日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

 

10年前(もうそんなにたったのか!)にロスでの仕事後にクライアントの希望で、ゲッティ・センターに立ち寄った。

 

さてゲッティ・センターとは?

アメリカの石油王、J.ポール・ゲッティーさん(J. Paul Getty)が生前に集めた収蔵コレクションを公開するために設立された美術館

 

まずスケールがすごく、専用モノレールで数分後、完全に未来世界。

キラキラ白く光る複数のパビリオン(と表現したい!)

かつ眼下にはロスの風景が一望に。

 

Calfornia~L.A. その(6)ゲッティ・センター(1) これはスゴい。

Calfornia~L.A. その(7) ゲッティ・センター(2) 思わぬデジャブー体験。  

 

そう、この映画のゲティとは、この石油王、J.ポール・ゲッティーのこと。

そしてこの映画を観ると、このゲッティー・センター成立の謎が解けるのだ!

 

 

 

さて映画。

アカデミー賞で助演男優賞にノミネート、がゲティ役の クリストファー・プラマー(写真:左)

監督のリドリー・スコット(大物!)が脚本で最初にイメージしたゲティ氏像は、実はケヴィン・スペイシーだったそな!

例の事件発生を受け、急遽 クリストファー・プラマー で再撮した結果、賞ノミニーに。

その撮影期間、たったの9日間、に凄腕を感じる。

流石!CM製作上がり(笑)

 

 

始まってみると、事件当時(1973年)の頃のローマでプラマーのみならず全ての役者が躍動!

流石リドリー・スコット! 見応えたっぷり。

「お金は一銭も払わぬ」で有名な誘拐事件の経緯をドラマティックに描く。

当ブログの限界線としている2時間をはるかに超え?、2時間13分だったが、全然 OK!

これ以上書くと、ネタバレしそうなので自粛(笑)

 

 

結論:巨匠 リドリー・スコット 久々の傑作、であるとともに、ゲッティー・センター建立の謎が解けた点で、満足度高し(笑)




コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... DVD:女神の見... »
 
コメント
 
 
 
ケヴィン・スペイシー (まっつぁんこ)
2018-05-13 09:52:56
ケヴィン・スペイシーよりクリストファー・プラマーで正解でした(^_-)-☆
最初からそうすれば良かったのにね(笑)
 
 
 
かもですね! (onscreen)
2018-05-13 17:31:21
ケヴィン・スペイシーはあの事件がなかったとしても、ハウス・オブ・カードの印象が強すぎて、合ってなかったかも、ですねー

プラマーは賞取るだけの迫力がありました!
 
 
 
Unknown (BROOK)
2018-06-02 14:26:14
スペイシー版はこのままお蔵入りでしょうね。
ちょっとどんな演技をしているのか、気にはなるのですが…。
 
 
 
予告編をみるに (onscreen)
2018-06-02 15:27:41
ゲティ本人に似せるため、そうとうに老けメイクをしていて彼とは
判別できないくらいでした。

このためプラマーの自然体演技の勝ち、だと思います!
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2018-06-03 00:11:18
クリストファー・プラマー閣下の存在感はある意味恐ろしかったですよ。
本当に1セントも払わないと笑みを浮かべながら言っているようでしたもん。

是非ゴードン・ゲッコー版マイケル・ダグラスとクリストファー・プラマー閣下の対談を実現して、ついでに映画かもしていただきたいくらいでした。
 
 
 
わはは (onscreen)
2018-06-03 01:09:20
その対決、みてみたいものです!(笑)
 
 
 
こんばんは〜 (margot2005)
2018-06-16 21:41:41
見ごたえありましたね。さすがのリドリー・スコットです。
クリストファー・プラマーの成り切りぶりもスゴかったです。
 
 
 
迫力ありました (onscreen)
2018-06-17 10:14:24
9日間の撮影で、アカデミー助演男優賞候補ですからねー
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集