パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

季節酵母パン『伊予柑の手仕事』販売を開始します。どうぞよろしくお願いします。

2017-01-28 | お知らせ。



↑↑
いつもこの一番寒い1月に愛媛県から届けてもらう伊予柑たち。
今年も到着しました。
無農薬栽培です。

伊予柑が届くと「あと少しで春やでぇ~。もちょっとだけ頑張りや~♪」と励まされてるような
気分になります。

この伊予柑たちには、大きく2つにわけて仕事してもらってます。



↑↑
ひとつは伊予柑酵母として。
水と伊予柑だけでパンが膨らむくらいの発酵力を持つようになるのがホント、神秘的。
その神秘的な魔力に惹きつけられてしまいますなー。



↑↑
もうひとつは自家製伊予柑ピールとして『皮』が大活躍。
皮を小さく刻んでコトコト煮て。
この香りを嗅ぐと春まであと少しだなーと思ってしまいます。
まだまだ寒波が来たりするかもしれませんが(笑)
気持ちだけでも春らしくいきまっしょい♪



↑↑
で、自家製伊予柑ピールをたくさん入れた『伊予柑の手仕事』。
(ホール886円(税込)/ハーフ443円(税込))
伊予柑酵母も全力を出し切ってますので是非、ご賞味ください。


原材料はコチラをご確認ください⇒★

おそらくは3月末までの販売になるかと思います。

伊予柑が伝える春の香り。
春が一層待ち遠しくなる、そんな季節感を感じて頂けたら幸いです。

では暫くの間、可愛がってやってくださいね。
どうぞよろしくお願い致します。
コメント (2)

『完全無農薬・無肥料栽培小麦全粒粉100%食パン』の販売を再開します。どうぞよろしくお願い致します。

2017-01-24 | お知らせ。
今日も寒い一日ですなぁ。
ま、岩手の冬ですから寒いのはあたりまえですけれども。

寒いけれど随分、日が長くなったなぁと、しみじみ感謝を覚えますな。
冬が厳しいからこそ春のありがたみがわかる、春が待ち遠しい。そういう思いは北国に
住む人間の特権でもある気がします。

さて、そんな厳しい冬にはちょっと味わい深いもの、こっくりしたものが
欲しくなったりしますよね。



↑↑
昨年末から販売休止させて頂いた完全無農薬・無肥料栽培小麦全粒粉100%食パンの販売を
再開します。
再開が大幅に遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

紫波町(隣町)にお住いの村木さんが栽培から製粉まで、すべてをお一人でなさっている貴重な小麦粉を
分けて頂いてパンを焼きます。

全粒粉100%の濃い味わいが噛むほどに染み入ります。
オーブントースターで焼いて頂くと、カリカリしたミミが甘くないクッキーのようで本当に香ばしい。
香りも豊か。
静かながらもエネルギーに満ちた力強い味わいを感じて頂けたら嬉しいです。

昨年の収穫量は例年の2/3ということなので、小麦粉の在庫も既に多くありません。
おそらくは2月末くらいまでの販売になるかと思います。

それと、このパンは予約商品です。
御入用の方はご来店前日の午前中まで、通販の方は到着希望日の最低3営業日前までにご注文を
お願い致します。


村木さんの小麦のこっくりした味わいを感じながら春をお待ち頂けたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願い致します。
コメント

季節酵母パン『甘酒酵母の直球あんぱん』、販売終了しました。ご利用をありがとうございました。

2017-01-23 | お知らせ。
あっ!!という間ですみません~。。。。
甘酒酵母の直球あんぱん』ですが、現在頂いているご予約で自家栽培の小豆の在庫が尽きますので
販売終了とさせて頂きます。

超短期間販売でしたがご利用を本当にありがとうございました!
昨秋、両親の栽培する小豆がかなり不作でしたので、相当の短期間に販売になってしまいましたが
ご利用頂いた皆様、本当にありがとうございました。



↑↑
自家培養の甘酒酵母で発酵させているので、甘酒の香りが漂うパン生地。
そこにかなり甘さ控えめに炊いたあんこをくるんで焼きました。

パン生地がちょっと固いだけに噛むほどに旨みが広がり、同時に小豆のじんわりした美味しさも
感じて頂けたなら嬉しいです。

ご利用頂いた皆様、本当にありがとうございました。

間もなく次の季節酵母パンのお知らせもできるかと存じますので、今暫くお待ちくださいね。

では引き続きどうぞよろしくお願い致します。
コメント

新年一発目の「にっちの日」終了しました。ご来店ありがとうございました!

2017-01-17 | お知らせ。
冬将軍も少し優しい顔つきになりつつありますが、やっぱり寒いですね。
ま、本来の寒さはこんな感じですよね、これでいいと思います。

とは言いつつも、昨日もひえぇぇぇ~~~という寒さの中ではありましたが
東和町の雑貨店「にっち」に今年最初の行商に伺いました。

あまりの寒さに午前中は人が居ない。。。。通りを歩いてない。。。。
という、予想通りのまさに寒い状況でしたが、それでも午後になってポツポツと
ご来店頂いた皆様、ほんっとにありがとうございました!!

今年も月イチで東和町にはお邪魔する予定ですのでどうぞよろしくお願い致します。

で、本日は「にっち」の下にオープンしたカフェの紹介をします。
すでに「にっち」のblogにも詳しく紹介されてますのでそちらもご覧になってくださいね。⇒☆

お店の名は「土沢カフェ くるみ」。
オープンしたのは昨年11月で、場所は「こっぽら土澤」の地下です。「にっち」の下、という感じですね。

地下にいくと↓↓オサレなボードも出てますし、




↑↑
ドアの前にはどうやって作るんだろ?!!という素敵すぎる看板もあります。



↑↑
中はこじんまりしつつ、綺麗で光がたっぷり入って明るく、居心地がいいですね。





↑↑↑
1/30までは井上洋介さんの作品展を開催中で、井上さんの版画や絵本もたくさん展示されてますので
それをご覧になるのもいいですよ。



↑↑
メニューはオーガニックの各種サイダーや、バニラ紅茶など、ちょっと変わったものもありますね。
これから私もいろいろ頂いてみようと思ってます。



昨日は「ほっとゆず」を頂きました。
高知県産の実生ゆず(←栽培用のゆずではなく)の果汁100%の搾り汁を使った飲み物で、
コレが美味しい~。
特に昨日は寒かったのであったまりました~♪御馳走様でした♪

皆さんもぜひ、東和町に行ったら「カフェ くるみ」で一息ついてくださいね。
対応してくださる店員さんも素敵でほっこりしますよ。

で、来月の当店の行商は2/13(月)です。

来月はもうちょっとあったかくなってるといいなぁ。

ではまたパン焼いてお待ちしています!





コメント

季節酵母パン『甘酒酵母の直球あんぱん』、販売を開始します。どうぞよろしくお願い致します。

2017-01-13 | お知らせ。
冬将軍、居座るつもりのようですね~。
明日、明後日はセンター試験なのに。。。。
道路状況が悪化しないことを祈るばかりです。。。。。

さて、今年一発目の季節酵母パンのお知らせです。

「甘酒酵母の直球あんぱん」販売を開始します。
どうぞよろしくお願い致します。



↑↑
1個194円です。(本体180円・税14円)



↑↑
酵母は自家培養の甘酒酵母。
甘酒は麹とゴハンで出来上がります。
その麹もうちは自家製です。麹は、お米をふかして麹菌をつけて数日保温するとできあがります。
で、その麹とゴハン(お粥)を合わせて保温しておくと甘酒になりまして、さらにそれを
発酵させまして、甘酒酵母が誕生します。あぁ、文章で書くとややこしいぃ。

で、この甘酒酵母がパンを発酵させます。プクプク言って、やる気十分ですな♪



↑↑
小豆は両親が栽培した丹波大納言。農薬不使用栽培です。
ほんっとに粒がデカイ!!!大納言じゃぁ~!!(←意味不明の雄叫び)

私は小豆焚く時の香りが好きです。
なんというか、ほっこりと心が温かくなる香りがするんですよね。癒される。

で、丹波大納言を甘さ控えめに炊いたあんこをぎーーっしり入れました。

パン生地に甘みはありません。砂糖も油脂も不使用でやや硬め。
が、甘酒の香りがふんわり。
というのがパン生地の特徴です。

オーブントースターで5分前後温めると、パン生地から甘酒の香りが漂ってきます。
香りフェチの人もそうじゃない人も、温めて召し上がってみてくださいね。

丹波大納言はかなり不作でしたので(泣)、2週間ほどの販売期間になるかと思います。
1/29前後までの販売期間かと思います。

原材料はコチラをご確認ください。⇒☆


甘酒の香りとあんこの旨みが直球で迫ってきますので、ど~んと受け止めてくだされば有難いです。
短期間販売になりますがどうぞよろしくお願い致します。


そして行商のお知らせです。
東和町「にっち」での行商は1/16(月)です。

今年も一年間、「にっち」でもお世話になるつもりですので(途中でクビにならないように頑張ります~)、
お時間ある方は是非いらしてくださいね。

ではどうぞよろしくお願い致します。
コメント