日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

「キャロル」で1950年代のNYの雰囲気を完璧に演出した トッド・ヘインズ の新作。

 

その演出力を今回も存分に発揮している。

今作では、1920年代後半のNY、そして1970年代後半のNY が舞台。

2つの物語が並行して描かれるが、共通しているのはそれぞれの主人公が単身で大都会に来ること。

大都市NYに一人やってくる姿を、それぞれの時代のテイストで魅せる。

人たちのファッションやふるまいだけで、これだけ時代の雰囲気が伝わるとは!

 

 

 

~ここからネタバレ気味になります~

(そのためアップのタイミングを公開終了まで待機)

 

そして2つの物語に共通しているのが、2人とも耳が聞こえないこと!

このため、街のノイズしか耳に入ってこない(汗)

画期的な構造! でありかつ次はどうなるかハラハラさせられる。

 

 

そして当ブログ的に決定的な場所が登場するに至り、圧倒されてしまった。

1つ目は、ニューヨーク自然史博物館。

子供時代に何度となく見学に行ったアノ場所で、子供目線の物語が進むだけで郷愁が止まらない(涙)

 

そしてダメ押しが2つ目。

クイーンズ美術館内にある、ニューヨークの大ジオラマ!(写真:上部の通路でサイズ感がわかる)

近所に住んでいた私は何度となく通ったし、大人になってからも当然再訪している、思い出の場所(アップ写真は生写真!)

 

ここで物語はクライマックスを迎え、謎が解き明かされる。

子供時代への郷愁だけでもうたまらないのに、更にドラマが加わり、もう涙が止まらない(笑)

 

結論:1920年代後半のNY、そして1970年代後半のNY を舞台に、トッド・ヘインズが語る マジカルな物語。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 「ブログでサ... 映画;レディ... »
 
コメント
 
 
 
効率 (まっつぁんこ)
2018-05-23 16:32:00
日本は狭いという要素はあるけど効率重視で余裕がなさすぎ。施設も小さい。アートや金には直接つながらない学問にもっと金をかけるべき。というのが持論です(^^)/
 
 
 
ですねー(涙) (onscreen)
2018-05-23 17:25:02
日本の文化が廃れてしまわないかと、ハラハラします...
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集