桜子の † 智天使工房 † 

カラーセラピストでメタルスミスの私が歩む日々。
みんながハッピーになれるものを作りたい。

インドアでも極寒との闘い

2018-01-26 17:59:33 | スポーツクライミング

今季最強寒波襲来!が何度更新されたことか。

寒さに慣れてない身にはいろいろ恐怖です。

実は去年の11月ごろから、この冬は絶対寒くなって雪も何度か降るに違いないと思ってました。

いつもなら2月の終わりごろから手荒れがひどくなって赤切れが出来るのに、早くから指先が切れていたからです。

やっぱりなあ~。

でも、寒いくらいじゃ登らない理由にはなりませんから、この前の大雪の日も登りました。

さすがに2時過ぎくらいには薄っすら積もってきたので、早めに引き上げましたが。

インドアウォールとはいえ、吹き抜けでガラス張りのジムの寒さは厳しい

手がかじかんで、リードのクリップがなかなか出来ないくらいです。

でも私たちくらいの年齢になると、登らないでいる時間が長くなるほど、習得したはずの動きや筋肉の使い方があっという間に出来なくなるのです。

寒さのせいか、腰に負担が掛かって痛むようになりましたので、週末に整体へ行ってきます。

腰痛以外は体調がよいですよ。

 

コメント

クライミングダイアリー

2018-01-12 16:41:23 | スポーツクライミング
最高気温7℃
最強寒波がやってきてます。

寒い❗️
でも、行けるときにはジムに行くと決めてるので今日も登ってきました。
ずっと出来なかったリードをみっちり出来たし、行って正解でした。

最近は可能な限り週に2回登っているので、登らないと身体の調子がイマイチになっています。

1年前からクライミングの記録をメモに残していますが、これが予想以上に役に立っています。
どの壁のどの課題を登ってどうだったかだけを記録しているだけですが、自分の力の進捗具合が分かります。
ルート壁は割合長く貼り替えがないので、そういう意味では有効です。

今年は気温や体調なども加えてみてます。

クライミングというスポーツは、本当に薄紙を重ねるようにしか上達しないというのが、年齢がいってから始めた者の実感です。
コンマ数ミリでも進歩が感じられたら楽しいので、ダイアリーは必要かなと思ってます。
コメント

ショートにチェンジ♪

2018-01-04 22:07:28 | グルテンフリー

ひっさしぶり~に髪をショートカットにしました。

年末の美容院は混むので、私はいつも年明けすぐに行くようにしております。

そうすると、やっぱり「今年も気合いれるぞ~」という気分でイメチェンしたくなるんですよね。

ここ数年ずっとショートボブだったので、マイナーチェンジ程度だけれども、少年ぽくなりました。

ショートは手入れは楽だけれど、気を抜くとおブスになるので気が引き締まります。

それに絶対太るわけにはいかないし~乂(´Д`;)

敢えて退路を断ってみましたw

持論ですけど、ファッションとかメイクとか肌の綺麗さも然ることながら、それ以上に素敵度(アンチエイジング的に)を測る基準は髪だと思ってます。

当然髪の毛も老化していきますけど、手入れとかスタイルに気を配っている人はそれなりに若いし素敵。

だから技術の高い美容師さんに出会えている人は幸運です。

さ、明日からも頑張りますか

 

 

 

 

コメント

強くなるために今年も地味に続けます:登り初め

2018-01-02 15:30:21 | スポーツクライミング

松の内も明日まで。
2018年がはじまりました。

今年もぼちぼちの更新になりますが、よろしくご訪問お願い致します。

元日も今日も横浜地区は晴天で、気持ちの良いお正月を迎えることが出来ました。

12月25日が最後のクライミングだったので、本日2日に登り初めしました。

まだ松の内だから混んでるのは分かっていたけれど、1週間以上あけたくなかったのです。

週一度のジム通いでも何とかなったのは、一昨年まで。

55歳を超えると、週一だけの登りではなかなか強くなれない事実を受け入れざるを得なくなりました。

誰だって始めたからには強くなりたいはずですが、私も例外じゃありません。

体感的に、登る日を一週間空けてしまうと登る感覚が戻るのに時間が掛かります。

ということで、無い時間をさらにやり繰りして、なんとか週に2回のジム通いをしています。

クライミングの今年の目標は、基礎体力や体幹、持久力、保持力をつけるトレーニングをしつつ、自分の限界グレードをひとつでも上げること。

私の食事法による人体改造も、ほぼクライミングをやり続けるためと言ってもよいです。

続ける技術は、自分にしか分からない進歩に喜びを感じることです。

 

 

 

 


コメント