桜子の † 智天使工房 † 

カラーセラピストでメタルスミスの私が歩む日々。
みんながハッピーになれるものを作りたい。

グルテンとアレルギー

2016-03-23 10:02:12 | グルテンフリー
気になったことは何でも試してみないと気が済まない性分です。

昨年の5月からだから約10ヶ月、グルテン抜き、つまり小麦粉を極力避けた食生活をしてきました。

一般の加工食品はほとんど食べるものが見つからないけれど、探せばあるものです。

これはひとえに、私のアレルギー体質を改善したいが為でした。
花粉症歴35年、あの全身が辛くてたまらなくなる3~4ヶ月が勿体なくて。
すぐに蕁麻疹が出るし、ヘアカラーも痒くてたまりません。

今年はスギ花粉の量がかなり多いと予報されてましたので、試すにはグッドタイミングです。

念のため弱い抗アレルギー薬は飲んでますが、鼻水とかくしゃみは余程風の強い日以外はまったく出てません。

いつもなら薬を飲んでいてもグジュグジュになる時期が必ずあったんです。

ただ今年に限って、眼が痒くて瞼が腫れるようになったのが変わったところです。

手のひらや指に出ていた蕁麻疹は出ませんし、ヘアカラーにも反応しなくなりました。

厳密にグルテンフリーなわけじゃないですが、効果の実感はあります。
コメント

「銀河」2 惑星リング

2016-03-22 13:15:09 | ジュエリーメイキング


バングルに繋がったリングは、土星をイメージした惑星リングです。

すべて銀粘土です。
PMC flexを究極まで薄く伸ばし、円形カッターで切り抜いて焼成した後、環を組み立てました。
球体も粘土で、中空です。

イメージを実作するには、試行錯誤するのが当たり前と分かっていますが、本当にやってみなくちゃ分からないことばかりです。
とても勉強になりました。
コメント

なす術がない

2016-03-21 21:24:47 | 自閉症のtoshiya

桜の花が咲くのは心躍ることだけれど、うちの息子のような子供がいる家庭は大変な季節だ。

天気がくるくると変わりやすいことに伴っての不安定は、生まれてからずっとのことだから、それほど気にはしない(ことにしている)。

この数日、息子の自傷が止まらない。

起きている間は、それこそずっとずっと自分の顔を殴り続けている。

激しい殴打の音は、ほんとうに恐ろしいものだ。

止めさせたくても、本人の意識は違うところにあるらしく、不可能だ。

顔は全体が赤黒く腫れ上がって、目は三角になっている。

最近は、言動が変だと感じることもあって、かなり心配している。

たまに一晩中眠れない日もあったりするが、普通は暇さえあればベッドに入っているから、自傷をしないのは寝ている間だけ。

このまま様子を見ればよいのか、何かアクションを起こした方がよいのか、悩んでいるけれど、アクションを起こすにもどうしたらよいのか、なす術がない。

息子が何に怒っているのか、イラついているのか、不満なのか、寂しいのか、悲しいのか、まるでわからない。

なぜ、息子がこんなに辛い状態で生きていかねばならないのか、

どなたかわかる人がいたら教えてください。

コメント

ジュエリーのタイトルは「銀河」1

2016-03-20 12:40:15 | ジュエリーメイキング
出品した作品の詳細です。

まずバングル。
通常なら絶対地金で作るだろうものを、銀粘土で作りました。
実用品ではないから、強度は度外視。
一度は自分でバングルを作っておくべきとも思ったし。


惑星リングとバングルを繋ぐチェーンをネックレスにして、ガラスで作ったカボションとバングルを磁石で着脱可能にしています。
結論として、銀粘土でバングルを作るのは難しいです。
均一の厚みにすること、乾燥体に加工する際の破損のリスクなど、いろいろありました。

衛星を本物の隕石ビーズをワイヤーに通して表現してますが、隕石は鉄なので磁石に勝手に付いてしまうのが計算外でした
コメント

AJCクリエーターズコレクション@東京都美術館

2016-03-20 12:06:03 | ジュエリーメイキング


23日~27日にかけて、東京都美術館にて開催されるAJCクリエーターズコレクションに出品するため、先ほど上野に行ってきました。

昨日みたいな雨でなく、暖かく晴れた日でラッキーでした。

2013年にも出していますが、出品にかなりお金が掛かることもあって(^^;;、しばらく離れておりました。

昨年から本格的に銀粘土を教え始めたこともあり、創作の幅を広げる意味もあって再度挑戦です。

コスチュームジュエリーといえば、ビーズ作品が中心ですが、今回は敢えて銀粘土と彫金のみで作りました。

半年前から取り組んでましたが、失敗も数え切れず、その都度勉強になりました。

銀粘土とSV925のロウ付けの難しさとか、身に染みました。

ずっとモチーフにしてる宇宙がテーマです。
着装画像はこんな感じ。


バングルとリングとネックレスのセットです。
ディテールはまた後で。
コメント

泣いてはいけなかった

2016-03-17 14:58:24 | 日々のこと
気温の乱高下に翻弄される息子。

先月髪をカットしたら、コメカミの上辺りにハゲがありました。
精神的ストレスを抱えやすい息子には、季節の変わり目はかなりの負担のようです。

精神のバランスを取るために、息子は怒ったり自分を痛めつけたり、或いは私とかにむかってきたりするわけです。

どれもやらないに越したことはない。
やって欲しくはない。
ですが、心の中で羨ましいと感じる自分がいます。

私は幼児期から小学生くらいまで、あまり感情を出せない子供でした。
特に悲しさとか怒りを出せませんでした。
泣くと、親に泣くんじゃない!と怒られていたし、常に親は厳しかったから。

年の離れた弟がいたせいか、いつもお姉ちゃんとしてあらゆることを我慢させられていた反動か、弟とは激しい兄弟げんかを繰り返してました。
もちろん、今は関係は良好です。

自分のダークサイドな部分を感じる時、いつもこうやって親子関係の記憶を紐解いてしまいます。

もっと自分の感情を解放出来たら、違った人生を歩けるんじゃないか。

もっと息子にも適切なことがしてやれるんじゃないか。

そう思います。
コメント

障がいのある人の疲労ケア

2016-03-04 11:43:14 | 自閉症のtoshiya
東京マラソンから5日経っても、疲れが残っている感じの息子。

家にいる時は、食事と入浴時以外はベッドで寝ています。
通所先でもウトウトしてる時間があるようです。

毎週何キロかは走っているので、普通の人よりは回復が早いのでは?と、つい思ってしまいますが、彼らは身体の疲れだけでなく精神的な疲労が強いのかもしれません。

実はこのところ、毎朝電車に乗り込む前後にオェっとなって、ほんとに嘔吐したこともあります。

今までの28年を振り返ってみても、トシヤが嘔吐するのは、食べ過ぎた時以外は、緊張感や不安感が続く時が多かったように思います。

乗ってる電車は混雑のピークは過ぎていますが、そこそこ混んでいますから、やはり不安と緊張は常にあるでしょう。

ていうか、これは連れてる私たちにも不安と恐怖ですからね💦
なんとか対策を考えましたYO!

まず朝食は軽めに、それと、生姜湯を飲ませる。
あとは、半夏厚朴湯を飲ませてみる。

年齢に応じて悩みも次々に変わります。

今日のオマケ↓

東京マラソンの事前受付のとき、有森裕子さんにお会いしました。
有森さんは、スペシャルオリンピック日本の理事長をなさっています。
コメント