パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

季節酵母パン『伊予柑の手仕事』販売を開始します。どうぞよろしくお願いします。

2018-01-29 | お知らせ。
晴れたーーー!
貴重な太陽の光。

太陽が出ているとこんなにも明るい気持ちのなるのかぁ・・・と、
しみじみ、おてんとさまが有難いです。
ありがたや~。

一番寒いこの時期に販売開始する『伊予柑の手仕事』。
今年も販売させて頂きますのでどうぞよろしくお願いいたします。



↑↑
ホール886円(本体820円/税66円)、ハーフ443円(本体410円/税33円)です。
見た目どおり、ずっしり重いパンです。



↑↑
主役の伊予柑。
愛媛県産の有機栽培されたものです。



↑↑
伊予柑で酵母を起こし、



↑↑
無農薬栽培なので皮は自家製ピールに。

これを作るときはふあぁぁ~っと伊予柑の香りが部屋中に広がって、
寒い北国でも少しだけ春の気分を味わえたりして。

今年は激烈に寒いので、特にこの香りに励まされます。
もう少し頑張れば春だぁ!みたいなね。

この自家製伊予柑ピールがたっくさんパンに入ってます。

寒い時期だからこそ、春を告げる伊予柑の香りに癒されてくださいませ~♪

原材料はコチラをご確認ください⇒☆
おそらくは3月末くらいまでの販売になるかと思います。

また、『伊予柑の手仕事』販売中は、『黒ごまとレーズンの二人三脚』は
お休みさせて頂きます。
何卒ご了承ください。


では春を待ちながら『伊予柑の手仕事』を焼いてお待ちしていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
コメント

ちと寒すぎますな。

2018-01-25 | あんなこと、こんなこと、そんなこと。
連日の真冬日と、連日の雪。

もうそろそろ雪は要らないんじゃないでしょーか、どうなんでしょーか。
やっぱりまだ必要なんでしょーか、どうなんでしょーか。
そして、ちと寒すぎやしませんかね。。。。



↑↑
とか言っても寒いものは寒いし、仕方ありませんので、「直球あんぱん」でも食べて
身もココロもあったまってください。
今日から『農園たそがれ』産の小豆で炊いたあんこを入れてます。
(先週までは両親が栽培した丹波大納言でした)

『農園たそがれ』産の小豆は大納言。
味が濃く、焚いている時の香りがとても良いです♪



↑↑
雪が止んだあとにチラっと晴れ間が。

あー、そのままー、そのままー!との願いも虚しく、再び、どよーんとした空に戻り。
明日も雪が降るんだろか。。。

明日もおそらくは激烈に寒い中、パン焼いてお待ちしています。
お越し頂く方はお気をつけていらしてくださいね。

そして次の季節酵母パンの酵母も、只今絶賛育成中です。
今暫くお待ち下さいませ~♪




コメント

1月の月イチ行商「にっちの日」、終了しました。ありがとうございました。

2018-01-16 | お知らせ。
昨日は新年一発目の行商の日でした。

全国的には寒さは緩んだようですが、なぜか岩手はまったく緩まず。
さむーーーい一日でしたなぁ。。。

そんな激烈に寒い中、お立ち寄りくださった皆様、ほんっとにありがとうございました!

来月は2/12(月)に行商に伺います。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして、お知らせがございます。
もともとは雑貨店『にっち』とのご縁で始まった月イチ行商ですが、
『にっち』は2月いっぱいで閉店致します。

『にっち』のblogにはそのことも掲載されていますので、既にご存知の方も
多いと思いますが、まだご覧になってない方はお目通しください⇒☆

そして、ここからは『にっち』での最後の企画展となる展示会のお知らせを致します。




↑↑↑
『羊いっぱい展 2018』。
今回で4回目を迎えます。
羊がかわいいですね~。



↑↑
4組の作家さんがいろんな「羊」をご用意してくださいますので、是非、
楽しみにお出かけください。



↑↑
今回はワークショップも!
つくってみたい!という方は、事前ににっちにお申し込みくださいね。

企画展はもちろん、にっち店内は楽しめる雑貨や食料品など、ほんっとにいろんな種類の
商品があります。

にっちの階下には「カフェくるみ」がありますので、「にっち」でお買い物を楽しんだ後に
温かい飲み物などで一息つくのもおススメです。

ちなみに「カフェくるみ」は「にっち」閉店後も
継続して営業しますので、今後ともご贔屓にお願い致します。

まだ足を運んだことがない方も是非。
とても癒される空間ですよ。


ちなみに当店の月イチ行商は今後も継続させて頂きます。
「こっぽら土澤」1階で、これまでどおりパンを販売させて頂きますので
どうぞよろしくお願いいたします。

そして、『にっち』のblogにも掲載されていますが、今後、
『にっち』のスペースを活用してくださる方を探しています。
今の雑貨店を継ぐ形でもいいですし、それ以外のお店やスペースとして活用するのでも
いいですし、そういった事に興味のある方はぜひ、「にっち」まで。
ご連絡をお待ちしております。(080-4516-4643)


私自身も来月の行商は「羊いっぱい展」と重なるので、とても楽しみです。
来月もどうぞよろしくお願いいたします。








コメント

季節酵母パン『甘酒酵母の直球あんぱん』販売しています。どうぞよろしくお願いいたします。

2018-01-14 | お知らせ。
ここ数日、更に寒いっすなー。
1月だから当たり前かと思いつつ、あまり寒くなりませんように。。。と
矛盾した思いの日々(笑)。

で、寒い時期の季節酵母パン『甘酒酵母の直球あんぱん』、既に販売を始めています。
お知らせが遅くなりましてすみません~。



↑↑
1個194円(本体180円・税14円)です。
小さいけれど重量級。




↑↑
農薬不使用栽培の丹波大納言。両親が栽培したものです。
今年は『農園たそがれ』の小豆も途中から参戦予定です。

これをあまり甘くないあんこにして、中に詰めてます。





↑↑
パン生地を発酵させるのは自家培養の甘酒酵母。
甘酒は麹にゴハン(おかゆ)を混ぜて保温すると出来上がります。
その「麹」自体も自家製です。
お米ふかして麹菌をつけて保温すると麹ができます。その麹を使って甘酒を作ります。

甘酒酵母でパン生地を発酵させてる以外にも、自家製甘酒自体もパン生地に少し混ぜているので
パン生地はふんわりと甘酒の香りが漂います。
電子レンジやオーブントースターで温めるとより一層、香り良くなりますよ。


ということで、見た目通りの硬いあんぱんですが(笑)、
宜しく面倒みてくだされば幸いです。

「えー?これ、あんぱんなのぉ~??」という雄叫びが聞こえそうですが、
こんなヤツもあんぱんの仲間に入れてもらえたら嬉しいです。

収穫できた小豆の量がそれほど多くないので、おそらくは2月上旬くらいまでの
販売になるかと思います。
原材料はコチラをご確認ください⇒☆

寒いからこそ美味しさが際立つあんぱん。
冬の楽しみと思って可愛がってやってくださいね。

それと、明日1/15(月)は東和町に行商に参ります。
「こっぽら土澤」の1階でお待ちしていますので、いらしてくださいね。
お待ちしていますっっ。


コメント

ライ麦使用商品、販売再開致します。どうぞよろしくお願いいたします。

2018-01-11 | お知らせ。
今日は新年一発目の営業日でした。
寒い中お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

年末に突然、これまで使わせて頂いていた北海道産ライ麦が
出荷停止になりまして、ライ麦を使用している商品は販売を
ストップさせて頂いておりました。
代替品として長野県産ライ麦を使用させて頂く事になり、
本日よりライ麦使用商品は販売再開していますので、どうぞよろしくお願いいたします。



↑↑
まずは『カンパーニュ』。



↑↑
そして『ライ麦畑の胡桃カレンズ』。


長野県産のライ麦も香りや味わいなどはこれまでのものとはそれほどの違いはありませんが、
食感が異なります。

これまで使用していた北海道産ライ麦に比べて、粉の挽き方が細かいので、
今までよりも肌のキメが細かく、結果、しっとりもっちりという感じが
強いと思います。
北海道産ライ麦は粗挽きでしたので、ざくざくした、荒々しい食感に特徴があったかと
思いますが、長野産のはしっとりと女性的。違いを例えるとすると、そんなイメージかな。

しっとりときめ細やかなパンの肌もまたいいものですので、違いを楽しんで
くださると有難いです。

是非、引き続きのご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。
ではパン焼いてお待ちしていますっっ。






コメント