日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

音楽界が驚く 奇跡の組み合わせ? ロバート・プラント & アリソン・クラウス

 

なぜ奇跡か。

ハードロック Zed Zeppelin の元ボーカルと、ブルーグラス/フォーク の女王 が一緒にいるわけだから!

 

 

 

この2人、不思議なくらいに 声の相性 が良く、2007年に発表したアルバムは驚きの出来と各方面で賞賛されている。

そして今年、コロナ禍が収まりつつあった?6~7月、ニューアルバムを引っ提げてアメリカ他をツアー!

( @フォレストヒル Forest Hills Stadium Queens 6/4  )

 

その感想です。

 

 

 

 

 

生で観たことによって、実に納得感があったことが。

それは観客の構成。

 

(1)Zeppファン

(2)ブルーグラス/フォーク・ミュージックのファン

(3)このデュオのファン

 

こりゃ、満員になるわ!(笑)

 

 

 

 

ではセットリスト以下。

 

 

1. Rich Woman(Li'l Millet and His Creoles)

 

2. Quattro (World Drifts In)(Calexico)*

 

3. Fortune Teller(Benny Spellman)

 

4. The Price of Love(The Everly Brothers)*

 

5. Rock and Roll

 

6. Please Read the Letter(Jimmy Page & Robert Plant)

 

7. Let Your Loss Be Your Lesson(Little Milton)

 

8. High and Lonesome

 

9. Last Kind Words Blues(Geeshie Wiley)

 

10. You Led Me to The Wrong*

 

11. Trouble With My Lover(Allen Toussaint and Leo Nocentelli)*

 

12. Go Your Way*

 

13. It Don't Bother Me(Bert Jansch)*

 

14. The Battle of Evermore

 

15. Searching for My Love(Bobby Moore & The Rhythm Aces)*

 

16. When the Levee Breaks(Memphis Minnie & Kansas Joe McCoy) (with elements of "Friends")

 

17. Gone Gone Gone(The Everly)

 

 

Encore:

1. Stick With Me Baby(The Everly Brothers)

 

2. Can't Let Go(Lucinda Williams)

 

 

Encore 2:

1. Somebody Was Watching Over Me

 

 

最新アルバムから10曲、1st から7曲、そして Zed Zeppelin ナンバーを3曲も!

(=5、14、16  全て4シンボルスから)

アレンジはこのバンド流で、特に14. はバンドに馴染んだ感じの演奏で印象的だった。

 

 

最後にびっくりだったのが、何と ×2度目のアンコール があったこと!

アリソン はともかくとして、ロバート・プラント の元気ぶりに驚いた。

 

彼はバンドを完全にリードしていて、MCは全て彼。

アリソン はサポートに徹していて、一言も喋らない(笑)

その姿に、ロバート・プラントへの畏敬ぶりが垣間見れる、そんなコンサートだった。

 

この2人のセットでは来日。

今度こそ、来日しないかな…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



     


 
編集 編集