日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

映画の立ち上がりとともに、音楽はずっとロケンロール!

まだ3才のトーニャがスケートスクールに弟子入りするところから始まる。

母親(アリソン・ジャニー)はコーチの承認もなくトーニャに滑らせ、リンクでたばこを吸うわ酒をあおるわ、やりたい放題(笑)

この母親、切れた性格で周囲に毒づきまくっていちいち笑わせる。

ついに父親は愛想をつかし家を出るわ、トーニャの幼少期からの劣悪な環境を見せつける展開!

 

 

そして成長したトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー:写真)

スケート大会での演技で彼女が選択した音楽は何と ZZトップ!(笑)

周りがクラシック音楽の中、ここだけでも既に 凄いインパクト!!!

いまいちな彼氏そしていまいちな彼のダチたちも加わり、トーニャの生活はますます荒んでいく。

母親とのトラブルが極まり彼氏と家出するものの、今度は彼氏がDV化し、最低の人生?

こんな中でも自分で衣装を縫い練習に励むトーニャの姿は実に痛ましい...

 

そしてその努力が実る時がやってくる。

伊藤みどり以外の女性で初めてトリプルアクセルを決めるという快挙!

こうしてアルベール・オリンピック1992の大舞台に立つ。

だが本番では一度もトリプルアクセルを決めれず、失意のうちにウエイトレス生活に…

 

 

ここで奇跡が起こる。

このタイミングで、オリンピックの開催年に変更が!

 

それまでは冬季オリンピックは夏季オリンピックと同じ年に実施されていた。

トーニャにこの4年後はあまりに遠い。

だが2年後の開催変更(リレハンメル・オリンピック1994)で 2度目のチャンスが訪れたのだ!

練習再開し、代表の座を勝ち取ったところまでは良かったが…

 

 

この先どうなるかはあまりに有名。

この騒動がどう発生し報道され、一躍時の人になっていく…

ここで交わされる会話がいちいち笑えて秀逸。

もっとも冒頭からずっと笑っぱなしなのだが!

 

マーゴット・ロビーはもちろん、母親を演じたアリソン・ジャニーの怪演ぶり に拍手。

2人ともアカデミーノミニーになり、特に凄みがあったアリソン・ジャニーは助演女優賞を獲得。

 

結論:スケート界最大の事件を描き切った今作は、今年前半を代表するブラック・コメディ!



コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )



« 読後評:現代... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
 
 
自称元諜報員のおっさん (ituka)
2018-05-07 22:10:16
この親父の自作自演で大変な目に合ったトーニャですが
こうなったら、このニート親父のスピンオフ作品を観たいです。
 
 
 
わはは!!! (onscreen)
2018-05-08 00:08:46
スピンオフ、いいですね〜(笑)
 
 
 
Unknown (BROOK)
2018-05-08 20:11:01
トーニャの一件は今も鮮烈に覚えていたります。
今作で、そこに至るまでが見事に描かれていましたね。
いやはや、非常に興味深いものがありました。
そして、笑えました♪
 
 
 
BROOKさん (onscreen)
2018-05-08 22:40:37
コメントありがとうございます!

オリンピック最大級のスキャンダル、と呼んでもいいかもしれません。
開催年の変更がラッキーのようで不幸に突っ走るところが何とも...
 
 
 
こんばんわ (にゃむばなな)
2018-05-08 23:24:51
織田信成さんの靴紐事件も霞むほどのインパクトを今もなお誇り続けているトーニャ・ハーディング靴紐事件とナンシー・ケリガン襲撃事件。
恐らくこの先、もうこんな事件は起こらないのでしょうね。
となると、これは映画史に残る貴重な一本ですね。
 
 
 
確かに! (onscreen)
2018-05-09 05:53:52
貴重な一本であることは間違いないですね。

少なくとも今年有数のスポーツ映画?!?ではあります(笑)
 
 
 
拙ブログへのコメントへの返礼コメです! (西京極 紫)
2018-05-13 13:55:52
今年前半を代表するブラック・コメディ…同感です。
コメディにしては主人公の境遇が痛々し過ぎましたが。

親は選べないけど、せめて彼氏と彼氏の友人くらいは選ぶ目を持たないとダメですよね(苦笑)
 
 
 
そこが要 (onscreen)
2018-05-13 17:42:29
だということが今作の教訓、ということでしょうか?!?(笑)
 
 
 
こんにちは (yukarin)
2018-05-15 15:53:21
知ってる事件なだけあって興味深く観ることができました。
母親が....すごかったですね。
今回の作品を観てトーニャへのイメージも変わりました。
 
 
 
強烈、に尽きる(笑) (onscreen)
2018-05-16 01:07:29
助演女優賞、伊達じゃないっす!
 
 
 
西京極 紫さん (onscreen)
2018-05-16 01:09:15
返礼コメ、ありがとうございます!

<せめて彼氏と彼氏の友人くらいは選ぶ目を持たないとダメ

その選ぶ過程が、やはり生い立ちに紐づいてるところが切ないですね...
 
 
 
母のナイフ投げにはビビったですよ。 (ボー)
2018-07-06 07:23:45
マーゴット・ロビーさんのフィギュアスケートが見られるなら、もー、なんでもいいです。

 
 
 
コメントありがとうございます! (onscreen)
2018-07-06 13:30:09
当の2人もビビッてたところが超笑えました!

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集