パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

アップルパイの事とか、映画のこととか。ちょっとお知らせ。

2014-10-31 | お知らせ。
寒くなってまいりましたねー。
特に朝が・・・。

さて、2つほどお知らせです。

りんご酵母の寄り道アップルパイ」。
皆様、たくさんのご利用をありがとうございますっっ。



↑↑
今週から、これまで使わせて頂いた「宇津宮果樹園」さんのりんごから、別なりんご農家さんのりんごを
使わせて頂いております。(この農家さんも「宇津宮」さんと仰います)。
写真は「秋陽(しゅうよう)」という品種。こちらも減農薬栽培です。
甘みも酸味も強く味が濃いですねーー。美味しい~。
今はジョナゴールドを使用していますが来週くらいからこちらのりんごになると思います。




↑↑
ホールサイズでご購入の方もチラホラおいでで嬉しいっっ。
皆様、ほんっとにありがとうございます!!

アップルパイは日々、少量生産なので、予約で数日先まで埋まっている状況です。
ご購入希望の方はなるべく早めにご連絡くださいね。



 それともうひとつは、映画のお知らせを再びさせて頂きますね。
明日11/1から11/14までは、映画『よみがえりのレシピ』が盛岡フォーラムで
上映されます。
うちでも前売りチケット(定価1800円⇒1000円)を扱っていますので、行こうかなーと
お思いの方は是非ともお声掛けください。



↑↑
余談ですが、先日届けてもらった愛媛県産のレモン。
この時期はまだ青いレモンで、12月頃から黄色いレモンが収穫されるのだそうです。
これで檸檬酵母起こししてます。
そう。アレに使います。

ということで、ちょっとお知らせでした。

では引き続き、パイもパンも焼いてお待ちしていますっっ。

コメント (2)

10月震災チャリティ販売が終了しました。ご来店・ご協力を誠にありがとうございました。

2014-10-26 | 東日本大震災関連
今月の震災チャリティ販売が終了しました。
ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。

では報告を致します。

まずは今月の震災チャリティ商品メンバーの紹介です。どぞっ。



↑↑
今月の珈琲豆はAさんはお休みでした。
で、頼もしい助っ人登場!花巻市の「ジャバラマコーヒー」さん。
うんまい珈琲豆を2種、スタターーーンとご提供頂きました。
ほんっとにありがとうございました!

ジャバラマさんの珈琲はお初だった方もおいでですよね。
いかがでしたでしょうか(*^▽^*)
ご購入頂いた皆様、誠にありがとうございました。





↑↑
「シナモンとレーズンの祈り」。(画像はハーフサイズです)
外側のカリカリ具合と中のしっとり具合がギャップありすぎ。
そしてクラクラするほどいい香り。
月に4日間だけ出現のニクいヤツです。

これらチャリティ商品の売上は16,520円でした。
全額を震災支援金と致します。

結果、下記のとおりの累計支援金額となります。



↑↑
震災チャリティ販売開始から本日までの累計支援金額は93万円を超えました。
これまでご協力頂いた皆様、本当にありがとうございます。

先月の報告でも掲載しましたが、今年7月末までの支援金寄付額と
寄付先も掲載しておきますのでよろしければご確認ください。
↓↓↓



、8月以降は「田老ライブ」開催資金として貯金しています。
今月末で貯金額は以下のとおりとなります。↓↓



以上、今月の震災チャリティ販売の実施報告です。

今のところ田老ライブの開催資金は10~15万円だと見積もっていますので
引き続きのご協力をどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、手土産をまたまた頂いております。

久慈のお菓子「まめブッセ」(←お菓子の「ブッセ」です。「まめぶ」とかけてる(笑)。
「まめぶ」は食べた事ないなぁ・・・・うまいんか?)、
有機ココナッツオイルを使用したポップコーンとか、
津志田の里芋!!(←出来が悪くて捨てるだけなので・・・、と
お客様が仰ったけど、いえいえ!立派じゃないですかー!)とか、
これもまたお客様の自家栽培の落花生とか(岩手で落花生って育つんですねーー、
知らんかったー!塩茹でが美味しいそうですーーー!)とか。

あのーー。
もしもし?もしもーーーし!!
どうか手ぶらでご来店くださいっっっ。
パンを買って下さるだけで十分ですっっっ!ほんとですっっ!

いつもいつも本当にありがとうございます。
ほんっとにお気遣いなくお願いしますね。

それと、「りんご酵母の寄り道アップルパイ」ですが、
只今ご予約が混んでおりますので、ご購入希望の方はご来店日の1週間前ぐらいには
ご予約をお願い致します。
少量生産でご迷惑をおかけ致しますがどうぞ宜しくお願いいたします。

では引き続き、パンもパイも焼いてお待ちしていますっっ。





コメント

季節酵母菓子『りんご酵母の寄り道アップルパイ』販売開始します。どうぞ宜しくお願いいたします。

2014-10-15 | お知らせ。
台風過ぎましたが。。。。。
皆様、ご無事でありますように。

えと、季節酵母の焼き菓子『りんご酵母の寄り道アップルパイ』を販売開始します。
どうぞ宜しくお願いいたします。



↑↑
石鳥谷町の滝田地域はりんごの産地。
減農薬栽培で美味しいりんごを育ててくださる「宇津宮果樹園」さんの
りんご。

りんごの品種は40種もシーズン中に収穫されるそうです。
これはジョナゴールド。
シーズン中に出荷される品種はどんどん変わっていきます。

なので、当店のアップルパイもその時のタイミングで使うりんごの品種は
変わっていきますのでその品種それぞれの味を楽しんでくださればと思います。



↑↑りんご酵母。
宇津宮さんのりんごは酵母起きるのが早い。
そして元気。

この酵母がパイ生地に旨みを与えます。(と、私は頑なに思っていますが。)


パイ生地は砂糖もバターも一切不使用で、まぁ、かなりの変り種かと
思います。




↑↑
りんごっぎしり。シナモンたっぷり。
「りんごがぎっしり過ぎて食べづらいんですけど。」と、クレーム頂きそうな
くらい入ってます。
 中に入れるりんごの量はいろいろとやってみたんですが、このくらいが満足感もあり、
パイ生地とのバランスもとれるのではないかと思ってます。

バターがふんだんに香るアップルパイもイイですが、こんなふうに
パイ生地にじんわりとコクと旨みがあるアップルパイもたまにはいいですよ。
しっとりしたパイ生地がお好みの方はそのままで、サクサクのパイ生地がお好みの方は
オーブントースターで焼いて召し上がってくださいね。

1ピース(1/8カット)206円(税込)です。
(ホールサイズ(8ピース分)でも承りますが、お値段も8倍です・・・・・。)
原材料はコチラをご確認ください。

通販も致しますが、味が落ちるのが早いので、到着日に召し上がってください。
ご来店の方もご購入後はできるだけ早めにお召し上がりくださいね。

なお、アップルパイは1日の生産量が少ないので、当日の取り置きや
前日にご予約を頂いても、対応できない場合もあります。何卒ご容赦ください。
 「絶対に食べたいですーー」という素敵なテンションをお持ちの方は
数日前にご予約をお願い致します。
 また、通販ご利用の方につきましては、できるだけ到着日指定を控えて頂きますよう
お願い申し上げます。または「どうしても到着NGの日」をご記載頂き、できるだけ
発送のタイミングはこちらにお任せ頂くよう、ご協力頂ければ幸いです。


 おそらく11月半ばまでの販売になるかと思います。

 りんごが美味しい季節です。
 このパイは相当、変り種ですが、りんご酵母の旨みじんわりのパイ生地と、
農家さんに大事に育てられたりんごの美味しさとを楽しんでくだされば
有難いです。

 ではパンもパイも焼いてお待ちしていますっっっ。
 




コメント (2)

月イチ行商『にっち』での出張販売が終了しました。ご来店をありがとうございました。

2014-10-14 | お知らせ。
台風、きてますね。。。。
県内各地で避難警報出てますが、皆様もくれぐれもお気をつけください。。。。

昨日は東和町『にっち』で出張販売させていただきました。
東和町では「まちかど美術館@土澤」も開催中でしたので、人出もあって賑やかでした。

ご来店頂いた皆様、誠にありがとうござましたーーっ。




↑↑

『にっち』では冬物・紳士ものが多く入荷しています。
男性のお客様から商品についてリクエストがチラホラあるそうです(*^▽^*)



↑↑
コレ、帽子です。最初、なんだかわからなかった(笑)。
上部をクシュクシュと折りたたんでかぶるとちょっと素敵な感じになりますね。
アフリカとタイで連携して生産されている帽子だそうです。




↑↑
秋冬に限りませんが、東和町在住の羊毛作家・山本みきさんの「サフォーク靴下」は
暖かく、履き心地よく、丈夫で本当に人気があります。
私もとても重宝しています。
デザインやサイズなど、豊富ですので是非一度、履いてみてくださいね。


来月の行商は今年最後になります。(12月の出張販売はお休みの予定です)
11/9(月)に参りますのでどうぞ宜しくお願いいたしますっっ。

それと、またも手土産を頂いております。
お一人で卸専門でなさっているお菓子屋さん「シャノアール」さんの
『アボカドガトーショコラ』(バターが入手困難でアボカドをバター代わりに。
そのアイデアが凄い!そしてそのケーキ、めちゃくちゃうまいっっ!)とか、
ブルーチーズを使ったクッキーなど(これは別な焼き菓子屋さんのもの。
胡桃も入っていて食材の取り合わせが絶妙すぎる・・・)。
あとは「紅いわて」という今年から岩手県が力を入れて開発・販売中のりんごとか。
大沢温泉近くのドイツ人シェフのお店「バックシュトゥーベ」さんの
うんまいココアチーズけーキ、北上・展勝地のレストハウスで販売している、
ずんだ大福とか。(うまいです、餅部分が特に。)

皆様、毎度、本当にありがとうございます。
でもでもっっ。是非とも手ぶらでいらしてくださいね。

では間もなく季節商品もお知らせ致しますので、引き続き
どうぞ宜しくお願いいたしますっっ。
コメント

『完全無農薬・無肥料栽培小麦全粒粉』の食パンの販売を開始します。どうぞ宜しくお願いいたします。

2014-10-11 | お知らせ。
本日はスゴイ新メンバーが登場しますので、そのお知らせです。

完全無農薬・無肥料栽培小麦「ゆきちから」で焼いた全粒粉食パンの販売を開始します。
どうぞ宜しくお願いいたします。

今日はこの貴重な小麦の背景もお伝えしたいのでちょっと長くなります。



 先日、紫波町(隣町)で自然農(不耕起・無農薬・無肥料栽培)を実践されている
村木さんという方から「無農薬栽培でゆきちからを育てています。使ってもらえませんか?」
という話を突然頂きまして。
ナント、栽培のみならず、脱穀・製粉に至るまで、ほぼ手作業で行ってるとのこと。
(種蒔き前と作物生育中の草刈は草刈機を使い、そのほか、製粉時は製粉機を使いますが、
あとは手作業によるものだそうです。)


マジすか~( ゜Д゜)
驚愕です・・・・。無農薬・無肥料で育てることも凄いうえに
脱穀・製粉まで農家さんご自身でなさるとは・・・。


それは是非畑も拝見したいです~、とちょっと畑まで行って
見せてもらいました。



↑↑
ここは村木さんの畑のほんの一部。全体はまだまだ広いです。
不耕起栽培(畑を耕さず、土の生態系のバランスを保つことで作物を育てる)且つ
無農薬・無肥料で作物を育てていらっしゃいます。
この場所は一面に枝豆が元気よくプリプリと実をつけていました。



↑↑
「秘伝」という品種。私が知る限りの枝豆の品種の中で最も美味しい。
元気だなぁ。素晴らしい。



↑↑
南部小麦の芽が出てました。やっぱり力強い小麦になるのかな。
元気に冬を越してほしい~。



↑↑
収穫されたゆきちから(これは実を取り出した後のワラだそうです)。
美しく馳掛けされていました。



↑↑
脱穀機。
これで麦を穂と茎に(「茎」って呼び方でいいんだろか・・・)分けます。



↑↑
さらには唐箕も。これでゴミなどを飛ばし、小麦の選別に使います。
木製のをたまに博物館(いや、歴史の教科書だったかな・・・)で見かけたりしますが
ブリキ製ということはわりと新しめかな?



↑↑
村木さん。
とても農業をおひとりでなさるとは思えない、華奢で穏やかな方。
静かな口ぶりで農業について語るのが印象的。
その静かさの中に、確固たる農業への情熱や使命感にも似た思いが感じられます。




↑↑↑

ということで完全無農薬・無肥料栽培のゆきちから食パンを販売します。
1山:590円(税込)、2山:1180円(税込)です。
さらに1/2山:295円(税込)もご用意します。

まー、価格に関してはうちのいつもの食パンの倍以上なので、やはり高いという
印象があると思います。
でも、無農薬・無肥料の小麦粉は、うちで使っている小麦粉の4倍近い値段がします。



 無農薬・無肥料栽培にこだわるというのは生半可な気持ちではできないと
思います。
 農薬や肥料を投入しない以上、土の基礎体力や生態系のバランスが
整っていることが勝負になってきますし、農薬を使用する農業に比較すれば
収量が少ないのは当然の事です。
 それでも敢えて環境に負荷のかからない農業を実践する。
自然界のバランスをできる限り壊さず、なるべく人間が介入せず、できるかぎり
化石燃料を使わず(機械を使わず)、手作業を行う。
 
 その徹底ぶりは「自然界における人間の立ち位置」のようなものを頭でわかって
いらっしゃるだけでなく、本来の人間のあるべき姿を引き受ける「覚悟」のような
ものも村木さんはお持ちだと私は感じました。

 結果的にこれだけの手間がかかる以上、生産量が少なくなるので、単価が高くなって
しまうのは仕方がないと思います。

 当然の事ですが、安いものには安いなりの理由があります。
 高いものには高いなりの理由があります。
 その理由がまっとうな理由かどうかは、それを受け止める人の判断になると
思います。

 私は村木さんのやっている事はまっとうだと思いますし、こういう方が
栽培している小麦を伝えていくことに関われたのは個人的には嬉しく思います。


 あ、ちょっと薀蓄長くなりましたが、肝心の味ですが。

 物凄く濃いです、味が。
 クセモノ度数200%。
 そのままかみしめてクセモノ度を味わってもらいたいな(笑)。


 この色は黒糖とかコーヒーとか入れてるのではなく、全粒粉100%なので
このような濃い色になります。ふすま(麦の外皮の部分)がたっくさん入ってます。
米でいうと玄米100%って感じですね。
 重量はうちの南部小麦の食パンより少し重いのですが、100%全粒粉で上に伸びない
ため、高さがなく、ずっしりしているのも特徴です。

 あと、特にミミがウマイです。
 香ばしくて、ちょっと焼くとクッキーみたいですよ。

 この食パンは季節商品ではありませんので、長期間で販売します。
 村木さんとこの26年度産のゆきちからがある限り販売しますので
じっくりご検討くださいね。

 原材料はコチラをご確認ください。

 なお、、毎日このパンを焼くわけではないので、確実に欲しい!という方は
ご来店前日正午までにご連絡ください。
 1/2山からで結構ですのでお気軽にご利用くださいね。

 あ、それと。宣伝するのを忘れてました~。
 10/13(月・祝)は月イチ行商『にっち』の日です。

 『にっち』がある土澤では「街かど美術館@土澤」も開催中です。
 お時間のある方は是非いらしてください。

 お待ちしていますっっっ。

 


 









コメント