日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008

今年2018年は好調な「上半期」、後半はやや失速ぎみ、な1年だった。

 

1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。

あくまでも「極私的」ですので、旧作DVDが入り込んでますがご了承下さい。

記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~とあらためて感心しつつ、以下10本。

 

 

 

.ファーストマン 賞取りレースではやや苦戦中、なんて全く関係なく(笑)、今年のベスト10上位ランク入り!  

駆け込みで一気に!ベスト1の座に(汗)

 

 

2.バトル・オブ・ザ・セクシーズ Battle of the sexes 世紀のテニスマッチ男 vs 女に至るスポーツ国家アメリカの転換点を描く今作は、ポイント高し!  

WTA(女子テニス連盟)の立ち上げ期がかいま見れつつ、笑えて仕方ない、って素晴らしい!

 


3.ワンダーストラック WONDERSTRUCK 1920年代後半のNY、そして1970年代後半のNY を舞台に、トッド・ヘインズが語るマジカルな物語。  

今作はNYが故郷の当ブログとしては、ツボに入りまくり!


 

4.アイ、トーニャ史上最大のスキャンダル I, Tonya スケート界最大の事件を描き切った今作は、今年前半を代表するブラック・コメディ! 

今年を代表するブラック・コメディ。みるたびに、笑った笑った! 

 


5.レディ・バード Lady-Bird たったの1時間35分に「青春」を凝縮、とは、監督(初挑戦!)の、グレタ・ガーウィグやるじゃん!!!  

「私は一人でセリフを書いてきて、頭の中で台詞を聞いてきたけど、突然命を吹き込まれ、私の想像を遥かに超える状態で具現化された」

 

 

6.万引き家族 Shoplifters 観客に「家族って何?」を、芝居のアンサンブルで炙り出す、リーマンショック以降ならではドラマは確かにパルムドールの価値あり!  

監督の思い入れと、俳優たちの才能の力強い「合わせ技」

 

 

7.フロリダ・プロジェクト Florida Project 夢の国の隣にある「現実」  

 タイトルは、ディズニーワールド開発中の呼び名(凄い皮肉!) ラスト、その救いのなさが極まり、賛否両論のエンディングへ...

 

 

8.モリーズ・ゲーム MOLLY'S GAME アーロン・ソーキンの手引きで「女神の見えざる手」に続き、チャステインが大暴れ(笑)  

  去年の「女神」にそうとうハマった当ブログとしては、今作も高く評価せざるえない!

 

 

9.ゲティ家の身代金 All the Money in the World 巨匠リドリー・スコット久々の傑作、であるとともに、ゲッティー・センター建立の謎が解けた点で、満足度高し(笑)  

まさに上記の点で、当ブログ的には評価せざる得ない(笑)

 

 

10.ジュラシック・ワールド炎の王国 Jurassic World: Fallen Kingdom スピルバーグ映画の本質を把握しつつ、弱点を強みに変えた演出力で予想外にツボに!  

何で?と自分でも不思議だが、後半の予想外の展開が「SF」心に火を点けた(笑)

 

 

~捕捉:アカデミー競合3作がランクインしなかったワケ~

DARKEST HOUR  「ダンケルク」を捕捉する、が最大の価値

SHAPE OF WATER  いい作品だとは思うが、基本プロットは所詮

THREE BILLBOARDS  主人公が警察に火を点けた瞬間に退いた


~早々に鑑賞しなくちゃリスト以下~

「バーバラと心の巨人」ウインド・リバー」「顔たち、ところどころ」「シシリアン・ゴースト・ストーリー」「若い女」「心と体と」「パティ・ケイク$」「500ページの夢の束」「バッドジーニアス」「メアリーの総て」

 ~公開が楽しみだリスト以下~

「グリーンブック」「「ギルティ」「」



コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )



« 映画:ファー... 極私的 201... »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2018-12-31 23:33:51
そうですか~、『ファースト・マン』が1位。
来年2月の日本公開でしたか、楽しみになりましたよ。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
 
 
 
こちらこそ! (onscreen)
2019-01-01 00:00:45
1位、10位がSFになったのを改めてみて私はこっち系に弱いんだなと(笑)

2019年もよろしくお願いします!
 
 
 
あけましておめでとうございます! (maru♪)
2019-01-02 23:38:30
1位はデイミアン・チャゼルのですよね?
これは絶対見たいと思ってます!

4位のアイ・トーニャもフィギュアスケート好きとしては興味深かったです。

昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします😌
 
 
 
おめでとうございます! (onscreen)
2019-01-03 07:16:45
アイ・トーニャ、笑えますよ!
(超ブラックですが)

今年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
今年もよろしく ()
2019-01-04 18:44:41
『ファーストマン』、公開が楽しみです。
『フロリダ・プロジェクト』はよかったですね。小生、子供が出てくる映画には眉に唾つけて見るひねくれ者ですが、これは泣きました。
『ワンダーストラック』、私は10本に選びませんでしたが、NYのパノラマ模型のシーンが素晴らしいですね。
 
 
 
こちらこそ! (onscreen)
2019-01-05 01:22:09
<『ワンダーストラック」のNYのパノラマ模型

子供の頃、よく遊びにいった施設だったなので号泣でした。



「ジュピターズ・ムーン」確かに印象的な一本でした。

機会があれば、もう一度見て観たいと思います!
 
 
 
ファーストマン! (真紅)
2019-01-06 21:46:58
onscreenさん、こんにちは。当方にコメントありがとうございました。
なんと、1位は今年の公開作ではありませんか!
物凄く楽しみにしています。。IMAXで観られたら最高なのですが。
確かに昨年は下半期が失速気味でしたね。
今年もいい映画たくさん観ましょう!
 
 
 
こちらこそ! (onscreen)
2019-01-07 00:54:40
SF好きなので、ぴったりはまってしましました(笑)

一方で今日アップした「ローマ」は既に今年のベスト級(汗)


すごい2019年になりそうです!
 
 
 
Unknown (aq99)
2019-02-11 21:33:06
また2年ぶりの更新で、2年分のブロガーベスト10を発表しております。反映させていただきましたので、よろしくお願いいたします~。
 
 
 
ありがとうございます (onscreen)
2019-02-12 17:54:39
まずは拝見いたします!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集