鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

明日は臨時休業

2011-11-29 15:20:26 | Weblog
月末に定休が来ても、店を開けることが殆どですが、それやると、通しで何日も休めず、結構あとで、どか~んと来ます。

でも、なんだかんだで仕事は入るもので、それも憂鬱なもの。

今回の休みは9月から予告はしているものの、必ずと言っていいほど、ブーイングが入ります。


支払いは、休みの時は翌営業日が約定と言っても、一部のひねくれ者は、そういうのは私嫌いだから、店開けろとか、集金に来いとかいうのですね。


何をするにしても、非常に神経の使う商売です。


先月は母の一周忌ということもあって、休みを取りましたが、今回は出張理由で。

いや、単に整理したいことがあるだけなんですが・・・。



来年からは、晦日の定休日はなんらかの形で振り替えようと思います。


肉体労働ではないですが、とにかく毎日疲れるものには遭遇するのでね。



前は気張って1ヶ月休み取らずなんてしたこともありますが、その後ですよね、何も出来なくなっちゃったのは。


気分が勝れているときは良いにしても、やはり休みはしっかり取らないと・・・。



今日は、寝起きが悪く、また、どうも集中力に欠け、失敗が続いていますが、こいいう時も、少しはペースダウンするなどしないとね・・・。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少しのすっきり感でも・・・

2011-11-28 09:20:58 | Weblog
常に倦怠感に襲われていても、ほんのちょいの「すっきり感」があるだけでも、行動は変ります。

所謂、「やる気」というもの。


どんな素晴らしいイベントや仕事であっても、重苦しい時は、何もしたくありません。

それは日常の生活にもあることです。


うつ発症から正直、何もかもがイヤになってます。

仕事上、売り上げに関わることも拒絶したり・・・。


確かに、環境的に、溢れているコップに更に水を注がれている状態でした。

でも、これも、その倦怠感がそうさせているのも理由の一つでしょう。


あとは、不要な用件や、やりたくない役員などから脱出できないなどなど・・・



くたばっている状態で、これでもか!というくらいに、いろいろのしかかり、重みに耐えられないというものです。

その原因を少しずつでも剥いで行くと、当然軽くなります。その軽くなった時に、なんか安心感やすっきり感がでてきます。それが連続してくると、乗る気が出てくるものでしょう。


ここのところ、多少はすっきり感が出てきたか、いままで出来なかった「突発的な契約」などが、
多少できるようにはなりました。


これが出来なくてね・・・。それも売り上げの減少の原因でもあります。


でも、それでも、かつてのような、何でもやるという気持には至らず、まだまだ重いのが現状。


ちょっとでいいいから「すっきり感」が増えてくれば、もっと楽に一日過ごせるのでしょうね。



うつ発症と協会役員が同じころでした。

売り上げはコレによって200万円くらいは年間減りました。


もちろん、その時は姉〇建築士問題、某国への資金流れ、リーマンショックなどもあり、法人の契約が激減したことも事実ですが、ホント、苦しい毎年でしたが、固定費を下げるなどして、赤字の減少、そして、売り上げが落ちているのに、黒字に転じるまではしてきましたが、如何せん、家業継承からある累積の赤字、或いは、赤字を生む長年の体質を改善するにはまだまだ努力が必要で、そんなことが、毎日憂鬱にさせているものです。

もうちょっとなんですがね~~


薬の飲み方の変更により、この3日間、夜は寝れています。朝の目覚めも多少は良くなっています。


こういう良い波は大切にしていかないとね?


調子悪い時はそういうのも逃がしてしまい、結果的に自ら悪い波に突っ込んでしまうものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他人からの見方

2011-11-27 09:34:32 | Weblog
反って、親しいけど、うつの事を話していない人の方が、なんか元気ないな~とか、アイツ大丈夫かな?とか、気付いているように思います。

反面、ある程度話している人の半分くらいは、「なまけ」とか「甘い」とか、そのまんまの感情をぶつけてきます。


こういうことを気にすると言うことは、他人に理解して欲しいという甘えが、心の中に存在しているんでしょうね?


このなんともいえない脱力感は、掛かった人で無いと表現できない。
冗談でや冷やかしで激励されるのはあまり好ましいものではない。


大丈夫?薬相変らず?などと、気軽に声を掛ける人もいるが、不快な気分になりますね。


役員を離れる話をしている際にも、一部からは、あまり良い言い方はされませんが、本当に、時分の店のシャッター開けるのが辛く、帰ったこともあるような状態で、どうして、他のことが出来るかね???

今回、春頃から、活動の参加を勘弁してもらい、なるべく入らなくても良い環境は作ってくれているのも、理解者が居てのこと。いままではそんなこと無かったので。



人の目といえば、少し前のパソコンがそうです。
会社員だった頃、パソコンに向かっていること自体が、上司からは仕事してないように思われたこともあります。


自営でもそうですね。傍からは、遊んでいるように見えますが、これは仕方ないこと。
若い人からは、「忙しそうだね?」といわれるのは、パソコンで遊んでいるのではなく、それ自体が仕事と理解できているからなんです。


年配の方とかの場合、パソコンやっていると、「暇そうだからちょっと手伝ってくれる?」などといわれたこともあります。

でも、そういうのは決して、不快に思ってはいけません。相手に、文章通達しているのでと手が離せないときは説明すると、大概は理解してくれるでしょう。

自ら、不快に思うことを作ってはいけないものです。


・・・とはいうものの、あまりいいものではありません。


こういうのは、仕方ない。遊んでいると思われても。


仕事の合間に、事務所で飼育している観賞魚のメンテや、あるいは、休憩中に水槽を眺めている。


こういう時は、決まって、営業マンなど冷やかしが来ますね。遊んでいるんだから仕方ない。


また、これは、そう受け止めることを最初からわかってはいますが、「水槽や模型があって、本当に仕事しているの?」とか、先日は「ここ不動産屋?いいね~趣味が豊富で」とイヤミ言われたり。これは仕方ないものです。

でも、それがおかしいことかと考えると、おかしいことと思うには値するものの、水槽や模型が事務所にある光景は、普通ではないかな?とも思います。


弁護士の事務所行くと、海水魚のたぶん、水槽メンテからのリースだと思いますが飾ってありますし、そういう、水槽ビジネスもあるもので、遊んでいると思われるのは仕方ないけど、これまた、そこまで、言われるかな?と思うのも、決して間違いではないでしょう。

ただ、これまた、あまり気にすると、自ら不快感を増大させるから、抑えるしかありませんね。



集中力が無い今の状態、少し仕事して、少し休む。その目線には水槽がある。
元気ならば、ここまでしていないかもしれないけど、これがあるから、仕事ができるみたいなことがあり、こんなことしています。でも、それは他人には理解は求めていませんし、変に思われても商売なんだから仕方ないことと受け止めています。


さて、薬の飲み方変更ですが、ここ2日で見れば、寝る前に薬集結が、寝るのが自然に寝れて、朝は、以前ほど疲れが溜まっていませんし、夢もあまり見ません。

まだ、2日だから分かりませんが、とりあえず、この飲み方はいけそうです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬の飲み方の変更

2011-11-26 10:38:02 | Weblog
通院日

3人の先生で回っているようだが、私の先生はどうやら予約は少ないようだ。

あんだけ混んでいても、私の場合、すぐ順番が来る。


先生は優しいが、どうも「合わない」人も多いようで、この先生が院長に代わり中心になったとき、受付で、「先生と合わない」などの相談をしている人を見受けた。


私も、この先生になって1年半になりますが、なんか、いまいち、信頼ができない部分がある。


薬で点数を稼ぐような感じに思えることが多く、なので、医者を変えたほうが良いか?今年になって考えるようになったもの。


昨日も、薬の減量を含め、夕食後の眠気が激しく、それでいて、就寝前は目が冴えてしまう話をしたところ、減らさず、全ての夕食後の薬を、就寝前に変更。


薬剤師も、これだと・・・朝、大丈夫かな?と首を傾げる。

就寝前は、デプロメール8m、4m、ソラナックス0,4、ミルナシプラン15m、25m、セロクエル×2の合計6錠。


ミルナシプランとソラナックスはこんなにいらないことを聞いたのですが、これで、アモバンを飲まないようにできれば・・・ということだそうだ。


たしかに、これは眠気が来る。今日は頭痛で朝、目覚めたものの、朝起きての疲労感は無いので、これはこれでよいのかもしれませんが、でも、抗鬱剤はちょっと多いんでは?と思うものです。



気分は、悪くはありませんが、今日あたりは忙しく、こういうのも、折角、朝の不快感が庵九手も、のしかかるのでしょうね?

あとは、この仕事の波が順調になるだろう来年の2月まで、どうにか交わせるか・・・それができれば、いろいろと楽になれそうだが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目覚めが良かった・・・。

2011-11-25 09:32:48 | Weblog
昨日は寝入りが悪く、途中でアモバンを1/2錠飲む。

その後は、「熟睡」できたのか、夢はあまり見ない。


そのせいか??朝は、自然に起きれ、いつものような、朝の倦怠感が無い。

やはり、睡眠と休息ですね。


最初の頃は、寝ても寝ても寝足りない、それが何年も続いた。

脳が「貴方は疲れている」と「正常」な指令を送っているという解釈でしたが、それにしても長い指令だが、これは実際そうなんですよね?


鬱病が、数週間で治る人は、初期に気付き、休養や薬で治り、それが数週間の「うつ、ストレス」だったのでしょう。

1年掛かる人は1年分のストレスを抱えている。


私の場合、4年以上のストレスを抱えている。


ちょっと考えは脱線はしているが、そのくらいの休養や治療が必要なくらいの度合い、具合なんだとは考えても平たいかな?と思います。


周りを見ても、かなり精神的「こう弱」が見られるのですが、相談受けて、勧めても、あまり行く人はいない。それが数年たって、さらに深刻な顔して相談を受けることがあり、そういう時は相当、「イって」しまっていることが多い。


やはり、ストレスの重圧から逃げられない時などは、それは自分が悪くなく、身体が、そのような受け入れが「できなくなっちゃった」という考えがあてはまると思います。


私も、まだまだ、相当な悩みや重圧を抱えています。

4年半も薬を飲み、進展があまりないように見れるのですが、実際はとても進展があり、今の時分が承認できないからそう思うのであって、相当な改善はあるものと思います。

今日は通院日。「抗うつ剤」の調整は相談してみようかな?と思います。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬で抑えているんでしょう。

2011-11-24 09:46:45 | Weblog
昨日は、定休。祝日での休みは久しぶりなので、家族でショッピングに行きます。

疲れましたが、いつものような、精神的な疲れはあまりありませんでした。

薬で抑えているのかな?と思うものでした。


一時は、出かけもできなかったし、出かけても、憂鬱が酷く、すぐベンチなどに腰掛けて休んでしまう。


こういうことが少なくはなったものの、やはりまだ、本調子ではありません。



今日は、目覚めが悪く、何もする気がない朝のスタートでしたが、動いてしまえばそんなには辛くはなかったです。


いろいろと乗り超えなきゃいけないものが、今年はまだまだあるので、その峠が登れるかが自信ないことありますが、今は、それを乗り越えないと、来年のいろいろな仕事の解決に至らないので、それが頭に常にあります。

ただ、いくら、将来的に解決が予想されても、そこまで、スムーズに行けるかな?とか、本当にうまく行くかな?とかまだまだ余計なことを考えてしまいます。

そう考えると、気持が前に出ません。こんなところが、まだまだ薬で抑えられている自分なんだな~と思うものです。


昨日も一日過ごし、常にある、「倦怠感」や「憂鬱感」は、楽しいことや、気晴らしがあっても消えないな~と感じるものでした。

健康体の時は、そういうのは常にありませんものね?


4年以上いろいろ治療を受け、やっと今の状態。


冷静に考えたら、心療内科通院を決断したのは正しく、そして、その時は、本当に、限界だったんでしょう。いくら休んでも、寝ても、回復せず、4年経って、やっと、疲れが少し取れたのかカ?という思いが出てきたのは、逆に言えば、かなりメチャクチャなストレスであったのでしょうね。


ここまでの不調の為、精密検査もしましたが、異常ないことから、薬をどんどん増やして行ったものです。


先生は、当時、相当な辛さがあることを指摘してくれました。

相方は、入院まで勧めました。


でも、仕事が頭にあり、そこまではいけなかったものの、入院や長期休暇が必要なくらいのレベルだったのでしょうね。


まだまだある、朝の不快感。これがね~~。もう少し改善されると、精神的にも軽くなるんでしょうが・・・。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの音楽?

2011-11-21 09:43:46 | Weblog
ユーチューブなどで、癒しの音楽とか、うつ病に良い音楽とかいろいろありますが・・・

「うつ病」のやつで、音楽が流れながら、暗い、トーン変調の無い、男性の声で、「一日がだるい。なんで、こんなに疲れるんだろうか。もう二度と元気にはなれないのだろうか・・・」など、「うつ病」患者が普通に抱く想いを被せているのがありました。


聴いてみると、確かに、そのとおりのことを言ってくれるのですが、あまりにも暗い声なので、反って憂鬱になっちゃいます。

でも、そのとおりのことを流すので、聴き入ってはしまいますね。


時折、こういうのをネットで聴きますが、仕事やりながらとかで(普通の職場はムリでしょうが)、少し、神経の尖るものをやっている時は、癒されます。


こんな時にも思うのですが、ストレスや疲れ、その疲れがどうあれ、そういうものの蓄積がMAXになっているからこそ、もうどうにもならないという感覚になるのでしょう。それが慢性的になると、精神疾患としてみなされるのでしょうね。


とにかく、だるい、疲れたは消えません。


しかし、約4年、なんだかんだで、休息を多く取り、これでもか!というくらいに睡眠やサボリを繰り返していたら、確かに、最近になって、そのだるさの度合いは小さくなりました。

それだけに、年数を使っても、復活しないほど、脳内や心理上では「参った!」状態になっているのでしょうね。


かなり良くなってはいますが、少し頑張ると、また、おかしくなるもので、まだ、芽を出したら寒いから、土に戻る植物のような感じです。



今日は睡眠を短く取りました。だからかか?夢はあまり見ないものの、寝起きはいつも以上に疲れています。


寝て、起きて、疲れるというのは尋常ではないですね?私の場合、無呼吸がそうさせていたという考えでしたが、無呼吸や金縛りは改善されても、夢でうなされ、毎朝不快なのは、辛いものです。


今日も、ひたすら歩く夢とか、山を登る夢とか、変な夢のオンパレードだった。

いつもよりはマシですが・・・。



セロクエルという薬を飲んでからは、この夢もかなり変ってはいますが、薬で夢までも抑えているような、そんな感じですね?





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1日の変動

2011-11-20 09:09:28 | Weblog
悪かった時の1日の変動

朝=辛い、疲れた、何もしたくない
出社=シャッター開けるのが苦痛
昼=食事がうまくない
夕方=母の徘徊と、母のTVの音が耳に着き、辛い。母を送るのが憂鬱
夜=食事がおいしくない。とにかく疲れて引き篭もりたい、熱帯魚を無になって観る。
就寝前=不安、憂鬱、辛い、寝るのが怖い
就寝=悪夢にうなされる、目が覚める、寝入り悪い。


こんな感じでした。

今は、夕方からのライフスタイルが違うので、辛いのは、朝11時くらいまでと、夜の9時ごろ。

朝は、同じような感覚でも軽減はされているが、1時間くらい、スローペースでやると、自然に憂鬱感は取れる。不安もなくなる。これは朝の薬は効いているのでしょう。


このように自分を分析すると、確かに4年で改善はされているし、もし、通院していなかったら、消える手段も選んでいたかもしれません。いまでもそういう願望はあります。


これらのことって、健康体の人に話してもあまり理解はされません。そういうのも辛いです。
でも、事実の自分なのだから、理解できない人にはそれ以上の理解を求めてはなりません。
その人とは、その分かり合える範囲での付き合いで、暫くはいいでしょう。


イライラすることは減りました。不安になることも減りました。落ち着きが出てきました。
物事の失敗が減りました。集中力が出てきました。倦怠感は多少減りました。
感情の起伏が少なくなりました。

このようになんらかの改善はでているものの、まだそれでも本人は毎日が辛いものです。

これは、診療医に通っている人は同じような悩みがあるのでしょうね。

改善は感じているが、辛さが強いと・・・。



今日も、朝は辛かったし、疲れている。昨日は眠りが良くなく、アモバンを1/2飲みました。
やはり、朝残っています。
睡眠薬飲んだのに、夢もたくさん見ました。

相変わらず、パニックトイレ、サラリーマンになること、ひたすら歩いていること、事務所をさらに縮小するために引っ越すなど・・・。


あまり良い夢ではありません。なので、朝はブルーですが、これも諦め、朝の1時間をうまく交わせば1日が始まる。今はそんな考えの朝を送っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと抜けれる協会役員

2011-11-19 16:18:09 | Weblog
ずっと重かった協会役員も、病気理由で今期で降ります。

いままでも、「うつ」や「精神障害」を恥ずかしながらも話して、離脱を希望してもだめでした。

今回は6月より、ほとんど、役員会なども出れないので、周りの流れでそうなりました。



これは、正直、結構営業に影響していただけに、これがなくなるのも気持が楽になりました。

来年は、今、いろいろ預かっている案件、問題の解決、経営の方も少し「アテ」ができ、個人のことも解決に向う。
更に、会社で借り入れている銀行ローンも終わる。

いろんな意味で負担がなくなるので、少しは気持にゆとりができるかな?とは思います。


なので、チャンスと受け止め、ここで、「だめだ~~」と延びないためにも、気持はしっかりしておきたいものだ。


ムリは出来る範囲でする。でもムリしない。先がまだ長いから。


久しぶりに、いい題材がありますが、今年、残りは決してよいわけではありません。


まずは、今年をちゃんと明けることができるか・・・。

それです。が、それが、まだまだ重いので、辛さは暫くはありそうです。



昨日は、いろいろと、仕事らしいことが出来ました。

ただ、役員会で、役員の決め方が相変わらず、無責任なやり方に、キレ掛けたが、今はキレてもしょうがない。まずは今の任期が終わるちょい前までは静かにしておきますが、役員達がいい加減なことを続けるならば、この協会から離れることも考えてます。

ある意味、この協会に所属していることも重圧なので、「決心」に近いことかもしれません。


まあ、あまりイヤな事を考えると、益々、気持が重くなるので、ブレーキは掛けておきます。


気持の余裕ができそうでも、今は将来のことよりも、まずは毎日が無事終わるか・・・
それを考えるのが良いのでしょう。そのためには、余計な「キレ」は必要ない。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

しかし~~変な夢ばかりみるな~

2011-11-15 10:26:11 | Weblog
夢を多く見るのは幼いころからだが、薬を飲むようになってからは、夢ならではの、結びつきの無い、しかも、疲れる夢が多くなった。


相変わらず登場するのは、パニックトイレ。それをまたがないと温泉に入れないという、地獄から天国への階段のような夢だ。


あと、趣味の夢は見るのだが、それが、趣味の良い部分ではなく、悪い方を見てしまう。


釣りで遭難したり

泳いでいたら、足攣っておぼれる

磯遊びしていたら、流される。


飼育している熱帯魚が火事になるなどなど。


まあ、普通はあまり見ないだろう夢ばかりなので、朝はその疲れが残っている。



今日も、朝の目覚めは悪くは無いが、疲労感が強かった。



これも、どうなれば安眠になるかを考えないといけませんね。

でも、無呼吸の治療から、酸素マスクをして寝るので、呼吸のSTOPによる苦しみや金縛りは、ほとんどなくなったのは、幸せかもしれない。


昼寝は、酸素をしないので、やはり、金縛りや呼吸STOPはある。

なので、昼寝というと1時間程度だと思いますが、私の場合2~3時間寝れてしまうのですね。


そして、起きても、反って疲れていて無気力になる。


典型的な精神障害ですね(苦笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加