桜子の † 智天使工房 † 

カラーセラピストでメタルスミスの私が歩む日々。
みんながハッピーになれるものを作りたい。

作業所実習

2006-07-31 14:12:44 | 自閉症のtoshiya

高校卒業年のtoshiyaは、少しずつ地元の作業所での実習(体験)をやらねばならない。

春から私も見学などをさせていただいてた作業所のひとつに、夏休みを利用しての実習をお願いすることになり、今日がその初日だ。

6月の初めに、一応本人も半日見学に行っているので、そんなに戸惑うことはないだろう・・・なんて考えは甘かった!

地下鉄に10分ほど乗り、駅から徒歩で20分のところにあるので、運動不足解消のためにも歩いて通勤すると決めていたのだけど、前に見学した日は大雨でタクシーを使ったので、実質初めて行くのと変わらない。

駅から歩き始めたとたん、落ち着きを失くして繋いでた私の手を捻ったり引っ掻いたり、大声を上げて怒り始めた。

歩く道は幸い畑の中を突っ切っているようなとこなので、大声を出して暴れても迷惑にはならないだろうけど、逆に信号がない道路なので通る車はバンバンスピードを出して走っている上に歩道も無い。

興奮して走り出したり、私が突き飛ばされたら命が危ない。

 

どんなに年齢を重ねても、見通しの立たないことや初めての場所には大きな不安を抱える自閉症の特徴を思い知る。

「一回行ってるとこだよ。もうすぐ着くから」と、私も青息吐息だ。

作業所の建物が見えはじめてやっと落ち着きを取り戻し、到着したらまるで別人のようにさっさと中へ入ってちょこんと椅子に座る。

あぁ~~~疲れた。

10時前に連れて行き、午後3時半に迎えに行く。

職員さんが記入してくれた日誌には、「午前中は落ち着きがなかったが、作業を始めると集中していました」と書いてあった。

帰りはケロッと平気な顔で歩いてくれた。

これが1週間続くのだと、toshiyaは判ってるかどうかは不明だけど、たぶん明日は大丈夫かな~~?(希望)

 

トイザらス・オンラインショッピング

 

コメント (2)

わが心に聞く

2006-07-29 17:16:01 | カラーセラピー
ひょんなことから私にブレスの注文をされた方ですが、
またもや、ものの見事にご自分の大きな運気の変わり目で来られました。

来月にお誕生日を迎えられるのですが、ここでちょうどピークが変わります。
思えば9年に一回のことですので、すごい確率ですね!

しかもパーソナルイヤーが9→1へと変わります。
これも9年に一回ですよ(@_@;)

ご自分では無意識に私に依頼されたのでしょうが、ちゃんと心の声を聞かれたのでしょうね。

さて、ブレスのデザインですが
ライフパスが3、ピーク数が6、サポートが1ということですので、
ルチルクオーツ、アラゴナイト、ラピスラズリ、カーネリアンを選びました。
それと今回も白系の石ではなく、透明水晶(クリアクオーツ)を間に入れてみましたが、とってもクールなイメージに仕上がりました。

可愛いというよりカッコいい。

チャームは3のシンボルで「三日月」です。



エクスボーテ(マードゥレクス)
コメント (1)

自傷

2006-07-27 22:13:44 | 自閉症のtoshiya
夕べ、入浴介助中に激しい闘いになった。

いつも通りの手順で入らなかったことで不安定になり、暴れ始めたからだ。

私はやられっ放しにはならない主義だから、手を捻りあげられたら頬っぺたのひとつやふたつ叩き返す。

散々やりあってヘトヘトになった。

息子は私に対する罪の意識なのか、自分の頭を拳骨で何度も何度も叩き始めた。
頭皮が赤く腫れ上がるほど殴り続ける。
半狂乱になって叩く。

かつてはこの暴力が私へ向っていたのだけど、自分がやられるより、息子の自傷行為を見るほうが心が傷つくとつくづく思った。

思えば、この半年くらいは他害より自傷が増えているように思う。

普通に大人しく座っているかと思うと、バチンバチン、ゴツンゴツンという音が聞こえてくる。

他人に手を出さなければ、人に迷惑を掛けることがないので気持ちは楽だが、自傷は涙が出るくらい親を悲しくさせる。

自分を痛めつけることが彼にはどういう意味があるのだろう?

私も少しやり方を見直さねばならないのかな。




通気性、耐久性、温度依存性に優れた≪低反発枕 エアロフローピロー≫
コメント (2)

頑張ってます

2006-07-26 18:57:46 | 自閉症のtoshiya
この夏はtoshiyaのことでいろいろと用事が多い。
地元の作業所での実習やら、てんかんの診察やら、障害者手帳の書き換えやらと予定がぴっちり詰まっている。

まあ、本人が家だけで退屈しないからいいのかもしれないけど、時には余計なストレスを掛けてしまう用事も多いので、toshiyaも頑張らなくちゃならない。

今日は午後から愛の手帳(障害者手帳)の書き換えに、障害者更生相談所へ行った。
18歳までは児童相談所へ行くのだけど、もう過ぎてしまったので別の管轄になるらしい。

久しぶりの真夏の日差しの中、駅から10分ほどのリハセンターへ歩く。
私の手を固く握ってセカセカと早足で歩くので、私は小走りに引きずられるように歩かねばならない。

いつものように、toshiyaだけ別室で臨床心理士と知能テストのようなことを施される。
私はすぐ外の廊下で、調査票に生育歴などを書き込みながら待つ。

心理士さんの質問に答える(オウム返し?)声が聞こえていたのだけど、30分ぐらい経つと段々雲行きが怪しくなって、イラついた大声が出るようになった。

机をガタガタする音や自分の頭を叩く自傷の音も聞こえてきた。

驚くことじゃないけれど、帰りの道中のことを考えると気が重い母だ。

「終わりましたのでお入りください」と呼ばれた。

toshiyaは興奮が抑えきれずに、まだ頭をバンバン叩いたり不機嫌に唸ったりしていたが、「だんだん問題が難しくなって判らなくなるとイライラしてきたようですが、頑張って答えてくれました。手先も器用ですね」と言われた。

そりゃそうだろうね。
いきなり知らないところで知らない人に、いろいろ難しいこと言われちゃったんだしね。

でも、先生たちに飛び掛らずに自分の頭を叩くだけに抑えたことは偉いよ。

帰りに暴れて多少私が怪我することも仕方ないかなーと覚悟していたのだけど、駅までつらつら歩いているうちに平静になってくれた。

ドトールでメロンパンを買う余裕すら(笑)。

1年で大人になったなあと思う。


******************
反動か?

夕食後に暴れています。
お家が壊れなきゃいいが。


トイザらス・オンラインショッピング
コメント (3)

ローズクオーツの薔薇ブレス

2006-07-24 13:35:42 | カラーセラピー

お仕事に燃えている女性からのご注文です。
また、人間関係の問題でも「強くなりたい」と望んでおられるそうです。

 

ライフパスが8、ピーク数3、陰陽で選んだ7という組み合わせなので、ロードナイト、ルチルクオーツ、アメシストをセレクト。

今までのブレスではやったことがないのですけど(基本はホワイトジェイドなどの白い石)、8のピンクと彼女が上げたい運気から、ベースをローズクオーツにしてみました。

ただごく淡いピンクのローズクオーツなので、他の石とも馴染んでくれました。

センターに薔薇のメタルビーズを入れています。

可愛い大人の女のブレスです(´ー`*)。・:*:・

 



せっけんで落とせるお肌にやさしい日焼け止め≪サンプロテクトCE≫

コメント (3)

夏休みスタート(ーー;)

2006-07-22 00:08:28 | 自閉症のtoshiya
今年もやってきました夏休み・・・。

子ども本人にはヒャッホー♪なんでしょうけど、親にとってはヤレヤレな40日間。

特にうちのような障碍のある子は、年齢が上がるに従って心身の負担は増すばかり。
sakuraは毎年同じ愚痴を言ってる!と思う方もいるでしょうが、これはきっと他の親御さんも同じはず。

経済的、人的に余裕のある家庭であれば、まだまだ救われる道はあるけれど、必ずしもそういう恵まれた家庭ばかりじゃないですからね。

とはいっても、こぼしてばっかりじゃストレスは溜まるばかり。

今年は幸いにtoshiyaが大好きな水泳をさせられる環境が出来たので、少なくとも週に1回はプールへ行って、ガンガン泳がせようと思います。

私は私でtoshiyaが居ながらも、可能な限りお仕事はこなそうと思ってます。

どんどん注文ください(爆)。



洗った後、お肌しっとり≪マルセイユ石けん ビッグバー2.5kg≫
コメント

ところで実生活変化はあったのか?

2006-07-20 23:58:08 | 癒し

先日書いた、シンフィールドの宇宙一妖しい香りのオイルを使い始めて早10日が経ったわけですが・・・。

確かに自分が嗅ぎたい匂いなので、日に何度も付け直しています。

濃縮された香りとはいえ、天然物なので自然と消えていくからです。

 

実生活に何か変わったことがあったか?と考えてみると、

最近どうも自分自身を悦ばせることをたくさんやっているような。

たとえば気に入ったものを躊躇わずに買うとか(お金と感情を切り離している!)、自分をもっと構いたいと思ったりとか。

もともとそういう質ではありましたが、そういう行動を取った後にすごくウキウキと嬉しい状態が長く続くのです。

そうだな。胸の辺りにいつもピンクの薔薇でも咲いているような(^ー^* )、そんな感じです。

まだ10日ですしね。

これからもっと自己観察を続けてみます。

 

 

 リラックマ なりきりきぐるみ

コメント

アメシストクラスター

2006-07-19 20:24:49 | 癒し

 ずっと欲しかったものを手に入れました。

今とってもワクワクしています

自分の作品を浄化、チャージするために、今まで小さな水晶(アメシスト・ルチルなど)のクラスターを使っていましたが、やっぱり大きなクラスターに憧れていました。

もちろん、そういう石を専門で売っている店も知っているし、今時はネットで簡単に手に入れることが出来ます。

でもでも・・・

大事な石との出会いはやはりご縁なので、その時が来るのを待っていました。

 

昨日、待ってた石がやってきました。

ロータスパレットの代表である吉田まり子さんはクリスタルワークもされるので、ずいぶん前からクラスターのことをお話してあったのです。

ブラジル産の3つのクラスターがあったのですが、私は迷わずアメシストを選びました。

100mm×100mmで重さ730g。りっぱなクラスターです。

余談ですが、アメジストではなくアメシスト(Amethyst)と発音するのが正しいのです。

ギリシャ神話にアメシストの伝説がありますが、アメシストとは酒の神バッカスが家来バッケーに襲わせようとした、月の女神アルテミスのニンフの名前です。

アルテミスがアメシストを透き通った石に変えて救い出しました。
これが水晶の始まりといいます。

罪を悔いたバッカスが自分のぶどう酒を水晶になった彼女に手向けると、水晶はみるみる葡萄色に染まりました。

 

ちなみに、アメシストは直感力を高めるといわれ、芸術家やヒーラーに力を与えるといわれています。

これで、私の作ったアクセサリーたちにもさらなるパワーを与えることが出来そうです。

 

こだわり商品研究所

 

コメント

アクセサリー講座・第4回目

2006-07-18 23:39:56 | カラーセラピー

本日は雨の中、ご参加下さった皆様、ほんとうにありがとうございました☆。

今回は定番の今の私のセレクションで作るブレスレットでした。

やっぱりそれぞれの個性が顕著に出るもので、とても興味深いし面白かったですね。

たまたま大きな水晶クラスター(群晶)を用意できましたので、皆様の作品を浄化を兼ねて置いてみました。

 

さて、次回は8月24日に開きます。

数秘によるふわふわピンブローチを作りますので、ふるってご参加くださいね

 

 お申し込みはロータスパレットまで。

 

ビスコスクエア オンラインショップ

 

コメント

ハートのシャラシャラリング

2006-07-16 01:34:42 | カラーセラピー
これまではブレスを中心にしたセラピーアクセを作ってきましたが、
ストラップやネックレス、ブローチと他のアイテムも増やしています。

今回は、ありそうでなかった(笑)指輪(リング)を初めて作ってみました。
小さなアイテムですが、それゆえに作業が細かく時間も掛かります。
ハートの枠に1mmくらいのスワロを埋め込むっちゅー作業はもう・・(爆


いろいろと加工が可能な空枠リングを見つけたので、 セラピー色3つの大小の石をじゃらじゃらと付けてみました。

画像は1-2-5と7-8-5のバージョン。
それぞれ「カーネリアン、アベンチュリン、アクアオーラ」、「アメシスト、チェリークオーツ、カルセドニー」を使用。
スワロフスキーも使っています。
サイズは10号からのフリーサイズ。

色の取り合わせで印象が変わるはずですが、とっても可愛い出来だと思います




天然のバラのフレグランス≪ピンクティアラ≫
コメント

夏のイベント

2006-07-14 22:40:11 | 自閉症のtoshiya
7月13日~16日までの4日間、息子の学校では「わかば生き生きフェア2006夏」というイベントを、群馬の大間々にある「さくらもーる」ショッピングセンターでやっている。

toshiyaは家政コースなので、今年は絞り染めの輪ゴムつけの実演をやっていました。


今日は私も早朝から群馬入りし、寮の厨房で久しぶりにパン作りに参加した。
今までの2年間は、お母さん仲間のパン作りの先生が手取り足取り教えてくれていたのだけど、今年からは弟子の私たちだけで作ることになった。

一抹の不安もあったのだけど、今後のバザーなどでもパンやケーキの出品は欠かすことの出来ないアイテムなのだ。
なんとか今まで学んだ範囲でやらなくちゃならない。

で、まず作ったのが難易度の高い「カレーパン」(^_^;)
「練習だからね」とか言いつつも、60個作ったのだけれど、気温も高かったせいか醗酵が非常に早く進んで手早く出来てしまった。
油で揚げててパンクしたのもわずかに1個!というすばらしさ。

味も食感も上々で一安心でした。

もう少し参加して下さるお母様が増えれば楽なんですけどね。

ということで、生き生きフェアで現場に出てる先生や子どもたちに出来立てのカレーパンを差し入れしました。

前橋周辺の皆様、どうぞ若葉の生徒たちの作った花の苗や野菜、クッキーや染織工芸品を見に足を運んでやって下さいまし。





通気性、耐久性、温度依存性に優れた≪低反発枕 エアロフローピロー≫
コメント

言葉責め占い(爆

2006-07-12 22:33:22 | 日々のこと

トレンドランキングにこういうサイトがあったので、流されるままにやってみました。

意味わかんないですけど(笑)。

 

【結果】

sakuraさんは、 状況説明好き タイプです。

状況説明好きタイプのあなたは、みんなとわいわいするのが大好きです。場を盛り上げるのが得意で、友達もたくさんいます。何も考えていないと勘違いされることもありますが、心の中では緻密な計算が働いています。

ブランド物が好きで、持っている物を褒められる事に無上の喜びを感じます。過去や未来よりも「今」を大切にします。

恋愛について:付き合う相手は人から羨ましがられるようなタイプの人が多いです。好きになると自分から積極的にアプローチしていきますが、気持ちが冷めるとさっさと振ってしまいます。熱しやすく冷めやすいタイプです。

恋人がいない期間は比較的短いです。

 sakuraさんの好きな言葉責めは: お、おいひいです・・。

言われてみれば、そうかな~^^;

 

トイザらス・オンラインショッピング

 

 

 

コメント (5)

自分自身が花になる

2006-07-10 19:02:07 | 癒し
シンフィールドから「妖しい香油」が届きました。

おもむろに瓶の蓋を開けてクンクン。
濃縮されたフローラルの香り。

濃い香りです、ホント。

手首の内側に一滴落としてみる。
甘い香りがずーっとカラダに絡みついている。

使っているうちに香油も熟成したり、自分自身の匂いと相まって馴染んでいくらしい。

わたしが直感で選んだのは、ターコイス色のラベルの0006。
特別の商品説明はないのだけど、唯一の情報は「自己に潜む第一の毒」に関連していることだけ。
第一の毒とは、「変化への恐怖」のこと。

これはウロボロスの思想がもとになっているらしく、ここのサイトには

『つまり、あなたご自身の「マテリア・プリマ」は ”混沌状態の元素であると同時に”万物をすでに生み出しているがゆえ、すべてを既に「自己の内側」に含んでいるのです。
わかりやすく例えれば、「自己肯定性」=「あなたにしかない個性」
宇宙で誰一人、同じ人が存在しないという【厳然たる真実】=【あなた自身の存在価値】です』
という解説がしてある。

やっぱり一番今の自分にふさわしいものを選んでいるような気がする。

しばらく、自分自身が香りを発する花になったような気分に浸ってみます。






UVカット プロテクト
コメント

宇宙一怪しい香り

2006-07-08 12:04:12 | 癒し
面白い香油を売っている会社を見つけた。

その名も「Light After Darkness-闇の後に光あり」という香油を作って売っている。

シンフィールドという会社だけど、一度サイトを見てもきっとよくわからん!のではないかと思うくらい妖しい、いや怪しい(笑)。
でも、もともと魔女系のわたしはグイグイと惹かれるものがある。

この会社のコンセプトは、ここの香油を使ってもらうことで

●生活に変化を現わすこと。
●女性として生きることに喜びを感じる日が、少しづつでも増えていくこと。
●毎日、朝起きるのが楽しくなったり、気分の良い日が多くなったりすること。
●周りの人間関係やご自身の物事の捉え方に変化を起こすこと。

だと、謳っている。
女性性に自信を持ち、喜びをもてるようになるなんて、すごく惹かれるじゃありませんか?

中でも興味深かったのが「実生活変化保障制度」があるということ。
つまり、この香油を使って実生活に変化が見られなかったら、2度だけに限り返金保障すると言ってる自信。

奇しくも、私は昨年の誕生日からピーク数が2に変わったばかり。
2の特性は「女性性・受容・繊細・協調性」など。

これはもうご縁というしかないですね(笑)。

ということで、1本だけお買い上げ☆
どれを買ったのかは、またモノが来てから発表します。

私はアロマテラピーの精油も30本以上は常備しているし、良い香りは大好きなのだけど、下手に香水などは使わない。

ときどき「くっさーーーい」という香水の付け方をしてる女性がいるけど、香水は使い方が繊細じゃないと公害にすらなる代物だと思ってる。

だから、確実に自分にも周囲にも丁度良い香りしか使いたくないのだ。

どういう「実生活変化」があるのかめちゃ楽しみですわ。



特集4
コメント

七夕

2006-07-07 21:38:10 | 自閉症のtoshiya
もうすぐ七夕だねえ、とか思いながら、七夕にはそれらしいイベントもなくあっさり過ぎ去った・・・(-_-;)

だけど、小さなことだけど書き留めておきたいことがあった。

toshiyaがあと2年後に地元に帰り何らかの社会に関わりながら生きていくようになることを想定して、私はこの春辺りから少しずついろんな人に会い、いろんなところへ出かけては情報を集めている。

その中で、地域の福祉事務所のケースワーカーとの接触というのもある。

数年前になるのだが、あるサービスの申請手続きをした際に、うちの地域担当のケースワーカーとちょっとしたトラブルがあって、私はものすごくガッカリした経験があって、それ以来行政に頼りたくないなーという気持ちが芽生えていた。

しかしながら、toshiyaももうすぐ成人して諸々の手続きが必要になり、やはり避けては通れない・・・ということで、意を決して福祉事務所へ足を運んだのが先月の中ごろ。

そこで、現在のケースワーカーのSさんに会った。
明るくて若くて美人であった。
彼女は耳が不自由だと事前に聞いていたのだけど、対面して話す分には少しも不自由さを感じない。
相手の唇を読んでいるのだろうか。

それどころか、会話の端々に相手を思いやる言葉が入る。

「私は耳が聞こえないので、連絡はFAXでお願いできると有難いのですが」ということだった。

七夕の今日、
10月に本格施行の障害者自立支援法の認定調査の家庭訪問の日を決めるFAXが入った。
折り返し、都合の良い日をピックアップして返信した。

それに対する彼女からの返事。

「では、○日の午後3時半ごろではいかがでしょうか?
今日は七夕ですね。流れ星伝説をいまだに信じているSです。
いいことありますように」

誰もが書けそうで書けないと思う。

七夕の日の私の「いいこと」はこれだったのです。



ビスコスクエア オンラインショップ
コメント