パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

こちら中継基地。只今、レッスンバッグ支援作戦を鋭意遂行中です。

2013-05-28 | 東日本大震災関連
今日のblog、ながーーーいです!
震災の支援物資絡みの記事です。

アタマ悪い私ですが、できるだけ伝わり易いように、無い脳ミソを振り絞ったつもりです。
お目通しくだされば幸いです。

------------------------------------------------------------------------------

久々に震災の支援物資についてお知らせします。

2年前の東日本大震災発生直後、うちのお客さんで陸前高田の方から生活物資の支援要請がありました。
パン屋のblogや店頭で皆さんに物資協力をお願いしたところ、地元の方、遠方の方、いろーーんな地域の
方々から、たっくさんの支援物資をご協力頂きました。
その節は本当にありがとうございました。

皆様のご協力でおよそ9カ月続いた支援活動はその後、物資がなんとか充足したため、
2011年11月に一旦、物資の募集を終了させて頂きました。

(その時の様子については2011年3月に遡って
2011年11月分までご覧ください)

で、その後は現在に至るまで、特別に陸前高田からの物資の要請はなかったのですが、実は先日、
陸前高田の小学校より、子供達が図書館から借りた本などを入れるレッスンバッグが欲しいという
依頼がありました。

毎月の震災チャリティ販売で皆様にご協力頂いた支援金は、このblogや店頭で報告させて頂いているとおり、
「大船渡市・大洋学園」や「ひとくち支援の会」やその他の組織や支援団体に寄付しています。
で、今回、フォーカスして説明させて頂きたいのがこの「ひとくち支援の会」です。

「ひとくち支援の会」はそもそもFacebookで個人同士が繋がり、メンバーが寄付出来る時に、
できるタイミングで「一口=5000円」を寄付し、その寄付金で支援物資を調達して被災地に届ける、
という活動をしています。
支援したい人ならだれでもメンバーになれますのでFacebookを覗いてみてくださいね。
ちなみに既にfacebookでのメンバーは110人程です。広がってますねぇ~(*^。^*)

「ひとくち支援の会」はこれまでにたくさんの被災地に支援物資を送っています。

更に「ひとくち支援の会」には秘密兵器があります(^◇^)
実は、2年前の震災の折、「ひとくち支援の会」の皆様には、既製品の日用品はモチロンの事、
手作りの暖簾シュシュなどをたっくさんご提供頂きました。
つまりメンバーのみなさまの中には、縫物・編み物が得意な方が多いんですっっ。


で、今回のレッスンバッグの要請があった際に、「ひとくち支援の会」の皆様に「手作りレッスンバッグ」の
相談してみると、みなさん、めちゃくちゃ快く引き受けてくださったんですっっ!!
「ワタシ、縫います~!」「ワタシもやりますーーー!2枚くらいなら」とか、FB内で
大騒ぎ(●^o^●)

陸前高田の矢作小学校は全校生徒71人。
全校生徒分を、手分けして、みなさんが作ってくださる事になったんです!!スゴいよーーーっ。

あっ!!という間にバッグの寸法や標準仕様等が決まり、材料の買い出しの日程や
段取りがFB内で決まってゆくのでしたーーー。すんばらしいっっ。

ちなみに、被災者の方が製造して販売しているバッグを購入する、という案もあったのですが、
今回は予算の関係もあって、全員分を「ひとくち支援の会」で手作りする事になりました。

ってコトで、ここからは画像を交えつつ、状況を説明します。



↑↑
東京在住のメンバーの方々で材料を買い出しに行って、布を裁断している様子。
男子用、女子用、それぞれに喜んでもらえるように見繕ってくださって購入してくださいました。



↑↑
なんせ71人分の表地、裏地、持ち手部分を裁断するので時間もかかりますー。

で、それぞれの材料を縫い縫い担当メンバーに発送する段取りも。





↑↑
うちに届いたバッグの材料。男子5名分。
あ、ワタシじゃないよ!ワタシは裁縫は無理っス。無理なのは裁縫だけじゃないけどね(苦笑)。
母が「ワタシも縫えるよ~」と言ったくれたので、うちも手を挙げました。



↑↑
母がミシン踏みまくって完成。
男子生徒諸君、バッグが破れるまで使ってくれい。本を読みまくってくれぃ(*^。^*)



↑↑
その他にメンバーの方々が縫ってくださったバッグたちが、続々と到着中です。
コレも男子用。
かわいいのも渋いのも★
飾りボタンやアップリケなど、小ワザ満載(^◇^)



↑↑
女子用もかわいーーーっっ。
細かい刺繍があったり、ベルがついていたり、切り替えがあったりセンスが光ります(#^.^#)
おしゃまな女子としては嬉しいですね。

71人分のバッグをうちで取りまとめ、全員分が揃ったら矢作小学校に送ります。


という事で、只今、「ひとくち支援の会」のみなさんがレッスンバッグを鋭意縫い縫い中です(*^。^*)

またボチボチと経過報告しますね。

今日の記事は長いですが、パン屋の震災チャリティ販売の寄付金が実際にこのような支援活動に
繋がっているということを、日頃チャリティにご協力頂いているみなさまに共有したかったのです。

最後までお目通しいただき、ありがとうございました。
今後とも変わらぬご支援をお願い致します。

レッスンバッグの中継基地からの経過報告は以上です!

スタジオさん、マイクをお返しします!(笑)



コメント (2)

5月震災チャリティ販売が終了しました。ご協力ありがとうございました。

2013-05-26 | 東日本大震災関連
初夏!
という感じの爽やかな一日でしたねー。

さて、今月の震災チャリティ販売が終了しましたー。
3日間と通常より1日少ない日程でしたが、ご来店・ご協力くださったみなさま、ありがとうございましたっっ。

では、いつものメンバー紹介いきますっ。



↑↑
石鳥谷町内のAさんが焙煎してくださる珈琲豆。
Aさんは今月は特に本業がお忙しく(珈琲焙煎は趣味です)、いつもの半量を用意してくださるのが
精一杯のご様子でした。
いつもほんっとにありがとうございます。



↑↑
そしてなんと!!
そんなAさんの様子をこのblogで知るや否や、「ちょっとまったぁ!珈琲豆、焙煎できますので
協力させてくださいっっ~」と、カッコよく手を上げてくださったのが「ジャバラマコーヒー」さん。
花巻市の方です。
花巻温泉の入り口「ココ・デ・アール」でも購入できますし、直接注文することもできます。
(ホームページは作成中ですので、何かあれば当店までお問い合わせくださってもいいです。)

ということで、2種の珈琲豆が揃い、皆様にお届けできました。
ジャバラマコーヒーさん、素敵すぎます~。
震災から2年を経ても、こんなふうに助け合いながら震災チャリティを継続出来る事が嬉しいと
思いますし、有難い事です。

で、珈琲豆は早々と完売しました。
ご購入いただいた皆様、ありがとうございます(*^。^*)



↑↑
パンは『シナモンとレーズンの祈り』。
まー、こんなふうに外面はハードでしょ?取りつくシマもない感じでしょ?素っ気ないし。
がしかしですねぇー、それは誤解です。
スライスして香りを確かめ、一口食べてみると、あまりの外見とのギャップに驚きます。
シナモンの気品漂う香り、しっとりして繊細な肌のようなパン生地の食感。
まだ召し上がっていない方は是非一度ご賞味ください。


ということで、以上、震災チャリティ商品メンバーでした。
これらの売上は16,480円でした。この売上全額を支援金と致します。

で、さらに、今月はまたまた助っ人さん登場(^◇^)
群馬県の天然石アクセサリー作家さん「ineff.labo」さんから既に
寄付を頂いています。
(このblogの仕様でineffさんのHPにリンクを貼れないので、検索してくださいー、すみません)
素敵なアクセサリーを創り、様々なイベントに忙しく出店するineffさんですが、
チャリティ商品として創っているブレスレットを販売したお金を寄付してくれました。
金額は3000円です。
よって、今月の寄付金の合計は19,480円です。

後日、寄付が完了したら報告しますね。
改めてみなさま、本当にありがとうございました。





↑↑
いつもいろんなものを頂いてばかりのワタクシですが、たまには私からみなさまへ(●^o^●)。
先日の臨時休業では京都へ行ってきましたーー。
あ、観光です。
城とか寺とか、特別興味があるワケではないんですが、ま、勢いで行ってしまいました。
京都は既に気温30℃でした・・・・。

でも、二条城とか、知恩院とか、三十三間堂とか、ほんっとに素晴らしいトコロ満載でした。
日本の建築技術って凄いなーーと感動。
もっと予習して行けばよかったーーーと後悔(笑)。

ということでまたパン焼いてお待ちしていますっっ。



コメント

地元民同士、仲良くしようよ。

2013-05-25 | あんなこと、こんなこと、そんなこと。
震災チャリティ販売中ですが、焙煎珈琲豆は完売しました。
みなさま、ご協力をありがとうございましたーっ。
珈琲豆は完売ですが、「シナモンとレーズンの祈り」も、それ以外のパンもありますので
お立ち寄りくださいね。



↑↑
お客さんに頂いた「へるしーりんご」。干しりんごです。なんと、岩手は江刺産。さすがりんご王国。
パンに使えるかな?ということで、パンに入れてみましたー。



↑↑
ちびっこだけど、りんごをたっくさん入れて焼いてみました。
胡桃もちょっとだけ入れて香ばしく仕上げてます。



↑↑
りんごやくるみが潜んでいるのが見えますか?

りんごの柔らかい甘味がイイですね。でも胡桃を入れすぎてしまったらしく、胡桃の味が強すぎる(笑)。



↑↑
お皿に入れておくと、ご来店のお客さんたちがつまんでいって
くれましたーー。(←やや強引に試食してもらった)
ありがとうございます!

りんごも岩手産。小麦も岩手産(南部小麦)。地元民同士、相性良いです。
今年はりんごを使ったパンもできるといいなー、と思ったひとときでした。

では引き続き、パン焼いてお待ちしています。



コメント (5)

4月震災チャリティ販売の支援金寄付の実施報告について。

2013-05-18 | 東日本大震災関連
イイ天気ですねーーっ。
バイクや自転車でご来店くださる方がチラホラ。
あー、そういう季節になったのだなぁ、と嬉しいです。

さて、4月の震災チャリティ販売はご協力をありがとうございましたっ。
寄付の実施報告を致します。



↑↑
クリックしてください。どどーんと大きくなります。
2011年5月の開始当初から4月末までにご協力頂いた支援金累計は62万円を越えましたーーっ。
みなさま、ありがとうございます!
先月の震災チャリティで、このチャリティ販売開始から丸2年が経ちました。
これまでのご協力をほんっとにありがとうございます!

今回も一部は大船渡の児童養護施設・大洋学園に寄付しました。
領収書を頂いていますので共有致します。ご確認ください。↓↓↓







↑↑
太陽学園から御礼状も頂いています。お目通しくださいね。



↑↑
そして、その他には「ひとくち支援の会(会の発起人:スガヌママリさん)」に寄付しました。
「ひとくち支援の会」はFaceBookを通じて個人から資金を募り、被災地に必要な物資を
調達する活動をしています。
実は只今、陸前高田から支援物資のSOSがきており、「ひとくち支援の会」の皆様が支援作戦を鋭意遂行中です。
うまく皆様にも情報共有できるカタチになれば後日、事後報告致しますね。

ということで、4月の支援金寄付報告でした。
みなさま、ご協力をありがとうございました。



お次はお客さんからの手土産コーナー。



↑↑
レモンビール!っっ!!
ベアレン産の季節限定モノ。

うちでも季節酵母パン「檸檬と紅茶の待ち合わせ」を出しているだけに「レモンつながり」が
やたらと嬉しいっっ。
甘酸っぱいカクテルのようなビールです。私のようなビールが苦手な人にはイイと思いますっ。うんまいっ。



↑↑
山田町のお醤油。これも頂きましたー(^^♪
山田町の牡蠣小屋では必ずコレを使うそうです(*^。^*)
山田町民はみなさん、ご家庭でこのお醤油なんだとか。
イイなーっっ。
『石鳥谷町民はみんな√sのパン食べる』とか、ならんかな?・・・ならんだろ。。。。。

という事で、ご馳走様です。


では、5/19(日)、5/23(木)は臨時休業とさせて頂きますので、5月の震災チャリティ販売は
5/24(金)~5/26(日)
3日間です。

では震災チャリティ販売ではパン焼いてお待ちしています。

コメント

5月震災チャリティ販売について。今月は3日間とさせて頂きます。

2013-05-16 | 東日本大震災関連
今月の震災チャリティ販売のお知らせです。

今月は誠に勝手ながら臨時休業をさせて頂く関係で、震災チャリティは5/24(金)~5/26(日)の
3日間とさせて頂きます。


で、今月は焙煎珈琲豆をご提供くださるAさんが本業でお忙しく、(珈琲焙煎はナント、ご趣味です)、
今月の珈琲豆の出品は危うい感じでした。

が!
時間を作って焙煎してくださいましたーーっ。




以下、Aさんからのコメントです。↓↓↓

---------------------------------------------------------------------------------------
まいど、町内のAでございます。
√sさんから「今月は登場しないかも」と前振りがありましたが、ところがどっこい、登場します。
でも時間が足りなくて、いつもの半分の量になってしまいました。
作文するひまもないときているので、豆の紹介だけになってしまいました。ま、こんな時もありますよね。

【コロンビア アンジェリカ 中煎り 100g 400円】

在来種(カトゥーラ)の完熟した実をていねいに精製した、大粒の特選品です。明るい酸味と甘味、深いコクの中にもキレがあるのが特徴で、後口がとてもさわやかな珈琲です。

---------------------------------------------------------------------------------------

↑↑
Aさん、ありがとうございますーー!いつもの半量でも有難いです。


いやーーー、そしてですね、みなさま。ここで終わると思ってはいけません。
なんとどっこい!!(どっこい?)

「今月はAさんもお忙しそうですし、私でよければ協力させて頂きたいのですが・・・・」と焙煎を
お申し出くださった方がおいでです!

この方も焙煎なさるし、ご家族が焙煎して珈琲豆を販売されています。
HP等は今はまだ作成中ですが、花巻温泉の入り口「ココ・デ・アール」でも
購入することができます。



↑↑
画像はイメージです。(実物ではありません)
出品してくださるのは「ジャバラマコーヒー」さん。
以下、ジャバラマさんによる珈琲豆の説明です。
↓↓
---------------------------------------------------------------------------------------------
【山の神ブレンド(100g400円)】
ロイヤル・エベレスト(ネパール産)に香り高いモカ・イルガチョフ(エチオピア産)をブレンドしました。
農薬・化学肥料を使用せずに育てられたスペシャリティー・コーヒー2種の華やかなコラボをお楽しみください。

ブレンドした2種の豆の味と背景は以下のとおりです。

「ロイヤル・エベレスト(ネパール産)」
★味
フルーティーな酸味とナッツの風味が特徴。少し苦味のあるライトボディーのコーヒーです。
★背景
コーヒー栽培の舞台はヒマラヤ山系。生産者はもともと自給自足生活を送っていた貧しい零細農家で、
農薬や化学肥料は高価であるため使用せず、自然農法を中心とした栽培指導が国内の生産者組合を
通じて行われています。さらに海外NGOや政府団体の技術援助により、生態系の保全と貧困緩和策としての
コーヒー栽培体制が維持されています。私たちは、ロイヤル・エベレストを応援しています。


「モカ・イルガチェフ(エチオピア産)」
★味
爽やかな酸味とワインのような華やかな風味が魅力のブランド豆。有機栽培ですので、安心してお飲みいただけます。
★背景
コーヒー発祥の地、エチオピアが誇るモカ・イルガチェフ。小規模な農園で、手摘みなど昔ながらの
手法で栽培・収穫されたスペシャリティーコーヒーです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、『強力』な助っ人さんによる『協力』の助け船でした。(でたーっ!おやぢギャグっ)
Aさんの焙煎した「アンジェリカ」、ジャバラマさんの「山の神ブレンド」。
どちらも個性があって魅力的ですよね。

ということで今月の珈琲豆は2種となります。
こういう助け合いのコラボって素敵ですね。
誰かが誰かを慮って助け合うというのはできるようで、実はなかなか難しかったりするものですよね。
ジャバラマさん、ほんっとにありがとうございますっっ。




↑↑
で、パンは「シナモンとレーズンの祈り」。(ホール560円/ハーフ280円)

以上のチャリティ商品の売上全額を支援金と致します。
(ジャバラマさんも全額寄付をお申し出くださいました。重ねてありがとうございますっ)

いずれもご予約をお受けしますのでお気軽にご連絡ください。
特に焙煎珈琲豆は予約完売になる場合が多いのでご予約をオススメします。
(tel⇒0198-41-9010 mail⇒info★roots88.com(★⇒@へ変換してください) twitter⇒@panya_roots)

それと、再度のお知らせですが、5/19(日)・5/23(木)は臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

ではいつもどおりパン焼いてお待ちしていますっ。




コメント