桜子の † 智天使工房 † 

カラーセラピストでメタルスミスの私が歩む日々。
みんながハッピーになれるものを作りたい。

天草の旅

2016-08-29 21:46:56 | 日々のこと
8月29日。

前日熊本に着いた頃は小雨模様だったのが段々と強い雨になり、翌朝まで続いたのですが、朝食時分にはすっかり止んでくれました。

爽やかな風が吹く中、宿のある下天草の苓北エリアから海岸沿いに南下して、河浦エリアの崎津教会へ。


30数年前の記憶からすると、ちょっとだけ観光客のための店が増えた以外は、以前と変わらない静謐な佇まいの天主堂がありました。
小さな漁村の中で、今以て信者の方々の礼拝の場として在る事実が、訪れる人の心を捉えるのでしょう。

お昼を食べるためにさらに南下して、牛深ハイヤ大橋の袂まで行きました。
ここはかつて、トシヤが幼い頃に何度か訪れた所です。



午後は船が出れば、五和町でイルカを見る予定でした。

牛深から今度は東回りで北上して、午後2時半くらいに二見港に着。
この辺りにはたくさんのイルカウォッチングの船がありますが、たまたま3時発の船がある業者さんに出会い、すぐに乗船です。

イルカウォッチングはトシヤのために企画したのですが、案の定、本人の反応は今ひとつ
でも嫌がらずに船に乗ったのでヨシ。

低気圧の影響でまだ波が高く、小さなボートには波しぶきがザバザバ掛かります。
トシヤがヒャアヒャア騒ぐ中😵、波かぶりアトラクションを一番喜んだのは私です
30分ほど航行した辺りで、赤ちゃんイルカも連れた100頭ぐらいの群れに会いました。


お天気にも恵まれ、とてもよい旅が出来ましたが、トシヤはどうだったんでしょう?

また次の記事で書いてみます。
コメント

両親は

2016-08-28 15:24:29 | 日々のこと
話せば長いし、状況は日々刻々と変わるため、熊本の両親のことは書かないようにというか、書くのが難しかったのですが、最終的に落ち着く方向が決まりつつあります。

今年の初めから両親共に入院となり、以後夏のはじめには母だけ退院し、実家の大部分を改修しながら父の退院が叶った後は、二人で介護サービスを利用しながら暮らすというプランでした。

ところが、先月辺りから母が低血糖で倒れることがあり、やはり一人で自宅住いは無理という医師の判断もあり、今は再び両親共に入院中です。
父が退院したとしても、ほとんど歩けないので、もうとても二人だけで生活は出来ないでしょう。

今後はケアマネさんとも相談して、二人で入所出来る所を探しています。

高齢者の状況は本当に週単位で変わることを身に沁みて感じています。

今回は二人を見舞い、ケアマネさんにコンタクトを取ることが目的です。

父の透析日は会えませんので、天草へ行った後に見舞います。
コメント (2)

家族で熊本へ

2016-08-28 14:04:44 | 日々のこと
これから来週半ばに掛けて、熊本に帰ります。
今回はトシヤも一緒です。
トシヤには夏休みがありませんので、通所先を休ませて連れていきます。

トシヤに夏休み気分を味わせるために、天草地方をまわります。

ずいぶん前、私が大学生の頃に崎津教会に行って、とても心に残っていたのですが、相方や息子にも一度見せてやりたいと思ったのです。

あいにく変な動きをしている台風10号のせいで、お天気は悪そうですが、猛暑だけは凌げそうなのが救いでしょうか。

トシヤは出かける前に、「おるすばん」とか言って、かなりご機嫌が悪かったけど、なんとか祖父母に笑顔を見せてやりたいものです。

では、行ってきます。
コメント

君が代を歌えます

2016-08-22 20:30:14 | 自閉症のtoshiya
台風9号のせいで予定が狂った人も多かったのでは?

わが家では息子ばかりか相方まで自宅勤務になり、私の開放感あふれる月曜日は儚く消えたのでした。

度重なる低気圧の来襲で私もいまひとつ調子がよろしくないので、午後にちょっと横になろうとおもったのですが、退屈で仕方のない息子が何だか大声でずっと歌っていて、うるさくて眠れません

トシヤは自分で作った歌をよく歌いますが、今日はあれ?と思うことがありました。

なんと君が代を歌っていたのです。

学校時代に式典のたびに聴いてはいたでしょうから、覚えていても不思議ではありませんが、今の今まで歌ってるのを聞いたことはありません。

さては、リオ五輪のメダルラッシュで何度も君が代を聞いたせい?

トシヤが覚える歌は、やはり自分が気に入ったメロディーに限られます。

意味とかイデオロギーは彼にとっては何の基準にもなりませんので悪しからず。

明日もまだお天気不安定と言ってますが、低気圧に負けずに元気を出さねば。

あ~台風のバカぁ
コメント

台風には抗えないというグチ

2016-08-22 10:31:02 | 日々のこと

朝10時半現在、横浜は風雨強し。
近くでは避難準備勧告も出されています。

朝6時の天気予報を見て、今日はトシヤはお休みさせようと決めました。
在来線は動いていましたけど、ちょうど帰りの時間帯に台風が上陸するというし、ガイドボランティアさんのお迎えですので、ものすごく気の毒ですしね。

トシヤは雨に濡れるのは平気ですが、平気過ぎて傘を差さないんです
暑いのでカッパを着たがらないですし。

本人は今日は行く気満々みたいだったので、ちょっと荒れ気味でお水ばかり欲しがります。

土日に引き続いて三連休ですよ(号泣)。
また一日中ご飯の支度です(;´д`)

お天気には抗えないけれど、3つもいっぺんに台風来なくてよくない?

クライミングジムにも行けそうにないので、今日はおとなしく仕事します。
今週はお教室もやりますから準備しなくちゃ。

夏場のシルバークレイは電気炉を使うので灼熱地獄となりますが、広い工房を手に入れるまでの辛抱です。

早いとこ去ってくれぃ!



 

コメント

完全攻略ダイエットシート

2016-08-20 22:26:44 | グルテンフリー

リオ・オリンピックも最終章になりましたが、私にとってのメインイベントは、今日の陸上男子400mリレー決勝でした。

銀メダル、おめでとう(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ

もちろん予選とか準決勝を勝ち抜けてないと始まりませんけど、今回のリレーチームは最強だと思ってましたので、決勝がものすご~く楽しみでした。

あのボルトと一緒に走れるというのも名誉でしょうが、やっぱりやってくれましたよね
わずか40秒足らずで決まる戦いですから、目はTVに釘付け。

ジャマイカは別格だから、アメリカに勝ったというのがほんとにすごい

今日は朝から気分がよかったですわ(*''▽'')

ところで。
私が終生ダイエット道を歩いているというのは前にも書きましたが、本来ダイエットというのはいつで終わりというものではなく、正しい生活習慣、食習慣で元気でスマートな体を維持することで、決して一時的に痩せることではありません。

特別のことをすることなく出来るダイエットとは、身体に必要なものをバランスよく食べていくことだとやっと気づいたのが、昨年の春。
それでも、なかなか以前の知識に縛られて、ちゃんと食べることに抵抗がありました(太ってしまうんじゃないかと怖くて)。

ところが、バテてしまわないように、とにかくバランスよく食事をするように努めるようにしたら、お腹がはち切れそうに食べても太らないのです。
むしろ体脂肪が減ってきている。
自分の体が証明してくれたら、もうやるしかありません。

ただ、一日に食べるべき食材をいちいち覚えておいてチェックするのも大変ですので、自分でチェックシートを作ってしまいました。
簡単ですが、自分なりの品目分けをして、それに属するものを食べたかどうかがひと目でチェック出来ます。
朝、昼で食べてないものを夕食のメニューに取り込むのです。
品目による偏りもチェック出来ます。
アレルギーのある人などは、自分なりの品目分けで応用が出来るかと。

甘いものなど余計に食べてしまっても、正直にレコーディングすることが秘訣かもしれません。

これ、ほんとによい方法かもですよ。
お薦めです

 

 

コメント

オメガ3が摂れるお菓子

2016-08-19 17:25:48 | グルテンフリー

最近は暑さもあって、食事をしてもすぐお腹いっぱいになってしまい、必要な栄養が摂れてない気がします。

頭の老化防止に青魚を毎日食べたいと思っていても、なかなか。

そんな時に見つけたのが、「えごまおこし」。
カルディで見つけました。
28g入りで200円ほど。

荏胡麻種子、ジャガイモ澱粉、砂糖などが原料ですのでグルテンフリーです。

調べてみたら、韓国の伝統菓子だったんですね。
お味は、もちろんエゴマ味ですけど、特有の臭いというか風味がありまして、まさにイワシなどの青魚の脂に似た感じ(ぺリラケトンというそうです)がします。
なので、苦手な人は苦手かも。
甘味が救いでしょうか。

砂糖は摂らなくてもよいものではありますが、青魚やエゴマ油、亜麻仁油など足の早いものからオメガ3脂肪酸を摂るのが面倒な私には、よいおやつです。

どこのカルディでも置いてあるわけじゃないみたいでしたので、私はネットでまとめ買いをしました。

どうせ間食をするならば、栄養があるものを食べたいですね。

コメント

本当の年齢はアソコに出る

2016-08-17 19:55:25 | グルテンフリー

台風通過の影響で、今日も極暑の日でしたね。

今週は月曜日に登りに行き、また金曜日にジムへ行く予定でいます。

実はクライミングジムで、常連さんの女性と話したことで決めたことがあります。
その人は私よりも年上でいらっしゃいますが、とてもお洒落な方です。
ですが、「もう生足を晒せないわー」と言われます。
「セルライトとか皮の弛みとか、もう汚くって」と。

まあね、もう40、50、ましてや60ともなれば、さすがにスポーツウエア(水着とかね)になるとき以外で生足を晒すのは、まず無いことですものね。

もちろん私もショートパンツを履くときは、必ずスパッツやタイツを履きます。
この数年は感触が嫌でストッキングも履いていません。

そこでハタと気が付いたのです。

中高年の女性は、お顔やお腹のたるみは何とか年齢より若くありたいと、懸命にお肌の手入れやダイエットをされているかと思いますが、実は一番年齢が現れるのはだったのです。

若い娘は、たとえポッチャリ脚でもミニスカートを履こうがおかしくありません。
若いなあ、元気だなあと思います。

が、おばさんがやるとイタイ
目のやり場に困る
それが現実。

しかし、たとえ人前に晒さなくても、生足が美しかったら、若々しかったらちょっとご機嫌になりませんかね?
自己満足で十分です。

下半身の筋肉の老化は、上半身の3倍の速さで衰えるといわれています。
40~50歳になったら、意識して下半身の筋トレをしないと不味いのです。
ということは、とっくに知っていましたが、美しさまでは考慮していませんでした。

これからは、自分が納得するように脚のアンチエイジングに励もうと、月曜の夜からさっそくプラチナローラーでマッサージをやっています。

取り敢えず、あと5年励んでみます(・∀・)

コメント

運動では痩せない。ストレスホルモンを減らすだけ

2016-08-14 17:19:09 | スポーツクライミング

3日ほど更新サボってました。

お休みって言っても、勤め人がお休みでも主婦は忙しくなるだけの話です。
息子や同居の相方が休日を満喫している最中、朝昼晩の三度三度のご飯を作る作業に従事しているわけです。

お料理は嫌いじゃないからいいですけど。

先週の中頃の狂気の暑さに比べると、ここ数日は凌ぎやすいです。
とはいえやっぱり暑いから、どうしてもウォーキングは控え気味で運動不足になってしまう。
食べる量は減っても、運動不足になると確実に太るし、第一ストレスが増えます。

ということで、この夏からはちょっと無理をしてでもクライミングをする日を増やすことにしました。
好きなことをやるのが、一番ストレス解消にはよいですから。

ハードに登った翌日は筋肉痛や疲労が確かにあるので、数日かけてリカバリーが必要です。
私の場合3日ほど置くと丁度よいみたいですので、それを目安に息子のお迎えを有料の送迎サービスを使って30分ほど時間を稼ぎます。
綱渡りですけど、自分の好きなことをやるので文句はないです。

夏期限定ですが、自分のストレスと上手に付き合うには柔軟に考えないと。

そうそう、わずか1~2%程度ですが、体脂肪率が落ち始めました。

80歳まで壁を登るBAさまになりたいです。

コメント (2)

倍力板金用カッター

2016-08-10 15:05:54 | ジュエリーメイキング

先週の土曜日にチタンの色上げを経験してから、ずっと自分でも陽極酸化装置を作ってやってみようと考えて、いろいろと物色しています。

チタンに限らずステンレスを加工することなどを考えて、まずは工具を揃えようと思います。
堅い金属板を切断するには、大きな金切狭が必要なので、先生お薦めのテスキーUという倍力で使えるものをヤフオクで調達しました。
なかなかのお値段ですから、考えないとね。

私の小さな手からするとやはりデカいですよね。
重さも530gあります。

講座ではテスキーSだったので、相当の力が要りましたが、確かにこれは半分くらいの力で切れます。

あとはドリル刃とかヤスリとか、ステンレス対応のやつを買えばよいかな。

肝心の電源などは、海外から買うしかないですが、焦らず吟味してからにします。

工具はともかく、もっと広くて使い勝手の良い作業室が欲しいです。

なんとかならないかなぁ〜〜

コメント

アラートが鳴っておる

2016-08-09 15:40:22 | 自閉症のtoshiya

なんて暑いんでしょうか
山梨では39度越えしたところがあるとか
さっき2階に行ってみたら、36度でした
危険です。

実は昨夜遅く(たぶん深夜1時とか)に、トシヤがいきなり激しい自傷を始めてしまって、小一時間眠れなかったので、この暑さが堪えます。
本人も台風とか暑さなどが相まっての自傷だったのかもしれませんけど、深夜に大きな奇声を上げて自傷をされると、ご近所にも気を遣うしほんとにストレスです。



いつの頃からか、今日の最高気温が35℃と言われてもさほど驚かなくなったけれど、異常ですよ。
とはいえ、お天気に文句言ってても何にもなりゃしません。

どうにか危険を回避して、この年の狂った夏をやり過ごさねば。

わが家では、連日タイ料理などの暑い国のちょい辛のお料理を作っています。
カレーもいいのですけど、うちは息子がカレーが苦手なのでそんなに作れません。

パクチー(コリアンダー)があると、なんでもタイ風になりますね(笑)。
ミョウガや大葉、生姜なども夏には大活躍です。
こういうハーブなどの薬味の爽やかさを利用して、食欲が落ちないようにしています。

食事と運動(クライミング)で、ストレスも夏バテも回避したいと目論んでいますが・・・マジで暑いですよね、やっぱり。


 

コメント

着けるとこんな感じに*fuchsia earrings

2016-08-09 15:25:11 | ジュエリーメイキング

昨日の記事に上げましたフクシアのピアスですが、友人から着装写真も見たいというリクエストをもらいましたので、追加で画像をアップします。

今日一日着けて外出していましたが、邪魔にもならず、取れやすいこともなく、いい感じでした

これからも、見て楽しく、美しく、機能性もよいears jewelryを作りますね。

コメント

Fuchsiaのピアス完成版

2016-08-08 11:31:10 | ジュエリーメイキング


7月13日にフクシアのピアスの未完成版をアップしましたが、金メッキとロジウムメッキをしてもらって、やっと完成です。

画像加工はしてますが、メッキ前は地味です。⇩


ロジウムも掛けて中央の雄しべ部分のみに金メッキをしたので、おそらくマスキングなどの手間が掛かってるんでしょう。
加工代は高かったです

これもまた勉強です。

スターリングシルバーなので少し重みがありますが、元気な女子なら平気でしょう(笑)
コメント

夏期講座でチタンの発色技法を学ぶ3

2016-08-07 17:27:17 | ジュエリーメイキング

さて、手ごわいチタンの板をデッカイ板金鋏でオリャ~!と切って、ゴリゴリやすって、ガンガン金床で叩いて自分の作りたいジュエリーの形に仕立て、スコッチブライトで磨き、エッチング液(フッ化アンモニウム液)に漬けて、最後に陽極酸化をします。

ジュエリー職人はガテン系です。間違いなく。

ジュエリーにしてもしなくてもよかったのですが、私は2つ作りました。

今回はジュエリー制作が目的ではない講座なので、ほとんど工具は持っていきませんでしたので、なんとか間に合わせの工具で形を作っていくしかありません。

まず、ヤットコで捻っただけのイアリング。

   
筆で触媒液を撫でつけるやり方で色を上げました。

たまたまピアス金具もジャンプリングもチタン製のを持っているので、オールチタンのピアスになりました。

残り1時間くらいになったので、エィっ!と作ったリング。
          
地金を丸める鉄芯棒すらなく、矢坊主を使ってなんとかリングの形に出来ました
チタンはロウ付け出来ないので、フリーサイズリングしか作れません。

それでも裏と表に違う色の模様が出るので、楽しいし綺麗です。

短い時間だったので、まだやり足りませんでしたが、すごく面白かった。

自分でもぜひやってみたいので、画策中です。

コメント

夏期講座でチタンの発色技法を学ぶ2

2016-08-07 16:18:20 | ジュエリーメイキング

昨日のチタン発色技法講座では、陽極酸化用の装置の知識や、チタンの扱い方を主に習ってきました。

チタンに色を入れるとは、表面に酸化被膜を生成することです。
講座では、陽極酸化装置でチタンに電気を流す方法を教えていただきました。

      
これが装置です。アメリカ製で0~120Vの電圧をかけられます。
マイナス極が入った溶液には触媒が入っています。
電圧を変えることで色の出方が変化します。

いわゆる虹色になるのですが、少しの電圧の差で色は瞬く間に変化します。

私も何度かやりましたが、なかなか思うような色合いに出会えなくて、回数を重ねて練習したいなと思いました。

チタンは日本では主に工業用製品として板や線が売られているだけで、ジュエリー材として売ってあることは稀です。
金属アレルギーが出にくいことで、パーツなどの副資材として製品になったものはどこでも手に入るのですが。

というのも、非常に堅牢な金属で、人力での加工がなかなか難しいのです。
通常、金属は焼きなますと柔らかくなる性質を利用して加工していくのだけど、チタンは焼くと、万一破損したときにガラスのような割れ方をして危険なのだとか。

たしかにあまりに堅すぎて、糸鋸の刃もツルツルになるし、紙やすりの目も消えます。
単純な形のジュエリーに仕立てるのにも、非常に苦労しました。

苦労して作った作品は、次の記事にアップします

コメント