パン屋√s(ルーツ)。

一人で営んでる「パン屋√s(ルーツ)」の日々。

パン焼いたり、つぶやいたり、パン焼いたり。

『田老ふれあいライブ』終了しました。これまでのご協力を誠にありがとうございました。

2015-06-03 | 東日本大震災関連
 5/31(日)は、皆様から震災チャリティ販売でご協力頂いた支援金で開催される「田老ふれあいライブ」を
聴きに宮古市・田老町へ伺いました。  
そのため、店舗営業は臨時休業とさせて頂いた次第です。  
これまでのご協力を本当にありがとうございました。  

 では、当日の様子を画像を交えてお伝えしたいと思います。と言いつつ、自分の写真がヘタです、
先に謝っておきます、ごめんなさい~。





↑↑
 会場である「グリーンピア三陸 みやこ」からの眺め。左奥のほうに並んでいる建物は仮設住宅。
(小さすぎて見づらい・・・。ごめんなさい・・・)
今回のライブはこの仮設住宅を含め、このあたりに住んでいらっしゃる方々にお届けするライブです。

 

↑↑
ライブ会場は「グリーンピア三陸みやこ」の中の施設「ふれあい交流館」でした。
100名くらい来てくださったと思います。満席で椅子が足りなかったほどです。


 
↑↑
演奏は最初に岩手医科大学の吹奏楽サークルの皆さんの演奏。  




↑↑
音色が染み入ります。。。。。  



↑↑
 そして花巻から参戦!「ブドリ舎バンド」の皆さんが、これまた迫力のある演奏を
披露してくださいました。この日は6名で演奏してくださいましたが、本当に素晴らしい!!!
普段から練習してないとこういうふうにはいかないだろうなぁ。聴けてよかった~。



↑↑ 会場の皆さんもしっとりと聴き入る場面もありました。

 ポップな曲もメジャーな楽曲ばかり演奏してくださったので、皆さんが楽しんでくださって
ましたし、その他にも「しゃぼん玉」や「ちょうちょ」などの童謡をjazzっぽい アレンジで
演奏してくださり、会場のみなさんで大合唱でした。



↑↑ 
ほかにも岩手医大の「からあげ同好会」のみなさんが、おいしいからあげを揚げ続けてくださり、
当店の震災チャリティ販売でもお馴染みの「Aさん」が自ら焙煎した珈琲を淹れ続けて
くださいました。  


 ということで、無事に「田老ふれあいライブ」が終了致しました。   
 当店の震災チャリティ販売にご協力頂いた皆様、このライブの実現に向けて関わって
くださった方々、そして何よりもライブに来てくださった被災された方々に御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。  

 では、会計報告致します。  

 


 ↑↑
 今回のライブ資金はこれまでお知らせしてきたとおり14万円ほどでした。  
 上記のように使用した結果、6万4千円ほどの残金となりました。
 これは岩手県臨床心理士会へ寄付したいと思っています。  
 というのは、話が前後しますが、今回のライブの企画・発案者は、いつも当店での
震災チャリティ販売で珈琲豆を焙煎してくださる石鳥谷町在住の「Aさん」です。  
Aさんのご職業は臨床心理士さんで、「岩手県臨床心理士会・宮古支援チーム」として
定期的に宮古に行って支援活動をなさっています。  
今後も支援活動は続きますが、当然の事ながら支援資金が潤沢ではない状況のようです。

 つきましては残金は今後の支援活動に活用して頂きたく、Aさんの属する「岩手県臨床心理士会」に
寄付させて頂きます。  
 これまで当店の震災チャリティ販売にご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。



 今回、Aさんの企画に資金の面で参加させて頂きましたが、実際に現地に行ってライブを
聴いてよかったなぁと思いました。

 足を運んでくださった方々が「楽しかった」と仰ってくださったり、素敵な笑顔を見せて
くださった時に、本当にこちらが励まされたなぁと感じました。  

 当日は事情により、車ではなく電車とバスで田老町に行ったのですが、バス停などで
話しかけてくださるお年寄りなど、本当にみなさん優しい。  
 話を伺うと、息子さんを津波で亡くしたとか、命は家族全員助かったけど、家は流されて
何もなくなったとか、そういう方々ばかり。
 それでも必ず仰ることは「全国の方々から着るもの・食べるもの・日用品などいろんなものを
送ってもらって助けられてこうして生きてます。本当に有難いです。」ということ。
そこが本当に凄いと思います。  
 自分だったらそんなふうに思えるだろうか・・・と思います。  


 今回のライブで少しでも楽しんでもらえたらいいな、元気になってもらえたらいいな・・と
思っていましたが、それは大きな間違いでした。  
 元気をもらい、勇気づけられたのは自分のほうだったと改めて思いました。  
 
 ライブに足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました。  

 また、ライブ会場には当店の常連さんの姿もありました。毎月の震災チャリティ販売にご協力
頂いただけでなく、こうして田老町まで(しかも大迫(花巻市)から!!) 来てくださったこと、
本当に有難かったです。  
 そのほかにも「私も田老ふれあいライブに行きたいけど、どうしても都合がつかないので、
私の代わりにこれを皆さんに持って行ってほしい」と、東和町・「にっち」で扱っている
ベルギーのうんまいクッキーを差し入れてくださったお客様もおいででした。  

 皆様、ほんっとにありがとうございました。  
 心より御礼申し上げます。  


 前にも申し上げたかもしれませんが、一旦、震災チャリティ販売は終了致しましたが
今後、もしも再開することがあればその時はまたご協力をお願い致します。  



 以上、「田老ふれあいライブ」の報告と致します。


---------------------------------------------------------------------------------
と、ライブの内容の掲載は一旦終了しましたが、blogにUP後、綺麗な写真をお借りできましたので、
ここからは当日の風景を再度、画像でお伝えします。



↑↑
ライブ会場「ふれあい交流館」入り口。ウッディな感じが、周りの緑とよく調和してます。





↑↑
ライブ開始前に仮設住宅に行って、住民の皆さんに声をかけてくれた岩手医大のみなさん。
子供たち、かわゆいですね~。



↑↑
医大の吹奏楽サークルのみなさんもリハーサルに余念がないようです。


↑↑
もちろん、本番の演奏もよかったよ~。




↑↑
会場は住民の皆さんでどんどん賑やかに。


↑↑
アイスクリームも振る舞われてました。


↑↑
医大の「からあげ同好会」のみなさん。からあげを揚げる姿が真剣。



↑↑
そして楽しそう(笑)。



↑↑
そして「Aさん」は黙々と珈琲を淹れつづけ(笑)。



↑↑
会場には「Aさん」の淹れた珈琲が次々と配られました。




↑↑
このライブの準備・段取り・当日の運営を仕切ってくださった藤澤さん(右)。
藤澤さんも「岩手県臨床心理士会宮古支援チーム」に属する方です。
ほんっとにお疲れ様でした。



↑↑
そして、大合唱で楽しんでくださった住民の皆さん。その笑顔にこちらも励まされました。


写真はまだまだあるのですが、ここに掲載するのは以上とさせて頂きます。
少しでも雰囲気が伝わればいいな。。。。

関わってくださったすべての皆様、改めて本当にありがとうございました。

以上、「田老ふれあいライブ」の報告と致します。




 ↑↑
 付け足しですー。
 オカンが植えてる苺。  やーーっと赤くなってきたものもありますが、    




 ↑↑
 だいたいのものはまだこんなカンジ。
 ・・・・・苺酵母パンにはまだ時間がかかりそうですなー。  

 あ、それと、いつも告知を忘れてしまってますが、今月の「にっちの日」は 6/8(月)です。  東和町の「にっち」に行商に参りますので、ご都合のつく方は是非いらしてくださいね。  


 お待ちしていますっっ。                      

コメント (2)

『田老ライブ』のお知らせです。そして、支援金の追加がありました。ご協力を誠に有難うございますっ。

2015-04-07 | 東日本大震災関連
店の前の杏が満開。
梅も蕾が!!

もう少しで桜も見れるかなー。

と思った瞬間、明日はマイナス4℃の予報が・・・・。がーーーーーん・・・。

さて、来る「田老ライブ」のお知らせです。
以前よりお知らせしていますとおり、
開催日は5/31(日)です。時間、場所もキマリました!

◆開催日:2015年5月31日(日)
◆時間:午後1:30~3:00(2時間の予定)
◆場所: 『グリーンピア三陸 みやこ』内 ふれあい交流館


です。
「グリーンピア三陸 みやこ」のHPには「ふれあい交流館」の画像掲載ないので個別に
紹介しますと、こんな感じです。↓↓↓



↑↑
ウッディ感溢れる外観ですね~。



↑↑
中はこんな感じです。広々していて、ゆっくり音楽が聴けそう★
こんなに木に包まれたライブなんて、そうそうないのではないかな~。
木の香りが漂ってきそうですよね。

ライブの内容は、6人くらいで編成されるバンドマンの方々が
ポップス・ジャズなどを演奏してくださいます。そのほかに
岩手医科大学の吹奏楽同好会の学生さんたちが数曲演奏してくれる予定ですよ。
それに加え、同じく岩手医大の「からあげ同好会」のみなさんが
からあげを用意してくれます。
(なんでからあげ?って聞かないでねーー。ノリです(笑))

ということで、ご都合のつく方はぜひとも足をお運びくださいませ♪
私も当日は店閉めてライブを拝見しにいこうと思っていますので
可能な方は乗り合いでいきましょー(*^▽^*)

そして!!!
実は支援金に追加のご協力を頂きました。



↑↑
震災チャリティ販売は3月末で終了しましたが、その後、通販のお客様より
チャリティ販売に協力したいとのご連絡を頂き、上記のように追加させて
頂きました。(赤字部分です)
ありがとうございます!!



↑↑
ですので「田老ライブ」資金に追加させて頂きます。

追加のご協力を本当にありがとうございました。



「田老ライブ」について、このイベントを企画してバンドの方々と調整したり、現地の
住民の方々にライブ開催を周知してくださったりと、東奔西走してくださっているのは、
当店の震災チャリティ販売でもずっと珈琲豆を焙煎して提供してくださったAさんです。
 改めてAさんには感謝申し上げたいです。
 本当にありがとうございます。

 チラシなども出来上がり次第、店にも置いておきますね。
 繰り返しになりますが、ご都合のつく方は是非とも足をお運びください♪


 そして!!!
 またまた手土産の数々を頂いておりますっ。

 新潟の老舗和菓子屋さんの栗羊羹(羊羹が!!!栗そのものだった・・・。美味しすぎる・・・)、
和三盆を使用した落雁、雫石から仙台に移転したパン屋さんのカレーパン(たぶん、
カレーパンを食べたのは生涯で初めてだと思うけれど、カレーパンってうまいんですね・・・)、
鍋に入れると絶品すぎる濃厚みそだれ、きび砂糖の甘さが嬉しいお手製の八朔ピール、
香りよすぎる焙煎珈琲豆、リスが可愛すぎるポストカード(最大のポイントは「胡桃」です。
店に飾ろうかな~)、野田村産の「ホタテドレッシング」(温野菜にかけるだけで豪華な
味わいになるぅ~)、同じく野田村産「山ぶどうピューレ」(砂糖不使用で山ぶどうの酸っぱさが
よく出ています。味が濃くて美味しい)、岐阜の「はちみつバター」(食パンのおともに!)
などなど。

 あのー。みなさま??


 みなさま。みなさまっっ!!!
 聞いてます??!!聞こえてます??!!
 是非とも手ぶらでご来店くださいーーーーっっ!!!!!!!

 心より絶叫しておりますっっっ。

 パンをご購入頂く時はどうか手ぶらでお願いいたしますっっ。

 お気持ちだけで十分ですーーーっっ。

 と、何度目の絶叫かもうわかりませんが、ほんっとに手ぶらでお願いいたしますね。

 ではまたパン焼いてお待ちしています★
 
コメント

最後の震災チャリティ販売が終了しました。これまでのご協力を誠にありがとうございました。

2015-03-30 | 東日本大震災関連
今日もいい天気になりそうな石鳥谷です。

3/26(木)~3/29(日)は最後の震災チャリティ販売でした。
無事に終了しましたのでご報告致します。

まずは、シュタタターーンと最後の震災チャリティ販売のメンバー紹介に参りますーーーっ。



↑↑
石鳥谷町内在住のAさんの焙煎珈琲豆2種。
お忙しい本業の合間に、毎月時間を作って頂き、ご提供頂きました。
Aさん、本当にありがとうございました。
珈琲豆はファンが多くて、毎月、ほぼ予約完売でした。
今月も速攻で予約完売でした。
ご購入頂いた皆様、ほんっとにありがとうございました。



↑↑
これまで、たびたびAさんが忙しくて焙煎できない時に助っ人で登場してくださった
ジャバラマコーヒーさん(花巻市)の珈琲豆2種。
いつもは花巻温泉入り口の売店「ココデ・アール」で購入できます。
その他、ジャバラマさんのご自宅へ受け取りに伺う場合は格安で販売してくださいますよ。
お問い合わせは
tel:0198-25-2046
mail:roaster★javalamacoffee.com(★⇒@へ変換してお問い合わせください)
こちらの珈琲豆も予約完売でした。




↑↑
焼き菓子屋さん「シャノアール」さんが
提供してくださったレモンビスケット。
オリーブオイル使用のレモン香る厚焼きビスケット。厚焼きすぎる!!(驚)
食べ応え十分ですね。
こちらも初日に速攻で完売でした。
シャノアールさんは卸専門で、店舗はありません。
現在は主に花巻市の「業務スーパー花巻店」の産直コーナーに卸してますので、
納品日やお菓子の種類をblogでご確認のうえ、ご購入にお出かけくださいね。




↑↑
最後はパンです。「シナモンとレーズンの祈り」。
「祈り」という名前は、このパンを買って支援に協力してくださる方々の温かい気持ちが
被災された方々に少しでも届いてほしいという「祈り・願い」からつけたものです。

被災された方々が本来の笑顔を取り戻せるのはいつなのか。正直なところ想像つきません。
でもいつか、本来の笑顔を取り戻して欲しい。
その願い・祈りをこのパンを焼くたびにこの先も思うだろうな、と思います。
皆様、これまでのご協力を本当にありがとうございました。





↑↑
最後にチャリティ商品メンバーの集合写真をパチリ。
・・・・最後まで地味やな~(笑)。

ということで、商品を提供してくださった皆様、ご購入頂いた皆様、
ほんっとにありがとうございました。特に今月は珈琲豆とパンは通販チャリティもさせて
頂きました。通販でもご協力くださった皆様、ありがとうございました。

で、これらチャリティ商品の売上全額を震災支援金と致します。
今月の売上は37,440円でした。皆様、ほんっとにありがとうございます!
そして!!それに加えて!!
お客様から現金寄付を頂いております。

↓↓↓↓↓↓



↑↑
通販のお客様より2000円、ご来店のお客様より600円の寄付を頂きました。
ありがとうございますーーーっっ。

結果、今月の寄付金の合計は40,040円となりました。

ということでこの3年10ケ月の累計支援金は102万円超となりました。
皆様、ほんっとにありがとうございましたーーー!!!!


↑↑
なお、2011年5月(震災チャリティ販売開始当初)~昨年7月までの支援金は上記の団体等に寄付
してきました。
よろしければお目通しください。




↑↑↑
そして、昨年8月以降は、来る5月31日(日)に開催予定の『田老ライヴ』のために貯金して
きましたが、田老ライヴの資金が14万円ほどになりました。

おそらく、資金的には心配なくライヴを開催できます。
本当にありがとうございますっ。
田老ライヴの詳細は後日、blog・店頭でお知らせしますので
ご都合のつく方は足をお運びくださいませ~★


以上、最後の震災チャリティ販売の結果報告とさせて頂きます。
3年10ケ月に亘り、これまで様々な方にいろんな形でご協力頂きました。
本当にありがとうございました。

震災チャリティ販売の他、震災発生直後には支援物資の募集もしましたが、
その時も全国の方々から様々な物資を送って頂いたりと、驚くほど多くの方々が
助けてくださいました。(よろしければその点は2011年3月に遡って当blogをご覧ください)
この場を借りて改めてご協力に感謝申し上げます。

一旦、震災チャリティ販売は終了しますが、もしも具体的なニーズがあれば
いつでもチャリティ販売を再開して支援金をみんなで協力して作り、
必要とされる方々に使ってほしい。その思いに変わりありません。
ただ今は、今後どうすることが支援になるのかがわからないのが正直なところでも
あります。

個人的には震災復興はまだまだこれからだと思っています。
もしも今後、いろんなご縁で震災チャリティ販売をすることになったらその時はまた、
皆様にも再度のご協力をお願いさせて頂きます。

ちなみに『シナモンとレーズンの祈り』は準レギュラーアイテム扱いで
今後は「こっそり」焼いておきます(笑)。
通販でも「こっそり」ご購入いただけるようにしますね。
この点については別途お知らせ致します。


皆様、これまでのご協力を誠にありがとうございました。
いつの日か、被災された方々が少しでも本来の笑顔を取り戻せるといいなと思います。
それはずっと先の事かもしれないけれど、いつか笑って欲しい。
うまく表現できませんが、そう思います。


まだまだ。これから。もっとなんかできるんじゃない?
そんな気持ち、みんな持ってるんじゃないかな。

そんな事もお客さんと話せたらいいな、と思ったりしながらパン焼いて
お待ちしています。
引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
コメント

最後の震災チャリティ販売のお知らせ。今回は通販もしますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

2015-03-18 | 東日本大震災関連
うぅーーー、早いものでもう3月も下旬に入りますね。
今日は公立高校の合格発表日。
他人事ながらちょっとドキドキしますなぁ~・・・。

さて、震災チャリティ販売の商品が準備できましたのでお知らせ致します。

最後の震災チャリティ販売は3/26(木)~3/29(日)の4日間とさせて頂きます。

また、4年近くに亘り継続してきた震災チャリティ販売ですが、今月で最後と
させて頂きますので、今月は店舗のみならず、通販チャリティもさせて頂きます。


ご都合のつく方はご協力頂ければ幸いです。



今回の珈琲豆は4種です。

まずは町内のAさんから、最後の薀蓄を頂いていますのでどーぞ。↓↓↓
--------------------------------------------------------------------------

こんにちは、町内のAです。コーヒーのチャリティは、今回でひとまず終了です。
珍しい豆をご紹介するよりは、おなじみだった豆に登場してもらうことにしました。
今回のお題は、「コーヒーと健康」です。


 さてご存知の通り、コーヒーはカフェインの作用で身体が覚醒します。
何だか毒があるように感じても、無理はないですね。「女がコーヒーを飲むと子どもを
産めなくなる」と言う説がまかり通って、17世紀のコーヒーハウスは女人禁制だったそうです。
食い物の恨みは恐ろしいと言いますが、コーヒーの恨みも恐ろしい。怒ったイギリスの
主婦たちが、「コーヒーを飲むと男がダメになる」(どうダメになるかは聞かないでね)と
逆襲のコーヒーハウス撲滅運動を展開して、イギリスは紅茶の国になったそうです。
今では笑っちゃうような話ですが、当時の人々は真剣でした。

ドイツではバッハが、コーヒーを禁じる父親とどうしても飲もうとする娘の騒動を、
「コーヒー・カンタータ」 で面白おかしく描きました。スウェーデンではコーヒーが
本当に有毒かどうか、人体実験をする王様まで現れました。

 日本の将軍が徳川家治公で田沼意次が権勢をふるっていた頃、スウェーデンに
グスタフ三世という王様がいました。当時はコーヒーと紅茶とどちらが有害かという
論争があり、彼は実験でその結論を出すことにしました。絞首刑が決まっていた双子の
殺人犯に、コーヒーと紅茶を大量に飲ませるという計画です。「コーヒー刑」の囚人には
コーヒー有害説の医師を、「紅茶刑」の囚人には紅茶有害説の医師をつけて、人体への
影響を調べさせるという、念の入れようでした。

 コーヒーも紅茶も当時はぜいたくな飲み物で、貧しい人たちは口にしたこともなかったと
思われます。初めはおそるおそる飲んでいた双子でしたが、おかわりの催促をするように
なったそうです。
 さてその結果ですが、真っ先に死んだのは王様でした。税金に反発した貴族に、
暗殺されたそうです。その次が医師で、双子は二人とも73歳まで天寿をまっとうしたそうです。
紅茶刑の方が、わずかに早く亡くなったとか。ということで18世紀の実験でかつサンプルは
1名ですが、コーヒーは長期間大量に飲んでも大丈夫です。
それにしても、王様があの世に行ってからも実験を続けた家来たちも偉いですね。

------------------------------------------------------------------------------
以上、Aさんから最後の薀蓄でした。

Aさん最後のお題は「コーヒーと健康」でした。
珈琲は適度に摂取すれば心身ともにリラックスできる飲み物。
適量を摂取して楽しみたいものですね。

 では今月のAさんの珈琲豆2種をご紹介致します。

 

 ↑↑
 【①ブラジル サンマリノ 中浅煎り 100g 400円】
 完熟した実を収穫して、パルプド・ナチュラルという製法で甘味を増しています。
爽やかな酸味、ソフトな苦味、そして浅煎りでも強く感じる甘味が特徴です。後口が
果実のような味わいです。



 
 ↑↑
 【②ペルー ウォッシュド  中深煎り 95g 400円】
 おなじみの、ペルーの深煎りです。まったりとしたコクの中に、
甘味を感じます。
おだやかでクセがないので、「深煎りは苦手」という人でも
抵抗なく飲めそうです。

 Aさんからは以上です。

 そして!!!
 これまでにも何度か助っ人でご登場頂いた「ジャバラマコーヒー」さん(花巻市)も
 出品してくださいます!
 以下2種です。
 (画像は実物ではありません。あくまでイメージです)


 
 
 【③マンデリン  100g400円】
 ⇒マンデリンとは、インドネシアスマトラ島北部で生産されるアラビカ種の珈琲を意味します。
豊かなコク、ハーブや果実を思わせるマイルドな香味が特徴です。
また酸味と苦みのバランスが良く、雑味が少ないため上品で飲みやすい仕上がりとなりました。

 
 【④モカ・ブレンド100g400円 】
マイルドで爽やかな酸味とワインのような華やかな風味が特徴です。


 以上、「ジャバラマコーヒー」さんから2種、ご提供頂きます。

ということで珈琲豆は全部で4種です。


そして更に!!

卸専門の焼き菓子屋さん「シャノアール」さん(花巻市)も商品を出してくださいます!

↓↓

 
 ↑↑
 シャノアールさんの1番人気、「レモンビスケット(1個入り160円)」。画像右側です。
 バター不使用でオリーブオイルを使ったさっぱしりしたレモン香るビスケット。
 オリーブオイルの産地イタリア ペルージャの家庭レシピを元にしたそうです。
 かための生地にイタリア産エキストラヴァージンオリーブオイルの旨み、レモンの風味が
 香ります。
 厚焼きで食べ応え十分です。
 是非一度、お試しくださいね。



 ↑↑
 チャリティ商品の最後はパン『シナモンとレーズンの祈り』。(ホール560円/ハーフ280円)
 先月、「3月は『シナモンとレーズンの祈り』は出しません。別なパンを出します」と
宣言したような気がしますが、あっさりと前言撤回です(笑)。

 まだもう少し、震災チャリティ販売を継続するつもりでいたので、今月は別なパンを
出そうかな、と思っていたのですが、予想外に早く終了する運びになりましたので
ココはやはり「シナモンとレーズンの祈り」で締めたいと思います。
 今回出そうと思っていたパンは、またの機会に。こっそりとね(笑)。

 で、これら全商品の売上全額を震災支援金と致します。

 なお、通販対象商品は珈琲豆4種とパンです。
 シャノアールさんのレモンビスケットは店舗販売のみとなりますので
 ご了承ください。

 また、通販の発送は店舗販売と併せ、3/26(木)~3/29(日)とさせて頂きます。
それ以外の日時指定はご遠慮頂きますよう、お願い致します。


 通販チャリティのページはコチラからどうぞ

 ご来店の方はご予約もお受けしますのでお気軽にご連絡ください。
 (T/F:0198-41-9010 info★roots88.com  ★⇒@に変換してご連絡ください。
 twitter⇒@panya_roots)

 では、最後の震災チャリティ販売となりますので、ご都合のつく方は是非
ご協力をお願い致します。
 心よりご来店・通販のご利用をお待ちしています。
 
コメント

3月末をもちまして震災チャリティ販売は終了致します。これまでのご協力に御礼申し上げます。

2015-03-04 | 東日本大震災関連
雪が降ったと思ったら雨へ。
忙しく変化する石鳥谷の空。

さて、前回のblog記事で2月の震災チャリティ販売の結果報告を致しました。
で、Aさんと話し合った結果、
今月末の震災チャリティ販売を最後の震災チャリティ販売とすることに致しました。

理由は今春、実施予定の「田老ライブ」の開催資金に目途がついたためです。
先日の結果報告でも掲載しましたが、ライブ資金は既に10万円を超えました。
Aさんの話ではひとまず、10万円あれば開催できそうです。

ですので、ここは一旦、震災チャリティ販売を終了したいと思います。

2011年5月開始当初から、3年10ケ月の長きに亘り、たくさんのご協力を
本当にありがとうございました。
これまでの累計支援金は100万円目前となっております。
皆様には改めて御礼申し上げます。

珈琲豆を提供してくださるAさんはじめ、群馬県のアクセサリー作家さんや、クラフト作家さん、
はたまた、Aさんがお忙しくて珈琲を焙煎できないときに助っ人で
珈琲豆をご提供頂いた花巻市の珈琲屋さん、同じく花巻市の焼き菓子屋さんなど、
チャリティ商品をご提供頂いた方々。
そして、それらを購入してくださったお客様の皆様。
そのほかにも店舗で通販で、現金を寄付してくださった方々。

この3年10ケ月の間には、本当に様々な方々が様々な思いで協力して
くださいました。
本当にありがとうございました。

最後の震災チャリティ販売は3/26(木)~3/29(日)を予定しています。
震災チャリティ商品の準備ができ次第、ご案内いたしますね。

震災チャリティ販売は一旦、終了しますが、今後必要とされた時には
チャリティ販売を臨時・集中開催して皆さんと協力しながら支援金を作り、必要とされる方々に
支援していくスタイルを取れればいいなと思っています。
過去にあった、『レッスンバッグ支援作戦』のように、具体的なニーズがあれば
また是非ともお役に立ちたい。そう思います。

 ◆レッスンバッグ支援作戦の始まり⇒コチラ 
 ◆レッスンバッグ支援作戦の経過報告⇒コチラ 
 ◆レッスンバッグ支援作戦終了⇒コチラ

なお、宮古市・田老町で開催予定の『田老ライブ』は、5/31(日)に開催が決定
しました。
時間・場所・ライブの中身など、詳細はまた後日お知らせ致します。

 では引き続き、どうぞ宜しくお願いいたします。









コメント