パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

恥ずかしながら。雑誌掲載のお知らせ。

2015-08-30 | あんなこと、こんなこと、そんなこと。
毎日、パンの発酵温度が心配になるほど涼しい~。
すっかり秋、の石鳥谷です。

さて、このたび雑誌2誌に掲載されましたので、ちょっとだけお知らせさせてください。

今までも度々地域情報誌等に掲載して頂いたりしましたが、
なんとなく「●●に掲載されました」とか自ら言うのはこっぱずかしぃーーとか
思っておりまして、そのまま何のお知らせもせず。。。。ということの
連続でしたが。。。。

が、今回は敢えて「こっぱずかしさ」を取り払って(笑)お知らせしたいと思います。
理由は後ほど。

たまたま発売日の近い2誌の雑誌に掲載されました。



↑↑
ひとつは県民の皆様ご存知の地域情報誌『月刊Vivitto(ヴィヴィット)』(8/25発売)。
9月号は「もっといわての小麦が食べたい」という特集で、県産小麦を使っている店舗を
取り上げてくださっています。
麺類のお店とかパン屋とか。

もちろん、うちは県産小麦を使用してるパン屋として掲載して頂いています。


個人的にはVivittoさん、よく思い切ったなぁと思います。県産小麦特集とは。
こういう雑誌の特集としては結構マニアックな切り口だと思いますが、大事な事だと思います。

どんなものがどこで栽培され、どのように流通・販売されて自分たちの口に入るのか。
最初から詳しく知らなくても、こういう記事を日頃から意識する、目にすることで、
考えていくきっかけになったりしますよね。

自分たちの住む地域で採れる産物にはどういうものがあるのか。
それを自分はどう活用し、支えるのか。
そういう事を考え、行動する事ひとつひとつの積み重ねが、
地域や自分たち自身の生活を守るのだと思います。

そういう意味で素敵な特集だと思います。是非、お目通しくださいね。





↑↑

そして、こちらはナント、扶桑社から『日本全国お取り寄せ手帖 Vol.3』(8/29発売)。
今回はお取り寄せしたいパンの特集ということで、当店の『カンパーニュ』を掲載
してくださいました。ちっちゃいスペースだけど、ご覧くださいね。

全国から美味しいものを取り寄せておうちで楽しもう!という本なのですが
今回はパン好きの方を対象にしているだけあって、
「食パン」「カンパーニュ」「ベーグル」「菓子パン」というように、パンをカテゴリー別に
分けてそれぞれパン屋を紹介している点が秀逸です。
私自身も知らないパン屋さんや、いつも憧れているパン屋さんが掲載されて
いたりして、楽しく拝見しています。

パン好きな方なら、ますますお気に入りのパン店が増えるんじゃないかな。

パン以外についても、おもてなし・おもたせのスイーツや、バター・蜂蜜・スープなどの
パンのお供など、お取り寄せにおすすめの商品を掲載しています。

ご友人やご家族でちょっと美味しいものを楽しみたいときに使って頂ける情報誌かと
思います。


今回、なぜ恥ずかしながら「●●に掲載されました」とお知らせしたかといいますと、
天下の扶桑社さんには失礼ですが、これはかなりマニアックな本ではなかろうか・・・・と
思ったからです。

Vivittoさん等、地元情報誌の場合は掲載されると常連さんとかが「●●に載ってたねー」と
声をかけてくださるので、そこに甘えつつ、わざわざお知らせするのがこっぱずかしく、
いつも沈黙しておりました。
が、扶桑社さんのこの本は、自分からお知らせしない限りは誰にも発見されないだろうと
思い、敢えてこっぱずかしく思いながらも、腹を括りつつ(笑)お知らせしてる次第です。
(扶桑社さん、随分失礼な表現であることをお詫びします。ごめんなさいー)

ということでぜひ、本屋さんでチラ見に終わらずに、ご購入くださいませ~。



↑↑
どこに掲載されてるの??と、質問されそうなほどに小さいスペースですが
是非、発見してやってくださいね。
カンパーニュの写真が激烈にカッコよく掲載されてます。

あと、岩手では盛岡の「横澤パン」さんも掲載されてますので
探してみてください。
どのカテゴリーに掲載されているのか、パン好きな方ならおわかりですね。


ということで、これらの情報誌を見て当店のパンをご利用くださる皆様にも
喜んで頂けるよう今後も励みたいと思います。

また、記事掲載にあたり、関わってくださった編集各社の皆様、本当に
有難うございました。



では皆様、引き続きパン焼いてお待ちしていますっっ。



-------------------------------------------------------------------------------


●9/3(木)は午後からの営業とさせて頂きます⇒★

●只今工事中につき、車が停めづらくご迷惑をおかけしております。
大変申し訳ありませんが何卒ご協力をお願い致します⇒★

-----------------------------------------------------------------------------
コメント (2)

季節酵母パン『トマトと黒胡椒の夏休み』はご予約で完売しました。皆様、誠に有難うございました。

2015-08-28 | お知らせ。
昨日お知らせした季節酵母パン『トマトと黒胡椒の夏休み』。
ご予約でいっぱいになりましたので販売終了とさせて頂きます。

たくさんのご予約を誠にありがとうございました。



↑↑
まずはそのまま噛みしめて、トマトの酸味と黒胡椒のピリピリ感、そしてスパイシーなバジルの
香りを楽しんでくださいね。
あとは大抵の食材に負けない味なので、お好きなものと合わせてくださいな。

昨日のblogでもちょっとだけ触れさせて頂きましたが、このパンは
今シーズンで販売を最後とさせて頂きます。

理由は畑の事情です。
両親がご近所さんから畑を借りてトマトを栽培してましたが、トマトは連作には不向きです。
過去にはたまたま毎年、畑を別な方から借りていたので、連作しない年もありましたが、
今の畑はお借りして3年目。

トマトを植える畝を前年とは替えたりするらしいのですが、結局は同じ畑。
やはりうまく育たたない状況になってきているとのことです。

具体的には成っている実が大きくならない、成ったまま腐る、大きくならずに
ポトリと落ちる、などなど。
どう考えてもトマトに気の毒な状況のようです。

で、トマトについて言えば、再びトマトを作るまでには4年は空けるべし、と
言われるそうです。
で、4年待ってみてもいいのですが、うちの両親もあと4年後に今のような量の
トマトを栽培できる体力があるのかどうか、年齢からいうと瀬戸際の感じなのです。
ま、もっと言うと、4年先の事など自分自身もどうなるかわからないし。

ですので、ここは一旦、今年で販売終了とさせて頂く事にしました。

来年の夏はトマトに代わる季節ものをお届けできればいいなと思います。

6シーズンもの間、夏にはこのパンを焼いていたので、このヒトが居なくなるのは
ちょっと寂しい気もします。
でも、出会いと別れはワンセットだからね。
また別な酵母やパンといい出会いがあるといいな。

ということで、これまで『トマトと黒胡椒の夏休み』をご愛顧頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。


そして、これからお受け取りくださる方々、『最後の夏休み』になりますので
是非、可愛がってやってくださいね。

そして今暫くは定番選手のみになりますが、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

-----------------------------------------------------------------------------

●9/3(木)は午後からの営業とさせて頂きます⇒★

●只今工事中につき、車が停めづらくご迷惑をおかけしております。
大変申し訳ありませんが何卒ご協力をお願い致します⇒★
----------------------------------------------------------------------------
コメント

季節酵母パン『トマトと黒胡椒の夏休み』販売を開始します。どうぞ宜しくお願いいたします。

2015-08-27 | お知らせ。
涼しい日が続きますね。
今の涼しさにちょっとそぐわないかも・・・ですが、
最後の夏の酵母パンのお知らせです。



↑↑
『トマトと黒胡椒の夏休み』。
(ホール702円(本体650円・税52円):ハーフ351円(本体325円・税26円)
「夏休み」というウキウキした響きとは裏腹すぎる硬派な姿でございましょ?



↑↑
トマトは両親が栽培したものと「農園たそがれ」産のものを混合で使用しています。
いずれにしても農薬不使用栽培です。



↑↑
トマト酵母。
この天候不順で赤くなりきれなかった青いトマトも酵母起こしに大活躍。
ポコ。ポコポコっ。と、所々泡立ちながら唄い続ける姿が愛しい~。




↑↑
トマトはどんどん煮詰めて水分を飛ばし、トマトピューレに。
このトマトピューレでパン生地を捏ねるので、トマトの香りと味わいの濃い
パンになります。
結果、トマト嫌いの人は絶対に食べられないパンと相成ります。
ご注意くださいませ~♪



↑↑
トマトの他、黒胡椒とバジルが入ってますので、このようにチーズを乗せて
焼くとピザのような味わいになります。



↑↑
黒胡椒がかなり辛いので、卵なんか挟むとちょっとマイルドになりますな。
あ、卵の中の緑色はその辺に生えていた(笑)イタリアンパセリ。
「トマト+黒胡椒+バジル+イタリアンパセリ」と、
どこまでもイタリア~ンな組み合わせで。



↑↑
なんでもいいので夏野菜を炒めて挟んだり。
テキトーに楽しんでくださいませ~♪

このパンはどんなアイテムにも負けません。(きっぱり)
何を挟もうが乗せようが、トマトの味と黒胡椒の辛味がきっちりとそこに佇んでいます。
ぜひ、安心して(?)お好きなモノと合わせてみてくださいね。
きっとその強く、且つ自由奔放な味わいが「夏休み」のような開放感を
伝えてくれると思います。

そして大変恐縮ですが、このパンは1個のパンに使うトマトの量が激烈に多いので、
パンの数が僅かしか作れません。
つきましては、お一人様最大ホール1個(ハーフで2個)の制限販売とさせて頂きます。
更には予約販売のみとさせて頂きますので、何卒ご了承ください。
店頭でのお渡し、通販の発送は9/6(日)までとさせて頂きます。
ご予約はご来店の2日前までにお願いいたします。
(前日では対応できませんのでご注意ください)
通販ご利用の方は到着希望日の4日前までのご注文をお願い致します。


原材料はコチラをご確認ください⇒★

ちなみにこのパンの販売は、今シーズンで最後とさせて頂きます。
理由はまた後日、お知らせ致しますが、主な理由は栽培している畑の使い方に
限界があり、今年で最後とさせて頂く事にしました。

では激烈少数販売でご迷惑をおかけしますが、「最後の夏休み」になりますので
どうぞ宜しくお願いいたしますっっっ。


-----------------------------------------------------------------------------

●9/3(木)は午後からの営業とさせて頂きます⇒★

●只今工事中につき、車が停めづらくご迷惑をおかけしております。
大変申し訳ありませんが何卒ご協力をお願い致します⇒★

----------------------------------------------------------------------------








コメント

只今自宅工事中の為、車が停めづらくなってます。ご迷惑をおかけしますがどうぞ宜しくお願いいたします。

2015-08-26 | お知らせ。
「寒い」という感じもする朝が多くなりました。まだ8月なのに。

さて、当分の間、ますます車が停めづらくなりますー、というお知らせです。

現在、自宅の外壁工事をしてまして、自宅部分はもちろん、店舗部分もすべて
足場がかかっています。



↑↑
店舗部分はこんな感じで、足場がぐるーーっと。
で、入り口のところにポールがちょうど立ってしまって、ちょっと入りづらく
なってます。
更にはポールのおかげで駐車スペースがちょっと狭くなっているので
ますます車が停めづらくなっている状況です。

でも、通常通り1台くらいは停めれますので、よろしければご利用ください。



↑↑
で、店を過ぎて自宅方向へ進むと出現する、この砂利スペースで転回して
頂くようにいつもはお願いしていますが、今はこのように
廃材置き場となって塞がっています。
このスペースいっぱいに廃材が置かれることになりますので、ここでの
転回はできません。
申し訳ありません。
ですので、ここまで進まずに、店の前の駐車スペース(一番最初の画像です)で
転回して頂くよう、お願い致します。


なお、これまで同様、ここを通り過ぎて奥のほうでの転回はくれぐれも
ご遠慮頂きますよう、お願い致します。

または店のすぐ近くに河川公園の駐車場もありますので、お知らせしておきます。

2週間程度で元通りになるかと思いますが、工事の進捗は天気次第ですので
何卒ご理解・ご協力を宜しくお願い致します。

当面の間、ご迷惑をおかけしますがどうぞ宜しくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------
9/3(木)は午後からの営業とさせて頂きます⇒★
---------------------------------------------------------------------





コメント

季節酵母パン『梅と杏と夏の欠片』は販売終了致します。ご利用をありがとうございました。

2015-08-24 | お知らせ。
涼しい風が吹く石鳥谷です。

さて、季節酵母パン『梅と杏と夏の欠片』は梅酵母がなくなりましたので
販売終了とさせて頂きます。
たくさんのご利用を本当にありがとうございました。

町内のお客様から分けて頂いた梅で酵母を起こし、2種のオーガニックの杏をたっくさん入れた、
甘酸っぱいパンでした。




↑↑

甘い杏。
実が大きく、種無しの品種。




↑↑
もう一つの杏は原種です。で、酸味が強いのが特徴です。種有り品種。
(画像は種が既に抜き取られてるもの)

この2種の杏がとてもバランスよい酸味と甘みを出してくれました。

「2種の杏を使うからこそ、味に『深み』が出るんですね」と、それこそ
深いコメントを残してくださったお客様もおいでで、嬉しかったなぁ。



↑↑

今年の夏は特に暑かったので、この杏の甘酸っぱさが涼しさや爽やかさを
少しでも運んでくれればいいなあと思いながら焼きました。
焼いてる本人は汗だくでしたが(笑)。

今年もたくさんのご利用を本当にありがとうございました。

間もなく、最後の夏の酵母パンのお知らせができると思いますので今暫くお待ちくださいね。

では引き続きどうぞ宜しくお願いいたしますっっ。

------------------------------------------------------------------------
9/3(木)は午後からの営業とさせて頂きます⇒★
-----------------------------------------------------------------------




コメント