鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

なんでもない些細なことでも

2010-06-27 18:25:26 | Weblog
なんでもない些細なことでも、物凄く重々しくて手がつけられないことがある。

時々ならば、心の瞬間の不調なんでしょうが、頻繁に起きる。

これも精神疾患特有なことだそうだ。


極力そういう場合はやらない方が良いとは言うものの、やらねばならない場合はこれはやるしかない。


そして、解決すれば、普通ならば、安堵に思うのだが、これが、余計悩む自分に馬鹿馬鹿しくなり自己嫌悪になる。がはは。典型的な「うつ病」ですね。

まだ、いまは、その頻度が少なくなったが、かつては常にそうだった。


幼い頃から乗りが悪いのも、幼少期からなにか原因はあったんでしょうね。



とても長い通院には焦りは感じませんが3年め。


当初に比べればはるかに良いが、でもつまずきが多い。


自分を責めることは少なくはなったが、毎日がブルーであることは変わりない。

このブルーもどんよりしたブルーからは脱出してきてはいますが・・・



今回薬が変わり、朝はなんとか目覚めが良くなった。

仕事、家庭、友人、両親、金銭と悩みが多いのが一つの落ち込みに繋がっているんだろうが、これらと対峙して治療に望んでも、完全に休暇を取って治療するのと全く違うのでしょうね?


あと何年かかるかわかりませんが、思ったより上昇が悪いのは少々悩むものでもある。


みんな、こういう病気の場合、そうなんでしょうね?


いろいろ記事を読むと、私なんか序の口。

でも、みんな生きることに辛くても精一杯生きる。それが大切なんでしょうね?



今年も半年が終わろうとしている。

多分、もう1年くらい掛かりそうだが、仕事の基盤が出来ればなんとか脱出できるかな?とは思う。

まずは仕事をを含めた身辺の整理からだね。

悩むことは少しずつやっつける。これでいいのでしょうね?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

W杯のクレーム

2010-06-26 11:53:19 | Weblog
頑張れ日本!といいたいが、W杯の騒音が各所でクレームに成り、ここ数日ブルーな気持ちになってます。

なんか、情けない世の中になりましたね。こういうののクレームが7件もありましたわ。


喧嘩両成敗でしょう。観戦も深夜なんだから静かにすべきですが、クレーム入れるほうも、本人に直接言え!といいたい。でも「刺されたら怖い」とかで私らに矛先を向ける。

そんな処理してたら、仕事自体にやる気がなくなってね~~~



ずーーーっとこのようなクレームに耐えてはいるが、なんか同じ日本人として情けなくて・・・



まあ、そんなわけで、オリンピック、W杯、選挙の時は、人同士の問題まで不動産屋に矛先は向けられます。

今回は警察に通報もあったようだ。


心に余裕が無いのは自分だけではないのですね(トホホッ)



昨日は通院日。

母のアルツが激しくなってきたので、その予約と自分の診察。


朝方に調子よくなるように、薬を変えました。

今日は、目覚めが良いです。


なにか、「熟睡」だけを手伝う薬があるようで、これ飲んだのか、それとも疲れか、今日は朝がとても好調でした。

セロクエルという薬が多いような気がするので、これは減らしてもらいました。


今回の薬は、夏を乗り切る為の作戦のようで、期間限定。

先生から、いろいろと改善は出てきてますねというお話に、少し安堵した感じ。


もうちょいなんでしょうね?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は勉強になった

2010-06-24 22:31:26 | Weblog
定休日ですが、中小企業庁管轄の相談に行き、現状の金融対策や経営指導などを聞いてきました。

やるべきことは複数あり、とにかくできる手段は何重にもやりたいところだが・・・


今日1日みても、やっていることが仕事じゃない。

クレームで一日振り回され、やるべきことが何もできない。


こういう体制からまず改善しなければなりません。


取引のある家主や借主から、不動産屋がやるべきでないことについての請求、たとえば、建物明け渡し請求を出せとか、隣人がうるさいから注意してくれとか・・・

確かに、一見不動産屋がやらねばならぬことにも思えるが、本来はやるべきことではないのです。

しかし、このようなクレームが毎日のようにあるので、注意や通達くらいはします。

本音から、もうダウン状態。こういうののまん中に入ったらノイローゼになります。

やらなきゃならないレベルは別にしても、ココ最近は体調不良につき出来ない旨を伝えます。



クレームの内容も、まあ煩いから注意とかこのレベルならば理由があるから注意もできますが、「隣の子がウチの子をイジメるからどうにかしろ」とか水が出てるから来てくれと呼ばれ、見たら、単に蛇口が閉めてないだけだとか・・・


レベルとかラベルの問題じゃないですね。


でも、切り離せないことでもある。

何もかも一人でやる限界は本当に感じましたわ。


よそ見ても一人で300も400人も管理している会社無い。

それ自体が無謀。

そういう原点に立ってまずは見直しをしなければと痛切に感じるものです。



ここ数人、家主から頼まれたことに対し、たとえば死人が出たからどうにかしろとか、借地返したからアパートの人間出してくれとか、こういうのは警察や弁護士の仕事。
多少は掛かりあうことだから、無視はできないが、正直に体調不良と、できる範囲のものだけを告げることにしてます。


ちなみに、金銭に置き換えることはできないですが、これらの処理をしても報酬をもらうのは違法です。なぜならば、不動産屋であって弁護士でないから。

そういうことも正直に説明した上で、できること、たとえば、文章を助けるとか、助言をするなどのことは無報酬でできるおやすいことだから出来る状態ならやります。

でも、パンクしている状態ならば、やって中途半端になり迷惑かけるだけ。
それも正直に話します。


しかしね~~自分が何屋なのか考えちゃうものですわ。


明日は通院日

母のアルツハイマーの相談と予約も考えています。


薬は当面減りそうもないなぁ~~~でも頑張らねば・・・トホホツ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠薬

2010-06-22 09:48:38 | Weblog
昨日は珍しく寝が良くなかった。1日イライラしていたからかな?

睡眠薬の残りがあったので飲む。


確かに寝れた。珍しく夢すらもみなかった。熟睡。

でも、朝、フラフラ感が残った。効きすぎ?


これも良し悪しですね。



数ヶ月前まではマイスリーという睡眠導入剤を飲んでいましたが、寝入りがいいので止めました。朝もそれほど悪くはないので、止めて大丈夫だろうと。


しかし、違いが一つあります。

マイスリーを飲むと、夢はあまり見ませんが、飲まないと、夢ばかり。


朝の残りさえなければ飲んだ方が楽なのは確か。


ただ、いつまでも依存するわけにも行きませんので、睡眠薬はなるべく飲まない方が。


仕事の悩み、リズムの調整ができればきっとこのような睡眠の悩みも解決するんでしょうね。


心身の悩みと同時に出来る範囲の生活の改善。これも大切でしょう。この辺を留意していきたいものだ。

明日は、中小企業庁傘下の経営相談に臨む。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忙しいのが勘違いされる

2010-06-21 21:00:34 | Weblog
一人で仕事をすれば一人分の仕事しかできない。

なので、キャパがオーバーすれば当然あふれて、後になる。


私の場合、常に客がいるので「繁盛」していると勘違いされているが、後にも何も効果が埋めない雑用や相談ごとなので追いつかず、肝心な身のなる仕事を断るということになる。


サラリーマンやいまの若い人もたぶん、これとは相反することで批評を喰らうことがあるあろう。


それはコンピューター。

コンピューターをやっているのがヒマと思われることがあると思う。

私もそうだ。重要書類などキリキリしているところに「ひまそうだね・」と暇つぶしにくるジーサンとか来るとうんざり。丁重にあしらうが・・・


客がいるから繁盛するとは限りません。

その誤解を受け、とても不快におもうこともある。


飲食店のように入ってくるお客がほぼお金になるのと対照的に、わたしなんかは20人に1人程度だ。


また、昼どきや閉店後に来るセールスなんかも許せない。

飛び込みセールスは長年やっていたが、昼と営業時間外はタブーとされているが、今の上司なおはそういうものに鈍感なんでしょうね。


今日は、ヒヤカシにクレームにそれとセールスに翻弄された一日だった。

こんな忙しくて何の身になるところか、何もできない最低な一日だ。


仕事も塩どきかな・・・



水曜日は、今後の経営に自信ないので中小企業庁の管轄のカウンセリングに行く。

自営継承して7年目にして壁にぶつかったかな????


精神的にも、やはり仕事という血栓がなおならければ前に進めない。

薬依存でなんとか毎日は送れているが、レベルの低い毎日に嫌気もししている。


頑張りたいし、元気も出てきたが、いまひとつ、ドロドロした毎日におうかすっきりした仕事が出来るような日々が送れるようになりたい。


なんか、今日はグチだが、すっきりしない不愉快な一日だったな~~~


久々にイライラしていたわ(笑)薬飲み忘れたかな?(爆)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焦ることの馬鹿らしさ

2010-06-20 10:04:35 | Weblog
日常生活に「焦り」は外せないもの。

ただ、焦りも「蓄積」すると、マイナス方向に自ら引き込んでしまう。

朝時間が無い→焦っているから行動が乱雑→お茶をこぼす→拭かなければならない焦り→時間が無い焦り→集中力欠如のため忘れ物の発覚→取りに行く焦り→時間が間に合わない焦り=イライラを増発させるだけ。


こんなことわかっちゃいるんだが、これが続くようであれば、性格的な問題ではなく、生活改善の必要、あるいは病気の可能性があるのでしょう。

生活改善なら、少し時間にゆとりを撮るように「努力」でいいからしてみる。

病気なら安定剤や抗不安薬を処方してもらう。


実は、ソラナックスという薬を飲んでから、このソワソワ感、不安感が改善されています。

そうなると、蓄積したものからの不安や焦りなんでしょう。


薬で効いてしまうので、病気と考えられます。


薬にまだまだ依存してます。

薬の多さに疑問を感じたことありますが、やっと、薬で1日が過ごせているんだな~という気持ちの切り替えが出てきてます。

焦りや不安が少なくなるだけでも、とても気持ちに余裕が出るものですね。


病院の診察内容に「社会に溶けこめない」「会社が長続きしない」「ものごとに焦る」などの症状も相談対象になってます。


病気である可能性がありますからね?

一方で、心理学者などは、置かれた社会環境などによることも指摘します。


性格の遺伝?もそのように解釈する心理学者もいます。

ただ、悪い状況にある場合は、確かに自分も含め悪い環境に居ることを自覚し、考えられる最善の方法を講じることが必要なんでしょうね?



最近、疲れが取れない以外に、朝が、いまひとつ力が沸かない。

ただ、30分~1時間でエンジンが掛かるが、夜帰宅後、疲れがまともに来ることがある。

こんなことも相談したところ、薬の調合を検討すべきかも?と先生は仰います。


その一方で、環境を変える、行動によって解決できる不安材料は、これは努力しなきゃいけませんね。やれるだけで、いいと思うのです。併用してやることに、多くの方法で解決しようとしている自分に気付くものです。

そうなると、不安の解消や自信に繋がるものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いま辛い人

2010-06-19 13:31:56 | Weblog
いま辛い人。原因がわかっている人はその解決を信じるのがいいでしょう。

いろいろごちゃごちゃになって生きてゆくのが辛い人。

まずはとにかく休みましょう。


休むことの大切さをこの3年知りました。

休むことによって、いろんなアイディアが沸いてきます。


辛いことのワープもできます。


まずは休みましょう。


なんで、まちゃ同じようなこと書いてるって?

自分が今疲れているから(笑)


自分に書いているようなものか・・・。


自分が「いま」できる最大限のことがたとえ人の1/10程度であっても、それをやることで前にたとえ半歩でもいい、現状維持でもいい、マイナスにならなきゃ「いま」にとってはプラスなはず。

それを繰り返し、リズムを作り上げることも大切なんだな~~と最近思うものです。

ある哲学書を手にしてます。

これが読むだけでなにか落ち着くものがあります。たとえあ、こういうような読書的なものでもよいでしょう。いまの自分にそれが適していれば。

そして解決に向うであろう手段は、恥ずかしがらず使いましょう。通院、相談、放浪。
それが解決に向うならば咎められることもないでしょう。


わたしも、行き詰まったことがいまありますが、出来る最善のことをしようと思ってます。
関係省庁やコンサルティングなどに問い合わせると、いろいろ知恵をくれます。

また、そこからヒントがでることはあります。

昨年の事務所移転も商工会議所さんのアドバイスでいろいろ道を考えてくれた。

・・・・こういうようにできることはしましょう。

でもできなかったら・・・長い人生の間、目的の降参はアリではないでしょうか?


でも人生捨てたり、消えたり、それだけは回避しましょう。
うつ病などの精神疾患はここが辛いところです。この場合は・・・ずばり病院。


病院行くことで道も開けます。

最悪、入院ということもありますが、これも長い目でみればアリでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不安の解決に向けて

2010-06-18 11:02:26 | Weblog
いまの自分は何がそうさせているか・・・

ずばり仕事です。

でも、この仕事が思い通りに運べたらどうか・・・

たぶん、悩みが減り、元気になるかもしれない。


仕事がそうさせている?いや、だれでもこの程度のことはあるはずだ。

積み重なる些細な悩みの蓄積と考えます。これは「うつ」の特徴でしょう。


「うつ」に浸っていることが好きなわけではありません。


当然どよ~~んとしたこの辛さは早く脱出したいな~~と思うし、他のうつの人もそう思うでしょう。

でも薬だけでは気持ちの改善はできても、生活の改善までは当然できません。

多少は改善したいという気持ちに向うでしょう。それでいいのです。

そして、自らそれを解決したいという気持ちになれれば、その気持ちに乗ることですね。



まあ、どこまで改善できるかわかりませんが、今、専門の箇所に相談し、経営の悩みなどをしてもらっています。

同時に、自ら悪い方向に目を向けているものがあれば、それはヤメなければなりませんね。

そういう気持ちで臨みたいものです。



相変わらず疲労感は取れません。

なかなか、物事スムーズに動かすこともできない日が再発しています。

ただ、ダメな時はダメ。それは割り切ってやっていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不安ごとの追求

2010-06-15 10:15:26 | Weblog
どんな小さいことでも、それが心に痞えることはあります。

それが何個か重なると、理由の無いドヨ~~ンとした気分になります。
なぜか??

一つ一つの理由が小さいため、それが理由として不快感に結ぶ自覚が無い。にもかかわらず、体積してしまっているから、なにかすっきりしない。


これが段々と『大きな』『うつ』につながると考えています。


私も、仕事などで、些細なことだが、不愉快なことが堆積し、時々、その中のたった一つが頭をよぎるだけで、リズムを崩してしまうことってあります。


今がその兆候があるかな??


こういう場合は、その些細な理由でも、一番不愉快のからやっつけることでしょうかね?


心の不快感を感じる人は数知れません。

自殺者が交通事故死亡を上回るのがずーーーっと続いている。

それは、人に言えない複雑な問題がたとえ、大なりしょうなりあるからだと思います。

相談できるところはあると思います。

でも、元気ないと、それもできませんが、動けば何か見つかるはずです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

考え事は極力するな。

2010-06-14 09:51:51 | Weblog
・・・とは言うものの、考えてしまうのは言うまでも無い。

どうも朝の不調は「薬が効くまで?」続くが、悪夢や、悩み事が朝からよぎるのも否定はできない。

こういうときは、何もしないのが一番だが、でもなんかしなければ?という焦りもでる。


そういう場合は、

いま、自分の持ち力で出来る最良のと思う考えを実行しよう。


例えば、ノート整理が解決に向うならば、それをやるとか・・・


多少、気分も変わるはず。


今日は睡眠が浅く、どうも朝から調子が向かないが、いつものごとく、1時間もすれば復調するかな??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加