パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

1月震災チャリティ販売が終了しました。ご来店・ご協力をありがとうございました。

2014-01-27 | 東日本大震災関連
2014年最初の震災チャリティ販売が終了しました。
ご協力・ご来店頂いた皆様、ありがとうございました。

ではいつもどおり、メンバー紹介します。



↑↑
飛び入りで参加してくださったアクセサリー作家「ineff・labo」さんの
ピンバッジ。

blogでご紹介後、速攻で完売でした。
お買い上げくださり、ほんっとにありがとうございますっっ。

この繊細なセンスと細かい作業の連続が窺える作品。
1個製作するのにどんだけ時間がかかるんだろ・・・・。
という話でお客様と盛り上がったりしました。

ineffさんはネットショップもありますので宜しければ覗いてみてくださいね。



↑↑

定番「シナモンとレーズンの祈り」(画像はハーフサイズ)。
しっとりしたキメ細やかなパンの肌が特徴です。
シナモンの香りが豊かで、少しうっとりしますよ。
是非、味わいを噛み締めてくだされば嬉しいです。

ということで、今月の震災チャリティメンバーでしたっ。
これらの商品の売上は14,980円でした。
全額を震災支援金と致します。

今年もできる範囲で、できる形でチャリティ販売を継続したいと思っていますので
引き続きのご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

それと、皆様からの手土産もいろいろと頂いています。
金沢県のお菓子や、仙台のチョコ、日本酒、自家製の黒豆味噌などなど。

いつもほんっとにありがとうございます。
家族で頂いたり、お客様にお裾分けしたりと楽しく頂いておりますが、
是非とも手ぶらでご来店くださいっっ。
そこんとこ、ひとつ宜しくお願い致しますーーーっ。

では引き続きパン焼いてお待ちしていますっ。
コメント

食パンの販売を再開致します。ご迷惑をおかけ致しました。どうぞ宜しくお願い致します。

2014-01-24 | お知らせ。
只今、震災チャリティ販売中です。
ineff・laboさんのピンバッジは完売しました。
お買い上げくださいまして本当にありがとうございますっっ。

ineffさんもとーーっても喜んでました。ありがとうございますっ。

さて、食パンの販売再開のお知らせを致します。
長らく食パンの販売はお休みを頂いておりました。
大変ご迷惑をおかけ致しました。
今年に入ってからやっと安定してきましたので、販売再開致します。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



↑↑

たぶん、原因は酵母にあると思い、酵母の培養方法を変えて実験を試みる。
水かレーズンか、それ以外の問題なのか・・・。
水を替えたり、レーズンの種類を変えたり、瓶の蓋を密閉するパターン、
瓶の蓋をしないで酸素を多く取り込むパターン(アルミ箔の蓋のヤツですね)とか、いろいろ。
レーズンと水の比率を変えてみたり。

顕微鏡で酵母菌を見ているわけじゃないし、はっきり断言できないけど、
今回の要因はたぶん、酵母菌が求めるレベルに増殖していないのではないかと想像しています。
酵母菌の数が少ないんじゃないのかな。

うちの中では食パンは一番、酵母の体力を必要とするパンで、ある程度の量の酵母菌がパン生地の中に
増殖しないと途中でスタミナが切れてしまうというのが私のイメージ。

なので、より多く、より強い酵母菌を育てる事が必要になってきます。
もうそれは今までもそうだし、今後も研究あるのみだけど、ひとまず、温度管理や酸素呼吸を
多めにさせることなどでだいぶ改善されたようには思います。

食パンがうまく焼けなくなってからずっと「オマエさ、うちらのこと、なんにもわかってないよなー」って
酵母に言われてる気がしてました(苦笑)。
もう、ぐぅの音も出ない感じで。

原因の一番は自分の思いこみの殻を破れていなかったことです。
酵母の培養方法に問題はない、という思いこみ。
今までの自分の経験からくる先入観が問題解決への道を一番邪魔したように思います。
ひとつひとつを疑ってみることって大事だな、と改めて思いました。

長くなるので具体的な記述は省きますが、要は『問題は常に自分自身の中にある。』という事ですね。
わかっているようで、ゼンゼンわかってないなぁ。
改めて酵母に教えられたように思います。




↑↑
見づらいけど、オーブンの窓から覗いた感じ。
毎日、食パンを窯入れし、「戻って来い!!」と心の中で叫ぶ。
エラそうに命令口調だけどこの瞬間、「祈り」です、マジで。



↑↑
戻ってきた、いつもの顔で。
また拗ねてどこへ行くかもわからないけれど。


ということで大変ご迷惑をおかけ致しました。

また、今回の事で失敗パンが毎日のように出ましたが、快く引き取って召し上がってくださった
お客様には心から御礼申し上げます。ありがとうございました。
食べてくださる方がいなければ破棄する運命にあった食パンたちです。
助けていただき、本当にありがとうございました。

更にはご心配頂き、分野は若干違えど、ご自分の経験からいろいろとアドバイスしてくださった
方々もおいでです。本当にありがとうございました。

ということで、まだまだ未熟者で酵母たちに叱られる日々ですが、
精進したいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。



↑↑
あ、最後に厚かましく宣伝させてください。

農園「たそがれ」の自家採取蜂蜜「秘蜜(ひみつ)」。復活した食パンと抜群の相性です。
大(250g)・小(120g)は完売しており、現在は中サイズ(180g)のみですが、
まだ店頭にございますので、宜しければご利用ください。

噛みごたえ十分の食パンと、蜂蜜のクセと風味満載の「秘蜜」。
このヒトたち、名コンビです。ぜひ一度お試しくださいね。

ではパン焼いてお待ちしていますっっ。














コメント (8)

1月の震災チャリティ販売に緊急参戦アイテムが登場します。

2014-01-20 | 東日本大震災関連
一日中、雪が降りそうでしたが、午後はなんとか晴れ間が見れた石鳥谷です。

今月の震災チャリティ販売について、追加のお知らせです。

今月は焙煎珈琲豆は欠席でパンのみの販売です、と告知をしておりました。

そしたらナントですね、緊急参戦してくださる方がおいでですっ。

群馬県のアクセサリー作家「ineff・labo(イネフ・ラボ)」さん。
(このblogの仕様でHPにはリンク貼れないので、ineffさんのFacebookにリンク貼っておきます。気になる方は検索してHPも是非ご覧になってくださいまし☆)

天然石・天然素材などを用い、独特のセンスと丁寧な手仕事が特徴です。
ほうぅぅっっ~と溜息のでるような素敵なアクセサリーの数々を
生み出す方です。

ineffさんは当店の震災チャリティ販売を開始以来、これまでに何度も作品をチャリティ商品として
出品してくださるほか、ご自身が参加するイベントやご自身のネットショップでの売上金を
たびたび寄付してくださっています。




↑↑↑

今回の参戦アイテム。
ピンバッジ5種。素敵すぎですっっ。
ご自分で身に着けても、贈り物としても重宝しますね。
各980円です。
こちらの売上全額を支援金とさせて頂きます。

ineffさん、ほんっとにありがとうございますっっ。

アクセサリーもパンもご予約もお受けしますのでご連絡くださいね。
(tel&fax:0198-41-9010 mail⇒info★roots88.com(★⇒@に変換してください)
 twitter⇒@panya_roots)

ではお待ちしていますっっ。




コメント (2)

12月震災チャリティ販売の支援金寄付報告について。

2014-01-17 | 東日本大震災関連
2013年も一年間に亘り、震災チャリティ販売にご協力頂きましてありがとうございました。
12月分の寄付報告です。



↑↑
クリックしてください。
昨年末でこれまでの支援金累計額は77万円弱となりました。
これまでご協力頂いたみなさま、本当に有難うございます。



↑↑
今回も一部は大船渡市・大洋学園に寄付しました。
ご確認ください。



↑↑
学園から皆様宛の御礼状です。
お目通しくださいね。




↑↑
その他、「ひとくち支援の会」にも寄付しました。
スガヌマさんは会の発起人です。
「ひとくち支援の会」はひとくち=5000円を寄付し、必要な物資を必要なところに届ける活動をしています。
どなたでも「ひとくちメンバー」として参加できますので、HPやFacebookをご覧になってみてくださいね。


今月の震災チャリティ販売はパンのみの販売となりますが、ご都合のつく方は是非いらしてください。

お待ちしています。



コメント

極寒だけど、温かさ倍増。

2014-01-15 | あんなこと、こんなこと、そんなこと。
ここ数日、激烈に寒い石鳥谷です。
朝は連日-10℃近い。昼間も氷点下ばっかり。

そんな時にお客さんから頂いたお手製の花梨ソース。



↑↑
奥の瓶が原液。
綺麗だなぁ。惚れぼれしますね。

すぐに店でお湯を注いでご来店のお客さんにお裾分け。
凄く寒い日だったから、少しは暖かくなってもらいたいなぁと思って出しました。


爽やかな花梨の香りと甘み。

私自身は寒い日に温かい気持ちを頂いてほっこりしました。
ありがとうございました。

あ、おもしろ味のお菓子も別な方から頂いていますので、お越しの際には
皆様もつまんでくださいね。

ではパン焼いてお待ちしています。

コメント