鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

再び伸びた・・・(笑)

2012-05-11 09:55:04 | Weblog
今年は、忙しい。いろいろと難題も解決しています。

GW前、少々忙しく、明けて2日もかなり忙しかったのですが、水曜日、朝、非常に重い「金縛り」に遭い、起きたら、寝汗と脱力感、ふらつきで、毎年、この時期にはあるのですが、今回は、5年前の不調時と同じような、全くの無気力感に陥り、何も出来ない状況でした。


毎年、この時期に、協会の総会があるのですが、たいしたことはないのですが、出欠を取ったりなどがあり、神経使い、それが終わると、どっと疲れる感じが続いていました。

今回は、憂鬱感や不安感は無いものの、倦怠感、脱力感が支配し、食欲も無く、ただゴロゴロしている感じでした。


一騎に疲れが出た感じですね。


今日、やっと仕事を明けられたのですが、やることが終わったら、適当にあがろうと・・・。


今日は医者なんで・・・。



やることも、情けなくなることばかり。

1)先日の強風で屋根が飛んだ修理依頼
2)生活保護者が「受給」を落として、家賃が払えないことで行政との話し合い
3)2)の件で、保証会社からの報告
4)よくわからんが神奈川県信用保証協会が打ち合わせあるって??
5)とある店舗にパラボラアンテナを着ける許可をもらいいに有線放送が来るとか?


一体、何屋なんだ・・・1)はいいにしてもそのほかは・・・。

余計に疲れそう。



今日は、無気力について書きましたが、自分が過去に鬱と思われる症状になったのは、全く同じようなきっかけ。

バーンアウト(燃え尽きた症候群)のように、ひたすら、調子に任せて頑張っていったら、ある日突然、何も出来なくなってしまった。


どんどんダメになるばかり。

これは明らかに自分の故障です。


まずは休息を取ることと、医者に診て貰う事ですね。
今日、通院で、診て貰う事で、薬が増えやしないかとか、変なことをも考えますが、ここは信用がなくても、医者の言うことを聞くのが先決でしょうね。

こういう症状は、頑張っちゃった後におきうることなので、それが頻繁に出てしまったら、素直に限界を認め、少しスロースペースにしてみましょう。





いま、やっと色々と調子が上がってきている中、再びのドボンは悔しいですが、焦らず、やって行きます。
コメント