38歳からの百姓志願~実践編。

霊峰・石鎚を仰ぎ、瀬戸内の陽光を望む愛媛県西条市、「有機菜園 藤田家族」無農薬・無化学肥料の野菜と暮らし。

雨空のまま、9月ゆく。

2016年09月30日 | 農と暮らしの日記
彼岸花もそろそろ終わりのようす。
雨に濡れてその色が際立っているが、まさかこれほど雨に濡れ続けながら咲くとは当の彼岸花も予想しなかっただろう。

9月の雨量は新居浜のデータで400mmを超えた。
昨年が160mm、一昨年が100mmちょっとだから、かなり多いどころか飛び抜けている。雨の降らなかった日は手元の記録で9日間。そのうち約半分は前日と翌日の両方で雨が降っており、畑の乾く間がなかったことが裏付けられる。

そんな9月もきょうで終わり。
とうとう雨空のままだった。秋冬の作付あれこれが、考えたくないくらいに滞っている。
ブルー。

意味が違うけど、BGMはこんな感じ。
Almost Blue. Chet Baker



金曜、曇りで午前中に本降り、昼頃から曇り、夜またしとしとと降る。
朝ごはんは、白玉汁、茄子のソテー、鶏とさつま芋の炊いたの。

午前:収穫、荷造り。
昼ごはんは、景気づけに(?)他人丼(市販の豚小間、うちの玉葱、ゆうき生協の今治の玉子)。

午後:伝票書いて市内配達、市役所、買い物など。机仕事。
晩ごはんは、景気づけに(?)南瓜そぼろ煮、鰆の味噌焼き、あこうの刺身。



チェットの演奏はブルーなんだけど、聴き終わる頃には雲が晴れる。
今朝、金木犀が香った。いつもの年より少し早い気がする。

明日から10月。

<本日の野菜セットの例>
じゃが芋・里芋・さつま芋から1~2種、胡瓜、三尺ささげ、オクラ、つるむらさき、モロヘイヤ、空心菜。
セットによってほかに、茄子、ピーマン、甘唐辛子から振り分けで。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どこまでも雨、居住誘導区域。 | トップ | 鱚、カルビ焼き、パリ協定。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農と暮らしの日記」カテゴリの最新記事