日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

「シェイプ・オブ・ウォーター」でアカデミー作品賞他 ×4部門を受賞、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作。

 

今回はオリジナルではなく、珍しく原作もの。

ウィリアム・リンゼイ・グレシャムのノワール小説「ナイトメア・アリー 悪夢小路」(1946)

既にタイロン・パワー主演で映画化済、の再映画化。

 

なぜに 今?!?

なぜに ギレルモ・デル・トロ監督が?!?

 

 

 

という疑念は、見始めたところで、スッと消える(笑)

 

この物語が、いかにも彼が好きそうな題材だから!

 

 

 

 

 

 

まず前半の物語が展開する場所は「サーカス」(笑)

 

猛獣使い、小人、巨人、などなど、曰くありげなクセだらけの人物たち…

そして極め付けは、彼らを取りまとめる、怪しさマックス!の サーカスの団長(ウィレム・デフォー)

 

 

 

 

そして物語の主軸になるのが写真のバックにある「7つの大罪」

 

・GREED

 

・WRATH 怒り

 

・LUST

 

・ENVY

 

・GLUTONY 過剰欲望(汗)

 

 

これらの「大罪」を主人公たちが次々と犯していく訳。

 

これは全くもって、ギレルモ・デル・トロのツボじゃ!(笑)

 

 

 

 

主演は ブラッドリー・クーパー

越えてはいけない一線を越え、後戻りのできない闇の領域に足を踏み入れていく主人公を演じる。

 

 

それを強力にサポートするのが、ケイト・ブランシェット

 ×2度ものアカデミー賞受賞歴をもつ彼女は、主人公をたぶらかす「妖女」に正にふさわしい(汗)

 

ぶっちゃけ、先日彼女が最初のオスカーを手にした「アビエイター」を観たが、あまり感心しなかった。

まだ若い彼女と、演じる「妖女」ぶりがぶつかり合っている感じがしたのだ!

 

だが大女優となった今、彼女の「妖女」ぶりは堂にいったもの。

全く違和感ない(笑)

 

 

 

結論:ギレルモ・デル・トロらしい エグい演出 を 十二分 に楽しめる一作(彼のオリジナル創造物には及ばずとも…)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



     


 
編集 編集