鬱オヤジのストレス苦闘日誌

鬱オヤジといいます(他のブログでは違うHNですが・・・)
主にストレスやうつ病について書きます。
くらいですよ~~

なんかやる気がでないぞ~~(爆)

2010-10-30 11:02:08 | Weblog
今日は、倦怠感こそ無いが、何か乗る気が無い。

そういうことはだれでもあるでしょう。ない方がおかしい。

そう思って、諦めが肝心。


ただ、そのやる気が出ないという現象、心が重いという感じ。

つまり、いつもの、理由無き、心の重みというやつ。


これが繰り返し襲い不快感を感じる。果ては辛さを感じる。


独特な精神「こう弱状態」なんでしょう。



酷い時は、これが四六時中あり、そして、自分を責め、情けなくなり、生きてゆくことに苦痛を感じる。

こういう思いは、正常体ではありえない。


この苦痛が、1日の大半を占め、それが何ヶ月も続く。そういう状態で、なにかやると言っても成功は望めないでしょう。

正常な状態ならば、想像がつかないはず。


で、なったことでない人じゃないと、この苦痛はわからないはず。


天候で言えば、曇り。決して雨ではない。どんよりした曇り。


雨なら、たくさん降るなよとか諦めがつくが、曇りはこれから何が起きるかというドンヨリさがある。
まさにそれだ。


今日は雨だが心は曇り(爆)理由もなくドンヨリしているが、何かに目をそらせ、今日は時が流れることだけを考えよう。


昨日は、調子よくいろんなものに取り組めたからその反動と捉えても良いでしょう。


今日の自分には多くは望まない。


・・・だけど、このドンヨリ感・・・どうにかしたい(笑汗)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慌てるとミスる・・・

2010-10-28 10:30:00 | Weblog
先ほども、一騎に仕事が重なり、パニックしてしまい、お客さんにお釣りを渡しわすれたり、持って行かなきゃいけない領収を忘れたり。

だれでもやることですが、私は天然で、小さい頃から、こういうので悩んでました。

無呼吸症候群の治療で、酸素濃度UPにより、かなり瞬時に対応が可能になってきた。


頭が回るのようになったもので、これでもパニックしたり、ミスしたりはかなり減り、間違っても冷静対応ができるようになった。

いかに、酸素は重要かがわかる。

病院にあるパンフやネットでの自分の症状のチェックをすると、必ず該当するものがある。

☆バーンアウト症候群、☆男性の更年期。そしてこれらに共通する鬱病。


項目のほぼ100%が該当するので、鮮やかだ(笑)


で、該当しないのが、統合失調症、パニック障害など。



ただ、この「パニック障害」に関しては、学生時代までの自分を振り返ると、あてはまる。


ただ、もまれて自然に対応力がでてきたものと思いますが、時々、自分で頭ゴチャゴチャになると、自分を失うことは最近まであった。


ただ、無呼吸と鬱の治療で、それも薄れてきた。



ずーーーっと自分のキャラと思っていたことが、実は薬で治るものだった、治療で回復するものだったということが気付いただけでも、それはありがたいと思う反面、もう少し早くそのことに気付いていたら、もう少しスムーズな人生だっあたかな?なんて思うこともある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆううつだぁ~~~!(笑)

2010-10-26 09:34:40 | Weblog
昨日も書きましたが、原因不明の憂鬱感が朝方あります。

原因不明?あるにはあるのですが、あまり追求しないではいるのですが、今日は追及しました。

「憂鬱」になる必要がないことなんですね~~~

なぜなら、解決方法が確立されているから。


その原因は些細。


2週間前に、管理している駐車場のドブが雨水で溢れているからどうにかしろ!ろいう電話が入りました。

1ヶ月前のゲリラ豪雨でもあり、大雨時はしょうがないのですが、ドブに、木材を捨てた不届きモノがいて、それが原因なので、休日を返上して、ドブ掃除。


堆積した泥を土嚢に入れ積み上げているのだが、その数30岱


それが今度は邪魔だと言ってくる。あまり邪魔にならないところに「一時置き」しているだけだが・・・。



昨日は口調が柔らかかったので、時間クレと説明するが、今度は自分にプレッシャー。


明日もドブ関係の休み????


で、憂鬱なわけ。たいしたことないですよね?


でも、こんな結果がわかっていることも今の自分には思いのです。一時期よりは楽ですが。


こういう些細なことでも毎日が憂鬱になる。それが「うつ状態」なんですね。



そろそろ、逆に、心の重荷となっていることを、整理しようとは思っていますが、いっぺんにやると、また「ノビ」てしまうので、できることから・・・。そういうスローな毎日を送ることに、イライラは積もるのですが、これも今の自分には仕方ないと諦めるしかありません。


それでも、毎日「仕事」をしているだけでも、ありがたいと思わばきゃね?


本音は、少し遠ざかりたいけど・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憂鬱感

2010-10-25 11:11:56 | Weblog
誰でも、些細なことであっても憂鬱感はあるでしょう。

あーーーあした会議出たくないな~~とか・・・


これ、明日までにやるの憂鬱だな~~~



こういう一時的なものは成就するか時が来れば、消えてゆく。

しかし、こういうことも含め堆積して行き、理由がわからいのに憂鬱、自分が情けなる・・・

これが長期に続くのが「うつ」といわれます。


そして、これはなった人で無いとわかりません。




自分は2度目なので、自分で自分を判っちゃうのですが(笑)


ただ、この重いどよ~~んとした不快感?重圧感?言葉に表現できないこの重苦しいものが毎日あると、本当に何もかもなくなるもの。



こういう場合は、あまり原因は追求するのはいけない。


むしろ、不明な憂鬱なのだから、「憂鬱になる原因はないんだけのな~~」くらいに流しておくのが楽だ。


私の場合、最初のガス欠状態からは逸脱はできてはいるが、朝、及び、時々、急に憂鬱になることがある。


何もしないのが一番楽なんで、そういう時はサボるようにしている。


原因は判らないと先ほど書きましたが、本当はあることは判っているんです。ただ、それらを引き出すともっと憂鬱になります。なので、憂鬱になる必要はないのにな~~と流す。これでもかなり、気持は切り替えられます。



この心の重み・・・恋愛や失恋の重さとは異なります。なぜならば、それに浸ることができないからですね(笑)


それほどまでに不快な、ドロ~~ンとした、色で例えれば灰色。


毎日続けば疲れますわ。まさに鬱特有でしょ?


3年目になります。ここまで長引くとは思いませんでしたし、先生も長引くことに関しては、長引く理由があるから長引くのだと指摘する。

ただ、口の多い先生ではないが、ワンポイントで何かはけ口や、医学的な理想睡眠リズムなどを説明してもらえる。


うつに掛かっていると、そういうのも心に溶け込むんですね。


このおかしな心の変調。決してこのままに在りたいとは思わない。でも、焦っちゃだめなんですね?


今日は熟睡感もやる気もある。でも、朝特有の「憂鬱感は」少しある。


リムズで考えれば、薬を服用して2時間くらい、11時ごろからはいつものように軽くなる。


これは、しばらくはそういうものなんだと諦めて計画など組み立てるようにしている。


もし、このブログを見ている方で、憂鬱感が取れない方、絶対に焦って治そうとしてはいけません。

これにつけこむ商法もあります。すがりたくなるんですが、それも気をつけなければなりません。


一番難関である、病院のドアをあけること。それが回復の早道と思ってください。



この毎日現れる不快な憂鬱感。なってみないと判りません。


それが3年もあると、本当に辛い。だけど、この3年で悪くはなっては居ない。

なので、気長に付き合うしかないのですね。あまり付き合いたくないものだけど(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眠れなかった。

2010-10-24 09:22:53 | Weblog
朝4時に目覚め、そのまま。

睡魔が今、襲う。


こんなところも、リズムが悪い証拠ですね。


やはり、いろいろ考えると、仕事をしながらの治療は、休養するよりも遥かに時間掛かるな~と思います。
あたりまえでしょうが。

でも働かなきゃならないという現実は逃げられない。

さぼりたいわけではないが、毎日起きるクレームや変な来客には、少なくとも、要らぬエネルギーを注がないとならない。

結構、そういうことが、朝に現れてします。まだまだ甘っちょろい。


こういうときって、ありえない客が来るんですよね?


昨日も、部屋探しのお婆さん、目は殆ど見えない、耳は難聴、声帯の病気で声がやっと出るという感じ。

1Fしかないのだが、その1Fの空きが無い。断るんだが、なかなか帰らない。

そのうち、電話がなり、その相手の話していると、通話中に口挟んでくる。


一騎に力失せ、丁重に、お帰り頂いた。

約40分断り続けたが・・・その間に電話や来客があり、仕事が溜まる。


そんな、些細なことも、なんで、こーなるの?っと自分を責めてしまう。


悪い波を自分で引き込んでいるんでしょうね。


どうも、来客、セールスが、いただけない人が多い。


それだけでも疲れる。そんなの毎日やってると、だるさが残るものだ。


とっても波が出てきてますね。穏やかだったり、カリカリしたり・・・。これが復調の顕れとしてならば良いのだが・・・
怪しい(汗)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たとえ趣味的なことでも慎重に?

2010-10-23 10:13:15 | Weblog
昨日、医者に行き、珍しく、体調の起伏などの話で診療が長かった。

体重の変動が激しいので、そのことと、水泳をやっていたのですが、それ止めてから、肥ったんでまた始めようということを話したら、「うつ病」と「薬」の関係と、体重の変動の因果関係を詳しく教えてくれました。


増えすぎないで終息した場合はそれはある意味良いことらしい。安定期が来るのでそれを見極めるのも大切。

そして、プールはあまり勧めなかった。余力があったらにしなさいと。


たしかに、後半は仕事に追われ、気分乗らず休みがちになり、止めたのだが、やはり、それが負担になることならば、たとえ、身体に良いことでもムリするなということと捉えました。


長引いていることについては、長引く状態だということは話されましたが、いつまでも薬に頼るわけではないので、これからは減量を考えます。ということ。でもこの減量が非常に、難しいようですね。

ここで失敗すると水の泡になると聞きます。焦ってはいけませんね。




相変わらず、毎日、泣きたくなる様なクレームの数々。


これでおかしくなる仲間もたくさん見ているが、おかしくなって当たり前だよね~~~


収入が安定していれば、また、これらの処理が利益に繫がる、人の役に立つというのであれば良いが、そうじゃないから・・・


トラブルの仲裁に入ったって、殆どは解決するどころかエスカレートする。


電気の球も買うのを惜しむ人がいる。そんなのだった本来出さなくてもよいのに、出さざるを得ない。


損失が多すぎるし、年収だった、恥ずかしい200万円も無い。

そんなのが代表者として会社をやっていて、まともになんか行きませんよね?



まあ、いまはとにかくあがかず、耐えるのみなのだが、今週も、ガス給湯器交換をめぐり、家主と借主でトラブリ、1週間それで台無し。請求はあがってくるし・・・これ・・・誰も払う気なく、交換に至ったので、自腹です。


こんなのばっかだ。気分晴れるわけないねぇ(涙)

トンズラが正解なんですよ。でもその間ずっと間に挟まれる。これが珠ならばいいけど、常だ。


事前了解し、支払いで渋る。そういう家主は今、すこしずつ切り離すようにしている。


借家関係においても、道徳とか慣習とか、そういうものが、まるでなってない。


なんか、考えがひんまがってるよな~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心の不調、無いのが不思議?

2010-10-22 09:04:34 | Weblog
誰もがテンション上がらないことってありますよね?


それが、すぐ回復するか、そうでないか・・・それによって病気か否かと判断の基準になります。


心の不調が概ね、2週間以上続くならば、それは心疾患の可能性があると書かれているのを目にします。


理由はそれぞれでしょう。はっきりした理由が無いかもしれませんが、おかしいな~~~という期間が長引くことで、益々自分を責めてしまい、果ては、まるでダメになっちゃう。


この最初の「テンション下がる」「なんとなく心が不調」・・・これは無い方が不思議。

しかし、正常な状態で考えれば、長く続くのも不思議なんだが、これは陥った人にしかわからない。


やる気が起きない、何か調子が安定しない。まさにいまの自分だが、そういう時は絶対にムリは禁物。

だが、ムリをするな!というのもムリで、この辺が、回復を遅らす事にもなるんでしょう。



ここ2日、定休でした。


しかし、管理駐車場のドブ掃除、水道管の破裂など、仕事が入り、たいしたことではないのだが、それだけで、ブルーになってします。まだまだ調子が戻っていない証だ。


この作業以外のアキ時間は昼寝やスパなどに行くが、疲れが取れない。

ふつうならば、いやな事をやった反面、休養を摂ったのだから、これで復調するはずだが、復調しない。


これが、心疾患の顕れなんです。


悩みはいろいろある、原因もいろいろある。しかし、その決定的原因は無い。


なんとなくの理由や、累積での悩みの蓄積、そういうのが来るものだ。



今日は、病院。昨日以外は、概ね穏やかではいた。


薬の変更はあるかどうかわからないが、今は、先生の言うことを聞く。それが改善の早道なんでしょうね?


毎日、朝はイマイチ。これがかなり改善されたのだが、もうちょい、朝に「疲れ」が残らなきゃ、どんなに快調なことやら・・・



朝の気分は「疲れた~~」。これが何十年も続く。最近は、熟睡感もあるのに・・・。

若い頃、これが無ければ、もう少し、明るい人生送れたかな??なんて思うこともある(爆笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体は動くようにはなっているが・・・

2010-10-19 10:06:48 | Weblog
最悪な3年前に比べれば、物事を処理することができるようになったし、物事に動じることもなくなってきた。

やはり、いつも何か「追われる」プレッシャーがあり、それが慢性化していたのでしょう。

辛かった時、何度も買いますが、切手を貼る、鉛筆を立てるなどの、赤ん坊でみできそうなことすらも出来なかった。


それが物凄い大イベントなんですね。

なので、仕事なんか、まともにデキはしません。それが溜まって行き、ますます、不調になる。


冷静に考えれば、これって、当たり前の現象なんですよね?


一杯になっているところに水注がれる。当然溢れる。

じゃーどうしたらよいか・・・コップの水を抜く。その作業が薬を飲むことであり、そして、心が少し動けるときはその水を少しでもいいから抜く。この作業が治療にあたる。


原因無ければ、ことは発生しない。


長年の直積が来てしまったら、その時に一番最善と思われることで改善を計る。それしかないんですよね。



すごく時間掛かってますが、ようやく、その重さは軽くはなってきているようだ。



気分転換に行った「魂拾い」の公園。


これはこれで、何十年も、なんであの公園が夢に出てくるのか・・・


行ってみても結論は出なかったが、行って、何か一つが片付いたような気がする。その「片付いた」という成就の重ねが満足感に繋がり、やがて達成感となって、順調に判断できるようになって行くんでしょうね。


薬は相変わらず、多く飲んではいますが、今は、これがあるために水が溢れない・・・。そんな気持ちです。


これは性格だから直せないのでしょうが、もうちょい、心にゆとりが持てるようになりたいものですね・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セールスに泣く

2010-10-18 13:51:36 | Weblog
私自身、若い頃、飛び込みセールスをやっていたので、セールスの気持はわかるが、なってないセールスマンが多すぎる。

特に、宗教関係組織の雑貨屋や、電話ライン関連、最近は化粧品。


昼間、休業、夜間問わず、来る。


先日から頭来ているのが、化粧品のセールス2人組みの女。


ドブ掃除していたら私有地に入ってきて化粧品を勧めたり・・・

この女、銀行から出てきたところを待ち伏せされたり・・・


事務所にも、客がいるのに入ってきて邪魔するし・・・




セールスの基本がなってないですね。



セールスの場合、来客中の店舗はタブー、月末、月初の銀行はタブー、18時以降の法人、9時以前の個人宅はNGとか、基本的なタイミングは教わるはずだ。でも、教える側がダメだから、教わる側もダメなんでしょうね。



私なんかは、セールスする際、その店に今後もいけることを考えてのセールスだった。
なので、門前払いで構わない。ただ、最低限のマナーは守る。

100に1くらいは門前払いも後になって客になるもんだ。


ただ、押すだけのセールスの場合、自分で見込をつぶしている。


つぶしちゃダメなんですよね。それを、会社なりの研修で教わったものだ。


これをずーーッと続けていると、反響がやってくる。それが多くなればなるほど、飛び込みしなくて良い。


その積み重ねなのに、いきなり、客を潰すようななってないセールスが多いよね。



先日なんかは、電話中なのに、ボソボソ行っている電話屋がいた。

なので、一度保留にして、出て行ってもらったが、トンチンカンが増えている。


それは、気の毒にセールスマンが悪いのではなく、その会社の体制、教育でしょう。




本当はこんなものに腹を立ててはいけないのだが、かつて、電話の代理店から毎日30本近い電話に悩まされたことがある。


マイラインの時と、光通信の頃だ。




N〇T,日本テ〇コム、K〇DIには直接相談し、アポ禁にしてもらったものだ。

テ〇コムの代理店は対応が悪いのが多かった。


結構ですというと、話も聞かない結構とはなんだ!と女性に怒られたことある。

さすがここに電話入れ、上司に相談したが、1日何回も同じところから電話あって、怒られるのあり?と正すと、お詫びに来られたが、最近のセールスはキレるから怖いね。


なので、こっちもキツく当っちゃうものだ。いかないとわかっていて・・・



今日は午前中だけでセールス5人(うちN〇T関連3社、化粧品、雑貨)、セールス電話7本。

仕事にならない!まあ、毎週月曜日はセールスデーだからしょうがないんだけどね・・・・



その前に、イライラしている自分ももちろん反省はしなきゃいけないけど、なんか礼儀、道徳無視の今のセールスマンには疑問だらけだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魂拾いに行く(笑)

2010-10-15 20:35:33 | Weblog
6歳から30歳まで同じ夢を3つ見たと、以前書きましたが、そのうちの一つ、

はしご車からから自分が風船のようになり飛ばされる公園へ、魂拾いに行きました(爆)


カミさんにはこの夢のことはかねがね話していたんですが、たまたま、家族でその近くに言った時、そこに行けば魂が拾えるよ!とまあ、冗談えすが、その公園に行きます。


まさに、飛ばされ、到着するベンチ。


なんで、この公園なのか、いまだによくわかりません。

この公園で遊んだ記憶がないからです。


でも、この公園です。隣が、今は廃墟となった洋裁の学校。



で、拾えた???わから~~ん(大笑)


まあ、そういうのは行って見て、なんでこの公園が夢に何十年も出てきたんだろう?と普通は考えない、行動に移さないことをやるのも、自分に納得するためにもよいのかも?





今日は病院。


ボチボチ、薬を減らしてゆく話も出てきた。
また、調剤薬局で、隣に居た女性の患者さんは、薬が段々減っているようで、薬剤師からも、デプロメールがなくなりましたね?なんていう声が聞こえた。

そうだよな~~治療に病院行っているんだよな~~


治したいから通院しているんだよな。

それは患者共通の思いなんだ。そうあらためて思った。


2週に1回の通院ですが、再来週が都合悪いので、来週にしてもらいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加