打ちますが、貯玉再プレイでの勝負の為、デカイ分母の台を打っても確実に勝ちにベクトルが進み、100万円達成された事もあります。


このように勝てるようになると、もはや依存症とは言えず、遊び型か、設け型になります。

勝てば小遣いになりますからOKでしょう。



しかし、義務的パチンコになれば、段々とつまらなくなるり、どーでもよくなります。でもそう言う時は勝っているものです。つまり、しらぬうちに依存症から抜けているのです。


パチンコ雑誌をわたしなんんかは何年も買っていませんが、読む場所はリーチだとか新機種の話題とかでなく、「勝者に学べ」的なコラム等です。


これらの雑誌には、毎回のように、回る台を長時間打ちましょうとどこかしらに書いてありますが、それが実行できているのは2割以下といわれています。


今の必勝は回る台を長時間打つことを繰り返す以外はインチキやらない限りありません。



勝てるようになれば、場合によってはサイドビジネス的にもなるし、義務に飽きて自然に止めれるようになります。


依存症で悩んでいる方、是非、パチンコは止めないで下さい(笑)

コメント   トラックバック (1)

パチンコ依存症 その4

2009-03-21 23:32:32 | Weblog
しばし、サボっていました。

最近模型とかに凝ってしまい、そっちの方に進んでいました。



さて、ボーダー論ですが、ここで落とし穴と思わぬ得を


まず、落とし穴。

1)ボーダーが@20の台で、現金投資で@20以上あっても、実際はボーダーワレのことがある。


これは、削りなどが原因で、出ダマを削られる事により、@20あるんだが、実際はクオリティーの面を考慮すると@18しかないとか・・


これは、今、深刻なほどあります。


2)ボーダーはあくまでも1日粘った時の期待値から考えるラインであり2~3時間とか短時間では、全く足りません。なので、現金投資の場合、短時間勝負をしつづければ、TOTALで必ず負けます(回る等価店や貯玉再プレイ手数料無しをのぞく)



得する面。

1)持ち玉比率。

仮に500円で1日粘れたとした場合、恐らく、持玉比率は限りなく100%に近くなります。
すると、仮に3円交換であっても、4円交換のボーダーで足りてしまうことがある。

2)3円交換の場合、1玉貯玉や持ち玉で打つごとに約1円人より得している。




このあたりが理解出来るようになったら、依存症からの脱出は近いでしょう。
ここが理解できないために、依存から脱出できないプレイヤーが殆どです。



パチンコは、回る台をなるべく持玉で長時間打つ。

いまは、これしか必勝法はありません。




参考までに、回転数の計算


通常回転数÷{(投資額又はその相当額+平均出玉数×大当回数-最終出玉)×4}×1000




持ち玉比率の計算

現金投資額×回転数/1K÷通常回転数。



とにかく回る台を打つ。それが繰り返し出きれば、勝ち組みになるでしょう。


コメント   トラックバック (1)

パチンコ依存症 その3 ボーダーライン

2009-03-10 21:22:19 | Weblog
ボーダーラインとは最低何回、回ればプラマイゼロになるラインか?というような解釈ですが、ちょっとこれにも問題があります。

でも、攻略本やHPなどにある、例えば3円でボーダー20とあれば、3円交換でのその台でプラマイゼロのラインは1Kで20回ればよいのか?


理論上ではそうですが、注意しなければならない点があります。



それは単純に20回ればいいことではなく、あくまでも1日打った時の回転数が20あれば、ボーダーであり、1時間や2時間勝負ではそうではない。

1~2時間ならば20後半~30、つまり1回交換ボーダーに近付かないと勝てません。



なんで、そういうことになるのか・・・



それは持玉比率と言うことに関係します。


持ち玉比率と言うのは、持ち玉でどのくらい回せたか?ということで、これは、当たり前のことですが、3円交換ならば、現金で1玉打つと4円だが、持玉だと3円になり、1円得する事になります。



例えば10万回回し、全部持玉だった場合と10万回全部現金投資だった場合10万円も差が出ます。

これが10万回のうち5万回が現金投資ならば5万回の分のみ1玉約1円得する事になる。



日数で言えば、365日のうち、現金で回した数が少なければ少ないほど、お金を使わないだけでなく、見えない部分で得をしているのです。


なので、パチンコ必勝法は、回る台を長時間、なるべく持玉で打つという方法が役に立つわけです。



攻略紙のボーダーは持玉比率70%でみています。


なので、それ以上回れば充分勝ち台を打っていることになります。

で、もし100%持ちダマならば、3円交換であっても4円交換のボーダーに近付くというこれまたトリック的なものがでてきます。




簡単に言えば、100回打ったとして、そのうち現金で打つのが100回なのと50回なのではどちらがお徳か?わかりますよね。


勝てる人はまず、これを繰り返します。ボーダー論者といいます。


一方、台データーを見て首傾げている人や、リーチで熱くなっている非現実的なプレイヤーをオカルトと呼びます。



次回は、もう少し、持ちダマ比率の詳しいことと、ボーダーラインの落とし穴を書きたいと思います。




さて、今日の『うつ』ですが、症状としてはまあまあかな?


昨日が通院日で、睡眠薬マイスリーをどうするか、話し合いましたが、もう少しだけ服用することになりました。


精神的な安定は完全ではありませんが、多少、細かい事にも目を向けられるかな?という段階にきました。

まだ、心が重いですね。



セロクエル飲んでゆっくりしている時間が一番楽だ。


コメント   トラックバック (1)

パチンコ依存症 その2 パチンコの勝ち方

2009-03-07 19:53:34 | Weblog
私の飲んでいるデブロメールという薬が副作用で狂暴になるらしい。

飲んで1年で17kg痩せた以外は問題無いが←問題あるんじゃ?(汗)


作用的にはあまり効いていない気がします。




さて、パチ依存症の話。




パチンコの勝ち方。



まず、毎回勝つという信念は捨てましょう。
毎回勝てるわけではありません。1年単位でみましょう。


短時間での現金投資はやめる。
もし、どうしても打ちたいなら、ハネデジを打ちましょう。
短時間だからこそ、ハネデジです。大海で一発連チャンなんていう考えは絶対に捨てましょう。


そして何よりも、ボーダーラインを超えた台で長時間打つ。


例えば、3円交換の店で、沖海の場合、


最低持ち時間9時間、回転数は@20以上。


持玉になったら無くなるまで打つ。



この繰り返し。プロはその繰り返しです。

コツは至って簡単。



だが、そういう精神力になるのが一番難しい。それさえ出来れば、依存症は治ります。




今日はこの辺で。



次回はもうちょい実戦的な話を。


コメント

パチンコ依存症 その1

2009-03-04 22:07:11 | Weblog
前に予告していて書きませんでしたが、パチンコ依存症について。


今日は休みなんで、調子が良ければパチンコとか行くのでしょうが、ここんところの忙しさで、一日ゴロゴロ。


依存症だった頃には考えられないものです。

まあ、その代り?最近は熱帯魚依存症になってますが・・・(汗)





パチンコ依存症の治療に、『目には目を』式か、パチンコを逆に趣味や職業的技術取得のようなカウンセリングがあるようです。


実は、これがもっとも簡単な方法で、要は趣味程度で遊ぶ、極稀にプロになってしまうなどの範囲では依存症とは呼ばないようで、そう持って行く事を目的とした治療だそうでスす。



で、前にもトラックバック頂きましたが、パチンコ依存から脱出するのはパチンコを止めることが正解か?という考えにNO。私も同感です。


むしろ『パチンコを止めること』を『止めた』方が早いです。



じゃーーどーすればいいのか??



パチンコで勝てるようになれば良いことです(爆)





先に書いておきますが、今のパチンコは勝率10割は絶対ムリです。

また、勝つのには攻略法だとかそんなもので勝つのではありません。




やり方は簡単です。しかし、そういう風な意識改善する事自体が難関です。



釘は見れないより見ようとした方が当然いいですが、最初は釘云々よりもっと大切な事を頭に叩き込むことが必要になります。



私はパチンコ打っていて、台データーをチェックする人を見るだけで、気の毒に・・・と思います。本当に勝つ人やプロはデーター無視が多いです。


その理由は、『人の確率、回転見て』なにが役立つと?ということ。


たしかに、台の確率を読む方法もあるかもしれませんが、それには莫大なデーターが必要です。
台の確率より、自分の確率の方のが大切な事と、パチ屋のデーターでは、通常確率と確率変動での確率や回転数があいまい。それは『時短中当り』も確率変動中の当りとして見ることが多いからです。なので、そんなデーターみても、確率に収束しているかどうかわからないはず。



悔しい事に?同じ台を10万回、20万回と回しているうちに、大体確率の5%の範囲に収束します。


データーを取る事はとても大切ですが、人の回した回転はあくまでも人の確率に過ぎません。


じゃーーーどーすればいいか?


先ずは、パチンコ台のことを知らないと始まりません。


これが理解しなければ、永遠に勝てません。これが意識改善の一番難しい所です。





パチンコに勝つのはコレだけ

『回る台』をなるべく『持玉』で『長時間』打つこと。これっきゃありません。


ただ、その前にパチンコの仕組みを理解しなければダメですね。



理解しているつもりでも殆どの方が誤解しているでしょう。






魚群が走ろうと、どんな熱いリーチが掛ろうと、チャッカーに入った時点で運命は決まっています。



かつて、Fクイーンという台が、リーチ抽選に合格してから大当たりを抽選するというシステムを取っていましたが、それ以外は、チャッカー入賞時に大当たりか否かを決めています。


つまり、入賞時、当りかハズレか、そしてハズレはリーチつきのハズレかドハズレか。


荒く言えばこんな感じです。




理論上(実際はちょい違いますが)、1/200で確率変動50%の台ならば400コマある抽選数(乱数)から1つは確変当り、一つは通常当り。こういうシステムです。


リーチと大当たりの因果関係はなく、リーチは別にカウンターみたいなのがあってそれで選ばれると言われています。



まあ、こんな感じですが、ここで誤解を招くのは、パチンコは数字あわせのゲームと思いこんでしまうこと。


大誤解。
パチンコは『役モノ』(アタッカーやチューリップ)に玉を入れて、玉を獲得するゲームであり、数字の揃いは、そのアタッカーを開けさせるための手段に過ぎません。


その為には1つでも多くの抽選機会を持つこと=回る台を打つことが早道になります。







なんかPCの調子が変なので(重い)、今日はこの辺で。





また、機会あったら続きを書きたいと思います。

コメント

薬の変更無し

2009-03-03 22:05:00 | Weblog
昨日、通院日で、今週も薬の変更はなし。


睡眠は取れる様になったが、やはり心重いのがまだある。


ここ数日は仕事も忙しく、今日もかなり苦戦。



夕方、小学生の娘に少し仕事を手伝わせたあたりから、段々とクリアーになり、夜、契約を取ります。


ちいさな契約が増えてきているので、頑張らねばならないのですが、やはりまだやるぞーーーーーーという気には至らないのかもしれない。


明日は休みですが、雪模様だそうだ。


出かけずゴロゴロかな?



熱帯魚の通販に凝ってます(笑)



意外に死なないものなんですが、ある店のだけは弱いんです。

その店が、また、ひじょーーにソソルHPで、そんなことも深夜、思わず頼み、あとで後悔する(汗)


生体を通販で買うこと自体が無謀なのだが、通販でしか買えない魚もあり、また、HPが観やすかったりすると、お気軽に買っちゃうんですよね(激爆)



これも病気なんでしょうね。

コメント